日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

<このブログでは基本的に政治や社会のことを中心に書くことにしているのだが。今回は
特別バージョンで(とりあえず時事ネタ?!)冬季五輪について感じたことを書きたいと思う。

 ちなみに永田議員は記者会見で、いかにもという感じで謝罪して泣いてみせたりするの
だろうか?国民のみなさまの信頼を裏切りとか、日本の民主政治とか国会が何たらとか言って。
 キミにはしばらくの間、民主政治を語って欲しくない。>
  

 昨日でトリノ冬季五輪が閉幕した。
 何はともあれテロや大きな事件、事故もなく、無事に開催を終えられてよかったと思う。
 また、スポーツ好きの私にとっては、色々と楽しめた2週間だった。
 特に私は子供の時からフィギュアスケートが大好きなので、ペアに始まって、男子
シングルアイスダンス、女子シングル、エキジビションとほぼ2週間を通してフィギュ
ア競技を満喫できた日々であった。
 またカーリングとかスノーボードとか、ふだんはなかなか見る機会のない競技を観戦
できるのも興味深かった。

 結局、メダルは荒川静香選手の金メダル一個に終わってしまったのは残念だったが、
実のところ、今回、そう多くのメダルは期待できない状況だったのではないかと思う。
マスコミは、冬季五輪に注目し楽しんで欲しいという意図もあったのだろうが、ちょっ
とメダルに関しては、あおり過ぎの感があったことは否めまい。
 実際、私の知る限り、今シーズンに本格的な世界大会(有力選手がほとんど集まる
ような大規模のもの)で上位になっていた選手は、そう多くはなかったように思う。
<上位にはいっていた選手の何人かが実力を出せなかったのも残念だったが。>

 

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-28 03:41 | スポーツ・競馬 | Trackback(16) | Comments(6)
 この件はしばらくグダグダしそうな感じもあるので、そろそろいったん手仕舞いしよう
と思う。そこで、最後にこの件に関してのまとめや感想のようなものを書いてみたい。
 また、記事に対するコメントで、武部氏の二男に対する記述に関してご意見を頂いたの
で、そのことについても書くことにしたい。
<またまた長くてすみません。 できれば、クリックもよろしくです。m(__)m>

 今回の件がこれだけ世間の関心を集めたのには、次のような要因があったと思う。
1・国民の中に、堀江氏やライブドア社側から自民党やその議員(特に武部氏)の方に
 金銭その他が流れたとしても不思議はないと思っていた人が少なくないこと
2・もしこの送金の話が事実なら、小泉政権にとって大きな打撃であり、政治的に重大な
 問題になる上、関係者に重大な犯罪が成立する可能性も高いこと
3・この件が単に週刊誌等マスコミの記事で報じられたのではなく、国会の場で国会議員
 によって提示されたもので、民主党も不正追及に本気で取り組んでいると思われたこと

 正直なところ、私もそうであったが、おそらく最初に提示されたあのメールのコピーを
見て、「これは本物であるに違いない」と思った人はあまりいないのではないかと思う。
また永田議員の過去の言動を知っている人は、彼に対する信頼感も乏しかったかも知れ
ない。それゆえ、私は(1)で「引っかけ」にあったのではないかと案じたのであるが、
同時に民主党側がこの件に関してそれ相当の確証や覚悟があるのかと懸念したのであった。
 だが、メールの信憑性に疑問が投げかけられながらも、国民もマスコミもこの件に関心
を持ち続けた。それはやはり、上述のような要因が大きかったからではないかと考える。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-25 21:41 | 民主党、民進党に関して | Trackback(34) | Comments(23)
<今日、知人から「党首討論の件についてどう書くか楽しみにして何度か覗いてみたのに~」と
言われてしまったです。何かアクセス数も多かったみたいで、もしそう思って覗いてみた方が
いらしたら、すみませんでした。m(__)m何分にも「はぁ~(--;)」という状態だったものですから>

 最初に、本題とは少し違う話だが・・・。何だかこの2~3日になって、急に多くのメディアがこの
件を「(いわゆる)堀江メール問題」と呼んでいることに気付いた。まるで打ち合わせでもしたのか
と思うほど、おそろいの表現になっていたので気持ち悪ささえ覚えた。
 ちなみに私にとっては、この件はあくまでも「堀江→武部送金問題」である。

 正直なところ、党首討論については書きようがなかった。(4)の冒頭に少し記したように、私に
とってはまさに想定の範囲内の内容だったからである。
 もし唯一それを打破する手があるとしたら、前原代表が自らのクビを賭けるぐらいの覚悟で
臨むことしかないかと思ったのだが、彼にそこまでの度量があるはずもなかった。

<何か民主党は、前原の中国脅威論に合わせて、新たな対中政策を立てるらしい。(コチラ)
しかも、また「国民の多くが脅威を感じている」とか言ってるし~。もう、前原代表&そのグループ
の幹部もこの件で責任をとって、とっとと消えてくれた方がいい。>

 実は、もう党首討論の前に勝負はついていたようなのである。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-24 01:46 | 民主党、民進党に関して | Trackback(11) | Comments(15)
  この件に関して、民主党からは相変わらず、新たな事実や根拠は示されていない。
 明日22日には、党首討論が行なわれる予定であるが、今日の野田国対委員長の会見を見る
限りでは、前原代表から新たな話が出る可能性は乏しいかも知れない。
 そうであれば、前原代表は、これまでと同じように「ガセネタと決め付けるのは失礼だ」とか「自分
はこの情報の信憑性は高いと思っている。自民党は事実無根だというなら、真相解明のために、
口座確認をすべく国政調査権を行使することに協力して欲しい」と要望し、小泉首相は「根拠を示さ
なければガセネタと言われても仕方ない」「何かこちらが納得行く根拠が示されなければ、国政
調査には賛同できない」という感じの堂々巡りが繰り返されるのがオチなのではないかと察する

 私は後述するように、民主党があのメールの信憑性を証明するのは困難なのではないかと思っ
ている。(事情により、一部削除)
 正直なところ、不毛な推理ごっこや議論をしているのは、時間がもったいないとも思う。23日には
耐震偽装事件に関して伊藤公介議員の参考人招致が行なわれるが、予算委員会でも他の委員会
でもまだ議論すべき重要な問題が数多くあり、この件を長々と引きずることは国益(国&国民の
利益)にも 資さないであろう。また下手に時間が経つうちに、口座の存在or記録が消されてしまう
おそれもないとは言えない。
 国政調査権の行使は慎重を期すべきだという意見も理解できるが、もし民主党が本当に入送金
した銀行口座をつかんでいるのであれば、一日も早く口座を確認した方が望ましいと思う。それが
一番手っ取り早く、また確実に真相を確かめる手段であり、スッキリとした解決ができるし、国民の
関心にこたえることもできる最良の方法であるのではないだろうか?

 しかし、確かに今のような根拠だけで、自民党の納得を得るのは難しい。
前原代表は、もしそれ相当の確信や覚悟があるなら、この際、明日の党首討論で、自分のクビを
かけてでも、強く国政調査権を要望して欲しいと思ったりもする。「もし口座を調べて、送金の事実を
確認できなければ、潔く代表の座をおりるから」と。それぐらいの覚悟で臨めないなら、安易にこの
件を国会の場に出させるべきではなかったとも思う。
 自民党側から、「おまえのクビなんて差し出されても仕方がない」と言われてしまったらおしまいで
あるが^^;、それぐらいの意気込みで臨まないと、何も進展せずに、うやむやのまま終わって
しまうかも知れないし、民主党もボロボロになってしまうことだろう。結局、今回の件で代表の責任
が問われてしまう可能性もあるだけに、ここはビシッと大勝負を賭けるべきなのではないかとも
思う次第である。

 

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-21 17:14 | 民主党、民進党に関して | Trackback(28) | Comments(9)
最初に、17日の動きや新たにわかったことをまとめておきたい。

 堀江氏が午前中に担当弁護士と接見。堀江氏はメールを送ったことも送金したことも
否定したという話を担当弁護士がメディアに伝えた。<ま、否定するでしょう。>

  民主党の前原代表は日本外国特派員協会で講演し、「送金メールの信頼性は高い。
国政調査権を行使し、銀行口座や入金記録を明らかにできれば、国民の疑問は氷解する」
と主張。<ちなみに「中国脅威論」については「(昨年末の訪米、訪中時に)中国の今の
軍事力には多くの国民が脅威を感じているということを率直に述べた」と言ったらしい。
・・・多くの国民、って一体、どこの国民?! こういうことばっかり言ってるから、
アンチ前原になってしまうのだ。<怒> >

 自民党は民主党の永田議員の懲罰動議を提出。それに対して、民主党が自民党の逢沢
幹事長代理の懲罰動議を提出した。<相変わらず、こんなことばっかやってて・・・>

 民主党は、夜遅くになって、メールの信憑性への疑いを払拭するために、現物メールの
コピーを公開したが、重要部分は全て黒塗りで消されていた。何故だか、最後に記された
堀江の名の一部も消されていた。特別な表記をしており、これを表に出すと受信者が
特定されるおそれがあるのだという。<特に信憑性を証明するものにはならず。>
 
 ちなみに高級紳士服の仕事をしている二男は、昨年の選挙時に父親にクールビズの洋服
を仕立て、一緒にTVにも出ていたらしい。<二男の話は下にピックアップ>

   * * * * * * * * * * *
<もしよろしければ、メモ欄のバナー&リンクのクリックをお願いします。m(__)m
 いつもに増して長いです。すみません。m(__)m>

 前回も少し書いたが、正直言うと、今回の民主党の問題提起の仕方にはガッカリ&イラ
イラさせられているところがある。


<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-19 00:16 | 民主党、民進党に関して | Trackback(33) | Comments(26)

 堀江氏が自民党幹部の家族に多額の金銭を送金していたかも知れないという疑惑問題に
関して、17日にもいくつかの動きがあった。
 その中でも、昨日、再度、予算委員会の質疑の場に立った永田議員の発言内容には、ガ~
ッカリさせられた部分があった。新しい話が一つもなかったばかりか、何だかあたかも自分
が被害者にでもなったかのような、情けないモノ言いが多かったからである。

 ただ、後述するように原口議員はなかなかいいアピールや質問を行なっていた。
彼の発言によって今の状況がよくわかったし、何より小泉首相に「もしガセネタでなけ
れば、責任をとる気はあるのか」と質問し、「常に責任をとる気持ちで政治(運営)を
行なっている」という答えを引き出せたのは収穫であったと思う。

 おそらく世間では、17日の永田議員の質疑で新しい話が出なかったことに失望し、
五分五分のまま泥仕合になるのではないかととらえている人が多いのではないかと思う。
実のところ、私もそう思う部分が大きいのだが・・・様々な情報や状況を主観的&客観的
にとらえつつ、ここはあえて民主党の応援に回ろうという気持ちになっている。
 何故なら、私自身、真実(または真実かも知れないと思えること)を知りたいし、また
国民にも知って欲しいと思うからである。<他にも理由はあるが、それは後述する。>

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-18 06:57 | 民主党、民進党に関して | Trackback(28) | Comments(2)
    (*^^)。_o●。o●・・・HAPPY VALENTINE!・・・●o。●o。_(^^*)

MYブログを読んで下さる方々に感謝を込めて。<チョコのつもり>
もしよろしかったら、←メモ欄のバナー&リンクのクリックをお願いしますね。(^^♪


 ☆ IMAGINE PEACE! ~ドミノ倒しのように平和のメッセージを伝えよう!~
                        <格差問題も考えよう!>

 トリノ・オリンピックが始まった。スポーツ大好きの私は、これから2週間、眠れぬ
夜を過ごすことになる。
 10日に行なわれた開会式は、全体的にいい演出だったように思われ、さすが芸術の
国イタリアかも~と思ったりもした。

 終盤になって、いきなりオノヨーコが白い帽子と白い衣装に身にまとってステージ上に
登場し、世界に向かって「IMAGINE PEACE!」と呼びかけた。
「10億人の人が平和を思えば、世界は平和になる。あなたが思えば、ドミノ倒しのよう
に速く、メッセージは世界に伝わって行くだろう。世界が平和に暮らすことを思い浮かべ
よう。夫のジョン・レノンが言っていたように。」
 という内容のメッセージを、静かに、でも力強く語った。

 それまでスリリングな曲芸が行なわれていた巨大ネットの上では、人々が集まって平和
の象徴である鳩の形を描いた。そして、元ジェネシスのピーター・ガブリエルがJレノン
作の「IMAGINE」を歌った。
 お正月のSMAPの「TRIANGLE」に続き、歌詞を後掲したいと思う。もしよろしければ是非、
一度じっくり読んで頂きたい。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-14 02:58 | 政治・社会一般 | Trackback(28) | Comments(20)
<ランキングへのクリック、有難うございます。m(__)m もし記事を読んで、悪くないと
思ったら、←メモ欄のところにあるバナーやリンクをクリックして下さい。上下は別物です。>


 バブルの頃は、一般庶民の多くもバブリ~な世界に浮かれていた。それまで抱いていた
倫理観やら道徳観やらはどこへやら・・・カネ、物(オンナ?!)そして贅沢な時間に溺れ、
モラルもへったくれもないように見えた時代であった。
 またこの頃、一般庶民が株式投資(投機)に手を出すようにもなった。額に汗しなくても、
大金を手に入れられることを知ってしまった時代である。
 何か庶民が禁断のパンドラの箱を開けてしまったような時代だったのかも知れない。

 堀江氏の「カネで全てが買える」「女は金について来る」と発言を非難する人が多かっ
たが、バブルの頃は企業だけでなく、一般ピ~プル(特に男性)の中にも同じような勘違
いをしていた人が少なくなかったのではないだろうか?
 (7)でも書いたように、企業は国内だけでなく、海外の一等地まで買いまくって、アメリカ
全土も買えるとか、オーストラリアを全部買い取るとかまで豪語していた人もいるのである。
 そしてこの時代、中・高校生だった者には、社会や大人たちの最悪の姿を見せてしまっ
たようにも思う。
 大人にしてみれば、それまで地道にコツコツ頑張って来たご褒美みたいに思えた部分も
あるかも知れないのだが、子供にそれがわかるはずもあるまい。あの状況を見せておいて
「カネが全てじゃない」とか「額に汗して地道に働くのが一番だ」などと言っても、何の
説得力もないように思えるのである。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-12 02:18 | 堀江氏逮捕に思うこと | Trackback(23) | Comments(13)
 昨夜のニュースで、拘置所で過ごす堀江氏が百科辞典の差し入れを求め、自由時間に
それを読んでいるようだという話をきいた。

<追記・ネットのニュースでは、百科辞典の差し入れを要請したと書かれていた。> 

 前にも少し書いたが、堀江氏の親は彼にお金の大切さを教えようとして、お小遣いや
子供の欲しがる物は与えず、そのかわり知育や教育には熱心で、小さい頃から地球儀や
百科辞典(天体望遠鏡も?)などは積極的に買い与えていた。堀江少年は、友達も少なく
親も共働きで家には祖母しかいなかったので、帰宅すると百科辞典を読みあさり、その
大部分を記憶してしまっていたのだという。
 彼が、宇宙旅行を夢見るようになったのも、百科辞典でアポロ計画の話を読んだこと
がきっかけになったのだそうだ。

 今、拘置所で一人になり、もう一度改めて百科辞典を読みたいと思った堀江氏は、
その原点から自分を振り返ろうとしているようにも感じられた。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-11 09:18 | 堀江氏逮捕に思うこと | Trackback(5) | Comments(2)
 さて、いよいよ(やっと?!)、話はバブル期に突入である。

 私はこのバブル期が、日本をと~ってもダメにしてしまったと思っている。そして
バブルがはじけたあと、何で大人たちはもっとあの時期の問題点を考えたり、反省
したりして、日本の社会全体をいい形で立て直そうとしなかったのかと思ってもいる。
そのツケがここに来ているのではないだろうか?

 だから、(4)でも少し書いたが、TV等で年長のコメンテーターやら政治家、経済
人やらが、堀江氏やライブドア社のことを「カネで何でも買えるなどという拝金主義は
よくない」「ライブドア社は実体がない会社だ。本業そっちのけで、金融や株式、M&A
だけで稼いだり、会社の規模を大きくしようとしている」「時価総額のような数字だけに
とらわれ過ぎて、企業理念がない」「違法スレスレとか違法性のあるような強引な手法
ばかりとっていて、企業のモラルがない」などなど、いかにもというようなしたり顔で
批判するのを見ると、何だか腹が立って来る時があるのだ。

 私は問いたい。小一時間、問い詰めたい。
「じゃあ、あのバブル期は何だったのか?」と。「あなた達は、あのバブル期に何を
していたのか?」「あの時のことは、もう記憶にないのか?」と。

 <つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-02-09 04:03 | 堀江氏逮捕に思うこと | Trackback(19) | Comments(13)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7