人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を!o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

追記・本日15時からMBS・TBS系の「春よ来い」で、ばんえい競馬が取り上げられます。
仮面ライダーフォーゼに主演した福士蒼汰くんが、ばんえいの厩舎に体験ホームステイをするのだとか。
よろしければ、見て下さいね~。(^^)

 今日2日には、帯広ばんえい競馬で「帯広記念」(GI)が行なわれる。(・・)
<特設サイトはコチラ

 賞金100万円は、JRAで言えば1億円クラスとも言える大レース。現役2トップのカネサブラック、Nボブサップに加えて、昨年2つの大きな重賞を制して力をつけているギンガリュウセイ、「ほこXたて」で頑張った&調子を取り戻しつつある将来のエース候補・テンマデトドケ、一度きいたら名前を忘れない&一発の魅力があるシベチャタイガーなど、ばんえいオールスターの迫力あるガチンコ勝負が展開される。<ばんえいでは、昨年末から最高2億円のチャンスがある7重単がスタートもしたです。(コチラ)>

 また、本日は水沢、川崎、名古屋、園田、福山、佐賀でも競馬を開催しているので、お時間のある方は、是非、観戦&参戦して下さいませ。m(__)m

 今年は、絶対に地方競馬場を一つも潰すことがないように、みんなで頑張って行きましょうね!o(^-^)o 

 以上、今年も時々、勝手に地方競馬広報係になる予定のmewでした。(^^♪

* * * * *

 さて、昨年暮れに自民党政権が正式に再スタートして、約1週間。
 安倍自民党は、早速、民主党政権の政策を次々と転換しようとしている。

 mewが一番気になるのは、自民党が昔と同じように政官財癒着の体制に戻ろうとしていることだ。(-"-)

 安倍自民党は、民主党政権で廃止した省庁TOPによる事務次官会議を復活。官僚との連携を深めることにした。
 また、新藤総務大臣は、民主党政権が決めた「国家公務員の定員を3000人削減」の方針を見直す意向を表明したという。

『安倍政権は、民主党政権が進めていた政策の見直しに相次いで着手している。

 官僚との連携も強め始めた。

 「我々の政権の運営方針において必要が生じた定員数は、予算に反映されるように見直しもお願いする。これまで決められたものをその通り順守していくことにはならない」

 新藤総務相は28日の閣議後の記者会見でこう述べ、2013年度の国家公務員の定員を3000人削減するという民主党政権の方針を見直し、削減幅を縮小する考えを示唆した。「3000人削減」は、今月7日に樽床伸二前総務相が閣僚懇談会で報告したばかりだ。

 新藤氏は「特に安全保障分野の強化は必要という観点で、見直すべきは見直していかないといけない」と語った。沖縄県の尖閣諸島への中国の挑発行動などを念頭に、海上保安庁や自衛隊の定員増を検討する意向とみられる。

 民主党政権は、「政治主導」を掲げて、官僚と距離を置いた。「行政のムダを削減する」という名目で公務員定数の削減にも取り組んできた。安倍政権はこうした流れを転換し、官僚と連携した円滑な政権運営を目指している。

 安倍首相は28日、首相官邸で開かれた第1回の「次官連絡会議」に出席し、各府省の次官に対し、「行政のプロとしての誇りを胸に、政策立案にあたっては積極的に提案し、果敢に行動していただきたい」と呼びかけた。

 次官会議は、民主党の鳩山政権がいったん廃止した。しかし、省庁間の連携が取れないなどの混乱が続き、菅政権と野田政権は次官が出席する「各府省連絡会議」を設置した経緯がある。

 自民党政権下の次官会議は、閣議に上げる案件を原則として全会一致で決めていた。安倍政権の次官連絡会議は、内閣の意向を各府省に周知、徹底させる場とする考えだ。(読売新聞12月30日)』

『このほか、安倍政権は、民主党政権下で「削減」されていた公共事業費を「必要な公共事業は実施する」方針に転換する。一律廃止としていた厚生年金基金制度は、財政状況の良い基金の存続を認める方向だ。農家への戸別所得補償制度を巡っては、支払い対象を野菜などにも広げる新制度へ将来的に見直すことを検討している。(同上)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 mewは、別にアンチ公務員、アンチ官僚ではないし。<地方も含めて、公務員をむやみに削減すればいいってもんじゃないと思っているし。>
 行政府が官僚や公務員と対立するのではなく、国民の利益に資する行政を行なうために、いかにうまく協力&有効活用するかが重要だと考えているのだけど。

 ただ、自民党は、50年余りの長期政権の中で、官僚にお任せの政治を行ない、それが政官財(+自治体、諸団体)が癒着して、一般国民の利益をそっちのけにして、自分たちの間だけで利益を分配し合う構図を作ったわけで。それが大きな問題になっていた。(-"-)
<この癒着によって、多額の献金や収賄or限りなくそれに近い形の利益分配が横行。またこれらの費用を国債(借金)乱発でまかなったため、借金が増大した上、結局、一般国民にそのしわ寄せが来ていたことも問題に。>

 民主党政権は、この体制を何とか少しでも打ち崩して、国民の利益に資するような政治主導体制を築きたいと考えていたのだけど。
 わずか3年で政権を奪還した自民党が、早速、また従前の体制に戻そうとしているのを見ると、「何だかな~」と思ってしまうところがある。_(。。)_

* * * * *

 民主党が、96年に結党した時、第一に掲げていたのだが、自民党が築いて来たこの政官財癒着&菅主導の構図を変えて、国民主体&政治主導の政治構造を作るべきだという政策だった。
 鳩山由紀夫氏らの旧自民党議員や、前原・野田氏らの保守系議員が、改憲や外交安保は自民党と考え方が変わらないものの、中道左派系と組んで、自民党の対抗勢力を作ろうとしていた最大の理由もそこにあるし。海江田新代表が、昨年末の代表選で、民主党は「改革政党」だと主張していたのもそれゆえだ。(・・)

<民主党の議員の半数は、03年の小沢自由党の合流に反対だったし、最後までアンチ小沢だったのだが。小沢氏も早い時期から「政治主導の実現」を唱えていたこともあり、この点だけは一致することができたのよね。^^;>

 そして民主党は、折角、09年に政権を獲得したものの、初めての政権運営で不慣れ&稚拙な面が多々あった上に、党内対立が続いて挙党一致で仕事ができなかったこともあって、十分に体制を変えることはできなかったのだけど。
 それでも、事務次官会議を廃止したり、特殊法人の整理や行政仕分けなどムダな公共支出の削減に取り組んでみたり、何とか少しでも自民党が作って来た構図を崩そうと努力をしていたことは、評価していてもいいのではないかと思っている。

* * * * *

 ただ、50年以上かかってガチガチに築き上げられて来た構図を、わずか3年で変えることは困難なわけで。<自民党や官僚、財界、自治体などからの抵抗もハンパなくスゴイかったしね~。>

 mewは、まず最初の3~4年で政府与党の立場&政権運営に慣れて、中から諸状況を把握しながら少しずつ体制改革に着手し、次の3~4年で本格的に大改革ができるといいな~と考えていたのだが。
 それを実行に移すには、国民の後押しが不可欠ゆえ、mewは、政権交代の当初から、国民にきちんとその姿勢を示して、理解と支持を得られるようにしないといけないと考えていた。<また、国民も大きな改革に取り組んでいること&初めての政権運営であることを理解してもらって、チョット長い目で見て欲しいとも思っていたのよね。^^;>

* * * * *

 でも、民主党政権は、与党初心者だったので尚更に、みんなで本当に力を合わせて抵抗勢力を戦っていかなければならなかったし。その姿勢を示すことで、国民からの支持を得て行かなければならなかったのに、党内でアレコレの対立を続けていたこともあって、肝心な行政改革に力が注げなかった上、国民の期待もどんどん低下することになってしまったし。

 想定外の大震災や原発事故の対応に追われたり、リーマン危機に続くEU危機、尖閣問題などなどが起きたりしたことで、ますますメインの改革に取り組む時間がとれず。おまけに野田首相が、自公&財務省と組んで「消費税増税が第一」の政権運営に走ったことで、行政改革がなかなか進められず。<逆にどんどん取り込まれて行く人が出たりして。(-"-)>

 mew的には、最後の最後になって、政府&民主党官財を含む原子力ムラとやり合ってでも、「原発ゼロ」方針を決めたのは救いだったけど。
 この脱原発方針も含めて、政官財&自治体、米国、メディアなどには、民主党が政権を続けると不都合な人たちが多かったこともあって、自民党への政権交代を望む声が高まることに。<一部メディアも結託して、「民主党政権ではダメ」「ウソつき」キャンペーンを展開されたとこもあったりして。(~_~;)>
 
 挙句の果てに、野田首相がフィニッシュ技としてドッカ~ンと自爆解散を敢行したことから、自民党に政権を奪還された上に、簡単に政権を取り戻せないぐらいに惨敗することになってしまったわけで。(@@)

 mewは、民主党が衆院選でここまで惨敗したのは、まさに自業自得だと思ってはいるのだけど・・・。
 
 ただ、自民党や財官などなどが「シメシメ。これでまた昔のように、自分たちのペースで国政を進めて、利益を分配しあえるぞ」と、どんなに喜んでいるかと思うと、「見事にしてやられちゃったな~」と悔しく思う部分もあるし。毎日のように、上記したような報道記事を目にするたびに、また昔のような政官財の癒着が始まるかと思うと、本当に残念な気持ちになる。(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 実際、省庁の方もどんどんと官邸&内閣に官僚を送り込んでいる。

 昨年、経産省が原発政策を推進するために、エース級の官僚を内閣官房副長官などとして官邸に送り込んだという話を書いたのだが。<関連記事・『安倍官邸&政府にはいり込む経産省や各省官僚TOP~原発・TPP政策など国政を主導か
 財務省も負けてはいない。(@@)

『第2次安倍晋三内閣の発足を受け、霞が関が「安倍シフト」に動き始めた。経済産業省が2人を首相秘書官に送り込めば、財務省は政権ナンバー2の麻生太郎副総理兼財務・金融相の秘書官に幹部職員を起用。経済政策をめぐり主導権争いが激化する様相だ。28日には各省事務次官が集う「事務次官連絡会議」も設置され、民主党政権が廃止した「事務次官会議」の復活を印象付ける動きも出ている。(坂本一之)

 財務省は麻生氏の秘書官に浅川雅嗣国際局次長を起用した。浅川氏は麻生内閣で首相秘書官を務めていて、異例の再登板となる。通常は中堅職員が務める秘書官に局次長級が就くのも異例だ。

 浅川氏は「麻生氏に対する忠誠心が強い」(自民党筋)とされる。国際金融の知識が豊富で、麻生氏の首相在任中は「国際会議でも献身的に首相を支えた」(同)。平成21年衆院選で麻生政権が大敗し、民主党に首相官邸を明け渡した時には、悔し涙を周囲に見せたほどだ。

 財務省はさらに、秘書官の人数を通常の2人から3人に増強。今後の経済政策運営で麻生氏を通じ政権内で影響力を及ぼすことを狙っているようだ。

 財務省の“逆襲”はこれにとどまらない。首相の女房役である菅義偉(すが・よしひで)官房長官の秘書官には、矢野康治主税局総務課長を送り込んだ。矢野氏は福田康夫内閣で町村信孝官房長官の秘書官を務めた。長官秘書官の業務を知り尽くした矢野氏を再投入することにより、安倍官邸で台頭する経産省を牽制(けんせい)しようとの思惑がみえる。

 さらに内閣官房参与には小泉純一郎元首相の秘書官だった丹呉泰健(たんご・やすたけ)元財務事務次官が起用された。丹呉氏は政権発足翌日の27日午後、同じく参与に起用された小泉政権時代の「盟友」飯島勲元政務秘書官と連れだって官邸に姿を見せた。

 その他の省庁も新たに設置された事務次官連絡会議を舞台に勢力拡大をうかがっている。初会合で安倍首相は「行政運営のスペシャリストとして力を振るってほしい」と訓示した。(中略)

 次官連絡会議の司会は事務担当の杉田和博官房副長官が務めるが、官職復帰は約9年ぶり。しかも26日夜の首相会見の最中にけいれんを起こして倒れ、健康状態を不安視する声が出ている。警察庁出身の杉田氏がにらみを利かせられないと、各省庁が省益を声高に主張してくる可能性もありそうだ。(産経新聞2012年12月29日)』

* * * * *

 また、経団連などの財界&大企業TOPの方々は、露骨に安倍自民党が政権を奪還したことに次々と歓迎のコメントを出している。(~_~;)

 それこそ衆院選前には、安倍氏の経済・金融政策や対中政策を強く批判していた経団連の米倉会長も、安倍自民党が大勝した途端、す~っかり「手のひら返し」をしてヨイショをし始めており、その節操のなさには呆れを通り越して、哀しささえ覚えるほどだ。(ノ_-。)

<ちなみに経済団体は、ヨイショの見返りに、安倍政権にTPP参加、消費税増税の遂行、原発推進(新増設・輸出)、武器輸出の緩和、大企業にも利益をもたらす大型公共事業(国土強靭化計画)などなどを求めているです。>

『経団連の米倉弘昌会長は25日の会見で26日に発足見込みの安倍晋三内閣について「経済を立て直すためスピードを上げて経済対策を実行してほしい」と注文した。経済運営の司令塔として経済財政諮問会議が復活することには「いいことだ。全面的に支援する」と評価。閣僚人事にも「実力ある内閣ができるのではないか」と期待感を示した。

 11月末に安倍氏の金融緩和論を無鉄砲と批判したことには「悪意があったわけじゃない」と弁明し「財政規律も堅持するとおっしゃっているので何も心配することはない」と語った。安倍氏が景気後退期に消費増税は難しいとしていることにも「理解できる。そういうことがないよう経済運営を積極的にやって成長を実現していただきたい」と強調した。(産経新聞2012年12月30日)』

『尖閣問題で悪化した日中関係についても「再構築が重要だ」と語り、冷え込んだ経済関係の改善に意欲をみせた。安倍晋三首相の対応について「衆院選前はナショナリスティックな発言が多かったが、政権に就くと現実的な判断をされている。好転の兆しをつくっている」と評価した。(朝日新聞2012年12月31日)』

* * * * *

 ただ安倍自民党は、参院選のことを意識して、まだまだ慎重に動いているところがある。
 それこそ参院選で勝ったら、まさに「わが世の春」で、一気に従前どおりの政官財&自治体の利益を考えた政策を実行に移すものと見られているわけで。これも、安倍自民党が主張していた「日本を取り戻す」(=日本の政官財癒着の旧体制を取り戻す?)のあらわれだと考えてのいいかも知れない。(~_~;)

 そしてどうか多くの国民が、自民党が旧体制に逆戻りして行くような政権運営を行なおうとしていることを認識した上で、果たしてこのままでもいいのかどうか、よ~く考えて欲しいな~と願っているmewなのだった。(@@)
  
                   THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2013-01-02 06:45 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 最初に鈴木宗男氏にも関わりがある&石川知裕氏の地元・北海道帯広市で開催されているばんえい競馬の話を。

 2日(日)の「ほこXたて」の『「絶対に滑らない最強のゴムシート」対「どんな物でも引っ張って滑らせる馬」』、ご覧になった方、いらっしゃいますか?(・・)

「どんな物でも引っ張って滑らせる馬」として、ばんえい帯広競馬場のばん馬・テンマデトドケ&安部憲ニ騎手が登場。「絶対に滑らない最強のゴムシート」に載せたたそりを見事に外まで引いて、対戦に勝つことができたです。(*^^)v 
<タカが言っていたように、砂がゴムの上に載ってしまって、摩擦がききにくくなったのも勝因だったかも知れないけど。^^; ちなみに、ばんえいにはタカ&トシが命名したドオーダッシュという馬もいる。大井に来た時に会ったけど、競走馬とは思えないほど大人しくていい子だった。>

 mewは、昨日、知人が録画しておいてくれたものを見たのだけど。かなり長い時間、ばんえい競馬&ばん馬を扱ってくれたし。ばん馬の迫力、かわいさも伝わったとのではないかと思われ・・・大変うれしゅうございました。"^_^"
 阿部はテンマデトドケに乗ったことはないのだけど。もしかして、外見+演技力で選ばれたのだろうか?(確かに、なかなかの演技力だったです。(^^♪)

<ただ、何故、阿部に天才ジョッキーという称号がついたのか、ばんえい経験の浅いmewには「???」。mewにとっては、最近の阿部は、「買うと来ない、買わないと来る」mew馬券を裏切る天才の騎手なんだけど?^^;(実はテンマデトドケも。2~3歳の時はイレネーや菊花賞をとったスゴイ馬だったので。ついつい買ってしまうのだけど、なかなか来なかったりして。^^;(この間、久々に勝ったけどね。) でも、今回の収録で頑張ってくれたので、また阿部もテンマデトドケも買っちゃおうっと。(^^)>

 何か今週は売り上げもよかったみたいだし。何とか存続できるように頑張らなくっちゃだわ。o(^-^)o 

* * * * *


そして、1週間遅れになってしまったのだが。この記事では、鈴木宗男氏の再審の話を書いてみたい。

<mew的には、この鈴木氏の問題は、国策捜査&検察の問題ある捜査、起訴、立証などの面で、小沢氏&秘書の公判とも関わりがあると思っているので、小沢&秘書裁判のカテゴリーに入れたいと思う。>

 鈴木宗男氏は、中川一郎氏の秘書を経て、同氏の死後、83年に衆院選に出馬し、初当選。ロシアとのパイプが強いことで知られるほか、北海道の発展、北方領土問題などに力を注いでいたのだが。
 02年、小泉政権の時に、オモテ向きは田中真紀子氏(当時・外務大臣)との対立、ムネオハウス疑惑などが問題視され、3月に自民党を離党。6月にやまりん事件で斡旋収賄罪に問われ逮捕&起訴されたほか、証人喚問における議院証言法違反、政治資金規正法違反の罪なども併せて4件で起訴されることに。<この時になかなか保釈が認められず、437日も勾留された。03年、保釈後に胃がんだとわかり手術。その後、10年に食道がんの手術を受ける。>
 鈴木氏は、一連の事件に関して「国策捜査」だと批判し否認を続けたものの、1審、2審と有罪判決を受け、最高裁まで争ったものの、2010年9月に懲役2年(追徴金1100万円)の実刑判決が確定&議員失職。10年12月から11年12月まで収監された。(未決勾留日数を引いて1年5ヶ月に。5ヶ月早く仮釈放され、今年4月に刑期満了。)

<4件の起訴事実については、コチラのサイトがわかりやすいかも。>

 でも、鈴木氏は、判決確定後、そして収監後も尚、「あれは国策捜査だった」「収賄罪などは冤罪だ」「検察がうその証言を使って、立証した」と主張し続けており、無罪を勝ち取るために再審を請求することを目指していたのだ。(・・)

 実際、『鈴木宗男の有罪&議員失職、収監が確定~小沢の精神、代表選にも影響か? 』『鈴木、村木の件を、国民が検察&官僚をウォッチするきっかけにしたい』などにも書いたように、検察の捜査やストーリー立てには「???」の点がいくつも存在するのである。(-"-) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 そして、ついに先月末、鈴木氏が再審の請求を行なうことになった。(**)

 あの小沢氏の無罪判決をしっかりと勝ち取った無罪請負人・弘中淳一郎弁護士が、無罪を証明し得る証拠と共に、東京地裁に再審請求の申し立てを行なったのだ。(・・)

<弘中弁護士は、ずっと鈴木氏の弁護を行なっていたのだが。無罪が得られず、心残りだった様子。mewはおそらく小沢氏に弘中弁護士を紹介したのも、鈴木氏なのではないかな~と思っている。>

 その無罪を証明し得る最も有力な証拠となりそうなのが、検察官が公判での証人尋問の際に作成したとされる「尋問シナリオ」だ。
 検察官は、証人が自分たちが考えるストーリーに乗っ取った証言をするように、証言内容の台本を作っていたのである。<事前に、台本どおりに証言ができるように練習させていたという話もある。(-"-)>

***** 

『野庁の行政処分を巡るあっせん収賄など4事件で服役した新党大地の鈴木宗男代表(64)は29日、「無罪を示す新証拠を発見した」として東京地裁に、2事件の再審請求を申し立てた。

 確定判決では、鈴木代表に同庁への働きかけを依頼したことを認めた製材会社元幹部の公判証言などが有罪を支える有力証拠とされた。代表側は「元幹部の記憶に反する証言だった」とし、東京地検特捜部が公判前に元幹部に渡した証人尋問のやりとりの「台本」などを新証拠として提出。「台本に基づく証言に証拠能力はなく、有罪の認定を維持できないことは明らかだ」と主張している。

 鈴木代表は一貫して無罪を主張したが、2010年9月に懲役2年、追徴金1100万円の判決が確定、昨年12月まで服役した。(読売新聞11月29日)』

『受託収賄など四つの罪で実刑判決が確定し、服役した新党大地代表の鈴木宗男すずき・むねお元衆院議員(64)が29日、東京地裁に再審を請求した。弁護団は、検事が証人尋問の際に作成したとされる「尋問シナリオ」など8点を無罪の新証拠としている。

 記者会見した鈴木氏は「間違った権力行使で人生を狂わされた私以外の人たちのためにも頑張りたい」と述べ、弁護人の弘中惇一郎ひろなか・じゅんいちろう弁護士は「検察側証人が記憶に反し、検察のシナリオ通りの証言を強いられていたことが判明した。これは確定判決をゆるがす重要な証拠だ」と指摘した。(中国新聞11月29日)』

* * * * *

 鈴木氏は、11年12月に仮釈放された後すぐに、陸山会事件で起訴された際に民主党を離党した&現在、公判中の石川知裕氏や、小沢Gに所属していた松木謙公氏らも交えて「新党大地・真民主党」(先月、「新党大地」に改名)を結党。

 本人は有罪判決が確定したため、5年間の公民権停止処分を受けているため、国政選挙には立候補できないのだけど。
 今は「新党大地」の党首として、自党の議員や候補者を全力で応援しているほか、党首討論会への参加して一番元気に自党の主張&他党の批判を展開している。(・・)

 鈴木氏本人が出馬できないことから、当初は、元祖「新党大地」結党以来の支援者である松山千春氏が出馬するという話もあったのだが。松山氏は、仕事の問題に加えて、娘に大反対されたそうで、結局、立候補はしないことに。
 代わりに、鈴木氏の長女で元NHK職員の貴子氏(26)が北海道7区で立候補することになったという。<また、何とあのスピードスケートの清水宏保氏が、大地公認で北海道1区に出馬するとか。>

 また未来の党とは、選挙協力を行なう予定だという。<『11月26日に(国民の生活が第一代表の)小沢一郎氏と会談した。小沢氏から「大地は未来に合流しない方がいい」と言われた』とのこと。(時事通信12月2日)>

 再審が認めれるのかどうかの判断が出るのは、まだしばらく先になるのではないかと思うのだけど。
 捜査や公判、収監の様々な苦難にもめげず、病気も乗り越えて、前向きに政治活動に取り組む鈴木宗男氏に、体に気をつけて頑張って欲しいな~と願っているmewなのだった。o(^-^)o 

<鈴木氏は、もともと保守派ではあるものの、近時はどんどんハト派(平和志向)っぽくなっている感じが。また、自然環境重視、脱原発、反新自由主義でも考え方が共通。またmewは、日本の安保外交、北方領土問題の解決、エネルギー資源確保のためには、鈴木氏のようにロシアとパイプを持つ人&政治・外交の世界のオモテもウラも知っている人の存在も重要だと思っているです。(・・)>

                   THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2012-12-04 02:29 | 政治・社会一般

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 昨日は、帯広競馬場で「ばんえい記念」(JRAで言えば、有馬記念のような大きなGI)が行なわれ、このレースで引退する予定のニシキダイジン(牡11)with鈴木恵介騎手が圧勝。(*^^)v祝
<鈴木恵介騎手は、09年からずっとばんえいリーディングをとり続けているエースながら、ばんえい記念を勝ったのは初めてだったとのことで、インタビューで目をうるませ声が詰まる場面があり、mewもじ~んと来てしまったです。あとは、大井の的場さまがダービーをとるだけ!?(・・)>

 また、同じく引退予定の&mewの応援馬フクイズミ(牝11)が、持ち味の末脚を発揮して2着に。(~~)
 最近、年齢もあってか、フクイズミらしくないレースが続いていたのだが。昨日は、いつもよりずっと重い斤量ながら、一生懸命にチョットずつ山を越えて、ゴールまでトコトコと彼女らしく歩いて行く姿に、感動した人も多かったのではないかと察する。(ノ_-。)
<何故、最後のレースがここ何年かずっと主戦だった尾ヶ瀬ではなく松田だったのは、残念だった感じもあるし。正解だったのかもと思うところもあるし。何か複雑な気持ちに。^^;>

 尚、07~9年にばんえい記念を3連覇したトモエパワー(12牡)も、このレースで引退するとのこと。
 みんな本当におつかれさまでした。m(__)m

<8Rでは、久々に溺愛するコマクインが3着になって、お貢ぎ分を取り戻すことに。(・・) この間、コマクインをばんえいアイドルにしてPRに使うといいのにって書いたのだけど。牡馬は真っ白なアオノレクサスをヤング・アイドルにするといいかもと思ったです。(+_+)>

* * * * *

話は変わって・・・。野田政権が、原発再稼動に動き出した。(`´)

菅叩きをして原発再稼動を目指す推進派にぞっとする』に書いたように、原発利権に群がる&安全性より利益追求の政官財の人たちは、ともかく1日も早く停止中の原発を次々と再稼動させんと必死になっているのだ。(-"-)

 昨年3月にあの福島原発事故が起きて、まだ大変な状況であったにもかかわらず、経産省&電力会社は、6月には何食わぬ顔で、海江田経産大臣に安全宣言を出させて、すぐに九電の玄海原発を再稼動させようとしていたのだ。<しかも、「やらせメール」まで使って。(ーー)>
 
 当時、原発の安全性や電力会社、原発関連の官僚などにすっかり不信感を覚えていた菅前首相は、そこで「チョット待った~」(懐かしのねるとん風)とストップをかけ、再稼動をするに当たって新たに安全性テストを行なうべきだと言い出した。(@@)
 その時も、原発推進&維持派やアンチ菅派から、「思いつきだ」「夏が乗り切れない」「経済がわかっていない無能な首相が、日本を潰す」などとさんざん菅叩きをされたものだったのだが。<おまけに、原発再稼動に失敗した海江田くんは、菅にいじめられているかのごとく、国会で泣くし。(>_<)>
 でも、菅前首相&内閣は、ともかく再稼動のためにクリアすべき新たな安全基準を概要決めて官邸を去ったのだが、今でも「余計なことをしやがって」と思っている人が少なからずいるに違いない。^_^;

 それから半年余り、3月になって福井県にある関西電力の大飯原子力発電所3、4号機が、安全性テストをクリアしたとして、再稼動第1号となるべき準備を進めている。(~_~;)

* * * * *

 野田佳彦氏は、もともと原発再稼動に積極的な姿勢を示しており、昨年9月の首相就任時には、米国紙のインタビューでこのように答えていた。

『野田首相は20日の米ウォール・ストリート・ジャーナル/ダウ・ジョーンズ経済通信とのインタビューで、定期検査で停止中の原発について「電力需給があるので、来年の春以降、夏に向けて再稼働できるものは再稼働していかないと電力不足になった場合には、日本経済の足を引っ張るということになる」と発言。「来夏までに原発を再稼働」する考えを明らかにした。(ニコニコニュース11年9月23日)』

 これを見てもわかるように、この春から次々と原発を再稼動して行くことは、原発推進&維持派の予定通りの&「結論、先にありき」の動きなのである。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 また、野田首相は、今年の2月10日の会見で、原発再稼動に国が積極的に関与して行く考えがあることを表明した。

『関西電力が運転再開を目指している大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が再稼動に向けて大詰めを迎えている。経産省原子力安全・保安院は、関西電力が提出したストレステストの1次評価の結果を「妥当」とする審査書をまとめた。原子力安全委員会が認めれば、地元自治体の意向と首相、原発担当相、経産相による政治判断に移る。』

『「地元の皆さまに理解いただけるかどうかなども踏まえて、最終的には政治判断をするというのがプロセスだ」(中略)
 野田首相は「地元理解がどうなのかということは確認をしながら、場合によっては政府が前に出て説明を地域にすることはある」とも述べ、一連のプロセスの中で原発の安全性の確保ができ、再稼動が不可欠と判断した場合には、政府として地元自治体に積極的に働きかけを行っていく考えを明らかにした。(
ニコニコニュース12年2月10日)』

* * * * * 

 そして、ついに3月23日、原子力安全委員会が、大飯原発の安全性を確認したかのような報道がアチコチに出されて、「よっしゃ」とばかりに、野田政権が再稼動に向けて動き出そうとしているのである。

『内閣府原子力安全委員会(班目(まだらめ)春樹委員長)は23日午後に臨時会議を開き、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の「ストレステスト(耐性検査)」1次評価について、経済産業省原子力安全・保安院が「妥当」とした審査書を了承した。

 各原発で実施されているストレステストの結果について、安全委が判断を示すのは初めて。これで大飯原発3、4号機の再稼働に向けた技術的な評価は終了した。今後は野田首相と関係3閣僚の政治判断にゆだねられ、近く開く閣僚会議で安全性を確認した上で、福井県に出向いて説明する方針だ。(読売新聞3月23日)』

『民主党の前原政調会長は25日のNHK番組で、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)について、「原子力安全・保安院がストレステスト(耐性検査)で安全には一定の評価を示した。

 再稼働を(地元に)お願いする最低限の条件は整った」と述べ、政府は再稼働の準備を進めるべきだとの考えを示した。

 同原発の再稼働問題では、自民党の茂木政調会長が同じ番組で「地元の理解を得られるかが大前提だ」としながらも、「現実的に必要最小限の電力として原発は必要だ」と語った。(読売新聞3月25日)

* * * * * ☆

 ところが、東京新聞は3月24日朝刊の1面で、『大飯原発再稼働 すべて条件付き「イエス」』という記事を掲載。(全文は*1に)

 原子力安全委員会の班目委員長が、23日の記者会見で、原発の安全評価はまだ簡易的な1次テストしか行なわれておらず、その1次テストも「YES,・・・BUT」で、まだ疑問が残る部分が多数あることを示していたと報じていたのである。

 おまけに、班目氏は「原子力安全委員会が安全性にお墨付きを与えたのか」との質問に、「安全性の確認は保安院の責任。そちらに聞いて」と答えていたというのである。(゚Д゚) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

『「要するに、すべて『yes(イエス) but(バット=しかし)』なんです」

 班目(まだらめ)春樹委員長は同日の記者会見で、安全委の報告書についてこうコメントした。つまり、以前に比べて安全性が増した部分はあるが、簡易版の一次評価だけでは分からない部分がいろいろある-ということだ。

 ただ、報告書で「イエス」の部分を探しても、多くは見つからない。全交流電源喪失など危機的な状況も想定した評価手法が取り入れられたことや、非常用電源車の高台への配備など東京電力福島第一原発事故を受け導入された緊急安全対策に一定の効果があると確認されたことなどを挙げたくらいだ。

 これに対し、「バット」の部分の方が圧倒的に多い。今後の安全対策への注文は二十七項目にも及び、報告書の半分以上を割いた。

 最大の注文は「一次評価は簡略な方法にすぎない。被害拡大を防ぐ対策までを検証する二次評価を速やかに実施すべきだ」と求めたこと。これは、かねて班目氏が主張する「一次評価だけでは総合的な安全性評価はできない」をそのまま書いたものだ。』

『大飯原発3、4号機は、一次評価の技術的な安全確認が終わった初めてのケース。

 安全委として再稼働にお墨付きを与えたのか-。この点に記者の質問が集中したが、班目氏は「安全性の確認は保安院の責任。そちらに聞いて」と、責任回避とも受け取られる答えを繰り返した。』

* * * * * 

 仮に国の関与があったとしても、実際に再稼動を行なう際には、地元の許可が必要なのであるが。
 25日には、大飯原発を運営する関西電力が、原発再稼働の判断にも関わっている福井県の「県原子力安全専門委員会」に寄付をしていたという事実を毎日新聞が報じていた。(全文*2) 

『福井県の原発に関して技術的な助言をする「県原子力安全専門委員会」の委員12人中4人が、関西電力と関わりの深い業界団体「関西原子力懇談会」(関原懇)から06~10年度に研究助成金として計790万円の寄付を受けていたことが分かった。同委員会は、県が関西電力の原発再稼働を判断する際、助言する立場にある。(毎日新聞3月25日)』

『同県は全国最多の原発14基を抱え、現在は全て停止している。このうち関西電力大飯原発3、4号機は、原子力安全委員会が23日、再稼働の前提となる安全評価(ストレステスト)の1次評価を了承した。政府が近く地元説明に入る見込みで、県の判断が焦点になる。

 NPO法人「原子力資料情報室」の伴英幸共同代表は「原子力推進の側から寄付を受けていれば、いくら委員が否定しようと『推進に都合の良い意見を言っている』と思われても仕方がない。寄付を受けた人は委員から外すような仕組みを作るべきではないか」と指摘している。(同上)』

* * * * *

 そうなのだ。実に情けない&哀しいことに、わが日本は、これだけ大きな原発事故が起きたにもかかわらず、何の反省もないままに、原発推進の政官財+原子力ムラの人たちの思惑に沿う形で、どんどんと原発の再稼動を行なおうとしているのである。(-"-)

 26日0時には、東京電力の柏崎刈原発6号機(新潟県)が定期検査の停止され、これで東電の17基の原発は全て停止。全国で54基ある原発で、稼動しているものは、北海道電力泊原発3号機(北海道)だけとなる。
 こうなると、ますます原発推進派の圧力や動きが強まることになるだろう。

<東電は、福島原発事故の被害者に賠償金を支払うためにも、原発再稼動による経営建て直しが必要だとか言っているとかし。メディアも含めて、また原発再稼動をしないと、賠償金が払えないとか電気料金の値上げが何たらと、庶民にもプレッシャー(脅し?)をかけて来そうな感じが。(-_-;)>

 そして、ここで一般国民が、きちんと事実を把握した上で、自分たちの安全を守るために、しっかりと自分たちの意思を示して行くようにしないと、結局、また元の木阿弥に戻ってしまうおそれが大きいのではないかと憂慮しているmewなのであった。(@@)

          THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
by mew-run7 | 2012-03-26 03:14 | 政治・社会一般

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



  NHKで放映された「大地のファンファーレ」、ご覧になった方はおられるでしょうか?(・・)

 ばんえい競馬が舞台のドラマで、ひとりの新人騎手が挫折を経験しながら成長して行くというストーリーで。映像も美しく、レース・シーンなどは迫力があったので、ばんえい競馬の魅力が伝わるといいな~と思いながら見ていたのだけど。<ばん馬って、1トンもあって、体は大きいけど、表情豊かで、顔はサラブレッドよりかわいい子が多いと思うです。"^_^">

 ただ、同時に、ばんえい競馬や地方競馬の実情、JRAも含め競走馬や競馬の減量騎手の実情などが、実に率直にわかりやすく、また、ある意味ではナマナマしく描かれていたようにも思えたし。その実情を多くの人に知ってもらえるといいな~とも思っていた。(+_+)
<新人職員をうまく使って、手綱で叩いても痛くない&残酷でないことや100円でも馬券を買って欲しいことなどもうまくPRしていたように思うです。>

 ばんえい競馬のファンの方は、ドラマを見て、つい2人の新人騎手がSAとNSに重なって見えたり(顔が逆?^^;でも、mewはNSの方がごヒイキ)、エースの騎手がSKに思えたりした人もいるのではないかと察するのだけど。<先日、イレネー賞が行なわれた時にも、ついドラマのことを思い出したりもして。>
 ちなみに、ドラマで「トヨノコトブキ」を演じたハマクリシンザン、寺脇康文氏が操っていたのは(「レッドシンカー」などは、コトブキライアンで、両方とも現役の競走馬なんですよね。(~~)

<mewが溺愛しつつあるコマクインも映して欲しかった~。コマクインをばんえいのアイドルにして、ぬいぐるみなんかも作ると、いいPRになると思うのだけど。どなたかばんえい関係者の人に提案して下さいませ。m(__)m>

 mewにとって、馬というのは世界&日本の歴史の中で、長い間、人間と一緒に暮らして来て、色々な形で一緒に働いて来た仲間のように思える存在なのだけど。
 日本各地には、色々な種類のご当地馬がいるのだが。ばん馬も、まさに北海道や東北地方で、人間と共に開拓や農耕に従事して来た仲間で地域に密着していた存在だし。ばん馬もんえい競馬は、世界に一つしかないものなので、是非是非、多くの人に関心を持ってもらうと共に<帯広は観光名物にできるように頑張っているし>、その存在をずっと守って行けるといいな~と願っている。(**)

 
<ばんえい競馬が舞台になっている『雪に願うこと』(06年公開)という映画もお薦めです。伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、香川照之、椎名桔平、山崎努など出演者も超豪華。監督は、根岸吉太郎。第18回東京国際映画祭で4冠を獲得した秀作です。>

 以上、今回は、勝手にばんえい競馬広報係のmewでした。(^^♪

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 話は変わって、『岡田が自民党との連立交渉に失敗+迎撃ミサイル+普天間基地』のつづきを・・・。

 今日から週末にかけて、消費税増税法案を巡って、民主党内で激しい攻防が繰り広げられることになりそうだ。(@@)

 野田首相は、今月末までに法案を国会に提出することを明言していたのだが。そのためには、今週末の23日までに消費税増税法案を含む「社会保障と税の一体改革」の関連法案の閣議決定を行なう必要がある。
 それゆえ、できるだけ今日21日の合同会議で、意見を集約してク党内の了承を得たいところなのだけど。最後の詰めの段階で、反対&慎重派との折り合いがつかないおそれがあるのだ。^^;

 『岡田が・・・』にも書いたように、先週14日~16日に行なれた党内の事前審査では、増税反対派&慎重派が、主に1・5年後に再増税の検討を行なうとした付則を削除すること、2・景気条項に具体的な経済指標の数値を明記することを要求したため、話がまとまらかった。^^;

* * * * * 

 野田首相は、19日午前に前原政調会長と官邸で20分間、会談を行なって報告を受けたあと、「最後は任せる」と、前原氏に一任したという。

『首相は「政府と調整して良い知恵を出してほしい。最後は任せる」と述べたという。法案修正を含めた党の意見集約に関し、前原氏に一任したものとみられる。(読売新聞3月19日)』

 前原氏は、これを受けて19日の午後に藤井裕久党税制調査会長らを集め、緊急役員会を開いたのだが。
 1の再増税の条項を完全に削除することには難色を示す人が多く、「5年をメドに」など曖昧な表現にすることで、反対派の理解を得たいという意見が優勢だったとのこと。
 また、2の景気条項に数値を明記することは、藤井氏などが強く反対したため、修正案を作ることは見送られたという。^^;

* * * * *
 
小沢&中井への脅迫&言葉のアブナさ+藤井の増税案に反発』の後半に書いたのだが。
 今回の法案の原案は、藤井税調会長が中心になって<財務省サイドと>作り上げたもので。藤井氏は、原案通りに法案を成立させようとする執念にも近い感じの堅い決意を抱いており、前原政調会長が藤井氏を説得するのはかなり困難な様子。

 藤井氏は19日にも、記者団の取材や講演の場で「数値を書き込むことは絶対に反対だ」と主張。
 藤井氏らは、数値を入れれば、増税が実現されないままになってしまうことを強く警戒。また、「消費税増税ができることを前提として(国債、証券)市場はうまくいっているので、数値目標を書くと市場がマイナスに反応する」として修正に応じない姿勢を示した。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 何だか、この消費税法案の攻防は、「野田陣営vs.小沢G」というだけでなく、その中で「藤井裕久vs.小沢一郎」の最終決戦という様相を呈して来た感もある。^^;

 藤井氏は、自民党離党後、新生党から自由党、そして民主党合流まで小沢氏とずっと行動を共にして来た盟友で。それこそ自由党では幹事長を務め、小沢氏の片腕と言われる存在だったのだが。と強力なコンビを組んで来た存在だったのだが。
 09年に小沢氏との間で、決定的な溝が生じることがあったようで、それ以来、完全に敵対関係になっている。
<09年に自由党解党時の資金の行方を巡って、藤井氏が小沢氏に決定的な不信感を抱くようになった&09年に西松事件が起きた時に藤井氏が小沢氏に代表辞任を促したため、小沢氏が藤井氏に不信感を抱いたなどの説があるが、真相は「???」だ。> 
 
 藤井氏は、以前から何度か「与党の中で本当に法案に反対なのは数人しかいない」と発言しており、法案の国会提出を強行しても造反者はさほど出ないことを示唆。
 20日にも、「今年度中にまとめるのは公知の事実で、いつまでに議論を終えなければいけないかというのは、おのずと決まってくる。いつまでもだらだら議論するのは与党ではない」と、党執行部に早期のとりまとめ&今週中の閣議決定を促している。(・・)

 実際、党内の反対・慎重派の中には、法案が国会に提出された場合、反対票を投じて、造反するほどの勇気や覚悟を持っている議員がどれだけいるかはビミョ~なところがある。
 とりわけ若手・中堅の議員は、もし自分たちが造反したことによって党が分裂したり、解散総選挙になったりすることを恐れている人がかなりいると思われるし。自民党との大連立すれば、議員として埋没しかねないので、それも避けて欲しいと願っている人が少なくないという。^^;
 ・・・となれば、結局は、法案に賛成せざるを得なくなるわけで。藤井氏は、そのような議員たちの足元を見て、強行突破しても大丈夫だと踏んでいるのかも知れない。^^;

* * * * *

 しかし、小沢Gは、国会での造反もアタマに置いた上で、徹底抗戦をする構えでいる様子。

『「とにかく合同会議に出席し、自らの意見を述べるように」

 小沢元代表を会長とする勉強会「新しい政策研究会」の東祥三事務総長(元内閣府副大臣)は15日の会合で、こう指示した。同勉強会は、小沢グループの一新会(衆院当選2回以上)、北辰会(同1回)の議員が中心の組織。東氏の指示は、集まった約90人に対し、合同会議で増税反対論を主張するよう号令をかけたものだ。

 小沢グループの幹部は、増税反対派の大量動員で、関連法案の了承を物理的に阻止できると楽観視しているわけではない。幹部の一人は「しっかり反対論を主張しておかないと、国会での採決で反対する際につじつまが合わなくなる」と語る。関連法案成立を阻止するには、国会提出後、採決を巡る攻防で「造反を武器に勝負をかけた方が効果的」とみるからだ。(読売新聞3月16日)』

* * * * *

 しかも、今朝の読売新聞のインタビューによれば、小沢一郎氏は、法案を修正しても、閣議決定に反対する意向を示したという。

『民主党の小沢一郎元代表は読売新聞のインタビューで、野田政権が今国会での成立を目指す消費税率引き上げ関連法案に関し、法案修正の有無にかかわらず反対する考えを表明した。
 自民党との大連立にも否定的な見解を示した。同法案を巡る党内論議に影響を与える可能性もある。

 小沢元代表は、消費増税について「消費税そのものの論議を否定しているわけではない」としたうえで、行財政や社会保障の改革、経済の立て直しを優先させるべきだとの考えを示した。党内の事前審査で、同法案付則の景気弾力条項などが焦点となっていることについては「条項を修正するとか、公務員給与や議員定数を削減するとか、テクニカルな問題ではない。国民が納得しない」と述べ、修正が行われても賛成しない考えを明確にした。

 消費税率を引き上げなければ国債の信認が低下するとの懸念に対しては、国内で国債の90%以上を消化していることを理由に「切羽詰まっている状況ではない」と指摘。野田首相が月内に目指す法案の閣議決定も「急ぐ必要はない」と強調した。首相との会談は「会う立場ではない」と消極姿勢を示した。
(読売新聞3月21日)』

 小沢氏は、自民党との「解散抜きの大連立」や、「打ち合わせ解散」&「小沢抜き連立」の交渉がうまく行かないことを見越して、こちらも野田陣営の足元を見ているように思える。(・・) 

* * * * *
 
 他方、民主党で野田陣営と小沢Gが手打ちをするかも知れないという話が出ている上、岡田副総理との大連立協議の話がリークされ、党内からも冷たい視線を浴びている自民党の谷垣総裁は、かなり焦っている様子。

 昨日もまた、公の場で「小沢切り」や「早期解散」を要求するような発言を行なっていたという。(-_-)

『自民党の谷垣禎一総裁は20日、青森市で講演し、消費増税関連法案について「野田佳彦首相にもし会ったら申し上げたいことがある。首相が党内融和を大事にして小沢一郎民主党元代表と妥協する道を選んだら、問題は何も解決しない。断固反対派を切ってでも前に進む決断ができるかどうかだ」と述べた。首相が、衆院解散回避を模索する小沢氏との妥協に動くのをけん制した発言だ。
 谷垣氏は「首相は思い切って解散権を行使し、消費増税を堂々と公約して戦ったらどうか」とも語った。 

 民主、自民両党の大連立について、谷垣氏は「民主党が社会保障や外交も全部、自民党と同じ公約を掲げて(選挙を)戦えば組めるが、そうはならないだろう」と、否定的な考えを改めて示した。(時事通信3月20日)』

 果たして、野田首相&前原政調会長は、どのような方法を選択をするのか・・・注目しているmewなのだった。(@@)
<それとも結局、決断できずに先送りしちゃうかしらん。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 そして、「岡田・・・」の最後に書いた北朝鮮のミサイル迎撃の話の続報になるのだが。

 野田内閣&防衛省は、4月に予定されている北朝鮮の人工衛星(ミサイル兼用?)の発射に対応するために、本格的PAC3(迎撃ミサイル)やイージス鑑などの配備をすることを検討し始めたという。(-_-;)

『北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射実験とみられる「衛星打ち上げ」予告を受け、防衛省が地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の発射機やレーダーなど関連装備を先島諸島の石垣島と沖縄本島にそれぞれ配備する方向で検討に入った。渡辺周防衛副大臣が二十日、広島県・江田島の海上自衛隊幹部候補生学校の卒業式訓示で明らかにした。

 政府筋によると、周辺の東シナ海に海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載する複数のイージス艦を配備するほか、軌道が外れた場合の首都防衛を想定して日本海にもイージス艦を展開する方向で調整している。

 日本のミサイル防衛システムは(1)海上自衛隊のイージス艦が迎撃ミサイルSM3を発射して大気圏外で迎撃(2)撃ち漏らした場合は航空自衛隊のPAC3が着弾前に迎撃-の二段構えだが、確実に破壊できる保証はない。

 石垣島は、公有地を使って配備する予定。沖縄本島の配備先は航空自衛隊第五高射群(本部・那覇市)の知念分屯基地(南城市)など空自関連施設となる見通しだ。

 北朝鮮が国際海事機関(IMO)に通報したところによると、打ち上げは四月十二日から十六日の間で、時間帯は日本時間の午前七時から正午まで。ロケットの一段目は韓国南部・全羅道の西方沖の黄海、二段目はフィリピン・ルソン島の東方沖の太平洋上に落下するとしており、予告通りの場合は先島諸島の上空を通過する。

 防衛省は二〇〇九年三月にも北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、静岡県・清水港から宮城県・仙台港にPAC3の発射機などを搬送し、岩手、秋田両県に配備した。(東京新聞3月20日)』

 何だか保守タカ派の代表格(影の防衛大臣?)である渡辺周副大臣が、公の場で堂々とこういう発言を行なうということ自体、田中直紀防衛大臣との力関係が見えて来てしまう感じもしたのだけど・・・。^^;

 一応、<PAC3とP3Cの言いまつがいをしため、またツッコまれていた>田中防衛大臣も、21日の会見で、PAC3配備を検討していることを明らかにしたという。(・・)

* * * * *

 記事にもあるように、北朝鮮がIMOに通報したところによると、ロケットは沖縄の先島諸島の上空を通る可能性があるとのこと。

 米軍再編&沖縄の基地問題で色々ともめている時期ゆえに、「何だか沖縄の上を通るなんて、話が出来すぎじゃないか?」と疑っていた知人もいるのだが。(~_~;)

<09年の時も、麻生政権がピンチだった&新防衛大綱に新ミサイル防衛計画&集団的自衛権の行使などを盛り込もうとしていた時期だったので、居酒屋談義の際に、半分ジョークで「北朝鮮に電話して、ミサイル発射を頼んだんじゃないのか?」とか言っていたのよね。^^;>

 沖縄には、まだPAC3が配備されていないので、またまた九州から大搬送を行なう予定だとのこと。
 しかも、米軍も協力をする形で、まさに日米共同の実戦配備(的訓練ごっこ?)を行なうことになるようで、産経新聞が嬉しそうに(?)それを報じていた。

『石垣島では公有地に配備し、沖縄本島では空自第5高射群(本部・那覇市)の知念分屯基地(南城市)など空自関連施設に展開するとみられる。

 また、飛行計画ルート周辺海域に、海上自衛隊の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)搭載イージス艦を配備する。軌道が外れた場合の首都圏防衛のため、日本海側にもイージス艦を展開する方向で調整している。海自のSM3搭載イージス艦は「こんごう」「ちょうかい」「みょうこう」「きりしま」の4隻で、うち数隻を配備する予定だ。

 政府は日本領域に本体や部品が落下すると予測される場合は、SM3とPAC3の“2段構え”の迎撃態勢で対応する考えだ。まず、イージス艦がSM3で高い高度のミサイルを迎撃する。これが第1段階だ。これを撃ち漏らした際にPAC3が撃ち落とす。

 2009年4月に北朝鮮の長距離弾道ミサイルが東北地方の上空を通過したときと同様に海空自衛隊の統合任務になる。09年の時は空自航空総隊司令官(空将)が指揮を執った。政府の対処要領によると、日本の領域に落下すると判断した場合、同司令官が迎撃の命令を下す。

 ミサイルの動きを監視する米軍の電子偵察機「RC135S(コブラボール)」も情報収集に当たるなど、日米両国が連携して対処することになる。空自の航空作戦を束ねる航空総隊司令部が東京都府中市から米軍横田基地に移転後、初の大型の共同運用作戦になりそうだ。(産経新聞3月20日)』

<以前も書いたけど、自民党政権下で、政府は日米軍事一体化を計画を実現するために、航空自衛隊の指令部を米軍横田基地に移したのよね。(-"-)>

* * * * *

 でも、東京新聞の記事でも触れていたけど、PAC3では軌道を外れて落下するミサイルを打ち落とすことは難しいと言われているし。しかも、もし迎撃ミサイルが命中したとしても、今度はその破片がアチコチに飛び散って、却って危険になるのではないかという懸念もあるとのこと。

 本当に日本の国土を守るために迎撃態勢をとるのか、ともかく日米共同の実戦訓練がしたい&国民に北朝鮮の脅威やMD構想の拡大などの軍事力の必要性をアピールしたくてやるのか、「???」に思っているmewなのだった。(@@) 
 
                  THANKS


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

by mew-run7 | 2012-03-21 14:25 | 民主党、民進党に関して

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 地方競馬は、年始の1、2日から各地で開催スタート。(**)
mewも、2日から早速、参戦しているですぅ。"^_^" 

 mewは、昨年からばんえい競馬に本格参戦するようになった
のだけど。<以前からプチ参戦&観戦していたのだが。最後の1場
になった帯広ばんえいを残したいとの思い+ついにデジタルTVを
購入&CS加入で、レース中継が見られるようになったので、本格
参戦することに。>
 最近は、個性豊かな馬たち&特有のまったりペースbutゴール
直前までどうなるかわからないドキドキ感にハマりつつある。(^^♪

* * * * *

 で、2日には、ばんえい競馬で帯広記念(BG1)が行なわれ、
カネサブラックwith松田道明が初優勝を果たした。(*^^)v祝

 この帯広記念には、GI王者級の馬が勢ぞろいする&マジで
優勝を狙って調整して来るので、楽しみにしているのだが。
<昨日は、入場者数や売り上げもかなり多かったかも。>

 昨年、OP&重賞で8勝したKブラック(10牡)青毛馬で
名前の通り、真っ黒)が、910kgの斤量をものともせず、その
強さを見事に見せ付ける形となった。(@@)

 mewのごヒイキ&今年11歳になる&年々、真っ白になって
行く牝馬のフクイズミは、懸命に追い込むも2着に。
 09.10年とこのレースを勝っているものの、昨年秋以降、
チョット調子落ち&やる気もイマイチっぽくて。牝馬だし年齢的
にもしんどいのかな~と思っていたら、調整もうまく行ったの
だろうけど、何だか馬がこのレースは特別だとわかっているような
感じで、キリッとした目つきで自らハミをとって、前に行った馬
を追う気満々の走りを見せていたことに感動。2つめの障害で
一瞬、足を折って膝をついてしまい、タイムロスがあったのだが。
あれがなければ、もっと接戦になっていたかも知れない。(・・)

 昨年の覇者&1番人気だったニシキダイジンが3着。08年の
覇者のナリタボブサップは4着に終わった。
 この10~11歳世代は、本当に強いな~と思うです。

<超ごヒイキのコマクイン(5牝)も、いつか帯広記念に出られる
ようになるかな?"^_^">

 今年も、地方競馬をよろしくお願いいたします。m(__)m

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 さて、年末にキープしてあった政治関連のニュースをいくつか。

 まずは、普天間基地移設に関する話を・・・。

 野田首相は、米国に、辺野古埋め立て工事の前提となっている
沖縄県に環境影響評価書を提出する手続きを、年内に行なうと
お約束していたのだが。
 移設反対派が、それを阻止せんと沖縄県庁周辺を取り囲んでいた
ため、なかなか提出ができず。ついに、沖縄防衛局の局長&職員が
12月27日の午前4時に、守衛室に書類のはいったダンボール箱
を運び込むという荒業に出た。(@@)

<関連記事・『武器輸出原則の転換で、日本が死の商人に+防衛省
が未明に県庁搬入を決行+松木新党

相次ぐ民主離党&鈴木新党&小沢は?+米との約束を果たす異常
な搬入+大賞典&園田GT
』>

 当然にして、沖縄県の知事や県民は、野田政権の強行策に大きな
怒りや不快感を示しているのだけど。
 野田首相や防衛省は、沖縄県民、ひいては日本国民よりも米国の
要望に応え、米国に評価されることの方が重要なわけで。(-"-)
 政府は早速、提出したことを米国に報告。米国は、翌日すぐに、
日本政府の行為を評価する声明を発表した。(~_~;)

『【ワシントン古本陽荘】米国防総省のリトル報道官は28日、
日本政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市
辺野古への移設の前提となる、環境影響評価(アセスメント)
評価書を沖縄県に提出したことを受け声明を発表した。日本政府
から報告書提出の連絡があったことを明かしたうえで、「パネッタ
国防長官はこの知らせを歓迎している」と表明。さらに、「報告書
の提出は、普天間移設に向けた重要な進展だ」と強調した。
<毎日新聞11年12月29日>』

<「ねぇ、僕、色々大変だったし。沖縄の人に嫌われたかも知れ
ないけど。でも、アメリカに言われたことを、ちゃんと、やった
よ~」「よしよし。いい子だねぇ」って感じ?(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さらに米国防省は、この声明の中で、日本政府が次のステップ
を進めることを要求したという。

『一方で、「(沖縄県知事から)埋め立て許可を得るという次のス
テップで日本政府と連携していくことを心待ちにしている」と指摘
し、移設実現に向け、早期の埋め立て着工を目指すよう日本側に
促した。<同上>』

『来年6月をメドに日本政府が辺野古沖の公有水面埋め立て申請に
踏み切るかどうかが今後の焦点となることを踏まえ、埋め立て申請
を「次のステップ」と位置づけ、実現に向けて日本政府と協力する
意向を強調した。

 普天間移設を含む米軍再編計画については、「西太平洋での米軍
の前方展開を維持すると同時に、在沖縄海兵隊の数を減らすものだ」
と意義を強調した。<読売新聞11年12月30日>』

* * * * *

 米政府が、日本政府に辺野古移設の計画推進を急がせているのは、
米議会で、在沖海兵隊のグアム移転費用を凍結されてしまった
ためだ。
<関連記事・『米議会が普天間の移転費用の削除決定&辺野古移設
を白紙撤回するチャンス』

『米議会は2012会計年度国防権限法案で、普天間飛行場移設に進展
がないとして、移設とセットになっている在沖縄海兵隊グアム移転
費を凍結。国防総省は評価書提出を「進展」だと議会にアピールし、
日本政府による来年の埋め立て許可申請に合わせて13会計年度予算
でグアム移転費復活を試みる方針だ。
 ただ、上院では、移設には沖縄県知事から辺野古沿岸の埋め立て
承認を得るのが必要なことから、「評価書提出は手続きの一過程で、
実質的な進展とはいえない」(議会筋)との見方もある。
<時事通信11年12月29日>』 

 米政府は、次年度の予算案を決める6月までに、何とか埋め立て
許可の申請の段階までこぎつけておきたいようなのだが。
 沖縄県民の反発がさらに強まっていることや野田政権の存続が
危ぶまれていることから、順調に計画が進むかどうかは「???」
の状況だ。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * 

 そして、消費税増税に関する話を・・・。

 野田首相は、昨年、年内に民主党内で、消費税増税を含む税制
改革案をまとめるように指示していたのだが。党内には、増税
反対or慎重派の議員が少なからずいることから、なかなか話が
まとまらず。^^;
 結局、29日に行なわれた党の税制調査会&合同総会で、反対派
の抵抗を押し切って、党の税制改革案を決定してしまった。(@@)

<税制改革案の要旨を含む関連記事を*1に>

 この会合には、同日インドから帰国した野田首相も途中から出席。
『消費増税を含む一体改革について「これ以上、結論を先延ばし
できない」と強調。「政治家として集大成の気持ちで皆さんに
訴える。国の将来のために避けて通れないこのテーマ。われわれが
背負い込んで結論を出そう」と協力を呼び掛けた。<時事通信
11年12月30日>』

 また、政府は、増税時期の半年先送りなどの修正案を提示。
さらに政治改革や行政改革に取り組む姿勢も示し、何とか反対派の
理解を得ようとしたのだが・・・。

『「首相の対応によっては身の振り方を考えなければならない」
「さらに離党者が出るなら、この政権はつぶれる」。衆院議員会館
で開かれた合同総会では、複数の議員が「離党カード」を首相に
突き付けつつ反対論を展開。議論は紛糾した。
 首相は消費増税の実施時期を半年先送りする妥協案を提示し、
藤井裕久税調会長への一任を求めたが、山田正彦元農林水産相ら
反対派は納得せず、「これ以上議論しても無駄だ」として退席。
山田氏はこの後、「(このままでは)離党者が出る。法案が提出
されるとき、それぞれが考えるのではないか」と語気を強めた。
別の反対派議員は「政局だ。野党が内閣不信任決議案を出せば、
可決する」と、倒閣の可能性に言及した。<時事通信11年12月
27日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、前記事『今年は、政界再編が起きる?+再編の対立軸、
グループ分けを考える
』に記した政界再編の話にもつながるの
だが・・・。
 民主党内では、消費税増税に反対する小沢&鳩山G、小沢鋭&
馬淵Gが勉強会を立ち上げ、反対派議員を結集。署名集めなども
行なっている。
、彼らは、まずは、野田陣営にプレッシャーをかけて、法案提出
を回避させることを目指して、野田首相が引かないようなら、
「野田おろし」に動こうと。それでも、野田首相が強引に法案提出
&議決まで通そうとするようなら、造反や離党することまで考えて
いるようなのだが。<馬淵&小沢鋭氏は、離党まで考えていない
かも知れないけど。>

 mewは、野田首相は、そのような動きがあっても、強引に法案
提出をする可能性が大きいのではないかと。さらに、もし法案が
成立しなかった場合は、解散総選挙をすることまで考えているの
ではないかと思うところがある。(~_~;)

 野田首相は、もともと元・財務(副)大臣として、消費税増税
を主張していただけに、第一義的には、それを早く実行に移す
ことが首相としての使命だと思い込んでいるようなとこがあるし。
 
 また、先日の記事で、野田グループの議員が、「いっそ、小沢系
議員はもっと出て行けばいい」と言っていた<河北新報11年
12月28日>という報道記事を引用したのだが。
 野田&前原Gは、この消費税増税の対立を利用して、昨春から
計画している「小沢抜きの自民党との連立政権」を実現しようと
しているように思える部分があるからだ。(-"-)

* * * * * 

 自民党の執行部は、現時点では、野田政権を解散総選挙に追い
込むために、消費税法案には反対の立場をとる意向を示している
のだけど。
 でも、自民党はもともと消費税増税を提唱しており、09年の
麻生政権下で、11年までに消費税を含む税制の抜本的改革を
行うため、法制上の措置を講ずるという改正所得税法附則104条
を作っているわけで。自民党とて、ここで消費税増税を決めて
くれた方が有難い部分があるし。また、消費税増税に反対する
ことは、政権与党時代の党の方針に反するし、無責任ではないか
と主張する議員もいる。(・・)

 それゆえ、もし事前に自民党側とうまく話がつけば、野田内閣
が法案を提出して、小沢Gなどが造反しても、それを上回る数の
自民党+αの議員の賛成を得て、法案を成立させた上に、造反組を
カットし、自民党と連立政権を組むということができるわけで。
ある意味で、WINX2の状態を作ることも可能になるのである。^^;

<離党する可能性のある小沢・鳩山Gの議員数が、自民党+αの
議員数を超えるかどうかが大きな鍵になる。野田陣営は、ギリギリ
のところで、踏みとどまる議員が出ると踏んでいるのかも?>

 また、ここからは、尚更に、人数勝負になるのだが。<一か八
かの賭けみたいになりそうだけど。>
 前記事に記した森元首相の提言にあったように、思い切って
法案提出&議決して、民主党と自民党の増税賛成派と反対派の
組み分けを行い、連立政権を作るという方法もあるし。
 もし法案が否決された場合は、<造反した小沢Gなどををカット
してor小沢Gの離党を期待して>、消費税増税を争点に解散総選挙
に打って出ることまで考えている可能性も否定できない。(~_~;)
<結果がどうあれ、それを機に政界再編を行なえれば、それは
それで意義があると考えているのかも。^^;> 

* * * * *

 野田氏らは、02年に「第二期民主党をつくる有志の会」を結成
したことがあるように、以前から民主党は早く世代交代を実現すべき
だと主張していたのだが。近時は菅Gも含め、党の若手・中堅議員の
中に小沢・鳩山・菅(輿石)のトロイカ体制を完全に終わらせ、彼らの
影響力を排除すべきだと主張する人が増えている。
<彼らには、この4人は、自民党の長老派のような、目の上の
タンコブのような存在に見えるのかも知れない。>

 そして、彼らの中には、もし民主党を分裂or解体することに
なったとしても、ここで思い切って行動をすべきだと思い始めて
いる人がかなりいるような感じを受けるのだ。^^;

 野田首相は、今年の年頭所感で、このように述べている。
『「何かに挑戦することによるリスク」を恐れるより、「何も
しないことのリスク」を恐れなければなりません。』
『日本再生」という使命を、国民の皆様と共に考え、挑み、
そして、実現していきたい。』

 これらの言葉には、様々な意味が込められていると思うのだが。
この所感を見た時に、野田首相は、マジに党分裂のリスクを覚悟
で、消費税法案の提出を強行し、否決された場合は、解散総選挙
を行なうことまで考えているのではないかな~と思ってしまった
mewなのだった。(@@)
                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

by mew-run7 | 2012-01-03 18:51 | 民主党、民進党に関して

【13時半に、前原&稲盛会談に関して追記】

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 昨日は、帯広のばんえい競馬で第5回のJRAジョッキーDAY
が行なわれ、ふだんの4倍の約4000人の入場者が集まったと
のこと。<売り上げがわからず。増えているといいのだけど。>
 
 2レース行なわれたJRAジョッキーによるエキシビションの
レースでは、1レースめが藤田騎手、2レースめが武豊騎手が勝利。
昨年から「次は勝利を」と燃えていたユタカ騎手が総合優勝を
果たし、インタビューで「夢が叶いました」と、笑顔を浮かべて
マジで喜んでいたです。(~~)
<映像は、1レースめがコチラ、2レースめがコチラ
写真は、レース中がコチラ、晴れやかなユタカはコチラ

 この日は、中高年の星ゴールデンパージも5Rに登場。
 エキシビジョンでは、20~21日に本番のレースを走った
有名馬が出ていて(mewごヒイキのフクドリ、ワタシハキレイ
ズキとかも)、ばんえいファンも楽しめたかも。
<今開催で今年初勝利を飾ったフクイズミも出て欲しかったな~。
でも、超追い込み馬なので、シロウトには扱いづらいかな?^^;>

 藤田&アンカツ騎手は、もう5回目なので、第2障害を越えて
からは、ばんえい騎手の力を借りずに馬を操っていたのだけど。
ばんえい騎手がソリを降りたのは、50kg以上、斤量が軽く
なるので「ズッコじゃ~ん?」と、たかが模擬レースにも
かかわらず、マジで怒っていたmewだったりして。(^^ゞ

 ばんえい競馬は、以前は4場で開催していたのだけど。07年
からは帯広競馬場1箇所の開催になってしまって、まさに存続の
危機に立たされている状況。(~_~;)
 伝統文化を守るという意味もあるけど。ばん馬は大きいけど
かわいいし。レースも迫力があって、なかなか深い&面白い部分
があるので・・・

 応援、よろしくお願いいたします。m(__)m

p.s. あ、ちなみにミスターXは、mewのごヒイキ馬・シシャモ
チャンの主戦・小林徹弥騎手でした~。(@@)

 あと、武幸四郎騎手を殴った犯人が、逮捕されたとのこと。
相手が幸四郎騎手だとは、わからなかったと言っているそうだ。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 さて、民主党の代表選が、今月29日に行なわれることが決定
したとのこと。<首班指名は30日の予定。>
・・・ってことは、もう来週の今日には、新首相が決まっている
のですね。(・o・)

 今朝来た知人からのメールの最後に<mewがアンチ前原である
ことを知っていて>、「今日は前原さん一色だ~!」と記されて
いたので、mewも「ダーク・ブル~一色だ~!」という感じに
なっている。_(__)_

 実際、「ついに待望のエース・前原が登場」みたいな感じで、
出馬のニュースを扱っているTVが多くて、朝からイライラ。(-"-)

* * * * *

 前原誠司氏は、一昨日から地元・京都に帰って、後援者と協議。
<もしかしたら後援会長の元京セラ・現日航の稲盛会長にも、
会うか電話するかで、相談をしたかも?^^;>
 
 そして、昨日の夜、東京に戻って、仙谷由人氏ら前原Gの幹部
と会合をして、その場で出馬の意欲を示したという。

 で、TVが伝えるには、「国難においては、自分が火中の栗を
拾う」「日本の危機を救うために、政治生命を賭けてもいい」
と言ってたとか。(~_~;)

 先週までは『周囲に「首相と閣僚では仕事の大変さが違う。
私には能力も覚悟もない」と語って』いたくせに~。(ーー゛)
<読売新聞13日より>

 何か自分が、日本のために自らを犠牲にしても、出馬をする
ことにロマン&ナルシズムを感じているようにも見えて、ますます
イヤになってしまうところが・・・。(-"-)

<mewから見ると、前原くんが首相になること自体が「日本の
危機」そのものなんだけど。あと「火中の栗を拾う」って、
もともとは、他人の利益のために利用されて、バカな&損な役割を
させられるという意味なのよね~。(・・) makereba sounarukana?>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 しかし、野田佳彦氏も引き下がる気はないようだ。(**)

『党内主流派で「同盟軍」と信じていた前原グループの主戦論に、
野田陣営は「はしごを外す気か」と激怒。野田グループは05年の
代表選で前原代表誕生を下支えしたとの自負があり「今度は借りを
返してもらう番だ」との意識が強く、前原氏が出馬すれば「遺恨
試合」になりかねない。他陣営も、支持率の高い前原氏に議員が
なびかないよう、引き締めに躍起だ。

 ポスト菅の最有力候補から一転、苦しい立場に追い込まれる
ことになる野田氏は22日夜、都内で輿石東参院議員会長と会い、
前原氏の出馬にかかわらず「代表選には絶対に出る」と明言した。
<スポニチ23日>』

 先日、『野田と前原の十字架&貸し借り』という記事にも書いた
ように、野田氏としては、今度こそ、自分がオモテに出て、前原が
自分を支える(&借りを返してもらう)番だと思っていただけに、
前原氏の翻意は、野田氏にしてみれば「裏切り」にもなるだろうし。
大きな衝撃を受けると共に、意地でも引き下がりたくないという
気持ちになっているのではないかと察せられる。(~_~;)

 さすがに、前原Gの議員も野田氏に出馬をおりてくれと要請する
ことはできないようで。
 現段階では、もし代表選で全員過半数の票を得られず、上位2名
の決戦投票になった場合には、上位の方を支持するという形を提案
するという話が出ているようなのだが・・・。

 ただ、いわゆる反小沢派の議員の中には、ここで共倒れになって
小沢派が実権を握ったら、自分たちが窮地に陥ることを懸念する
人たちもいることから、野田氏に出馬しないように説得する議員が
出る可能性もある。^^;

* * * * *

 もう一つ、mewが懸念しているのは・・・決してそんなことは
起きて欲しくないことなのだが、小沢氏が前原氏の支持に回るor
前原氏の当選を黙認するような形をとることだ。(-"-)

『日大法学部の岩渕美克教授(政治学)は「前原氏は人気の点から
も他候補より一歩ぬきんでている」と指摘。前原氏は党内最大勢力
を率いる小沢一郎元代表と一線を画しているが、5月に小沢氏と
渡部恒三最高顧問の合同誕生日会の呼び掛け人を務め、「あの時の
布石が生き、マニフェスト見直しなどで妥協点が見つかれば小沢氏
が支援することもあり得る」と説明。
 小沢氏、鳩山由紀夫前首相は代表選に連携して対応する方針で
「小沢、鳩山両氏の対応次第では、鳩山グループの海江田氏との
一騎打ちになる」と予想した。<スポニチ23日>』

 今朝のTVでも、複数の番組で、小沢Gの議員の中には「前原氏
は絶対に支持できない」と言う人と、「話が調えば、前原氏を支持
することもあり得る」と語る人がいるという話が伝えられており、
気になるところだ。<真偽のほどは不明だけど。>(~_~;)

* * * * *
 
 前原氏の後援会長の稲盛氏は、小沢氏とも古くから親しい間柄で。
小沢氏が民主党に合流することになったのも、もともと民主党を支持
していた稲盛氏が仲介にはいったからだ。(・・)

 前原氏は、日本新党の頃に小沢氏らと細川政権を作った際に、
小沢氏の強引なやり方を嫌悪していたようで。
 05年の代表選では、小沢氏が支持すると申し出たのを拒否。
それ以来、「小沢派vs.非小沢派」の対立が始まり<実は、当時は
菅氏は中間派だった>、昨年、菅政権になってから、前原・野田G
と共に「脱小沢路線」を進めたことから、その対立が激化すること
になったのだが・・・。

 稲盛氏は、近時、党内で「小沢派vs.非小沢派」の対立が
激化していることを危惧していて、前原氏に小沢氏側と関係を
修復するように要請。
 上の記事にもあるように、今年5月に前原氏が、小沢&渡部氏の
合同誕生パーティの呼びかけ人になったのも、稲盛氏の提案だった
ようだし。7月に、前原氏が鳩山氏に「小沢、鳩山、岡田氏らの
元代表で共闘したい」と呼びかけをしたこともある。
 また、同月には、小沢氏の側近の山岡賢次氏が、前原氏に
代表選の出馬を提言したという報道もあった。^^;

<関連記事・『小沢・渡部の合同誕生会~仕掛け人は稲盛?&
前原を含め、それぞれの思惑

前原と小沢は、稲盛の仲介で手を結ぶのか?+
保守タカ派から前原首相待望論
』など>
小沢と前原が共闘か?・・・ 』

 この辺りのことは、また改めて書きたいのだが・・・。
 前原Gの参謀役の仙谷氏も、小沢氏の側近である輿石参院会長
など小沢氏側に歩み寄る姿勢を見せているという報道もあること
から、今後の両者の動きには注意しておく必要がある。

【23日に出馬を表明する前原氏は、さっそく小沢元代表にも近い
京セラの稲盛名誉会長と会談し、出馬の意思を伝えました。小沢
元代表への協力要請も求めたものとみられます。
 前原前外務大臣:「日本航空の問題でお世話になっているので、
お礼かたがた定期的に来ています」
 京セラ・稲盛名誉会長:「本人が出たいと言うなら、『頑張れ』と
言う以外にはないじゃありませんか」<ANN23日>』


 でも、もし小沢氏が前原氏の支持に回って、前原氏が首相の座に
つくことになったら、チョット立ち直れないかも知れないぐらい
ヘコんでしまいそうなmewなのだった。_(。。)_
                    THANKS

【 尚、昨日22日には、東京地裁で、小沢氏の元秘書3人の公判の
最終弁論が行なわれ、結審したのだが。
 この裁判に関しては、「小沢&秘書の裁判」というカテゴリーを
作って、関連する記事を書いて来たので、別立てで記事をアップ
したいと思う。】

 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



 
by mew-run7 | 2011-08-23 12:43 | 小沢&秘書の裁判

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 最初に、地方競馬の話を・・・。 

 1日に、武豊騎手と福永祐一騎手が、高知競馬場の「夜さ恋
フェスティバル」に参加するというおしらせを書いたのだが。
<やはり幸四郎くんは、お休みしたようです。>
 そのトークショーの映像が、You Tube(コチラ)にアップ
されていたので、興味のある方は、ご覧下さいませ。m(__)m

 ちなみに、武豊騎手をはじめJRA騎手10人は、今月22日
(月)には、ばんえい競馬(十勝・帯広)『JRAジョッキー
Day』のイベントに来訪。もう5回目ゆえ、恒例のと言って
いいかな? ばんえいのエキシビション・レースに騎乗する予定
になっている。"^_^"

<JRAの騎手も、地方競馬のアピールのために積極的に協力
してくれているです。(~~)>
 
 そして、ばんえい競馬と言えば、今週6日(土)のレース分から、
ついに待望の三連複&三連単の馬券がスタートすることに!(@@)
<出走頭数が8~10頭と少なくて、固いレースは配当が低くて
馬券妙味がないと言われていたのだけど、三連馬券ができると、
オモシロさも増すと思うのよね!(・・)>

ネット馬券の購入は、楽天競馬、オッズパークから可能。
(楽天銀行、ジャパンネット銀行、payeasyを利用している
人は、15分~1日で登録終了&馬券購入可能のようです。
全レース、ネット配信中。詳しくはコチラから。)

 mewも機会があったら、またばんえい競馬の魅力をゆっくり
語りたいと思っているのだけど。<それに日本の国民の生活に
根ざした伝統文化ゆえ、何とか守りたいという気持ちも。>
 
 今週、iiyumeさんが、ばんえい競馬の魅力を記事にしていた
ので、そちらをご紹介しておきたいと思う。(**)
<iiyumeさんの政治・社会系の記事もお勧めです。(・・) >

 以上、時々、勝手に地方競馬広報係になるmewでした。(^^♪

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、今回は、気になった報道記事をいくつか・・・。

 まず、この何日か自民党議員のウルルン島視察&訪韓に関する話
を連載していたのだが・・・。

 1日の聯合ニュースに、こんな記事が出ていた。

『日本議員らの昼食メニューは「ビビンバ」、のりも購入

【ソウル聯合ニュース】(前略)

 議員らに対する説得が続く中、午後3時ごろ、両手にビニール袋
を持った在韓日本大使館の職員が待機室に現れた。袋の中身は議員
らが注文した食事で、メニューは意外にも、ビビンバだった。ある
政府側関係者は「議員らが韓国料理を食べたいとビビンバを選んだ
と聞いている」と話した。

 韓国政府と空港の関係者、駐韓日本大使の説得の末、帰国を
決めた議員らはおみやげにのりを購入するのも忘れなかった。政府
関係者の話によると、議員らは補佐陣にのりを購入し飛行機に乗り
込むよう指示したという。』

 別にビビンバを食べても、韓国のりをお土産に買って帰っても
一向に構わないのだけど。<当人たちは韓国との友好関係を大事
にしていると語っていたようだし。^^;>
 ただ、この情報が韓国のネトウヨたちの間を飛び交って、
色々と突っ込まれているようだ。(~_~;)
 
* * * * *

 ただ、韓国の市民団体が行なっていた抗議活動の映像を見ていて、
訪韓した3人の顔写真がプリントされた横断幕を燃やしたり、破い
たりする行為をしていたことには、同じ日本国民としても、また国籍を
問わず、ひとりの人間としても大きな不快感を覚えた。(・・)

 韓国に限らず、海外の国々では、このように他国や他人の名誉を
著しく傷つけるような暴力性、残酷性のある抗議活動を行なうこと
が少なくないのだけど。<昔、米国で日本の家電製品や車を破壊
する抗議活動を行なっていたこともあったしね~。>
 そういう映像を観るたびに、<日本が対象になっていなくても>
ある種の怒りや哀しみを覚えると共に、本当にイヤ~な気持ちに
させられる。(-"-)

 mewは、国を問わず世界の中で生きているひとりの人間として、
こういう野蛮な抗議活動を行なうことは、絶対によくないと思うし。
 どうかせめて日本の国民には、たとえ何があろうと、日本or他国
の人やものに対して、このような行為は行なって欲しくないと、
改めて強く願うところがあった。(**)

<何かいくら経済的に先進国になっても、野蛮なことをしていると
文明的orモラルや人権などの面で後進国だな~と思って、幻滅
してしまうとこがあるし。逆に経済的にはまあまあでも、後者の面
で優れた国は、本当の先進国だな~と感心したり、魅力を覚え
たりするところがありません?(・・)
 今回の震災で、被災者の忍耐心や協力し合う姿、また他国に
比べれば治安が維持されているのを見て、日本人に対する海外
からの評価がぐ~んと高くなったと言われているのだけど。
 日本には、今後ますます、経済以外の面でも、魅力的な先進国
だと思われるような国になって欲しいと願っているmewなのだ。(**)>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 このブログでは、6月から、玄海原発の再稼動に絡む経産省&
保安院&電力会社&自治体(佐賀県、玄海町)の癒着&利権分配
構造に関する記事も何回か書いているのだけど・・・。

 先週、アップした『保安院やらせ問題+海江田の涙+菅が政府と
して脱原発依存方針を表明』という記事で、ちらっと触れた佐賀
県知事の話の続報を・・・。

『佐賀県の古川康知事が玄海原発の再稼働をめぐる住民説明会に
先立ち、運転再開を求める声も必要と九州電力幹部に助言した問題
で、「声の出し方としてメールやネットもある」とこの幹部に
伝えていたことが1日、分かった。知事が報道陣に明らかにした。
 九電の「やらせメール」問題を検証する第三者委員会は、古川
知事の同社幹部への助言が「引き金になった可能性は十分ある」
(郷原信郎委員長)との見方を表明している。今回、知事が投稿
方法にまで言及していたことが明らかになったことで、知事の発言
が結果的にやらせメールを誘発した疑いはさらに強まった格好だ。
<時事通信1日>』

* * * * *

 経産省などなどは、玄海原発の早期再稼動を目指しており、
6月に「安全宣言」を出した後、すぐに海江田大臣を現地に派遣。
あたかも、国が佐賀県知事や玄海町長に再稼動への協力をお願い
するような形をとっていたのだけど。
 菅首相が、安易な「安全宣言」や再稼動を進める動きに疑問を
覚え、ストレステストの導入を決めたことから、再稼動の計画が
ストップすることに。
 海江田大臣は、面目丸潰れとなり、国会では「私の恥は自分の
努力によってそそぐこともできるが、玄海町長に与えた恥は申し訳
ない…」などと発言。佐賀県知事を含め、謝罪の意を表していた。
<菅首相も一応、電話で両主張に謝罪をしたようだ。^^;>

 しかし、玄海原発のある佐賀県&玄海町やその知事&町長は、
もともと九電と、経済的&個人的なつながりがかなり深いもの
があるわけで。
<佐賀県知事は、父親が元・九電社員&玄海原発PR館の館長。
玄海町長は弟が経営する建設会社が九電絡みの工事を多数受注。
関連記事・『九電と玄海町長、佐賀県知事との癒着&利権を分け
合う構図が明らかに
』>

 佐賀県知事も、海江田大臣の前では、いかにも「安全性が確保
できないと再稼動を容認できない」みたいなことを言って、慎重
な姿勢を見せていたのだけど。<mewも当時は、騙された?>
 実はウラでは、九電側と結託して、財界の賛成がもっと必要だ
とか、賛成ムードを高めるためにメールやネットの利用することを
提案したりしていたのだ。(@@)

<で、それが、九電のやらせメール(九電が関連会社の職員に
原発再稼動に賛成する内容のメールを送るように依頼)に
つながった可能性があるのよね。^^;>

* * * * *

 前記事で、菅首相が「原子力安全・保安院と一緒になって海江田
氏を操ろうとしている」と発言していたという話を載せたのだけど。
 海江田大臣は、経産省に操られて動き、菅首相とも対立し、自分
が恥をかかせたと懸念していた九電や佐賀県知事から逆に恥をかか
せられることになったわけで。

<先月29日には、海江田大臣が政府の東日本大震災復興対策
本部の会議を欠席したのだけど。大臣の下に会議の日時が連絡
されていなかったという話が。単なるミスの可能性もあるけど、
役人の嫌がらせかしらんと思っちゃったりもして?(@@)*1>

 mew知人いわく「これじゃあ、まるでピエロだよな~」という
感じの状況になっているだけに、精神的にもかなり疲れているの
ではないかと察するのだが。<国会でも号泣しちゃったし。(~_~;)
保安院のやらせまで発覚して、多少、自業自得の部分があるとは
いえ、自分では、もはやサンドバッグにされているように感じて
いるのではないかと。^^;>

 その海江田氏は、もともと鳩山グループの一員なのだが。そんな
海江田大臣の状態を憂慮してか、それとも菅内閣に打撃を与える
意図もあってか、昨日、鳩山元首相が、海江田大臣に辞任を促した
という話が、報じられていた。(・o・)

『民主党の鳩山由紀夫前首相が海江田万里経済産業相に対し、3日
の原子力損害賠償支援機構法案の成立後、直ちに辞任するよう
促したことが分かった。
 関係者によると、鳩山氏は1日、海江田氏に電話で「原子力損害
賠償支援機構法案が成立したら辞めるべきだ」と強く辞任を促した
という。<読売新聞3日>』

<海江田氏は、鳩山Gの将来の首相候補だしね~。(@@)>

* * * * *
 
 海江田大臣は、先月から、国会でも「いずれ時期が来たら、責任
を取らせていただく」と辞任する意思を表明しているのだが。
<何か言い方的には、菅首相と変わらない感じがあるけどね。^^;>

 海江田大臣は、再生可能エネルギー買取法案を担当する大臣で
あり、同法案は今、国会審議を行なわれている最中であるだけに、
それを途中で放置して辞任しては、無責任だという批判も受けかね
ないし。
 先月には、本人が次期代表選に出馬する意欲を示しているという
報道も出ていたのだけど。あの号泣によって、首相の資質という
点では、かなりイメージがダウンしたのではないかと思われる
ところもあるし。(~_~;)

 あとどれぐらい菅内閣が続くのかわからないけど。最後は、
しっかり担当法案を成立させて&やらせ問題の調査も行なって、
ビシッとしたところを見せた方が、少しは将来の出世につながる
目も出て来るのではないかと思うmewなのだった。(@@)
 
                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
by mew-run7 | 2011-08-03 07:43 | 政治・社会一般


  今日は、このあとに2本めもアップしました。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



この記事は、政治のことを離れて、「ばんえい競馬」の話を。

 ばんえい競馬は、1000kg前後もある<ふつうのサラブレッド
の2倍以上の大きさ>の大型のばん馬が、500~900kgほど
の重量がある鉄のソリをひく形の、世界でも日本の北海道にしかない、
競馬で。北海道の開拓&農耕の歴史を反映した、極めて文化的な競馬
だということもできる。(・・)

<mewは、ばん馬にまたがらせてもらったことがあるのだけど。背中の
幅がめ~っちゃ広くて、ちょっと動いただけでも、反動がスゴくて、
迫力満点だったですぅ。(@@) でも、先日も大井競馬場にばん馬
が来たので、チョットふれあったりもしたのだけど。馬体や顔も大きい
けど、目もクリッと大きくて、かわいいんですよね。(~~)>

* * * * *

 ところで、23日(月)、帯広競馬場で「JRAジョッキー
DAY」が開催されるので、まずは、そのお知らせを。(**)

<詳細は、ばんえい競馬サイトのコチラのページに。>

 これは、JRAの騎手たちが、ばんえい競馬の普及を目的と
して、ばんえいのレースに挑戦するほか、各種イベントに参加する
ものなのだが。レースに関しては、どの騎手も、かなりマジに
なって取り組む姿が見られ、面白い&ちょっとカワイイ。(~~)

<このイベントは、地元・北海道出身の藤田くんが主導する形で
スタートしたとのこと。ヤンチャだけど、いい人やん。"^_^">

 参加予定の騎手は、下記の通り。今度で、4回目になるのだけど。
今年は、ようやく負傷から復帰し、早速、重賞をとった武豊が
初参加することになった。

・安藤勝己(4回目)
・上村洋行(初出場)
・勝浦正樹(4回目)
・四位洋文(4回目)
・武幸四郎(3回目)
・武豊(初出場)
・田中勝春(初出場)
・藤岡佑介(初出場)
・藤田伸二(4回目)
・横山典弘(2回目)

<1.3回目は安藤が、2回目は藤田が優勝。>

 尚、JRA騎手たちによるエキシビション・レースは、1回目が
18:55頃~(9R後)、2回目が20:15頃~(11R後)
に行なわれる予定。他にも14時から、様々なイベントが行なわ
れる。
 また直営場外でも、JRAジョッキーのサイン色紙が当たる
抽選会が行なわれるとのこと。(・・)

 お近くの方は、是非、帯広競馬場や直営場外にお出かけ下さい
ませ。m(__)m

 お近くにお住まいでない方は、スカパーやネット(ばんえい
オッズパーク)でご覧頂けるのではないかと思うです。
<自信がないけど、たぶん・・・。^^;>

 以上、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(^^♪

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、今、「中高年&リストラの星」として、ばんえい競馬で
最も注目されているかも知れないばん馬のお話を。

<「輝けっ、中高年の星! ゴールデンバージ」という特設サイト
もできたですぅ。(・・)>

『中年リストラ馬、「馬肉」寸前から快進撃

 北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬」で15日、第4レース
(10頭立て)に出走した13歳の牡馬「ゴールデンバージ」
(山田厩舎・山田勇作調教師)が、2着に3・3秒差をつけ圧勝
した。人間の年齢に換算すると56歳という同馬は近年、レース
成績が奮わず、1度は馬肉処理される寸前まで追い詰められていた
が、異例の再登録を果たした7月の復帰戦で勝利して以降、この日
で3戦2勝。関係者も驚きの快進撃を見せている。

 「行けっ!! 行けっ!!」。1度はリストラされた高齢馬が、
北海道帯広市の「ばんえい競馬」で激走。おじさんたちの胸を熱く
している。

 この日も勝った。単勝3・0倍の1番人気に推された第4レース。
ゴールデンバージは見事、ファンの期待に応えた。道中2番手から
最後は差し切って、2着に3・3秒差の圧勝。同馬を管理する山田
勇作調教師(65)も「これほどとはね。まだまだいけるよ」と
手放しで喜んだ。

 ゴールデンバージは1997年生まれで、99年にデビュー。
現在13歳。人間の年齢なら56歳になるという。デビュー当初は
順調に勝ち星を重ねていたが、徐々に成績が落ち、2008年6月
のレースを最後に事実上の“引退”。09年10月には競走馬登録
を抹消された。

 その後は道内各地の草競馬で走っていたが、ここでも成績は低迷。
サークル内に「もはや桜肉か…」の空気。最悪はそういうコースを
たどる馬肉処理のウワサが流れた。

 この絶体絶命の危機を救ったのが、かねてからゴールデンバージ
の素質を見抜いていた山田調教師だった。親交のあった馬主に
「安いから」と頼み込み、買ってもらったという。

 ここから奇跡が生まれる。調教では「馬肉にされたらたまらん」
と言わんばかりの走りで、若い馬を蹴散らした。「本番ではどう
か!?」。山田調教師は半信半疑だったが、7月2日の再登録後、
検査も難なくパスし、同19日のレースで復帰。なんとここで後続
を約10秒引き離す離れ業で圧勝した。

 2年1カ月のブランクをものともせず関係者も驚きのカムバック
を果たしたゴールデンバージ。2戦目は調教不足で5着に終わった
が、復帰3戦目となったこの日、再び強烈な強さをみせつけた
(通算成績は15日現在、207戦34勝)。

「これまで本気じゃなかったのかね。65歳の私も元気をもらって
います。全国の中高年の皆さんも、がんばってください」(山田
調教師)

 ハイセイコー、オグリキャップ、ハルウララらに続く地方競馬
『新アイドル誕生』の予感だ。
<サンケイスポーツ 16日>』

* * * * *

 正直を言えば、昔は、ムチを入れて重いソリをひかせるばん馬
のレースを見て、ちょっとコワイ&残酷なイメージを持っていた
のだけど・・・。^^;

 地方競馬などを楽しむようになって、日本は長い間、様々な
階層や職業の人たちが、全国各地で、色々な種類の馬と接して、
共に働いて来たこと、そして、共にそれぞれの地域の歴史や文化
築いて来たことや、地域の人たちの娯楽にもなって来たことが
わかったし。
 ばんえい競馬は、まさに地域に根ざしたものゆえ、是非是非、
この文化を守りたいな~と思うようになったです。(**)

<中央競馬は、地域に根ざしたものではなくて、国が英米の影響
を受けて、あとから強引に作ったものなのだけど。コチラは、
もともと国営で、規模も大きかったし。地方自治体の財政悪化
もあって、結局、中央競馬よりもずっと早く行なわれていたとこも
含めて、地方競馬の方がどんどん衰退してしまうことになったの
ですよね~。(-"-)>

 というわけで、この記事のゴールデンバージ、ばんえい競馬、
地方競馬もよろしくお願いします。m(__)m

 以上、お盆休みは「大井へGO!X2」がメインの遊びだった
&400倍ゲットなど、そこそこ好調で、チョットご機嫌だった
mewでした~。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

by mew-run7 | 2010-08-21 07:21 | スポーツ・競馬