日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

<   2010年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 mewが、今回、菅直人氏が首相になるのがいいと思った大きな
理由の一つに、彼なら中立的な立場で、小沢一郎氏とも、いわゆる
非小沢派ともうまくやって行けるのではないかということがあった。

 菅氏なら、小沢氏とは日常低に携帯で連絡をとり合う仲ゆえ、
小沢氏を完全に排除するのではなく、小沢氏の力や意見をうまく
活用して行けるのではないかと。
 かと言って、本人の性格や主張性も強いので、小沢氏に完全に
従属することもないし、小沢氏の傀儡だとは言われずに済むのでは
ないかと思ったのだ。(**)

<『親・反・非小沢のラベル分けは、いい加減に辞めるべし。
にも書いたように、mewは、菅氏が首相になったら、もう小沢氏
との距離で、アレコレ決め付けられたり、党内が対立したりして、
本来は国政にかけるべきエネルギーを、ムダに費やすような状況
がなくなるといいな~と願っていたのに。(・・)>

* * * * *

 ところが、ドッコイ。(・o・)

 何だか代表選の時から人事に至るまで、菅氏が徹底的に「脱・
小沢」を目指しているかのような感じになっているし。^^;
 しかも、TVをはじめ各メディアが、「菅vs,小沢」「反小沢
vs.小沢」の対立の構図を描いて、オモシロおかしく騒ぎ立てる
ような展開になってもいて・・・。

 正直なところ、mewは、「あれあれ~?」「一体、どうなって
いるの~?」と大きな戸惑いを覚えているところがある。(@@)

* * * * *

 これは、また追々書いて行きたいと思うのだけど・・・。

 今の状況を見て、メディアやブログなどの間では、このような
見方があるようだ。

 一つは、菅氏が自ら決意して、小沢氏と戦う気で、「脱・小沢」
路線を進めようとしているというもの。

 もう一つは、党内の支持が欲しかった菅氏が、非・小沢氏に
担がれる(利用される)形で、「脱・小沢」路線を突き進まざるを
得なくなっているというもの。

 いや、実は、小沢氏と菅氏は連絡をとっていて、小沢氏は、
参院選の勝利のために、菅氏が「脱・小沢」路線をとることを
了承しているという見解もある。(@@)

 小沢氏は、参院選に勝つためであれば、それぐらいのことは
やりかねない人であるだけに、ますます「う~ん・・・」と
考えてしまうところがある。(-_-;)

<さらに言えば、小沢氏は、菅氏と連絡をとっていないものの、
あえて菅氏に「脱小沢」路線をとらせるように仕向けて、参院選を
うまくしのぎ、その間に、また党の実権を握る準備をするのでは
ないかという見方もできるかも。>

 ただ、もしこのまま、「菅vs.小沢」の対立が進むようであれば、
菅首相は、党運営で大きな問題を抱えることになるだろうし。
また、菅内閣は、党内の1↗3以上を占める小沢グループの議員
や小沢氏を評価する人たちから、支持が得られなくなってしまう
可能性高いわけで・・・。
 それだけに、mewとしては、毎日、色々なニュースを見ながら
ハラハラ・ドキドキしてしまうのである。(ーー)

* * * * * 

 おそらく、小沢氏をはじめ、民主党の有力議員のほとんどは、
今回の民主党の代表選を重視していなかったことだろう。(・・)

 民主党は、9月に正式な代表選を控えており、今回、代表に
選ばれた人の任期は3ヶ月しかない。
 つまり、今回の代表選は、いわば暫定政権、選挙管理内閣を
率いる代表=首相を決めるものなのである。^^;
 しかも、この時期に、下手に代表になって、終盤国会でもめて
うまく法案が通せなかったり、参院選で惨敗したりしたら、議員
としての実績やイメージに傷がつくことになりかねない。(-"-)

 菅氏を除いて、次期首相候補に名前が挙がっているような議員
たちが、誰もこの代表選に出馬せず、あっさり菅氏の支持に
回ったりしていたのも、そのためだろう。^^;

 前原氏にせよ、岡田氏にせよ、もしかしたら小沢氏も、9月の
代表選では、状況次第ながら、本気で代表=首相の座を狙って
出馬する可能性がある。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 逆に菅氏は、このチャンスを逃せば、もう首相になれる可能性は
ほとんどなくなってしまうことから、2日朝に鳩山氏が首相辞任を
発表してからすぐに、代表選に出馬する意向を示したのだけど。

 小沢幹事長ら執行部が、中1日しか置かず、4日に代表選や首班
指名を行なうことにしたこと<当初は、同日中に組閣まで行なう
予定だった>から、小沢氏も執行部に関わっている人たちも、今回
は菅氏に暫定政権を任せる気で、日程を決めたのではないかと、
とらえていた人も多かったように思われる。(・・)

<樽床伸二氏の出馬も、無投票で首相を決めるのは、印象がよく
ないので、誰かもうひとり候補を立てておいた方がいいという
小沢氏側の配慮かと思ったりもして?^^;>

 そう。ここは菅氏に任せ、参院選を何とかしのいで。その結果
も見た上で、9月の代表選ではガチンコ勝負が繰り広げられること
になるのではないかと、mewも思っていたのである。_(。。)_

* * * * *  

 ところが、菅氏が、一応、小沢氏に出馬の挨拶をしようと思って、
2日から電話をかけているのに、小沢氏が電話に出ず、会おうとも
しないという報道が出て、チョット「ん?」という感じに。(・・)

 しかも、菅氏は、当初から「超・反・小沢派」と呼ばれる仙谷
由人氏と枝野幸男氏と共に、代表選の準備を進めていて。
<枝野氏はさきがけの頃からの長い付き合い。菅氏が厚生大臣時代
に、薬害エイズ問題を解決した時に、側近として大きな力になった。
仙谷氏は、社会党系で、民主党結党以来の古い付き合い。>
 いわゆる「非小沢派」の岡田、前原、野田氏やそのグループから
次々と支持を得ているし。(・o・)

 他方、小沢グループは、樽床氏のほかに、まともに菅氏に対抗
し得る候補(田中真紀子、海江田万里、原口一博氏など)を探して
いるという報道も出ていて。「あれ?」と、クビをかしげたくなる
ような情報が増えて来たのだ。(~_~;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 菅氏は、3日の出馬会見で、小沢氏に関して、このようなこと
を語った。

『小沢氏の「政治とカネ」の問題に触れ、「国民の不信を招いたの
だから、小沢幹事長はしばらく静かにした方が、ご本人、民主党、
日本の政治にとっていいのではないか」と述べた。
 さらに、「小沢幹事長には昨日、今日の段階でも、ごあいさつに
うかがいたいと申し上げているが、いつであればいいとのご連絡を
いただいておりません」と述べ、小沢氏への不信感をあらわにした。
<産経新聞4日より>』

 この会見をきき、mewは、チョット複雑な&不安な気持ちに
なった。
 小沢氏との間で、打ち合わせができているというなら、話は別
だけど。一般的に考えて、この「静かにした方が」という言葉を
きいたら、菅氏が小沢氏側にケンカを売ったとか、「脱・小沢」の
方針を表明したと受け取られても致し方ないだろうし。
 小沢氏やそのグループの人間は、不快に思うに違いあるまい。^^;

<実際、小沢側近の松木兼公氏は、菅氏のこの言葉に「あまり
人に言われたくない。小沢さんは日本の政治を変えてきた人だ」と
述べ、不快感を表明。その後、強引に小沢グループを樽床氏支持で
まとめようとしたり(結局は自主投票)、夜遅くまで、樽床氏の
支持集めの電話をかけまくっていたという。^^; 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 この頃、mewは、「もしかして、小沢氏と菅氏の仲は、修復
されていなかったのかも知れないな~」と思ったりもした。^^;

 昨年3月、当時は党代表だった小沢氏が、マスコミのひどい
バッシングにあっていた時、同じく年金未納問題で大叩きにあった
菅氏が、小沢氏に同情。会食の場で、「選挙対策本部長をやったら
どうか」と発言したことがあった。
 それが、小沢氏に代表辞任を促したものだと報じられて、その後、
少しずつ、小沢氏と菅氏の間がギクシャクして来たという話を
どこかで見たことがあったからだ。(-"-)
<ちなみに、この頃、小沢氏に辞任を促した渡部ご老公は、最高
顧問を外されてしまった。また藤井裕久氏は、財務大臣に就任した
ものの、わずか数ヶ月で辞任することになった。^^;>  

 4日の会見で、菅氏は、鳩山&小沢氏とのトロイカ体制に関して
きかれて、野党時代は機能していたけど、政権をとってからは、
「トロイカ体制という表現はあまりなかったのではないか」と。
それぞれの立場も変わって、3人で共通の議論をすることは
なかったと語っていたのだが・・・。
 
 実際、政権をとってからは、鳩山氏と小沢氏が2トップという
形になって。菅氏は副総理兼国家戦略担当大臣に任命されたものの、
国家戦略の方は、なかなか環境を調えてもらえず、ほとんど仕事が
できず。^^;
 1月からは、藤井氏が辞任したことから、財務大臣に就任する
ことになったのだが。あまり得意な分野ではなかったため、予算
審議などのため日々、勉強に追われて、眠菅になることも。^^;
 担当外とはいえ、普天間問題も含め、重要な案件では、カヤの外
に置かれて、黙菅にならざるを得ない状況にもあったようだ。(-"-)

 菅氏は、今年も小沢氏宅の新年会に参加するなど、関係の修復を
はかろうとしていたのではないかと思うのだが。
 もしかしたら、小沢氏とは、昨春来、うまく行っていなかった
かも知れず・・・。

 しかも、今回の代表選でも、挨拶を拒まれたこともあって、
「え~い、この際、脱・小沢路線を進んでやる~」と、対抗意識
を燃やした可能性も否定できない。^^;

* * * * *

 また、民主党の中には、03年に小沢氏が合流して、特に06年
に代表になってから、それまでと党内が大きく変わってしまったと
<「庇を貸して、母屋をとられた」と>嘆いている人が少なくなかった。
<あの生方くんも、そのような主張をしていたけどね。^^;>

 今回、菅氏が、民主党の創立メンバーとの連携を重視。鳩山
前首相の後継であることをアピールしたり、当初から、枝野氏や
仙谷氏と協力、早い段階で前原、野田氏らと協議したのも、
「小沢氏抜きで、元来の民主党として政権運営をしてみたい」
という思いを実現しようという意識が働いたからかも知れない。

<菅氏が4日の政見演説で、小沢氏が廃止した政調部会を復活
させることを宣言したのも、そのあらわれだと言えるかも。>

 岡田氏や前原氏は、「脱・小沢路線」をとることを菅氏を
支持する条件として出して、菅氏がそれを飲んだという報道も
ある。
 
 そうなると、ますます「菅vs.小沢」、「菅氏を中心にした小沢
合流以前の民主党議員vs,小沢」という対立の構図が、色濃く
なってしまうところがある。(-"-)

   <つづく>         THANKS


 【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-06 03:16 | 民主党、民進党に関して | Trackback(4)

  これは今日2本めの、やや短めの記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

鳩山首相が、普天間基地の県外or国外移設を目指しながら、
結局、米国の主張をそのまま通して、共同声明に辺野古を明記
することになった大きな要因は、3つある。

 一つは、米国の圧力。
 もう一つは、米国や自民党の防衛族ともタッグを組んでいた
官僚たちの圧力。<一部の閣僚や与党議員も、あちら側に。^_^;>
 3つめは、それらの圧力に屈さないようにするための、日本
国民全体(+マスコミ)の後押し、支えが得られなかったこと
ではないかと思う。(-"-)
<『普天間問題は、まだこれから。鳩山の評価&国民の力で、
挽回を
』参照。
 そして、それが、結局、首相辞任にもつながったのだと
言えるだろう。(-"-)

 もともと鳩山由紀夫氏の首相交代や、社民党との連立解消を
望んでいた米国にしてみれば、そのまま合意を飲ませた上に、
首相を辞任させることができたわけで、「してやったり」と
思っている政府関係者も多いのではないだろうか?<日本の
防衛族や官僚の中にもね。(ーー゛)>

* * * * *

 それを表すような記事が、いくつか載っていた。

『 鳩山首相の辞任は「オバマ大統領の冷たい対応」

【ワシントン=小川聡】米国の日本問題専門家らの間で、沖縄の
普天間飛行場移設問題を巡るオバマ政権の厳しすぎる対応が、
鳩山首相を辞任に追い込んだとする論評が相次いでいる。

 スティーブ・クレモンス新アメリカ財団戦略問題部長は1日、
自身のブログに「ハトヤマを引きずり下ろすオバマ」と題する論文
を掲載し、「オバマ大統領は、会談に応じないといった氷のよう
に冷たい対応を維持して、鳩山首相に強烈な圧力をかけた。首相は
その圧力に耐えることができなかった」と分析した。

 外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員も2日、「(日本
の)民主党は米軍基地の駐留に関して従来とは異なる対応をしたい
と願っており、米側はこの問題の繊細さにより深い配慮が必要だ」
と指摘した。

 米政府筋は、「オバマ政権は十分に辛抱強く対応したし、辞任
は国内問題が原因だ」と反論している。<読売新聞5日>』

『【ワシントン=小川聡】米ワシントン・ポスト紙は3日付の社説
で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の迷走による支持率低迷など
を受けた鳩山首相の退陣表明を取り上げ、「首相の政策課題は、
日米同盟の再構築だった」としたうえで、「後任の首相はたぶん、
同じ間違いはしないだろう」と論評した。

 社説は鳩山首相の日米同盟観について、「中国により近づくこと
で、日本が均衡状態を見つけようとしたが誤った思いこみだった」
と批判。具体的には普天間移設問題を巡り、「過去10年にわたり
綿密に交渉された案よりも、いいやり方を見つけようとしたが
失敗した」と指摘した。

 経済不況や高齢化問題など日本の課題にも触れ、「米国は、後任
の首相はより結果を出すことを望んでいるだろう」と結論づけて
いる。<読売新聞3日>』

 要は、鳩山首相が米国の言うことをきかず(重視せず)、対等
外交なんて考えようとして、大きな間違い&失敗を犯したと
言いたいのだろう。(-"-)

* * * * *

 そして、日本の官僚のしたたかさをあらわす、こんな記事も
あった。
 藤崎一郎駐米大使と言えば、普天間問題の件で、記者を集めて、
クリントン国務長官に呼びつけられたというデマを流した、
あのトンデモ大使である。(`´)

『【ワシントン共同】藤崎一郎駐米大使は2日の記者会見で、鳩山
由紀夫首相の退陣表明について「首相は一国の顔」だと指摘、
「本当は長く務め、世界各国の首脳と長い付き合いをすることが
望ましい」と述べ、短命政権が続くことに苦言を呈した。米軍
普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐり先月末に日米合意に
こぎつけたことから「米国との関係でも、首相も残念に思っている
と思う」と述べた。<共同通信3日>』

 mewも短期に首相が代わることには、大きな問題を感じて
いるのだけど。
 彼もまた鳩山首相に対米従属を求め、首相を追い詰めた官僚の
ひとりであったわけで。

 思わず、「おまえには言われたくねぇ~よ」と悪態をつきたく
なってしまったmewなのであった。(▽▽゛))

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 新首相になる菅直人氏の政策に関しては、来週、所信表明などを
見てから、また改めて書きたいと思うのだけど。

 ただ、彼は、以前から、日本が各国と自立外交を行なって行く
ことや、米国ともより対等な関係を築くことを主張していた政治家
なので、mewはその点で期待をしているところがある。(-"-)

<鳩山由紀夫氏は、もともとは保守性が強い人だったけど。菅氏は
平和系中道リベラルなので、尚更に。
 ただ、前原グループに取り込まれないか心配で~~~。(-"-)>

 mewには、菅氏が、先日の会見で、外交に関する質問に対して
このようなことを語っていたのが、印象に残った。(・・)

「外交というのは、国民自身が自らの責任を覚悟をどれだけ持って
いるかによって強さが決まる」

* * * * *

 一般国民の中には、外交というのは、基本的に国と国、政府と
政府の関わりであって、自分たちとは遠いもの、自分たちには
どうしようもできないものだというイメージを持っている人が
多いのではないだろうか?(**)

 それゆえ、外交は「政府にお任せ」という感じになっていて、
何か思うことがあっても、その意思を国政に反映させようとは
せず、傍観している人が少なくないように思われる。(・・)

 まあ、もちろん、外交というのは、単に、日本とある特定の国
との間だけで決められることではなくて、国際機関や関連のある
国々などとも連携して、考えるべきことも多いとは思うのだけど。

 ただ、すべてを政府にお任せにしていたら、日米外交に関しては、
いつまでも、米国&官僚主導で重要なことが決められて、時に、
その損失や負担を日本の国民が押し付けられるという構図が、
ずっと続くことになってしまうのである。(ーー゛)

<沖縄の基地負担もそうだし。新自由主義の導入&法律やシステム
の改正によって、国民の利益がカットされ、一部の企業や外資が
儲かる仕組みを作られたことだって、そうだと言えるだろう。>

* * * * *

 でも、冒頭にアップした3つの要因の3番目にも記したように、
日本が自立して外交を行ない、国民の利益を第一に考えて、米国
などに自己主張を行なうためには、国民の後押しや支えが必要な
のである。
 つまり、もっと国民が主体になって、自分たちの意思や覚悟を
持ち、それをきちんと示すことが重要なのだ。(**)

 おそらく菅氏は、そのことを言いたかったのだろう。(・・)

 鳩山首相の時には、普天間問題に関しても、国民やメディア
が、なかなか主体性を発揮せず。
 沖縄の基地負担を押し付けるのはよくないと思うけど、米国に
逆らうのもマズそうだし、自分の住む地域に基地が来るのも
困るし・・・というような感じで、特に意思も示さず、傍観者の
ようになってしまったところがあるのだけど。

 今年後半には、日米の新安保体制を見直す協議も行なわれる
ことになっているだけに、菅首相の政権では、もっと国民が、
真剣に日米間の外交、安保のあり方を考えるべきなのではないか
と思うし。<そして、菅首相が、今度こそ米国に一方的に押し
込まれないように、国民が後押しできれば、いいと思うし。>

 マスコミも、もう少しこれらの問題に真剣に取り組んで欲しい
な~と願うmewなのであった。(@@)
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

 
[PR]
by mew-run7 | 2010-06-05 21:06 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)
リンクした古い記事の表記に問題が生じてしまったので、
(一行字数の幅が違ってしまった)ブログのデザインを一時
変更します。(^^ゞ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

昨日4日、民主党の代表選で、菅直人氏(63)が、同党の代表
に選出され、衆参で首班指名を受け、第94代の内閣総理大臣に
なることが決まった。(*^^)v祝
<8日に、天皇の任命を受けて、正式に首相となる運びだ。>

 以前からブログを読んで下さっている方はご存知だと思うが。
mewは、もともと社民連という政党が好きで。<人生で初めて&
唯一、ここなら支持してもいいと思う政党だった。> そもそも
民主党を応援するようになったのも、社民連の江田五月氏や菅直人
氏らが、民主党結党に関わっていたからだ。(・・)

<実は、その当時、mew個人は、菅氏より江田氏や田英夫氏の
方が好みのタイプの政治家だったんだけどね。^_^;>

 そして、93年に社民連も関わっていた細川非自民政権ができた
頃から、いつか江田氏や菅氏が日本の首相になる日が来ないものか
と。また96年に民主党が結党されてから、いつか政権交代を実現
する日が来ないものかと、ず~っと夢見ていたところがあった。
<『民主党にラストチャンスを(5)~菅直人に「民主党の顔」
としてのラストチャンスを~
』(06年4月)
民主党の目指すべき方向性について~このままでは民主党は
アブナイ(5)~
』(05年12月)など参照>

 菅氏に関して言えば、96年に自社さ政権の厚生大臣として、
薬害エイズ事件で活躍して、ぐ~んと知名度や期待度がアップ。
当時は、世論調査の首相にふさわしい人で、常に上位にはいり
TOPをとることもあったりして。
 いつか、菅氏が本当に首相になる日が来るかも知れないと。
そうなるといいな~と、思うようになっていた。(+_+)

 まあ、本当なら、江田五月氏or菅直人氏が民主党の代表として
選挙を戦い、自民党政権を下して政権交代を実現。彼らが首相に
なるというのが、思い描いていた形に近かったのだけど・・・。

 でも、チョット順番は違ってしまったけど、そして、ホンネを
言えば、10年ぐらい遅かったかな~という気分なのだけど。
 それでも、菅直人氏が首相に決まったことで、mewの中では、
ようやく約20年来の夢が実現したことになるわけで。と~っても
感慨深いものがある。"^_^"

* * * * *

 菅直人氏は、サラリーマンの息子で、東工大出身の弁理士だ。
 世襲ないor家族等が政治家ではない首相の誕生は、96年の
村山富市氏以来、14年ぶりだという。(・・)

 また、鳩山由紀夫氏が首相になって、久々に国立大出身の首相が
登場。しかも、理系出身の首相は珍しかったのだが。
 何と今回、2人連続して、国立大&理系出身の首相が誕生する
ことになった。(@@)
<菅氏は、バリバリ理工系。趣味で、麻雀の点数計算機を発明
して、特許もとっているような人だ。^^;>

 菅氏は、大学時代から、市民運動に参加し、市川房江さんの選挙
を手伝ったことから、政治家の道を志すようになり、3回の落選を
経て、80年に社民連から衆院に初当選。以来、10期続けて、
当選を続けている。
 高校から三鷹市に在住し、ずっと本人の地元(&mew知人の
地元)の東京選挙区から出馬し続けているので、その分、mew
も含め、東京都民には馴染みが深い政治家でもある。(・・)

<ちなみに、05年の小泉総選挙で、東京の25ある小選挙区うち
24で、自公候補が勝利。唯一、菅氏だけが、野党候補として、
小選挙区での当選を果たした。(~~)>

 草の根の市民運動から政治家になり、しかも、わずか4~5人
の小政党から政治活動を始めて首相になったという例も、日本の
政治の歴史では、初めてのことだ。(**)

 しかも、社民党の村山首相の時と違って、首相になる&政権を
担うのに自民党の力は全く借りていないし。93年の細川護煕
首相や、昨年の鳩山首相のように、かつて自民党議員だったわけ
でもない。

 それゆえ、mewは、菅氏が首相になったことで、50年以上
にわたった自民党政権が敗れて、本当の意味で政権交代が実現
できたように思えるし。また、ようやく一般市民の代表が、日本
のTOPになれる時代が来たことを、本当に嬉しく思う。"^_^"

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 菅直人氏も、3日の出馬会見で、こう言っていた。

「私は民主党という政党は、そういう、つまりはもともとは
お金持ちでなくても、あるいは政治家のおうちに生まれなくても、
志と能力があればですね、どんどん政治の社会に参加していける。
その一つの場を提供する。これが民主党のまさに民主党らしさだと
思っておりました。

 そういう意味で、私もある意味では典型的というのですかね、
象徴的なとまではいきませんけれども、典型的にそういう普通の
家庭に生まれて、特に何か特別な繋累とか何かがあったわけでは
ありませんが、そういう中で草の根から生まれたという言い方も
されますけれども、草の根から生まれた政治家としてですね、こう
した大きな役割をもし担うことができるとすれば、それはまさに
日本の政治にとって新しいことではないかなと私自身は感じている」
<産経新聞3日より>

* * * * *

 民主党は、もともと真の民主政、国民主体の政治を確立すること
を目指して、作られた政党だ。(**)

 自民党のように、中央の政府(政治家&官僚)が主導して、国民
の生活や地域、産業を築いて行く&利益をもたらして行くという
中央主権的な上から下への政治ではなく、各地域や産業に携わる
一般市民が主体になって、その声や活動で国政を作って行くという
下から上への国民&地域主権的な政治が行なわれることを目指して
結党された。(・・)

 戦後間もない頃は、戦争で荒廃してしまった国民生活、地域、
産業の経済、社会などの復興や成長のために、中央主導で国政を
行なうことも必要なところがあったようにも思うのだが。
 それは、同時に、中央が国民、各地方、産業などに利益や恩恵
をもたらし、国民や地方や各産業が中央に従い、また何らかの
利権(経済的なものや地位、票など)を与えるというシステムを
作ってしまうことにつながってしまった。^^;
 そして、そこには近時ずっと問題になっている不正な金銭や
契約などの利益のやりとり(ハコモノなどの公共事業による税金
のムダ使い)、天下りなどなど、既得権益やしがらみだらけの
政治システムができて、様々な弊害が生じてしまった。(-"-)

 民主党は、このような自民党政権がもたらした弊害を除去する
ためにも、国民主体、地域主権のクリーンな政治を築くことを目的
にして、結党されたのである。

 そして同党は、世襲やお金持ちでなくとも、志や意欲があれば
政治家になれるようにと、早い段階から公募で候補者を募り、
各地域や諸団体とリンクする形で、下から上への市民的な政治が
行なえるようなシステムを作ろうとして来たわけで。
 菅直人氏は、ある意味で、その象徴のような存在の政治家で
あると言えるのだ。(**)

* * * * *

 ただ、世の中、なかなか理想通りには行かないもので・・・。^^;

 それこそ96年に鳩山兄弟&菅氏が作った元祖・民主党では、
志と意欲を持ったしがらみのない若い政治家を中心にやって行こう
と決めたものの、それでは、全国組織を展開して、議席を増やし、
政権交代を実現するのは困難だということを認識することになって。
 98年には旧・民社党、社民党系の議員などと、再結党すること
に。さらに、渡部ご老公などの旧・自民党の議員も参入し、03年
には、ついに小沢自由党と合流することになる。(-"-)

 mewは、正直なところ、特に旧・自民党の実力者が民主党に
はいるたびに、「彼らがはいったら、新しい政治なんて作れるはず
がないじゃん!」と、イラ立ったり、失望したりすることも多かった
のだけど・・・。(~_~;)
 でも、それだけ、あの巨大な自民党とまともにやり合って、政権
の座をとれるような政党を作るのは、め~っちゃ大変なことだし。
それに、一般国民の多くが、政権を任せようと思う政党を作るのも、
決して容易ではないことも事実だった。(-"-)
<mewも、民主党と一緒に(?)、チョットずつオトナになって、
それを認識するようになったのよね。^_^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 実際、民主党は、それまで党の支持率が10%を超えることは
ほとんどなかったのだけど、03年、小沢自由党が合流した途端、
支持率も10%台に乗るようになって。
 議席数も、あの小泉自民党を相手に、03年衆院選で177議席
と躍進。04年参院選では、初めて50人当選して、自民党を
上回ることに。(・o・)

 05年の小泉総選挙での惨敗、06年の永田メール事件で、一度
はボロボロになったものの、そこから小沢ー鳩山ー菅のトロイカ
体制をとって、挽回し。07年参院選、09年総選挙で圧勝して、
ついに政権交代を実現したわけで。
 だから、mewは、小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏は、個人的には、
そんなに好きではないけど、その功績は素直に評価すると共に、
彼らには感謝もしているし。
 菅直人氏が、昨日の代表選の政見演説の中で、鳩山氏や小沢氏
への思いも語っていたのも、同じような気持ちからだろう。(**)

* * * * *

 昨日、TVで菅氏の若い頃からの映像が流れていたのだけど。
 社民連やさきがけ時代の姿や話し方を見て、「あの頃は、ホント、
若かったのね~」と、しみじみ思ってしまうところがあった。^^;
<懐かしい写真の数々が、コチラ毎日新聞に。>

 あの頃に比べれば、随分、歳をとって、エネルギッシュだった
「イラ菅」も、かなり落ち着いてしまった感じがあるし。あの
忌わしきトノモト事件があったり、ウケ狙いやオヤジ・ギャグ的
な失言も増えたり。首相の座を意識してか、最近は肝心なところ
でも「黙菅」になっていることが多くて、mewをがっかりさせる
ことも少なからずあったのだけど。

 でも、何か菅氏が首相になれないまま終わるのは、すご~く
心残りだったので。「今さら」と思う人もいるかも知れないけど、
mewにとっては、何か、あきらめかけていた忘れ物を、ヒョンな
ことから取り戻すことができたような感じの喜びや安堵感があって、
それが、胸の中にジワジワと広がりつつある。(^^♪

* * * * *

 本当は、あの3人のトロイカ体制で言えば、リーダー資質や
アピール性が強い菅氏が首相、温和で調整型の鳩山氏が官房長官、
経験豊富&手腕の優れた小沢氏が幹事長&参謀役になるのが、
一番いい形だったのではないかと思うし。
 うまくその形がとれれば、民主党は、もう少し安定した政権が
作れたのではないかと思うところもある。(・・)

 それも、今となっては、もう実現するのは不可能であるとはいえ、
もしできるなら、鳩山氏、小沢氏には、立場は違えど、トロイカ
体制に近い形で、菅氏を支えて欲しかったのだけど・・・。

 次回以降、その件について書いて行きたいと思うのだけど。
もしかしたら、小沢氏は、それこそ「親・菅」ではなく「反・菅」
(笑)に回りそうな感じもあって、最初から、ちょっとヒヤヒヤ・
モードに。(~_~;)

 ただ、菅直人氏も、これが首相を務められる、まさに最初で最後
のチャンスだし。正直なところ、本人もおそらく、一度はあきらめ
ていた首相の座を手にすることができたのではないかとも思うし。

 あまり周囲のことは気にせず、菅直人氏がこれまで培って来た
もの&やってみたいと思っていたことなどを思いっ切りオモテに
出して、まさに「菅直人」らしい政治を行なって欲しいと思って
いるmewなのだった。(@@)
                   THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-05 07:03 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)
最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

最初に地方競馬の話を・・・。

 2日に大井競馬場で、東京ダービーが行なわれ、圧倒的1番
人気に支持されたマカニビスティーwith戸崎騎手が優勝
した。(*^^)v祝
 2着には、12番人気のガナールwith岩田騎手がはいって、
やや波乱となった。<馬が来たというより、「あ~、岩田が
来ちゃった~」という感じ?(@@)>

 マカニビスティは、大井の松浦備厩舎の所属馬。東京ダービー
は毎年、大井で開催されるのだが。もう10年以上、大井の所属馬
は勝てなかったので、超・久々~という感じ。(・o・)
 しかも、松浦師(69)は、騎手時代も含め50年、ダービー
優勝に手が届かなかったので(2着は何回かある)、その喜びも
一入(ひとしお)だったようだ。"^_^"

<大井がホームのmewとしては、嬉しい限り。実は、一昨日も
ダービーの時には、現地にいたですぅ。(^^ゞ 残念ながら、
的場さまは、今年もダービーは・・・。(~_~;)>

 ただ、マカニビスティは、中央で2勝したとに、大井に転入した
馬で。正直なところ、馬としては、もともと格上。強かったけど、
タイムはイマイチだったので、今後、どこまで伸びるのか、もう
少しウォッチする必要があるかも知れない。

 また、2日はJRAとの交流戦があったためか、ダービーにも
横山ノリ、内田、岩田、松岡、三浦と5人ものJRAの騎手が
南関の馬に乗ったのだが。それで、入場者や売り上げが上がると
いうのなら致し方ないけど。南関3歳のお祭り(GI)ゆえ、
mew的には、南関の騎手を乗せた方がいいんじゃないかな~と
思ったりもした。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、2日に鳩山首相&民主党代表がが辞任を表明したことで、
民主党は、4日に代表選を行ない、その日のうちに首班指名、
組閣まで行なうことに決めた。(・o・)

 国会の会期末まであと2週間、参院選まで1ヶ月チョットと
いう時期ゆえ、致し方ないところがあるとは思うし。
 もともと民主党は、この9月に、07年に代表になった小沢氏
<残りを鳩山→次の人が>の任期が終わるので、そこで本格的な
代表選を行なう予定になっていることから、今はとりあえず暫定的
に代表を決めておこうという雰囲気にもなっているようなのだが。

<mewは、自民党も含めて、この任期のシステムが不思議で
ならないのよね~。新しい代表が決まったら、そこから3年の任期
というのでは、ダメなのかしらん?^^;>

 民主党の代表を決める選挙というのは、いまや、日本の首相を
決める選挙となるだけに、こんな風に急いでバタバタと決めていい
のかな~と、チョット不安に思ってしまうところもある。(~_~;)

* * * * *

 そして、昨日、菅直人副総理と樽床伸二氏が、代表選への出馬を
表明する会見を行なったのだが。どうやら、代表選は、この2人の
対決になるようだ。(**)

 樽床氏の出馬のニュースをきいて、mew周辺では、「そんな人、
知らな~い」とか、「思わす、去年の自民党の総裁選で、西村
ナントカっていう議員が擁立された時のことを思い出した」とか
いう話が出ていたのだけど。^^;

 樽床氏は、決して有名ではないけれど。西村ナントカよりは、
ずっとマシというか・・・。
 色々苦労して来た&松下政経塾出身の衆院当選5回の50歳の
議員で、今は環境委員会の委員長。渡部ご老公が選んだ次世代の
民主党を担う七奉行にも選ばれていて。同じく、そのメンバーで
ある玄葉氏と共に、若手・中堅議員のリーダー的な存在だ。

 民主党には、自民党ほどのきちっとした派閥はないのだが。
樽床氏は松下政経塾&日本新党から初当選組としては、前原誠司氏
野田佳彦氏と同期で、野田グループの一員。
 報道の中には、今回、樽床氏を擁立した松本剛明衆院議院運営
委員長などは、小沢氏に近い立場だと説明するところもあったの
だけど。松本氏も野田グループだし、mewは、野田&前原氏と
親しいのだと、ず~っと思っていた。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 菅直人氏の方は、今さら説明するまでもないだろうが。
 彼は、もともと社民連の議員で。さきがけ時代には、自社さ政権
で厚生大臣を務め、厚労省内に隠されていたHIV薬害感染に
関する書類を発見。同省にも責任があることを認めて謝罪したこと
で、一躍、世間の注目を浴び、90年代半ばには、次期首相候補の
№1や上位に名を連ねていたことも。
 その後、鳩山兄弟らと民主党を結党。初代を含め、3回、同党の
代表を経験している人だ。(**)

 以前から、このブログを読んで下さっている方はご存知だと
思うのだが。mewは、もともと民主党の中では、菅直人氏が一番
に近いごヒイキなので<かつては、江田五月氏が一番>。
 もうムリかな~とあきらめかけていた、首相になるチャンスを
ここで得る可能性が高くなって、ちょっとワクワク・ドキドキして
いるところだ。o(^-^)o

 菅氏については、代表選に勝つことを期待しつつ、今後、色々
と書いて行きたいと思っている。(・・)

* * * * *

 それよりも、mewは、ここ1~2日、TVや新聞のニュースを
見ていて、辟易とさせられてしまうところがあった。(ーー)

 民主党の代表選に関して伝えていたニュース&解説は、どこも
二言めには<いや、ほとんど一言めかも?^^;>、「親・小沢」か、
「反・小沢or非・小沢」かという話が出て来ていて。<いちいち、それ
を書いたシールを貼ったり、小沢氏への近さをあらわすグラフを
作ったりしていたところも。(~_~;)>
 何だか、小沢氏に近しい人はダメ、小沢氏の影響力があっては
ダメ、小沢氏は排除しなくてはダメという雰囲気を色濃く出して
いたからだ。(ーー)

 しかも、岡田外務大臣も「権力の二重構造が云々」と言うなど、
民主党の閣僚や幹部、議員の中にも、小沢氏の存在を意識した
発言をする人が少なからずいて、「はぁ・・・(~_~;)」とため息
をつきたくなってしまった。_(。。)_

 まあね~。いつも書くように、それだけ、小沢一郎なる政治家
が大きな力や存在感があるという証なのかも知れないのだけど。
 一体、マスコミは、いつまで、小沢氏やその影響力をメインに
考えて、アレコレ報じて行くつもりなのだろうか?(ーー゛)
 一体、いつになったら、小沢氏と近いのは悪いこと、小沢氏に
反したり、排除したりするのはいいことという、ミョ~な価値判断
の基準&図式のようなものを続けるつもりなのだろうか?(**)
<政治家や一般国民もね。^^;>

* * * * *

 これは、政治の世界に限ったことではないのだけど。
 mewは、最近、マスコミが、特定の人を悪役的なターゲット
にして、一挙一動に注目し、時にあることないことを報じて、
一斉に悪口を言ったり、叩いたりすることに疑問を覚えている
ところがある。<何かほとんど、子供たちの「いじめ」の構図
と同じだよね~。(ーー)>

 小沢氏に関しても、東京地検の捜査に関する報道は、根拠もない
のに、あることないことを報じられた上に、ひたすらバッシング
が続いて、本当にひどかったと思うのだけど・・・。

 政治家としても、彼がいかに強権or独裁的であるかということを
時に誇大(妄想的)にアピールして。一挙一動、あることないこと
で騒ぎ、勝手にアレコレと解釈して、いかにもウラで何かよからぬ
ことをたくらんでいるかのように伝えて、国民だけでなく、議員
たちにも小沢氏への不信感を植えつけようとしているのではないか
と感じられるところがあって。
 本当に大きな問題ではないかと思っているのだ。(`´)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 少し冷静になって、考えて欲しい。 

 小沢一郎氏は、衆院当選14回、もう40年以上も衆院議員と
して、有権者に選ばれ続けている人で。それなりに大きな期待を
担っている国民の代表のひとりでもあるし。
 また、当然にして、国会議員として、それ相当の経験や実績も
あって。特に、選挙や政局を読む力や、その政治手腕は、かなり
優れていることは誰しも認めるところである。

 小沢氏は、強烈な存在であるし。自民党時代から、ダーティ&
豪腕なイメージがあるので、彼を好きな人、嫌いな人は、やや
極端に分かれるところがあるかも知れないし。実際、mewに
とっても、何度も書いているように、彼は嫌いなタイプの政治家
なのだけど。^^;
<それこそ、小沢氏が民主党に合流すると決まった時には、「小沢
がはいるなんて、イヤだ~~~」とわめいていたぐらいで。(~_~;)>

 ただ、彼を嫌いだから、また、彼には悪いイメージがあるからと
いうだけで、彼を排除するということは、国民の意思を軽視する
ことにもなるし。その優れた能力を、政権与党の国政運営に活用
しないのは、実にもったいないことで。それは日本の国益にも、
国民の利益にも資さないことなのではないことだろう。(・・)

* * * * *

 今回、民主党内では、代表選で誰を支持するかを考える際に、
小沢氏やその影響力のある人を要職に登用しないことを条件に
した人がいたということだが・・・。

 それに民主党内には、衆参合わせて423人の国会議員うち、
いわゆる小沢グループに属していると言われる人が150人ぐらい
いるわけで。
 党内民主主義&バランスから考えたら、人事の際に、小沢氏に
近い(親小沢だ)という理由だけで、その中からひとりも閣僚や
要職につけないということは、逆に不公正で異常なことなのでは
ないだろうか?(ーー)

 ましてや参院選まで、あと1ヶ月余りしかない今日。長参院選の
候補者を決めたり、おカネや選挙活動の準備を進めたりして来た
のは、まさに小沢幹事長であるわけで。
 小沢氏が、各選挙区の県連や団体、様々な産業等の団体とパイプ
を持って支持をとりつけたり、また自腹で、自分の秘書などを候補
者のもとに送って、選挙活動を指導したりもしているわけで。
 それを、今頃になって、小沢氏は全く排除をして選挙活動をと
言っても、スムーズに進めるのは極めて困難だろう。^^; 

 さらに、民主党は与党になって、百億円単位の政党資金(助成金、
献金)を扱い、多数の議員や候補者を抱えるようになっていて、
経験の乏しい議員が、それらをハンドル&コントロールすること
は、容易ではないことなのだ。^^;
 それゆえ、果たして、一体、誰がそれらのお金や人や組織などを
うまく扱うことができるのか、mewには、思いつかない。(~_~;)
<下手すれば、お金も人も組織もグチャグチャになって、民主党
の運営がおかしくなってしまいかねないからね~。^^;>

* * * * * 

 それらを考えると、mewは、今度こそ、民主党は、小沢氏や
小沢グループの人も含め、幅広く、バランスよく、適材適所に人材
登用して、まさに挙党一致で、国政や選挙に取り組める形を作る
べきだと思うし。
 
 TVで誰かが、いい加減に「脱・小沢」をと言っていたのだけど。
mewは、それよりも、メディアも、議員たちも、何かにつけて
いちいち「親・小沢」「反・小沢」と区分することから脱する・・・
「脱・小沢ラベル分け(ラベリング)」の方が大事なのでは
ないかな~と。

<民主党の議員は、もうそういう質問には、樽床氏のように、
自分は区分は考えていないと答えるようにして欲しいな~。
菅氏みたいに「小沢氏は静かに」とか言うと、またそれを大きく
扱われたりするし。それを見て、本人や周囲がヒネちゃうおそれ
もあったりして~~~。^^;>
 
 民主党の新たな政権が始まるに当たって、まず最初に、それを
望みたいと思うmewなのであった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-04 05:32 | 民主党、民進党に関して | Trackback(5)
 これは今日2つめの記事です。(長い!^^;)

 前のデザインは、色が反射して画面やリンクが見にくい
ので、デザインを変更しました。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  昨日、鳩山首相が、辞任を発表した。また、首相=民主党代表と
共に、同党の小沢幹事長も辞任することが発表された。(・・)

 ふぅ・・・。_(。。)_

 この何日かの報道を見ていて、鳩山首相は、もう辞任せざるを
得ないだろうな~と思っていたし。そうなると小沢幹事長も、
少なくとも幹事長として残るのは難しいかも知れないな~とも
思ってはいたのだけど・・・。

 ここ何年か、民主党の政権交代実現を願って、また新政権
による新たな形の民主政に期待して、この小沢ー鳩山タッグを
応援して来たmewとしては、正直なところ、「がく~ん、
脱力~」という感じになったとこもあるのだけど。_(_ _)_

 小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏については、これまでもさんざん
書いて来たし、また昨日に至るまでの様々なことについては、
また追々書く機会もあるとは思うが。

<思えば、このブログは、05年9月から始めたので、ちょうど、
06年4月に、小沢氏が代表になって、この2人のタッグによる
政権交代への道がスタートしたところから、その道程がず~っと
記されているのよね。(・・)>

 ともかく、この2人が、mewにとっても悲願だった政権交代
の実現のために果たしてくれた功績は、まさに歴史に残るような、
本当に大きなものだったと思うし。
 野党時代から、何度も大きな壁や逆風に直面しながらも、2人
でタッグになって、本当によく頑張ってくれたと思っているし。

 今は、心から「おつかれさま&有難う」と言いたい気持ちで
いっぱいだ。m(__)m
 
* * * * *

 ただ、ホンネを言えば、もしどうせ、こんなすぐに辞めるの
であれば、先週、『鳩山は首相を辞任せよor鳩山内閣を改造すべし、
と言いたい気分にも
』にも書いたように、普天間移設に関する日米
共同声明を出す前に辞めて欲しかった。(**)

<私は、首相として沖縄県民の民意を無視して、「辺野古」と
明記はできない。ここままじゃ公約が守れない&5月末までに結論
が出せないので、責任をとって辞任すると言って。>

 もし鳩山首相が。以前、自分で公言したように、まさに「職を
賭して」、沖縄の基地問題に取り組もうとしたなら、mewは、
めっちゃ彼を評価したのではないかと思うし。
 沖縄県民はもちろん、沖縄の負担軽減や日米対等外交を願う国民
たちからも、かなり大きな支持を得られたのではないだろうか?(・・)

 でも、結果的には、日本の国民や沖縄県民の意思、自分の公約
を軽視して、米国の言いなりになるような形で、しっかりと日米
合意だけは作って。しかも、そのあとで、ある意味では、その
責任をとるような形で、辞任をすることになったわけで。

 ある意味では、彼は、「職を賭して」、米国に従い、日米合意
の方を守ろうとしたとも言えるわけで、何だか割り切れないような
感じがするし、とても残念に思ってしまう。(-"-)

<米国は、鳩山首相に不信感を持って、首相を代えるように
圧力(脅し?)をかけていたという話もあって。鳩山氏は、その
こともあって、米国に従おうとしたのかも知れないのだけど。
 何だか、すべてが米国主導になっているように思えて、尚更に
ムカついてしまうところが・・・。(ーー゛)>

* * * * * 

 また、結局、鳩山首相&小沢幹事長が辞めざるを得なくなった
のは、東京地検特捜部が、小沢氏の政治団体や秘書に対して、
恣意的な&強引な捜査を行なったことが大きなきっかけになって
いるわけで。
 結局は、民主党(政権)や小沢氏のことをジャマに感じていた
検察や官僚(&自民党)の思うツボになってしまったのかと思うと、
尚更に、悔しさが募るところがある。(`´)
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 ところで、今となっては、鳩山首相が辞任に至った経緯や、小沢
幹事長とどちらが引導をわたしたのかなどについては、どうでも
いいかも知れないのだけど・・・。^^;

 小沢氏も、記者にきかれて「お互いに期するところが一致した
っちゅうことです」と、あえて経緯を語らずに済まそうとして
いたし。小沢氏の側近は「首相がああいう説明をしている以上、
そうだというしかない。小沢さんは鳩山さんのメンツをたてた」
と語っているそうなのだが。(側近発言・読売新聞3日より)

 ただ、正直なところ、鳩山氏が、昨日の挨拶や会見の中で、自分
が先に辞任を決意し、党をクリーンに再生するために、小沢幹事長
にも辞任を促したと説明していたことには、「え~~~っ?(・o・)」
と大きな疑問を覚えた。

 ちなみに鳩山氏は会見では、こう説明している。

『月曜のときには私の方から身を引きたいと。辞したいということ
を申しました。そして、その翌日、3人でお会いしたときに私も
辞めますが、やはり先ほどこれは両院(議員)総会で申しました
ように、一番求められているのは政治に対する、政治とカネに
おけるクリーンさだと。やはり、クリーンな民主党に戻さなきゃ
いかんと。そのために幹事長にも身を引いていただきたいという
ことは申し上げ、分かったということでありました。』
(注・月曜=5月31日)

* * * * *

 でも、実際は、小沢氏の方が、粘る鳩山氏に辞任を迫ったと
いう報道の方が多い。

 それこそ、東京新聞は既に昨日の朝刊(鳩山首相が辞任発表する
前)に、「『同時辞任』小沢氏が前日提案 拒んだ首相と距離感」
というタイトルの記事を載せていたほどだ。(・・)  

『小沢氏は31日午後に首相と会談した際には、一度は同時に
辞めるよう持ちかけたが、首相は首を縦には振らなかったとされる。
首相が拒否する以上、小沢氏といえども「上司をクビにはできない」
(党幹部)のが実情で、これが進退問題の決着が遅れている原因だ。』

 この話が本当ならば、小沢氏の方が、自分も辞めるから首相も
辞めて欲しいと、いわば「道連れ辞任」をしようとしたのである。

* * * * *

 小沢幹事長が、鳩山首相の辞任させるしかないと決意したのは、
首相が、社民党が連立を離脱した場合に、参院選や国会運営に
どれだけ支障が出るか理解できておらず、小沢氏の要請にも配慮
しなかったことが大きかったようだ。(・・)

 以前も書いたように、小沢幹事長は、もともと普天間基地の
辺野古への移設は反対だったのだが。
 もし日米共同声明に「辺野古」と明記して、社民党が連立を
離脱した場合、参院選で選挙協力が得られないばかりか、国会
運営が立ち行かなくなるのだ。^^;

 会期末まであと2週間。政府は、郵政民営化法案などの重要法案
を早く通さなければいけないのだが。
 社民党が連立を離脱したら、参院では、郵政法案を審議する総務
委員会をはじめ、いくつかの委員会で過半数をとれないため、審議
日程や採決を思うように進めることができないし。参院で首相の
問責決議案を可決されるおそれさえある。(-"-)

 そこで、小沢氏は27日の夜に、首相公邸を訪問。

『小沢は大詰めを迎えていた沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題
で「沖縄県内移設」に反対する福島に配慮するよう、「円満解決」
を求めた。「福島は続投。社民党も連立政権に残る」という小沢
の主張に、鳩山は反論しなかった。

 ところが鳩山は翌28日朝にオバマ米大統領と電話で会談した
ことを境に、 豹変 ( ひょうへん ) する。移設先を「同県名護市
辺野古」と明記した対処方針に踏み切り、福島を閣議での署名拒否
に追い込み、罷免した。鳩山から小沢への事前の連絡はなかった。
 「どうして鳩山が変わったのか。分からない」
 小沢は衝撃を受けた。<読売新聞2日より>』

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 結局、鳩山首相は、28日に「辺野古」明記の共同声明や内閣の
対処方針を発表。社民党の福島代表(少子化大臣)を罷免。それが
社民党の連立離脱につながってしまう。(-"-)
<しかも、このことで、内閣支持率もさらに低下した。^^;>

 鳩山首相は、29、30日には、日中韓の首脳会談のために、
韓国を訪問していたため、日本にはおらず。
 帰国後、31日に小沢幹事長と輿石参院会長が、参院選や国会
の状況について説明するために会談を行なったものの、鳩山首相
は、「え?そうなんですか?」という感じで、事情がわかって
いない様子だったという。<しかも、中国の恩家宝首相が来日して
いたこともあって、この日は8分しか、話をする時間がなかった。>

 1日には30分ほど会談。そのほとんどの時間、輿石氏が
様々な問題についてまくし立てていたと言われるが。鳩山首相は、
ここでも、辞任を決意するには至らず。しかも、何か条件をつけて
抵抗したという話もある。
 おまけに、会談後、カメラにも映るように、親指を立てるポーズ
をしたために、鳩山首相の言動で四苦八苦させられている民主党
議員たちの怒りを買ってしまった。^^;

<一部には、幸夫人が首相辞任に反対の意向を示していたという
話もあるのだが。(サミットも楽しみにしていたとか。パーティ
や夫人外交用の洋服とかも、作っちゃったかも知れないしね~。^^;)
mew周辺では、カメラを通して、幸夫人か側近向けに「小沢に言う
べきことを、言ってやったよ」という合図だったのではないかという
推測も出ていたりして?(@@)>

* * * * *

 そこで、業を煮やした小沢幹事長が、1日の夜にもう一度、
電話を入れたという。

『1日午後10時ごろ。民主党の小沢一郎幹事長は首相公邸にいた
鳩山由紀夫首相に電話した。
 鳩山、小沢、そして輿石東参院議員会長との2度目の3者会談
から3時間余りが過ぎていた。
「参院が止まれば、法案が1本も通らなくなる。政権運営なんて、
できないんだよ」
 小沢は、社民党の連立政権離脱の影響を、丁寧に説明した。小沢
からの事実上の最後 通牒だった。<読売新聞2日より>』

 もちろん、その時に、鳩山首相が、「じゃあ、私も引くから、
小沢さんも引いてください」と言った可能性はあるのだが。

 鳩山首相が、最後に、いい子ぶって&カッコつけて、いかにも
自分が民主党をクリーンにするために、ダーティな小沢氏を道連れ
にするかのような体裁をとったことには、かなり引っかかって
しまうところがあった。(-"-)

<鳩山氏が総会で挨拶に行なったあと、渡部ご老公が寄って行った
のを見て、もしかして、ダブル辞任を主張していた渡部氏が、この
言い方を考えたのかと思っちゃったりもしたのだけど。^^;幸夫人or
鳩山氏の側近が考えた可能性もあるかな?(・・)>

* * * * *

 でも、その鳩山首相の言葉を、じっと目をつぶってきいていた
小沢氏は、少し涙を浮かべながら、挨拶を終えた鳩山氏と言葉を
交わしたあと、ひとりでさっと静かに会場から立ち去った。
 その後も、何も反論もせず、本当のことはぐっと胸にしまった
まま「どの段階でどうこうということではない。お互いに期する
ところが一致したっちゅうことです」と説明するだけだった。

 その姿を見ていて、「プロ&オトコだね~」とつぶやきたく
なったmewなのだった。(@@)
                 THANKS
 
【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-03 09:02 | 民主党、民進党に関して | Trackback(11)

 6月2日、鳩山首相が、辞任を決意。朝のぶら下がり会見で、記者たちに、両院総会で私の思いをお話するので、きいてくださいと発言。
 そして、午前10時から行なわれた民主党の両院総会の場で、その決意の表明を含む挨拶を行なった。

 96年に政権交代を実現し、国民主体の新しい政治を行なえる政党を作りたいと考え、民主党を結党した鳩山由紀夫氏が目指して来たもの、そしてようやく民主党が政権交代を実現して、目指そうとしていた政治に関する思いが示されたいい挨拶であったと思う。

 鳩山首相は、終始、その大きな目をうるませながら、党の議員や国民に語りかけていたのだが。
 mewもそれを身ながら、民主党結党以来、また民主党が政権をとったあとの、これまでの様々なことを思い浮かべて、じ~んと来てしまったところがあった。
 
 小沢幹事長は、総会のあとに開かれた同党正副幹事長会議で、「首相のあいさつには感銘を受けた」と語っという。

 また、総会後の取材でも、記者から「きょうの(両院議員総会での)あいさつはすばらしかったと思うが、ああいうメッセージをもっと前に出そうという考えはなかったのか」という質問も出たほどだった。

 挨拶の中で鳩山氏が語ったことでは、普天間問題で、日米同盟(米国の主張)を優先したことや、持論であるの自主防衛論に関しては、mew的には賛成ぢかねるところがあるし。
 小沢幹事長が辞任するに至ったいきさつについて語った部分には、大きな疑問符がつくのだが。
<この件については、別記>

 全体にわたって、とてもいい挨拶だったと思うので、記録に残しておくためにも、ここに全文をアップしておきたい。

* * * * * *

民主両院総会での鳩山首相発言全文

 鳩山由紀夫首相が2日午前、民主党両院議員総会で発言した内容は次の通り。

 お集まりの皆さん、ありがとうございます。そして国民の皆さん、本当にありがとうございました。国民の皆さんの昨年の暑い夏の戦い、その結果、日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の皆さんの判断は決して間違っていなかったと私は今でもそう確信している。

 こんなに若い、素晴らしい国会議員がすくすくと育ち、国会の中で活動を始めてくれている。それも国民の皆さんの判断のおかげだ。政権交代によって国民の暮らしが必ず良くなる。その確信の下で、皆さん方にお選びいただき、私は首相として今日までその職を行ってきた。皆さんと協力して日本の歴史を変えよう、官僚任せの政治ではない、政治主導、国民が主役になる政治をつくろう。そのように思いながら今日まで頑張ってきたつもりだ。

 私は、きょうお集まりの国会議員と一緒に、国民のための予算を成立させることができた。そのことを誇りに思っている。子ども手当もスタートした。高校(授業料)の無償化も始まっている。子供に優しい、未来に魅力のある日本に変えていこう。その私たちの判断は決して間違っていないと確信している。

 産業活性化をしなければならない。特に1次産業が厳しい。農業を一生懸命やっている方々の戸別所得補償制度。米からではあるがスタートさせることもできた。そのことで、1次産業がさらに2次産業、3次産業と合わせて、6次産業として再生される日も近い。私はそのようにも確信している。

 さまざまな変化が国民の暮らしの中に起きている。水俣病もそうだ。さらに医療崩壊が始まっている地域の医療を何とかしなければならない。厳しい予算の中で、医療費をわずかだが増やすことができたのも国民の意思だと思う。これからもっともっと人の命を大切にする政治を進めていかなければならない。

 ただ、残念なことに、そのような私たち政権与党のしっかりとした仕事が、必ずしも国民の皆さんの心に映っていない。国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった。そのことは残念だし、まさにそれは、私の不徳の致すところだと思っている。その原因を二つだけ申し上げる。

 やはりその一つは、(米軍)普天間(飛行場移設)の問題であろう。沖縄、徳之島の皆さんにもご迷惑をお掛けしている。ただ、私は本当に、沖縄の外に米軍の基地をできる限り移すために努力しなければいけない。今までのように、沖縄の中に基地を求めることが当たり前ではないだろう。その思いで、半年間努力をしてきたが、結果として、県外にはなかなか届かなかった。

 これからも、県外にできる限り、彼ら(海兵隊)の仕事を外に移すように努力をしていくことは言うまでもないが、一方で、北朝鮮が韓国の哨戒艇を魚雷で沈没させる事案も起きている。北東アジアは決して安全、安心が確保されている状況ではない。その中で、日米が信頼関係を保つということが、日本だけではなく東アジアの平和と安定のために不可欠との思いの下で、残念ながら、沖縄に負担をお願いせざるを得なくなった。そのことで、沖縄の皆さま方にもご迷惑をお掛けした。

 そして特に社民党に政権離脱という厳しい思いを与えてしまったことが残念でならない。社民党、国民新党とともに一緒に今まで仕事をしてきた。これからもできる限り協力をお願い申し上げてまいりたい。さらに、沖縄の皆さん方にも、これからもできる限り、県外に米軍の基地というものを少しずつでも移すことができるように、新しい政権として努力を重ねていくことは何より大切だ。

 社民党より日米を重視し、けしからんという気持ちも分からないでもない。ただ、社民党とも協力関係を模索していきながら、今ここは、やはり日米の信頼関係を何としても維持させていかなければならない。その悲痛な思いを、ぜひ皆さんにもご理解を願いたいと思っている。

 私はつまるところ、日本の平和、日本人自身でつくり上げていく時をいつかは求めなければならないと思っている。米国に依存し続ける安全保障をこれから50年、100年続けていいとは思わない。そこのところも、ぜひ理解をいただいて、鳩山が何としても、少しでも県外に(米軍基地を移設する)、との思い、ご理解を願えればと思っている。その中に、今回の普天間の本質が宿っていると思っている。

 私の時代は無理だが、あなた方の時代に、日本人の平和をもっと日本人自身でしっかりと見詰め上げていくことができるような環境をつくること。現在の日米の同盟の重要性は言うまでもないが、一方でそのことも模索をしてほしい。私はその確信の中で、しかし、社民党を政権離脱という大変厳しい道に追い込んでしまった。その責任は取らなければならない。そのように感じている。

 いま一つは、「政治とカネ」の問題だった。そもそも私が自民党を飛び出して、(新党)さきがけ、さらには民主党をつくり上げたのも、自民党政治では駄目だ、もっとお金にクリーンな政権をつくり上げなければ、国民が政権に対して好意を持ってくれない、何としてもクリーンな政治を取り戻そうではないかとの思いだった。それが結果として、自分自身が政治資金規正法違反の元秘書を抱えていたなどと全く想像だにしなかった。

 そのことで、きょうご来会の国会議員に大変な迷惑を掛けたことは本当に申し訳ない。なんでクリーンであるはずの民主党の、しかも代表が、こんな事件に巻き込まれるのか。皆さまもご苦労され、お怒りになったことだと思う。私はそのような政治とカネ(の問題)に決別する民主党を取り戻したいと思っている。皆さんいかがだろうか。

 このことで私自身もこの職を引かせていただくことになるが、併せてこの問題は、小沢一郎幹事長にも政治資金規正法の議論があったことは皆さま承知のことだ。先般、2度ほど幹事長とも相談申し上げながら、「私も引きます。しかし幹事長も恐縮ですが、幹事長の職を引いていただきたい。そのことによって新しい民主党、よりクリーンな民主党をつくり上げることができる」と申し上げた。幹事長も「分かった」と申された。決して受動的という話ではない。その責めを果たさなければならない。

 重ねて申し上げたいと思うが、きょうも見えている小林千代美議員にもその責めをぜひ負っていただきたい。本当にこの高い壇上から申し上げるのも恐縮だが、私たち民主党、再生させていくためには、とことんクリーンな民主党に戻そうではないか。皆さん、そのためのご協力をよろしくお願いする。そうなれば国民の皆さんが新たな民主党に対して、聞く耳を持っていただくようになる。

 そのように確信をしている。私たちの声も国民の皆さんに届くだろうし、国民の皆さんの声も私たちにすとんと通る。生まれ変わると思う。

 私はしばしば宇宙人だと言われている。それは私なりに勝手に解釈すれば、今の日本の姿ではなく、5年、10年、20年、何か先の姿を国民の皆さんに常に申し上げているから、何を言っているか分からない。そのように国民の皆さまに映っているのではないかと思う。

 例えば地域主権。原口一博総務相が先頭を切って走っている。もともと国が上で地域が下にあるなんて社会はおかしい。むしろ地域の方が主役になる日本にしなければならない。それがどう考えても、国会議員や国の官僚が威張っていて、「くれてやるからありがたく思え」と中央集権の世の中はまだ変わっていなかった。そこに少なくとも風穴が開いた。そこにかなり大きな変化ができつつある。さらに一括交付金など強く実現を図っていけば、日本の政治は根底から変わる。地域の皆さんが思い通りの地域をつくることができる。そんな世の中に変えていけると思う。

 今すぐ、なかなか分からないかもしれない。しかし、5年、10年たてば必ず国民の皆さん、鳩山が言っていること、こういうことだったのかと分かっていただける日が来ることを確信している。「新しい公共」もそうだ。官が独占している今までの仕事、できるだけ公に開くということでやろうではないか。
 
皆さん方が主役になって、本当に国民が主役になる。そういう政治を、社会をつくり上げることができる。まだ、新しい公共という言葉自体がなじみが薄く、よく分からないと思われているかもしれない。ぜひきょうお集まりの皆さん、官僚の独占した社会ではなく、できるだけ民が、国民の皆さんができることはやりおおせるような社会に変えていく。その力を貸していただきたいと思う。

 東アジア共同体の話もそうだ。今すぐという話ではない。しかし、必ずこの時代が来る。3日ほど前、済州島に行って韓国の李明博大統領、中国の温家宝首相ととことん話し合った。東アジア、われわれは一つだ。壁に「We are the one」「われわれは一つである」。この標語が掲げられていた。そういう時代をつくろうではないか。国境というものを感じなくなるような世の中をつくり上げていく。そこで初めて、新たな日本というものを取り戻すことができる。私はそのように思っている。国を開くこと。そのことの先に、未来を開くことができる。ぜひ新しい民主党、新しい政権を皆さん方の力によっておつくりいただきたい。その時に、鳩山が申していた、どうも先の話だと思っていたことが、必ず皆さんの連携の中で「よし、分かった」と理解していただけると確信している。

 私は済州島に行って、ホテルの部屋の先にテラスがあって、テラスに1羽のムクドリが飛んできた。わが家にいるムクドリと全く同じでした。失礼、ヒヨドリです。鳥の名前間違えちゃいけない。このヒヨドリはわが家から飛んできたヒヨドリかな。姿形が同じだから、そのように勝手に解釈して、そうか、この鳥も「そろそろ自宅に戻って来いよ」と私のことを招いているように感じた。

雨の日には雨の中を、風の日は風の中を、自然に歩けるような、苦しいときには雨天の友、お互いにそのことを理解し合いながら、しかし、その先に国民の皆さんの先をしっかり見つめ合いながら、手を携えて、この国難とも言える時に、耐えながら、国民との対話の中で、新しい時代をつかみ取っていこうではないか。

きょうはそのことをお願い申し上げながら、大変ふつつかな私だったが、今日まで8カ月余り、皆さんとともにその先頭に立って歩ませていただいたことに心から感謝を申し上げながら、私からの国民の皆さん、ここにお集まりいただいた皆さんへのメッセージとする。ご静聴ありがとうございました。

<時事通信2日>


【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-03 05:40 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)
速報・・・鳩山首相&小沢幹事長辞任へ。

  午前10時過ぎ。鳩山首相が、党の両院総会で、辞任を発表。
また小沢幹事長にも辞任を求め、了承を得たと語った。

<ただし、小沢氏の方が31日に同時辞任の話を持ちかけたと
いう報道もある。このあたりのことは、明日にでも・・・。>

 鳩山首相のスピーチは、なかなか中身も濃く、心に訴えるものも
あって、本人も目を赤くしていたが、mewもちょっとウルウルと来た
ほどだった。
<小沢氏も、退出する際に、ぐっと涙をこらえていたように見えた。>

 今後、民主党は、新たな代表=首相を決めて、終盤国会&
参院選に臨むことになるわけだが。
 果たして、次の首相、幹事長は誰になるのか・・・。鳩山氏や
小沢氏の意向は、多少は反映されるのか・・・。

  ここから党内では、また様々な人たちの思惑が、オモテで
ウラで飛び交いそうだ。(@@) 
 
<4日の両院総会で代表を決め、国会の首班指名を行なう
予定に。選挙を行なう時間的余裕がないことから、菅副総理が
昇格して、閣僚はほとんどそのままになるのではないかという
観測が出ている。>

                速報部分はここまで。(・・) 

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 鳩山首相の進退問題は、混沌とした状態になっているようだ。

『鳩山首相は1日午後、視察先の宮崎県庁で「身を粉にして働いた
が、なかなか国民の皆さんの理解を得ていないことを反省しながら、
幹事長ともよく相談し、しっかりとした道筋を考えていきたい」と
述べ、小沢氏との会談で進退問題に決着をつける考えを示した。
 また、首相は「政治とカネの話が国民の怒りを買ったことはよく
理解している。私は自分の知りうる限り、国民に説明してきた。
しっかり説明することが政治家として求められているのは言うまで
もない」と述べ、米軍普天間飛行場の移設問題だけでなく、自身や
小沢氏の政治とカネの問題も支持率低迷の要因の一つとの見方を
示した。<毎日新聞1日>』

 そして、鳩山首相の帰京後、昨夜も、国会内で首相、小沢幹事長、
輿石参院会長の3者会談が30分ほど行なわれたのだが。結局、
結論は出なかったという。(・・)

 会談後、鳩山首相は、記者に向かって左手の親指を軽くあげたり、
笑顔を見せたりして、自分の言うべきことは言えたという感じの
様子だったのだが。
<あの親指アップは、本当は、誰に向かってやったのかな?(@@)>

 小沢幹事長の方は、やや疲れた表情で、クチを真一文字に結び、
終始、無言のままで、協議が思い通りに進んでいないことが
伺われた。(-"-)

* * * * *

 TV等の情報によれば、主に話しているのは輿石参院会長で、
小沢氏は、じっと黙ってきいている時間が多いとのこと。

 31日には、輿石氏が、参院選の戦況が悪化していることを
伝えると、首相が「そんなに悪いんですか~」と驚いたので、
輿石氏が「そんなことを20日に伝えたじゃないか」と一瞬、
声を荒げたとか?(@@)

<輿石氏は、参院選にも責任がある立場だし。自分も、今回、
改選を迎えるので、必死にならざるを得ない状況なのだ。(~_~;)>

 1日の会談では、終盤国会の運営状況が危機に陥っていること
なども伝えたようなのだが。鳩山首相は、自ら辞任する意思は
全く示さなかったという。(・・)

『首相官邸に駆けつけた松野頼久官房副長官は「(首相は)辞め
ません」と強調。首相周辺は「協議の中で首相は続投すると意欲を
示した。全然辞める気ないですよ」と語る。<毎日新聞2日より>』

 また、これはmewの邪推だけど、宮崎での発言をきくと、
もしかしたら、今の支持率低下は、もともと小沢氏が「政治と
カネ」の問題の説明責任を果たさないことにも原因があるのでは
ないかということを、遠回しに言ったりした可能性もある。
<もし自分が辞めるなら、その時は小沢幹事長や輿石参院会長
を含む執行部も一緒に、みたいなことも示唆したりとか。最悪
パターンとして、解散をにおわしたとか・・・。^^;>

 小沢氏としても、ここで強引に鳩山首相を退陣に追い込んだ場合、
一つ間違えれば、もう次の参院選にも、民主党の運営にもほとんど
影響力を及ぼせなくなるおそれがあるだけに、かなり慎重に様子
見をしているような感じがある。(-"-)

* * * * *

 党内では、参院、特に改選組を中心に、「このままでは参院選
が戦えない」という悲痛な声が上がっていて、「鳩山おろし」の
風が吹きつつある。

『民主党の高嶋良充参院幹事長は記者会見で「表紙を代えたら、
支持率は当面上がる可能性が高い」と、首相退陣で政権浮揚を
急ぐべきだと表明。小沢氏らとの会談後、首相が親指を立てたこと
に、党内からは早くも反発が上がり、情勢はさらに混とんとして
きた。<毎日新聞2日より>』

 自民党をはじめとする野党側は、衆院の内閣不信任案を通すのは、
数字の上でムリだが、参院の問責決議案なら可決し得る可能性も
あるので、大島理森幹事長も「首相が辞めてから出しても意味が
ない」と急いで、議案を提出する構えを見せているようなのだが。

『同日の役員会では、鈴木政二参院国対委員長が「首相問責決議案
は通ってしまう可能性がある」と早期提出に慎重な考えを示し、
若手からも「民主党代表選で新しい人が登場すれば、自民党の影は
薄くなる」と懸念する声が出た』という。(~_~;)
<時事通信1日より>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 他方、鳩山内閣の方は、閣僚たちから、次々と鳩山擁護論が
出たという。

『平野博文官房長官は会見で「『首相の進退』なんて言葉が飛び
交うこと自身が、おかしなことだ」と不快感を表明。菅直人副総理
兼財務相は「(衆院議員の)任期いっぱい4年間、首相をしっかり
務めていただきたいとの気持ちは今でも変わってない」と強調。
仙谷由人国家戦略担当相も「(首相が)代わることはまったく想定
していない」と語った。

 前原誠司国土交通相は「普天間に象徴される首相のリーダー
シップの問題、(首相と小沢氏の)2トップの政治とカネの問題で
極めて大きく支持率が下がっているのは事実」と指摘したが「首相
には反省すべきところは反省してもらい、政権交代の重みを感じ
頑張ってもらいたい」と続投を支持した。<毎日新聞2日より>』

『岡田克也外相も記者会見で「トップを代えれば済むというのは
違う」と苦言を呈した。<同上>』

* * * * *

 彼らの多くは、「1年毎に首相を代えるのは、望ましくない」
と懸念していたようで、mewも、そのことが一番気がかりなの
だけど・・・。

 ただ、閣僚たちにしてみれば、ここで鳩山首相が辞任すれば、
自分たちも、それぞれ大臣として取り組んで来た仕事を道半ばで
やめなくてはいけなくなるし。<内閣総辞職になったら、何人が
同じ所管の閣僚に戻れるかわからないもんね。^^;>

 彼らの中には、次期首相候補もいるのだけど。おそらく、この
苦戦が強いられることが目に見えている参院選を控えたこの時期に、
首相&党代表になるのは、望ましくない(嬉しくない、おいしく
ない?)と思う人の方が多いのではないだろうか?(~_~;)

<民主党は、9月に代表選を控えているので、どうせなら、参院選
で負けたあと、鳩山&小沢氏がその責任をとって、第一線から
去ったあとに、代表&首相になって、自分のペースで政権運営を
進めたいと思うのがふつうだろう。(・・)
 菅氏なら、この2人と何とかやって行けるかも知れないけど。> 

* * * * *

 閣僚の中では、特に国民新党の亀井静香郵政&金融大臣は、
鳩山支持を明確に打ち出す姿勢を見せていて・・・。

『連立を組む国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は31日夜
から1日未明にかけ、鳩山首相に2回にわたって電話し「辞める
必要はない。あなたが代わっても、状況が変わるわけではない」と
激励した。与党関係者が1日明らかにした。首相は「頑張ります」
と応じたという。<読売新聞1日>』

 亀井氏にしてみれば、他の首相より、鳩山氏が首相を続けて
くれた方が、今後も、閣内で思い通りにふるまいやすいだろうし。
<天敵(?)の菅直人氏なんかが首相になったら、大変?!^^;>
 ここは、鳩山氏が続投してくれた方が、都合がいいんだろうな~
と思ってしまうところもある。(-"-)

<亀井氏は、最大の目標である郵政民営化見直しの法案が成立
しても、民主党が政権与党でいる間は、連立を維持。与党内&閣内
から、民主党が目指している外国人参政権、夫婦別姓の法案を阻止。
さらには、憲法改正の動きを進める気でいるらしい。(>_<)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 みんな、それぞれの立場で、色々な思惑があって、それがオモテ
でウラでブンブンと飛び交っている分、ますます状況が混沌として
しまうところがあるのだけど・・・。

 小沢幹事長の場合は、さらに悩みが深いし。正直なところ、本人
も半分、どうするのがベストorベターか判断がつかず、困っている
ところがあるのではないだろうか?^^;

 もし鳩山首相が辞任した場合は、そのあとの人事のことも考え
なければいけないし。
 この件は、次回に書きたいけど。小沢氏なりに勝算をもって、
折角、着々と準備を進めて来た参院選の状況も、先週の辺野古明記
の共同声明&福島大臣の罷免&社民党の連立離脱で、その計画が
ぶち壊しになってしまったところがあるし。(-"-)

 小沢幹事長は、今日2日も鳩山首相と会談を行なう予定になって
いるようなのだが。小沢氏は、ここ何日かの間に、今後の政治生命
までも左右するような決断を迫られるのかも知れないな~と、
それは、今後の日本の国政や政局を左右する可能性もあるだけに、
ちょっとドキドキしているところもあるmewなのだった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-02 05:00 | 民主党、民進党に関して | Trackback(8)
  これは、今日2つめ&短めの記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 まず、鳩山首相が、今日、宮崎県を訪問。

 県庁では、東国原英夫知事や農家と会談し、『「政府として万全
の措置を取らせていただきたい。口蹄疫撲滅のために県と英知を
結集して、政府としてやれることはすべてやる」と語った。』

『首相はその後、県庁内に設置した政府の現地対策本部を視察し、
家畜の殺処分やワクチン接種の状況などの報告を受けたという。
 終了後、首相は記者団に対し、「結果として感染拡大を防げ
なかったのは、国として責任がある。感染を食い止めるために最善
を尽くすことで責任を果たしたい」と述べた。』
<読売新聞・九州版1日より>

 読売新聞・全国版は、『宮崎県庁訪問だけ…現場に行かぬ首相に
批判の声』と題して、鳩山首相が、現場(川南、都野など)を訪問
しなかったことをかなり批判しているのだが。
 今は、国会期間中&政局も大変な時で、時間の都合もあったかも
知れないけど。

 同じ記事に「首相は、県庁入り口の消毒マットで入念に殺菌し」
と書かれているのだが。今、一番、大事なのは、いかに拡大を防止
するかということなのであって。
 もし、鳩山首相が、何人もの随行員(SPや側近や県関係者)や
取材陣を引き連れて現場に行けば、拡大防止には逆効果になると
いうことが、何でわからないだろう?(ーー゛)

<今、宮崎の北部(特に現場の10キロ圏内)は、人の移動も
制限するように努めているんだよ。>

 政府を批判するなとは言わないけど。もしやるなら、何でも
かんでも、下手な批判も数撃ちゃ当たるというのではなくて、
せめて、そういう状況は踏まえてやって欲しいな~と思って
しまう。^^;

 口蹄疫のことは、個人的には、気になっていて。毎日、報道を
チェックしているのだけど。
 今、ブログに書くと、どうしても(犯人探しみたいな)責任の所在
の話が絡んでしまうので、書くのは少し控えている。
 今は、ともかく1日も早く、事態が収束するのを願うばかりの
mewなのだ。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~

 ところで、今日、夕方に鳩山首相と小沢幹事長が会談して、進退
問題について協議するという。
 
 鳩山首相は、今朝も『民主党内で強まる退陣論に関し「(小沢
一郎幹事長と)しっかり協議、協力して国難に立ち向かう。国民の
暮らしに何がベストかを考えながら、新政権にふさわしい形で
これからも行動したい」と述べ、続投に重ねて意欲を示した』との
こと。

 でも、TVによれば、鳩山側近は「絶対やめない」と言っている
とのこと。党内では退陣圧力がかなり強まっているものの、本人は、
現段階では粘る気持ちが強いらしい。(・・)

* * * * *

 前記事に、今の状況が、昨年6月の麻生政権の末期(?)に
似ているという、麻生デジャヴ~の話を少し書いたのだけど。

 ふと思い出したことに、麻生前首相が、何でひたすら粘っていた
かと言えば、7月にイタリアで行なわれたG8サミットに、
ど~しても出たかったからだと言われている。(@@)

 その前年の福田元首相など、それこそ、父の赳夫首相が果たせ
なかったそ日本開催のサミットの主催者になりたいがためだけに、
首相を引き受けたと言われていたほどなのである。^^;

 そう、一国の首相となったからには、対外的には、世界で8人
の選ばれた首脳たちが集まるサミットに出席するのが、大きな
楽しみ、目標、誇りになるようなのである。(・・)

* * * * *

 で、mewは思った。もしかして、鳩山首相は「せめて1年は
首相を続けたい。あの安倍さんだって1年やったのだから」と
いう思いと共に、今月、カナダで行なわれるサミットに出席したい
という気持ちがあるのではないだろうか?(**)

 そう言えばね~。28日にオバマ大統領と電話会談をした際も、
「ユキオ、よく(現行計画に)戻ってくれた。勇気ある決断をして
くれた」と評価&感謝をされたあとで、「カナダで会うのを楽しみ
にしている」って言われたと、どこかに載ってたんだよね~。
<TVで言ってたのかも。>
 mewはそれを見て、「ん?カナダ?・・・ああ、サミットか~」
って思ってたのだけど。

 もちろん、ほかにも色々な考えがあって、ここで首相を辞めたく
ないと思っているのだろうけど。
 サミットのことも、一つの要素になっているかも知れないって
思いません?(@@)

* * * * *

 そうして考えてみるとね。鳩山首相が5月末日を期限にしたのも、
もしかして、6月にサミットでオバマ大統領と会う前に、決着を
つけておきたいという気持ちもあったかも知れないのだ。(・・)

<その前は、3月末って言ってたけど。4月に核サミットで米国
に行く予定になっていたしね。(首脳会談はできず、ディナーの
お隣の席で、ちょこっとお話しただけだったけど。^^;)>

 これは、鳩山首相に限らず、どうも日本の首相の中には、特に
米国の首相と会ったり、彼らに評価されたり、親しげにされたり
すると、それだけで喜んじゃうような人が少なくなくて。
 それも、日本が対米従属になってしまっている要素の一つに
なっているのではないかと思うのだけど。米国の大統領に喜んで
もらうには、どうしたらいいかって考えて、政策を決めている
ようなとこもあるかな、思えることがあるんだもん。(~_~;)

<麻生首相なんて、オバマ大統領より20以上も年上になのに。
わざわざ米国に会いに行って、上から目線で、ぽんぽん肩を
叩かれて、まるで下っ端扱いだったのにね~。^^; それでも、
自分は、オバマ氏が大統領に就任して、最初にホワイトハウスに
招かれた首脳だっていうことが、大きなプライド勲章になって
いたりするわけで・・・。(-_-)>

 そのようなことを考えると、日本が米国とより対等な関係を築く
ためには、まずは「米国の大統領なんてナンボのもんじゃい」
「サミットなんて、たいしたことないっしょ」ぐらいの気持ちを
抱いた人が首相になるのが手っ取り早いのではないかと思った
mewなのである。(@@)

                  THANKS
 
【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-01 18:11 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)
 今日から6月だ~。(・o・) 
 もう桜の季節も過ぎたので、デザインも変えてみよう。(・・)
<ブル~な気分&梅雨&政情不安定っぽさを意識してみた?>

 今月は、政局が大きく動いて、日本の国政全体にとっても
大事な時期になりそうなのだけど。↓に書くように、忙しくて、
ブログの書き方も少し変えるかも知れないので、ご理解&
ご支援、よろしくお願いいたします。m(__)m>


最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 今月は、予定通り行けば、24日に参院選が公示になるの
だけど・・・。(・・)
 参院選まで、あと1ヶ月だというのに、民主党政権は大ピンチに。
しかも、国会も混乱するおそれがあって。もしかしたら、首相退陣
&交代など、大きな政局になる可能性が出て来た。_(。。)_

ところが、mewは、今月から、仕事その他アレコレで、また
かなり忙しくなりそうな感じに。(-"-) 

 このブログは、できる限り毎日、更新するつもりなのだが。
 1日に1回or複数回、長いもの短いもの、色々な分野のことを、
時間のある時にアップするような形にしたいと思うので、よろしく
お願いいたします。m(__)m

<編集する時間がとれないので、何か気になることや報道があったら、
メモ書きのようなものも、書いたところから、ちょこまかアップする
とか。いつもに増して、長々ダラダラとしたものをアップすることも
あるかもです。(・・)
 あと時間がない時は、情報などの引用先を明記、リンクできない
こともあるかも知れないのですが、どうぞご容赦を。m(__)m>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
<今回、引用した報道記事は、すべて5月のものです。>

 さてさて、上述したように、永田町は、参院選を控えて、何だか
大変なことになって来た。
 昨日は、早速、「鳩山首相が退陣決意か」という情報(ウワサ?)
が一時的に駆け巡ったという。(・o・)

 先週、鳩山首相が、普天間の移設先として日米共同声明に辺野古
を明記したこと&社民党の福島代表(前少子化大臣)を罷免した
ことで、鳩山内閣の支持率がさらに低下。
 一部の世論調査では、党支持率が自民党を下回ったものも出て、
民主党内では、改選議員を中心に、これでは「参院選が戦えない」
と、「鳩山おろし」を望む声が急増したとのこと。

 また、社民党幹部が、鳩山首相のままでは、選挙協力を行なう
つもりはないと言及したこと、また衆院の内閣不信任案&参院
の首相問責決議案に反対しないという姿勢を示したことで、鳩山
退陣を求める空気が一気に広まったようなのだ。(@@)

 しかも、夕方、鳩山首相が小沢幹事長らと緊急の会談を行なった
ことや、夜に社民党の又副党首が、近日中の鳩山退陣に言及した
ことで、「すわ、退陣か」というムードになったらしい。(-_-;)

* * * * *

 昨日、渡部ご老公が「何だか去年の麻生さんの時みたいに
なっちゃったな~」と言っていたのをTVで見たのだが。

<思わず、「おまえが、足を引っ張るから尚更だろ~」と
ツッコみたくなったのだけどね。(ーー゛)> 

 確かに、去年の6月の麻生政権の状況とかなり似ているところ
があるかも知れない。(・・) mata-mata "deja-vu"? 
 あの時は、麻生内閣が日本郵政の西川社長の進退でもめて、
結局、社長解任を求めてなかなか引かなかった鳩山邦夫総務大臣
(当時)を更迭。それが世論の反発を買って、支持率がさらに
低下し、党内から「麻生おろし」の動きが強まったのだった。

 麻生前首相は、そこで粘ったために、自民党が衆院選で大惨敗を
喫することになったのだけど。
 果たして、鳩山首相&民主党政権はどうするのだろうか?(@@)

* * * * *

 鳩山首相は、昨日の夕方、国会内で、民主党の小沢幹事長、輿石
参院会長と、8分ほどだが、緊急会談を行なったのだが。鳩山首相
は、会談後のぶら下がり会見で、3者の続投を確認する協議だった
と説明していた。

『鳩山由紀夫首相は31日、記者団に対し、小沢一郎民主党幹事長
輿石東同党参院議員会長と今夕国会内で会談したことについて
「厳しい局面だが、国家・国民のために3人で力をあわせて
頑張ろう、とその打ち合わせだ」と説明。
 自らの続投について確認の有無については「それは当然だ」と
答えた。

 鳩山政権の支持率が2割を切り、普天間問題で首相が辞任すべき
との声があることについて「厳しさはよく存じている。ある意味で
初心に戻る覚悟で頑張るしかない。常に国家・国民のみなさんの命
を大切にする政治を頑張るということだ」と繰り返した。
<ロイター31日より>』

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 しかし、実際には、小沢氏らが鳩山首相に選挙情勢の悪化や、
首相の問責決議案が可決される可能性があることを伝え、首相続投
が厳しい状況にあることに言及したのではないかと言われている。。

『民主党の高嶋筆頭副幹事長は31日、鳩山内閣の支持率低落で、
参院選で改選される同党議員から鳩山首相の辞任を求める声が
「圧倒的に寄せられている」と記者団に表明した。小沢幹事長らが
首相に会い、参院選情勢が厳しいと伝えた。党内では参院執行部
が首相に事実上の「退陣勧告」を行ったと受け止められている。
首相は続投の意向を示したが、参院側で首相辞任への圧力が強まる
のは必至。<共同通信31日>』

『政府与党の幹部の話によると、この会談の中で、小沢幹事長や
輿石参議院議員会長側の方から、今後の国会運営について、この
まま野党側から問責決議案が提出された場合に、社民党が欠けた
状態では、与党は参議院で過半数がギリギリの状態となるため、
沖縄選出の民主党議員が欠席などをした場合に、問責決議案が
通ってしまう可能性が高いという認識が示されたという。
<FNN31日より>』
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 また、社民党の又市副党首も、この会談について、このように
語っていたという。

『社民党の又市征治副党首は31日夜のBSフジの番組で、鳩山
由紀夫首相が民主党の小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長と同日
会談したことについて「多分、小沢氏と輿石氏が(参院選情勢の)
厳しさを伝えた」とした上で、「(首相の退陣は)あす、あさって
だと思う」との見方を示した。 
 又市氏は「このまま選挙に入ったら(鳩山内閣は)国民から
『うそつき内閣』と言われる。けじめを付けないと、たくさんの
候補者を引き連れて討ち死に(することになる)」と指摘。
「そんなことはみんな、選挙の神様と言われる小沢氏が読んでいる
だろう」と語った。<時事通信31日>』

 又市氏はその後、記者団に対して、このような話もしていた。
『「社民党の党首を切って、社民党を切った人の下での選挙協力は
なかなか難しい」と述べ、鳩山総理大臣が辞任しなければ、夏の
参議院選挙で民主党との選挙協力を行うことは困難だという考
えをあらためて示しました。また、又市氏は、今後、鳩山内閣に
対する不信任決議案や、鳩山総理大臣への問責決議案が国会に提出
された場合の対応について「基本的には同調するのがあたりまえだ」
と述べました。<FNN31日より>』

<ちなみに、社民党の保坂展人氏も、どこどこ日記に『鳩山総理の
「退陣表明」が近づいている
』という記事をアップしていた。同党
内では、鳩山退陣は既定路線になっているのかも知れない。^^;>

* * * * *

 もし参院で、問責決議案が可決された場合、鳩山首相の立場は
ますます悪くなることは明らかなのだが、その危険性は十分に
ある。(・・)

 社民党が連立を離脱して、与党側は、今、122人と参院の
過半数121人をギリギリでクリアしている状況にあるのだが。
 社民党が問責決議案に同調して、与党側から欠席者や造反者が
2人以上出たら、決議案が可決してしまう可能性があるからだ。
<沖縄選出の民主党議員や一部の議員が、欠席or賛成に回るかも
知れないという報道も出ている。(-"-)>
 
 しかも、自民党を中心とする野党は、ここぞとばかりに、衆参
で、重要法案の審議に出席拒否をするなどの戦術に出ることを
考えており<郵政民営化の見直し法案が出ているので、尚更に>
終盤国会が混乱して、立ち行かなくなる可能性も大きい。(-_-;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 民主党内では、夜に正副幹事長の役員会議も行なわれたのだが、
かなり厳しいムードだったという。

『小沢氏は同日夜の正副幹事長会議で、「あらゆる状況が厳しい。
社民党が離脱し、非常に厳しい状況だ」と明言し、首相にも「参院
選情勢は厳しい」との認識を伝えた。』

『退陣論の火消しを急ぐ首相に対し、民主党は31日の役員会で
今後の対応を小沢、輿石両氏に一任することを申し合わせた。小沢
氏は役員会で「首相から呼ばれて話し合おうということだったが、
今日は時間がないので、一両日中にきちんとした話をする」と指摘。
首相の認識と異なり、続投を容認したわけではないとの見方を
示した。』<以上、毎日新聞31日より>』

* * * * *

 小沢幹事長としても、本当に難しい局面を迎えていると言える
だろう。(・・)

 前記事にも少し書いたように、小沢氏は、もともと普天間基地
の辺野古移設には反対だったし。日米共同声明に辺野古を明記する
ことや、福島大臣の罷免、社民党との連立解消を避けたい意向が
あって、色々と動いていたようだ。

 小沢氏は、鳩山首相が最終決断を下す前日の27日の夜にも、
公邸で首相に会って、慎重な対応を促したという。

『 関係者によると、首相は、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題に
関する政府の対処方針について、内閣の意思を明確に示すため、
全閣僚の署名が必要だとの考えを説明したという。
 小沢氏は、社民党党首の福島消費者相が署名に応じない考えを
示していることを踏まえ、慎重な対応が望ましいとの認識を示した
とみられる。<読売新聞29日より>』

* * * * *

 小沢氏はつい先月20日にも、島根での会合で「地元(沖縄)が
反対集会を開いてここまで反対しているのに、すんなりいくとは
思えない」「(鳩山政権の)発信や決断の仕方もどうかなあ」と
語っていたのであるが・・・。<発言部分、読売新聞20日より>

 小沢氏には、そのようなことがあれば、世論の反発を買ったり、
社民党の選挙協力を得られなくなったりして、選挙や党内の情勢
が厳しくなることが、わかっていたことだろう。(-"-)

* * * * *

 小沢氏も、選挙戦のことを考えれば、鳩山首相が自ら辞任して
くれた方がベターだと思っているに違いないのだけど。

 自分が党内から辞任を強く求められていた間、<今もそうかも
知れないけど?^^;>、鳩山首相が擁護してくれていたという恩義
もあるし。
 何より、もし鳩山首相が辞任した場合、党内からも、国民(主に
マスコミ)からも、小沢幹事長も一緒に辞任すべしだという声が
強まることは目に見えている。(-"-)

<ただ、民主党には、今から小沢氏に代わって、各候補&地区の
選挙対策やおカネの配分なども含め、選挙の指揮をとれる人は
いないような気もするんだけどね~。^^;>

 かと言って、次の参院選で民主党が惨敗すれば、政権が不安定に
なって、党解体を含む政界再編が加速することになるし。
 ある意味で、小沢氏個人の最大の目的であるとも言える「自民党
を潰す」ことを実現するのも難しくなってしまうだろう。(-"-)

 また、 「せめて1年は首相を続けたい。あの安倍さんだって
1年やったのだから」と言っていたという鳩山首相も、そう簡単
には、辞任する決意がつかないかも知れない。

 果たして、小沢氏はどのような道を選択するのだろうか?(@@)
また、鳩山首相は、麻生前首相と同じように、最後まで粘る道を
選ぶのだろうか?(・・)

 民主党政権にとって、大きな岐路となるだけに、しっかりと
ウォッチして行きたいと思うmewなのだった。(@@)

<なのに、そういう時に限って、忙しいなんてね~。_(_ _.)_>

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-06-01 05:43 | 民主党、民進党に関して | Trackback(5)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7