人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【フィギュアの四大陸選手権が開幕。女子SPは紀平梨花が3Aを含め、全体的に安定した演技で81・18点ととり1位に。坂本花織は何とミスをしのいで73・07点で及ばず4位。樋口新葉自己ベストの72・95点で5位だった。
 今季、上位独占をしまくっているロシアの回転娘たちがこの大には出ていないのだが。次の世界フィギュアでロシア勢と対等に戦うためにも(精神的に負けないためにも)、3人には是非、4回転や新技にチェレンジして欲しい。ガンバ! o(^-^)o】

* * * * *

 ところで、安倍首相は、今週末の8、9日に地元の山口県に帰省して、父の墓参りとや2つの新年会への参加を予定していたのであるが。4日、今年度の新年会を中止することが公表されたという。

 中止の理由に関して、オモテ向きは「新型コロナウイルスの感染拡大への対応を行なうため」と発表されたのだが。(もちろん、これもあるとは思うけど。)
 もうひとつ、安倍後援会が行なう地元の朝食会は、3000円ではあまりに贅沢過ぎるのではないかというウワサも出ていたことが大きいと思う。

 特にプーチン・露大統領を招いた長門市の湯本温泉の老舗旅館「大谷山荘」は、山口県内でも有数の高級旅館であって。そこで、ビール飲み放題なのに、1人3000円の朝食会を開くことができるのか、疑問を示す声がすくなくない。
 この会は政治資金収支報告書に載せてあるそうだが。それでも、費用と会の内容がしっくりしないところは、「桜を見る会」の前夜祭に近いものがある。(・・)

* * * * *

『安倍首相の地元新年会、ことしは中止 「会費安い」と批判 後援会「新型肺炎対応で帰郷できず」

 山口県長門市湯本温泉の老舗旅館「大谷山荘」などで例年開かれる安倍晋三首相(山口4区)の新年会について、主催する地元後援会は4日、ことしの開催を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大への対応で首相が帰郷できなくなったためとしている。

 安倍首相にとっては昨年11月に通算在職日数が歴代最長となって以降初めての「お国入り」となるはずだった。新年会は今月8、9日に長門市と下関市の計3会場で後援会が計画。9日には父の故晋太郎元外相の墓参りも予定していた。

 後援会などによると、長門市の新年会は大谷山荘であり、例年約800人が参加。会費は1人3千円。同旅館は日ロ首脳会談の舞台にもなり、ロシアのプーチン大統領も宿泊している。地元の市民団体からは「高級旅館で飲み放題なのに安すぎる」「首相だから優遇されているのでは」などの批判の声が上がっていた。

 下関市の安倍晋三事務所の阿立豊彦秘書は「新型コロナウイルス対応で総理が帰郷できなくなり、全ての日程が中止となった。それ以外の理由は聞いていない」と説明している。

 また安倍首相はこの日の衆院予算委員会で野党議員から新年会の会費の妥当性などを問われ「収支はトントンになっている」「私の新年会は少しですが利益は出ていた」などと述べ、後援会の収支が赤字ではないことを強調。政治資金収支報告書にも記載しており、対応に問題ないとの認識を示した。(中国新聞20年2月5日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 政治資金の報告書に記されていても、もし3000円という費用が不当に安い料金だったり、安倍陣営が別途に補填していたりすれば、法に違反する可能性が大きいわけで。この新年会も、結構、注目されているのだ。(**)

 この会費3000円については、旅館は「地元の首相だから優遇しているわけではない」と言っているそうだが。
 「参加者は数百人。ビールは飲み放題だが、食事は刺し身や揚げ物など簡単なオードブル」だそうで、ある旅館関係者は取材に「総理は地元の誇り。旅館側も赤字覚悟で頑張っているはずだ」と指摘したとのこと。
 長門市の市民団体の共同代表は「地元住民が気軽に宴会で使える場所ではない。首相の後援会だから安くしているのでは」と言っている。

 さらに、新年会に参加する支援者の一人が「桜を見る会の問題で後援会はぴりぴりしている。今年の入場券はあるがちょっと見せられない」と言っていたとか。

<きっと取材もたくさん集まって、「桜」参加者に「領収書とか写真とかを見せて下さい」って迫るだろうしね~。^^; 

『首相新年会安すぎ?例年会費3000円 日露会談の老舗旅館

 日ロ首脳会談の舞台になった長門市の湯本温泉の老舗旅館「大谷山荘」で安倍晋三首相の後援会が毎年開く新年会に疑問の声が上がっている。1人3千円の会費を巡り市民団体が「安すぎる」と批判。旅館は「地元の首相だから優遇しているわけではない」と説明する。「桜を見る会」の問題も収まらぬ中、今年は2月9日に開かれる予定だ。

 大谷山荘は1881年創業。首相は地元入りの際に利用している。2016年12月にはロシアのプーチン大統領が宿泊し、安倍首相との会談で全国にその名が知れ渡った。

 後援会主催の新年会は例年1月、首相の墓参に合わせ長門市などで開かれる。長門の会場は大谷山荘で会費は3千円。「参加者は数百人。ビールは飲み放題だが、食事は刺し身や揚げ物など簡単なオードブル」と話す支援者の一方、

 大谷山荘は日帰り入浴でも2千円と温泉街の中で一番の高級旅館で知られる。「桜を見る会」の疑惑を追及している長門市の市民団体の広岡逸樹共同代表は「地元住民が気軽に宴会で使える場所ではない。首相の後援会だから安くしているのでは」と指摘する。

 一方、大谷山荘は「宴会費は顧客要望に応じ決めている」として通常料金は公表していない。新年会の会費3千円について石原良次常務は「人数が多く単価は安くなる。赤字ではやらない。イメージされるほど高級旅館でもない」とする。

 後援会を巡っては、毎年4月の「桜を見る会」に多数の地元関係者が招かれていたことが批判を集める。また、前日に都内の高級ホテルで後援会主催の夕食会が会費5千円で開かれていたことに対し、野党が「安すぎる」「差額分を負担していたら公選法違反に当たる」と追及している。

 安倍首相は昨年11月に通算在職日数が歴代最長となって以降初めて2月8、9日に帰郷予定。祝賀ムードの「お国入り」の予定だったが、新年会に参加する支援者の一人は「桜を見る会の問題で後援会はぴりぴりしている。今年の入場券はあるがちょっと見せられない」と話す。下関市の安倍事務所は新年会の詳細は首相の地元入りに関する報道機関への事前レクチャーで説明するとしている。(和多正憲、原未緒、河野揚)(中国新聞20年1月27日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  


 ちなみに、昨年11月25日に『安倍朝食会は1人7万円超、ブーメラン攻撃、成り立たず+教皇フランシスコ、平和と核廃絶の訴え』という記事を書いたのだが・・・。

 上の話は、地元の山口で行なう新年会のことなのだけど。安倍首相は、東京でも朝食会を開いていて。平成29年度は、3回、行なっていた。

 いや、実は、安倍首相も、ちゃんと政治資金収支報告書に記載する形で、朝食会を行なっているのである。(・・)

 ただ、こちらは1人頭の費用が7万円もするんですよね~~~~。(・o・)

<しかも、誰か有名人が講演を行なったりするのだが。安倍首相本人は、は顔を出さないこともあるらしい。(-_-;)>

* * * * *

『たとえば、安倍首相の「晋和会」の平成29年度分の政治資金収支報告書には、1年に3回、ホテルで「安倍晋三後援会 朝食会」が開かれたことが記載されているのだが。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SS20181130/1027300040.pdf#search='%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89+%E5%BE%8C%E6%8F%B4%E4%BC%9A'

 驚くべきは、その収入だ。1回の参加者は3百数十人なのに、収入は2千万円以上。年3回で6千万円以上の収入を得ているのである。(゚Д゚)

 H29/7/24は、360名で26,340,000円、H29/10/6は332名で24,420,000円、H29/12/12は317名で22,290,000円の収入。会場はANAインターコンチネンタルホテル東京(港区)。<その10のその10の「機関紙誌の発行その他事業による収入のうち特定パーティーの対価に係る収入の内訳」を参照。>

 この朝食会に対応する支出(会場借り上げ費)は、1,542,734円、1,537,859円、1,370,972円で。<あとの支出の部分を参照。>
 支出を人数で割ると4千2~3百円ぐらい。ホテルの朝食の値段に見合う感じの額だ。<会場代とかも込みかも。>

 他方、収入を人数で割ると1人7万円を超えてしまう』
 
* * * * *

 他の議員の多くは、夜に政治資金パーティw-を開催。5000円ぐらいの原価で飲食物を用意して、1~2万円のパーティ券を買ってもらって、何とか少しでも資金集めをしようとしているのだが。
 安倍氏の場合、オモテ向きは、そのようなパーティは行なっていない様子。「政治資金パーティ」に参加する代わりに、安倍氏の支持者が1人7万円、団体なら何十万かのお金を出してくれるのである。(・・)

 しかも、第二次政権では、長く首相を続けるために、「桜を見るような会」に、東京でお世話になっている企業や団体だけでなく、地元の後援者を招待して、ちょっとした誇りを与え、「安倍氏を支持しててよかった~」と思わせる手段に出たのだろうけど・・・。

 これは、まさに民主主義がまだ十分に根付いていなかった昭和の頃の自民党のやり方であって。何か安倍二次政権で、日本の政治のやり方がどんどんとと先祖がえりにしてしまっている上、令和の時代でさらに戦前志向&富国強兵の国づくりを進めようとしているのだけど。
 ここは、私たち国民で踏ん張って、金やサービスになびかない民主主義を構築して行く必要があると思うmewなのである。(@_@。 <菅原氏、河井夫妻、秋元氏などの問題も、全部、選挙や政治とお金が絡んでるんだからね~。(-_-;)>

  THANKS




【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2020-02-07 08:20 | (再び)安倍政権について