人気ブログランキング |


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【今回は、この最初のスポーツ・競馬コーナーが長いです。だって、大レジェンドが引退するんだもの。(ノ_-。)<関心のない方は読み飛ばしてくださいませ。>

 昨日、南関&船橋競馬のレジェンド・石崎隆之騎手(63)の引退式が行なわれ、45年間の騎乗生活を終えた。
 ふつうは勝負服を着て引退式を行なう騎手が多い中、石崎はきっちりとスーツを着て式典に臨んでいたのは、ちょっと寂しくも感じたけど。石崎らしくもあった。(・・)

 mewは、中央、地方をずっと見て来た中で、たぶん石崎隆が一番うまい騎手ではないかと思っている。<武豊もそれっぽいを言ったことがあるときいた。絶妙のスタート、ペース作り、ムダな力を入れない追い方。(変な話、馬からの落ちる時でさえ力が抜けててうまい。)>
 後輩騎手に「かっこよく、ケガをしないで悔いのないようにやってほしい」との言葉を残したそうだが。まさに言葉通りの騎乗を続けた人だったように思う。
 
 97年から01年まで15年連続で南関東リーディングジョッキーで、地方歴代3位の6269勝。(その気になれば、もっと勝てたと思うけどね。)
 また、JRAでも74勝、WSJSに優勝したもある。<JRAは、早くから騎乗機会が与えられてたら、アンカツ以上の活躍をしたと思う。>

『石崎隆が基本姿勢にしていたのが「自ら調教をつけて馬を仕上げること」。98年に川崎記念、帝王賞、東京大賞典の交流G1を制覇したアブクマポーロしかり、01年に南関史上初の無敗3冠(羽田盃、東京王冠賞、東京ダービー)を達成し、続くジャパンダートダービーも制し3歳4冠(東京王冠賞は02年に廃止)を獲ったトーシンブリザードもそうだった。』
<トーシン、フェブラリー(2位)で勝たせたかった~。現地で大応援してたよ。あと個人的にはネイティヴハートと石崎のコンビも思い出深い。>
 
* * * * *

 mewが南関をやり始めた時は、まさに石崎騎手の絶頂期で(勝率が4割、連対率が7割以上あったと思う)、最初に「ともかく南関4場とも、石崎は勝っておけ!」と習ったものだった。<大井は「的場も押さえておけ!」と>
 当時、大井で行なわれるGI、大きな重賞のほとんどは、石崎が乗る船橋の馬が勝っていて。大井は賞金貢ぎの馬場貸しと揶揄されていたほどだった。<この頃、亡くなったサトタカも元気だったな~。>

 あと当時、2chの南関スレでは石崎、的場をマ題材にする秀逸な職人さんが何人かいたのも、楽しい思い出だった。<船橋の帰りに、思わず石崎ビル、見に行っちゃったしね。^^;>

 その後、息子の石崎駿くんも、南関の騎手としてデビューし、しばらく親子で乗っていたのだけど。<それ以来、石崎はパパ、息子は駿と呼び分ける人が多かった。ちなみに、駿ちゃんはパパの引退式の前のレースで勝ってた!>

 引退式、南関CHで録画しておいたのだけど。一番見たかった家族(特に駿ちゃんた子供たち、孫たち)との場面がカットされちゃって、残念。<孫が作文を読んだりして、喜んでたみたいなのに~。>あと戸崎と横山ノリが来てくれたのは嬉しかったけど、折角、真横まで的場さまが見に来てたのだから、花束贈呈とか握手ぐらいする場面を見たかったですぅ。<カットされてたとこにあったのかな~、>

 昨年、病気入院をしたこともあって、引退を決めたそうだが。本当に長い間、 おつかれさまでした&有難うございました。m(__)m 今は、お孫さんたちにベタベタの「じいじ」らしいので、しばらくはご家族と楽しい生活を送って下さい。<うわさでは地元・北海道に牧場を作りたいという夢もあるとか。石崎牧場からGI馬っていうのも、カッコいいですよね~。>
 
 尚、南関には、まだ浦和の森下博騎手(63)もいるし。<1月に金沢の山中利夫元騎手が持つ日本最年長勝利記録を更新。この日勝ったトキノパイレーツで重賞ゲットを狙っている。>
 もちろん、毎週、最多勝記録を更新中の大井の的場文男さま(62)もいるし。<ダービーをとるまではやめられない、いやファンがやめさせない?>

 で、南関も地方も、魅力的な騎手がたくさんいますから、これからも南関競馬、地方競馬をよろしくお願いします。m(__)m 勝手に南関広報係のmewでした。(・・)】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

  昨日、元民主党、現無所属の衆院議員鷲尾英一郎氏(5期、新潟2区)が自民党に入党すると発表していた。
 鷲尾氏は、確か日本会議系の超保守タカ派だった人なので、今から自民党にはいりたいと思うこと自体は全く不思議ではないのだけど。バックに二階幹事長がついているときいて、あらら~という感じに。(・o・)
 
 しかも、新潟2区には細田派の細田健一氏という現職の議員(17年は鷲尾氏に負けて、比例復活)が存在するのだ。(@@)

 そう。あの静岡5区で、自民党の現職議員がいるのに、同じ選挙区で勝っている旧民主系の細野豪志氏を自民党に入党させて(or入党前提に)、そのまま出馬させようというのと同じ構図なのである。(>_<)

『無所属・鷲尾氏が自民入りへ=二階氏主導、競合の細田派反発

 自民党が無所属の鷲尾英一郎衆院議員(新潟2区)を近く入党させる方向で調整していることが分かった。
 党幹部が14日明らかにした。二階俊博幹事長が主導し、新潟2区の党支部長を務める細田健一衆院議員(比例代表北陸信越ブロック)が所属する細田派は反発している。

 鷲尾氏は2005年衆院選で旧民主党から初当選し、当選5回。17年に旧民進党を離れた後、無所属で活動している。昨年の新潟市長選で自民党系候補を応援するなど、最近は自民党との共同歩調が目立つ。
 鷲尾氏の入党について、党執行部の一人は「新潟県連も受け入れると言っている」と強調。細田派側にも伝えられ、鷲尾氏は月内にも入党を申請する見通しだ。

 ただ、細田派幹部の一人は「現職議員がいるのに、ちょっと信じられない」と執行部を批判。次期衆院選の候補者調整は難航しそうだ。

 二階氏は先に、無所属の細野豪志元環境相を二階派に迎え入れ、選挙区で競合する現職が属する岸田派が反発。来年の東京都知事選をめぐっても、自民党都連と対立する小池百合子知事の再選支持を唐突に表明し、党内で二階氏への不満が広がっている。(時事通信19年3月14日)』

『自民党の二階幹事長は、民主党政権で農林水産大臣政務官を務め、現在、無所属で活動している鷲尾英一郎衆院議員を自民党に入党させる方向で調整しています。 これに対して、鷲尾氏と同じ選挙区で議席を争ってきた細田健一衆院議員が所属する派閥のトップが15日、不快感を示しました。

 「政党本位の小選挙区制という趣旨から見ると、一体なんなんでしょうかと」(自民党細田派 細田博之会長)

 細田博之会長は、小選挙区制度は“政党を代表して選挙を戦う仕組みだ”として、「戦った相手の党に入るのは制度の矛盾ではないか」と苦言を呈しました。 今年1月には、二階幹事長が、民主党政権で環境大臣などを務めた細野豪志衆院議員を二階派に迎え入れたことに岸田派が反発している経緯もあり、新たな党内の火種となりそうです。(TBS19年3月15日)』 

 二階氏は、福岡県知事選では麻生副総理、静岡5区では岸田派を敵に回しているのだが。細田派は安倍首相がもともと在籍している派閥であるだけに、ここと険悪な関係になるのは、さして得策ではないと思うんだけどね~。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、二階幹事長が、先日「来年の都知事選で小池都知事を支持する」と発言したことに対して、自民党内(特に都連関係の安倍首相側近)から批判が続出。
 さすがの二階氏も、これはマズイかなと思って、公明党の議員に対し「もう発言しない」と語っていたという報道がなされていたのだが・・・。

『自民党の二階俊博幹事長は6日午前、公明党の斉藤鉄夫幹事長らと会談し、来年夏の東京都知事選に小池百合子知事が立候補した場合、全面的に協力するとした自身の発言について「もう発言しない」と述べた。(産経新聞19年3月6日)』

 二階氏は「もう発言しない」とは言ったけど、「支援しない」とは言わなかったわけで。これからも小池都知事とは、色々な形で手を結んで動く可能性が十分にありそうだ。<2人は新進党→自由党→保守党→自民党と長年、一緒に活動していたしね。(・・)>

 何と二階幹事長は、つい先週、都議会自民党を含め、かなり党内から反発を受けたばかりだというのに、早くも15日に小池百合子氏と会食を行なったとのこと。(・o・)
 しかも、たまたま、同じところに、安倍首相もいたらしい。(~_~;)

『小池氏と二階氏が会食 同じ場所滞在の首相と接触か

 小池百合子都知事は15日夜、自民党の二階俊博幹事長と東京都内のホテルの日本料理店で会食した。

 二階氏は、小池氏が改選を迎える来年の都知事選で出馬するなら全面支援を明言し、小池氏と対立する自民党東京都連の反発を招いており、今回の動きも物議を醸す可能性がある。

 一方、会談場所の店があるホテルには同時間帯、安倍晋三首相が「報道関係者との会食」で滞在していた。そのため、小池氏が首相と「接触」したのではないかと、臆測が広がっている。

 同様のケースは17年4月にもあった。東京・赤坂の日本料理店で、小池氏や二階氏、小泉純一郎元首相らが会食した際、首相が同じ店で財界人らと会食していた。このときは、首相は小池氏らの席に顔を出し、あいさつをかわした。

 関係者によると、この日の小池氏と二階氏の会食は、二階氏側が誘い、以前から決まっていたという。小池氏は、20東京五輪・パラリンピックの準備に関し、自民党の協力を求めたという。会食後、小池氏は報道陣に「良い雰囲気でした」と話した。都知事選に関して話題になった可能性もある。

 来年の知事選に関し、小池氏は今月4日、二階氏に呼ばれて自民党本部を訪れ会談。二階氏はその際、小池氏への全面支援を伝えたが、党内でハレーションが起きたことを受け、6日になって「もう(この件で)発言しない」と述べた。自民党東京都連は、小池氏が都知事選に出馬すれば対立候補を擁立する方針で、現在開会中の都議会でも対決姿勢を強めている。(日刊スポーツ19年3月16日』

 二階、小池氏らが安倍首相と会ったか否かも多少は気になるけど。mewとしては、それよりも「安倍はまた報道関係者と会食してるのか~」という方に関心が行っちゃったりして。^^;

<首相動静によると、『午後6時54分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の日本料理店『山里』で日本テレビの大久保好男社長、粕谷賢之報道局解説委員長と会食』>

 ・・・というわけで、二階幹事長は、いくら党内から批判を受けても、派閥対立が生じても、全く意に介さず、どんどん自分勝手に派閥の議員集めを行なっているのだが。もし地方選や参院選の結果がイマイチだったら、安倍おろしより先に、二階おろしの動きが出るのではないかと思うmewなのである。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-03-16 10:36 | (再び)安倍政権について