人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談 電話番号 0120-565653
(フリーダイヤル)受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【テニス・デルレイB(250)・・・63位の西岡良仁が決勝進出。ラオニッチを下した54位のオペルカ(2米国)に5―7、7―6、2―6で敗れた。<オペルカは2m11の長身。チビッ子西岡とは何と41cmの差があって、試合前に並んだ写真を見ると、思わず微笑んでしまう。^^;>  ただ、西岡は、左膝前十字じん帯を断裂した直前の17年3月に記録した58位を超えて、自己最高48位に上昇した。(^^)<70位以上を確保すれば、東京五輪に出られるかも。>

 あとフィギュアのチャレンジCで、宇野昌磨が大復活。SP、フリーとも1位で、非公認自己最高の計290.41点をとって優勝した。<田中刑事が241.18点で2位にはいった。>
 昨年はコーチがおらず、精神的にも彷徨っていた感じの宇野だが。今年から正式にランビエルがコーチについて、精神的にも安定した様子。4S,4Fなども決め、久々に宇野らしい(少年っぽい)最高の笑顔が見られた。この点数なら、世界選手権でも表彰台争いができそうだ。 o(^-^)o】

* * * * *

 最初に、ついつい喜んでしまった(というか、やっとこうなったかと思う)ニュースが一つ。

 産経・FNNの合同世論調査で、安倍内閣の支持率がかなり低下。不支持率が支持率を10Pも上回ったという。(・o・)

『産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は22、23両日に合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は、前回調査(1月11、12両日実施)より8.4ポイント減の36.2%で、不支持率は7.8ポイント増の46.7%だった。不支持率が支持率を上回ったのは平成30年7月以来、1年7カ月ぶり。

 一方、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの政府対応については「評価する」との回答が46.3%だったのに対し、「評価しない」が45.3%で評価が分かれた。(略)
 首相主催の「桜を見る会」をめぐる安倍首相の説明について「納得していない」との回答は78.2%に上った。ただ、国会は「桜を見る会」と新型肺炎の問題のどちらを優先して審議すべきかを聞いたところ、89.0%が「新型肺炎」と答えた。

 政党支持率は、自民党が前回比7.8ポイント減の31.5%で、野党第一党の立憲民主党は8.6%と前回より2.7ポイント上昇した。無党派層に相当する「支持する政党はない」は41.9%で2.2ポイント増だった。(産経新聞20年2月24日)』

<TVのニュースで流してないだけで、野党は、桜や検察の問題と共に、新型肺炎の対応についても、結構、取り上げていますよ。(・・)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、何とかケリをつけて、安倍政権を追い込みたい検事定年延長の問題を・・・。

 何か安倍首相の天敵になっているコニタンこと小西洋之参院議員(無所属、元民進)が、国会図書館で、いい資料を見つけたらしいんだけど。(後述)
 mewも、いい資料を見つけた!(@@)

 人事院のHPに「定年制度の運用について(昭和59年7月2日任企―219)(人事院事務総長発)の通知が載っていたのだが。
 最終改正は、令和元年5月17日事企法―16・・・つい昨年のこと。

 そこに、『国家公務員法(昭和22年法律第120号。以下「法」という。)第81条の2第1項の「別段の定め」に当たるものとしては、検察庁法(昭和22年法律第61号)第22条の規定がある』と。
 つまり、検察官の定年は、国家公務員法とは別だ(国家公務員法は適用できない」と明記されているのである。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 昨日、改めて、検察庁法と国家公務員法の定年に関する規定について、ちょこっと勉強してみたのけど・・・。<3連休、日曜だけ休みがとれたので。(ノ_-。)>

 まず、検察庁法の第22条には『 検事総長は、年齢が六十五年に達した時に、その他の検察官は年齢が六十三年に達した時に退官する。』という規定がある。

 他方、国家公務員法の(定年による退職)81条の2には『1 職員は、法律に別段の定めのある場合を除き、定年に達したときは、・・・(規定の日に)に退職する。
2 前項の定年は、年齢六十年とする。』

 そのあと(定年による退職の特例)81条の3というのが設けられていて。『1 任命権者は、定年に達した職員が前条第一項の規定により退職すべきこととなる場合において、職員の職務の特殊性又はその職員の職務の遂行上の特別の事情からみてその退職により公務の運営に著しい支障が生ずると認められる十分な理由があるときは、同項の規定にかかわらず、その職員に係る定年退職日の翌日から起算して一年を超えない範囲内で期限を定め、その職員を当該職務に従事させるため引き続いて勤務させることができる。』と規定されている。

 安倍内閣&法務省は、国家公務員法の81条の3は、同じく公務員である検察官にも適用できると勝手に解釈。森法務大臣は、(安倍官邸がごヒイキにしている)黒川東京高検検事長が今、定年で退職すると大きな支障が生じると。「重大かつ複雑、困難な事件の捜査・公判に対応するため、黒川氏の指揮監督が不可欠」と主張して、法解釈の変更を行なってしまったのである。(-"-)

* * * * *

 しかし、松尾局長の発言によって、人事院は81年に、国家公務員法の定年延長の規定に関して「検察官は除外する」という解釈を示していたことが判明。

 さらに、検索していて、人事院のHPでたまたま見つけたのだが。定年制度の運用について、こんな通知がアップされていた。https://www.jinji.go.jp/kisoku/tsuuchi/11_bungen/1103000_S59ninki219.html

『定年制度の運用について(昭和59年7月2日任企―219)(人事院事務総長発)
最終改正:令和元年5月17日事企法―16
 
 標記について、下記のとおり定めたので、通知します。

      記
 
定年退職関係
1 国家公務員法(昭和22年法律第120号。以下「法」という。)第81条の2第1項の「別段の定め」に当たるものとしては、検察庁法(昭和22年法律第61号)第22条の規定がある。』

 つまり人事院は、昭和59年(1984年)にもわざわざ、検察庁法の定年の規定は、国家公務員法とは別だ(延長できない)と定めたと通知を出していたのだ。

 しかも、更新が、つい昨年の令和元年5月ですからね。(・o・)

 ってことは、人事院は、昨年の5月にも、検察官の定年は、国家公務員法の例外であると解釈していたのである。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、昨日、小西洋之参院議員が、1980年当時に総理府人事局が「(検察官の)勤務延長は除外される」と明記した文書が国立公文書館で発見したという。(++)

『「勤務延長、検察官は除外」 1980年の文書が見つかる 検事長定年延長

 東京高検の黒川弘務検事長の定年を国家公務員法(国公法)に基づいて延長した問題で、国公法改正案が国会で審議されていた1980年当時に総理府人事局が「(検察官の)勤務延長は除外される」と明記した文書が国立公文書館で発見された。立憲民主党などの統一会派に属する小西洋之参院議員(無所属)が見つけた。

 ◇80年10月、内閣法制局まとめた「想定問答集」に

 文書は、内閣法制局がまとめた法律案審議録にとじて保管されている「国家公務員法の一部を改正する法律案(定年制度)想定問答集」と題された80年10月のもの。

 文書では「検察官、大学の教員については、年齢についてのみ特例を認めたのか。それとも全く今回の定年制度からはずしたのか」という問いに、「定年、特例定年、勤務の延長及び再任用の適用は除外されることとなるが、第81条の5の定年に関する事務の調整等の規定は、検察官、大学の教員についても適用されることとなる」としている。

 国公法の定年制を巡っては、人事院は81年の衆院内閣委員会で「検察官は(検察庁法で)既に定年が定められており、今回の定年制は適用されない」と答弁していた。これに関し、森雅子法相は20日の衆院予算委員会で「立法者の意思が議事録では、必ずしもつまびらかではない」と指摘した上で、「検察庁法の所管省庁として法務省が今般、(適用できると)解釈した」と説明した。

 小西氏は、取材に「政府の説明を根底から覆すものだ。今回のは『解釈変更』ではなく、『解釈捏造(ねつぞう)』だ」と述べた。【野原大輔】(毎日新聞20年2月24日)』

* * * * *

 ちなみに自民党が、国家公務員や検察官の定年を延長する法案を作る動きを見せているようだが。
 
 まあ、今は、少子高齢化社会の影響もあって、民間企業も定年延長をしているところが増えているし。<その方が国にとっても、税金はとれる&年金を出すのが遅くできるので、プラス材料になる。>
 検察や公務員も、人数不足、人材不足に悩む時期が訪れるかも知れず・・・。<天下り先も減っているみたいだし?^^;>

 きちんと時間をかけて党内で検討して、国会でもしっかり議論して決めるのあれば、そのような法律or法改正を検討するのは構わないと思うけど。

<まさか3月までに法改正して、黒川検事長を救済しようなんてバカな考えは持っていないと信じたい。>

 安倍内閣がやろうとしているのは、ごヒイキの検察官の定年を延長するために、官邸と法務省などの一部の官僚だけで検討して、与党内や国会で議論することもなく、閣議決定だけで勝手に法解釈を変更してしまう(実質的に法改正してしまう)という、トンでもない荒業なわけで。
 このように法の精神、ひいては民主主義、三権分立の精神に背くような行為は、決して許してはいけないと思うmewなのである。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2020-02-25 08:39 | (再び)安倍政権について