「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍や麻生には10ー30代の..
at 2018-04-27 05:41
枝野「国民が怒らないと!」~..
at 2018-04-26 09:24
下村、安倍おろしのメディアを..
at 2018-04-25 04:51
下村、記者がハメたと「犯罪」..
at 2018-04-24 05:30
セクハラ問題で火に油~世間と..
at 2018-04-23 01:51
新潟知事、醜聞で2人連続アウ..
at 2018-04-22 04:59
柳瀬の面会予定メールが文科省..
at 2018-04-21 06:18
自衛官、議員に「国民の敵」と..
at 2018-04-20 00:36
女性記者、セクハラ次官に一刺..
at 2018-04-19 06:33
セクハラ発言~福田次官、財務..
at 2018-04-18 11:12

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

肥満予防がガン発症抑制の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本人拉致問題は起きては..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
党名に恥じない国民の党に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍内閣は総辞職し・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
保育園利用出来ない人が未..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2000年代は異常気象の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
首都圏で江戸時代に噴火し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公人の女好きは困ったもの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
現代では考えられないこの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民のためだ、疑惑続きの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん4月26日5:..
by xtc4241 at 05:42
「闘将星野に続くことわず..
by 豊岳正彦 at 08:11
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44
mewさん3月14日5:..
by xtc 4241 at 05:45
mewさん3月10日4:..
by xtc4241 at 04:34
mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54

ブログパーツ

タグ

(1289)
(767)
(649)
(463)
(287)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(162)
(159)
(156)
(152)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

<   2018年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

安倍、スパコン追及でキレる?~野党がモリカケに加え、茂木線香、スパコン、ジャパンライフ問題も追及

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   
 あらら~、もう1月31日だ~。 (・o・) <今年にはいって、1ヶ月も生活、仕事した感覚が全くないんだけどな~。^^;>

【テニス男子・・・右手首の腱の負傷で5ヶ月間、ツアーを休んでいた錦織圭が下部大会で復活。23日、1戦めのニューポートビーチ大会では、新しいラケットの感覚や試合勘がイマイチで(おそるおそる、自信なさげにやってた感じ)、200位台のノボビッチ(米)にフルセットで負けてしまった。(-"-) <リードしても勝ち切れず。ただ相手も調子よくて、50位ぐらいのプレーをしていた感じ。>
 29日、2戦めのダレス大会の1回戦は、またまたノボビッチとやることに。^^;でも、今回は落ち着いてプレーして、しっかりとストレートで下し、復帰後の初勝利を飾った。(^^♪<178年ぶりの公式戦勝利だって。 (・・)>

 1戦目から何か打ち方がちょっと違うな~と思ってら、手首の負担を軽くするため、ラケットを軽くすると共に、いつもはビンビンの50ポンド台で張ってるガットを、今はかなり緩い30度台まで落としているとのこと。(素人女性と同じくらい?)
 もう手首も100%大丈夫とのこと。2戦めはラケットのコントロールもよくなってたようだし。この張りでやる錦織のプレーも面白いかも知れない。来月には、本ツアーで勝てるように、ガンバです。o(^-^)o】

* * * * *

今年の通常国会、野党側がモリカケ問題に加えて安倍内閣を追及しようとしているのが、茂木(線香)、スパコン、ジャパンライフ問題である。(**)

<後述するように、昨日、安倍首相は、お友だちのジャーナリストが関わっているスパコン問題について追及され、ちょっと声を荒げる場面もあったりして。 (@@)>

 個々の問題については、追々書いて行くとして。まずは、3つの問題の質疑について触れた記事を見てみよう。

『<衆院予算委>線香・スパコン・ジャパンライフ、野党追及

野党が追及する新たな「3点セット」

 野党は30日の衆院予算委員会で、(1)茂木敏充経済再生担当相の秘書らが地元選挙区で有権者に線香を配布していた問題(2)スーパーコンピューター開発企業による国の助成金詐欺事件(3)多額の負債を抱えて事実上倒産した「ジャパンライフ」(東京)問題--の3点で、政権を追及した。昨年から続く森友・加計問題にとどまらず、担当閣僚らの疑惑や不手際を相次いで指摘して揺さぶる構えで、安倍晋三首相や閣僚が答弁に追われた。【樋口淳也、真野敏幸】

 ◇経済再生相、議員辞職要求も

 「私自身は配っていない。秘書を含め政党支部の関係者が配布した」。茂木氏は30日の予算委で、線香と衆議院手帳を配ったのは秘書らだったとして自らの関与を否定。29日は「線香に自分の名前は入っていない」として公選法違反に当たらないと釈明した。

 希望の党の今井雅人氏は30日の質疑で「氏名を表示し、または氏名が類推されるような方法で寄付してはならない」とする公選法の規定を挙げ、「(有権者は)茂木氏の秘書だと認識して受け取ったと考えられる」と疑問視。泉健太国対委員長は記者団に「どう考えてもアウトだ」と茂木氏の閣僚辞任や議員辞職を求めた。立憲民主党も「不可解で疑問点が多い」(辻元清美国対委員長)と厳しく追及する方針だ。

 一方、公選法を所管する総務省は30日、氏名の表示のない政党支部からの寄付を秘書らが持参することは「ただちに氏名が類推される方法とは言えない」とする見解を示した。希望の玉木雄一郎代表は「(茂木氏への)そんたくだ」と反発した。(下につづく)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 ◇経産相、そんたくは?

 スパコン問題では、今井氏が補助金審査に関し「政治家の関与」があったかどうかをただした。世耕弘成経済産業相は審査に関わった外部有識者に調査した結果、56人中52人から回答を得て、「政治家による働きかけは確認されなかった」と語った。

 逮捕されたスパコン開発企業「ペジーコンピューティング」の社長は、デフレ脱却や経済再生を議論する内閣府の有識者会議の委員を務めたこともある。このため通常国会の開会前から、野党側は麺類になぞらえて「もり(森友)、かけ(加計)、スパ」と呼び、首相らに対するそんたくから出た「国政私物化の疑惑だ」(共産の志位和夫委員長)と位置付けてきた。

 立憲、希望、民進の3党は関係府省からヒアリングも実施した。30日には、文部科学省所管の科学技術振興機構が、同社の関係会社に対してだけ、「原則50億円以下」の基準を超える無利子融資を行っていたことも判明。事件の先行きは不透明になってきた。

 ◇消費者相、官僚が天下り

 ジャパンライフ問題に関し、消費者庁の川口康裕次長は30日の予算委で、同社顧問として天下りした同庁の元課長補佐が、2014年4月から15年2月ごろまで同社の行政処分を担当していたと明らかにした。ただ、江崎鉄磨消費者行政担当相は、消費者庁が同社に対して行った異例とも言える4回の行政処分について「元職員の再就職が影響を与えた事実はない」などと釈明に追われた。

 希望の大西健介氏は「(ジャパンライフに)もっと迅速な処分をしていればここまで被害は拡大しなかった。天下りが消費者庁の初動を遅らせたのではないか」と批判。同社幹部が加藤勝信厚生労働相と会合を持ったり、首相主催の「桜を見る会」に招待されたなどと宣伝していたことも指摘した。加藤氏は「私の知らない形で(同社の資料に)掲載され、抗議した」と反論した。(毎日新聞18年1月30日)』

<ジャパンライフは、自民党の閣僚や幹部が広告に使われているという話もあるんだよね~。^^;>

* * * * * 

 尚、茂木大臣は、衆議院手帳を有権者に配ったことも認めている。 (・・)

 「衆院手帳」配布を茂木氏が認める

 茂木敏充経済再生担当相は30日の衆院予算委員会で「衆議院手帳」を選挙区内の有権者に配っていたことを認めた。自身の政治資金団体が手帳を購入して政党支部に寄付し、政党支部が配ったと説明。「支部が政治活動として配布している」と述べた。立憲民主党の本多平直氏への答弁。

 茂木氏は週刊誌が報じた秘書による有権者への線香の配布も認めている。公職選挙法は公職の候補者が役員を務める団体などの寄付行為について「氏名が類推されるような方法でしてはならない」と定めている。(産経新聞18年1月31日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 ちなみに、スパコン問題とは・・・スーパーコンピューター開発を手がけていた「ペジーコンピューティング」社が政府系の助成金の不正受給を受けていたことで社長が詐欺容疑で逮捕。(政府系から多額の融資も受けている。)社長が安倍晋三首相と懇意の元TBS記者・山口敬之氏と親密であるとか、麻生太郎財務大臣とも会ったことがあるとか言われていて。政界や経産省との関わりが問題視されているということなのだけど・・・。<以前ブログに書いたと思うのだけど、リンクつけようとしたら、見つからない。アップし損ねたのかな~?(~_~;)>

 昨日、野党がアベ首相に、スパコン問題に絡んで、アベ友と呼ばれている記者などに関して質問をしたところ、安部首相がちょっとキレたのである。(@@)

『野党、スパコン事件で政権追及=安倍首相「週刊誌頼み」と反撃―衆院予算委

 30日の衆院予算委員会で野党側は、スーパーコンピューター開発会社の助成金詐欺事件などを取り上げ、政権中枢と近いとされた元民放記者との関係を追及した。

 安倍晋三首相らと利害関係者の「親しさ」が疑惑を増幅した森友学園や加計学園の問題と構図が似ており、野党は色めき立つ。しかし、週刊誌報道を基にした質問は相変わらずで、どこまで切り込めるかは今後の展開次第と言えそうだ。

 「政治家の関与はないのか」。希望の党の今井雅人氏は首相らを再三ただした。

 事件は、スパコン開発会社「ペジーコンピューティング」の社長らが経済産業省所管法人から助成金を詐取したとして、東京地検特捜部に先月逮捕された。首相や麻生太郎副総理兼財務相との親密な関係を指摘された元民放記者がこの会社社長と懇意にしていたとされる。野党は、首相らの意向が役所側に働いた可能性を念頭に質問した。

 これに対し首相は「具体の予算執行は所管大臣に聞いてもらいたい」と答弁を回避。麻生氏は社長の著書を読んで「えらい関心を持った。ぜひ見せてほしいとこちらから申し上げた」と明かした。実際、麻生氏が2016年7月に社長の案内でスパコンを視察したことが理化学研究所のホームページに掲載されている。

 ただ、世耕弘成経済産業相は助成金支給の審査に携わった専門家らに聞き取りをした結果、「現時点で確認できる範囲で政治家の関与はなかった」と援護射撃した。

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが元記者から性的暴行を受けたと主張している問題も取り上げられた。伊藤さんによると、警視庁は準強姦(ごうかん)罪で元記者の逮捕状を取得したが、直前になって上層部の指示で取りやめたという。

 希望の柚木道義氏は「元記者が政権中枢に近いから(事件は)もみ消されたとの疑惑がある」と指摘。「元記者が捜査対象だと知っていたか」とたたみ掛けたが、首相は「一般の捜査の状況についていちいち報告を受けることは基本的にない」と否定。元記者との関係を執拗(しつよう)に問われた首相が「週刊誌の報道を基に質問しているのだろうが、直接当たって事実を確かめた上で質問してほしい」と声を荒らげる場面もあった。 (時事通信18年1月30日)』 

 安倍首相がちょっとムキになって声を荒げる時、またやや早口で&悪い滑舌でまくし立てる時には、自分にとって都合が悪いor面倒な問題をきかれていることが多いような気が・・・。 (・・)

 でもって、モリカケと共に、茂木、スパコン、ジャパンライフの問題もしっかり追及して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-31 13:38 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

政府が日当5万で地元民を雇い、反対派を警備。安倍のえげつない辺野古推進&反対派潰し


 これは30日、2本めの記事です。

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   

 
 2月4日に投開票を迎える沖縄県の名護市長選では、各陣営ともかなり力がはいっている様子。
自民党は、三原じゅん子氏や小泉進二郎氏などを選挙応援として派遣し、若い世代の票獲得を狙っているという。 (・・) <金・土曜日には閣僚級が乗り込むかも。>

 今回の大きな争点は「辺野古移設」と「地域振興策」。地元では、辺野古移設に反対の住民が多いものの、地域経済が低迷していることから、自民党のバラまき振興政策に期待を寄せる人も増えているようだ。(~_~;) <名護市民の平均収入は192万円で、なかなか増えないため、市民も困っている。>
 
『朝日新聞社と琉球朝日放送が28、29の両日に実施した沖縄県名護市長選(2月4日投開票)の情勢調査では、基地問題などについての世論も聞いた。それによると、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古に移設することに「反対」は63%で、「賛成」の20%を大きく上回った。辺野古では昨年4月から工事が本格化しているが、市民の反対は依然根強い。(中略)

 こんどの市長選で投票先を決めるとき、何を最も重視するかを四つの選択肢から一つ選んでもらうと、「普天間飛行場の移設問題」が41%、「地域振興策」39%でほぼ並び、「経歴や実績」8%、「支援する政党や団体」5%が続いた。4年前の調査の同じ質問で最も多かったのは「移設問題」56%、次いで「地域振興策」23%で、今回、地域振興を重視する人が増えている。
 「移設問題」と答えた人の大半が稲嶺氏を、「地域振興策」と答えた人の大半が渡具知氏を支持すると回答した。(朝日新聞18年1月30日)』

* * * * *

 いや~、それにしても、この辺野古移設に関する安倍首相&官邸、自民党のやり方のえげつない!(**)

 09年に民主党政権に変わる際、鳩山代表(当時)が普天間基地の移設先に関して「最低でも県外」と主張したのをきっかけに、沖縄全体が「辺野古移設に反対」の意思を表明することに。当時の仲井真県知事も、自民党の国会・地方議員も、み~んな「辺野古移設反対」を公約に掲げて選挙に勝っており、まさに「オール沖縄」で移設反対運動が起きていた感じがあったのだ。 (・・)

 ところが、12年末に自民党が政権を奪還。安倍首相が、13年初めに米国を訪問した際に、手土産として「辺野古移設工事の推進」をお約束してから、状況がガラ~ッと変わった。
 安倍官邸&自民党は、まるでブルド~ザ~で強引に上から土地を踏み固めて行くがごとく、札束&腕づくで、関係者を翻意させて行ったのである。_(。。)_

 安倍官邸は、沖縄の自民党議員全員に、辺野古移設賛成に回るように指示。会見で涙ながらに反対撤回を表明するものもいた。また当時の仲井真知事を1年かけて、多額の交付金+αで説得(脅迫、洗脳?)し、こちらも翻意させることに成功。^^;

 また、辺野古の漁業組合のTOPも説得し、高額で漁業権を譲渡させることに。辺野古の海で魚がとれなくなった猟師たちに、後述するように、日当数万円で海上警備の仕事を回して、大人しく賛成派でいてもらうのだ。(゚Д゚)

 そして、今でも翁長県知事、稲嶺名護市長、多くの県民、市民が反対しているにもかかわらず、いわば実力行使で、辺野古移設工事に着手して、どんどん進めようとしている。

「移設には反対だけど、ここまで工事が進んだら、もう移設は止められない」
「それならば、早くに賛成派に回って、将来のために自分たtの地域や産業に振興費をもらった方がいい」

 実際、工事が進むのを見て、反対派だった住民の中から、諦めに近い声が増えているという。 (ノ_-。)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 mewが、「やっぱね~」と思ったのは、このことだ。(**)

 政府は2015年から辺野古に直接補助金を支給。辺野古の漁民を雇い入れて、反対派の監視のめ漁船を「警戒船」として提供させ、日当を1日約5万円払っていると。そして、漁民の多くが生活費を稼ぐため、交代で政府の仕事を請け負っていると言うのだ。(@@)

 よくネトウヨやネトウヨ・レベルの超保守系政治家・識者などが、「沖縄の基地反対派は、1日何万円か日当を出して、活動家を集めている」とアチコチで書き(or言い)まくっているのであるが。
 それこそ、作家の百田尚樹氏は、昨年11月に名護市で行なわれた講演会で、こんな話をしていたようなのだけど。

『「抗議活動では日当が1日何万円と払われている。全国から沖縄に来る交通費、宿泊費を考えると、とてつもない額になる。カンパだけじゃ無理。では資金源はどこか。本当の中核は。はっきり言います。中国の工作員です。なかなか証拠はみえないが、中国からカネが流れている。なぜか。日本と米軍を分断したい。いつか尖閣を奪う時に米軍の動きを止める」

 基地建設反対運動に中国から人と資金が流れていると断言したが、講演後、根拠を尋ねる本紙記者の取材には「ない。それを調べろと僕は言っている。そうとしか思えないというニュアンス」と話した。(沖縄タイムス17年11月22日)』

<MX「ニュース女子」も、BPOから日当などの報道は根拠がないと指摘されていたよね。>

 でも、警備員の方は、本当に、日本の政府が地元の漁師に日当を出して雇っているのである。_(。。)_

* * * * *

『「辺野古は変わったさ」。子どもを抱いて漁港を散歩していた古波蔵謙さん(50)は27日、米軍キャンプ・シュワブ内にある辺野古崎を見つめながらこうつぶやいた。視線の先ではエメラルドグリーンの海へ突き出るような形で陸地が造成され、クレーンなどの重機がうごめいている。昨年4月に始まった普天間代替施設の護岸建設工事だ。

 辺野古は沖縄本島東海岸に位置する人口約2000人の小さな集落だ。市役所や商店が密集する西海岸とは「山原(やんばる)」の森で隔てられ、経済的にも立ち遅れてきた。ベトナム戦争当時、米兵相手の飲食店でにぎわった時期もあったが、それも長続きはしなかった。

 そんな辺野古に移設話が持ち上がったのは1997年ごろ。以来、住民は容認派と反対派に分断され、憎しみをぶつけ合ってきた。

 ◇日当5万円

 政府はこの間、あの手この手で反対派を懐柔。さまざまな名目で振興予算が投下され、辺野古周辺には国立高専やマルチメディア館、公民館などのハコモノが次々と建設された。市が米軍再編交付金の受け取りを拒否すると、政府は2015年から辺野古に直接補助金を支給。住民の一人は「今も反対しているのは10世帯ぐらいしかない」と話す。

 海上で護岸の建設工事が始まった今、政府は辺野古の漁民を雇い入れ、カヌーや船で繰り出してくる反対派の監視に当たらせている。漁船を「警戒船」として提供する船長の場合、日当はガソリン代込みで1日約5万円。漁民の多くが生活費を稼ぐため、交代で政府の仕事を請け負っている。

 川上将吾さん(36)もそんな船長の一人だ。97年当時、まだ高校生だった川上さんの親類の男性が移設問題で板挟みとなり自殺未遂に及んだ。「辺野古は20年以上、翻弄(ほんろう)され続けてきた。子どもを同じ目に遭わせたくない。もう前に進めた方がいい」ときっぱりと語る。(時事通信18年1月29日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
 

 昨年、書いたようにも思うのだが。実は、昨年、何と会計検査院が、辺野古の警備費用が過大であると指摘しているのである。 (・・)

 毎日新聞が入手した受注社の見積書では「海上警備要員」の日割単価が3万9000~9万円と記載されていたそうだが。その中には、地元漁師への日当も(警備会社のピンハネ分も?)含まれている可能性が大きい。(-"-)
 
『辺野古 「警備費過大」検査院指摘 防衛省83億円で発注
 防衛省沖縄防衛局が発注した沖縄県名護市辺野古沖の海上警備業務に過大積算があると会計検査院が指摘したことが、関係者への取材で分かった。2015、16年度の契約4件の予定価格は計約83億円で、すべて東京都渋谷区の警備会社が受注。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設反対派に対する警備の「特殊性」を口実として、人件費などが過大に見積もられていた。

 辺野古沖では、移設反対の市民らがカヌーなどに乗って抗議活動を続けており、同局は埋め立て工事を安全に進めるため海上警備を発注している。受注社は子会社に業務を一部委託しながら現在も海上警備を行っている。

 各契約の一般競争入札は15年7月を皮切りに、16年3月と10月、17年1月に実施。受注社は1件目で予定価格24億790万円に対し23億9481万円で落札するなど、落札率は約98~約99%で推移し、100%に近い。

 同局は当初の入札の前、3社に見積書を依頼したが、2社が辞退し、受注社だけが提出した。国土交通省が定める沖縄県内の警備員の日割基礎単価(15年度)は7500~1万100円だが、毎日新聞が入手した受注社の見積書では「海上警備要員」の日割単価が3万9000~9万円と記載されていた。

 予定価格は通常、警備員の賃金単価に人数や時間を乗じるなどして積算される。だが、関係者によると、15年度の契約を中心に調べたところ、同局の積算単価は非常に高額な設定がされていた。検査院が独自に標準的な単価で積算し直すと、予定価格より数億円低くできたという。
 防衛省は「検査の過程のため現時点で答えられない」としている。【島田信幸、松浦吉剛】(毎日新聞18年10月28日)

* * * * *

 もちろん、辺野古移設に反対して、今でも戦っている地元住民もたくさんいる。(**)

『変わらず、反対し続ける人もいる。松田藤子さん(77)。8年前、「新しい基地は造らせない」という現市長の訴えに共鳴し、初めて選挙を支援した。この日も、ビラの準備や、街頭アピールに加わった。

 金武(きん)町など「基地の門前町」で育った。基地マネーにわきネオン輝く街が、寂れていく様子を見てきた。「基地とともに繁栄し続けられるというのは、幻想だよ」

 沖縄戦で父を亡くした。戦後の生活は厳しかった。まき拾い、水くみ、家畜の世話。畑の行き帰り、単語帳を手に勉強し、小学校教員になった。「苦労してここまで生き延びた。なのに、今もまだ米軍に苦しめられている。許せない」

 移設計画が浮上し、20年あまり。反対でも、政府からの補償金を拒めなかった人も見てきた。自宅前からは、護岸工事が始まった大浦湾に浮かぶ作業船が見える。移設は止められないのかと思ってしまうこともあるが、反対をやめるわけにはいかないと思っている。

 「絶対に止めたい。ただもし、造られてしまうことがあるとしても、黙ってしまえば、基地を認めたことになる。認めてしまえば、米軍も政府も、今よりももっとやりたい放題になる」(朝日新聞18年1月29日)』

* * * * *

 この女性の「黙ってしまえば、基地を認めたことになる。認めてしまえば、米軍も政府も、今よりももっとやりたい放題になる」という言葉が、胸にぐ~っと来た。 (ノ_-。)

 最近は、ぐれダラ、あきらめモードになることが多いのだけど。こんな小さなブログでも、ともかく「黙っちゃいけない」のだと。そして、安倍政権には、沖縄の諸問題も含め、安保軍事や改憲に関して「絶対にやりたい放題にさせちゃいけない」と改めて思ったmewなのだった。(@@)

  THANKS


                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-30 14:11 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

岐阜、太宰市でも自民候補が敗れる+国会スタートも、安倍は同じ答弁繰り返し、責任回避を狙う

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
    
【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   
 もしかしたら安倍自民の一強体制が、地方から少しずつ崩れ始めているかも知れない。(@@)

 まず、28日に投開票された岐阜市長選で、元・民主党の衆院議員の候補(連合岐阜推薦)が自民党系候補に何とダブルスコアで圧勝した。(*^^)v祝
 岐阜県と言えば、保守王国で有名なところ。自民党系候補が負けたのは16年ぶりだという。^^;

<自民党の中では、野田聖子氏に頑張って欲しいと応援しているのだけど。お膝元の岐阜市長選で(秘書擁立や応援がうまく行かずに)負けたのは、総裁選を目指す野田氏にとっては、かなりのマイナスかも。安倍陣営が諮ったのかと邪推したくなったぐらいだ。(~_~;)>

 また、福岡県の大宰府市長選でも、元・民主党の衆院議員の候補が、自公推薦の候補に勝利したという。 (*^^)v祝

 この流れを名護市長選にも持ち込んで行けるといいな~。 (・・)

* * * * *

『<岐阜市長選>柴橋氏初当選確実に 16年ぶり自民系敗れる

 任期満了に伴う岐阜市長選は28日投開票され、無所属新人で元民主党衆院議員の柴橋正直氏(38)が、製菓会社社長の中西謙司氏(56)=自民推薦、公明支持=ら無所属新人の6人を破り、初当選することが、毎日新聞の出口アンケートなどから確実になった。衆参両院の県内選挙区の全議席を自民党が独占する保守王国・岐阜の県都の市長選で同党推薦候補が敗れるのは、引退する細江茂光市長(69)が初当選した2002年以来16年ぶり。

 公選制となった戦後の同市長選で最多の7人の候補者が争う乱戦になった。(毎日新聞18年1月28日)』

『<岐阜市長選>野田氏、総裁選に痛手? 自民系惨敗で

 28日に投開票された岐阜市長選は、元民主党衆院議員で新人の柴橋正直氏(38)が、自民党推薦の新人をダブルスコアの大差で破った。岐阜市は「ポスト安倍」に名乗りを上げる野田聖子総務相(衆院岐阜1区)の地盤で、今秋の自民党総裁選への影響を指摘する声も出ている。

 市長選は7人の新人が争う乱戦。柴橋氏は2009年衆院選の岐阜1区で野田氏に勝った経験もあり、6万4598票を獲得。次点だった自民推薦、公明支持の新人(3万74票)を突き放した。

 当初野田氏は県連幹部と連携して自身の元秘書の県議を擁立しようとしたが、調整は難航。最終的に市支部が選んだ新人を立てたが、野田氏の後援会の動きは鈍く、野田氏自身がインフルエンザにかかったこともあって選挙中に岐阜入りしなかった。野田氏周辺は「敗北は県連の内部抗争が要因で、総裁選へのダメージはない」と強調する。だが、自民党重鎮は「大丈夫なのか」と心配してみせた。【田中裕之】(毎日新聞18年1月28日)』

『太宰府市長に楠田氏=不信任決議で前市長失職―福岡

 前市長の失職に伴う福岡県太宰府市長選が28日投開票され、いずれも無所属新人で元衆院議員の楠田大蔵氏(42)が、前市教育長の木村甚治氏(64)=自民、公明推薦=を破り初当選を果たした。
 投票率は過去最低の42.17%だった。

 前市長の芦刈茂氏(68)は、中学校の完全給食化などをめぐり議会と対立し、2度の不信任決議を受け失職。選挙戦では、混迷する市政の立て直しなどが争点となった。(時事通信18年1月28日)』 


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 ところで、昨日から衆院の予算委員会の質疑が始まった。(**)

 まず、昨日の記事でも触れたように、自民党は与党の質問時間を長くするように主張。以前の「与党2:野党8」から、「与党2:野党4」と質問時間を2倍とることにしたのに。
 何と自民党から質問に立った堀内 氏が、時間を余して質問を終えようとしたため、野党が批判の野次を浴びることになった。(>_<)

<そう言えば、16年11月には、自民党の谷川弥一議員が余った質問時間を潰すために「般若心経」を唱えたことがあったっけね。(>_<)>

 また、野党各党は、森友学園問題で佐川前理財局長が国会で虚偽答弁を行なっていたことを指摘し、佐川氏の国会招致を求めるも、安倍自民党は応じる気がない様子。(-"-)
 何とか国民世論をバックに、佐川氏を国会に呼んで、虚偽答弁の説明、事実の解明、責任の追及する必要があると思う。目が手mm

<あと、しつこく書くけど、この虚偽答弁の責任は、佐川氏本人だけではなく、上司である麻生財務大臣も追うべきだと思う。実際、局長だった佐川氏は、どのように答弁するか、財務次官や大臣に指示や了承を得てるはずだと思うからだ。(@@)>

 ところが、麻生大臣や安倍首相や、これらの件については全く反省を見せず。質問にまっすぐ答えず、はぐらかすような感じの官僚的な答弁を繰り返して、何とか時間を潰そうとしているような感じが。^^;

 ここから野党が、どこまで安倍首相や閣僚たちに迫れるのか、(部分的には情報交換、協力をしながら)、どんどん追い込んで欲しいところだ。(++)

* * * * *

『「コピペ」「壊れたテープレコーダー」 首相答弁を酷評

 安倍晋三首相の26日の参院本会議の答弁に対し、質問した野党は「コピペ答弁」「壊れたテープレコーダー」と酷評した。官僚が作った過去の答弁を繰り返して質問に正面から答えようとしないとして、野党は反発を強めている。

 同日午前に質問した共産党の小池晃書記局長は、森友・加計(かけ)学園問題や沖縄での米軍機の問題などで政権の対応をただしたが、首相は「しっかり説明していく」「普天間の固定化は避けなければならない」などと過去の答弁と同様の説明を繰り返した。

 同日午後の記者会見で小池氏は、「どんな聞き方をしても言うことはほぼ決まっている。壊れたテープレコーダー。テープレコーダーだってもうちょっとバリエーションがあるのではないか」と皮肉った。そのうえで「国会の質問は国民の疑問。質問に向き合おうという姿勢が全然ないのはあきれる」と首相を批判した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長も代表質問で、専守防衛を掲げながら軍備増強を図る政権の政策の整合性をただした。「いままでの質問も参考にしながらいくつか違う角度で質問したが全部、官僚が書いた前の答弁をそのまま答弁している。過去の質問に対する答弁をコピペした答弁だ」と記者団に不満をぶつけた。(朝日新聞18年1月28日)


人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 で、結局、こんな感じの委員会の議論が行なわれたのだった。(++)

『与野党の本格論戦スタート、早くも議場が騒然

 国会では29日から、安倍総理が出席して与野党の本格的な論戦がスタートしました。早くも議場が騒然となる事態が起きたようです。いったい何が?

 「堀内からの質問とさせていただきます。ありがとうございました」(自民党 堀内詔子衆院議員)
 「まだ時間前だぞ」
 「え?え?」(自民党 堀内詔子衆院議員)
 「時間、余っているじゃないか」
 「申し訳ありません、分かりました。質問を続けさせていただきます」(自民党 堀内詔子衆院議員)

 自民党・堀内議員の発言がきっかけで場内が騒然とした予算委員会。去年に引き続き、与党は野党側の質問時間を削りましたが、1分あまりを残して質問を終えようとした堀内氏に、野党側が抗議したのです。結局、堀内氏は女性活躍についての自分の見解を述べて持ち時間を使い切りましたが、午後にも与野党対立が持ち込まれます。

 「佐川国税庁長官、国税庁長官にふさわしいのかどうか」(立憲民主党 長妻昭衆院議員)

 野党側の質問のトップバッター、立憲民主党の長妻代表代行。森友学園への国有地売却をめぐり、当時、財務省理財局長だった佐川国税庁長官を国会に呼ぶよう改めて求め、会計検査院が「根拠が不十分」と指摘した土地の値引きについて謝罪するよう迫りました。

 「適正でないというふうに検査院が指摘したわけで。これまで国会で総理や財務省が適正だと。その謝罪なりというのは何にもないんですか。それで国税庁長官に栄転ですか。国民をなめるのもいい加減にしてほしいと私は思います」(立憲民主党 長妻昭衆院議員)

 「会計検査院からは、この案件だけでなくて、さまざまな指摘を受けるわけでございます。そうした指摘を受けた際、私の方からこの指摘に対しての政府としての考え方を述べさせていただいているところでございまして」(安倍首相)

 また国税庁長官就任後、佐川氏が一度も記者会見を行っていないとして、会見を行うよう促すことを長妻氏が要求しますが・・・

 「就任の記者会見についての話だったと思いますが、国税庁の所管の行政以外に関心が集まっていたことから、国税庁においては実施をしないと決めたんだと、確か、あの時はそうだったと聞いております。就任にあたって、長官の抱負などというのは文書で既に公表しております」(麻生太郎財務相)

 一方、安倍総理は、松本文明前内閣府副大臣が沖縄でのアメリカ軍ヘリコプターの不時着をめぐり「それで何人死んだんだ」と国会でヤジを飛ばし、辞任した問題について陳謝しました。

 「今回の発言は、国会議員としての活動における発言ではありますが、内閣の一員であり、沖縄の皆さん、国民の皆様に対して深くおわびを申し上げたい」(安倍首相)

 政府は後任の内閣府副大臣に自民党の田中良生議員を起用。安倍総理は「沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら、基地負担の軽減に全力を尽くす。これが政府としての一貫した方針だ」と強調しました。(TBS18年1月29日)』

 今回のやりとりを見ていると、安倍内閣がどんどんゴーマンになってるのがわかるし。そうなった時こそ、こちらは謙虚に重箱のすみずみまでチェッさせていただき、安倍政権の早期転覆をはかろうと思うmewなのだった、(@@)  

  THANKS



                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-30 04:28 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

森友問題、昭恵の関わり示す文書も開示&気配りは当然と元官僚。国民が昭恵の国会招致、要求を

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   

【全豪OP車いすテニスの部・男子シングルスで国枝慎吾(33)が、決勝でフルセットの末、ウデ(仏)を下し、3年ぶり9回目の優勝。(*^^)v祝 16年の右ひじ手術後、なかなか調子が上がらず、思うような成績が残せずにいたのだが。東京パラ五輪に向けて、もうひと頑張りして欲しい。 女子の上地由衣(23)はダブルスは優勝したものの、シングルスでは決勝で若手に負けて準優勝。負けず嫌いの上地ゆえ、全仏ではリベンジを果たすべく、燃えているのではないかと察する。ガンバ!o(^-^)o】

* * * * *

 今週から予算委員会での質疑がスタートするのだけど。与野党の質問時間については、全体として「与党3:野党7」に決まったという。 *1<NHKの中継がある時間帯は「1:2(3:6)」で与党が多めに時間をとるんだって。^^;>

 自民党は、野党時代(09年~12年)には、野党の質問時間を多くするように与党・民主党に強く要求。「与党2:野党8」で質問していたくせに。(ーー゛)
 今の幹部は、当時の自民党の幹事長や国対委員長に、何で野党の質問時間を多くとる必要があるのか教示を受けに行って欲しいものだ。(++)
 
* * * * *


 野党側は、今国会でも、モリカケ(+スパコン)問題を追及すべく、準備を進めているのだけど。

 先日の記事にも書いたように、ここに来て、財務省の近畿財務局が森友学園との間で国有地売却に関してやりとりをした際に作成された文書を開示したことから、野党がツッコむ材料がぐ~んと増えることに。(@@)
 
<2015~6年分の「照会票」と「相談記録」が74枚も開示されたとか。 (・o・)
 ただ、財務省はこれは「交渉記録ではない」(=佐川理財局長が「交渉の記録はない」と言ったのはウソじゃない)と言い張っている。^^;>

 今回、開示された文書の中には、籠池理事長が「棟上げに首相夫人が来る」と言って、昭恵さんの名を出した上で、値段を安くするように要求したことなども記されているという。 (-"-)

* * * * *

 そう言えば、籠池氏は以前、昭恵夫人と撮った写真を見せてから、話が具体的になったと語っていたことが。(局長に見せるために写真のコピーもとったようで。^^;)
 また、元理財局幹部が「首相夫人の名前が出ればすぐに本省に事案を引き上げ、ルールのぎりぎりまで気配りするのが当たり前だ。今までの答弁に無理があった」と言っていたとのこと。(記事はあとでアップ。)
 
 安倍首相は「妻からは全て話をきいているので、私から説明する」と主張し続けているのであるが。誰も安倍首相が、全てを知っているとは思っていないし。
 もうここまで来たら、全てをクリアにするためにも、是非、昭恵夫人の参考人招致か証人喚問を了解すべきではないかと思う!(**)

* * * * * 

『森友交渉巡る文書開示 「内部資料」財務局が保管
 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を巡り、財務省近畿財務局が学園との交渉について、法令上の問題がないか対応を検討した文書を保管していたことが分かった。上脇博之(かみわきひろし)神戸学院大教授の情報公開請求に開示した。財務省は交渉に関する資料を「破棄した」と国会で答弁してきた。

 近畿財務局は「開示文書は内部の検討資料で交渉記録ではない」と説明しているが、詳細な経緯が記されていた。上脇教授は「交渉内容が含まれた文書があるのに、国民に知らせてこなかったのは問題だ。国の説明は不十分だ」と批判した。

 文書は財務局の売却担当者から法務担当者への質問を記した「照会票」と、回答をまとめた「相談記録」で二〇一五、一六年度分の計七十四枚。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 学園側は一五年五月、大阪府豊中市の国有地について、小学校開校のために財務局と定期借地契約を締結。だが、くい打ち工事中に地中からごみが見つかり、一六年三月十一日、財務局に報告した。

 同二十四日付の照会票によると、学園は開校が遅れる恐れがあるとして「土地を安価に買い受けることで問題解決を図りたい」と要請。「無理であれば、事業を中止して損害賠償請求せざるを得ない」と主張した。

 ごみ撤去の法的責任を問われた法務担当者は、同三十一日付の相談記録で「明確な回答は困難」としつつも、賠償請求の可能性があり「速やかに方針を決定し、義務違反を免れる策を講じることが望ましい」と回答した。

 四月二十二日付の照会票では「賠償請求されない具体的な手法を検討したい」と記載。五月十九日付の相談記録で法務担当者は「(学園が)今後損害賠償(請求)を一切行わないとの特約付きの売買契約を締結し直す方がリスクは少ない」と答えた。

 国有地は一六年六月、ごみの撤去費として八億円余りを値引きされ、国の責任を免除する特約を付けて一億三千四百万円で学園に売却された。

 財務省の佐川宣寿(のぶひさ)理財局長(当時)は昨年二月の衆院予算委員会で交渉記録は「残っていない」と述べ、その後も同省は同様の答弁をしてきた。

◆国、あまりに不親切

<神戸学院大の上脇博之教授の話> 森友学園と財務省近畿財務局との交渉記録については、昨年三月から情報公開請求してきた。訴訟や請求のやり直しを経た上で、やっと交渉に関連した文書が開示された。説明責任を尽くすべき国の姿勢はあまりに不親切で、意図的に隠したと言われても仕方がない。関連文書は保存されているのに、肝心の交渉記録が一年未満で破棄された判断には整合性は全くなく、違法な処分が疑われる。(東京新聞18年1月23日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 そして、今回、開示された文書には、こんなことが記されているという。 (・・)

『「棟上げに首相夫人」と値下げ要求 森友、国との協議で

 学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、29日からの衆参両院の予算委員会では安倍晋三首相の妻、昭恵氏と問題との関係が改めて焦点になる。学園が国に土地の購入を申し入れた時期の協議で「棟上げに首相夫人が来る」と言及し、値段を安くするよう求めていたことが新たにわかった。この協議で国の担当者は「(ごみへの補償を)きっちりやるというストーリーはイメージしている」と発言していた。

 財務省は昨年11月、特別国会で「ストーリー」という発言などの協議内容の一部を事実と認めている。朝日新聞がノンフィクション作家の菅野完氏から協議を録音した音声データの提供を受けて分析したところ、財務省が認めた内容とその前後のやりとりが記録されており、当時建設中の小学校の名誉校長だった昭恵氏への言及が判明した。

 財務省の国会答弁によると、協議があったのは2016年3月下旬~4月。学園側が「地中深くから新たなごみがみつかった」とし、「ごみ撤去費を反映させた評価額で土地を買い取る」と申し入れた以後とみられる。国側は財務省近畿財務局と国土交通省大阪航空局の職員が出席した。

 音声データによると、学園側は小学校建設の工期がごみ問題によって「2週間以上遅れている」と説明。籠池泰典前理事長=詐欺罪で起訴=が「棟上げのときに首相夫人が来られることになっている」「どうするの僕の顔は」と発言し、学園の関係者が「死ぬ気で値段を下げるところに取り組んで欲しい」と続けた。約4分の別のやりとりを挟み、財務局の担当者が「(新たなごみの補償を)きっちりやるストーリー」と説明していた。

 財務省は「個別の発言を確認していないが、協議は学園に資料の提出をお願いするためのものだった。相手方の発言によって国の対応が変わるようなことはなかった」としている。(南彰、久保田一道)(朝日新聞18年1月27日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『森友側「どうするの僕の顔は」 昭恵氏の存在ちらつかせ

 学校法人・森友学園(大阪市)が開校を予定していた小学校の名誉校長だった安倍晋三首相の妻・昭恵氏。学園側は、土地の値引きを求める場でも「首相夫人」の存在に言及していた。財務省の異例の値引きに昭恵氏は影響したのか。野党は29日に始まる衆参両院の予算委員会で引き続き昭恵氏の招致を求め、追及する方針だ。

「籠池園長の熱い熱い教育に対する思い、お手伝いできれば」

 園児に「教育勅語」を唱和させていた森友学園の塚本幼稚園(大阪市)。2015年9月に同園であった講演会で、昭恵氏は聴衆に語りかけた。学園の籠池泰典前理事長はこの日、新設を目指した小学校の名誉校長になってほしいと打診。昭恵氏は引き受けた。

 前理事長は、小学校建設を予定していた国有地の取引で、昭恵氏の存在を国に示すようになる。15年秋には政府の昭恵氏付職員が財務省に土地に関して照会。対応した同省担当室長(当時)は16年3月15日、予定地から「新たにごみが見つかった」という前理事長との面会にも応じた。

 今回入手した音声データの協議は、同月24日に学園側が土地を買い取ると申し出た直後にあったとみられる。(以下、非公開)朝日新聞18年1月27日)』

* * * * *

 少し古い(昨年5月)の記事なのだが。籠池前理事長や元理財局幹部は、こんなことを言っていたのである。(~_~;)

『「首相夫人の名前出れば、気配り当たり前」元理財局幹部

 「報道にコメントは控えるが、誰が相手方に関係しようが、きちんと法令に基づいて対応している」。9日の衆院財務金融委員会。財務省の佐川宣寿(のぶひさ)理財局長は、朝日新聞の9日付朝刊の報道について確認を求める共産党議員に答えた。

 籠池氏は8日夜の朝日新聞の取材に対し、2014年に小学校建設予定地で昭恵氏と撮った写真を近畿財務局に示したと説明。担当職員から「局長にも見せないといけないからコピーしていいか」と求められ、写真を渡したという。異例の土地取引が「それ(写真をめぐる職員とのやりとり)から本当に具体的な話になった」とも語った。

 政府はこれまで、昭恵氏付の政府職員が籠池氏側の依頼で財務省に照会をしていた事実が明るみに出ても「夫人の関与は、名誉校長をされている等々、一切知らなかった」(3月24日、武内良樹・元近畿財務局長)と説明。首相も「財務局長が案件そのものを知らなかったと答えており、忖度(そんたく)の働く余地は全くなかった」(同月27日)と述べているが、食い違いが浮き彫りになってきている。

 元理財局幹部は「首相夫人の名前が出ればすぐに本省に事案を引き上げ、ルールのぎりぎりまで気配りするのが当たり前だ。今までの答弁に無理があった」とみる。(南彰)(朝日新聞17年5月9日)』

* * * * *

 自民党+保守系の政治家や識者、メディアは、野党が今年もさらにモリカケ問題を追及することを強く批判して、国民の反発を呼び起こそうといるような感じがあるのだけど。

 もし野党がこれぞという材料をどんどん突きつけて、そして心あるメディアがしっかりと報じてくれれば、国民も理解してくれると思うし。与党とは逆に、安倍昭恵夫人の参考人招致or証人喚問を実現できるように、国民の後押しを得られないものかと考えているmewなのだった。(@@)

 THANKS 
                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"




More
[PR]
by mew-run7 | 2018-01-29 05:01 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

松本発言に沖縄も安倍も激怒~名護市長選告示、県民の反発増えて自民に痛手。全国からも逆風を

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   

 さて、今日28日、辺野古がある沖縄の名護市で、市長選が告示される。投開票日は2月4日だ。(**)
<自民系候補の名を「とぐち・たけゆたか」と思わず読んでしまうのは、mewだけではあるまい。^^;>

 今回の市長選は、3選を目指す辺野古移設反対派の現職市長・稲嶺進氏(72)に対して、自民党が元市議の渡具知武豊氏(56)を擁立。
 14年に苦杯をなめた安倍自民党は、辺野古移設工事を推進するためにも、今回は何が何でも勝ちたいところで。(どう説得したのか不思議なのだが)辺野古移設反対の人が多いため、これまで自主投票だった公明党の支援を得ることに成功。 (・o・) <『沖縄で自民系現職市長が負ける+米軍の事故対応悪し+名護市長選、公明は自民系に投票するの?』など>
 また、交付金などをエサにして、地元の経済団体、商店などの支援を集めようとしている。(@@)

 しかも、渡具知氏は、公明党支持者を含め、辺野古移設に反対、慎重な住民の票を獲得するために、(本当はもちろん辺野古推進派なのだけど)選挙中は、辺野古移設についてできるだけクチにしない方針であるという。(゚Д゚)

* * * **

 ただ、ここに来て、安倍自民党にとって、市長選の逆風になりそうな痛~い出来事が次々と起きていることから、官邸や党関係者もアタマを抱えていることだろう。^^;

 というのも、昨年末から今年にかけて、米軍ヘリの不時着や部品落下の事故が相次いでおり、沖縄県民の怒りや反発、さらには不安が募るばかりだったのだが。
 しかも、何と安倍内閣の松本文明副大臣が25日、衆院の代表質問の最中に、トンデモ発言をしたことで、県民の怒りと反発が倍増することになったからだ。(`´)

 共産党の志位委員長が、米軍ヘリの事故が頻発していることに関する質問を行なっていたところ、松本副大臣が大きな声で、何と「それで何人死んだんだ?」という野次を飛ばしたのである。(゚Д゚)

 これには官邸もかなり困った&怒ったようで、間もなく松本氏を更迭することに決定。松本氏は、26日に官邸で安倍首相に会い、辞表を提出したのだが。首相から「国が大変な時期なので緊張感を持って対応してもらわないと困る」と厳しく注意されたという。(-_-;)
 もちろん後述するように、野党からも沖縄県民からも多数の批判を受けている。(ーー)

『26日夕、首相官邸に呼び出しを受けた自民党の松本文明・内閣府副大臣は、即座に更迭された。共産党の志位和夫委員長が沖縄県での米軍機事故の対応を問うた前日の代表質問時に「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばしたことがこの日、表面化したためだ。名護市長選への影響を恐れた政権幹部は「背筋が凍った」。安倍晋三首相と菅義偉官房長官は瞬時に更迭を決めたという。(朝日新聞18年1月27にt)』

* * * * *

 安倍首相は、26日の国会答弁の最中、風邪気味のせいか、こちらもトンデモ読み間違いをしちゃったそうなのだけど。

『体調の影響か、首相は沖縄で相次ぐ米軍ヘリ事故について「地元の懸念を軽視する」と誤答弁。すぐに「軽減する」と言い直したが、議場はざわついた。(時事通信18年1月26日)

 まあ、mewに言わせれば、安倍首相は、沖縄を本当にには日本だと思っておらず。あくまで本土を守るために利用するものだと感覚があなり強いのである。(-"-)

 共産党の志位氏は、安倍政権の姿勢があの暴言につながったと言っていたのだが。ブログにずっと書いているように、安倍首相ほど沖縄県民を軽視している内閣はないと思うし。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『■志位和夫・共産党委員長(発言録)

 国会でとんでもない出来事が起こりました。私は代表質問で、沖縄の米軍基地問題をただしました。安倍(晋三)首相はまともな答弁、できません。ただ、とんでもないヤジが自民党席から返ってまいりました。松本文明内閣府副大臣が「それで何人死んだんだ」とヤジったんです。

 国会議員になって25年、いろんなヤジを浴びてきましたが、今回が一番悪い。なぜなら私に対するヤジじゃない、県民の皆さんへのヤジじゃないですか。「死者が出ていないんだからいいだろう」と言わんばかりの発言じゃないですか。批判に慌てて辞任しましたけどね、辞めれば済むというものではありません。こんなとんでもない人物を任命した安倍首相の責任が厳しく問われると思います。

 米軍機が事故を起こしても、すぐに訓練を再開してしまいます。その時に、安倍首相は一度でも米軍に「飛ぶな」と言ったことがありますか。一度もないじゃないですか。そうした安倍政権の姿勢があの暴言につながったことは明らかではないでしょうか。(沖縄県名護市での街頭演説で)(朝日新聞18年1月27日)』

* * * * * ☆

『野党各党は26日、米軍機事故をめぐるやじで松本文明内閣府副大臣が辞任したことについて「政権の体質」などと厳しく批判した。

 
 立憲民主党の辻元清美国対委員長は、記者団に「沖縄に対する姿勢も含め、安倍政権の体質ではないか。政権の甘さ、おごりを感じる」と指摘。週明けからの衆院予算委員会などで安倍晋三首相の任命責任も追及する方針を示した。

 希望の党の玉木雄一郎代表は「『沖縄の気持ちに寄り添う』との安倍政権の言葉が、いかに表面的で薄っぺらいものかを象徴した暴言だ」    とのコメントを発表。共産党の小池晃書記局長は記者会見で「本当に許し難い発言。言語道断だ」と非難した。(時事通信18年1月27日)』

* * * * * 

 ちなみに松本氏は、このように説明したそうなのだが。mewはさっぱりわからなかった。

『松本氏は辞表提出前、記者団の質問に答え、「沖縄県民ならびに米軍関係者は、訓練や事件事故で、多くの人命が失われている」と持論を展開。「普天間に基地があるおかげでどれだけ県民と米兵との間で、事故、事件が繰り返されてきたんだよ。いったい今まで何人の人が死んだんだ。これ以上もっと犠牲が増えなきゃ具体的な動き(普天間の辺野古移設)への理解ができないのか」とやじの意図を語った。

 辞表提出後、相次ぐ不時着に対する発言ではないと釈明し、「ワンセンテンス口から出たことが、大きく誤解を与えた。予算審議がある中で、沖縄県民や国民に迷惑を掛ける」と話した。(沖縄タイムス18年1月27日)』

* * * * *

 ていうか、mewは、松本文明氏が今も尚、副大臣の地位にあったこと。しかも、副大臣でありながら、本会議で野次を飛ばしていたことに驚いた&呆れてしまったとこがあった。_(。。)_

 そもしも松本氏は、安倍首相と同じ日本会議、細川派に所属。実質、安倍Gの『創生日本」のメンバーでもあったことから、安倍内閣に重用されていて。13年には政務官、16年間には副大臣に。16年4月の熊本震災では現地対策本部長をおおせつかったのであるが。急に「河野(太郎)防災担当相に『今日中に青空避難所というのは解消してくれ』と強く言われて参った」と文句を言ったりか、おにぎりのみの配給に「こんな食事じゃ戦はできない」と差し入れを要求したりなどして現場に嫌われたため、5日間で他の議員に交代させられることに。^^; <でも、5月には、こそ~っと本部長に復帰させてもらってたのだ。>
 で、17年8月には、また内閣府副大臣に任命されていたわけで。これだけ厚遇を受ければ、公の場での言動への配慮なども忘れてしまうし。多少のことを言っても大丈夫だと、ナメくさってしまってもいたし方あるまい。(~_~;)
 つまり、最終的には、(稲田朋美氏もそうだけど)安倍首相の起用の仕方、教育の仕方にこそ大きな問題があるように思うのだ。(-"-)>

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 また、今回のトンデモこ発言の問題は、松本氏が辞任したからと言って、簡単に解決するようなものでもないだろう。 (・・) <それはまさに政府の姿勢を示していることなのだから。 (・・)>

『沖縄では昨年12月から米軍関係のトラブルが相次いでいる。米軍ヘリの部品が屋根で見つかった宜野湾市の緑ケ丘保育園の神谷武宏園長(55)は26日、講演先の福岡市内で取材に応じ、「この1カ月半、たまたま死人が出ていないだけ。死人が出なければ政府は動かないのか。人権を守る政治家の資格がない」と憤った。「沖縄の状況、沖縄の民に向き合わない政府に憤りを覚える」とも話した。

 松本氏の辞任について、現職と、政府が支援する新顔が一騎打ちとなる見込みの名護市長選が28日に告示されることを挙げ、「市長選の前だから、沖縄の怒りをしずめるために切ったということでしょう」(朝日新聞18年1月27日)』

『名護市長選、28日告示=現職側、副大臣やじを批判

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選は28日告示される。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が最大の争点で、移設阻止を掲げる現職と、移設を推進する与党が総力を挙げて支援する新人の一騎打ちの構図。また、相次ぐ米軍機事故をめぐる松本文明前内閣府副大臣のやじを受け、現職側は安倍政権への批判を一段と強化。これに対し与党側は逆風を防ごうと懸命だ。投開票は2月4日。

 立候補を予定しているのは、3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民推薦、立憲支持=と、新人で元市議の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=。

 稲嶺陣営の応援に入った野党幹部らは27日、松本氏が国会で米軍機事故に関して「それで何人死んだんだ」とやじを飛ばしたことを問題視。共産党の志位和夫委員長は街頭演説で「辺野古の新基地建設をごり押ししてきた政権の姿勢が暴言につながった」と指摘した。自由党の小沢一郎代表も記者団に「問題外、論評外だ」と非難。翁長雄志知事は「沖縄に対する認識が全くない」と憤りをあらわにした。

 稲嶺氏は演説でやじ問題に触れなかったものの、「米軍や政府は早く辺野古に移した方が良いと言っているが、名護市の未来のためにあんな危ないものはいらない」と訴えた。

 一方、渡具知氏は松本氏のやじについて、記者団に「沖縄のことを本当に分かっていない。言語道断だ」と不快感を表明。応援に駆け付けた自民党の山本一太元沖縄担当相も「本当に不適切な発言だ。政府は気を付けてもらわないといけない」と苦言を呈した。与党は週明けからの国会審議で沖縄振興について積極的に取り上げ、やじ問題の打撃を最小限に抑えたい考えだ。(時事通信18年1月27日)』

* * * * *

 ちょっとコワイのは、自民党のバラマキ戦略だ。(~_~;)
 
『再編交付金は、普天間飛行場の移設といった米軍再編計画で負担が増える自治体に交付される。2007~16年度に全国19施設を抱える延べ47市町村に約838億円が交付された。
 名護市も移設容認の姿勢だった08年度に約14億円、09年度には約3億8千万円を受け取り、道路整備などに充ててきた。だが10年の市長選で移設反対の稲嶺氏が当選すると、交付は止まった。(中略)

 自民などが推す前市議の新顔渡具知(とぐち)武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=はこの点を突く。借金増加は稲嶺市政が移設反対に固執しすぎているためだとし、再編交付金を含め「国から受け取れる財源は受け取る」と主張する。22日に開いた集会では「政府としっかり協議し、ありとあらゆる予算を獲得するために汗をかく」と声を張った。ただ、普天間移設については、ほとんど触れない。(朝日新聞18年1月27日)』

 ただ、もし今年、最後の砦だった名護市長選と沖縄県知事選で反対派の現職が負けた場合、政府の強引な手法に対抗するのは極めて困難になるわけで。まずは名護市でしっかり勝って欲しいと。全国の皆さんも是非、応援していただきたいと思うmewなのだった。

   THANKS
  
                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-28 06:37 | 平和、戦争、自衛隊 | Trackback(1)

追悼・野中広務~策士ながら、反戦派で平和維持、沖縄や生活弱者の支援に尽力した政治家

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   
自民党で幹事長などの要職を務めた野中広務氏(92)が26日に亡くなった。ご冥福をお祈りしたい。

 実は、当初、mewの中では、野中氏は政界の大ダヌキ(策士)というイメージが強かった。
 竹下派の分裂後、反小沢Gのトップになってから、アレコレと画策しては、永田町のオモテでウラで動き回って話を決めるようなことが少なからずあって。「影の総理」と呼ばれたこともある人だからだ。 (・・) <特に、加藤ごヒイキだったmewは、「加藤の乱」を潰されたのは痛かったし、ガッカリだった。(-"-)>
 
 野中氏は、小泉政権時代の03年、小泉元首相の独裁的な手法、郵政民営化などに反対(「非情の政治」だと批判)して、「小泉おろし」を画策。反小泉のmewはひそかに野中氏を応援していたのだが、仲間のひとりが小泉サイドに取り込まれて失敗して、政界を引退することになる。(-"-)
 この時、野中氏が裏切った仲間に関して「毒まんじゅうを食らったのではないか」と非難したのだが。この「毒まんじゅう」が03年の流行語大賞になった。_(。。)_

* * * * *

 他方、戦争体験者である野中氏が、機会あるごとに平和の大切さや沖縄の諸問題を訴えたり、障碍者、生活弱者のケアに力を入れたりしているのを見て、その生真面目さや情の厚さに心惹かれる部分も。
 特に近時はTVや講演で、安倍政権をかなり強く批判していたこともあり、このような見識のある&心あるご意見番がいなくなってしまうのは、本当に残念だ。(-"-)

 昨日もどこかのTVがニュースで、このシーンを流していたのだが。97年に沖縄県の米軍基地用地の確保を続けるために作った改正法を議決する前に、報告のため衆議院本会議の壇上に立った野中氏は、法案提出側でありながら、あえてこのように訴えたのである。

「この法律がこれから沖縄県民の上に軍靴で踏みにじるような、そんな結果にならないようことを、そして、私たちのような古い苦しい時代を生きてきた人間は、再び国会の審議が、どうぞ大政翼賛会のような形にならないように若い皆さんにお願いをして、私の報告を終わります」

『■野中広務氏を悼む 

 思い出されるのは、?を朱に染め誰かを指弾しているか、額を白くして何かを憂えているか、その二つの顔だけだ。喜怒哀楽のうち、怒と哀の感情量が人並み外れて大きい人だった。
 その人生の象徴が、橋本龍太郎政権下の1997年夏の駐留軍用地特別措置法改正への言動である。在沖縄米軍の基地使用を継続するそれに対し、沖縄県民の反発は明らかだった。

 野中氏は、自民党幹事長代理、衆院の特別委員長として、衆院の過半数をぎりぎり超える自社さ連立政権の枠組みを基本に、可決しようとした。それが米国を強く牽制(けんせい)できる「緊張感」を生むと信じたからだ。
 他方、梶山静六官房長官は、同じ牽制でも別の道を考えた。新進党との「保・保連合」による圧倒的多数の可決だ。野中氏は、我々担当記者を相手に梶山氏への怒りをあらわにし、それに抗しようとしない橋本官邸や自民党を憂えた。

 そして方法論では梶山氏に負けはしたが、衆院本会議での可決に先立つ委員長報告の最後、野中氏は異例の発言に及んだ。
 「……古い苦しい時代を生きてきた人間として、今回の審議が、どうぞ再び大政翼賛会のような形にならないように若いみなさんにお願いをしたい」(朝日新聞18年1月26日)』

<野中は、梶山官房長官らが首相官邸主導で新進党と合意・裁決にはいったこと及び社民党や共産党をのぞくすべての政党が充分な議論を経ずに賛成したことに反発・批判したかったとし、「沖縄の痛みや日本外交の今後を考えると、法案はもっと緊張感を持って通すべきだったと思い、警鐘を鳴らす意味を込めて削除覚悟であえて発言した」とのちに語っている。
 この発言は、小沢一郎率いる新進党側の要求により、国会会議録から消されている。(wikipediaより)>

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 
 
 そんな野中氏には、かつては天敵だった社会党の村山元首相や小沢一郎氏も含め、与野党の多くの議員が哀悼のコメントを出している。
 関連記事と共にアップしたい。

『情ある「影の総理」戦争経験から護憲訴え 野中広務さん死去

 「闘う政治家」のイメージが強かった野中広務さんだが、実際は「情」の人だった。戦争を体験し、京都府の旧園部町(現南丹市)の町議から地方政治の階段を一つずつ登ってきた生い立ちを主張や行動に色濃く反映させた政治家人生だった。折しも先の衆院選で自民党をはじめとする憲法改正に前向きな勢力が3分の2を超え、改憲がいよいよ現実味を帯びる中、情理をもって「憲法9条を変えてはいけない」と訴え続けた野中さんの言葉が一層重みを増す。

 2016年7月、改憲が焦点となった参院選。自民党候補の応援演説で、野中さんは「戦争を経験した私の命のある限り、憲法9条だけは守ってほしいと考えている。再び恐ろしい戦いで犠牲者を出す。そのようなことを日本民族は犯してはならない」と訴えた。現役時代そのままの舌鋒(ぜっぽう)の鋭さ、迫力を残していた。

 旧国鉄職員時代に召集され、陸軍上等兵で敗戦を迎えた。その経験が、戦禍にあったアジア、沖縄へのこだわりに表れた。「20世紀に起きたことは20世紀中に決着をつけたい」と中国や北朝鮮に何度も足を運んだ。

 国内で唯一地上戦があった沖縄には、特に思い入れが強かった。沖縄米軍用地特措法改正法案が野党の一部も加わり衆院で可決された時には、特別委員長として行った国会報告で「(戦前の)大政翼賛会のようにならないように」とクギを刺した。その真意は「圧倒的多数で決まっても、異論を持つ者の存在を示しておく。そのほうが、後々のためになる」。少数に配慮する保守政治の知恵を体現した。

 自らの歩みを「タケノコが一枚一枚皮を脱ぐように」と表現し、地方議員からたたき上げてきた経歴を自負した。旧園部町長、府議、副知事を経て、衆院議員初当選は57歳だったが、官僚や業界団体に人脈を広げ、党の選挙対策や利害調整に通じて力を付けた。袂(たもと)を分かった小沢一郎氏を、「悪魔」とまで批判して対立したことでも注目された。

 一方で官房長官時代には自由党党首(当時)だった小沢氏に「ひれ伏してでも」と低姿勢を貫いて自自連立を成功させ、参院の過半数割れを克服した。

 政敵に対しては猛烈に攻めたが、引き際も心得ていた。「けんか師」とも呼ばれた大胆な駆け引きは、要職に就きながらも地位に固執しない姿勢が支えた。党幹事長時代、加藤紘一元官房長官が野党提出の森喜朗内閣不信任案に同調しようとした「加藤の乱」を手際よく治めると、あっさり職を降りた。「影の総理」ともいわれ、実際、森政権末期には次期首相に取りざたされたが、固辞し続けた。

 規制緩和を進め、イラク戦争への自衛隊派遣を決めた小泉純一郎元首相を厳しく批判。03年の総裁選で自ら擁立した候補が小泉氏に敗れると、政界を引退した。その後もメディアで反戦、平和への思いを発信し続けた。安倍政権が憲法解釈を変えて集団的自衛権を使えるようにした安全保障法制には、「議会政治が崩壊する。死んでも死にきれない」「自衛隊員が命を落とすかもしれず、他国の人を傷つけるかもしれない法だ」と言い、後輩議員に「歴史を真剣に学んでほしい」と注文を付けていた。(京都新聞18年1月27日)』

『野中広務元官房長官の訃報が伝わった26日、与野党から悼む声が相次いだ。野中氏が政争で見せた「剛腕」と、「平和」を追求し「弱者」に寄り添った政治姿勢は党派を超えて後進に影響を与えた。(中略)
 
 自社さ政権当時、立憲民主党の枝野幸男代表はさきがけ、辻元清美国対委員長は社民党で野中氏と協力した。枝野氏は「野党、少数派の意見に耳を傾ける懐の深い大きな政治家だった」。辻元氏は「戦争だけは絶対あかん、憲法9条は絶対守るという意思が強い方だった。平和のともしびが消えてしまったかと残念でならない」。

 野中氏は安倍晋三首相の政権運営に批判的だった。自民党の竹本直一衆院議員は「党内の右傾化などを懸念されていたと聞いた。自民党のご意見番がいなくなるのは寂しい」。日本維新の会の下地幹郎氏は「沖縄の振興にも基地問題にも体当たりで尽力され、沖縄の人々の信頼を集めた。安倍政権が手本にすべき姿勢だ」と惜しんだ。【西田進一郎】(毎日新聞18年1月26日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『<野中広務さん死去>「保守の政治家の良心」村山元首相

 村山富市元首相は27日、26日に死去した野中広務元官房長官を悼むコメントを発表した。全文は次の通り。

 自治大臣や内閣官房長官、自民党幹事長など要職を歴任された野中広務さんが昨日亡くなったとの報に接しました。

 野中さんは、ハト派リベラル政治を目指した自社さ政権づくりに尽力され、村山内閣では、自治大臣、国家公安委員長として支えて下さり、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件などこれまで経験したことのない災害や事件に見舞われた際には、優れた政治力で陣頭指揮をとっていただきました。また、何よりも一人の政治家としても本当に親身に助けていただきました。

 常に社会的に弱い立場の皆さんに温かいまなざしを向けられ、また沖縄にも心を寄せられていたことが忘れられません。何よりも、ご自身の戦争体験から、反戦、護憲の筋を通された気骨のある信念の政治家でした。政治家の潔さが感じられる、保守の政治家の良心そのものという存在でした。引退後も今の政治に警鐘を鳴らされてきましたが、惜しい政治家を失ったことは本当に残念であり、一つの時代が終わったと感じます。

 心からご冥福をお祈り申し上げます。(毎日新聞18年1月27日)』
 
* * * *

『小沢一郎・自由党代表 私が政治改革を志して、その道を進み始めたときから、考え方や政治的な立場は異なったが、政治的手腕・力量は他の追随を許さず、同じ政治家としていつも感服していた。また、ご自身の体験・経験に裏打ちされた深い哲学・思想を持ち、常にそれに基づいて果断に行動されてきた信念の政治家。存在そのものに大きく重く説得力があった。』

『石破茂・元自民党幹事長 田中派事務所の職員として、野中さんの最初の選挙の1983年の衆院補選で、(京都府の)舞鶴に1カ月泊まり込んで選挙を手伝った。演説が非常に上手だった。弱者への思いやりとか、今の自民党から失われつつあるようなものを持っていた政治家だった。』

『辻元清美・立憲民主党国会対策委員長 野中さんは社会党委員長だった土井たか子さんとも非常に親しく、お二人とも戦争体験者で、戦争だけは絶対あかん、憲法9条は絶対守るという意志が非常にお強い方。平和のともしびが消えてしまった。日本のひとつの良心だった。この時代に、もう少し頑張ってほしかった。』

『野田聖子総務相 郵政相就任時も今回もとても喜んでくれた。お祝いに頂いた高級ペンは大臣室の私の傍らにある。尊敬する先生をまた一人失い、悲しい気持ちでいっぱいだが、「その分しっかりとした政治家になるんだぞ」といま一度背中を押されている気がする。』(朝日新聞18年1月27日)

 野中氏は、安倍首相が独裁的な政治を行なっていること、9条改憲を目指し、集団的自由権行使を容認、安保軍事強化をどんどん進めて行っていることを、沖縄を軽視していることをとても憂慮し、批判もしていて。安倍政権は早く終わった方がいいと考えて上げていた。<確か野田聖子氏が総裁に出ようとしていた時も応援していた。 今年の総裁選でも応援して欲しかったな~。(・・)>

 昔は、自民党内にもこういう重鎮、議員が何人もいて、首相や周辺にもしっかりと意見をしてたことから、。仮に自民党が圧倒的に多数を占めていても、バランス機能が保てる部分があったのだけど。
 残念ながら、安倍官邸にものを言える議員がほとんどいない今日この頃。自民党内にも、野中氏のことを思い出して、立ち上がる議員がどんどん出て欲しいな~と願っているmewなのだった。(@@)

   THANKS
 
                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-27 14:24 | 政治・社会一般 | Trackback

枝野、安倍の米国べったり、社会政策など批判+ナメる米軍、政府の飛行停止要求も無視

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   

 24日から与野党の代表質問が始まり、立憲民主党の枝野代表が初めて党首として質問に立った。 (・・)

 枝野代表は、代表質問では待機児童、労働政策、経済・社会政策、原発などなど様々な分野の問題に関して質問&主張をしたのだけど。安保政策や生活保護に関わる話の一部は、昨年12月に外国特派員協行なった記者会見の内容と重なる部分があった。

 今回は、その外国特派員協会で行なった会見の一部をアップしたい。

 mew的に注目して欲しいのは・・・

1・集団的自衛権の一部を行使容認した閣議決定と安全保障関連法制は、明らかに従来の解釈を論理的整合性なく変更したという点で立憲主義の破壊だということ

2・低収入の勤労者に合わせて生活保護を減らすのではなく、水準に達していない勤労者がいるとすれば、むしろそちらを改善することを考えるべきだということ

3・今の安倍政権はあまりにもアメリカに言いなりになっていると
 歴代の自民党政府はアメリカに対して卑屈ではないかと見られてきたが、特にこの状況が今の安倍政権になってから顕著であるということ

<また、いつか改めて書きたいが。日本は米国に守ってもらっているだけの片務的な関係になく、米国にとって脅威である極東地区に、基地や武器を置かせてあげて(思いやり予算まで払ってあげて)米国にとってもプラスになる防衛をさせてあげてる対等な関係にあるということもね。(++>

* * * * *

 米国べったり、で言えば・・・。今年にはいって、沖縄の米軍ヘリ事故+αの話を何回も書いているのだが。
 何分にも米国の(特にトランプの)ポチとまで言われる安倍内閣は、米軍に完全にナメられていることもあって、米軍をコントロールするどころか、ろくに話さえきいてもらえなくなっている様子。
 防衛省が、2回連続で不時着事故を起こしている同型のヘリの飛行停止を要求したにもかかわらず、24日にもそのまま飛行を続けているという。(>_<)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 まずは、枝野氏の話を・・・。

『安倍政権あまりにもアメリカの言いなり
2017.12.18 THE PAGE

 短い時間で、まず私の思う立憲民主党のアイデンティティーについて、お話をまずしたいと思います。

 1つは立憲主義をしっかりと貫くという党名にもつながっている考え方です。日本では残念ながら今の憲法の条文を変えるのか、それとも条文を変えることに反対するのかということで、憲法についての議論が長く続いてきました。世代、私まだ53歳と政治の世界では若いほうだと思うんですが、のこともあるかと思いますが、この二元論には非常に違和感をずっと覚えてきています。

 私は良く変わる、そして変える必要があるなら変えたらいいし、悪く変えるなら猛反対するという至極、当たり前のことをずっと言い続けてきています。むしろ憲法に関して大切なことは現に存在をしている憲法にしっかりと従って政治を行わなければならないということです。

 集団的自衛権の一部を行使容認した閣議決定と安全保障関連法制は、明らかに従来の解釈を論理的整合性なく変更したという点で立憲主義の破壊だというふうに思っています。こうしたことを許さないということが、われわれの1つの大きな柱です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 ただ、安全保障の問題だけではありません。例えば今、進んでいる予算編成の中で生活保護の給付を削ろうという動きが出ています。働いて収入を得ている人の所得の低い人たちに比べて、生活保護の給付のほうが額が大きいということを問題にしているようです。

 生活保護は憲法に規定のある健康で文化的な最低限の生活を保障する、という規定に基づく制度です。その給付額の水準は日本の社会において健康で文化的な最低限の生活と言える水準がどうしたものなのかということによって、判断をされるべきものです。働いて収入を得ても、その水準に達していない勤労者がいるとすれば、むしろそちらを改善することこそが立憲主義に基づく政府の役割であるというふうに思っています。

* 日米同盟を基軸とする現実的な外交安全保障政策の考え方について

 もう1つ関連して申し上げておきたいのは、われわれは集団的自衛権の一部行使容認や、あるいは憲法改正して集団的自衛権など自衛権の行使できる範囲を拡大するということには反対の立場でありますが、従来の個別的自衛権の範囲における自衛隊は、憲法上認められていますし、あるいは日米同盟は重要な2国間関係であり、これを健全に発展、強化させるべきであるという立場です。

 従って、日米同盟を基軸とする現実的な外交安全保障政策をベースとするということについては、明確に各国の特派員の皆さんにお伝えをしておきたいと思います。

 ただし、今の安倍政権はあまりにもアメリカに言いなりになっているということについては、大変問題視しています。日米同盟は対等な2国間同盟だと思っています。アメリカが日本を一方的に守っているという片務的な関係ではないと思っています。

 アメリカ政府としては、太平洋の西側に安定した米軍基地を置けることなど、日米同盟を結ぶことによって、アメリカの国益に大きに資する効果をもたらせていると。それに対して日本は自衛隊だけでは足りない部分のところの安全保障について、アメリカの協力を得ていると。お互いに対等な同盟関係だと確信をしています。

 歴代の自民党政府は、全体としてもアメリカに対して卑屈ではないかというような姿勢が見られてきたと思いますが、特にこの状況が今の安倍政権になってから顕著であるというふうに思っています。』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 安倍首相は、以前から何度も書いているように、もともと沖縄を軽視しているところがあるのだが。
 13年にオバマ大統領を訪問した際に、辺野古移設を推進すると約束。かなり強引に当時の仲井真知事、自民党県議などの考えを変えさせて、移設工事を進めようとしている。(-"-)
 また、一昨年来、米軍ヘリの不時着が多発(機体が大破、炎上した例も)しても、オモテ向きは抗議するものの、米軍が好き勝手するのを許しているわけで・・・。

 こんな風に卑屈なほど米国べったりの姿勢を続けると、哀しいほど軽~く扱われるようになってしまうのである。(~_~;)

* * * * *

 防衛大臣が飛行停止を要望。さらに、外務大臣が駐日米大使に電話して安全対策を要請したり、官邸まで批判の言葉をクチにするようになっているのに。ヘリコプターは、何事もなかったかのように飛び続けているという。(@@)

『小野寺防衛相、米軍ヘリの飛行停止申し入れ=河野外相、米大使に「極めて遺憾」

 小野寺五典防衛相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のAH1攻撃ヘリコプターが渡名喜島(渡名喜村)に緊急着陸したことを受け、緊急総点検の実施と、その間の同型機の飛行停止を申し入れたことを明らかにした。
 在日米軍のマルティネス司令官に対し、深山延暁地方協力局長を通じて要請した。

 河野太郎外相もハガティ駐日米大使に電話で、「米軍機の事故が頻発していることは極めて遺憾だ」と抗議。その上で、抜本的な再発防止策を講じるよう強く求めた。ハガティ氏は「米国防総省とも連携して再発防止策を取りたい」と応じた。

 菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、「地元に大きな不安を与えることで、極めて遺憾だ」と語った。(時事通信18年1月24日)』 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

BUT・・・『緊急着陸ヘリ同型機、飛行再開…停止要請応じず

 沖縄県・渡名喜(となき)島(渡名喜村)の村営ヘリポートに23日午後8時頃、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の攻撃ヘリ「AH1Z」が緊急着陸した問題で、防衛省は24日午前、在日米軍に対して同飛行場に所属する同型機の緊急総点検と飛行停止を求めたが、同日午後に同型機が飛行しているのが確認された。

 同省によると、午後2時50分頃に、同飛行場から同型機が飛び立つのを、同省職員が発見した。同省で、米側に事実確認を申し入れている。
 同県では、米軍機の事故やトラブルが相次いでおり、AH1Zは今月8日にも読谷(よみたん)村の廃棄物最終処分場に着陸している。(読売新聞18年1月24日)』

* * * * *

『<米軍ヘリ不時着>翌日に飛行再開、沖縄知事抗議

 沖縄県の渡名喜(となき)島(渡名喜村)の村営ヘリポートに23日午後8時ごろ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のAH1攻撃ヘリコプターが不時着した。同県内での不時着は今月3件目となる。日本政府は米政府に再発防止を重ねて求めているが、改善が見られず、危機感を募らせている。

 安倍晋三首相は24日の衆院本会議で事故が相次いでいることについて「沖縄県民の気持ちは十分に理解し、真摯(しんし)に受け止める」と強調した。

 同型ヘリが8日にも不時着していたことから、小野寺五典防衛相は同型機の緊急点検と点検終了までの飛行停止を米側に要請。在日米軍の全航空機の整備・点検の徹底も申し入れた。小野寺氏は記者団に「予防着陸と米側は言っているが、繰り返されており、あまりに多い」と米側を批判した。

 しかし、防衛省によると、AH1ヘリと同型機が24日午後、普天間飛行場から離陸し、飛行したことを確認した。政府関係者は名護市長選の告示が28日に迫っていることもふまえ、「これだけトラブルが続くのは本当にまずい」と話している。

 一方、翁長雄志(おなが・たけし)沖縄県知事は24日、上京。堀井巌外務政務官と外務省で会い、在沖縄米軍の全航空機の緊急総点検と飛行中止、事故原因の徹底究明を求める緊急要請書を提出した。翁長氏は「事故が相次いだことへの緊急要請を行うことにしていたところ、米軍ヘリが緊急着陸し、憤りを禁じ得ない」と怒りをあらわにした。堀井氏は「米側に安全面に最大限配慮するよう強く求める」と述べ、沖縄の基地負担軽減を進める政府の方針を改めて伝えた。

 翁長氏は杉田和博官房副長官とも首相官邸で会談し、在沖縄米軍基地の全航空機の飛行停止を改めて要請し、杉田氏は「申し訳ない」と陳謝した。翁長氏は会談後、不時着したヘリと同型機が、再度飛行したことについて「とんでもないことだ。県民は怒り心頭だと何百回も言ってきたが、一体何回こういう話をすればよいのか」と批判した。【秋山信一、梅田啓祐】(毎日新聞18年1月24日)』

* * * * *

『翁長雄志知事も那覇市内で、「米軍は制御不能で、管理監督が全くできなくなっているのではないか」と批判した』そうだが。(読売新聞18年1月24日)

 米軍は、少なくとも日本の政府や国民の要望に、真摯に耳を傾ける気はないのだろう。(-"-)

 そして、全国各地に米軍の軍用機やヘリが飛び交って、戦争準備を進めている今日・・・。もし安倍政権が続いたら、日本全国の国民も同じような目にあう可能性が大きいわけで。早く国民全体で抗議の声を上げないと、日本がアブナくなるぞ~と言いたいmewなのだった。(@@)

  THANKS

                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-26 08:11 | (再び)安倍政権について | Trackback

ネトウヨが議員になって、ウヨ受けの問題発言する時代~常識や人権意識のない人を議員に選ぶな

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   
【追記・ふと気づいたことに、米国ではネトウヨが大統領になってた~。(@@)】

 自民党や維新の会など超保守系の議員の中には、いわゆるネトウヨがそのまま国会議員or地方議員になったのではないかと思われるような人が少なくない。(~_~;)

 別に右or保守思想を持っていてもいいのだ。ただ、議員になった以上、公の場ではいかにもネトウヨ的な言葉、言い回し、ねじ曲がった主張はやめて、一般人にも通じる形でまともに自分の意見を言うべきではないかと思うのだけど。
 彼らは、「反日が」「サヨクが」「朝日がXX」。で、「朝日、死ね」と。ついには、サヨクの女性議員を「股裂きにしろ」「ポアして欲しい」(=殺して欲しい、だからね)と言い出す人まで現れたとか。(後述)(゚Д゚)

 本人は「ヘイトスピーチや、人権侵害について自覚がまったくなかった」と謝罪したそうだが。ヘイトスピートや人権侵害を意識、認識できない人は、議員になっちゃいけないと思う!(**)


 足立氏は、昨年11月、他のネトウヨ同様、朝日新聞が(安倍首相を潰すため?)モリカケ問題を捏造していると主張し、ツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿。

『学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題について審議した15日の衆院文部科学委員会で、日本維新の会の足立康史衆院議員(比例近畿ブロック)が質問に立ち、自民党の石破茂元幹事長、希望の党の玉木雄一郎代表と立憲民主党の福山哲郎幹事長を名指しして「犯罪者だと思っている」と発言した。
 「総理のご意向」などと記された文部科学省の文書の存在を報じた朝日新聞の記事についても「捏造(ねつぞう)」と繰り返した』のである。(朝日新聞17年11月16日)

 mewは、維新の会は、ああいう政党なので仕方ないとしても、何故、ああいうトンデモない発言を繰り返す人を衆院議院や有権者、メディアが放置するのか不思議でならない。(-"-)

 これが地方議員になると、もっと辛らつな表現をするウヨウヨが存在するようで。<政治ブログの世界にもいるよね。^^;>
 今回は、奈良の安堵長の町議の話を取り上げるのだけど・・・。

 その前に、いったいその地域の有権者の人は、一体どういうつもりで、その議員を選出しているのか。このように、そこら辺のネットでクダ巻いているようなウヨと同じような主張をした方がいいと思って、評価するのか。<本人は、評価されるので、その気になって、ますますエスカレートしたことをを書くようになってるようだし。>
 その辺りのことを是非是非きいてみたいと思ったりもするmewなのである。(-"-)

* * * * *

 昨日、メディアで取り上げられてた奈良県の安堵町議のFBには、立憲民主党の特定の議員に対して、「極悪非道の在日Korean」と決め付けた上、「両足を牛にくくりつけて、股裂きの刑にしてやりたい」「ポアして欲しい」などと書き込み。
 
 しかも、TBSが取材に行くと、「自分自身が不勉強で、ヘイトスピーチや、人権侵害について自覚がまったくなく」と反省、謝罪の意を示したのであるが。
 すぐに「この人らは言うたら工作員ですよ。国会議員でありながら。私から言わすと、反日勢力が今回の事態を拡散させている。私をつぶそうとしている」「日本のために、フェイスブックもやっていたつもりで。議員を辞職して、責任を取るという方法もあるが、それだったら左翼の思うつぼなので」とか、ネトウヨ仲間との話で出て来そうな発言を連発して。何とか自分を正当化しようとしているのだ。(-"-)

<TVカメラの前で、いきなり泣き出したりするし。保守の風上にもおけないね!(`´)>

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 


『奈良・安堵町議がFB投稿「股裂きの刑にしてやりたい」

 奈良県安堵町の町議会議員が、特定の国会議員を在日コリアンと決めつけ、フェイスブック上で「股裂きの刑にしてやりたい」などと投稿していたことがわかりました。

 安堵町の増井敬史町議は今月20日、特定の国会議員を名指しし、「極悪非道の在日Korean」「両足を牛にくくりつけて、股裂きの刑にしてやりたい」などとフェイスブックに書き込みました。また、オウム真理教で殺害の意味で使われていた言葉を使って「ポアして欲しい」という投稿も。JNNの取材に対して町議は・・・

 「議員は公人であるという自覚がなく、Facebookが世界に発信しているということで、一般人の感覚でしか捉えていなかった」(安堵町 増井敬史 町議)

 増井議員は、書き込みに不適切な表現があったことを認め、謝罪しました。町議会は26日、全員協議会を開いて、増井議員の処分について話し合う方針です。(TBS18年1月24日)』
* * * * * ☆

『奈良・安堵町議がヘイト書き込み、涙ながらに弁明 J-CAST

 (前略)批判を受け、書き込みは削除されましたが、24日朝、本人を直撃すると・・・
 「お騒がいたしました。誠に申し訳ございません。深く反省しております。自分自身が不勉強で、ヘイトスピーチや、人権侵害について自覚がまったくなく」(増井敬史安堵町議)

 開口一番、謝罪の言葉を口にしますが、名指しで批判していた国会議員について尋ねると・・・
 「この人らは言うたら工作員ですよ。国会議員でありながら。私から言わすと、反日勢力が今回の事態を拡散させている。私をつぶそうとしている」(増井敬史安堵町議)

 そして、進退について記者が質問すると・・・
 「頑張ってきたつもりなんですが・・・。日本のために、フェイスブックもやっていたつもりで。議員を辞職して、責任を取るという方法もあるが、それだったら左翼の思うつぼなので」(増井敬史安堵町議)

 町議会は、ヘイトスピーチに当たる内容で、議員としての資質に問題があるとして、26日の全員協議会で対応を話し合う予定ですが、辞職勧告が出る見込みが高いと言います。
 「安堵町議会に汚点を残した、本人の責任問題になってくる」(安堵町議会 森田瞳議長)

 相次ぐ地方議員の不祥事に、有権者はあきれるばかりです。(TBS18年1月24日)』

* * * * *

 しかも、この「股裂き」謝罪の増井敬史町議はFBの他にも大量のアブナイ発言をしていたというのである。 (・o・)

『「股裂き」謝罪の増井敬史町議 FBでは他にも、大量の発言が
投稿に批判が集まった増井敬史町議のフェイスブック

 奈良県内の町会議員が、某野党の国会議員らを名指しして「売国議員」「股裂きの刑にしてやりたい」などとフェイスブック(FB)に投稿し、批判を受けて削除した。
 この議員、どういう人物なのか。FBを確認すると、他にも気になる内容が見受けられ、なかなかのヘビーユーザーであることもうかがえた。

■「保守系の日本人の方のみ、友達募集しています」

 安堵町の増井敬史町議(59)は2018年1月20日、ある女性の野党国会議員の名前を明記して、「売国議員」だとして

  「正にはらわたが、煮えくりかえる!」
  「両足を牛にくくりつけて、股裂きの刑にしてやりたい!」

と書き込んだ。また、かつて政府要職を務めた男性の野党国会議員に対しても、

  「ポアしてほしい」

と、オウム真理教で「殺害」の意味で使われた言葉で批判的に取り上げた。

  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 こうしたFB内容に対してはネット上で批判が出て、町や町議会の幹部らが23日までに本人へ事情を聞いた。増井議員は内容を削除した。23日夜から24日にかけ、共同通信やNHKなどが報じた。増井議員は、TBS系ニュースネットワーク(JNN)の取材に対し、

  「議員は公人であると自覚がなく、FBが世界に発信しているということで、一般人の感覚でしか捉えていなかった」(24日放送)

と答えた。番組によると「涙を流しながら」謝罪した。

 増井議員は、自身のFBや町の公式サイトなどによると、2015年の町議選で無所属で初当選。仕事は農業で「米作りも」している。FBは17年4月から始め、「保守系の日本人の方のみ、友達募集しています」
とアピール。出身高校として、大阪市内の高校名をあげている。

 直近のFBをみると、削除対象となった更新が含まれる20日で残っているものは、評論家の講演会の紹介など2件だったが、19日には9件、18日には10件の更新があり、更新以外にも「写真の追加」やシェア、コメント内容の報告なども結構な数にのぼる。未明の2時、3時や早朝の5時台の作業も目に付く。

  「民進党の議員の能力が著しく劣っているからです」

 19日の更新では、東日本大震災(2011年)の際の当時の民主党政権の対応を批判する内容のブログ引用などを2000字以上にわたってたっぷり紹介。中には「菅政権は東電が原発を爆発させたという偽ニュースを報道させ、国民のほとんどがこの嘘を信じた」といった記載もあった。

 18日には、「ねずさんのひとりごとより」として、

 「日本がおかしくなりはじめたのは、そうした皇民教育を受けない戦後世代が、社会の中核を担うようになったからのことです」
などと2500字以上の長めの「論考」を載せている。

 他にも、『売国議員』(カミカゼじゃあのwww、青林堂)をアマゾンで買ったので「順次、要約を投稿します!」といった投稿や、

  「中国は、日本の国難に乗じて、侵攻しようとしとは、恐ろしいですね」「私は嫌韓です」
  「民進党の議員の能力が著しく劣っているからです」
  「工作員による、日本の歴史を捏造・自虐史観を刷り込みする戦略が進められていると考えるべきだと思います」

と、増井議員が書き込んだコメントなども確認できる。韓国や共産党、NHK、朝日新聞などをバッシングするような画像の転載や、他にも、安倍晋三首相のFBをそのまま紹介する更新もあった。

 共同通信の23日記事によると、増井議員は今回の「売国議員」投稿について、

  「言葉のあやだ。自分の投稿にファンがいて興奮して書いた」

と回答している。J-CAST18年1月24日(水) 』

* * * * *

 こういうおXXなネトウヨ系は、同じネトウヨに評価されたり、ウケたりすることを何よりの喜びとしているため、今回のように自分の立場を忘れて、問題のあるようなことを書いてしまうようなのだが。
<安部首相のFBも、それに近い書き込みがなされることがある。ある意味で、安倍首相の政治自体、超保守仲間にウケることを最重要視して行なわれてるしね~。(>_<)>

 でもって、思想の左右は問わず、まずは人間としてまともな人を、国会・地方議員に選んで欲しいと思うmewなのだった。(@@)

         THANKS
 
                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-25 15:06 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

安倍、明治ロマンを前面に。国民を働かせ、軍事強化して富国強兵。「新しい国創り」目指す施政方針演説



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   

【全豪OP、女子S大坂なおみは4回戦で1位のハレプと当たり、いいところを封じられて、ストレート負けしてしまった。やっぱ、ハレプはうまい&強いな~と再認識させられた一戦だったです。
 女子ダブルスの青山組は敗退したものの、男子ダブルスでマクラクラン勉組が第一シード・ペアを破ってベスト4に。(M勉は、17年に国籍をニュージーランドから日本に変更。日本のダブルス要員として期待されている。)
 また男子Sでは、58位、21歳の韓国のチョン・ヒョンがジョコなどを破って、何とベスト4に進出。 (・o・) 錦織は去年の全仏3回戦で当たってかなり粘られ、フルセットの末、やっと下したのだけど。今年はさらに手ごわい相手になりそうだ。(~_~;)】

* * * * *

 22日、今年度の通常国会がスタート。初日には、安倍首相と3閣僚の施政方針演説が行なわれた。 (・・)

 戦前志向が強く、明治ロマンに浸っている安倍首相は、年頭所感などにつづき、今回も明治150年を意識して明治時代の人たちやその功績を前面に出した演説を展開。
 彼らは「維新=革命」だと勘違いしていることもあり(本当は時代に逆行する王政復古なのに)、今年は政策名にも「働き方改革」「人づくり革命」「生産性革命」など、やたらに「改革」や「革命」という名をつけている。 (・・)

<あと第一次政権の時の「美しい国創り」という名が不評で失敗したので、今度は「新しい国創り」という名に変えた。>

 今年の演説では、さすがに「アベノミクス」という言葉がほとんど出て来ず。代わりに経済・社会政策として「働き方改革」「教育無償化」「生産性向上」「地方創生」などに力を入れることを強調していたのであるが。<ほぼ民主党政権に近い政策だよね。^^;>

 実際のところ、安倍首相が力を入れたいのは、明治維新の頃に遡り、「強い日本を取り戻す」ために「富国強兵」政策や、それを補強するような教育、外交政策を重視した「新しい国創り」。そして、戦後体制を壊すための「憲法改正」だ。(@@)

 さすがは産経新聞で、(他の新聞はスル~していたのだが)この辺りのことをしっかりとピックアップした記事を出していたので、それもアップしておきたいと思う。(++)

 そして、どうかひとりでも多くの一般国民に、安倍首相のホンネ、アブナイ思想を知って欲しいと願っている。 (・・)

* * * * *

『「働き方改革国会」安倍首相が施政方針演説

通常国会が22日召集され、安倍首相は、働き方改革の関連法案の成立に全力を挙げる方針を示した。
安倍首相は「『働き方改革』を断行する。子育て、介護など、さまざまな事情を抱える皆さんが、意欲を持って働くことができる、誰もがその能力を発揮できる、柔軟な労働制度へと抜本的に改革する」と述べた。

安倍首相は、この「働き方改革」を「70年ぶりの大改革」だとして、「同一労働同一賃金」などの実現に意欲を示した。

また、憲法改正については、各党に具体案の提示を呼びかけ、国会での議論の進展に期待を示した。
安倍首相は「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法。各党が、憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において、議論を深め、前に進めていくことを期待している」と述べた。
さらに、北朝鮮問題に関しては「重大かつ差し迫った脅威」だとして、「いかなる挑発行動にも屈することなく、毅然(きぜん)とした外交を展開する」と表明した。(FNN18年1月23日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『安倍首相「働き方改革」に全力=日中関係改善に意欲―施政方針演説・通常国会召集

 第196通常国会が22日召集された。

 安倍晋三首相は施政方針演説で、今国会の最優先課題に据える「働き方改革」や、教育無償化などを柱とする「人づくり革命」を実現させる考えを強調。憲法改正に関しては、与野党に具体案の提示を呼び掛けた。今年、日中平和友好条約締結から40周年に当たり、日中関係改善への意欲も示した。

 会期は6月20日までの150日間。首相は通常国会を「働き方改革国会」と位置付け、関連法案の成立を期す方針。演説では「誰もがその能力を発揮できる、柔軟な労働制度へと抜本的に改革する」と訴えた。

 少子高齢化を克服するため、来年10月に予定される消費税増税による増収を活用し社会保障制度改革を推進すると表明。介護や子育ての環境改善にも取り組むとした。幼児教育無償化の対象に関しては「この夏までに結論を出す」と述べた。

 憲法改正については「各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において議論を深め前に進めていくことを期待する」と表明した。

 首相は、北朝鮮の核・ミサイル開発を「重大かつ差し迫った脅威」と指摘。「安全保障環境は戦後、最も厳しい」とし、「完全、検証可能かつ不可逆的な方法で計画を放棄させる」と述べた。昨年の衆院選で北朝鮮問題を「国難」と表現したが演説では触れなかった。

 日中関係に関し「新たな段階へと押し上げる」と改善へ意欲を示した。中国が提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」を念頭に「中国とも協力して、増大するアジアのインフラ需要に応えていく」と語った。(時事通信18年1月22日)』

* * * * *

『野党「富裕層を優遇」と批判=施政方針、与党は具体化表明

 安倍晋三首相の施政方針演説を受け、主要野党は22日、安倍政権が掲げる政策は「強い者をより強くし、豊かな者をより豊かにする方向が明確ではないか」(枝野幸男立憲民主党代表)などと一斉に批判した。
 これに対し、与党は首相の方針に沿い、看板政策の「人づくり革命」などの具体化に取り組む考えを示した。

 枝野氏は国会内で記者団に「社会を下から支えて押し上げ、格差を小さくすることで消費を喚起していく道を明確に示し、対峙(たいじ)していく」と表明。民進党の大塚耕平代表は首相が重視する「働き方改革」について、「働く者にとっての改革になればいいが、働かせる側にとっての改革では困る」と述べ、審議でただす意向を示した。

 また、希望の党の玉木雄一郎代表は「5年も首相を務めているが、中身に新しいことはなかった。永遠の道半ばだ」とアベノミクスをあてこすった。共産党の志位和夫委員長は、首相が言及した生活保護世帯への支援拡大を挙げ、「やっていることと全く正反対のことを平気で言う。不誠実な演説だ」と酷評した。

 一方、自民党の岸田文雄政調会長は「(少子高齢化対策などで)具体的な取り組みをしっかり進める」と記者団に強調。公明党の山口那津男代表は「働き方改革の方向性をはっきり打ち出した」と評価し、2018年度予算案の早期成立に全力を挙げる考えを示した。(時事通信18年1月22日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 でも、安倍首相&超保守仲間たちのホンネは、ここにあるのだ。(**)

『【施政方針演説】安倍首相「国創り」に決意 「旧敵」会津人も取り上げ「国難」に立ち向かう意思示す
 「明治の先人たちに倣って、もう一度、あらゆる日本人にチャンスを作ることで、少子高齢化もきっと克服できる。今こそ、新たな国創りの時です」

 安倍晋三首相は22日の施政方針演説の冒頭で、こう呼びかけた。最近の首相は明治の先人に自身の立場を重ねることが多い。

 日本はいま、急速に進む少子高齢化と核・ミサイル開発に邁進(まいしん)する北朝鮮からの安全保障上の脅威という2つの「国難」に直面する。150年前に成立した明治政府が国内の急速な変化への対応を迫られ、欧米諸国の脅威にさらされた状況も「国難」だった。

 その明治政府は、出自や貧富の差にかかわらず、多くの優秀な人材を育て、登用することで近代化を遂げ、国難を乗り切り、国のかたちを作り上げた。

 安倍首相は演説で、48歳で東京帝国大(現東大)総長となった山川健次郎(1854~1931年)に言及した。山川は会津藩の白虎隊の一員として官軍と戦った後、貧しい若者や女性に活躍の場を開いた立志伝中の人である。山口県(長州藩)出身の首相が、あえて「旧敵」、会津藩出身の山川を取り上げたのは、意見が対立する野党の主張も尊重し、共に「国難」に立ち向かう決意を示すためだろう。

 明治150年の節目にあたる今年、安倍首相はこれまで以上に歴史の重みをかみしめていよう。

 決意には当然、憲法改正も含まれる。安倍首相は各党による改憲議論の前進を求めたが、そろそろ議論のための議論にいたずらに時間を費やすのはやめ、一歩踏み出すべきではないか。

 気になるのは最近、明治維新を評価する見方を「復古主義」と決めつけて警戒感をあおる傾向だ。明治時代のあり方がまるで先の大戦を招いたといわんばかりの論調も見受ける。希望の党の玉木雄一郎代表は、第1次安倍内閣が掲げた「戦後レジーム(体制)からの脱却」をもじって「明治レジームからの脱却」と述べているが、あまりに言葉が軽くないか。

 安倍首相は演説を、自身に課された責任を果たす決意を込めて次の言葉で締めくくった。

 「未来は、与えられるものではありません。私たち一人ひとりの努力で創り上げていくものであります。私たちの子や孫たちのために、今こそ新たな国創りを共に進めていこうではありませんか」(田北真樹子)(産経新聞18年1月23日)』

* * * * *

 安倍第二次政権になって、日本の戦後体制・・・民主主義、平和主義、人権尊重主義がどんどんと後退。戦前へと逆戻りしつつあるのだが。
 どうか明治まで100年以上も、時計の針を戻して、日本の国や国民にとって何より大切な民主主義、平和主義、人権尊重主義が衰退してしまわないように、与野党問わず、ちゃんとアタマが働く&心ある政治家には頑張って欲しいと。心あるメディアや識者にも頑張って欲しいと。
 そして何より、国民自身が戦前回帰しなようにという強い意識をもって、頑張らないといけないと思うmewなのだった。o(^-^)o

  THANKS

                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-24 16:37 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

米大佐「車も故障する」と。ヘリ事故増加や小学校上の飛行も否定で、焦る安倍自民。市長選に影響も

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   
【昨日23日、草津白根山で予想外の噴火が起き、多数の噴石が飛んだり、雪崩が起きたりして、1人が死亡、11人が負傷した。被害者の方々にお見舞い申し上げると共に、早く噴火がおさまるように祈っている。また周辺の方々に新たな損害が生じないように、過度な風評被害などもないようにと願っている。】

 昨日の『沖縄で自民系現職市長が負ける+米軍の事故対応悪し+名護市長選、公明は自民系に投票するの?』の関連記事を・・・。

 22日に沖縄の南条市長選で、自民党系現職市長が移設反対派の候補に敗北。28日に名護市の市長選が告示(2月4日投票)されるのを控えて、安倍内閣&自民党があわてている。(@@)

 辺野古のある名護市では移設反対の声が根強い。しかも、昨年来、米軍ヘリに関わる事故が増えている上、今年にはいっても、不時着事故など問題が相次いでいることから、沖縄県民の反発が強まっているからだ。 (・・)

<19日には沖縄県議会が、23日には普天間基地のある宜野湾市議会が、自公も含む全会一致で、抗議決議と意見書を可決。自公もこれらの件では、抗議せずにいられない状況にある。^^;(*1)>

* * * * *

 日本国内では沖縄県を中心に近時、米軍機の事故が明らかに増えている。<昨年は25件で、前年11件の2倍以上。>
 米軍側は事故が減っているなどと言っていることから、防衛省は22日に事故の件数が倍増しているという独自調査の結果を公表するに至った。(**)
 
<ただ、在日米軍の大佐は22日も「事故の数は減っている」「車も故障する。未然にチェックするのは厳しい」などとほざきやが・・・もとい、言ってたとか。 (・o・) そもそも車と軍用ヘリを比べること自体、ふざけているというか、ナンセンスでしょ~。(`´)>

 さらに、先月、宜野湾市の普天間基地近くの小学校の校庭に、米軍ヘリの窓枠が落下する事故が起きたのを受けて、米軍は小学校上を飛ばないと約束したはずなのだが。早くも先週18日に、米軍ヘリが小学校上を飛行したのを、防衛省の監視員が目撃することに。(゚Д゚)

 ところが、米軍はこれを否定し、航跡データを示して来たとのこと。防衛省は証拠となる映像を公開して反論していたのだが。名護市民を含め、沖縄県民は、果たして防衛省がどこまで米軍に迫れるのか、見ていることだろう。(++)

 しかも、そんな中、何と昨夜、今度は渡名喜島(那覇から60kmの島)のヘリポートに米軍ヘリが不時着をしたとのニュースが。(゚Д゚)
 機体の異常を示す警告灯がついたため、不時着を行なったようなのだが。今年にはいって3回目の不時着になるだけに、県民も唖然としている様子。同時に、このような状況が続けば、大きな事故がつながりかねないと不安を募らせているようだ。_(。。)_

 どうも米軍ヘリの事故が多発している背景には、米国の軍事政策や予算削減に伴う整備不良、機体の老朽化、人材の劣化などにあるようなのだが。<こんな状態で、北朝鮮と戦争できるのって感じ。^^;>

 今、オスプレイを含め、米軍ヘリは全国各地で訓練や活動していることから、このような問題は決して沖縄だけのものじゃないし。どうか全国の国民に警戒や意識、そして後押しをして欲しいと願っている。(**)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『小学校上空ヘリ飛行 政府・与党、米側に反論 名護市長選控え神経とがらす

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)所属の米海兵隊ヘリコプターが隣接する市立普天間第二小学校の上空を飛行したことについて「カメラの記録や監視員の目視により、小学校上空の飛行を確認したと報告を受けている」と述べ、飛行を否定する米側に反論した。政府・与党は猛反発しているが、背景には普天間飛行場の名護市辺野古移設が争点となる名護市長選(28日告示、2月4日投開票)への影響を避けたいとの思いがある。

 小野寺五典防衛相も記者会見で米側に証拠となる映像を提供したと明かし「ヘリの腹がはっきり見える形で上空を飛んだ場合、子供たちや先生、父母は心配すると思う。あってはならないことだ」と怒りを募らせた。自民党の竹下亘総務会長は「きちんとした配慮を(米側に)求めていくべきだ」と不快感を示した。

 沖縄では昨年12月に米軍ヘリが普天間第二小の運動場に窓を落下させるなど、米軍機によるトラブルが相次いでいる。政府・与党幹部が神経をとがらせるのは、これ以上の県民感情の悪化は名護市長選だけでなく、今秋に控えた県知事選などの結果に直結しかねないとの懸念があるためだ。

 衆院安全保障委員会の与野党メンバーは19日、普天間第二小や6日に米軍のUH1ヘリが不時着したうるま市の伊計島海岸を視察した。沖縄県の翁長雄志知事は安保委の視察団と県庁で面会し、米軍について「事件事故を真剣に取り合っているように見えない。良き隣人ではない」と憤った。

 自民党幹部は「一連の選挙で翁長氏を支えるオール沖縄勢力に敗れれば、米軍自体の運営にも支障をきたす。なぜそんな簡単なことが分からないのか」と飛行自粛に応じない米側へのいらだちを募らせている。(産経新聞18年1月20日)』

* * * * *

『<米軍機>トラブル倍増 17年25件、幹部説明と矛盾

 在日米軍所属のヘリコプターや航空機による事故・トラブルが2017年に25件発生し、11件だった前年の2倍以上に達したことが、防衛省の独自調査で明らかになった。今年も既に少なくとも2件の不時着が発生している。米軍幹部は「事故は減少傾向」と発言していたが、米側の認識の甘さが浮き彫りになった。

 昨年は、10月に沖縄県で米軍の大型輸送ヘリコプターCH53Eが民有地に不時着し炎上。垂直離着陸輸送機オスプレイの緊急着陸も相次いだ。年明け以降も今月6日と8日に沖縄県でヘリの不時着が相次いだ。

 発生件数をめぐっては、小野寺五典防衛相が今月9日(日本時間10日)に米太平洋軍のハリス司令官とハワイで会談した際、「昨年来、米軍の事故が相次いでいる。住民の安心のためにも安全な航行をお願いしたい」と要請したが、ハリス氏は「事故は減少傾向にある。16年に30件以上の事故があったが、17年は23~25件だった。事故の減少は米軍が安全第一に運用している証しだ」と反論していた。

 ハリス氏の発言を受けて、防衛省は独自に調査を実施。ハリス氏が引用した統計の根拠は不明で、太平洋軍全体や小規模な事故を含めて発言した可能性もある。防衛省の照会に米側は未回答だという。

 米有力シンクタンク「ヘリテージ財団」が17年10月に公表した報告書では、米海兵隊などの事故多発について分析。予算削減の影響を指摘する。作業員や部品が不足して整備が間に合わず、海兵隊のヘリや航空機は「16年末時点で41%しか飛行できない状況だった」と指摘。老朽化した機体を使い続け、操縦士の訓練不足が慢性化することで、「事故の危険が増している」と指摘した。米軍内の規律の緩みを懸念する声もある。昨年12月に沖縄県宜野湾市の小学校の校庭に米軍ヘリの窓が落下した原因は、窓を固定するワイヤを紛失していたという初歩的な不注意だった。【秋山信一】(毎日新聞18年1月22日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

『米大佐、事故多発に反論「車も故障する」 トラブル倍増指摘の日本側とずれ

 在沖縄米海兵隊政務外交部長のダリン・クラーク大佐は22日、沖縄県議会が相次ぐ米軍機の事故などに対して抗議したのに対し、「事故の数は減っている」「車も故障する。未然にチェックするのは厳しい」などと述べた。大佐の発言は、県がまとめた県内の米軍機事故件数の推移や、在日米軍機のトラブルが倍増しているとする防衛省の見解とずれがある。不具合が墜落などの重大事故につながる航空機と、地上を走る車とを同列にも論じており、批判が高まるのは必至だ。

 県議会の議員団が22日に北中城村のキャンプ瑞慶覧を訪れ、米軍機の不時着などに対する抗議決議と意見書を手渡した際に、クラーク大佐は一連の発言をした。さらに普天間第二小上空の米軍ヘリ飛行に対して、空撮地図上の航跡データを示し上空飛行を重ねて否定した。日本政府はカメラ映像などから、上空を飛行したと説明しており、依然として食い違いが続いている。県議団はその場で航跡データの提供を求めたが、大佐は応じなかった。

 県議団の話を受け、中嶋浩一郎防衛局長は「監視要員がしっかり見ているし、カメラでも確認している。どう考えても上空だ。決してかすめているという問題ではない」と上空を飛んだとの見解を改めて示した。

 仲宗根悟県議によると、航跡データは数秒ごとに発信される信号を基に点線で示されており、普天間第二小と普天間中の間を縫うように描かれていた。飛行した3機のどの機体のデータかなど、具体的な説明はなかったという。(琉球新報18年1月23日)』

* * * * *

『小野寺氏「どこ飛んだか把握できず」 米軍提示した飛行否定の航跡図 改めて学校上空飛行確認を強調

 【東京】小野寺五典防衛相は23日の会見で、米軍ヘリが18日に普天間第二小上空を飛行した問題を巡り、上空飛行を否定する米軍から提示された航跡データを確認したと明らかにした。その上で「それがどこを飛んでいるかどうかというのは私自身は把握できなかった」と述べ、改めて防衛省としては学校上空の飛行を確認したと強調した。

 小野寺氏は沖縄防衛局の職員3人や監視カメラで確認しているとした。米側に提供した監視カメラの映像に対する反応は23日午前までにはないという。【琉球新報電子版18年1月23日)』

* * * * *

『米軍ヘリ、また不時着 3週間で3回目 沖縄・渡名喜 村営着陸帯に

 23日午後8時5分ごろ、沖縄県渡名喜村内の村営ヘリポートに米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリコプターが不時着した。県警によると乗員は2人で、けがはない。防衛省関係者によると、米軍は「警告灯が点灯し、予防着陸した」と説明しているという。県内では昨年から米軍機の事故、トラブルが相次いでおり、県内から強い反発が上がるのは必至だ。

 村関係者によると、搭乗していた米兵は「油圧系統の異常を感じた」と話しているという。不時着したのは漁港そばの村営ヘリポートで、村立中学校から約300メートルほどの場所。機体のそばには2人の米兵がいたという。同型機は8日にも読谷村内に不時着している。(琉球新報18年1月23日)』<

 おそらく日本政府は、名護市長選のことも考えて、整備強化や安全確認、それらが済むまでの飛行中止などを強く要請するだろうが。トランプべったりの安倍内閣は、米国、米軍にすっかりナメられていることから、どれだけまともに応じてくれるかは、「???」。

 そして、沖縄県民はもちろん、日本国民の安全確保のためにも、野党やメディアは、これらの問題を国会や番組でしっかり取り上げて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)
  
 THANKS

                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2018-01-24 08:05 | (再び)安倍政権について | Trackback