<   2017年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

補佐官「総理は言えないから、わたしが」と前次官が証言+安倍、加計から役員報酬

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今日で5月も終わりですね~。まだまだ行くぞ、加計問題!(**)

 まず、昨日、前川前文科次官が、新たな証言を行なった。(・・)

 昨年9~10月に和泉洋人・首相補佐官と首相官邸で複数回面会し、「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」などと言われたと証言したのである(・o・)
 もしこれが本当なら、実質的に総理の指示(間接的な指示?)を得たことになる。^_^;

 安部首相は昨日国会で「『私の知り合いだから頼む』と(所管省庁に)言ったことは一度もない」と語ったそうだが。その言葉を口にしてなければ、自分はスル~できると想ってるのだろうか?^^;

<もし文科省の現役官僚の中で、たったひとりでも「この文書や説明は本当です」と申し出てくれる人がいるといいんだけどな~。(@@)>

 また、昨日、参院の法務委員会で安倍首相は20年前に加計学園の(名前だけ?)役員になって、給与を得ていたことを認めた。
 実際のところ、収入が少なく(orなく)お金に困っている若手議員や落選議員は、安定した支援金を得るために、形ばかり支援者などの会社で役職+αを得て、給与をもらう例は少なからずあるし。それ相当の恩義を感じて、いずれお返しをと思う人も少なくない。(~_~;)

<逆に言えば、支援者の方も金銭応援だけでなく、本人に恩義を抱かせたり、外部に政治家との関わりをアピールする意図もあって雇うんだからね。^_^;>

 この辺りは、また改めて書くが。安倍首相の超側近・萩生田内閣官房副長官も、09年に衆院選を落選した後、加計学園が経営する大学にお世話になっていたという。(・o・)
<まあ、こちらはお金は得ているのかどうか「???」だが。昭恵夫人も、加計学園が経営する保育園の名誉園長になっているしね。^_^;>

 安部首相は、民進党が自分と加計の関係を印象操作しようとしてると言い始めているらしのだが。印象操作するまでもなく、安倍氏&周辺は家計学園の理事長と、ただの友達を超えて、アレコレ縁が深いのである。(**)

* * * * *

 最初に、前次官の証言の話を・・・。

『「総理は言えないから私が」と首相補佐官が…前次官証言

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画について、前川喜平・前文部科学事務次官が朝日新聞の取材に対し、昨年9~10月に和泉洋人・首相補佐官と首相官邸で複数回面会し、「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」などと言われたと証言した。「獣医学部新設を早く認めるよう求める趣旨だった」と語った。

 昨年9~10月は国家戦略特区での獣医学部新設について、内閣府と文科省の担当者間で協議が続いており、農林水産省などから新設に必要とされる獣医師の需給見通しが示されないとして、文科省が慎重姿勢をとっていた時期にあたる。

 前川氏の説明や同氏の手元の記録などによると、昨年9月上旬から10月中旬に首相官邸の補佐官室に複数回呼ばれ、いずれも和泉氏と2人きりで面会した。

 前川氏は昨年9月上旬の面会について、「和泉氏から、獣医学部の新設を認める規制改革を早く進めるように、という趣旨のことを言われた。『加計学園』という具体名は出なかったと記憶しているが、加計学園の件であると受けとめた」と証言。そのうえで「このときに和泉氏から『総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う』と言われたことをはっきり覚えている」と語った。
(朝日新聞17年5月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐり、文部科学省の前川喜平前事務次官は30日、和泉洋人首相補佐官から昨年9月上旬、首相官邸に呼ばれ、国家戦略特区での獣医学部設置の特例について「文科省の対応を早くしてほしい」と要請されたとする談話を出した。
 前川氏によると、官邸の執務室で和泉氏は「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」との趣旨の発言をしたという。これに対し、前川氏は承った旨を伝えた。

 その後、前川氏は文科省の担当部署の専門教育課に面会の趣旨を伝えたが、松野博一文科相への報告は必要ないと判断したとしている。
 前川氏は昨年10月半ばにも和泉氏に呼ばれ、獣医学部設置特例に向けた状況を聞かれ、「引き続き検討中」との旨を答えたという。(時事通信17年5月29日)』

* * * * *

 ただ、安倍官邸サイドは、ともかく前川前次官の証言は全て否定。知らぬ存ぜぬ戦法で、この国会を逃げ切るする方針をとるつもりでいるようだ。(・・)

『和泉氏は取材に対し「前事務次官との面会については記録が残っておらず、確認できない。『私が代わって言う』と発言した記憶はない。総理から指示を受けたことはない」と書面で回答した。
 25日の記者会見で前川氏は、獣医学部の新設時期に関して文科省が内閣府から「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えられたとする文書について、「昨年9月から10月にかけ、専門教育課から報告を受けた際に受け取った文書に間違いない」と説明していた。この時期は、前川氏が和泉氏に呼ばれたと主張する時期と重なる。

 一方、松野文科相は19日に「該当する文書の存在は確認できなかった」と発表。30日の閣議後記者会見では「官邸、総理から私に直接指示があったことは全くない」と改めて強調し、和泉氏から前川氏への要請に関しても「前川氏から私がそのような話を聞いたことはない」と話していた。

 前川氏が和泉氏から要請されたとする証言について、菅義偉官房長官は30日の記者会見で「前川氏が勝手に言っていることだ。(調査する考えは)全くない」と述べた。(時事通信17年5月30日)』

* * * * * ~

 そして、安部首相が加計学園の役員を務めていたという話を。

<安倍首相>過去に加計役員「報酬、1年で14万円」参院委 (2)
毎日新聞 5/30(火) 11:51配信

 安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の役員を過去に務めていたと明らかにした。同学園の獣医学部新設に関しては、「(理事長が)知り合いだから頼む、と(政府内で)言ったことは一度もない」と述べ、便宜を図ったことはないと改めて否定した。

 首相は役員就任について「(1993年の衆院選で初めて)当選した当初、相当昔だが数年間、監査かそうしたものを務めた。1年間に14万円の報酬を受けた」と説明。「はるか昔のことだ」として問題はないとした。首相が2000年に衆院に提出した書類によると、99年に加計学園グループの学校法人「広島加計学園」の監事を務め、所得報告書に報酬を受けていたと記載している。

 また、首相は野党が求める文部科学省の前川喜平前事務次官の証人喚問について「委員会(国会)が決めることだ」と改めて述べた。これに先立ち、自民、公明両党の幹事長は東京都内で会談し、前川氏の喚問には応じない方針を再確認した。【高橋恵子、高橋克哉】(毎日新聞17年5月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『加計学園問題で新事実、首相 過去に報酬「年14万円」

 加計学園の獣医学部新設を巡る問題で、新たな事実です。安倍総理が、過去に加計学園の役員を務め、報酬を得ていたことが明らかになりました。野党側は攻勢を強めています。

 「問題は岩盤規制云々っていうことではないですよ。岩盤にドリルで穴を開ける、穴を開けた下で総理のお友達が手を広げて待っているんじゃ、健全な政治とは言えないじゃないですか」(民進党 小川敏夫 参院議員)

 30日の参議院の法務委員会。加計学園を巡る新たな“事実”が次々と明らかになりました。

 「総理は、この加計学園、あるいは加計孝太郎氏と大変親しいご関係だと伺っていますけども、総理ご自身、加計学園の役員を務めたことはございませんか」(民進党 小川敏夫 参院議員)

 「確か当選した当初でありますから、相当昔でありますが、数年間ですね、監査かそうしたものを務めたことがございます」(安倍首相)

 「そうとう昔」と表現した安倍総理の初当選は1993年。数年間、加計学園の役員を務めていたことを明らかにしました。さらに・・・
 「報酬も受け取っていますよね」(民進党 小川敏夫 参院議員)

 「これはもう既に報告をしているわけでありますが、1年間に14万円という報酬を受けたことがございます」(安倍首相)

 当時、学園側から年間14万円の報酬を受け取っていたというのです。これについて自民党幹部からは・・・
 「友達だからね。議員だったらよくあることだ。たいしたことない」(自民党幹部)

 野党側が問題視する安倍総理と加計学園の親密な関係。理事長の加計孝太郎氏は、安倍総理とアメリカ留学時代からの30年来の友人です。また、昭恵夫人とも交流があり、昭恵氏は加計学園が運営する認可外保育施設の名誉園長を務めています。ただ、追及する野党側に対し、安倍総理は強気の姿勢を崩しません。

 「小川委員の先ほどの言を借りればですね、“印象操作”であって、これもはるか、はるか昔のことでございます。私が友人である加計さんのために便宜を図ったかのごとくの前提でですね、議論をしておられますが、それは極めて私はですね、恣意的な議論なんだろうと」(安倍首相)

 安倍総理は野党側を「印象操作だ」と批判。改めて「学部の新設に向けた働きかけは一切していない」と強調しました。さらに30日、もう一つ新たな事実が・・・。学園側から政権に直接、働きかけがあったことも分かりました。

 「加計孝太郎理事長が私のところに挨拶に来られました。“よろしく”という、そういう挨拶がありました」(山本幸三 地方創生相)

 去年9月、加計学園の加計理事長が山本大臣に面会に訪れたというのです。理事長が安倍総理の友人だということは知っていたのでしょうか。

 「事務局から『総理とは親しい間柄の人ですよ』というような話を聞いて『ああそうか』と。しかし、それはそれとして、淡々とやっていくということを言っておかなきゃいかんなと」(山本幸三 地方創生相)

 山本大臣はこのように述べ、適切に対応したと強調しました。次々と明らかになる安倍政権と加計学園の関係。野党側は・・・
 「真相究明する責任が国会にはある。政府・与党がそれを拒み続けるのはやましいことがある。自分たちの今まで言ってきたことのうそがばれるのが怖い、そういうことに他ならない」(民進党 山井和則 国対委員長)

 民進党の山井国対委員長は「総理のご意向」などと書かれた文書が本物だと主張した文科省の前川前事務次官を証人喚問することを改めて要求。しかし、与党側は今のところ応じる意向は示していません。

 参議院では共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案の審議が始まったばかり。6月18日に迫った会期末に向け与野党の神経戦が続きます。(TBS17年5月30日)』

 果たして、国民はこんな答弁で、納得するのか。orこの問題もスル~してしまうのか。(~_~;)

 まずは、メディア(特にTV)が少しずつでいいから、毎日しっかりとこの問題を報じて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-31 10:38 | (再び)安倍政権について

アベ友は犯罪容疑もないことに?~安倍側近記者が菅側近刑事の力で逮捕と起訴を逃れる?

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 この件は、人権+αでデリケートな部分があるので、今までブログで扱うのを控えていたのだけど。昨日、被害者の女性が勇気を持って、自ら顔を出して会見を行なったので、当ブログでも取り上げることにする。(**)

 元TBSワシントン支局長・山口敬之氏(51)と言えば、最近、T氏と並んで安倍側近・官邸の代弁者と呼ばれるジャーナリスト。16~7年には『総理』『暗闘』(幻冬舎)と安倍首相に関する著書も出版。さらに近い関係になっている。(~_~;)

<「安倍氏と私は一回り違いの午年で、出会った当初からウマが合った。時には政策を議論し、時には政局を語り合い、時には山に登ったりゴルフに興じたりした」な~んて書いちゃったりして。(>_<)>

 その山口氏が、15年4月にフリージャーナリストの詩織さん(28)を酔わせて強姦したとの疑惑が。
 詩織さんは同月に高輪署に被害届を出し、6月4日、逮捕状が発行され、山口氏が日本に帰国するタイミングで成田空港で逮捕するとの連絡が入ったのだが。当日になって、高輪署の捜査員から山口氏を逮捕できない、警視庁扱いになるとの電話が。山口氏は8月26日に書類送検されたものの、結局、16年7月22日付で不起訴処分になったという。(・o・)<尚。山口氏は16年5月にTBSを退社している。>

 何故、急に山口氏の逮捕が見送られ、警視庁扱い&不起訴処分になったのか?(-"-)

 週刊新潮によると、その背景に、菅官房長官の秘書官も務めた中村格・警視庁刑事部長による隠蔽の可能性があったとしている。(`´)<中村氏については後半に。>

 そう。安倍友は、あったこともないことにしてもらえる可能性があるのだ。(@@)

* * * * * 

『元TBSワシントン支局長を性犯罪被害で告発した女性が顔を隠さずに会見

 安倍晋三首相を密着リポートした著書などで知られる元TBSワシントン支局長のジャーナリスト・山口敬之氏(51)から性犯罪を受けたとして告発した女性が29日、司法記者クラブで記者会見を行った。

 女性は海外でジャーナリスト活動をしている詩織さん(28)=姓は非公表=。山口氏が、不起訴処分になったことを受け、29日付で東京検察審査会に不服申し立てをしたことを明らかにした。

 詩織さんは、2015年4月4日に山口氏に都内のホテルに連れ込まれ、性犯罪被害に遭ったと主張している。顔を隠さずに会見し「性犯罪の被害者を取り巻いている法的・社会的状況が、被害者にとって、どれほど不利に働くものなのかを痛感しました。今回、こうしてお話しさせていただこうと決意したのは、そうした状況を少しでも変えていきたいと強く思ったからです」と話し、時折声を詰まらせながら経緯を説明した。

 詩織さんの説明によると、山口氏と知り合ったのは13年秋。詩織さんがニューヨークにある大学でジャーナリズムなどを勉強するため留学していたときだった。卒業後の15年4月3日、山口氏の誘いで日本で会うことになり、東京・恵比寿の串焼き店で初めて2人だけで会った。飲食後に2軒目のすし店に入って1時間ほどしてからトイレで記憶がなくなった。翌朝午前5時ごろ、ホテルのベッドで目が覚めると、裸にされており、山口氏が体の上にまたがっていたという。

 同9日に詩織さんは警察に相談し、30日に告訴状が受理された。6月4日に山口氏が日本に帰国するタイミングで、成田空港で逮捕するとの連絡が警察から入り、詩織さんは滞在先のドイツから帰国。だが、捜査員から山口氏を逮捕できなかったとの連絡が入ったという。山口氏は8月26日に書類送検されたが、16年7月22日付で不起訴処分になった、としている。

 詩織さんは不起訴処分となったことに納得できず「私の知り得ない上のパワーがあったと思っています」と話している。また「今国会において共謀罪の審議が優先され、先送りになっている強姦罪の改正案がきちんと取りあげられるべき」と主張した。

 詩織さんは、11日発売の「週刊新潮」で、山口氏から受けたという被害について告発した。山口氏は報道を受けて、自身のフェイスブックで「私は法に触れる事は一切していない」「当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている」「この過程において、私は逮捕も起訴もされていない。(今回に限らず、私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません)」などと反論していた。(スポーツ報知17年5月29日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『配布された資料などによると、詩織さんは2015年3月、当時TBSワシントン支局長だった山口氏に就職相談をしたところ、食事に誘われた。そして4月3日午後8時ごろ、都内の串焼き屋に入り、午後9時20分ごろ寿司屋に移ったが、そこで食事をしているところで記憶を失った。そして、痛みで目覚めた際、レイプされていることに気付いたという。

時折涙ぐみながら、詩織さんは語った。

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」

詩織さんは酒に強く、酔って前後不覚になったことはなかったという。詩織さんはすぐに病院に行き、さらには4月9日に警視庁原宿署に相談した。

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

山口氏はその後、2015年8月26日に書類送検されたが、2016年7月22日に、嫌疑不十分で不起訴になった。詩織さんは納得がいかないとして、検察審査会に不服申立をした。

詩織さんは、家族の意向で名字は伏せたものの「匿名の被害者女性と報じられたくなかった」として、顔と名前を公開して記者会見に臨んだ。

テレビなどで活躍するベテラン・ジャーナリスト

山口氏は元TBS記者で、長く政界を取材しており、2016年5月のTBS退社後はフリージャーナリストとして多数のテレビ番組に出演している。安倍首相との距離も近いとされ、2016年6月に出版した著書「総理」(幻冬舎)では、次のように記している。

「安倍氏と私は一回り違いの午年で、出会った当初からウマが合った。時には政策を議論し、時には政局を語り合い、時には山に登ったりゴルフに興じたりした」(後略・(BuzzFeed Japan 17年5月29日)』(当日の状況に関する詳しい記事は*1に)

* * * * *

『■当時の刑事部長「捜査に一点の曇りもない」

 29日の会見に先立ち詩織さんは、検察審査会に審査を申し立て、再捜査を求めた。逮捕状の執行が止まった後の捜査に不信感を抱いたという。

 会見での詩織さん「(捜査1課の)担当の捜査員の方から『示談をしなさい』と言われました。この件は起訴するのが難しいから示談しましょうと」

 詩織さんは、山口氏への捜査がゆがめられたのではないかと主張した。警視庁の刑事部門のトップとして、捜査を指揮した刑事部長(当時)は、日本テレビの取材に対し、「高輪署の捜査は女性の証言をなぞっているだけだった」と話している。そして、自らの判断で逮捕状の執行を止めたとした上で、「捜査1課を投入してしっかりと捜査をした。起訴されるようなものでなかった。捜査に一点の曇りもない」としている。

 また、山口氏は日本テレビの取材に「当該女性との関係において、私は一切、法に触れることはしていない」と回答し、自身のFacebook上でも次のように反論している。

 「当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている(5月10日投稿)」
 今後、検察審査会が、捜査書類を検討するなどして捜査当局の不起訴の判断が妥当だったかを判断する。(TBS17年5月29日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 高輪署は、詩織さんから聴取を受けて捜査した上で、準強姦罪の容疑で山口氏の逮捕状をとっていた。そして6月4日に、外国から帰国する山口氏を成田空港で逮捕するため、現地待機していたのだが。急に逮捕の執行が中止になったという。(゚Д゚)

 週刊新潮は、中止になった要因について、菅官房長官の秘書官を務めていた中村刑事部長が関与したのではないかと書いている。<5月18日号の『官邸お抱え記者「山口敬之」、直前で“準強姦”逮捕取りやめに 警視庁刑事部長が指示』より>

『「人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ」たが故にこの罪状が適用。山口氏は主として外国にいるので逮捕状の期間は比較的長く設定された。

「4日当日は仕事でベルリンにおり、向こうのお昼頃だったと思いますけれど、“逮捕したらあなたに話を聞かなくてはならないので、すぐに帰国できませんか”と担当の警部補に言われたのです」

 逮捕予定は6月8日。山口氏が米国から帰国直後の成田空港においてだった。ちなみにこの時点で彼は文春の件で営業局に異動させられ、事実上、ジャーナリスト活動を封じられている。

 そして迎えたこの日、担当の警部補とその上司を含めた複数の警察官は、成田空港で被疑者となる人物を逮捕すべく待ち構えていた。

 ところが、そこへ上層部から連絡が入る。

〈山口逮捕は取りやめ!〉

 入国審査を経た山口氏が通り過ぎて行く――。

■「私が判断した」

この事件をよく知る警視庁担当記者によると、

「逮捕状を取るまでの間、高輪署による捜査状況は、警視庁(刑事部)捜査一課にも報告されている。準強姦の案件なのだから任意ではなく強制性のある逮捕でなければ意味がないという認識だった。ところが、『山口逮捕』の情報を耳にした本部の広報課長が“TBSの記者を逮捕するのはオオゴトだ”という風に捉えたことで、刑事部長、警視総監に話が届いたわけです。なかでも、菅さんの秘書官として絶大な信頼を得てきた中村さん(格(いたる)・刑事部長=当時=)が隠蔽を指示した可能性が取り沙汰されてきました」

 中村氏とは、

「昭和61年警察庁入庁組のエース。民主党政権時代に官房長官秘書官を務めていて、自民党が政権を奪取したあとは任を解かれる見込みでしたが、“やらせてください”と菅さんに土下座せんばかりだった。留任させたところ、得意の危機管理能力を発揮し、将来の(警察庁)長官間違いないとまで菅さんが評価しているのです」

 いわば官邸の門番たる中村氏ご当人に、トップの意を受け、あるいは忖度して捜査を中止したのか問うと、

「ありえない。(山口氏の立場に)関係なく、事件の中身として、(逮捕は必要ないと)私が決裁した。(捜査の中止については)指揮として当然だと思います。自分として判断した覚えがあります。事件が最後にどう評価を受けているかを見てもらえば……」

 確かに15年8月に書類送検され、その後に嫌疑不十分で不起訴となってはいるが、およそ検察が捜査を尽くしたとは言い難い。鹿児島県警本部長や首相秘書官を歴任した小野次郎前参院議員は、

「準強姦事件の逮捕は管轄の署長の判断で行なわれるものだから、刑事部長がそこに口を挟むというのは異例だと言わざるをえませんね」

 と首を傾げるばかりだし、彼女自身、検察審査会に不服の申し立てをするつもりだという。』

* * * * *

 慎重を期して&それぞれの人権を尊重して書いておくなら、山口氏が本当に準強姦行為を行なったのかどうか、mewには知る術もないし、決めつける気もない。(・・)

 ただ、森友学園、加計学園の問題もしかりで。大きな権力で「あったものをなかったものにしてしまう」ということだけは、防がなければと言いたいmewなのである。(**)
 
  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]

by mew-run7 | 2017-05-30 04:46 | (再び)安倍政権について

前川叩きに走る官邸~官僚告発を許さぬ恐ろしい国。人格攻撃しても事実は変わらず

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

mewが今回の加計問題に関する前川告発の件で、一番ビックリした&呆れたのが、安倍官邸&自民党幹部の対応の仕方・・・とりわけ、菅官房長官をはじめとして、前川バッシングに走っていることであった。(゚Д゚)

 彼らはまず、前川氏が公の場に出る前の22日に、突然、同氏が役人時代に歌舞伎町の出会い系バーに何度か行っていたことを読売新聞に報じさせることに。
 さらに、様々な形で前川氏個人に対し厳しい言葉で疑問や批判を呈して、前川氏の人格や信用性を低下させようと、それで例の文書の信憑性も滅損させようと考えたのだろう。(~_~;)

 ちなみに、前川氏は25日のインタビューで・・・。

『前川氏 私の極めて個人的な行動ですから。それをどうして読売新聞があの時点で報じたのかは私には分からない」

 --権力の脅しかということはどうか

 前川氏「私はそんな国だとは思いたくない」』という部分がとても印象に残っただけど。

 でもね。前川さん。あなたも、きっとひそかな思いを込めて言ったのだと察しますが・・・。実は、もう日本は「そんな国」になって来ちゃっているんです。(ーー)

 しかも、安倍官邸&自民党の一強多弱の長期独裁支配が続いて、民主政治がゆがんで来ている日本は、本当にアブナイ、おそろしい国になっているのです。 (ノ_-。)

* * * * *

 今朝、載せた小山田氏のコラムも、そのことを指摘したものなのだけど・・・。

 民進党の幹部もこんなことを言っている。(@@)

『「権力の告発者を潰す国。嫌な空気だ」民進・野田幹事長


「権力の告発者を潰す国。嫌な空気だ」民進・野田幹事長
街頭で「共謀罪」法案の問題点を訴える民進党の野田佳彦幹事長=27日、広島市、岡本智撮影
■野田佳彦・民進党幹事長(発言録)

 「総理の意向」「官邸の最高レベルの指示」というメモが書いてある文書が明らかになり、当時の事務方トップ、前川喜平・前文部科学次官が「あれは本物だ」と記者会見で言いました。前川さんがどこかのお店に行ったとか行かないとか、人格攻撃を政府が中心になって一部のメディアも加担してやっていますよね。おかしくないですか。あの文書が本物か偽物か、ファクトを調べるというのが国会の仕事であり、メディアの仕事です。

 権力を告発しようとする人が出てくると、みんなで潰そうという国になってきている。その音頭を取っているのが政府。嫌な空気ですね、嫌な空気。権力にたてつく人が出てきたら、共謀罪も使うんじゃないですか。罪も犯してない時の人々の内心の自由を侵して「こいつはおかしい」と調べて、しょっ引くようなことを今の安倍政権はやるんじゃないですか。そんな国でいいんですか。もっと風通しのいい、自由な国を作ろうじゃありませんか。(衆院選立候補予定者の応援などで訪れた広島市での街頭演説で)(朝日新聞17年5月27日)』

『「官邸の醜聞リーク疑惑、背筋が凍る思い」民進・山井氏

■山井和則・民進党国会対策委員長(発言録)

 前川喜平・前文部科学事務次官の証言に関して、前川氏のスキャンダル的なものが首相官邸からリークされ、口止め、口封じを官邸がしようとしたのではないかという疑惑が出ている。私は背筋が凍るような思いがする。政権に批判的な発言をした、しようとする人間に対しては、政権がスキャンダルを流して、その口を封じようとする。一体、どこの国の話かと。そんな恐ろしい国に今の日本はなっているのか。私は非常に心配で心配でならない。一言で言えば、安倍1強政治の弊害、おごり、ここまで来たのかという心配をしている。そういうことの真相解明のためにもしっかりと、(前川氏の)証人喚問をしていく必要があるのではと思う。(国会内で記者団に)(朝日新聞17年5月25日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 先週17日、朝日新聞が『総理のご意向』「官邸の最高レベルが』などを記された加計学園の獣医学部新設に関する文科省の内部文書についてスクープ記事を掲載。(++)

 18日には民進党も同じ内部文書を入手して国会で追及を始めたのだが。松野文科大臣は19日に、関係者に調査した(7人に聴取し、共有ファイルをチェックした)結果、同様の内部文書は確認できなかったと報告。それこそ菅官房長官は「出所不明の怪文書」とまで言い放って、ともかく文書の信憑性を否定しようとした。(~_~;)

 たぶん官邸はあわてて調査した結果、内部文書を流したのが文科省の前川前次官orその関係者であるという事実を掴んだんんだろう。さらに前川氏は近々、週刊文春や朝日新聞の取材に応える準備もしているということも・・・。

 何か前川氏を口封じするor叩くネタはないのか? しかも、今から週刊誌を使って、前川氏のネタを出すのでは1週間遅くなってしまう。(~_~;)

 そんな中、22日、読売新聞に、実に唐突なことに、前川氏が次官を退職する前に、新宿出会い系バーに何度か言っていたという記事が出たのだ。(・o・)<産経、夕刊フジも追随。詳しくは『加計文書、前文科次官が信憑性を証言&共産党が新たな文書入手。安倍関与の疑惑強まる』に。和田関連*1> 

 おそらく、安倍官邸はこれを出すことで、前川前次官にある種の圧力を与えて、オモテに出てアレコレ言うのをけん制しようと、また前川氏の人格や信用を貶めて、彼の文書や発言の信憑性を低下させようと考えたのだろう。(~_~;)

 ちなみに、安倍官邸には、非自民党ながら旧こころや維新の会などの別働アシスト隊がいるのだが。
 旧こころ党首・現自民党会派の和田正宗氏は、17日、ツイッターで「第二の永田メール事件」になりはしないか?」と発信して、ネトウヨの間では偽文書であるかのような話が飛び交い「信用しない方がいい」という声も。

 さらに、和田氏は24日にも自身の公式ブログに《メディアに文書を持ち込んだのは元文科省幹部M氏》《M氏は各メディアに文書を持ち込み、記事として書いて欲しいと依頼していました。しかし、朝日新聞以外は記事にしませんでした。それはM氏以外に裏付けが取れず、M氏自身が作成して持ち込んだ可能性が否定できなかったからです》《M氏は新宿歌舞伎町の出会い系バー(連れ出しバー)に通っておりそれを官邸から注意されたことや、天下り問題についても逆恨みしたのか安倍政権に対する反感を(周囲に)話していました》などと書いていたという。(*1)

<ネトウヨたちもそういう情報を拡散して、安倍さまを擁護するために「内部文書には信憑性ない」とか「前川は天下りでクビになったやつ」「出会い系バーに通うじじい」などのバッシングを、ネットのアチコチに書き込んで、アシストするのよね。(・・)>

* * * * *

 尚、前川氏は16年6月に事務次官に就任、17年1月にたった半年余りで辞任をしている。^^;

 何でこんな短い期間しか務めていなかったと言えば(おそらくはこの加計学園の件で内閣府と考えが合わなかった上に)、ちょうど文科省の天下りの問題が明るみに出て、省TOPとしてその責任をとらざるを得なくなったからだ。(~_~;)

 前川氏は、この時の官邸や内閣府の理不尽な要求やエラそ~な態度に立腹。義憤にもかられ、今回の告発をすることを決意したとも言われている。(-_-)

 また前川氏の妹は、中曽根康弘氏の息子である弘文参院議員の妻。息子は厚労省の官僚なのだとか。(・o・)
 そんなこともあってか、前川氏のもとには、さらにアチコチから忠告やらけん制やら目に見えぬ圧力、おいしい見返りの話など、色々な話が来たかも知れない。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 で、官邸は果たして前川氏がどうするのか、じっと見守っていたわけであるが。前川氏が25日発売の週刊文春、朝日新聞の取材に応えていることが判明。
 その夕方には、オープンの記者会見を開いたことから、早速、菅長官を筆頭にして、前川氏への大バッシングも始まったのだ。(・・)

『菅義偉官房長官は25日の記者会見で、加計学園問題に絡んで「総理の意向」と記した文書を「本物」と認めた前川喜平前文部科学事務次官を強く非難した。文科省の天下り問題の責任を取り今年1月に辞任した前川氏について、菅氏は「地位に恋々としがみついていた」と指摘した。菅氏が特定の個人を強く非難するのは極めて異例だ。

 菅氏は前川氏の行動について、「自身が責任者の時に、そういう事実があったら堂々と言うべきではなかったか」と批判した。さらに「天下りの調査に対し問題を隠蔽(いんぺい)した文科省の事務方の責任者で、本人も再就職のあっせんに直接関与していた」と指摘した上で、「当初は責任者として自ら辞める意向を全く示さず、その後に世論からの極めて厳しい批判などにさらされて、最終的に辞任された方だ」と語った。前川氏個人を非難することで、証言の信頼性に疑問を投げかける狙いもあるとみられる。(毎日新聞17年5月25日)』

* * * * *

 26日の官房長官の会見で・・・

『「昨日の前川さんの会見を踏まえて、杉田副長官に確認したところ、前川氏がそういう場所に出入りしている情報を耳にし、(次官時代の)本人に確認したところ、事実であったということで、厳しく注意したということである。杉田副長官から報告を受けた。

 また、昨日の前川氏の会見では、女性の貧困問題の調査のために、いわゆる出会い系バーに出入りし、かつ女性に小遣いを渡している。ここはさすがに強い違和感を覚えた。多くの方もそうだったのではないか。常識的にいって、教育行政の最高の責任者がそうした店に出入りして、小遣いを渡すようなことは、到底考えられない」(産経新聞17年5月26日)』

* * * * *

『菅官房長官は、26日も前川前事務次官の主張を全面的に否定した。

「実地調査」として、出会い系バーに頻繁に出入りしていたことについても、菅長官は、「調査だったら、1回か2回ではないか」、「ああいうところに、そういうことで調査に行くのか。常識的に」などと述べた。

 そして、麻生副総理兼財務相は「役人として退職した人が、どう言おうと、私が関わる話ではない」とバッサリ。
さらに、加計学園問題の着火剤「総理のご意向」などと記された文書の再調査について、衆院・文科委員会で、民進・今井議員は「OBですよ、当時の当事者ですよ。もし、文科省と見解が違うなら、問いただすのが筋ではないか」とただした。

 松野文科相は「(文書は)確認されていないので、前川前事務次官にヒアリングを行う必要はない」と述べ、再調査の考えはないと重ねて否定した。

 自民・二階幹事長は「誰の意見等をうかがうよりも、総理や官房長官の意見を信用したい」と述べた。
 ある省庁の幹部からは、「役人としては、きのうの会見を見て、共感する者は多かったと思うよ。けれどそれで、手を挙げて、官邸批判する人はいないでしょうね」という声も聞かれた。(FNN17年5月26日)』

* * * * *

 この「前川vs.安倍官邸・自民党」の話はまだまだ続きそうだが。そのきっかけが正義感でも、、意趣返しでも、ともかく勇気と覚悟をもって、内部の文書や経緯を告発した前川氏をいかに国民がサポートできるかで、日本が救われるかも知れないと想っているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-29 10:56 | (再び)安倍政権について

安倍が朝日は言論テロに「いいね」、人権意識ない首相+自衛隊TOP、9条改正ありがたい

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【JRAダービーは、レイデオロwithルメールが優勝した。何とルメールも、そしてあの藤沢厩舎もダービーは初優勝。(*^^)v祝 <個人的には藤沢師独自の方針、好きなんだけど。やっぱ1回は勝っておきたいとも思ちゃうよね。あとは大井の的場さまだわ!(・・)>
 2着はスワーヴリチャード、3着にはアドミラブル。何か今年は牝馬もそうなんだけど、「これぞ!」という馬はおらず。ちょっとだけ質の高いドングリの背比べなので、予想が難しいし。秋や来年になったら、どうなるかわからない感じがするです。(@@) オークスもダービーも目黒記念も「急いでる時は、三連複5点ボックスで大体当たる~!(けど、配当が安い時が多い~)」のゲットだったのだけど。あとから見たら「え?目黒ってこんなつくの?」って感じでぐふっ。^m^>

* * * * *

 さて、これは加計学園の報道ともリンクする話なのだが・・・。

 先週、マジで驚いた&呆れたことに、安倍首相(または関係者)が19日に「朝日新聞は言論テロ」とフェイスブックの記事に「いいね!」を押したという。(゚Д゚)
 ちょうど朝日新聞が加計学園の内部文書を17,18日掲載した直後のことである。(-_-)

 一国の首相が、しかも自由民主国であるはずのわが日本の首相が、特定の新聞社が「言論テロ」であるという意見に「いいね」で賛同してしまうなんて。
 表現の自由、報道の自由を最も尊ぶ自由民主主義の先進国じゃあり得ないことでしょう!(**)

 まあ、実際に安倍首相本人が押したのか、フェイスブックの管理権がある家族や側近スタッフが押したのかはわからないが。アカウントが安倍首相である以上、本人も同意見だと思われても仕方ないだろうし。
 mewは、何で全てのメディアが、このことを疑念と怒りをもって、国民に報じないのか不思議でならない。(・・)
 
 朝日新聞は、おそらく日本で購読数TOP2の大手新聞だと思うのだが。一国の首相が、自分が気に入らない記事を載せていると、(とんでもトランプみたいに)平気でそれをディスったり、バッシングするんだよ~。(~_~;) <で、もう一方の読売は熟読しろって?(>_<)>
 
 こんな風に人権感覚に乏しい&言論や報道の自由がわかっていない首相だから、共謀罪を含め、国民の人権をどんどん押さえつける問題のある法律や政策を進めるとは想わないのだろうか?

 う~ん・・・これをおかしいと思う日本人が少なくなっているよだと、マジに日本はアブナイかも知れない。(-"-)

<後述するように、須賀原氏は『私は「朝日新聞は言論テロ」とは思っていないなぜなら「言論」と「テロ」は対義語だと思っているから。テロに走らないために言論がある。朝日は言論機関。』とツイートしているのだが。・・・これは大事な言葉だ!(**)

* * * * *

 この件は、漫画家・須賀原洋行さん(@tebasakitoriri)が18日に、「朝日新聞の姿勢は気味が悪いの一言に尽きる。安部政権にダメージを与えるためには、何の犯罪性もないことを様々な手段を駆使して「世の中が許せないこと」に仕立て上げる。結果的に獣医師が増えることで既得権益が減ることを嫌う日本獣医師会とも共闘してしまう。本来は朝日の批判対象だろうに」とツイート。

 で、19日に劇作家の今井一隆さんが、このツイートを引用して「言論テロといっていいんじゃないか。およそ報道ではないし、狂ってる。」とコメントをしたところ、安倍晋三首相のアカウントが「いいね!」と賛同、評価するボタンを押したことがわかったというのである。(@@)

~ * * * * * ☆

『安倍首相が「いいね!」したのは、5月19日に劇作家・今井一隆氏がFacebookで投稿した文章。今井氏は、マンガ家の須賀原洋行氏が加計学園の獣医学部新設に絡んだ「総理のご意向」文書問題で日本獣医師会顧問の北村直人氏が「文書に書かれていることは事実だ」と認めた朝日新聞の記事を〈朝日新聞の姿勢は気味が悪いの一言に尽きる〉と批判したTwitterへの投稿を取り上げ、このように意見を重ねた。
〈言論テロといっていいんじゃないか。およそ「報道」ではないし、狂ってる。〉

 許認可に絡む権力の不正をチェックするジャーナリズムの最も重要な報道を「テロ」扱いするのは、まさに反民主主義、北朝鮮並みの発想だが、これに安倍首相が「いいね!」と賛同したのである。(リテラ17年5月22日)』

『これについて、野党からは、「総理が言論活動をテロだと揶揄(やゆ)する意見に賛同している」「報道の自由への弾圧だ」などと批判の声が上がっている。(NNN17年5月23日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 『朝日新聞の報道は「言論テロ」!? 安倍首相が『Facebook』の投稿に「いいね」で波紋

DATE:2017.05.23 16:15 BY:Taka ガジェット通信

 5月19日、劇作家の今井一隆さんがFacebookにて漫画家・須賀原洋行さん(@tebasakitoriri)の朝日新聞報道に対するツイートを引用し

「言論テロといっていいんじゃないか。およそ報道ではないし、狂ってる。」とコメントを行った。

これに対して、安倍晋三首相のアカウントが「いいね!」ボタンを押したということで大変話題になっている。

22日の菅義偉官房長官の記者会見では、朝日新聞の記者がそれについて質問し、菅官房長官は「承知していない」と回答した。これを産経ニュースが同日18時30分頃に報じ、記事の時点で

「首相を含め500人以上が「いいね!」をしている。」

とあったのが、翌23日の15時の時点で「いいね!」は2000人を超えるなど反響が広がっているようである。同記事が配信された「Yahoo!ニュース」のコメント欄にも23日15時の時点で8000を超える

コメントがついているが、「共感順」では

「事実だから仕方がない」
「『朝日は言論テロ』ですから当然のことだよ。」
「まさに言論によるテロだと思うがな、慰安婦の奴隷狩りやKYサンゴの捏造など、腐るほど例があるじゃないか、いったい何の目的でこういう捏造テロをするのか、国会で証人喚問してほしいね、」
「『安倍の葬儀はウチで出す』こんな思想の新聞は言論テロです。」

といったコメントがいずれも数万を超える「そう思う」の評価を受けている。一方で「そう思わない」の数もそれぞれ一定の割合でつくなどしているようだ。

 一方で冒頭の須賀原さんはこの件について報じたハフィントンポストの記事にリンクを貼り、

 須賀原洋行 @tebasakitoriri

「「朝日新聞は言論テロ」Facebookの投稿に安倍首相が『いいね!』 http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/22/abeshinzo-facebook_n_16760444.html …
ちなみに私は「朝日新聞は言論テロ」とは思っていない。なぜなら「言論」と「テロ」は対義語だと思っているから。テロに走らないために言論がある。朝日は言論機関。
2017年May23日 14:10』

ともツイートしていた次第である。』

<何か共感者の言葉を読むと、ため息しか出ないよね。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 もう一つ、これはアブナイと思ったのは、陸海空自衛隊全てのTOPである河野統合幕僚長の条改正に関する発言だ。(・・)

 河野幕僚長は、とりあえず「一自衛官として」とは断ったものの、よりによって日本外国特派員協会という公の場で、「自衛隊というものの根拠規定が憲法に明記されることになれば、非常にありがたい」と語ったのである。(・o・)

『首相改憲案 河野統合幕僚長、自衛隊明記「ありがたい」

 防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長は23日、東京の日本外国特派員協会で行われた記者会見で、安倍晋三首相が憲法9条への自衛隊明記を提起したことについて問われ「一自衛官として申し上げるなら、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになれば非常にありがたいと思う」と発言した。

 河野氏は「憲法は高度な政治問題なので、統幕長の立場で申し上げるのは適当ではない」と断った上で発言したが、自衛隊法は隊員の政治的行為を制限している。(毎日新聞17年5月17日)』

 安倍首相の改憲発言についても、問題にする人が多かったが。憲法尊重擁護義務を負う公務員、ましてや武器を持つ自衛官のTOPが、公務中に憲法改正に対する政治的な考えを言っていいのか。これも大きな問題になるだろう。(@@)

『統幕長発言「憲法の尊重義務違反、辞職を」共産・小池氏

■小池晃・共産党書記局長(発言録)

 (河野克俊統合幕僚長が自衛隊の憲法明記を「ありがたい」と発言したのは)重大で、辞職すべきだ。憲法の尊重擁護義務違反だし、実力組織である自衛隊の最高幹部がこういう発言をするのは本当に許されない。(菅義偉官房長官は「個人の見解」として問題視していないが)ありえないでしょ。一個人として記者会見やっているわけじゃないですからね。そういう言い逃れは、子どももだまされない子どもだましの類いだと思います。まったく問題外。断じて許されない発言だと思いますね。(記者会見で)(朝日新聞社17年5月25日)』

* * * * *

 ちなみに、この幕僚長は、安倍官邸や米軍のごヒイキのようで。何と昨秋から2回も定年を延長されているとのこと。^^;

『<統幕長>定年再延長 野党、「ありがたい」発言批判

 防衛省は25日、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長(62)の定年を来年5月27日まで1年間延長すると発表した。28日付。河野氏の定年は昨年11月に今月27日まで6カ月間延長されていた。同省によると統幕長の定年が2度延長されたのは初めて。安倍晋三首相の改憲提案を「ありがたい」と歓迎した河野氏の発言を野党が批判する中、異例の定年延長はさらに波紋を広げそうだ。

 稲田朋美防衛相は25日の参院外交防衛委員会で、河野氏の発言について「憲法という高度な政治問題を『統幕長の立場で申し上げるのは適当でない』と明確にしつつ、個人の感想を述べた。(憲法99条の)憲法順守義務との関係では問題ない」と擁護した。

 一方、共産党の井上哲士参院幹事長は同委で「自衛隊の服務宣誓も憲法順守を明記している。統幕長を罷免すべきだ」と批判。民進党の蓮舫代表も記者会見で「望ましい発言とは決して思わない。責任ある立場で、こうした発言は厳に慎むべきだ」と苦言を呈した。

 河野氏は25日の会見で「発言に全く政治的意図はない」と説明した。自衛隊法は自衛官の定年を最大で3年延長できると規定。河野氏は自衛隊内でも米軍と特に太いパイプを持つとされ、安倍政権内で評価が高い。【木下訓明、前谷宏】(毎日新聞17年5月25日)

 すっかり驕りが身についた安倍首相とこの幕僚長が組んで、安保軍事を行なうのかと思うと、ぞ~っとしてしまうmewなのだった。(@@)
 THANKS
 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-28 18:25 | (再び)安倍政権について

前川のバー通いを批判して、官邸やメディアはプラスになるの?~小田嶋コラムを掲載。

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【今日28日からテニスの四大大会・全仏が始まる~。日本からは男子が、錦織、杉田のほか、D太郎が予選を突破。女子は大阪、土居、奈良、日比野、加藤、尾崎の6人が出場する。(・・)
 錦織は、今年は「まずは、全仏優勝!」を目指して日程を立てていたのだけど。あちこち故障して、思うように行かず。昨日も250の大会で格下に負けてしまった&長い試合を2つも続けて体力や手首に負担がかかってないか心配だけど。フェデラーの欠場で第8シードがとれたし。何とかしかりと上位に行って、できれば優勝して欲しい。o(^-^)o】

* * * * * 

 さてさて、25日に文科省の前事務次官である前川喜平氏が、安倍内閣に不都合な内部文書の「存在」を明らかにしたところ、菅官房長官を筆頭に前川バッシングがどんどん激しくなっている。(@@)

 今回は、そのことについて書こうとしていたのだが。先に日経ビジネスオンラインで小田島隆氏がいい感じの(「だよね~」って言いながら読んじゃうような)コラムを書いてたので、無料部分だけで恐縮だが、ここにアップしておきたいと思う。(・・)

 私も、「出会い系バーに何回も行ったことがある」という現時点で得ている情報の範囲では、それは違法とは言えないだろうし。<正直なところ、調査のために行ったという釈明はどうかと思ったけど。>
 仮に前川氏が違法性のある店に出入りしていた、違法な行為をしていたとしても・・・。(前川氏個人の人格に対しては疑問を抱くかも知れないが。)だからと言って、文書が消えて、なくなってしまうということはないわけで。
 出会い系バー云々によって「あった文書をなかったことにはできない」し。安倍首相が不公正な形で加計学園の獣医学部新設を後押ししたという疑惑も消えないのである。(**)

* * * * *
 

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明
出会い系バーに出入りした人の“末路”

2017年5月26日(金)日経ビジネスオンライン

 『辞任の前川・前文科次官、出会い系バーに出入り』
 という記事(こちら)が読売新聞に掲載されたのは、月曜日(5月22日)のことだった。

 一読して驚嘆した。
 とてもではないが、全国紙が配信する記事とは思えなかったからだ。

 記者は、前川前次官が

《……在職中、売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが関係者への取材でわかった。》

 ことを伝えたうえで

《教育行政のトップとして不適切な行動に対し、批判が上がりそうだ。》

 と書いている。

 正直なところを申し上げるに、失笑せずにはおれなかった。
「批判が上がりそうだ」
 という文末表現の真骨頂を、久しぶりに見た気がしたからだ。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 解説する。

「批判が上がりそうだ」
 というこの書き方は、新聞が時々やらかす煽動表現のひとつで、「批判を浴びそうだ」「議論を招きそうだ」「紛糾しそうだ」という、一見「観測」に見える書き方で、その実批判を呼びかけている、なかなかに卑怯なレトリックだ。

 書き手は、「批判を浴びそうだ」という言い方を通じて、新聞社の文責において批判するのではなく、記者の執筆責任において断罪するのでもなく、あくまでも記事の背後に漠然と想定されている「世間」の声を代表する形で対象を攻撃している。しかも、外形上は、「世間」の空気を描写しているように見せかけつつ、実際には「世間」の反発を促す結果を狙っている。

 真意は
「な、こいつヤバいだろ? みんなでどんどん批判して炎上させようぜ」
 といったあたりになる。
 実に凶悪な修辞法だ。

 新聞記者は、ほかにもたとえば
「状況は混迷している」→(「オレにはわからん」の言い替え)
「なりゆきが注目される」→(「正直アタシには先が読めません」の言い替え)
 みたいな語尾で記事を書くことがある。

 これらの場合「状況」や「なりゆき」を主語に持ってくることで、書き手の自信の無さを隠蔽し、執筆の責任を回避している。

 新聞は「世論」の陰に隠れて、書き手の一人称(つまり、「私」なり「記者」なり)を隠蔽することを好む。
 あるいは「注目される」というふうに、文末を受動態(←誰が注目してるんだ?)で受けることで、書き手が生身の人間でなく、「社会の木鐸」ないしは公共的で客観的で超越的な人格であるかのような偽装を施しにかかっている……というのは、まあ、いくらなんでもひどい言い方かもしれないので撤回する。

 ここではとりあえず、5月22日の記事の中で使われている
「批判が上がりそうだ」
 という語尾が、卑怯なものの言い方である旨を断言しておくにとどめる。

 記者は、前川前次官が、出会い系バーに通っていたことについて
「関係者への取材でわかった」
 という以上の証拠を明示していない。

 「出会い系バー」についても「売春や援助交際の交渉の場になっている」と説明していながら、前川前次官本人が、実際に「売春」や「援助交際」をしていたかどうかは明らかにしていない。相手となった女性の証言も取っていないし写真も掲載していない。

 つまり、この記事は、「関係者」とされる人間の「証言」(っていうか「噂」)のみを元に構成されていることになる。
 こんなヨタ記事を、仮にも世界一の発行部数を誇る読売新聞が執筆して配信したことを、われわれはどう受け止めれば良いのだろうか。

 仮に、前川前次官が、その「出会い系バー」とやらに出入りしていたことが事実なのだとして、では、勤務時間外に一私人が、歌舞伎町のその種の店に出入りすることは、果たして犯罪なのだろうか。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 とんでもない。
 どこからどう見ても犯罪ではない。

 合法的に営業されている店舗に、正規の料金を支払って入店している限りにおいて、なんら恥じるべきところはないはずだ。

 私は、その「出会い系バー」という施設がどんな種類の店舗であるのか、詳しい知識を持つ者ではないが、その場所に通うことが、社会人として立派な行動であるのかどうかはともかくとして、少なくともただちに犯罪となるわけではないことぐらいは承知している。

 とすると、読売新聞の長年の読者の一人として、私は、一私人の勤務時間外の風俗店通い(しかも半年も前の)を、いきなり暴きにかかった彼らの真意に疑念を抱かざるを得ない。

 要するに、読売新聞は、前川前次官の人格を貶めたかったのではなかろうか。
 では、どうして彼らは、前川前次官の世評を泥まみれにすることを狙ったのであろうか。

 本日発売の週刊文春と週刊新潮の両誌の見出しをお知らせする。

 週刊文春は、
《「『総理のご意向』文書は本物です」 文科省前事務次官前川喜平 独占告白150分》
 という記事を掲載している。

 内容は、見出しにある通り、加計学園の獣医学部新設問題に関連して、5月中旬に朝日新聞が報じた文部科学省の内部文書に関するもので、記事の中で、前川前次官は、文書が作成された経緯や、内閣府と文科省とのやりとりを詳細に語っている。

 週刊新潮の方は、
《加計学園疑惑の場外乱闘! 安倍官邸が暴露した「文書リーク官僚」の風俗通い》
 として、予定されていた前川前次官のインタビュー(NHKインタビュー放送および朝日新聞の記事)が、官邸筋によってリークされた「風俗通い」情報によってお蔵入りになった経緯を紹介している。

 これらの本日発売の両週刊誌による暴露記事と、冒頭で紹介した読売新聞によるスキャンダル記事をあわせて読み比べてみると、色々と不穏な想像が広がる。
 文科省と官邸の抗争勃発。週刊誌と大新聞の代理戦争。
 大変にいやな気分だ。

 読売新聞の報道によって、前川前次官の犯罪が暴かれたわけではないが、それでも、彼の評判が落ちることは確かだ。

 ただし、前川次官の人間性に仮に疑問符が付くことになるのだとしても、そのことが「『総理のご意向』文書」の信用性を疑わせることにはならない。

 むしろ、政権にとって不都合な証言をした官僚に「制裁」じみた報道圧力が加えられたことで、文書の信憑性は高まったとさえ言える。
 では、文書の信用性を落とすことなど、どだいできるはずがないのに、どうして彼らは、前川前次官にあのような仕打ちをしたのだろうか。

<ここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます>』

 もし私が安倍内閣支持者なら、たとえ窮地に陥ったとしても、「あんま、みっともない手段は使って欲しくないな~」と思うのだけど。
 菅官房長官の会見での様子を見ても、今回はかつてないほどに、かなり困惑&狼狽しているのかも知れないと感じているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-28 02:45 | (再び)安倍政権について

黒を白、あるものをなきものにする安倍内閣。強引政策にジャマ、不都合なものは消す!

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 
 『前次官が加計問題について会見。「文書は確実に存在」「行政がゆがめられた」と発言』のつづきを・・・。

 25日に文科省の前事務次官に前川喜平氏が記者会見を開き、政府が存在を否定している加計学園に関する文書が「確実に存在した」と明言したことが大きな注目を浴びている。(@@)

 TVや記事を見た人たちの中には、「あるものをないことにできない」という前川氏の言葉が強く印象に残った人が多いのではないだろうか?(・・)

 前川氏はまた、「白を黒にするよういわれている」「赤信号のところを青にさせられて」という表現も使っているのだが・・・。
 前川氏の発言や表現の仕方を見ていると、安倍内閣が、いかに強引に自分たちの意向、方針を通そうとしているかがよ~くわかる。^^;

 もちろんmewは省庁の役人の意見や判断が全て正しいとは思ってはいない。(-"-)
 彼らもまた天下りなども含めて、政官財癒着による利権構図の一部を構成しているわけで。本当に日本国民の公僕として、常に公平公正に行政を行なっているかはどうかは「???」だろう。(~_~;)

 ただ、前川氏もちらっと触れているように、01年に始まった小泉政権が自民党の派閥均衡策を排除して、トップダウン方式の新自由主義を国政に持ち込み、経団連など一部の経済界、大企業に有利な規制緩和がどんどんと促進されていたのは事実だし。<その結果、コストカット、非正規雇用、経済格差などが進み、国民の生活をボロボロになってしまったのら。(-"-)>
 
 12年から始まった安倍第二次政権も「一強多弱」「政高党低」状態が続く中、どんどん調子に乗っていて。
 国民の声などはもちろん聴く気はないし。自民党内や役人の意見もどんどん軽視、無視して、自分のやりたいことをそのまま強引に通しても当たり前、という感じになりつつあるのだ。^^;

* * * * *

 で、問題になりそうなもの、ジャマになりそうなものは、ないことにしてしまう。(・o・)

 菅官房長官は、ひたすら「問題ない」という言葉を繰り返し。問題が出そうな場合は、さっさとトカゲの尻尾切りをする。^^;
 
 政府にとって都合の悪い資料などは、「廃棄、削除された」「存在ない、見つからない」として「あったものも、なきものに」。<財務省も防衛省もしかり。たまに出して来ても、真っ黒に塗りつぶされててで読めないし~。(>_<)>

 今回も菅官房長官は、最初は「怪文書じゃないか」とまで言っていたほど。<後述するように、旧こころ代表の和田氏も、偽文書ではとアシストしてたりして。^^;>

 その後も、「文書について、文部科学省が行った調査では存在が確認できなかった」「再調査しない」、「内閣府が、文書に書かれているような『官邸の最高レベルが言っている』とか『総理のご意向だ』と言った事実はないし、安倍総理大臣からも、そうした指示は一切なかった」と、同じようなフレーズをひたすら繰り返している。_(。。)_

<たまに、「文科省の調査で確認できなかったということになっている」と「文科省が見つからないと言っている」みたいな言い方をすることがあって。「あら?」と思うことが・・・。^^;
『文科省幹部は官邸と連絡を密に取り合い、19日も戸谷一夫事務次官が官邸を訪れている。ある文科省の職員は「『なかった』という結論は官邸の指示。調査は出来レースだった」と言い切った』との記事も。(毎日5.18)』>

 できれば、まずは、この件を通じて安倍首相や菅官房長官が2TOPを務める安倍内閣が、いかにまやかし、ごまかし、ウソつきだったのか、黒も白、あるものもなきものにしちゃうのか、多くの国民に気づいて欲しいmewなのである。(・・) 

  
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 まず、前川氏の会見の中で、mewが印象に残った部分をちょこっとアップしたい。(・・)

<ちょっと調べてみたら、この人は、たぶん小泉政権の新自由主義とも戦っていた&教育費用の無償化に努めていた人で、結構、mewと考えが合う部分があるかも?^^;>

『前川氏「先ほどもちょっと答えたが、文科省の、特に国家戦力特区に関わっている職員の人たちは本当に気の毒だと思う。もともと十分な根拠なく規制緩和が行われ、本来、赤信号のところを青にさせられて、その経緯について示す文書について、これがなかったとする。実際にある文書をなかったことにする。

 いわば白を黒にするよういわれているようなものですから。本意ではない、意に反することをさせられている、いわされている状況が続いている。本当に気の毒だと思う。先ほども申し上げたが、大臣を含めて気の毒だと思う。

 私は辞めた立場なので自由に発言できるし、政権全体のことを考える必要はないという立場で、こういった話で出てきて自由に話ができるわけだが、現在の文科省にはなかなか、官邸、内閣官房、内閣府といった政権中枢の意向や要請に逆らえないという状況があると思う。そういった中で、それぞれが責任のある判断ができなくなっているのではないかと思う。

 これは、農水省や厚労省が実質的な人材需要の判断をせず、いわば逃げているが、逃げざるを得ない。彼らが本当に人材需要について検討すれば、人材需要はないということになるかもしれない。そういう結論を出すわけにはいかないから逃げているとみることもできる。

 ですから、そういう関係が政権の中枢と各省との間にできてしまっていることは、非常に問題があるんじゃないかなと思っている」

 --省内に動揺や混乱があると思うが、職員に言葉をかけるとしたら

 前川氏「文科省が少なくとも、私がやりきれなかったことをやってくれといっているわけですから、無理な注文をしているという部分はあると思いますけども、文科省においては公正さ、公平さ、客観性、それから根拠のある行政を心がけ、国民に批判されることのないようまっとうな仕事をしてほしい」』

* * * * *

--閣議決定を無視してでも、何としても加計学園を通そうとする姿勢は、第2次安倍晋三政権になってからか。それとも安倍政権ができる以前からか。昨年12月22日に3大臣合意で(獣医学部新設を)1校だけだと合意したときに、どうして1校だけで合意することになったのか、当時事務次官として聞いていたか

 前川氏「政治主導や官邸主導は、小泉(純一郎)政権のころから強まっており、徐々にそういう力関係になってきていると思う。政と官の関係、あるいは政府と党の関係、あるいは官邸と各省の関係は、20年ぐらいの間で、かなり変化してきていると思う。その変化の結果として今現在の関係があると思う。今、政権中枢の力が非常に強まっているのは事実だ。

 そして、12月22日のことについて、この状況はフォローしておりません。残念ながら。その時点で、私は天下り問題で忙殺されていたので、他の案件の報告を受ける時間がなかなかなかった。12月22日の合意は、今はそういう報道があったと聞いているけど、その時点で報告を受けたかは記憶が定かでない」

 --ちゃんと調査すれば文書は確認できるといっていたが、具体的な確認手段があるのか。文科省の再調査の必要性についてどう思うか

 前川氏「私が確実に『ある』、あるいは『あった』資料といっているのは、私が現に見て受け取ったからだが、どういう調査をすればいいのかということについては、どこの何を見ればいいかというのは具体的に申し上げられないが、見つけるつもりがあればすぐ見つかる資料だと思います。何か複雑な調査方法を用いる必要ない」

 「行政の筋がおかしいんだということは、ちゃんと説明する責任があるだろうし、あるものをないと言ったり、知っていることを知らないと言ったりというのは、もうこれ以上やるべきじゃない」(TBS)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 他方、あるものをないものにしたい安倍内閣&周辺はと言えば、こんな動きや発言をしていたのだ。(・・)

『朝日新聞が2017年5月17日付朝刊の1面トップ(東京本社最終版)で最初に報じた。

菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で

「あの文書がどういう文書かさえ、その作成日時だとか作成部局だとか、そういうのが明確になっていないのではないか。通常、役所の文書はそういう文書じゃないと思いますよ」
「誰が書いたか分からない、そんな意味不明なものについて、いちいち政府で答えるようなことはない」と文書の信ぴょう性を疑問視。同日午後の会見では

「怪文書みたいなものなのではないか。出所も明確になっていない」と、さらに不快感を強めた。(J-CASTニュース17年5月18日)』

 そのうち、「文章を流出させたのは文科省関係者であることは確実。官邸の方は、誰がリークしたか特定している」「ちょっと問題があって処分された人。それで逆恨みしているのではないか、というのが官邸の現段階の解説」なんて話が出て来て・・・。

 22日には、何と読売新聞が、唐突に前川前次官の出会い系バーに通っていたという記事を掲載。24日には、旧「こころ」現無所属の和田正宗氏が、(ネトウヨ向けにか?)ツイッターで「永田メール」のように偽メールであることを示唆。<たぶん、この辺りはまた書くけど。前川リーク説が濃厚になって、オモテに出ないように圧力がけする&前川氏の信用を貶めておくためだよね。^^;>

* * * * *

 そして、前川氏がインタビューや会見に応じた後も、菅長官は26日も「8つの文書は、出所不明で、信ぴょう性も欠けている」と発言。松野文科大臣も、前川氏は「見つけるつもりがあればすぐ見つかる資料だと思います。何か複雑な調査方法を用いる必要ない」と言っているのもかかわらず、調査する必要はないと突っぱねている。(-_-;)

『前川氏の発言について、松野氏は「辞職された民間人の発言なのでコメントする立場にない」と述べるにとどめた。委員会で民進党の斎藤嘉隆氏は、前川氏が文科省と内閣府が特区認定を巡るやり取りをしていた際の現職の事務次官だった点に触れ「もはや『怪文書』として無視できる代物ではなくなっている」と改めて調べるよう訴えた。共産党の小池晃氏は「政府の中でどのような議論が行われたか、前次官の証人喚問を求めたい」と述べるとともに、首相が出席する集中審議を要求した。

 また、小池氏は、国家戦略特区諮問会議が昨年11月に獣医学部の新設を認める規制改革を決定する前日、文科省が学園の計画は「不十分」と省内でやり取りしていたことを示す新文書についても「調査すべきだ」と追及。松野氏は「改めて調査する必要はないと考えている」と答弁した。(毎日新聞17年5月25日)』

『ファイル削除履歴調べず=加計学園めぐる文書―文科省

 文部科学省は26日、加計学園(岡山市)による国家戦略特区での獣医学部新設計画をめぐり、同省が内閣府から「総理の意向」と伝えられたなどとする文書の存否を調査した際、省内システム上にある共有フォルダ内のファイルの削除履歴を調べなかったことを明らかにした。
 
 同省は、調査対象になった文書に関し、担当課である専門教育課の国家戦略特区に関する共有フォルダ内の現存する全ファイルを確認したが、削除されたファイルについては調べていなかった。共有フォルダ外の個人で管理するファイルも調査していないという。
 同省は、担当幹部・職員7人からの聞き取りも実施し、19日に「該当する文書の存在は確認できなかった」と発表しており、今後も削除履歴を調べる予定はないとしている。(時事通信17年5月26日)』

 この局面を打破して、再調査や前川氏の国会招致を実現するためには、野党の力だけでは不十分で。多数の国民やメディアの強い要求、後押しが必要なわけで。何とかそれを引き出せないものかと思案しているmewなのである。(@@)

  THANKS
 
                                          
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-27 04:41 | (再び)安倍政権について

与党が前川招致に応じず&民進、新メール入手+財務局、森友にさらに5億円引き売却を検討

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日25日には「(加計)文書は確実に存在した」と明言した前川前文科次官の会見が、メディアに大きく取り上げられることに。(@@)<『前次官が加計問題について会見。「文書は確実に存在」「行政がゆがめられた」と発言』>
 改めて加計学園の問題が、注目を浴びそうだ。(**)

 前川前次官の発言に関しては、また別立てで扱うとして。昨日、記事にしようと用意していた加計学園に関する情報があるので、それを先にアップする。(・・)

<最後には、森友学園に関する情報も。財務省は、国有地払い下げの際に、さらに5億円の値引きをしようとして、(~_~;)

* * * * *

 まず、民進党は、加計学園の問題に関して、新たにメールのコピーを入手した。(・・)

 昨年11月8日のもので、文科省側が「大臣及び局長より、現時点の構想では不十分だと考えている旨早急に厳しく伝えるべき、というご指示がありました」と記載。「加計学園への伝達事項」添付ファイルはとの表題で、教員確保や資金計画を万全に準備することなどを学園に求める内容となっている。
 実際、加計学園の計画は不備が多かったようなのだが。内閣府は、このメールを受け取った翌日の11月9日に、52年ぶりに獣医学部の新設を認める方針を決めたという。^^;

『“新たなメール"を民進が公開、文科省「加計の構想は不十分」

 加計学園の問題です。民進党が新たな資料を出してきました。文科省内で取り交わされたメールだということなのですが・・・

 「文科省と加計学園との間でいろんなやり取りがあったのではないかと、そういうことを示唆するペーパーを入手しておりまして」(民進党 桜井充 参院議員)

 民進党の桜井議員が入手したのは去年11月、文科省内でやり取りされたとされるメールのコピーです。「国家戦略特区諮問会議」は去年11月9日に、52年ぶりに獣医学部の新設を認める方針を決めていますが、前日の8日、文部科学省内で取り交わされたメールでは「現時点の構想では不十分だと考えている」などと書かれていて、文科省が獣医学部の新設に直前まで反対していたことがうかがえます。

 また、別の資料には「平成30年4月開学を大前提に」、「これは官邸の最高レベルが言っていること(むしろもっと激しいことを言っている)」、「山本大臣も『きちんとやりたい』と言っている」などの記述があり、内閣府が文科省に獣医学部新設を強く迫っている様子が読み取れます。(JNN17年5月24日)』

* * * * *

『加計学園 文科省「計画は不十分」 民進議員が文書入手

 民進党の桜井充参院議員は24日、学校法人加計学園の獣医学部新設計画を巡り、国家戦略特区諮問会議が昨年11月に獣医学部の新設を認める規制改革を決定する前日、文部科学省が学園の計画は「不十分」と省内でやり取りしていたことを示す文書を新たに入手したと明らかにした。さらに、学園への助言とも読める文言も記され、同党は「加計学園ありき」で手続きが進められていた証しだとして、文書の存否などを同省に確認する考えを示した。

 桜井氏は同党の「加計学園疑惑調査チーム」の共同座長。事務所に匿名でファクスが送られてきたという。

 文書は計2枚で、メールの本文と添付ファイルとみられる。昨年11月8日に文科省高等教育局専門教育課の担当者から大学設置室や私学部に送信されたことが記されている。

 本文には「大臣及び局長より、現時点の構想では不十分だと考えている旨早急に厳しく伝えるべき、というご指示がありました」と記載。添付ファイルの内容に修正や追加があれば教えてほしいと記され、その日学園側にファイルの内容を伝えると書かれている。添付ファイルは「加計学園への伝達事項」との表題で、教員確保や資金計画を万全に準備することなどを学園に求める内容となっている。

 翌9日には諮問会議で獣医師系学部が広域的に存在しない地域に限り新設できるように規制を緩和。加計学園と同様に獣医学部の新設を目指していた京都産業大(京都市)は、構想断念に追い込まれた。加計学園は今年1月20日に獣医学部新設の事業者と認定され、3月末に文科省へ設置認可を申請している。【遠藤拓、宮本翔平】(毎日新聞17年5月24日)』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、民進党や共産党が前川前次官の参考人招致や証人喚問を要求しているという記事を。

『前文科次官の招致、民進が要求へ 加計学園問題

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、内閣府が文部科学省に「総理の意向」などと伝えた文書の存在を認めた前川喜平・前文部科学次官について、民進党の安住淳代表代行は24日の記者会見で、国会での参考人招致を求める考えを示した。週刊文春が同日、ネット上で前川氏のインタビューを報じたことを受けて答えた。25日の参院文教科学委員会で要求する。

 安住氏は「文書はすべて事実だと当時の事務次官が言っている以上、委員会で話してもらった方が良い。菅義偉官房長官が『怪文書だ』というのはウソをついたことになる」として、政府の説明との食い違いを批判。その上で「世の中にとって必要性を感じないものを、自分の友人が経営している大学の学部を作ってやろうということで、無理やり制度を利用したことが証言から分かってくると総理として大きな責任問題になるのではないか」と述べ、今後の国会審議で追及を強める考えを示した。

 一方、菅官房長官は24日の記者会見で「政府としては出所もわからず、信憑性(しんぴょうせい)もない文書だということに変わりはない」と従来の見解を強調。文書の存在を認めた前川氏については「何を言ったかよく分からないが、文科省の調査では(文書は)ないということになっているから、それに尽きる」と述べた。(朝日新聞17年5月25日)』

* * * * *

『加計学園 野党が前次官の参考人招致要求 与党側は応ぜず

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計(かけ)学園(岡山市)が国家戦略特区で獣医学部を新設する計画を巡り、文部科学省が内閣府から「総理のご意向」と早期開学を促されていたことが記された文書について、前川喜平前事務次官が「文書は本物だ」と発言したとの報道を受け、25日午前の参院文教科学委員会で野党が一斉に再調査を求めた。松野博一文科相は「調査した結果、確認できなかった」との答弁を繰り返し、応じない考えを示した。これに先立つ理事会では民進党が前川氏の参考人招致を求めたが、与党側が反対した。

 前川氏の発言について、松野氏は「辞職された民間人の発言なのでコメントする立場にない」と述べるにとどめた。委員会で民進党の斎藤嘉隆氏は、前川氏が文科省と内閣府が特区認定を巡るやり取りをしていた際の現職の事務次官だった点に触れ「もはや『怪文書』として無視できる代物ではなくなっている」と改めて調べるよう訴えた。共産党の小池晃氏は「政府の中でどのような議論が行われたか、前次官の証人喚問を求めたい」と述べるとともに、首相が出席する集中審議を要求した。

 また、小池氏は、国家戦略特区諮問会議が昨年11月に獣医学部の新設を認める規制改革を決定する前日、文科省が学園の計画は「不十分」と省内でやり取りしていたことを示す新文書についても「調査すべきだ」と追及。松野氏は「改めて調査する必要はないと考えている」と答弁した。【伊澤拓也】(毎日新聞17年5月25日)』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 最後に、まだまだ忘れない森友学園問題!(**)

 近畿財務局が、国有地売却の際、不動産鑑定士に、ゴミ撤去のためさらに5億円の値引きを要求したという話が出て来た。<でも不動産鑑定士が「低層、5億円も引けない」と拒否したらしい。>

『財務局、地盤改良費5億円減も要請 森友への売却前評価

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省近畿財務局が、2016年4月に土地の売却価格の評価を不動産鑑定士に頼んだ際、ごみ撤去費8億1900万円に加え、高層建築を想定した地盤改良費約5億円も差し引くよう求めていたことがわかった。当時、学園の小学校は低層の2階建て一部3階建ての設計で着工済みだったが、売却価格が低くなるよう財務局が過大な条件を示した可能性がある。

 国土交通省関係者らへの取材で判明した。財務局から正式に依頼された不動産鑑定士は小学校が低層建築のため、「いくら何でも合理的でないと判断した」として、高層建築用の地盤改良費約5億円は引かなかった。

 不動産鑑定士はまず、この土地で最も需要が高いのは低層の戸建て住宅地としての活用と判断。その際に必要な地盤改良費は「1戸当たり100万円程度」と考慮し、市場価格である「鑑定価格」は、9億5600万円と査定した。

 その上で、ごみ撤去費8億1900万円などを差し引いた1億3400万円を売却価格のもとになる「意見価格」とし、鑑定評価書を16年5月30日に財務局に出した。財務省はこの価格のままで土地を森友学園に売った。財務省の要請通り5億円の地盤改良費を差し引いていた場合、土地は学園に無償に近い形で譲渡された可能性がある。

 不動産鑑定士は、ごみ撤去費の8億1900万円については、国交省の見積もりに依拠したという。以下、有料(朝日新聞17年5月22日)』

『「低層、5億円も引けない」 鑑定士、財務局の要求拒否

 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐり、新たな疑惑が浮上した。着工済みだった学園の小学校は低層建築なのに、財務省側は不動産鑑定士に、高層建築を前提とした軟弱地盤の改良費約5億円を売却価格に反映させるよう求めていた。なぜなのか。

「低層の建物しか建てるつもりがないのに、そこまでは引けません」

 不動産鑑定士は軟弱地盤の改良費について、高層建築を想定した約5億円を市場価格から差し引くよう財務省近畿財務局から求められ、こう答えたという。

 財務局などによると、学園はこの1年前の2015年5月、大阪府豊中市の国有地(8770平方メートル)に小学校を建設するため、この土地を10年以内に買う約束で、財務局と定期借地契約を結んだ。15年12月には、豊中市に建築確認を申請。その後、2階建て一部3階建ての校舎・体育館を現地で着工していた。(朝日新聞17年5月22日)』

* * * * *
  
『鑑定士は「財務局から五億円を引いてくれ、と強要された事実はないが、土地の値段を十億円ぐらいと想定していたので、論外だなと思った」と話している。

 学園が小学校開設を目指していた大阪府豊中市の土地は当時、既に二階建て一部三階建ての校舎が着工済みだった。財務局は、昨年三月に地下深くでごみが出たとの学園側の申告を受け、鑑定士事務所に評価額算定を依頼。その際、高層の建築物を想定して地盤改良費を約五億円と見積もったが、鑑定士事務所は「正常価格は低層の建物を前提にしている」として受け入れなかった。
 結局、事務所が認定した数千万円程度の地盤改良費を差し引き、土地の評価額を九億五千六百万円とはじき出した。

 また、ごみ撤去費用については国土交通省の算定基準に基づいて算出したと説明を受けたため、一定の合理性があると判断。そのまま八億円余りを差し引いて、実際の売却額となった約一億三千四百万円を評価額として出したという。(東京新聞2017年5月22日 夕刊)』

* * * * *

 近畿財務局は、大阪地検特捜部に背任罪で告発されているのだけど。もしこの件も本当であれば、ともかく森友学園に安く、実質、無料orプラスで土地を譲ることを考えていた(=国民の財産を不当に奪おう、減らそうとしていた)可能性が大きいわけで。大阪地検特捜部&心あるメディアには、この辺りも、しっかり調べて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)
 
  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-26 04:58 | (再び)安倍政権について

前次官が加計問題について会見。「文書は確実に存在」「行政がゆがめられた」と発言

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今朝アップした『加計文書、前文科次官が信憑性を証言&共産党が新たな文書入手。安倍関与の疑惑強まる』の続報を・・・。

 安倍首相は、今日25日から昭恵夫人とG7出席のために「イタリアへGO!」したのだが。(29日には帰って来るらしい。)
 その間に、日本では、安倍友の加計学園の問題が、さらに大きな展開を見せている。(・・)

 文科省の前川前事務次官が、週刊文春、朝日新聞のインタビューに応じて、加計学園の獣医学部新設に関して「総理のご意向」などと書かれた文書が「確実に存在した」と証言。

 それでも尚、菅官房長官や松野文科大臣が「文科省の調査の結果、文書が確認できなかった」「総理の意向はない」と言い張るのに耐えられなかったのか・・・。<しかも菅長官は、会見でいかに前川氏が問題のある人物か必死でディスったりして。^^;>

 前川氏は、さらに夕方から、オープンな記者会見を行ない、カメラの前で「あったものをなかったことにできない」「内閣府に押し切られ、行政がゆがめられた」などと語ったからだ。(**)

 野党は前川氏を国会に参考人招致or証人喚問することを要望。前川氏も応じてよいと言っているのだが、与党はこれを拒否している。(-"-)
 与党にこれらを認めさせるには、国民やメディアの強い後押しが必要だ!(**)

 とりあえず、この記事では速報版として、前川氏の記者会見と政府・与野党の反応に関するNHKの報道記事をアップする。<読みやすくするために、小見出しに☆印をつけた。>

* * * * *

『文部科学省前次官が会見「文書なかったことにできない」

5月25日 17時27分 NHK

学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に設置する計画の獣医学部をめぐり「総理の意向だ」などと記された一連の文書について、文部科学省の前川前事務次官が記者会見を開き、「私が在職中に作成され受け取った文書で、確実に存在していた。あったものをなかったことにはできない」と述べて、文部科学省で作成された文書だと主張しました。

国家戦略特区により、学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に来年4月に設置する計画の獣医学部をめぐり、先週、国会でその選考の途中に内閣府が文部科学省に対して「総理の意向だ」などと発言したとする複数の文書の存在が指摘されました。文部科学省は調査した結果、「該当する文書は確認できなかった」と説明しています。

これについて、当時の文部科学省の事務次官だった前川喜平氏が記者会見を開きました。この中で、前川前次官は一連の文書について、「私が在職中に専門教育課で作成されて受け取り、共有していた文書であり、確実に存在していたものだ」と述べて、文部科学省で作成された文書だと主張しました。

さらに、「私が発言をすることで文部科学省に混乱が生じることは大変申し訳ないが、あったものをなかったことにはできない」と述べました。

また、特区制度のもと、今治市と加計学園が選考されたいきさつについては、「結局押し切られたことについて事務次官だった私自身が負わねばならない責任は大きいと思っている」と発言したうえで、「極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた。公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられたと思っている」と述べました。

このほか、「証人喚問があれば参ります」と述べ、国会でも一連の経緯について証言する意向を示しました。

前川前次官は文部科学省の天下り問題の責任をとり、ことし1月、辞任しています。

(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



☆「疑問感じながら仕事」

前川前次官は「国家戦略特区での獣医学部の新設は、当時、事務方の責任者として関わっていたが、その間の行政の関わり方には非常に疑問を感じながら仕事をしていた」と話しました。そのうえで、「まっとうな行政に戻すことができず、結局押し切られたことについて事務次官だった私自身が負わねばならない責任は大きいと思っている」と述べました。そのうえで、文書の存在について「私が在職中に共有していたもので、確実に存在している。文部科学省が調査の結果、文書は確認できなかったとしたのは大変残念だ。あったものをなかったことにはできないと思った」と話しました。

☆「行政がゆがめられた」

前川前次官は「新設が抑制されていた獣医学部については、特区で認めるための4つの条件が閣議決定されているが、今回の今治市の獣医学部はその条件をクリアしているとはいえず、新設をする明確な根拠がない。薄弱な根拠のなかで規制緩和が行われた。公平公正である行政の在り方がゆがめられたと感じている」と述べました。

☆「辞任は自らの意思 恨みない」

前川前次官は「私は天下り問題で責任を持つ立場だった。自分自身の違法行為、監督責任が問われたわけで、引責辞任をしたのは、私の自らの意思である。退職にあたって誰に恨みを持ったことはない」と述べました。

☆最高レベル「総理か官房長官と思った」

前川前次官は文書の中に「総理のご意向」だとか「官邸の最高レベルがいっている」と書かれていたことについて、「官邸の最高レベルは誰のことかわからないが総理や、官房長官のお二方のどちらかなのかなと思った」と話しました。

☆「公正・公平 貫いてほしい」

前川前次官は、「獣医学部の規制緩和は、十分な根拠がないまま赤信号が青信号だと言われているようなものであり、その経緯を示す文書もなかったかのようにするのは黒を白にすると言われているようなものだ」と話しました。さらに、「官邸や内閣府、内閣官房など政権中枢からの意向に逆らえない、そういったことがあると思う。文科省には、公正さ、公平さを貫いてまっとうな仕事をしてほしいと思っている」と話しました。』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

「文書は本物」の証言 文科相「コメントする立場にない」

5月25日 12時18分 NHK

国家戦略特区での大学の獣医学部の新設をめぐり、民進党が指摘している「総理の意向だ」などと記された文書の存在について、松野文部科学大臣は参議院文教科学委員会で、「文書の存在は確認できなかった」と改めて強調しました。
また、一部の報道で前の事務次官が「文書は本物だ」などと証言していることについて、松野大臣は「すでに辞職した方の発言なのでコメントする立場にない」と述べました。

国家戦略特区に指定された愛媛県今治市で計画されている、学校法人「加計学園」が運営する大学の獣医学部の新設をめぐって、民進党は「総理の意向だ」などと書かれた文書の存在を指摘しています。

これについて、25日の参議院文教科学委員会で、松野文部科学大臣は「指摘のあった文書については、文部科学省が該当する文書の存在が確認できなかったとの調査結果を公表している」と述べました。(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



また委員会では、一部の報道で、前川前事務次官が「文書は本物だ」などと証言していることが取り上げられ、民進党の斎藤嘉隆氏は「部下から受け取った説明用の資料で間違いないという前川氏自身の証言が掲載されている。動かしようのない事実だと思うが、大臣の認識を伺いたい」とただしました。

これに対し松野大臣は「一部週刊誌などの内容に関しては、すでに辞職した方の発言なので文科省としてコメントする立場にない」と述べました。そのうえで、松野大臣は、前川氏が在職していた時に、文書の存在については直接的にも間接的にも報告は無かったと説明しました。

さらに民進党が24日、国家戦略特区の諮問会議で獣医学部を新設する方針が決定される前に、内閣府や文部科学省と加計学園の間で打ち合わせが行われたことを示す文書があると指摘したことについて、松野大臣は「大学の設立に関する一般的な相談はありうるが、相談があったかなかったか、公表しているものではない」と述べました。

一方、委員会に先立って開かれた理事会で、民進党は、前川前事務次官を参考人として招致するよう求めましたが、与党側は「応じられない」として、引き続き協議していくことになりました。

☆ 官房長官「総理から指示は一切なかった」

菅官房長官は午前の記者会見で、「文書について、文部科学省が行った調査では存在が確認できなかった。また内閣府が、文書に書かれているような『官邸の最高レベルが言っている』とか『総理のご意向だ』と言った事実はないし、安倍総理大臣からも、そうした指示は一切なかった」と述べました。
そして、記者団が再調査をする考えはないかと質問したのに対し、「文部科学省で適切に対応すると思う」と述べました。

また菅官房長官は、記者団が「前川前事務次官は『行政がゆがめられた』と証言しているが」と質問したのに対し、「全く、そういう事実はない。今回の獣医学部新設は国家戦略特区法に基づく手続きを経ており、行政がゆがめられたという指摘は当たらない。前川氏は、自身が責任者のときにそういう事実があったのなら、堂々と言うべきではなかったか」と述べ、前川氏の証言を否定しました。

さらに菅官房長官は「前川氏は、今回の文部科学省の天下り問題では、当初は責任者としてみずから辞める意向を全く示さず、地位にしがみついていたが、その後の、天下り問題の世論からの極めて厳しい批判などにさらされて、最終的に辞任をされた方だと承知している」と述べました。

☆ 自民 石破氏「行政が公平公正に行われたかが焦点」

自民党の石破前地方創生担当大臣は、派閥の会合で、「行政がすべからく、すべての人に公平公正に行われたかということが焦点であって、スキャンダルっぽく話をすることは、決して政治のあるべき姿だとは思わない。われわれ与党の立場としても、この問題で国民の信頼を損ねることがないように努力していきたい」と述べました。

☆ 公明 漆原氏「前次官の言葉は重いが判断基準にならない」

公明党の漆原中央幹事会会長は、記者会見で、「前事務次官という要職にあった方の言葉だから、重い言葉であることは間違いない。ただ、どのようないきさつで発表されたのか背景が分からないので、今回の証言をもって、文書が本物かどうかを判断する基準にはならない」と述べました。

☆ 共産 小池氏「前事務次官の証人喚問を要求」

共産党の小池書記局長は記者会見で、「この問題を放置すれば一部の人たちに国家が私物化されているという疑惑がどんどん広がる。政府・与党は、そういう事態を、よしとしていいのか。真相解明に背を向ける松野文部科学大臣の姿勢は許せないし、菅官房長官の姿勢も断固、糾弾したい。真実のみを語る場で、きちんと話してもらうため、文部科学省の前川前事務次官の証人喚問を要求するとともに、国会で、安倍総理大臣の出席を求め集中審議も行うべきだ」と述べました。』

* * * * *

 この加計学園の問題は、森友学園の件よりも露骨に(忖度を超えて)安倍内閣の力が働いている可能性があるし。ここで安倍内閣の不正を明らかにできるかどうかで、日本の国政が大きく変わって来るだけに、自分なりにこの問題をしっかり追いかけたいと思っているmewなのだった。(@@) 
 THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-05-25 18:56 | (再び)安倍政権について

加計文書、前文科次官が信憑性を証言&共産党が新たな文書入手。安倍関与の疑惑強まる

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【英国マンチェスターで22日夜、アリアナ・グランデのコンサートが開かれていた「マンチェスター・アリーナ」で自爆テロ事件があり、8歳の少女を含む22人が死亡、59人が負傷したという。亡くなった方に哀悼の意を、また負傷者にお見舞いの気持ちをお送りしたい。
 ただ、もちろんこのようなテロ事件を防ぐことは大切なことだが。今、国会で審議されている「共謀罪」は過剰、不要なものなので、そこのところは分けて考えて欲しいと思うです。(-"-)>

 今回は、『加計文書~関係者が信憑性、存在を証言するも、文科相は形式的調査で文書の存在を否定』の続報を・・・。

 加計学園の問題が、新たな展開を見せている。(@@)

 共産党が23日、安倍内閣が加計学園だけが獣医学部を申請できるような変更を行なったことを示す、内部文書を入手して、公表。

 さらに、昨年まで文科省TOPだった前次官が、この文書の存在を証言したのである。(・o・) 

 この加計学園の文書がリークされた背景には、安倍官邸と文科省の対立があると言われている。(++)

 というのも、もともと文科省は、加計学園の18年開学はムリだと考えていた(麻生副総理も反対だったらしい)のに、安倍内閣が強引に早期の開学を強いたことに立腹していたし。
 しかも、安倍内閣が文科省の天下り問題で、自分たちに従順ではない人たちを中心にして、責任をとらせた(&辞めさせられた)ことを恨みに思っている人が少なからずいるからだ。^^;

 22日に、急に誰かさんが熟読を要望している読売新聞が、前川前文科次官のバー通いを報道したのも、官邸が、前川氏が外部にアレコレ発言しないように、けん制するために行なったと見る人が多い。(~_~;)

 ここで前川氏が思い切って外部に証言を始めたことで、この件は「安倍首相vs.野党」だけでなく、「安倍官邸vs.文科省の一部」にも発展。今後、文科省からさらなる資料や情報が出て来る可能性も大きくなったし。真相の解明や書類が本物であることの証明がしやすくなるのではないかと期待している。(**)
<他にも色々な省庁や大臣、議員が絡んで、結構、複雑な様相を呈しているのよね。^^;>

* * * * *

 まず、共産党が新たな内部文書を入手した話を。

 ちょこっとだけ前提となる話を書くなら・・・。日本では獣医師会の反対もあって、50年以上、新たな獣医学部が作られていない。
 そんな中、安倍首相の親しい友人が理事長を務める加計学園が、同学園が経営する岡山理科大の獣医学部を今治市に建設したいと要望。他方、京都産業大も獣医学部の新設を目指していたものの、なかなかOKが出ずにいた。(・・) 
 
 加計学園が獣医学部新設に行き詰っていたところ、安倍内閣が15年に戦略特区制度を設け獣医学部を作る地域を設定したことで、加計学園が申請可能になったのだ。<前回、公開された文書では、「総理の意向」「官邸のトップレベルが言っている」などと書かれていた。^^;>

 そして、共産党が新たに入手した文書は、原案では、「獣医師系養成大学等のない地域」に認めるとされていた文が、、「“広域的に”獣医師系養成大学等のない地域に限る」などと変更されており、実質的に加計学園しか獣医学部の申請ができないように条件を絞ったことがわかるとのこと。(・・) <大阪に獣医学部があるので、「広域」と記されると、京都にある大学は申請しにくい。>

 また、共産党は関係者が加計学園の岡山理科大獣医学部の早期開学計画を練っている際に作ったと思われる「今後のスケジュール(イメージ)」と題した文書も入手している。(@@)、
 この文書には、赤字で「教員確保や施設設備等の準備が間に合わない可能性」と文科省が懸念する意見が添えられているという。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『加計学園問題 共産党が“内部文書"を入手

 安倍首相の友人が理事長を務める学校法人・加計学園の獣医学部開設を巡る問題。共産党は、政府が加計学園に有利になるよう許可の条件を変更した可能性を示す内部文書を入手したとして追及した。

 共産党が政府関係者から入手した内部文書によると、当初、獣医学部の新設条件については「獣医師系養成大学等のない地域」に認めるとされていたが、その後、「“広域的に”獣医師系養成大学等のない地域に限る」などと変更されたという。当時、京都産業大学も獣医学部新設を希望していたが、共産党の小池書記局長は認可条件の変更によって事実上、京都産業大学が排除される結果になったと指摘した。

 共産党・小池書記局長「大阪府立大学に獣医学部があるがために京都産業大学は断念せざるを得なくなった。加計学園に一本化されたわけです。まさに加計学園に獣医学部を新設させるための決定だった」

 山本地方創生担当相「今治市や加計学園ありきで制度を改正したわけではありません。空白域に限るとしたのは、感染症に対する水際対策を担う産業動物(獣医)師に地域ごとの偏在がある、確保が困難な地域もあると」

 山本地方創生担当相は、条件の変更はあくまで獣医師の空白地帯の解消を目指したものだったと強調した。共産党は認可に関わった当時の担当者の参考人招致などを求めなるなど追及を強める方針。(NNN17年5月22日)』

* * * * * ☆

『安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園(岡山市)が、政府の国家戦略特区制度を活用し、愛媛県今治市で進めている獣医学部新設計画を巡り、共産党の小池晃書記局長は22日、学園の選定が前提だったことをうかがわせる工程表とみられる文書を政府関係者から入手したと明らかにした。

 共産党によると入手したのは複数の文書。このうち、「今後のスケジュール(イメージ)」と題した文書には、2016年10月に「第2回今治市分科会、区域会議、国家戦略特区諮問会議(方針決定)」、同12月に「第3回今治市分科会(応募事業者の方針への適合確認)」、17年1月に「区域計画を内閣総理大臣認定」、18年4月に「開学」などと、手続きが時系列で記載されていた。(共同通信17年5月23日)』 

* * * * * 

『加計学園に有利に加筆 獣医学部設置決定案に

(前略)小池氏が示した文書は、政府の国家戦略特区諮問会議(議長・安倍首相)が昨年十一月九日に「獣医学部設置の制度改正」を決めた決定文の原案に文部科学省が修正を求めたもの。
 文書で文科省は、獣医学部新設で「既存の大学・学部では対応が困難な獣医師養成の構想が具体化」など内容に条件を課す修正を求めた。修正理由には「(加計学園が計画する)今治市の構想が適切であることを示す」とも指摘した。だが、実際の決定文では要求は却下され、逆に原案の「獣医師系養成大学等の存在しない地域」との地域的条件に「広域的に」「限り」の二つの文言が挿入された。

 小池氏はこれにより、当時、獣医学部新設を希望しながら同じ関西圏に獣医学部がある京都産業大学の可能性を完全に排除し、獣医学部がない四国に計画する加計学園に事実上決定した、と指摘した。
 国家戦略特区を所管する山本幸三・地方創生担当相は文書の確認を避け「地域を限定することが適当だと私が判断した。加計学園ありきではない」と答えた。
 
 小池氏は文科省が作成したとする「今後のスケジュール(イメージ)」との資料も提示。昨年十月から来年四月の開学予定に至る政府内の大まかな段取りが記載され、赤字で「教員確保や施設設備等の準備が間に合わない可能性」と文科省が懸念する意見が添えられている。
 「官邸の最高レベルが言っている」などと内閣府が文科省に対応を求める日時や出席者が特定された文書を入手したとも説明した。(東京新聞17年5月23日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ところで、この加計学園に関する文書について民進党が国会で質問したのは、先週17日のことなのだが・・・。
 22日に、読売新聞が、天下り問題の責任をとって辞任した前川前次官に関して、いきなりこんな記事を掲載したのだ。(・o・)

『辞任の前川・前文科次官、出会い系バーに出入り

 文部科学省による再就職あっせん問題で引責辞任した同省の前川喜平・前次官(62)が在職中、売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが関係者への取材でわかった。
 教育行政のトップとして不適切な行動に対し、批判が上がりそうだ。

 関係者によると、同店では男性客が数千円の料金を払って入店。気に入った女性がいれば、店員を通じて声をかけ、同席する。
 女性らは、「割り切り」と称して、売春や援助交際を男性客に持ちかけることが多い。報酬が折り合えば店を出て、ホテルやレンタルルームに向かうこともある。店は直接、こうした交渉には関与しないとされる。(読売新聞17年5月22日)』

 同じく安倍機関紙系の産経新聞や夕刊フジも、も「読売が~」とこのニュースを追随していたのだが。(*1)

 この記事を見て、「あれれ?もしかして、加計学園の問題に関する口封じかな~?」と思った人は、少なからずいたのではないかと察する。(・・)

* * * * *

 案の定、前川前次官は、例の文書の信憑性について週刊文春のインタビューに応じていたとのこと。(25日発売予定)

『文科次官「文書は本物」=新獣医学部「総理の意向」―週刊誌報道

 安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に大学の獣医学部を新設する計画をめぐり、文部科学省が内閣府から「総理のご意向」と伝えられたなどとする文書に関し、前川喜平前文科事務次官が「間違いなく本物」と話したとする記事が、25日発売の週刊文春に掲載されることが分かった。
 
 記事によると、前川氏は同誌の取材に対し、「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと記載された一連の文書について「私の手元にあるものと全く同じ」「大臣や次官への説明用として担当の高等教育局専門教育課が作成したもの」などと答えたという。
 文科省はこれらの文書について調査し、19日に「該当する文書の存在は確認できなかった」と発表している。(時事通信17年5月24日)』 

 さらに、朝日新聞の取材に対しても『「自分が昨年秋に、担当の専門教育課から説明を受けた際、示された」と証言。獣医学部の新設については、加計学園を前提に検討が進んだとして、「行政がゆがめられた」』と語っていたとのこと。
『「総理のご意向」「官邸の最高レベル」などの文言について「誰だって気にする。(文科省側が)圧力を感じなかったといえば、うそになる」と述べた』という。<朝日5.24。こちらも25日朝刊に記事が掲載される予定らしい。>

* * * * *
 
 民進党は25日に前川次官を国会に招致することを要請したのだが。与党が難色を示しているとのこと。(-_-)

 もし前川前次官が、国会などの公の場でも文書の信憑性や当時の経緯などを語ってくれれば、安倍首相&自民党を窮地に追い込める可能性があるだけに、是非、前川氏にも野党にもメディアにもガンバって欲しいと願っているmewなのだった。o(^-^)o

 THANKS 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]

by mew-run7 | 2017-05-25 04:46 | (再び)安倍政権について

共謀罪、おぞましかった強行採決。金田の答弁、維新アシスト+公明党が反対しない理由

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日24日、「平成の治安維持法」となる共謀罪法案が、自公維3党の賛成多数で衆院本会議を通過した。(-"-)

 03年に最初に法案が国会に提出されてから、06年まで3回廃案に。06年には、衆院の委員会で強行採決の直前まで行ったものの、野党や反対派の識者や国民の激しい抵抗、良識ある慎重派の自公議員のアシストもあり、当時の小泉首相にも迷いが生じた様子。

 05年の郵政総選挙の翌年で、衆参とも数の力は十分にあったし。最後は民主党の対案を丸呑みしてでも法案を成立せようという案まで出たのだが。
 小泉首相は「私は『平成の治安維持法』を作った総理になりたくない」と言って、強行採決にGOサインを出さず。06年の審議でも廃案が決まったという。(・・)

 この時は既に当ブログを始めていたのだが。当時は、非ウヨ系(中道~リベラル系)のブログはほとんど存在しなかったこともあって、ヨコのつながりが強く・・・。
 共謀罪の採決が見送りとなったことを知って、速報記事を出し、みんなで安堵し合ったものだった。"^_^" <もう10年以上前の遠い過去なのね。 (ノ_-。) 『共謀罪は先送りで、小泉氏に感謝?・・・小沢氏は「カッコいい終わり方にはならない」と発言』 『【速報版】 2日の共謀罪の審議・採決は民主党欠席で、見送りか?』>

* * * * *

 それから11年・・・。その間も、06~7年の安倍一次政権も含め、何度も共謀罪が国会に提出されるのではないかとの話が出て、当ブログでも、その度に警戒警報を出していたものなのだが。幸いにここまで、何とか逃れて来たのだけど。<その意味では、安倍首相&タか派仲間にとっては、前政権から残っていた大きな宿題だったのよね。(-"-)>
 
 正直なところ、mewは、今度、法案が提出された時には、ダメだと思っていた。_(。。)_

 国会情勢で言えば、安倍自民党が、国会で「一強多弱」の状態を維持しており、自民党内でももはや良識派はほとんど存在しないor問題を感じても、声を上げようとしないし。しかも今回は、これまで強く共謀罪に反対していた公明党もOKしてしまったからだ。(-"-)
 また、今では堂々と自公維とセットで呼ばれる「連立よ党」となった維新の会のアシストもあった。(ーー) <安保法案の時もそうだったね。(>_<)>

 でも、mewは、06年との最も大きな違いは、野党はそれなりに抵抗を試みたものの、メディアや識者、国民の反応が鈍かったという点にあると考えている。^^;
 実際、安倍首相に近い人が(mewは安倍首相自身の言葉ではないかと思うが)、「今回は、安保法制とか特定秘密保護法の時より騒がれていないね」と話していたという。(TBS24日)

 この辺りは改めて書きたいが、安倍首相は既に秘密保護法案、安保法案と野党や国民の多くが反対する法案を強引に成立させて来たし。問題のある政策を行ない、いくつも失敗しているにもかかわらず、国政選挙も大勝し続け、支持率もほとんど落ちず、5年めにはいっても50%以上をキープしているわけで。そりゃあ、多少、やりたい放題やっても大丈夫だろうと、国民をなめてしまっても致し方あるまい。(ーー)

<共同通信社が20、21両日に実施した全国電話世論調査によると、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に関し、政府の説明が十分だと思わないとの回答が77・2%に達したんだって。(・・)>

* * * * *

 あとmew個人としては、安倍首相がよりによって、刑法や共謀罪に関する知識や思考能力、答弁能力がほとんどなく、ずっと酩酊状態にあるような話し方をしていた金田法務大臣に共謀罪を担当させ、強い批判があっても使い続けていたことは、国民を侮辱、愚弄する&バカにしている行為だと思うし。あんな大臣の下で、まともな議論も行なえないまま、衆院通過してしまったかと思うと、泣きたくなるぐらい情けなく感じてしまうところがある。 (ノ_-。) <てか、最近、金田大臣の異常としか言えないようなボケ~ッとした顔を見ると、腹が立って来るんだよね。(`´)>

 また、19日の衆院法務委員会での強行採決は、ちょうど審議時間が予定していた30時間を超えた時に、維新の会の丸山穂高議員がやおら「もういいでしょう、これまでもう30時間以上質疑してきました。これ以上ピント外れのね、質疑ばっかり繰り返し、足を引っ張ることが目的の質疑は、これ以上は必要ない」とか言い出して。それをきっかけに、行なわれたことも、イヤ~な気分にさせられた。<この丸山議員っていうのが、またいかにも松下政経塾上がりの(自分は優秀だと思い込んでいるような)生意気なガキって感じなのよね。^^;>

 せめて、これで維新の会が、野党ではなく「よ党」、野党のふりをした自民党の別働隊、サポート政党でであることを、ひとりでも多く国民が認識するきっかけになってくれればと思う。(・・)

* * * * * ☆

 これは、19日の法務委員会の記事だが。mewはこの光景に、ある種のおそましさえ感じたので、あえて載せておきたいと思う。(@@) <関連記事*1に>

『「共謀罪」採決を強行、衆院委 自・公・維で可決

 「共謀罪」の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する法案について、自民・公明・維新は19日、衆議院の法務委員会で採決を強行しました。

 「テロ等準備罪」を新設する法案を審議してきた衆議院法務委員会。審議時間は与党が採決の目安と主張する30時間を、19日に25分超えました。すると・・・

 「もういいでしょう、これまでもう30時間以上質疑してきました。これ以上ピント外れのね、質疑ばっかり繰り返し、足を引っ張ることが目的の質疑は、これ以上は必要ない」(日本維新の会 丸山穂高 衆院議員)

 衆院法務委員会で審議されてきたテロ等準備罪を新設する法案。審議は19日、大きな節目を迎えました。

 「簡単な事案です。テロ組織が水道水に毒物を混入することを計画し、実際に毒物を準備した場合、現行法で処罰が可能ですか不可能ですか」(民進党 山尾志桜里 衆院議員)

 「準備しただけでは処罰はできない。このように考えております」(金田勝年 法相)
 民進党の山尾議員が挙げた例に、こう答えましたが、さらに詰められると・・・

 「実際に致死性がある毒物を準備した場合、客観的に相当な危険が認められる場合は“皆無だ”ということですか」(民進党 山尾志桜里 衆院議員)

 「“皆無だ”とは申し上げておりません。成立しない場合があるということを申し上げている」(金田勝年 法相)

 またも答弁がぶれました。

 「どうしてLINEなど証拠収集をしても国民の人権侵害にならないと、お考えですか」(民進党 山尾志桜里 衆院議員)

 「一般の方々や正当な活動を行っている団体が、テロ等準備罪の適用対象となることはありません」(金田勝年 法相)
 金田法務大臣は「一般の方々や団体を監視することはない」と強調しましたが、山尾議員は「共謀罪が成立して捜査の開始が話し合いの段階に前倒しされたら何が起こるのか」と反論。しかし、法案の修正協議で与党側と合意した維新の会の丸山議員は民進党などを暗に批判し、もう採決すべきだと主張しました。

 「今この委員会室、人があふれています。まさか、この後、詰め寄ってプラカード掲げたり、そんなこと考えているわけじゃないと思いますが、しっかり静かに聞いていただきたい」(日本維新の会 丸山穂高 衆院議員)

 「プラカード用意していたら強行採決じゃないよね」(民進党幹部)

 民進党の議員らが委員会室に集まり始めますが、これまで抗議の際に用いてきた「プラカード」を掲げる議員はいませんでした。そして、怒号が飛び交う中・・・

 自民・公明・維新の3党は採決を強行、賛成多数で可決しました。

 「これが法治国家なんですか、ひどい話だ。しかも法律全般を所管する法務委員会で、こんなバカなことが行われて」(民進党 逢坂誠二 衆院議員)

 一方、金田法務大臣は・・・

 「今までも誠実に説明をしてきたつもりであります。でも、やはり議論については平行線の部分というのがあろうかと思います」(金田勝年 法相)

 与党側は来週23日に衆院を通過させる方針で、論戦の舞台は参議院へ移る見通しです。(TBS17年5月17日)』(関連記事を*1に)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 それから、mewは、何でずっと強く反対して来た公明党が、意外に簡単にOKしたのか、チョット不思議に思っていたのだ。(@@)

 というのも、公明党の支持母体である創価学会は、戦時中に天皇や軍事に関する政治的な思想に問題ありとして弾圧を受け、牧口会長など幹部が治安維持法で逮捕されることに。会長は獄死している(拷問やひどい処遇を受けたと言われている)こともあって、これまで「平成の治安維持法」とも言える共謀罪への抵抗が強かったのからである。^^;

 しかし、日刊ゲンダイの14日の記事を読んで、「あ~、なるほどね~」と、妙に納得してしまった。創価学会の中にも、もはや過去のことにぴんと来ず、共謀罪に関心のない人が増えているのである。^^;

『創価学会員50人に聞いた 「あなたは共謀罪に賛成ですか」
2017年5月14日 日刊ゲンダイ

 内心を罰することから、平成の治安維持法ともいわれる「共謀罪」。戦時中、創価学会初代会長の牧口常三郎氏と、2代目会長の戸田城聖氏は、治安維持法違反で投獄され、牧口氏は終戦直前に獄死した。

 支持団体がそんな歴史を持つのに、公明党は自民と維新とタッグを組んで、18日に共謀罪の衆院採決を強行する気だ。創価学会の人々は共謀罪をどう見ているのか――。本紙記者は12日、創価学会総本部をはじめ、関連施設が集中するJR信濃町駅周辺で、学会員を直撃。20~80代の男女50人(男18人、女32人)から回答を得た。

■「皆、ピンときていない」

「中身がよく分かりません。公明党は賛成しているのですか」(50代女性)、「知らん。興味ない」(60代男性)、「名前は聞いたことがある」(20代男性)。

 意外にも圧倒的多数は「分からない」で、38人にも上る。熱心な選挙運動を展開する学会員にしては、あまりにも“ノンポリ”である。

「外からは学会は“一枚岩”に見えるでしょうが、左から右までいろんな人がおり、政治テーマを常に散々議論しています。一昨年の安保法案は、戦争に関係する話で婦人部も敏感でした。私も時間がかかったが、公明党の説明を何とか納得した。ただ、共謀罪は学会内で話題にすらなっていない。テロ対策など自分には関係ないと思っていて、皆、ピンときていない。私も詳細を知りません」(60代男性)

 賛否を鮮明にした人のうち、「TOC条約に加盟して、国際的にテロ対策をできるようにすべき」(70代男性)、「五輪もある」(40代女性)など賛成は7人。一方、「対象がテロ以外にも広がりそう」(30代男性)、「もっと議論すべき。今国会で成立させる必要はない」(70代男性)など慎重派は4人いた。

 そんな中、断固反対が1人いた。戦前生まれの80代男性だ。

「共謀罪は絶対ダメだ。ちょっとでも怪しい国民を見つけたら、憲兵や特高がやってきて捕まえる。やりたい放題です。私は小さかったが、当時の雰囲気を今でも覚えていますよ。牧口、戸田先生だけではない。ほとんどの宗教は治安維持法でやられました。若い人には分からないのでしょうか」

 やりきれない表情でそう嘆いていた。創価学会内が“圧倒的無関心”の中、共謀罪は成立しようとしている。牧口初代会長は草葉の陰で何を思うだろうか。』<本当にね~。ある意味では、自らが犠牲になる形で、平和と福祉の政党を立ち上げるに至ったのにね~。(-_-)>

* * * * *

 それでも、公明党は都議選直前に参院で強行採決するのは抵抗があるようで(委員長が公明党の議員だしね)、大幅に国会延長して都議選後の採決を望んでいるようなのだが・・・。

 安倍首相らは、国会を延長することで、共謀罪への反対が強まったり、加計学園のことで攻められる時間が増えたりすることを案じて、大幅延長には難色を示している様子。
<別立てで取り上げるが、国連の特別報告者が人権抑制を懸念して書簡を送って来るなど、反対が広がりそうな気配があるし。都議選で大敗した後、国会をやると勢いも弱まっちゃうだろうしね~。^^;>
 
 こうなったら、せめて公明党には大幅延長でガンバってもらって。その間に、ひとりでも多くの人に共謀罪や安倍政治の問題点への関心を持ってもらえるようにできるといいな~と、はかない希望を抱いているmewなのだった。(@@)

  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]

by mew-run7 | 2017-05-24 06:52 | 共謀罪、教育基本法改正