日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


 最初に、気になる共謀罪+αの採決に関する最新情報を。

 31日に予定されていた法務委員会は開かれないことになったため、少なくとも31日
に(強制)採決が行なわれるおそれはなくなった。6月1日に理事会を行なう予定がある
ようなので、2日に委員会が開かれる可能性はある。
 29・30日と与党・民主党の実務者同士の会合が行なわれたが、ある程度、争点は
しぼられて来ているようであるが、5年超にするか5年以上にするかなどの点で隔たりが
大きく(後掲*1)、もう少しの間、協議が続けられることになりそうだ。
 ただ、後述のように、今国会の会期が延長されないことが確実となり、医療制度改革
法案をはじめとして、他の法案の審議や採決・議決を優先させる可能性が高いことから、
おそらく早くとも7日までは強引な形で採決を行なうことは避けるのではないかという
見方が強い。その後の行方は小沢代表も言うように、小泉首相の政治判断に委ねられる
ことになるかも知れない。


<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-31 11:03 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(12) | Comments(2)
 
 29日に与党と民主党からそれぞれ3人ずつの法律の専門家(弁護士資格を持つ者
など)出し合う形で、共謀罪などに関する実務者会議が行なわれる。そして与党側は
31日に法務委員会を開いて、そこで採決を行なうことを考えているという。

 
 どうも自民党は、国民投票法案などに関しては今国会中に成立させることをあきらめ
て、今秋の臨時国会で継続審議することを考えているようなので、共謀罪もこんなに
バタバタ審議せずに、秋に回してゆっくり審議すればいいのにと思ったりもしたのだが
そうも行かないらしい事情が見えて来た。
 私はコチラの記事で、政府&与党が共謀罪成立を急ぐ最大の理由は、国連条約締結の
準備のためだと書いたが。それだけなら、秋の臨時国会でも何とかなるだろう。
 だが、彼らが急がなければならない大きな理由がもう一つあった。7月中旬にG8
サミットが行なわれるからだ。この件に関しては、この記事の最後に書くことにする。


<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-29 15:16 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(15) | Comments(8)
さて当ブログの気になる三法案<国民投票法案、教育基本法案、共謀罪+α)であるが、
国民投票法案、教育基本法案に関しては、審議は進められるであろうものの、少なくとも
今週中に採決ということはない。
<武部幹事長も、27日に講演会で、今国会の会期中での成立は難しいので、継続審議
にして秋の臨時国会に回すことも考えると言っていたらしい。>

 だが、共謀罪+αは今週が本当に大きなヤマ場になるであろう。
 何か毎週のようにヤマ場と書いていて狼少女扱いされそうなのがコワイが^^;、国会の
日程を考えたら(大幅な会期延長をしない限り)、もう今週に法務委員会で採決をとら
ないと今国会での成立は間に合わない可能性が高くなってしまうからである。
 5月の連休明けから3週間、ネットや市民団体、一部の識者がどんどんと反対の声を
あげ、ようやくマスコミも取り上げるようになり、何とか採決をしのいで来たのだが
(自民党側も小泉改革の総仕上げとも言える行革関連法案が26日に成立するまでは、
ガマンをしたところがある)、コチラの記事でも書いたように、政府はこの法案の成立
を急いでいるので、ここからは強引にコトを運ぶ危険性がある。
<31日までに採決することを考えているらしい。>

 共謀罪に反対する者、また私のようにもっと要件を厳格にすべきだと主張している
立場の者も含めて、最も懸念すべきことは、民主党が与党側と妥協し合う形で、シャン
シャンとお手打ちをしてしまうことである。残念ながら、法務委員会には絶対反対野党
の社民・共産党の委員が一人しかいないので、この与党、民主で合意(共謀?)されて
しまうと、国民はお手上げになってしまう。
 ところが、ここで「え?」と首をかしげたくなるような展開になって来た。

『 衆院法務委員会は26日の理事会で、「共謀罪」新設の組織犯罪処罰法などの改正案
をめぐる修正協議を前進させるため、与党と民主党の弁護士資格を持つ委員らによる
実務者協議の場を新たに設置することで合意した。29日午後に初会合を開く。
 与党と民主党のそれぞれ3人がメンバー。与党は早川忠孝氏ら法務委理事を充て、
民主党は今後人選する。与党側に一部譲歩する形で民主党が示した修正案について集中的
に議論し、30日の理事会に結果を報告する予定だ。
 与党は民主党との修正協議を決着させた上で、31日に法務委員会で採決に持ち込み
たい考えだが、民主党との主張の隔たりは依然大きく調整は難航しそうだ。
民主党の平岡秀夫同委理事は記者会見で「実務者会合でより国民生活が不安のないもの
になるならば積極的に(提案を)受けたい」と述べた。ただ、協議の妥結時期は「(修正
協議の)結論が出たときが出口だ」と強調した。<北海道、日経より抜粋>』

 要は29日から、与党側と民主党側から法律のことがよくわかっている弁護士資格を
持っている議員を3人出し合って、民主党が出す再修正案について協議をして、うまく
折り合えば、それで31日に採決してしまおうというのである。

 私がこの実務者協議で最も問題に思う点は、おそらくこれが密室で行なわれるであろう
ことである。
 確かに、近時の法務委員会での審議の大部分は、条文の細かい部分に関する専門的な話
で占められており(団体の要件、長期刑の年数、処罰条件の解釈、国連条約との関係など)
あまり専門知識のない国会議員や一般国民が聴いても、何を言っているかさっぱりわから
ないというような内容のものが多かったように思う。
 だが、それでも法務委員会の場で審議をしてくれるなら、傍聴もできるし、また近時は
有難いことに衆院TVでの中継もあるし、他の議員も国民もマスコミの監視の目の中で
話し合いが行なわれることになるし(その中には専門的知識を持っている人もいるし)、
議事録も残るので、下手な(orいい加減な)妥協や取引やお手打ちはしにくい。
 しかし、もし密室の中で行なわれてしまっては、どのような形で話が進むのかわから
ない。その結果「話がまとまりました」と合意&採決されてしまったら、元も子もない
のである。
<民主党案をメインにする形で最終的な改正案を作ることにすると言われれば、民主党
だって悪い気はしないだろう。民主党の頑張りで、共謀罪の対象範囲を狭めて、国民への
脅威を小さくしたとアピール(自慢?)できるのだから。>

 ここは民主党の小沢代表の判断が大きくものを言うかも知れない。
 彼は司法試験の勉強をしていたこともあって、共謀罪の問題点がよくわかっている。
また、おそらく国民やマスコミが共謀罪に関心を持ち、民主党がどのように対応する
かに注目していることも認識しているであろう。ここで妥協して採決することが、民主
党にとってプラスになるのかならないのか考えて判断することになると思う。
<彼のことだから、国民との関係だけでなく与党との関係や、他の大きな法案の審議
との兼ね合いも含めて考えるだろうが。>
 個人的には、ここで(しかも密室で)民主党には安易な妥協&採決はして欲しくない
し、そのようなことをすれば、折角上がり始めている民主党の支持率にも影響があるの
ではないかとも思う。何とかここで民主党の存在意義を示して欲しいところである。

<私は、もともと支持政党は持たない主義なのだが、自民改憲を阻止したいという思い
が強いので、当面の間、民主党を支援しようと考えて、ここにもアレコレ書いている。
だが、民主党の出した教育基本法の改正案にもガッカリさせられている(前文は与党
案よりひどいと思う)。また共謀罪の対案は与党案よりはマシなので、このまま与党案
で強行採決されるよりはいいとは思うが、ここで与党側に安易に譲歩するようだったら
民主党を支援する気持ちが、ぐぐ~んと低下してしまうようにも思っている。>

                               THANKS

<もしよろしければ、↓のリンク(上下は別物)をそれぞれクリックして下さい。m(__)m
と~っても励みになるです。(^^♪>

にほんブログ村 政治ブログ

人気blogランキングへ
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-28 13:01 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(8) | Comments(2)
 今回は、前記事のつづきをアップするのだが・・・。
当初は2~3回に分けてアップする予定だったものを一気にアップすることにしたので
おそろしく長い記事になってしまった。(-_-;)
 興味を抱いて下さった方は、どうか疲れない程度に、何回かに分けて読んで下されば
幸いである。m(__)m

 前回のおさらいを少しすると・・・
 日本政府は、79年から国連の社会権規約に締結しているが、「(大学などの)高等
教育を漸次(だんだんと)無償化する」という条項は「留保」し(合意せず)、01年
に国連から勧告を受けて06年6月末までに回答しないといけないのだが、今のところ
応じる気配がないという話である。
 しかも、この規約に締結している世界で151ヶ国中、高等教育の無償化の条項を
留保しているのは、日本、マダガスカル、ルワンダの3ヶ国のみなのである。

 また、日本の高等教育の私費での教育費負担率は50%を超えており、これはG8
では断然トップ、OECD諸国の調査でも韓国と共にトップの位置にある。(他の
データでも50%超えている国は、世界でこの2国しかない。>
 他国でも私大はともかく、国公立大は無償またはそれに近いところが多いのである
が、日本の場合は国公立大の授業料がどんどん値上げされ、現在は年額50万円以上、
初年度は入学金とあわせて80万円以上かかる。<ちなみに私大は初年度平均150万
円理系は200万円前後、医大は1000万円以上かかるところもある。>

 だが日本政府は「大学の学費を無償化したら、高校卒業後に働いて税金を納める者と
の間に不公平が生じる。国公立大があまり安いと、私大に進学する者と不公平が生じる。
また日本の高等教育は私学が多いので、国政として無償化して行くのは困難だ」と主張
して、なかなか状況を改善しようとしていない。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-26 12:54 | 政治・社会一般 | Trackback(26) | Comments(49)
 小泉首相の訪米日程が決まったそうだ。6月27~7月1日にカナダと米国を訪問
するとのこと。首相は6月29日にブッシュ大統領との首脳会談と晩さん会に臨み、
30日に大ファンのエルビス・プレスリーゆかりのメンフィスを二人で訪れる。
 またワシントンからテネシー州メンフィスへの移動に際して、米大統領専用機エア
フォース・ワンにブッシュ大統領と乗り込む方向で米側と調整していることが分かった。
外務省によると、エアフォース・ワンに外国首脳が乗るのは極めて異例。9月退陣を
控える首相を大統領が破格の歓待で迎えることで、5年間に及んだ両首脳の蜜月を世界
にアピールするつもりなのだという。
「米国産牛肉の輸入再開」という国民の命を粗末にするような手土産を持参で?!

 24日、衆院の特別委員会で教育基本法改正の審議が行なわれた。
 案の定、「愛国心」に関する表現の話(『心』と『態度』の違いとか)や、その
とらえ方や評価の問題がメインになっていたのだが。そのような部分にこだわって、
集会を重ねている議員も少なくない中、小泉首相があっけらかんと「国を愛する心も
態度も同じようなもの」「学校で愛国心を評価するなんておかしい」と答弁していた
のがおかしかった。安倍氏はあまりいい顔をしていなかったようにも見えた。


 さて、愛国心に関する話はまた改めて書くことにして、24日の質疑で高等教育の
無償化に関する2006年問題の話が出ていたので、今回はそのことについて書いて
みたい。これは、日本が国連の勧告を無視して、高等教育(大学、短大等)の授業料
を無償化して行く努力をしようとしていないという話である。

 <つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-26 00:07 | 政治・社会一般 | Trackback(7) | Comments(6)
前回記事の続きは後日に回すとして、今回は共謀罪に関する最新情報と「何故、こん
なに急ぐのか?」という話と、ブログで扱って欲しいとリクエストがあったので、
「メーデーのサウンドデモ逮捕」の事件について少し触れたい。
 
 与党は26日に議決される予定の行革推進法案を無事に成立させたいことから、
今週中は共謀罪などの採決は行なわず、民主党との間で修正協議を続けて行くことを
自公の国対委員長、幹事長らが会談で確認した。しかし、自民党の武部幹事長は、
会談後に「衆院の河野議長の意思は今国会での成立だ。すり合わせがこれ以上無理だ
という時点で採決の手続きにならざるを得ない」と語ったという。<時事通信など>

 他方、民主党は24日に法務部会を開き、与党案に譲歩する形で修正課題をまと
めた。<共謀罪の対象を5年超の懲役等の犯罪に加え、5年以下の人身売買や集団密航
など国際的な組織犯罪については対象に含める。他国内で行われた組織犯罪の容疑者が、
日本に逃亡した際の捜査共助要請には応じられるようにするなど> しかし、まだ両党
の法案には開きがあることから、修正協議が調うかどうかはビミョ~な状況である。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-24 21:43 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(12) | Comments(9)

 最初に、このブログでよく取り上げている事柄に関連するいくつかの情報を。

 共謀罪の審議、採決に関しては、与党内でも扱いに困っているようだ。
 23日の朝日新聞には『杉浦法相は23日、閣議後の記者会見で「すでに40時間
以上審議しており一つの法案としては破格に長い。採決する機は熟している」「民主
党から(先週末に提案することになっていた)再修正案が示されなければ、法務委
での法案審議はこれ以上せず、採決に踏み切るべきだ」との考えを示した。 19日の
河野議長の裁定について「できるだけ円滑にという趣旨であり、さらに審議して
ほしいということではないようだ」 』と記されていた。
 だが、時事通信では「政府・与党は23日、衆院法務委員会での週内の採決を見送る
方針を決めた。民主党との修正協議のめどが立たない中で、採決に踏み切れば26日の
成立を目指す行政改革推進法案への影響が避けられないと判断した」と報じられた。

  

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-23 17:09 | 政治・社会一般 | Trackback(14) | Comments(14)
<22日10時・教育基本法改正案の民主党対案に関する参考記事を追記>


  先週は、仕事が多忙であった上、個人的にもイヤなことが多く、世の中のことでもアレ
やコレやと気になることばかりで、ド~ッと疲れてしまった1週間であった。

 国会では、共謀罪や教育基本法改正の審議が進められ<医療改革の法案の強行採決は
本当に残念だったが>・・・。案の定、コチラに書いたように米牛肉輸入再開への動きが着々
と進行し・・・。気が休まらない日が続いている。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-21 07:45 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(26) | Comments(4)

19日、午後1時から共謀罪の審議を行なうために、衆院の法務委員会が開かれた。

与党側は午前中の法務委員会の理事会で、再々修正案を民主党に提示して理解を
求めたが、民主党がこれを飲まず、話は物別れに。
武部幹事長が記者会見で、「民主党と修正の話し合いで決着できない場合は、ルール
に従って採決するのは当然だ。これまで十二分に議論してきたので、粛々と進めていく
べきだ」と強行採決を臭わせた。それに対して、民主党は小沢代表が出席して臨時役員会
を開いた。小沢代表は「与党案は極めて弊害が多い。強行採決を与党が図るなら、我々と
しては強い態度で臨むべきだ」と語り、与党が採決に踏み切れば、衆参両院ですべての
審議を拒否する」という方針を確認。他の野党もこれに追随する構えを見せたという。

果たして強行採決をするのかしないのか明らかでないままに、午後1時から法務委員会が
始まったのだが・・・。
しかし、河野洋平衆院議長が、細田氏、東氏の自民、公明国対委員長を呼び、いわゆる
議長裁定の形で、19日の強行採決を見送るように求めたようで、午後1時半頃には、強行
採決は行なわれないと決まった。<民主・渡部氏とも協議したらしいとの報もあり。>

河野議長は「国民やマスコミの大きな関心事なので、私も事態を心配している。」と語り、
自民党国対幹部に「国際条約に関係する法案を政争の具にするのはよくない」として、
採決の見送りを求めたという。

<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-19 16:15 | 共謀罪、教育基本法改正 | Trackback(17) | Comments(10)
<この医療制度改革法案の問題点や強行採決に関連して、東京新聞がわかりやすい社説を
書いているので、コチラにリンクしておきます。19日12:30>


 共謀罪+α、教育基本法の改正案、格差社会(医療費問題含む)、輸入牛問題など
重要な問題に関して書きたいことが山ほどあって(しかし、時間はなく)、何をどこ
から書いていいものなのか悩んでしまう今日このごろであるのだが。。。
 今、衆院TVで党首討論と厚労委員会の審議(強行採決)を見たばかりなので、
今回はそのことを書きたい。

 17日には民主党の小沢氏が、代表になって初めての党首討論を行なった。
 その冒頭で小沢代表は、同日に衆院の厚生労働委員会で医療制度改革関連法案で
強行採決(関連報道コチラ)が行なわれたことを批判し、小泉首相に野党の見解も
きき、十分な審議を尽くしてから採決を行なうように要請をした。その後も議会制
民主主義のあり方に関して、持論を述べていた。
 これは、おそらく今、問題になっている共謀罪+α、教育基本法改正案、国民投票
法案などに関して、与党側が委員会や本会議で強行的な採決を行なわないように
けん制をしたものだと思われる。
<医療制度改革法案、党首討論の感想を、この記事の最後に追記した>

 19日、衆院の法務委員会が開かれて、共謀罪の審議が行なわれる予定になって
いる。18日朝のNHKのニュースでも取り上げていたが、自民党の理事からは
19日に強行採決を行なおうという話が出ているという。<公明党は反対の意向>
この報を受けて、民主党は「もし19日に強行採決を行なったら、それ以降の衆院
の審議は全て欠席することも検討する」という構えを見せているようだ。

 
<つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-05-18 06:55 | 民主主義、選挙 | Trackback(22) | Comments(20)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7