人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談 電話番号 0120-565653
(フリーダイヤル)受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 コロナ+αの記事をほぼほぼ書き上げていたのに、誤って消してしまった。(ノ_-。)

 というわけで、今回はアップする機会を逃していた「桜を見る会」に関する話を・・・。

 桜を見る会の前夜祭に関しては、多くの議員や識者が言っているように、安倍首相がホテルから明細書を、参加者から領収書を集めて国会に提示し、、自分の説明は正しいと証明すれば終わることなのだが。

 安倍首相は、明細書などはホテルの営業の秘密に関わるので出せないと。領収書は、新聞に載っているので、それを見ればいいと言って、自ら積極的に真相解明しようとしないのである。(-_-;)
<ANAホテルは「営業の秘密と言っていない」と反論していらしいけど。>
 
 mewは昨年の秋か暮れごろに、ネットに上げられたニューオータニの領収書を見たのだけど。中には「\5,000」にカンマが打たれていない(\5000になっている)ものもあったり、全体に粗雑な感じで、とても一流ホテルが作成した物には見えず。
 それで、多くの野党議員、メディアや識者は、今でも「領収書を提示しろ」と要求しているのである。(・・)

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%89%8D%E5%A4%9C%E7%A5%AD+%E9%A0%98%E5%8F%8E%E6%9B%B8
* * * * *

 で、今年にはいって、2月17日に立民党の辻元清美氏が、ANAインターコンチネンタル東京から受けた回答を、衆院予算委員会で、安倍首相に突きつけて、話題になったのだが。
  
 領収書に関して、安倍首相はこれまで何度も「宛名は空欄だった」と説明していたのだが。辻元氏が、ホテル側は「宛名が空欄のものはない」と言っていたと述べると、後になってから「空欄ではなく、上様と書いたものがあるかも知れない」と説明を変えて来た。

 その後、産経新聞が21日、ANAインターコンチネンタル東京が、安倍首相の「桜を見る会」前夜祭で参加者が受け取ったという領収書の写真を掲載。
 一部の保守メディアやネトウヨが、「安倍首相の説明を裏付けるものだ」と騒いでいるのだが。この領収書がまた、怪しいのである。(@@)<それで、他のメディアがまともに取り上げていないのではないかと思う。^^;>

<産経新聞の写真と記事は、https://www.sankei.com/politics/news/200221/plt2002210031-n1.htmlに。>

 まず、日付が不明確だし。(4月なのか、11月なのかわからない感じ。)通し番号があると言っても、もう何枚か他の参加者の領収書がないと、バラの領収書なのか、番号が通っているのか「???」だし。<夕食懇談会っていう但し書きも、これ見よがしってつけたような感じだし。>
 
 領収書も発行者が、(上にANA INTER CONTINENTALと書かれているものの)パノラマ・ホテルズ・ワン東京事業所になっているのも、不思議なのである。(~_~;)
<この会社は2015年まで、ANAインターコン東京を運営していたという話もあるのだけど。今は万座のホテルのみを経営している。>

 もしかしたら、安倍首相は「ANAの領収書も、新聞に載っている」と言うかも知れないが。野党は、参加者がのべ何千人もいるのだから、彼らに協力してもらって、「現物を提示すべきだ」との要求を続けるべきだと思う。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 「桜を見る会」に招待する推薦者について、朝日新聞がこんな記事を出していた。(++)

『桜「政治枠」招待者、功績チェックせず 政府関係者証言

桜を見る会の招待者をめぐる首相答弁と証言の食い違い

 「桜を見る会」で安倍晋三首相の事務所が推薦するなどした「政治枠」の招待者について、首相は国会で「内閣府で最終的にチェックしている」と答弁してきたが、事実上なされていなかったと複数の政府関係者が朝日新聞の取材に証言した。功績・功労の有無などの確認は推薦する側の責任だと認識していた。首相答弁の整合性が問われる。

地元有権者に招待状が届くまで

 政府は招待の趣旨を「首相が各界で功績・功労のあった方々を招き、慰労し、懇談する内閣の公的行事」(菅義偉官房長官)と説明。昨年の招待者約1万5千人のうち「政治枠」の推薦内訳は、首相と妻の昭恵氏が約1千人、麻生太郎副総理と菅氏らが約1千人、自民党関係者が約6千人などとされる。内閣官房内閣総務官室が取りまとめ、内閣府人事課が各省庁の推薦と合わせ、「招待者名簿」を作成する。

 首相の地元事務所は1~2月、「内閣府主催『桜を見る会』参加申し込み」と題した用紙を後援会関係者らに配布。用紙には、氏名や住所、職業・役職などの記入欄はあるが、「功績・功労」の記入欄はない。さらに「コピーしてご利用ください」との記述があり、際限なく参加者を募れる仕組みがうかがえる。

 国会などで「公的行事の私物化」との批判を浴びた首相は、招待者について「事務所でふさわしいと考えているものが、(招待)基準に合っているかどうかは、内閣府で最終的にチェックしている」と反論してきた。

■「内閣府はチェックしていない」

 ところが、会の事務の実情を知る複数の政府関係者は、功績・功労の有無など招待に適している人物かどうか、複数回参加していないかなどの確認は「推薦側がすべきもの」と口をそろえた。取材に応じた一人は「内閣府ではきちんとしたチェックなんかしていない」と証言。名簿作成に中心的に携わる職員は、内閣府人事課では2人だけだといい、「名前などにざっと目を通す程度しかできない。きちんとしたダブりチェックなんかもしないから、前年の名簿がなくても何の支障もない」と実態を明かす。(朝日新聞20年2月21日)』

『桜招待「事務所に言えば行ける感じ」 首相の私物化露呈

(前略)朝日新聞が複数の政府関係者や首相の地元である山口県下関市で取材したところ、「桜を見る会」の招待作業の実態が浮き彫りになった。参加者が大幅に増えた背景には、税金を使った会の事実上の「私物化」がある。とどまらぬ疑惑は、政権の体質も表している。

桜「政治枠」招待者、功績チェックせず 政府関係者証言
 「知り合いが桜を見る会に行って、『桜、きれいかったど』とか聞いたから、一回行かにゃいかんと思って参加することにした。安倍事務所側に申し込んだら行けた」

 市内で会社を経営する男性は、2019年春の会に招待された経緯をこう打ち明けた。周囲には、趣味の同好会グループの仲間に誘われて参加した人もいて、「私も含めて功績があって招待されたのではない」と言い切る。「安倍事務所に言えば枠があって、行きたいと言えば行ける感じだった。友達同士のグループで旅行気分やね」

 朝日新聞は2月上旬、下関市内の複数の安倍首相支援者らに取材した。多くが「箝口令(かんこうれい)が敷かれている」などと口を閉ざす中、22人が取材に応じた。(以下、有料。朝日新聞20年2月22日)』
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
 
 これに対して、菅官房長官は以下のように反論したのだが。さすがに首相が説明していたように、「功労、功績がある人たちだとは言い切れなかったようだ。^^;

『菅氏「氏名や役職などをチェック」 桜招待の「政治枠」

 「桜を見る会」の「政治枠」招待者の功績・功労の有無などが事実上チェックされていなかったと、複数の政府関係者が朝日新聞の取材に証言したことについて、菅義偉官房長官は25日の記者会見で、「氏名や役職などの情報に基づき、必要なチェックを行っている」と述べ、問題はないとの見解を示した。

 菅氏は会見で、報道された政府関係者の証言について「全く承知していない」と回答。その上で「内閣府と内閣官房が一定のチェックを行っていると承知している」と話した。また「過去に推薦されても招待されなかった例があったと報告を受けている」とも述べ、チェック機能が働いていると強調した。一方、功績・功労の有無や参加歴については触れなかった。

 複数の政府関係者は朝日新聞の取材に対し、安倍晋三首相の事務所が推薦するなどした「政治枠」の招待者について、「内閣府ではきちんとしたチェックなんてしていない」などと証言。「内閣府で最終的にチェックしている」とした首相の答弁との食い違いが指摘されている。〔朝日新聞20年2月25日)』

 ちなみに、北海道のマルチ会社元会長も桜を見る会に参加して、前夜祭で安倍首相夫妻と写真を撮影していたとのこと。元社長は、この写真を会員の勧誘に使っていたという。(・o・)

『<北海道>マルチ会社元会長 総理夫人のSNSにも登場

 マルチ商法だとして、行政処分を受けた札幌の会社が安倍総理夫妻と映った写真を会員の勧誘に使っていた疑惑。この会社の元会長が安倍総理の妻・昭恵夫人のSNSにも登場していたことが新たにわかりました。

 安倍総理と昭恵夫人とともに映る男性。悪質なマルチ商法だとして行政処分を受けた札幌・中央区の暗号資産(仮想通貨)販売会社、「48(よつば)ホールディングス」の淡路明人元会長だ。2016年4月の桜を見る会の前夜祭で撮られたものとみられる。こちらは昭恵夫人のフェイスブック。2016年4月に投稿した前夜祭の写真と比べると、総理夫妻の服装が一致する。

 無所属 山井和則衆院議員「安倍総理の青いネクタイ、昭恵夫人の桃色の衣装、この写真誰が見ても一緒ですよね。このマルチの社長(のち会長)が前夜祭と桜を見る会に来られたことはお認めになりますか?」

 安倍総理「正直申し上げて、たくさんの人々と写真を撮ります。私自身は正直申し上げて妻も当該人物とは存じ上げておりませんし、個人的な関係はないということは改めてはっきりと申し上げておきたい。顔にも正直、見覚えはまったくない」

 顔にも見覚えがないという安倍総理。しかし、昭恵夫人のフェイスブックを見ると2016年8月に投稿された安倍総理の地元、山口県の花火大会の写真にも、総理夫妻とともに淡路氏が写っているのが確認できる。会員によると、こうした写真は会員どうしのLINEなどで出回り、勧誘にも使われていた。また、48ホールディングスの社内にも淡路氏と安倍総理との写真が飾られていたという。(HTB北海道テレビ放送20年2月18日)』

 桜を見る会についても、まだまだ突っ込みどころがたくさんあるわけで。野党は、国民の声を反映して新型肺炎対策の諸問題をメインにしながらも、桜、検察定年延長などの問題などもうまく織り交ぜて、質問して欲しいと。安倍陣営の目論見に乗って、ここで「桜」の問題追及を緩めることがないようにして欲しいと願っているmewなのである。(@_@。

 THANKS



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2020-02-26 05:37 | (再び)安倍政権について