日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

カテゴリ:スポーツ・競馬( 35 )


 昨夜は、め~っちゃ大きな興奮&感動をしてしまった。(@_@。

 この北京五輪はもちろん、ここ何回かの五輪で、ある意味では
一番「スゴイぞ~~~!(゚Д゚)」と胸が打ち震えたかも知れない。

 だって、ついに日本チームが男子陸上100x4mリレーで、メダルを
ゲットしたのだから!(*^^)v祝

 日本勢が五輪のトラック種目でメダルを獲得したのは1928年に
アムステルダム五輪の女子800メートルで銀メダルをとった人見絹枝
選手以来、80年ぶり2度目。男子では史上初。
 そして、陸上の短距離界では、男女通じて初めてのことで、まさに
歴史的な快挙だったのだ!!\(~o~)/ 

 16年前のバルセロナ五輪で、高野選手が400mで初めて決勝
進出を果たした時も、マジに大興奮したものだけど・・・。

 100mというまさに「短距離」のリレーで、日本がメダルをとる
日が来たことは、感動以外の何ものでもないし。

 また、mewは、彼が大学ぐらいの時からず~っと朝原宣治選手の大々
ファンなので。
 この十何年かの間、日本の短距離界を引っ張って来た彼が、36歳
となって、限界ギリギリで挑む最後の舞台で、メダルという形で報わ
れたことがめ~っちゃ嬉しかった。(**)

<去年の今頃、大阪陸上のあとで、北京までやって欲しいって、この
ブログでも書いてたのだけど。ホント続けてくれてて、よかった~っ
て思ってしまったですぅ。(ノ_-。)>

ちなみに、走り終えたあと、結果が確認できるまで、高平選手と2人
で(願いを込めて?)「3位、3位」と言い続けていたのだとか。
で、3位だとわかった瞬間、朝原選手は、バトンを放り投げて、高平
選手と抱き合って喜んでいたのだけど。
 あの時に、朝原選手が見せた「ワ~ッ」という喜びの顔は、ほんと
無邪気な子供みたいで、あの瞬間、すべてが報われたのではないかと
思ってしまった。(・・)

* * * * *

 もちろん他の競技のメダルも嬉しいけれど。陸上は、むか~しから
行なわれている種目だし。それなりに競技人口も多いし。
 しかも、日本人は、体格や筋肉の質などの問題もあって、なかなか
トラック競技、特に短距離では、全く歯か立たないような状況が続いて
いたので。
 彼らもインタビューで言っていたように、長い間、厚い壁に阻まれ
ながら、ずっと挑戦&アレコレ研究し続けて来た選手たちやスタッフ
たちの努力や思いなど、まさに日本陸上短距離界の歴史が積み重なって
このメダルに到達したのかな~という感じもしてしまった。

<近時で言えば、解説をしていた伊東浩司氏の存在も大きかったし。
その前には、mewが好きだった不破弘樹選手も、世界との距離を縮めて
くれたと思うし。(不破選手が五輪予選の日本選手権で、痛恨のスター
トミスをして、五輪に行けなかったのが、今でも悔やまれる。(ノ_-。))
追記・井上悟選手もいましたね~。ちょっと佐藤浩一似?>

 今回は、何と予選で五輪や国際大会で優勝実績のあるアメリカ、
イギリスや、強豪ナイジェリアなどがバトンミスなどで失格になると
いうアクシデントもあって。ある意味では、運に恵まれた部分もある
とも言えるけど。
<ちゃんと「ラッキーなとこもあったけど」と言える朝原選手が、また
いいな~と思ったりして。(・・)>

 でも、リレーでは、バトンパスも、走るのと同じぐらい大事な技術&
要素なわけで。まさに、競技の一部なのだから。<日本もいつだった
か五輪本番でバトンミスして、泣いたことがあったしね~。^^;>

 他の強豪国が、その練習を軽視しがちな中、日本チームは、バトン
パスで、少しでも時間を短縮して走りの分をカバーしようと、合宿など
でも、きちんとバトンの練習をも行なって来たわけで。
 そのような小さな努力を積み重ねて来たことも、ちゃ~んと報われた
と思えばいいのではないかと思ったりする。(・・)
 
* * * * *

 そして、mewがもう一つ嬉しかったのは、このチームが、これまで
頑張って来たベテラン組と、今後、短距離界を担って行く若手組が、
いい連携を見せて、結果を出せたことだった。"^_^"
<何かこれからの若手に、バトンをつなげたって感じでしょ?> 

 近時、不振が続いていて、今大会も1次予選で敗退してしまった
末續慎吾選手(28)も、2走をうまくこなしてくれたし。
<末續くんは、インタビューで、今後も競技生活を続けそうな感じの
話をしてた。故障を直して、是非、復活を!(・・)>

 そして、これから日本の短距離界を担ってくれるであろう1走の
塚原直貴(23)選手は、100mで準決勝に進出。(~~)
 リレーでも、本当にいいスタート&力強い走りをしたと思うし。
<塚原は今五輪のナンバーが2222だったので、ゾロ目好き&
ラッキー№が2のmewには、ラッキーボーイに見えていたとこも
あったのだった。(・・)>

 3走の高平慎士選手(24)も、200mで二次予選に進出。
リレーでは、一番難しいパートで、見事なコーナーワークを見せて、
あのボルト選手と遜色のない走りをして、2~3位で、アンカーの朝原
選手につなげてくれたし・・・。(**)
<mewは、個人的には、高平選手にチョット400mに再挑戦してみて
欲しい気持ちもあるんだけど。>

* * * * *

 朝原、伊東、末續選手と100~200mで活躍する選手がいても、
そこで途切れてしまうと、なかなかその上に行くのにまた時間がかかっ
てしまうようなとこがあるのだけど。

 今回は、高平選手が200mで2次予選進出。そして、塚原選手は、
100mで準決勝にまで進出したし。(~~)
 解説の伊東氏が気付いたことに、準決勝に出場した16人のうち、
黒人でなかったのは彼一人だけだったので。それだけ、体格や筋肉の
質が、ものを言う競技なんだな~と再認識させられたりもしたのだが。

 でも、日本の選手もまさに塚原選手がそうであるように、かなり
体格がよくなっているしね。(・・)<400mの金丸選手もなかなか>

 きっと、このメダルを一つの大きなステップにして、彼らがさら
なる活躍をしてくれることを、心から願っているし。
 もっとスゴイ選手が登場するかも知れない日が来るのを、心待ち
にしているmewなのだった。(@_@。

 日本チーム&陸上短距離に関わって来たすべての方々に・・・、
心から「おめでとう」&「有難う」を。m(__)m

 そして、special thanks to 朝原選手。長い間、その走りをワクワク
ドキドキ楽しませてくれて、本当に感謝しているし。たぶん今度こそ?
本当に本当にお疲れさまでした。m(__)m
                    
                       THANKS

p.s. 今後あまり書く機会もないかも知れないので。。。
 朝原選手のことを、もうチョット。彼のことを書き始めたら、キリがない
のだけど・・・。
  たぶん、彼の一番の魅力は、それまでの日本選手にはなかった
長身&長い足と、後半に伸びる(落ちない)パワフルな走りだったの
ではないかな~と思う。
 走り幅跳びの方が注目されていた時期もあったけど。いい記録を
連発して、100mに専念。
 そして、社会人になってから、専属のコーチを持たずに、単身で
ドイツに練習に行ったり、欧州の大会を転戦したり。個人で色々な研究
&努力を重ねて、ここまで走り続けて来たのも、スゴイと思う。(・・)

 元・シンクロ・メダリストの奥野史子さんと結婚したと知った時
は<しかも大学時代からずっとラブラブだったと知った時は?>
ちょっとジェラシーも感じたけど。(笑)
 奥野さんの存在、そして5歳になる娘さんの存在も、朝原選手が
ここまで長く競技生活を続けられた&何度もやめようと思いながら、
モチベーションを維持できた大きな要因だと思うし。
 その意味では、最高のパートナーである奥さま&娘さんにも、
「有難う」&「お疲れさま」と伝えたい気持ちになるです。(^^♪

<追記・ 「悔いのない走りを」。願いながら夫の晴れ舞台を見届けた
史子さんは「最高です。言うことは何もない」と涙した。
 「これでちょっとはエラそうにものを言えるかな?」妻と同じ色の
メダルを手にした朝原選手は笑った。<毎日新聞22日&朝原発言
はmew目撃で修正>・・・これらの光景を見て、またうるっと来て
しまったmewでした。(ノ_-。)>



 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


 
 
[PR]
by mew-run7 | 2008-08-23 05:15 | スポーツ・競馬 | Trackback(2)
 久々に北京五輪特集を・・・。

 短めにと思ったのだけど。スポーツ大好きのmewとしては、書き
始めたら、やっぱ止まらなくなって、長くちゃうのよね~。(-"-;)
  ため息ばかりつきたくなる政治や社会のことを書くより、何百倍も
楽しいんだもん。(・・)  

 でも、もし気が向いたら↓の過去の政治の記事や、文末リンクの
リベ平ブログの記事も見て、応援してくださいませ~。m(__)m 

最新の記事一覧・・・7月分はコチラ 8月分は、コチラ 

 12~15日までの分も、色々メモったり、ちょこまか書いている
のだけど、なかなか完成した記事にできなくて。^^;

 とりあえず、今日は16日の競技に関して書いてみたい。

 まずは、男子100m決勝のボルトの走りには、ビックリ。(゚Д゚)
あの余裕、あのフィニッシュの仕方で、9.69秒って何?(・・) 
<NHKのアナウンサーが、マジ~メな声で「『世紀の欽ちゃん走り』
をご覧頂けます」と紹介していたですぅ。(>_<)>

 mewが大好きな朝原宣治選手(36)は、残念ながら2次予選で
敗退。(ノ_-。) <ちょっと走りに力がはいっていたかもな~。>
でも、これからの短距離界のエース・塚原直貴選手(23)が、
見事に準決勝に進出して、ここでもいい走りをしていた。
 100mx4リレーが、楽しみですね~。(・・)

* * * * *

 実は、mewが昨日、一番興奮してTVに釘付けになっていたのは、
卓球だったりして。(**)my racket mottetashi~

 女子団体は、敗者復活2回戦で、格上の香港と対戦して、見事に勝利。
シングルス、ダブルスとも0-2から逆転した福原愛選手も頑張った
けど、2勝2敗で迎えた5試合目に登場。ビシ~ッと勝利した平野早矢
香選手は、と~ってもたのもしく感じられた。(~~)
 女子は、今日17日に韓国と3位決定戦が。五輪史上、初のメダルを
かけた戦いに挑む。

 男子団体は、準決勝でドイツと対戦。
 ドイツは卓球のプロ・リーグがある強~い国で、今回、日本代表に
はいっている岸川聖也選手(21)や水谷隼選手(19)も、武者修行
のためにリーグに参戦したりしているのだけど。
 やはり、五輪ともなったら、相手もマジで勝ちに来るし。正直な
ところ、あっさり負けても仕方ないかな~と思ったりしてたら・・・
これが、5試合目までもつれ込む大健闘だったのだ!(**)

 シングルスで2敗してから、ダブルスで岸川・水谷組が勝つと、
続くシングルスで韓陽選手もフルセットで勝利。そして5試合目では、
岸川選手が、欧州チャンピオンのボル選手から2セット奪って、
フルセットの勝負に。
 もう、この3試合は、ホントに1本1本目が離せないという感じの
手に汗握る攻防で、ワクワク・ドキドキさせられたですぅ。(@_@。

 さすがに最後はボル選手の試合巧者ぶりにやられてしまって、
岸川選手&日本チームは負けてしまったのだけど。
 何か五輪という大きな舞台での若い2人の活躍を見たら、近い将来
かなり上に行けるのではないかな~と、大きな期待も膨らんだ。(~~)

 男子は今日17日、オーストリアと敗者復活戦を行なう。

 男子も女子も、p(*^-^*)q がんばっです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 女子レスリング・フリースタイルの応援も、力がはいった。(**)

 48kg級に登場した伊調姉妹の姉の千春選手(27)は、アテネ
五輪で銀メダルに終わった時に、「銀メダルはいらない」と思いっ切り
悔しさをオモテに出していたのだけど。<妹の馨選手は金だった。>
 今回こそ「姉妹で金」を目指して臨んだこの五輪でも、3回戦で
アテネ優勝のメルレニ選手に勝ったものの、決勝戦で敗れてしまい、
また銀メダルに。<けど、(*^^)v祝>
 mewはまた悔しさを露わにするのかな~と思ったら、今回は「自分の
やれるだけのことはやった」とさばさばした様子で。表彰台では、
大きな笑みさえ浮かべていた。<それを見て、何か胸がギュ~って
なったりもして。(-"-)妹の馨選手は、かなり泣いていたとか。>

 インタビューをきいてて、今回が、20年間、妹と共に歩んで来た
レスリング人生の総決算だったのだな~と。そして、この大会だけで
なくて、この20年間、自分が妹と励まし合いながら、努力を重ねて
戦い続けて来た日々に納得しているんだろうな~<納得させたかった
部分もあるかも知れない>と思ったりもしたのだけど。

 でも、たぶん、彼女が笑顔を見せていたのは、そして何度も馨選手
のことをクチにしていたのは、今日、試合を控えている妹の馨選手の
ためだったのではないか・・・妹に余計な心配をかけることなく、
何とか五輪2連覇を果たして欲しいという気持ちが強かったからなの
ではないかと。そんな風にも思えたmewだった。(・・)

<今日は72kg級に、浜口京子選手も登場。気合だ~~~!(゚Д゚)>

* * * * *

 そして、55kg級では、アテネ五輪の金メダリスト吉田沙保里選手
(26)が登場。
 決勝以前の試合では、かなり緊張していたような感じもあったのだが。
決勝の2Pで、やっと思い切りのいい動きが出て、得意のタックルから、
フォール勝ちで、2連覇を果たした。(*^^)v祝

 実力的には「負けるはずがない」と言われていた吉田選手だが。
優勝した瞬間に、マットの上で泣き崩れたのには、少し驚いた。(・o・)
   
 彼女は、今年1月に、無名の米国選手に敗れて、連勝が119で
ストップ。得意のタックルを返された敗戦の仕方も含め、しばらく
まともにクチもきけないほど、ショックを受けていたという。
 ただ、五輪前のインタビューなんかを見ていたら、もうすっかり
自信を取り戻しているかもようにも思えたのだけど。
 本人は、五輪が近づくにつれて、どんどん不安が増して行った
ようで、決勝で勝つ瞬間まで、その不安と必死で戦っていたのかも
知れない。(・・) <お母さんいわく、谷亮子選手の敗戦を見て、
さらに不安が増したとか・・・。^^;>

 でも、優勝後は、しっかり用意していたパフォーマンスを披露。
前回は、彼女がコーチを肩車したのだが。今回は、コーチが彼女を肩車
して一周。そのあと、マット運動(?)で、側転から1/4ひねって、
屈伸の後方宙返りを行なった。(~~)
<空中で足がかなり開いていたから、B得点で減点かな~?(・・;)>

 インタビューでは、直前に決勝で負けた伊調千春選手や、マラソン
で欠場することになった同じ三重県人の野口みずき選手の分も、
金メダルを取りたかったと言っていたが・・・。
<そう言えば、今日は女子マラソンもあるのよね~。>

さらに、早くも、次のロンドン五輪で3連覇を目指したいと宣言。
同じ格闘技系の種目で、ヤワラちゃんが果たせなかった3連覇を、
是非是非、実現して欲しいと思う。"^_^"

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日は水泳ん200M背泳で、中西礼子選手(26)がアテネ五輪
に続き、銅メダルをゲット。(*^^)v祝

 日本の水泳界(特に女子)では、10代の頃から活躍&注目されて
いる選手が多いのだけど。彼女は、ジュニア時代&学生時代には、
さほど目立たず。03年に自分から北島康介選手らを指導している
平井伯昌コーチの指導を志願して、04年のアテネ五輪で、見事に
開花した。<北島選手とは、日体大の同級生。>

 26歳というのは、一般的に見て、女子の水泳選手としては、かなり
体力的にキツイ年齢だと思うし。本人もこの4年の間に、大変な時期
があったようだけど。平井コーチの叱咤激励もあって、何とかここまで
頑張って来られたという。<彼女は、大学卒業後、確か同じ東京SCで、
水泳のコーチの仕事をしながら練習を続けているときいた気がする。>

 その平井コーチは昨日のレース後、「康介の時は落ち着いていた
けど、礼子の時は足が震えた」と語っていて。北島選手の時とは、また
異なる感じの喜びを覚えていたようだ。(・・)

<そう言えば、北島選手が、06年のインタビューで、「平井コーチ
は、オレだけを見ているわけではないですから」と言っていたのを
思い出した。彼がアテネ五輪後、不調になって、やや意欲を失いかけて
いた時、平井コーチが少し距離を置いていたという話を見たことがある。
 もしかして、「自分には、中村礼子とかたくさん指導すべき選手が
いるんだから、やる気のないやつの面倒まで見ていられない」って
雰囲気をかもし出して、北島選手に「このままじゃ、見放されてしまう
かも。頑張らなくちゃ」と思わせたのかな~とか、想像してしまった。>

* * * * *

 そして昨日は、自転車競技のケイリンで、実際に競輪選手である
永井清史選手(25)が3位になって、この種目が00年に始まって
から、初めてのメダルを獲得した。(*^^)v祝

 五輪のための練習期間中、しばらく本業のレースに出られず、収入
もゼロになってしまっていたとか。(・・)
 mewは競輪の世界はよくわからないのだけど。<たまにTVで見る
けど。なかなか奥が深そうなので、やり始めたらハマってしまいそうな
自分がコワイ?!^^;>
 きっと競輪ファンの人たちも、喜んでいるのではないかと思うし。
今度は是非、本業の方でも頑張って、いい成績を残して欲しい。
 また、競輪の世界も、競馬同様に、売り上げ減に悩んでいるよう
なので、これを機に、来場者&売り上げが増えるといいな~と願って
いる。(・・)

* * * * *
  
 さて、mewのお盆休みは、今日が最後。(ノ_-。)

 18日からは、仕事やアレコレの合間を見ての五輪観戦になって
しまう。<でも、リアルタイムで見ないと、ワクワク度が半減しちゃう
のよね~(-"-)>
 だから、今日は思いっ切り五輪モードを楽しもうと思っているmew
なのだった。(@_@。

<競馬もやるけどね。(・・) 今日は白毛馬のユキチャンが、クイーンS
に出るし~~~。>
                    THANKS

おまけの残念コーナー

残念コーナー

* 男子トランポリンで世界ランキング1位の上山容弘選手(24)
が予選落ちしたとのこと。残念。<外村哲也選手(24)は、決勝
進出が決まった。>

* 男子バレーボールは、もしかしてベネズエラには勝てるかな~と
思ったのだけど。ストレート負けで4戦全敗となり、予選リーグ敗退
が決定。(-"-)
 まあ、正直なところ、五輪に出場できるとも思っていなかったので、
この舞台を経験できるだけでも、ラッキ~という感じもあるのだが。
あと1戦。若手がしっかり学んで、何が必要かよ~く考えて、次に
つなげて欲しい!(**)

* 野球の星野ジャパンも韓国に負けて、2敗目を喫した。
 野球は大好きなんだけど。イマイチ応援気分が盛り上がらず。
自主的にやったのかも知れないけど、何かダルやマ~クンなどが、
頭を刈ったという報道を見て、さらに気持ちがしらけてしまったとこも。
 でも、野球の普及のために頑張ってもらわないと、かな・・・。

 村田~。目立つのが好きなんだから、☆代表として、しっかり役に立つ
活躍&ベンチの盛り上げをして来てちょ!(・・)
 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2008-08-17 05:16 | スポーツ・競馬 | Trackback(13)

 今回からチョット携帯でブログをご覧の方々のことも意識して、
実験的に、短かめの記事も織り交ぜて、長短の複数記事をアップ
する日も増やしてみようかな~と思っているです。(・・) 

<少し前に、初めて携帯で自分のブログを見て、その長さに我ながら
圧倒されたりして。^^; ・・・で、来るべき解散総選挙に向けて、
色々と試みてみようかな~と。(・・)
1日に複数の記事をアップする場合は、その旨、明示します。> 

 ご理解とご支援、そして文末リンクのリベ平系ブログの応援も
よろしくです。m(__)m

最新の記事一覧・・・7月分はコチラ 8月分は、コチラ 
*のついた報道記事は、文末の↓More部分に


 で、この記事は、北京五輪特集<11日版>を・・・。

いや~、北島康介選手、お見事でしたね~。男子100m平泳ぎで
五輪2連覇です。(*^^)v祝 しかも、58秒台の世界記録で。(@_@。
 mewも「何も言えねぇ」って感じかな?(・・)

 本番では、準決勝で思ったようにタイムが伸びず。ハンセンに
代わって急進して来たダーレオーエンに脅威を感じ、すごくプレッ
シャーがかかっていたと思うけど。
<泳ぐ前にユニフォームの日の丸をギュ~ッて握りしめた&胸を叩く
手に力がこもり過ぎたのか、泳いだあとも左胸が真っ赤だった。(・・)>
 それをハネ返してベストの泳ぎをした精神力は、ホントすごいな~
と思うし。あとレーンを越えて祝福に来たハンセンを見て、いいヤツ
だな~と思ったりもした。

 前回もそうだったけど、ずっと強気でツッパって来た分、勝った
瞬間、子供みたいに無邪気に泣いちゃうのが、かわいいですぅ。(~~)
 でも、その分、ホント大変だったんだろうな~って思ったりもする。 
こちらもこの4年、不調の時もありながら、相変わらずの練習嫌い
ながら(?)、平井コーチとコツコツと立て直して来て。

<昨日、06年に出たトップランナーの再放送をやってて、小さい頃
から今に至る日々に関して語っていたのを見たばかりだったので、
尚更にジーンを来てしまったりして。(ノ_-。)>

 何か例のスピード社の水着のせいか、今回の水泳は予選からかなり
タイムのレベルが高いのだけど。^^; 
 日本の水泳陣も、日本新や自己ベストをどんどん出していて、かなり
健闘。男子100m背泳で前回銅メダルだった森田選手が準決勝で姿を
消したのは、残念だったけど。<でも、宮下選手が日本新で決勝へ。>
また奥村選手が、日本史上初めて男子200m自由形で決勝進出したし。
今日以降も楽しみなレースが続きそうだ。(**)

* * * * *

 そして、昨日、もう一つスゴイことがあった。バドミントン女子
ダブルスの準々決勝で、末綱聡子・前田美順組が中国の第一シードの
ペアを破る大金星をあげたのだ!(^^♪
 一昨夜、バドミントンの組み合わせを見て、オグシオ組も、末綱・
前田組も中国ペアと対戦すると知り、正直なところ「あ、ここで
終わりか~」と思ってしまったmewなのだけど・・・。^^;。
 TVに向かって「ゴメンナサイ」をしたです。_(。。)_

 でも、それぐらい中国ペアって強いって印象だったんだもの~。
オグシオ組は世界ランク6位、末綱・前田組は8位ではあるけど。
実際、オグシオ組は第2シードのペアに、完敗したしね~。(・・)

 それに、末綱・前田組だって、前日のインタビューで「明日は一本
でも多くラリーをしたい」と言ってたぐらいだし~。(**)
<まさに謙虚&無欲の勝利と言えるかも。>
 
 このペアは、末綱選手が27歳、前田選手が22歳で。<オグシオ
は同い年。> 社会人になってからペアを組み、年齢の違いなども
あって、うまく行かない時期もあったとのこと。<*1>
 昨日も若い前田選手がかなり狙われていたのだけど、末綱選手
が懸命にカバーしたり、励ましたりして、前田選手のいいとこを引き
出していたように思えた。
<「エースをねらえ」のお蝶夫人と岡ひろみのペアを思い出したり
して?(・・)>

 準決勝以降も、無欲&思い切ったプレーでp(*^-^*)q がんばっ
です。

* * * * *

 逆にmew的にめっちゃ残念だったのは、テニスの杉山愛選手、錦織圭
選手が、初戦で敗退してしまったのだ。(ノ_-。)

 愛ちゃんは1回戦から、ランキング12位&第10シードの選手と
当たってしまい、ちょっと組み合わせ的に不運だったかも。^^;
 でも、まだ森田あゆみ選手とのダブルスの試合があるので、メダル
を目指して、頑張って欲しい。(~~)

 錦織(にしこり)選手は、今ランキング124位。格上の34位
ながらウィンブルドン・ベスト4のシュットラー選手と対戦して、
フルセットまで行ったけど、力が及ばなかったようだ。
 けど、ウィンブルドンで傷めた腹筋(途中棄権)も治ったみたい
だし、今後に期待したい。(・・)

* * * * *

 他にもクレー射撃トラップで、ママさん選手の中山由起枝選手が
4位に入賞。<クレーの女子では日本勢過去最高。>
 フェンシングの女子フルーレ個人で、菅原智恵子選手が日本人初の
7位入賞を果たしたとのこと。

 昔は、五輪の時は、NHKの総合で、ふだんあまりTVではやら
ない種目も中継してくれることがあったので、それを見るのも楽しみ
だったし。競技の普及につながるとも思ったのだけど。
 何かBSができてからは、ほとんどマイナー系の種目はやってくれ
ないので、寂しい感じがしてしまう。(-"-)
<mewがメインで過ごしているとこは、衛星アンテナやケーブルが
ついていないし~。(ノ_-。)>
 
 それで、前回のアテネ五輪のアーチェリーの山本先生じゃないけど、
メダルをとった途端、マスコミ全体で、いきなりヨイショが始まるん
だから。<今日のバドミントンの末綱・前田組もしかり?(・・)>
 そういう部分は、何だかな~って思ってしまうとこもあるmewなの
だけど・・・。(@@。

 ちなみに、今日、mewが一番楽しみなのは、男子の体操団体戦です。
ガンバレ、ニッポン!p(*^-^*)q

 以上、11日の五輪特集でした。(^^♪
 
                    THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2008-08-12 01:50 | スポーツ・競馬 | Trackback(7)
 もともと土日や連休はアクセスやクリックが少ないのだけど。
今週は、いつもに増して少ないので、五輪のせいかな~と思ってたら。
 ・・・あっ!(・o・) もしかしてお盆休みにはいっちゃった人が多い
のかも~~~。<長い人は9連休なんだよね~。(**)iina~>

 それは、マズイぞ。mewもそ~なのだけど、リベ平系は、何故か土日祝
とか連休は、アクセス&クリックが減ってしまうブログが多いのだ。
 折角、みんなチョットずつクリック数が上昇中だったのに~~~。^^;

 ・・・というわけで、お盆休みの方(かた)も、そうでない方も、
いつもより大きな&優しい気持ちで、当ブログ&リベ平勢にご支援を
よろしくですぅ。m(__)m、<リベ平ブログのリンクは文末に。>

最新の記事一覧・・・7月分はコチラ 8月分は、コチラ 
*のついた報道記事は、文末の↓More部分に

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、勝手に地方競馬広報係のmewとしては、お盆休みの方には、
是非、地方競馬場にも遊びに来て頂きたいかな~と。(^^♪
 大井競馬場は11日からキラキラが美しいナイター&夏祭り開催。
その他、全国各地の競馬場で、競馬が開催されているですぅ。
<開催スケジュールはコチラ。各競馬場のHPはコチラ。>
 もちろんmewもチョコチョコと競馬を楽しみに(&勝負しに?)行く
つもりです!(・・)

<JRAの関屋記念はMシェンク&福永騎手、そして函館2歳Sは
Fペトル&三浦皇成騎手が優勝。(*^^)v祝 
 Mシェンクは2度の骨折を乗り越え、3年ぶりの重傷制覇!(ノ_-。) 
そして、恐るべし三浦皇成騎手。今年デビューの19歳ながら、早くも
重賞初優勝。秋にはGIの騎乗依頼もありそうだし。東の武豊クラスに
なれるかも?!・・・です。(・・) >

* * * * *

 さて、今回は北京五輪をメインに!(**)

 まず、柔道男子66kg級の内柴正人選手(30)選手が、アテネ
五輪に続いて、金メダルをゲットしたですぅ!(*^^)v祝

 アテネ五輪後、不調や意欲減退などで、なかなか勝てず。奥様が
柔道整復師の学校に通う姿を見たり、4歳の息子さんに「チャンピオン
なのになんで勝てないの?」ときかれたりして、一念発起して北京五輪
の出場&金メダルを目指したという。(・・)
<本人がああまり家庭環境に恵まれなかったこともあって(お母さんが
3人いたり?)その分、家族をと~っても大切に思っているらしい。>

 そして、女子52kg級では19歳の中村美里選手が銅メダルを
獲得。(*^^)v祝 <平成生まれ初のメダリストだそうだ。(・・)>
 谷亮子選手が15歳で制した福岡国際女子柔道に、16歳で優勝して、
第2のヤワラちゃんとして、一躍脚光を浴びて、期待されてたのだけど。
本人は、今日の銅メダルに納得していない様子。
 また次の五輪を目指して、p(*^-^*)q がんばっ。

* * * * *

 あと何が嬉しかったって、女子体操で日本チームが団体予選で8位
になって、決勝に残ったこと。"^_^"
 そもそも団体で五輪出場できたのが12年ぶりで。決勝進出は84年
ロサンゼルス大会以来24年ぶりなんだもの~~~。<鶴見と大島が
上位にはいり、個人総合に出場することに。(~~)>
 
 残念だったのは、反町JAPANは、ナイジェリアに1-2に敗れて、
予選敗退が決定したこと。
 反町監督に対しては、かなり批判も多かったのだけど。mew個人は、
監督込みで応援していたので尚更に残念。<叩かれちゃうかな~?^^;>
 そこそこいい選手が集まっていたのだけど。何か五輪本番では、攻撃
も守備も、かみ合っていない感じがあったかも・・・。^^;
 でも、この中から、日本代表で活躍できぞうな選手もいそうだし。
<個人的には、ウッチ~がごヒイキかな。(・・)play mo youshi mo?>
今後の成長に期待したい。

 mewの専門種目(?)のバレーボールは、男子が初戦イタリアに1-3
で負け。<これは、正直なところ、実力負けかな?^^;>
 女子の初戦、対米国戦は、2-3のフルセットで負け。何か勝てる
チャンスがあったのに、自ら勝ちを謙譲してしまった感じも。(-"-;)
 前にブログに書いたのだけど、五輪最終予選の時は、高いチームを
相手に、スパイクを8割ぐらいの力で打ってて、トス回しのスピード
とコースでうまく決めていたのだけど。やっぱ五輪となると、力が
はいってしまうのか。肝心なとこで、相手ブロックに叩きつけるスパ
イクを打ってしまったり、トスが合わなかったりで、「う~ん」と
いう感じだった。(-"-;) <でも、佐野のレシーブはよかったね。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、ヤワラちゃんこと谷亮子選手のことを・・・。

 9日、柔道女子の48kg級で、谷亮子選手が3位になった。
 本人or期待していた人から見れば、「銅メダルに終わった」って
感じなのかも知れないけど。
 でも、これは誰もが認めるように、柔道のような格闘技で、そも
そも五輪に5回も連続して出場いて、しかも5回連続してメダルを
とること自体が、本当に驚異的でスバラシイことだと思うし。

 それに、正直言うと、私はよく銅メダルをとったな~と思うところも
あったのだった。
 というのも、何か今年の彼女の試合や取材の映像などを見ていて、
これまでのヤワラちゃんとかなり違うように見えるとこがあって。
もちろん、優勝を願っていたけど。下手をすれば、もっと早い段階で
負ける可能性もあるかもと、懸念する部分もあったからだ。(・・;)

 私は、柔道はやったことがないし、詳しくもないのだけど。たま
たま、福岡国際柔道で、当時、中学生だったヤワラちゃんが勝った時
の試合中継を見ていて。それ以来、何か気になる存在になって、
約18年ぐらい、彼女の試合の中継や、TV他の特集取材などを
ず~っと見ていたのだった。(**)

 彼女はともかくエネルギーに満ち溢れていて。超・有言実行タイプ。
先に大きな目標を公言して、何度も繰り返しクチにしながら、自分で
それをある種の確信にまで高め、それを達成するために、きつい練習
をこなして、自分を作り上げて行く・・・という感じなのだけど。
 92年、96年と五輪で2回銀メダルが続き、00年のシドニー
五輪の前に「最高で金、最低でも金」と言って、自分を追い込んだ
彼女には、スゴイ強さを感じたものだった。

 同時に、中高時代から、どんな小さな取材の時も、愛想がいいのに
驚かされたりもしていた。取材側が求めるような発言をして、笑顔を
作って。何か昔の芸能アイドルみたいに思えたりもした。(・・)
<彼女の暗い表情は、試合に負けた直後しか見たことがない。>

 実際、彼女は、自分でも柔道界のアイドル&国民にとっての五輪
アイドルであることを自覚し、自分でそれを演じ続けようとしていた
ところがあるようにも感じる。
 今回の試合が終わったあとも「皆さんにずっと期待され続ける選手
でいたいと思っていた」と言っていたが。周囲から注目され、期待
されること自体が、彼女のエネルギーの源だったのかも知れない。

 途中でおうちのこととか、進学や就職、指導者や金銭的なことなど
あることないこと言われた時期もあったけど。彼女は、そんな話など、
全くなかったかのような顔をして、淡々と与えられた環境の中で、
自分の道を歩んでいた。
 そして、実績を残すことで、見事に周囲のクチを塞いだところが
あった。何か彼女のそういう強さが好きだったりもした。(**)

* * * * *

 当時オリックスのプロ野球選手だった、谷選手とのロマンスには
ちょっと驚かされた。谷選手のことを語るヤワラちゃんは、いつも
より目じりが下がって、時に恋する乙女のような目をしていた。
 そして03年に結婚後、04年のアテネ五輪で「谷でも金」を達成
し、私は彼女がもう引退するのではないかと思っていた。
 彼女は、今までやれなかった家事や日常生活などをするのが、
とても楽しそうに見えたし。もう十何年も世界の第一線で戦って来て
そこから先も、また4年間、モチベーションを保つのが大変なのでは
ないかと思ったからだ。(・・)

 もう、この頃、彼女はすっかりベテラン選手っぽくなっていて。
エネルギー全開で、ともかく元気に動いて、一本をとりに行く柔道
から、計算して勝ちに行く柔道をするような感じになっていた。
 女王として、その座を守る立場になると、いわゆるチャレンジ精神
が薄れてしまうし、年齢的にも衰えて来る時期だけに、ますます
モチベを維持することが、難しくなる。(-"-)

* * * * *

 しかし、彼女は05年に妊娠をし、新たにチャレンジする目標を
見つけた。「ママでも金」である。(@_@。

 私はその会見を見た時に、そう言えば、彼女が結婚した前後頃に、
取材に応えて、こんなことを言っていたのを思い出していた。
「ヨーロッパには、色々な競技で、結婚や出産をしてもカムバック
をして、長く活躍している女性がたくさんいるのに。日本では、そう
いうケースがほとんどない」と。「本人がやりたいと思っても、周囲
の理解や練習環境がととのっていない」というようなことを語って
いたからだ。(・・)
 
 変な話、私は彼女が妊娠をしたと知った時、この年を狙ったのでは
ないかとさえ、思ってしまった。^^; 05年に妊娠&出産すれば、
次の北京五輪まで2年余りの時間がある。それならば、出産した後
に身体を作り直しても間に合う可能性が高い。
 もしかしたら、周囲のこともあったかも知れないけど。彼女は、
新たな目標を設定して、自分のモチベ&周囲の期待を高めるために、
人生をセルフプロデュースしたのかなと思った部分もあった。

 でも、実際にやってみて、それは彼女が思ったよりも何倍も大変な
ことだったし。精神的な面も、肉体的な面でも、今までとはかなり
違っている自分に気付かされて、大きなとまどいや心の揺れを覚え
ることも多かったのではないかと察する。

  <つづく>         THANKS


 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2008-08-11 06:20 | スポーツ・競馬 | Trackback(10)
 最新記事の一覧は、コチラをクリック。

東京は台風一過で、す~っかり秋晴れだ。(・・) baba mo kaifuku

 たった今、秋天が終わって、メイショウサムソンwith武豊騎手が、
強~い勝ち方をしたところだ。(*^^)v祝 ↑Feel Alive♪ momiji
<押さえの馬連しかとれず、ほぼチャラ^^; Aアークwith吉田隼人くん
を狙っていたのにな~。カンパニーが~~~!(゚Д゚) (でも、バルクが
久々に好走したから、やや満足かな?
 いいんだよ~。今日はダブルヘッダーで、私の本番は、ここから参戦
する大井トゥインクルなんだもん。・・・と負け惜しみを言ってみるmew?(・・)>

 昨夜の日本シリーズは、1回に日ハムが中日・川上の立ち上がりを
攻め、3点先行したものの、その後は投手戦の様相に。
 日ハムの若きエース・ダルビッシュ有投手が、中日打線を何とか
1点で抑えて、見事に最後まで投げ切った。(~~)nice pitching!
 精神的にもたくましく見えたし、☆もああいうエースが欲しいな~
と、ダルくんを見る度に思ってしまう。 9回2アウトのノー2で、マウンドに
行ったヒルマン監督もさすが、という感じ?!(・・)
<ちなみに、私の周囲では、何故か中日の川上のことは、カワカミケン
シンとフル・ネームで呼ぶ人が多い。>

* * * * *

 明日29日、守屋・前防衛事務次官の証人喚問が行なわれる予定に
なっているのだが・・・。
 何か、本人の希望もあって、与党側が映像による撮影の中止を求め
ていて、「え~~~っ?(・o・)」と思っていたのだけど。
 野党側がかなり反発したこともあり<世論の反感も買うよね~>、
昨日になって、撮影OKになったようだ。<本人も了承したとか。>

 自民党の伊吹幹事長はTV番組で『「守屋武昌前防衛事務次官の問題
が長引くのかどうか、証人喚問を行った上で判断したい」と述べ、29日
の証人喚問を踏まえて延長の有無や延長幅を最終的に判断する考えを
示した」という。<共同通信29日>』

 給油新法の審議も含め、本当に重要な証人喚問になると思うので、
野党はしっかりといい追及をして欲しい!(@@。

* * * * * 

 亀田一家の問題で、TBSがかなり叩かれている。

 まあ、確かにTBSは、やり過ぎだったと思うし<そのことは
いずれ書いてみたいが>。それに、この夏の大阪での国際陸上を考え
ても、「スポーツや選手を食い物にしている」部分はかなりあると
思うのだけど。
 でも、私に言わせれば、どの局も似たり寄ったりなのではないかと
思うところがあるし。一概にTBSだけを、責められない部分がある
ように思ったりもしている

* * * * *

 たとえば、もうすぐバレーボールのワールドカップが行なわれるの
だけど。<この1ヶ月、さんざんフジTVがアチコチに選手を出したり、
特番を組んだりしてPRしているけど。>
 私の記憶では、バレーボールの中継や試合会場にタレントを持ち込み、
イベント化、ショー化するようになったのは、フジTVが最初だった
のではないかと思う。<ワールドカップと春の高校バレーで。>

 以前、コチラの記事にも少し書いたが。今じゃ試合会場でタレント
が歌うのも、ミョ~な応援するのも、DJやら音楽がはいるのも、
多くの観客が応援棒でバタバタやるのも、当たり前のような光景に
なって来た。
 これが続く間、私は2度とバレーボールの国際大会の会場に行く
つもりはない。<TV中継も、アレコレ余計な声や騒音がうるさくて
落ち着いて観られないので、じ~っと観戦することができずにいる。>

 陸上、水泳、柔道、フィギュア・スケートなどの世界大会や、オリン
ピックなどは、いつの間にか俳優やタレントなどが番組の司会や応援
要因を務めて、ワイワイ騒ぎながら中継を行なうのが当たり前のように
なってしまった。(-"-;)

 しかも大会前から、注目選手にキャッチコピーをつけたり、ある種の
キャラ作りをしてアピールに努めたり、各TV局主催のイベントや番組
などアチコチの場に呼ばれ、PRをさせられたりする。
<ちなみに大阪の国際陸上で、期待の選手の多くが力を発揮できなかっ
た要因の一つに、大会前の大事な時期にPR等の仕事が多かったため、
自分たちのペース&やり方で調整ができなかったことが挙げられている。>

* * * * *

 私は、このようにTV局が、スポーツを本来のあり方とは異なる形
で扱うことを苦々しく感じることが多いのだけど。でも、仕方ないの
かな~と思ってしまう部分もある。今、ほとんどの競技は、大会の入場
者も少なく、大きなスポンサーもなかなかつかないため、協会もチーム
や選手も、財政難で苦しんでいるからだ。

 長引く不況や、新自由主義による競争原理が激化している中、企業は
コスト削減を第一に考え、スポーツにおカネをかけなくなっている。
個人でスポンサーがつく選手はごく少数しかいないだけに、チームや
選手を強化して行く費用を確保するためには、TV局とタイアップし、
イベント化することによって、放映権や協賛企業を集めるしかないと
いう実情がある。
 けど、それなりに視聴率や観客が集められなければ、TV局や企業
はすぐに手を引いてしまうだろう。そうならないために、選手にもPR
を手伝って欲しいと要請されれば、上述のようにミョ~なキャッチコピー
やキャラ作りを受容したり、アチコチに顔を出したりしなければなら
ないのである。^^;

 もちろん、選手たちだって、より多くの観客が来てくれたり、より
多くの人に知られて応援されたりすれば、大きな励みになるし。それに
強化の予算の面でもプラスになるのも有難い。
 でも、実際には、スポーツ本来のあり方と離れて行く部分もあるし、
練習にも支障が生じることもある。
<ちなみに、性格的に目立ちたがり屋の選手ばかりではないので、TV
やイベントに出るのは、精神的にかなり苦痛の人もいるようだ。>

* * * * *

 私は、このようなメディアとの関わり方が、今、スポーツ界が抱える
ある種のジレンマなのではないか、と思うことがしばしばある。

 欧米のサッカーその他の世界では、まさにコマーシャリズム(商業
主義)やメディアとの関係が、異常な次元にまで発展しつつあるの
だけど。
 日本でも、もはや、スポーツ競技で一定のレベル以上を目指そうと
する側は、純粋にトレーニングに専念して強くなればいいというわけ
には行かない現状があるのは事実だし。見る方も、それを前提にしな
ければならない部分があるということだ。

 でも、TV局が図に乗り過ぎると、また、本当にスポーツ競技や
選手のことを考えないファンがそれに乗り過ぎると<スポンサーも
安易に視聴率や人気ばかりを重視し過ぎると>、みんなでスポーツ
を食い物にするようなことになってしまう。(ーー;) 

 そして、プロボクシングの場合は、スポーツ競技であると同時
に、興行的な要素が強い種目&実情があるだけに、亀田一家&
TBSのようなことにつながりかってしまったような気がする。

<そして政治の世界にも、本来の趣旨や中身を軽視して、メディアを
利用する形での、このようなイベント化、パフォーマンス化、目立った
もん勝ち、人気重視の風潮が出始めているのが、めっちゃアブナイな~
と思う今日このごろのmewなのだった。(@@。>

 <つづく>         THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はないので、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に復活も、崖っぷちの攻防。(・・;) ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位陥落のまま、なかなか上がれず。 ^^; 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

(mewはランキングが)アブナイ&らんき~な お玉喜八もよろしくです。

 
[PR]
by mew-run7 | 2007-10-28 16:35 | スポーツ・競馬 | Trackback(11)
最新記事の一覧は、コチラをクリック。

  来週から、国会はまさに本格的な与野党攻防が繰り広げられることに
なる。
、29日に守屋前事務次官の証人喚問も行なわれるし。31日には、
福田首相と小沢代表の初の党首討論も行なわれるし。
 そこから、給油新法を中心に、各委員会で本格的な審議が繰り広げ
られることになる!(**)

 東京地検が、山田洋行の元・専務の本格捜査に乗り出すとの報道も
あり<*1>防衛省の癒着問題もどのように進展するかも含めて、
政治、国会関連の動きが、見逃せない感じだ。(@_@。

<でも、あまり守屋方面に捜査が進むと、守屋氏が捜査や訴追を理由
に証言拒否をするかも知れないので、困るんだけどね~。^^;
関連記事「守屋前事務次官&「山田洋行」&元・専務に関する報道
のまとめ」10・20はコチラ

 マスコミも来週からは、もっとしっかり政治関連のことを伝えて、
国民の関心をもっと呼び戻して欲しいな~。
 もちろん、このブログでも、mewなりに頑張って、色々とお伝え
したいと思っているです。p(*^-^*)q
 
<しつこいけど、まだの人は、C型肝炎の検査を受けましょう!(・・)

 でも、今回の記事は、週末バージョンで?!(・・)

* * * * *

 実は、私にとっては、来週は秋競馬の最大イベント・ウィークだったり
もして。・・・28日にはJRAで秋の天皇賞、31日には大井で「ダート競馬
の祭典JBC」が行われるので、そちらの方にかなり心が奪われている
部分もあるのだけど。(^^ゞjbc yoroshiku! <専用サイトはコチラ

<JBCは日本ボクシング協会もそうだけど。^^; ジャパン・ブリーダーズ
カップですぅ。でも、31日のJBCデ~には、川崎競馬場に、あのWBAフライ
級王・内藤大助選手も来場するとか。(・o・)(大井に、プレゼンターに来て
くれればよかったのに~?!(++) )
 あと帝王賞の覇者&元・大井のボンネビルレコードは、的場さま騎乗で、
JBCに出してあげたかったのにな~。この際、秋天に勝っちゃう?(・・)>


 あと、今日からは、プロ野球の日本シリーズも始まるし~。
 米国ではワールド・シリーズも盛り上がっていて、昨日は巨人時代の
何十倍もたくましく&野球を楽しんでいるように見えるレッド・ソックス
の岡島投手が、中継ぎでピシャッと抑えて、いい仕事をしたし。
<大リーグ史上初のWS日本人初対決(岡島vs.松井稼も実現。こういう
のを見るたびに、「イチローが羨ましがっているだろうな~」と思って
しまうのは、私だけ?(**)matsuzaka wa koutou dekirukana?>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 話は全く変わって、亀田興毅選手の会見の話を・・・。

 亀田一家の件については、何か政界を含め社会のアレコレの問題と
リンクして考えられる部分もあるので。何か書きたいな~と思いつつも、
ちょこまか書いては、消してを繰り返し、なかなかアップできないで
いるのだが。^^;

 昨日、亀田興毅選手の記者会見が行なわれたので、今回はその感想
+αについて書いてみたい。
<しっかり、リアルタイムで中継を見てしまったmew。(^^ゞ>

 まず、会見の場にはいって来て、彼の坊主&ネクタイ・スーツ姿に
驚かれた方も少なくなかったことだろう。私はアレを見て、「彼は
本気だ」と思ったりもした。
 また、坊主姿でアップになった彼を見て、何だか中学卒業して間も
なく、アマの大会に挑んでいる頃の、まだ初々しい、あどけない感じ
の興毅選手を思い出したりもしていた。
<こんな感じ・・・コチラの過去のオンエア02.11.10 134回参照>

 そして、私が昨日の謝罪の言葉の中で、最も印象に残ったのは、「ボク
シングのイメージを悪くした」ことをわびたことだった。
 何だか「ああ、彼は本当にボクシングを愛しているんだな~」と思え
て、嬉しくなったりもした。

 全体的には、とても真摯な態度で、自分なりに精一杯、誠意をもって
質問に答えようとしたり、反省の姿勢を示そうとしていたりして、それ
を評価した人も多かったのではないだろうか?(・・)

<何か正義漢ぶって、やたらエラそ~にツッコンでた某局のレポーター
が、反感を買ってしまっているとか?(・・)・・・他方で、中学生の子が
「興毅は一生懸命に丁寧に話そうとしてたけど。やっぱ、全部、ですます
調では話せないんだね。オレもふだんから丁寧に話し方を練習しておか
ないと、高校受験の面接がアブナイかも」とか言ってたりもして。^^;>

* * * * *

 ところで、私は昨日の記事で、「何か興毅選手は、かなり精神的に
自立して来て、自分個人の意思でマジにひとりのボクサーとしてやって
行きたいという思いが強くなって来ているのではないか、という感じが
する」って書いたのだが。

 でも、昨日の会見では、彼がボクサーとしてやって行こうとしている
のは、そしてもう一度、世界チャンピオンをとろうとしているのは、
彼にとって、それが最大の自己実現の手段であると同時に、改めて家族
の存在や力や思いを証明&実現するためであると。また自分や家族の中
でも、世間にも、亀田家という家族を全否定させないためだという感じ
が、ひしひし伝わって来た。
 
 昨日も、彼は、自分のためというより、まさに家族のために、あえて
厳しい会見に臨んで、グッと自分を抑えて、こうべを垂れながら耐え
しのんでいるようにも思えたし。ともかく、自分がここで頑張ることに
よって、家族の再出発の道を開きたいという決意が強く感じられた会見
でもあったようにも思えた。(**)

* * * * *

 また、私が、あの会見を見て、一番強く思ったのは、「この子は、自分
が長男だという自覚が強いん子なんだな~」ということだったり。
これは、私自身が同じ長子だから、そう感じたのかも知れない。
 本人も「長男として、亀田家の代表として」と言っていたけれど。
昔はともかく、いまどきの20歳の子で、こういう感覚や意識を強く
持つ子は稀なのではないだろうか?
 そして、それだけ彼は、いまどきの一般家庭とは異なった環境、状況
や教育の中で育って来たと言えるのかもな~と思ったりもした。

<ちなみに父・史郎氏は、三人兄弟の末っ子らしい。>

 長子としての自覚、働きというのには、単に一番上のお兄(姉)ちゃ
んとして、下の弟妹を守ったり、引っ張ったりして行くという側面だけ
でなく、親を支えたり、守ったりして行くという側面もあるわけだけど。
 彼の中には、大毅選手やその下の弟妹を何とかしたいという「お兄
ちゃん」としての気持ちと共に、父のいい面も悪い面もすべて理解して、
受け入れて、その上で父を中心とした家族を支え、守って行きたいと
いうとしての思いが、強く芽生えていたように感じられたのだ。(・・)

<後半につづく>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

taifuu sekkin de tokyo wa zutto ame・・・akiten mo areru?

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング
   
にほんブログ村


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 昨日、父親が改めて謝罪の会見をしないことを批判する声もかなり
あったようだけど。
 私は、子供たちも周囲の関係者も、おそらく本人も父親がオモテに
出ない方がいいと判断したのだと思う。

 また機会があったら、亀田家の歩みや親子関係などについて書く
こともあるかも知れないけど。
 私も父・史郎氏の態度、言動、考え方などには、アレコレ問題や
疑問を覚えるところはあるものの。<基本的に、公の場で、ああいう
言動をする人は、好きじゃないので尚更?(>_<)>

 でも、彼がともかく子供たちのことを愛していて、骨身を削って、
一生懸命、子供たちの生活を支えたり、練習の指導をして来たのは
事実だと思うし。これだけ、全生活を賭けて、子供たちと向き合って
いる父親も、そうはいないとも思っていた。
<彼らが強くなれば、経済的にも潤うことにはなるけど。将来、本当に
プロとして通用するかどうかわからない時から、本当に一生懸命やって
いたのを見ているし。まあ、あの性格ゆえに、頑張って来られたのでは
ないかとも思ったりもする。(・・)>

* * * * *

 ただ、iiyumeさんもコチラの記事に書いていたけれど。父・史郎氏
は、本人が育ったり生活したりして来た環境や、その中での付き合い
の影響なんかもあって、あのような態度や言動の仕方が、す~っかり
身についてしまった部分もあるように思うのだ。
 もちろん、環境がどうであれ、その人の性格や社会経験や、人間と
しての器用さ(要領のよさ)によって、うまく場に応じて、臨機応変
に立ち回れる人もいるのだけど。
 史郎氏は、たぶん、そういうタイプではないのだろう。

 興毅選手の「みんなも見て、わかっている通り、親父はあのような
性格やし、器用ではないし」という言葉に、思わずうなずいてしまった
人もかなりいたのではないだろうか?(・・)

* * * * *

 「もう40過ぎて、そんなことでどうする?」とか「親として、それ
で通用するのか?」とか言う人もいるし。私もそう思う部分もあるけど。
 でも、たとえば、俗にいうエリート路線で生きて来た人や、ミョ~に
生真面目に生きて来た人の中に、40になって、なかなか急に自分の
価値観や考え方が変えられなかったり、時代の流れや周囲の雰囲気に
適応した言動ができなかったりする(KYの?)人もいるように。
 そう簡単に、コロッと言動を変えたり、うまく立ち回ったりできない
人は、世の中、少ないのではないかと思ったりもする。(・・)

<政界とか財界(中小企業の社長なんかにも?)とか、官僚とかにも、
何か自分が立場上、イバリっちにして、「上から目線で」ものを言わな
ければいけないと思い込んでいる人や、何かそうやっているうちに、
それが身にしみついてしまった人とかいるし~。(ーー;) 
 それに、私個人は、逆にあんまりその場その場で、コロコロと言動を
変える人は、却って信用できないな~と思うこともある。^^;>

* * * * *

 史郎氏とて、もしできるなら、自分もいい形で謝罪して、子供たち
にとってプラスになるようにしたいという気持ちは山々あると思うし。
 先週のボクシング協会の会見でも、何とかそれを表そうとしたのでは
ないかと思うのだけど。残念ながら、世間にそれがうまく伝わるような
感じで表現ができなかったため<反感を増長させた部分もあり?>、
本人もどうしていいかとまどったようであるし。興毅選手にも、「親父
は、もうオモテに出ない方がいい」と言われたという話も出ていた。

 亀田兄弟は、父親を絶対視していて、何か洗脳されているかのように
言われることもあったけど。
 興毅選手は、いつの間にか、かなり一般社会性も身につけて、外から
自分の親や置かれている状況を把握できる目ももって、自分なりに対処
しようとしていたことに、大きな成長を感じたりもした。

<まあ、興毅選手は、もともとふだんから、礼儀の面も含めて、それなり
に状況に応じて言動するし。結構、常識的な判断をすることが少なくない
と言われていたのだが。・・・大毅選手のことは、改めて書きたいけど、
彼の方が父に似て、かなり人間的にも(ボクシング的にも?)不器用かも
知れないとも思う。>

 ふつう、何か大きな問題が生じると、周囲を拒絶するか、親を拒絶する
か、どちらかに傾く若者も少なくないのだけど。
 興毅選手は、父への主観的な思いはきちんと抱いて<「世界一の親父」
と評し、父への感謝の言葉を述べて、関係は変わらないと述べながらも>
父や自分たちを客観的に評価する視点ももって、それに即した対応や
言動をしようとしていることに、思わず「やるな~」と感心してしまった
mewなのだった。(@_@。

<つづく> 

[何かハンパだけど、もうかなり長くなってしまったので・・・。^^;
今回は、ここで終わりにしたい。]

                   THANKS  

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はないので、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠に復活も、崖っぷちの攻防。(・・;) ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位陥落のまま、なかなか上がれず。 ^^; 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

(mewはランキングが)アブナイ&らんき~な お玉喜八もよろしくです。

 

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-10-27 11:48 | スポーツ・競馬 | Trackback(12)

  朝からバタバタしていたら、昨日書いておいた安倍氏ネタなどいくつかの記事が
行方不明になってしまった。<誤まって、消しちゃったかも~。(涙)>
というわけで、とりあえず手元に残っているスポーツ・ネタ(王監督の退院&亀田
の試合+スポーツの盛り上げ方に関して)を二つアップすることにするが、両者とも
メディアのあり方に関わる話なので、その観点からも読んで頂ければと思う。

 * * * * * *

その前に、私がこだわっている「航空自衛隊のイラクでの活動範囲」の問題(コチラなど)
<憲法・イラク特別措置法違反のおそれがある>に関して、ほとんどのTVや新聞はその事実
は報じ、ちらっと安全面などの問題性に触れるのだが、肝心の問題点について取り上げ
ているところがほとんどないことにイラ立ちを覚えている。
<メディアがそれでは、これからも自民党の一部議員&関係者の好き勝手にされてしまい
ふと気付いたら、とんでもないことになっていることもあり得るのにな~。>

 こういう時こそ野党の議員にも頑張ってもらって、もっと国民にこの問題点をアピー
ルして欲しいのだが、「戦闘地域での活動」の問題を最初に投げかけた民主党<コチラ
参照>は一体何をしているのだろうか?
 ・・・と思っていたら、小沢、菅、鳩山の三氏は、そろって復興状況の視察のために
三宅島に行っていた。もちろん他の視察も行なったようだが、1日には観光、水産資源
の回復状態の調査とやらで、早朝から6時間も海釣りをしていたという。釣り好きの
小沢氏は80匹もの大漁にご機嫌の様子で<大漁得票をイメージしたかな?>、それで
水産資源の回復も確認できたとのこと。<おいっ>
 すっかり拍子抜けさせられてしまった私であった。^^;

 そこへ本日(3日)、麻生氏が急遽イラクの首都バクダッドに行ったというニュース
が飛び込んで来た。報道記事は後掲(*1)するが、現地ではマリキ首相やジバリ外相
と会談するほか、航空自衛隊の活動範囲などについても意見交換するらしい。
<共同通信は「バクダッドに乗り入れる空自活動の安全性を示す意図もありそうだ」と
書いていた。> 
 額賀防衛庁長官は陸自撤収の際にクウェートまで行ったが、イラク国内にははいらな
かった。それゆえ、現閣僚の中では、イラクにはいったのは麻生氏が初めてであり、
総裁選に向けて、行動力のあるところを示す意図もあるのかも知れない。

 尚、ロイターによれば、安倍官房長官は麻生氏のイラク渡航に関して答えを控えたが、
現地の治安情勢については、いわゆる「戦闘地域」とはしていないものの「厳しい状況
と認識している」と語ったという。

<日経新聞によれば、イラクの治安情勢はさらに悪化しているようだ。*2>


* * * * * *

 2日の朝、プロ野球・ソフトバンクの王監督が退院し、記者会見を行なった。
 術後、順調に回復して退院したことは本当に喜ばしいことなのだが。以前コチラでも少し触れ
たように、まだ十分ではない状態の中、本人に記者会見をさせることに強い疑問を覚えた。
 王氏は責任感が強い人なので、心配をかけた人たちにきちんと自分の姿を見せて挨拶をした
いという思いもあって引き受けたのかも知れないが、スタッフの方でそれを止めるぐらいの配慮
が欲しかったな~と思ったりもする。<コメント+写真を発表するぐらいで、いいのでは?>
 ただ、おそらく会見を開いた背景には、もしそうしないと状態がよくないという憶測が出たり、
<長嶋氏の時もそうだったが>退院後の姿を撮影したいとカメラマンたちが自宅近辺を張り
込んだりするおそれがあったということもあると思う。

 胃の全摘出は本当に大変なことで、身体も心もその状態に慣れるまで色々な症状が出るし、
食事の仕方も含め、それらに対応しつつ体力を回復させるには、個人差はあるだろうが、
かなりの努力と時間を要するときく。
 王氏自身も「2週間で福岡に戻りたいと思っていたが、そう簡単なことではないとわかった」
という内容の発言をしていたが、もし王氏の回復、現場復帰を願うなら、マスコミも国民も静かに
見守って心安らかにゆっくり自宅療養できるような形を作って欲しいと切に願っている。

* * * * * *

 2日の夜、外出先から帰る途中のこと。たまたま通りがかった商店街の路上に人だかりが
できていたので、一体何があったのかと思ったら、店内にTVが設置されている飲食店の前に
通行人が集まって、亀田興毅選手(19)のWBAライトフライ級王座決定戦の試合中継
を観ていたことがわかり、少し驚いた。
 開放された入り口部分から店内のTV画面が見えていたのだ。その人だかりを見て、
「何だか昔、力道山の試合を観るために街頭テレビの前に人々が集まっていた光景の
映像とダブルところがあるかも」と思ったりもした。
 
 私はボクシングも好きで、小さい頃から日本選手が出る世界タイトルマッチは、ほと
んど観ている<時に用事を断ったり、ビデオに録ったりしてでも>。でも、昨日の試合
はあまり観る気にはなれず、今朝のニュース等でダイジェストを見ただけである。
<本人は朝早くから番組出演させられて、チョットかわいそうな感じもした。>
 でも、何と視聴率が42%以上(瞬間最高は50%以上)あったとのこと。実際、商店
街で試合を見ている人たちの中には、思ったより年配の人たちが多く、色々な意味でこの
試合や亀田選手に興味を抱いているようだった。
 何だか見事にマスコミに乗せられてしまった人が多いことがわかり、「何だかな~」
という気になってしまった。

 この件はもし機会があれば、改めてゆっくり書きたいと思うのだが・・・。
 これは亀田選手のことに限らず、他の競技も含め、近年、大会や出場選手への注目を
集めたり、競技を普及させたりする目的もあって、マスメディアやスポンサー企業と
タイアップする形で、試合や大会を興行化、イベント化するケースが増えている。
 そして、その過程ではスター選手作りやキャラクター作りも盛んに行なわれるように
なっている。<司会や応援で芸能人を絡ませるケースも増えている。>
 各競技の団体や関係者としても、ともかくまずはその競技が注目され、普及させない
という思いが強いようだ。もし人気が低迷すれば、団体運営や選手強化も困難になって
しまうし、選手自身の競技生活にもおおいに影響するからだ。そのために、時には意に
沿わないようなことでも、マスコミの方針に従って協力せざるを得ないようなケースも
少なくないときく。

 今のスポーツを取り巻く現状や事情を考えると、私は一概にこれらのやり方を批判
することはできないと思う面もある。
 だが、近時のマスメディアのやり方を見ていると、本当にその競技を普及させたい
と考えてやっているとは思えないところが多い。彼らは単に、商売になりそうなスター
選手やイベントが欲しいだけ、それらを作りたいだけのように感じることが少なくない
からだ。下手すると、スポーツやその競技の本質からどんどん外れて行ってしまうよう
に見える部分もあるし、そのために本当にその競技のファンだった人が興ざめして、
離れてしまうようなケースも生じており、初期の目的とはズレてしまっているように
思えることがある。

<たとえば、私は当分バレーボールの全日本の試合会場には行かないだろう。以前に
行った時に、試合前にまずは、ファンの女の子たちの恐ろしい歓声の中でジャニーズ
の歌と踊りを見せられ、そのキャーキャーのノリや妙なDJや効果音の中で試合が
行なわれていたために、とてもまともにバレーボールの試合&プレーを観ることが
できる環境ではないことを思い知らされ、ある種の嫌悪感さえ覚えたからだ。>
 
 亀田兄弟(一家)に関しても、ボクシング関係者やファンの中には当初からその取り
上げ方や試合設定などに疑問を抱く人が少なくなかったが、低迷するボクシング人気を
盛り上げるためには致し方ないという思いもあって、OBや関係者の多くはあまり批判
の声はあげずに見守っているところがあった。 <具志堅は言ってたけど。>
 プロボクシングは、本当にハードで命を賭けた競技であるのだが、もともと興行性が
強い部分もあり、実力より人気や知名度で興行収益やファイティング・マネーが大きく
左右される面があるので、その点でも複雑なところがあったかも知れない。

 だが、2日の試合があってから、試合の放映の仕方や試合内容&判定に疑問を抱い
たり、これまでのことに問題性を指摘したりする声が表に出て来たようにも思う。
もしかしたら週刊誌あたりは、キナ臭い話も持ち出して来るかも知れない。それでは
やはりボクシングのイメージアップという目的とは逆になってしまうだろう。
 できれば、このことを機会に、マスメディアによるスポーツのとり扱い方を改めて
考えたり見直したりすることにつながるといいな~と思った次第である。

 もちろん、亀田興毅選手自身には何の罪があるわけでもなく、むしろ周囲の大人に
いいように利用(食い物やオモチャ)にされているようなところもあり、ある意味
では犠牲者と言える部分があるかも知れないのだが。
<あのキャラや話し方も、今後もあのまま続けざるを得ない面があるのだろうと思う。
ちなみに本人は結構シャイで生真面目な感じの青年らしい。>

 彼本人は自分の目標に向かって、本当に一生懸命に練習して努力を重ねていると思う
し、今、彼にできるのは、このチャンスをうまく活かして、リングの上で自分の実力を
示して行くことだけだとも思う。自分の経験や技術の不足は、本人が一番感じ取っているに
違いない。是非、今回の試合をいい経験&バネにして、また次戦で頑張ってくれればと願って
いる。

<全部、試合を見ていないのできちんとした感想は言えないが、これまでの経験で考えれば、
1Rでダウンを奪われ、相手の上手さに体力を消耗させられたラウンドも多かったときく中、
ギリギリの減量をしたにもかかわらず、12ラウンドをたたかい切っただけでも、立派なもの
だと思える部分もある。心身にのタフさはもっと評価してあげてもいいのではないだろうか?>

                      THANKS


<もしよろしければ、↓の2つのリンク(上と下は別々のもの)をクリックして下さい。m(__)m
と~っても励みになるです。(^^♪ 上下のクリック数に、だいぶ差がついてしまったので
できれば、下の方のクリックも是非よろしくです。>

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ

*1
麻生太郎外相がバグダッド訪問のため2日夜、イラクに向け民間航空機で出発したことが
3日分かった。複数の政府関係者らが明らかにした。外務省は日程を公表していないが、
クウェートを経由してイラク入りし、日本時間の3日午後にもマリキ首相やジバリ外相らと
会談する方向だ。2003年3月のイラク戦争開始後、日本の閣僚がバグダッドを訪れるのは
初めて。現地の治安情勢を考慮し、「電撃訪問」の形をとる。
 一連の会談では、イラク南部サマワに駐留していた陸上自衛隊の撤収を踏まえ、航空自衛隊
のイラク国内での活動範囲拡大や政府開発援助(ODA)による経済協力の本格化など、今後
の復興支援について意見交換するとみられる。バグダッドに乗り入れる空自活動の安全性を
示す意図もありそうだ。<共同通信3日>

安倍官房長官は午前の記者会見で、麻生外相のバグダッド訪問について聞かれたが「お答えは控えさせていただきたい」と述べた。また、現地の治安情勢については、いわゆる「戦闘地域」
とはしていないものの「厳しい状況と認識している」と語った。時事通信は、麻生外相がイラク
の首都バグダッドを訪問し、マリキ首相やゼバリ外相らと会談する見通しとなったと伝えている。
<ロイター3日>


*2 
AP通信によると、イラクのバグダッド西部のサッカー競技場で2日、手製爆弾2発が爆発、
15歳から25歳までの選手や観客計11人が死亡した。別の地域では迫撃弾2発が着弾し、
15歳以下の3人が死亡。うち1発はやはりサッカー競技場に着弾した。
 現場はともにイスラム教シーア派住民が多数を占める地域。APによると、このほかイラク
全土で米兵2人を含む42人が死亡した。
 イラクでは2日、タラバニ大統領が、全土のほとんどの地域で駐留米軍などが握っている
治安維持権限を「イラク治安部隊が今年末までに引き継ぐ」と言明したばかり。しかし、イラク
では1日にも全土で宗派対立やテロなどで70人以上が死亡しており、治安は悪化の一途を
たどっている。 <日経 3日>
[PR]
by mew-run7 | 2006-08-03 16:05 | スポーツ・競馬 | Trackback(15) | Comments(18)

 3日、サッカーWC日本代表の、中田英寿選手が引退を表明した。

 彼が自分のHPで発表したメールを見て、思わずポロポロ涙がこぼれてしまった。

 まだ気持ちの整理がついていないところがあるのだが・・・まず、彼に言いたいのは、こちら
こそ本当に「ありがとう」、そして「お疲れさま」ということである。そして、もし本当にもう彼の
プレーが見られないとすれば、あまりにも寂しいことであり、心から「I MISS YOU」 と言い
たい気持ちである。


<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-07-04 07:10 | スポーツ・競馬 | Trackback(22) | Comments(2)
 
 26日に日本代表の監督を退任するジーコの記者会見が行なわれた。

 翌朝、TVやいくつかの新聞の紙面を見て、私は少し驚いてしまった。
 メディアの中に「ジーコが日本の敗戦の要因を、体格の差にあると言った」と伝え、
「体格差があるなんて、最初からわかっていたことではないか」「監督としての手腕
の問題を横に置いて、敗因を体格のせいにするのか」というニュアンスで批判を行なう
ところがあったからだ。
<もしかしたら、ジーコが「悔いることや反省をすることはない」と言ったことを、
好ましく思わなかった人もいるようなのだが、ここにも若干の誤解があるように思える。>

「え~!? ジーコはそんな風には言ってなかったんじゃないかな~?!」
 私は記者会見を最初から最後まで見たわけではないが<上述の批判がましいことを
言った人たちも全ては見ていないと思うが>、ジーコが話した内容をほぼ全て記載
してある記事<*1コチラ>やいくつかの報道記事を読んだ。
 また、TVでは会見のいくつかの部分を見た。ポルトガル語はほとんどわからない
ので字幕翻訳が頼りであるが、ちょこちょことわかる単語を拾ってみたりもした。

 それらから考えるに・・・確かにジーコは「WCでは、体格差を強く感じた」とは
言っていた。だが、それは「体格差があったから負けた」と言いたかったのではなく、
最初から体格の問題はあることを前提に「体格差を克服できなかったから負けた」と
いうことを言いたかったのではないかと思う。
 本人も「体格差のせいでワールドカップで成績を残せなかったとか、言い訳をする
つもりはない」と明言している。

 ただ「私はサッカーは芸術だと思っているが、体格差にものをいわせるサッカーは
今後も続くだろう」と。だから、そのようなサッカーに対抗し、克服するために、
もっと若い頃からフィジカルな面<身体能力、体力、故障対策など>の強化を考えて、
サッカー界全体で緊急に対処して行く必要があるということを、率直に提言しようと
したのだ。
 それを「日本で15年、日本代表監督として4年やってきて、監督と選手以上の
友情、先輩と後輩のような気持ちで」伝えて行こうとしたのである。

 
 私は何もここでジーコをヨイショするつもりも、擁護するつもりもない。
 彼は偉大な選手であったと思うし、長年にわたって日本のサッカーに貢献してくれた
ことには本当に感謝をしている。また、彼が日本代表の監督としてやろうとしていたで
あろうサッカーも、何となくは理解することができたし、それを楽しみにもしていた。
 だが、彼の監督としての力量や手腕に関しての評価は、必ずしも高くはない。正直な
ところ、私自身も選手の選び方や使い方、各試合での対応策などについて疑問を抱いた
ことも少なくなかった。
 もともと監督というのは、最も結果責任を問われるべき立場にあるので、今回のよう
な結果になった以上、いくら批判されても致し方ない部分もあるとは思う。
 ジーコ自身も「(采配に関して)それが全権を任せられるということであり、私は
結果が出なかったとしても選手のせいにしたことも言い訳もしたことがない」と語っ
ている。

 ただ、もう退任する監督に対して、アレコレ批判しても始まらない。問題は、いか
に現状の問題点を認識し、今後、どうして行くかということである。
 折角、ジーコが長年にわたって日本サッカー界に関わり、また代表監督としてWC
も含めて様々な体験をして来て、その中から感じたことや今後への課題とすべきこと
を真摯に正直に語ってくれているのだから、まずは、その提言を率直に受け止める
姿勢が必要になるであろう。
 ジーコも言うように、WCのアジア予選も含め、これからは体格差のあるチーム
への対策が大きな課題になるのだ。早くその対策を考えて実行に移さなければ、
日本のサッカー界は低迷してしまうおそれもある。それこそ、サッカー界でも「日本
がアブナイ!」という状況になりつつあるかも知れないのだ。

 そして、実はそこではメディアの働きも重要になるのだ。というのも、日本代表や
その候補になりそうな選手たちも含め、全国のサッカー選手たち、指導者、関係者たち
サポーターの大部分は、監督や協会スタッフの意向を<時に他の選手の考えも>メディ
アを通じて知ることが多いからである。
 もしメディアが恣意的な表現を用いたり、ゆがんだ形での報道をすれば、折角の
提言も正しく伝わらず、役に立たなくなってしまうかも知れない。
<それゆえ、時にチーム内や監督、選手の間などに大きな誤解を生じさせることも
ある。中田英やイチローがマスコミ嫌いになったのも、そのためだ。>

 いつもは政治や社会などの問題でメディアの伝え方を批判している私であるが、
今朝、ジーコの記者会見に関するTVでの発言や一部の新聞のタイトルや記事の書き
方を見て、スポーツ界に携わるマスコミ関係者にも、もう少し考えて欲しいと願う
部分があった。
 もし日本サッカーのことを思うなら、メディアもまた自分たちの立場で、それなりの役割を
果たすことを考えてもよいのではないかと思う。


 <つづく>     THANKS

<もしよろしければ、↓のリンク(上下は別物)をそれぞれクリックして下さい。m(__)m
と~っても励みになるです。p(*^-^*)q >

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ


*1 ジーコの記者会見 ほぼ全文と思われるもの <J’s GOAL 日本代表より>

・4年間を振り返って
「再びこうして皆様にごあいさつできることを幸せに思います。これが最後ではなく、できれば良い関係を保ち続けられればと心に思っているところです。
この場を借りて感謝を申し上げたいのは、まず15年ほど前に私と日本の橋渡しをしてくださった住友金属、そして鹿島アントラーズの関係者の方々です。それがなければ、日本とつながりを持つことは想像もできなかったし、日本代表監督の大任の基礎も作り得なかったと思います。
鹿島での10年近くの後、川淵キャプテンをはじめ日本サッカー協会からは4年間の長きにわたり私を信じていただき、代表監督を務めさせていただいた。感謝しています。それから多くのファン・サポーターに支えられ、メディアのみなさんにも最大限の協力をいただいた。最後まで信頼していただいたことで、よい仕事ができたと思っています」

・日本代表の課題
「私の指揮した日本代表は、力のある選手がそろっていた。ワールドカップでは期待された成績を収められなかったが、日本サッカーがレベルアップしたことは胸を張って申し上げられる。ただ全体を見つめると、安定した結果につなげられないという問題点がある。例えば、ワールドカップ前のドイツ戦であれほど良い試合をしても、数日後のマルタ戦では別のチームのようになってしまう。これは、経験を積むことで本物になっていくと確信している。

またワールドカップでは、体格差を強く感じた。上背の問題は仕方ない面もあるが、90分耐えうるベースの問題、たとえば上半身・下半身の強さなどをどんどん鍛えていけば、自分たちの持っている力を発揮できると思う。この体格差の問題は、個々の選手の責任ではない。彼らは、もっと若いうちに技術だけでなくフィジカルの面でも鍛えるという環境になかった。ただ彼らが資質を持ちながら、もっとコンスタントに力を発揮するためには体格も必要な要素だったと思う。
日本代表としての活動時間は短いので、これは日本サッカー協会と各クラブなどが連係して世界の最先端の国々と協力していくべきだ。たとえば、日本の選手は肉離れや骨折などの治癒に時間がかかる。また、他の国々ではあまり見ないが、日本では試合後のバスに乗り込む際に多くの選手がアイシングをしている。日本独特の食文化や習慣などによるものもあるかとは思うが、世界のケガに対する予防方法やケアの仕方などは、取り入れてよりよいものを築いてほしい。ただでさえ日本は自分たちよりも体の大きな選手と戦わねばならないのに、そこにケガを抱えていてはより大きなハンディになってしまうからだ。

ワールドカップでもアジア予選でも、最初は相手も足下でボールをキープしてくるが、最後になると上背を生かして中盤を省略したロングボールを多用してくる。特にヨーロッパでは190cm近いセンターFWを揃えている国が多い。そういう相手と真剣勝負をする時、勝点3を賭けて戦う時、日本の選手は90分間持ちこたえることができない。オーストラリア戦の後で、宮本と話したときに『いつもと違う部分の疲れがある』と言っていた。つまり、大きな選手に体を当て、バランスを崩させるために何度もジャンプを繰り返すことで、通常ではない疲れを感じたということだ。
今後、日本と戦う相手はいつもこの体格差で上回ろうとしてくると思う。それに対抗する術を学んでいくことが大事だ。

かつて、日本はバレーボールの世界で自らのアジリティを生かして世界を制した。しかし、その後は体格差で世界各国に上回られてしまっている。このようなことが日本のサッカーでは起きてほしくない。
体格を鍛えるというのは、決して無理なことではない。私はブラジル代表に長く関わってきたが、私の選手時代と今の選手たちとでは大きく違う。ただ、今のブラジル代表で活躍するロナウジーニョやカカであっても、ブラジルにいた頃には日本人と同じような体型で華奢だった。それぞれがヨーロッパのクラブに出て行くことで体つきが変わってきたのであって、その意味では日本人もきっと進歩すると思う。
アジアを見ても、中国は体格で日本を上回っているし、次回からはオーストラリアもアジア予選に参加する。ウズベキスタンなど、旧ロシアの国々もいる。アジア予選突破には、それらの国を打ち破らねばならないことを考えると、この体格差の問題は早くクリアしてほしいと思う。

体格差のせいでワールドカップで成績を残せなかったとか、言い訳をするつもりはない。ただ日本で15年、日本代表監督として4年やってきて、監督と選手以上の友情、先輩と後輩のような気持ちで言いたいのだ。
私はサッカーは芸術だと思っているが、体格差にものをいわせるサッカーは今後も続くだろう。日本が今後、勝てる試合を最後に落とすことのないように祈っている。
アフリカにも今回のガーナや前回のセネガルのような、日本のよいお手本が出てきている。アフリカ勢も当初は体格が全体的に細く世界に追いつけなかったが、ヨーロッパに出て行ったり、自国に専門家を招くことによって対等に戦えるようになってきた。日本もぜひ、そうなってほしい」

・最後に
「選手たちには『私が今後世界のどこにいても、ひとりひとりのために力になる』と声をかけた。
私のなしえなかったものを次の世代・次の人に受け継いで、生かしてほしい。
最後に、自分を信じて見守ってくれた日本の方々、仕事を任せてくれた日本サッカー協会の方々に感謝したい。
これからもコンタクトをとり続け、影に日向に見守っていきたい。当面はブラジル・リオに戻って仕事をしていくが、チャンスがあればヨーロッパで監督をしたい」


Q:今ふりかえって、豪州戦の小野や大黒の投入を適切だったと思うか?
「小野を投入した時間帯は、1-0で日本が勝っていて相手がロングボールを多用してきたところだった。相手は背の高い選手を送り込んできた。ただ、それは日本にとって中盤を省略した相手の後ろにスペースが生まれたということでもある。小野をボランチに入れることで中田英を上げ、中村と試合の流れを変えられる選手である小野の個の能力により前がかりになった豪州のウラを突けると思った。
大黒の投入は、数回チャンスがあったので、それを生かすことを期待した。キープしろとか、特別な指示は出していない。今までも何度か彼が試合を決めてくれたことがあったし、その働きを期待した。
残念だったのは、あの場面で坪井が筋肉のけいれんを訴えて交代していたことだ。彼は高いボールに対しても抑える働きをしていたが、交代した後は同じリズムでプレーすることができなかった。
ただ、サッカーというのは同様のケースというのはないものだ。選手が私の意図通りに動いて勝ったこともあるし、そうでなかったこともある。同じシチュエーションというのはない。私はあの時、その采配で勝てると思った。だから、あの時点で適切な采配だったと思っている」

Q:今回のワールドカップで「あの時にこうしていたら…」と思う采配はあるか?
「采配についての反省はまったくない。サッカー監督というのは、後で思うのではなく瞬時に判断が求められるものだからだ。それが全権を任せられるということあり、私は結果が出なかったとしても選手のせいにしたことも言い訳もしたことがない。
ワールドカップのピッチに立てたことを幸せに思っている。特に今回は予選の段階から、選手・スタッフ・多くのみなさんと共に得てきた結果。私と同時期に就任しながら途中で任を解かれた方たちを考えれば、何と幸せなことかと思う。結果は出なかったが、持っている知識を使い、選手たちにすべての信頼を託して戦ってきた。悔いも恥じることも、何もない。全身全霊で打ち込めた4年間だった」

Q:体格差があることは大会前からわかっていたと思うが、その対策は考えていたのか?
「もちろんわかっていた。4年間、私のトレーニングを見てきた方にはわかると思うが、補強運動やベース作りは心がけてきた。だが思うようにはいかなかった。相手にリスタート(ファウル)を与えない、CKやスローインにさせないということを徹底し、相手陣に残っているFWへボールを渡すような対応をしてきた。
今回、攻撃の仕掛けの面ではよかったが、全体を通して緊張と責任の重さで、選手たちは90分間それを全うできなかった。豪州戦では、日本の良さをどう生かすかを考えていたが、それまで準備してきたのとは違う暑さの中で選手たちは頭の中が真っ白になり、酷使されてしまった。
今後も日本に対する時、相手はパワープレーを巧妙に使って攻めてくるだろう。私はそのことを言いたかった」

Q:日本に残せたと思うものは何か?
「どんな強い相手、これまではユニフォームの色を見ただけで劣等感を持っていたような相手にも、自分たちのサッカーをしっかりやれば勝てるという自信を植え付けられたと思う」

Q:今後、監督を続ける上で磨きたいと思うところは?
「すべて。監督としてだけではなく、人間として学ぶことは尽きない。
主役は選手であり、監督は選手が自信を持ってピッチに出て行くことの手助けしかできない。サッカー界で起こっていること、これから起こりうることを、自らの経験も生かして選手にインフォメーションできること。情報を見据えつつ、磨き上げたいと思う」

Q:アジア勢がベスト16に入れなかったことについて
「残念だが、ベスト16入りしたチームと比べると差があったと思う。これからアジアのチームは監督ありきという戦い方をしていては強くなれない。有名な監督を据えても、選手がレベルアップをしていく、体格差が目立つ中でそれが開かないように努力していくことだと思う。
名のある監督が就任しても、体格差のあるチームではよい成績を残していない場合が多い。彼らはヨーロッパなどに戻った時によい成績を残すケースがほとんどだ。日本や韓国などはよきライバル心を持ってここまでやってきたが、世界に目を向ける中で自分たちの良さは何かを突き詰めてやっていかないと難しいだろう」

Q:次世代の選手について
「次の監督の考え方やどういうサッカーをするのかに尽きる。私の率いてきたチームでも次のワールドカップに繋がる経験を積んだ選手たちがいると思う。ただ、豪州がアジア枠に入り、中国が北京五輪に向けて強化を図り、旧ロシアの国々も日本にとって脅威になってくる。日本もそれに負けないチーム作りを、選手選考も含めてやっていくべきだとしか今の私には申し上げられない」
[PR]
by mew-run7 | 2006-06-28 02:40 | スポーツ・競馬 | Trackback(11) | Comments(2)
  今日24日から、ワールドカップは決勝トーナメントが始まる。サッカーファンに
とっては、ある意味で、ここからがワールドカップ本番であるのだが・・・。
 私も決勝Tを楽しみにしているものの、正直なところ、今はまだ心身の疲労&脱力感
が大きく、決勝Tにはいる前に1週間ぐらいお休みを設けて欲しい気分になっている。
 私の心は中田英のように、ピッチに寝転がってしばらく起き上がれない状態にあるの
だ。<彼の心身の疲労と脱力感、空虚感は私の何万倍にもなるだろうが。>

 とはいえ、いつまでもウジウジしていられないので、この思いを吹っ切るためにも、
何回か(不定期に)思いっ切り日本代表のことを書きたいと思う。

 
 ブラジル戦終了後に、中田英がピッチに横たわって動かずに涙していた姿には、感じ
るものが多かった。<彼が手に負傷していたことは、その時、初めて気付いた。>
 川淵氏によれば、彼は建物内に引き上げたあとも、廊下でうずくまって泣いていたの
だという。どの関係者も、中田英が人前で泣くのを見るのは初めてだと言っていた。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-06-25 03:42 | スポーツ・競馬 | Trackback(13) | Comments(20)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7