カテゴリ:東アジア、北朝鮮問題( 43 )

北朝鮮問題(3)~ミサイル実験を機に図に乗りつつある安倍氏らは、テポドンより脅威かも知れない?!


  私は5日に北朝鮮がいきなりミサイル発射実験を行なったことは、日本はもちろん、
周辺諸国からも非難されるべき行為だと考えている。そのために日本や周辺諸国から
多少の制裁を受けるのも止むを得ないとも思っている。

 ただ、時間がなくて、なかなか北朝鮮問題の解決策などに関する記事を書くことが
できないのであるが。北朝鮮に関する諸問題という大きな枠組みの中では、このミサ
イル実験はその一つの要素にしか過ぎないとも思う部分がある。
 北朝鮮がこのような強硬行為に出た時だからこそ、尚更に北朝鮮と利害関係のある
六ヶ国協議の参加国と協力をしながら、もっと根本的なところも含めて、問題の解決を
考えて行くことが重要なのではないかと考える。
<だからこそ、ブッシュ大統領はこれらの国々に直接電話を入れたり、すぐにヒル次官補
を各国に行かせて対応を協議し、国連安保理の制裁議決の採決も猶予を持たせることを
決めたのだと思う。>

 北朝鮮問題の解決に関する話は、また他の機会に譲るとして・・・私は、ミサイルが
発射されてから、この1週間の日本政府の対応や言動を見ていて、テポドン以上の脅威
を感じている部分がある。<率直な話、めちゃイラ立ちや腹立ちが募って来ている。>
 安部官房長官、額賀防衛大臣、麻生外務大臣をはじめとする政府の一部の者が、声高
に北朝鮮に対してでだけでなく、中国や韓国への批判を行なったり、制裁を強めたり、
日本の軍事力を強化したりしようとしているからである。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]

by mew-run7 | 2006-07-11 06:01 | 東アジア、北朝鮮問題 | Comments(32)

北朝鮮問題について思うこと(2)~小泉首相は何故、動かないのか?~ +ちょっとWC

<9日23時30分 WC審判に関して追記>

ちょうど今、WCの3位決定戦を見終えたところだ。開催国のドイツが3-1でポルト
ガルを下した。
 こういう時はどうしても、ついつい今まで馴染みのあるベテラン勢に目が行ってしまう。
今大会初出場となったドイツの名GKカーン(37)の頑張り、そして最後に一矢報いる
ゴールのアシストをしたポルトガルのフィーゴ(33)が印象的だった。
<ドイツがアルゼンチンとの試合でPK決着になった時、カーンがレギュラーGKを自分
から奪った形のレーマンを激励しに行ったシーンは、じ~んとさせられるものがあった。>
 その意味では、明日の決勝では、今大会が最後になるフランスのジダン(34)の働き
に注目したい。<私の場合、イタリアで馴染みがあるのは、デルピエロやトッテイかな?>

 そして、ジダンなどベテラン勢が大事な時にチームを精神的に支えたり、活躍したりする
のを見ると、「次のGWで、中田英にこういう役割をして欲しかったんだけどな~」と
思い、またまた「I MISS HIDE」になってしまう私なのであった。(ノ_-。)

 ところで、もともと少しブラジルびいきの私なのであるが、実は決勝トーナメントに
はいってからは、少しポルトガルを応援しているところがあった。ポルトガルの選手たちは
あまり身長が大きくないのであるが、よく動き、よくつなぎ、タフなプレーをして、ここ
まで勝ち上がって来ていたからである。本当は日本代表に、こういうチームになって欲し
かったのだが、今後のいいお手本になるのではないかと思ったりもする。<追記*1>

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 前記事の追記*3で、小泉首相が、6日夜に首相公邸で自民党の幹部と会食した際に、
「プレスリーの所にいる時に撃たれていたら格好が悪かった。帰ってきてから撃ってくれ
て運が良かった」と発言したという話を書いたが。その際に周囲から「小泉さんは本当に
ツイている」「運がいい」とのヨイショの声があがっていたという話をTVで聞いた。^^;
 さらに小泉首相は、通常国会を延長するかしないかで最後まで大変な思いをした細川国対
委員長に向かって「もし(通常国会を)延長していたら国会はテポドンで大変だった。みん
な結果的に延長しないでよかったと思っているのではないか」とも述べたという。
<TV&日刊スポーツ7日など>

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]

by mew-run7 | 2006-07-09 07:37 | 東アジア、北朝鮮問題 | Comments(18)

北朝鮮問題について思うこと(1) ~ 見えない出口&他人事と思えない部分も~

<*3に追記・小泉首相の言葉「 プレスリー邸から帰ってから撃ってくれて、運がよかった」^^;>


  5日に北朝鮮が7発のミサイルを発射した。うち一発は、アメリカ本土も射程距離内
にはいっていると言われ、警戒されているテポドン2であったという。
着弾したのは、すべてロシアに近い公海上であったようで、北朝鮮が発表したように
ミサイル発射実験であったと思われる。この発射実験に関して、中国、ロシアに事前
通告をしていたかどうかは不明だが<ロシアは公式ルートの通知はなかったと言って
いる>、ロシア沿岸の地域の漁業関係者には危険が及ぶこともあり得たため、大きな
騒動に発展したという。<現段階では、船舶や航空機などへの被害の報告はなく、幸い
であったと思う。>

 
<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]

by mew-run7 | 2006-07-07 09:42 | 東アジア、北朝鮮問題 | Comments(23)