「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

最新の記事

米軍の尻拭いを国民の税金で。..
at 2018-02-25 06:16
調査原票が倉庫に32箱見つか..
at 2018-02-24 08:27
消えたデータ原票を発見&11..
at 2018-02-23 06:20
麻生、市民の集会を「立民党主..
at 2018-02-22 05:02
米が不測事態の準備を促す+青..
at 2018-02-21 02:41
厚労相もデータのデタラメ(捏..
at 2018-02-20 09:05
墜落ヘリに中古部品&ミサイル..
at 2018-02-19 05:45
森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

火器の取得が許されていな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界海最大規模のマヤ文明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
30歳過ぎた小平奈緒選手..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(276)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

タグ:スポーツ・競馬 ( 149 ) タグの人気記事

防衛局長発言に謝罪も、米の圧力もあり方針変更せず+小沢関連など+荒尾競馬

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 まず、地方競馬(荒尾競馬)に関するおしらせを・・・。

 今日1日、熊本の荒尾競馬場で、女性騎手ナンバーワン決定戦
の 『レディースジョッキーズシリーズ(LJS)2011』
第2ラウンドが行なわれる。<詳細は、コチラの特設サイトで。>
 当日は、武豊もゲストで来場し、トークショーを行なう。

 女性騎手が、どんどん減少していることもあり、今年の出場者は
6名しかいないのだが。JRAの増澤由貴子もレースに参加。
 他に下村瑠衣(北海道)、山本茜(愛知)、皆川麻由美(岩手)
別府真衣(高知)、岩永千明(荒尾)が出場して、熱い戦いを
展開してくれそうだ。(^^♪

 荒尾競馬は、昭和3年から開催している老舗の地方競馬場なの
だが。残念ながら、今月23日で廃止が決定してしまった。(ノ_-。)
<荒尾競馬HPはコチラ。場外発売は、来春まで続く予定。>
 荒尾で開かれる最後のLSJ.地元の岩永騎手も出場するので、
お近くの方は、是非、競馬場に行って盛り上げて下さいませ。

 以上、勝手に地方競馬広報係のmewでした。m(__)m

* * * * *

 あっという間に12月に・・・。(・o・)
 年末に向けて忙しい日々が続くので、書きたいことは山ほど
あれど、どこまでブログを書く時間がとれるかビミョ~な状況。

 今回のメインは、タイトル通り、沖縄防衛局長の発言に
関する記事なのだが・・・。
 その他、mewが気になった話をいくつか記しておきたい。。

☆ 小沢氏の第5回公判~大久保氏が承認として出廷

 昨日30日、小沢一郎氏の第5回公判が東京地裁で開かれ、
元公設秘書だった大久保隆規氏の証人尋問が行なわれた。
<公判の詳報はコチラに。>

 昨日は、検察役の指定弁護士が尋問を行なったのだが。<今日
1日に弁護側が尋問。> 大久保氏は、会計責任者の立場にあった
ため、検察役がかなりしつこくその点を追及していたのだが、
大久保氏は、実質的に会計には関与していなかったと繰り返し主張。
また、供述の変化に関しては、小沢氏の政治活動に支障を来た
さないように、自分や他の秘書のところまでで問題を食い止めたい
と思ったと強調していた。
 昨日は、特に新たな事実は出ず。今日の公判の様子も含めて、
後日に改めて書きたいと思う。(・・)

<小沢氏関連では、小沢Gが勉強会スタート&橋下維新の会の
情報収集の報道が。小沢ブレーンの平野貞夫氏は、離党は考えて
いないことを強調していたのだが。まずは、党内の実権奪取を
考え、いざとなれば離党→政界再編の動きを行なう準備かも。>

☆ 野田ー谷垣が初の党首討論

 昨日、民主党の野田代表と自民党の谷垣総裁+公明党の山口代表
による初の党首討論が行なわれた。<発言要旨を*1に>

 実のところ、mewは全ては見ていないのだが。^^;
 見た人からきいた話&報道の映像などによれば、お互いの質問や
主張がかみ合わず。野田氏は、どっしり構えながら、全体的には
低姿勢モードで、謝罪や法案協力のお願いをすることが多かった
ので、谷垣氏は強気で攻めようともするも空回りしてしまい、
「論戦」にならなかったようだ。(~_~;)
<この2人は、たぶん7割がた考えが一緒だし。もともと闘争心を
むき出しにするタイプでもないからね~。^^;>
 ただ、以前も書いたように、自民党では谷垣総裁の攻撃が甘い
ことに不満を抱いている議員が増えていることから、党内から
批判が出て、「谷垣おろし」の動きにつながる可能性がある。

 ☆ 郵政見直し法案の審議が1日からスタート

 国民新党の亀井代表が待望していた郵政民営化の見直し法案が
今日1日から、国会で審議されることに決まった。
 ただ、自公は法案に反対の姿勢を示しているし。野田&前原陣営
も見直しには積極的ではないことから、とりあえず形だけ審議を
行ない、時間切れ廃案に持ち込もうとしている可能性も。(-"-)
<米国が小泉民営化を支持&見直しに反対しているしね。^^;>
 亀井氏はそれを警戒し、国会延長を要望している。(**)

<亀井氏の新党構想に関する記事も色々と出ていた。>

 この他に、mewの目を引いたものとしては・・・
☆ 鈴木宗男氏が今月6日に仮釈放の予定
☆ 福島瑞穂&海渡雄一弁護士夫妻が、反原発活動を評価され
高名な政治活動家と共に「世界の100人」に選出
☆ 今頃になって、福島原発一号機のメルトダウン状況を公表
☆ 福井の中学生殺人事件の再審決定 
 ・・・などなどがあるのだが。<これら以外にも、ここに
書き切れないぐらいたくさんあるのよね。^^;>

 これらについても、もし機会があったら、後日に取り上げる
かもです。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 
 さて、本日のメイン『防衛局長の「おかす」発言のウラに、沖縄
に犠牲を強いて来た日本政府の本質が
』の続報を・・・。

 まず、時事通信が、田中聡沖縄防衛局長が居酒屋で話したことの
要旨を報じていたので、ここにアップしておきたい。

『防衛省の田中聡沖縄防衛局長が28日夜、記者団との非公式懇談
で発言した要旨は次の通り。

 -防衛相は環境影響評価書を『年内に提出する』ではなく『年内
提出の準備を進めている』とあいまいに言っているのはなぜか。
 (女性を)犯すときに、『これから犯しますよ』と言うか。

 -沖縄は66年前の戦争で軍がいたのに被害を受けた。

 400年前の薩摩藩の侵攻のときは、琉球に軍がいなかったから
攻められた。『基地のない、平和な島』はあり得ない。沖縄が弱い
からだ。
 政治家は分からないが、(防衛省の)審議官級の間では、来年夏
までに米軍普天間飛行場の移設問題で具体的進展がなければ辺野古
移設はやめる話になっている。普天間は、何もなかったかのように
そのまま残る。<時事通信11月29日>』

 田中局長は、「犯す」とは言っていない、「やる」と言ったが
それは評価書を提出することを意味すると釈明したそうなのだが。
 当日、非公式懇談会に参加していた琉球新報以外の複数メディア
も、強姦をあらわすような言葉を使ったと解釈しているようだ。

<後半の部分も、注目すべき点が。薩摩藩侵攻って、日本が戦闘を
望まぬ琉球を、強引に侵略したことを認めているようなもんじゃん。
 尚、米国は、鳩山&菅政権の頃からず~っと、もし辺野古移設を
進めなければ、普天間基地をそのまま残すぞと脅して、合意&その
履行を迫っていると言われている。>

* * * * * 

 問題は、そのあとだ。(**)

 もし日本政府が、本当に田中発言を問題視して反省している
なら、単に謝罪を行なうだけでなく、具体的に誠意を示すことが
求められる。

 辺野古のある名護市の稲嶺進市長は、29日に『「ごり押し
しようとすると、(政府と県民の)信頼関係は地に落ちる」と
述べ、評価書の提出断念を求めた』とのことだが。<時事通信
29日>
 
 政府としては、評価書提出を断念するのは難しいかも知れない
が。せめて年内提出の予定はいったん白紙に戻して、まずは
沖縄との信頼回復を優先し、それに全力を尽くしたいという姿勢
を示す必要があるのではないかと思うのだ。(・・)

 しかし、野田政権は、あくまでも年内提出の予定を変更しない
方針を決定。29日から30日にかけて、首相や閣僚らが、次々
と方針変更がないことを表明したのである。(ーー)

* * * * *

 野田首相や閣僚&周辺の議員や官僚は、田中発言の問題を受けて、
29日の夜に今後の方針を検討&確認を行なった。
 一部には、この件で計画通りにコトを進めるのは困難になったの
ではないかという声も出たようなのだが・・・。

<まあ、大部分の関係者は、沖縄県民に悪いと思うよりも「あの
バXが余計なことを言いやがったから&琉球新報がオフレコ発言を
報道しやがったから、折角、着々と進めて来た計画が水の泡に
なっちまうじゃないかという感じだったのではないかと察するが。>

 でも、米国が29日の夜に、し~っかりと圧力をかけて来た
こともあってか、結局、年内提出の予定は変えないいう方針を
確認することになったのである。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

『【ワシントン時事】米国防総省は29日、沖縄県の米軍普天間
飛行場移設をめぐる田中聡前防衛省沖縄防衛局長の女性侮辱発言
に関して談話を発表し、日本政府が今回の問題に影響されず、
移設の前提となる環境影響評価(アセスメント)の評価書を規定
方針通り年内に沖縄県へ提出することに期待感を表明した。

 談話は、一川保夫防衛相が10月、訪日したパネッタ国防長官に
評価書の年内提出を伝えたことに触れ、「普天間代替施設の建設に
向け日本政府が必要な措置を進めていくことを一川防衛相は確約
した」と指摘。人口の比較的少ない同県名護市辺野古への移設は、
地元負担軽減と米軍の抑止力維持の両立に「死活的に重要だ」と
強調した。
 田中氏の発言に対しては地元が猛反発し、移設手続きに影響が
及ぶ可能性も出ている。こうした状況を踏まえ、国防総省がクギ
を刺した形だ。<時事通信30日>』

 米国防総省が、この件で、わざわざ談話を発表すること自体、
異例なことのようにも思うし。しかも「死活的に重要だ」などと
言われたら、日米同盟が何より大切な野田首相&周辺の議員や
官僚たちは、「絶対に計画を進めなければ」という思いになって
しまうことだろう。(-"-)

<mewはおそらく、米国はオモテだけでなくてウラでも、計画の
変更を認めないと伝えて来たのではないかと推測する。^^;>

 野田首相は、先月の首脳会談で、オバマ大統領に評価書を年内
提出すると約束。<一川防衛大臣も10月にパレッタ国防長官に
約束。> そして、野田首相(&周辺の親米議員や官僚など)は、
来年1月の訪米した際に「評価書を提出した」と報告し、約束を
守って計画を進めていることを評価して欲しいと考えている。
 しかも、米国から釘を刺されたことによって、評価書の年内提出
は、政府にとって「MUST」にされてしまったのだ。(ーー)

* * * * * 

 また、藤村官房長官が30日の会見で、田中発言について「政治
的案件というよりは、事務方の不祥事という捉え方が第一義的だ」
と語り、野田内閣としては、この件はあくまでも事務方の官僚の
問題だとして片付け、首相や内閣の責任や政策などには影響を
及ぼさないようにしようとする方針も決めたことがわかった。

 野田首相は、29日の夜には、報道陣の呼びかけに応じず。謝罪
もしなかったのだが。<今後の方針を決めることを優先したのでは
ないかと思われる。>
 ただ、官邸側から記者に、30日朝には、ふだんは応じていない
ぶら下がり取材を受けると連絡があったそうで。
 昨日の朝になって、カメラの前に立ち、「沖縄県民の皆さまには
大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく思います。私からもおわび
を申し上げたい」と、深々と頭を下げて陳謝したのだが。
 その場でも、党首討論でも、評価書提出の準備を行なっている
ことや、県民の理解を得て合意を進めて行きたいと発言したため、
形だけ謝罪したに過ぎないような印象を与えることになった。(-"-)

 また、一川防衛大臣や玄葉外務大臣などの関係閣僚も、年内提出
の方針は変わらないと次々と発言しており、mewは、何だか、
みんなが、誰かに(orどこかの国に?)ともかく方針変更しない
ことを最初から明言するようにと命じられているような感じさえ
受けてしまったほどだ。(@@) 

* * * * *
 
 そして、政府は、30日に早速、防衛省の事務方TOPである
中江事務次官を沖縄に派遣。中井次官は、仲井真知事と面会して、
謝罪を行なったのであるが・・・。
 仲井真知事は、これに対し、『「極めて遺憾としか言いようが
ない。県民は傷つけられた」と厳重に抗議。「お互いの信頼感の
回復は極めて厳しい」と述べ、県内移設受け入れは困難との立場を
強調した』とのこと。

 しかも、中江次官もこの席で、『「普天間飛行場移設問題を
はじめ、沖縄県の懸案事項について、従来の方針に沿ってより一層
誠心誠意進めたい」と述べ、名護市辺野古への移設に向け、環境
影響評価書を年内に提出する方針を伝達』したため、それでは謝罪
や反省の意が伝わるはずもなく・・・。
『県側は当初、会談を15分間と予定していたが、知事は「信頼
回復はなかなか簡単でないことだけ伝えたい」と述べると6分間
程度で打ち切った』という。(-"-) <『』内、時事通信30日>

 こんな風に誠意やデリカシーのないことをやっていては、沖縄
県民の日本政府への不信感が増大して、ますます心が頑なにして
行くばかりだろう。(-"-)

 まあ、mewはもともと辺野古移設に反対の立場ゆえ、この件
を機に、沖縄の人たちだけでなく、日本の国民の多くが、辺野古
移設の計画を中止すべきだという思いを強くしてくれればいいと
思ってしまうところもあるのだが・・・。

 このまま野田政権が続けば、辺野古移設に限らず、TPPでも
武器輸出原則や集団的自衛権の見直しでも、米国の圧力に押されて
&米国に評価されたいがために、トンデモ強引な方法をとるおそれ
があるだけに、どんどんと危惧感が募ってしまうところがある
mewなのであった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

More
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-01 10:09 | 政治・社会一般 | Trackback(3)

橋下&維新の会がW選に圧勝+亀井新党に冷ややかな反応+ブエナビスタ&サッカー

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 昨日、男子サッカーのロンドン五輪アジア最終予選の試合が
行なわれ、日本のU22(22歳以下)代表がホームでシリアと
対戦。2-1で勝利して、3連勝&勝ち点を9に伸ばし、C組の
TOPになった。(^^♪

 そして、昨日は、JRAで国際GIのジャパン・カップが
行なわれ、ブエナビスタ(5歳・牝)with岩田騎手が優勝を
果たした。(*^^)v祝 <ブエナは、これでGI6勝目。>
 3歳牝馬ながら今年の凱旋門賞で圧勝し、大注目をされていた
&一番人気に推されたデインドリームは、ペースや馬場が合わない
部分があったようで、直線で伸びず8位に終わった。^^;

 ブエナビスタは、昨年のジャパンカップで、スミヨン騎手を
背に圧勝の形でゴールしたものの直線で、2着入線馬のローズ
キングダムの進路を妨害したと判断され、2着に降着。
 それ以来、有馬、Vマイル、宝塚とGIで2着が続き、休み明け
の秋天も4着とふるわず。もうピークは過ぎたのではないかと
見る人もいたようなのだけど。
 そうなると判官びいきのmewとしては、ブエナ・ファンと共に
何とかここでまた彼女のはじけるような走り&強い勝ち方を見たい
と。そして昨年のリベンジを果たして欲しいと願ってしまうもの
で。応援の気持ち込みで、ブエナからの馬券を主体に購入。(・・)

 今回も、直線で中団から抜け出そうとしたものの、内側にいた
ために進路がなかなか開かず。岩田騎手が、かなり強引に方向を
変えて、わずかな隙間をこじ開け、前の馬を差して行ったので
ヒヤヒヤしたものの、ブエナビスタらしいギア・チェンジ&
闘争心あふれる末脚(上がり33.9)を発揮して、ゴール前で
トーセンジョーダンをクビ差かわして、見事にリベンジ優勝を
果たしてくれた。"^_^"゙
<Tジョーダンを2着候補にしていたので、馬連はとれたのだけど。
3着が~。(-"-)MY穴騎手のユタカが4着だったし~。^^;>

 ブエナに騎乗するようになってから2-2-4着と勝てずに
いた岩田騎手も、かなりプレッシャーがあったのではないかと
思うのだけど。ようやく自分の手綱で勝たせることができて、
ゴール後に感極まった様子を見せていた姿が印象に残った
です。(+_+) iwata-kun wa tabun naiteta yone.

<ただ、今週は、ばんえいがイマイチで。(ノ_-。) お気に入りの
フクイズミと逆パンダの(目の周りが白い)コマクインも不調
だし。^^;(写真がコチラのページの下に。かわいっしょ?(~~)
ごヒイキの西将太騎手が相変わらず最終R(だけ?)は頑張って
くれているのと、高知ナイターがとれるのが救いかな?(^^ゞ> 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 でもって、昨日は、大阪でW選挙が行なわれて、大阪市長選
では橋下徹氏が、大阪府知事選では橋下氏が率いる維新の会の
幹部である松井一郎氏が圧勝した。(@@)

 この選挙についての感想は、また時間があったら改めて書きたい
と思うのだけど。<本当は、半分くらい書いたのだけど、イライラ
して来たので、消しちゃったです。^^;>
 何だか小泉元首相が勝った01年の自民党総裁選や05年の
郵政選挙の雰囲気を思い出してしまい、ブル~になってしまう
ところがあった。(-"-)

<当時もそうなのだが、経済・社会の閉塞感が広まっているので、
政策云々は二の次で、力強く「変革」を唱える人に政治を託して
閉塞感を打破して欲しいと思う人が増えている感じがするのよね。(・・)>

* * * * *

 橋下氏と松井氏は、当選後、全ての質問に答えると言って、
3時間近く記者会見を行なっていたそうなのだけど・・・。
<ほとんど橋下くんが一人でしゃべっていて、松井くんはヨコに
座っているだけみたいな感じがあったりして。^^;>

 橋下氏は、圧勝した要因を「既存政党への不信感でしょう。
政策、理念を完全に放棄しているのが伝わった。」「選挙戦で
『橋下に反対』『反独裁』だけだった。政治理念がなく、そういう
ところを有権者に見抜かれたと思う」と分析。
<mewもチョット「反独裁」に固執し過ぎたところがあったかな
とは思った。^^;>

 で、ちょうどmewがTVを見ていた時に、橋下氏が「大阪全体
のことを考え、今回の選挙結果を受けて(各党と)話し合いを
させていただく。」「反対者の数も数十万人いる。反対意見を
しっかり受け止めないといけない」と語っていたところだった
ので、一瞬、「あら~。W当選で余裕が出たのか、少しはオトナ
の&民主的な姿勢をとるのかしらん」と思っていたら・・・。

『府庁、市役所、教委の皆さんは、この結果を重く受け止めるよう
しっかりお願いしたい」と述べ、職員基本条例案や教育基本条例案
に抵抗してきた勢力をけん制した。』
『「大阪市役所は意味の分からない補助金がたくさん出ている。
市職員の体質も変えていく。意識を改める」と早くも対決モード。
「民意を無視する職員は市役所から去ってもらう」と強調した』
 ・・・と早くも、反対者は排除の、よく言えば強いリーダー
シップ、悪く言えば独裁者ぶりを発揮していた様子。(-"-)

 この圧勝で2人とも、かなり自信を深めたのではないかと察する
が。橋下氏はともかく、松井氏が大阪府知事として、どこまで
やって行けるのかは「???」のようにも思われる。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そして、先週の『亀井が「保守&増税反対」の新党構想・・・』
のつづきを。

 25日、国民新党の亀井代表が、会見の席で新党構想を表明
したのだが。
 亀井氏が連携を呼びかけると語っていた人たちから、次々と
冷たい反応が返されている。(~_~;)

 亀井氏は、新党の党首の候補として石原都知事の名を挙げた
ほか、平沼武夫氏ら「た」党などにも参加を呼びかけていると
語っていたのだけど・・・。
 平沼氏は「亀井のひとり芝居」、石原氏は「大迷惑」とまで
言って、亀井氏との連携を否定したという。(@@)

『たちあがれ日本の平沼赳夫代表は26日、都内で行われた保守系
団体の集会で、国民新党の亀井静香代表の新党構想について「亀井
さんの一人芝居だ。たちあがれ日本としては、なんらコミット
(関与)していない」と参加を否定した。

 亀井氏が新党党首に考えているとされる石原慎太郎東京都知事
と会談したことも明かし「彼も政界再編をしなければいかんと
思っているが、亀井さんの動きと一体かというとそうではない」
と指摘した。

 石原知事も26日、大阪市内の街頭演説で「私たちは知事やって
いるだけで国会議員になるわけではない。この国もそろそろ変え
なくちゃいけないが、亀井静香がバカなことを言って大迷惑を
かけられた」と述べた。<産経新聞26日>』

『新党構想をめぐって亀井代表と会談した石原都知事は、保守的
な第3政党は必要だとしたものの、新党結成には大義名分が重要だ
という考えを強調しました。
 東京都・石原知事:「あのね、亀井に言ってるんだけどね、
(新党結成は)結構だと。しかし、一種の革命を起こそう、政治を
大きく変えていこうと思うんだったら、何をするかということを
問わなかったら国民ついてこないよって言ってんだ」
 石原知事は、新党の党首への就任についても「年をとりすぎた」
と否定的な考えを示しました。<ANN26日>』

* * * * * 

 また、亀井氏は大阪の橋下前知事など地方の首長や、みんなの党
にも連携を呼びかけたいと言っていたのだが。

『橋下氏は25日夜、大阪市内で記者団に「新党に参加することは
ない。維新の会は維新の会だ。ただ、大阪都構想の法案は、既成
政党に働きかける」と語った。<読売新聞26日>』
『連携相手に想定する橋下氏も25日、「(国政に進出するなら)
大阪維新の会から国会議員を出す」と記者団に語り、亀井構想を
突き放した<時事通信25日>』・・・とつれない言葉が。^^;

 さらに、みんなの党の渡辺代表も『「新党を立ち上げるのは
ご勝手だが、政党助成金欲しさというのが露骨。助成金ありきの
新党はすぐに飽きられ、必ず失敗する」と痛烈に批判した。

 大阪市長選の告示初日に橋下氏の選挙応援にも出かけた渡辺氏は、
亀井氏が橋下氏との連携を模索しているとされることに対し「民間
にできることは民間にというのが維新の会の発想だ。亀井さんたち
のような国家社会主義的な発想の人たちと果たして一緒に組む
だろうか」と疑問を投げかけた。<産経新聞26日>』

 そして、亀井氏は既に小沢一郎氏や小沢Gの若手議員などと
会い、新党への参加や協力を呼びかけたようなのだが・・・。

『亀井氏に誘われた民主党若手の一人が「小沢さんには『そういう
動きはしないように』と言われている」と語るように、同党内では
模様眺めの空気が強い』という。<時事通信25日>

* * * * *

 亀井氏が名を挙げた政党や政治家は、程度の差はあれ、「保守」
という点では、共通している部分があるのだが。経済・社会政策に
おいて、大きな違いがある。

 亀井氏や平沼氏らは、「国家が国民の面倒を見るべきだ」という
&渡辺氏のいう「国家社会主義的」な発想に基づく「保守リベラル」
の立場をとっているのだが。<これは旧来の自民党政権の方針でも
あった。>
 それに対して、橋下氏や渡辺氏らは、新自由主義的な思想が強く、
国家の支配&関与は最小限にすべきだという「小さな政府」論を
主体にした国政&地方政治を目指しているので、その基本理念は
ほとんど正反対だと言っていい。(~_~;)

<河村名古屋市長、大村愛知県知事、かつての(本来の?)小沢
一郎氏、自民党や民主党の改革派は、後者の考え方に近い。(・・)>

 そのようなこともあって、亀井氏が中心になる形で、新たに
大きな政党が結成される可能性は乏しいように思われる。^^;

* * * * *

 ただ、いずれにせよ、今回、橋下氏&維新の会がW選で圧勝
したことによって、彼らと連携したいor彼らを利用したいと考える
政治家が増えるのは確実だと思われ・・・。<橋下氏も、それで
イニシアチブをとって、国政への影響力を強めたい&維新の会
の国政進出に利用したいと考えているのではないだろうか?^^;>

 今後、橋下氏&維新の会に擦り寄る政党や政治家が次々と
出て来るかと思うと、今からぞ~っとしてしまうところがあるmew
なのであった。_(。。)_

               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


 
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-28 07:22 | 政治・社会一般 | Trackback(3)

民自公に、野田・谷垣おろし&解散総選挙に向けた動きが+競馬、フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



一昨日の話になるが、JRAでマイルCが行なわれ、エイシン
アポロンwith池添騎手が優勝した。(*^^)v祝
 Eアポロンは、鼻の白い部分が大きい、mew好みの顔。しかも
重馬場は得意ゆえ、この馬から行ったのだけど。荒れるマイルC
も予想して、1枠2頭も三連複で絡めてみたものの、3着が~。(@@)
<2-5の馬連とWは買ったのだけど。1の方だったか~。
Dヨーヨーも4着と頑張ったんだけどね~。(・・)>

 しかし、アポロンで富士Sを勝った田辺くんは、騎乗停止で
この日、乗れず、惜しいチャンスを逃しましたね~。(~_~;)
 そして代打で騎乗した池添くんは、もともと京都はうまいと
思ってたけど、しっかりと勝って今年GI5勝め。(・o・)
 童顔ゆえ、いつまでも若手っぽいイメージがしてしまうの
だけど、もう32歳。福永騎手と共に、着々と関西騎手のエース
に育ちつつあるな~と思ったです。"^_^"

* * * * *

 そして、フィギュアのフランスGPに出場した織田信成は、
SP、フリーともジャンプの失敗が響き、総合7位。春に痛めた
膝の具合がよくないようで、ちょっと心配。
 また村上佳菜子も、いい頃の出来にはなく、総合4位。こちら
は、難しくなった演技構成と新調した靴の不具合に悩まされている
感じなのだが。本人は、次へのステップとして納得しているようだ。
 今週は、早くもシリーズ最終戦となるロシアGPに浅田真央、
今井遥と羽生結弦が出場。果たして、復調モードの真央ちゃん&
4回転に自信を深めている羽生くんは、自分の演技ができて、
GPファイナルに出場できるか・・・p(*^-^*)q がんばっ♪です。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 さて、政治の話を・・・。

 昨日21日、被災地の復興のための予算を中心とする三次補正
予算が参院で可決され、ようやく成立した。(・・)

『東日本大震災の本格復興策を柱とする2011年度第3次補正
予算は21日午後の参院本会議で、共産党を除く各党の賛成多数
で可決、成立した。歳出総額は12兆1025億円で、過去2番目
の規模となる大型補正。震災発生から8カ月余を経て、国政の
最優先課題と位置付けられてきた復興事業がようやく本格的に
動きだす。<朝日新聞21日>』

 ただ、実際にこの予算を執行するには、いわゆる復興関連法案
や、財源確保のための郵政改革法案などを成立させることが必要
になる。
 政府与党は、国会を12月下旬まで延長して、何とか年内に
必要な法案を成立させたいと考えているのだが。与党と自公との
間の隔たりが大きい法案も少なからずある上、自公が民主党への
対決姿勢を強めており、後半を迎えた秋の臨時国会での攻防が
さらに激しくなりそうだ。(~_~;) <関連記事*1>

<与野党には、他の法案はともかく、被災地の復興に関する法案
は、ちゃんと協力して通して欲しいんだけどな~。(・・)>

* * * * *

 野田首相は、新政権発足後、党内融和をはかった上、自公との
協力体制<とりわけ公明党との連携>を作って、安定政権を
築こうとしていたのだけど。

 民主党では、TPP参加問題や消費税発言を契機に、また党内
で対立が始まっており、政権運営に支障を来たすおそれが出て
来た。<またTPP&郵政改革法案で、連立を組む国民新党とも
対立モードになりつつある。>
 特に小沢Gは、TPP&消費税に関して、反対&慎重派が多い
ため、その動向が注目されるところなのだが。
 ここに来て仲間であるはずの前原誠司氏が、ポスト野田を狙って
か、妙な動きをしており、年明けにも党内で「野田おろし」の動き
が始まる可能性が出て来た。(~_~;)

 しかも、公明党は、野田民主党とは連携せず、来年、解散総選挙
に追い込むことを目指して、野田政権と対決姿勢を鮮明にして行く
方針を確認したため、同党と協力体制を組むことも困難に。
 他方、自民党でも、谷垣総裁に対する批判が強くなっており、
解散総選挙を睨んで、民主党との対決姿勢に加え、党内では
「谷垣おろし」の動きが加速しそうな感じになっている。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 今回は、自民党に関する話を中心に書くことにしたい。

 自民党も、小泉政権以来、いわゆる「守旧派vs.改革派」の
対立が激化しており、民主党に負けず劣らず、一枚岩ではない
状態が続いている。
 特に小泉流の新自由主義政策の推進を目指している改革派は、
もともと、どちらかと言えば守旧派の谷垣総裁&思いっきり
守旧派の大島副総裁の党運営に不満を抱いていたのだが。

 8~9月には、参院人事を巡って、守旧派の長老と改革派の
若手が対立。さらに、ここに来て、改革派としては絶対に推進
すべきだと考えているTPP参加の問題が出たのをきっかけに、
曖昧な態度をとる谷垣総裁に対し、オモテで堂々と批判をする
議員が次々と出るようになって来た。^^;

『自民党は18日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)
交渉参加に関する党の見解を来年3月までにまとめる方針を決めた。
同党はハワイで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)
首脳会議での参加表明に反対して野田佳彦首相の対応を批判して
きたが、同党内も賛否が分かれ、政府が正式な参加表明を決める
時期となりそうな来春まで意見集約を先送りした。<中略>

 TPPへの賛否を明確にしないまま政府・民主党を攻撃する
自民党に対しては党内外から批判が強まっている。経団連と自民党
幹部の15日の会合では、TPP推進の経団連側が「自民党は我々
に近い考え方と思っていた」との不満をぶつけた。みんなの党の
渡辺喜美代表は18日の記者会見で「腰が引けている。閣僚への
問責決議案(提出)を言う前に、谷垣総裁への問責が党内から
出てもおかしくない」と皮肉った。<毎日新聞18日>』

* * * * *

 このような谷垣総裁の姿勢に、まさに小泉チルドレンの小泉
進次郎氏が、アチコチで批判の声を上げている。

『自民党の小泉進次郎青年局長は17日、党本部で講演し、野田佳彦
首相による環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加方針表明を党幹部
が「拙速だ」と主張していることについて、「拙速ではなくて
遅過ぎた。自民党内で多数派の理解を得られたとしても、国民の
理解を得られるわけがない」と批判した。
 小泉氏は「なぜ自民党こそTPPに前のめりになれないのか。人口
が減り、子どもの数が減って、財政にも苦しむ日本が発展を遂げる
唯一の道だ」と述べ、TPP交渉に参加すべきだとの考えを強調した。
<時事通信17日>』 

『自民党の小泉進次郎青年局長は20日、東京都武蔵野市の成蹊
大学で講演し、環太平洋連携協定(TPP)について「自由貿易
体制推進は過去の自民党の間違っていなかった部分だ。民主党の
TPPには反対だが(自民党が)与党になったら批准するという
論理が通用するわけがない」と述べ、党執行部はTPP参加の立場
を明確にすべきだとの認識を示した。
 小泉氏は「どっちつかずの状況は(賛成派と反対派)両方から
がっかりされている。自民党は野党のときも与党のときも言うこと
を変えず、一貫した方向性を示さなければならない」と強調した。
<時事通信20日>』

* * * * *

 さらに、小泉改革派の番頭役であった中川秀直氏も登場。
TVで「谷垣おろし」の必要性を示唆する発言まで行なった。

『自民党の中川秀直元幹事長は21日のBS11の番組で、「国民
から見て、今の自民党、民主党は官僚党の『A』と『B』に
過ぎない。両方とも守旧派と見られている」と述べ、自民党が
民主党との明確な違いを出せていないとの認識を示した。その上
で「僕が野田佳彦首相だったら、自民党の人気が低い時に解散
する。谷垣禎一総裁のうちに解散すれば民主党は負けない」と
述べた。<毎日新聞22日>』

<この「今の自民党、民主党は官僚党の『A』と『B』に過ぎ
ない。両方とも守旧派」という見方は、mewもほぼ同感。
 特に野田政権は、超親米&保守タカ派&(野田氏の場合は、
プチ)新自由主義の基本的な政策も、党運営のやり方、官僚
任せの政権運営など、やろうとしていることが、ほぼ全てに
おいて自民党政権と変わらないもんね。(ーー゛)>

 また、いわゆる超保守派の中でも、安倍元首相や仲間たちの
ように中国を敵対視する観点から、経済&安保軍事政策で米国
との同盟関係を強化すべきだと主張している議員も、谷垣総裁
への批判をクチにするようになっている。(・・)
<参院の山本一太くんも、張り切っているようだ。(~_~;)>

* * * * *

 さらに、ここに来て、9月末に政調会長の職を外された石破茂氏
が、積極的な動きを見せるようになって来た。
 石破氏は、連日、アチコチのTVや講演の場などで、TPP参加
に前向きでない民主党政権や、自民党執行部の煮え切らない態度を
激しく批判し続けているのだ。
 
『自民党の石破茂前政調会長は16日、党本部で講演し「(自民党
は)TPPから離脱する、消費税増税は反対という公約を掲げて
選挙をするのか。でたらめを言って取った政権の末路は、民主党を
見れば明らかだ」と述べ、党内で慎重論の強いTPP交渉参加や
消費税増税への賛成方針を明確に示すべきだとの考えを示した。
<毎日新聞17日>』

『自民党の石破茂衆院議員(鳥取1区)が19日、鳥取市内で講演
し、首相が交渉参加の方針を表明した環太平洋経済連携協定
(TPP)について「農業がつぶれ、アメリカの弁護士、医者が
いっぱい来るというが、そんなことになるわけがない。TPP入り
でこの国はつぶれない」と語った。<朝日新聞21日>』

 そして、石破氏は、政調会長に就任した際に、額賀派を離脱
していたのだが。このまま同派閥には戻らない意向を示し、先月
から、「谷垣おろし」&総裁選出馬もアタマに置いて、勉強会を
発足させ、新たなグループを作る準備を始めている。

『自民党の石破前政務調査会長は、21日夜、党所属の国会議員
20人余りで会合を開き、社会保障改革や税制改正などを検討する
勉強会を来月上旬に立ち上げることを確認しました。党内からは、
来年9月の総裁選挙をにらんだ動きではないかという見方も出て
います。

 会合には、自民党の石破前政務調査会長をはじめ、小坂元文部
科学大臣や鴨下元環境大臣ら無派閥を中心に、伊吹派や額賀派など
に所属する衆参の国会議員、合わせて21人が出席しました。
NHK22日・全文*2>』

『自民党の石破茂前政調会長は19日、BS放送の番組収録で、
自身が立ち上げる政策勉強会について「自民党だけにとどまっては
いけない。民主党でもやろうという人がいればいい」と述べた。
<産経新聞19日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 石破氏はまた、『来年に衆院解散・総選挙が実施されるとの見方
を示した。「(再来年の)任期満了選挙は衆参同時になるうえ、
東京都議会選挙もあり各党ともにしんどい。普通に考えれば来年
だ』と語っていたのだが・・・。
 この言葉は、公明党が先日、決めた方針に配慮したものでは
ないかと察せられる。(・・)

  公明党は、先日、野田政権と連携せず、対決姿勢を強めて、
2012年中に解散総選挙に追い込む方針を決定。既に小選挙区
の候補者を決めて、衆院選の準備を始めている。^^;
 
 その最大の理由は、まさに石破氏が言っていたように、2013
年には同党が最も重点を置いている都議選をはじめとする地方選や
参院選の準備を行なうだけで手いっぱいであることから、12年中
に解散総選挙が行われるようにしたいからだ。 
 そして、もし来年、総選挙が行なわれるしたら、今から民主党と
選挙協力を行なうのは難しいし、野田民主党には敢えて一緒に
組んで選挙を行なった方が有利だと思われる部分もないため、
これまでのように、自公の選挙協力体制を優先することに決めた
のである。(@@) <関連記事*3>

* * * * *

 野田首相&周辺は、公明党との連携によって政権の安定化を
はかり、衆院任期の切れる2013年に衆参同時選挙を行なう
ことを計画。
 何とか公明党と連携するために、首相補佐官に公明党とのパイプ
がある人を起用したり、政策決定の際に、公明党の要望を取り
入れるなどしていただけに、ここで公明党が野田政権に協力しない
方針を決めたのは、かなり痛いところ。
 しかも、TPPや郵政改革法案に関して、連立を組んでいる
国民新党の亀井代表とも険悪な状態になっていることから、今後の
政権運営に黄色信号が点りつつある。^^;

 そして、mewは、もしかしたら石破氏は、民主党の前原G
との連携や政界再編も視野に入れて動いているのではないかと
思うところもあるのだ。(**)

 実際、前原Gも、今月にはいって、次の代表選を睨んで人事を
刷新したり、若手議員に解散総選挙の準備を指示したりするなど
妙な動きをしているのである。(-"-)

 ここまででかなり長くなってしまった&時間もなくなって
しまったので、この続きはまた改めて書きたいと思うのだが・・・。

 年末にかけて、自民党で「谷垣おろし」の動きが激化するのか、
また民主党内の前原G、小沢Gがどう動くのか、しっかりと
ウォッチしておきたいと思っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-22 12:30 | 自民党について | Trackback(1)

枝野&経産省&前原が、TPP対象の拡大を画策したのか?+プロ野球

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 最初に、ソフトバンクのファンの方、8年ぶりの日本シリーズ
優勝、おめでとうございます。m(__)m
 そして、中日の落合監督には、8年間、本当におつかれさま
でした。m(__)m

 今さらmewが言うまでもなく、ほとんどの野球ファンが、また
おそらくは両チームのファンも、SB、中日とも実力が拮抗した
本当にいいチームであること、そして第7戦まで一戦一戦、しかも
一球一打、一守一走に意味を持つような、緊張感のあるスバラシイ
試合が行なわれたことを評価しているのではないだろうか?(・・)

<☆OBの谷繁、内川、多村が活き活きとプレーしているのを見て
優勝を争えるチームに移って「よかったね~」と感じながらも、
心のどこかでは、「彼らのような優れた選手が☆に残っていた
ならな~」と思ってしまうとこもあったりして。^^;
 今年は、村田がFAで出て行くかも知れないし。早くそれなりの
選手が残りたいと思うようなチームにならないとだわ。(-"-)>
 
* * * * *  

 さて、政治の話を・・・。

先週、このブログでは、しつこく(?)、野田首相のTPPに
関する発言内容が日米政府の間で発表がくい違っていたという問題
を取り上げていたのだけど・・・。

<12日にハワイで日米首脳会談が行なわれた後、米国が「野田
首相が、『すべての物品とサービスを貿易自由化交渉のテーブルに
載せる』と発言した」と発表。野田首相&外務省がそれを否定した
にもかかわらず、米国は訂正に応じないと言明。>

 TPP推進派の枝野経産大臣or経産省官僚が、米国側に上述の
ような方針を伝えたことが、今回のくい違いを生じる大きな
きっかけとなった可能性があるようだ。(@@)

* * * * *

 まず、「TPPを慎重に考える会」は17日の総会で、米国に
野田発言の訂正を申し入れるよう決議を行なったという。

『環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)問題に関し、民主党など
の超党派で作る「TPPを慎重に考える会」(会長・山田正彦
元農水相)は17日の総会で、交渉参加に関する日米両政府の発表
の食い違いについて米側に訂正を重ねて申し入れるよう日本政府に
求める決議を行った。

 米ホワイトハウスは12日(日本時間13日)の米ハワイでの
日米首脳会談後、「野田佳彦首相が『全ての物品、サービスを貿易
自由化交渉のテーブルに乗せる』と述べた」と発表した。首相は
これを否定し、日本政府は訂正を申し入れたが、米側は受け入れ
なかった。

 考える会の総会では、「ホワイトハウスのホームページに発表は
残っている。即刻削除しなければ事実として認めることになる」
との意見が相次ぎ、訂正と削除を求めることになった。
<産経新聞17日>』

* * * * *

 実際、ホワイトハウスのHPを覗いてみたら、12日にリリース
された日米首脳会談に関する記事に、確かに、野田首相が上述の
発言を行なったという記述があった。

『The President noted that all TPP countries need to be
prepared to meet the agreement's high standards, and he
welcomed Prime Minister Noda's statement that he would put
all goods, as well as services, on the negotiating table
for trade liberalization.』

<大統領は、全てのTPP参加国は、(貿易自由化を)高い水準
で合意できるような備えが必要だと述べた。また、野田首相が
全ての品目やサービスを貿易自由化の交渉のテーブルに乗せると
語ったことを歓迎した。(mew訳)>

 うん、これだと、やっぱ野田首相が、このように発言したという
ことになっている。(**)
 
 そして、いくら野田首相が国内で、そんなことは一言も言って
いないと釈明しようと、このような文書が公式に発表され残って
いる限り、米国はもちろん、TPPに関わっている国々は、日本
の政府は、このような方針でいると受け止め、後の交渉で「あの
時、そう言ってたじゃないか」と主張する可能性が大きい。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 通常、このような首脳会談には、外務省の官僚が同席して
通訳や議事録or発言録のメモをとる仕事をしているので、野田首相
が何をどのように言ったのか、よくわかっている。
 それゆえ、外務省の官僚は、首脳会談の後、米国が発表した
内容を見て、すぐに「野田首相は、そんなことを言っていない」
と否定するコメントを出したのではないかと思うのだけど。

 米国側は、発表した内容は、「野田首相や政権関係者が公式に
話した内容に基づいている」と主張し、訂正を行なうつもりはない
と突っぱねたのである。(ーー)

 そして、野田首相も外務省も発言を否定しているとしたら、一体、
政府関係者の誰が米国側にこのような発言を行なったのか・・・と
いう疑問が生じることになる。(・・)

* * * * *

 で、mewは『米国は、野田発言を訂正せず&真相は? 』などに
書いたように、もしかして、前原、長島、枝野、玄葉氏あたりが、
米国側に上述のような方針を伝えたのではないかと邪推して
いたのだけど・・・。

 そんな中、17日の参院予算委員会で、自民党の山田俊雄氏が
この件を取り上げ、枝野経産大臣が米国のカーク通商代表と会談
するために作られた資料に、上述の方針が記されていると指摘し、
追及を行なった。<衆院予算委員会で、自民党の谷垣総裁もこの件
について質問を行なっていた。>

 13日に日テレの「真相報道 バンキシャ!」で、「日本外交の
舞台裏」と題して、APECでの枝野大臣の活動を密着取材した
ものが放送されたそうなのだが。
 経産省の官僚と会談の打ち合わせを行なっていた枝野大臣が手に
している資料の中に、まさに「全ての品目・分野を交渉の対象と
する用意がある」という一文が記されていたことが、その映像に
しっかりと映っていたというのである。(・o・)

<「生きていて思うこと」さんのブログに、この資料のアップも
含めた詳細な記事(コチラ)や、参院予算委員会の詳報(コチラ
が載っているです。>

 枝野大臣は、山田氏の質問に対して「(この資料を)実際の会談
では、参考に致しておりません」「ここに書いてあることを、私は、
会談で、こういう表現で、申し上げてはおりません」と答弁して
いたものの、説明を行なう際には、かなりしどろもどろになって
いた様子。^^;
 
* * * * *

 そこで、「TPPを慎重に考える会」もこの件を把握して
おり、18日の勉強会で経産省の幹部を呼んで、説明を求めたと
いう。

『環太平洋経済連携協定(TPP)への民主党などの慎重派議員
でつくる「TPPを慎重に考える会」(会長・山田正彦前農相)は
18日の勉強会で、野田首相が交渉参加を表明する前に、経済産業
省が交渉参加を前提とした内部資料を作成していたとして、同省
幹部を追及した。

 内部資料は、枝野経産相のハワイでの会談用に作成されたもので、
「日本を発(た)つ直前に野田政権として交渉参加を決断した」
「全ての品目・分野を交渉の対象とする用意がある」などと書かれ
ていた。勉強会に出席した同省幹部は、11日夜の首相の交渉参加
表明以前に作成されたことを認めたが、現地の会談で枝野氏が資料
の内容に沿った発言を行ったことはないと説明した。山田氏らは
納得せず、会談議事録の提出を要求した。 <読売新聞18日>』

『経済産業省幹部が枝野幸男経産相に環太平洋戦略的経済連携協定
(TPP)に関して「全品目・分野を交渉の対象とする用意がある」
と記した想定問答を米側との会談前に渡した問題で、同省は18日、
民主党議員らで作る「TPPを慎重に考える会」(会長・山田正彦
元農水相)に「資料に基づいて発言したと誤解を招いたことは申し
訳なかった」と陳謝。山田氏は会談議事録の開示を求めた。
<産経新聞18日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ちなみに、今月、前原Gの幹事長になった枝野経産大臣は、
個人的にもTPP参加に積極的な立場で、野田首相が決意表明を
行なう前にも、TPP反対・慎重派からの「拙速だ」という批判に
対して「遅すぎる」と反論をしていたほどだ。(~_~;)

『枝野幸男経済産業相は5日、早稲田大で講演し、TPP交渉参加
問題に関し「アジア、太平洋の経済連携に日本の意思をどう影響
させていくかを考えたら、今でも遅すぎる状況だ」と述べ、参加に
向けて早急に判断する必要性を強調した。
 経産相は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での
参加表明への自民党の反対について「目先の政局問題で判断する
小さな話ではない」と指摘。「『守り』の農政を何十年もやった
結果、競争力をつけられなかった」と従来の農業政策を批判、
輸出産業化を急ぐべきだと訴えた。<毎日新聞6日>』

 経産省は、その名の通り、日本の経済産業を発展させる役割を
担っている&大きな利益を得られる大企業寄りの立場をとって
いるので、原発推進政策も維持しようとしているし、TPPなど
自由貿易化の政策もどんどん推進して行く姿勢でいる。^^;

 ・・・とすれば、彼らが閣僚会談or官僚同士の事前の打ち合わせ
において、米国側に「野田首相は、国内の反対派に配慮した表現
しかできないが、日本政府or経産省としては、全品目を交渉の
対象にする方針でいる」と伝えたとしても不思議はない。(-_-;)

* * * * *

 mewは、ふと、この6月に経産省が海江田大臣(当時)と
共に<大臣を利用して?>、菅首相(当時)をさしおいて、玄海
原発の再稼動を進めようとした時のことを思い出していた。^^;

 3月に福島原発の事故が起きてから、経産省は、全国各地で
停止中だった原発を、計画通りに再稼動させることを見送って
いたのであるが・・・。
 しかし、電力需要が高まる夏を迎える前に、各地の電力会社や
大企業などが、早期に原発の再稼動を行なうことを強く要望。
同時に、菅首相が浜岡原発の停止を指示したのを機に、どんどん
と「脱原発政策」を促進して行くのではないかということに
対する警戒感も広がりつつあった。^^;

 そこで経産省&保安院は、6月18日に<しかも、土曜日の夜に>
菅首相に報告することなく、いきなり海江田経産大臣に、原発に
関する「安全宣言」の談話を発表させて、定期検査のため休止中の
原発の運転再開を求めていくことを表明。
 その第一号として、九電の玄海原発を7月にも再稼動させること
に決めて、それを実現するために、海江田大臣を現地に行かせたの
である。(~_~;)

<九電や玄海原発のある佐賀県&玄海町の首長も、経産省と組んで
早期再稼動を実現すべく動いており、その中で、例の「やらせ
メール」事件なんかも起きたのよね。(-"-)>

 ところが、菅首相は、この経産省&海江田大臣の動きや安全宣言
に納得せず、再稼動の条件として、さらに厳格なストレステストを
行なうことを要求したため、海江田大臣&経産省と激しい対立が
生じることになってしまったのだけど・・・。^^;

 経産省のこのようなやり方を考えると、今回のTPP交渉参加
&交渉の対象範囲に関しても、経産省が、反対・慎重派に配慮して
ハッキリとものを言えない状況にある野田首相をさしおいて、
枝野大臣と方針を決定。官僚同士の打ち合わせの中で、または枝野
大臣を使って、米国側に「何でもOK」宣言をさせた可能性は
否定できないようにも思われる。(・・)
  
* * * * * 

 野田首相は、自分が発言していないという事実が確認できれば
それでいいと、これ以上、訂正を求めないつもりのようなのだけど。
野田首相も、枝野発言を了解していた可能性がある。(-"-)

 ただ、もしこの件が枝野ー前原ラインや、経産省の主導で
行なわれたとしたら、外務省は面白くないことだろう。<だから、12日
にハワイで、すぐに否定&訂正コメントを出したのかもね。^^;>

 ちなみに、前原政調会長は、昨日、こんな話をしていたという。

『民主党の前原誠司政調会長は20日、NHKの番組で、環太平洋
連携協定(TPP)交渉への参加に向けた関係国との協議に関し、
「(これまでの)過程では外務省、経済産業省、農林水産省の言う
ことが違う。まずは連携が取れるチームをつくるべきだ」と述べ、
政府が関係閣僚会合の下に設ける省庁横断のチームを早急に設置
する必要があるとの考えを強調した。
 前原氏は、「米国には通商代表部、韓国には外交通商部があり、
貿易に対し横断的に交渉している」と、体制整備を急ぐ必要性を
指摘した。<時事通信20日>』

 このTPP参加に関しては、民主党や自民党の中にも推進派と
慎重派の対立があるのだけど。各省庁でも、省庁間の対立が
ある上、同じ省の中でも官僚によって参加の是非や対象範囲
などに関して温度差があるとのこと。
 
 前原政調会長としては、各省の推進派を集めて、どんどんと
交渉参加に向けた準備を進めたいところかも知れないのだが。
 与野党の反対・慎重派が協力して、彼らの強引な&「早すぎる」
動きを止めて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2011-11-21 06:28 | 民主党、民進党に関して | Trackback(2)

憲法審査会~改憲に関する各党の立場&震災利用の改憲論に注意+競馬、女子バレー

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 最初に、地方競馬の話を・・・。
 
 JRAでも、地方競馬でも、騎手にとって、通算2000勝を
達成するというのは、金字塔みたいになっているとこがあるの
だけど。先週、2人の騎手がこの金字塔を打ちたてた。

 まず、17日に 北海道の小国博行騎手(44)が、門別競馬
の11Rで勝って、84年4月ののデビュー以来、12,930戦目に
して地方通算2,000勝を達成。
 そして、19日には高知の赤岡修次騎手(34)が4Rで勝って
94年10月のデビュー以来、10,347戦目にして地方競馬通算
2,000勝を達成したのだ。
 2人は地方競馬で史上82,83人目、現役では36,37人目の快挙を
果たしたことになる。(*^^)v祝 

 特に赤岡騎手は、04~5年頃から勝ち星をどんどん挙げる
ようになって<07年には、JRAのWSJSにも出場して3位
になったことも>、近時は連対率が5割以上とキョーイ(驚異&
脅威)の成績をキープする活躍で、まだ34歳ながら、かなり早い
ペースで2000勝をクリア。このまま行けば、3~4000勝
達成も確実なのではないかと期待している。"^_^"

<高知競馬に参戦する時は、赤岡がいつ2着以下になるかを
予想することにエネルギーを費やす中穴党のmew。>

 尚、12月15日には、JRA、地方で通算2000勝以上
している騎手だけを集めた「ゴールデンジョッキーカップ」が
園田競馬場で開催されるので、そちらも楽しみにして頂きたい。
<出場騎手は、コチラに。>

 以上、地方競馬抜きの生活は考えられないmewでした。(^^♪

* * * * *
 
 そして、バレーボール女子の話を・・・。

先週で、女子バレーボールのWCが終了。日本代表は、ロンドン
五輪の出場権がとれる3位以内を目指していたのだが。序盤での
敗戦が響き、4位に終わった。(~_~;)

 mewの本業(?)はバレーボールゆえ、ついつい気になって
チラホラと見ていたのだけど。
<中~大までバレー部っ子。でも近年、試合会場がウルサイ&
一方的な応援モードなので、試合を見るのが苦痛になっている。>

 ついこの間まで高校生を出たばかりだと思っていた木村沙織が
25歳&チーム引っ張る役割をするようになっていたり、大山佳奈
が引退してリポーターになっていたりする<結構、うまくこなして
いたかも?>のを見て、「あ~、時が立つのは早いな~。こりゃ、
mewも歳をとるはずだわ」とか思ったりもしたです。_(。。)_

 今大会は、山本、井上、栗原が故障で参加できず。戦力の面も
さることながら、大事な経験者がコートの中や近くにいられない
ことでもマイナスの部分が大きかったと思うのだが。
 ただ、その分は、20代前半の江畑、岩坂、新鍋などが大規模な
国際大会で経験を積み、いくらかの自信をつけることができたのは
大きな収穫だったと思うし。後半は、チームもまとまって来た&
コートでの連携(特に守備)がよくなった分、強豪相手に勝ち星を
上げることができたのもよかったと思うのだけど。<最終戦で、
優勝を狙いマジで戦っていた米国に大接戦の末、1・2セットを
とった&そのまま勝ったのは、よかったと思う。日本は、この時点
で3位以内にはいれないとわかっていて、モチベか下がっている
かなと心配していたので、尚更に。>

 そして、チーム事情が苦しい中、33歳になったベテラン・
セッターの竹下が、今大会も頑張ってくれて、ベストセッター賞に
選ばれたのは、本当によかったと思うのだけど。
 個人的には、160cmもない竹下が活躍するのは嬉しいし、
めっちゃ応援しているものの、客観的に見ると「う~ん」と思って
しまうところが。(~_~;)
 この何年か、女子バレーのことを書く際には、いっつも言いたく
なってしまうのだけど。竹下の次のセッターが、いつでも試合に
使える形で、きちんと育っていないのはマズイな~と。<本当は
木村沙織を大型セッターとして育てる予定だったのにね。^^;>

 今回、五輪出場権がとれず、来年、最終予選に出場することに
なったので、また竹下に頼らざるを得ない状態になってしまうとは
思うのだが。万一、竹下が負傷した場合、どうするのかという問題
もあるし。今大会も、できればセッターを代えて(ワンポイントの
形ではなく>、流れやリズムを変えられるといいのにと思う場面が
あったのも事実だし。
 もう五輪まで1年ないので、このまま行くしかないとこがある
かも知れないのだけど。その部分だけが、ずっと引っかかっている
mewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 ところで、先週17日、衆院の憲法審査会が初めて行なわれた。

 憲法審査会は、憲法改正(新憲法制定)を目指している自民党の
安倍政権が、07年に設置したもの。
 憲法改正を行なう際に、改正の原案を審査したり<実質的には、
この審査会で改正案の条文をまとめる予定>、改正の発議、国民
投票などに関する法案や実施方法を具体的に審査するために
作られた機関だ。(・・)

『憲法改正の原案などを審議する衆議院の憲法審査会は、17日、
設置されて初めて実質的な質疑を行い、各党がそれぞれの立場から
意見を表明しました。

 衆参両院の憲法審査会は、4年前に成立した国民投票法で、憲法
改正の原案などを審議するために設置することが決められています
が、委員の選任が進まなかったことなどから質疑は行われていま
せんでした。しかし、先月、審議を行う態勢が整い、これを受けて、
衆議院の憲法審査会は17日、衆議院憲法調査会長などを務めた
中山太郎元外務大臣を参考人として招き、初めてとなる質疑を行い
ました。このあと各党が、憲法改正に対するそれぞれの立場に
ついて考え方を表明しました。

 民主党の山花郁夫氏は「震災復興が最優先となるなか、憲法論議
の優先順位は相対的に下がるが、必要ないわけではない。民主党は
結党以来、憲法の議論を進めてきており、今後、国会の場で、
しっかりとした議論を行っていきたい」と述べました。

 自民党の中谷元氏は「自民党の結党の大義は、占領下で作られた
憲法を改正し、わが国を豊かにすることだ。経済大国になることは
達成したが、憲法改正は道半ばであり、新しい時代に対応できる
憲法改正を実現したい」と述べました。

 公明党の赤松正雄氏は「今の憲法には、時代の状況の変化に
合わせ、環境権やプライバシー権というものを加える余地がある。
改憲や護憲という大枠の中では護憲だが、さらに詰めていけば
加憲という立場だ」と述べました。

 共産党の笠井亮氏は「憲法審査会が始動しなかった、この4年
余り、国民が不利益を被った事実はない。国民は、憲法の改正を
求めておらず、審査会を動かす必要はない」と述べました。

 社民党の照屋寛徳氏は「今、政治と国会が果たすべき使命は、
憲法の理念を実現し、平和国家として歩んでいく決意と道筋を示す
ことだ。社民党は護憲政党として、いかなる改憲の動きにも反対だ」
と述べました。

 みんなの党の柿澤未途氏は「制定から65年がたち、見直すべき
ときに来ていることは明らかで、憲法は改正すべきだ。どのように
改正すべきか、あるいは改正すべきでないかを活発に議論する必要
がある」と述べました。

 国民新党の中島正純氏は「国民新党は、憲法論議の再開を促進
すべきとの立場を取ってきた。非常事態条項を憲法に設けることに
ついて議論を進めることは、立法府に課せられた責務だ」と述べ
ました。

 衆議院の憲法審査会は、17日の各党の意見表明を踏まえたうえ
で、今後、審議の進め方などについて、幹事会で協議していくこと
にしています。<NHK17日>』 関連記事*1

* * * * *

 今回の審査会は、07年まで、憲法調査特別委員会の長として、
改憲の準備に携わっていた中山太郎詩を参考人として招聘。

『参考人として出席した中山太郎元衆院憲法調査特別委員長は、
2007年5月に成立した国民投票法の付則に、(1)18歳選挙権
の実現(2)公務員の政治的行為の制限緩和(3)憲法改正以外の国民
投票-の「三つの宿題」が盛り込まれていると指摘した。
 いずれも法案の修正過程で、当時野党だった民主党の意見が反映
された。中でも18歳選挙権と公務員の制限緩和は昨年5月の同法
施行までに「必要な法制上の措置を講ずる」ことになっていたが、
手付かずのままだ。<産経新聞17日>』

『17日の審査会では、参考人として出席した中山太郎・元衆院
憲法調査会長が、大災害や有事の場合に、首相はどう対応すべき
か、国民の生命、財産をどう守るのか、「突っ込んだ議論」を
求めた。<読売新聞17日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 日本の政界では、特に21世紀にはいってから、憲法改正の実現
を目指す、いわゆる超保守&保守タカ派が勢力を拡大するように
なった。<超保守派は、現憲法の存在を認めていないので、「憲法
改正」ではなく、「新憲法制定」と呼ぶ。^^;>
 
 01年に、小泉純一郎氏が、総裁選で憲法改正を目指すことを
公約に掲げて総裁&首相に選ばれたことから、改憲への動きが
加速。自民党は、05年に新憲法草案を発表する。
 続く安倍晋三氏も憲法改正を公約にして首相になり、07年には
憲法改正の国民投票に関する法律を制定。また新たにこの機関も
設けて、本気で10~11年までに憲法改正を実現することを
目指していたのだった。(-_-;)

 しかし、同年の参院選で、民主党が大勝&安倍元首相が9月に
辞任したこともあって、改憲への急速な流れがいったんストップ。
 結局、この憲法審査会も一度も開かれないままになっていた。

<民主党でも鳩山氏や前原・野田Gなどの改憲推進派は、自民党
と一緒になって、積極的に改憲準備に取り組もうとしていたの
だけど。当時、民主党代表だった小沢一郎氏が、今は憲法改正より
も、国民の生活や政権交代を重視すべきだとして、彼らの動きを
抑制してくれたのよね。(+_+)

* * * * *

 ところが、今年9月に野田&前原政権が始まった途端、彼らは
早速、衆参の憲法審査会の委員を選んで、審査会を開くことに
決めたのである。(ーー)

 オモテ向きは、国会で自民党の協力を得るために、同党の要求
に応じたということにしているのだが。
 野田・前原Gをはじめとする民主党の改憲推進派も、早く憲法
改正を実現したいと考えて<しかも、できれば自分たちの手で、
改憲を実現したいと思い>、また改憲への動きや流れを加速
させようとしているのだ。(`´)

* * * * *

 特に民主党内では、党内の憲法調査会長だった前原氏が、今年
5月に「来年3月を目標に憲法改正案を取りまとめたい」と改憲
への意欲を示していて。
 しかも、その前原氏が、9月から党の政策を決める政調会長に
就任したことから、護憲派からは警戒感が広がっている。^^;

 ただ、民主党には、改憲に慎重or反対の議員や、小沢氏みたいに
基本的には改憲派だけど、今はその時期じゃないと考えている議員
が半分近くおり、野田&前原Gが暴走した場合、党が割れるおそれ
がある。^^;
 執行部でも輿石幹事長が改憲慎重派であることから、彼らに配慮
する形で、今回の改憲に慎重な議員を審査会のメンバーに半数
ぐらい入れることになった。
<衆院の憲法審査会のメンバーは、コチラ
 自民党からは、中谷元氏や石破茂氏をはじめ改憲に熱心な議員
がズラリ。民主党では、何と元首相&改憲派の鳩山氏が参加。>

 それゆえ、当分の間は、審査会の審議も、上の記事でも見られる
ように、お互いにけん制し合うような形で進んで行きそうな感じ
があるものの、油断は禁物だ。(**)

* * * * *

 たとえば、最近、mewが気になっていることとして、今年3月
に震災が起きてから、改憲推進派が、「憲法改正をしないと、災害
に十分に対応できない」と主張するようになっていることがある。

『講演した中山太郎前衆院憲法調査会長は、大規模な自然災害や
テロの発生時に首相は緊急事態を宣言するとの規定を設けた独自の
憲法改正試案を説明。その上で、非常事態に対応できる憲法の
あり方を衆参両院の憲法審査会などで検討すべきだと訴えた。
<産経新聞15日・全文*1>』

『国民新党・中島正純氏 震災を踏まえ、非常事態条項を憲法に
設ける議論を進めることは立法府に課された責務だ。<時事通信
17日>』 
 
 改憲派の中には、同じ非常事態でも、戦争を例に挙げると警戒感
を示す国民が多いけど、自然災害を例に出せば、理解や支持をする
人が増えるのではないかと期待している人もいるとのこと。(~_~;)

<何か震災を利用して、改憲の動きを加速させようとすること自体、
「何だかな~」と思ってしまうところが・・・。(-"-)>

 野田&前原政権は、近い将来、自民党と連立政権を組んで、一気に
憲法改正や集団的自衛権の解釈の見直しなどを行なうことも視野に
入れていることから、改憲派の動きには、常に注意をしておく必要が
あるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-20 07:38 | 憲法&憲法改正 | Trackback(1)

TPPの日米発表のくい違いは、国民を欺く出来レースかも+小沢の懸念+プロ野球

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




プロ野球の日本シリーズ・ソフトバンクvs.中日戦が佳境に
はいっている。"^_^"

 SBの本拠地ヤフードームで行なわれた1・2戦目で、中日が
連勝。これは一気に行ってしまうのかと思いきや、今度は中日の
本拠地ナゴヤドームで行なわれた3・4戦目でSBが連勝し、
2勝2敗に。
 しかも、両チームともリーグ戦、CSともそうだったのだが、
実に試合運びがうまく、監督の采配はもちろんだけど、選手たち
が自分の役割をきっちりわかって実践しようとする&できるチーム
ゆえ、ミスがほとんど出ない&大崩れすることもなくて・・・。
 今回も、試合のスコアが1・2・4線目が2-1、3戦目も
4-2と、まさに緊迫した接戦ばかり。両チームのファンは
一球一球目が離せないような緊張感あふれるゲームにハラハラ・
ドキドキではないかと察するのだが。<胃が痛くなりそう。^^;>
野球好きにもたまらないゲーム内容なのではないだろうか?(・・)
<☆には、なかなか見られないゲームかも。(~_~;)>

 中日の落合監督は、最初から接戦を予想して、8・9戦目まで
行くこともアタマに置きつつ、投手起用を考えているという話も
あったのだけど。
 勝った時も、試合終了直後には、ちょこっと笑顔を浮かべるの
だけど、何かどこか寂しげに見えてしまう感じが。(ノ_-。)
 SB側では、昨日、王さんが少年のように身を乗り出して観戦。
得点した時には、無邪気に笑って拍手をしていた姿が印象的
だった。(~~)

 プロ野球の話がらみで、もう一つ。
 今年のマーくんこと楽天の田中将大投手は、本当にスゴかった
ですね~。(^^♪<ちょっとごヒイキ。>
 今年は、最多勝、最優秀防御率、最高勝率と主要3部門の
タイトルを獲得して、沢村賞も受賞したのだけど。<防御率
1.27はキョーイ(驚異&脅威)、チーム成績から見て19勝
もスゴ杉。>
 楽天は、被災地・宮城が本拠地なので、本人もそのことを強く
意識していたとのことで、本当によく頑張ったと思うです。"^_^"
<沢村賞の選考委員会からは、試合中のガッツポーズや雄たけび
に注文がついたらしいけど、あれもマーくんの持ち味だし、本人
&ファンの活力源になっているので、OKじゃないかな~?(・・)>
 あと、日ハムのダルビッシュ投手も3部門とも本当に遜色ない
成績を残していた&7項目の基準を満たしていたので、2人とも
沢村賞をあげてもよかったのではないかと思ったです。(**)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 さて、政治の話を・・・。

 最近、このブログではTPPに関わる記事を、毎日のように
書いているのだけど・・・。
<本当は他にも書きたい話が色々あるんだけど。^^;>

 その大きな理由として、TPPに参加するか否かは国民に
とっても重大な問題であって、この件への国民の関心がどんどん
高まっていること。<このブログにも、TPP関連の検索で初めて
訪れる人が増えている。残念ながら、安保軍事系のことを書いた
時には、新規アクセスは激減する。(~_~;)>

 そして、TPPの問題は、米国との関わり方や日本の国&国民の
あり方を考える上で、非常にいい&わかりやすい材料であること
から、この件を通じて<野田政権の問題も含め>、色々と訴えて
行きたい&読んで下さる方々に考えてもらいたいと思っていること
がある。(**)

 実際、この件がTVで取り上げられるようになって初めて、
周辺の女性や若者などから「日本って、アメリカの言いなりに
なっているの?「日本のことを日本で決められない状態なの?」
「何で、あんなに反対している人が多いのに、野田は、強引に
決めようとしているの?」というような質問を受ける機会が
あったりして。<これまでは、そのようなことに気付かなかったor
考えたこともなかった人が多い。^^;>

 その中には、郵政解散総選挙の時に、小泉自民党に投票した人
がいたりもするので、内心、「何であの時に気付いてくれなかった
のよ~」と思ってしまう部分もあるのだけど。
 あの異常な小泉ブームの頃とか、何をやってもダメみたいな
感じの一方的な「XXバッシング」(麻生、小沢、鳩山、菅氏など
・・・みんな、反小泉?)が続く状態に比べれば、TVも賛否の
両方の側の言い分を取り上げてくれるようになっていることが
大きい&マシになっているのかもと思ったりもしている。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ・・・というわけで、前記事『米国は、野田発言を訂正せず&
真相は?+鹿野も野田発言を暴露+小沢と輿石が会談
』の続きで
今回もTPP関連の話から。

 mewは、先週の日米首脳会談で、米政府が『「野田首相が
「すべての物品とサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる』
と発言したと発表したこと&野田首相や外務省がそれを否定した
にもかかわらず、米国が訂正に応じようとしないことに、大きな
問題性を感じている。(**)

 米政府が、公式にそのような発表をしたとすれば、それは野田
首相&日本政府の発言として残ってしまうわけで。これから、
日本がTPP交渉の協議を行なう際に、米国や他の参加国に、
「日本政府は、すべてを交渉の対象にすると言ったではないか?」
と攻め込まれる材料になってしまう可能性が高い。(-"-)
 だから、もし本当に野田首相や政府関係者がそのような発言を
していない&そのような意図もないのであれば、きちんと米国に
それを主張し、訂正させる必要があると思うのだ。(・・)

 また、もし日本政府&野田政権が、そのような間違ったor米側
の一方的な解釈による発表を訂正させることさえできないとした
なら、TPP交渉において、日本政府は、きちんと自分たちの
主張を行なったり、それを相手に認めさせたりすることは
できないとも言えるのではないだろうか?(@@)
<「一事が万事」が最も当てはまる事例かも。>

* * * * *

 しかし、野田首相は、昨日の国会でも、自分がそのような
発言をしたことは否定しながらも、米国側に訂正を求める気は
ないと繰り返している。(ーー)

『野田佳彦首相は16日午前の参院予算委員会で、環太平洋戦略的
経済連携協定(TPP)をめぐる日米首脳会談の両政府の発表の
食い違いについて、米政府に訂正を要求したが受け入れられ
なかったことを明らかにした。その上で、米政府の発表について
「自分の発言そのものを引用していないと確認されている」とし、
今後も訂正を求めない考えを重ねて示した。

 首相は予算委で、オバマ大統領に「昨年11月に閣議決定した
基本方針に基づき高いレベルの経済連携を推進する」と伝えたこと
を説明。基本方針の「センシティブ(重要)品目に配慮しつつ、
すべての品目を自由化交渉対象とする」との文言のうち、米政府が
「すべての品目」部分のみを引用したとして、首相は「切り取る
のは問題がある」と強調。「事実確認の際に『訂正した方がいい』
と言ったが、米国側からの『われわれの解釈で書いている』との
やりとりでとどまっている」との経緯を明かした。<産経新聞
16日>』

 また、民主党の外務部会は、16日の会合で、外務省から説明
を受けると共に、米側に訂正を要求するよう求めたようなのだが。
『山口壮外務副大臣は「今、米側に訂正とか議事録からの削除を
させることは考えていない。(発言を否定した)首相の言葉が
全てだ」と述べ、理解を求めた』という。<時事通信16日>

* * * * *

 何か変でしょ?(@@)

 野田首相は、前日も問題となる部分について「(自分は)一言も
言っていない。事実関係を米側も認めた」と主張。昨日も「自分の
発言ではないことを確認した」と答弁している。
 で、訂正した方がいいと提言したものの、米国に反論された
ので、そのまま引き下がり、米国側は改めて「訂正するつもりは
ない」と言っているのである。(~_~;)

 きいた話では、首脳や閣僚の会談を行なった際は、通常、両国
の(日本だと外務省などの)事務方のスタッフが、お互いの発表
に食い違いが生じないように、双方の発言をチェックして
すり合わせのようなものを行なうそうなのだが・・・。
<12日に外務省が会談後すぐに否定コメントを出したのは、この
チェックの際に「事実関係を確認し、米国側が野田首相の発言では
ないと誤りを認めた」ということだったのかも。^^;>

 ところが、外務省の幹部は、このような説明をしているという。

『14日に自民党本部で開かれた同党外交部会では、出席した
外務省幹部が「発言がなかったことは(両国間で)確認した。修正
は求めていないし、抗議しない」と説明。さらに「例外・除外を
前提とした参加が認められないのは、交渉の前提だ」と述べ、原則
として全項目が交渉対象となるとの見通しを示し、政府内の説明の
混乱ぶりを示した』という。<朝日新聞16日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 以上の報道(他の報道も含む)を踏まえて考えると・・・

 野田首相本人は、上述の問題となる発言はしていないし、米国側
もそれは認めていると。
 でも、日本政府の誰かが<米側いわく政権メンバーの誰かが>
そのように言ったので、米国側はそれを野田首相&日本政府の発言
ととらえ、それを公式に発表し、訂正せず。野田首相もそれを容認
しているということは、完全に出来レースであった可能性がある。(・・)

 野田首相は、与野党の反対派に配慮して、オモテ向きは本人は
何も言わないという形をとったものの、ウラで政府or政権関係者の
誰かが米国政府に日本側の考えを伝えるという手段を用いて、
米国側とこそっと合意&野田首相も容認。
 そして、国民の目を欺くような方法で、昨年11月、菅内閣で閣議決定
した包括的な経済連携に関する基本方針を勝手に変えてしまい、その
方針でTPP交渉に参加しようとしている可能性が大きいのだ。(ーー)

<昨年11月の閣議決定の内容は、コチラに。菅内閣は「センシ
ティブな品目について配慮を行いつつ」と明記&同じ書面の中で
農業への影響を懸念し、その対応などについても記している。
ちなみに「sensitive」は「ビミョ~な」という感じの言葉なの
だけど。ここでは、外部の影響を受けやすい、繊細な、要注意の
というような意味で使われていると思われる。(・・)>

* * * * *

 実際、野田首相は、前日に「国民皆保険の制度や農業は守る」と
言いながら、昨日の国会では、それらの品目を交渉範囲から除外
するネガティブ・リストの作成を否定。
 また、「気をつけなければいけないのは、保護主義の台頭です。
だからこそ、こういうときこそ、自由貿易を推進するという意味
で、日本はイニシアチブを取っていかなければいけない」と、
日本が主導して自由主義を推進して行くことに意欲を示し、まさに
新自由主義者らしい一面を披露。
 そして、前原政調会長が提言していたTPP交渉のための省庁
横断の対策チームを設置したいという考えも明らかにした。(-"-)
<関連記事*1>

<保護主義の台頭を許さないというのは、TPP反対&推進派
のこともアタマに置いて、言っていることなのかしらん?^^;>

 このまま野田&前原Gが国政の実権を握っている限りは、完全に
TPP参加&全てを交渉対象にする方向で突っ走って行くことになる
し。米国の要求も、次々と受け入れて行くに違いない。(-"-)
<それが彼らの政治信念&喜びであり、それが日本の国益に
かなうと思いこんでいるのだから、尚更にタチが悪いのよね。>

* * * * *

 昨夜、小沢一郎氏が若手議員との会合で、こんな懸念を示して
いたという。

『民主党の小沢一郎元代表は16日夜、都内のレストランで自らに
近い同党の若手議員5人と会食した。
出席者によると、小沢氏は野田首相がTPP交渉参加を表明した
ことに関連し、「首相は外交交渉の経験も実績もないので、国民
生活を守る準備なしに交渉に参加してしまうと、米国の都合の
いいようにされてしまう」と述べ、懸念を示した。

 また、党内のTPP慎重派が一時、離党も辞さない構えを見せた
ことについて、「いまは動くタイミングではない。実際に動くの
であれば(離党者で)多数派を作ってからでないと厳しい」と
語った。<読売新聞16日>』

<全文&関連記事は*2にアップするが。小沢氏は「年が明ければ、
選挙の空気が強くなる」と、解散総選挙に発展する可能性も示唆
していたという。>

 「米国の都合のいいようにされてしまう」という懸念は、まさに
「その通り!」という感じなのだけど。
 動くタイミングについては、「う~ん」と思ってしまうところも
ある。(-"-)

 この件は、また改めて書きたいと思うのだが・・・。
 mew的には、もうそんな悠長には構えていられない&2013
年の任期切れの時期どころか、もう来春までも待っていられないと
いう心境に陥っているのだ。(-"-)

 というのも、もしこのまま野田政権が続けば、TPPの問題だけ
ではなく、早ければ年内にも米国の要求に応じて、普天間基地移設
を強引に推進、武器輸出(禁止)原則の見直し、PKO法の改正
(武器使用基準の緩和、集団的自衛権の解釈変更)などなど、
日本の国&国民がトンデモない方向に持って行かれてしまうおそれ
が大きいからだ。(ノ_-。)

 そして、基本的には短期で首相がコロコロ代わるのは避けるべき
だと思っているものの、日本がアブナイ道に向かって突進するのを
阻止するには、やはり野田&前原政権は、早く終わらせるべきでは
ないのかという気持ちが日に日に強くなっているmewなので
あった。(@@)
                  THANKS

 【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。




 

More
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-17 10:31 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

小沢、石原がTPP交渉に警告but早くも米の要求が+普天間、参院議長+エリ女

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今日は、午後4時から北朝鮮で、サッカーWCの三次予選、
日本代表vs.北朝鮮戦があるのよね~。p(*^-^*)q がんばっ♪

 一昨日、JRAで牝馬GIのエリザベス女王杯が行なわれ、英国
から来たスノーフェアリーwithムーア騎手が優勝。同GIの2連覇
を果たした。(*^^)v祝

 2位は、秋華賞を制した3歳のアヴェンチュラがクビ差ではいり、
力があるところを見せた。夏の休養後、なかなか闘争心が戻らず
心配されていたアパパネも、まだ本来の走りとは言えないが、
ちょこっとスイッチがはいったようで3位に。
 mewの応援馬ホエールキャプチャも4位と頑張った。(~~)
 今年の牝馬3冠は確実だと言われながら、骨折のために戦線を
離脱。このレースで復帰したレーヴディソールは、まだ調教が
不足しているようで後半バテてしまい、11位に終わった。

 それにしても、スノーフェアリーの強いこと。前日に「去年と
同じような走りをされたら、あっさり2連覇しちゃうかも」と
言っていたのだが。直線にはいって、ギアチェンジをした途端、
牝馬とは思えない迫力ある走りで、あっという間に他馬を抜き
去り、着差以上の強い勝ち方だったですぅ。(@@)
<でも、馬はかなり疲れたようで、JCは出走回避することに
したらしい。>

 実力馬3頭で決着した割には、三連単が90倍以上ついて
馬券的にはおいしいレースになったのだが。
 mewは、前日、候補に挙げていた上位4頭が1~4位に
なったので、翌日に「馬券とったでしょ。三連単も行けたん
じゃない?」と言われたのだが。実は、レースの少し前から
ウトウト寝てしまい、馬券が買えなかったのよね~。(>_<)
 しかも、ばんえい競馬では、応援している10歳牝馬の
際フクイズミがお休みモードだったので、ドッカ~ン。^^;
<牝馬では、コマクインもごヒイキ。目の周りが逆パンダみたい
に白くて、ちょっとロバ顔で、かわいいんだもの~。"^_^"> 
 でも、その分、夜の高知競馬で頑張ったですぅ。(**)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 最初に、昨日、西岡武夫前参院議長の逝去に伴い、民主党の平田
健二氏(現・参院幹事長)が新しい参院議長に決まった。
 
 野田首相が西岡氏の後任について、「公正中立に(国会を)運営
される方を選ぶということにつきる」<読売5日>と語っていた
のを見て、「野田くんも、やっぱ、公正中立性に問題があると
思っていたのかな~」と思ってしまったのだが。

 平田氏は、新進党(民社系)出身。今も民社系の川端Gに属して
いるものの、輿石氏と共に参院を束ねて来た人ゆえ、参院Gと
言ってもいいかも知れない。^^;
 結構ズバズバとものを言うことがあった人ゆえ、議長として問題
発言だけには気をつけて欲しいな~と思ったりもするのだが。
<ただ、小沢一郎氏の秘書が西松事件で逮捕された時には、国会で、
「真実は必ず明らかになり、秘書の潔白、無実が証明されると確信
している」と発言したことがあったりしたのよね。>
 是非、公正中立な立場で、ねじれ国会をうまくリードしたり、
参院の選挙改革を進めて欲しいと願っている。(・・) 

* * * * *

 また、平田氏の後任の参院幹事長には、mewごヒイキ&東京都
選出である小川敏夫氏が就任することになった。"^_^"
 こちらは、一応、菅G所属なのだが、小川氏自身、かなり平和、
リベラル志向である上、正義感が強いことでも知られている人。

 また同氏は裁判官→検察官→弁護士と3つの法曹を全て経験して
いる希少な人で。小沢氏の秘書が逮捕された時には、検察のやり方を
批判していたほか、検察が報道機関に情報をリークしている可能性
があるとして、「捜査情報の漏洩問題対策チーム」を発足させ、
その座長を務めたこともあった。 
 もともと民主党の参院は、衆院に比べてハト派が多いだけに、
野田政権のタカ派化を食い止めるべく、参院サイドから頑張って
くれるといいな~と大きな期待をしている。(**)

<輿石氏&小川氏の2人の幹事長とも、憲法9条改正&集団的
自衛権の解釈の見直しに反対の立場なのは、mewにとって
チョット心強い感じも。(・・) maehara ni makeruna~>

どうも輿石幹事長が、野田首相らに迎合しているように見える
ところがあるので<もともと、よく言えば現実的、悪く言えば
タヌキっぽい面があるからな~>、小川氏には、時には「それは
輿石さんの今までの考え方とは違うんじゃないですか?」と、
輿石氏を引き止める役目も果たして欲しいと思ったりもする。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

話は変わるが・・・。

  昨日、野田首相が、APECが行なわれたハワイで、記者会見を
行なった。<会見全文はコチラ首相官邸に。>

『野田佳彦首相は13日夕(日本時間14日午後)、アジア太平洋
経済協力会議(APEC)首脳会議の終了後、ホノルル市内で記者
会見した。首相は環太平洋経済連携協定(TPP)について
「(日本の)協議入りに歓迎の意を表明された。アジア太平洋地域
の活力を取り込んでいくべく、経済外交を推進する」と述べ、交渉
参加に強い意欲を示した。<朝日新聞14日>』

 首相は、「参加に向けて協議にはいる」という曖昧な表現に
ついて質問され、『すべて言葉は同じであり、それ以上でもそれ
以下でもなく、そのまま受けとめていただきたい』と主張。
 そして、『今後のプロセスについては、関係国との協議を開始し、
各国が我が国に求めるものは何かということをしっかり把握、情報
収集し、十分に国民的議論を経た上で、あくまで国益の視点に
立って、TPPについての結論を得る、というプロセスである。』
と説明した。 <発言は、官邸HPより>

 また消費税に関しても『消費税率を2010年代半ばまでに
10%に引き上げる準備法案を来年1月召集の次期通常国会に提出
する方針であることに関し、「提出する以上、成立に全力を尽くす
のが基本的な姿勢だ」と述べ、会期内の成立を期す考えを表明した。
 首相は、消費増税をめぐる民主党内の異論について「消費税増税
自体に反対しているわけではない。その前に経済の好転など条件を
言っている。丁寧な議論をやっていくことが大事だ」と述べ、年末
の税制改正に向けた党内調整に自信を示した。<時事通信14日>』

 もう半ばTPPに参加表明した後で、今さら情報収集がどうの、
国民的議論がどうのって言われてもね~。(-"-)
 ホント、『消費税もTPPも、順番が違う! 』のよね。(`´)>

 それに野田首相らが考える「国益=国家&日米同盟の利益」と
一般国民の考える「国益=国民の利益」にはズレがあるように
思われるだけに、野田政権に今後の判断を任せたくないという
思いが日に日に募ってしまう。^^;

* * * * *

 野田首相のTPP発言などに関して、小沢一郎氏は岐阜市で
開かれた会合でのあいさつの中で、このように語っていたという。

『小沢元代表は、政府がTPPの交渉参加に向けて協議に入ること
について「TPPに対応する国内の態勢が、きちんとできている
のかという心配や、国際社会の中で、特にアメリカと対等の交渉を
して、ちゃんと国民の利益を守れるのかという心配がある」と述べ、
懸念を示しました。

 また、小沢氏は消費税率の引き上げについて「政権交代のときに
『こうします』と言った約束や責任をきちんと果たすなかで、
初めて理解されることであり、選挙で国民に一生懸命訴えた初心は、
決して忘れてはならない」と述べ、増税の前にむだの削減などで、
努力する必要があるという考えを示しました。

 さらに、小沢氏は今後の政治活動について「今日の政治状況を
見ると、本当にこのままでは日本の将来は大変だという気持ちで
いっぱいだ。日本の政治をしっかりとしたものにすることが、
いまだ私が果たしえない夢であり、これを夢に終わらせないために、
レールだけでも敷いていきたい」と述べました。<NHK14日>』

* * * * *

 また、石原都知事もこのような警告をしている。 

『自身はTPP参加には反対の立場だが、「日本はどういう情報
を持ち、どこまで相手の手の内を読んでいるのか」と疑問を呈した
のだ。
 かつて閣僚を務めた石原氏は「政府関係の情報は、主な政治家の
プライベートな情報も全部(米国に)流れてる。私なんかもちゃん
と把握されてますよ」と指摘。
 「こっちはカード全部開いて、向こうは伏せて勝負している
ようなもの」とポーカーに例え、「そういう状況の中での交渉は
とっても危ない。今の政府はどれだけ認識しているのか」と警告
した。<産経新聞13日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 そうなのだ。もし日本の政府が、米国が相手であれ、どこが
相手であれ、対等な立場で交渉の席について、自国民の生活や利益
を第一に考えた上で、言うべきことを言えるのであれば、日本の
国民の多くは、TPP参加に関して、ここまで懸念することは
なかったのではないかと思うのだけど・・・。

 日本政府は、自民党政権下では、それができずに来たし。民主党
政権に代わっても、米国の要求に従わない首相など<小沢、鳩山、
菅氏など>は、次々と排斥されてしまっているわけで。(-"-)
 しかも、野田&前原政権の閣僚や役員、政府の官僚たちの中には
米国に従うのが当然のようにとらえている人が多いだけに、尚更に
危惧感が大きくなってしまうのである。(~_~;)

* * * * *

 案の定、米国側は早速、アレコレと日本に要求をし始めていて、
野田内閣は早くも押し込まれている様子。

『すでにカーク米通商代表は11日の記者会見で、事前協議の議題
の例として、米国産牛肉と自動車の市場開放、日本郵政への優遇
措置の三つを指摘した。具体的には、月齢20カ月以下に限定して
いる米国産牛肉の輸入規制撤廃▽燃料電池自動車など新技術を採用
した製品の安全規制手続きの明確化▽政府が出資する日本郵政の
簡易保険などと民間の対等な競争条件確保が焦点となるとみら
れる。<毎日新聞15日>』 詳しい関連記事 *1に

 藤村官房長官も、それを認める発言をしていたようだ。^^;

『藤村修官房長官は14日、米国が日本のTPP交渉参加に向けた事前
協議で牛肉輸入制限と郵政、自動車市場への参入障壁の3分野を
取り上げる考えを示したことについて「全て話し合っていかないと
いけない」と述べた。<時事通信14日>』
http://mewrun7.exblog.jp/16357655/
 郵政&かんぽマネーを狙っている米国は、民主&国新の連立与党
が郵政民営化の見直し法案を提出しようとしていることを警戒し、
小泉式の郵政民営化体制を維持するように強く求めているとのこと。
<関連記事・『「日本が主権を訴えるのは、50年早い」と考える
政権の、米国隷属政治を阻止すべし』>

 野田&前原Gは、当時も郵政民営化には賛成の立場だったので
<石原都知事の指摘にもあるように、そのこともわかっていて、
早速、言い出したのかも>、米国の要求を応じてしまうかも?^^;

 でも、もしここで野田政権が、見直し法案を反故にしたら、
国民新党の亀井代表が黙ってはいるはずはなく、今度こそ、
連立解消を言い出す可能性があるだけに、これも日米間&与党内
でもめるネタになりそうだ。(-"-)

<TPPには積極的な自動車業界も、今後の成長が見込める燃料
電池自動車に関して、米国がアレコレ言い出していることに警戒
を示しているようだ。(~_~;)>

* * * * *
 
 今回の日米首脳会談では、野田首相がオバマ大統領に、辺野古
移設を推進するために評価書を出す意向を伝達。
 オバマ大統領は、「解決へさらに前進することを期待する」と
ハッパをかけられたようなのだが・・・。^^;

 沖縄県議会は14日、それを拒む決議を行なったという。(・・)

『沖縄県議会は14日、臨時会を開き、米軍普天間飛行場(宜野湾
市)の同県名護市への移設に向け、政府が年内に県に提出を予定
している環境影響評価書について、提出を断念するよう求める
意見書案を全会一致で可決した。一川防衛相は、提出の前提として
地元の理解が必要との認識を示しており、今後の手続きに影響を
与える可能性もある。

 採決は、移設を容認する名護市選出の吉元義彦議員(自民)が
欠席する中で行われた。意見書では評価書提出について、「県内
移設に反対する市町村長や県議、県民の総意を無視するもので
看過できない」としている。記者会見した高嶺善伸議長は「地元の
合意は得られておらず、年内提出を断念してほしい」と述べた。
<読売新聞14日>』

 これも毎度ながら書いてしまうことなのだが・・・。
 米国の強い圧力や、日本の保守タカ派政権の強引な施策に打ち
勝つには、沖縄県民の思い&抵抗を、日本全国の国民が後押しを
することが求められることは言うまでもない。(**)
 そして、まさに今、辺野古移設の件が正念場を迎えつつある
だけに、是非是非、国民の皆さんの理解&サポートをお願いしたい
と思うmewなのだった。(@@)

                 THANKS

 【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


 

More
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-15 07:07 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

野田はTPPこうもりになるのか?~曖昧発言で、米国からも反対派からも信用されず+フィギュア

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 先週から、フィギュアGP第4戦のNHK杯が札幌で開催されて
いるのだが。
 女子は、鈴木明子が総合で優勝(SP1位、フリー2位)、浅田
真央が2位(SP3位、フリー1位)になった。(*^^)v祝
 2人の総合点の差は、わずか1.69点。浅田真央は今季、初の
国際大会で、復調の手ごたえをつかんだのではないだろうか?
<尚、荒川静香の振り付けで注目された石川翔子は、残念ながら
10位に終わった。>

 鈴木明子は、今年26歳ながら、まだまだ進化しているという
感じが。SPでは、(本人いわく)生まれて初めて試合で3-3
回転のコンビを成功させて1位に。フリーでは、後半、ジャンプに
ミスがあったものの、成熟した各要素の技術&滑りに加えて、観客
を魅きつける術を身につけつつあるようにも思えた。
 スケート・カナダで2位にはいっているため、今回の優勝で
早々とGPファイナル進出が決まった。(・・)

<SPの「ハンガリアン・ラプソディ」はいいプログラムかも。
ちなみにフリーは、「喜歌劇『こうもり』の序曲」なのだが。
今日のタイトルは、そこから思いついた。^^;>

 浅田真央は、昨日のSPでは、まだ何か自信なさげに、慎重に
滑っている感じがあって、3位に終わってしまったのだが。フリー
は、昨シーズンに引き続き「愛の夢」を滑ることにしたので<昨季、
納得行く演技ができなかったので、改めて、この曲で頑張るとの
ことで>滑りの面でも、精神的にも余裕を持てたところがあった
かも知れない。
 真央ちゃんは、いい成績を残していた時も含め、毎シーズン、
あまりスタートがよくないタイプで。初戦となった今回も、SP、
フリーとも結局、3アクセルは回避したのだが。でも、今回は
フリーを滑り慣れた曲にしたことが効を奏し、他のジャンプや
要素は、かなりいい出来でフリーは1位に。本人も滑り終わった
あと、何度も「うん、うん」と頷くような納得行く演技ができた
ようだ。"^_^"
<でも、メイクの仕方が、相変わらず東ちずるっぽくなって
しまうのが、どうしても気になっちゃうmew。(~_~;)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 さて、前記事『野田が、鹿野攻略&玉虫色表現でTPPの決断
を表明&米要人に褒められご満悦
』のつづきを・・・。

 野田首相は、11日の夜の記者会見で「TPP交渉参加に向けて
関係国との協議に入ることにした」と自らの決断を発表したのだが。

 何とかその場しのぎをせんとして、推進派には「参加表明をした」
反対派には「参加表明ではなく、あくまでも事前協議を行なうだけ」
と、どちらにでも受け止めることができるような玉虫色の曖昧ミ~
な表現を用いたことから、早くも政府与党内で混乱が生じ始めて
いる上、米国などからも信用を得られない状況になっている
ようだ。(@@)

 そして、mewは、もしかしたら、野田首相がイソップ寓話の
「卑怯なこうもり」になりつつあるのではないかと思うところが
あった。^^;

<獣の一族と鳥の一族が争っていた時に、こうもりが、獣たち
には「自分は獣の仲間だ。毛皮や牙がある」と、鳥たちには
「自分は鳥の仲間だ。翼がある」と言って、その時々で有利な方
にすり寄っていたことが後からわかり、どちらからも信用を失って
仲間はずれにされたというお話。> 

* * * * *

 野田首相は、昨日、APEC首脳会合に出席するため、ハワイに
向けて出発したのであるが。
 その前から、関係閣僚会合に出席するために先乗りしていた
玄葉外務大臣や枝野経産大臣は、野田首相の会見での発表を受けて、
みんなが集まる会合で、早速、そのことを報告。また、米国を
はじめTPPに参加予定の各国の閣僚などに、「日本は、TPP
参加に向けて、関係各国と協議にはいることに決めた」と伝えた
という。 
 玄葉大臣らは、「TPP参加」を前提に語っているようなところ
があり、記者団の前でも、「各国とも歓迎すると言ってくれた」
と、と~っても嬉しそうに語っていた。(・・)  (関連記事*1)

 でも、米国をはじめ参加各国は、野田首相が曖昧な表現の会見
を行なったことや、日本国内で反対派が勢いを増している状況を
知ってか、日本政府が本気でTPPに参加する気があるのか、
疑ってかかっているところがあるようなのだ。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 昨日、朝日新聞に『TPP、首相さっそく厳しい洗礼 加盟国
会合招かれず』という記事が載っていた。

『オバマ米大統領が12日朝にホノルルで開く環太平洋経済連携
協定(TPP)交渉9カ国の首脳会合に、野田佳彦首相が招待
されない見通しであることが11日わかった。9カ国が積み上げた
交渉の成果を大枠合意として演出する場に、交渉参加を表明した
ばかりの日本は場違いとの判断が背景にあるものとみられ、TPP
交渉の厳しい「洗礼」を受ける形だ。

 日本政府の一部には、野田首相がアジア太平洋経済協力会議
(APEC)首脳会議前に「交渉への参加」を表明すれば、TPP
首脳会合にも招待される可能性があると期待があっただけに、落胆
が広がっている。TPP交渉を担当する日本政府高官は「日本(の
出席)は少し違うということだろう」と語り、現時点では、出席
できない見通しであることを認めた。

 昨年11月に横浜であったAPEC首脳会議の際にも、TPP
関係国の首脳会合が開かれ、当時の菅直人首相がオブザーバーと
して招かれ参加していた。<朝日新聞12日>』

* * * * *

 米国のカーク通商代表も、記者会見で、このような発言をして
いたという。

『日本がTPP交渉への参加に向けて、関係国と協議入りを表明
したことについて「歓迎すべき動きだ」と述べ、今後の日米間での
具体的な協議の開始に期待を示しました。
ただ「日本のみならずTPPに加わりたいという国は高いレベル
での貿易の自由化を目指さなければならない」と述べたうえで、
アメリカ産牛肉の輸入制限など、アメリカがかねてから求めている
規制の緩和についても2国間で協議していく考えを示しました。
<NHK12日>』

『カーク代表は「交渉参加にあたって、日本はTPPの高い基準を
満たす用意をしなければならない」と強調する。米国は従来、日本
にさまざまな分野で市場開放を求めており、非関税障壁も含め、
農業、サービス、製造業の各分野で「市場参入を阻む障壁に対処
すべきだ」とくぎを刺した。<産経新聞12日>』

 日本国内では、今でもTPP参加に反対・慎重の議員や国民が
半分近くを占めているし。関係各国との協議にはいったとしても、
日本に不利益な対象は外すように交渉すべきだとか、問題があれば
途中で撤退すべきだという意見が多い。

 でも、米国は、日本のそのような曖昧な姿勢を許容する気は
なく、あくまで、日本が本気で全面的にTPPに参加すること
を求めているのである。(-"-)
 そして、米国の求めるような貿易自由化や規制緩和のレベル
をクリアしようとする意欲を示せと。そうでないなら、米国は、
日本の参加を認める気はないと、早くも強い圧力をかけて来て
いるのだ。(~_~;)

* * * * *

 野田首相&閣僚らは、米国などのそのような圧力を十分に感じて
いる様子。
 首相は、昨日、APECに向けて日本を出発する際にも、
改めてTPP参加の事前協議を表明することに前向きな姿勢を見せ、
『「貿易投資の自由化を推進し、アジア太平洋地域の経済統合を
進めることは、この地域の活力を日本が取り込む上で大変有益な
議論だ」と、その意義を強調した』という。^^;<毎日新聞12日>

 また、『党執行部側からは12日、首相会見を「参加表明」と
みなす発言が相次いだ。樽床伸二幹事長代行は神戸市内での講演
で「関係国と協議に入る」という首相発言に関し、「協議に入る
のは当たり前」と指摘。「守るべきところは守って、推進すべき
ところを大きく主張し、国益を実現していく」と交渉参加を前提
に意義を強調した。

 党プロジェクトチームの鉢呂吉雄座長もテレビ東京番組で、
「首相は『交渉参加に向け』と明瞭に言った。方向付けはしっかり
している」と強調。さらに、「関税を下げる代わりに税金で農家の
所得を補償する議論が必要だ」と述べ、今後の具体的な課題を
挙げた。<産経新聞12日>』
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 他方、日本国内では、TPP反対&慎重派が、野田首相の発言
は、TPP参加を前提にしたものではないのだとアピールすること
に必死になっている。

 昨日、反対派のリーダー格である山田前農水大臣が、
こんな発言をしていたという。

『民主党の山田正彦前農林水産相は12日、長崎県大村市で記者
会見し、野田佳彦首相が環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加
方針を表明したことに関し「報道では『参加に向けて』(という
首相の言葉)が『参加表明』になっているが、正しくない」と
述べ、11日の首相の記者会見は正式な参加表明ではないとの認識
を重ねて示した。<時事通信12日>』

『慎重派の山田正彦元農林水産相は長崎県大村市で記者会見し、
「首相は交渉参加と言っていない」と訴えた。理由として、「鹿野
道彦農水相が首相に『参加を前提としない事前協議だ』と確認した」
と述べた。首相が参加を明言した場合については「『慎重に』との
党の提言に反する。首相に明らかにしてもらう」と述べ、党議員
懇談会で追及する考えを示した。<産経新聞12日>』

<mewは、前記事で、野田首相は、農水系の議員や団体との
つながりが深い鹿野農水大臣をいかに押さえるか(理解と協力を
得るか)をポイントとして考えていたのではないかと書いたの
だが、その推論は多少はミートしていたようだ。(・・)>

 また、野田首相は11日の会見で、反対&慎重派に配慮して、
『私は日本を心から愛している。母の実家は農家で、母の背中の
かごに入れられながら、のどかな農村で幼い日々を過ごした光景
と土のにおいが私の記憶の原点にある』と語ってみせ、TPP参加
の事前協議で『世界に誇る日本の医療制度、日本の伝統文化、
美しい農村、そうした物は断固として守り抜く』と強調している。(・・)

* * * * *

 でも、実際のところ、反対派の議員の一部や諸団体は、野田
首相は、TPP参加を前提に昨日の会見を行なったのではないか
と考えている。(-"-)

『全国農業協同組合中央会(JA全中)の万歳(ばんざい)章会長は
11日夜、都内で記者会見を開き、野田首相のTPP交渉参加方針
の表明について、「わが国の将来に大きな禍根を残す。断固として
抗議する」と述べた。
 今後、消費者団体や日本医師会などと連携し、交渉参加を断固
阻止するための運動を展開するという。
 また、全国漁業協同組合連合会(全漁連)の服部郁弘会長は同日
夜、「十分に議論も行われずに交渉参加を強引に決定したことに
強く抗議する」とのコメントを出した。<読売新聞11日>』
  
 この他にも、全国の農業、医療、その他TPPの対象となる分野
の関係者から、次々と批判や疑問を呈する声が出ている。(・・)

 また、山田前農水大臣らの反対&慎重派の議員らが、体よく野田
陣営に取り込まれているのではないかとか、最初から出来レースで、
本気で阻止する気はなかったのではないかと疑念を投げかける
ような声まで出ている始末だ。^^;

 結局、野田首相は、米国や推進派にはTPP参加の意欲を示し、
反対・慎重派にも配慮を示し、どちらにもいい顔をして、何とか
その場をしのごうとしているわけで。
 その姿は、「卑怯なこうもり」に近いものがあるのだ。(@@)

* * * * *

 ただ、野田首相の真意は、意外に早くにオモテに出るかも
知れない。(・・)

 今、推進派も反対派も注目しているのは、野田首相がオバマ
大統領との会談や首脳会合の場で、TPP参加に関して、果たして
どのような表現を用いるのかということだ。
 米国との間で、よほどうまく根回しができていない限り、米国は
もっと直裁的な表現で、TPPに本気で参加する気があるのか否か
の回答を迫るのではないかと考えられるからだ。^^;

<その根回し&ご機嫌とりのために、玄葉外務大臣がハワイで
早速、米国産牛肉の輸入基準緩和の意向を示したり、一川防衛
大臣が12日に沖縄入りして、県知事に辺野古移設の工事を
進めるための評価書を年内に提出することを伝えたりしている
んだけどね。^_^; *2>

 もし野田首相がハワイで、米国や他の参加国の首脳や閣僚に、
「TPP交渉への参加」を明言すれば、国内の反対&慎重派は
黙ってはいまい。(`´)
 民主党内では、野田首相の帰国後、すぐに両院議員総会の開催
を行なうように要求し、その場で首相を追及する可能性が高いし。
下手すれば、離党騒動や党内を二分するような対立が始まったり、
「野田おろし」の動きに発展する可能性も十分にある。(・・)

 先日も書いたように、野田首相にとっては、まさに進むも地獄、
引くも地獄の状態になっている感じがあるのだけど。
 もし野田首相が、卑怯なこうもり(卑怯などじょう?)だと判明
すれば、米国や推進派からも、反対・慎重派からも・・・ひいては
日本の国民の多くからも早々に見放されることになるのではない
かな~と思ったりもするmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-13 06:06 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

消費税もTPPも、順番が違う!~野田政権は、民主主義も壊す+テニス

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ
<人気ブログRは、クリックが全て反映されない状況が続いています。
記事の最後にあるリスさんバナーの方が反映率が高いのでは?との
ご指摘を頂いているので、応援して下さる方は、できるだけ、そちらを
クリックして頂けると幸いです。m(__)m>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




今回は、テニスの話から・・・。

 スイス室内で、世界1位のジョコビッチを破って決勝に進出した
錦織圭(21)は、元王者&錦織が憧れているフェデラーと対戦。
この大会を過去4度優勝しているフェデラーに、6ー1、6-3
のストレートで敗れ、ツアー大会2回めの優勝はならなかった。
 でも、世界ランキングの方は、32位から24位に上がり、
目標のベスト20まであと一歩のところまで来ている。"^_^"

 また、先週、フランスの下部ツアーで優勝したクルム伊達公子
は、今週は台湾で下部ツアーに参戦して決勝に進出。決勝は、
伊達vs.森田あゆみの対戦となり、森田が2-0で勝ち優勝
をした。(*^^)v祝
 森田はランキングが47位に浮上。そして、伊達は100位。
左手の骨折のため、大きくランキングを落としていたのだが、
ようやくTOP100位に返り咲くことができた。(~~)
 今年は、もう一大会、日本での下部大会に出場する予定だとの
こと。最後までp(*^-^*)q がんばっ♪です。

 もう一つ、杉山愛ちゃん(36)が、6歳年下の会社員との
結婚を発表した。(*^^)v祝
 2年前、現役を引退して2週間後に、友人の紹介で出会った
とのこと。ダブルスが得意で、全英などでも優勝&世界ランキング
1位になったこともある愛ちゃんは、「私はダブルスのパートナー
を見つけるのがうまかったので、『よしっ』という感じです」と
満面の笑みで喜びを語っていたとのこと。お幸せに。(~~)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~
 
 昨日から、衆院の予算委員会が始まった。

 ちらっとTVをつけた時、ちょうど消費税に関する質疑が
行なわれていたところだったのだが・・・。

 野田首相は、先週、G20で、日本の財政再建策として
「2010年代半ばまでに消費税率を10%に引き上げる」と
国際公約を行ない、来春までに法案を提出すると発言。
 また、解散総選挙について「法案が通った後、実施の前に信を
問うやり方にしていきたい」と語ったことに、野党だけでなく
与党からも疑問や批判の声が呈されている。(-"-)

 mewは、消費税率のアップには基本的に賛成の立場なの
だが。<ただし、課税対象や使途に条件がある。>

 ただ、まだ法案の内容も決まっていないのに、「先に結果
ありき」で、G20の場で国際公約を行なうことは、やはり
おかしいと思うし。
 ましてや、法案が成立してから民意を問うという野田首相
の考えに対しては、「順番が違うだろ~!」とツッコミたい
ような気持ちだ。(`´)

 先に国際公約を行ない、さらに法案を成立させてから、解散
総選挙を行なって、国民が批判票を投じ野田民主党が政権の
座を失ったところで、自民党も消費税増税には賛成の立場ゆえ
法律が完全に廃案になるor大幅修正される可能性は極めて低い
わけで。
 前記事に書いた野田会見後にTPPの国会審議を行なうのと
同じで、ほとんど「意味ないじゃ~ん」ということになる。(-"-)

<財務省にしてみれば、誰が首相であれ、どの政党が与党で
あれ、自分たちの思い通りにコトを進めさせることができる
ので、「しめしめ」というところだろうけど。(ーー゛)>

* * * * *

 しかも、野田&前原コンビは、TPP参加やPKO派遣も
<その際の武器使用基準の緩和や集団的自衛権の解釈変更も>、
武器輸出原則の見直しも、辺野古移設の問題などなども、
全て「結論、先にありき」。

 その大部分は、政権が発足した直後の9月に<まだ国会や
党内の議論もろくに行なっていないうちから>、先に外国の
首脳や要人とお約束したり、海外で方針を発表したりして、
いわば既成事実化して、それを実行に移さざるを得ないような形
をとる手法を用いているわけで。

 彼らが、日本の国会&国民の存在や意思などほとんどお構い
なしに、好き勝手に&強引にコトを進めようとしていることに
大きな危険性&問題性を覚えるところがある。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 実は、mewは、今年2月、消費税率アップ&選挙の時期に
関して、やはり「順番が違う」と批判する記事を書いている。
<『・・・菅内閣の消費税増税プロセスに異議あり』>

 mewは、何度もブログに書いているように、少子高齢化が
進む中、もし日本が一定レベルの社会政策(医療、福祉、年金など
の社会保障)を維持して行こうと思うのであれば、消費税の導入や
税率アップは避けられないだろうと昔から考えている。(・・)
<近時だと、『・・・消費税変更は13年以降と菅が発言&みんな
でしっかり議論を
』とか。>

 そのことは、自民党も90年代からわかっていたはずなの
だが。<94年、細川政権の小沢幹事長(当時)も、福祉目的税
として3%を7%に税率アップを実現しようとしていたしね。>
 ただ、景気低迷が続いたことや、何分にも選挙に不利になる
ことから、結局、自民党政権のどの首相も逃げ腰で、97年に
橋本政権が3%を5%に上げたのを最後に、税率は据え置きに
されたままになっているのだ。^^;

 確かに、増税は景気回復の支障になるし、無駄遣いの多い支出
の削減などの努力も必要なのだが。
 でも、このまま税率を上げなければ、もう一定レベルの社会
政策を維持することは困難になっているだけに、ここは主権者
&納税者である国民にとっても正念場で、マジで考えたり議論
したりして、決断をしなければならないところだ。(**)

<埋蔵金や支出削減は一時しのぎにはなるが、将来にわたって
安定した歳入&財源を確保することにつながらない。^^;>

* * * * *

 だから、mewは、菅直人氏が、昨年6月、首相に就任した
ばかりの参院選で「消費税の税率アップの議論をしたい」と言い
出した時には、党内やメディアからかなりの批判が出ていた
ものの、菅前首相の提言を支持していた。
<関連記事・『税金と民主主義~菅の消費税議論の呼びかけは、
選挙には不利だが、意義はあった
』>
/
 政府は、きちんと国民に現状や将来の見込み、そして消費税
を上げるor据え置きにする場合のメリットやデメリット、リスク
などについてきちんと説明し、与野党の議員や国民の間で議論を
することが必要だと思ったし。それが、責任感を持った政権与党
の為すべきことだと思ったからだ。(・・)

 そして、当時、菅前首相も語っていたように、様々な機会を
通じて、何%に上げるのか、課税対象をどうするのか、増額分
の使途をどうするべきなのかを検討&議論し、国民が理解、
納得の行くような法案を作ることが必要だと考えていた。(+_+)

<ちなみにmewは、食品などの生活必需品、一定額以下の
生活用品は課税or増税対象から外すことや、増税分は社会政策
に当てることなどが必要だと考えている。(参考までに、他国の
消費税率&食品への課税率の表がコチラに。>

* * * * *

 ただ、当初は「ともかく、まずは議論すべきだ」と主張して
いた菅前首相が、今年2月に「消費税に関する法案を11年度末
までに成立させて、それを施行する前には(選挙)国民に判断を
仰ぐ」と、上の野田首相と同じようなことを言ったことがあって。
 mewは、その時も、「それはおかしい。順番が違うだろう」
と思い、それを批判する記事を書いたのである。

 日本が、民主主義の国である以上、国や国民にとって重大な問題
は、できるだけ民意を問う必要があると思うし。<「代表なくして
課税なし」という言葉が示すように、特に大きな課税を行なう際
には、国民の判断を仰ぐことが求められると思う。>
 それに、民主党は09年の衆院選で、次の総選挙まで、消費税
を上げないと公約しているのだから尚更だろう。(・・) 

 まあ、政府&財務省にしてみれば、「そこで、NOと言われたら
マズイ」ということになるのだろうけど。^^;
 NOと言われたくなかったら、国民が理解&納得行くような説明
や法案作りをする努力を行なえばいいのである。(+_+)

 それでも、国民がNOと言った場合には、致し方あるまい。(-"-)
 ただ、その場合には、国民は自分たちの責任に置いて、消費税率
を上げないことによるリスクやマイナス面(社会政策の減退など)
を受け入れるしかないことになるわけで・・・。
 mewは、それが「真の民主主義」のあり方というものなのでは
ないかと思っている。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 mewが、野田首相がAPECでのTPP参加表明に反対する
のも、上に書いたような理由からだ。(・・)

 しかも、昨日になって、またまた新しい話が出て来たという。

『外務省は7日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、日本
では原則禁止されている医療分野の「混合診療」について、全面的
な解禁が議論になる可能性があるとの見解を示した。民主党の経済
連携プロジェクトチーム(PT)の会合で説明した。(中略*2)

 これまで外務省は、混合診療について「TPP交渉では議論の
対象になっていない」と説明してきた。だが、7日の資料では、
日米の投資環境を話し合う「日米投資イニシアチブ」の2006年
報告書で、「米国は混合診療の導入に関心を示している」と言及。
それ以降、米国は特段の関心は表明していないとしつつも、「混合
診療の全面解禁がTPPで議論される可能性は排除されない」と
指摘した。<朝日新聞7日>』

* * * * *

 日本でも、混合診療を認めるべきか否かという点については、
mewもアレコレ思い悩むところがあるのだけど・・・。
<親族が大病をした時に、その問題に直面したことがあるので。>

 これは国民の誰もが、直面する可能性のある問題なので、やはり
まずは、国民に「混合診療」の詳細や、そのメリットやデメリット
をきちんと説明をした上で、国民の声をきく必要があると思うし。
 少なくとも、国民に何も知らせないままに、政府が他国との間で
勝手に決めることには大きな問題があるだろう。(-"-)
 
 ところが、外務省はこれまで、混合診療は「TPP交渉では議論
の対象になっていない」と説明して来たわけで。
 それが、昨日になってから、「混合診療の全面解禁がTPPで
議論される可能性は排除されない」と説明を変えたのである。(`´)

 まあ、官僚の多くは、自分たちに不都合な情報は、できるだけ
隠しておきたがるものなのだが。
 このTPPに関しては、対象となる範囲があまりに広いため
(24分野にわたるとのこと)、下手すると、日本の優秀な(?)
官僚たちも、きちんと全容を把握できている人が一人もいない
ではないかと思ってしまったところもあった。
 ましてや、国会議員は・・・である。(>_<)

<大部分の国会議員は、自分が関わっているor詳しい分野に
関して憂慮して、反対しているという感じだしね。^^;>

* * * * *

 そんな中、政策調査会長代行として野田・前原コンビのサポート
役を(操り役も?)を担っている仙谷由人氏は、何とかTPP参加
を決めようと必死の様子。

 仙谷由人政調会長代行は7日、東京都内で講演を行ない、TPP
参加に強く反対をしている農協を激しく批判したという。

『農協に対しては「(JAバンクは)ゆうちょ銀行の半分ぐらいの
約80兆円の貯金がある。(JA)共済は45兆円くらいの(運用)
資産を持っている。そういう存在が、TPP交渉に参加すると
『明日にでも農業が一切なくなる』と言わんばかりのことを
わめいているのは、いかがなものか」と述べた。<産経新聞7日>』

 JA全中の会長は、1100万人のTPP反対署名を政府に
提出したばかり。
 それは、農協はリッチで資産もたくさんあるかも知れないけど。
<まさか、郵貯&かんぽマネ~の次は、農協マネ~をターゲット
にする気なのかしらん?^^;>
 TPP参加で困るのは、農協がというより、反対の署名した
それぞれの農家なのだということを仙谷氏は理解できていないの
だろうか?(-_-)

 さらに・・・『仙谷氏は「日本がグローバリゼーションのなかで、
どうやって食べていくかを考えることが重要だ。日本はこれから
アジアに溶け込んで、アメリカとの連携の下に生き抜くしかない。
野田総理大臣には、できるだけ早い機会に『交渉に参加すべきだ』
と申し上げたい」と述べました。<NHK7日>』

 この「アメリカとの連携の下に生き抜くしかない」という言葉
に、米国べったりの野田&前原政権の姿勢が全てあらわれている
と言えるのではないだろうか?(ーー)

<野田首相も今さら後に引けない状況になっているだけに、知人
の中には「それこそ、内閣不信任案を可決するぐらいしか、これを
阻止する方法はないのではないか」と言う人もいたりして。
 ホント、復興のことがなければ、それもありかと思うけど。補正
予算を早く通さないと困るし。悩んでしまうところ。(-"-)>

 何か米国に「スクイーズ(押し潰す、搾り取る)」される前に、
野田政権によって、日本の民主主義がスクイーズされてしまうの
ではないかと、嘆きたくなっているmewなのだった。(@@)

                 THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-08 06:26 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)

第11回JBC(in大井)~3戦とも直線の攻防に場内が沸く好レースに

  これは、競馬(JBC)に関する記事です。
  政治関連の記事は、できれば午後or夜にアップしたいと
思っています。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




3日、地方競馬が主催するダートの祭典JBC(ジャパン・
ブリーダーズ・カップ)3競走が大井競馬場で行なわれた。(・・)

<レースの結果・映像はコチラに。(過去の映像もあるよ~)>

 おかげさまで、正面スタンド前のグラウンドが、ほぼ一杯に
なるぐらいの入場者(3万人超)が来場。
<入場人員33,579人で第10回(船橋)比で111.5%、第7回(前回
大井)比で119.2%。>
 しかも、どのレースも場内が大きな歓声に包まれるような直線の
大攻防が繰り広げられて、いいJBCデ~になったのではないかと
思う。(~~)

 大井競馬場や場外にご来場下さった方々、SPATなどで
参戦して下さった方々、有難うございました。m(__)m
 そして詳しくは後述するが、SPATのシステム障害でご迷惑
をおかけした方には、申し訳ありませんでした。m(__)m
<勝手に地方競馬広報係としておわびいたしますです。>

 まず、JBC3競走のレースをざっと振り返ってみたい。

 まず、新設の1800mのレディス・クラシックが行なわれ、
2番人気のミラクルレジェンドwith岩田騎手が優勝。(*^^)v祝
 しかも、良馬場発表ながら、かなり表面を固めてタイムが
出やすい馬場を作り上げていた感じがあったとはいえ、勝ち時計
は1分49秒6と驚異のレコード・タイムだった。(・o・)

 従前の予想通り、直線にはいってから牝馬2頭のマッチレースに。
<2着と3着馬の差が7馬身もあったほど。^^;>
 道中、中団につけていた1番人気のラヴェリータwith武豊騎手が、
直線で抜け出して後続を突き放しにかかったところを、その後ろに
ぴったりつけてマークしていたMレジェンドが、ゴール前200m
で並びかけてデッドヒートに。結局、Mレジェンドが差し切って
3/4馬身差で勝利したのだが。牝馬2頭の直線での攻防に、観客
はJBC1レースめから大興奮。"^_^"

* * * * *

 続いて行なわれた1200mのスプリントは、最終的に1番人気
に押されたスーニwith川田騎手が優勝して、完全復活&一枚、力の
違うところを見せつけた(*^^)v祝
 こちらも、勝ち時計の1分10秒1のレコード。スーニは、
09年に続き、このレースで2勝めを飾った。(~~)

 レースは、地元・大井のジーエスライカーが思い切りのいい逃げ
を見せて、ラブミーチャンが2番手につける形に。
 直線にはいって、ラブミーちゃんが抜け出し、ゴール前200m
には、「あわや!」の場面を演出。「もしや」の夢を見たファンも
少なからずいたのではないかと思うのだけど。<ミーチャンも
ブログに書いていたけど、チョット早かったかな~?(・・)>
 そこから、セイクリムズン、ダッシャゴーゴーがミーチャンを
とらえにかかり、さらに大外からスーニが上がり35秒台と次元の
違う脚で前の3頭を一気に抜き去り、強~い勝ち方をした。(**)

 紅1点で出場した地方競馬のアイドル・ラブミーチャンも、
4着に終わったものの見せ場たっぷり。タイムも1分10秒3と
優秀で、まだ4歳ゆえ、今後の活躍がますます楽しみだ。(~~)

<ここで東京は震度3(震源は茨城M4.3)の地震が発生。
スタンドが大きくグラ~ンと揺れて、一瞬、冷えた。^^;>

* * * * *

 そしてメインの2000mのクラシックは、1番人気のスマート
ファルコンwith武豊騎手が優勝。(*^^)v祝
 こちらも従前の予想通り、逃げるSファルコンと2番手で追った
2番人気のトランセンドwith藤田騎手の一騎打ちに。

 4コーナーでトランセンドが並びかけようと動いたものの、
Sファルコンが直線で突き放しにかかって。これで態勢が決まった
かと思いきや、ゴール前でまたトランセンドが差をつめて来て、
場内では両馬&両者を応援する人たちの大きな声が。(゚Д゚)
<心なしか、JRAで不調&レディースで2着に終わったユタカ
を心情的にor馬券的に応援する声が多かったかな?^^;>

 結局、Sファルコンが1馬身差で逃げ切り。3着には3番手で
追った3番人気のシビルウォーがはいって<ちなみに、4着以下
とは2秒以上の差をつけての「大差」。馬券も馬連100円、
三連複160円、三連単250円という統一GIでは滅多に見ら
れないような固~い配当になった。^^;

<配当が発表になった時、笑い(苦笑?)と拍手がわいてたり
して。(~_~;)
 さらに、武豊騎手がインタビューで「中央でも頑張ります」と
(自虐ネタ?を)語ったので、そこでも笑い&拍手が。(@@)> 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ・・・というわけで、3レースとも本当にいいレースだったし。
<ふだんでも、3レース続けて、こんなに直線のいい攻防が
見られるケースはめったにないと思う。>
 入場者も前回より増えた&売り上げも少しアップしたので、
mew的には、それだけでかなり満足だったのだけど。"^_^"

<競走当日の売得金額は31億684万円で、前年船橋競馬場で開催
された第10回に対して126.8%となり、前回大井競馬場で開催
された第7回比では111.7%。>

 JBC3競走の売り上げは、クラシックが8億4565万で、
前年比より1割ダウンしたものの、スプリントが6億1500万
で微増。新設レディースが5億3319万あって、全体の売り上げ
アップに大きく貢献したのだけど。

 ただ、南関東4場の電話投票システムである「SPAT4」に、
システム障害が発生し、18時55分から20時19分までアクセスが
できない状態になったとのこと。(゚Д゚)
 ちょうどメインのJBCスプリント&クラシックの2競走の
馬券を発売していた時間帯だけに、売り上げ的にも大きな損失
を被ることになったし。
<クラシックの売り上げ減は上位2頭があまりに強くて、馬券
妙味がなかったこともあったけど。SPATが動いていれば、
スプリントも併せて、20%前後の売り上げ増が見込めたのでは
ないだろうか?(-"-)>
 また、折角、参戦を楽しみにしていた方々に迷惑をかけて、怒り
や失望を与えることになってしまったのは、本当に残念に思う。
 
<肝心な日に、一体、何をやってんのか? だから、地方競馬は
ダサイ、やってられないと言われちゃうのよ!(ーー゛)>

* * * * *

 また、南関ファンにとっては、地元の有力馬がほとんど参戦
しなかったのも残念なことだった。<これも、売り上げには
マイナスだったかも。^^;>

 クラシックではボンネビルレコード、レディースではツクシヒメ
やTMヨカドー、スプリントはGSライカーなどが出走して、健闘
したし。笠松のラブミーチャンが頑張ってくれたのは嬉しかった
のだけど・・・。
<mewなんて、これらの馬の応援馬券(観戦料&売り上げ貢献
目的もあり)だけで、かなり買っているからね~。(@@)>

 故障や調整中の馬は止むを得ない部分もあるとは思うけど、
JRA馬に対抗できそうなフリオーソやセレン、南関クラシック
3冠の牝馬クラーベセクレタも出走しなかったし。07年の
スプリントの覇者・フジノウェーブも出走せず。
<Fウェーブは、もう9歳で1200mGIはキツイ感じもある
のだけど、前日のマイル重賞(59kgで2着)の走りを見ると、
やっぱJBCで見たかったな~と思ってしまったです。>

* * * * *

 あと毎年、JBCや東京大賞典の前にきかれるのが「まだ、
PATでは買えないのか?」ということ。
 競馬ファンの間では、JRAの電話投票システムである「PAT」
でも、地方競馬の大きなレースを買えるようにして欲しいという声
が、以前からず~っと出ているのだけど。
 主催者&システムの違い、開催日の問題などがあって、なかなか
実現されずにいる。(-"-)

 ただ、2010年の12月に、JRAとNAR(地方競馬全国
協会)が、2012年から『中央競馬・地方競馬の勝馬投票券の
相互発売の拡大』を実施していくことを発表。
 まだ具体的なことは明らかになっていないのだけど、PAT
での地方重賞の発売、地方競馬場でのJRA重賞の発売が検討
されているとのことなので、来年は、せめて統一GIだけでも
PATで買えるようになるといいな~と願っている。(-人-)

 来年のJBCは、11月5日(月)に川崎競馬場で開催される
ことに決まった。<川崎での開催は初めて。>

 3日(祝)が土曜日で、JRAの開催日と重なってしまうこと
から、平日の月曜日に開催することになってしまったのだけど。
<それゆえ、尚更にPATで売ってくれなくちゃだわ。>
 
 来年もいいJBCデ~になるように、今から祈っている&
楽しみにしている勝手に地方競馬広報係のmewなのだった。(^^♪

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。



 
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-05 07:16 | スポーツ・競馬 | Trackback