「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

セクハラ問題で火に油~世間と..
at 2018-04-23 01:51
新潟知事、醜聞で2人連続アウ..
at 2018-04-22 04:59
柳瀬の面会予定メールが文科省..
at 2018-04-21 06:18
自衛官、議員に「国民の敵」と..
at 2018-04-20 00:36
女性記者、セクハラ次官に一刺..
at 2018-04-19 06:33
セクハラ発言~福田次官、財務..
at 2018-04-18 11:12
安倍、政権維持を賭け、米国に..
at 2018-04-17 19:28
イラク日報に「戦闘」状況、自..
at 2018-04-17 05:02
安倍、支持欲しさに見解変更。..
at 2018-04-16 02:06
安倍に響かぬ「平和の番人」野..
at 2018-04-15 20:20

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

安倍内閣は総辞職し・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
保育園利用出来ない人が未..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2000年代は異常気象の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
首都圏で江戸時代に噴火し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公人の女好きは困ったもの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
現代では考えられないこの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民のためだ、疑惑続きの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
森友問題などの不祥事で国..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
シリアでの敗北が避けられ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トランプ大統領はシリア攻..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44
mewさん3月14日5:..
by xtc 4241 at 05:45
mewさん3月10日4:..
by xtc4241 at 04:34
mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01

ブログパーツ

タグ

(1288)
(767)
(648)
(463)
(285)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(162)
(159)
(156)
(152)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

3党連立合意、ようやく調う・・・社民党への懸念と期待+サッカー・日本ーガーナ戦

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 昨日、サッカーの日本代表は、ガーナの親善試合を行なったの
だが。後半半ばまでで1-3とリードされながら、日本代表が後半
の33分、34分、38分と立て続けにゴールを決めて、4ー3で
逆転勝ちをした。(~~)
 
 それまでに3点(1点はPK)とられたのにも、チョット問題は
あるのだが。

 たった6分の間に3点もとるなんて。こんな日本代表をmewは
見たことがないかも~。(@@)
<日本代表が後半、短時間のうちにバタバタって点数をとられる
のは、見慣れているけど?^^; tsui suujitsu-mae toka mo・・・>

 後半の後半、ガーナの守備がバラバラになって来ていたのも
あるけど。日本代表が、最後まで点数をとろうと、ゴールに向かう
姿勢を見せた&早めにシュートにつなげるプレーができたのは、
大きな収穫だったのではないだろうか?(・・)
<この試合は、2トップにしたことも、そして選手の交代も
効果的でよかったかも。(~~)>

 ただ、mew的に気になったのは、中村俊輔に代えて、本田を
入れたこと。(~選手の表記略)
 実は、前回のオランダ戦のFKの際に、本田が俊輔に「オレに
蹴らせて下さい」と言ったこと<俊輔は無視(?)>が、試合後、
かなりマスコミに取り上げられていて。<本田があまり守備を
せず、俊輔が連携に不満をもらしたとかいうことも。>
 両者の関係やチーム内での本田のあり方などに、何かイヤ~な
雰囲気が伝わるものがあったからだ。(・・)

 とはいえ、これから本番に向けて、色々な選手を使って行く
機会&必要があるし。<森本も加わるはず(?)だし。>
 チームの和も大事だとはいえ、上位を目指すには、若くて
怖いもの知らず&アグレッシブで、よくも悪くも自信家の選手も
必要かな~とも思うし。<結果を残せばいいのよね。(・・)>
 日本代表が、ここから、またどんどん変貌&進化して行く
ことを楽しみにしたいmewなのだった。(@@)

 昨日はテニスの杉山愛選手が、今季での引退を表明したとの
ことで。チョット心穏やかでないとこもあるのだけど。
 今週、帰国して会見を開くようなので、その件は、また改めて
書きたいと思う。(-"-) 
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 さて、政治の方はと言えば・・・。

 昨日、ようやく民主党、社民党、国民新党の連立協議が調って、
3党の党首が合意文書にサインをした。
 社民党の福島党首も、国民新党の亀井代表も入閣を了承したこと
から、これで3党連立の内閣ができることになる。(・・)

<関連記事と合意骨子+ちょっと長いけど、合意文書を*1
にアップしておく。>

 正直なところ、3党合意までに、思ったよりも多く日数が
かかってしまったので、イライラし始めていた人もいたのではない
かと思うし。^^;
 社民党の存在も重要視しているmewも、さすがに、この2~3
日は、「まいったな~」と複雑な思いを抱くところがあって。
その分、昨日は「ほっ」とさせられたとこがあった。_(._.)_

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 いや、mewには、社民党の立場もわからないではないのだ。

 社民党としては、ここで、それなりに存在感を示したいところ
だし。<このままだと、民主党に合併吸収されるのではないかと
懸念している支持者などもいるので、尚更に?^^;>
 また、mew自身、特に憲法がらみや安保外交政策の面では、
社民党の存在に期待する部分も大きいのも事実だ。(・・)

<保坂氏は、バックで色々と手伝っているようだけど。何か役職
を得る形で、内閣の仕事に携われるといいのにな~。>

 mewは、現実離れした政策は望ましくないとは思うのだけど。
 民主党&国民新党には、自民党と変わらないぐらい保守タカ派的
な幹部や議員もいるので。米国におされて、どんどん現実的+αの
方針をとるようになってしまうおそれがあるし。
 雇用などに関しても、経済界におされると(献金やら何やらの力
も大きいし?)、なあなあになってしまうおそれもあるので。社民
党が連立政権内で、時にクチうるさく、アレコレ言ってくれる
ぐらいが、ちょうどいいかな~と思うところがあるからだ。(**)

<福島氏は、結構、現実的に対応できるとこもあるのだけど。
党の組織や支持団体が、結構、細かいことにこだわるのよね。>

* * * * *

 ただ、社民党の福島代表が、会見で、わざわざ「決してごねて
いるわけじゃない」と言っていたように、世間的には「社民党が
ごねてる」とか、「これでは、政権与党ではやっていけない。先が
思いやられる」と思われてしまった面もあるかな~と危惧したし。
 それに、マスコミや野党にツッコまれるネタにもなりやすいので、
率直なところ、今後、そのあたりは、もう少しうまくやってもらえる
といいな~と思ってしまう部分もあった。(-"-)

 ちなみに、昨日、公明党の山口新代表らが各党に就任のあいさつ
回りをしたのだけど。社民党に来た時に、阿部知子氏が連立協議が
最後の部分で難航していることを前提に、「大変ですね、連立って
いうのは」と語ったというニュースには、思わず笑ってしまった。
・・・民主党の中には、自民党の議員に「大変ですね。連立って
いうのは」とこぼしていた人がいたかな~って思ったりもして。^^;>

 公明党に関しては、また改めて書く機会もあるかと思うが。
 mewは、公明党が、自民党と10年も連立政権を維持し続けて、
自分たちの党の方針や政策にかなり反するようなものにもOKして
まで、小泉、安倍、麻生自民党の諸法案、政策を通すことに協力
していたことは、国民に対して(または党の支持者)に対して、
かなり、罪深いものがあったと思っている。(・・)

 山口代表は、9日にラジオ番組で『「連立でぼけてしまった
ことがあるかもしれない。公明党の持ち味である福祉、平和、教育、
環境で妥協し、分かりにくくなった点は否めない」と、連立の
難しさを指摘』していたとのことだが。(読売新聞9日より)
 今回の総選挙では、その報いが来てしまったとこもあるだろうし。
そして、社会党にも、同じような難しさがあるかも知れないと思う
ところがある。(-"-)

 でも、たとえば、教育基本法の改正案では、<公明党がOKしな
ければ改正されずに済んだんだけどさ(`´)>、公明党がいた
からこそ、自民党の超保守派議員が日本会議側と用意したトンデモ
原案を、かなり変えることができたし。
 公明党がいたからこそ、自民党は、最後まで集団的自衛権の解釈
変更や。海外派兵の恒久法作りができなかったし。
 自民党の新憲法草案や改憲の国民投票法案も、公明党への配慮が
大きかったことを考えると、mew的に見ても、公明党が連立を
組んでいた意義は、全くないわけではなかったようにも思える。(・・)

<まあ、自民党の議員や支持者(特に超保守や保守タカ派には、
ジャマっけでしょ~がなかっただろうけど。(>_<)>

 それに、自民党が、300議席を超えた頃にどうであったように、
民主党もあまりにも議席数の多いだけに、時が立つにつれて、
だんだん図に乗って、委員会などの場で横暴なことをしかねない
おそれもあるしね。^^;

 そのようなことを考えると、社民党にも、多少ジャマっけのように
言われることがあったとしても、あまり安易な妥協はせず、しっかり
と自己主張してくれていいかな~と思うmewなのであった。(@@) 

                   THANKS


【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  

More
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-10 14:41 | 民主党、民進党に関して | Trackback(10) | Comments(0)

ダミー候補への首班指名を決めた&総会で反省の見えない自民党には、再生はムリかも?

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


  総選挙が終わって、今日で10日になるのだが・・・。
 選挙惨敗後の自民党の混迷ぶりには、近時、自民党支持者の中
からも、失望のため息が出ているし。アンチ自民党の人からも、
「こんな調子で再生できるのか?」と心配する声が出始めている
ほどだ。^_^;

 mewは、もともとアンチ自民党ではないし。議会制民主主義の
発展&民意をもっと反映するためには、どの政党にも頑張って
欲しいと思っているので、自民党には、何とかいい形で再生して
欲しいと願っているのだけど。(・・)

 昨日、自民党の衆参議員を集めた両院議員総会が行なわれたの
だけど。その光景を見ていて、ますます呆れ果ててしまった人、
危惧感を募らせててしまった人が、少なからずいたことだろう。(-"-)
<総会に関する報道を*1に>

 mewが、何より驚いた&呆れてしまったのは、16日の特別
国会の首班指名で、何と両院議員総会の会長である若林正俊氏
(参院)の名前を書くことに決めたことだ。(゚Д゚)

 これは、自民党が得意とする「玉虫色」決着の典型例であって。
 しかも、まさにその場をうまくしのぐために、誰も望んでいない
&党のためになるとも思っていない結論を決めて、しゃんしゃんと
手打ちをしようという最悪&姑息な(=その場しのぎ)の手段で
あって・・・。

 しかも、何だか「党再生が何たら」っていかにも危機感を持って
張り切っているかのように見せている若手・中堅議員までが、この
ような結論に賛同したのを見て、「これじゃあ、自民党が再生する
のは困難かもな~」と。「というか「もう、ダメだ。こりゃ」「ダメぽ
かも」とさえ思ってしまうところがあった。_(。。)_

* * * * *

 自民党内では、首班指名で「麻生総裁の名を書きたくない」と
いう声が、どんどん強くなっていて。(・・)
 それで、困った執行部は、苦肉の策として、麻生氏が16日の
特別国会の前に総理大臣を辞職(内閣総辞職)する際に、党総裁
も辞任することにして。「首班指名の時には、もう党総裁はいない
ので、白紙投票をするように」とコトを運ぶべく考えていたと
いう。^^;

 しかし、これに対して、若手・中堅議員を中心に「白紙投票は、
望ましくない」という意見が続出。<白紙投票は、議会制民主主義
or議院内閣制、政党政治の本質に反するとか、国会議員としての
職務の放棄だとか、もっともらしい理由をつけてる人が多かったん
だけどね。(-"-)>
 総会は収拾がつかない状況になりつつあった時に、<以前から
そのような話が出ていたのだが>、みんなで統一して同じ人の名を
書くなら「総会の会長の若林氏の名を記すのがいい」という提案が
あって、そこに話が落ち着いてしまったのだった。(・o・)

<mewは、党執行部が第2案として、この方法を用意してあった
のではないかと思ったりもしてるんだけどね。^^;>

 でもさ~。いくら何でも、次の総理大臣を決める投票をする場で、
党の総裁になる気もない人の名前を、つまりは、いわばダミー
総理候補を、党の議員がみんなでそろって書くというのは、
あまりにもヒドイ話だと思いません?(ーー)

 mewには、この方が、よ~っぽど民主政、政党政治への違背
や国会議員としての職務の放棄に当たるのではないかと思えるし。
ある意味では、国民全体や、特に自民党に投票した支持者をバカに
した失礼な話ではないかとさえ思ってしまうところもある。(-"-)

<ちなみに、mewは、こうなったら、思い切って、個々の議員が
次の総裁、総理にふさわしいと思う人を、好きに書いていいと
いうのも悪くないと思ったし。
 ど~しても、統一性を重視したいなら、新しい総裁が決まって
いない以上、白紙投票でもいいと思っていたし。(「白紙に戻す
政権与党」の決意も込めて。)
 白紙よりもマシな方法として、皆で「第24代自民党総裁」と
書くのはどうかしらと思ったりしたのだけど。(今月末の総裁選
で決まる麻生くんの次の総裁は、第24代なのよね。(・・))>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  
 
 まあ、そもそも、この両院議員総会は、冒頭から期待薄という
感じがあったのよね~。(-"-)

 まず、はじめに麻生総裁が、今回の総選挙の謝罪を行なったの
だけど。これが、相変わらず、オレさま的な態度が抜けきれない
感じで、全くと言っていいほど反省の気持ちが伝わって来るもの
ではなかったし~。^_^;
 おまけに、若林氏に投票しようという案が出た時には、いきなり
マイクを自らのクチもとに引っ張って来て、ダミ声で「本人の意思
もきてやれよ!」とか、エラそ~に言ってたりするし。
 さらに、総会終了後、小泉進次郎くんを相手にして、森氏らと
談笑したりしてるし。(>_<)

 mewが自民党の議員だったら、「何か言動するのを見ると腹が
立つし。党再生&イメージ復活のジャマになるから、もうあまり
人前に出たり、クチを開いたりするのはやめてくれ」って言いたく
なっちゃうかも~、と思ってしまったです。_(。。)_

<せめて演技でもいいから、シュショウ(首相&殊勝)な態度を
とればいいと思うのに。ああいうもの言いしかできない可哀相な人
なのか。それとも07年の参院選惨敗後の安倍っち同様、負けた
のは自分のせい(or自分だけのせい)だとは思っていないのか。^^;
 そう言えば、麻生氏共々、今回の下野の責任が大きいと思われる
安倍&福田元首相は、総会を欠席されたそうで・・・。(-"-)>
   
* * * * *

 会場の前方で、議員たちの方を向いてズラ~ッと並んでいる執行
部の面々に関しても、あまりの惨敗&混乱ぶりに、どうしていいか
わからなくなっているような部分もあるとは思うのだけど。
 昨日の総会では、党の再生のことは二の次で、ともかく少しでも、
自分たちの思うような形&ペースでコトを進めたい、という感じの
方が強くオモテに出ていて。「何だかな~」って思ってしまうとこ
があった。(-"-)

 昨日の総会では、若手・中堅議員の何人から、総裁選に関して、
これまでのように、派閥の力が強く影響するようなものにしない&
意欲のある人が出馬しやすくなるように、総裁選に立候補する要件
を「推薦人20人から10人に緩和して欲しい」という意見も出て
いたのだけど。
 何だか、執行部の対応は、最初から「きく耳、持たず」という
感じにも見えたしね。^^;

* * * * *
 
 自民党がここまで大敗した大きな要因の一つは、総裁選びを
例にとれば、本当に各議員が人物や政策を評価している人を
選ぶというより、ベテラン実力者の思惑や、政権維持のための
人気への配慮が優先されてしまって。上が決めた方針に沿って、
総理総裁を選んで来たことがあったのではないかと思うのだ。

 森氏は、党内でも国民でも支持が低いのに、密室談合で総裁に
決まったし。小泉氏は、郵政民営化に反対の議員が多かったのに、
その人気に頼って総裁を5年半も続けさせてしまったし。安倍、
福田、麻生氏は、森氏&町村派などの思惑で決まっちゃったし。
 それで、国民生活だけでなく、自民党もボロボロになって。
しかも、自分で本当に支持して選んだという実感がないから、
今、小泉氏や麻生氏らに対しての不満や、恨みがましい言葉などが
続出しているわけで。
 若手・中堅を中心に再生会議を作ると決めたものの、それも
ガス抜きのためではないかという感じもしてしまうし。(-"-)
 
 今回の若林氏への投票は、あくまでも形式的なものではある
のだけど。
 そもそも、ベテラン議員の大部分は、自分たちの支配力を
失わせるような解党的出直しなんて、やる気はないように
思えるし。
 ましてや、若手まで一緒になって、旧態依然とした感じの
妙な妥協とか玉虫色決着とか、その場しのぎの党運営を
繰り返しているようでは、自民党の再生とか解党的出直し
なんてものは、やりようがないんじゃないかな~と思って
しまったmewなのであった。(@@)

               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  

More
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-09 13:26 | 自民党について | Trackback(4) | Comments(2)

祝&感謝・当ブログ4周年・・・そして、まだまだ続く真の民主政への道&MYブログ(?)


 今日で、このブログを始めて、4周年を迎えました。"^_^"

 これも一重に、mewの政権交代への4執念の賜物かと?(苦笑)
<ただ、大きなモチベーションにはなっていたかも。(@@)>

 いや、これも一重に、いつもブログを読んで下さる方々、応援
のクリックを下さる方々、そしてコメント、TB、リンクなどでずっと
お付き合い下さっている方々のお陰と思い、心から感謝しています。
 本当に有難うございます。m(__)m


最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ

 
 あの悪夢のような05年小泉総選挙の最中に、「このままじゃ、
日本がアブナイ!」といても立ってもいられずに、このブログを
立ち上げて、ちょうど4年。

 mewがブログを書いたからって、だからどうなったってこと
ではないのだけど。
 4年後に、こうして、ついに政権交代が実現して、本当に嬉しく
思っているし。(^^♪

 総選挙が終わったあとにも、書いたけど。今でも、泉谷しげるさん
の「春夏秋冬」の一節のような心境が続いている感じがある。(・・)

『今日ですべてが終わるさ~。今日ですべてが変わる。
 今日ですべてが報われる。今日ですべてが始まるさ~。♪』

* * * * *

 そして、mewは、今のところ、ブログは続けるつもりで
いる。(~~)

 上述の歌詞ではないけれど・・・。

 この政権交代は、決してゴールではなくて。それこそ、今から、
日本に真の民主政が始まると言えるようなとこがあるし。

 民主党+αの政権も、何分にも「初めての政権運営」なので、
当分は、温かく大きな心で見守って行きたいと思うけれど。
 日本の国のあり方や国民の生活、権利がかかっているだけに、
ひとりの国民として、しっかりとウォッチして、問題があれば指摘
しなければならないと思っているしね。(・・)
 
<どの政党が与党になっても、政治の権力(政権)を持っている
ところや政治家、関係者たちを、国民やマスコミがきちんと監視
して、色々と考えることが、民主政にとって一番大事なことなの
だから。(+_+)>

 それに、これから「自民党や超保守勢力の巻き返し」もあるかも
知れないし。
<特に、安倍政権の時は、マジにこのまま自民党政権が続いたら、
とんでもなくアブナイ国になるかと、めっちゃ危惧感を抱いてiいた
んだけど。^^; 07年の参院選で、安倍自民党が負けて、今回
麻生自民党が負けて、本当によかったと思うものの。もうカルト
宗教に近いくらい、イッチャッテいる人たちもいるし。果たして
今後、どんな手段を使って来るかわからないだけに、油断は
禁物だ。(ーー)>

 そして、今後、さらに国政に民意を反映しやすくするためには
「政界再編」や「選挙制度の見直し」なども考えるべきではない
かと~とも思うし。

 こうして見ると、これからも、日本の政治から目が離せない日々
が、続いて行くのではないかと思うのだ。(**)
 
* * * * *
 
 ただ、さすがに4年間(実際には3年ぐらい?)、毎日、記事を
更新して来て、ちょっと心身ともに疲れた部分はあるし。
 それに、小さい頃からの悲願だった政権交代が、ついに実現した
ので、とりあえず「お百度参り」的に、自分に半ば、義務を課すよう
な感じで、毎日の記事更新するのは終わりにしようかな~と。_(。。)_)

 これからは、もう少し、自分のペースで、まったりと・・・。
 もしかしたら、結局は、毎日のように更新するかも知れないし。
急に何日か記事の更新をサボることもあるかも知れないし。^^;

 で、気持ちはまったりながらも、時には、今までより好き勝手に、
辛らつなor時におチャラけた感じの記事なんかも書いてみたい
かな~なんて、思ったりもするし。

 それに、今まで以上に、政治以外のネタも、もっと色々と扱って
みたいかな~と思ったりもしている。
<社会問題、教育、介護系とか、TVや芸能、スポーツ、競馬は
もちろん(?)、実はmewは、食べ物&お料理系や動植物、
通販などなども大好きで、政治なんかより何十倍も詳しかったり
するし~?(@@)>

 ランキングをどうするか、まだ決めておらず。
 また、実は、どこか違う会社のブログに移ってみたい気持ちも
あるのだけど。「永遠のPC初心者」のmewゆえ、そう簡単に
できないようにも思われるところもあって。^^;
<っていうか、exciteブログって、丸ごと、他の会社のブログに
エクスポートできないみたいなのよね~。(>_<)>

* * * * *

 そんなこんなで・・・。<どんな?(・・)>

 しばらくは、まったりとアレコレ試みながら、やって行きたい
と思っているのですけれど。
<とか言って、当分は、結局、毎日のように、政治のことをメイン
で書いてしまいそうな自分がコワイ。_(._.)_> 

 よろしければ、これからも、ブログへのアクセス&ご支援を賜り
ますように・・・よろしくお願いいたします。m(__)m

                   THANKS
 
【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2009-09-08 04:30 | 政治・社会一般 | Trackback(7) | Comments(4)

菅の国家戦略相、岡田の外務相など適材適所のAll-Star人事で臨む民主政権+sports

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

まず、大リーグ・マリナーズのイチロー選手が、今朝、メジャー
通算2千本安打を達成した。(*^^)v祝
 近代野球と言われる1900年代以降では、2番目の速さだと
いう。あと5本で、9年連続の200本安打も達成するのだけど。
毎年200本以上のペースなのだから、当然と言えば当然かな?(・・)

 そして、ゴルフの石川僚選手が、フジサンケイ・クラシックで
今期3勝目を挙げた。(*^^)v祝
 女子のゴルフ5レディスでは、諸見里しのぶ選手が何と今期5勝
めを挙げて、早くも賞金1億円を突破したのだけど。(*^^)v祝

 この2人や他の選手を見ていて、海外でプレーしたあと、日本
に戻ってプレーすると、コースが簡単に思えて仕方ないのかもな~
なんて感じるとこもあったりして。^_^;
 日本も、プロの大会のコース作り&設定は、もう少し難しくした
方がいいのかも。そうしないと、有名選手は、国内でやっていても
実力がつかないから、どんどん海外に出てしまうかもと懸念して
しまうmewなのだった。(@@)

* * * * *

 さて、あの総選挙から1週間・・・。民主党は、政権与党として
活動すべく、着々と人事などの準備を進めている。"^_^"

 先週は、党運営の責任者&党実質№1の幹事長に小沢一郎氏、
内閣の要&首相の女房役である官房長官に平野博文氏を内定。
 さらに、週末には、副総理&国家戦略局担当大臣に菅直人氏、
外務大臣に岡田克也氏も内定したという。

 この他に、参院会長は輿石東氏が留任。財務大臣は藤井裕久氏
で調整中。<何か藤井氏は、当選後、やたらにTVに出ていて、
元気いっぱいという感じが。(・・)>
 他にもどんどん入閣候補の名が出始めている。

 鳩山代表は、今週、本格的に政権移行の準備を行なうために、
今日7日には、党の執行部や重要閣僚を正式に決定したい意向。
 あとは、国民新党、社民党との連立協議が調うのを待って、
両党の党首クラスの入閣も含めて、さらに人事を固めて行く予定
のようだ。(**)

* * * * *

 mewは、菅直人氏、岡田克也氏に関する人事も、と~っても
GOODなのではないかと思っている。(^^♪

 政権与党には、政府(内閣)としての国政運営と、党運営
(選挙も含む)と2つの大事な仕事があるわけで。
 鳩山代表は総理大臣&民主党の代表として、それぞれの仕事を
安心して、任せられる&サポートしてくれる人が必要なのだ。

 しかも、民主党にとっては「初めての政権運営」になるだけに、
コチラの記事にも書いたように、かつて政権与党で閣僚や執行部
の要職を経験した人を、いかにうまく活用できるかが、と~っても
重要な要素になる。(**)

 それゆえ、鳩山代表が、党運営に関しては、小沢一郎・新幹事長
に任せようと。そして、内閣に関しては、かつて厚労大臣を務めた
経験のある菅直人氏に副総理として、サポートしてもらおうと考える
のは、当然のことだし。とても現実的&妥当な判断だとも思う。(・・)
 
* * * * *

 特に、今回、民主党政権は、官僚主導の政治からの脱却という難題
にチャレンジしようとしているわけだが。
 そのために、新たに内閣に、首相直属の機関として、「国家戦略局」
を設置して。そして、今まで、官僚主導で決められていた予算や政策
を、この局を通じて、国民の代表である国会議員がコントロールする
ことを計画している。(**)

 つまりは、この局は、官僚をうまく使いこなしたり、また、いざと
いう時は、官僚と正面から戦ったりできる力(&性格?)がある人が
必要なわけで。
 その初代TOPに、厚生大臣だった時に、薬害エイズ問題で厚生
官僚とやり合った&うまく使った実績のある菅直人氏を就任させる
ことは、国民に対しても、官僚に対しても、いいアピールになるし。
 閣僚や政治家全体に、脱官僚への意欲を示し得る象徴的な
存在になるのではないかな~と思ったりもする。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 また、岡田克也氏について言えば・・・。
 コチラの記事にも書いたように、mew周辺では、以前から、
岡田氏を外務大臣にするのがいいのではないかという話が出ていた
ので、「よし、よし」という感じだ。"^_^"

 おそらく、民主党に政権が移るに当たって、外交や安保政策が
うまく行くのか懸念している国民が多いのではないかと思うの
だけど。その点をクリアするためにも、岡田氏を外務大臣に決めた
のは、いい判断だったのではないかと思う。(・・)

 mewがそう思う最大の理由として、彼が米国政府(特に民主党
陣営)とパイプを有しているということがある。(・・)
 岡田氏は党代表を務めていた2004年に訪米して、民主党を
中心に多数の政治家や重要人物に会っていて、今も交流が続いて
いる人が少なくないという。
<当時、TVで岡田氏の訪米の様子を見たことがあったのだけど。
コチラの民主党HPにも、その件に関する当時の記事が。>
  政治家になる前の通産省時代には、米ハーバード大学の国際
問題研究所に派遣されて、1年間、研究員をしていた。この時に
できた人脈もあるときく。<英語はもちろんOK。>
  

 ちなみに、自民党はもともと共和党との関係の方が強いのだけど。
特に、この8年は、ブッシュ共和党政権にべ~ったりだったので、
オバマ民主党政権になってから、自民党も外務官僚の多くも、民主
党の議員やスタッフと、十分な関係が築けていないと言われている。

 でも、岡田氏が新たな外務大臣になることによって、鳩山政権は
オバマ民主党政権と、かなり良好な関係を築いて行くことが期待
できるのである。(**)onaji minshutou dashi ne!

* * * * *

 また、mewは、コチラの記事にも書いたように、これからは
日米同盟を重視しながらも、新たな日米関係のあり方を築くべき
ではないかと考えているので。
 その一歩を踏み出すためにも、何でも言いなりになるのでは
なく、筋論にこだわり、NOと言うべき時には言えるであろう
岡田氏は打ってつけなのではないかと思ったりもする。(・・)

 特に、日米関係において、今から重要になって来るのが、米軍
再編に伴う基地移設や、自衛隊の軍隊化(インド洋などの海外派遣
も含む)の問題なのだけど。
 岡田氏は、これらの件について、色々と勉強していて、自分なり
の意見も持っているし。彼は筋を通す人ゆえ、安易に妥協すること
なく、米国に言うべきことを言えるのではないかとも思われる。
<岡田氏は集団的自衛権には反対の立場なので、そ
の点も安心だし。普天間移設の見直しの協議も頑張って欲しい。(・・)>

 それに、岡田氏は、以前から、外務省が隠匿している核持ち込みに
関する密約について情報公開させることにも、積極的に取り組むと
明言している。<コチラの記事など参照>

 この件については、mewも追いかけて行きたいと思っているの
だけど。
 官僚が大事な情報を隠し持っていて、それをどの政治家に伝える
か官僚の側で判断する&国民には「そんなものはない」と言い続ける
なんていうのは、まさに日本が「官僚主導」の国家であることを
象徴するような事例だと思うし。
 mewは、この問題にきちんと取り組んで、真相を明らかにする
ことで、民主党政権が、新たな国政&民主政治のあり方、日米関係
のあり方などを示すことができるのではないかな~と、大きな期待
を寄せているのである。(@@)

<あと岡田氏は環境問題にも結構、詳しかったような気も。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 何だか、早くもマスコミには、岡田氏を外務大臣にするのは、
党運営や政策協議から外すための策ではないかなんて見方も
出ているようなのだけど。^^;
<相変わらず、小沢支配がどうのとか、権力の二重構造がどうの
とかいう記事も多いしね~。(-"-)>

 正直なところ、今、民主党は「初めての政権運営」に臨もうと
している時だけに、誰を外そうとか、誰に支配権を与えようとか、
そんな余裕はないというのが実情だろう。(・・)

 だって、ぶっちゃけた話、民主党は、ここ2回の選挙で、議席数
こそ大幅に増えたものの、それなりに国政の経験のある人は、そう
多くはないのだし。ましてや、まともに国政を担った経験のある
人は、ごくわずかしかいないのだから。^_^;
 しかも、ようやく政権交代を実現したからには、簡単に政権運営
に失敗して、国民に失望感を与えるわけには行かないという思いも
強いだけに。めいっぱい能力&経験のある人をかき集めて、まさに
オールスター・キャストの体制で取り組むしかないのである。(@@)

* * * * *

 一度は、政界引退を決めていた藤井裕久氏を、あえて比例選で
出馬させて、国会議員として戻して。高齢であるにもかかわらず、
財務大臣をお願いしようとしているのも、そのためだろう。^_^;

 官僚の中でも、最も優秀で手ごわいのは財務省であって。その
財務省をうまくコントロールするには、旧・大蔵省出身で、財務
大臣も経験していて、めっちゃ賢い&財務省の役人やOB、関係者
にも顔がきく藤井氏に財務大臣になってもらうのが一番いいという
ことになる。<せめて、鳩山内閣が軌道に乗る最初の2年ぐらい
頑張って頂きたいかと・・・。(・・)>
 
 また、年金担当大臣の候補として、長妻昭氏の名が挙がっている
のだけど。民主党の若手&中堅の議員の中には、いくつかの特定の
テーマに関して、深~く勉強、調査している人が少なからずいるので、
それをできるだけ有効に活用することも考えて行かなければなるまい。

* * * * * 

 何だか近時のマスコミは、政治に関するニュースも、多少は面白
おかしく伝えなければならないと思い込んでいるようだし。
 しかも、保守寄りと言われる新聞社やTV番組は、何とか民主党
にとって望ましくないネタを見つけて、日々、報じようと努めて
いる感じがあるので、これからも、ちょっと意地悪っぽい見方を
する報道も続くかも知れないのだけど。^^;

<しかも、民主党って、知名度や固定イメージがある議員がそんな
にいないから、どうしても小沢氏のネタ(その絡みで小沢ガールズ
も?(>_<))が多くなるし。あとは鳩山、菅、岡田氏のことぐらい
しか記事にならないって感じが?^^;>

 今、鳩山代表と民主党+α政権にとって、一番大切なことは、
適材適所に最高の人材を配置して、スムーズに政権のスタートを
切ることなのだから。鳩山代表は、必要あれば周囲の意見を参考に
しながらも、自分の判断に自信を持って、人事&政権移行の準備に
当たって欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-07 07:44 | 民主党、民進党に関して | Trackback(5) | Comments(0)

自民再生のジャマをする懲りない森喜朗+平沼Gは何もできずに、宙に浮く?+サッカー

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 久々にスポーツの話を長めに書いてみようっと。(@@)

昨日、サッカーの日本代表が世界3位のオランダと現地で親善
試合を行なった。
 残念ながら、すべての時間、試合を見られなかったのだけど。
<特に最も動きがよかったと言われる前半の前半を。(ノ_-。)>
 前半は日本が押し気味で、後半の途中までは、0-0と健闘して
いたものの、後半69分にCKからシュートを決められてしまい。
そこからバタバタになって、さらに2点を追加され、最終的には
0-3で負けてしまった。(-"-)

 何か強いチームを相手に、「途中までは健闘したんだけどね~」
という典型パターンの試合になってしまった感じがする。(・・)
<サッカーに限らず、先日の女子バレーとか、いくつかの競技での
日本代表チームによく見られるケースかも?^^;>

 つまり、強いチームと対戦する時は、こちらはどうしても最初
から100%近く<選手によっては、120%ぐらい?>
めいっぱいのエネルギーを費やして戦うことになるのだけど。
<ここで、何点かとれると、また展開が違って来ることもあるん
だけどね~。^^;>
 逆に相手は、精神的に余裕を持って、こちらがバテるのを待ち
ながら、じっくり構えていればいいとこがあって。で、チャンス
と見た途端、シュアに攻めて来るのである。(-"-)
 でも、こちらは、もう足が前半ほど動かない上、点をとられると
心身ともにもガクッと来てしまい、攻めも焦り気味になるし。守り
はガタガタ~ッと崩れてしまって、しっかり勝ちを持って行かれる
というパターン。_(。。)_
 
 来年のWCで、本気でベスト4を目指すのであればもちろん、
まずは決勝リーグに進むためには、何とかこの課題を克服しないと
いけないな~と、つくづく実感させられた試合でもあった。(・・)
 もう個々の選手のプレーのレベルは、かなり上がっていると思う
ものの、やっぱも~っと心身ともタフになって欲しいし。ここから、
苦しい時に支えになる精神的リーダー作りとか、交代要員用の選手の
選定や、彼らをうまく効果的に活用する方法などを、どんどんと
考えて行かないとな~と改めて思ったmewなのだった。(@@)

この記事では、先週、書いた記事の関連事項、続報を書いて
おきたい。

 昨日も書いたように、自民党は総選挙で大敗後、さらにガタガタ
になってしまい、大揺れに揺れている感じがある。

 若手、中堅議員たちを中心に、心ある幹部クラスの議員たちは、
早く新体制&今後の方針を固めて、来年の参院選に向けて、出直し
をしたいと思っているのだが。

 相変わらず権力争いしかアタマにない<&困ったことに、総選挙
で首の皮1枚で生き残ってしまった?>ベテラン・タヌキ議員たち
が、またしゃしゃり出て来ているために、党のスムーズな再出発を
妨げている。(-"-)

 中でも、特に問題なのは、森喜朗氏の存在だろう。
 彼は、自分が密室談合で、00年に総理大臣に就任して以来、
10年間、自民党の政権&自分の権力の維持をメインに考えて、党内
を仕切って来たわけだが。それが、今の自民党の崩壊、国民の自民党
離れの大きな要因になっていることは間違いない。(ーー)

<mew的には、このような形容の仕方はあまり好きではないけど。
マスコミや世間では、今回の自民大敗の「A級戦犯」として、森氏
の名を挙げる人は少なくない。(問題が多かった小泉、安倍、福田、
麻生氏を首相にしたのが、森氏なんだもん。(>_<)>

 そのようなこともあって、今回の総選挙でも大苦戦したのだが、
本人は、それがわかっていないようで。<苦戦したのは、自民党への
理解できないような逆風&若い女性を自分にぶつけた小沢戦略のせい
だと思っているようだ。^^;>
 また、党の総裁選に大きく関与しようとしているのである。(-"-)

 そして早速、その影響力がオモテにあらわれた。
 自民党でも国民の間でも、麻生氏のあとの新総裁として、最も
期待されていたのが、舛添要一氏だったのだけど。
 その舛添氏は、2日の夜に森氏と会談を行なったあと、わざわざ
会見を開いて、総裁選に出馬しないと発表したのである<コチラ
記事参照>

 この会談の内容は明らかになっていないのだが、森氏が、今回は
出馬を控えるように提案したのではないかとか、舛添氏も、もし
今後にチャンスがあるなら、あえて今、総理大臣になれない総裁に
なる必要はないと考えたのではないかなどと報じられている。^^;

<尚、舛添氏は、東京都の石原知事が五輪招致に失敗して、今秋で
辞任することになった場合、都知事選に出馬するのではないかと
いうウワサも出ている。(小池百合子氏も?^^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 森氏に関しては、さらに、このような記事も出ていた。

『自民党の森喜朗元首相は2日、首相官邸で麻生太郎首相と会い、
28日投開票予定の党総裁選の日程を首相指名選挙がある16日の特別
国会召集までに前倒しするよう求めた。首相はこの後、細田博之
幹事長ら党三役と協議し、総裁選日程を変更しないことを確認した。
総裁選の日程は1日の党総務会で決定済み。このタイミングでの森氏
の動きに、執行部内でも反発の声が出ている。<NIKKEI3日>』

『「くれぐれも16日の首相指名選挙の前に新総裁を決めないでほしい」。
衆院当選4回の梶山弘志氏らは4日、党本部で細田博之幹事長に「18日
告示、28日投票」の総裁選日程を動かさないよう申し入れた。
 町村派相談役の森喜朗元首相、同派会長の町村信孝前官房長官が
総裁選日程の前倒しを求めたことに対し、梶山氏らは派閥主導の総裁
選阻止に動き、衆院選総括や党再生を議論する新組織の設置も細田氏
に約束させた。<時事通信5日>』

 そもそも、森氏がわざわざ首相官邸まで出向いて、麻生総裁に、
総裁選を前倒しするように直談判をしに行ったということ自体、
「何だかな~」と思ってしまうのだが。<オモテに出た話を、額面
通りに受け止めていいかは、「???」だけどね。^^;>

 それを知って、党内の若手・中堅議員は、おそらく、森氏らが
自分たちに都合のいい人を総裁にすべく、一気にコトを運ぶために
総裁選を前倒ししようとしているのではないかと警戒して、それを
阻止せんとしたのだろう。(・・)

* * * * *

 では、森氏らは、誰を総裁にしたいと思っているのだろうか?

 一部には、石原伸晃氏を押しているという話もあったのだが。
この2~3日は、谷垣氏を有力候補として考えているという記事が
いくつか出ていた。(・o・)

『自民党の森喜朗元首相と古賀誠選対本部長代理は3日夜、東京都内
で会談、党総裁選を巡って意見交換した。関係者によると、森氏が
古賀派の谷垣禎一元財務相を有力候補として挙げたのに対し、同派
会長の古賀氏は「谷垣氏に(意思を)確認する。私は薦めもしないし、
止めもしない」と答えたという。同派内では旧谷垣派の議員を中心に
待望論がある。<毎日新聞4日>』

『森氏は3日夜、古賀派会長の古賀誠選対本部長代理と都内で会談。
関係者によると、両氏は「派閥で総裁候補を決めるのはまずい」との
考えで一致したという。
 派閥領袖やベテランが密室で総裁候補擁立に動くだけで、「党の
イメージが悪化する」と若手議員は指摘する。古賀氏は4日、派内に
待望論もある谷垣禎一元国土交通相と会談したが、この後、記者団に
「派閥で候補者を絞って総裁選に臨むことには慎重であるべきだ」と
自嘲(じちょう)気味に語った。<時事通信5日より>』

 実はポスト小泉の有力候補として名前が挙がっていた「麻垣康三」
の中で、唯一、まだ総裁になっていないのが、谷垣氏なのだ。^^;
 まあ、それだけ、当時から期待される人物だったということも
できる。

 mewは、谷垣氏は、自民党の中では、好きなタイプの政治家だし。
<安保防衛では考えが合わないけど。>
 おそらく麻垣康三の中では、一番賢くて、理論的で、政策(特に
経済)に関する知識も豊富で、そこそこバランスもとれているし。
見た目よりアクティブ&タフな人間という感じもあって。彼が
自民党再生に一役買うのも悪くないかな~と思うとこもあるのだけど。

 ただ、若手・中堅議員に担がれて出馬するともかく、あの森氏に
担がれ出るのであれば、辞退した方がいいかも知れない。^^;
 森氏には、彼を選ぶには、何か魂胆があるに違いないからだ。
<どうせ野党で首相になるわけではない&今もうちに古賀派から総裁
を出しておいて、肝心な時には他の候補の支持に協力させようとか、
谷垣氏なら言うことをきかせやすいかも知れないとかね。(-"-)>

 まあ、それにしても、森喜朗という人は、本当に懲りない人なん
だな~と、つくづく思い知らされてしまうですぅ。(`´)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  
  
 あと、コチラの記事で、mewは、麻生、安倍氏らが平沼グループ
を自民党に復党させることを考えているのではないかと書いたの
だけど・・・。
 どうも平沼氏は、当分は、様子見をするつもりのようだ。(・・)


『平沼赳夫元経済産業相は2日、今後の「平沼グループ」の在り方
について「第三極をつくると言ったことを忘れずに活動していきたい」
と述べ、当面は自民、民主両党との連携を考えていないことを明らか
にした。岡山県庁で記者団の質問に答えた。

 平沼氏は衆院選前に保守系無所属17人の平沼グループを結成したが、
当選したのは平沼氏や静岡7区の城内実氏ら3人にとどまった。敗因
を「民主党の風に押し流された」と分析する一方、自民党の大敗に
ついては「国民に対して賞味期限が切れた。かつての同僚に奮起を
促し、鼓舞していきたい」と話した。<共同通信2日より>』

 平沼赳夫氏は、日本会議系の超保守派のリーダー格で。<現在、
日本会議の議員懇談会の会長。平沼、麻生、中川昭、安倍でHANA
の会と呼ばれ、真正保守を広める活動をしている。>
 彼らは、この総選挙後に、憲法改正を目指すべく、自民党と民主党
の同志を集めて、最終的には政界再編の軸になろうと。<民主党の中
にも手をつっこんで?^^;>
 また、その過程で、自民党、民主党が過半数を得られない時の
キャスtィング・ボートを握りたいと考えていたようなのだ。(-"-)

* * * * *

 しかし、コチラの記事にも書いたように、民主党が総選挙直前に
なって、平沼氏の選挙区に対立候補を擁立したことから、民主党との
連携は困難になってしまった。"^_^"mew-teki niwa ureshii~

 しかも、自民党が大惨敗してしまった上に、平沼グループも3人
しか当選していない状況では、両者を足しても過半数には遠く及ば
なくて。キャスチングボードもへったくれもないし。改憲軸の
政界再編の実現の可能性も乏しくなっている。(・・)

 それに、今の段階では、もし自民党に戻っても、果たして
超保守派が主導権を握ることができるか、ビミョ~な情勢になって
いる。<これは、また改めて書きたいが、今回の総選挙で中山太郎
氏をはじめ憲法改正で中心的役割を果たして来た自民党議員が、
かなり落選しているのも、彼らには痛いかも?^^;>

 ある意味では、平沼Gは自民党を見捨てつつあるとも言えるし。
また、平沼G自体も、宙に浮いたような、存在感を示せない、
さしたる役割も果たせない立場になってしまったと言えるかも
知れない。(・・) 


 まあ、民主党が衆院だけで308人にもなった今、mew的には
ご希望なら超保守のM、Nくんや改憲&軍事派のMくんなどを連れて
行ってくれてもいいかな~とも思ったりもするのだけど。(^^ゞ

 それはさておき、超保守&改憲派も、しばらくは動きにくくなった
のではないかと思われ、やっぱ政権交代が実現&民主党が圧勝して
よかったな~と、しみじみ思ったmewなのだった。(@@)

                      THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-06 10:41 | 自民党について | Trackback(3) | Comments(6)

鳩山を孤独にさせない(?)新官房長官+自民党では、議員&地方から不満が爆発

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 あの総選挙の大勝利&政権交代を実現した日から、1週間。

 9月にはいってからは、TVのニュースでも、民主党に関する
情報が先に&長時間、報じられるようになっていて。そんなところ
でも、「あ~、民主党が政権与党として扱われるようになっている
んだな~」って、実感させられたりしているです。"^_^"

 鳩山代表が首班指名される特別国会は、16日に召集されること
に決まったのだが。
 おそらく来週からは、重要閣僚の内定者も少しずつ発表されて、
新政権の骨格が固まると共に、政権移行の準備も進んで行くのでは
ないかと思うのだが・・・。

 昨日、鳩山代表は早速、小沢一郎氏の幹事長に続き、側近中の
側近である平野博文氏(60)を、官房長官に内定した。(**)

 平野氏は、あまりオモテ舞台では活動しておらず、知名度が高く
ないので、「果たして、官房長官にするのか、他の形で官邸にいて
もらうのか、どっちにするのかな~」と思っていたのだけど・・・。
 mewは、鳩山氏のこの判断は悪くないのではないかと思う。(・・)

* * * * *

 麻生首相が、総理大臣の仕事は「どす黒いまでに孤独だ」と語って
いたことがあるが。麻生氏に限らず、総理大臣の孤独さや重圧に言及
する首相は少なくない。
 それでも、内閣や首相官邸に誰か本当に信頼できるスタッフや
ブレーンがいれば、最終判断は自分で行なうとしても、愚痴をこぼし
たり、意見を得たりもできるし。本当に信頼できる&客観的にものを
見られる有能なパートナーがいたなら、耳に痛いような忠告もして
くれて、早期に問題を修正することもできる。(・・)

<ちなみに、小泉元首相が長期政権を維持できた背景には、飯島秘書
や姉などのスタッフがついていたこと。そして、信頼関係はビミョ~
ながら、福田氏、細田氏が官房長官を務め、うまくフォローしてくれ
ていたことがある。BUT安倍、麻生氏には、本当に頼りにできる
スタッフがいなかったため、自分に関わる問題になかなか気付か
なかった上、相談する相手に左右されて、発言がブレブレになって
しまったところもあった。(-"-)>

 何か、たまたま(なのか、狙ってたのか)、今週にはいって、
平野氏のことをクローズ・アップをするTV番組が2~3あった
のだけど・・・。

 平野氏は、衆院5期。電気メーカーでサラリーマンをしていた
経験もあるという。
 見た目はソフト&すごく律儀なイメージで、人の話をきくのが
上手そうに見えるのだけど。ここぞという時は、言うべきことを
しっかり言いそうな感じもある。
 永田メール事件のあった前原代表下や、そしてアレコレあった
小沢代表下で、幹事長を務めていた鳩山氏を幹事長代理などとして
ウラからサポート。また5月から鳩山氏が代表になってからは、
役員室長になり、まさに鳩山氏の片腕として活動していて、衆院選
勝利の陰の立役者でもある。<ちなみに、鳩山氏が問題発言を
しないように、ずっと横でチェックしていたりも?^^;>

 おそらく、鳩山氏が、最も信用して頼りにしている議員であると
言えるだろうし。「女房役」と呼ばれる官房長官には、うってつけ
の存在のように思える。(・・)

 また、党内で他の閣僚や議員とのパイプ役にもなれそうだし。
国対の仕事をしていたこともあるので、他党の議員ともコミュニ
ケーションもとりやすいようだ。<鳩山代表も、昨夜、『官房長官
は国会のスムーズな運営を心がけてほしい」と述べていた。>

 mewは、平野氏には、内閣の報道官の役目も持つ官房長官と
して、国民とのパイプ役もしっかり務めて欲しいと思うし。
 鳩山氏の言動に、何か問題があると思った時には、遠慮せずに
早めにきちんと指摘して欲しいと願っている。それが鳩山政権が
長く続けられるかどうかの大きな鍵になるだろう。(**)

* * * * *

 他方、自民党の方はと言えば、総選挙で歴史的敗北を喫してから、
グダグダしたまんまだ。(-"-)

 いや、思えば、総選挙前から、日本郵政の社長進退問題に関して、
党内で大きな対立が起きてゴタゴタしていたし。その後は、「麻生
おろし」でバタバタしていて。
 で、それ以前も・・・って考えると、麻生政権になってから、本人
の失言やブレブレ発言なども含めて、何か落ち着いて、国政や選挙
活動に当たることができた時期は、ほとんどなかったかもな~と
思ったりもする。^_^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 16日の特別国会の首班指名で、誰の名を書くかという問題も、
総裁である「麻生太郎」ではなくて、「白紙で出そう」派の声の
方がどんどん強くなっている。

 3日のぶら下がり会見で、麻生首相の記者への態度がひどかった
ことに関して、一部議員(落選者含む)が「見ていて不快だ」とか
「記者後ろに国民がいることを意識すべきだ」などと怒っていたけど。
 麻生氏が会見で記者に対してひどい言動をするのは、このブログ
でも何回も扱ったことがあるけど。決して、今に始まったことでは
ないわけで。<っていうか、ほとんど毎回と言ってもいいかも?^^;>
河村官房長官も苦言を呈していたことがあったのだが・・・。
 今になって怒るぐらいなら、もっと早くに指摘すればよかった
のにね~、と思ってしまったとこがある。(・・)
 
* * * * *

 昨日は、自民党の本部で、都道府県連の幹事長などを集めた全国
幹事長会議が開かれたのだけど。地方支部からも、様々な批判や反省
の言葉があったようだ。

『地方組織からは、「党内が混乱して支持者のひんしゅくを買い、
自民党離れが起きた」(千葉県連)などと、党が結束できなかった
ことが大敗の原因だったと批判。16日の首相指名選挙への対応
などを巡り、党内で不協和音が生じていることにも、「国会議員が
割れている印象を与えられては、再起できない」(福島県連)と、
怒りの矛先が向けられた。

 政権公約(マニフェスト)にも、「すべて民主党の後追いだ」
(栃木県連)などと、不満がぶつけられた。<読売新聞5日より>』

『長野県連の石田治一郎幹事長が「わが党の支持者の30%が他党に
移った。全員に反省してもらわないと党の再建はない」と口火を切る
と、小選挙区で全敗した沖縄県連の翁長政俊幹事長も「政権運営、
党運営が国民にノーを突きつけられた」と続いた。

 国会での首相指名選挙や党総裁選への対応が定まらないことにも
不満が相次いだ。栃木県連の梶克之幹事長は「今の自民党は組織の
体をなしていない」と指摘。高知県連の武石利彦幹事長は「今回の
総裁選は派閥の力学でやってはいけない」と述べ、旧態依然とした
後任選びを繰り返さないようクギを刺した。』

『谷川秀善参院幹事長は「参院選に勝って逆ねじれを起こし、政権
奪取のとっかかりとしよう」と訴え、選挙態勢の立て直しに協力を
求めた。これに対し、地方からは「今回のマニフェストは民主党と
同じバラマキだ。保守政党として政策の違いをはっきり示さないと
参院選はまた完敗する」(徳島県連)などと注文がついた。
<毎日新聞5日より>』

 これらのことも、シロ~トのmewでさえ気付いて、このブログ
で書いて来たようなことなのだけど。
 自民党の本部、支部の関係者はそれに気付いていなかったのか、
or気付いていても幹部には言えず、修正できない状況だったのか、
結局、いまだに同じようなゴタゴタを続けているし。今後の党の
方針についても、何も見えて来ないところがある。^^;

* * * * *

『衆院選大敗を受け、執行部が「剣が峰の戦い」(尾辻参院議員
会長)と位置づけるのは来年の参院選だ。しかし、関東地方のある
県連幹事長は会議後、「業界・団体は、野党の自民党に振り向いて
くれるだろうか。まして、民主党の幹事長は小沢氏だ。業界団体を
つなぎとめる努力は、並大抵ではない」と深刻な表情で語った。
<読売新聞5日より>』

 こんなところにも、小沢氏の名が出て来るところに、思わず
「やっぱ、小沢氏を幹事長にした威力はすごいな~」と感じて
しまったりもしたのだが。(・・)
 
 もし自民党がずっとグダグダしているようだと、その間に、民主
党の鳩山代表はどんどんと新政権の体制を固めて行くだろう。
 鳩山氏は新総理大臣になったあと、まず、国連総会や金融&核
サミットへの出席や米中韓との首脳会談などの華やかな外交舞台での
活動を開始して、マスコミも大きく取り上げることだろうし。
 そして、そのウラで、小沢新幹事長が、着々と10月の参院補選、
来年7月の参院選の準備、業界団体の取り込みを進めて行くことに
なる。(**)

 他方、自民党は、相変わらず新聞記事に森喜朗氏や青木幹雄氏や
町村会長の名が出ていて。<町村氏は、小選挙区で落選、比例復活も
ギリギリだったのに、総裁選に出馬することを考えているという話が
載ってて、唖然としてしまったけど。^^;>何だか、英語で言うと
HELPLESS<救いよ~がない>と思えるようなものを感じて
しまうところがある。(ーー゛)

 ただ、民主党は、この自民党の姿を他山の石にして、国民の目から
見て問題だなということがあった時に、そのことにちゃんと気付い
たり、国民の声にきちんと耳を傾けたりする姿勢さえ失わないよう
にしてくれれば、順調なスベリ出しを迎えることができるのではない
かな~と思うmewなのだった。(@@)
     
                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-05 11:54 | 民主党、民進党に関して | Trackback(4) | Comments(0)

民主党は、「チーム鳩山-小沢」で政権運営するのだと、堂々と宣言して、やって行けばいい

 昨夜、民主党で、小沢一郎氏が幹事長に就任することが決まった
というニュースが出て、ちょっとビックラした。(・o・)

 実は、今週末に「民主党は、堂々と『チーム鳩山ー小沢』政権と
してやっていけばいい」という提言をアップしようかと思って、
一昨日からちょこまかと書き始めていたのだけど。

 それは、小沢氏がオモテ立った役職につかない可能性が高いこと
を前提に、マスコミが、また「小沢院政」や「小沢傀儡政権」
だとか、「権力の二重構造」がどうのとか言い出していることに
対して、反論する意味あいもあって、書いていたものだった。(@@)

* * * * *

 いや、一般的に考えれば、小沢氏が党№1の幹事長になったと
しても、当然のことだと言えるだろう。<っていうか、例の件が
なければ、代表を続けていた人なのだしね~。^^;>

 今回の総選挙の大勝利は、小沢氏の選挙対策の力に負うところ
が大きいのは、誰もが認めるところだし。あと1年ない来年7月
の参院選に向けて、さらに選挙対策を強化する必要性が高い。
<参院では、まだ過半数を有していないので、尚更に。(・・)>

 今回の大勝で、400人以上に膨らんだ同党の国会議員を
まとめるには、それなりに力のある人が党TOPに置く必要が
あるし。<しかも、参院、衆院とも小沢氏が選んで出馬させた
俗にいう「小沢チルドレン」が多数を占めているしね。^_^;>
 激増するであろう党の資金の管理のことを考えても、やはり
それなりの手腕のある人が望ましいということになる。
 ・・・などなどのことを考えれば、大与党の幹事長の経験が
あり、力量十分でもある小沢氏が、最も幹事長にふさわしいと
言えるかも知れないのだ。(**)

<一部マスコミは、小沢氏が幹事長になると、連立政権の障害
になるのではないかという見方を示していたが。小沢氏は代表
時代、社民党、国民新党とそれなりに良好な関係を保っていたし。
岡田幹事長よりも柔軟に、政策の擦り合わせをすることができる
のではないかと思える部分がある。>

* * * * * 
 
 でも、正直なところ、mewは、新体制になっても、小沢氏は
代表代行のままでいて、少なくとも入閣するとか、幹事長などの
大きな役職にはつかないかと思っていた。^^;

 その最大の理由は、5月に代表を辞任した後の、この数ヶ月の
小沢氏を見ていて、彼が自分のペースで、自分の思うように、
伸び伸びと気持ちよく活動できているように見えたからだ。(・・)

 幹事長になると、党内運営に関してアレコレやるべきことも
多いし。党の代表者として、毎日のように、マスコミに対応しな
ければならず、TV出演を求められる機会も少なくない。
 でも、小沢氏は雑事をこなすのは面倒だろうし。周知の通り、
マスコミの対応も好きでも、得意でもない。(-"-)
 小沢氏の健康を考えれば、そんなことでストレスを貯めて欲しく
はないし。それに、小沢氏によくないイメージを持っている議員
や国民も少なくないので、あまりオモテに出ると、却ってトラブル
の種になったり、民主党のイメージ・ダウンにつながったりする
おそれもあるかも知れないと・・・。(~_~;)

<野党の自民党が、また西松事件を持ち出して、問題のある人を
幹事長にしたとか、説明責任がどうのとか批判しまくりそうだし?>

 そうであるなら、誰か小沢氏とうまくやれそうな人を幹事長に
任命して、小沢氏は、ある程度自由に資金管理ができる権限を
得て、あとは選挙対策をメインに活動する形をとった方が、本人に
とっても、民主党にとっても、ベターなのではないかな~と思える
部分が大きかったのだ。(**)

 それで、マスコミの大半もそうだったように、mewも、
小沢氏は、このまま代表代行の座にいて、要職にはつかないの
ではないかと考えていたのだった。(・・)
<自民党のやっていたみたいに、選対委員長を執行部の党四役に
して、小沢氏がその役につくって手もありかな~と思ったりは
したけど。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 では、鳩山代表は、何でこんなに早く、小沢氏を幹事長にする
ことを決めて、公表したのだろう?(@@)

 報道各社も想定していなかった急な発表だったためか、まだ
取材も十分に行なえていないようで。TVや新聞をざざっと見た
限りでは、その背景について、まだ十分には報じられていない
状況なのだけど。<小沢側が求めたというところもあれば、
小沢側はその気はなかったのに、鳩山側の方が強く求めたという
ところがあったりもしたし。^^;>

『鳩山氏は小沢氏との会談後、記者団に「次の幹事長を小沢代行に
お願いすることを決定した」と発表。小沢氏の選挙手腕を高く評価し
「次の参院選でも何としても民主党は勝利を収めなければならない。
いずれかの時点で小沢代行に幹事長を引き受けいただきたいと申し
上げるつもりではいた」と説明した。岡田氏については「枢要な
内閣のポストに就いていただきたい」との考えを示した。』

『鳩山氏は「政府は私がトップ。幹事長はすべて党務で、政府の
中に入って仕事をするわけではない。権力の二重構造にはならない、
政策の決定はすべて政府の中でやるということも(小沢氏と)確認
した」と強調した。』<毎日新聞4日より>

* * * * *

 まず、考えられることとして、鳩山代表は、政権与党として、
新体制を築くに当たって、あまり中途半端な形はとりにくいor
とりたくなかったのかも知れない。(・・)

 小沢氏が代表を辞任して、鳩山代表、岡田幹事長の体制でやって
来たこの5~8月の間は、総選挙が目前に控えていたこともあって、
代表代行の役職以外、特に権限のない小沢氏に、全面的に選挙対策
や資金管理を委ねるしかない状況だったし。それに文句をいう人は
さほどいなかっただろうけど。
 新体制で、岡田氏or他の人を幹事長にした場合、小沢氏との権限
の配分をどうするかで、もめてしまう可能性があるし。そうなれば、
党内運営や選挙準備にも支障が出るおそれが出て来る。^^;

<一瞬、赤松氏がを幹事長というのもありかと考えたのだけど。
旧社会党系の人がなると、反発しそうな議員もいるしね~。(-"-)>

 それに小沢氏を陰においておけば、何にどこまでクチを出して
いるかはオモテからは見えにくいだけに、鳩山代表が何をやっても、
小沢氏が背後から操っているとか、やはり「傀儡政権」「院政」
ではないかと言われることになってしまいかねない。
 そうであれば、思い切って、幹事長というオモテの顔にした
方が、透明性が高まって妙な邪推をされなくて済むし、権限関係も
含めて、すっきりすると思ったのではないか、ということが考え
られる。(**)

<あと、小沢氏が幹事長になれば、何か相談or協議したい時には、
首相官邸や党本部で堂々と会いやすいかな~と思ったりね。(・・)>

* * * * *

 また、総選挙の終了直後は、岡田氏が幹事長を続投するのでは
ないかという見方が強かったのだけど。
 民主党政府は、どんどんと公約を実現すべく、積極的に動いて
行かなければならないだけに、鳩山代表としては、岡田氏に政府の
一員たる閣僚として、活動して欲しいと考えたのかも知れないと
思ったりもする。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 ちなみに、mew周辺では、岡田氏は元官僚ゆえ、官僚との
付き合い方も多少はわかるかも知れないし。本人が、普天間基地や
核密約の問題にかなり関心が強い&簡単に米国に負けそうにない
ことから、彼を外務大臣にするのもいいのではないかという声が
出ていたのだけど。
 かなり能力が高い&数字も強い人ぽいので、財務大臣とか国家
戦略何たらとかで活躍してもらうのもいいのではないかと思う。

 で、岡田氏が入閣するとなったら、他に幹事長に適任だと思える
人があまりいないのだ。^_^;
<菅氏は、閣僚経験があるだけに、絶対に内閣に入れた方がいいし。
直嶋氏は政調会長の方が向いていそうだし。前原氏や野田氏に任せ
たら、選挙担当の小沢氏とうまく連携できないし・・・などなど。>

 そんなこんなで(?)、鳩山代表は、「じゃあ、小沢氏に幹事長に
なってもらって、党運営や選挙対策をど~んと任せちゃえ」と決断
したのではないだろうか?(**)

* * * * *

 ただ、マスコミは、小沢氏が幹事長になったらなったで、さらに
「権力の二重構造」だと言うわけで・・・。(>_<)  

 で、鳩山代表はそれを気にしてか、総選挙の直後も、わざわざ
「人事は首相の専権事項なので、自分ひとりで決める」と発言して
みたり。昨夜も、小沢氏には「党務に専念してもらう」とか、小沢
氏が「政策はすべて政府の中で決定することになるから、私は
そこにかかわらない」「小沢氏は『政策はすべて政府の中で決定
することになるから、私はそこにかかわらない』と語った」などと
強調していたのだけど・・・。
 
 mewは、鳩山代表は、以前、時折クチにしていたように、堂々
と「民主党政権は、自分ひとりではなく、小沢氏や菅氏、岡田氏ら
とチームになって、運営して行くつもりだ」と宣言してしまっていい
のではないかと思うのだ。(**)
 
 小沢氏に関しても「傀儡」だとか「二重構造」だとか言われても、
気にせずに、緊密に連絡をとりながら、活動すればいいのである。
 そして、マスコミにも「最終決断や責任は代表(首相)である
私がとる」と。「でも、小沢さんは、わが党の中で、最も経験も
能力も富んでいる政治家なので、よりいい国政を行なうために、
色々と相談したり、アドバイスを受けたりして、政権を運営して
行きたい」と言ってしまえばいいのである。(・・)

* * * * *

 今、国民&マスコミの多くは、民主党による新しい政権に期待を
寄せているものの、同時に、初めての政権運営に対して大きな
不安を抱いているのが実情だ。(-"-)

 しかも、特に野党・自民党や一部のマスコミは、民主党の経験
不足に対する懸念をことさらに取り上げたり、他方で、小沢氏の
ことをアレコレ持ち出して、民主党批判につなげようとしている
ところがある。(ーー゛)

 確かに、実際のところ、民主党には長老派(?)を除いては、
小沢氏や菅氏ぐらいしか、与党幹部や閣僚として政権運営に
携わったことのある人はいないのだけど。^_^;
<鳩山氏とか岡田氏とか前原氏とかは、自民党or連立政権にいた
ことがあるけど。まだ「ぺ~ぺ~」だったんだもん。(-"-)>

 だとしたら、尚更に、国民の不安を払拭して、きちんと政権運営
を行なうためには、「小沢さんたちの力を最大限に活用して、
チームで政権運営するのは当然のことでしょ~」という姿勢で、
半ば開き直って、誇りを持って、政治活動を行えばいいのではない
だろうか?(**)

小沢氏のマスコミ対応と、前原氏らの半小沢グル-プの動きは
心配なのだけど・・・。

 チーム体制でやった方が、力がないのにオレさま的にリーダー
シップを誇示するだけの首相、有能で信頼できるスタッフに恵ま
れず、ブレブレの首相になって、結局、国民のために何もできない
政権を作るより、何十倍もいいでしょ?"^_^"

  ・・・と鳩山代表に言いたいと思った、mewなのであった。(@@)
       
                            THANKS


【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2009-09-04 10:25 | 政治・社会一般 | Trackback(6) | Comments(5)

米国に「NO」と言える民主政権に!+産経記者がtwitterで反民主をアピール?+どうなる、新総裁候補!?


 exciteブログは、かなり状況改善したのだけど。まだ、
色々な操作が重くて、いつも通りに行かないところが。
 コメントやTBのお返し、編集などがうまく行きませんが、
ご容赦くださいまし。m(__)m

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 mewは、以前から書いているように、民主党が政権をとったら、
戦後60余年にして、ようやく日本がもう少し主体的になる形で、
新たな日米関係を構築できるのではないかと、と~っても楽しみに
しているのだけど。(~~)

 今日未明、鳩山由紀夫・民主党代表のところに、早速、オバマ
大統領から、お電話があったそうだ。(・・)
<深夜0時台にかけて来るとこが、ちょっと米国が「上」ってとこ
を示そうとしている感じがあるなって思ったけど。^^;>

『大統領は会談で、「海の両側で民主党が勝利した」と述べ、自ら
の大統領選勝利とともに衆院選での民主党の圧勝に祝意を示した。

 鳩山氏は「民主党の勝利はオバマ大統領のおかげだ。日本では
初めて民主的な手続きで政権交代が行われた。大統領が日本国民に
チェンジの勇気を与えてくれた」と応じた。

 また、鳩山氏は「建設的に未来志向の日米関係を築きたい。大統領
は気候変動問題や核廃絶でリーダーシップを発揮しておられる。我々
も同じ気持ちで考えている政党だ。経済でも緊密に協力し、(景気を)
改善したい」と語った。

 大統領が日米関係の強化を求めたのに対し、鳩山氏は「私どもも
日米同盟が基軸だ」と述べた。さらに、「できれば金融サミット、
国連総会にうかがえるようにしたい。できるだけ早くお目にかかり
たい」と語った。

 鳩山氏は会談後、記者団に、「日米同盟が基軸だということを確認
した」と述べた。電話会談には外務省職員は同席しなかった。
<読売新聞3日より>』

 お~、外務省の職員は同席しなかったんだ~。(@@)

 通訳がいたかはわからないけど。鳩山由紀夫氏は、スタンフォード
大の大学院の博士課程を出ているので、そこそこ英語も話せるし。
<誰かさんよりも、きれいな英語だったかも。(・・)>

* * * * *

 mew的にも、海の両側で民主党が勝利したことは、本当に
喜ばしい限りだし。
 日本に「政権交代」&「CHANGE」のムードが広がった
のも、米民主党&オバマ氏のお陰もあるのかも知れない。

 ブッシュ共和党がダメだ、ヒドイと思ったら、次の選挙では
政権交代を考える・・・民主主義の国として当たり前のことを、
米国が目の前で見せてくれたんだんもんね。(**)

 今、米国のいくつかの新聞が、鳩山代表の論文の一部を掲載して、
批判を展開していたりもするようなのだけど。<この件は機会が
あったら、また書きたいけど。全体はもちろん、抽出されて問題視
されている部分も、mewから見ると、と~っても正しい指摘で
あったように思う。・・・あ、オバマ陣営は、その論文批判のこと
にも配慮して、今日、電話して来たのかな?^_^;>

 mewは、鳩山代表とオバマ大統領の世界観とか政治理念は、
かなり近いものがあると思っている。
 また、小沢前代表に比べれば、鳩山代表の方が、安保外交に
関しては、自民党の考えに近くて、日米同盟を重視する立場
ではないかと思える部分もある。(・・)

 民主党は、別に米国を嫌悪や敵視しているわけではなくて。
<ちなみに、mewも親米っ子だったりする。>
 ただ、親米ということと、自民党のように、米国べったりで何でも
OK&貢ぐくんになることとは別次元の話だろう。<これを従属的
というんだよね。(>_<)>
 本当の同盟関係、本当の仲間というのは、お互いに親密に付き
合って、できるだけ協力はするけれど。是々非々で判断して「その
考え方は、おかしい」と思えば忠告や反論をすることがあったり、
「その要求は、日本の国や国民の利益にならないので、そのまま
飲めない」と思えば、しっかり「NO!」と言える関係を示すので
あって。・・・mewは、それが、民主党に期待されていることなの
ではないかと思うのだ。(@@)

 でも、米国に「NO!」というためには、鳩山代表のバックに
控える小沢前代表の強い信念も大きいし。何よりも、国民の理解と
力強い後押しが絶対に必要になるわけで。
 日本が、「真の民主政」に基づく「自主独立国家」へのステップ
を上がって行くためにも、民主党を選んだ以上は、国民がしっかり
とサポートして欲しいな~と願っているmewなのだった。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

  この何日か、各紙に出た産経新聞のtwitterに関する記事
をご覧になって、「おいおいっ」と思った方もおられるのではない
だろうか?(・・)

 産経新聞は衆院選に合わせ、公示日から公式twitterをスタート
させていたそうなのだが。<twitterとは、短い意見を「つぶやき」
として載せる掲示板のようなもの。>
 産経新聞の編集部の人間も参加して、同紙の掲載記事や編集部の
日常などを紹介していたという。

『問題の「つぶやき」があったのは、選挙結果が出そろい、民主
圧勝自民惨敗が確定した31日早朝。

「そろそろ、中の人が交代しますー。皆さんお付き合いいただいて、
ありがとうございました!」と選挙特集が終わることを告げたあと、

「産経新聞が初めて下野なう」
「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経
新聞の真価を発揮するところ」

 と投稿してしまった。<J-CAST8月31日より>』(゚Д゚)

<この「XXなう」というのは、「今、XXしているorした」を
意味するtwitter独特の用語。>

 この書き込みに対して、一部から批判が出たことから、同紙は

『同日夕方、同じ公式twitter上でお詫びした。多くの厳しい意見が
寄せられたとし、「軽率な発言だったと反省しています。ご不快の
念を抱かれた方には、お詫び申し上げます」と謝罪。
「新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそう
であったように、是々非々の立場でのぞみたいという意思表示の
つもりでした」と釈明した』という。<同上>』

 この記事は、特に論評はいらないかな?(・・)

 とりあえず、「まあ、こんなことがあったみたいですよ」って
ことで。_(。。)_

* * * * *

 自民党の新総裁選びが、かなり難航しそうな感じになっている。

 まあ、これだけ惨敗した後で、ダメージも大きいし。ここで、
総裁になっても、総理大臣になれるわけでもないし。少数(?)
野党の党首になっても、あまりいいことはないと思う人も多い
とは思うのだけど。^^;
 
 10月には、参院の補選が2つあるし。来年の参院選に向けて、
我こそが党を立て直そうとする気持ちがある人が、積極的に出て
来ないとすれば、自民党の支持者にとっては残念なことだろうし。
 与野党が切磋琢磨しなければ、健全な民主政も築くことも
できないわけで。結果的に、それは国民全体にとってマイナスに
なってしまうだけに、mewとしても、早く解党的出直しをして
欲しいと思っているのだ。(-"-)

<っていうか、昨日も麻生くんが、ぶら下がり会見で横柄な態度を
とっている姿を見ていて、あまり不快なものは見たくないので、
とっとと総裁を交代して欲しいと思ったりもして。^_^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 ところが、昨日の記事で扱ったように、自民党の新総裁を決める
選挙に、最有力候補だった、舛添厚労大臣が、「総裁選に出馬を
しない」と発表することに。
 その<オモテ向きの?>理由は、「安倍、福田、麻生内閣で閣僚
を務めていて、総選挙惨敗の責任がある」ということだった。

 さらに、さしたる有力候補ではなかったけど、その後、昨年の
総裁選に出た小池百合子氏も、不出馬の意向を表明したという。
「総裁候補は小選挙区の勝利者で、かつ明確に自民党再生策を
打ち出せ、実行できる人物だ」と、メールマガジンに記していた
という。
 これは、<党内の共通概念だとは思うけど>小選挙区で落ちて、
比例復活の人は、国民の支持が十分にないので、総裁には適さない
ということを意味する。(・・)

<また、小池百合子氏は、『特別国会での首相指名選挙について
「多くの同志をむざむざと戦死させた『敗軍の将』の名を書くわけ
にはいかない。全員が白紙で臨む。そのことを決定してほしい」
と求めている』という。(時事通信2日より)
 ここ1~2日で「白紙説を主張する人が急増中。誰かが「白紙
から出直すためにも、それがいい」と言っていたけど。座布団
3枚あげたいかな?"^_^">
 
* * * * *

 でも、もしこの2人が挙げた条件・・・1・麻生政権(+福田、
安倍政権?)で、閣僚や党執行部にいた人、2・小選挙区で落ちて、
比例復活した人は、新総裁には適さないということになると、
総裁選に出馬できる人は、かなり限られてしまうことになる。^^;

 党内では好感度が高い石破茂氏もアウトだし。<福田~麻生内閣
で、防衛&農水大臣> 
 国民的には人気がある石原伸晃氏も、アウトになってしまう。
<安倍~麻生内閣で幹事長代理、政調会長。東京都連会長として、
都議選&総選挙を惨敗。>
 
 また若手・中堅議員からは、過去に総裁選に出たような人
ではなくて、1からの出直しを印象付ける新鮮なイメージの人
がいいという声も強いようなのだが。
 そうなると、加藤紘一氏、谷垣禎一氏、高村正彦氏なども、
「昔の名前で出ています」的なところがあるので、アウトになって
しまうだろう。^^;

 そのように考えて行くと、「これぞ」どころか、候補になれる
人自体がほとんどいないのだ。^^;
<まさか、山本一太くんが、また出るとか言い出さないよね。(@@)>

 おまけに、もし昨日も書いたように、森喜朗氏&青木幹雄氏の
大古ダヌキ・コンビが乗り出して来て<森氏は、昨日の夕方、
首相官邸を訪ねて、麻生総裁と会談してるし~>自分たちの
気に入るor都合のいい者を有力候補にし立てあげようとなどと
すれば、それ自体で「アウト~!」という感じになってしまう。(ーー)

<そして、mew的な邪推&予測によれば、安倍、麻生氏の二人が
何とか超保守系の総裁を擁立しようとしている感じが・・・。(>_<)>

* * * * * 

 まあ、次期野党の党内のグダグダは、国民生活に大きな影響が出る
わけではないからいいけど。
 国政に関しては、インフルエンザなど重大な問題が色々とあるだけに、
スムーズに民主党に政権移行が行なわれるように、自民党には、せめて
ずっと与党だった政党の矜持を示して、しっかりと協力して欲しいと
思うmewなのだった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  

More
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-03 07:49 | 民主党、民進党に関して | Trackback(9) | Comments(0)

舛添は総裁選jに出馬せず&森が早くも動き出し・・・自民党の再生はどんどん困難に?


 exciteブログは、今日も朝からトラブル状態・・・。(ノ_-。) 
 朝から、アクセスして下っている方には、本当にごめんさい
です。また、コメントの承認やレス書きも、うまくできない状態
なので、もう少し待っていて下さいね~。m(__)m

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


自民党で、今月末行なわれる総裁選の候補について、マスコミや
党内で、アレコレ取り沙汰されているのだけど。
 今朝、こんなニュースが出ていた。

『舛添厚生労働相は1日夜、都内で自民党の森元首相と会談し、
麻生首相(党総裁)の後継を決める総裁選(18日告示、28日
投開票)について、「自分は安倍、福田、麻生の3内閣の一員と
して仕事をしたが、支持率を上げることができなかった。責任を
痛感している。そういう状況のもとで自ら総裁選に出ることはでき
ない」と述べ、出馬しない考えを伝えた。森氏も了承した。

 人気が高く、衆院選で自民党候補の応援演説に引っ張りだこ
だった舛添氏に対しては、党内の中堅・若手議員などから、総裁選
出馬を求める声が上がっていた。<読売新聞2日>』

<舛添氏は、今日の昼前に会見を行なってて、正式に「出馬しない」
と発表したようだ。>

 この記事を見て、mewは、自民党が早期にいい形で再生される
可能性は、どんどんと小さくなっているように思えた。(・・)

 国民的にも党内でも、新総裁としての期待が大きかった舛添氏が
総裁選に出馬しないということで、自民党が再生するための大きな
エネルギーが得にくくなったのではないかと思える部分がある。

 また、ここで注目すべきは、舛添氏が、あの森喜朗氏に不出馬の
意向を伝えたというところだろう。
<あんなに選挙でしんどい思いをしたのに、もう東京に戻って、
キングメーカーごっこに関わっているとは・・・。(゚Д゚)>

【追記・NIKKEI2日によれば、舛添氏は森氏と組んでいる
参院のドン・青木幹雄氏とも1日に会ったようだ。(>_<)】

 mewは、自民党が政権を失った大きな理由は、
1・長年の政権維持による金属疲労&腐敗の蓄積
2・この10年の森喜朗氏らの支配の失敗による失政&党崩壊
の促進・・・にあると考えている。
 さらに、自民党がここまで大敗した大きな原因になったのは、
3・麻生首相の失政、問題発言、ブレブレ言動による自民党への
期待、信頼の失墜だろう。(-"-)

 逆に考えれば、これらの問題をよ~く反省して、しっかりと
クリアできなければ、自民党がその体制を建て直して、再生する
ことはできないとも言えるのだが・・・。

 でも、上述の記事を見る限り、その2と3の部分が、もうクリア
できないような状況にあるように思えるのだ。(**)

* * * * *

 森喜朗氏については、また改めて書く機会もあるとは思うのだが。

 実のところ、今回の総選挙で、mewが自民党議員の中で最も
当落に関心を持っていたのは、Mx2(森、町村)であった。
 私は、森氏と森傀儡派閥の長である町村氏は、自民党と国民の
生活をここまでボロボロにした大きな責任があると思っていたし。
 本当なら、自分から責任をとって、議員を辞職してもいいほど
だと思うのだけど。どうせなら国民の手で、落選させた方がもっと
いいかなと思っていたからである。(**)

<本当はAx2(麻生、安倍)に対してもそう思っているのだけど。
残念ながら、この2人は、MX2と違って、事前予測でも落選する
可能性は極めて乏しい感じだったのよね。^^;> 

 でも、町村氏は小選挙区では落選したものの、しぶとく比例復活。
森氏も、あとチョットのところまで追い詰められたのだけど、結局
小選挙区で当選してしまい、「あちゃ~(>_<)」という感じに。
 もうその時に、「あ~、これで自民党は、本格的に立て直すのが
難しくなるかもな~」とは思っていたのだけど。

 昨日、iiyumeさんなどと「選挙でかなりキツイ思いをしたから、
少しは大人しくしているかな~?」「あいつらのことだから、
どうだろうな~?」という話をしていたばかりだった。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 ところが、昨夜、帰宅してネットを見ていたら、

『自民党町村派の森喜朗元首相、町村信孝前官房長官、安倍晋三
元首相が1日、都内のホテルで会談した。衆院選惨敗を受けて行わ
れる党総裁選への対応や、派閥の今後の運営体制などについて話し
合ったとみられる。<時事通信1日>』

 という記事が出ていたので、「あらら~」と。(・o・)

 ただ、自民党の最大派閥である町村派(旧森派)も、落選する
議員が相次いで、88人から50人に減少<特に衆院は、61人
から23人に激減^^;>したことから、その対応ぐらいは考えるのも
仕方ないかなとも思うのだけど。
 でも、たぶん、彼らは、今後の党内の支配権をキープすることを
念頭に、新たな総裁候補をどうするかについても、それなりに話し
合ったに違いないのだ。(・・)

<森氏は自分の支配権も維持したいし。また、彼も超保守派ゆえ、
前記事で書いたように、超保守派の勢力も維持したいと考えて
いるのではないかと思われる。>

 そして、おそらくは、森氏が、その前か後に、舛添氏を呼んで、
本当に総裁選に出馬する意図があるのかどうか、確認したのでは
ないかな~と推察したりもする。^_^;

 果たして、森氏が、舛添氏が出馬するのは不都合なので、出馬を
やめさせたいという意向を有した上で彼を呼んだのか、それとも
いざとなったら、人気のある舛添氏を利用することも考えて、
彼を担ぐ意図も持った上で呼んだのかは、現時点ではわからない
のだけれど。<ついつい、色々な邪推が働いてしまうけどね。^^;>
 
 少なくとも、これで、森氏がまた新総裁選びに関与しようとして
いることは明らかになったわけで。
 そのことが、自民党の再生の大きな妨げになることは、間違い
ないと言えるだろう。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 そして、舛添氏が新総裁になる可能性がなくなったという
こと自体も、自民党の解党的な出直しや、国民からの期待、支持
の呼び起こしには、大きなマイナスになるように思う。(・・)

 実のところ、mewは、6~7月に「麻生おろし」の動きが
激しくなっていた頃、もし舛添氏が総裁になったら、ちょっと
イヤだな~、コワイな~と思っていたところがあった。

 舛添氏は、その頃から、世論調査で国民からの期待度がどんどん
アップしていて<7月頃には、自民党ではダントツ№1に>。党内
でも、彼を総裁にという声が強くなっていたし。
 麻生陣営も、その人気を利用したいと考えて、彼を幹事長にして
TV出演や全国遊説させることや、衆院の東京比例TOPに置いて
期待票を増やすことを考えたりしていたのだ。(・・)

 結局、森氏や派閥の長の圧力で、「麻生おろし」&「総裁選前倒し」
は実現せず。さらに、森氏の強~い説得によって、麻生首相は、舛添
氏の幹事長就任を含む人事刷新も断念することになってしまったの
だけど。(-"-)<衆院選の出馬は、舛添氏自身が辞退したようだ。>

 mewは、正直を言えば、もし舛添氏を総裁にして総選挙を戦って
いたら、自民党は、民主党に勝つまでは至らずとも、200議席近く
は確保できたのではないかな~と。幹事長にしたとしても、あと数十
は議席を増やせたのではないかと思ったりもしていたのだ。^_^;

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 実際、舛添氏自身も、自分が新総裁や党幹部として期待されて
いることは、かなり実感していたようなところがあって。7月頃
には、総裁選出馬や幹事長就任への意欲を示すような発言もして
いたし。
 また、選挙期間中にも、応援演説の中で「自分が党を立て直す」
という趣旨の発言をしていたのもきいたことがある。(・・)

 そして、mewも、もし舛添氏が総裁選に出馬して、新総裁に
選ばれるようなことがあれば、自民党は再生への大きなスタート
を切れるかも知れないと思うところがあった。(**)

 mew個人は、舛添氏は特に好きでも嫌いでもないというか、
評価する部分としない部分と半分ずつぐらいの感じなのだけど。

 ただ、客観的に、どうしたら自民党を解党的な出直し&建て直し
をできるかな~と考えた場合、まず、党内にあった今までの因習
や固定観念みたいなものを崩すことが必要ではないかと思うし。
 舛添氏を新総裁に選ぶことは、党内改革という面でも大きな前進
になると思ったのである。(・・)

* * * * *

 舛添氏は、参院の2期の議員だ。(**)

 そして、コチラの記事にも書いたように、今までの自民党では、
参院議員が総裁になることは<総裁選に出馬することさえも>
あり得ないことだし。
 舛添氏は、その国民的人気&期待度を買われて、2期めに当選
してすぐに厚労大臣に任命されたのだけど。実は参院の2期生が、
閣僚に選ばれることも、かなり稀なことだったりする。^^;

 また、舛添氏は、いわゆる派閥には所属していないフリーな立場
にあるので、他の議員に比べ、思い切って、自由な言動がしやすく
て、それを魅力に思う国民や若手議員も多いのだが。
 自民党内では、これまで、最初から全く派閥や特定グループに
属さない議員が出世するのは難しいとされて来たし。
 特に、舛添氏のような言動をする若手議員は、ベテラン議員から
小生意気なヒヨッコor若造扱いされて、ちょっと度を超えると、
出る杭としてガツンと打たれて潰されてしまうケースも少なく
なかった。(-"-)

 そんなフリー&参院2期生の舛添氏が、自民党の総裁選に出馬
するようになるだけでも、自民党としては大きな変革になるし。
ましてや、そんな舛添氏が、総裁に選ばれたりしたら、民主党が
政権交代を実現したのに継ぐぐらいの大きなCHANGEだったり
したのである。(@@)
 しかも、もしそれが実現していたなら、当然にして、マスコミや
国民からもぐ~んと注目や期待が集まったに違いないし。自民党内
でも、再生ムードや意欲が強くなった可能性が高いだろう。(・・)

* * * * * 

 でも、自民党は、その大きなCHANGEのチャンスを潰して
しまったのだ。(-"-)

 しかも、またまた古ダヌキの森氏たちが動いて、支配権争奪
ごっこをしようとしているのだとすれば、CHANGEどころか、
またまた過去の泥沼にズブズブと足を踏み入れることにもなり
かねないのである。(ーー)

 以前も書いたように、確かに、あの自民党丸という大きな組織、
資金力、パイプを支配しておきたい気持ちはわかるけど。船体
そのものが沈んでしまったら、何の意味もないことが、彼らには
わからないのだろうか?(・・)

 ・・・というわけで、こういう懲りない面々が居座っている以上、
やっぱ自民党が解党出直しをするのは難しいのかな~と。
 こうなったら、志のある人は、もう党を出て、自民党丸を一度、
完全に解体するしか道はないのかも知れないな~などと、つくづく
思ってしまったmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓それなりに上位を目指して?皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  

More
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-02 13:18 | 自民党について | Trackback(3) | Comments(6)

麻生、安倍が自民党再生の足を引っ張って、崩壊にどどめを刺す?

 今朝しばらく、ブログがアクセスできない状態になっていたです。
それで、mewも記事をアップできず。折角、見に来てくださった方は
すみません。m(__)m


人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 自民党は、今回の総選挙で、当選者数がわずか119人と歴史的
な大惨敗を喫することになった。_(_^_)_
 そして、昨日、麻生総裁が会見を行ない、その責任をとって、
総裁の職を辞任することを発表した。(・・)

 麻生総裁は、昨日の会見で、「自民党としては速やかに開かれた
総裁選挙を行い、新たなスタートを切るべきだと思っております。
また、政権の奪還に向け、党を再生していかなければならないと
強く思っております」と決意を述べていたのだが。

 自民党の議員、関係者、支持者なども、この大敗に大きな衝撃
を受けながらもに、一刻も早く、解党的な出直し&党の建て直し
をはかるべきだという点では、考えが一致していると言っていい
だろう。(**)

 実際、もう今月半ばからは国会が始まるし、来夏には参院選を
控えていることを考えれば、できるだけ早く、しかもスムーズに、
新たな総裁や今後の党の目指すべき方針、政策を決めて、党内が
一致団結して、新たなスタートを切るべきなのだけど。

 ところが、以前から書いているように、自民党内では、議員たち
の国家観、政治信条、重視すべき政策などの考え方がもうかなり
バラバラになっている。
 しかも、それぞれが、自分たちの考えこそが正しくて、それが
自民党のあるべき姿だと思い込んで、党内の主導権をとろうと争い
を続けている状態であるため、いまや本当に党の存亡がかかって
いる大ピンチであるにもかかわらず、簡単に党内がまとまりそうに
ないようなのである。(-"-)

* * * * *

 できれば、自民党の今後のあり方に関しては、改めてゆっくり
書きたいと思うのだけど・・・。

 昨日、麻生総裁の会見などを見ていて、チョットmewのアンチ
超保守アンテナに、ピクピクと触れるものがあったので、今回は、
プチ邪推も込みで、そのことを書いてみたい。

 それは、どうやら麻生、安倍氏らの超保守派の議員たちが、この
党の存亡さえかかっている大ピンチに、ど~しても自民党を、自分
たちが主導権をとる形で、自分たちの思想に沿う政党に再生しよう
と画策しているのではないかということだ。(**)
<関連entryコチラ

 もともと麻生総裁らは、選挙中から、やけに「保守」的な側面を
アピールするようになっていて、自民党の議員や支持者の中にも、
眉をひそめる人がいたほどなのだけど。^^;

<たとえば、「我々は守るべきものは守る。伝統であり、歴史で
あり、皇室であり、日本語であり、国旗を大事にする。日教組の
先生をされた民主党が国旗を振りますか。日本にとって最も大事
にすべきだ」などと訴えていたようにね。(・・)>

 彼らは、今後、自民党を、彼らいわく「真の保守」(mew
いわく「超保守」の政党として作り直すことを考えて、次の総裁選
で、超保守派の候補を擁立&当選させるべく、アレコレ動こうと
しているのではないかと思われるところがあるのだ。
<もし党内に適切な候補が見つからない場合は、安倍晋三氏が自ら
出馬するか、平沼赳夫氏を復党させて、総裁候補に擁立する可能性
もあるかも。^_^;>

* * * * *

 実際、安倍氏は、総選挙が終わったあと『「私も元総裁として、
この結果に対して責任を感じている」と複雑な表情を浮かべた』
ものの、「自民党は立党の精神に戻り、政策を鍛えていかねば
ならない」と』語っていたという。<産経新聞30日より>

 また、麻生総裁も昨日の会見で、選挙で保守性を強調し過ぎたの
ではないかと問われて、『私は自民党への支持率というものが低下
している原因の1つに、自由民主党が、いわゆる保守の魅力という
ものを十分に発揮できていなかった、と常々考えているところで
あります。従って、保守というものを強調させていただきました
けれども、少なくとも遊説の際の集まっておられる方々の反応を
見ても、この点は間違っていなかったのではないかと思っており
ます」と明言している。<産経新聞31日より>

 自民党の場合、まず第一に、共産&社会主義に対抗して「自由&
民主主義を守る」という意味で「保守」政党であることが、党の
基本方針なのだけど。

 安倍氏らは、日本の戦後体制や憲法を否定して、戦前からの伝統
や文化、天皇中心の国家主義的な体制などを守ることを重視する
「保守」こそが「真の保守」で、自民党のあるべき姿だと思い込ん
でいるのである。(-"-)

 でも、後述するように、今の自民党の議員たちの中には、
麻生陣営や過度な超保守思想のアピールに反感を抱いている者が
かなりいるのが実情だ。(・・)

 それゆえ、もし彼らが、強引に自分たちの思うようにコトを
運ぼうとすれば、党内からの反発はかなり強まって、アチコチで
対立や反乱が起きるおそれもあるわけで。
 そのようなことになれば、麻生、安倍氏らは、それぞれが総理
総裁時代に、自民党に壊滅的な打撃を与えただけでなく、本当に、
自民党の崩壊に「とどめをさしてしまう」可能性もあるかも~と
思ったりするのである。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 今回の総選挙で、大逆風を何とかしのいで、衆院に残った議員
たちの中には、自民党を「超保守」政党として再生して、戦って
行きたいと考えるものは、そう多くはないように思える。^^;

 今、新たな総裁候補として、党内やマスコミで名前が挙がって
いるのは、国民的に人気や期待度が高い舛添要一氏や石原伸晃氏、
そして実績や人望のある石破茂氏、谷垣禎一氏らなのだが。

 彼らは皆、保守&改憲派ではあるけど<いわゆるタカ派も多い
けど>、mewが知る限り、彼らは戦後体制や現憲法を肯定した
上で、憲法の改正や軍事増強を考えているタイプで、決して、
「超保守派」ではないし。
 この顔ぶれを見ると、おそらく党内の議員も、もう麻生氏や安倍
氏らの目指す古いタイプの思想や政治よりも、世代を交代して、
新しいタイプの自民党を作りたいと考えているように見える。(・・)
 
<mewも、もし7月に強引にでも「麻生おろし」をやって、
舛添要一氏でも担いでおけば、あと何十議席かは確実に増えた
ようにも思うし~。
 それに、昨日、党内でそれなりに影響力や発言力がある河野太郎
氏や加藤紘一氏<彼らは保守ハト派>が、TVに出演していたの
だが。河野氏は、率直に麻生総裁が国旗の話を強調したことを批判
していたし。加藤氏も、麻生氏らが過激な保守性に傾くことに、
疑問を投げかけたりもしていたですぅ。^_^;>

* * * * *
 
 実は、昨日、自民党は役員会で、新しい総裁を選ぶ選挙を
18日に公示、28日に投票するという日程に決めて。さらに、
それ以前に行なわれる特別国会の首班指名では、麻生太郎総裁
の名を書くことに決めたのだが。
 この決定にも、早くも、党内から反発が出ている。(-"-)

 現段階では、14日頃に特別国会を召集して、内閣総理大臣を
決める首班指名を行なう<=民主党の鳩山代表が首相になる>と
いう日程が予定されているのだけど。

 自民党の中には、国会が始まる前に、新しい体制を決めて、
再スタートを切りたいと考える人が少なからずいるし。
 それに、これから総理大臣を目指す人に投票する首班指名で、
何で選挙大敗の原因にもなっていて、辞任することが決まって
いる麻生氏の名を記さなければならないのかと、疑問を呈する声
が次々と挙がっているのだ。^^;
<中には、「死んでも麻生の名は書かない」とか、「麻生の名を
書くなら、白紙で出してやる」という人までいるですぅ。(>_<)>

 麻生総裁や役員会は、党の再生や新たな総裁を決めるには、地方
の党員の声もきくべきだし、それなりの時間が必要だと主張して、
この決定を変えそうにない。
 確かに、彼らの言うことにも一理あるとは思うけど・・・。
 何だか、mewには、麻生陣営が、今後の党内運営や総裁選で、
自分たちが主導権を握るための時間稼ぎをしようとしているのでは
ないかと、勘ぐりたくなっている部分もある。(ーー)

 ・・・というわけで、これから麻生、安倍氏が、自民党立て直し
の足を引っ張るトラブル・メーカーになりそうな感じがしている
mewなのであった。(@@)

                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-01 15:30 | 自民党について | Trackback(23) | Comments(2)