人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

カテゴリ:(再び)安倍政権について( 1893 )


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 『安倍、大阪補選ピンチで現地入りか。維新リードで悩む公明+沖縄は野党共闘で自民候補に圧勝を』の続報を・・・。

 大阪12区、沖縄3区の衆院補選まで、あと3日。(・・)
 先日も書いたように、自民党は沖縄3区で劣勢に立っている上、大阪12区でも維新に負けた大阪W選に続き、ピンチに陥っているという。(~_~;)

 大阪12区は、もともと自民党の北川知克氏(元環境副大臣)の選挙区だったところ。そこで、北川氏の死去に伴う補選に、北川氏のおいである修平氏(31)を擁立して弔い選挙を行ない、何が何でも勝利するつもりでいた。(++)
 
 この修平氏というのは、父親が寝屋川市長(今期で引退)で、まさに政治家一家のお坊ちゃま。一応、灘高から中大法、京大大学院卒とそこそこの経歴だし、まあまあのイケメンなのだが。伝聞情報によると、街頭演説などの評判や個人の魅力がイマイチで、人気が上がっていないという。(~_~;)
<いくつか動画を見てみたけど、率直に言って、演説が舌足らずでボンボンっぽい感じ。選挙カーの上で、関係者がおじの遺影を手にして、本人がやたらに「おじが、北川家が」と繰り返すのを見ると、何だかな~と思う人が多いかも。(>_<)>

 他方、維新が4日に行なわれた大阪W選にW勝利したことから、思った以上に勢いづいている感じが。松井代表や吉村新知事も現地に応援にはいって、同党公認の藤田文武氏(38)を盛り上げている。(@@)
 また元希望の党の樽床伸二氏にも、保守系や公明党など、本来、北川氏に行ってもおかしくない票が流れそうだという。(~_~;)

* * * * *

 自民党は、甘利選対委員長が何度も現地入りしているほか、小泉進次郎氏、三原じゅん子氏などの客寄せパンダを動員して追い上げに懸命になっているのだが。なかなか情勢が好転しない様子。
 しかも、安倍首相はW選の時にも応援に来ず、二階幹事長に「サボタージュ」と批判されていた上、衆院補選でも先週の大阪入りの予定もをパスしたことから、選対関係者や特に大阪府連の怒りと焦りを買っているという。(-_-;)

 そこで、甘利選対委員長が15日の演説で「最終日には首相が入り、恐らく山口氏も入って、首相とマイクを握る」と予告して、支持者を鼓舞したのであるが・・・。
 安倍首相は20日に大阪にはいることに決まったものの、公明党の山口代表は現地入りはしないとのことで、自公の対応に差が出ることに。

 ちなみに安倍首相は(選挙応援で大阪に行って負けたと言われると困るので?)、とりあえずG20の会場の視察などのため大阪に行くという建前で現地にはいるらしい。(~_~;)

* * * * *

『安倍晋三首相は衆院補欠選挙の最終盤となる20日、自民公認候補応援のため、大阪12区に入る方向で最終調整に入った。補選で対抗する維新と首相官邸は蜜月関係にある。大阪ダブル選は静観していたが、党からの要請を受けて重い腰を上げた格好だ。

 「首相遊説は1選挙区1カ所が原則」(甘利明・選挙対策委員長)のところ、20日は12区内の寝屋川、大東、四條畷の3市すべてを回る方向だ。二階俊博幹事長は16日の記者会見で「党をあげて選挙戦を重要視していることを内外に示す絶好の機会だ」と強調した。

 二階氏が首相の大阪入りを強く歓迎したのは、補選告示2日前に投開票された大阪ダブル選に官邸は強く関与せず、静観していたためだ。官邸にとって維新は国会審議や憲法改正で協力を得る関係にあり、欠かせない存在のため配慮した。

 一方、昨秋の自民党総裁選で首相は自民党大阪府連から支援を受けた経緯もあり、党側からの強い要請を受けて大阪入りの調整が進んだ。大阪訪問は「選挙色」を薄めるためか、6月に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向けた視察もあわせて行う方向だ。(松山尚幹)(産経新聞19年4月16日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 他方、公明党の山口代表は、補選の応援のため大阪入りはしないことを明らかにした。

『公明党の斉藤鉄夫幹事長は17日午前、自民党の二階俊博幹事長と東京都内で会談し、衆院大阪12区補欠選挙(21日投開票)の応援のための山口那津男代表の大阪入りについて「日程が埋まっており、厳しい」と伝えた。会談に同席した高木陽介国対委員長が記者団に明らかにした。

 大阪12区補選では、安倍晋三首相が20日に応援に入る見込みで、自民党の甘利明選対委員長が15日の演説で「最終日には首相が入り、恐らく山口氏も入って、首相とマイクを握る」と述べていた。
 これに対し、公明党は「何の根回しもない」(幹部)と不快感を示した。

 斉藤氏は山口氏の大阪入りが難しい理由を統一地方選の自前候補の応援のためとしている。ただ、次期衆院選で公明現職のいる大阪、兵庫の選挙区に対抗馬擁立を示唆する日本維新の会を刺激したくない思惑もあるとみられる。(産経新聞19年4月17日)』

* * * * *

 何故、公明党の山口代表は、最終日に安倍首相と共に大阪にはいって、自民党の北川候補w応援しないのか?(・・)

 公明党は、もともと自民党と連立与党を組んでいるし、地方選での貸し借りなどもあって、オモテ向きは北川氏を推薦したのだが。実のところ、12区の公明党の支持者が全面的に北川氏を応援しているわけではないのだ。^^;

 まず、公明党は、15年の府議選(寝屋川市区)で、自民党が候補を立てて協力が得られなかったため、樽床氏の支持を得ている。(・o・)
 今回の府議選では、自民党が寝屋川市区で対立候補を立てず。それと引き換えに、北川氏の推薦を得たようなのだが。公明党のこの地域の支持者の間では、15年の恩義に報いるため樽床氏に票を回すというのは、暗黙の了解になっているようだ。(++)

* * * * * 

 また、公明党は維新が国政進出する前に、公明党の議員が当選している衆院の6つの選挙区(大阪4つ、兵庫2つ)には維新が候補を立てない、その代わり、他の選挙区や維新の議会運営の一部に協力するという合意を交わしている。
 維新は今、府議会でも大阪市議会でも議席が過半数に満たないため、いざという時には、公明党の議員の協力は必要なのである。<中央で自民党と連立政権を組んでいるのに近いかも。考えは合わないけど、選挙+αのためなら協力しちゃうってやつね。(-"-)>

 そこで、たとえば、公明党は維新が提案する大阪都構想自体には反対の立場ながらも、維新が都構想のための協議会を作ることや住民投票を行うことには、議会で賛成票を投じて、それが実現できるように協力していたのだが・・・。^^;

 しかし、今回は、維新がこの春か夏に都構想の住民投票をやりたいと言い出したことから、公明党は協力を拒否。すると維新は公明党が合意を破って裏切ったと批判し、それを大義名分にして、知事、市長が辞任してのW出直し選を実行に移して勝利したため、「あちゃ~」という感じに。(>_<)
 しかも、選挙に勝った途端、調子に乗って言いたい放題になっている橋下徹氏が、衆院選で公明党議員のいる選挙区に維新が対立候補を立てる準備をしていると言い出したため、公明党は困ってしまうことになったのである。_(。。)_

 もし7月に安倍首相が「やっぱ衆参同時選挙を。解散~!」と言い出して、衆院選も行なうことになり、維新が例の6つの選挙区に候補者を立てて来たら、相手は勢いに乗っているだけに、果たして何人、当選できるかわからないというのが実情だろう。(-_-;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 それに、公明党というかその支持者(要は創価学会員)の中には、もともと超保守タカ派的な安倍首相や維新の会の政治思想や政策を好まない人が多い上、安倍首相が維新の会と近しくしていることに立腹している人も少なくないという。(`´)

 安倍首相と菅官房長官は、維新の橋下徹氏や松井代表と定期的に会ったり、密に連絡をとったりしており、前回の住民投票では、都構想に反対ではないかのような姿勢を示していたし。今回も、大阪W選にも、2人とも応援に来ず。
 また、維新は最近、中央では野党のふりをした「よ党」として、政府与党の法案に賛成する機会が増えていて。安倍首相らは「憲法改正実現のために、維新とも連立与党を組みたいのではないか」「いざとなれば、9条会見に反対の公明党を切っても、維新と協力して改憲実現に向かうのではないか」などという話がチラホラきこえ始めている今日この頃。

 公明党の山口代表は、安倍首相や自民党の都合のいい時だけ利用されたくないという気持ちが強くなっているのではないかと察する。(・・)

 とはいえ、公明党は、平和と福祉の理念を大切に、実にすばらしい政策を掲げている政党であるにもかかわらず(8割方、立民党と重なっているかも)、大きな秘密を握られてしまったためなのか、様々な利権や議席のためなのか、結局は、自民党や維新に都合のいい形で協力してしまうことが多いわけで。
 果たして、今後、維新との関係をどうするのか、興味深いところがある。(++)

* * * * *

『そもそも公明党は、今回無所属で出馬した樽床伸二氏と良好な関係を築いてきた。27年の府議選寝屋川市区で自前候補の支援を樽床氏から受けた恩義があるからだ。このため、自民党はわざわざ今回の府議選寝屋川市区で自民系候補の出馬を見送り、公明党から自民党公認で出馬した北川晋平氏への推薦を確保した。

 公明党内には「樽床氏に一定の票が流れることは仕方ない」とみる向きもあるが、樽床氏に票が流れ過ぎれば「自民党との信頼関係に傷がつく」(幹部)と懸念する。

 さらに、公明党を悩ませているのが、次期衆院選に向けた維新の動きだ。
 維新を立ち上げた橋下徹元大阪市長は8日のフジテレビ番組で、公明党の現職がいる大阪と兵庫の衆院6選挙区に「維新のエース級のメンバー」を擁立し「公明党を壊滅させる」と明言した。そのうえで、憲法改正について「自民党は今後、公明党ではなく、維新と協力する」との見方まで披露した。

 これまで公明党と維新は、大阪での協力関係を重視して衆院選で住み分けし、維新は公明党の現職のいる選挙区で擁立を見送ってきた。しかし、維新と全面対決し、議席を失う事態になれば、公明党の与党内の存在感は急低下する。公明党幹部は「実際選挙区に立てられたら相当厳しい」と不安を募らせている。(産経新聞19年4月11日)』

『公明は2011年と15年にもあった大阪ダブル選で「自主投票」を選択。維新側も公明が公認候補を擁立した衆院の大阪と兵庫の計六つの選挙区での候補者擁立を控えてきた。
 ところが、都構想の是非を問う住民投票の実施時期をめぐり、公明は維新と対立。7日投開票のダブル選で自民党推薦候補に「府本部推薦」を出して戦った。

 これに維新の橋下徹・前代表がフジテレビの情報番組で「公明党を壊滅させるというところまでやる」と反発。維新政調会長の吉村洋文・大阪府知事も「民意が無視されるなら、6選挙区を含めて維新が立てない理由はない」と牽制(けんせい)した。(朝日新聞19年4月12日)』

* * * * *

 維新は、このように脅しをかけて、とりあえず都構想の住民投票実施に公明党を協力させるつもりのようなのだが。<府議会は過半数をとったが、市議会ではちょっと足りなかった。>公明党とて、いつまでも自民党や維新に「都合のいいヤツ」扱いを受け続けたくはないだろう。(~_~;)

 参院選の前後には、また安倍陣営から憲法改正の話が出るに違いないし。公明党は、もう一度、よ~く支持者である学会員の意見をきいて、党運営や政治活動を見直す絶好のチャンスを迎えているのではないかと思うmewなのである。 
   
   THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-18 04:29 | (再び)安倍政権について


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 トランプ米大統領が5月下旬に日本に来るらしいのだが。来日するってだけでもイヤなのに、日本での日程を見て、唖然を通り越して、ゲ~ンナリ(古語?)。_(。。)_

 安倍首相は、5月下旬にトランプ米大統領を国賓として招待。他の外国首脳に先立って、新天皇との面会を実現させるつもりでいるようなのだが。(新天皇がXXれるから、やめてくれ~)
 
 この他に、2人が大好きなゴルフも実施。しかも、トランプ氏が青木功氏とのラウンドを熱望したため、同伴を調整しているという。<前回は松山と回ったんだっけ?・・・青木さん、「世界のえぃお~き」なんだから。そんな話、断っちゃっていいんですよ。(・・)>

 さらには、安倍首相と国技館で相撲観戦をして、表彰式では土俵に上がることも検討しているという。<え?差別主義の金髪白人を土俵に乗せるのは、女性を乗せるよりも問題だと思うんだけど。(-"-)>

 尚、後半に、安倍首相がトランプ氏に100機以上も購入する約束をしてしまったF35機の話を書くつもりなのだが。そのF35機を搭載する将来の空母を見学する予定もある。(ーー)
 
* * * * *

『トランプ氏へ際立つ厚遇 新天皇、最初の国賓 5月26日来日

 トランプ米大統領が5月26日に来日する。安倍晋三首相が今月20日夜にトランプ氏と電話で協議し、固まった。新天皇の即位後、最初に迎える国賓となる見込み。6月28、29両日の主要20カ国・地域(G20)首脳会議でも来日予定。短期間に2度という異例の頻度で、厚遇ぶりも目立つ。(朝日新聞19年2月22日)』

『トランプ大統領 青木功氏とゴルフ調整
日本を訪問するアメリカのトランプ大統領が、5月26日に安倍首相とゴルフをし、その際、プロゴルファーの青木功さんが同伴する方向で、政府の調整が進んでいることがわかった。
トランプ氏は、青木さんとのゴルフを熱望しているという。
ゴルフのあとは、安倍首相と大相撲を観戦する見通し。(FNN19年4月12日)』
 
『トランプ氏の相撲観戦で調整 5月来日時、空母化艦船視察も

 政府は、トランプ米大統領の5月下旬の来日時に、安倍晋三首相と大相撲を観戦する日程を組む方向で調整に入った。日本の国技に触れてもらい日米友好を演出する狙い。表彰式などのセレモニーでトランプ氏が土俵に上がる案も出ている。事実上の空母への改修が決まった海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の視察日程も検討している。政府関係者が12日、明らかにした。

 トランプ氏は5月26~28日に国賓として日本を訪れる予定。大相撲夏場所千秋楽の26日、両国国技館(東京都墨田区)の正面升席で首相と並んで観戦する方向だ。(時事通信19年4月12日)』

『トランプ氏は、国賓として来日する5月26日に、両国国技館で行われる大相撲夏場所の千秋楽を、安倍首相とともに観戦し、取組後に土俵に上がって優勝力士を表彰する方向で調整が進められている。表彰については、アメリカ政府を代表した、特別表彰の形式での杯などの授与が検討されている。
 トランプ氏はこれまで、「日本人には、ファイターの精神がある」と述べるなど、大相撲に強い関心を示していて、日米両政府は、観戦の仕方など、警備上の問題点の洗い出しを進めている。(FNN19年4月12日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、先週は、麻生財務大臣がG20の会合で米国に行ったのだが。今月末からは、安倍首相も訪米して、その時も首脳会談を行なうのだとか。^^;

<4,5,6月と3ヶ月連続で米首脳と会談を行なうなんて。まあ、日米、米中の経済問題が深刻な部分もあるのだけど。安倍首相としては、トランプ氏に北朝鮮とのパイプ役を務めて欲しいと考えていたので、その辺りも深刻なのかも。(-_-)それとも、他に何か秘密の問題が?(~_~;)>

 しかも、GWには、一部で「ポスト安倍」候補として名が挙がっている菅官房長官や加藤総務会長などの安倍トモたちも、次々と米国詣でをする予定だとのことで。ここまで政府与党TOPがみんな米国べったり、しかもトランプべったりだと、何だか暗澹とした気分になってしまう。(-_-;)

『麻生氏「たぶんトランプが再選。ある程度前提に」

麻生太郎副総理兼財務相(発言録) 

(米中貿易摩擦に関する見解について)たぶんトランプ(大統領)が(来年の大統領選で)再選。そこでもう1回、仕切り直して中国との交渉が始まる。大統領選挙はアメリカの国民が投票する。海外がどうであろうと海外の話は関係なく、アメリカの世論。アメリカの世論はCNNがつくった世論じゃなくて、この前の(大統領選の)世論調査はまったくはずれていましたから。トランプ(大統領)になっちゃうってことをある程度前提にこっちも考えておかないと。アメリカの大統領といかにやっていくかというのは各国にとって大きな外交上の観点じゃないんですか。(11日、米ワシントンで同行記者団に)(朝日新聞19年4月12日)』

『拉致問題担当相を兼務する菅氏は新天皇の即位関連の儀式が一段落する5月の連休後に訪米し、ニューヨークの国連本部で行なわれる人権関連の会合に出席、米政府要人との会談も調整中と報じられている。
 国の危機管理の責任者である官房長官の外遊は異例だが、菅氏は内政の人で、自民党内では「総理になるには米国とのパイプが欠かせない。菅さんには外交経験がないのがネック」と見られていた。訪米が実現すればその弱点をクリアする。
 内政では「影の総理」と呼ばれるほどの力を持つ菅氏が、外交デビューすれば、いよいよ「総理への階段」を駆け上がる準備が整う。(週刊ポスト19年4月19日号)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ところで、4月9日夜には、航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県の三沢基地の東の太平洋上で墜落する事故が起きた。F35Aが墜落したのは、世界で初めてのことだという。(゚Д゚)

 空自によると、墜落したのは、同基地の第3航空団第302飛行隊に所属するF35Aで、米ロッキード・マーチン社製だが、三菱重工業が組み立てを担当した国内製造の初号機だ。
 搭乗していたのは3等空佐(41)が1名。最後に「訓練中止」と無線で告げた後、無線が通じなくなり、レーダーから機影も消えたとのこと。パイロットは、緊急用の脱出装置も使用しなかったようで、今も空佐と機体の捜索が続いている。(-"-)<無事に発見されますように。>

 今回はF35、4機を使っての訓練だったのだが。<まさに戦争前提の戦闘訓練という感じ。>

『4機は2対2に分かれ、編隊長の細見3佐は攻撃側の役割を担った。訓練の目的について、丸茂吉成航空幕僚長は12日の定例会見で「夜間に戦闘機を相手にした、戦闘に対する対処」と説明。細見3佐は過去にも同様の訓練を、昼夜どちらも経験していたという。(東奥日報19年4月13日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 F35は、レーダーにかかりにくいとされるステルス性能のある最新鋭の戦闘機。で、1機、最低でも100億円以上する。<色々つけたり、メンテ云々とかなると、もっと費用がかかる。>

 日本は、既に13機を購入しているのだが。、もともと日本がF35を選んだ理由の一つには、日本の企業も製造過程の一部を担当できるという話があったからなのだ。<今回の飛行機も三菱重工が組み立てしてたし。>
 安倍首相は、昨年秋、トランプ大統領に、さらに105機も購入する約束をしたと言われている。<日本側は公表しなかったけど、トランプ大統領が、会見の席でわざわざ感謝の言葉を述べちゃったし。(>_<)>戦争ロマンが好きな安倍首相は、いずもを「空母」に改修して、F35を並べたいと考えているのである。_(__)_

 でも、米国側は、今後は日本企業の関与は拒否する可能性が大きいとのこと。またこれまでも機体の安全性について、不明な点が少なからずあったのだが。今回の事故で、果たして105機も購入の約束をして大丈夫なのかという疑問の声が、専門家の間からも出始めているという。(-_-;)

『F35は、海兵隊仕様のB型が15年に、空軍仕様のA型が16年に実戦配備が可能となった。しかし米政府監査院は18年6月の報告書で、海軍のC型を加えた計3タイプについて、計966件の欠陥があると指摘。操縦者が酸欠症状を訴えたケースが17年5~8月に6件あったと言及した。(朝日新聞19年4月16日)』

<また機会があったら書くけど。F35は重要機密になっている部分が大きいので、もし機体が見つかっても、事故原因の分析などは米国側が行なって。日本はどこまで関与させてもらえるかわからないんだって。140億円も出して買ってるのにだよ。(`´)>

『墜落した機体は三菱重工業が組み立てを担当した国内製造の初号機だった。2013年度に約140億円で取得し、18年5月に同基地へ配備された。
 政府は老朽化したF15戦闘機をF35に置き換え、将来的に147機体制にする方針。欧米各国が配備を進めているが、過去にF35Aが墜落した例はなく、今後の調達計画に影響する恐れがある。三沢基地には同型機13機が配備されており、防衛省は残る12機について、当面は飛行を見合わせることを決めている。他の空自機についても、10日は緊急発進などを除き飛行を見合わせる。(時事通信19年4月10日)』

* * * * *

 しかも、何が哀しいかって。それでも、岩屋防衛大臣は会見で、F35Aの調達計画に変更はないとアピールしちゃうということだ。(ノ_-。)

『防衛相「F35Aの調達計画に変更なし」

 岩屋毅防衛相は12日午前の記者会見で、墜落事故を起こした航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの調達計画について「現段階で変更する考えはない」と述べた。政府は将来的にF35Aを105機調達する計画。岩屋氏は「事故調査委員会で原因究明を進めているが、まだはっきり分かっていない。この段階で(調達の)方針を変更するに足る具体的な情報がない」と説明した。

 墜落したF35Aの操縦者1人が発見されておらず、自衛隊や米軍が捜索を続けている。岩屋氏は会見で、墜落機の尾翼の一部を新たに発見・回収したことを明かした。また、海上や上空からの捜索に加え、12日から海上自衛隊の潜水艦救難艦「ちよだ」を投入し、海中での捜索を開始したことも発表した。(産経新聞19年4月12日)』
  
 もちろん、日本の国民を守ることは大切だと思うけど。もうここまで来ると、戦争ごっこの域に達しつつあるし。何より安倍首相が、1機100億円、100機1兆円が、国民の税金であることをほとんど意識していないであろうことに、腹が立って来たりして。(`´)

 どうか安倍首相らの訪米、トランプ大統領の来日のニュースを流す時に、単に面白おかしく編集するのではなく、そのウラで日本の国民の税金がいかに政府の恣意で使われてういるのか、私たちのために使われていないか、しっかりお報じて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-17 04:14 | (再び)安倍政権について | Comments(0)


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【ゴルフ・米マスターズでタイガー・ウッズ(43)が、05年以来、14年ふり4度めの優勝を果たした。(*^^)v祝 まあ、もともとセンスバツグンの天才だし、努力を産み重ねての身体能力や技術も卓越したものがあるとはいえ、腰の不調が続いていた上、あんなことやこんなことがあっちゃって、すごくハードだったと思うのに。やっぱ彼の技術とセンスと、何よりも精神力はそれこそ「ハンパない」んだな~と、改めて実感したmewなのだった。(・・)
<少し前に、知人とイチローも今からゴルフを極めて、(高齢者の?)マスターズ世界王者になるのはどうかという話をしていたのだけど。「あり」かも?(@@)>】

* * * * *  

 今週21日には、大阪12区、沖縄3区の衆院補選の投開票も行なわれる。(**)

 沖縄3区は、自由党の衆院議員だった玉城デニー氏が、昨年9月に沖縄県知事選に出馬するために辞職した分の補欠選挙。オール沖縄&野党共闘で支援する屋良朝博氏(56・フリージャーナリスト)と自民党の元参院議員・島尻安伊子氏(54、公維推薦)の一騎打ちになっている。(・・)

 沖縄補選に関しても、もし機会があれば、ゆっくり取り上げたいが。もともと玉城氏が議席を持っていた選挙区であるだけに、辺野古反対の主張への理解も強く、現段階での選挙情勢では、屋良氏がリードしている様子。
 玉城知事を支援するオール沖縄にとっても、中央・地方の野党共闘にとっても、ここはしっかりと屋良氏に勝って欲しいところ。
 今日、16日には、立民党の枝野代表、国民党の玉木代表、共産党の志位委員長、自由党の小沢代表の4人が現地入りして、一緒に応援する予定だという。(++)

* * * * *

 そして、大阪12区の方はと言えば、こちらは自民党の自民党の北川知克氏(元環境副大臣)の死去に伴う補欠選挙。
 自民党は、お得意の弔い選挙を展開すべく、北川氏のおいの晋平氏(32)を擁立。公明党の推薦も得て、手堅く勝利をおさめるつもりでいた。大阪W選で維新に連敗しているだけに尚更、絶対負けられない一戦でもある。(・・)

 ところが、選挙前の情勢調査では、先日の大阪W選で自民候補に圧勝した維新の新人、藤田文武氏(38)がリードしているとのこと。(・o・)
 しかも、W選で勝利した松井代表(大阪市長)や吉村知事も、早速、藤田氏の応援にはいって、藤田氏を強力にバックアップしている。^^;

 さらに、元・希望の党の樽床伸二氏(59)も、ほとんど差がない状態だし。公明党の一部が、応援についているとの話が。また、あえて共産党の名を外して無所属で立った元衆院議員の宮本岳志氏(59・共産、自由推薦)も、他の野党の応援も集まり出して、追い上げているという。(++)

 劣勢に立った自民党は、甘利選対委員長や小泉進次郎氏などが現地に応援にはいって、懸命に巻き返そうとしているものの、なかなか手ごたえがつかめない様子。<そもそも、進次郎くんの応援の仕方というのは、大阪で効果があるのだろうか?^^;>

 先週13日には、大阪W選の時に応援を控えていた安倍首相が応援に来るとの話も流れたのだが。日程の調整がつかなかったのか現地入りせず、大阪自民党をがっかりさせたという。
<一部では、調査結果が劣勢だったので「安倍がはいって負けるとマズイので、応援に行かないのではないか」との憶測も出たりして。(~_~;)>

 しかし、やはりこのまま負けてはマズイと考えたのか(盟友・甘利選対委員長のピンチでもあるし)、安倍首相がついに20日に大阪入りすることが決まったという。(@@)

 また、大阪では、公明党と維新の関係がもつれており、維新が公明党に妙な脅しをかけている感じも。公明党は、今回の補選でも、自民党候補を推薦しながら、樽床氏にも票を回すと見られているのだが。その配分なども、選挙結果に影響しそうだ。_(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 樽床氏のことを少し書くなら・・・。同氏は、松下政経塾出身の保守派で、自民党の衆議院議員・衛藤征士郎氏の秘書を務めていたこともある。
 結局、日本新党にはいり、93年の衆院選で初当選。その後、新進党などを経由して民主党に合流し、民主党政権時代は総務大臣を務めたこともあって、将来の代表候補のひとりだと見られていた。

 大阪12区では、故・北川知克氏と毎回、激しい争いを演じており、4回勝ったことがある。12,14年には敗北したものの、この選挙区にある程度、固定支持層をキープしているという。(・・)
 17年には、希望の党に合流してブロック比例1位で当選したものの、希望の党も比例議員もイヤだったようで、今回は、あえて同党を離党、衆院議員を辞職して、今回の補選に臨むことを決意したという。

<樽床氏が何党をやめようと、構いはしないのだが。樽床氏が希望の比例議員を辞めたために、あの元民主党で天敵(?)だった馬淵澄夫氏が繰り上げ当選で衆院議員に復帰しちゃったとのこと。落選して、せいせいしていたのに。これには、マジでガッカリだった。(-"-)

 ちなみに、mewは樽床氏はいずれ自民党に行くのかと思っていたのだけど。ここで自民党と戦ったら同党にもはいりにくいだろうし。国民党や希望もイヤみたいだし。もし当選した場合、どうするつもりだったのだろう?^^;>

 尚、樽床氏は自分の支持層をベースにして、15年4月の大阪府議選の際、寝屋川市の選挙区で自公候補が戦った時に、公明党候補の支援したとのこと。公明党はその恩に報いるべく、今回の選挙では樽床氏に票を回すと見られている。(++)

 ただ、公明党はオモテ向きは、北川氏を推薦しているわけで。北川氏と樽床氏が維新の藤田氏の3人が接戦だとしたなら、どちらにどれだけ票を回したらいいのか、実に難しいところだと思われ・・・。
 公明党の大阪府本は、今頃、めっちゃアタマを悩ませていることだろう。_(。。)_

* * * * *

『(大阪W選や地方選の)苦戦の影響は、夏の参院選の前哨戦と位置付けられる衆院大阪12区補選にも暗い影を落とす。

 そもそも公明党は、今回無所属で出馬した樽床伸二氏と良好な関係を築いてきた。27年の府議選寝屋川市区で自前候補の支援を樽床氏から受けた恩義があるからだ。このため、自民党はわざわざ今回の府議選寝屋川市区で自民系候補の出馬を見送り、公明党から自民党公認で出馬した北川晋平氏への推薦を確保した。

 公明党内には「樽床氏に一定の票が流れることは仕方ない」とみる向きもあるが、樽床氏に票が流れ過ぎれば「自民党との信頼関係に傷がつく」(幹部)と懸念する。

 さらに、公明党を悩ませているのが、次期衆院選に向けた維新の動きだ。

 維新を立ち上げた橋下徹元大阪市長は8日のフジテレビ番組で、公明党の現職がいる大阪と兵庫の衆院6選挙区に「維新のエース級のメンバー」を擁立し「公明党を壊滅させる」と明言した。そのうえで、憲法改正について「自民党は今後、公明党ではなく、維新と協力する」との見方まで披露した。

 これまで公明党と維新は、大阪での協力関係を重視して衆院選で住み分けし、維新は公明党の現職のいる選挙区で擁立を見送ってきた。しかし、維新と全面対決し、議席を失う事態になれば、公明党の与党内の存在感は急低下する。公明党幹部は「実際選挙区に立てられたら相当厳しい」と不安を募らせている。(産経新聞19年4月11日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う衆院大阪12区補欠選挙は、21日の投開票まで1週間を切った。14日には、選挙区が重なる大阪府寝屋川市長選も告示。7日投開票された大阪府知事・大阪市長のダブル選では地域政党「大阪維新の会」がいずれも自民党系候補に圧勝しており、各党は12区補選に幹部らを次々投入、ダブル選の「余波」を意識した選挙戦を展開している。

 自民党と日本維新の会の新人、無所属元職2人の4人による混戦となっている12区補選。共産党が「野党統一候補」と位置づける同党元衆院議員の無所属、宮本岳志氏(59)=共産、自由推薦=は13日、ともに「森友問題」追及に立った国会議員らが集結しての街頭演説会を寝屋川市内で開催。宮本氏は「無所属の議員としてみなさんの支援を受け、国会に戻って追及を続ける」と、野党連携を強調した。

 立憲民主党や国民民主党は自主投票。だが、陣営幹部は「野党のゆるやかな連携が出来つつある」と手応えを感じている。

 大阪ダブル選の勢いを補選にも持ち込みたいのが、日本維新の会新人、藤田文武氏(38)だ。13日には大阪市長に就任したばかりの松井一郎代表と、府知事に就任した吉村洋文政調会長が初めてそろって応援に立ち、商店街を練り歩くなどした。

 大阪維新は、14日に告示された府内の首長選に新人3人を擁立。12区補選と合わせ、党勢拡大を図る構えだ。藤田氏は14日、大東市内で「大阪の改革、成長を日本の改革、成長モデルに広げたい」と訴えた。

 一方、無所属元職の樽床伸二氏(59)は、地元の後援会を中心にした独自のスタイルでの選挙戦を展開。自転車に乗って遊説し、自らビラを配るなど、支持固めに余念がない。

 総務相などを歴任した長い政治経験で、知名度も抜群。大物議員などの応援を頼まず、「無所属」をアピールしてねらうのは、「非自民・非共産・非維新」の無党派層に加え、公明支持層からの支持獲得だ。陣営幹部は「候補者個人の考えをしっかりと伝えて支援を広げたい」と話す。

 北川知克氏の「弔い合戦」を前面に打ち出して戦うのは、おいで自民党新人の北川晋平氏(32)=公明推薦。「地域の声を、政権与党として確実にスピーディーに届けることができる」と訴える。

 ダブル選に完敗した自民は、「12区補選で議席を失えば、夏の参院選への影響は必至」(陣営関係者)と巻き返しに懸命だ。告示以来、甘利明選挙対策委員長や小泉進次郎衆院議員らが来阪。最終盤には、安倍晋三首相の大阪入りも調整が進められている。(産経新聞19年4月15日)』

* * * * *

『首相、20日に大阪入り 衆院補選で自民候補応援

 自民党の甘利明選対委員長は15日、衆院大阪12区補欠選挙(21日投開票)の党公認候補を応援するため、安倍晋三首相(党総裁)が20日に大阪入りすると明らかにした。大阪府四條畷市での候補者会合で明らかにした。

 甘利氏は会合で「自民党は安倍総裁を筆頭に、この選挙に総力を挙げる」と強調した。首相は当初検討していた13日の大阪訪問を先送りしていた。(共同通信19年4月15日)』

* * * * *

 もちろん、mewとしては宮本氏に勝って欲しいところだし。維新がここでも勝って重要な選挙を3連勝するなんていうのは、シャクでしかないのだけど・・・。

 ただ、もし安倍っちが大阪にはいっても、自民党候補が勝てなかったとなれば、安倍自民党政権や次の参院選へのダメージはかなり大きいわけで。
 それを考えると、維新でも樽床くんでも誰でもいいから、自民党の世襲候補を負かして欲しいという思いにもなったりして。(・o・) <それとも、安倍首相が行くからには、公明党などからさらに票を得る約束ぐらいしているかしらん?^^;>

 何とか沖縄も大阪も自民党候補を負かしたいと、もはや怨念のように願ってしまうmewなのだあった。(@@)
 
  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-16 04:27 | (再び)安倍政権について


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【14日、JRAでは皐月賞が行なわれ、1番人気のサートゥルナーリア(3牡)withルメールが優勝した。(*^^)v祝 デビューから連勝、無傷での皐月賞勝利はディープ以来。<デムーロで3連勝したんだけどね。ルメールは2週連続でクラシック勝利か~。(・・)・・・ちなみにmewは、この馬の名前がうまく言えず。ひそかにサットリーナ(通販好きなら知ってる?)と呼んでいる。^^;>
 最近の皐月賞は荒れ荒れになるケースも多いのだけど。何だかそろそろ固めで来るかなって予感も。1着は1番人気(1・7倍)、2着は4番人気(9倍)のヴェロックス、3着は3番人気のDキングリー(5.8倍)。ここまでが、アタマ、ハナでそう差がなくて、そこそこ力はあるかなと。
<2番人気のAマーズは1枠が痛かったけど、何とか4着に来たしね。>

 人気馬がほぼ先行から中団でおだんごになって進んだけど。ルメールは直線でもまれたくないので、外に出して進んだ分、優勝できたのかと思う。<ルメールは右に寄れて、隣の2着馬に接触したことから、審議となって過怠金もとられたようだけど。その前に、川田がルメールがはいろうところを左に寄ってジャマしてたので、どっちもどっちって感じ。フランスだったら、お互いにぶつかってハネ飛ばしていたかも。>
 距離と展開、枠順が変わったら、上位の順番は変わってしまうかも知れない。_(。。)_】

* * * * *

 ちょっと今、個人的に急がくて、なかなか記事を書く時間がゆっくりととれず。どこかからいただいて来まう記事が増えて、申し訳ないのけど・・・。

 今回は、おそらくニュース映像でご覧になったかもいるかも知れない、安倍首相のお花見の会の話を・・・。
 まあ、しょ~もないタレントさんは、とりあえず名前や顔をちょっとでも売るために行かざるを得ない部分もあるんだろうしね。

 先日のブログでも触れたけど、千原ジュニアは「知らんおっさんと花見ても仕方ない」と招待を断ったのだが。兄・せいじは、それこそアフリカの奥地のどんなに知らないおっさんとでも花見ができるタイプのせいか、しっかり参加していたようだし。^^;

* * * * *

 それより、mewが驚いたのは、今回の会には、最近、安倍首相と直接顔を合わせる機会がほとんどなかった、日本会議系や安倍シンパの超保守派、いわゆるネトウヨの親玉みたいな人が一斉に集まっていたことだ。(゚Д゚)

 安倍陣営は、これから天皇譲位、新元号に変更、そして憲法改憲と保守勢力の気持ちを鼓舞して、実現への協力を求めていかなければならないわけで。
 全国各地の小さな番組や集会、SNSで、しょ~もない戦前の国家思想をアピールしていたり、中韓朝などをあからさまに批判していたりしたら、「あれが安倍の仲間」かと是非、認識して欲しい。(++)

<有名のウヨどころだと『虎ノ門ニュース』ご一行、百田尚樹、有本香、ケントギルバートとかね。・・・ふつうにももクロとかエグザイル系、セレブ・マダム系の・デヴイ、IKKOもいたけど。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』ご一行を堂々招待! 百田尚樹、有本香、ケントらネトウヨ文化人に囲まれご満悦

 また今年も安倍首相が主催する「桜を見る会」が開催された。今年は、カズレーザーや小峠英二、ミッツ・マングローブ、IKKO、五木ひろし、石坂浩二、デヴィ夫人、市川猿之助などといった芸能人を含む約1万8200人が参加。7日に放送された『Abema的ニュースショー』(AbemaTV)で千原ジュニアが「桜を見る会」に誘われながら辞退したことを明かし「知らんおっさんと見たないわと思って断った」と話したことが話題となったが、一方、ジュニアの兄で安倍応援団芸人として知られる千原せいじはしっかり出席。

 そして、安倍首相は今年も、ももいろクローバーZとともに浮かれてポーズをとったり、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーと撮った写真をさっそくInstagramにアップするはしゃっぎっぷり。新元号に触れた上で「きょう咲き誇っているこの花のように、みなさんひとりひとりがそれぞれの花を咲き誇らせることができる、そういう時代を一緒につくっていこう」と挨拶。新元号の私物化をきょうも見せつけた。

 しかし、いま安倍首相は浮かれるような状況状態にはない。塚田一郎・前国交副大臣の「忖度」発言や桜田義孝・前五輪相の「復興以上に大事なのは議員」発言による「辞任ドミノ」のほか、航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの世界初となる墜落事故が起こったばかり。いまだ操縦士の安否が確認されていない上、基地周辺に暮らす住民からは不安視する声も出ているというのに、芸能人と花見などしている場合ではないはずだ。

 毎度のことながら、無責任であることを取り繕おうともしない安倍首相の思い上がりぶりには反吐が出るが、きょうの「桜を見る会」では、もうひとつ、唖然とするような光景が繰り広げられた。

 というのも、じつはきょうの「桜を見る会」の招待客のなかに、あのフェイクデマ拡散ネトウヨ番組の面々が含まれていたからだ。そう。『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)の出演陣たちである。

 たとえば、テレビ朝日が午前中のニュースで報じた映像を見ると、安倍首相と昭恵夫人を取り囲んでいたのは、百田尚樹に有本香という世紀の欠陥本『日本国紀』(幻冬舎)のコンビに、ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司、石平太郎、須田慎一郎、大高未貴、藤井厳喜、武田邦彦らといった『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)のメンバーたちだった。

 また、ほかにも番組司会者である居島一平や、あの『殉愛』(幻冬舎)にも登場する、同番組のプロデューサーを務めるDHCテレビジョンの山田晃社長の姿まで……。

 さらに、『虎ノ門ニュース』出演陣が投稿した写真のなかには、『日本国紀』『殉愛』という二大事故本の版元である幻冬舎の見城徹社長の姿も確認できた。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、安倍首相はこのネトウヨ文化人オールスターズを歓待。石平のTwitterへの投稿によると、〈総理は我ら虎ノ門ファ
ミリーの一人一人に声をかけて握手して下さった〉といい、有本はこんなツイートしている。

〈安倍総理主催『桜を観る会』に虎ノ門ファミリーで参加。「文化人・芸能人」の列前を歩いて私たちの前に来られた総理が「ここから雰囲気が違いますね~。虎ノ門の皆さんが一番『左』に陣取っておられるのが面白い」といきなりの突っ込み。竹田恒泰さんが「我々から見たら一番右ですが」と即応酬。〉

 まったく気持ち悪すぎる会話だが、ようするに、安倍首相は自身の猛烈な擁護を繰り返すネトウヨ番組や、安倍応援本を多数送り出してきた出版社の社長といった“お仲間”を堂々と招待。手厚くもてなしていたのである。

ヘイトデマ垂れ流すネトウヨ番組の面々に囲まれご満悦の安倍首相
 そもそも『虎ノ門ニュース』は、例の沖縄ヘイトデマで知られる『ニュース女子』と同じDHCテレビが制作するネット番組であり、展開されるトークは、ネトウヨワールド全開の陰謀論や、もはや“安倍教”と呼ぶべき政権の徹底擁護ばかり。

 だが、そんなネット番組に、安倍首相は総裁選を控えた昨年9月6日、ついにVTR出演。同日未明には最大震度7を記録した北海道胆振東部地震が発生したというのに安倍首相の出演VTRは放送延期にもならず、安倍首相によるトランプ大統領やプーチン大統領との仲良し自慢が展開された。


 しかも、安倍首相は“番組を観たことがあるか”と問われると、「密かにありますね」と告白。インタビュー収録には別曜日レギュラーの百田も「スタッフ」として参加し、安倍首相も百田の姿を見つけると顔をほころばせながら手を挙げて挨拶するなど、“安倍応援団”に囲まれて終始ご満悦。最後には再び番組に出演することを約束したほどだった。

 総理大臣が自分の応援団であるネトウヨ文化人たちのネット番組に嬉々として出演する──。この事実だけで愕然とさせられるが、結局、安倍首相はこうした輩に慰撫されたくてたまらないのだ。

 いや、安倍首相を慰撫する“喜び組”の応援団のほうも同じだ。百田は桜田義孝前五輪相の辞任について〈自民党はアホが出世するシステムなのか、それともこんなアホでもマシな部類なのか!〉と投稿したが、歴史修正主義をばらまき、権力者に媚びを売ってベッタリの関係を築き、時にNHK経営委員に引き立てられ、時に著書を宣伝してもらってご満悦の百田のような存在こそ「アホが出世するシステム」なのではないのか。

 ともかく、安倍首相は相次ぐ大臣の暴言辞任に「批判を真摯に受け止める」などと言いながら、実際はお仲間に囲まれて癒やされることしか考えていない。このどうしようもない「アホが引き立てられるシステム」を、きょうはまざまざと見せつけられたのである。(編集部)(LITERA19年4月13日)】

 このお花見の会の光景を見ているだけでも「やっぱ、日本がアブナイ」とつぶやいてしまうmewなのだった。

   THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-15 02:30 | (再び)安倍政権について


 熊本大震災から3年。犠牲者を追悼すると共に、被災者の方々に改めてお見舞い申し上げます。今も約1万6500人が仮住まいを続けているとのこと。復興に向けて、前向きに、一歩、一歩。ガンバです。o(^-^)o

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 
 安倍首相は、今月にはいって忖度発言をした塚田国交副大臣、失言を繰り返していた桜田義孝五輪担当大臣を更迭。
 とっとと幕引きをして、何とか21日に投開票される統一地方選後半、衆院補選(大阪12区、沖縄3区)に向けて、何とか自民党の選挙戦の立て直しをはかりたいところだ。(・・)

 しかし、野党は、この2人の辞任で、コトを終わらせる気はない。(**)

 まず、野党は安倍首相に、桜田大臣の任命責任を追及をするつもりだ。安倍首相は、閣僚が問題を起こして辞めるたびに「任命責任は私にある」とクチにするのだが。この6年、一度もまともに責任をとったことがないのである。(-"-)

 でも、今度は、桜田大臣が失言するたびに辞めさせた方がいいと言われながらも、「五輪誘致に尽力してくれた」とかフェイクの答弁までして、ずっとかばって続投させて来て。その結果、3~
月に被災地の人々を失望させるような発言を連発するに至ったわけで。今度こそ、きちんと任命責任をとるべきだろう。(`´)

 尚、野党は、失言大魔王の麻生太郎副総理、元秘書や事務所の費用に関して疑惑の耐えない片山さつき地方創生大臣の罷免、首相の任命責任も追及する予定だという。(-_-)

* * * * *

 また、野党は、塚田氏が話題にしていた下関北九州道路(別名・安倍・麻生道路?)の建設に関して、安倍首相や麻生副総理、そして2人を忖度した他の議員も絡んでいる可能性が大きいと主張。今週意向も、予算委員会を開いて、この件に関して質疑を行なうことを要求している。

 この下関北九州道路(以下、下北道路)に関しては、先週、またいくつか新たな事実が明らかになっている。(@@) (関連記事『忖度発言の中身は事実。安倍らが国民をナメて擁護していた塚田を切るも、利益誘導の真相解明を求む』)

 8日に国交省が、昨年12月に塚田国交副大臣が吉田参議院幹事長、大家参院議員と面会した時の話を記録したメールを公表。その中には、吉田幹事長の「総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう。与党、公明党、野党で協力して進めていく」という言葉が記されている。(・o・)

 メールの全文を後半に載せるが。吉田幹事長の発言内容は、塚田氏が1日の会合で「安倍晋三首相や麻生太郎副総理は言えない」(でも、わたしは忖度します)という話と、見事に重なっている。^^;

 また、前回、大家氏が昨年10月に安倍首相と下北道路の件で面会した際に「早期建設に向けた活動をしっかりと取り組むように」と言われたという話を書いたのだが。
 その大家氏が、昨年12月に北九州市内で開かれたフォーラムで「安倍総理と麻生副総理の地元なので2人がやるとぐちゃぐちゃ言われるから、参議院の吉田博美幹事長を引っ張ってきた」と発言していたこともわかった。(~_~;)

<皆、とりあえず、この2人は関係ないような感じで装いながらも、しっかりと「安倍首相、麻生副総理」の名をクチにして、関係があることをアピールしているんだよね。(++) 

 さらに、16年3月に石井啓一国交相に提出された道路建設の早期実現を望む要望書に、首相の名前が要望者の1人として記されていたことがわかったとのこと。
 同年2月に「首相を囲んだ懇親会」を実施した際、この道路に関して「関門会の総意として要請活動を行うことになったという。(・・)

<安倍首相は「首相が政府に陳情や要望を行なうことはない」と主張しているのだが。要望書には一議員として名を載せているのだろうし。そこに首相の名が記されていることで、要望の重みが増して、省庁に対して無言の圧力をかける大きな要素(最強の陳情?)になるんだよね。(-"-)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『桜田大臣更迭で野党側 安倍首相の任命責任追及

 桜田オリンピック・パラリンピック担当相の更迭を受け、国会では12日も、野党側が安倍首相の任命責任を追及した。

国民民主党の矢田わか子議員「安倍首相はこれまで、(桜田氏を)適材適所と擁護され続けてきました。首相として任命責任と、これまで大臣職を続投させた責任は極めて大きい」

安倍首相「任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります。全ての閣僚がいっそう身を引き締めて、しっかりと襟を正し、内閣の総力を挙げて東日本大震災からの復興はじめ、内外の課題に取り組むことで国民に負託に応え、信頼回復に努めてまいりたい」

 参議院本会議で、安倍首相は、失言を繰り返してきた桜田氏を擁護し続けた責任を追及する野党に対し、桜田氏の発言をあらためて陳謝したうえで、「被災地に寄り添いながら、復興に全力を傾けるのは安倍内閣のゆるぎない方針だ」と強調した。(FNN19年4月12日)』

* * * * *

『参議院の野党5会派は辞任した桜田前オリンピック・パラリンピック担当大臣らについて安倍総理大臣の任命責任を問うため、参議院の規則に基づいて予算委員会を開くよう要求しました。

 立憲民主党・蓮舫副代表:「桜田大臣、あるいは塚田副大臣がお辞めになられました。今まで守られた理由とか、今回、お辞めになることを認められたとか、任命責任とか、安倍総理にしか答えない、答えられないことがありますので、野党の総意として予算委員長に参議院規則に基づいて委員会を開かねばならないという要請をさせて頂きました」

 参議院の規則には「委員の3分の1以上から要求があった時は、委員長は委員会を開かなければならない」とあります。自民党は11日、予算委員会を開かない方針を野党側に伝えていますが、金子予算委員長は改めて与野党で協議するよう指示しました。(ANN19年4月12日)』

『野党側は麻生財務相や片山地方創生担当相の発言などを問題視していて、閣僚の“辞任ドミノ”を狙いたい考え。

 立憲民主党・辻元国対委員長「いよいよ安倍長期政権の辞任ドミノが始まった。元号が令和に変わる、新しいお札が決まるといえども、安倍政権は何も変わっていなかった」
 
 野党側は来週、衆参両院の予算委員会で安倍首相が出席する集中審議を開くよう求めたが、与党側は「閣僚の辞任で開催した前例がない」と慎重な姿勢。(NNN19年4月11日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 話は変わって・・・。先に麻生派の大塚議員の発言の記事を・・・。

『大家参院議員も忖度発言か 下関北九州道路 昨年12月

 山口県下関市と北九州市を結ぶ下関北九州道路(下北道路)を巡る塚田一郎・元副国土交通相の「忖度(そんたく)」発言問題で、自民党の大家敏志参院議員(福岡選挙区)も昨年12月に北九州市内で自身が開いたフォーラムで「安倍総理と麻生副総理の地元なので2人がやるとぐちゃぐちゃ言われるから、参議院の吉田博美幹事長を引っ張ってきた」と発言していたことが分かった。

 大家氏は麻生派所属で、吉田博美参議院幹事長が会長を務める下北道路の「整備促進を図る参議院議員の会」の幹事長。大家氏も安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を忖度し、下北道路の整備推進を目指していたと受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。

 大家氏は昨年12月9日に北九州市で開いた政経フォーラムで「関門橋と関門トンネルが老朽化し、下関と北九州のみならず、本州と九州がいろんな面で苦労している」と下北道路の必要性に言及。そのうえで「吉田博美幹事長に『下北道路は政治生命をかけてやる』と言わしめ、国の事業に採択される寸前まで来ている」と述べた。(毎日新聞19年4月10日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、こちらが国交省が公表した塚本副大臣の面会記録に関するメール(全文)だ。(++)

『日時:平成30年12月20日(木)13:30~13:45

 相手方(◎):吉田博美議員(参/自/長野)
   (□):大家敏志議員(参/自/福岡)
 当 方(●):塚田副大臣(立会:(■)池田局長、村山企画課長)

◎:参議院議連の会長をさせて頂いている。
  総理、副総理の地元とは関係なく、中国・九州の経済や後世のため、オールジャパンで必要な道路。
 大会のあいさつでも、総理・副総理のことには言及しなかった。
◎:無駄な公共事業と言われているうちに公共事業が無駄と思われるようになったが、必要なものは必要。
◎:はやく国で引き取って、施工に向けて進めて欲しい。
●:地元の調査結果をしっかり受け止め、前向きに検討していきたい。

―――マスコミ退席―――

■:必要性ははっきりしている道路。
◎:総理、副総理と言うと国交省もやりにくいだろう。
  与党、公明党、野党で協力して進めていく。
●:財務大臣にも要望して頂き感謝。
◎:今後のことはいつぐらいに対外的に言えるようになるのか。
■:年度末になる。
道路局企画課道路経済調査室 (週刊朝日4月9日)』

* * * * *

 最後に、安倍首相が関門会の建設要望書に名を載せていたという記事を。

『「下関北九州道路」建設要望書に安倍首相の名前が

塚田一郎前国交副大臣が、安倍晋三首相の地元下関市と、麻生太郎財務相の地元に近い北九州市を結ぶ「下関北九州道路」の整備をめぐり、首相らに「忖度(そんたく)した」と発言した問題に関連し、16年3月に石井啓一国交相に提出された道路建設の早期実現を望む要望書に、首相の名前が要望者の1人として記されていたことが8日、分かった。

首相の名前は、下関や北九州に縁のある議員有志でつくる「関門会」の1人として記載されている。その会が提出に先立つ同年2月24日に、首相を囲んだ懇親会を実施した際、この道路のことが話題にあがり、「関門会の総意として要請活動を行うことになった」としている。首相にも、要請を行うことへの認識があったと受け取れる内容だ。

要望書に「強く要望する」とされた内容としては、<1>下関北九州道路の早期実現を図ること<2>実現に向けて、具体的な検討を進め、調査を実施するとともに、これらに必要な予算な予算を確認すること、としている。

8日に国会内で行われた野党合同ヒアリングでは、「現職の総理が、自分で任命した国交相に地元の公共事業を要望した例が過去にあるのか」と、首相の名前が要望者の1人として記されたことに、出席者から疑問が相次いだ。「普通はやらないはずだ」と指摘された国交省の担当者は、「調べたい」と述べるにとどめた。

首相は4日の参院決算委員会で、共産党の仁比聡平氏にこの文書について問われ、「(首相が)忖度させたのか」と追及された際、「要望書のことは、今拝見するまで知らなかった」とした上で、「首相として陳情する立場にはない」と述べていた。(日刊スポーツ19年4月8日)』

 昨年からモリカケに関する忖度が問題になりながら、野党が攻めあぐねている部分があったのだが。今回は、一般国民にもわかりやすいケースであるだけに、きちんと証拠集めをして、追い込んで欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-14 03:12 | (再び)安倍政権について


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【7日、JRAで桜花賞が行なわれ、2番人気のディーップっ娘・グランアレグリア(3牝)withルメールが1分32秒な7のレコードで優勝した。(*^^)v祝 <ルメールは昨年のアーモンドアイに続き、2連覇。>
 2着に7番人気のシゲルピンクダイヤ(和田、渡辺薫彦の厩舎の子)、3着に3番人気のクロノジェネシス(北村友・・・宏くんは回復しているかな~?)1番人気のダノンファンタジーは、直線で伸び切れず、4位に終わった。(-_-)<予想は当たったけど、馬券を買い間違えてた。(ノ_-。)>

 グランAは、2着馬に2馬身半差をつけて、確かに強い勝ち方をしたし。それなりに強い馬ではあるんだけど。アーモンドアイorそれに準じるレベルかと言えば、どうかな~と。(短距離は行けそうだけど。)
 実際、オッズを見てもわかるように(1番人気が2.8倍、2番3.4、3番5.7倍、4番12.4倍)、これぞという本命馬はおらず。上位3頭はそれなりに力はあるけど、本番はどうかな~という感じだったように思う。<結局、3頭とも4着内には来たので、やっぱ、そこそこ力はあるんだとわかったけど。>

 今回、正直、グランAが、というかルメールが直線入り口で先に抜け出し時も、「え、ちょっと早過ぎるんじゃないの?」と思ったのだけど。結果論としては、うまくペースや周囲の状況を見て、勇気を持って先に前に出たルメールの「技あり」による勝利だったかな~と思った次第だ。
<あとから見たら、4コーナーから恐ろしいほどのヨーイドン・ダッシュになっていたようで。先頭のGアレグリアが上がり33.3、以下、32.7、32.9、33.4で、この他にも32~33秒台が何頭もいたりして。古馬の短距離GIも真っ青。(この部分は短縮したら、意味がわかりにくくなっちゃったかも。すみません。m(__)m>

 で、オークスは、もう一度、距離適性なども含めて、考え直さなくちゃと思っているmewなのだった。(・・)】

* * * * * 

 ところで、安倍首相と言えば、第一次政権からNHKの人事や運営に関与。(当時は菅義偉氏が総務大臣だったしね。)07年には早速、超保守サポーターの富士フィルムHD会長の古森重隆氏を会長に起用して、NHKをコントロールしようとしていた。(・・)
<その当時、書いた記事もあるはずなんだけど。どこにあるかわからない。^^;>

 そして、安倍首相はは12年末に第二次政権を奪還してから、菅官房長官と共に、さらにNHK支配を強化。堂々と「「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」などと明言するようなする籾井勝人氏を会長に起用したり、報道系のキャストやスタッフをどんどん変えてしまったりして、もはや「安倍サマのNHK」と呼ばれるようになっている。_(。。)_

 そんな中、安倍官邸にとって大事な選挙や改憲運動を控えて、またまた官邸の意向で、NHKが妙な人事を行なったというニュースが出ている。(゚Д゚)

 あのクロ現の国谷キャスターが(菅長官の怒りを買ったため?)降板させられた時、当時、専務理事だった板野裕爾氏が動いたと言われているのだが。
 その板野氏が、一度、NHK理事を退任したにもかかわらず、安倍官邸の意向によって、また専務理事に戻って来たというのである。(~_~;) 

『NHKが9日の経営委員会で、元専務理事でNHKエンタープライズ社長の板野裕爾氏を専務理事に復帰させる異例の提案をすることが分かった。
 板野氏は経済部長、内部監査室長などから2012年に理事に。「政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない」などの言動を繰り返した籾井勝人前会長当時の14年4月から2年間、専務理事を務めた人物だ。

 板野氏自身も「官邸と太いパイプがある」といわれ、放送総局長に就任後の15年には国会で安全保障関連法案の審議が行われている中、安保関連の複数の番組をボツに。16年3月に安倍政権に批判的だった「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターを降板させた張本人とされる。(日刊ゲンダイ19年4月9日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『NHK、板野氏返り咲きを正式発表 関係者「首相官邸の意向」

 NHKは9日、元専務理事の板野裕爾(ゆうじ)NHKエンタープライズ(NEP)社長(65)を専務理事に復帰させる人事を発表した。同日の経営委員会で同意を得た。複数のNHK関係者は、政権に太いパイプを持つとされる板野氏の復帰は「首相官邸の意向」と明かし、NHKと政権との距離を危惧する声が上がっている。

 板野氏は、籾井勝人(もみいかつと)前会長時代の2014年4月~16年4月に専務理事(放送総局長)を務めた。関係者によると、政権の意向を背景に「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターの降板を主導するなど、放送番組への介入を繰り返したとされる。記者団の取材に石原進経営委員長(JR九州相談役)は、板野氏について「(専務理事に)適任ではとの声もあった」と説明。経営委では、石原氏を含む委員12人のうち10人が賛成し、佐藤友美子、小林いずみの両委員が棄権したという。

 関係者は「NHK内で板野氏を推す声はなかった」と明かす。別の関係者によると、板野氏への懸念は上田良一会長も承知していたが、官邸の強い意向で今回の人事を認めたという。野党のある国会議員は「安倍政権はマスコミへの締め付けを強めたいのでは」と危惧する。

 ほかに荒木裕志(あらきひろし)理事が専務理事に、正籬聡(まさがきさとる)広報局長が理事に昇格。任命は25日付。坂本忠宣(さかもとただのぶ)専務理事、菅康弘(かんやすひろ)理事は24日付で退任する。【屋代尚則、井上知大】

 ◇「視聴者から見放されかねない出来事」

 砂川浩慶・立教大教授(メディア論)の話 NHKの報道が「政権寄りでは」との批判もある中、過去の経緯が懸念される人物を復帰させるのは、NHKが視聴者から見放されかねない出来事だ。最高裁大法廷が2017年、受信料制度を「合憲」と判断してからは特に、放送番組に異議があるなどの場合に受信料を支払わない“良心的拒否”が事実上できなくなっている。NHKには「誰のためのNHK」なのか、改めて考えてほしい。(毎日新聞19年4月9日)』

* * * * *
 
『NHK専務理事復帰案、2人棄権 「官邸に近い」の声も

 NHKは9日、子会社のNHKエンタープライズで社長を務める板野裕爾氏を専務理事に復帰させる役員人事を発表した。25日付。経営委員会は同日の会合で人事案に賛成多数で同意したが、2委員は棄権。全会一致とはならなかった。

 会合後に記者団の取材に応じた石原進経営委員長によると、棄権したのは、小林いずみ・ANAホールディングス社外取締役と、佐藤友美子・追手門学院大教授。関係者によると、上田良一会長から人事案が示された際、2委員は若手を登用する必要性や板野氏の資質に対する疑念などを述べ、棄権したという。

 板野氏は経済部長などを経て、籾井勝人会長時代の2014年に理事から専務理事に昇格。番組制作のトップである放送総局長を務め、16年に任期満了で退任していた。今回の担当はグループ経営改革統括。板野氏については、「官邸に近い人物」(NHK幹部)との評価があり、局内からは再任を疑問視する声も出ている。他の人事は次の通り。

 (25日付)専務理事 児野昭彦=再任▽専務理事(理事)荒木裕志▽理事 中田裕之=再任▽理事(広報局長)正籬聡
 (24日付)退任(専務理事)坂本忠宣(理事)菅康弘 (朝日新聞19年4月9日)』

* * * * *

 大手新聞までもが「首相官邸の意向」「官邸に近い」と書くような人事を、あからさまに行なってしまう安倍官邸は、もう完全に国民をナメ切ってて、メディア&国民の支配を進めているとしか思えないし。
 もしNHKがこれ以上あまりにも安倍寄りの放送をするようだったら、マジに受信料の不払いも検討しなければならないと思うmewなのである。(@@)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話は変わって、山本太郎氏が自由党を離党。10日に新党「れいわ新選組)を立ち上げることを発表した。(**)

 山本太郎氏は、2013年、参院選・東京選挙区に出馬し、脱原発をメインに主張して4位で当選。15年には小沢一郎氏率いる生活の党の議員要件を満たすために同党に入り、「生活の党と山本太郎となかまたち」と改名させる。
 山本氏は、国会内でも外でも、かなりマイペースに活動。委員会で、安倍首相らを(さすが俳優という感じのセリフ回しで)攻撃しまくる山本氏の質疑タイムは、支持政党を問わず、楽しみにしている人も多いのではないかと思う。(・・)

 17年になって、小沢一郎氏が党名を「自由党」に変更。さらに近時は国民党」との合流を進めていることから、山本氏は同党を離れて、別個に活動することを考え始めた様子。
<自由党はもともと(超)保守+新自由主義の政党だし。国民党も中心メンバーの多く保守タカ派で、脱原発にもさほど熱心ではないもんね。^^;>

 で、山本太郎氏がついに小沢氏を離れて新党を立ち上げるというので、本人もこの7月には参院選も改選になるし。知人と「頑張って欲しいね~」「応援しよう」と言っていたのだが。
 夜になって、新党の名が「れいわ新選組」だと知って、正直を言うと、「え?何でそんな名前に?」と、ちょっと引いてしまうところがあった。_(。。)_

 新選組は「新しく選ばれる」と書くものの、あの「新撰組」っていうのは、(漫画とかのキャラの魅力はさておき)やっぱ「幕府」(=政治権力側)を守ろうとして殺傷行為を繰り返した集団」という印象があるし。<まあ、安倍首相らが敬愛している尊王派と戦ったとも言えるけど。>
 「れいわ」も平仮名だとチョット穏やかな感じはするけど。mew個人は、「令和」にはいいイメージは抱いておらず。また、こういう「シンセン組」とか「れいわ」なんていう目に付きやすい言葉に飛びついちゃうのはいかがなものかと・・・。(-_-;)
<ただ、山本太郎氏は、04年にNHK大河ドラマ「新撰組」に出演していたとのこと。そこから思いついたのかな~?^^;>

 とはいえ、山本氏には是非、再選して、国会内でその力を発揮して欲しいと思うし。とりあえず、どんな公約を作ってアピールして行くのか、どんな人たちが仲間として集まるのか、見守って行きたいと思う。

* * * * *

『山本太郎氏「れいわ新選組」設立 「この国の人々、お守りいたす」

 自由党の山本太郎共同代表は10日、国会内で記者会見し、4月下旬に同党を離党する意向を表明した。同党と国民民主党の合併交渉の結論を待ち、合併の可否にかかわらず離党する。消費税廃止などを掲げる政治団体「れいわ新選組」を設立し、政党への移行を目指す方針も明らかにし「この国に生きる人々にお仕えし、お守りいたすという考えだ」と決意を語った。

 山本氏は政治団体立ち上げの理由について「浮動票を取り込める野党はそんなにない。違う角度から野党結集を目指す」と強調した。支持者から募った寄付額に応じ、参院選の候補者の擁立人数を決めるとし、5月末までに1億円を集めたい考えを示した。

 改選を迎える夏の参院選については、選挙区か比例代表のどちらから出馬するかは明言を避けたが、5月末までに1億円が集まらなければ、東京選挙区(改選数6)に無所属で出馬する意向を示した。

 「れいわ新選組」という団体名に関しては「平成は経済停滞と格差が拡大した時代だった。大手企業にコントロールされた政治家たちが人々を搾取し続けた」と振り返った上で、「新時代を変えていくんだという思いで元号を使わせていただいた。『新選組』は、新しい時代に新しく選ばれる者たちという意味だ」と説明した。(産経新聞19年4月10日)』(関連記事*1に)

 山本氏は立民党などにも呼びかけて、野党をまとめることが第一の目的だとも語っていたのだが。まずは、ともかくもう1回当選して、しっかりと足場を固めて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-04-12 00:51 | (再び)安倍政権について | Comments(0)


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【先日、メジャーのプロ野球を引退したイチローが、3度目の国民栄誉賞の申し出も辞退した。まあ、イチローにとって、日本の政府がくれる賞なんて、たいした意味がないようにも思うし。実にイチローらしいと思う。<思わず「よし!安倍にイチローを利用されてたまるか」と思ったけど。本人には政治的な意図はないだろう。(・・)>
 そうしたら、お笑いコンビ・千原兄弟の弟、千原ジュニア(45)も「桜を見る会みたいなんに今年も声かけてもうたんですけど、知らんおっさんと見たないわっつって、断った」とテレビで言っていたという記事が。(*1)。とりあえず、「よし!」(~~)b】
 
 何か書きたい政治ネタが山ほどあるのだけど、ブログを書く時間的余裕がないので、追いつかないぞ~~~。(@@)

 今回はこの件をメインに。・・・ついに(やっと、と言うべきか)桜田五輪担当大臣が、失言問題の責任をとって辞任した。
 失言した直後に、連絡を受けた官邸から「アウト~!」の判定が出たそうで。あわてて首相に辞表を提出しに官邸を訪問。失言からわずか2時間後の「スピード更迭」だった!(>_<)

 実は、桜田大臣は9日にも、国会答弁で被災地がらみの失言をしていたのである。(~_~;)

 桜田氏は3月24日に、地元・千葉の会合で「東日本大震災の直後、東北自動車道などが「健全に動いていた」と発言。事実と異なっていたとして、撤回、謝罪したのだが。
 その当日、宮城県の石巻市(いしのまきし)で復興イベントがあったのに、そちらを欠席して、地元の自民党の会合に出ていたとのこと。(・o・)

 9日の国会で、そのことを問われた桜田大臣は、「出席したかったが止む無くいしまきしでのセレモニーで、私からの祝辞を政務官が代読した」と釈明。その後も石巻を3回も「いしまき」と読み間違いをして、「何故、復興五輪の大臣なのに、復興直後の状況や重大な被害を受けた都市の名前を知らないのか」と、またまたヒンシュクを買っていたのである。(-"-)
<東北のメディアでは、結構大きく扱ったり、市民の怒りの声を報じたりしていたところがあったようだ。^^;>

* * * * *

 で、その翌日の10日。今度は東京で行なわれた自民党の高橋比奈子衆院議員(比例東北)のパーティーに出席。
 あいさつの中で、桜田氏は、来年の東京五輪で高橋氏の地元・岩手県に海外から観光客が訪れるとした上で「おもてなしに協力していただければありがたいが、復興以上に大事なのは高橋さんだ」と発言。復興より議員が重要であるかのような表現を用いたという。(-"-)

 この発言に関して、記者から問題があるのではないかと指摘されたところ、桜田氏は当初、「そんなことは言っていない。記憶にない」とシラバックれようとしていたようなのだが。
 官邸にいた菅官房長官のところに、この発言に関する連絡(通報?)がはり、大臣続投は「アウト!」の判定が下ったという。<本人が官邸に連絡したとの報道もあった。真偽のほどは不明。>

* * * * *

 しかも、桜田氏は、これまでの失言に関して、本当の意味で反省していないのである。<もしくは、学習できないXXなのか。>
 
 桜田氏は5日、塚田国交副大臣の忖度発言について記者にきかれて「新聞を見ていると、私も(失言をした)一人に数えられている」と発言。その後、「コメントを差し控えたい」との答えを1分間で3回繰り返したとか。(・o・)
<「この新聞を見ていると」という言い方は、ジョークであるなら「軽口」としか言いようがないし。新聞を見るまで、自分の失言癖に気づいていないとすれば、やっぱ「XX」なのかも?>

 さらに10日のパーティーでは、2月に水泳の池江璃花子選手の病気に関して「がっかり」と言って問題視されたことを引き合いに出すような感じで、こんな発言をして、会場の笑いを誘っていたのだ。

『 いよいよ乾杯の時に(私のあいさつが)追加で、がっかりしているのでは。私も『がっかり』という言葉は禁句。いろいろ言われ、こりごりしている」 

 どう見ても反省の色がないでしょ~~~。(ーー) 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 以前にも書いたように、mewは東京五輪を開催することになった以上は、参加者や観衆にとっていい大会にして欲しいし。(たとえ「こじつけ」だったとは言え)少しでも、被災地の復興や激励にプラスになるような大会になって欲しいと願っているわけで。

 そのためには(本当は安倍政権じゃない方がいいけど)、ともかく五輪のことも復興のこともわかっていない桜田氏は、早く五輪担当大臣を辞めさせるべきだと主張していたのだ。(**)
<コンピューターのことも全くわからないので、もちろん、サイバーセキュリーティー担当大臣もね。^^;>

 でも、安倍官邸は、桜田大臣の度重なる失言に困っていたものの、二階幹事長に推されて入閣させた人だし、安倍グループと言うべき超保守議連「創生日本」&日本会議のメンバーゆえ、そう簡単にクビは切れず。失言するたびに、安倍首相が「反省して、職責を果たして欲しい」と擁護し続けていたのである。(-"-)

<塚田国交副大臣だって、最初は擁護していたし。麻生副総理に至っては、擁護というか放置プレーになっているし。^^;>

 その結果、桜田大臣も、おそらくは他の閣僚や自民党議員なども「これぐらいのことを言っても大丈夫」と思ってしまうようで。<あとお「多少アブナイことを言っても、ウケタり目立ったりした方が得だ」「自民党支持者が相手なら、笑いや拍手がとれるのでOK」とかね。>
 最近、またどんどんと軽口を叩いたり、きわどい発言をしたりする議員が増えているように思える。(-_-)

 今回の失言も、ある意味では、早い段階で桜田大臣を辞任させなかった安倍首相の自業自得(オウンゴールに近い?)だとも言えるわけで。
 安倍首相は、桜田大臣が辞任した後、ぶらさがり会見に応じて、被災者に謝罪すると共に、自らの任命責任について語っていたのだが。今度こそ「任命責任」をしっかりとって欲しいと思うし。野党もしっかりその点を追及して欲しい。(**)

<ちなみに桜田大臣は、辞表を出した後、「これ以上、余計なことを言うな」と言われたのか、何をきかれても「被災者を傷つけて申し訳なかった」とXXの一つ覚えのように繰り返していた。何だかそこにも真摯さが感じられなかった。(-_-;))>

* * * * *

『桜田五輪相「復興以上に大事」で更迭、後任は前任者

 桜田義孝五輪相は10日、都内で開かれた高橋比奈子衆院議員(自民)の会合で「(東日本大震災の)復興以上に大事なのは高橋さんだ」と発言し、引責辞任した。事実上の更迭。桜田氏は昨年10月の就任以来、失言を連発しているが、「辞任ドミノ」を恐れる安倍晋三首相は、続投を容認。問題発言を許し、対応が後手に回った首相の責任は重大で、安倍1強のゆるみも露呈した。復興がらみの失言での大臣辞任は、今村雅弘元復興相に続き2人目。

 失言や稚拙な間違いを続けてきた桜田氏が、「一発アウト」の発言で即刻辞任に追い込まれた。岩手出身の高橋氏の会合で東京大会と東日本大震災に触れた際、「世界中の人が日本に来て岩手県にも行く。おもてなしの心で、復興に協力してもらえればありがたい。そして復興以上に大事なのは高橋さんだ」と述べた。

 さらに「いよいよ乾杯の時に(私のあいさつが)追加で、がっかりしているのでは。私も『がっかり』という言葉は禁句。いろいろ言われ、こりごりしている」とも述べた。今年2月、女子水泳の池江璃花子が白血病を公表した際に「がっかり」と発言し批判されたが、自虐的な物言いで反省の色も感じられなかった。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 桜田氏は会合後、記者に発言を問われたが、「そんなこと言っていない」ととぼける始末。官邸も自民党も「守れない」と即断した。政府も東京都も大会組織委員会も、東京大会=復興五輪の立場。場を盛り上げるつもりでも、復興より議員の方が大事と言うような五輪相は、「言語道断」(自民党関係者)だった。

 桜田氏は官邸を訪れ辞表を提出。発言から2時間もたたないスピード受理で、「被災者の気持ちを傷つけるような発言で申し訳ない。撤回では十分ではなく、責任を感じ辞表を出した」と述べた。首相は「被災地の皆様に深くおわびしたい。任命責任は内閣総理大臣の私にある」と語った。後任には、鈴木俊一前五輪相を充てる。

 首相はこれまで、桜田氏が問題発言しても罷免要求を拒否してきた。しかし桜田氏は9日にも石巻市を「いしまきし」と発言。資質のなさは、明らかだった。

問題大臣の「辞任ドミノ」を警戒してきた首相だが、塚田一郎前国交副大臣が「忖度(そんたく)発言」で辞任直後、桜田氏の辞任。ドミノは動き始め、統一地方選や衆院補選、参院選への影響は重大だ。立憲民主党の枝野幸男代表は「桜田氏をかばい続けた首相の責任」と指摘。想定外の桜田政局だ。【中山知子】(日刊スポーツ19年4月10日)』

* * * * *

『首相 桜田氏の辞表受理「任命責任は私に」

 桜田五輪担当相が自らの発言の責任をとって、10日午後、辞表を提出した。安倍首相は辞表を受理