人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【これも一応(?)GⅠだった。・・・1日、ダートGIのJRAチャンピオンズカップが行なわれ、デビュー戦から5連勝をしていた3歳牡馬・クリソベリルwith川田が優勝。(*^^)v祝
 2着にゴールドドリーム、3着にインティが逃げ粘った。クリソベリルはまた体重増で、何と550キロの大型馬。きっちり先行して、狭いところをしっかり突き抜けて、強い馬の勝ち方だった。
 ちょっと調子落ちだったインティも、復調して来たかも。フェブラリーは軽視できない。
<馬券は事情により買えず。2・1・3番人気で、安かったのでOK。>
 この間、ジャパンカップが役割を終えたと書いたのだけど。このレースも、ダートの国際競争をとして無理やりJCダートとして開始したものの、外国馬がほとんど来ず。結局、開催場も阪神→中京に移され、何かしょぼ~いGIにされちゃた感じがあるし。ダート好きとしてはチョット残念。
 12月初旬に開催されると、12月末の東京大賞典とローテがビミョ~になるし。このレースにはイマイチ、心が入り込んで行かないmewなのである。_(。。)_】

* * * * *

 今週、政治報道の世界では、やたらに「逃げ恥」という言葉が飛び交っていたのだけど・・・。

<『【点描・永田町】「桜を見る会」での“逃げ恥作戦”』(時事12.1)とか、『安倍晋三首相は2日の参院本会議で、「桜を見る会」をめぐる疑惑について質疑に応じたが、ないないづくしの「逃げ恥」作戦を展開』(日刊スポーツ12.2)とかね。>

 まさかそれに触発されたわけではないだろうが、何とTBSが今月28,29日にドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(通称:逃げ恥)を一挙放送するらしい。^^;

 でもって、2日の参院本会議を終えて、『自民党幹部は「うまく逃げ切った」』『公明党幹部も「野党は弱い。首相が逃げ勝った」と言い放った』(西日本12.3)なんて記事が出ていたりしたのだが。

 森友、加計、日報隠し、財務省書類改ざん、厚労省の統計不正などなど、さんざんの問題で逃げられている今日この頃・・・。
 やっと国民も関心を持ってくれた&国民にもわかりやすいこの「桜を見る会」の問題で、逃げ切られたら、逆に野党やメディアの方が「恥」になると思うし。<なめられている国民も「恥」だと思う。>

 ここは、『逃げる首相は「恥!」&「役立たない」』ということを、安倍首相に思い知らせなければなるまい!(**)

<っていうか、今後も、首相や閣僚が、自分たちの都合の悪いことにはフタをして、自分も部下も「関係ない」「記憶にない」と言い通し、関連書類は隠蔽、削除するようなことを続けては、日本は民主主義国家としてダメダメになってしまうのでね。いい加減、こういうことは許されないということを、政治家も国民もちゃんと認識しないと!(・・)>

* * * * *

 安倍首相は、常に「政治家には説明責任がある」と言っているし。先月15日のプチ会見でも、「国会でお決めになれば、政府として説明を果たすのは当然のことだ」と何度も言い、国会での質疑に応じるかのような発言はしたものの、結局、自公野党は野党の求める予算委員会の集中審議開催に応じなかったため、安倍首相は呼べず。

 野党4党は、9日に会期末を迎える今国会について、来年1月中旬まで40日間の延長を求める方針で一致。6日に自公与党に申し入れする予定なのだが。自公が賛成するはずもない。(~_~;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 安倍官邸や自公は、「どうせ年を越した頃には、国民はもう桜見会の問題は忘れているだろう」「野党がまたこの問題を持ち出しても、もう飽きた、しつこいと却ってイヤがるだろう」と思っているのだろうけど。

 でも、今回は、思いのほか、TVのワイドショーなども含め、メディアが頑張ってくれている感じがあるし。
 どうやら安倍首相&周辺も、TV報道をイヤがっていたようで。側近が圧力をかけていた様子。また、安倍首相は自ら、相変わらず「???」の言い訳をしていたという。

『桜を見る会騒動・メディア懇親会で安倍首相は泣き言、秘書官は「NHKの報道はひどい」
12/5(木) 8:01配信デイリー新潮

(前略)

 こうした問題について連日、野党から追及されている安倍総理に「焦り」の気持ちがあることは間違いないだろう。総理在任期間が、明治の桂太郎を抜いて歴代最長となった11月20日、そんな安倍総理の現在の心情がよく分かる会合が催された。

「総理と、記者クラブに属する各メディアの官邸キャップの懇親会は年に2回行われています。今回は2日前になって急に開催が決まりました」(全国紙デスク)

 場所は平河町にある上海大飯店。各社のキャップは三つのテーブルに分かれて座り、安倍総理がテーブル間を移動しながら会話を交わす形式だった。無論、そこでは総理在任期間が歴代最長になったことも話題に上ったが、総理が最も長い時間を割いたのは、桜を見る会についてである。総理は弁明に終始しつつ、懐柔も。同席した今井尚哉総理秘書官兼補佐官から恫喝と受け取られかねない発言も飛び出した会の様子は、まだどこにも報じられていない。

「この問題、ワイドショーはまだやるのかな? 昭恵のことももうやったし、後援会の話も出たからもういいんじゃないのかね」

 会の最中、懐柔とも泣き言ともとれることを口にしたのは安倍総理。一方の今井秘書官はもっと露骨で、

「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1千円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

 と、あからさまに圧力をかけていたという。

 また、総理は桜を見る会の前夜祭の会費について、

「850人をウチの事務所が呼んだと言うけれど、食事に関して、ホテルは300人分くらいしか作らない。立食だからちゃんと食べる人は少ないからね。だから1人当たりの価格を下げられるわけ。けど、ホテル側の名誉にも関わるから、『ホテルの食事は300人分しかありません』とは答弁出来ないし」

 と、弁明。15年の前夜祭の会場と宿泊先が別だったことに関しては、次のように説明していた。

「ずっと全日空ホテルでやっていたが、15年は、会場が2部屋に分かれていることが直前に分かった。それではだめだと秘書が文句を言い、ちょうどニューオータニの営業マンが熱心に売り込んできたから変えた。だけど、宿泊先まで変えてしまうと全日空の担当者が処分されるかもしれない、と言うので、宿泊先はANAに残した。その後、全てニューオータニに移した、という流れです」

「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載』 <もしかして、これが安倍首相のいう「営業の秘密」なの?>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 この桜見会の騒ぎに隠れて、何とか逃げようとしている人が他にもいる。(・・)

 10月に安倍改造内閣が始まって間もなくのこと。菅原一秀経産大臣と河井克行法務大臣が、公選法違反などの疑いで、自ら閣僚を辞任した。

 2人とも、官邸に退職届を出した後、説明責任を果たすと言っていたのであるが。退任してから、一度も国会に顔を見せていないと。^^;
 河井氏の場合は、妻の案里氏の選挙活動に関する法令違反が問題になっているのだが。夫婦2人とも国会にも来ていないし、地元にも顔を出していないという。

 菅原氏の方は、自宅から出て来るところをNNNのカメラに撮られたのだが。

『菅原前経産相「今、体調不良で。今も医者に行くんで」体調を崩していると繰り返す菅原前経産相。
 菅原前経産相「(ご説明はなさらない?)はい」「(いろいろな疑惑があがっていますけど)はい?」「(メロンやかにを配ったのではないかと疑惑がありますが)それもまた…」
 はっきりと答えないまま車に乗り込んだ。(NNN19年12月5日)』

『疑惑を抱えたまま“雲隠れ”を続ける2人の前大臣。野党は…。

 立憲民主党・安住淳国対委員長「行方不明だから捜索願を出した方がいいかなと思ってるんだけど警察に」「歳費(議員給与)泥棒になっちゃうね。これ」

 説明責任については菅官房長官からも…。
 菅官房長官「(説明を)やっていないわけですけども、ただいずれにしろご自身で対応は考えられると思います」(同上)』

『自民党の鈴木俊一総務会長は記者会見で「2人とも公の場に出席して説明する方がいい。なるべく早い機会を捉えて説明責任を果たすことが求められる」と述べた。自民党参院幹部は河井氏の妻、河井案里参院議員についても「休みが長すぎる」と苦言を呈した。(共同通信19年12月5日)』

 彼らにとって、桜見会の騒動は、雲隠れするのに「ラッキ~!」だったかも知れないが。2人とも法令違反の疑いがあるし。このまま説明も国会も逃げ続けることは許されまい。<検察も告発を受けているのだから、ちゃんと捜査しないと!(・・)>

 あと、逃げてるわけではないのだが。桜見会騒動の陰に隠れてしまったニュースをもう一つ。
<そもそも資金管理団体に「ともみ組」って名をつけること自体、はあ?って感じ。>

 自民党の稲田朋美幹事長代行の秘書が、東京都内で政治活動中に駐車違反をしたことによる反則金を、稲田氏の資金管理団体「ともみ組」から支出していたことが、政治資金収支報告書の記載から発覚。
『稲田氏の事務所担当者は「政治活動中の出来事ということで処理したと思う。指摘を受け、道義上の観点から収支報告書を修正したい」としている。(毎日新聞19年11月29日)』

 逃げて勝っていいのは、スポーツと競馬だけ。(そこに行くんかい!ダートの逃げなら、やっぱSファルコンかな?(^^ゞ)
 
 安倍二次政権にはいってから、あたかも「逃げ恥」が当たり前の手段みたいになってしまったのだけど。今後の日本の民主政のためにも、今度こそ、野党&心ある与党議員やメディア、そして何より国民で、逃げるのは「恥」「悪」だということを、思い知らせたいと強く思うmewなのである。(@_@。

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-12-06 03:22