人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 桜見会の話の前に・・・。問題発言の多い麻生氏が今度は問題行動を起こしていたらしい。

 麻生太郎財務大臣が今年5月18日、部隊が休日の土曜日に「大臣側の希望」により米軍横須賀基地で潜水艦「うずしお」に乗艦して、横須賀周辺を航行していたことがわかったのだ。(゚Д゚)

 総理や閣僚による潜水艦の体験航海は過去5年間に行われたことがないとのこと。麻生氏は「防衛予算の査定作業のためウンタラ」とか言っているが。個人的に(同行者を含め)「潜水艦に載って、潜水航行してみたかっただけ」だと見られても致し方ないだろう。(-"-)
 
 これだって「桜見会」同様、隊員の休日出勤やら燃料やらに税金がかかっているわけで。安倍政権は7年も続くうちに、権力と奢りが拡大して、本当に「何でもあり」「やりたい放題」になっているのだ。(`´)

『「えーっと、いつでしたっけ。これ春だったかなんかに、海上自衛隊の実情に触れるということで乗せていただいたんだと思います」(麻生太郎財務相)

 海上自衛隊によりますと、体験航海が行われたのは今年5月18日の土曜日。午前中に神奈川県横須賀市にあるアメリカ海軍横須賀基地で潜水艦「うずしお」に乗艦。横須賀周辺を航行し、夕方、基地に戻ったということです。麻生大臣が潜水艦に乗った経緯について、海上自衛隊は「大臣側の希望」としています。乗艦した理由について麻生大臣は・・・

「防衛予算の査定作業にあたったりするうえでも、現場環境というものを知っておくのは大事なことだったと考えている」(麻生太郎財務相)
 このように述べた上で、「潜水艦以外の現場にもいろいろ行っている」と反論しました。ただ、総理や閣僚による潜水艦の体験航海は過去5年間に行われたことがなかったということです。

 「この内閣は公私混同というか、行政の私物化が当たり前に行われている」(立憲民主党 蓮舫副代表)

 こうした批判に対し・・・「私物化は考えたこともありません。現場行きたいと思っていますから」(麻生太郎財務相)(TBS19年12月3日)』

* * * * * 

『防衛省によると、麻生氏は五月十八日午前、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地内にある海上自衛隊第二潜水隊群所属のうずしおに乗艦。同艦は基地を出航した後、相模湾で潜水し、同日夕に同基地へ戻った。

 海上幕僚監部広報室は本紙の取材に、体験搭乗が行われた経緯について「麻生大臣の希望」と回答。部隊の休日に実施することは財務・防衛両省の調整で決まったという。うずしおの乗員約七十人のうち出勤した乗員数や、かかった燃料費について回答はなかった。

 麻生氏がどのような立場で体験搭乗したのかという問いには「現職の副総理・財務大臣であるとともに元総理の立場にある方の視察として対応した」と答え、重鎮の政治家として特別扱いしたことをうかがわせた。広報室によると、首相や閣僚、元首相、元閣僚による潜水艦の体験搭乗は少なくとも過去五年間確認できず、それ以前は文書が残っていないという。(略*1)

◆私物化したのでは

<飯島滋明名古屋学院大教授(憲法学・平和学)の話> そもそも麻生氏が潜水艦に乗る理由がなく、趣味で乗ったとしか考えられない。「桜を見る会」が政治家による国の行事の私物化ならば、麻生氏の場合は自衛隊という組織を私物化したのではないか。自衛隊は任務が重なり、へとへとの状態。そこに上乗せして政治家のつきあいまでさせられる。自衛隊のことを考えた行動とは到底思えない。(東京新聞19年12月3日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ところで、2日、安倍首相が参院本会議で、野党の「桜を見る会」に関する質問に答えたのであるが。委員会のような一問一答形式ではないため、出来あいの原稿を淡々と読んで、「ない、ない」と疑念を否定するだけで終わってしまった。(ーー)

 記録のため、主要なやりとりをアップしておく。

『自民・森屋宏氏 野党から資料要求があったから名簿を破棄したとの指摘があるが、経緯は。

 首相 野党議員からの資料要求とはまったく無関係という報告を受けている。

 社民・吉田忠智氏 ジャパンライフの元会長と首相、昭恵夫人は面識があるのか。

 首相 過去に私が招待された多人数の会合の場で同席していた可能性までは否定しないが、1対1のような形で会ったことはなく、個人的な関係は一切ない。私の妻は面識はない。

 吉田氏 (桜を見る会前日の夕食会について)安倍晋三後援会の政治資金収支報告書に記載がまったくないのは事実に反するのでは。

 首相 夕食会に関して安倍晋三後援会としての収入支出は一切ないことから、政治資金収支報告書への記載は必要ないものと認識している。

 吉田氏 夕食会の明細書をホテルから受領していないのはなぜか。

 首相 ホテル側との相談過程において、明細書の発行はなく、ホテル側としては営業の秘密に関わることから公開を前提とした資料提供には応じかねると報告を受けている。(朝日新聞19年12月2日)』

<この『営業の秘密」も、ツッコミたいとこですね~。>

* * * * * 

 、ここで例の「シンクライアント」という言葉も登場した。

『社民党・吉田忠智議員:「データは本当に復元できないのでしょうか?どの手法でも復元できないとする理由は何でしょうか?」

 安倍総理大臣:「内閣府が採用しているシステムは個々の端末ではなく、サーバーでデータを保存するシンクライアント方式であり、端末にデータは保存されておらず、またサーバーのデータを破棄後のバックアップデータの保管期間を経た後は復元は不可能であるとの報告を受けております」(ANN19年12月2日)』

 シンクライアントとは、『ユーザーが使うクライアント端末に必要最小限の処理をさせ、ほとんどの処理をサーバ側に集中させたシステムアーキテクチャ全般』のことだそうだが。<wikipediaより>
 正直なところ、mewも初めてきいた言葉で、詳しいことは理解できていないし。もしかしたら安倍首相や菅長官には、魔法の言葉のように思えたかも知れない。^^;

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 でも、この方式を用いていたとしても、5月9日に共産党の大門議員の問い合わせと関係なくデータを削除したのかどうかは「???」だし。もし関係なく削除したとしても、バックアップはしばらく残っていたはずで。(一般に3~6ヶ月は残っているという。)
 ということは、共産党の大門議員が5月9日に資料を請求した時点で、バックアップされたものから、もう一度、資料のデータを取り出すことはできたはすなのである。(・・)

 それにもかかわらず、内閣府があえて廃棄したままの状態にして、バックアップから取り出さず、資料を提供しなかったということは、「問い合わせがわかってから、廃棄した」と同じことになるし。24日の「廃棄した」は、半分、虚偽答弁になると言えるだろう。

『首相が主催する「桜を見る会」の今年の招待者名簿を、内閣府が野党議員から資料要求のあった5月上旬に廃棄した問題で、電子データのバックアップが少なくとも6月上旬ごろまでは残っていたとみられることが3日、内閣府への取材で分かった。データを取り出せたとみられる5月21日の国会で、内閣府幹部は「既に破棄した」と答弁。バックアップを確認していなかった可能性が高く、国会軽視との批判が強まりそうだ。
 内閣府のシステム担当者は3日、共同通信の取材に「電子データを廃棄してもバックアップから取り出せた可能性は高いが、庁内から依頼はなかったと認識している」と回答した。(共同通信19年12月3日)』

『紙を5月9日に廃棄、電子データを同7~9日に電子削除したとするが、サーバーでデータを保存する内閣府の「シンクライアント」方式はデータ削除後も8週間、バックアップに保存されると野党が指摘。内閣府幹部はデータを取り出せた可能性がある5月21日に「既に廃棄した」と発言。野党は「拒否答弁」と批判を強めている。(日刊スポーツ19年12月3日)』

* * * * *

 それに、安倍首相や官僚らは「復元不能」だと主張しているのだが。専門家の多くは、その気になれば、データの復元は可能だと言っている。でも、安倍官邸は、復元する気がないのである。

『菅官房長官:「(Q.第三者の中立的な業者に復元できるか。野党の議員立ち会いのもとでチェックさせる。そういうつもりはない?)それはありません。正式なルールに基づいて正式な委託業者の方から、それも極めて技能の高いところから(復元は不可能と)聞いたとのことですので」
 第三者に復元を依頼する考えはないときっぱり否定しました。(ANN19年12月3日)』

* * * * *

 もう一つ気になったのが、安倍首相がデータのシュレッダーをかけたのが9日になったことに関して、障害者雇用の職員のことを理由に挙げたことだ。

『『安倍総理大臣は「大型シュレッダーの空き状況や、担当である障害者雇用の職員の勤務時間などを調整し、シュレッダーの使用予定日が5月9日になり、予定どおり廃棄したもので、野党議員からの資料要求とは全く無関係だ」と述べました。(NHK19年12月3日)』

 これにはmew同様、問題に感じた人がいたようで。J-CASTニュースには『「障害者職員」理由にするのは「最低最悪の言い訳」? シュレッダー問題、安倍首相答弁に批判も』という記事が出ていた。(全文は*1に)

『「到底事実とは思えませんが、仮に事実であったとして、殊更に『障害者雇用』を示す必要は皆無で、最低最悪の言い訳と思います」「障害者雇用だとしても、資料要求の1時間後にスケジュールされる合理的理由とはなりえない」(前新潟県知事の米山隆一氏)

「言い訳に障がい者雇用の職員を持ち出し、まるで障がい者のせいにした。断じて許せない」(社民党の又市征治党首)』

 安倍政権下では、昨年、各省庁が障害者雇用の数を水増ししていたことが発覚し、問題になっていたので、ちゃんと雇用していることもアピールしたかったのかも知れないが。
 何か自分の都合に合わせて、こういうところで利用するのはいかがなものかと思うし。安倍官邸は、全体に目を向ける気などさらさらなくて。ホント、自分と仲間たちさえよければいい人たちなんだな~と改めて思ったmewなのだった。(@_@。

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-12-04 04:27 | (再び)安倍政権について