人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

安倍政権の潮目が変わって来た+桜を見る会が、印象あるニュース1位に+来年はIR収賄とW追及


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 いよいよ今日で2019年も終わりを迎える。(・o・)

 ブログを訪れて下さった方々には、今年も1年有難うございました。m(__)m

 今年は、個人的には、何だか1年が過ぎるのが本当に早かった。昨日、家族と話してたけど、まだ去年の12月から1ヶ月も立っていないような感じ。
 個人的には昨年、今年とちょっとショックなことはあったんだけど、何かピンと来てないし。^^;

 今年、参院選やラグビーWCがあったと言われても、「そうだっけ?」みたいな。令和に代わった実感もないし。困ったもんです。_(。。)_

<ぽ~っと生きてるからなのかな~。<日々、仕事や生活や趣味などに追われて、懸命に生きてるからってことにしよう!(^^)>

 政治的には、相変わらず、安倍政権が続いていて。何か憲政史上最長記録とか作っちゃったみたいで。何度も書いてしまうけど、ホント、国民として恥ずかしい&情けない。(ノ_-。)

* * * * *

 ただ、今年9月、安倍首相が内閣を改造してから、チョット潮目が変わって来たようにも思える。(@@)

<今年は9~10月に台風による災害もひどかった。まだ復旧途上の地域も多いようで、案じているです。>

 10月には、菅原経産大臣、河井克行法務大臣が公選法違反などの疑いで相次いで辞任。
 
 11月からは「桜を見る会」に関わる問題が次々と出て、大きく波紋が広がることに。しかも、これまで安倍攻撃に消極的だったTVメディアも、毎日のように取り上げるようになったのが大きかった。

 そして12月には、共通テストにおける英語の民間試験導入の見直しを決めたのに続き、国数の記述式出題の見送りも発表。安倍内閣(安倍盟友・下村元文科大臣)の入試改革の2つの目玉が実施されずないことになった。
 
 さらに、年末になって、9月までIR副大臣だった秋元司氏が、収賄罪で逮捕されるという事態が。これは、少し弱り気味だった安倍自民党に、(ボディに一発見舞われるような9「うっ」という感じの)ダメージを与えることになったのではないかと思う。<河井案里氏の捜査開始もね。>

 そして、何事も「問題ない」と、鉄壁のガードを誇っていた菅官房長官の力も、かなり弱ってきた感じが・・・。

 これは、うまく行くと、来年にも安倍退陣があるかも?(・・) <期待込み>

* * * * *

 そのためには、いかに「桜を見る会」や「元IR副大臣の逮捕」の問題を、来年まで国民に覚えておいてもらうかということが、大きな課題になるかも知れないのだが・・・・。

 「政治山」が、今年、最も印象に残ったニュースに関する記事を出していたので、今年を振り返るためにも、ここにアップしたいと思うのだが。
 
 何と1位になったのは「令和」でも「ONE TEAM」でも「桜を見る会」だったという。(・o・)
<まあ、「政治山」ユーザーへのアンケートってこともあるだろうけどね。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『2019年最も印象に残ったニュースは「首相主催の『桜を見る会』で批判」

12/27(金) 政治山

 政治山では主に政治・社会分野に焦点を当て、「2019年の主な出来事で、最も印象に残っているニュースは次のうちどれですか?」といった内容で、政治山ユーザーにアンケートを実施しました。

 もっとも多かったのは「首相主催の『桜を見る会』で批判」28.3%で、続いて「天皇即位、平成から令和へ」22.8%、3位は「消費税率10%へ引き上げ」16.3%という結果でした。

 流行語大賞に「ONE TEAM」が選ばれ、相次いで災害に見舞われた列島を元気づけた「ラグビーW杯日本大会開催」7.6%が4位に入りました。来夏には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、世界的スポーツイベントの日本大会が続きます。

 2020年、世界に目を向けると、近隣諸国では1月に台湾総統選挙・立法委員選挙、4月に韓国総選挙、9月に香港立法会選挙が行われます。また、11月にはアメリカ大統領選挙が行われ、トランプ大統領が再選を果たすのか、民主党が政権を奪還するのか、その結果に注目が集まります。

「2019年最も印象に残っているニュースは?」のアンケート結果

徴用工問題で日韓関係悪化4.9%

政府基幹統計に不適切調査が発覚2.7%

天皇即位、平成から令和へ22.8%

「老後資金に2000万円必要」報告書公表3.8%

第19回統一地方選挙・参議院議員選挙4.3%

あおり運転、高齢者ドライバー事故相次ぐ3.3%

ラグビーW杯日本大会開催7.6%

消費税率10%へ引き上げ16.3%

キャッシュレス決済サービスの拡大1.6%

東日本で台風・大雨被害2.7%

大学共通テスト英語民間試験見送り1.6%

首相主催の「桜を見る会」で批判28.3%

回答数:184
調査期間:2019年12月10日~2019年12月24日
調査方法:政治山クリックリサーチ(択一方式の簡易アンケートシステム)』

<政府の基幹統計や2000万報告書も、都合の悪い情報は隠すという、いかにも安倍内閣らしい問題でしたね~。(-"-)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 安倍首相は27日、菅官房長官と共に、恒例の維新の松井代表&橋下徹氏と会食を行なったのだが・・・。

『首相と菅長官、橋下氏や維新の松井代表と会食

 安倍晋三首相は27日夜、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)や橋下徹前代表(元大阪市長)と東京都内のレストランで会談した。菅義偉官房長官も同席した。菅氏と松井、橋下両氏の12月末の会談は平成27年から5年連続で、昨年は参加を見送った首相も2年ぶりに出席した。出席者によると、「大阪都構想」や憲法改正、統合型リゾート施設(IR)事業などをめぐり意見交換した。(産経新聞19年12月27日)』

 そもそも形は野党の維新のTOPが、官邸TOPの2人と毎年、会食を行なうこと自体、何か気持ち悪いところがあるし。
 しかも、(維新のためだけってわけではないけど)安倍内閣が大阪維新が強く求めていたカジノIR法案、大阪万博誘致のために懸命に働くというのも、妙なもので・・・。<大阪自民党は、大阪都構想に反対しているけど、安倍首相は静観してるしね。>
 
 その代わり維新は、安倍首相の提案する憲法改正に協力してくれることになっているのだけど。

 何か秋元IR副大臣の逮捕で、カジノ反対運動が再燃しそうだし。安倍首相&仲間たちの憲法改正のスケジュールもどんどん遅れているし。
 来年は、その計画もアウトにして。この4人の妙な会食会も今年を最後に、終わらせたいところ。

* * * * *

 野党も「桜を見る会」と「IR収賄」の問題を、Wで追及して行く予定だ。

『秋元議員逮捕受け、与野党「1月8日に政府聴取」合意
 カジノを含む統合型リゾート=IRの事業をめぐる贈収賄事件で、秋元司衆議院議員が逮捕されたことを受けて、与野党は年明けに政府から説明を受けることで合意しました。

 「内閣委員会、総務委員会、この2つの委員会の理事懇談会を1月8日に開くということでお願いを申し上げた」(自民党 森山裕 国対委員長)

 与野党の国会対策委員長は27日、秋元衆院議員が日本でIR事業を計画していた中国企業側から賄賂を受け取った疑いで逮捕されたことを受け協議、年明けの来月8日に衆参両院の内閣委員会・理事懇談会を開き、事件やカジノ誘致問題について、政府から説明を受けることで合意したということです。

 こうしたなか、立憲民主党など野党側は27日、追及本部を立ち上げました。また、来年の通常国会では、カジノを禁止するための法案を提出するとしています。(TBS19年12月27日)』

 mew的には、立民党と国民党+αの合流話がどうなるか心配な部分もあるのだけど。その辺りはまた来年書くとして。<ここで、また野党がバタバタすると、折角終わり始めた安倍政権を利してしまうのでね~。(~_~;)>

 ともかく、来年こそは安倍政権を終わらせられるように。それまでは、何とか頑張ってブログを続けて行きたいと思うmewなのだった。(@_@。
 皆さまには、よいお年を!(^^♪

  THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-12-31 07:16 | (再び)安倍政権について

桜、過去の廃棄記録もなし?+河井、運動員に支持固めで86万円か+秋元に次々と新疑惑+東京大賞典


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【29日、大井競馬場で東京大賞典が行なわれ、2番人気のオメガパフューム(4牡)withデムーロが2連覇を果たした。(*^^)v祝
 いつもはJRA馬に掲示板をほぼ占められてしまうのだけど。今夏は、2着にノンコノユメ(真島)、3着にモジアナフレイバー(繁田)と大井の馬2頭が頑張った。<特にモジアナはデビューから大井の子なので、来年は優勝を目指して頑張って欲しい。(^^)>

 アポロのユタカが一か八かの逃げを打ったのに、人気馬ケイティ、ゴールドがついて行く展開。しかし、前を追った分か2頭が直線で失速。代わりにオメガ&2頭が上がって来ることに。最後は、地力に勝るオメガが2頭は振り切った。 
 
 今年はお天気にも恵まれ、コース前は人でいっぱいに。入場人員は4万7614人(前年比121・1%)だったという。
 また、当日の売り上げは92億5853万8550円(前年比116・5%)で、地方競馬1日の売り上げレコードを更新。<これまでの記録は昨年の東京大賞典当日で79億4389万4850円。>東京大賞典1レースの売り上げも56億627万5800円(前年比121・0%)で地方競馬1レースの売り上げレコードだった。<昨年の東京大賞典の46億3240万4400円を更新した。>皆さま、有難うございました。m(__)m

 また、昨日はばんえいダービーが行なわれ、圧倒的1番人気だったNボブサップの子、メムロボブサップwith阿部武臣が強い勝ち方をして、18年ぶりに3歳3冠を達成した。(*^^)v祝 <溺愛馬コマクインの子、コマサンブラックも出走したけど7位に。ただ、Mボブサップの方がコマクインのパンダ顔に似てるのよね。^^;> こちらも1レースの発売金額が8966万1100円となり、2007年帯広市単独開催以降の、従来の1レース最高発売額である7350万3600円(2019年3月24日第9競走「第51回ばんえい記念」)を更新した。参加して下さった方、有難うございます。m(__)m 勝手に地方競馬広報係のmew。(^^♪】

* * * * *

 さて、まずは「桜を見る会」に関する情報を・・・。

 内閣府は、2017年度まで5年間の「桜を見る会」の招待者名簿や各省庁への招待者の推薦依頼文書を廃棄したと言っているのだが。
 公文書管理のルールを定めた政府のガイドラインには、文書廃棄時に行政文書ファイル名や廃棄日などを廃棄簿に記載することを義務づけているのに、そこに廃棄した日時の記録がないという。

 官僚たちが、特別な事情がない限り、5年連続でルールを無視するとは思えず・・・。

 もしかして、実際は、廃棄していないのか。それとも、今年になっていきなり廃棄して、日時がわかると都合が悪いので記載できないのか・・・などと、つい邪推してしまいたくなってしまうmewなのである。^^;
 
『「桜」招待者名簿の廃棄記録なし 内閣府 政府ガイドライン違反

 首相主催で毎年春に開かれてきた「桜を見る会」を巡り、2017年度まで5年間の招待者名簿や各省庁への招待者の推薦依頼文書の廃棄記録を内閣府が残していなかったことが判明した。公文書管理のルールを定めた政府のガイドラインは、文書廃棄時に行政文書ファイル名や廃棄日などを廃棄簿に記載することを義務づけているが、内閣府はガイドライン違反を認めた。記録を残していないため、実際に廃棄されたのか裏付けられない状況になっている。(以下、有料。毎日新聞19年12月29日)』
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 一昨日の記事に広島地検が、自民党の河井案里参院議員の捜査を始めたという話を書いたのだが。

 河井氏には、今年7月の参院選で、うぐいす嬢らに2倍の報酬を支払ったという公選法違反の疑いのほか、運動員に86万円を支払ったという疑惑も出ているようだ。<しかも、支払いの申し込みを行なったのは夫の河井克行衆院議員(法務大臣辞任)だったという。^^;>

『河井案里議員側から86万円 運動員が受領証言、公選法違反も

 自民党の河井克行前法相の妻、案里参院議員=広島選挙区=が初当選した7月の参院選で、案里氏が支部長の同党支部が、陣営の一員として選挙運動をした男性会社員に約86万円を支払っていたことが28日、分かった。男性が共同通信の取材に証言した。公選法で報酬が認められていない運動に従事しており、支払いは同法違反(買収)に当たる可能性が高い。

 男性は「選挙前、克行氏から直接、支払いの申し込みがあった。選挙中に支持固めをしたことに対する支払いだと思っていた」としている。

 河井夫妻を巡っては、同じ参院選で報酬が認められた車上運動員に、上限超の金額を支払った疑いが報じられた。(共同通信19年12月27日)』

* * * * *

 尚、この件では、自民党も調査を始めたという。(・o・)

『河井案里議員、「報酬問題」で自民党側が調査開始

 自民党の河井克行前法務大臣の妻・案里参議院議員の選挙で、陣営がスタッフに上限を超える報酬を支払ったと報じられた問題で、自民党側が調査を始めたことがJNNの取材でわかりました。

 河井夫妻をめぐっては、7月の参議院選挙で陣営のスタッフに定められた上限を超える日当を支払ったほか、案里氏が県会議員に現金を配った公職選挙法違反の疑いがあるなどして、市民グループが広島地検に告発状を出しています。

 選挙期間中、陣営に入っていた男性はJNNの取材に対して、「今月に入って、自民党の弁護士から事情を聴かれた」と明らかにしました。男性は、選挙期間中の立場や疑惑が報じられている公選法違反について聴かれたということです。

 夫妻はおよそ2か月姿を見せていませんが、河井氏は「しっかりと調査し、説明責任を果たす」。案里氏は「第三者に入ってもらい、調査を進めている」としていました。(TBS19年12月30日)』

 夫妻は、この2ヶ月、姿を消したままなのだが。支援者には連絡を入れているらしい。

『自民党の河井克行氏(広島3区)と妻の河井案里氏(参院広島)が公の場で姿を見せなくなってから、間もなく2カ月となる。複数の支援者によると、克行氏の陣営が新春の恒例としてきた広島市内での政治資金パーティーの案内も、ことしは届いていない。(略)

 夫妻は、地元の支援者や議員たちに電話をかけている。11月下旬に克行氏から着信があった安佐南区の男性は「ご迷惑を掛け申し訳ない。準備ができたらきちんと説明する」と言われたという。案里氏から電話があった安佐南区の男性も「調査がつけば報告する、と聞いた」と語る。(中国新聞19年12月30日)』

 果たして河井夫妻は、いつ調査の報告をしてくれるのだろうか?(@@)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 元IR担当副大臣の秋元司氏に関する疑惑のニュースも止まらない。<検察が、否認を続ける本人を追い詰めるために、バンバン、リークしているのかな。^^;>

 新たに、秋元氏がコンサルタント会社に秘書給与を負担してもらっていた疑いがあるというニュースが。

『秋元司議員、秘書給与に流用か 関係コンサル会社の資金

 収賄容疑で逮捕された衆院議員秋元司容疑者(48)の事務所側が、東京都内のコンサルタント会社の資金を私設秘書の給与に流用していた疑いがあることが29日、関係者への取材で分かった。秘書給与を負担してもらった場合、寄付として政治資金収支報告書に記載する必要があるが、秋元容疑者が代表を務める政党支部と後援会の2016~18年の報告書に、該当する記載はなかった。

 政治資金規正法に抵触する可能性がある。

 コンサル会社は、元政策秘書が11年7月に設立。この元秘書が17年6月まで代表取締役を務め、その後は別の元私設秘書が引き継いだ。(共同通信19年12月27日)』

* * * * *

 また、秋元氏が北海道を家族で訪問した旅費(70万円)の一部は、北海道の観光業者が負担していたという。<高級ホテル最上階に宿泊してたんだって。>

『観光会社幹部が旅費負担か 秋元容疑者、家族で留寿都村に
 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄容疑で逮捕された衆院議員の秋元司容疑者(48)=東京15区=を北海道旅行に誘ったのは、中国企業とともに留寿都(るすつ)村でのIR整備を目指していた観光会社の幹部だったことが、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、札幌市の同社本社を家宅捜索。IRへの参入を有利に進めたい意図で旅行代も負担していたとみて、関与の度合いを調べている。

 秋元容疑者は二〇一八年二月中旬、中国企業「500ドットコム」側から、IRへの参入を有利に進めたいとの趣旨と知りながら、北海道への家族旅行代約七十万円相当を負担してもらった疑いが持たれている。関係者によると、秋元容疑者は観光会社幹部から、「スノーリゾートはいかがですか」と誘われ、承諾。その上で「家族も連れて行っていいか」と自ら切り出したという。

 秋元容疑者は家族でスキーをするなどした後、観光会社が運営する留寿都村のホテルに宿泊。ホテル内の宴会場で、観光会社幹部のほか500コムや村、道の関係者らと会食したという。旅行代の一部は幹部が負担したとされる。

 秋元容疑者は逮捕前、本紙の取材に「誘われたから行っただけだ。会食ではIRの話も出たかもしれない」と話していた。(東京新聞19年12月28日)』

 北海道は結局、IR事業への立候補を断念してしたのだが。今、IR事業の候補になっている地域、そこに参入しようとしている国内外の企業は、様々な形で政治家に働きかけを行なっているはず。
 野党やメディアは(本当は検察もね)、しっかりと目を光らせておく必要があると思うmewなのだった。(@_@。 

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-12-30 05:57 | (再び)安倍政権について

河井元法相の妻に検察捜査+和泉首相補佐官が電力会社と密約か+木更津にオスプレイが常駐配備


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【今日29日には、大井競馬場でダートGI「東京大賞典」が行なわれる。何と、今年は、史上初めて地上波でフジTVがナマ中継をしてくれることに。(@@)
 今年は、JRAが(かつては禁じ手だった)前日開催を行なったので、大賞典の売り上げが心配なのだけど。競馬ファンの皆さま、どうかお近くの方は大井競馬場に。遠方の方は、ネット馬券(即PATも購入可)でご参加下さいませ。m(__)m

 JRAでは28日、2歳GI・ホープフルSが行なわれ、ディープっ子のコントレイルwith福永が、新馬戦から3連勝で優勝した。(*^^)v祝
 実は昨日は仕事があったので、参戦しておらず。まだレースも見てない。そもそもホープフルSがいつGIになったのか、まだピンと来てなかったりして。^^;
 ただ、このレースは、当初から長距離を意識した馬が出走するため、それこそG3のラジオたんぱ賞の時代から、優勝馬がクラシックでちょこちょこ活躍するので、コントレイルの名前も覚えておこう。(・・)<ごヒイキだったドリジャニの子・ヴェルトライゼンデが2位に。(名前が難しくえ覚えられないよ。^^;)来年、活躍できるかな~? o(^-^)o>】

* * * * * 

 ここまでそこそこ順調だった安倍政権だが。今年9月に内閣改造を行なってから、何だか潮目が変わって来たような感じに。
 そのきっかけになったのが、10月の菅原経産大臣と河井法務大臣の辞任だった。(・・)

 2人とも、様々な疑惑が報じられたことで辞任した(させられた?)のであるが。説明責任を果たすと言いながら、国会から消えたままで、まだ一言も説明していない。(-_-;)

 そんな中、ついに広島地検が、河井法務大臣の妻・案里氏が公選法違反を犯していた件で、捜査を始めたというニュースが出ていた。
<河井案里氏は、7月の参院選に出馬した際に、うぐいす嬢に(偽造の領収書を使って?)法定の2倍の金額を払っていた疑いが持たれている。夫の克行氏(元法務大臣)も、選挙活動を手伝っていたと言われている。>

『河井案里議員の運動員を聴取“法定超える報酬”か?

 自民党の河井案里参議院議員の事務所が7月の参議院議員選挙の際、運動員に法外な手当を支払っていたなどと報じられた問題で、広島地検が運動員らから事情を聴いたことが分かりました。

 河井議員の事務所は参議院議員選挙で運動員に法定の上限を超える報酬を支払ったと報道され、市民団体などが河井議員と夫の克行衆議院議員について公職選挙法違反の疑いで広島地検に告発しています。関係者によりますと、広島地検は複数の運動員から任意で事情を聴いたということです。この問題を巡っては夫の克行議員が10月末に法務大臣を辞任していたほか、約2カ月間、夫婦ともに公の場に姿を現していません。(テレビ朝日19年12月29日)』
 
『地検は案里氏の選挙に関わった関係者から資料の提供も受けており、立件の可否を慎重に見極めるとみられる。
 告発状では選挙カーでアナウンスする車上運動員13人に対し、日当として法定上限の1万5千円を超える3万円を支払ったなどとしている。(共同通信19年12月29日)』

<ちなみに河井案里氏は、参議院に「適応障害」の診断書を出して、国会を休んでいる。> 

 検察に真相を解明して欲しいものだが。その前に、河井夫妻に、きちんと国会に来て、説明責任を果たして欲しいと思うし。安倍首相&総裁には、説明をさせる責任があるのではないかとも思う。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 さて、ここに来て、今度は安倍首相が官邸で頼りにしている和泉洋人首相補佐官(66)に関する問題が、次々と報じられている。(@@)

 和泉首相補佐官と言えば、加計学園の獣医学部新設計画を巡って、当時の前川喜平元文部科学事務次官に「総理は自分の口からは言えないから」と手続きを促したとされている人物なのだが。

 今月初めには、週刊文春が和泉洋人首相補佐官が8月に大坪寛子厚労省大臣官房審議官(52)を連れて、「京都不倫出張」を行なっていたと報道。
 この時、2人は午前中に京都大学iPS細胞研究所(CiRA)を訪れて山中伸弥所長と面会。医療用のiPS細胞を備蓄する「iPS細胞ストックプロジェクト」に関して、山中氏と意見が合わなかったところ、「20年度から国費をゼロにする」と恫喝したと言われている。
 で、その午後に、京都市内の甘味処や神社などで、時に手をつなぎながらデートをしていた写真がとられていたのである。(-"-)

* * * * *

 その和泉首相補佐官が、今度は、沖縄の米軍ヘリパッドに関して、便宜を打診したのではないかという疑惑が持たれている。

 16年に沖縄の米軍ヘリパッドの建設が難航していた際、大手電力会社の電源開発(Jパワー、本社・東京)に助力を求め、見返りに「海外案件は何でも協力します」と持ち掛けたというのだ。(゚Д゚)

『高江工事、企業に協力迫る 16年首相補佐官 電源開発に便宜約束か

 沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設に関し、和泉洋人首相補佐官が2016年、米政府に成果を示すことを最優先し、電源開発(Jパワー、本社東京)に協力を求め、見返りに便宜を図る約束をしていたことを記すJパワーの内部文書を本紙は27日までに入手した。文書には「何とか年内、オバマ政権のうちにケリをつけたい。海外案件は何でも協力しますから」と記されていた。文書は和泉補佐官とJパワーの北村雅良会長が同年9月14日に首相官邸で面談した際の発言録。高江のヘリパッド建設や辺野古新基地建設を主導してきた官邸が便宜をちらつかせて企業に協力を迫った可能性がある。
 和泉首相補佐官は沖縄の基地問題を担当する菅義偉官房長官の下で実務を担う官邸の中心人物。和泉首相補佐官室は本紙の取材に対し「米軍北部訓練場のヘリパッド建設事業は沖縄防衛局所管の事業ですので、同局に問い合わせください」と回答。面談や発言内容の事実関係について言及を避けた。

 Jパワーが協力を求められたのは、ヘリパッド建設予定地に隣接するJパワー所有の「沖縄やんばる海水揚水発電所」(国頭村、16年7月に廃止)の施設の貸し出し。実際に施設は沖縄防衛局職員の作業や宿泊所として完成まで3カ月間使用された。

 Jパワーは本紙の取材に、沖縄防衛局からの協力要請に基づいて「施設の一部分の使用を認めた」と回答した。一方、首相官邸での北村会長と和泉首相補佐官の面談や内部文書の事実関係については「回答を差し控えたい」とし、海外事業で政府が便宜を図った事実があるかについては「ない」とした。(琉球新報19年12月28日)』

 沖縄タイムスが、Jパワーの内部文書であるメモを全文、載せていたので、*1にアップする。

『本件は、何とか年内、オバマ政権のうちにケリをつけたい。』『本件は官邸で官房長官直結で私が仕切っており、一省庁の問題ではなく、国の問題。沖縄県も「歓迎」とは言わないが、水面下では本件はやってくれ、となっている。反対は活動家だけ。』などと書かれている。

 全国ニュースでは、ほとんど取り上げていないのであるが。もっと問題視すべき事案だろう。(`´)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 暮れになって、mewが「え~?」と思ったニュースがもう一つある。

 安倍内閣は、米国に言われるがままに、安全性や騒音で問題のあるオスプレイを17機も購入する約束。<1機100億円以上もするのよ!>
 当初は、佐賀空港に配備をする予定で、協議を進めていた。

 しかし、佐賀では自衛隊のへりが民家に墜落する事故が起きたこともあって、県民から不安視する声が続出。また新たな施設の建設が漁業に影響するとして漁業組合も、配備に反対をしているため、現時点では、配備できるメドが立っていない。

 そこで防衛省は、本来「機体の整備だけを行なう」「常駐配備はしない」という約束で、オスプレイが来るのを認めた木更津に、配備することになったという。
 木更津市は、「5年だけ」という約束で引き受けることにしたそうだが。その場しのぎのウソやごまかしばかりの安倍内閣や防衛省が、約束を守るかは「???」だ。(ーー)

『オスプレイ、木更津市が受け入れ表明 期間「5年目標」

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイを陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備する計画をめぐり、河野太郎防衛相は25日、防衛省内で渡辺芳邦・木更津市長と面会し、配備期間は5年を目標にすると伝えた。これを受け、渡辺氏は計画を受け入れる意向を表明した。

 市側はこれまで防衛省側に対し、配備期間の明示を再三要求してきた。市議会も今月、期間を「5年」とする意見書を採択し、省側に提出していた。

 河野氏は面会で「暫定配備期間は5年を目標とし、しっかり対応できるよう頑張ってまいりたい」と述べた。市側が求めた安全対策の徹底や、市民の懸念について協議する場の設置にも応じる意向を示した。

 陸自オスプレイの本来の配備先は佐賀空港(佐賀市)だが、新たに必要となる施設を建設するための地権者の同意が得られていない。このため防衛省は今年5月、木更津市に対し、木更津駐屯地への暫定配備の方針を伝え、理解を求めていた。(伊藤嘉孝)(朝日新聞19年12月25日)』

* * * * *

 覚えているだろうか?2010年に日本に初めて米軍オスプレイが到着して、山口県の岩国基地から沖縄県の普天間基地まで飛行することになった時のことを。
 日本のTVメディアは(「トンデモないものが来た」と言わんばかりに?)大騒ぎをして、TVでオスプレイが飛び立つシーンを生中継したものだった。(・・)

 オスプレイが、トンデモないものであることには、今も変わりはないはずなのだけど。
 いまや、東京の米軍横田基地にも、オスプレイ5機が常駐して。お腹に響くような振動音を立てて。飛び回っていると言うし。日本のオスプレイ導入、配備も、ほとんど騒がなくなっちゃっているし。

 こういう問題に対して、国民やメディアの感覚が鈍麻して行くことほど恐ろしい(日本がアブナくなる)ことはないわけで。心あるメディアには、もっと警戒警報を鳴らすような報道をして欲しいと思うmewなのである(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-12-29 05:45 | (再び)安倍政権について

安倍、副大臣逮捕に責任感じず?&秋元に講演料200万円+別法使って、自衛隊の中東派遣を閣議決定


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


安倍首相は、元IR副大臣の秋元司氏の逮捕について、官邸で記者に問われた時は、ダンマリだったのだけど。
 昨日、TVの収録で、初めて感想を述べた。

『安倍首相は27日のBSテレ東の番組収録で、カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐる汚職事件で秋元司衆院議員が収賄容疑で逮捕されたことについて、「副大臣を経験した現職の国会議員が逮捕されたことは、誠に遺憾だ」と語った。
 事件については「個別の案件については捜査中であり、詳細なコメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。(読売新聞19年12月27日)』

 ききました? 「副大臣を経験した現職の国会議員が逮捕された」って。まるで、自分にはほとんど関係のない他人事みたいな言い方でしょう?(~_~;)

 もし報道されていることが事実なら・・・

 逮捕直後に離党はしたけれど、収賄行為時&逮捕時には、自民党の現職議員だった人が逮捕されたわけで。安倍氏には、自民党総裁として、議員の行為に対する責任があるのだ。(・・)

 しかも、秋元氏は、単に副大臣を経験した議員ではない。同氏は、安倍内閣のIR副大臣であったことから、17年9月、副大臣の任にある間に賄賂を受けたわけで。安倍氏には、内閣総理大臣としての、大きな責任が存在するのである。(**)

 まあ、来年にはいったら、野党が「桜を見る会」の問題と共に、追及をするだろうけど。「誠に遺憾だ」ぐらいで、済む問題ではないことは、覚えておいた方がいい。(-"-)

<いまや、それしか言いようがないんだろうけどね。^^; 国民は、それを許してはいけないと思う。(++)>

* * * * *

 実際、500ドットコムは、沖縄で秋元氏に講演を依頼した際、秋元氏はIR担当副大臣に内定したことがわかって、当初、50万円の予定だった講演料を200万円に上げたという記事が出ていた。
 それぐらい安倍内閣(&自民党の)IR担当副大臣という立場は、贈賄側にも大きな存在だったし。それゆえに、副大臣就任後、間もなく、300万円の現金を送ることを考えたのだろう。(@@)


『「500」社は29年8月4日、那覇市内でIRに関するシンポジウムを開催。内閣府のIR担当副大臣に就任する直前だった秋元容疑者と「500」社の経営トップが講演を行った。

 関係者によると、「500」社側はシンポジウム後の懇親会で、秋元容疑者が内閣府副大臣に内定したとの情報を把握。当初は50万円の予定だった講演料を200万円に増額して支払うことにしたという。別の登壇者によると、講演料は30万円だった。

 秋元容疑者の講演料は元政策秘書が代表取締役を務め、秋元容疑者も一時顧問に就いていた芸能関連会社へ送金された。秋元容疑者は逮捕前、産経新聞の取材で「講演料はもらっていない」と説明していた。(産経新聞19年12月27日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話は変わって・・・。安保軍事系の記事はウケがよくないのであるが。これは書かずにいられまい。(@@)
 
 安倍内閣が、来年、自衛隊を中東に派遣することを閣議決定したのだ。(**)

<20年前なら、国会もメディアも大騒ぎしてたはず。10年前でも、反対のデモが起きていたと思うけど。でも、いまや・・・。(ノ_-。)>

 米国とイランの関係が悪化。米国は、イランに接するホルムズ海峡などの安全確保を目的とした米軍主導の有志連合を結成した。
 しかし、日本はイランと古くから国交があり、今月20日にもイランのロウハニ大統領が来日し、安倍首相と首脳会談を行なったばかりで、米国とイランの仲介役も期待されている。

 そこで、日本は有志連合に加わらず、独自で自衛隊を、ホルムズ海峡から少し離れた海域に送ることに決めたのだが。
 本当は、日本船舶の防護を目的に派遣するはずが、与党内で国会での議論などを経るのは面倒なので、防衛省設置法の「調査・研究」目的で派遣することにした。

 しかし、これでは、自衛隊の武器使用が制限されることから、日本船舶の防護も難しいし。他国の攻撃に対し、自衛官の安全を守ることも難しい。
 何より、防衛省設置法を悪用して、閣議決定だけで、安易に自衛隊を海外派遣できる前例を作るのは大きな問題だろう。(-"-)

* * * * *

『海上自衛隊の中東派遣を閣議決定 護衛艦と哨戒機、260人規模

 政府は27日の閣議で、海上自衛隊の中東派遣を決定した。護衛艦1隻を送り、アフリカ・ソマリア沖での海賊対処活動に当たるP3C哨戒機を活用。規模は260人程度となる。防衛相の命令だけで実施できる防衛省設置法の「調査・研究」が根拠。河野太郎防衛相は、自衛隊に対して中東への派遣を準備するよう指示した。閣議決定時と活動終了時の国会報告を義務付けたが、政府の独断で自衛隊の海外派遣が歯止めなく広がるとの懸念は拭えない。

 情報収集を行うのが目的。不測の事態が生じた場合は、武器を使用できる海上警備行動を発令する。護衛艦は来年2月上旬に出航。哨戒機は1月中に活動を開始する。(共同通信19年12月27日)』

『「我が国として情報収集態勢を強化するための自衛隊による情報収集活動は、さらなる外交努力と航行安全対策の徹底とともに、政府一体となった総合的な施策の一環として行うもの」(河野太郎 防衛相)

 年明けの来月11日、ジブチを拠点に警戒監視活動にあたるP3C哨戒機の要員およそ60人が出発する予定で、実際の活動は1月下旬からとなる見通しです。また、護衛艦「たかなみ」は2月上旬に横須賀港を出航し、下旬にも活動を開始する予定です。派遣人数は、護衛艦、P3Cあわせおよそ260人で、年間通じて850人が任務にあたります。
 防衛省は今回の中東派遣で、来年度、およそ47億円の予算を計上していて、このうち燃料費が33億円、人件費は3億円近くに上るということです。(TBS19年12月27日)』

『今回、特措法は制定されず、テロ対策特措法に明記されたような国会承認の手続きは踏まれない。日本船舶を護衛する場合の海上警備行動への任務の切り替えも閣議決定で完結し、国民を代表する国会には結果を報告するにすぎない。首相官邸の裁量で実力部隊の自衛隊を海外で運用することが可能で、シビリアンコントロール(文民統制)や情報開示の面で大きな問題をはらんでいる。(時事通信19年12月27日)』 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『政府は同日午前、国家安全保障会議(NSC)の9大臣会合で派遣方針を確認した上で閣議決定した。これを受け、河野太郎防衛相は同日、自衛隊に対して準備指示を出した。

 閣議決定では、活動の「歯止め」として、派遣期限を1年間と区切り、延長の際は再度閣議決定した上で国会に活動内容を報告することを盛り込んだ。護衛艦1隻と、海賊対処のためソマリア沖に派遣中のP3C哨戒機を充て、隊員約260人が活動する。P3C哨戒機は、来年1月中に活動を始める方向だ。

 自衛隊が活動する海域は、「オマーン湾」や「アラビア海北部」「バブルマンデブ海峡東側のアデン湾」の3海域の公海。政府は、不測の事態などが生じれば、日本関係船舶を防護できる海上警備行動へ切り替えるとしている。イランへの配慮などから、ホルムズ海峡やペルシャ湾は活動海域から外した。一方、米主導の「有志連合」には加わらないが、米軍との情報共有は進めていく考えだ。

 今回の派遣をめぐっては、与党内からも懸念の声が上がっていた。

 政府は防衛省設置法に基づく「調査・研究」を派遣の法的な根拠としている。ただ、「調査・研究」名目での活動では、人に危害を与える可能性のある武器使用は「正当防衛」と「緊急避難」に限られるなど、専守防衛を定めた憲法との関係で活動に制約が多い。

 また、訓練期間が限られており、不測の事案への対応を不安視する声が自衛隊内部にある。さらに、米国と情報共有することで「事実上の一体化」とみなされ、隊員の危険性が増す可能性もある。(朝日新聞19年12月27日)』

* * * * *

『政府が海上自衛隊の中東派遣を閣議決定したことを受け、主要野党は27日、法的根拠や理由が不明確で国会の論議も不十分だと一斉に批判、「なし崩し的な派遣」(逢坂誠二立憲民主党政調会長)として反対の立場を明確にした。
 年明け以降、国会で追及する方針だ。

 逢坂氏は談話で「国会で何ら開かれた議論もない」と指摘。防衛省設置法の「調査・研究」を根拠としたことを「あしき前例となりかねない」と強調した。国民民主党の渡辺周外交・安全保障調査会長も「あまりに乱暴な法解釈だ」と断じた。

 共産党の小池晃書記局長は記者会見で「トランプ米大統領に言われるがまま、派遣ありきで強行した」と批判。社民党の吉川元幹事長は「明確な必要性も緊急性もない」と撤回を求める談話を出した。(時事通信19年12月27日)』

 安倍内閣は、集団的自衛権の憲法解釈の変更も、閣議決定で行なってしまい、国民の声をきこうとせず。安保法案も強引に通してしまったし。
 今回も、国会マターにしたら面倒なので、国民にきちんと説明せず、国会で議論もせず。ムリに防衛設置法の「調査、研究」を利用して、閣議決定のみで自衛隊の海外派遣を決めちゃうし。

 安倍政権は26日で7年めを迎えたそうだが。こんな政権を7年も続けさせたことを、ひとりの国民として恥じると共に、これ以上、日本をアブナイ国にしないためにも、1日も早く安倍政権を終わらせたいと改めて強く思ったmewなのである。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-12-28 07:43 | (再び)安倍政権について

桜、決裁をやめて私物化進む+秋元、事務所で300万円受領か。相手はIRを5カ所に増加を要望


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 記事のアップがいつもより遅くなって、朝、見に来てくれた方は、ごめんなさい。風邪が悪化したかも~~~。30日まで仕事あるのに~~~。_(。。)_

 先日、共産党が、公文書館に05年、小泉政権時の「桜を見る会」に関する内閣府の資料を発見。
 そこには、招待者に付された番号の上2桁に関して、60は首相枠、61は自民党枠、62は公明党枠と明記されていた。

 
 何故、05年の内閣府の資料が残っていたのか。この文書は、内閣府TOPの総理大臣、官房長官から担当の部署の官僚までチェックを受けて、10個ぐらい押印された決裁文書になっていたからだ。(・・)

<まあ、実際、首相や官房長官が全ての文書に目を通しているとは思わないけど。押印によって、この文書を承認したことに責任が生じることになる。>

 その後、桜を見る会に関する内閣府の文書は、2010年、民主党の鳩山政権の時まで決裁文書だったとのこと。
 11年、12年は東日本大震災などのため、会は開催されなかった。

 で、自民党が12年末に政権を奪還。安倍氏が首相の座に舞い戻り、13年春に桜を見る会が再開されたのだが。
 その年から、何故か突然、内閣府の招待者などに関する資料は、決裁文書ではなくなっており、保存しなくてもよくなったのだという。(゚Д゚)

 決裁文書でなくなると、主催者である内閣総理大臣&内閣府が、公の立場で招待者選定を行うことに対する責任が明確でなくなってしまう。
 極端な話、誰も責任を感じずに、個人的に、好き勝手に招待者を選びやすくなる。実際、ここから、首相枠や自公枠の招待者が何千人も増加。費用も、ついには3倍に膨れ上がったわけで。
 これは、ある意味で「桜を見る会の私物化」を象徴する話かも知れない。(++)

* * * * *

『桜見る会招待、大臣判断なく決定 名簿の決裁、第2次安倍政権以降ではゼロ

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、政府の責任者による招待者名簿の決裁が2013年以降は行われていなかったことが26日、判明した。内閣府の担当者が同日、国会内で開かれた野党追及本部のヒアリングで明らかにした。

 最後に決裁が行われたのは民主党政権時代の10年。11年と12年は桜を見る会自体が中止だった。12年12月に第2次安倍内閣が発足してからは、一度も決裁が行われていないことになる。

 桜を見る会に関しては、06年の招待者名簿を当時の小泉純一郎首相、安倍晋三官房長官が決裁していたことが明らかになっている。決裁文書は行政機関の意思決定を記録した重要な文書だと位置付けられており、保存期間満了後は多くが国立公文書館に移管されてきた。

 名簿の決裁が行われず、大臣や官房長官の判断を仰がずに招待者を決められるようになった理由について、内閣府の担当者は「分からない」と述べた。【宮原健太】(毎日新聞19年12月26日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 17~19年までIR担当副大臣だった衆院議員・秋元司氏が、25日、東京地検特捜部に収賄罪で逮捕された件に関して・・・。

 贈賄側の中国企業の顧問は、17年9月28日、衆院が解散された日に、議員会館に秋元氏を訪ね、羊羹のはいった紙袋に現金300万円を入れて、「陣中見舞い」として渡したと供述しているという。<今回は、何だか検察リークが多くなりそう?^^;>

『衆院解散日に「陣中見舞い」 秋元議員に300万円手渡し

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=が中国企業「500ドットコム」側から受け取ったとされる現金300万円は、選挙の陣中見舞い名目だった疑いのあることが26日、関係者への取材で分かった。授受は衆院解散当日の2017年9月28日で、東京地検特捜部は不正な資金が秋元容疑者の選挙費用に充てられた可能性もあるとみて調べている。

 関係者によると、「500」社顧問だった紺野昌彦容疑者(48)=贈賄容疑で逮捕=らが、永田町の衆院議員会館内にある秋元容疑者の事務所を訪れ、300万円を手渡した。(共同通信19年12月26日)』

* * * * * 

 500ドットコムは、日本のIR事業への参入を計画したのだが。当時、IR整備区域の上限数について、政府与党内では経済効果を考慮して「少なくとも4、5カ所」とする自民案と「2、3カ所」とする公明案が対立していた。
 そこで、自民党でもともとIR計画に熱心に活動しており、IR担当副大臣に選ばれた秋元氏に、IR参入の上限数を5カ所に増やすように働きかけていたと見られている。(・・)

『中国企業側、IR枠拡大を要望 現金渡した半年後、便宜期待か

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、中国企業「500ドットコム」側が、内閣府のIR担当副大臣だった衆院議員の秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=に現金300万円を渡した半年後、IR整備区域を増やすよう要望していたことが26日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、同社側がIR参入での便宜を期待して賄賂を渡したとみているが、賄賂の授受と要望の時期が離れていることから関連を慎重に調べている。

 秋元容疑者はIR担当の内閣府副大臣だった平成29年9月、同社のIR事業で便宜を受けたいとの趣旨だと知りながら、東京都内で現金300万円を受領するなどした疑いがある。

 IR整備区域の上限数について、政府与党内では経済効果を考慮して「少なくとも4、5カ所」とする自民案と「2、3カ所」とする公明案が対立していた。

 関係者によると、北海道留寿都(るすつ)村でのIR参入を目指していた「500」社の元顧問の紺野昌彦容疑者と(48)と、仲里勝憲容疑者(47)らは30年3月ごろ、IR参入の可能性が高くなるよう、秋元容疑者に面会やメールなどで上限数を「なるべく多く」「5カ所に」などと要望したという。

 だが同年4月に政府与党は「3カ所」とすることで合意。7月に成立したIR実施法で正式に決まった。

 一方、特捜部は26日、事件の関係先として東京都内の大手パチンコチェーン本社を家宅捜索した。(産経新聞19年12月26日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 事件の背景について、少し詳しい記事を・・・。

『■現金袋を直接手渡し

 「地域のキーマンや政府関係者に(カジノ企業を)つなげている。IRに関連する国会議員の先生方から情報収集にご協力頂けた」。紺野容疑者は、29年8月掲載のネットメディアのインタビューで、海外のカジノ企業との関係についてこう答えていた。

 関係者によると、紺野容疑者と同社元顧問、仲里勝憲容疑者(47)=贈賄容疑で逮捕=は、衆院が解散された29年9月28日、衆院議員会館の事務所で秋元容疑者と面会。2人は「『500』社からの陣中見舞い」という名目で現金の入った紙袋を秋元容疑者に直接手渡したという。

 同社のIR参入に向けた「政界工作」を本格化させた紺野容疑者の最大のターゲットになったのが、仲里容疑者の人脈でつながる秋元容疑者だった。

 29年8月に同社が那覇市で開いたシンポジウムで秋元容疑者に基調講演を依頼したほか、紺野、仲里両容疑者は、国土交通省の副大臣室など秋元容疑者のもとへ足しげく通った。

 ■256万円を関係会社へ

 同年12月に秋元容疑者は「500」社のプライベートジェットで、白須賀貴樹衆院議員(44)、勝沼栄明前衆院議員(45)と広東省深センの同社本社へ。渡航費は、紺野容疑者関係の香港の会社に秋元容疑者の政治団体から256万円を支出したという。

 白須賀氏は昨年10月から今年9月まで内閣府政務官だったが、IRは担当外。超党派のIR推進議連に名前を並べるなど秋元容疑者との関係が深い。特捜部は関係先として白須賀、勝沼両氏の地元事務所などを家宅捜索した。

 さらに那覇市のシンポジウムに参加した沖縄県議や、IR誘致を計画した北海道留寿都(るすつ)村の有力村議にも頻繁に面会。計画が30年春頃に頓挫した後も、今年11月に国会議員12人を招いて会合をセットするなど政界との接触に腐心した。

 ■中国企業も口車に?

 「500」社のIR参入に当たって多くの政治家に接近した背景には、劣勢に立たされていた状況からの巻き返しを図るという動機があったとみられる。

 IR参入を表明した29年8月時点では既に欧米カジノ業者が各自治体と激しい交渉合戦を展開。カジノ運営歴のない同社は大手のカジノ運営業者と協力する必要があるが、業界関係者は「大手が既に各地で活動しており、新参の中国資本が後から入ってくるには無理筋感があった」と話す。

 ある検察関係者は「中国では政府関係者に資金を渡すことに心理的ハードルが低い。『500』社はブローカー役の紺野容疑者の口車に乗せられた面もあるのではないか」と指摘した。(産経新聞19年12月26日)』

<mew周辺では、産経新聞が今回の件で厳しい論調であったり、安倍官邸が検察にOKを出したのは、中国企業参入を阻止したいと思惑があるからかもなんて邪推も出ている。>

 尚、東京地検特捜部は、都内の大手パチンコチェーンの本社にも家宅捜索にはいったとのこと。秋元氏個人もアレコレ疑惑があるし。IR事業に関しても、どんどん疑念が出ているようだし。
 安倍内閣は、桜を見る会とダブルで、大きな荷物を背負ったまま、年を越すことになるんだな~と思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-12-27 10:30 | (再び)安倍政権について

元IR副大臣・秋元が収賄で逮捕。疑惑多い議員+辺野古工事、期間2倍、費用3倍。政府のウソつき


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 安倍内閣&自民党にとっては、トンデモないクリスマスになってしまった。(@@)

 25日、今年9月までIR担当副大臣を務めていた秋元司衆院議員(48)が、東京地検特捜部に収賄容疑で逮捕されることに。
 また、17年12月に秋元氏と中国企業を訪問した白須賀貴樹衆院議員(44)の千葉県印西市の事務所、勝沼栄明前衆院議員(45)の宮城県石巻市の事務所の家宅捜索も行なわれた。(-_-;)

<尚、秋元氏は、自民党二階派に属していたのだが。同日、自民党を離党した。安倍議連「創生日本」のメンバーでもあった。>

 mew周辺でも、以前から「IRの誘致、企業選定ではかなりお金が動くだろうな」とう声が出ていたのだが、案の定という感じ。
 アレコレと利権が絡むだけに、既に何らかの利益を得ている議員もいるかも知れないし。今回の件で、金銭の授受はやりにくくなったかも知れないが。他の形で利益のやりとりが行なわれる可能性は十分にある。(・・)

 安倍内閣&自民党は「桜を見る会」の問題で、支持率がかなり低下しているのだが。これに加えて、元副大臣の現職議員が「収賄」という汚職の容疑で逮捕されるとなると、かなり大きなダメージを被るのは確実で、実に痛い話だろう。<しかも、ネット上では、さらに複数の議員の名が挙がっているとか。^^;>

 また、安倍内閣は、来年からIR計画を推進して行く予定だったのだが。今回のことで、IR誘致を検討している自治体で、反対派の勢いが強まるのは確実だし。
 カジノ導入には野党だけでなく、公明党の多くの議員、自民党の一部にも反対意見があるため、国政としても、動きにくくなるのではないかと察する。

<逆に大阪へのIR誘致を進めている維新との関係が悪化する可能性も。維新は、いわばIRや万博と引き換えに、安倍案の憲法改正に賛成することを決めたので、その辺りにも影響する可能性がある。>

* * * * *

『秋元容疑者の逮捕容疑は、IR事業に便宜を図ってほしいとの趣旨と知りながら、17年9月下旬ごろ、中国企業「500ドットコム」側から都内で現金300万円を受け取ったほか、18年2月中旬ごろには北海道への家族旅行の招待を受け、旅費など約70万円相当の利益供与を受けた疑い。(日刊スポーツ19年12月25日)』

『秋元容疑者は17年8月~18年10月まで内閣府副大臣でIRを担当。就任直前、500ドットコムが沖縄で開いたシンポジウムに出席し、関係を深めたとされる。現金を受け取ったとされるのは、副大臣就任の約1カ月後。同12月には中国の本社を訪れ、経営トップとも面会している。(同上)』

『特捜部は贈賄容疑で、500ドットコム側の鄭希(37)、紺野昌彦(48)、仲里勝憲(47)の3容疑者も逮捕。4人認否は明かされていないが、関係者によると企業側の一部容疑者は、利益供与を認めている。
 500ドットコムはオンラインカジノなどの事業を手掛け、北海道留寿都村が誘致していたIR事業への参入に意欲を見せていた。(略)

 IRをめぐっては、与党が野党の反対を押し切る形で整備法案を成立させた経緯があり、今回の逮捕劇はIRのイメージ悪化にもつながりかねない。

 ネット上には、500ドットコムと接点があるとされる複数の自民党国会議員の名前も浮上。党内には、大規模な贈収賄に発展したリクルート事件のようにならないかと、今後を不安視する声もある。安倍晋三首相の政権運営にも、狂いが生じるのは確実だ。(同上)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 秋元氏の経歴は・・・

『秋元容疑者は東京都出身で、小林興起衆院議員の秘書を経て、04年7月に参院比例代表で初当選した。10年の参院選で落選したが、衆院にくら替えして12年12月、東京15区に出馬、小選挙区では落選したが比例代表で初当選した。現在3期目。野党系の柿沢未途議員と激しい戦いを続けており、17年衆院選で初めて小選挙区で柿沢氏に勝利した。16年9月、衆院内閣委員会の委員長として、IR法案の強行採決に踏み切り、法案成立に道筋を付けた。(同上)』

 今回のIRの件のほか、様々な事件で名が取りざたされ、特捜部にもマークされていたという。

『2019年から様々な事件で秋元の名が取り沙汰されるようになった。まず同年2月、東レの巨額不正取引事件が発覚するが、この事件にからみ秋元は2018年8月9日、ヤミ金業者の代理として東レの日覺昭廣社長に1億2000万円の支払いを求める電話をかけていた。この件で弁護士法違反の疑いがあることが週刊文春2019年4月25日号で報じられた。

 同年7月23日、内閣府が事業委託した公益財団法人「児童育成協会」に虚偽の工事請負契約書を提出するなどして、助成金2件計約2億円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は福岡市の経営コンサルタント会社社長を詐欺の疑いで逮捕した。会社社長が秋元の古くからの支援者で2004年から2006年にかけて献金を行っていたこと、逮捕当時、秋元が保育事業を所管する内閣府の副大臣であったことから、ただちに秋元の名が浮上した。同年8月、記者会見で問われた際は「5、6年会っていない。彼の事業に個別に加担したことは一切ない」と関係を否定した。しかし会社社長が秋元と親交があると周囲に語り、政治資金パーティー券の購入を関連業者らに勧めていたことから、東京地検特捜部による秋元の周辺調査が開始された。(wikipediaより)』

<この他に元政策秘書が社長を務める芸能関連会社に、怪しい資金流入があるとか。様々な疑惑について*1に。>

* * * * *

 中国企業の日本人は、政策秘書を通じて300万円を渡したと供述したとの報道があったのだが。秋元氏が、元政策秘書に責任を転嫁する可能性もある。

『「やめた秘書が、中国の会社と関係があったかもしれない。そこが何をしていたのか、まったく知らないんです。だが、秘書を通じても私がカネをもらったなんてありません」

「IRには、アメリカなど世界的なカジノ関連会社が名乗りをあげています。そんな会社なんてそれこそ、『副大臣の力でうちに決めてくれ』なんてダイレクトに頼んでくるところもある。私もマカオなど視察に行きました。カジノ関連会社は食事に、車を出すとか言ってました。けど、全部、自腹でやりましたよ。変なことになったら困ると注意していたからです」

 しかし、東京地検特捜部は立件に自信をみせているという。

「国会が開会すると国会議員の不逮捕特権があることも視野入れて捜査。このタイミングでの逮捕となった。秋元容疑者が否認するという前提で捜査してきた。周辺からの証言、銀行口座などからバッチリと外堀は埋められている。否認しようが、有罪にできる証拠は揃っている。職務権限のある政治家が、カネで便宜をはかり、通常の手続きをねじ曲げる。あってはならない行為だ。今の特捜部部長が2月で異動するので、最後の花道だね」(捜査関係者)(Aera.dot.19年12月25日)』

 安倍官邸、自公与党、野党の反応は、次回以降に詳しく書きたいが・・・。

『桜を見る会に続く新たな疑惑の表面化は政局にも影響しそうだ。自民ベテランは「内閣支持率が悪くなったところに追い打ちだ。年明けの国会運営は厳しくなる」と漏らす。党内では早ければ年明けの衆院解散・総選挙もささやかれていたが、事件により遠のいたとの見方が強まっている。(産経新聞19年12月25日)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 秋元氏の逮捕のニュースのために、もっと大きく取り上げられるべき、このニュースがかすんでしまったのは残念なのだが。

 政府は、辺野古の工事は5年で終了すると説明していたのだが。<それこそ菅官房長官は、2014年2月に「米軍普天間飛行場は5年以内に運用停止する」とまで言っていたのに。>
 昨日になって、5年を10年に変更。費用も3倍かかると言い出した。

『辺野古移設工期「9年3カ月」、防衛省が修正

 防衛省は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沖の軟弱地盤改良の技術的検討を行う有識者会議の第3回会合を開いた。同省沖縄防衛局の担当者は、地盤改良工事が必要となったことなどから、当初5年と見積もっていた工期を9年3カ月に修正し、同会議に報告した。

 関連手続きを終えて飛行場が使用可能になるまで8年としていた期間は12年に延び、2030年代以降にずれこむことが確実となった。日米両政府が「2022年度またはその後」と合意した普天間飛行場の返還時期は大幅に遅れる。

 また、「3500億円以上」としていた総工費の試算が9300億円に膨らむことも報告。このうち1000億円を地盤改良に費やす。

 河野太郎防衛相は防衛省で記者団に「普天間飛行場の危険性を早く除去するために工事が必要だ」と述べ、移設を推進する考えを改めて示した。

 技術検討会は今後も会合を開き、検証結果をまとめる。防衛省は結果を踏まえ、今年度中にも県に地盤改良工事のための設計変更を申請する方針。県は許可しない構えで、法廷闘争に持ち込まれる公算が大きい。(産経新聞19年12月25日)』

* * * * *

『政府は、技術検討会で出た意見を踏まえ、19年度内にも県に設計変更を申請する見通しだが、玉城デニー知事は承認しない構えで、再び法廷闘争に発展する可能性がある。
 県は18年に新基地の運用まで13年以上、建設関連予算は最大で2兆5500億円かかるとの試算をしていた。(沖縄タイムス19年12月25日)』

 防衛省は、とりあえず総工費の試算を9300億円と発表しているが。今、計画している工事の方法では、軟弱地盤に十分に対応できないと言われていることから、さらに費用がかかる可能性は極めて大きい。

 たとえば・・・。『今年1月に国がまとめた報告書では、耐震性について震度4程度のレベル1を想定しただけで、大規模地震については検討されていなかったのです。・・・耐震性についてはレベル1の想定で十分だと主張する岩屋防衛大臣。しかし、国内にある主要な空港では大規模地震、レベル2を想定した対応が進めらています。埋め立て予定海域には、地震を起こしうる「活断層」の存在も指摘されています。

 こうした中での国の説明に土木工事に詳しい北上田毅さんは「想定が甘く、検討をやり直すべき」だと指摘します。北上田毅さんは「国内の他の一般空港がレベル2でやっている以上ね、なぜ軍事基地をそれより大幅に基準を下げたレベル1でいいのかそれをやっぱり徹底的に見直されるべき。
」(琉球朝日放送 2019年9月9日)』

* * * * *

 沖縄県民だけでなく全国の国民が安倍内閣がその場しのぎでつきまくっているウソに、もっと怒るべきだと思うし。これだけ多大な費用と時間がかかる&自然破壊のある辺野古基地建設を改めて見直すべきだと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-12-26 07:18 | (再び)安倍政権について

05年文書に60は首相枠と明記+共通テストの議事録に問題指摘の意見+国民の力で公文書保持を


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 Merry Christmas です。

 毎年恒例で、ジョン・レノンの War Is Overを。

 動画コチラ

 War is over if you want it

皆で、戦争がなくなることを・・・

 せめて、私たち国民が主権者として、コントロールできる(はずの)日本が、決して戦争に加担しないように祈りましょう。

<できれば、安倍政権もbe overして欲しいな~>

* * * * * 

 さて、「桜を見る会」の招待状の番号について、また新たな情報が出た。<今回も共産党がグッド・ジョブ。>

 05年の「桜を見る会」の招待者数に関する政府資料で、首相推薦の招待者が「60」という番号で区分されていることがわかったのである。(・o・)

 資料の写真はコチラ
l
 しかし、内閣府は尚、「05年はそういったことだったのかもしれない」「過去の資料のため、最近の区分の裏付けにならない」などと主張しやが・・・しているらしい。(-"-)

『桜を見る会、「60」は首相推薦 野党が公文書館で確認

 2005年の「桜を見る会」の招待者数に関する政府資料で、首相推薦の招待者が「60」という番号で区分されていることがわかった。「60」をめぐっては、オーナー商法で行政指導されたジャパンライフの元会長に届いたとされる15年の招待状にも記載。野党は安倍晋三首相の推薦枠で元会長が招待された可能性が高まったとしている。

 「60」が首相推薦枠の区分として具体的に確認されたのは初めて。資料は共産党の宮本徹衆院議員が国立公文書館で確認し、24日の野党の「桜を見る会」追及本部の会合で写しが提出された。朝日新聞も国立公文書館で資料を確認した。

 資料には「平成17年桜を見る会 分野別招待者数」などと記され、「区分」「招待者内訳」「人数」などが一覧になっている。区分「60」は「総理大臣」として「737人」と記載されていた。「61」は「自民党」、「62」は「公明党」とあり、招待人数はそれぞれ1483人、200人。人数の合計は8737人とある。

 05年の「桜を見る会」の主催は、小泉純一郎首相(当時)。宮本氏はこの資料をもとに追及本部の会合で「60番は総理大臣(の推薦枠)ということではないか」と政府側にただした。政府の担当者は「05年はそういったことだったのかもしれない」と応じたが、「番号は招待状の発送を効率的に行うため、便宜上付けたもの」と従来の説明を繰り返した。(朝日新聞19年12月24日)』

『共産党の宮本徹衆院議員は24日、「桜を見る会」の招待区分「60」が首相推薦枠だと明記された2005年開催時の資料を公表した。「60」は預託商法などが問題視された「ジャパンライフ」元会長の15年の招待状に付されており、野党は安倍晋三首相の推薦枠だったとの見方を強めた。内閣府は、過去の資料のため、最近の区分の裏付けにならないと主張した。(共同通信19年12月24日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 先日も公文書管理法の意義や、米国のホワイトハウスの文書管理について書いたのだけど。


 こういう風に行政府の文書がちゃんととってあれば、色々な問題の真相が解明しやすくなるし。国民に損害を与えるような一般的な問題も解決しやすくなるはず。
 
 逆に言えば、安倍内閣&その下での行政機関は、真相がわかるのがマズイので、どんどんと公文書を破棄したり、改ざんしたりしちゃうのだろうけど。
 それは、国民に対する冒涜にほかならないのだ。(・・)

* * * * *

 共通テストの英語の民間試験に関する過去の議事録も、今頃になって発表された。それを読めば、民間試験の問題点を指摘する意見が多かったことがわかる。
 
 やはり、最初に計画を立てた下村博文文科大臣(12-15年)らが、第三者の声を無視して、強引に実行に移そうとした可能性が大きい。(-_-;)

『「見切り発車」「延期を」 英語民間試験への懸念随所に 議事録公開・文科省

 大学入学共通テストの英語民間試験見送りを受け、文部科学省は24日、非公開で行われた二つの有識者会議の議事録などを公開した。

 9月に行われた「大学入試英語4技能評価ワーキンググループ(WG)」の会合では、居住地域による受験機会の格差などを踏まえ、委員から「延期も含めて、制度の見直し自体も考えないといけないのでは」「見切り発車していいのか」などの懸念が相次いでいたことが明らかになった。

 民間試験は11月に導入見送りとなったが、問題点を把握しながら、同省が活用を前提に準備を進めてきた経緯が分かる形になった。

 公開されたのは、同WGの初会合から6回目まで(2018年12月~今年9月)の議事録と、新テストの制度設計などを議論した「『大学入学希望者学力評価テスト(仮称)』検討・準備グループ」の9回目まで(16年5月~17年3月)の議事概要など。文科省のホームページにも掲載された。

 同WGでは、民間試験の実施団体から「全ての不安の要素を100%排除するのはかなり難しい」との見解が示された。準備グループの会合でも、委員から「費用に加え、日本中で同じように試験を受けられるわけではない」と指摘があった。

 導入見送りが決まった記述式問題についても懸念が表明されていた。ある委員は「民間事業者の採点方法はブラックボックスになっている部分がある。公平に採点できるのか」と意見を述べた。(時事通信19年12月24日)』 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『英語民間試験、会場確保「支援は無理」 議事録で文科省

 大学入学共通テストで活用予定だった英語民間試験をめぐり、文部科学省は24日、非公開だった有識者会議の議事録を公開した。試験実施が半年後に迫った今年9月になっても試験会場や日程を決めきれず迷走していたうえ、受験料の高さなどの課題も解決せず、委員から制度の見直しを求める声が上がっていた。

 公開されたのは、民間試験の活用方針が決まった後、18年から19年まで6回開催された「大学入試英語4技能評価ワーキンググループ」の議事録計230ページ。また、16年から17年にかけて、英語民間試験の活用や国語・数学の記述式問題の具体化を議論した「検討・準備グループ」の議事概要計85ページも公開された。いずれも文科省ホームページで閲覧できる。

 英語のワーキンググループには文科省のほか試験団体や高校、大学の関係者が参加したが、様々な論点で意見が食い違っていた。

 試験団体の委員は、全国でくまなく会場を確保するために高校を利用することを見こんでいた。高校や教育委員会の関係者からは、「自分の学校が会場になった受験生に有利」「不測の事態が起きた時に責任を負えない」「(試験監督に)教員をかり出すことは難しい」など反論が続出した。

 19年6月の会議では、委員が「(会場確保が)団体に任されているのが非常に不安な要素の一つ。文科省がきちっとバックアップして体制を整える形が安心できる」と発言。これに対し、文科省の担当者は「バックアップして試験を実施することは現実的にはできない」と対応が難しいことを認めた。(朝日新聞19年12月24日)』

* * * * *

 ちなみに、政府は、26年度に予定される新たな国立公文書館の開館に備えて、公文書管理の専門職「アーキビスト」の育成を行なうらしい。^^;

<何でまた「アーキビスト」とか、日本人に馴染みのない英語を使いたがるのかしらね~。(>_<)>

『公文書専門家の育成確認、政府 26年度までに千人

 政府は24日、公文書管理委員会を東京都内で開き、公文書管理の専門職「アーキビスト」の育成を強化する方針を確認した。国立公文書館が主体となって運用を進め、公的な資格制度に基づく認証の付与を2021年から始める。加藤丈夫館長は、26年度に予定される新たな国立公文書館の開館までを念頭に「千人程度の認証ができればいい」と強調した。

 育成方針によると、20年4月に館内に「アーキビスト認証委員会」を設置し、資格制度の運用を開始。3年以上の実務経験や専門的な知識などの要件を基準に審査し、21年1月以降に「認証アーキビスト」として認定する。(共同通信19年12月24日)』

 でも、いくら公文書管理の専門職を育てても、省庁の中で短期のうちに都合の悪い公文書の破棄や改ざんをしてしまったら、アーキビストの手に渡ることもないわけで。

 与野党の議員やメディア、そして何より国民は、行政府にきちんと大事な公文書を保持、管理するように、圧力をかけて行かなければならないと思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS
 



【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-12-25 09:05 | (再び)安倍政権について

内閣府が「60-65番は官邸与党枠」だと認める。+安倍、習を国賓招待も党内には慎重論が多数


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【JRA有馬記念は、2番人気でリスグラシュー(5牝)withレーンが、直線最後に抜け出して、5馬身差の圧勝。(*^^)v祝 <何かGI3連勝で、引退しちゃうのがもったいない感じなのだけど。いいママになって下さい。>
 2着は、3番人気の皐月賞馬サートゥルナーリア(3牡)withスミヨン。3着がクビ差で4番人気の菊花賞馬ワイルドプレミア(3牡)withユタカ。
 アイちゃんが一本被りだったせいか、2,3、4番人気の三連複で10,750円と、おいしい配当でございました。(^^)v

 1番人気のアーモンドアイは、先週も書いたようにもともと2500mは長すぎるので、馬込に入れてじっとエネルギーを貯め、最後にすごい末脚で抜け出したかったところなのだけど。観客の前からスタートしたため、最初から力んでしまった様子。しかも、デムーロが3角前から外に出したため、さらいかかってしまい、力を貯められず。直線、早めに抜け出して一瞬先頭に立ったものの、そのあといつもの鋭い末脚が発揮できず。9着に沈んでしまったです。<体調に影響があったり、苦しくてレースが嫌いになったりしないといいんだけど。やっぱ16~2000で使った方がいいと思う。>

 そして、WBA世界ミドル級タイトルマッチで王者・村田諒太(33)が同級8位の挑戦者S・バトラー(24=カナダ)を、5回終了間際に倒しTKO勝ち。初防衛に成功した。<最後は左フックだったけど、その前の後頭部へのパンチとボディが効いていたように思う。>
 村田はこれで、ラスベガスで夢の50億円マッチができる可能性も出て来た。(@@)<ただ、結構、ごヒイキだった八重樫が負けたのは残念。(ノ_-。)>】

* * * * * 

 さて、さて・・・。「桜を見る会」の招待状(受付票)に載っていた番号の区分が問題になっていたのだけど。
 ついに内閣府が、番号の上から2桁の「60~65」は官邸や与党の招待枠を示すと認めたです!(゚Д゚)

 また、「64~5は与党枠」であったと。そして60番は首相枠かどうかは、名簿を破棄してしまったのでわからないが。「(60~65と付されていれば)普通は首相から始まると思うだろう」と述べ、「60」が首相枠であるとの認識を示したという。(・・)

 これまでは、内閣府は、担当者への聞き取りや省庁内での調査に消極的で。詭弁にもならないようなしょ~もない説明ばかりして来たのだが。

 ここに来て、安倍内閣の支持率がダウン。「安倍内閣の説明が足りない」「納得が行かない」という声が増えて来たことから、内閣府も、このまま「記録がない」「調査はしない」というようなナメた対応を続けていてはマズイと思ったのかも知れない。^^;

* * * * *

『招待状60番「官邸や与党の枠」 桜見る会で内閣府

 参院内閣委員会は23日、首相主催の「桜を見る会」を巡って理事会を開き、野党が提出した質問に対する政府側の回答を聴取した。内閣府は、今年の一部の招待状に付された「60」の区分番号について担当者に聞き取った結果として「官邸や与党の枠だった」と明らかにした。

 「60」は預託商法などが問題視された「ジャパンライフ」元会長の2015年の招待状にも付されており、野党側が担当者の聴取を求めていた。

 立憲民主党の杉尾秀哉筆頭理事は理事会後、記者団に「半歩前に進んだが、納得できない点が多々ある」と述べ、再度の理事会開催を要請する考えを示した。(共同通信19年12月23日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『「60」を巡る攻防激化 ジャパンライフ問題、与党の「防衛ライン」とは
12/23(月) 21:05配信毎日新聞

 マルチ商法を展開して経営破綻した「ジャパンライフ」元会長が2015年の「桜を見る会」への招待状を受け取っていた疑惑で、元会長の招待状に付された「60」という数字を巡る攻防が激化している。政府は23日の参院内閣委員会理事会で、聞き取りの結果、「(60~65の)60番台は、首相官邸や与党の関係だったと思う」と担当者らが証言したと明らかにした。しかし、「60」が安倍晋三首相の推薦枠かどうかの回答は避けており、野党は「守るべき一線が引かれている」(立憲民主党の杉尾秀哉・野党筆頭理事)などと指摘。再度、理事会を要請する方針で、追及を強める構えだ。

 理事会では、野党側が事前に提出した計14項目の質問について、内閣府や内閣官房などの担当者らが回答した。政府は野党側の要求に応じ、招待状の印刷や発送作業を請け負った外部業者との契約書も新たに提出した。首相枠が「60番台」に含まれる可能性は認めたが、それ以上は「招待者名簿はすでに廃棄しており、個別の番号が(誰の枠かは)定かではない」などと従来の答弁を繰り返し、「60」が首相枠かどうかは明言しなかった。

 共産党が入手した資料には「60~63番」は「首相・官房長官等推薦者」と明記されている。同党の田村智子氏は理事会後、「『聞き取りはしない』と言い続けてきたが、さすがにこれは通用しないと思ったのだろう」と指摘したうえで、「与党が64、65と分かっている。(60番台という言い方をして)与党にまで責任を拡大するのか」と批判。「(60~65と付されていれば)普通は首相から始まると思うだろう」と述べ、「60」が首相枠であるとの認識を示した。

 また、野党側は招待者名簿データの廃棄記録の提出を求めたが、内閣府は「これ以上調査しない」と拒否。ほかの質問でも、従来の説明を繰り返すか、野党が主張する再調査を拒否した。

 杉尾氏は終了後、記者団に「半歩前進したが、納得できない点が多々あるので、徹底的にしつこく(追及を)やっていかなければいけない」と述べ、理事会を再度開くよう与党に求める考えを示した。

 共産の小池晃書記局長は同日の記者会見で「(衆院で)聞き取りの必要はないと言っていたのに、(参院で)聞き取った結果、明らかな事実が出てきたので、もっと聞き取らないといけない。全く解決していないので、引き続き追及していきたい」と述べた。

 理事会の開催は与野党合意に基づく。17日には衆院内閣委理事会が開かれたが、「60」の番号が「首相枠」か否かの質問に対し「配送するため便宜的につけたもので、それ以上調査する必要はない」と回答。それ以外の質問にも大半は従来通りの回答を繰り返すのみだった。【浜中慎哉、古川宗】(共同通信19年12月23日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 話は変わって、安倍首相は22日に米トランプ大統領と75分も電話会談を行なったとのこと。

 メインの話題は、今月2回、重大実験(大陸間弾道ミサイルの噴射の実験か?)を行なって挑発を強めている北朝鮮の対策の問題だと思うけど。
 安倍首相が、中韓首脳と会う予定なので、中国の首脳に北朝鮮対策や人権問題の話をして欲しいと。また韓国とは、日米韓の連携を崩さないために、(あまり歴史認識にはこだわらず?)、関係改善をはかって欲しいと要請されたのではないかと察する。

<あと米国と敵対しているイランのロウハニ大統領が20日に来日して、安倍首相と会談を行なったので、その話もしたかもですね。>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  


 安倍首相は、昨日から中国を訪問し、習近平氏と会談。今日24日には、日中韓の首脳会談を行なうほか、韓国の文大統領と1年3ヶ月ぶりに会談する予定なのだが。非常に難しい立場に立たされている。

 安倍首相自身もそうなのだが、超保守仲間はもともと中国や韓国を好んでおらず。むしろ敵視している部分がある。それゆえ、安倍首相も本当はあまり両国に譲歩したくはないし。もし中韓に歩み寄る姿勢を示したりすると、安倍首相の支持基盤である超保守層から批判を受けるおそれがあるからだ。^^;

 たとえば、安倍首相は、一時は冷え込んでいた日中関係の改善をはかっていて。<日本の経済界&トランプ大統領の要請があった様子。また北朝鮮との首脳会談の仲介役になって欲しいという気持ちもあるかも。>そこで、今年6月のG20の際に、来年春、日本に国賓として招きたいと提案。今回の会談でも、改めて招待する意向を示した。

『安倍首相「来年春の習主席の国賓訪日を極めて重視しております。習主席の訪日が有意義なものとなり、そして日中新時代にふさわしい日中関係を築きあげていくために協力して準備を進めていきたいと思います」(NNN19年12月23日)』

 しかし、自民党議員を中心とした超保守勢力は、習主席を国賓として招待することに強く反対している。
 
『12日の自民党総務会で、来春に予定される中国の習近平シージンピン国家主席の国賓来日について、政府に慎重な対応を求める発言が相次いだ。

 総務会で、衛藤征士郎・元衆院副議長は、中国公船による尖閣諸島周辺での領海侵入に触れ、「国賓として気持ちよく迎える環境を作らなければならない」と注文をつけた。これに対し、二階幹事長は政府に説明を求める考えを示した。

 習氏の国賓来日をめぐっては、自民党の保守派議員でつくる「日本の尊厳と国益を護まもる会」が政府に反対の申し入れを行っている。(共同通信19年12月13日)』<前の席には、鈴木総務会長をはさんで、下村博文氏と稲田朋美氏が座ってた。^^;>

 また超保守派は、香港のデモ弾圧や新疆ウイグル自治区の強制収容などの人権問題も批判。

『習主席は来年春に国賓としての来日が予定されているが、これに自民党内から「日本が人権問題に甘い国とみられる」という意見も出ている。(NNN19年12月23日)』

* * * * *

 今回の安倍首相と習主席との会談もスレ違いが目立っており、関係改善には程遠い感じも。^^;

『【北京時事】安倍晋三首相は23日、中国の習近平国家主席と北京の人民大会堂で約45分間、会談した。

 挑発的姿勢を強める北朝鮮情勢について、両首脳は朝鮮半島の「完全な非核化」に向けて連携し、国連安全保障理事会決議の完全な履行が重要との認識で一致した。首相は沖縄県・尖閣諸島沖への中国公船の侵入や香港情勢を提起した。
 北朝鮮をめぐり、習氏は中国とロシアが提案している制裁緩和への支持を求めた。首相は、拉致問題の早期解決への支持を訴えた。

 首相は、尖閣諸島周辺を含む東シナ海での中国の活動に懸念を表明。これに対し、習氏は防衛当局間の連絡メカニズムの構築などに取り組む考えを示した。
 また首相は、中国で拘束された邦人の早期帰国や、日本産食品の輸入規制の早期撤廃を要請。民主派によるデモが続く香港情勢や新疆ウイグル自治区の人権問題についても提起したが、習氏は「中国の内政問題」との従来の認識を強調した(時事通信19年12月23日)』
 
 そして、もし安倍首相が、米トランプ大統領のとの関係維持や北朝鮮との首脳会談をしたいあまりに、中韓に歩み寄った場合、足元の支持基盤が崩れるおそれが大きいと(期待込みで)思うmewなのである。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-12-24 07:42 | (再び)安倍政権について

官邸記者・山口が200万円ずつ顧問料、住居費をゲット。菅の口利きで、横浜の会社からも顧問料


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 昨日、驚くべき記事を目にしてしまった。何とあの伊藤詩織さんへの暴行で民事裁判に負けた元TBS記者の山口敬之氏が、TBSを辞めた後、スパコン関係の会社から毎月、顧問料200万円、住居費200万円を得ていたとのこと。<この会社は40億円の政府の助成金を得ていた。>
 
 官邸べったりと言われる山口氏は、このほかにも菅官房長官の口利きで、横浜にある企業が、月額42万円の顧問契約を結んでいたという。

 山口氏は伊藤詩織さんが暴行を公表したことが名誉毀損に当たるとして、1億3千万円の損害賠償を求めていたのだが。山口氏は暴行が表面下して、両社の顧問契約を打ち切られたため、月400万円以上の収入を失ったとのこと。多額の損害賠償には、それも含まれていたのである。(-"-)

 チョット長い記事だが、ここにアップする。

* * * * *

『伊藤詩織さん「勝訴」!敗訴の「山口敬之」 TBS退社後を支えた美味しすぎる“顧問契約” 菅官房長官の口添えも…

12/22(日) デイリー新潮

 2019年12月18日に判決が下った総理ベッタリ記者・山口敬之元TBSワシントン支局長(53)とジャーナリスト・伊藤詩織さん(30)との名誉棄損訴訟で、山口記者に330万円の支払いが命じられた。詩織さんが検察審査会に審査を申し出て、顔を出して実名で会見をしたのが2017年5月29日。それ以前に山口記者はある社の顧問として、家賃・月200万円の金満レジデンスで生活し、菅官房長官の口添えで別の社の顧問も務めてきたという。(17年6月15日号&19年7月18日号掲載記事を編集のうえ再掲載)

 ***

 東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急である。日枝神社の小高い杜は星の眺めが美しいことから「星ヶ岡」と呼ばれてきた。北大路魯山人主宰の「星岡茶寮」があったのもここだ。ホテルと銘打ってはいるが、このなかに「ザ・キャピトルレジデンス東急」と呼ばれる賃貸フロアがあり、山口記者はここで生活してきたという。彼は周囲に「親戚が持っている部屋を使わせてもらっている」と説明していた。

 金丸信元自民党幹事長のパレロワイヤル永田町、竹下登元首相のTBRビルや、十全ビルヂングなど、国会の庭先に事務所を構えるのは大物政治家のステータスとされてきた。もっとも時は流れ、2013年に小沢一郎・自由党代表が赤坂の事務所を閉じるなど、そのトレンドが変化したのだろうか、今や総理ベッタリ記者がここで暮らす時代になっているのだ。

 ザ・キャピトルホテル東急は地下1階から地上3階がレストランなどの施設で4~13階がオフィス、客室が18~29階となっていて、その間の15~17階が賃貸住宅にあたる。コンセプトは「ナチュラルな上質感」で、都心のプライベートな隠れ家であるとホテルは謳っている。16階には二十四節気の草花が楽しめる空中庭園が設えられており、それを眺め、首相官邸を睥睨するようにして入浴することができる。パンフレットには、「住まう人の審美眼に応える、高感性な住空間」「スパ&プールがすぐ下にある幸せ」などと、歯の浮くようなポエム、いや惹句が並んでいる。専有面積は82平方メートル~300平方メートル弱まで、月額賃料にして68万~240万円。戸数が14と極めて少ないから、「審査はとても厳しい」とホテル関係者が打ち明けるのもむべなるかな。この中で山口記者は、上から数えて2番目の月200万円の部屋で生活してきた。部屋の間取りなどは追い追い紹介する。

 山口記者は事件が報じられる直前の17年4月の1カ月だけで4局8番組、延べ47回のテレビ出演をこなしており、その売れっ子ぶりは認めるが、テレビ局員によると、「文化人枠ですからギャラは5万円程度でしょう」

 と、所詮は電波芸者。バブルが続くはずもなかっただろうから、カネの出所を詮索する声があがっていた。実際は、

「齊藤さんがスポンサーだったんですよ」

 と明かすのは、永田町関係者。齊藤さんとは、2010年に半導体開発会社「ペジーコンピューティング」を創業した齊藤元章氏のこと。同社製のスパコン「菖蒲」は世界のスパコン省エネランキングで3期連続1位を獲得したこともある。未上場だが、関連会社を含め、その企業価値は1000億円とも……。というよりはむしろ、17年12月5日、東京地検特捜部に助成金詐欺容疑で逮捕された「齊藤さん」と言った方が通りは良いだろうか。齊藤社長の関連会社には、「新エネルギー・産業技術総合開発機構」から約40億円の助成金、「科学技術振興機構(JST)」から60億円弱の無利子融資が注ぎ込まれている。いずれも国立の研究開発法人だ。

 業界に明るい関係者によると、
「1968年生まれの齊藤さんは新潟大医学部を卒業し、東大大学院時代に起業。それから海を渡って米国で医療機器ベンチャーを立ち上げました。“スパコンは2番では絶対ダメ”と業界で台頭する中国への対抗意識を燃やす、半導体ベンチャー業界で注目の人物だったんですよね」 

 先の永田町関係者によると、
「山口さんはTBSにいるころから齊藤社長と知り合いで、去年5月に会社を辞める時に顧問のポジションを用意されたと聞いています」

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 顧問の肩書は名刺を参照いただくとして、齊藤社長はこんなセールストークを展開していた。
「人工知能が進化してそれが人類を超える点(シンギュラリティ)が来る。スパコンさえあれば衣食住はタダ、カネは不要、犯罪も事故もない、少子高齢化問題やエネルギー枯渇の懸念が解決される社会が実現する」 

 とはいえ、
「しょっちゅうシステムエラーを起こしてしまう。稼働しない時間が長い」

 と、“欠陥部分”を指摘する専門家もいた。

 ある程度ハッタリは奏功してきたのだろうが、経営者から容疑者へ転落。その後、詐欺や法人税法違反などで起訴され、19年12月、懲役8年を求刑された。

 他方、山口記者はというと、
「特捜検察の捜査の過程で、顧問料200万円、そして家賃として200万円が齊藤から山口に毎月支払われていることがわかりました」

 と、社会部デスク。家賃とは先に触れた「ザ・キャピトルホテル東急」内の「レジデンス」使用料だ。広さは約239平方メートルになる。 

 改めて図面を見てみると、出入り口のある16階はゲストルームで中の階段を下りた15階がメインルームだ。北から西へ大きく開かれた窓からは日枝神社、国会議事堂。40畳のリビング、18畳の寝室、冷蔵庫や食洗機付キッチン、洗濯乾燥機が置かれたバスルーム。ハウスキーパーによる週2回の無料清掃、サロンにスパ&フィットネス。一介の記者が、スパコン会社顧問が、毎月家賃として200万円の支給を受ける真っ当な理由など、そうあるものではない。

「カネ集めの舞台装置ですよ。国家権力を睥睨するロケーション、安倍・麻生との蜜月を描いた山口自身の著書『総理』。これを武器に、“錬金術”に勤しんでいた様子が窺えます」(同) 

 総理ベッタリだからこそなせる業だったということになる。結果、前述の国からの100億円に加え、民間から200億円ほどを調達することに成功していたとされる。

「齊藤や山口は2人揃って、あるいは各自で、人脈を辿ってスパコンの売り込みに力を入れていた。1台4億とか8億とか。“開発資金はご心配なく”と齊藤は話していたよ。例えばスパコンは暗号通貨の“採掘”作業に使えたりするので、齊藤はそんなことを手掛けている会社にもプレゼンして回っていたね」
 とは、ベンチャー関係者。

 ベッタリ記者とベンチャー創業者との二人三脚は17年5月から暗転した。見果てぬ夢だったのか――。

 山口記者の“資金源”は、これだけではない。

菅長官が“山口にカネを払ってやって”

 以下は、菅長官の口添えで回ってきた顧問の役職について。

【顧問委託契約】と題されたその書類には、あたたかく優しい文言が並んでいた。

・原則として月1回、意見交換を行なう
・顧問料として月額42万円を振り込む
・必要と認める範囲で交通費その他の経費を支払う

 総理ベッタリ山口敬之(ノリユキ)・元TBSワシントン支局長は、こんな契約で“雇用”されてもいる。

「山口に資金提供しているのは、東京の有楽町にあるNKBという会社です。ここは交通広告の代理店で、JRの中吊りなどを扱っています。オーナー兼会長は滝久雄と言って、飲食店検索サイトの『ぐるなび』を1996年に開設した人として有名です」 と、広告代理店関係者。 

 NKBの源流を辿れば、滝会長の父が創った交通文化事業株式会社に行き当たる。取締役には、五島慶太(東急総帥)や小林一三(阪急創業者)、加賀山之雄(国鉄第2代総裁)らが名を連ねていた会社で、滝会長は父親の死後、これを継承した。

「この滝会長と菅さんが仲良しなんです。山口がTBSを辞めた後に、菅さんが“山口にカネを払ってやってくれないか”と滝会長に依頼したそうです。具体的には月42万円で、実際に払っているのは横浜にあるNKBの子会社。本体の方が業績がよくないので、そうなったということですが、子会社の経営陣は不満を抱えていたようです。“会社と何の関係もない山口に、ちゃんとした人を1人雇える額をなんで払わなきゃいけないのか”と」

 山口記者がTBSを退社したのは16年5月。顧問契約はその年の11月に始まっている。

「NKB以外にも五つ程の会社が山口に小遣いを支払っていると聞いています。ただ、新潮の告発記事が17年の5月に出ると、“さすがにこれはヤバい”となって、支払いをストップした。一度も会社で見かけたことがないらしい山口に300万円くらいは流れてしまったわけで、経営陣はとにかく憤懣やるかたない様子だったようです」(同)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 山口記者は、今年2月1日、「レイプされた」と主張する伊藤詩織さんを相手取り、「名誉を毀損し、プライバシーを侵害した」として、1億3千万円の損害賠償を求めた。詩織さんは2017年9月、「支局長の立場に乗じ、就職斡旋をチラつかせ、レイプした」と、山口記者に1100万円の損害賠償を請求していたから、彼は「反訴」したことになる。 先の契約書は、その「山口反訴状」から図らずも捲(めく)れ出た内容である。要は、彼女の告発のお蔭で、月額42万円の企業など、顧問先を二つ失った。1億3000万円の請求額にその逸失利益も含まれるというわけだ。そこには菅義偉官房長官の関与が見え隠れする。

 ここで改めて、「事件」から係争に至る経緯を駆け足で振り返っておこう。

 15年4月3日、TBSのワシントン支局長だった山口記者が一時帰国した折、ニューヨークで知り合い、TBSに働き口を求めていた詩織さんと会食した。山口記者のホームグラウンドである東京・恵比寿で2軒目までハシゴしたところから意識を失った彼女は、その後タクシーに乗せられた。車中で彼女は嘔吐しつつも、タクシーは港区内のホテルへ。山口記者の部屋へ連れ込まれ、翌日未明、性行為の最中に目が覚めた。

 詩織さんの刑事告訴を受け、警視庁高輪署は捜査を開始。その年の6月、準強姦容疑での逮捕状を携えた高輪署の捜査員が、機上の人となっていた山口記者を逮捕すべく成田空港でスタンバイしていた。しかし、その直前に逮捕は中止された。それは、当時の警視庁刑事部長で現・警察庁ナンバー3の官房長・中村格(いたる)氏が、「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と本誌(「週刊新潮」)の取材に認めている通りである。中村氏は菅官房長官の秘書官を長らく務め、その絶大な信頼を得ており、総理ベッタリ記者の逮捕中止命令は官邸への忖度ではという疑問が、世の中に今もなお燠(おき)のように燻(くすぶ)っている。捜査を引き継いだ警視庁からの書類送検を受けた東京地検は、ほぼ1年後の16年7月に不起訴と判断。詩織さんは17年5月、検察審査会に審査申し立てを行なったものの、9月に「不起訴相当」の議決が出た。19年公開の映画「新聞記者」製作のきっかけはこの「準強姦逮捕状」握り潰し事件にある、と映画関係者は語っている。

美味しい政権とのベッタリ

 実際、山口反訴状では、詩織さんに準強姦被害を訴え続けられ、ジャーナリストとしての社会的生命を絶たれたなどとして営業損害1億円を挙げている。テレビ番組出演などの営業収入1400万円ほどに加え、顧問料が2社で約750万円あったのに、18年度は無収入に陥った。名誉回復して従前通りの収入を得るための時間を見積もって、約2千万円×5年=1億円の計算になるという。2社の顧問料だけでサラリーマンの平均年収を凌駕するほど、政権中枢とのベッタリはことに美味しい。

 先の滝会長は昨年、母校・東工大に30億円を寄付し、滝夫妻の名を冠した「Hisao & Hiroko Taki Plaza」が建設中だ。母校愛が高じ、背伸びをしたシワ寄せが子会社に回ったのだろうか。山口記者へのお小遣いについて滝会長に質すと、会社を通じ、

「伊藤詩織氏と山口敬之氏との間の民事裁判に関しまして、弊社は一切関係がありません」 と、答えにならない回答。「Hisao & Hiroko Taki Plaza」にその名が並ぶ、滝会長の妻・裕子(ひろこ)さんにも聞いてみると、

「ウチではねぇ、私が喋るくらいで主人は仕事のことは一切話さない人なんですね。(菅さんとの関係は)そんな5、6年なんて話じゃなくて、昔からの知り合いだと思います」 他ならぬ滝会長夫人の証言である。菅長官と会長の浅からぬラインは存在する。他方、長官と山口記者の関係については、山口記者がものした自身の礼賛本『総理』に、こんな件(くだり)がある。

「あの夜の山口君の電話がなければ、今日という日はなかった。ありがとう」

 安倍晋三氏が自民党総裁選に勝利した12年9月、菅氏から、こう謝辞を述べられたのだった。それは、山口記者が「あの夜」に菅氏に電話を入れ、出馬を渋る安倍氏本人の口から聞き出した心境を伝えた結果だという。つまり、山口記者が今に至る「安倍一強」の生みの親とも言えるわけで、お小遣いの手配のため、長官が“犬馬の労”を取っても不思議ではなかろう。

 ある日の早朝、惰眠を貪る赤坂をスーツ姿の一団がことに足早にウォーキング中だ。胸板が厚く、見るからに屈強なSP2人を引き連れた菅長官を直撃した。

――おはようございます、17年の話で恐縮なんですけど……。
「いや、もういい」

――毎月、山口敬之さんは顧問料を支払ってもらって。それは、長官が滝会長に依頼をされた……という話だったんですが。
「ちょっと、今……」

――山口敬之さんからお願いされたんですか? 顧問料を支払えというのは? どういった経緯かだけでも。
「ちょっと、悪いけど、ちょっと。私、関与してないです」

――とはいえ、その……。
「それ以上言えない。関与してない」

 それ以降は、「プライベートですから、だめ」「だから答えているじゃない」と続き、「失礼だよ、私のプライベートなんだから!」と、“24時間365日稼働”をもって鳴る菅長官には残念な“激おこ”で終わった。先の代理店関係者に改めて聞くと、「会社の事業内容とは関係ない新潮の記事で送金を止めたということは、会社にとって山口がいかに不要な人材だったかを物語っている。つまり、どうしても断れない特別な案件だったからと考えるのが自然。繰り返しますが、山口は一度も会社に来なかったようですし、『山口顧問』の存在など、ヒラ社員は知る由もないんです」

週刊新潮WEB取材班  2019年12月22日 掲載 新潮社』

 できれば、TVのワイドショーなどに、この件を(官邸との絡みも)取り上げて欲しいと思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-12-23 03:14 | 政治・社会一般 | Comments(0)

桜の前夜祭、領収書見当たらず。支払いしない人も+総務省TOPが日本郵政に情報を漏洩が発覚


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全日本フィギュア女子・・・紀平梨花(17)がSP、フリーとも1位で初優勝。フリーでは4回転は回避したものの、3Aを2本確実に決め、フリー155・22点、合計229・20点の高得点を出した。(*^^)v祝<これで4回転が決まれば、世界選手権でロシア勢に対抗できる。本人は何日も不安で眠れなかったと言っていたが、最終滑走でほぼ完璧に近い演技をできるなんて、何てメンタルが強いんでしょ~。(・・)>
 2位には、18年世界選手権2位の樋口新葉(18)が、フリー138・51点、合計206・61点ではいった。200点超えはよかったと思うけど、これでは今のトップレベルに太刀打ちできないので、回避した3Aに挑戦して欲しい。<親友の水泳・池江璃花子が応援メッセージをくれたとのこと。池江も退院できてよかったですね。(^^)>
 で、これまでの実績で行けば、2,3位は、樋口、宮原、坂本の争いになるはずだったのだけど。何と過去4連覇の宮原、昨年の女王・坂本がジャンプでミスを連発して、4,6位に。(・o・)
 3位には、ジュニア枠で出場した川畑和愛(17)が193.96点ではいった。大きくて優雅なジャンプ、演技ができる選手で、今後が楽しみなのだが。世界選手権のシニア代表になるのか、ジュニアに回って、宮原を代表に選ぶのかビミョ~なところだ。

 全日本選手権の楽しみは、国際大会には出ていないけど(ほとんどの場合、ジャンプで高得点がとれないんだけど)、ジュニアの頃から、個性的な表現や美しい演技で注目していた選手が見られること。今回、女子では、新田谷凜、永井優香がオトナの演技を見せてくれたし。男子では、ずっと地元・岩手で頑張って来た佐藤洸彬(岩手大→南部美人)が、SPで彼らしいチャップリンを演じていたし。<今季で引退するとのこと。長い間、楽しませてくれて有難う。m(__)m>
 順当に行けば、男子は羽生、宇野と来て、3位争いが激戦という感じなのだけど。宇野がSPぐらいいい演技ができるのか、そこにも注目したい。 o(^-^)o>

* * * * *

 さて、まずは、「桜を見る会」の話から・・・。

 19日、野党の追及本部のヒアリングが行なわれ、安倍首相の地元・下関市の議員・田辺よし子氏に話をきいた。
 田辺氏は、「前夜祭」の出席者40人に話をきいたところ、安倍首相の説明とは異なり、ホテルから5千円の領収書をもらった人はひとりもおらず。夕食会の会費、5千円を払っていない人もいたという。(゚Д゚)

<この辺りはしっかり調査して、当事者の証言、物的証拠などが欲しいところ。安倍首相のウソが証明できれば、さすがに安倍政権は終わりだろう。(・・)>

『安倍晋三首相の地元・山口県下関市の田辺よし子議員(無所属)が十九日に野党「桜を見る会」追及本部で、首相後援会が会の前日に東京都内のホテルで開いた懇親会の出席者の一部が、会費を払っていないと話していると語った。事実なら有権者への寄付を禁じる公選法に触れる可能性があるとして、野党は首相への追及を強める。

 田辺氏は、首相に近い下関市議が桜を見る会に多数出席したとも指摘した。

 田辺氏は追及本部終了後、記者団に、今年の懇親会に参加した下関市内の約四十人に聞き取りをしたところ、三人が「会費を支払っていない」と答えたと説明した。聞き取りをした人のうち、会費支払時に、領収書をもらった記憶がある人は一人もいなかったという。

 山井和則衆院議員(無所属)は田辺氏の話について「無償で招待していれば、買収にあたる可能性もある」と指摘した。

 首相は十一月の参院本会議で、懇親会では安倍事務所の職員が参加者から一人五千円を集め、お金は受け付け業務終了後にホテル側にすぐ渡しており、後援会としての収入、支出はないと説明。公選法や政治資金規正法に触れないとの立場を示した。 (大野暢子)(東京新聞19年12月20日)』

『田辺氏はさらに、「ホテルニューオータニとはっきり記載された領収書は誰も見ていない。5000円払った人は、会場の入り口のあたりに集める人がいて、その人に渡したと聞いています。(赤旗12.21)』


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
 ところで、こんな風に暮れも押し迫っていなかったら、もっと大騒動になってもいいような事案が明るみになった。(@@)

 総務省TOPの鈴木茂樹事務次官(63)が20日、日本郵政の鈴木康雄上級副社長(69)に、かんぽ生命保険の不適切販売問題をめぐる行政処分案の検討状況を漏らしたとして更迭されたのである。(゚Д゚)
 鈴木副社長は、元総務次官。天下りで日本郵政にはいり、影のドンと呼ばれているという。^^;

『高市総務相、情報漏えいで次官更迭 かんぽ問題の行政処分 OBの日本郵政副社長に

 高市早苗総務相は20日、総務省内で緊急記者会見し、鈴木茂樹事務次官がかんぽ生命保険の不適切販売問題で、同省が月内に行う日本郵政グループへの行政処分案に関する情報を次官OBで日本郵政の鈴木康雄上級副社長に漏えいしたとして、国家公務員法に基づき停職3カ月の懲戒処分としたと発表した。

 鈴木次官は事実関係を認め、同日辞表を提出。高市氏は受け入れ、更迭した。

 高市氏は会見で「事務方トップの事務次官が公務に対する信頼性を著しく失墜させる行為をしたのは誠に残念。総務相としておわびする」と述べ、自らの大臣給与3カ月分を自主返納する考えを明らかにした。

 高市氏によると、12月中旬、限られた一部の幹部と大臣室で話し合っていた行政処分案の検討状況が日本郵政に複数回漏れている疑いが浮上し、内部監察を実施。その結果、鈴木次官が鈴木上級副社長に情報を漏らしていたことが判明した。鈴木次官も電話などによる漏えいを認め、高市氏に「自分の軽率な行為で迷惑を掛け、大変申し訳なかった」と謝罪した。

 鈴木次官は1981年に旧郵政省(現総務省)に入省。情報通信や郵政に関係するポストを歴任し、今年7月に就任した。鈴木上級副社長は73年に旧郵政省に入り、2009年7月から10年1月まで総務次官を務めた。各府省次官は少なくとも約1年は務めるケースが多いが、鈴木次官らのように約半年での交代は異例の短さだ。(時事通信19年12月20日)』  

* * * * *

 日本郵政は、各郵便局に対する過剰なノルマを設定。それが原因で、かんぽの不正(不適切)な営業活動を行なっていたことが判明した。金融庁は、年内にも一部業務停止命令を出す方針を固めているという。
 日本郵政を監視すべき総務省に対しても、問題を見逃していたのではないかとの批判が出ている。(-"-)
 ましてや、総務省のTOPが日本郵政のドンに情報を流すなど、決してあってはいけないことだろう。<昔、料亭政治をやっていた頃の自民党は、こんなケースがめっちゃ多かったみたいだけど安倍政権では、官僚は「何でもあり」になっているしね。>
 
 ところがこの鈴木副社長は、昨年4月にNHKの「クローズアップ現代」がかんぽの契約の問題を取り上げたところ、(安倍派の)NHKの経営委員長に抗議。NHKの上田会長が厳重注意を受け、昨年夏に予定していた続編の放送を延期せざるを得なくなった。<もし放送されていたら、詐欺的な営業に騙されずに済んだ人がいるかも知れない。>
 さらに、上田会長は一応任期満了という形ではあるが、続投すると見られていたのに、この年末で実質的に更迭されることになったのだ。_(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、鈴木副社長は、今年10月、野党のヒアリングで、「NHKは暴力団と一緒」「ばかじゃないの」などと暴言を吐いていたのだ。

<関連記事・『郵政副社長は、菅と懇意?&NHKは暴力団とトンデモ発言+超保守派の経営委員長が独断で注意か』>
https://mewrun7.exblog.jp/28611068/
『鈴木副社長は3日、国会内での野党合同ヒアリング後、記者団に「(NHK側から)取材を受けてくれるなら(情報提供を呼び掛ける)動画を消す」と言われたと説明し、「そんなことを言っているやつの話を聞けるか。それじゃ暴力団と一緒でしょ。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならもうやめてやる、俺の言うことを聞けって。ばかじゃないの」とブチ切れた。(ZAKZAK19年10月5日)』

 また、菅官房長官は、安倍一次政権(06~7年)、総務大臣を務めていたこともあり、鈴木氏とは懇意。任期中に鈴木氏を省内ナンバー2の総務審議官に抜擢したという。(・・)

 ということは、安倍内閣&総務省と日本郵政はズブスブの関係だった可能性が大きい。

* * * * *

『監督側のはずが…旧郵政省人脈、なれ合い深刻 かんぽ問題混迷さらに

 総務次官による行政処分情報の漏洩(ろうえい)で、本来厳しく監督すべきはずの官庁がなれ合いに染まっていたことが明らかになり、かんぽ生命保険の不適切販売問題が混迷を深めている。日本郵政グループのガバナンス(企業統治)の欠如が問題の根本原因だが、それを官庁や政治が許容してきた構図も浮かび上がる。問題収束はさらに遠ざかった。

■鈴木副社長は「実質的な最高権力者」

 「信頼回復のために社員みんなで必死なのに、一体何がしたかったのか」。日本郵政関係者は情報漏洩の一報を聞いて嘆いた。

 情報の漏洩先だった日本郵政の鈴木康雄副社長は、ある国会議員をして「郵政グループの実質的な最高権力者。長門(正貢)社長なんて目じゃない」と言わしめる。かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK番組への抗議を主導したことでも有名。官邸との関係も深いのがパワーのゆえんだ。

 その人物が総務省の事務方トップの鈴木茂樹前総務次官と結託していた。天下りで経営陣に幹部を送り込む手法は旧郵政省時代から続く。平成25年6月に鈴木副社長が日本郵政入りして以降、旧郵政省出身で先輩後輩関係にあった事務次官はほかにも電通グループ副社長を務める桜井俊氏(27年7月~28年6月)もいる。

 先輩と後輩の間柄で厳格に引かれるべき一線が曖昧になり、かんぽ不正の温床になったともみえる。

■グループ人事案、ちゃぶ台返しも

 今回の問題が日本郵政グループのトップ人事に影響を与えることは必至だ。高市氏は「総務省OBが郵政グループなどの取締役に就任することは問題」と言及した。郵政グループの3社長は18日の会見で進退への明言を避けたが、「金融庁の行政処分が出る27日にも人事が発表されるのではないか」(関係者)との見方もある。高市氏の発言で検討されている人事案がちゃぶ台返しになる可能性もある。(万福博之、高木克聡)(産経新聞19年12月20日)』

 一般国民はあまり関心がないかも知れないのだが。この件は、政治、行政面で本当に大きな問題だし。一般国民にも被害を受ける可能性があることなので、野党にはこの問題もしっかりとチェックして、年明けに攻めて欲しいと思うmewなのだった。(@_@。

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-12-22 09:40 | (再び)安倍政権について


「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

更新通知を受け取る

最新の記事

桜名簿、官僚6人の処分は形ば..
at 2020-01-18 07:46
桜の名簿、官邸の名を消して国..
at 2020-01-17 01:58
望月記者の映画、アカデミー賞..
at 2020-01-16 01:19
菅、名簿不記載を民主党のせい..
at 2020-01-15 01:54
麻生、日本は単一民族と発言。..
at 2020-01-14 07:04
麻生副総理、ひどい成人論。性..
at 2020-01-13 01:42
立民と国民の合併、破談か?枝..
at 2020-01-12 00:47
菅、桜文書管理の違法を認める..
at 2020-01-11 05:56
桜の招待者名簿は存在しなかっ..
at 2020-01-10 05:47
米・イランは、戦争回避か&安..
at 2020-01-09 12:57

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のコメント

mewさん1月17日4:..
by xtc4241 at 04:38
mewさん1月6日3:2..
by xtc4241 at 04:23
mewさん2020年1月..
by xtc 4241 at 03:17
詩織さん勝訴! 刑事で..
by xtc4241 at 06:22
mewさん12月1日4:..
by xtc4241 at 04:32
mewさん11月15日4..
by xtc4241 at 04:30
Hi!MEWさん。継続の..
by CONSAMA at 12:56
mewさん、11月13日..
by xtc 4241 at 07:34
mewさん、久しぶりにコ..
by メゾフォルテ at 18:31
mewさん、先日はコメン..
by B4 at 12:16

ブログパーツ

タグ

(1439)
(794)
(668)
(465)
(334)
(268)
(256)
(251)
(234)
(191)
(172)
(167)
(164)
(159)
(153)
(149)
(146)
(146)
(138)
(138)

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース