日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

タグ:党首討論 ( 10 ) タグの人気記事



 頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


 前回の記事に書き損ねてしまったのだが。今回の衆院予算委員会の質疑時間の配分は、結局、「「与党;野党」が「5;9」という配分になった。^^;

<衆院審議の初日は自民公明の質問ばっかで、見るとこがない。^^;「ゆ党」の希望も長島が早速、安保で「安倍・麻生ヨイショしちゃうし~。(>_<)>

『与野党「5対9」で決着=衆院予算委の質問配分

 衆院予算委員会は22日の理事懇談会で、27、28両日に安倍晋三首相と全閣僚の出席を求め、7時間ずつ審議を行うことで正式合意した。焦点の質問時間配分は与党5時間、野党9時間とすることで折り合った。この配分を「先例としない」ことも申し合わせた。
 与野党の配分をめぐり、与党は「5対5」、野党は「2対8」を主張していた。ただ、15日の衆院文部科学委は与野党「1対2」で折り合っており、予算委では野党が譲歩を強いられた格好だ。

 理事懇後、与党筆頭理事の菅原一秀氏(自民)は記者団に「今までの2対8から一歩前進した」と評価。野党筆頭理事の逢坂誠二氏(立憲民主)は「質疑をしないといけない、質疑時間を確保したい、という思いが交錯する中である種、仕方のない結論だ」と述べた。(時事通信17年11月22日)』

 それにしても、自民党のご都合主義には呆れざるを得まい。_(。。)_

 自分たちが野党時代に「2:8」に変更させておきながら、衆院選で3回勝って、しばらくは安定政権が維持できると思ったら、今度は「与党の質疑事案を増やせ」と来るし。^^;
 野党が譲歩しなければ、国会の審議を開かないかのような態度をとるし。<安倍内閣は審議を開かない方が嬉しいんだもんね。(-"-)>

 来年の国会運営も思いやられてしまうのだが。このように自民党が付け上が・・・驕りを抱くようになったのも、全ては国民が自民党を何度も圧勝させているからであって。
 安倍官邸&自民党に言わせれば、これも「民意の反映」(mewいわく「国民のせい、自業自得」ということになるのだろう。_(__)_

* * * * *

 ちなみに、今年は2000年に「党首討論」制度が始まってから初めて、1回も党首討論行なわれないまま国会が終わることになるという。(~_~;)

『<党首討論は2000年、国会審議を活性化するため英国議会の「クエスチョンタイム」をモデルに導入された。同年は最多の8回開催。12年11月には当時の野田佳彦首相が自民党の安倍晋三総裁に「(衆院)解散をする」と宣言する場面もあった。ただ、13年以降は多くても年2回で、今年の通常国会は初めて開催がなかった。(時事11・25)』
 
 安倍首相は、モリカケ問題などがあるだけに、できるだけ党首討論をやりたくなかっただろうし。政府与党は「野党側がより多くの質問時間を確保できる予算委員会などを優先したためだ」と言うのだが。これには大きな理由がある。
 何だか妙な慣例があって、党首討論が行われる週には、本会議や各委員会への首相出席を求めることができないとされているからだ。(**)

 今年のように、モリカケ、日報隠しなどなど大きな問題が多い上、「都議選があるので通常国会は延長しない」「衆院選を行なうから秋の臨時国会は開かない」となったら、首相に問題を追及するには、わずかな国会開催期間に、まずは首相出席の委員会を開くことを優先しなければならず。
 今月も、たった4日与えられた首相出席の予算委員会審議を優先したため、党首討論が開けないことになったのだ。(-"-)

 国民に政治への関心を喚起したり、わかりやすく与野党の考えを伝えるためにも、mewは、まずは妙な慣例をなくして、政府与党も野党も、できるだけ月に1回は党首討論を開けるように努力すべきだと考える。(・・)
<あと全体で45分は短すぎ。参院の委員会みたいに片道方式にして、安倍首相の回答時間は含めず、せめて純粋な質問時間を45分にして欲しい。(++)>

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 前回、森友学園が国有地の払い下げを受けるに当たって、それまでにないような森友1件だけがそれまでの1000件前後の例には全くないような「特例」を受けていたという話を書いたのだが。
 さらに詳しい記事が載っていたので、資料キープの目的も兼ねて、ここにアップしておく。

『森友学園“特例"明らかに 「1194分の1」「1214分の1」・・・

 「1194分の1」、「1214分の1」、そして「972分の1」。これは財務省が28日明らかにした学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる数字です。財務省がいくつもの「特例措置」を取っていたことが明らかになりました。
 森友問題をめぐり、財務省は28日、いくつもの「特例」があったことを認めました。

 「公共随契すべてが1194件。そのうち売り払い前提の定期借地とする特例処理を行った事例は本件のみ」(財務省 太田充理財局長)

 財務省が認めた1つめの特例。2012年度から2016年度に財務省が実施した公共性が高い随意契約のうち、将来的な売却を前提とした定期借地とする契約は森友学園だけでした。その割合は「1194分の1」。

 「森友学園の場合は延納の特約というのが付されてる。その特約を付して売却契約をした件数を教えていただきたい」(立憲民主党 川内博史衆院議員)

 「ご指摘の延納の特約を付して売却した事例、これは本件のみでございます」(財務省 太田充理財局長)

 続いて財務省が認めた特例。同じ時期の随意契約のうち、分割払いを認めたのも森友学園だけでした。その割合は「1214分の1」。「特例」はまだあります。

 「契約金額を非公表にした事例の件数、教えていただきたいと思います」(立憲民主党 川内博史衆院議員)

 「平成25年度から28年度までの間、公共随契によって売却した件数は972件。そのうち非公表にしたものというのは本件のみ」(財務省 太田充理財局長)

 森友学園への国有地の売却金額は当初非公表となっていました。これについても、2013年度から2016年度にかけて、非公表は森友学園だけでした。割合は「972分の1」。目の前で次々と明かされる「特例」の実態に、安倍総理も業務の見直しの必要性を認めました。

 「私としても国有財産の売却について、業務のあり方を見直すことが必要と考えており、財務省及び国土交通省にしっかりと対応させることとしたい」(安倍首相)

 なぜ、森友学園には相次いで特例が認められたのか。野党側は背景に安倍昭恵夫人の存在があったのではないかと指摘していて、今後も議論が続きそうです。(TBS17年11月28日)』

* * * * *

 また、先日、会計検査院は報告で、森友学園の払い下げに関して、近畿財務局が財務省通達に基づく売却予定価格の「評価調書」が作成していなかったことを指摘。これは内規違反に当たる行為ゆえ、問題性も大きいのだが。
 この件に関して、今日30日、太田理財局長が他にも9件の事例があったことを明らかにしたという。 (・o・)

『財務省の太田充理財局長はこの日の答弁で、学校法人「森友学園」への国有地売却にあたり、財務省近畿財務局が予定価格算定に必要な「評価調書」を作成していなかったことに関連し、過去5年間でこうした事例が9件あったことを明らかにした。(読売新聞17年11月30日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 ところで、28日には、共産党の宮本岳志氏が、財務省と森友学園側が、ゴミの存在する深さ&撤去費用に関して、彼らに都合のいい「ストーリー」を作ることを協議している場面の音声データの中身を公開。
 財務省が主導して「ごみが9mの深いところまで埋まってたことがあとから判明した。ゴミ処理費用を増やそう」というストーリーにすることで、口裏合わせをしているのではないかと指摘した。(**)

 尚、この件に関しても、またまた太田理財局長が、よくもそこまでと思うほど、トンデモ詭弁を行なっていたです。(-_-;)

『「森友」国有地売却 政府「ごみ地下9メートルまで」
 学校法人「森友学園」への国有地売却に関し、財務省の太田充理財局長は二十八日の衆院予算委員会で、地中のごみの量を巡る政府と学園側のやりとりを記録した別の音声データの存在を認めた。工事業者が森友学園の敷地を調査したところ、地下三メートルより下からごみはほぼ出なかったが、政府が地下九メートルまでごみがあると口裏合わせを求めたと受け取れる内容。政府はごみは最大九・九メートルまで埋まっているとの前提で、撤去費用として約八億二千万円を算出し、国有地評価額から値引きした。太田氏は口裏合わせを否定した。(清水俊介、我那覇圭)

 音声データは、関西テレビが九月十一日に報じ、民進党が三日後に政府に事実確認を求めたが、財務省は「(大阪地検の)捜査に影響がある」と説明を避けた。
 共産党の宮本岳志氏は予算委でやりとりの一部をパネルで示した。太田氏は近畿財務局職員に事実関係を確認した結果「二〇一六年三月下旬から四月ごろのやりとりではないかと思う」と認めた。さらに、ごみの埋蔵量を算出した国土交通省大阪航空局の職員が同席していたと明かした。

 音声データには、森友学園の敷地に埋まるごみの深さについて、工事業者とみられる人物が「三メートルより下からごみはそんなに出てきていない」と説明したのに対して、政府職員とみられる人物が「言い方としては『混在と、九メートルまでの範囲で』」と九メートルの深さまでごみがあるよう求める様子が記録されている。統括国有財産管理官(当時)は「資料を調整する中で、どういう整理をするのがいいのか、協議させていただけるなら、そういう方向でお話しさせてもらえたらありがたい」と発言していた。

 宮本氏は「地下深くまでごみがあったことにして、売却価格を引き下げるシナリオを国側の職員が切り出している。こんな口裏合わせで八億円の値引きをやって、国民の財産である国有地をただ同然で売却している。これは明確な背任ではないか」と迫った。

 太田氏はやりとりの趣旨について「三メートルを超える深い所から出てきた物について、必要な資料の提出をお願いした。口裏合わせはしていない」と否定した。

 このやりとりがあった約二カ月半後、売買契約は成立。国有地の評価額九億五千六百万円からごみの撤去費用として約八億二千万円が値引きされた。撤去費用は、深さ三・八メートルから最大九・九メートルまでごみが埋まっているとして算出された。

 財務省の佐川宣寿理財局長(当時)は四月十日の参院決算委員会で「九・九メートルのくいを打ったところから出たごみを確認した」と説明。撤去費用の見積もりについて「埋設物が出たことを確認した上での試算で、間違っていない」と強調した。

◆弁護士「出来レースの証拠」

 財務省幹部らを背任容疑などで刑事告発している阪口徳雄弁護士は、音声データについて「国有地の売却価格を下げる『出来レース』『なれ合い』を認める証拠だ」と強調。「『学園側と交渉はしていない』としてきた理財局長だった佐川氏の国会答弁は、全くの虚偽だったことになる」と指摘した。(東京新聞17年11月28日)』

* * * * *
 
 もし財務省が主導してor森友側と一緒になって、このような口裏合わせを行なっていたとしたなら、「特例」を超えるようなトンデモないことであって・・・。

 野党やメディアは周囲の「モリカケ問題はもうやめよう」「年末、来年に持ち越すな」という圧力にめげずにさらなる追及をして欲しいし。心ある国民はそれを後押しして欲しいと願っているmewなのだった。(@@) 

  THANKS

                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2017-11-30 14:19 | (再び)安倍政権について | Trackback
頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


7日、蓮舫氏が民進党の代表になって初めて、安倍首相の党首討論が行なわれた。(尚、野党側からは、共産党の志位委員長、維新の片山代表も6~7分ずつ質問した。)

 まず、第二次安倍政権が始まってから、党首討論の回数が激減。当初は、週1回、せめて月1回の開催を目指して作られたシステムであるにもかかわらず、安倍政権では一国会に1回、年に2回程度しか行なわれない状態が続いており、mewは大きな不満を抱いている。(-"-)
 しかも、年に2回しか行なわれないのに、たった45分の質疑時間では、まともに討論できるはずもないわけで。回数、時間の増加を強く求めたいと思う。(・・)

 さて、蓮舫氏の初討論挑戦は、かなりいい出来だったのではないかと思う。"^_^"
 蓮舫氏はクリアの声ではっきりと話すので、ぼそぼそと滑舌悪く話す安倍首相と対比して、キリッとしている感じがあったし。そのお陰で討論全体もダラダラせず、メリハリがあったように思えた。(++)

 蓮舫氏は、限られた時間の中でmewがきいて欲しい、言って欲しいと思っていたことは、ほぼほぼ全て言ってくれたし。(カジノ法案や国会運営・強行採決の問題点、赤字国債、安倍首相自身の問題点など)
 安倍首相を批判する言葉も、印象に残るものが多かった。(**)

「何度伺っても、総理のその答えない力、そして逃げる力、ごまかす力、まさに神ってます」

「総理は、いいときには自分の功績、悪いときは人のせいだと」

「息をするようにウソをつく。昨年、安全保障法制を強行採決したじゃないですか!・・・気持ちのいいまでの忘れる力を何とかしてくださいよ」 

<個人的には、国会でウケ狙いの流行語を使う人は好みじゃないけど。メディアに注目してもらうにはいたし方ない部分も。mewの言いたいことばかりだったので、ちょっとスキッとした。^m^>

* * * * *

 他方、安倍首相の方は相変わらず、これまでの討論同様(国会答弁もしかり)で、都合の悪い質問には正面から答えず、のらりくらりで。「きいてもいないことを長々と述べて時間を浪費する」「野次られるとそれを批判して答弁を止める」「ともかくTVの前で民進党を批判しようとする」というパターンを繰り返し。

<共産党の志位委員長の南スーダンPKOに関する質問には、あえて長々と無用な答弁を行なって、志位氏の質問時間を減らすことに。(-"-) で、よ党維新の片山代表に対してはコロッと態度を変えて、しっかり「ヨイショ」をした上で、と~てもていねいに答えていた。(~_~;)>

 また今回は、蓮舫氏を相手にして、自分がかなり立場が上の政治家だという意識を抱いたのか、いつもより上から目線の態度、発言が多いように感じられた。(ーー)

 自分が少し強く野次られると、「民進党のみなさん、静かにやりましょうよ、委員長お願いしますよ。こんなにワーワー騒がれますと、わたしもしゃべりにくいんです」「皆さん、落ち着かれましたか?よろしいですね」と・・・、何だかエラそ~に「僕はオトナ、民進党は子ども」みたいにな感じで、手を伸ばして野党席を制するようなしぐさをするし。<自民党もかなり蓮舫氏を野次っていたくせに。>
 
 あと、これもよくやることなのだが。安倍首相は、民主党政権時代にリーマン&EU危機、東日本大震災による経済ダメージが大きかったことをヨコに置いて、当時の経済的な数字を批判。
 そして、何と「反省から始まらない限り、皆さんに対する支持は戻りませんよ」とかドヤ顔で見回しながら、言いやがっ・・・言われたりして。<`ヘ´><マジ、ムカついた。>

 昨日の晩は帰宅が遅くて、夕方や夜のニュースでどの程度、この討論が取り上げられたのかはわからないのだが。<討論自体は、録画したものを見た。>
 より多くのTVが、カジノ法案+αの問題や、安倍首相が驕り高ぶっている様子や、イヤ~なヤツ、都合のいいヤツぶりが伝わるような映像を流してくれるといいな~と願っている。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『首相と蓮舫氏 党首討論、カジノ解禁など含む「IR法案」で激論

 来週、就任から3か月となる民進党の蓮舫代表。7日、初めての党首討論で安倍総理と対決しました。

 「まず総理、やめたいのにやめられない、家中の金を持ち出す、ヤミ金で借金を繰り返す。多重債務、一家離散、破産、果ては自殺に追い込まれる。これがギャンブル依存症の怖さです」(民進党 蓮舫代表)

 初めての党首討論となる民進党の蓮舫代表が取り上げたのは、カジノ解禁などを含む統合型リゾート施設の整備を推進するIR法案です。

 「カジノは賭博です。刑法で懲役刑で禁止されています。なのになぜ、わずか5時間33分の審議で強行採決に踏み切ったんでしょうか」(民進党 蓮舫代表)

 自民党は先週の委員会で6時間足らずの質疑で採決に踏み切り、民進党など野党側は激しく反発。本会議では連立与党の公明党が自主投票とし、35人の議員のうち11人が反対するという異例の形での衆議院通過となりました。

 「このIR法案はですね、統合リゾート施設でございまして、いわゆるカジノだけではなくて、ホテルあるいは劇場、そしてショッピングモールや水族館とか、ただビジネスや会議だけではなくて、家族でそうした施設を楽しむことができる」(安倍首相)

 安倍総理は2014年、シンガポールの統合リゾート施設を視察し「成長戦略の目玉になる」と述べましたが、蓮舫氏はこの発言についても追及しました。

 「カジノはなぜ問題なのか。それは負けた人の賭け金が収益だからです。サービス業やものづくり産業のような、新たな付加価値は全く生み出しません。これのどこが成長産業なんでしょうか」(民進党 蓮舫代表)

 「これは議員立法でありますから、これについて説明をするですね私は責任を負っていないわけでございますので」(安倍首相)

 「総理自らが成長産業、大きな目玉になるとおっしゃっているんです」(民進党 蓮舫代表)

 「劇場であったり、あるいはテーマパークであったり、ショッピングモールであったり、あるいはレストランであるわけであります。そして、それは当然そこに対しての投資があるわけであり、投資があり、そしてそれは雇用にもつながっていくのは事実であります」(安倍首相)

 「総理のその答えない力、そして逃げる力、ごまかす力、まさに神ってます」(民進党 蓮舫代表)

 今年の流行語大賞「神ってる」を使って安倍総理を批判した蓮舫氏。自民党が7日、8日の参議院の委員会で法案を採決したいと提案したことについて、「これは当たり前の国会運営なのか」とただしましたが、安倍総理は直接は答えず、「IR法案は、さまざまな投資が起こり雇用をつくっていくことにつながる」と繰り返し、強調しました。(JNN16年12月7日)』

『(カジノ法案の質問に)安倍首相は「(IR法案は)いわゆるカジノだけでなく、ホテル、劇場、ショッピングモール、水族館とかテーマパークも構成する要因で。提案者の中には、御党の、まさに蓮舫議員の側近である柿沢未途役員室長も提案者として参加していただいている」と答えた。(中略)
 安倍首相は「法案は議員立法で、提案者の中に、民進党の幹部も入っている」と反論した。
蓮舫代表は「提案者を辞めさせてくれないのは、自民党のほかの提案者の議員じゃないですか。カジノはなぜ問題なのか。それは、負けた人の賭け金が収益だからです。これのどこが成長産業なのでしょうか」と述べた。(FNN16年12月7日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『景気についても「総理、4年待ちました。いつ景気がよくなるのか、そしたら、4年目に歳入が2兆円も欠損した」と述べた。

安倍首相は「われわれは、100万人の雇用を作り、税収は21兆円、みなさんの時代より増えました。税収がそうした結果になったかというと、これはまさに円高であります」と述べた。

蓮舫代表は「総理、よくわかりました。総理は、いいときには自分の功績、悪いときは人のせいだと」と述べた。

続いて蓮舫代表は、民進党が提出している長時間労働を規制する法案を審議するよう求めたが、安倍首相は、慎重な姿勢に終始。
安倍首相は「(民進党案は)ガイドラインがないんですよ。ガイドラインがないというのは、『ストライクゾーンなしに野球やれ』と言っているのと一緒」と述べた。

最後に蓮舫代表は、安倍首相のこれまでの言動を取り上げ、「言っていることと、やっていることが、あまりにも違うじゃないですか。強行採決をしたことない、息をするようにうそをつく。TPP(環太平洋経済連携協定)、年金カット法案、カジノ、全部、強行採決じゃないですか」と批判した。(FNN16年12月6日)』

『蓮舫代表が「総理、4年待ちました。いつ景気がよくなるのか」とただすと、安倍首相は「有効求人倍率も、47全ての都道府県で1倍を超えました。あなたたちは、たった8つの県でしか、それを実現できなかった。その反省から始まらないかぎり、皆さんに対する支持は戻りませんよ」と答えた。
 蓮舫代表は「総理、よくわかりました。総理は、いいときは自分の功績、悪いときは人のせいだということ」述べた。(FNN16年12月6日)』

『共産党の志位委員長は南スーダンに派遣された自衛隊の新たな任務「駆け付け警護」をテーマに懸念を示しました。これに対して、安倍総理は「大統領も副大統領も反対派も自衛隊を歓迎している」と述べ、政府間で戦闘になることはないという考えを示しました。
 日本維新の会の片山共同代表はTPP(環太平洋経済連携協定)の見通しについてただしましたが、安倍総理は「今、ここで諦めたら見込みはゼロだ」と述べるにとどめました。(ANN16年12月6日)』

* * * * *

『初陣を終えた蓮舫氏は、報道陣の取材に、「(首相は)答えず、逃げて、じらして、開き直っていた。私は、挑戦者だから問いただしたかったが、時間は限られている。その中で聞きたいことは聞けたと思う」と、振り返った。
 首相の答弁について「都合の悪いことは答えず、自分に見えているものは答える。予算委員会と同じで、残念だ」と切り捨てた。「やじに反応することで、何を聞かれたか忘れているのではないか。私は、やじは一切聞いていない。それくらい集中しないと。残念だ」とも述べた。

 自民党は8日、参院内閣委員会で採決を模索するが、「あまりにも国会軽視だ」と批判。「カジノを成長戦略にするなんて、美しい国ではない」と述べ、徹底抗戦する構えを示した。(日刊スポーツ16年12月6日)』

『自民党の二階幹事長は「さすが総理だと。なかなか答弁もしっかりしておられるしね。わかりやすかったといって、えらい褒めていただく声が多かった印象です」と述べた。(FNN16年12月6日)』

* * * * *

 冒頭にも少し書いたが・・・。国民が興味を抱きやすい党首討論の機会をもっと増やして&メディアにももっと取り上げてもらって、そろそろ安倍首相のアブナイ思想見識や人物像を国民にきちんと把握して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

<月1回ぐらいに回数を増やしてくれるなら、野党側は共産、自由、社民党が長く質問できる機会をもっと増やしてもいいのでは。「安倍vs.志位」のバトル・30分1本勝負とか見てみたいです。(・・)>

  THANKS 
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-12-08 06:09 | (再び)安倍政権について | Trackback
頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


昨日20日、今年にはいって初めて、党首討論が行われた。(・・)

 安倍首相は、相変わらず各党首の質問にまともに答えようとせず。後半に書くように、誰もきいていない関連事項を長々と語って、時間を浪費する上、話がかみ合わないので、まともな議論にならなかったのは残念だった。(-_-;)

<党首討論は45分しかないので、安倍首相の答弁の時間を制限or調整できないものかしらね~。^^;>

 さて、まず最初に、mewが昨日の党首討論の中で、トンデモ呆れてしまった安倍首相の言葉をアップしておきたい。_(。。)_

 そう。安倍っちが「法案についての説明は全く正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」と、またもやついつい「わたしは総理大臣」のゴーマン&非常識な首相万能説を唱えてくれちゃったのである。(@@)

<youtubeにその部分だけの動画が出てた。 https://www.youtube.com/watch?v=EAfbJZi6K1E>

『岡田氏は集団的自衛権の行使に当たり、自衛隊の活動範囲が「相手国の領土、領空、領海に及ぶのは当然だ」とも指摘したが、首相は「必要最小限度の実力行使にとどまる」とした新3要件を盾に、「他国の領土に戦闘行動を目的に派兵することはない」と主張した。

 自衛隊が戦闘に巻き込まれる危険性を断定口調で否定し続ける首相に岡田氏が業を煮やし、「私は一つも納得できない。間違っている」と声を荒らげると、首相は「法案についての説明は全く正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」と言葉尻を捉えて反論する場面もあった。(時事通信15年5月20日)』

<本来なら、全てのメディアがこの首相のアブナイ&トンデモ発言を国民に知らせるべきだと思うのだけど。これを報じたメディアは、ごくわずか。ふだんはほぼ全文書き起こしを行なっている産経新聞の詳報も、これはヤバイと思ったのか、この「総理大臣」の部分だけカットしていたです。。(>_<)>

* * * * * 

 あとmewが、今回の党首討論で楽しみにしていたのが、共産党の志位委員長が質問に立つことだった。<どうせなら7分じゃなくて、1度、20~30分ぐらい志位氏に時間を与えてくれるといいのにな。共産党は昨年末の衆院選で躍進した分、各委員会の審議での質問時間も長くなるので、楽しみ。"^_^">

 というのも、共産党の幹部はもともと賢い上、よく勉強していて、国会質疑でも理詰めでビシビシと追及するので、賢くXい&肝心な知識がない安倍首相は、彼らの質問を苦手にしているところがあるからだ。(-_-;)

 志位氏は、今回、安倍首相に「間違った戦争」の認識はあるか、ポツダム宣言の内容を認めるのかと質問したのであるが。安倍首相は「間違った戦争」については、全く触れようとせず。ポツダム宣言に関しては、何と「つまびらかに読んでいないので、承知していない」とまで言って、答えを逃げるに至ったわけで。
 国会での質疑も含め、メディアにはこのようなシーンをどんどん国民に伝えて欲しいと思うです。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 
『今国会で初めての党首討論が、20日行われた。約1年ぶりの党首討論では、激しい論戦が繰り広げられた。共産党・志位和夫委員長(60)は、自民党・安倍晋三首相(60)に対して、「ポツダム宣言」を巡り、日本の過去の戦争に関する認識を問い質した。
 志位氏は最初に「村山談話では、日本がした過去の戦争を『間違った戦争』としているが、間違った戦争だったという認識はありますか?端的にお答え下さい」と問うと、首相は「先の大戦で多くの日本人の命は失われた。日本は塗炭の苦しみを味わった。惨禍を繰り返してはならない」などと答えた。

 不満の表情を浮かべながら、志位氏が次に質したのが「ポツダム宣言」。志位氏によると、1945年8月に発せられたポツダム宣言では、日本がした第二次世界大戦は世界征服のためだったことを明瞭に断じている。
 「ポツダム宣言は『間違った戦争』という認識を明確にしている」と前置きし、「総理はポツダム宣言の認識をお認めにならないのですか。端的にお答え下さい」と質問。首相は「ポツダム宣言をつまびらかに承知をしているわけではないが、世界征服をたくらんでいた等も今、ご紹介になられました。私はまだその部分もつまびらかに存じ上げませんので、直ちに論評することはできない」と述べた。
 志位氏はなおも「私が聞いたのはポツダム宣言の認識を認めるか、認めないかです」と追及。首相は「ポツダム宣言を受け入れて、まさに戦争を終結させる道だったということであります。その後、平和国家として歩み始めたのではないかということ」と返した。

 討論は最後までかみ合わないまま、志位氏の持ち時間の7分が経過。それでも志位氏は「私が聞いているのは、間違った戦争だったことを認めるとおっしゃらないのは、非常に重大な発言。戦後の国際秩序は、日独伊3国の戦争は侵略戦争だという判定の上になりたっているが、総理は侵略戦争はおろか『間違った戦争』ともお認めにならない」と語気を強め、「その総理に米国の戦争の善悪の判断ができますか」などと迫り、集団的自衛権の行使などを含む安全保障法制の関連法案の撤廃を求めた。(スポーツ報知15年5月20日)』

* * * * * 

 ところで、先日、安倍首相の米議会での演説の時に、英語でのスピーチの用意の仕方について、ちょこっと書いたのだけど。
 5月から本格的に就職活動が始まって、高校、大学生がその準備に追われている中、mewが「面接で一番気をつけるべきこと」として、耳が痛くなるほどアドバイスしているのが「相手の質問にきちんと答えること」だ。<受験の面接でも重要なことだよね。(・・)>

 面接の時には、相手の質問をよ~く聞いて、相手が何がききたいのかその意図をしっかりとらえて、正面からそれに答える・・・それが、何より大切だと教わったことがある人は、たくさんいるのではないだろうか?(++)

 でも、安倍首相は、国会質疑の時から、それができないのである。(-"-)

<自分に都合の悪い質問に対して、きちんと答えないことが多いので、「できない」のではなく、あえて「しない」のかなと思ったこともあるのだけど。その後、超保守仲間の質問に喜んで長々と答える時も、質問された事項からどんどん話がずれてしまうのを見て、半分は意図的に「しない」のかも知れないけど。半分は、能力が乏しくて「できない」ことがわかったです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『志位委員長 「私が聞いたのはポツダム宣言の認識を認めるのか、認めないのかだ。はっきりお答え下さい」

 首相 「いま申し上げたように、まさにポツダム宣言を私たちは受け入れて、これがまさに戦争
を終結させる道であったということだ。受けいれることによって終戦を迎え、そしてまさに、日本は平和国家としての道を歩き始めることになったということではないか、と思う」 』

『岡田代表 「総理はこの憲法が果たしてきた戦後70年の役割、平和についての役割、どう考えているか、基本的なことをお答えいただきたい」

 首相 (長々と他の話をした後で)「戦後70年の日本の平和がどのように守られてきたか。私の考えを披瀝せよとのことだが・・・」
(で、このあと憲法の話は10秒ぐらいで終わらせ、日米同盟や自衛隊の存在の話を詳しくしていたです。^^;)』

『維新の党の松野代表は「8月までの国会の中で、衆参、この安保法制を通してしまおう。こんなことが聞こえてきますけれども、よもや、そんなことはないと思います。ないですよね」と述べた。

 安倍首相は「この審議、早くやりましょうよ。本当は、あしたからでも、ちゃんと審議をやりたい。決めるべきは決めていく、やるべき立法はつくっていくという姿勢が、私はとっても大切なんだろうと思います」と述べた。(FNN15年5月21日)』 ?????

* * * * *

 安倍首相の答え方がほとんどこんな調子なので、どの党首にも「質問に答えていない」と指摘される始末。(ーー)
 与党である公明党の山口代表も「議論がかみ合っていなかった」と言ってた(遠まわしに批判していた?)です。

『公明党の山口那津男代表は、安倍晋三首相と民主党の岡田克也代表との討論について「かみ合った議論になっていなかった。衆院特別委員会で安保関連法案を早く本格的に議論することが、国民に正しく伝わる道だ」と述べた。(産経新聞15年5月20日)』

 ちなみに、産経新聞は『首相はその筋書き通りに答弁することは避け、集団的自衛権を行使すべき「武力行使の3要件」を説明することに時間をつぎ込み、法案の正当性を強調することに努めた』って書いていたのだけど。
 要は、本論の筋書きとは関係ないことを説明するのに時間を使っていたと、意図的に論点ずらしをしていることを堂々と認めてるってこと?(~_~;)

<そのあとの産経のフォローの仕方がスゴくて笑いそうになったのだけど。^^;
 『これは、首相に“逃げ”の姿勢があったからではない。首相にとって、14日に閣議決定したばかりの安保法制を国民に説明できる絶好の機会だったからだ。国民の生命と財産を守るための安保法制という趣旨が、一部の野党やマスコミによる「戦争法案」とのレッテル貼りにかき消され、浸透していない焦りもある。(産経5.20)』
 ・・・要は安倍くんは、国民の理解を得られていないので、焦っているって言いたかったのかな?(@@)>

* * * * *

 ちょっと時間がなくなってしまったので、中途半端ながら、この記事はここで終わりにしたいのだが・・・。(党首討論に関しては、改めて他の機会に書くかも。)

 26日から審議が始まる安保法制特委では、野党の議員はさらに厳しくビシビシと安倍首相や閣僚を追い込んで欲しいと。またメディアもしっかりそれを伝えて欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

                         THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-05-21 17:53 | (再び)安倍政権について | Trackback(3)
「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今日10日、菅首相が、小沢一郎氏と会談を行なうことになった
という。(・・) (*1)

<小沢元代表側が、開催の条件として、岡田幹事長と輿石東参院
議員会長の同席を求めたとのことゆえ、2人も同席するかも。>

 菅首相や岡田幹事長らは、小沢氏に自ら国会(政倫審)での説明
を行なうことを求め続けているのだが、小沢氏から通常国会序盤
での出席を拒まれたため、野党から執拗に追及されている。^^;

 また、小沢氏の強制起訴に対する党の処分に関しても、役員会
や党内でもめており、なかなか決められない状況だ。
 執行部としては、強制起訴が検察による起訴と異なるものである
ことや小沢派の反発を考慮して、除籍処分や離党勧告は行なわず、
判決が出るまでの期限付きで、党員資格停止の処分を行なうことを
検討している。
 しかし、小沢側近である輿石参院会長や小沢派議員は、党は一切
処分を行なうべきではないとの主張を続けており、もし処分を
行なえば、離党者が出るおそれもあることを示唆。もしそうなった
場合、衆院2/3の議席に足りなくなって、国会運営に支障を
来たすため、党執行部としても慎重に判断をせざるを得ない状況に
なっている。(~_~;)

 ただ、菅首相も、これ以上、小沢氏に関する諸事の結論を先送り
していると、リーダーシップの欠如を批判されることになると同時
に、国会運営にも影響が及ぶ可能性があるため、10日に小沢氏と
会談を行なった後に、最終決断を下すつもりでいるようだ。(・・) 

<ちなみに、党員資格停止処分になった場合には、党内で議員活動
は続けられるが、衆院小選挙区支部長としての資金交付が受けられ
ないほか、代表選に出馬できない、停止期間中の選挙では公認を
受けられなくなるとのこと。>

* * * * *

 問題は、もし今日の会談で、小沢氏が、政倫審出席を改めて拒否
(or予算審議終了後までは出席しないと表明)したり、党の処分に
反発を示した場合、菅首相がいかなる決断を下すかということ
だろう。(@@)

 もし菅首相が、それにもかかわらず、党員資格停止処分を行なう
ことに決めた場合には、小沢派の議員や小沢氏と親しい国民新党の
議員たちからは、これまで以上の反発を受けることは間違いないし。
 それが引き金になって、本格的な党分裂状態を招き、早期の政権
崩壊につながるおそれもあるからだ。(-"-)

* * * * *

 昨日、このニュースが見て、mewは、小沢氏がいざという時は
大きく動く覚悟を固めつつあるのではないかと、チョット思って
しまったところがあった。^^;

『民主党の小沢一郎元代表は9日夜、都内の居酒屋で鈴木克昌
総務副大臣、松木謙公農林水産政務官ら自らに近い政務三役
約10人と懇談した。

 出席者によると、小沢元代表は「今は菅内閣の政務三役かもしれ
ないが、長い目で見て(自分のポジションを)判断してほしい」と
述べた。「菅内閣の政権運営が行き詰まった場合、距離を置くよう
促した」との受け止めが出ている。<読売新聞9日>』

 菅内閣には、小沢G「一新会」や小沢派と呼ばれる議員なども
大臣、副大臣、政務官として任命され、活動している。

 特に、上の記事に出て来る鈴木氏や松木氏は、「一新会」の中枢
で、小沢氏を懸命に支えて来たメンバーなのだけど。
 でも、彼らは内閣の一員である以上、もし菅首相と小沢派の議員
の対立が激しくなったり、小沢派が菅首相に反旗を翻して、離党
したり、内閣不信任案を出すことになったりすることになった場合、
すぐに一緒に行動することが難しい。(-"-)

 それゆえ、小沢氏が、子飼いの議員たちの立場を考え、いざと
いう時には閣僚をを辞任するという選択肢も含めて、自分なりに
対応を考えたり、覚悟を固めたりして置いた方がいいということ
を伝えたのかも知れないな~と察するところがあったからだ。(・・)


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 また、小沢氏は、今年にはいってから、小沢派の若手・中堅議員
に、早期解散の可能性を示唆して、準備を行なうように語っている
という話が何度か報じられているのだが。

 今月2日にも、党関係者との会合で『今後の政局について「衆院
解散は早い。3月がヤマになる」との見通しを示し』たとのこと。
『関係者によると、小沢氏は2日夜、鹿児島市内で党関係者と会合
した。その際に「2011年度予算案と関連法案が通らないと、
子ども手当が切れてしまうから、民主党は厳しい」と指摘。その
上で「菅首相は辞めない。衆院解散しかない」と分析した』という。
<サンスポ3日>

* * * * *
 
 mewは、小沢氏や周辺の言動に関する一連のニュースを読んで
いて、「もしかしたら、小沢氏はいざという時には、<場合に
よって、国民新党と連携する形で>、自らの手で、菅内閣を解散に
追い込むことも考え始めているのかも知れないな~」と思うように
なって来た。(・・)

 菅内閣は、自公の協力が得られない以上、衆院再可決で予算関連
法案を通すしか道がないのだが。でも、今は、国民新党と社民党の
協力を得て、再可決に必要な2/3の議席をギリギリ確保できて
いる状態なのだ。^^;
 それゆえ、もし国民新党や小沢派の議員が、法案決議に欠席
or反対したりするとか、国民新党が連立離脱、小沢派の議員の何人
かが離党したりすれば、法案は成立せず、菅内閣を完全に追い詰め
ることができるからだ。(**)

<もし小沢派の議員のうち70人近くの賛同を得られれば、93年
に小沢氏が自民党を離党した時のように、野党と示し合わせて、
野党が出した内閣不信任案に賛成するという手もあるのよね。^^;>

* * * * *

 実際、ここ1~2週の間に、「菅首相が3~4月に解散に打って
出るのではないか」という話を、チラホラとメディアやネットで
見かけるようになっているのだが。その話は、また改めて書くと
して・・・。^^;

 小沢氏本人や、同氏とタッグを組む鳩山前首相は、国民新党の
亀井代表らと意見交換を行ないながら、菅政権が崩壊した場合に
関して、着々と準備を行なっているように見える。(・・) 

 先週、『国民新党&小沢派が連携して、菅おろし発言で揺さぶり
を開始。超党派の救国内閣作りの動きも
。』という記事にも書いた
のだが。

 国民新党の亀井代表は、1月末に、いまや小沢派の中心人物に
なっている鳩山前首相や自民党の森元首相と会談。「菅政権は
長くは持たない」との認識で一致したというし。^^;

 また、亀井氏と小沢氏は、5日、民主党議員のパーティに出席
した際に会談を行なったとのこと。

『小沢氏と亀井氏は民主党議員のパーティーに出席し、会場の
ホテル内で約30分会談しました。会談では、菅政権はこのままでは
厳しいとの認識で一致し、2011年度予算案の関連法案の成立が困難
になる3月末に向け、連携を確認したとみられます。菅政権の政権
運営はこのままでは厳しいとの認識で一致すると共に、3月末まで
に予算関連法案の成立をさせられず政権が行き詰った場合に備えて、
連携して行くことを確認したという。<TV朝日5日>』

 このパーティの挨拶で、小沢氏が「本当に自分を捨てて国民の
ため、お国のためにどうしたらいいかを考えないといけない時期に
遭遇している」と語っていたという話からも、何か覚悟を決めよう
としているのではないかと感じさせられたところがあった。(・・)

* * * * *

 というわけで、小沢氏がその気になれば、菅政権を潰すことは
容易であるだけに、菅首相や岡田幹事長らも、小沢氏の対応には
どんどんと慎重にならざるを得ないような状況になっているの
だが・・・。
 
 果たして、菅首相が、政権崩壊のリスクを犯してでも、小沢氏
の証人喚問や処分を断行するのかどうか・・・10日の会談や
その後の決断の行方を、ちょっとハラハラしながら、ウォッチ
したいと思っているmewなのだった。(@@)

<mewは、菅首相がメディアや野党に煽られる形でて、結論を
焦るのは得策ではないと思うのだけどね~。(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ところで、昨日9日には、衆院で党首討論が行なわれた。
 菅直人氏が首相に就任してから8ヶ月、今回が初めての
党首討論になる。

 以前も何度か書いたのだが。99年に党首討論が行なわれるよう
になってから、一般国民の関心を最もひいていた&楽しみに見る人
が多かったのは、03~4年の「小泉vs.菅」による党首討論だった
のではないだろうか?(・・)

 それもあって、mewは、今度は菅氏が首相として、どのような
党首討論をするのか、早く見てみたいという気持ちが強かったの
だけど。去年は、残念ながら、なかなか行なわれず。<1回、日程
が決まったのに、自民党が仙谷問題で、拒否ったのよね。^^;
ようやく実現する運びとなった。
<党首討論での発言全文は、コチラ(産経新聞)に。>
 
* * * * *

 ただ、正直なところ、今回の党首討論は、あまり内容のあるもの
ではなかったように思うし。かなり、ガッカリさせられた人が
多かったのではないだろうか?(@@)

 谷垣禎一氏は、自民党の中では、mewが評価している&やや
ごヒイキの政治家のひとりなのだが。<タカ派なのが困りものなの
だけど、他のことでは考えが合う部分も多いし。理論的&それなり
に品格がある(あった?)のが好きだった。>

 本当なら、菅氏と谷垣氏は、消費税&社会保障の安定に関する
構想も含め、かなり考えが近いところがあるし。相反する分野も
含めて、かなり建設的な議論を行なうことが可能なのだけど。

<それで、菅首相も「質問だけでなく建設的な議論を」とか、
「谷垣総裁としての国づくりの意見を聞かせていただきたい」
とか持ちかけていたのよね。(・・)>

* * * * *

 ただ、先日も、小泉進次郎くんが、「私は自民党の野党的という
批判とか下品だという批判にめげる必要はない」などと言っていた
のだけど。
 自民党内では、谷垣総裁に「品や理にこだわり、気取っている
場合ではない。野党として、ともかく与党の攻撃に徹するべし」
という声が大きくなっていることもあって、最近、谷垣氏は必死
で(?)強い口調で攻めるように心がけている様子。<これが
また、似合わないんだな~。(>_<)>

 通常国会の代表質問もそうだったけど。昨日も、ともかく
「マニフェスト違反」「解散、解散」を連呼するばかりで、何か
ダメ野党の党首の典型みたいに思えてしまうところが。^^;

 他方、菅首相は、野党の党首としてはバツグンの攻撃力がある
ものの、与党の党首としての守備力はイマイチだし。こちらは、
「自民党も、社会保障&税の一体改革を一緒に協議してくれる
か?」という質問を繰り返すばかりで、「何だかな~」という
感じが。(~_~;)

 これじゃあ、どちらの党首も、また党首討論自体に対しても、
国民からの関心や期待は、ほとんど得られないだろう。(-"-)
 両者には、深~く反省して欲しいものだ。_(。。)_

 ただ、党首討論は、国政に対する国民の関心を得られるチャンス
であることは事実なので。誰が首相であろうと、少なくとも、月に
2回はやって欲しいと思うし。
 mewは、昨日は衆院TV(ネット)で見たのだけど。より多く
の国民が見られるように、できれば、夜の遅めの時間(10時or
11時台ぐらい)に、NHKが再放送をしてくれればいいのにな~、
とも思ったりしたmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2011-02-10 06:14 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)
今日から、12月。<デザイン、バナーもチョット変更> 

 今年もあと1ヶ月ですけど。風邪が流行っているので
<インフルも注意>、みんな、体に気をつけてガンバ
です。o(^-^)o
 
 尚、人気ブログRは、政治カテゴリーに戻りました。
<同サイトからの、アクセス激減&妙な内容のコメント
(ロシア文字とか?)や宣伝TBが増えた+αの理由で。>
 順位がかなり下(64位)になってしまうのですが。^^; 
自分なりにコツコツ書きたいことを書いて行こうと思うので、
応援クリック、よろしくです。m(__)m


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 今日1日に行なわれる予定だった、菅首相就任後、初の党首討論
は、中止になってしまった。(-"-)

 その理由が、あまりにバカらしいというか、あ然とさせられる
ようなものなのだ。
 自公を中心とする野党側が、参院で問責決議案が可決された
仙谷官房長官や馬淵国交大臣が党首討論の場に出席するのを拒否
し、「仙谷長官らが出るなら、党首討論はできない」と言い出した
からである。(゚Д゚)

 mewは、後述するように、通常の国会審議に関しても、この主張
は決して通らないものだと思うのだけど。
<もし民主党が野党として、同じことを主張&実践したとしても、
mewはおかしいと思って、批判すると思う。(・・)>
 
 ましてや、党首討論の場合は、仙谷長官が討論に参加したり、
や菅首相と後ろで協議をしたりする機会があるわけでもなくて。
仙谷長官は、ただ、菅首相が野党党首と討論している後ろで、
他の議員たちと並んで座って、その場にいるだけなんだよ。(~_~;)

 いくら何でも国会議員として、こんな主張をしたり、ゴネたり
するのは、あまりにもおかしいというか、子供じみていてヒドイ
というか、ある種の暴論、暴挙だと思うし。
 大げさにきこえるかも知れないけど。ある意味では、これは国会
&国民を冒涜するものだと言ってもいいだろう。(**)

 しかも、野党側は、仙谷長官らが出席をするなら、今後も国会
審議に応じないと言い出しているとのこと。(>_<)

 このことについては、メディアももっと大きく報じるべきだと
思うし。まっとうな感覚、良識を持つ野党議員や一般国民は、
しっかりと疑問&批判を呈すべきではないのだろうか?(ーー゛)

『党首討論をめぐっては、自民、公明両党が1日の開催を要求し、
首相も応じる意向を表明した。しかし、与党側が問責を受けた仙谷
氏と馬淵澄夫国土交通相も出席させる意向を示したのに対し、野党
側は「問責決議は重く、認められない」と拒否していた。
 30日午後に国家基本政策委員会の樽床伸二衆院委員長と、鴻池
祥肇参院委員長が会談したが、最終的に折り合わなかった。6月の
菅内閣発足以降、党首討論は一度も行われていない。
 これに関して首相は同日夜、首相官邸で記者団に「残念だ。私と
してはやりたかった」と述べた。<時事通信11月30日>』

* * * * *

 この件については、昨日、『「仙谷おろし」を狙う野党・・・』
という記事でも少し触れたのだが。
 野党側は、このような戦術をとることで、菅内閣の混乱や
イメージダウンをはかると共に、野党にとってジャマけな存在で
ある仙谷官房長官を辞任に追い込みたいと考えているようなの
だが。<最終的には、できれば菅内閣の総辞職&解散まで。>

 野党の中からも「たちあがれ日本」の与謝野馨代表などが、
この自公の主張ややり方には苦言を呈している。

『たちあがれ日本の与謝野馨共同代表は30日夜、BSフジの番組
に出演し、参院で問責決議が可決された仙谷由人官房長官と馬淵
澄夫国土交通相の進退について「問責に憲法上何の根拠もない。
『お前、駄目じゃないか』と責めを問う決議で、『悪うございま
した』と言えば済む話だ」と述べ、辞任は不要との考えを示した。
 同時に与謝野氏は「2011年度予算案の審議に官房長官も
国交相も必要だ。何らかの打開策を与党が考え、野党も受けて立つ
気構えがないと政治全体がデッドロックになってしまう」と語り、
与野党の歩み寄りを求めた。<時事通信11月30日>』

 これが正論だろう。(**)
 
 確かに、参院の問責決議案の議決も、一つの民意だと思うし。
mewは別に参院を軽視する気もない。
 また、民主党も、野党時代、問責決議を行なって、首相や大臣
を批判するようなことは、何回もやっていた。^^;

 でも、これは憲法or法律上、何の拘束力もないものだし。辞任
するかどうかは、最終的には、本人、首相が決めるべきことで
あって。辞任するまでは、閣僚として、国会議員として、国会の
審議には、きちんと出席するのが大事な職務&義務になる。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

それよりも、もし今回のような、野党側の主張を認めるような、
悪しき前例を作ってしまったら、日本の立法府&議会制民主主義
は、とんでもないことになってしまう。(-"-)
 今後、衆参ねじれ国会の状況が生じるたびに、野党が、首相や
大臣の問責決議案を可決して、「参院で拒否された首相や大臣が
出席するのはイヤだから、一切の国会審議には応じない」とやり
出したら、日本の立法府(国会)は、まともに機能しなくなって、
国政や国民に多大な損失を与えることになるからだ。(ーー)
 それは、与野党問わず、国会議員として、国民に対してあまりに
無責任&問題性の大きい行為だし。ひいては、議会制民主主義を
崩壊させることにもつながりかねないだろう。(・・)

 ましてや、今、国の経済&国民生活が危機に陥っている時だけに、
こんな理由で国会審議を止めたり、中小企業や国民の生活を支援
する内容も含む補正予算の関連法案の成立を遅らせたりすることを、
国民が「よくやった」と評価すると思っているのだろうか?(@@)

<っていうか、本当は、この秋の臨時国会は、景気対策や国民生活
の諸問題に関して議論すべきだったのに、9月に尖閣諸島沖の衝突
事件が起きたのを皮切りに、野党側は、映像公開や日中、日ロ関係、
閣僚の失言問題などなどばかりをメインに取り上げて、国民生活
そっちのけの審議が何ヶ月も続いているような状況であること自体、
かなり問題があると思うのに。(-_-)>

* * * * * 

 ちなみに、当の仙谷官房長官は、記者会見で、このように述べて
いたという。

『仙谷官房長官は「党首討論を行う場は、わたしが所管する委員会
でも何でもない。単なる出席の問題であり、野党の皆さんも審議
をしない理由を探さないほうがいいのではないかというのが率直な
気分だ」と述べ、野党側の対応を批判しました。
そのうえで、仙谷官房長官は「国会の中で、できるかぎり実質的な
審議を行うのが、国民にとっていちばん必要だ」と述べ、党首討論
の開催に期待を示しました。<NHK11月30日>』

 それにしても、民主党も野党時代に、特に07~09年の衆参
ねじれ国会時代には、策士である小沢一郎元代表の下で、何かと
言えば審議を拒否をしたり、ゴネゴネの手を使ったりすることが
多くて、mewも「チョットやり過ぎじゃ~ん?」と思うことが
多かったのだけど。

 それこそ福田元首相が、党首討論で小沢元代表に対して「みんな
可哀想なくらい苦労してるんですよ」という悲痛な訴えをしていた
のを、ついつい、その場面を思い出してしまうことがあるのだが。

 mewは、自民党は、長い間、政権与党を担って来た野党なの
だし、野党の時にバカらしいor理不尽な抵抗を受けて、国会&国政
運営の苦労も身にしみるぐらい味わって来ただけに、今回、ある
意味では、結党以来初めて、もろに野党の立場を務めることに
なって、今後の議会制民主主義の発展のためにも、「野党たるもの
は、こうあるべし」みたいなところを示して欲しいと期待していた
のだけど。

 この1年余り、国会内外での自民党の言動を見ていると、与党
時代、野党は抵抗ばかりしていて、無責任だとさんざん批判して
いたくせに、その当時、野党にやられてイヤだったこと、困った
ことを、さらに何倍かにして返してやろうみたいな感じが見える
ところがあるし。<下手すると、民主党や旧社会党よりタチが悪い
とこがあるかも?(-"-)>

 しかも、それを何だか得意げな表情で行なっている幹部や議員が
いるのを見ると、何だか情けなくなってしまうとこもあって。^^;
何で、こんな政党の支持率が、わずかながらも上がっているのか
本当に不思議だし。やっぱり、こんな政党に政権を返すわけには
行かないという思いを強くしてしまうのだけど・・・。

 実際のところは、民主党政権が、内閣も党内もバタバタで、
も~っと情けない状況にあって呆れられつつあるので、自民党の
方が支持が上回るようなことになっているわけで。
 
 折角、政権交代が実現して、議会制民主主義が発展&成熟して
行くための大きなステップを踏めたかな~と喜んでいたのに、
逆に、何だかどんどん後退して行っているような感じを受けること
もあって。先日も、知人に「もしかしたら、今、生まれてから、
最も政治不信に陥っているかも知れないな~」と嘆いていた
mewなのであった。_(__)_

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2010-12-01 08:15 | 自民党について | Trackback(1)
  これは、今日2つめの記事です。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

今週、21日には、鳩山政権になって、3回目の党首討論が
行なわれた。

 実のところ、mewは、今回の党首討論には、さして期待をして
いなかったのだけど。
 後で、ビデオ&活字をチェックしてみて<今でもアナログTV&
VHS使用を貫くmew(^ー^)>、今回の討論では、mewの心を
とらえる大きな見所があった。(**)

 鳩山首相が、自らを「愚かな総理」だと言いつつも、普天間問題
に対する自分の思いや覚悟を、真剣に切々と語っていたからだ。(・・)

* * * * *

 mewは、正直なところ、この普天間の問題に関する鳩山内閣の
対応に、かなりイラ立っているところがあった。

<鳩山首相のホンネが見えないし。閣僚や与党議員は好き勝手に
バラバラな発言をするし。マスコミの報じ方にも問題があるし。>

 しかも、今年にはいって、米国やマスコミの圧力がどんどん
強まって来ており、鳩山首相も、だんだん追い詰められて、心身
ともに疲れて来ているような感じも見えて。
 もしかして、安倍元首相ではないけど<コチラの記事の後半参照>
心身的にダウンしてしまうのではないか、米国に押し切られてしまう
のではないかと懸念するところもあったのだけど・・・。

 今回の党首討論での鳩山首相の発言を見聞して、mewは、彼の
信念&心意気に触れたような気がしたし。少なくとも「5月末まで
は、アレコレ言わずに、キミに任せよう&応援しよう」と。「この
件に関しては、愚かor愚直に、取り組んで欲しい」という気持ち
にさせられたのだ。o(^-^)o

* * * * *

<党首討論の発言全文はコチラ。鳩山首相の発言の該当部分は、
*1にアップ、一部は後記>

 鳩山首相が、自らを「愚かなor愚直な」首相だと言ったのは、
もちろん、Loopyという意味でも、おXXという意味でもない。

 彼は、自分が、自民党の首相たちのように、ろくに日本の国や
国民のこと&その将来のことを考えもせず、自己保身ばかりを
考えているわけではないと。
 米国のご機嫌とりに走って、その場しのぎの対応を続ける
ような、ある意味では「ズル賢い」or「小利口」な首相ではない
と言いたかったことは明らかだろう。(**)

* * * * *

 残念ながら、TVや新聞などは、この「愚かな総理」発言の部分
だけを取り上げ、<その発言の真意は伝えようとせず>、一国の
総理として「愚かな発言だ」「情けない」とか、「追い詰められて
の弱気な発言だ」などと評していたのだけど。
 永田町異聞さんも触れていたが。今回のマスコミの伝え方には、
かなりの問題があるように思われた。(ーー゛)

<鳩山氏が、「愚かな」と言った真意をわかっていながら、あえて
それを伝えず、批判のネタに使うのも問題だと思うけど。もし、
マジに真意が理解できないような「愚かなorおXXな」マスコミ人
が増えていたら、もっと問題かも知れないけど。(>_<)>

 mewは、今、政権が窮地にありながら&米国にかなり押されて
いる中、本当に強い信念を感じる、ある意味ではかなり強気な発言
であったのではないかと思うし。
 マスコミが、ヨイショしてくれることなど期待していないけど。
せめて、この鳩山首相の真意を、できるだけありのままに、国民
に伝えて欲しかったな~という思いを抱いたりもした。_(。。)_

 そして、谷垣総裁は、「愚かな総理」という言葉をきいて
「なんですか、それは。愕然とした」と批判。「私はあなたに
もっと使命感をもっていただきたい」と語っていたのだけど。

 鳩山首相は、まさに強い使命感をもって、これまで自民党の
総理大臣には為し得なかった仕事を果たそうとしているので
ある。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
「確かに、ワシントンポストのいわれるように、私は愚かな
総理かもしれません。それを、昨年の12月において、もし、
『エイヤ』と、辺野古という場所に新たな普天間の移設先を
決めていれば、どんなに楽であったか、はかりしりません。
そしてそのことでオバマ大統領との間で、日米関係が一見、
良くなったようにみえたかもしれません。

 しかし果たしてそうでしょうか。私はそうは思わなかった。
決して、愚かだったから、愚直だったから、あるいはそうかも
しれません。しかし、結果として辺野古の海、果たして工事が
進んだでしょうか。私は結果としてあと数年間、何も動かなくなる。
結果として日米関係が一見よくなったにもかかわらず、結局は
日米安保、おかしくなったね。あの結論、間違いだったじゃないか
そのようにいわれたかもしれない」

「私はだからこそ、沖縄の県民の負担をできるだけもっと少なく
していかなきゃいけない。今日までの沖縄の皆様方の大変なご負担
を考えたときに、少しでもそれを和らげることができた、愚直に
そう思ったのは間違いでしょうか。私は決して間違いだとは思って
いない。」

 何て力強い言葉なのかしらん・・・って思いません?"^_^"

* * * * *

 本人も言っていたように、鳩山首相とて、もし楽をしたいと
思えば、「自民党政権と米国との合意があるのだから、仕方ない」
と言って、従前通り、Cシュワブ沿岸(辺野古)に移設する案を
引き継げばよかったのである。

 そう決めても、沖縄の人たちや一部の政党やマスコミからは
公約違反ではないかと批判される可能性はあるけれど。
 おそらく現状のように、米国や野党やマスコミから様々な圧力
や批判を受けることもなかっただろうし、他のことに勢力を傾ける
ことができる分、全体的に見れば、そう大きなマイナスにはなら
なかったかも知れないのだ。(・・)

<もしかしたら、本人も、疲れた日には、「最初から、辺野古に
決めれば、こんなにしんどい思いをしなくて済んだかもな~」と
いう思いが、ふとアタマをよぎることがあったりして。^^;

* * * * *

 でも、鳩山首相は、もし自分が安易な道を選んだら、日本の国や
沖縄の将来のためにはならないと考え、あえてイバラの道を歩む
ことを決意したのである。(**)

 日本は、戦後60年以上、自民党政権になってから50年以上、
まるで永遠に敗戦国扱いされるしかないのかと思いたくなるほど、
ず~っと米国に従属的な立場に置かれているし。
 沖縄は、米軍に本土を破壊され、多数の犠牲者を出した上、
その後、ず~っと米軍基地の負担&苦悩を強いられたままだ。(-"-)

 けど、米国がスポンサーになって結党した&米国べったりの
自民党には、この状況を変えることは極めて難しい。
 もし、この状況を変えるとしたら、初めて国民の手で、自民党
ではない政権が誕生した今しかないのである。(**)

 もちろん、長い間、続いて来た米国との関係や諸状況を変える
のは、決して容易なことではない。(-"-)
 でも、これは、沖縄県民だけでなく、日本国民の民意にもかなう
ことなのだ。(+_+)

 沖縄の県民は、基地負担の軽減を公約にした民主党&社国党に
期待を寄せて、総選挙でも、彼らを当選させた。
 また、おそらく日本の国民の大部分は、「これ以上、沖縄の
基地負担を増やすべきではない。少しでも軽減すべきだ」と考えて
いるし。「米国とより対等な関係になれたらいい」と願っている人
もかなり多いと思われる。<民主党は、より対等な日米外交を公約
に掲げているしね。(・・)>

 それは、鳩山&小沢氏、そして民主党が目指す自主独立した
真の民主主義国家を築いて行くことにもつながるわけで。
 それゆえ、鳩山首相は、何とかこの問題で、少しでも日本の
主張を通すように最後まで努めようとしているのである。(**)
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 鳩山首相はまた、自民党政権が決めた辺野古移設案が、決して
順調に進んでいなかったことも指摘した。

 実際、1996年に危険性の高い普天間基地を他に移設して、
同基地を返還すると合意。そして、97年にCシュワブ沿岸
(辺野古)に移設する案がほぼ決まってから、もう14年立って
いるのに、自民党政権は、これまでずっと普天間基地の移設に
着手できずにいたのだ。(ーー゛)

「今まで旧政権の下で何が起きたんですか。もうあとちょっとで、
まさに辺野古に決めて普天間が返還できる。そんな状況では
なかったじゃないですか。だからこそ、私どもは新政権になって、
新しい発想が必要だと申し上げているわけであります。」

「旧政権に任していればあのまま、普天間返還されずに2014年
の期間がずるずる先延ばしされていた。まさにそうなったに違い
ない。それぐらい沖縄のみなさん方が、あの辺野古の海を埋め
立てるのは困る。そのような思いを私どもに伝えてくださったから、
だからこそ、私どもがあの選挙のときに、おかげさまで沖縄に
おいても勝利をさせていただくことができたわけであります」

「それは辺野古、あの海を埋めた立ててはならないという沖縄県民
の意志だったじゃありませんか。
 だから私は2014年にこれからもできる限り、新しい移設先
を求めていきながら普天間の、危険性の除去というものを行い、
そしてその結果として普天間が全面返還されるように最大限努力
します。」

 また、鳩山首相は、自民党がアチコチでやって来たように、
「奄美の振興に関して予算と、札束を、いわゆるほっぺたをたたく
ようなやり方を・・・私ども新政権は決してそういうやり方は
いたしません」と。
 そして、「私は一つ一つの政策の実現に向けて、自分自身の覚悟
というものを国民の皆さんに示しながら行動して・・・必ず、関係
閣僚と協力をしながら、最終的な結論というものを5月末までに
出させてもらう。その決意を改めて国民の皆さんに、申し上げて
おきます」と言い切ったのだった。<一部編集>

<このあとの記者会見でも、鳩山首相は、同じ思いや覚悟を語って
いたので、関連部分を*1にアップしておきたい。>

* * * * *

 いつも書くように、米国と少しでも対等な形でやり合おうと
するのは、本当に大変なことだし。めっちゃ大きな力やエネルギー
が必要になる。
 しかも、米国は、鳩山首相が、党内外からジワジワと追い詰め
られて、ギブアップするのを待っているのである。(ーー)

 その圧力に負けずに、正面から日本の主張をぶつけ続けるには、
鳩山首相の思いだけでは、どうしようもないところがあるわけで。
内閣の閣僚や官僚、与党議員がみんなで協力して総力を結集する
必要があるし。
 何よりも、大きな支えになるのは、国民の理解&後押しである
に違いない。(**)

 もちろん、この問題に関しては、色々な考え方があるとは思うし。
「米国が上に立つのは仕方ない」「従前の日米合意通りでいい」、
「沖縄が犠牲になるのは止むを得ない」と考えている人に対して、
何を言おうとも思わないけど・・・。

 ただ、少しでも「沖縄の基地負担を軽減すべきだ」「日本は
米国と対等な関係を築くよう努めるべきだ」と考える国民は、
せめて、この問題では、鳩山首相を支援して欲しいと、心から
お願いしたいmewなのだった。m(__)m
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 今は30位前後に。応援に感謝&押し上げ、よろしくです。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ TOP3まで、あと少し。ご面倒でしょうが、もう一押しを。m(__)m




                     

More
[PR]
by mew-run7 | 2010-04-24 14:54 | 民主党、民進党に関して | Trackback(5)

 記事アップが遅くなってすみません。m(__)m
何か朝からPC不調で、書いたものは飛んでしまうし。仕事用
のものも、強制終了で消さざるを得なくなったし、泣きそう。(ノ_・、)

 とりあえず、一昨日、書きかけてあった「日の丸切り刻み?」
事件に関する記事を、ちょっと伸ばしてアップするですぅ。(・・)
<時間がないので、徐々に編集をして行きます。>

  もしできたら、あとで、もう1本アップしますね。

人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  一昨日の17日には、日本記者クラブで6党党首の討論会が
行なわれたのだけど。<詳報はコチラ
 mewは、リアルタイムでは見られなかった。<NHKは
夜も再放送をしてくれればいいのに。(-"-)>

 で、その日の夕方。知人に「何か今日の党首討論で、麻生が、
民主党が『日の丸を切り刻んだ』って言ってたみたいだけど。
何か知ってる?」ときかれて、「え~???(・o・)」と。

 日の丸を「切り刻む」というのは、チョットただごとじゃない
って感じがするしね~。(-"-)
 思わず、あまり麻生くんが「民主党の党大会には国旗がない」
とかイチャモンをつけていたので、「もしかして、過激なサヨク
の人が乗り込んで来て、日の丸を切り刻んだりしたのだろうか?」
なんて懸念しちゃったりもしたのだが。^^;

 帰宅して、ネットなどで事実関係を確認して、正直なとこ、
「な~んだ」と思ってしまったとこがあった。(・・)

* * * * *

 麻生首相は、討論会の、鳩山代表への質問の中で、この話を持ち
出したのだけど。そのまますべて載せてみよう。

『最後にもう1点、鳩山代表に申し上げておきたいことがあります。
去る8月8日、鹿児島県内で開かれた民主党の集会でのことで
あります。
 壇上に大きな民主党の党旗が掲げられておりました。あの赤い丸
が上下に二つ並んだかたちであります。しかし、これをよく見ます
と、それは日本の国旗、日の丸の旗を切り刻んで上下につなぎあわ
せておられます。
 私の支援者から報告が寄せられておりましたんで、そんなことは
ないだろうと一応言いました。これは民主党のホームページにも
写真が載っております。確かに載っておりました。

 私は国家の象徴としての国旗を切り刻む、そのようなことが
あったとは正直、信じたくはありません。日本の国旗を切り刻むと
いう行為がどういうことなのか、私にはとても悲しく、これは許し
難い行為であるというように思っております。
 上が日の出、下が水面に写る朝日を象徴しておる。それが確か
民主党の党旗だったと記憶しますが、その下の方は真円になります
んで、国旗ですと。それをわざわざしわしわにして並べてかけて。
姑息(こそく)だと私は正直思いました。
 多くの方々から、この投書が寄せられているということだけ申し
上げて、時間だと思います。終わらせていただきます」

* * * * *

 どうも8日に、鹿児島で民主党の新人候補の決起集会が行なわれ
た際に、壇上に掲げられた党旗が、日の丸をつなぎ合わせたもの
だったということのようなのだが。

 麻生首相の言葉をそのまま受け取ると、「切り刻んで」「つなぎ
合わせて」「しわしわにした」という、とんでもない扱いをした
ような感じにきこえてしまうとこがあって。^^;
 
 で、早速、例の自民党HPの「日本の未来が、危ない!」の
コーナー(コチラ)にも、そのことが取り上げられていたの
だけど。
 問題の党旗の写真を見ると、「???」という感じに。(・・)

 mewが真っ先に思ったのは、「え?どこが『切り刻んで』ある
の?」ということだった。(**)
 それぞれの旗の1箇所を真横に切って、つなぎあわせているだけ
で。これを「切り刻む」とは言わないし。「チョット、表現が
大げさだったんじゃない?」と。
  
 また、これは地元の熱心な支持者が作って、持参したものなのだ
そうだが。
 正直な話、「うまく作ってあるな~」と感心してしまったとこ
さえあったほどで。きれいに作られていて、mewには、特に
グチャグチャ、シワシワにされているという風には見えないし。

 そもそも現場にいた民主党の関係者は、誰も、それが日の丸で
あるとは気づかなかったというけど。たぶん、mewも、気づかな
かったのではないかと思うしね。^^;
<mewは、そもそも民主党のマークの下の丸は、完全な丸では
ないということも知らなかったですぅ。^_^;>

 それに仮に、それが日の丸であるとして見ても、mewは作った
人が、国旗を貶める意図があるようには感じなかったし。

 むしろ、この人は日の丸が好きなのかも知れないと。で、大きな
日の丸に抵抗感を抱かれないように、民主党の党旗をうまく重ね
合わせる形で掲げればいいかもと思って、わざわざこのようなもの
を作ったのかな~と思ったりもしたのだった。(・・) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 もちろん、mewも、基本的には、国旗を切ったり汚したりする
など意図的に毀損することは好ましくないことだと思うしね。
<日本の国旗だけでなく、どの国の国旗でも、何か抗議デモ
とかで、踏まれたり、切られたり、燃やされたりしている映像を
見ると「それはいかんだろう」と思って、腹が立つしね。(`´)>
 
 鳩山代表も『そんなことを、けしからんことをやった人間がいる
とすれば、そのことに対して大変申し訳ないという思いをお伝えを
申し上げておきたいと思います』とすぐに謝罪をしている。

 そして、岡田幹事長が鹿児島の候補者に厳重注意をして、候補者
も謝罪文を発表したという。(・・)

 ただ、正直なところ、mewは、果たしてこの件は、NHKが
ナマ中継を行なう日本記者クラブの党首討論で、麻生首相が
わざわざ提起すべき問題だったのか・・・疑問に思うところも
あった。
<知人の中には、自民党は、もっと早くネタを仕入れていたけど、
このNHKのナマ中継の日に話を出そうと、図ったのではないか
という人もいたですぅ。>

 確かに民主党の候補者の集会の話ではあるけれど。別に党と
して行なったことでも、党の指示や政策として行なった話でも
ないしね。
 しかも、その表現も「切り刻んだ」を含めて、いささか大げさ
なものがあって。もし実際に写真を見る機会がなければ、何か
本当にバラバラに切られて、グチャグチャにされて、つぎはぎに
されたかのように、誤解してしまう人もいるかも知れないし。(-"-)

 何だかな~って思う部分の方が大きかったというのがホンネの
ところだ。(**)

* * * * *

 それに、確かに鳩山代表が党首討論で謝罪のあとに、「それは
国旗ではなくて、われわれの神聖なマークでありますので、マーク
をきちんとつくらなければいけない話だった」と言ったのは、
ビミョ~な感じのする表現だったと思うけれど。

<でも、鳩山くんは基本的に保守っ子で。日の丸は敬愛している
と思うので。たぶん、本人は、わざわざ切り貼りして傷つけた
「日の丸」を掲揚することで、国旗を貶めようとする意図では
なかったと言いたかったのではないかとmewは解釈したのだが。>

 でも、ここまでで終われば、まだよかったと思うのだが。。

 自民党が、何かツッコミみどころを見つけたガキンちょが、
どこか、嬉しそうに「わ~い、みんなに言ってやる~」と公表して。
しかも、HPでも、こここぞとばかりに追い討ちをかけんとするかの
ようにして、

「民主党が政権をとるならば、日本を代表する政党、また、その党首
として国際社会に出ていかなければなりません。民主党の考えは、
全世界の常識から逸脱しており、受け入れられるはずもありません。
国の成り立ち、国家の基本を否定して恥じない民主党の実態を国民
に積極的に訴えかけましょう!」とか。

 さらに、何と「労働組合のシガラミを持つ左翼政党」と銘うって
お得意の労組、日教組批判を持ち出して来て・・・
『今回のことは、日教組や自治労というシガラミをもった民主党が
本質的に抱えている問題を垣間見せた象徴的な出来事でもあります。
日教組は、日の丸・君が代を否定する教育を推進しており、民主党
には、その日教組出身の議員も多く、「教育の政治的中立、そんな
ものありえない」(輿石代表代行)、「日教組とともにこの国を
担う覚悟だ」(鳩山代表)などの暴言がまかり通っているのが現状
なのです。』とかね。

『民主党は、・・・家族や社会の絆を崩壊させ、伝統や文化を断絶
させる「革命思想」を巧妙に隠しながら、バラマキ政策によって
政権獲得を達成しようとしているのです』とかまで書かれてしまう
と、「おいおいっ」と。
 逆に反発を覚えてしまうとこが出て来るんだよね~。(ーー゛)

* * * * *

 その後の報道によれば、『党旗を作った支持者について、事務局
長は、国旗に反対するような日教組の関係者であることを否定。
「むしろその逆で、毎朝国旗を家に掲げるような人と聞いています。
国旗をおとしめる認識はないようでした」と説明する。ただ、なぜ
そんな人物が国旗で縫い合わせをしたのかについては、明確な回答
がなかった』という。<J-CAST18日より>』 exciteコチラ
『 この問題を麻生首相が党首討論で取り上げたことについて、新聞
各紙では、保守票固めを意識しているとも報じている。自民党は
サイトの中でも取り上げ、「今回のことは、日教組や自治労という
シガラミをもった民主党が本質的に抱えている問題を垣間見せた象徴
的な出来事でもあります」と批判した。
これに対し、民主党鹿児島県連の事務局長は、「党首がわざわざ
言うことなのかなという思いはします」と自民党側の対応に首を
かしげる。
自民党の広報本部では、「日本の公党として、問題を指摘して
当然だと考えています。保守票固めかについては、有権者が判断する
ことです」と話している。』<同上>

 案の定、ウヨ保守系の人たちがネットなどで、国旗を「切り刻み」
「切り裂き」などと大批判を繰り広げているのだけど。
 マスコミの方は、新聞各紙はとりあえず報じたものの、あとはもう
静観する構えでいるようなので。事態は沈静化する方向に向かいそう
なのだけど。

 色々な意味で、ずっと「何だかな~」という思いが残ってしまって
いるmewなのだった。(@@)
                 THANKS
 
【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-08-19 15:13 | Trackback(4)

  お盆休みの期間も、ずっとアクセス&ご支援クリックを続けて
下さっている方々に、心から感謝。(ノ_-。) uru-uru
また07年の参院選の時みたいに、リベラル&平和系のブログ
が、上位の枠にはいれるように、頑張らないとですね。o(^-^)o


人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

  昨日12日、麻生vs.鳩山の自民、民主2党による党首討論が、
都内のホテルで行なわれた。<「新しい日本をつくる国民会議」
(21世紀臨調)が主催。>(・・)

 この2人による討論は、6月に国会で行なわれた党首討論以来、
約2ヶ月ぶり3回目だったのだけど。

 mewは、国会の党首討論の時に、いつも不満に思うのが、
「時間が短い」ということと、「いちいち着席&挙手をして、
委員長から指名を受けてから立ち上がって発言するという形式
が、かったるい&時間のムダだ」ということなのだが。

 昨日の討論は、約1時間半とたっぷりと討論時間があったし、
ムダな儀式もなかったので、落ち着いて、ゆっくり話ができる&
きける感じだったので、その点は、よかったのではないかな~と
思った。(・・)

<ただ、話の内容や言い回しが、毎度おなじみのものが多かった
ので。日ごろ、政治系のニュースなどをよく見ている人の中には、
つまらない&長いと感じた人も少なからずいたかも?^_^;>

* * * * *
 
 さすがに総選挙を目前に控えて、両代表ともそれなりに厳しい
表情で、緊迫感が伝わって来るような雰囲気もあったのだけど。

 近時は、どっちが与党、野党かわからないぐらい「攻める麻生、
守る鳩山」という図式が定着して来ているところがあって。
 特に麻生総裁の方は、昨日は、かなり顔つきが険しかったり、
語気が強かったりする場面も見られて、マジで攻撃的になって
いるような印象を受けた。^^; <何か最近、眉間のシワも、
ギュ~ッと深くなって来ているような感じが。(-"-)>

 しかも、討論が終わったあとのこと。鳩山代表は、握手でも
しようと思ったのか、麻生総裁の方を見て、歩み寄るような
しぐさを見せたのだけど。
 麻生総裁は、鳩山代表の方に目を向けることもなく。簡単に
主催者に挨拶をしただけで、目をふせて険しい顔をしたまま、
とっとと舞台をおりて帰って行ってしまって、「あらら」と。(・o・)

 TVでその映像を見たmewは、思わず、「おまえは、(小泉)
進次郎か!?」とツッコみたくなってしまったのだけど。^_^;

<小泉進次郎くんが、地元のお祭りで挨拶回りをしていた時に、
ライバルの民主党候補が挨拶しようと声をかけたり、手を差し出し
たりまでしていたのに、完全にシカト(無視)。(゚Д゚) その映像
がネットに流れて、大ヒンシュクを買っているのら。(>_<)
おわらんきーブログさん(コチラ)に、その映像が。(・・)>

 麻生氏は、おそらく鳩山氏の動きに気づかなかったのだと思う
のだけど。こういう討論会のあとは、与党の代表の方から、相手
の健闘を讃えるような感じで、握手を求めるのが一般的なのでは
ないかな~と思ったりもするし。

 何か討論の様子も含めて、あまりの余裕のなさそうな態度に
を見ていて「やっぱ、麻生くんは日本の総理とか、大政党の総裁
とかの器ではなかったのよね~」と、つくづく思ってしまった
りもしたmewなのだった。(ーー)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 でもって、討論の内容は、ホント「毎度ながら」という感じの
ものが多いので、その要旨を*1にアップしておきたいのだが。
<全文は、コチラに。>

 mewは、昨日は用事をしながら、ネット中継を流していたの
だけど。音声が聞き取りにくい部分も多かった上に、回線が混んで
いたせいか、うちのPCやネット環境がへぼいせいか、途中で音声
が止まったり切れたりすることが何度もあって、イライラ。^^;
 折角の討論なのだし、ネットをあまり利用しない人のためにも、
やっぱ、TVで中継した方がいいのではないかな~と思った。(・・) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 で、実は、mewが昨日の討論で、一番、印象に残ったというか、
「うっそ~。知らなかった~~~!(゚Д゚)」とビックラしたのは、
この部分だった。<詳報は、コチラ

 それは、インド洋での海上自衛隊の給油活動に関する討論の
際の、鳩山代表の発言なのだが。

『私が二度ほどアフガニスタンに参ったときにも、カルザイ
大統領からは給油に関してはご存じなかったということが現実
にあります』・・・なんだって。(・o・)honto~?

 アフガンの大統領が知らない、アフガンへの支援策って、何?^^;

* * * * *

 麻生総裁は、昨日も『アフガニスタンに関しては、テロリストの
資金源になっている麻薬の輸入輸出というものに関して、われわれ
これを断固阻止すべきということで各国が海軍、艦船を送っている。
それの補給をやっている。高い評価を得ております』とアピール
していたのだけど。

 以前から、何度もブログに書いているけど。結局、インド洋の
給油活動は、決してアフガンのためではなくて、何よりも米国の
ためなんだよね~。(ーー゛)

 鳩山代表は、『アメリカやパキスタン、石油をタダでもらって
いる国からすればありがたい話』かも知れないが、『月に数回しか
行われていないような給油活動、本当にそれがアフガニスタンの
平和に対して資するものであるのか、いつも疑問に思って』いたと。
 また、給油活動は、麻薬対策だけでなくて、戦闘に使われて
いる可能性もあるし。麻薬対策には、海路より陸路の方が有効かも
知れないなどと反論を展開した。(・・)

 民主党は、インド洋の給油活動は、来年1月に期限を迎えた時点
で、法案を延長せず。他の形で、アフガン支援をすることを公約に
しているのだけど。
 mewもいつも、日本が、本当に相手の国や国民のためになる、
本当に喜んでもらえるような国際貢献&支援ができればな~と願って
いるので、この案には大賛成だ。(**)
<こうすれば、自衛隊の活動や国際貢献でも「無駄遣い」をなく
して、国民のお金を有効活用することにもつながるしね。"^_^">

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 それにしても、この1~2ヶ月、麻生総裁の攻撃のネタや言い
回しがワンパターン&mewから見ると自虐的ブーメランっぽい
とこも多いので、何だか、見ていて空しく、情けなくなってしまう
とこもあるのだけど。<っていうか、もうあの攻撃には、国民の
方もチョット飽きて来ちゃったとこがあるかも。^_^;>

 だってさ~。昨日も、麻生総裁がメインで持ち出したのは、
財源論だったわけで。<もう06~07年の安倍政権以来、自民党
は、ず~っとそればっかなのよね。(-"-;)>

 たとえば、麻生総裁は、討論に先駆けて行なわれた政策アピール
のところで、民主党が消費税アップを行なわないことに対して、
「私たちの世代の借金を子や孫の代に先送りするわけにはいかない」
と批判しているのだけど。

 でもね。麻生政権は、今春、十兆円以上の赤字国債を増発する
ことを前提にして、アニメの殿堂とか、後述するような、あれこれ
のバラマキ資金なんかも含む補正予算を作っているわけで。
 その追加の国債発行の影響もあって、この8月には、日本の
債務残高は860兆円を超えて、過去最高になったと発表された
ばっかなのよね。(ーー)

 で、自分で借金を大きく増やした人が、「子や孫の代に先送り
できない」とか言っているのをきくと、チャ~ンチャラおかしい
って思ってしまうしね。(@@)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 

 最近の麻生首相が攻撃の際に使う得意フレーズに、「民主党の
『財源なきバラマキ政策』」というのがあるのだけど・・・。
<で、何が何兆円って数字を挙げるのが決まりパターン。国民の
多くは、そんな細かい数字には、ほとんど興味がないのに。^^;>

 もう、マスコミや識者などからも指摘されているように、自民党
の方も、民主党の真似っこで、子育て資金やら何やらを公約として
掲げているのだけど。3年後に消費税を上げる予定だという以外は、
『財源』のアテを示しているわけではないし。

 何の根拠もなく、2年後には、名目の成長率が2%を超えるとか、
10年後には所得が100万円上がるとかアピールしているわけで。
それがわかっている人には、民主党と「どっちもどっち」みたいに
しか聞えないのである。(-"-)

* * * * *

  それに、「バラマキ政策」という点では、麻生政権は、国民の
7~8割が反対していた「定額給付金」を強行してるし。
 さらに今春になって、公明党の要望もあって、何故か急に第二子
以降が3~5歳の家庭に、1年だけ3万6千円を支給したり。
 高速道路も期間限定で1000円に。他にも、地方や諸団体を
含めて、アチコチにお金をバラバラとまいていることは、多くの
国民が知っていることだしね~。(・・)

 麻生氏は、定額給付金について、よく「国民の多くは最初、反対
していたけど。実際に給付したら、大きな評価をするようになった」
とか言っているのだけど。世論調査とかを見ると、給付金を出した
あとも(もらえるものは、しっかりもらいつつも)、国民の大半は、
あの政策を評価していないというのが事実だしね。^_^;

 しかも、一般国民から見れば、自公与党は、単に経済危機に
際しての生活対策だけではなくて、ピンチの衆院選を控えている
からこそ、選挙のために一時的にバラまいたのではないかと
いう感じもあるし。
 後出しジャンケンのマニフェストで、子育て、教育の支援策
を増やして来たこともあって。「バラまきなら、自民党も負けては
いないんじゃないの~?」と、こちらも民主党と五十歩百歩に
見えてしまうのではないかと思うのよね~。^_^;

* * * * *

 まあ、mewは、今回はアンチ自公で、政権交代を切望している
側なので、麻生自民党が民主党を効果的に批判できる能力がない&
その状況にないことは、却って、有難い面があるのだけど・・・。

 自民党は、やはり下野をして、国民にもアピールでいるような
効果的な批判の仕方も勉強した方がいいのかも知れないな・・・と
思ったりもしたmewなのであった。(@@)
                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  




 

More
[PR]
by mew-run7 | 2009-08-13 08:50 | 09年衆院選 | Trackback(6)
 マズイ!今朝から、ブログを書くのでも、頼りにしているmini
PCが、不調になっていて。書いたものも、PCが固まってボツに
なっちゃったし。IME登録単語(顔文字含む)も消えちゃってるし。
 あちゃー(>_<)・・・状態のmewになっているですぅ。(@@)

最新の記事一覧・・・6月分はコチラ。5月分はコチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

昨日17日、麻生ー鳩山の2回目の党首討論が行われた。

 今回は、マスコミなどの評価を見ても、7対3(厳密には6.5
対3.5ぐらい?)で、民主党の鳩山代表が優勢だったのでは
ないだろうか?"^_^"

 まさに「攻める鳩山、守りで精一杯の麻生」という感じが
あったし。また麻生首相の守りには、「なるほど~」と思わせる
ような説得的なものは、ほとんどなかったように思われた。(**)

* * * * *

 鳩山代表は、出だしで<同僚議員に止められたけど?^^;>、
国民の関心事である「日本郵政の社長進退問題」を取り上げて。
 しかも、「判断できない、判断がぶれる、判断を間違える」と
いう麻生首相の問題点をズバッと表したコピー・フレーズを出して
来て、準備万端&「つかみはOK!」という感じに。(^^)b

そこから、今回は「いのち」の問題として、医療や生活保護の
母子加算の削減など、国民にもわかりやすい例を挙げて、小泉改革
によって社会政策が軽視されて、国民生活が圧迫されていることを
アピールした。

 また財源問題に持ち込もうとした麻生首相に対して、「無駄遣い
のカット」を優先するという民主党の財政に対する考え方を説明。
官僚の言いなりになっている麻生自民党の問題点を指摘。さらに、
また「無駄遣い」の象徴として、自民、公明与党内でも批判が出て
いる「アニメの殿堂」の話を持ち出して対抗した。(・・)

<ここで、麻生首相が「安倍内閣の時からの政策だ」と反論した
のに対して、「緊急性を要するものに組まれるべき補正予算に、
何故、安倍内閣から考えられたものが、組まれるのか?」と切り
返したことや、自民党内では、補正予算について、マジメに議論
されていないのかと批判した部分は、昨日の討論で、mew的に
一番ポイントが高いと思ったとこだった。(*^^)v>

 また、最後の1分で、急に「第七艦隊」(安全保障)の問題を
持ち出した麻生首相に、「最後に安全保障の話をして国民もあ然
としたのではないか」と一蹴して。<mewもアレにはびっくら。>
「国民の皆さんが、なぜ麻生政権に愛想を尽かしているのかを
明らかにしていきたい」と締めくくって。

 全般的に、自分のペースで進められたし、言うべきことや
アピールしたかったことは、それなりに出せたような感じがあった
のではないだろうか?(**)

<mew的には、このブログで今まで書いて来たようなことも
含めて、自分が思っていたことを、かなり言ってくれたという
点でも嬉しかった&評価したいし。また、今回は、前回ウザい
感じがするぐらいオモテに出し過ぎだった「友愛」を持ち出さ
なかったのも、よかったかも。(誰かに言われたかな?)(・・)> 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 逆に、麻生首相の方は、全体的に、自分の思うような方向に話が
持ち込めず、相手ペースで討論が進んでしまったとこがあって。
やや焦りやイラ立ちのようなものが、見えるような感じもあった。

 政権与党の総理総裁なるものは、ド~ンと構えて、野党の攻撃を
受け止めた上で、しっかりと、じっくりと反論するという形を
とった方が、国民にも「さすが」「なるほど」と思わせて、安心感
や信頼感を与えられると思うのだけど。

 これは、以前から思っているのだが。何か、麻生くんは、ある
意味では、ミョ~に生真面目&チョット不器用とこがあるかも
知れず。正式な場とかで語る時には、かなり構えてしまう&アタマ
も硬くなってしまうように見えることがあるのだ。^^;

 昨日も、おそらく、打ち合わせ段階で、周辺の人から「これは
絶対に言った方がいい」と提言されたor自分もそう考えたと思わ
れるデータやフレーズがあって、「準備して来たものを、ちゃんと
言わなきゃ、言わなきゃ」みたいな感じが、かなり伝わって来る
とこがあったりして。
<最後に「第七艦隊」の話を持ち出したのも、そのいい例かも。>

 それゆえ、昨日の討論を見た人の中には、麻生氏の「総理の器」
に疑問を感じた人も、少なからずいたのではないかな~と思って
しまったりもした。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 というのも・・・麻生首相&陣営は、総選挙に向けて、経済財政
政策(特に、財源問題)や安保軍事政策を2本柱にして、自民党の
方が責任感&政権担当能力があって政権与党にふさわしいことを、
様々な場でアピールしたいという方針を打ち立てているのだけど。

 そのことに、あまりにとらわれ過ぎているためか、昨日も、
何とか、その2つの話に持ち込みもうと必死になっているところ
があって。
 それで、鳩山代表の問いかけに、正面からきちんと答えていない
感じがする場面も多くて。そのために、会話のキャッチボールが
成り立っていないような印象を与える討論になってしまったように
思えた。(-"-)

<医療の問題を提言されたら、まずはそのことに対する考えを
きちんと示すべきなのに。相手にいうことをちょこっと繰り返すだけ
で、ともかく「財源」のことを突っつかなくちゃってなっちゃうん
だもん。^^;>

 おそらく、麻生陣営も、かなり対策を練って、資料なども用意
して、麻生首相自身も、相当に勉強&準備をして来たであろうこと
は、昨日の討論からも伝わって来たのだけねど。
 でも、今までもきいたような決まり切った感じのフレーズでの
反論が多かったし、何かきいている人には「???」の細かい
数字を持ち出すような時もあって、自分の言葉でも説明がなされ
なかった分、説得性にかけてしまったのではないかと思うし。
 また、上述のように、「総理総裁」としての余裕や力をうまく
示すことができずに終わってしまった要因なのではないかと
思ったりもする。(・・)

 麻生首相は、「しゃべり」に自信があるのか、もっと党首討論
を行なって、それを支持率挽回の手段にしたいようなのだけど。
 mewは、客観的に見て、麻生首相が党首討論に関する考え方
や方針、話し方などを変えない限り、下手すると、討論を行なえば
行なうほど、支持率やイメージのダウンにつながってしまう可能性
もあるかも、と懸念するところがある。(-"-)
<まあ、mew個人としては、それでもOKなんだけどね。(^^ゞ>

* * * * * 
 
 mewは、基本的に「党首討論」というのは、ふだん政治に
関心のない人も含めて、より多くの国民にとってわかりやすい
もの、また興味深く感じさせるものであった方がいいと考えて
いる。<できれば、小中学生が見ても、ある程度は理解できたり、
興味深く思えたりするようなものであって欲しいと思う部分も。>

 確かに、政治の話をマジメにする以上は、難しい話や言葉も
出て来るのは避けられないし、多少は具体的な数字を出す必要も
あるかも知れないのだけど。
 mewは、政治家というのは、特に政府を代表する首相や閣僚
とか政党の党首とかは、そうすることが必要だと思う場では、
いかにより多くの色々な立場の国民に、わかりやすく説明できるか、
自分の考えを伝えることができるかというのは、すごく大事な
要素なのではないかと思うのね。(・・)
<しかも、ちゃんと色々な人の立場に配慮して、失言や問題発言
はしないように配慮しながら!(-"-)>

 難しい&具体的な法案や政策の話や細かい数字とかは、国会の
質疑とか、それなりの政治系の討論番組とかですればいいので
あって。まずは、もっと大きな枠&視点で、より多くの国民に
重要な政治の問題点や、自分たちの考えを知ってもらうことが必要
だと思うし。「党首討論」には、その役割や意味も大きいのでは
ないかと考えているからだ。(**)
<実際、ふだんは政治に関心のない人、国会質疑なんか見る気も
ない人でも、何か「党首討論」や、そのニュースは、チョット
興味を持って見たりする人が多いように思えるしね。(・・)>

 で、そのような観点から考えると、昨日は麻生首相りも、
鳩山代表の方が、その「党首討論」の意味をちゃんと認識&意識
して、討論を行なっていたように思うし。

<鳩山代表は、国民が見てるということをちゃんと意識しながら、
話していたのだけど。麻生首相はぶら下がりとかの時もそうだけど、
つい目の前にいる記者とか、鳩山氏や野党の議員とか、そちらの
方を対象にして話してしまうとこがあるのよね。^^;>

 そして、おそらく、それぞれのスタッフにも、その辺りの認識&
意識の差があったのではないかな、と思うところもあった。(**)

 <つづく>

 ちょっとハンパなのですが、時間がなくなってしまったので、
とりあえずここまでアップするですぅ。もし、できれば、今日中に
もう一つ、アップしたいと思うけど、あくまで「できれば」という
ことで。m(__)m

               THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


            
[PR]
by mew-run7 | 2009-06-18 11:35 | 政治・社会一般 | Trackback(8)
 最新の記事は、11月分・・・コチラ、10月分・・・コチラ 
*印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。

  昨日28日に行なわれた麻生太郎(自民党総裁)vs.小沢一郎(民主党
代表)の党首討論には、正直なところ、かなり期待はずれで、ガ~ッカリ
させられてしまった。_(。。)_
excite関連コチラ
 
 感想は、「ツマンねぇ~、中身がなさ過ぎ~」「野次がうるさ過ぎ~
(昨日は、特に自民党)」・・・おまけで「民主党の幹部のネクタイが
派手過ぎ~(特に鳩山由紀夫氏)」の3つかな?^^;

 討論の要旨は*1にアップしておくが。<詳報はコチラ

 小沢氏が「2年半で、3人めの総理で、もうすぐ4人めになるんじゃ
ないか」って皮肉ジャブからはいって、掴みはOKだったのだけど。
 その後、まともな争点は、「何故、今国会で二次補正を出さないのか」
「年内に解散すべきではないのか」の二つだけ。付け足しで、首相の
言葉の問題に触れたぐらいで、終わってしまって。^^;

 争点の数が乏しい<「二次補正」&「解散」だけ?>上に、内容が
抽象的で、しかも、同じような発言の繰り返し(堂々巡り)が多かった
ので、途中からイライラして来て。何か45分の討論時間が、すごく
もったいなく感じられてしまったというか・・・。
 あんなやりとりだけなら、10分で十分だし。ニュースのダイジェ
ストを見る方が正解かもなって思ってしまったですぅ。(-"-)

<で、あまりにも話がツマラなかったので、ついついネクタイの色に
目が行ってしまったのね。^^; だって、民主党が、小沢氏&後方に
いた幹部まで、みんな赤系のネクタイをしていて。特に由紀夫ちゃん
の鮮やかな赤&黄が、目にチラついちゃったんだもの~。(>_<)>

* * * * *
 
 何か これは、国会冒頭の所信表明&代表質問の時も「どっちが
首相かわからない」って言われたけど。
 今回、実際に2人で面と向かって討論してみて、やっぱ小沢氏の
方が、どしっと感があって、格上に見えてしまった人が多いのでは
ないかな~と思ったりもしたのだけど。(・・)

<麻生氏の方が今の立場も年齢も上なんだけどね。(小沢氏の方が、
当選回数は上&麻生氏が若手の頃、もう自民党幹部だったけど。)
 何か、お説教をする大先輩の前で、ヤンチャ小僧が、借りて来た猫
みたいになって、一生懸命に言い訳しているって感じが。^^;>

* * * * *

 で、全体的に見れば、小沢氏が6:4か7:3で優勢の判定勝ち
かな~という感じだったのではないだろうか?"^_^"

 詳しくは後述するが、麻生自民党は、今回の党首討論では、かなり
消極的な守り&逃げの作戦に出たこともあって、いわば撃ち合いの
討論にならず。
 それが、この討論をツマラないものにした大きな要因にもなったし。
小沢氏の攻めがイマイチだったのに、結果的には、判定負けを喫する
ことにもつながったように思うのだけど。

<ボクシングで言えば、王者側が「負けない試合」(引き分けでも
勝ち」に持ち込もうと考えて、大きなパンチをくわないように、
積極ミス(失言)で自滅しないように警戒して試合を運んでたら、
結局、ジャブをもらいながらとロープを背にしたままになって、
判定負けしちゃったって感じかな?(@@。
 
 何か、各社の報道記事のタイトルを見ても「初の党首討論、小沢氏
"TKO勝ち"」(サンスポ)、「失言警戒・麻生さんVS辛辣攻撃・
小沢さん」(読売新聞)「攻める小沢氏Vs「防戦」麻生首相=党首
対決、与党に落胆の声」(時事通信)、「『麻生節』を封印 防戦一方」
(東京新聞)、「逃げる麻生に攻める小沢…ヤジ!怒声!党首討論」
(スポニチ)とかが並んでて、その戦いぶりを表しているように
思えた。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
長いので^^;、小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのクリックもよろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ただ、麻生首相が逃げ逃げ作戦をとって来たので、攻めにくいとこ
はあったとは思うし。
 個人的には、小沢氏は、大嫌いな党首討論で、彼なりに健闘したと
思ったりもするのだけど。

 でも、小沢民主党側も、折角、ここで勝負を賭けようと思って、
党首討論を受けたからには、もっとスタッフがきちんと作戦を練ったり、
準備をして、麻生氏を追い込む&国民にアピールすべく、ビシビシと
攻めていかなければいけなかったのではないかと。(**)
 
 小沢氏は、討論後の会見で、「こんなちゃらんぽらんな、無責任な、
いいかげんな政治がいつまでも国民に許容されるとは思わない」と
語っていたのだが。<時事通信28日より>

 どこが「ちゃらんぽらん&無責任&いい加減」なのか、そこを
もっと具体的に指摘&アピールして欲しかったのに~と、mew的には
欲求不満、不完全燃焼みたいな感じが残ってしまった。_(。。)_

<たとえば、二次補正の件にしても、もっと具体的に麻生首相の発言
を取り上げたり、中小企業や雇用の現状を例に出してツッコんだり。
 国民の関心のあるとこで「定額給付金」の迷走ぶりとか<ついでに、
地方丸投げ&地方分権なるものがわかっていないこととか>、後期
高齢者医療制度の見直しの話が消えちゃったこととか。(麻生・
二階失言とも絡める形で)今の医師不足や医療現場の実態&国民の
不安とかを訴えてもよかったし。
 麻生氏がブレブレ&自民党の弱点でもある郵政民営化の見直し論
や、道路財源一般化の際の地方にお金を交付する方法のこととか。
いくらでも、ネタはあったと思うのに・・・。(ーー;)>

 何か、コチラの討論後の会見の方が、よっぽど迫力&アピール力
があって。(映像はコチラ
「何で、これを党首討論で出してくれなかったのかしらん?・・・
そうしたら、ダウンを奪って圧勝できたかも知れないのに」と思って
しまったりもしたmewなのだった。(@@。

* * * * *

 でも、麻生自民党側も、予想以上に、マスコミや国民に対しても、
自民党内に対しても、マイナスのイメージを残す結果になったのでは
ないかな~と思ったりもする。(・・)

 麻生首相は、かなりしつこく党首討論を要求していて。少なく
とも、面と向かってやり合えば「クチでは、小沢氏には負けない」
「自分の方がリーダーの適性があるところを見せられる」と思って
いたはずなのだけど・・・。

 かなり消極的な作戦をとってしまったことで、結局、麻生氏の明るさ
や前向きさとか、その個性、リーダー適性などのいい部分が出せず
じまいで。ただ、逃げ回っている印象を与えてしまったように思う
からだ。(**) 

 * * * * *

 そもそも麻生自民党の討論前に関する記事を見ても、「何か違うん
じゃない?」って思うところがあった。
<産経新聞28日「攻める小沢氏、慎重な首相 軍配はどちらに?」
一部を*2に、全文はコチラ

 麻生氏は、当初、党首討論を得点稼ぎの場と考えていたものの、
「きょうの党首討論に負けたら終わりだ」(麻生首相周辺)という
見方に、党首討論で大きなミスを犯せば、政権運営を直撃する正念場
になると自覚して、入念な準備を行ない、背水の陣で臨んだようで。

 27日夜、首相公邸の大食堂で行われた自民党役員連絡会メンバー
との夕食会で「一生懸命やる」と宣言。
 一同の「総理、がんばれ」との一本締めで送り出されて、帝国ホテル
へ向かい、秘書官ら政府高官と作戦会議を行ったという。

 作戦会議では、小沢氏の攻撃に備えて、理論武装用の想定問題集を
準備。「総理、くれぐれも挑発に乗ってはいけません。小沢氏個人への
嫌みやあてこすりもダメです」、「小沢氏をやりこめるのではなく」
わかりやすい言葉を使って、テレビの前の国民に説明するように」と
注意されて。
 また複数の与党幹部から「チンピラやアブねえといった応酬になれば
内閣支持率に響く」との危機感あふれる声が寄せられたので、持ち味で
あるざっくばらんな「べらんめえ調」は封印し、「ですます調」で
丁寧な発言を行うことにしたようなのだ。(ーー;) 

<何か「一生懸命やる」「総理がんばれ」とか見ると、官邸のお坊
ちゃまくんを送り出す感じが。(-"-;) 「挑発に乗ってはダメ。
イヤミもダメ」とか、子供じゃないんだからって思ったりして。^^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
長いので^^;、小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのクリックもよろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 まあ、ああいうオモテ向きべらんめぇタイプにはありがちなこと
だけど。・・・麻生氏は案外に気が小さい人なのかも知れないし。
 何か異常に、小沢氏への警戒心が強いとこがあるのだけど。
 
 麻生氏としては、マジに「ここで大きなミスを犯したら、麻生
おろしや解散に追い込まれるかも知れない」と危惧感を抱いて、
「何とか首相の座は守りたい」という一念で、今回の党首討論に
臨んだのかもな~と思ったりしてしまう。^^;

<ついでに言えば、やたらに本予算のことを強調していたけど。
自民党内の議員向けも含めて、3月の予算成立までは、解散をせず
に、自分が首相を続けるんだということをアピールしたかったの
かな~とも思ってしまった。>

 でも、その結果、マスコミも小沢氏に軍配を上げ、自民党内でも、
『「安全運転に気を遣い過ぎた」(自民党麻生派中堅)・・・「言葉
多く細かくしゃべった首相より、簡単な言葉で話した小沢氏の方が
説得力があった」(若手)「このまま追い込まれ解散か」(町村派幹部)
と失望の声が相次いだ。細田博之幹事長こそ「首相の圧勝」と記者団に
強がったが、首相官邸サイドも「完敗だ」と認めざるを得なかった』
ようだし。<時事通信28日>

<何か公明党の北側幹事長は、麻生氏が失言なく無事に終えたから
なのか、「ほっとした」と、大きな笑顔になってたりして。^^; 
彼が危機感あふれる声を寄せた与党幹部のひとりだったのかしらん?>

 もし私が自民党支持者だったら、こんな党首討論なら、やらない方が
よかったんじゃないかな~と思うかも知れない。(・・;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ただし、麻生陣営は、今回の党首討論のテーマとして、公の場で、
小沢代表から、金融機能強化法や予算関連法案などの審議に関して、
政党間協議に協力するという発言を引き出すことにあったという話
も出ていた。

 麻生首相が、討論会後の会見で、「今後、1月に出すことにしており
ます二次補正だけではなくて、4月にスタート致します平成21年度の
本予算について少なくとも審議をしていただくということに関して、
小沢党首の方から審議に協力と言って下さったことは、大変ありがたく」
「正直、テレビの前で審議に協力すると言っていただきましたので、
それを私どもとしては信用しております」と、その点をやたらに強調
していたのも、そのためだろう。<産経28日より抜粋>

<小沢氏は、本予算にまで協力するとは言っていなかったようにも
思うけど。^^;>

 自公与党としては、ともかく参院で、民主党が審議拒否をするのが
一番コワイので、その部分を重視したのだろうけど・・・。

 こんな逃げやごまかしの姿勢を続けていると、来年の国会運営を
気にする前に、自党内で足元が崩れてしまうおそれの方が大きい
ような気もするし。
 国民だって、いい加減、黙っていないんじゃないかな~と。(・・)

 国民としては、麻生首相が、このままずっと解散拒否を続けて、
日本の経済&国民生活がボロボロになって行く方が、よっぽどコワイ
&アブナイんだけど・・・と言いたいmewなのだった。(@@。

                         
p.s. もうツッコむのは辞めにしようと思ったけど・・・。今回の討論でも、
麻生氏は、「議院内閣制」のことを、「議会制民主主義」と間違えて
何回も言っていた。<たぶん想定問答集に書いてあったので、言った
のだろうけど、意味がよくわかっていかったのかも。^^; >
 「瑕疵(かし)」って言葉を使った時には、思わず「あら、そんな難しい
やつも読めるんだ~」って思っちゃったのだけど。「議会制民主主義に
瑕疵がない」って使い方には、瑕疵があるんじゃないかな~?(・・)>

                        THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2008-11-29 10:55 | 政治・社会一般 | Trackback(4)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7