人気ブログランキング |

カテゴリ:民主主義、選挙( 117 )


 台風15号が関東に上陸。東京でもかなりの暴風雨になっています。まだしばらくは、関東・東北の一部に暴風、強雨、高波の影響があるようなので、気をつけてくださいね。ど~しても、という人以外は、ムリに外出しないようにしましょう。(・・)

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【全米テニス女子・・・世界的には無名だった20歳の大坂なおみちゃんが、セリーナ・ウィリアムズに勝って、まさかの全米優勝を果たしてから、もう1年が立っちゃたんですね~。(・・)
 今年の決勝も、まだ世界には知られていない19歳のアンドリースク(加)と今月38歳になるセリーナの戦いに。<アンドリースクは、セリーナが全米で初優勝してから9ヵ月後に生まれたとのこと。>アンドリースクが6-3,7-5で四大大会初優勝を果たした。(*^^)v祝

 アンドリースクは今年1月には100位台だった選手。しかし、この半年でどんどんランキングを上げ、バリパOPに優勝。そこから波に乗って15位で全米に出場。mewは、ベンチッチと戦った全米の準決勝で初めてゆっくりプレーを見たのだけど、170cmとふつ~の身長ながら、全体的にパワフルで、粘り強くつなげ、うまくチャンスをものにして行くという感じ。
 決勝ではアンドリースクが着実にプレーしていたのに対して、セリーナが出だしからダブルフォルト連発でブレイクされるなど、サーブやショットでミスを多発。<何か全英決勝もそうだったけど、
やっぱ体力的に大変なのか、体の動きが重い感じになってしまうのよね。>
 2セットめ1-5になって相手がやや緊張してから、5-5まで追い込んだのは「さすが」だったけど。残念ながら、GS最多優勝(24勝、M・コート)のタイ記録を達成することはできなかった。<出産して38歳になって、GS決勝に出るだけでスゴイんだけどね。(@@)>】

* * * * *


 8日、岩手県の知事選が行なわれ、野党系候補で現職の達増拓也氏(55・立民、国民、共産、社民推薦)が、元県議の及川敦氏(52・自民、公明県本推薦)に圧勝し、4選を果たした。(^^)
 投票率は53・46%(前回は無投票、前々回は59・92%)だった。

<達増拓也(無)40万2803票、及川敦(無)15万5504票>

 達増拓也氏は東大ー外務省出身で、96年に新進党から衆院選に初当選した小沢チルドレンのひとり。岩手1区で4選を果たした後、07年に岩手県知事選に出て当選。
 もともと県民から安定した支持を得ている上、復興への取り組みも評価されていることから、前回は自民党が対立候補を出さず、無投票で3選をしていた。

 今回は4選めなので、多選を批判する声もあったのだが、まだ55歳と若い分、大きなダメージにはならなかった様子。自民党系の候補は、達増氏が中央とのパイプが弱いことを訴えたものの、本人にあまり知名度や売り物がなかったこともあり、勝利には遠く及ばなかったようだ。^^;

* * * * *

 8月末には、埼玉県知事選で野党系候補の大野元裕氏が、自民党系候補の青島健太氏を破って勝利しており、ここで野党系候補が連勝した意味は大きい。(・・)

 このあと10月に参院補選(埼玉)、11月に高知県知事選が予定されているのだが。<安倍首相が11or12月に衆院解散をするという見方も強い。>
 野党側としては、是非、この連勝の勢いを今後の大きな選挙や国会での活動にも活かしたいところ。

 安倍内閣&自民党としては、これ以上、選挙の負けが続いたり、10月の消費税率アップなどによって、安倍内閣の支持率が下がったりした場合、安倍首相の求心力が落ちて、憲法改正の動きも進めにくくなるし、衆院も解散しにくくなると思われ・・・。
 
 次の参院補選(埼玉)では、民主党の衆院議員から埼玉県知事になった上田清司氏が出馬する意向を示しているのだが。上田氏が自民党の二階幹事長とも親しいことから、自民党が連敗を防ぐために、対抗馬を擁立せず、上田氏に乗るのではないかという話まで出ている。(・o・)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『岩手知事に達増氏4選=野党共闘、自民推薦新人破る

 任期満了に伴う岩手県知事選は8日投開票され、無所属現職の達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=が、無所属新人で元県議の及川敦氏(52)=自民推薦=を破り、4選を確実にした。
 
 2015年の前回知事選は達増氏が無投票で当選したため、8年ぶりの選挙戦。今年8月の埼玉県知事選に続き、与党候補と野党統一候補による一騎打ちの構図となった。達増氏が勝利したことで、10月の参院埼玉選挙区補選などに向け、主要野党の共闘にさらに弾みがつきそうだ。

 達増氏は、復興など今後10年間の県政の方向を示した総合計画に基づく公約をアピール。高い知名度や強固な組織力を生かし、大票田の盛岡市や、小沢一郎氏の影響力が強い県南部を中心に幅広く浸透した。連合岩手が推薦したほか、先の参院選で自民公認候補を推した業界団体が相次いで自主投票に回ったことも追い風となった。

 及川氏は公明党県本部の推薦も受け、達増県政と距離を置く県議と連動し、知名度向上に努めた。県南部に独自の地盤を持ち、かつて小沢氏に近かった黄川田徹元衆院議員の支援も受けて巻き返しを図ったが、及ばなかった。(時事通信19年9月8日)』

* * * * *

『岩手知事選、衆院選へ意義ある勝利=国民・玉木氏

 岩手県知事選で主要野党が推薦した現職の達増拓也氏が4選を決めたことについて、国民民主党の玉木雄一郎代表は8日、「震災復興と地域振興を実現してきた『達増県政』を多くの県民が評価した結果だ。次期衆院選で政権交代を目指すわれわれにとっても非常に意義のあるものだ」との談話を発表した。

 玉木氏は「埼玉、岩手両県知事選の勝利を、政権選択選挙となる次期衆院選に結び付けていくためにも、より強固な野党連携を進める」と強調した。(時事通信19年9月8日)』

* * * * * 

 8月に行なわれた埼玉知事選は、最後の2日間で、野党系候補が逆転勝利をしたそうで。自民党としては、かなりダメージが大きかった様子。(関連記事*1)

 安倍首相は今週、内閣と党人事の改造を行なう予定なのだが。二階俊博氏が党TOPの幹事長を続投する可能性が大きいとのこと。
 となれば、二階幹事長としても参院補選には連敗しないように、手立てを講じたいところだろう。(・・)

<ちなみに、大野氏は知事になって、各党県議に挨拶回りをしたのだが。何と自民党の県議は応じなかったらしい。器が小さいのね。(-_-;)>
 
『野党系知事に自民応対せず、埼玉 大野元裕氏が初登庁
 埼玉県知事選(8月25日投開票)で立憲民主党など4野党の支援を受け初当選した大野元裕氏(55)が2日、知事として県庁に初登庁した。県議会の各会派室を訪ねたが、対立候補を推した最大会派の自民党県議団は誰も応対しなかった。大野氏は同日の就任記者会見で「残念だが県議の皆様と真摯に向き合いたい」と話した。自民県議団は大野氏を応援した上田清司前知事とも対立していた。(共同19年9月2日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『今後の焦点は、大野氏の知事選転出に伴う参院埼玉選挙区の補欠選挙(10月27日投開票)への対応に移る。

 「最後の2日でやられた。がっくりきている」

 埼玉県選出の自民党衆院議員は投開票から一夜明けた26日、肩を落とした。先の参院選で、自民、公明両党の埼玉選挙区の得票数は全候補者の半数近くを占めた。その勢いを維持させるべく、知事選では自民党の甘利明選対委員長ら党幹部や菅義偉官房長官ら閣僚も現地入りし支援した。

 ただ、埼玉は立憲民主党の枝野幸男代表(衆院埼玉5区)のおひざ元。主要野党が候補を大野氏に一本化し、現職の上田清司知事も大野氏を後継として支援したことも功を奏した。実際、大野氏は自民党支持層の約3割を取り込んだ。

 参院補選は10月1日の消費税率10%への引き上げ後、初の国政選挙となる。甘利氏は独自候補の擁立を含め「どう対応していくか執行部全体で検討したい」と述べるにとどめた。

 補選に向けて注目されるのは、自民党の二階俊博幹事長の動向だ。二階氏が知事選で前面に出なかったのは、補選出馬が取り沙汰される上田氏の動きを見据えた対応との見方が出ている。大野陣営の関係者は「憲法改正派の上田氏に与野党で相乗りし、国政で協力する余地を残すためではないか」と話す。

 一方、こうした動きを警戒するのは公明党だ。西田実仁(まこと)参院幹事長は、参院選埼玉選挙区で自民党の関口昌一参院議員会長とともに次期改選組だ。仮に自民党が3年後に関口氏と補選候補の2人を擁立すれば、改選4議席をめぐり公明党はこれまで以上に激戦を余儀なくされる。公明党幹部は早くもこう牽制した。

 「3年後に自民が候補を2人出さないことは自公の間の約束。補選の対応を決める上で、この原則は崩せない」(清宮真一)(産経新聞19年8月26日)』

* * * * * 

『気になるのは、自民党の選挙を取り仕切る二階幹事長の動きだが、

「菅さんのほか、自民党は加藤総務会長、岸田政調会長を埼玉に投入して総力戦を展開したのに、肝心の二階さんは情勢悪化を察知してか距離を置き、現場では不満の声があがっていた」

 背後には、二階氏と上田前知事の近さ、仲の良さがあると誰もが見ている。

「上田さんは10月の参院補選に出馬するのが既定路線で、ほぼ当確の情勢。当選後は二階派の特別会員になるとの見方がある。二階さんは大野・上田の連合軍に自公陣営が葬られるのを座視した形ですが、ウラには上田さんとの“友情”があるというわけです」

 選挙戦中、大野選対がれいわ新選組の山本太郎氏に応援演説を頼もうとすると、

「上田さんが猛反対して計画は潰えました。“山本氏に名声アップの場を与えたくない”との判断もあったと言われています。もちろん、れいわと真っ向対立する関係にある自民党への目配せ、そして二階さんへの配慮が働いたと考えられますね」

 老獪な大人たちの世渡り。(「週刊新潮」2019年9月5日号 掲載)』

 上田氏はもともと自民党にいたことがあるし。(ただし衆院初当選は、93年、新生党公認で。)埼玉知事選でも、自民党県連の支持を受けたこともある。
 しかも、二階氏は、近時、元・民主党議員を次々と自民党に引き入れているだけに、上田氏を細野豪志氏と同じように、自分の会派の会員にしたとしても、何の不思議もないのだが。
<上田氏は基本的には保守系で、たぶん改憲もたぶん賛成なので、安倍官邸も文句は言わないかも?(~_~;)>

 ただ、ここまで来て、参院補選で、大事な野党共闘の候補に自民党が乗る(自民党が取り込んで行く?)というのも、釈然としないものがあるわけで。
 野党側には、そこら辺はしっかりと対応して欲しいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-09-09 04:52 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全米テニス・・・錦織圭は、3回戦で38位のデミノー(豪)に2―6、4―6、6―2、3―6で敗れ、昨年の全英から続いていた四大大会連続ベスト8以上の記録が途絶えた。(-_-;)

 デミノーは、大躍進中の20歳の選手(父はウルグアイ人、母はスペイン人)。180cmと錦織と変わらない身長なのだが、ともかく元気に走って、拾いまくり、チャンスを呼び込んで攻めるという・・・つまりは、錦織が20代前半までやっていたようなテニスをする。まだ出来が安定していないのだが、昨日はミスも少なく、自分でも最高に近いプレーができていたかも。<個人的には好きなプレースタイル。ごヒイキだったヒューイットがサポートしている選手だし、今後も注目したい。>
 一方、錦織は、鋭いショットも決まっていたのだが。相変わらずファーストサーブが50%台と不調。しかも、デミノーに粘られて、自分が先にミスするというよくないパターンが続き、自分の力を出せないまま終わってしまった。<ウィナーは錦織36本 デミノー26本。凡ミスが錦織60本、デミノー29本って。(ノ_-。)>
 錦織は、これでファイナルの出場がビミョ~になってしまうので、次の楽天OP以降、頑張って欲しい。 o(^-^)o<ただ、今年の楽天にはジョコがエントリーしているんだよね~。^^;>】

* * * * *

 今日から9月だ~!(・o・)<毎月言ってるけど、今年は月日が立つのが早過ぎる!>

 何か8月はめっちゃ暑くなったり、急に涼しくなったり、地域によっては台風が直撃したり、豪雨が降ったりと天候が不順だったので、生活や健康に影響が出た人も少なくないかも知れないのだけど。体に気をつけて頑張って行きましょう! o(^-^)o
 mewは、できるだけマイペースでやって行きたいと思っています。_(。。)_

* * * * *

 ところで、先月、滝川クリステルさんと軽井沢で結婚式を挙げ、来年1月にはパパになる予定の自民党の小泉進次郎衆院議員が、昨日、地元の後援者の会合で、育児休暇取得の話をしていたという。(・・)

『自民党の小泉進次郎衆院議員(38)は8月31日、記者団に年明けの第1子誕生後、育児休暇の取得を検討していると明らかにした。小泉氏は「率直に考えている。ただ、世の中でお勤めしている方と議員ではベストのあり方、理解が得られる形もきっと変わる。何が良い形なのか、周りの人たちに聞いている」と述べた。(毎日新聞19年8月31日)』

 確かに、国会議員や閣僚と一般の公務員や民間の企業などに務めている人とは、同じように考えられない部分もあるとは思うのだけど。<議員は国民の代表だし、国会開催中に休むことには反対が多そう?・・・進次郎くんの育児休暇の話は、入閣期待へのけんせい球かしら。^^;>

 ただ、たとえば、イギリスでは、ブレア首相やキャメロン首相が育児休暇をとったことから(ウィリアム王子もとってたよね)、育児休暇をとる男性が増えているとのこと。 
 日本でも、有名な政治家が育児休暇を率先してとるようになれば、一般の人たちもとりやすくなるかも知れない。

 実は自民党にも男性、女性議員が、育児休暇に関する議員連盟を作っていて。義務化も含めた法律の制定などについて議論や提案をしているとのこと。
 義務化は、中小の企業には負担が大きいので難しいという声が多いようなのだけど。少しでも休暇をとりやすくなるような環境作りをして欲しいし。せめて、週に1~2日は休めるとか、早く帰れるとかいうシステムを作るなどの工夫をして行かないと、ますます少子化が進むおそれがある。<育児疲れや仕事の問題による母親の心身の負担や病気、虐待、家庭不和なども防げる(++)>

<そう言えば、16年に育児休暇をとりたいと言って注目を浴びていた自民党の男性議員がいたっけ?(・・) ところが彼は、同じく自民議員だった妻が出産のために入院している間に不倫したのが発覚して、休暇どころか議員辞職することになっちゃったのだけど。・・・でも、赤ちゃん誕生後、妻はしばらく議員の仕事を続けていたので、夫が育児に励んでいたらしい。(~_~;)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話は変わって・・・。先週の日曜日には、埼玉県知事選が行なわれ、野党系候補の大野元裕氏が、自民系候補の青島健太氏に勝って、初当選を果たしたのだが・・・。

 来週の日曜日(8日)には、岩手県知事選の投開票が行なわれることに。こちらは、野党系候補で4選を目指す現職の達増拓也氏(55)と、自民党の県議だった及川敦氏(52)の与野党一騎打ちになっている。(**)<「達増」は「たっそ」と読む。>

 岩手県といえば、小沢王国と呼ばれたところ。達増氏は地元出身で、東大→外務省を経て、96年に新進党から出た衆院選に「小沢チルドレン」として、初当選。
 自由党、民主党に移って、衆院1区で4期連続当選した後、07年に岩手知事選に出して、自民系候補に圧勝。知事としても、3期連続当選している。(・・)
<前回は自公候補が急に出馬断念したため、無投票で勝利。>

 岩手県も11年3月の東日本大震災&津波の大きな被害を受けて、県民の救助、生活の確保、復興と大変な課題が続いているのだが。達増知事は、県民の声を重視して、復興計画を進めているようで、そこそこ評価されているようだ。

 これに対して、自民党側は、野党系の知事を攻撃する材料として、中央とのパイプがないことを強調。自民党系候補が当選すれば、政府からさらに復興支援が受けられるかのような言い方をして、少しでも票を増やそうとしている。^^;

『達増氏は盛岡市大通の選挙事務所前で第一声。東日本大震災の復興にオール岩手で取り組んできた実績を強調し、「ハード事業の早期完了、心と体のケアなどのソフト事業は必要な限り継続する。市町村と県が力を合わせ国を動かしていく、そのような岩手の未来を切り開いていこう」と県政の継続を訴えた。

 及川氏は盛岡市中ノ橋通りの選挙事務所前で第一声を上げた。3期12年の達増県政を「国との関係も悪い。市町村とのパイプも詰まっている」と批判。県政を刷新して自らが国とのパイプ役となり、復興事業の予算確保やILC(国際リニアコライダー)の誘致、人口減少対策に取り組む考えを強調した。(産経新聞19年8月23日)

* * * * *

 達増氏は、無所属で出馬しているものの、立民・国民・共産・社民の4党が推薦。<共産党も自主支援?>
 先週は選挙区に推薦する野党4党の党首+小沢一郎氏がそろって応援にやって来た。(・o・)

 7月の参院選の岩手選挙区では、国民党の横沢高徳氏(元パラリンピック選手。車椅子使用)が野党側の統一候補として出馬し、自民党候補に勝利。横沢氏は、今回、達増氏の選挙活動にもずっと付き添って、応援しているという。(・・)

 及川氏も、無所属(自民党推薦)で出馬。公明党の岩手県本部も推薦している。及川氏には、こちらの選挙活動には、以前、小沢氏の側近だった黄川田徹元衆院議員がついているとのこと。<黄川田氏は国民党の候補として、参院選に出る準備もしていたのに。^^;この辺りには、複雑な確執があるのね。>

 ちなみに、及川氏側の『陣営幹部は「国政と首長選では意味合いが全く違う。党首を応援に来させるのはお門違いだ」とけん制』していたそうなのだが。(河北新報8.29)

 埼玉県知事選の時に、自民党候補の応援に(安倍総裁こそ来なかったものの)、菅官房長官、二階幹事長の党首クラスや何人もの閣僚、党幹部など、国政選挙以上とも思えるメンバーが次々と訪れたのを見てていなかったのだろうか?(・・) 
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『<岩手知事選>達増氏陣営「勢いつなげ圧勝」及川氏陣営「国とのパイプを」舌戦火ぶた

 22日に告示された任期満了に伴う岩手県知事選(9月8日投開票)は、野党勢力を束ねる現職に政権与党の威信を懸けて新人が挑む。両陣営の第一声には国会議員や県議選(30日告示、9月8日投開票)の立候補予定者が勢ぞろいし、8年ぶりとなる舌戦の火ぶたが切られた。

 4選を目指す現職達増拓也氏(55)の第一声には、7月の参院選岩手選挙区で勝利した国民民主党の横沢高徳参院議員や立憲民主、国民民主、共産、社民の4党の県議ら約20人が集結した。
 選対本部長は参院選の横沢氏陣営に引き続いて国民民主の木戸口英司参院議員。「『県政を変える』が相手陣営のキャッチコピーだが、変えるべきは暮らしの現場を守ろうとしない国政の流れだ」と切り込んだ。
 街頭演説には横沢氏が張り付き、達増氏が寄り添った参院選の戦いを再現する。横沢氏は「参院選の流れを知事選につなげ、圧勝しなければならない」と拳を突き上げた。

 新人及川敦氏(52)の第一声には自民党や公明党の県議選立候補予定者約20人が参集した。不戦敗で終わった2015年の前回知事選が不完全燃焼だっただけに、自民党は千葉伝県連会長が陣営の総括責任者に就いて士気を鼓舞する。

 「達増知事は信頼できない」とまなじりを決し「国や市町村とのパイプが切れている。これでは震災復興は完遂できない」とボルテージを上げた。
 達増氏の県政運営に批判的な県議らでつくる政治団体「新しい知事をつくる会」会長で元雫石町長の中屋敷十(たてお)氏は「小沢王国は一体、岩手のために何になるのか」。達増県政の実像を見透かしたかのように訴えた。(河北新報19年8月23日)』

『<岩手知事選>野党4党首ら盛岡集結 共闘で連勝期す

 与野党一騎打ちの岩手県知事選(9月8日投開票)で野党4党の代表らが28日、盛岡市に集結した。埼玉県知事選に続く大型地方選挙の連勝を期し、秋の臨時国会に向けて安倍政権との対決姿勢をアピールした。
 4選を目指す現職達増拓也氏(55)の合同街頭演説会で共産の志位和夫委員長は「岩手は野党共闘の源流の一つ。達増氏は縁結びの神」と力を込めた。

 社民の福島瑞穂副党首は「水道事業、漁業権など国会では外資や大企業に何でも売りさばく法律が成立した」と政権を批判。「雨にも負けず、風にも負けず、安倍政権にも負けず」と拳を振り上げた。
 衆参両院で統一会派を結成する立憲民主の枝野幸男代表と国民民主の玉木雄一郎代表も登壇した。国民民主の小沢一郎衆院議員(岩手3区)は「埼玉、岩手と続けざまに勝利すれば、安倍政権に大きな影響を与える」と話した。

 これに対し、政権与党が支援する新人の元県議及川敦氏(52)の陣営幹部は「国政と首長選では意味合いが全く違う。党首を応援に来させるのはお門違いだ」とけん制した。(河北新報19年8月29日)』

* * * * *

 福島瑞穂氏の言葉をいただいて、「雨にも負けず、安倍にも負けず」はいいかも。(・・)

 野党共闘の候補が埼玉、岩手の県知事選で続けざまに勝利すれば(&岩手県内で見れば、野党共闘の候補が参院選、知事選と勝利すれば)、野党側の共闘モードはもっと強くなると思うし。
 安倍自民党には、それなりにダメージを与えることにつながるし。<憲法改正への動きにも影響を与えるかも?>

 岩手知事選でも、野党候補にしっかりと勝って欲しいな~と心から願っているmewなのだった。(@@)
 
p.s. ちなみに、県議会内では岩手競馬廃止を求める声もあったのだが。達増氏は廃止に慎重な立場。07年に達増氏が知事になってから、おかげさまで、盛岡・水沢競馬とも存続している。達増知事は、今年4月の開幕式も、競馬場に来て挨拶してくれていた。感謝!"^_^">

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-09-01 03:03 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【テニス全米OP、いよいよ開幕です。(@@)
 男子は、第7シードの錦織圭が27日0時から予選勝者と1回戦を戦うことに。錦織は肘の状態は万全ではないものの、呼吸の方はよくなったようで、昨日はジョコと実戦形式の練習をしていた。
 前大会でマスターズベス8にはいり、59位にまで上がった西岡良仁は、4時半(予定)から155位のギロン(米)と対戦する。
 女子は、前年優勝の大坂なおみが2日めに登場。そして復調して来た110位の土居美咲が27日10時(予定)から第10シードのキーズに挑む。みんな、ガンバ! o(^-^)o

 何やかんやで、世界バドミントンもかなり観てしまった。^^;<先に言えば、出場した種目全てでメダルを獲得。(*^^)v祝>
 男子単は桃田賢斗が圧勝で2連覇。女子複の決勝は日本ペア同士の対戦に。観ていて本当に苦しくなる感じの息詰まるような熱戦だったのだが。第1シードの永原和可那・松本麻佑組が第2シードの福島由紀・広田彩花組を振り切って、こちらも2連覇を果たした。<福島・広田組の粘りがスゴかったし。素晴らしいプレーの連続で、現地スイスの観客も魅了されて、心から拍手、応援している感じがした。>
 男子複の保木卓朗・小林優吾組は、決勝で既に2連覇しているベテラン・ペアに負けて準優勝。混合複の渡辺勇大、東野有紗組はベスト4にはいり、銅メダルを獲得した。"^_^"

 女子単は、奥原希望が2年前の決勝で勝ったプサルラ(インド)と対戦。奥原は復調モードにあったのだけど、激戦だった準決勝の疲れが残ってたのか、今回はプサルラに負け、準優勝に終わった。
 前も書いたかも知れないが、実は、プサルラもチョット好き。177cmの長身で、あまりに手足が長いので、却って前方や体に近いショットはとりにくいんじゃないかと思うほど。世界選手権も五輪で準優勝が3回続いていたのだが、ようやく金メダルを手にした。(^^)祝(彼女はユニフォームのロゴやCMなどで6億円稼いでいるらしい。^^;)】

~ * ~ * ~ * ~ * ~ 


 25日、埼玉県知事選の投開票が行なわれ、野党系候補の大野元裕氏(55・立国社の県連が支持、共も支援)が、与党系候補の青島健太氏(61)=自民、公明推薦=ら新人4人を破り、初当選を果たした。(*^^)v祝(関連記事*1に)

 尚、知事選の投票率が3回連続で20%台だったことから、埼玉県が映画化されて話題になった漫画「翔んで、埼玉」とコラボする形で、ポスターや動画を使い、知事選の投票を懸命にPRしていたのだが。何と投票率が、32.31%にまでアップしたという。(^^)

<大野元裕 923,482票、青島健太 866,021票、浜田聡 64,182票、武田信弘 40,631票、櫻井志津江 34,768票。・・・浜田はN国党、他は無所属。>

 正直なところ、この大野氏の勝利は、野党側にとってかなり大きいし。逆に、自民党にとって、かなり痛いのではないかと思う。(++)

 この知事選は、参院選が終わって最初の大きな選挙。この後、9月に岩手県知事選、10月に参院の埼玉補選があるし。(年内に衆院選があるかも知れないし。)
 特に安倍内閣は、秋の臨時国会で憲法改正への具体的な動きを進めようと考えていただけに、ここはきっちり勝っておきたかったことだろう。(~_~;)

『自公両党にとって同知事選は16年ぶりの県政奪還が懸かる。9月には与党推薦の新人が現職に挑む岩手県知事選が控えるが苦戦が予想されるため、埼玉に続き連敗となれば首相の求心力に響く可能性がある。
 補選の結果は、与党に日本維新の会などを加えた「改憲勢力」が参院で3分の2を割る状況で、憲法論議の行方を占うことにもなる。自民党の閣僚経験者は「勝って弾みを付けたい」と語った。(時事通信19年8月21日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 それもあって、菅官房長官は先月の青島氏の決起大会に出席したのをはじめ、複数回、現地入りしたとのこと。他にも二階幹事長、茂木経済再生担当相、加藤総務会長、甘利選対委員長、三原じゅん子氏など次々と閣僚や党幹部が応援にはいり、かなり力を入れていたのであるが。あまり功を奏さなかったようだ。^^;

<最近、性格が悪くなっているmewは、安倍首相の盟友や側近が何人も応援にはいって負けたので、尚更に嬉しかったりして。^^; そう言えば、小泉進次郎くんの名を見なかったけど、行かなかったのかな~。(・・)>

 青島氏は、全く政治家としての経験、実績がないことに加え、独自の具体的な政策もあまりなかったようで、「政府とのパイプ」や「強靭な県土作り」などをアピールしていたことが、却ってマイナスに働いた可能性があるようにも思う。

 青島氏の政策や実行力より、国の政策やバックアップを前面に出したことで、却って野党側から「誰かのあやつり人形のような知事では、その力を発揮できない。強いリーダーシップのある人に埼玉に眠っている潜在力をさらに引き出していける」「政策に精通している知事が必要だ」と批判を受けることにもつながったし。

 また、埼玉の県民のうち、市街地に住む人たちは、他県のように、政府の力や補助金によるインフラ整備や箱ものなどはあまり求めておらず。むしろ自治体による子育てや教育、医療、高齢者の福祉、安全確保など生活に密着した施策を重視しているように思われ・・・。

 選挙前から、青島氏の方がリードしているという情報もあったのだが。自民党は、この知事選の戦い方を間違えたかも知れない。(~_~;)

<あと自民党は青島健太氏の知名度にも期待したようだけど。野球やスポーツ報道が好きな人以外は、青島氏のことはあまり知らないかも。(ヤクルトにも3年しかいなかったのね。)mew周辺の若年層や女性はひとりも知らなかった。^^;>

* * * * *

 その点、大野氏は、上田県政を継承して「一部の人や政党のためではない『県民のための政治』を目指す」ことを最大の公約にしていて。自分が外務省の官僚や国会議員、防衛政務官として、危機管理やテロ対策を担って来たことなどもしっかり例に挙げて、「皆さんの愛する人の命を責任を持って守りたい。そういう態勢をつくりたい」とアピール。
 既に参院で2回、当選しているだけに、選挙活動も慣れているし。訴えも伝わりやすかったようだ。(・・)

『25日投開票の埼玉県知事選で、毎日新聞社は共同通信社など2社と合同で出口調査を実施し、2449人から回答を得た。
 それによると、支持政党別で、無所属新人の元参院議員、大野元裕氏(55)は支援を受けた▽立憲民主、共産支持層の8割▽国民民主の7割▽社民の6割――を固めたほか、自民の3割▽公明の2割――と保守層にも食い込み、無党派層からも6割の支持を集めた。
 無所属新人のスポーツライター、青島健太氏(61)は推薦を受けた自民、公明支持層の7割をまとめ、日本維新の会の6割の支持も集めたが、無党派層は3割にとどまった。
 投票基準別では、大野氏に投票した人の6割が「政策・公約」を基準に投票していた。(毎日新聞19年8月25日)』

<投票率がちょこっとアップした分、無党派層の投票が増えたのかも知れませんね~。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 今回の埼玉知事選に関しては、mew的に腑に落ちない部分が残っている。(@@)

 実は、この知事選には、元・希望の党(超保守派が継承した政党)の参院議員・行田邦子氏(53)が早くから出馬する意向を表明し、ずっと選挙のための活動も行なっていたのだ。

 ところが8日の告示日を目前に控えて、熱中症のため体調不良になり入院したというニュースが。『陣営は6日、拡大選対会議を開き、本人が体調不良で入院したため、出馬の取りやめを決めた。陣営幹部によると、6日午後に入院して面会できない状態といい、仮に本人が望んでも出馬を辞退させるという』との報道がなされたのである。^^;(日刊スポーツ8月6日)

 邪推っ子のmewは、行田氏が保守系の議員だったこともあり、すぐに「もしかして官邸か自民党が、青島を有利に導くために、出馬を辞退させたのでは?」と言ったりしていたのだけど。
 行田氏の周辺では逆に上田知事と取引があったという話が流されていたようで、16日にフェイスブックに青島健太氏に投票すると自らが語る動画を載せたのである。(・o・)

『行田邦子氏(53)が、現在の心境などについて、自身のフェイスブックにメッセージ動画を掲載した。「1人の県民として投票に行き、私自身の県政運営のスタンスと最も近いので、青島健太氏に投票する」と語った。関係者によると、動画は入院先の病室で撮影され、16日夜に発信。退院時期は未定ながら容体は快方に向かっているという。「1人の県民として投票に行き、私自身の県政運営のスタンスと最も近いので、青島健太氏に投票する」(略)
 
 取りやめを巡っては「大野氏を支援する上田知事との裏取り引きをうわさされ、驚いている。心外だ」と否定。その上で「これからは1人の県民として過ごしていく」と、政界引退とも取れる発言もあった。(埼玉新聞19年8月16日)』
 
 日刊ゲンダイ20日の『与野党接戦の埼玉知事選 菅長官がなりふり構わぬ大号令』という記事の中には、こんな話が出ていた。

『「青島氏がトリプルスコアの圧勝とされてきたのに、告示後のマスコミ各社や陣営の情勢調査では僅差か横並びまで追い上げられている。そうしたら16日、告示直前に立候補を取りやめた前参院議員の行田邦子氏が自身のフェイスブックで『青島氏に投票する』と表明したのです。自公が行田氏となんらかの密約を結んだのではないか、と囁かれています」(地元記者)

 これに絡んでいぶかしがられているのが、17日の読売新聞の埼玉県内版の紙面だという。「自公に危機感」という知事選連載の横に「行田氏が青島氏に投票」という記事が並んでいるのだが、その下に紙面の3分の1のスペースを取ってデカデカと掲載されているのは「首都圏知事、官房長官来る!」という青島陣営の広告。「まるで計ったかのよう」(前出の地元記者)な周到さなのである。』

 ・・・な~んか、変でしょ? (-"-)

 菅長官は、昨年、沖縄の知事選でも何度も現地入りしたのだけど。結局、自民候補が負けたし。 今年の参院選では、陸上イージス配備が争点になったこともあって、出身地の秋田に3回も現地応援に行ったのに、こちらも自民候補が負けてしまって、配備でもめそうな感じだし。<あとそのうち取り上げるつもりなのだが、、菅氏の地元・横浜市のカジノ誘致も、スムーズに行くかビミョ~。>
 何だかだんだん菅長官の力も衰えて来ているような感じもあったりして。(~_~;)

 他方、野党側にとって、大野氏の当選は、参院選後ウダウダしていた中で、かなり明るいニュースだったのではないかと思うし。<埼玉は立民の枝野代表のお膝元で、こちらも2回(3回?)応援にはいったので、とりあえず面目も立つしね。(・・)>この勝利で、今後の選挙や国会活動に弾みがつくといいな~と、心から願っているmewなのである。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"




More
by mew-run7 | 2019-08-26 05:03 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【今年は不覚にも、事前に広報活動をし損なってしまったのだが。(-_-;)19日、ばんえい競馬(帯広)で、夏の恒例イベント「JRAジョッキーDAY 2019」が行なわれた。古くからお馴染みの勝浦、松岡に加えて、荻野、丹内、黛、菱田、国分(恭)、横山(武)、そして、おそらく競馬ファンには嬉しいことに藤田菜七子が2回めの参戦。体調不良で横山(和)が来られず、代わりにノリが来場したのもサプライズだった。<サダマサも妙にはしゃいでいた?^^;>
 レースは、荻野が昨年に続き2連覇。ばんえいレースの売り上げも、通常時に比べてかなりよかったと思われ・・・。<オッズの下に出る売り上げ票数の数字がいつもよりずっと多かったもん。>JRAの騎手には「有難う&来年もよろしくね」と伝えたい。(^^)/

 ちなみに、来週の24,25日にはJRAの札幌競馬場で、WASJ(ワールド・オール・スター・ジョッキーズ)が行なわれるのだが。JRAからは戸崎、三浦、浜中、ルメール、川田のほか、ユタカと菜七子ちゃんも参戦。<福永は補欠ね。(~_~;)>そして地方競馬からは兵庫の吉村智洋、さらに大井の的場文男さまが「顕著な活躍」をした騎手枠で出場する。(@@)
 的場さまが緊張せずにいい騎乗ができることを心から祈っているです。(-人-)吉村と2人でガンバ。 o(^-^)o】

* * * * *

 ところで、今週25日には、埼玉知事選が投開票される。(・・)

 埼玉と言えば、今年2月、埼玉県をディスりまくった「翔んで埼玉」なる映画が大ヒットして注目されたのであるが。
 知事選に関しても、不名誉な注目ネタある。埼玉県知事選は過去3回、何と投票率が20%台。全国の過去の知事選における最低投票率ランキングでも、2011年の24.89%がワースト1位、2015年の26・63%が3位、)、2007年の27・67%が5位にはいっているのである。_(。。)_
<それ以前も衆院選投票日の重なった日を除けば、20、30%台なのよね~。(~_~;)>

 それゆえ、埼玉県の選挙管理委員会としては、何とか今回は少しでも投票率を上げようと、映画の原作となった魔夜峰央さんの漫画「翔んで埼玉」とコラボしたポスターを作成。<魔夜峰央さんはパタリロでも有名。>
 映画のCMでもお馴染みになった名ゼリフ「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」をアレンジして「埼玉県民には…!投票に行かせておけ!!」と記したポスターを作成し、投票を呼びかけている。(・o・) <ポスターの写真・・・https://this.kiji.is/535198611114525793?c=39546741839462401>

 尚、選挙啓発動画も「無関心は、ださいたま!」、「「海は無い…空港も無い…だが選挙権はある!」と自虐路線を展開しているという。^^;

* * * * *

 ただ、もしかしたら今年は、チョット投票率が上がる要素があるのだ。(**)

 埼玉県知事選の近年の投票率が低い理由として、住居は埼玉にあるものの、通学先や勤務地などは東京という、いわゆる「埼玉都民」が多いので、埼玉県政に関心がある人が少ないということもあるのだが。
 もう一つ、ここ3回の知事選は、最初から現職の上田知事が圧勝すると見られていたため、投票に行く気が起きなかったということも挙げられて来た。(~_~;)

 ところが、今年6月、2003年から4選連続当選をし、16年間、知事を務めた上田清司氏(71)が、今年6月に、ついに今度の知事選には出ずに、勇退する意思を表明。
 そのため、今回の選挙は、自公与党の候補と野党側の候補が実質的に一騎打ちの戦いとなり、かなり激しい攻防を繰り広げているため、県民の関心も少しアップしているようなのだ。(++)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ちなみに、上田清司知事は、元・民主党の衆院議員。まあ、もともと自民、新進党などに所属していた保守タカ派で、07,11年は自民県連も応援に回っていたのだけど。13年には自民党候補に勝利。ところが、埼玉県議会は、自民党議員が多数のため、ねじれ状態になっていた。
 ついでに言えば、埼玉県は、立民党の枝野代表の地元でもある。(・・)

 そこで、自民党としては、埼玉で16年ぶりの同党推薦候補を当選をさせて、年内に行なわれる衆院補選、そして次の衆院選の勢いアップ(+立民弱体化?)にもつなげようと、かなり前から準備をしていた様子。そして、元プロ野球(ヤクルト)の選手でスポーツ・ライターの青島健太氏を擁立して来たのだ。(・o・)

 一方、野党側からは、元外務省官僚&国民党の参院議員・大野元裕氏が出馬。現職の上田知事も大野氏を支持。また国民、立民、社民の県連が支持(共産は自主支援)する形で、共闘体制を組んで応援している。(++)

 他にN国党の浜田聡氏、無所属の武田信弘氏、櫻井志津江氏が立候補しているが、実質的には青島氏と大野氏の与野党候補の一騎打ちの情勢だ。(@@)

<尚、希望の党の参院議員だった行田邦子氏も出馬予定だったのだが。告示日直前に体調を崩して入院し、立候補を断念。入院先から動画で、青島氏の支持を発表した。>

* * * * *

 青島健太氏(61)は、これまで政治家としての経験は全くないのであるが。新潟出身ではあるものの、6歳の時から埼玉県草加市で育っていることや、知名度や好感度がそれなりに高いことから候補者として選定されたとのこと。^^;<菅長官ラインが選んだ感じがある。>
 自民党は早速、菅官房長官をはじめ、閣僚級の議員を次々と送って、国政選挙並みの応援を行なっている。(・・)

 大野元裕氏(55)は、埼玉県川口市生まれ(祖父が元・川口市長)。元外務省官僚で、10,16年の参院選で埼玉選挙区から当選。
 中東情勢や防衛関係に詳しいので、国会議員の方が向いているような気もしていたのだが。前回の知事選の時にも出馬候補に名が挙がっており、県内ではそれなりに知名度や期待もあるようだ。
 こちらは17日には国民の玉木代表と立民の枝野代表がそろって応援演説を行なったという。(**)

 メディアの情勢調査によれば、「接戦」となっているものが多いようだ。<一個だけ「青島リード」になっていた。>
 そして、野党候補が勝てるかどうかは、やはり投票率が上がるかどうかが鍵になるだろう。(++)

* * * * *

『深刻な低投票率アップなるか「翔んで埼玉」とコラボ

 埼玉県知事選(25日投開票)は18日、選挙戦のラストサンデーを迎えた。自民、公明両党が推薦する元プロ野球選手でスポーツライター青島健太氏(61)と、立憲民主党など4野党が支援する元参院議員、大野元裕氏(55)の事実上の一騎打ち。 自民党と対立を続けた4期目の上田清司知事の退任に伴う選挙戦は、16年ぶりに新人同士の激突。政権与党と野党の幹部が埼玉で舌戦を展開し、国政選挙並みの戦いとなっている。

   ◇   ◇   ◇

 埼玉県知事選は07年以降、ここ3回の投票率が20%台と、深刻な低さとなっている。そこで県選挙管理委員会は、映画化もされて大ヒットした人気漫画「翔んで埼玉」とコラボレーション。作品の主人公が「埼玉県民には…!投票に行かせておけ…!!」と叫ぶチラシのほか、登場人物が「海はない…空港もない…だが選挙権はある!」などと訴える動画も作成。「埼玉!?あの知事選投票率前回26・63%の!?」など、自虐感も満載だ。作品の人気に乗って、投票率も翔んで…となるか?(日刊スポーツ19年8月8日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   

『朝霞市の青島氏の遊説には、告示前に続き菅義偉官房長官が入った。ヤクルトで活躍した青島氏が、慶大野球部主将だった経緯に触れて「当時から常にまとめ役だったそうだ。順風満帆ではなかったが、人間力で道を切り開いてきた」と紹介。青島氏は「国とのパイプを生かし、骨太の埼玉をダイナミックにつくっていきたい」と訴えた。菅氏以外にも、閣僚や自民党幹部が日替わりで応援。20年東京大会での連携を見据え、鈴木俊一五輪相も応援に駆けつけている。

 一方、大野氏は三郷市などで集会を開催。同県川口市長だった祖父に学んだ「政治家の覚悟」や、防衛政務官も務めた9年の国会議員時代を振り返り「経験をフル活用しないと、問題山積の埼玉では対応できない」と、政治経験のない青島氏との差を訴えた。17日には埼玉が地元の立民、枝野幸男代表や、国民民主党の玉木雄一郎代表が共闘応援し「だれかの操り人形のリーダーではだめだ」(枝野氏)と、青島氏を批判。大野氏を後継とする上田知事も「知名度だけなら、長嶋茂雄さんに知事になってもらうしかない。知名度か政策かの戦いだ」と訴えた。

 結果は安倍政権VS野党の攻防にも影響する。ここにきて、告示直前に出馬を取りやめた元参院議員の行田邦子氏(53)が16日、自身のSNSに投稿した動画で青島氏支持を宣言。波紋を広げている。【中山知子】(日刊スポーツ19年8月19日)』

* * * * *

『自民党が25日投開票の埼玉県知事選で党幹部や閣僚を相次いで投入し、攻勢を強めている。事実上の与野党候補一騎打ちの構図となっており、19日は加藤勝信総務会長と茂木敏充経済再生担当相が自民、公明両党推薦の新人候補の応援演説に奔走した。自民が総力を挙げる背景には、16年ぶりの県政奪還をてこに、10月に控える参院埼玉選挙区補欠選挙の勝利につなげたい狙いもある。(略)
 自民は新人を全面支援している。8日の告示前から二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長が相次いで埼玉入り。菅義偉官房長官は7月30日に続き、今月18日にも朝霞、川越両市内で支持を呼びかけた。(産経新聞19年8月19日)<三原じゅん子氏も行ったって。進次郎くんも行くかな?>

『立憲民主党の枝野幸男代表(衆院埼玉5区)と国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、埼玉県さいたま市大宮区のJR大宮駅西口で、両党県連が支持する知事選候補者の応援演説を行い、「1票1票を積み重ね、埼玉の未来を切り開こう」「厳しい選挙戦。ここからが勝負。皆さんの力を結集しよう」と支持の拡大を求めた。上田清司知事もマイクを握った。

 枝野氏は「埼玉には力がある。経済も暮らしももっともっと伸びていく。見識と政策力と持って、リーダーシップを発揮することで、埼玉に眠っている大きな潜在力を発揮できる。(候補者の)リーダーシップと政策力があれば、埼玉の未来は安心だと思っている」と呼び掛けた。

 玉木氏は「上田知事も国会では税金の使い道に厳しかった。その上田知事になって埼玉は本当によくなった。大事なのは税金を払っている人の立場で一生懸命仕事をする知事じゃないだろうか」と声を大にした。(埼玉新聞19年8月18日)』

* * * * *

 先日の参院選では、「自公与党vs.野党共闘」の対決と見られていたのだが、立民党が議席を増やしたものの、各党とも票数が伸びず、勝ち負けがつかずという感じに。<結局、票数を稼いだ勝ち組は、れいわとN国党ね。^^;>

 今回は参院選後、初の大きな選挙となるので、大野氏自身がどこまで頑張れるか、また野党側がどこまで協力して後押しできるか、今後の野党共闘への期待も込めて見守っているmewなのである。(@@)

 THANKS



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-08-20 05:05 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【参院選当日。自民党本部で、インタビューに答える安倍首相らの後ろに置かれたパネルの文字を見て、「性質(たち)の悪い冗談を・・・」とぼやかざるを得なかった。_(。。)_

 だって、パネル一面に「自民党---政治は 国民のもの」って書いてあるんですもの~。 <はあ?(゚Д゚)>】

* * * * *

 さて、昨日の記事でも触れたように、今回の参院選の最終的な投票率は48.80%で、戦後史上2番めに低い投票率だったという。(-"-)

<特に16年から新たに選挙権を得た18,19歳の投票率は31%台とトンデモ低かった。過去の統計では、20代もここ20年にわたって、30%台で推移。30代も40%台で、全体の投票率よりは低い。^^;>

 mewは、先週の記事にこんなことを書いたのだけど。<『佑月も憂う参院選の盛り上がり、メディアの扱いの少なさ+自民・石崎の秘書、暴力受けて被害届』>

『NHKを含む在京地上波テレビ6局の参院選関連の放送時間が、前回2013年より3割近く減ったと。しかも、情報・ワイドショー系番組の減り幅は大きく、民放は6割減だったという話だ。(-"-)

 でも、もしかしたら、今回は2016年の参院選よりも、も~っと減っているかも知れない。(@@)<先週は、ジャニーズ社長の他界、タレントによる葬儀とかもあったしな~。^^;>』

 実際のところ、朝日新聞によれば、やはり選挙に関する放送時間は、前回より減っていた様子。しかも、「ニュース/報道」番組の減少が顕著で、前回から約3割減、民放だけなら約4割減っているという。(ノ_-。)

『「視聴率取れない」参院選、TV低調 0分の情報番組も

 参議院選挙のテレビ報道が低調だ。選挙自体が盛り上がらず、高視聴率を見込めないためと関係者はみるが、そんな常識を覆す現象も起きている。

 テレビ番組を調査・分析するエム・データ社(東京都港区)によると、地上波のNHK(総合、Eテレ)と在京民放5社の、公示日から15日までの12日間で選挙に関する放送時間は計23時間54分で、前回に比べ6時間43分減っている。とりわけ「ニュース/報道」番組の減少が顕著で、前回から約3割減、民放だけなら約4割減っている。

 公示日のテレビを見ると、NHK「ニュースウオッチ9」がトップで伝えたり、TBS系「NEWS23」と日本テレビ系「news zero」が党首討論を行ったり、午後9時以降の主な報道番組六つすべてが選挙にふれたが、翌日は六つとも報じなかった。その後も、番組によって、放送しない日があった。

 「情報/ワイドショー」は、前回より放送時間が増えたが、フジテレビ系「とくダネ!」やTBS系「ビビット」、日本テレビ系「スッキリ」など、公示日から15日まで選挙企画が全くないところも。(以下、有料・・・朝日新聞19年7月19日)』

<7月9日にジャニー社長の他界。その後、しばらくは所属タレントによる弔意コメントや葬儀の話がずっと取り上げられていたし。6月から「よしもと・宮迫らの闇営業問題」が騒がれていて、何と参院選前日には、宮迫と亮の会見が行なわれてしまったし。先週には京都アニメのスタジオの放火事件もあったし。
 芸能ネタに関しては、ワイド・ショーがそちらの方に時間をとられるのは致し方ない部分もあるとは思うけど。(正直、mewもこの2つには関心があったしね。^^;)NHKを含め、ニュース報道番組までが長々と取り上げていたのは、疑問だった。(-_-;)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 このような、TVメディアの状況を憂慮してか、TBS系「あさチャン!」の司会を務める夏目三久さんが、昨日の放送で、吉本の問題や参院選の報道の仕方について、持論を述べたという。(@@)

「この吉本の問題をめぐっては、先週からお伝えしてきましたが、同時に参議院選挙が行われていて、参議院選挙の投票率が過去2番目に低かったということもありました。」

「日本の未来を背負う子どもたちが政治に関心を失っているというのは、大いに私たちの報道の仕方に問題があると思っていますし、私もこの後スタッフとしっかり話していきたいと思っています」

 よくぞ言ってくれた、と思う。(^^)

* * * * *

『生放送で吉本・参院報道に異論 夏目三久「そもそも検証すべきは...」

7/24(水) J-CASTニュース

 「由々しき事態だと思う」。フリーアナウンサーの夏目三久さんが2019年7月24日朝放送の報道番組「あさチャン!」(TBS系)で、参議院議員選挙の10代の低投票率をめぐって、闇営業に端を発する吉本興業の問題に割く時間の長さに触れながら、「報道の在り方」に苦言を呈した。

 連日報じられる吉本の問題。番組ではこの日も、所属タレントの加藤浩次さんが大﨑洋会長に体制変更を求め、退社覚悟で直談判したことを繰り返し報道した。夏目アナの発言はその中で飛び出した。

■「私もこの後スタッフとしっかり話していきたい」

 番組が始まって1時間半が経った朝7時すぎ、夏目アナは自らにも言い聞かせるように口を開いた。

  「この問題については吉本興業内部、加藤さんと会社の問題ですから、私たちが何かを言及するというのは少しお門違いなような気がしますが」

 それでも「スポーツ新聞で今朝、いろいろと言及されていましたので、そちらをご紹介したいと思います」として、スポーツ紙各紙の記事を取り上げながら解説。だがその後、ギャラ配分の低さなどについての所属芸人のコメントをまとめたVTR明け、夏目アナはもう一度自戒を込めるように発言した。

  「そもそも検証すべきは吉本興業と反社会的勢力とのつながり、芸人さんと反社会的勢力とのつながりで、これについて検証がなされるべきだと思うのですが、私たちは今日、長い時間を使って芸人さんと吉本興業の労働環境についてお伝えしてきましたが、これについてさまざまなご意見があると思いますし、批判もあると思います」

 一呼吸置き、わずかに首をかしげる仕草を見せると突如、22日に投開票された参院選を引き合いに出した。

  「この吉本の問題をめぐっては、先週からお伝えしてきましたが、同時に参議院選挙が行われていて、参議院選挙の投票率が過去2番目に低かったということもありました。今日新たに分かったのは18~19歳の投票率が31%あまり。これは前回の参院選より14ポイントも低いということで、由々しき事態だと思うんですよね。日本の未来を背負う子どもたちが政治に関心を失っているというのは、大いに私たちの報道の仕方に問題があると思っていますし、私もこの後スタッフとしっかり話していきたいと思っています」

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

「報道の携わる人の小さな良心」

 選挙権年齢が18歳に引き下げられてから初めての国政選挙となったのが16年参院選。総務省の発表によると、18~19歳の参院選投票率は16年が46.78%、19年(速報値)が31.33%だった。有権者全体の投票率も16年の54.70%から19年は48.80%に低下したが、下がり幅は10代のほうが大きい。

 入江慎也さんが仲介役となって芸人らが反社会勢力に闇営業をしていた問題は収束の気配が見えず、参院選中も連日報道。多額のギャラを受け取っていた宮迫博之さんと田村亮さんが会見を開いて大きく注目されたのが投開票前日の20日で、投開票日の21日も関心は続いた。22日には吉本の岡本昭彦社長が5時間半にわたる会見を開いたことでやはり注目され、参院選の結果と並んで大々的に報道されている。

 今回の参院選の投票率は全年齢で見ても1995年に次いで過去2番目の低さとなった。夏目アナの問題提起はツイッター上でも反響が相次ぎ、

  「かなり覚悟を決めて話している」
  「よく言った!支持します!」
  「夏目アナ。私もそう思うよ!若者に選挙に興味を持てる報道を!」
  「夏目三久アナ、吉本の騒動に選挙の話が隠れてるのを心苦しく思うこと、そっちのが大事だと思う気持ちを可能な範囲で一生懸命自分の言葉で話した印象。報道の携わる人の小さな良心。がんばって」
  「夏目さんが静かに怒りながら『こんなことを長々放送している場合じゃない』旨のコメントしててうるっときてしまった......仕事に真摯なひとなんだなぁ...」

などといった声が寄せられている。一方で「勇気ある発言。よく言ったと思うけどその後も政治家のスキャンダル報じてたし、視聴率取ろうと煽るような内容ばかり。このままでは変わらんぜよ...」と冷静な反応もある。

 参院選報道と吉本興業問題をめぐっては、平井卓也IT担当相(科学技術、クールジャパン、知的財産、宇宙政策)も言及したことを朝日新聞が23日に報じている。同日の閣議後会見で「(編注:選挙戦の)後半は京都(アニメーション)の火災や吉本興業に取られてしまって、(参院選の)テレビ報道が極端に少なかった」とし、自身の地元でも投票率が低かったことなどを引き合いに「投票率の低下に関しては、大変心配をしている」と述べたという。』

* * * * *

 いつか機会があったら、ゆっくり書きたいのだが。10代の子供や若者たちが、今、TVのニュースに触れる時間があるとしたら、おそらく朝、学校に出かける前ぐらいだろう。<夜のニュースを見る人は極めて少ないと思う。>

 すごく昔は、朝は「NHKの7時のニュースを見ながら朝食」なんて家もかなりあったように思うし。
 また、80年代後半ぐらいからは、テレ朝系の「やじ馬新聞」に代表されるように、朝のワイド・ショーで、各局が重要なニュースを取り上げて解説する時間を設けていたので、10~20代の若者も、大事な事項や問題は何となく目や耳にする機会があったのだけど・・・。

 いまや、朝の番組も、政治や社会のニュースはちょっとだけしか扱わず。エンタメ、スポーツ、グルメ、占いなどなどの方を多く扱うところが増えているわけで。<新聞をとってない家も増えているし。若者はネットでは興味ある分野のニュースしか見ないし。>

 このような状況が続けば、政治や社会のニュースや問題に関心のない人がどんどん増えて行くのが目に見えているだけに、もっと多くの人が夏目三久さんのように危機感を抱いて、早急に対策を講じる必要があるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-07-25 05:18 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 今回は、参院選の投票率(10代が特に低い!)、れいわなど新党も含む政党交付金の額、そして、ちょっとアブナそうなNHKから国民を守る党の話を。

 まず、最終的な全体の投票率は48.80%で、戦後史上2番めに低い投票率だったとのこと。
 特に16年から新たに選挙権を得た18,19歳の投票率は31%台とトンデモ低かったという。(-_-;)

『総務省は22日午前、第25回参院選の投票率(選挙区選)が48・80%で確定し、前回2016年参院選の54・70%を5・90ポイント下回ったと発表した。衆院選を含め、全国規模の国政選として過去最低だった1995年の参院選(44・52%)以来24年ぶりに50%を割り、同年に次ぐ低投票率となった。
 男性の投票率は49・42%で16年参院選より5・71ポイント低く、女性の投票率も48・22%で6・08ポイント低かった。(読売新聞19年7月22日)』

『総務省は23日、参院選での18、19歳の投票率(選挙区=速報値)が31.33%だったと発表した。全体の投票率48.80%を17.47ポイント下回った。選挙権年齢が初めて18歳以上に引き下げられた前回の2016年参院選と比べても、14.12ポイントの大幅減となった。
 年齢別の内訳は、18歳が34.68%(男性33.38%、女性36.07%)、19歳が28.05%(男性26.79%、女性29.43%)。19歳はわずか2割台にとどまった。男女別ではいずれも女性の方が高い。<時事通信19年7月23日)』

 mewはもともと18歳から選挙権を与えることには反対だったのだけど。安倍自民党は、若い人ほど安倍自民や憲法改正に賛成してくれると期待して決めちゃったからな~。(-_-;)
 ただ、有権者全体の投票率も低下しているわけで。チョット考えないといけないかもですね~。(・・)
 
* * * * *

 次に、22日の記事に「追記」の形で書いたのだが。社民党が比例2%以上(ギリの2.1%ね)をとって、政党要件を維持。(^^)
 また、今回の選挙で、れいわ新選組とNHKから国民を守る党(N国党)が政党要件を満たし、参議院で新たな政党として活動できるようになった。(++)

<尚、比例選では、れいわの山本太郎氏が全候補者で最多となる99万2267票の個人名票を得たものの落選。01年現行制度になってからの、落選者の最高得票記録を更新した。

 過去最高は、0年参院選で浮島智子氏(公明党)が得た44万5068票。また、今回の当選者で個人得票が最も少なかったのは公明党の塩田博昭氏の1万5178票で、当選者の最低得票記録を更新したという。(読売新聞19年7月22日より)>

* * * * *

 で、これらの党には、政党交付金も支払われることになるわけだが。その試算額は議員2人のれいわが6700万円、1人のN国党が5900万円になるとか。<議員が衆参でえ4人の社民党は3億7500万円。>

 何で議員の数はれいわが2人、N国が1人なのに、交付金の額に差がないんだろうって不思議に思ったのだけど。
 政党交付金は、議員数だけでなく、比例や選挙区での得票率も関係があるとのこと。<しかも、何か細かいルールがあった。*1・・・知らなかった~。(~_~;)>

 れいわは比例選の得票率が4・55%だったのだが。N国は選挙区選での全国得票率が3・02%あったそうで(結構、候補者がいたもんね)、それがプラス要素になったらしい。^^;

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『21日投開票された参院選の結果を踏まえ、各党が今年受け取る政党交付金を産経新聞が試算したところ、トップの自民党は176億6700万円になることが23日、分かった。1月1日時点の所属国会議員数などを基準に総務省が4月に決定した178億9400万円から1・3%(2億2700万円)の減。改選前から8議席増やした立憲民主党は12・6%(4億500万円)増の36億3600万円となる。

 得票率2%以上の政党要件を満たした「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」には、それぞれ6700万円と5900万円が配分される。
 ほかは国民民主党が5・8%(3億1100万円)減の50億9400万円▽公明党は0・5%(1300万円)増の30億1900万円▽日本維新の会は15・3%(2億800万円)増の15億6500万円▽社民党は2・3%(800万円)減の3億7500万円。制度に反対している共産党は除いた。(産経新聞19年7月23日)』

* * * * *

NHKから国民を守る党は、東京の区議選にかなり候補者&当選者を出していたので、その存在は知っていたが。正直なところ、まさか国政選挙で当選者を出すとは思わず。最後の最後に、比例で1人当選者を出したと知った時には、ちょっとビツクリだった。(・o・)

 N国党は、元NHK職員の立花孝志氏が、NHK内での不正行為を内部告発したものの無視されたことから退社して、13年に政治団体を結成。
 立花氏自身は、15年に船橋市議選に当選したのだが。16年の東京都知事選に出馬して落選している。(~_~;)

 同党は、NHKの運営や放送内容に問題点があるとして、受信料の強制徴収に反対。NHKの運営受信料は任意に行なう制度にして、受信料を払わない者には、スクランブルをかければいいと主張。特に「NHKをぶっ壊す!」という威勢のいいスローガンが受けているようだ。(@@)

 今年の春の地方選に47人が立候補し、何と26人が当選。この結果に気をよくしてか、今回の参院選では比例に4名、選挙区に37名の候補者を擁立。選挙区では惨敗だったものの、比例で団体代表の立花氏1名が当選。政党要件も満たした。(・・)

 今回の参院選では、政治思想的なことはできるだけオモテに出さないようにしていて。あくまでも、NHKに不満のある人の支持を集めようという姿勢で選挙活動を行なっていたのだが。
 立花代表は、もともとかなり保守的な思想の持ち主であるとの話が。また、候補者の中にも、NHKの放送内容が「反日的」であると問題視していた人もいたようなのである。
 また、パンフで取り上げていた、問題のある内容の「NHKスペシャル」も、超保守が怒っている「日本の台湾植民地化」に関する特集だった。^^;>

<ただ、『4月下旬から5月上旬にかけて「『NHKは朝鮮人や帰化人に支配されており、そのため偏向報道が行われている』(杉並区議・佐々木千夏の発言)など党の政策にそぐわない偏った思想を主張するようになったた(具体的には、グロービートジャパン(らあめん花月嵐など)・日本平和神軍などの中杉弘の人脈)」「参院選への選挙資金として課せられた130万円を支払う意思がない」として5名の地方議員を除名処分とした』という。wikipediaより。・・・思想の問題ではなく、むしろ金銭に関するトラブルだったとの見方あり。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   

 mewは、参院選中に、N国には要注意という記事を書きかけていたのだけど。根拠を集める時間がなくて、アップにまで至らず。<当選しないとタカをくくってたし。^^;>

 今さらながら、リテラの「ウヨミシュラン」の最後に、こんな記述が載っていたのを見つけた。(・・)

『N国は、一見すると、安倍忖度のNHKを批判するような政党名だが、実際は代表である元NHK職員・立花孝志氏が森友問題にかんする“同和利権”デマを吹聴するなどネトウヨとの親和性が非常に高い。統一地方選でN国から当選した地方議員のなかには、在特会らと行動をともにし民族差別を煽動した中曽ちづ子・川西市議など、極右レイシストが複数いる。

 しかも、N国は「泡沫」と言われながら、合計で41名の候補を擁立。比例区の議席や、政党要件のひとつである「得票率2%以上」を獲得する可能性がある。仮にこの二つを達成すると、N国に血税から政党交付金が交付されることになる。(リテラ19年7月20日)』

* * * * *

 N国の立花代表は当選後、早速、動き出しているようで。あの北方領土の「戦争発言」+αなどのトンデモ言動で維新を除名になった丸山穂高議員をはじめ、無所属の議員と入党の交渉をすると発言。<それも政党交付金をエサにして?^^;>

 また、安倍自民党がNHKのスクランブル化を実現してくれたら、憲法改正の発議に賛成すると言っている。(~_~;)

『N国党の立花代表「自民党がNHKのスクランブル化に賛成するのであれば改憲に賛成する」、丸山穂高議員との面会も予定

 参院選で1議席を獲得、政党要件も満たした「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表が23日夜、AbemaTV『AbemaPrime』に出演、公約であるNHKのスクランブル化に自民党が賛成するなら、憲法改正に賛成するとの意向を示した。

 立花代表は「今回の参院選で改憲勢力が国会発議要件である3分の2を切ることも読んでいた。これからの3年間は発議できないが、その次の3年間を見据えて、裏では交渉していこうと思っている。とりあえず今のところは反対で、安倍さんの“最後の懐刀“で置いておきます。もし自民党がスクランブル化に賛成するのであれば、憲法改正に賛成します。そうすれば僕は政治家を辞められるわけですから」と発言。

 さらに「今後、無所属の議員さんをお金の力を使っていっぱい引っ張ってきます。そのための政党助成金ですから。明後日、丸山穂高さんとお会いする予定。彼は無所属なので、次の選挙では勝てない。僕とひっついて、うちの党から重複立候補すればいい。丸山さんがうちの党に来てくれることによって、政党助成金が2430万円上乗せされる。それをそのままどうぞ、と。明後日、それを飲むか飲まないか。僕の頭の中には、その候補が全部で9人います。実際、“立花さんのところに行ったら2430万円くれるんですか!“と言ってきた人もいた。お金に釣られて来たと思われても、NHKの被害者のために使うんですとなればいい」とも話した。(AbemaTIMES19年7月23日)』

* * * * *

 何かN国党って見ると、「どこの国の党なんじゃ?!」とツッコミたくなるとこが・・・。<あ、NIPPON国党なのかな?(~_~;)>

 まあ、N国党が改憲などに関して、国民に大きな影響を与える政党になるとは思っていないのだが。<思いたくもない?(-"-)>
 この政党が、単にNHKの受信料の問題を訴えているところではないということを、早く多くの一般国民に知らしめた方がいいと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





More
by mew-run7 | 2019-07-24 05:19 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 昨日、7月21日、参院選の投開票が行なわれた。(・・)

 まず、心配していた投票率だが。案の定、50%を割ってしまったようだ。戦後2番目の低さだという。(ノ_-。)

『時事通信の調べによると、参院選の投票率は48.11%程度になると推定される。国政選挙(補選を除く)の投票率が5割を切るのは戦後2回目で、1995年参院選の44.52%に次ぐ低さとなる。一方、公示翌日から20日までの間に期日前投票を済ませた有権者は、参院選では過去最多の1706万2771人に上った。

 投票率低下で国民の政治離れが浮き彫りになった。今年は統一地方選と参院選が重なる12年に1度の「亥(い)年選挙」で、選挙疲れが低投票率につながった可能性もある。(時事通信19年7月21日)』

* * * * *

 で、まだ全ての結果が出たわけではないのだが・・・。

 投票率が低かった割には、野党、特にれいわが健闘。与党は公明が予定通り。改選66議席だった自民は、60議席には届かず(最高で58かな)。まあ、13年は出来過ぎだったし。16年は56議席だったので、勝ち負けなしの引き分けと言っていいのかも知れない。^^;

 mew的には、自民党が60議席行かなかったので、ちょっとホッ。"^_^"

 また、32あった定員1の選挙区では、野党統一候補が当選したのは10で、前回と同じ11には届かなかったのが、残念なのであるが・・・。

 でも、安倍首相の超側近の磯崎陽輔氏が、大分の選挙区で野党統一候補に負けたので、うふっという感じに。(~n~)

<磯崎氏は、もちろん日本会議、創生日本に所属。12~16年に首相補佐官(国家安全保障会議など担当)を務めて、集団的自衛権の憲法解釈変更や安保法制に貢献した。
 安保法制に関して「考えなければいけないのは我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない」とトンデモ問題発言を行なって、大批判を浴びたことがある。(-"-)>

* * * * *

 今回の参院選の目玉となっていたれいわ新選組は、比例で2人、当選確実が出ている。(**)

 特定枠に重度障害のある2人の候補(船後泰彦氏、木村英子氏)を入れているので、3人めになっている山本太郎氏は当選できず。その点はチョット残念なところなのだが。
 山本太郎氏も、れいわの選挙を盛り上げた支持者も、と~っても嬉しそうだったし。おそらくこの選挙活動で大きな手ごたえを掴んだからか、今後への意欲があふれている感じが伝わって来た。(++)

<2%の得票をして政党要件を満たしたかは、まだわからず。・・・れいわについては、また追々、取り上げて行きたい。>

 社民党が2%得票の政党要件を満たしたかどうかも、まだわからない。<途中経過の数字を見る限り、かなりビミョ~かも。^^;>

【追記・れいわは200万票超えで、得票率4.5%。社民は100万票超えで得票率2.1%。(あぶな~。^^;)2党とも、政党要件を満たした。(^^)】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 さて、このブログで取り上げた注目選挙区では・・・

 まず、新潟県で野党統一候補の打越さく良氏(521,717票)が、「忖度発言」をした自民党現職の塚田一郎・元国交副大臣(479,050票)で、思った以上に差をつけて勝利。"^_^"

<塚田氏は、元・麻生太郎氏の秘書。忖度された安倍首相も麻生副総理も複数回、小泉進次郎氏も現地入りして懸命に応援していたんだけどね~。^^;>

 そして、陸上イージスの配備&防衛省のずさんな資料や対応(居眠り)が問題になった秋田県も、
野党統一候補の寺田静氏(242,286票)現職の中泉松司氏(221,219票)に勝った。"^_^"

<秋田は菅官房長官の地元。こちらも安倍首相や菅長官が複数回、進次郎氏なども現地入りして応援したけど、接戦の末、アウトに。^^;>

* * * * * 

 また、2人区の広島では、自民党岸田派の現職・溝手顕正氏(5期・元防災担当相)がいるところに、菅長官が強引に2人めの河合案里氏を擁立し、仁義なき戦いを展開。岸田派の陣営から「無謀だ。官邸や党のいじめだ」という恨み節が出ていたのであるが・・・。

<河合氏の夫は、安倍&菅氏の側近・党総裁外交特別補佐の河井克行氏。ただ県連が険悪なムードになったため、安倍首相が広島に応援にはいった際に、岸田派のご機嫌をとらんとして、「令和の時代は岸田さんではないか」などと禅譲をほのめかして、おべんちゃらを使ってたりして。(~_~;)>

 で、自民の2人が足を引っ張り合っている間に、こちらも野党のほぼ統一候補の森本真治氏(329,792票)がトップ当選を果たすことに。
 しかも、何と2議席めは、菅長官が強引に擁立した河合案里氏(295,871票)がとることに。5期当選の溝手氏(270,183票)が落選することになったため、今後、ポスト安倍として名が挙がる菅氏と.岸田氏の関係に支障を来たしそうだ。(ーー)

『河井氏は当選を確実にした後、支援者を前に、「自民党が2議席とって初めて勝利だと言い続けてきたので、万歳は控える。尊敬する溝手先生のような国会議員になりたい」と語った。

 過去2回の参院選で自民候補は、2位の倍以上の得票で圧勝。独占の可能性があるとみた党本部が県連の反発を押し切って河井氏を追加公認していた。河井氏の夫は安倍晋三首相に近い党総裁外交特別補佐の河井克行氏(衆院広島3区)。県連の支援が得られないなか、党本部や安倍首相の事務所スタッフらが広島入りして企業や団体を回り、無党派層への浸透を図った。

 一方、国家公安委員長や防災担当相を歴任していた溝手氏の陣営関係者は、「なんとしても2位に」と地方議員や支援団体など組織の引き締めを図ったが、及ばなかった。溝手氏は支援者に「2人出すのは、やはりばかげた話。今後、自民党として考えなくてはいけない」と述べた。(朝日新聞19年7月22日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、1人区を話を見てみると・・・。

 沖縄で、辺野古移設に反対する野党統一候補の高良鉄美氏(298,831票)が、自民候補の安里繁信氏(234,928票)にしっかりと勝ったのは、県民の意思を示すためにも大事なことだったと思うし。

 滋賀の選挙区で、野党統一候補の嘉田由紀子元県知事(291,072票)が、自民党現職の二之湯武史氏(277,165票)に勝ったのも大きかったと思う。(・・)

 あと宮城では、最初のうちずっと自民党現職の愛知治郎氏(464,662票)がリードしていたのに、最後で立憲の石垣のり子氏(473,534票)がひっくり返して勝てて、めっちゃ嬉しかった。<相手にはかなりのダメージだったかも。>

 また、愛媛で、元民主党の衆院議員だった永江孝子氏(335,425票)が、自民候補のらくさぶろう氏(248,616票)に圧勝したのには驚いた。(・o・)

 永江氏の地道な活動も実ったのかも知れないが。愛媛では、加計学園の獣医学部の問題もあって、愛媛県知事が安倍内閣に不信感を示していたので、それが県民の投票にも影響したかも知れない。(~_~;)

* * * * *

 立憲民主党には20議席以上(無所属を含め25ぐらい)はとって欲しかったのだが。最近の支持率低下&投票率の低さもあってか、そこまで行きそうにないようで残念。(-_-)
 
 また個人的には、mew地元の東京(定数6)で、自民党の丸山珠代氏が100万票超えの圧勝をしたことに、ア然。(・o・)<相変わらず洗脳されたような能面っぽい顔してるし~。^^;>

 それに続く公明党の山口代表、共産党の吉良よし子氏(この人は強い)、立憲の塩村あやか氏の当選は、事前の予測通りだったのだが。
 最後の2人はかなりの接戦で、終盤までなかなか当確が出ず。立憲の山岸一生氏が健闘していたので、何とか2人めも当選して欲しいと応援していたのだけど。最後になって、自民党2人めの武見敬三氏が当選し、がっかり。(>_<)

 さらには、よりによって、今回は維新から出馬した音喜多峻氏が当選確実が出て、軽いめまいがしてしまった。(@@)

<音喜多氏は元都議で、韓国人学校への土地貸与問題を取り上げ、舛添知事おろしに活躍。その後、小池百合子氏にくっついて、都民ファースト結成に寄与するも離党。「あたらしい党」を作って、今年4月に北区の区長選に出馬するも落選。で、ただの人になったと思ったら、早速、今度は維新と手を結んで、東京選挙区から出馬。コロコロ身代わりの早いやつなのだ。(-"-)>

* * * * * 

 全体の雰囲気を見ると、これまでの国政選挙に比べれば、安倍自民党支持の流れが止まって来たように思えるのだけど・・・。

、ただ、野党がたくさんある上、れいわ以外は魅力、アピール力に欠けるため、得票するパワーがまだ足りない感じが。
 野党各党は次の衆院選までに、国会あメディアなどでいかに国民にアピールするか、どのような形で選挙活動を行なうかよ~く考えて、行動に移して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-07-22 05:15 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 

 

 いよいよ参院選の投開票日を迎える。(@@)

 mewが注目している&願っていることを挙げるなら・・・

1・自民党は60議席未満のおさえたい。<60以上とったら、安倍陣営がますます図に乗りそう。^^;>

2・立憲民主党(りっけん)に、無所属込みで、25議席はとらせたい。<しっかりとした野党第一党になるための大事な要素。>

3・1人区で野党統一候補が11人以上勝ちますように。<選挙区の負けはダメージが大きいし。今後の野党共闘の土台強化につながる。>

4・れいわの健闘を期待。最低でも2%以上の票をとって、最低でも政党要件を確保して欲しい。社民党も2%確保できますように。<安倍政権と対峙して行くために、「確かな野党」と言える政党&議員を増やさないと。>

5・何とか投票率が50%を超えて欲しい。<これ以上下がると、もはや民主主義の国とは言いがたい。(ノ_-。)>

 これでまた安倍自民党が大勝したら、ホントぐれちゃうかも。_(。。)_

<ちなみに、総務省に発表によれば、参院選公示日翌日からの15日間に1417万2236人が期日前投票を済ませたとのことで(有権者の13.30%に相当)、公示日が1日前倒しされた前回が1597万8516人と過去最多だったのだが。今回はこれを上回る可能性があるとか。
 でも、この数が多いからと言って、投票率が上がるとは限らないし。期日前投票には、自公の支持者(支持団体員含む)が行く率が高いそうなので(だから、安倍総裁なども期日前投票に行くようにアチコチで呼びかけている)、「う~ん」とうなってしまうところが。(ーー)>

* * * * *

 mewは、今回の参院選で、自公が改憲勢力として2/3を超えるかどうかは、あまり注目していない。
 少し前にも書いたけど、公明党は9条改憲に賛成するかビミョ~なところがあるし。一方で、維新全体とか国民党の一部議員は、9条も含めて改憲発議に賛成する可能性が大きいわけで。誰が本当に改憲勢力かわからないからだ。(~_~;)

 個人的には、憲法改正を争点にして、もっと9条のあり方、集団的自衛権の行使の問題などについて、野党にアピールして欲しかったし。<社共はやってたけどね。>
 PKOへの自衛隊派遣や日報隠しの問題、イランの有志連合の話なども国民に問うて欲しかったのだけど。そのような討論をじっくりする場がなくて残念だったのだが。

 また、立憲などには、夫婦別姓やLGBTの法案づくりなどについて、も~っとアピールして欲しかったし。それができない超保守派の安倍自民党にもっと突っ込みを入れて欲しかったと思うのだけど。

 その辺りを意識して投票してくれる人がひとりでも増えればと願っている。(・・)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ふと気付いたことに、今回の参院選では、あまり立憲民主党を応援するような記事を書いていなかったので、投票日前の最後の記事ぐらい立憲をアピールしてみようっと。(++)<一応、プチ立憲支持者だったことを、思い出した。^^;>

 まずは、枝野代表の演説から・・・

『安倍晋三首相は、この選挙で問われるのは政治の安定だ(と言っている)。文書が改ざんされる、隠蔽(いんぺい)される、ごまかされる。こんな政治を安定させていいのか。強い者に、首相官邸に忖度(そんたく)ばかりする政治を安定させていいのか。

 この6年、暮らしはよくなってきたのか。よくなってきていない政治を安定させたらだめではないか。残念ながら、強い者、豊かな者の声しか耳に入らない。だから強い者、豊かな者を、より強く豊かにする政策しか進められていない。そのしわ寄せをみなさんが受けているのではないか。(12日、新潟県長岡市での街頭演説で)(朝日新聞19年7月12日)』

『令和デモクラシー。投票に行けるのは当たり前ではありません。明治時代に自由民権運動があって当時の人たちが頑張ってくれたおかげで議会がある。大正デモクラシー当時の人たちが頑張ってくれて、普通選挙が実現された。今、民主主義はバージョンアップが求められている。大正デモクラシーに匹敵、いや、超えるようなバージョンアップを! ともに新しい時代のトビラを開きましょう!(スポーツ報知19年7月4日)』
  
<本当に国民が主体になった民主主義を築きたい、進化させたいという気持ちは一緒なんだけど。個人的には、令和デモクラシーって言い方は好きじゃないかも。^^;>

* * * * *

 そして、立憲に期待する人たちの声を・・・。

『あなたはどうして立憲民主党の演説会場に?質問をぶつけてみた
7/20(土) BuzzFeed Japan 瀬谷 健介

「政治を変えたい!!」
「野党が力を持ってもらえるように、と思い来ました。自民党政権が長く続くことで、弊害が目立ってきているように思います。いきなり政権交代は難しいかもしれないけれど、期待しています」(57歳、会社員・男性)

「メディアおかしいぞ」
「れいわ新選組など野党をあまり報じないなど、メディアに違和感を感じています。メディアが萎縮しているのではないかとも。それでは、選挙が盛り上がらず、組織力がある政党が有利になる。今の世の中を作る一端を担っているのは、メディアでもあると思います。選挙情報をもっと報じてほしいです」(64歳、自営業・男性)

「CMにまどわされず、投票に行きましょう」
「投票率を上げたくて来ました。CMなどのきれいなイメージだけで投票先を選ぶのではなく、目の前で、もしくはTwitterなどSNSで候補者たちが真摯に訴えている声を聞いてから、投票してほしいと思っています」(30代前半、自営業・女性)

「安倍政権はダメ!!」
「現政権は、唯我独尊になっているように思います。人の声に耳を傾けず、自分の言いたいことだけ言い、対話ができていないように思うんです。立憲民主党が多様性を尊重する社会を目指すようになり、応援しています。一人ひとりの人権が尊重される社会になってほしいです」(80歳、無職・女性)

「安心して家族と暮らしたい。」
「私は子どもが1人いる家族3人暮らしです。先月、2人目の子どもが生まれると分かりました。嬉しかったんですが、お金の面で急に不安になったんです。養育費や夫婦の老後の資金用にお金が貯められるのか。難しいです。今日は、話をしっかりと聞きたかったのと、立憲民主党を盛り上げる一つのパーツになりたくて来ました」(37歳、会社員・男性)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話しは変わって・・・何か昨日の夜になっても、安倍総裁がアレコレ主張するテレビCMが流れていて、イヤ~な気分になっていたのだけど。<あの滑舌が悪い(ろれつが回っていない?)話をきいていると、イラ~ッとして来て、気分が悪くなる。音声のとり直しや修正編集はしていないのかな。あのCMのどこがいいのだろう?^^;>

 安倍総裁は、12年衆院線勝利のゲンを担いで、今回もラストは秋葉原で演説をすることに。ただ、アンチ安倍派からガードするために、多くの人員やサクラ支持者を配備したようだ。<今まで、こんななガードをするような首相っていたっけ?・・・てか、官邸でもそうだけど。自分の味方ばかりに周りを囲ませて、ヨイショしてもらって気分よくなるって、まさに裸の王様だよね。(~_~;)>
 
『安倍首相「勇気百倍」秋葉原で選挙遊説フィナーレ

 第25回参院選は20日、選挙戦最終日を迎え、各党党首、候補者は最後のお願いに声をからした。「ヤジ対策」から、演説会場の情報が事前にほとんど公開されない「ステルス」遊説が続いた安倍晋三首相は、選挙遊説の聖地で、鬼門でもある東京・秋葉原でフィナーレ。声援と怒号が飛び交った。既成政党への不信感から、口コミで有権者の支持を増やした政治団体「れいわ新選組」の山本太郎代表は新宿で選挙戦を打ち上げた。

   ◇   ◇   ◇

 首相は20日、秋田、千葉、埼玉から東京に戻り、選挙遊説の定番・秋葉原に登場した。12年衆院選以降、連勝する国政選挙で必ず訪れる「聖地」だが、17年都議選の応援で自身に批判的なやじに反応して批判を浴びた「鬼門」。昨年の党総裁選最終日同様に、やじや怒号が飛びかった。

 自民党はこの日、批判的な声を警戒し、大規模な動員を敢行。胸にシールをつけ、日の丸を手にした「支持派」で周囲をがっちり固め、選挙カー周辺は鉄柵でガードした。その外側で「安倍辞めろ」とやじが連呼された。森友学園の籠池泰典前理事長夫妻の姿もあったが、大きなスピーカーが設置され、首相も声を振り絞り“対抗”。警官の姿も、いつも以上に目立った。

 首相は演説で、立憲民主党を名指しで「自衛隊を憲法違反という共産党といっしょにやっている」と、野党の統一候補戦略を徹底的に批判。立民の名前を「民主党」と間違えてきたことに触れ「(選挙で)毎回毎回、党名を替えないでほしい。悪いのは党名ではない。自分たちなんですよ」とののしり、「負けるわけにいかない」と対抗心をむき出しにした。

 この日の聴衆は1万人以上と述べた首相は「これまでで最高。勇気百倍です」。党本部は選挙期間中、ホームページに首相の遊説日程を載せない「ステルス作戦」を徹底し、首相サイドが神経質になっていることをうかがわせた。最後のアキバも「組織力」で、批判の声を封じたような形になった。【中山知子】(日刊スポーツ19年7月20日)』

* * * * *

 そうそう。最終日には、わざわざ安倍、菅コンビがそろって、秋田に応援に行ったとか。(長崎がひどい豪雨になっていたのに。2人そろって、官邸は放置。)
 安倍官邸は、秋田市に陸上イージスを配備することに、ほぼ決めているのだが。防衛省の数字のミス、居眠りの問題などで、自民党候補が劣勢に立っているからだ。(・・)
 前にも書いたけど、こういうところほど、しっかりと自民党候補を落選させて、民意を知らしめるべきだと思うし。

 「安倍政権は決していいと思わないけど、野党に魅力がない」「野党に入れても、意味がない」と言う人が少なくなからずいるようなのだが。
 決していいとは思えない安倍政権の独裁支配を進めないためにも、せめて参院だけでも野党の議席数を増やすことを考えて欲しいな~と思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-07-21 04:49 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 参院選まであと1日。何かTVでも世間でも、あまりにも参院選が盛り上がっていないので、かなり心配になっている。(@@)

 実際、私の家や仕事場の辺りの道路では(それなりに大きな駅や幹線道路を含む)、1回も選挙カーと遭遇せず。しかも、TVでも、ほとんど参院選を扱っておらず。ネットがなかったら、参院選などやっていないような感じだ。_(_^_)_

 2016年の参院選のあとに『参院選の放送は大減少~民放のワイドショー系は6割減だって。 (呆)』という記事を書いた。

 NHKを含む在京地上波テレビ6局の参院選関連の放送時間が、前回2013年より3割近く減ったと。しかも、情報・ワイドショー系番組の減り幅は大きく、民放は6割減だったという話だ。(-"-)

 でも、もしかしたら、今回は2016年の参院選よりも、も~っと減っているかも知れない。(@@)<先週は、ジャニーズ社長の他界、タレントによる葬儀とかもあったしな~。^^;>

 今週にはいって、週刊新潮が自民党の魔の3回生・石崎徹衆院議員が(35)の秘書だった男性が、石崎氏から暴行を受けたとして、警察に被害届を提出していたことが発覚。
 ネットで「バカが死ね、お前」「頭下げろお前。死んだ方がいいぞ、お前」などの暴言の音声なども公表されたのだが。NHKを含め各局のニュースも、とりあえず、ちょこっと扱っただけ。

 17年に自民党の豊田真由子衆院議員(当時)が秘書への暴行や暴言が発覚した際には、逆に毎日同じテープを流し過ぎではないかと思うほど、ワイドショーで取り上げていたのだが。<自民党の都知事選の敗北の要因に。>
 今回は、国政選挙中だからなのか、皆無に近いほど取り上げられていないようだ。(-_-;)

* * * * *

 ちなみに投票率は、13年が52.61%、16年が54.70%。
 何か半分以上は、政党や支持団体の関係者かも知れず。mew周辺を見ていても、一般国民は、ほとんど関心がないようにも見える。<「まだ選挙って、終わってないの?」ってきいていた人がいたりもして。(>_<)> 

 作家の室井佑月氏も、参院選が盛り上がっていないことを憂慮していた。(・・)

 mewも、10日に『もしかして、自公与党は、国民が参院選があると気付かないor選挙にまともに関心を持たないうちに、ステルス選挙を行いたいと思っているかも。^^;<森元首相じゃないけど、無党派層には寝ていて欲しいんだろ~な~。_(。。)_>』って書いたのだけど。
 同じようなことを気にかけていた。(・・)

 安倍政権の問題、まやかしのアピールもしっかり取り上げてくれている。

『安倍首相は党首討論で、アベノミクスの成果を語る。「全都道府県で1倍超の有効求人倍率」「歴史的な低失業率」「税収はバブル期を超えた」という。

 けれど、12年から18年の間で、非正規雇用は306万人も増えてしまった。12年から17年の間で、年収200万円に届かない人も36万人増えた。6月18日付の朝日新聞DIGITALの「年収200万円未満が75% 非正規のリアルに政治は」によれば、非正規雇用が10人に4人にまで増え、そのほとんどの年収が200万円に満たないそうだ。「税収はバブル期を超えた」というのも、うちら国民から非情にかき集めただけの話。だって、その上がった税収って消費税だもん。逆に法人税や所得税は減らした。』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 あ、折角なので、その記事を載せておこう!(**)
<佑月さん、乳がんが見つかって、来月手術をする予定。早く回復しますように。>

『室井佑月「いいっ放しにさせるな」〈週刊朝日〉
7/18(木) AERA dot.

 作家・室井佑月氏は、テレビ各局の「党首討論」に疑問を呈する。

 この原稿を書いているのは7月7日。21日投開票の参議院選は、まったく盛り上がっていないように感じる。このままだと投票率が下がる? いやいや、そんなことあってはならない。

 なぜ、メディアは選挙を盛り上げようとしないのだ。やろうと思えば、いかようにでもできるはず。

 2020年の東京オリンピックなんて、来年をピークに盛り上げる気満々じゃん。数々のヒット商品、パンナコッタとかタピオカとか作ってきてるしな。ある番組でココアが身体に良いって話をしたら、ココアがスーパーから売り切れになったくらいじゃん。

 考えられるに、選挙を盛り上げたくないんだな。各局ともアリバイ作り的に、「選挙にいきましょう」とアナウンサーが軽く訴えるくらいにしておく。これも政権与党に対する忖度なのか?

* * * * *

 だってさ、09年の衆議院選は投票率が69%で、自民党の議席占有率は24%とボロ負けした。でも、その後14年と17年では、投票率が52~53%で自民党の議席占有率は60%を超えてしまう。

 かつての自民党の首相が「無党派層は寝ててくれ」と発言して叩かれたことがあったけど、口に出すか出さないかの差こそあれ、本音はおなじなんではない? で、そこらへんをメディアは忖度しているんではない?

 テレビ各局で党首討論を行っているが、時間が短すぎてまるで意味がわからない。野党側や司会者が質問しても、安倍首相の言い切り言い逃げになってしまっている。

 それで、各党の主張を報じたといえるのか? 党首討論が終わった後、その番組で先ほどの党首たちの発言について、徹底的にファクトチェックをすべきじゃね? メディアの意味や意義ってそこにあるのだし。たとえば安倍首相は党首討論で、アベノミクスの成果を語る。「全都道府県で1倍超の有効求人倍率」「歴史的な低失業率」「税収はバブル期を超えた」という。

 けれど、12年から18年の間で、非正規雇用は306万人も増えてしまった。12年から17年の間で、年収200万円に届かない人も36万人増えた。6月18日付の朝日新聞DIGITALの「年収200万円未満が75% 非正規のリアルに政治は」によれば、非正規雇用が10人に4人にまで増え、そのほとんどの年収が200万円に満たないそうだ。「税収はバブル期を超えた」というのも、うちら国民から非情にかき集めただけの話。だって、その上がった税収って消費税だもん。逆に法人税や所得税は減らした。

 7月3日の日本記者クラブ主催の党首討論でも、モリカケ問題を問われ、あの方は、「安倍晋三小学校」なんてなかったという話をされた。だから、ぜんぶ嘘といいたいのだろう。

 でも、嘘をついているのはどっちだ? 学園はその名で寄付を募っていたし、近畿財務局職員が大阪府庁を訪ねた際の記録にもその名が残っているわい。(※週刊朝日  2019年7月26日号)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 石崎衆院議員の記事も、ここにアップしておく。(++)
<35歳で衆院3期って、元・維新でエラそ~にトンデモ発言を行なって問題になった丸山くんと同じね。^^;>
 
 自民党の新潟県連は、事実関係がわからないと説明せず。本人は「しばらく休養する」と雲隠れしているとのこと。
 参院選の新潟選挙区では、忖度発言をした自民党の塚田一郎氏が苦戦。<忖度された安倍首相が2回も応援演説のために現地入り。>野党候補の打越さく良氏と大接戦を演じているのであるが。
 新潟の有権者は、都合の悪いことは隠そうとする安倍自民党の体質も考えた上で、投票して欲しいと思う。(・・)

『また魔の3回生 自民「石崎徹」議員が秘書にパワハラ、暴行…音声公開
7/17(水) デイリー新潮

「このハゲー!!」の豊田真由子元議員を筆頭に、路チュー不倫の中川郁子氏、重婚ストーカーの中川俊直氏といった面々が並んだ自民党「魔の3回生」。ここに新たな名を刻むのが、石崎徹代議士(35)だ。秘書がパワハラ、暴行を受けたと警察に被害届を提出していた。

 もっとも石崎議員のスキャンダルが取り沙汰されるのは、今回が初めてではない。3年前には週刊新潮が、女性秘書へのセクハラ&二股交際を報じている。これをきっかけに「『安倍チルドレン最凶のチャラ男』なんて呼び名まで付きました」(政治ジャーナリスト)という石崎議員、今度はパワハラと暴行で告発された。自民党関係者はこう語る。

「彼は新潟が地元ですが、永田町では『パワハラ』議員として有名。秘書が次々逃げ出すことで知られていました。最近、その一人が暴行を受け、ついに耐えかねて、被害届を新潟県警に持っていったというんです。その一部始終を録音したICレコーダーまで提出済だそうで……」

 事情に詳しい後援会関係者が語るその“手口”は、以下のとおり。

「仕事上のミスをあげつらって“バカ”“死ね”の連続。私たちの前でもやりますから酷いと思っていましたが、実際は暴力まで振るっていたんです。この春には車の運転にケチをつけ、肩を何度も殴ったとか」

 堪忍袋の緒が切れた秘書は、診断書をもらい、6月頭に被害届を提出。捜査の妨げにならないよう勤務を続けていたが、この7月、今度は石崎議員に蹴りを食らわせられる事件が起きた。それで、事務所を辞めたという。

 石崎氏は取材に「秘書に暴力を振るったことはありませんよ。暴言もない」と否定するが、件の秘書は「警察との約束があるので今はお話し出来ませんが、時が来ればきちんとお伝えしたいと思っています」と“含み”のある回答だ。

 先述のとおり石崎議員は“パワハラ”議員として鳴らしてきた。事務所関係者は「歴代の秘書の中には、いざという時のために暴言を録音していた人も複数いるようです」と語り、実際、週刊新潮はそのデータを入手している。

 そこに収められているのは「バカが死ねお前」「お前死んだ方がいいぞ」といった暴言のオンパレード……。デイリー新潮でこの音声動画を配信すると共に、7月18日発売の週刊新潮で本件を詳しく報じる。』

 最後の1日、野党の候補、関係者は、1人でも多く当選できるように頑張って欲しいと応援しているmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-07-20 05:27 | 民主主義、選挙

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 参院選まであと4日。野党の情勢も色々と報じられているのだが。自民党と激戦を繰り広げている選挙区がいくつもある。(・・)

 立憲民主党は、そこそこ順調の様子。改選9人だったのが、20人以上当選しそうだという。<本当は30人以上行きたかったんだけど。無所属を含めて、25人は当選させたいな~。>

 立憲民主党の略称は「りっけん」だ。国民民主党が妙な届出をしたので、「民主」と書くと国民党の票になってしまう。この点は、もっとアピールした方がいいと思う。(**)

 社民党は、5月に肺がんの手術を行い、自らの出馬をとりやめた又市党首が、地方まで行って懸命に選挙活動を行なっているとのこと。社民は、今回120万票をとれないと、政党要件を失うため、みんな必死なのだ。(@@)
<mew&周辺は、比例で、れいわ、社民、立憲への投票をシェアする話が出始めている。・・・たとえば、3人がそれぞれに一票ずつ入れる、みたいなことね。(^^)>

 共産は現状維持。国民はやや減の見込みだとか。国民も選挙区で頑張ってもらわないと。昨日の記事に書いたのだが、特に広島の森本真二氏には、是非、自民党候補の1人に勝って欲しい。(++)

* * * * *

 自民党は、西日本はそこそこ順調であるものの、北海道、東北、新潟などがビミョ~な情勢なので、終盤戦での巻き返しに力を入れている様子。<特に、東北は前回の参院選でも1勝しかできなかったんだよね。あと今回は滋賀も激戦。嘉田元知事、頑張れ~。>

 先日、新潟について書いたのだが。ここはmew的に是非とも野党候補に勝って欲しいところ。
 もし忖度発言を行なった自民党の塚田一郎氏が当選したら、安倍官邸も自民党議員たちも「これぐらいの発言はいいんだ」「利益誘導も容認しているかも」と、国民をなめてしまうおそれが大きいからだ。(-"-) 

<安倍総裁が15日に、新潟に2回めの訪問を行なったのだが。「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んでいただくようお願い申し上げます」とか、妙な演説をしていたとかで。「はあ?(゚Д゚)」という感じ。>

 国民、県民が政府与党にナメられないためには、秋田も野党候補の寺田静氏に勝たせたいところ。
 秋田は、陸上イージス配備の候補地になっているのだが。<というか、最初から秋田市ありきという感じで話が進んでいる。^^;>当ブログでも何回か取り上げたように、防衛省は候補地選定の資料の数字をいくつも間違っていた上、説明会の壇上で職員が居眠りをしているなど、目に余る事態が続いているからだ。(-_-;)

<ここは、告示日に小泉進次郎氏を派遣。しかし、劣勢が続くこともあって、13日には安倍総裁が現地入りして、選挙対策のため謝罪。また秋田が地元の菅長官も、14日に丸一日滞在して、応援演説に回っていた。>
 
* * * * *

 定数3の北海道では、自民党が擁立した高橋元知事、立憲党の勝部候補の2人はほぼ当選確実のようなのだが。<自民は高橋氏に参院擁立と引き換えに知事をやめてもらい、菅長官のごヒイキ(子分?)の鈴木直道氏(元夕張市長)を出馬させたんだよね。>
 3議席めは、自民党、共産党の候補が争っているとのことで。何とか自民の2議席は阻止したいところ。

 鈴木新知事が9日に官邸に行って、新千歳空港の発着枠の増加を要請。安倍総裁が15日に選挙応援で現地にはいった際、早速「五輪までに発着枠を2割増やすと約束する」と言って、堂々と権力を使ってエサをバラまいている姿を見て、尚更に2議席めはとらせたくないと思った。(@@)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 安倍総裁、新潟でクチが滑る?・・・ベタだけど、選挙でも滑ってもらおう!(・・)

『安倍首相「お父さんも恋人誘って」=期日前投票訴えで口滑る?

 「お父さんも恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、投票箱に足を運んでいただくようお願い申し上げます」。安倍晋三首相は16日、新潟県上越市などでの街頭演説で、期日前投票を呼び掛けたくだりでこう述べた。

 これまでの選挙戦では「友達、家族、恋人も連れて、あるいは昔の恋人も探し出して期日前投票に行ってほしい」と訴えるのが首相の定番。この日も「友達や家族、お子さんたちみんな誘って行ってほしい」と促したが、つい口が滑ったのか「お父さんの恋人」にも言及。「お母さん」の反感を買う可能性もある?(時事通信19年7月16日)』

『「大変厳しい戦いだ。相手の背中を『ガッ』とつかめるところまできた」

 首相は16日、新潟県上越市で街頭演説を行い、こう訴えた。公示後2度目となる新潟入りで、同日は県内4カ所で演説する力の入れようだ。新潟は、自民党現職による道路整備に関する「忖度発言」の影響が大きい。前回調査に比べ差は詰まったが、野党の統一候補に先行を許している。(FNN19年7月16日)』

* * * * *

『寺田、中泉が横一線=秋田【参院選情勢】

 野党統一候補で無所属新人の寺田と自民現職中泉が横一線の戦い。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐる防衛省の対応に反発が強まる中、衆院議員寺田学の妻である寺田は配備反対を訴える。中央からの弁士派遣を断るなど政党色を消し、幅広い層への浸透を図る。中泉は企業・団体の組織票を固めつつ、県中心部では無党派票獲得も狙う。(時事通信19年7月13日)』

『「与党だからこそ国にしっかり意見していく」と中泉。一方で4日に新屋で演説した際は地上イージスに触れず、演習場に近い勝平地区も素通りした。選挙戦前半は専ら県南と県北を回る。「逃げるつもりはないが最少失点に抑えたい」。陣営は神経をとがらせる。

 党厚生労働部会長小泉進次郎が公示日、真っ先に秋田に駆け付けた。閣僚級を連日投入して敵陣の切り崩しを図る。13日は首相安倍晋三が秋田入りし、14日は湯沢市出身の官房長官菅義偉が県内を終日行脚する予定だ。議席死守を懸けてアクセルを全開にする。(河北新報19年7月13日)』

『安倍首相は13日、秋田県の秋田、大館、横手3市で街頭演説し、地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の適地を陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)と結論づけた調査結果に誤りがあったことについて陳謝した。

 秋田市では「緊張感を欠いた不適切な対応があった。極めて遺憾であり、言語道断だ。県民の皆様に心からおわびを申し上げたい」と述べた。今後実施する再調査については「第三者や専門家を入れて徹底的に調査していく」と強調した。

 その上で「国民の安全を守り、命を守り抜いていくためには、イージスアショアはどうしても必要だ」と述べ、理解を求めた。大館、横手両市でも同様に発言した。(読売新聞19年7月13日)』

『菅氏の遊説は湯沢市から始まった。「秋田は大接戦。私にとっても古里で負けるわけにいかない」と自民現職の中泉松司候補への支持を呼び掛けた。・・・ある自民県議は「秋田は保守の牙城。菅さんの地元で黒星が付けば面目が立たない。勝敗は地上イージス配備にも影響してしまう」と言う。(河北新報19年7月15日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 北海道(定数3)は、自民党の高橋はるみ氏がリード。立憲の勝部賢志氏が追っており、この2人はほぼ当選確実だと見られている。
 そして、3議席めを自民党の岩本剛人氏、共産党の畠山和也氏が激しく争っているとのこと。自民党は、見事にエサばらまき戦略を実行に移している。(~_~;)

『2人に続くのは元道議の自民党・岩本剛人候補。旭川へ応援に駆け付けたのは国会随一の人気を誇る小泉進次郎衆議です。「味噌は札幌、塩は函館、しょう油は旭川、参議院選挙は岩本。それぐらい名前が知られるようにならないといけない」豪華な顔ぶれで岩本候補を全面支援する自民党。15日は安倍総裁が岩本候補の地元・清田区に入り支援を訴えました。「安倍総理の力も借りて何とか清田区への地下鉄の誘致も頑張っていきたい」(HTBニュース19年7月15日)』

『首相、新千歳空港発着枠2割増方針 参院選応援演説で

 安倍晋三首相(自民党総裁)は15日、急増する訪日外国人観光客らの受け入れ強化などを目的として、新千歳空港のピーク時の発着枠を来年から2割増やすことを明らかにした。札幌市内で参院選北海道選挙区の自民党公認候補の応援演説に立ち、「いま大きなネックになっているのは、新千歳空港の発着枠の問題だ。(東京)オリンピック・パラリンピックがある来年からピーク時に2割、(発着)枠を広げていくことを決定した」と述べた。

 同空港の2018年度の利用客数は約2363万人。12年度から7年連続で増加し、過去最多となった。アジア圏の訪日外国人客に人気が高く、国際線の利用者が急増しており、17年3月に1時間あたりの発着枠を32便から42便に増やしている。同空港の管制業務を担う防衛省などと調整し、50便前後まで増やす方向とみられる。

 北海道の鈴木直道知事は今月9日、首相官邸で菅義偉官房長官と会い、発着枠の増加を求める要望書を提出していた。安倍首相は、応援演説に立った参院選候補者や鈴木知事から「ずいぶん言われました」とも話した。(朝日新聞19年7月15日)』

* * * * *

 最後に社民党の話を・・・。

『社民 存続へ訴え、又市党首 体調不良押し公示後初演説

 社民党の又市征治党首は14日、富山県氷見市の演説会で「変えないといけないのは憲法ではなく、安倍政権だ」とかすれた声を張り上げた。4月に肺がんが見つかり、改選を迎えた参院選への立候補を断念。体調不良にもかかわらず、公示後初めて演説したのは、厳しい情勢に対する焦りの表れだ。
 社民党は今、政党として存続できるか否か存亡の機を迎えている。(略)17年の衆院選では得票率が1・69%に低下したばかりか、支持率は低迷し衰退に歯止めをかけられていない。今参院選では、都道府県ごとに比例票の獲得目標を設置したが、又市氏も「2%以上取れる水準に至ったとは思えない」と認める。

 又市氏に代わり全国を飛び回る福島瑞穂副党首は、多くの買い物客でにぎわうJR新宿駅で比例候補の大椿裕子氏を応援するためマイクを握った。
 旧社会党結成から74年の夏の陣。事前調査でも当選は1~2人という崖っぷちの情勢に、党関係者は「厳しい選挙だ」と眉間にしわを寄せた。(スポニチ19年7月15日)』

 旧社会党は、土井たか子党首の時に、消費税が争点になった89年の参院選で「山」を動かしたのだが。この時に女性の党首、候補者の力、頑張りを示すことができたことも大きかったと思う。
 また社民党のように、頑なに「護憲」を主張したり、社会政策の重要性を訴え続けたりする政党も必要だと思うので、何とか頑張って欲しいし。

 他の野党も、まだ接戦の地区がいくつもあるので、ともかく一つでも自民党、公明党、維新の当選者を減らすために、最後の最後まで戦って欲しいと願っているmewなのである。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-07-17 05:26 | 民主主義、選挙

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7
カレンダー