人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全仏テニス・・・1日、大坂なおみは42位のシニアコバ(チェコ)に4-6、2-6で敗れ、3回戦で姿を消した。<今大会はTOP10のうち7人が1週目に負けているのよね。(~_~;)>
 大坂は初めてランキング1位でGSを迎え、クレーは苦手であるにもかかわらずGS3連覇への期待、重圧に心身がかなりまいっていた様子。<考えたら去年の全仏の時には、まだ20位ぐらいで3回戦負けはふつ~だったのが、GS2連勝して1位になっちゃったのだから。諸状況に対して、心身が準備できていなかったとしても不思議はないのよね。>
 敗戦後の会見での言葉を見ると、かなり苦しんでいたことが伺える。

『「多分、きょうは負けて何より」「すごく疲れているのを感じる。他の試合でも頭が痛くて、ストレスからくるものかもしれない」「重圧があったし、最高に幸せな時間ではなかった」「がっくり度10段階でいったら、多分100だった瞬間もあった」と話した。

 グランドスラム連続優勝などの野心的な目標について「考えすぎ」だったことも認めている。
「年間グランドスラムのことを考えすぎていた。本当に達成したかったけど、簡単にできるならみんながやっている」「これから自分を奮い立たせて、頑張ってもう一度そこを目指さないといけない」「この大会には、これでさよなら」

「うつだったとは言いたくない。その言葉は強すぎるから」「前にも感じたことがあるけど、今回はそんなに極端なものじゃない。確かにすごくがっかりしているけど、時間を巻き戻すことはできない」(AFPBB News19年6月2日)』

 ちょっと心身がまいってしまったかも知れないけど。何とかこれをいい経験にして、次の芝シーズンに向けて、また前向きな気持ちを取り戻して欲しい。 o(^-^)o】

* * * * *

 今日は、朝からバタバタで、ブログを書く時間がとれるかわからないので、先週、キープしておいた田原総一朗氏の記事を・・・。

 mewも大困惑・・・テレビも政治家も困惑する国民が政治に関心示さぬ理由について。

『田原総一朗「テレビも政治家も困惑する国民が政治に関心示さぬ理由」〈週刊朝日〉

5/29(水) 7:00配信 AERA dot.

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、昨今の世論の動きに戸惑いを見せる。

 いま、テレビの世界ではコンプライアンスについて、誰も口には出さないが、尋常ならぬ問題だと捉えられている。コンプライアンスとは法律を守るということだが、テレビの世界ではクレームに対する恐怖のことである。

 かつては、クレームのほとんどは電話で来た。そこでプロデューサーが電話を受けて、丁寧に聞き、心を込めて謝罪すると、それでなんとか納得してもらえた。

 ところが、インターネットの時代になって、ネット上にあげられるクレームはツイッターなどのSNSで炎上して大変な騒動になる。当然ながら、管理部門から経営陣にまで波紋が広がり、場合によってはスポンサーが降りてしまうこともある。

 すると番組の生存が危うくなる。

 そのために、番組のプロデューサーやその上司たちもクレームを恐れて、なるべくクレームの来ない、つまり無難な番組を作ろうという流れが強まった、と私は捉えている。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 だが、そのことを民放各局の番組のプロデューサーたちに問うと、誰もが私の捉え方を否定はしなかったが、「それ以上の問題がある」のだと困惑した口調で話し始めた。

 ワイドショーでも報道番組でも政治問題にあまり時間を割かないのは、政治の話題になると視聴率が落ちてしまうためなのだというのである。だから、本当のところ、あまり政治問題は扱いたくないというのだ。

 そのことを示す例だといえるのだろうか。たとえば、厚生労働省の毎月勤労統計の偽装が判明した問題だ。

“基幹統計”というのは、文字どおり国家の基幹であり、死活的に重要なものである。統計が不正確であれば、政策を誤り、政治決断を間違える。結果、国家は危機に瀕する。その基幹統計の不正調査が2004年から15年間続けられていたのである。

 立憲民主党会派の衆議院議員の小川淳也氏は、「激論!クロスファイア」に出演して、こう主張した。

「統計問題の核心は、それが単なる官僚の不正・隠蔽に過ぎないのか、それとも何らかの政治的思惑が働いたものなのか。私は後者だと捉えています。森友問題で明らかなように、安倍政権は公文書まで書き換えさせる政権ですから、国民にわからないように統計の数字を触るくらいのことは朝飯前じゃないかと」

「そして3週間にわたって公開資料を調べた結果、ある日はっきりとわかったのです。ああ、これは壮大な“GDP600兆円物語”だと。統計問題を調べていくと、すべてそこに行き着く。安倍総理が15年に『GDP600兆円』を打ち出してからすべて動き出しているのです。毎月勤労統計は入り口に過ぎず、統計不正、アベノミクス偽装の本丸はGDPです」

 だが、この大事件をどのテレビ局も軽くしか扱わず、何と立憲民主党など野党もなぜか途中で追及をやめてしまった。そこで、立憲民主党の幹部に問うと、追及しても国民の反応がまるでなく、逆に支持率が下がりそうなので、追及の対象を変えるしかなかったのだ、と答えた。

 国民にとって、得か損かがはっきりしていない問題については、ほとんど関心を示さないというのである。

 小川氏は「安倍内閣は、いっぱい問題があるのに、内閣府の世論調査では何と、国民の74.7%が現在の生活に満足しているという。国民はあきらめきっているということなのか」と困惑しきった口調で言った。一体、どう考えればよいのだろうか。

※週刊朝日  2019年6月7日号』

 国民の政治への関心が低く視聴率が上がらない→TVで政治を扱わない→国民の政治への関心がさらに低くなる・・・という、とんでも悪循環に陥っている感じがあるのだが。
 
 国民の政治への関心が低くなればなるほど、政権を握っている人たちは、国民を簡単にだましたり、好き勝手に国や国民を支配しやすくなったりするわけで。
 その結果、実のところ、結局は自分たち国民が損をすることになるということを、もっと多くの国民に認識して欲しいと。そのためには、メディアが政治権力の監視役の使命を思い出して、先に動いて欲しいと願っているmewなのである。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-06-03 11:37 | (再び)安倍政権について


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【先週、テニスの大坂なおみ(21)が、米タイム誌が毎年発表している「世界で最も影響力のある100人」の「パイオニア」部門に選ばれた。(*^^)v祝
 大坂は昨年の全米オープン、今年の全豪オープンと四大大会を2連覇して、世界ランキングも1位に浮上。何ヶ月かの間に、世界中に知られることになったのだけど。彼女のふるまいやインタビューでの受け答えも、多くの人々を魅了しているようだ。"^_^"

『四大大会18勝のクリス・エバートさん(米国)が紹介文を寄せ、「四大大会で初優勝したあとの若手は勝てなくなるものだが、4カ月後の全豪をパワーで制覇した。日本生まれ、米国育ちでハイチにもルーツを持ち、グローバル化する世界で多文化の象徴。誠実で、おごることがない。今後も優勝し続けるだろう」と』記していたそうなのだが。
 彼女は、まさにグローバル化、多文化化の象徴だと思うし。それをいい方向に活かして、ますます活躍して欲しいと願っている。o(^-^)o

<各国の伝統や文化は大切にすべきだけど。安倍首相&超保守仲間のように、もう戦前のような国粋主義にしがみついている時代ではないのよ!(`´)>】

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、今日21日は、大阪12区、沖縄3区の衆院補選、そして統一地方選(後半)の投開票日だ。(・・)

 mew的には、まず、玉城デニー氏が議員を辞めた(&知事になった)後の沖縄3区で、しっかりとオール沖縄&国政野党候補である屋良朝博氏に勝ってもらって、議席をキープしたいところ。(++)

 注目の大阪12区では、もちろん共産党の宮本たけし氏が勝ってくれると一番いいと思っているし。維新候補が勝って、ますます調子に乗るのも望ましくはないのだけど。
 でも、昨日、安倍首相が、大阪に応援演説に行った上、吉本新喜劇にも出演して存在をアピールしたとわかり、あきれるのを通り越して哀しくさえ思えたし。今回も自民党候補に負けて欲しいという思いが強くなって来た。(++)

* * * * *

 昨日の記事に、安倍首相が20日、大阪に選挙の応援にはいるついでに、吉本新喜劇に行くかも知れないという話を書いたのだけど。<関連記事・『萩生田「ワイルドに改憲」のアブナイ発言も&増税見送りは「個人の見解」と釈明+安倍が吉本新喜劇に?】>

 実のところ、mewは「いくら最近、何でもありになりつつある(調子に乗ってふざけている)安倍陣営でも、まさかそこまではやらないのでは」と半信半疑でいたのだ。(~_~;)

 BUT、何と安倍首相は昨日、本当になんばグランド花月を訪れ、吉本新喜劇の舞台にサプライズ出演したという。(゚Д゚)<警護のため2人のSPも舞台に上がることに。そこまでして出演すべきもの?>
  
『歴代首相初!安倍首相が吉本新喜劇出演 すっちーと掛け合い「本物です」

 安倍晋三首相が20日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で吉本新喜劇に出演した。歴代首相でNGKの舞台に立つのは初めて。21日投開票の衆院大阪12区補選の自民党候補の応援演説でこの日来阪し、3カ所で街頭演説。その後、NGKの舞台に10分近く出演した。

 6月大阪開催のG20会場、インテックス大阪(大阪市住之江区)の会場視察も兼ねた来阪の合間を縫っての出演。すっちー(47)、池乃めだか(75)らとのやりとりでは、社長役のめだかの友人役で登場し、G20の概要について説明した。すっちーから「ホンマに本物?」と聞かれ、安倍氏が「本物です」と応じると館内の興奮も最高潮に達した。(スポニチ19年4月20日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 昨日も書いたように、吉本新喜劇は大阪が誇るべき文化だと思うし。mewは、首相がそこに行ったり、出演したりすること自体、ダメだとは思っていない。<mewは、基本的にお笑い好きだしね。(・・)>

 でも、21日には、大阪府内では12区の衆院補選のほか、数多くの市長選や市議・町議選が行なわれるのである。
 そして、その前日に、安倍首相が吉本新喜劇を訪れたとなれば、特に関西系のニュースは、しっかりと映像も流すところが多いだろうし。それで好感を抱いて、自民党候補に投票しようかと思う人も出現するかも知れないわけで。^^;

 mewの感覚では、日本の首相たるものが、そんな「あからさまな、節操のない」まてゃ「えげつない」と思われることをすべきではないと思うし。かなりの批判があってもおかしくないと思うのだけど。
 でも、安倍陣営はそうは思わないようだし。もしかしたら、大阪の人々、また日本の国民やメディアも、さして問題だとは感じていないかも知れず・・・。

 何か日本は本当におかしく、アブナくなって来たような気がする。_(。。)_
 
* * * * *

 しかも、安倍陣営のやり方がセコイ。(>_<)

 安倍首相が大阪に行ったメインの目的は、どう見ても選挙の応援演説のためで。大阪にはいって、早速、3箇所の街頭演説をこなしたのだけど。
 でも、「首相がわざわざ応援に行ったのに負けたとなってはマズイ」ということで、あくまでも、現地で開催されるG20の視察などの公務のために大阪に行って、そのついでに選挙の応援もしたという形をとることに。^^;
<応援演説をこなしてから、G20出席者が利用する大阪迎賓館を20分ぐらい視察。その後、なんば花月に行き、最後は「鉄板ステーキ鐵」着。関西の中小企業経営者らと会食。^^;>
 
 吉本新喜劇の出演も、あくまで「G20について説明して、協力を要請するため」だったようで。
安倍内閣びいきの読売系スポーツ報知が書くと、こんな記事になる。

『安倍晋三首相(64)が20日、大阪・中央区のなんばグランド花月(NGK)で吉本新喜劇にサプライズ出演した。歴代首相がNGKの舞台に立つのは初めてのこと。6月28、29日に大阪で開催されるG20サミットのPRを行った。

 ステージの序盤に、「経済に詳しい人を呼んでいるから」と池乃めだか(75)に呼び込まれた安倍首相の登場に、観客は半信半疑でざわめきがおさまらず。清水けんじ(43)が「どなたですか?」と聞き、「安倍晋三です」と答えると、吉本新喜劇座長のすっちー(47)の女装キャラ・すち子が「そんな訳ない。なんばグランド花月」と笑いを誘い、安倍首相は「本物です」と笑顔で話した。

 安倍首相は「世界の首脳が集まって、山積した課題を話し合う。大阪ならではの解決方法もある。食べ物もおいしいし、人情も厚いし、笑いの要素もありますよね。『四角い仁鶴がまあるくおさめる』ように、解決策を見つけたいと思います」と、落語家・笑福亭仁鶴(82)が出演するNHK「バラエティー生活笑百科」でおなじみのフレーズを口にしながら、期間中の交通規制などについて理解、協力を求めた。(スポーツ報知19年4月20日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ちなみに、昨日、大阪の街頭演説の際には、森友学園の元理事長だった籠池泰典氏が夫妻で訪れていたとのこと。ただ、自民党側が籠池夫妻の言動を警戒してか、夫妻の前に立ちふさがるガードマンを用意していたようだ。(~_~;)

『大阪ダブル選は静観していた安倍首相だが、党からの要請を受けて重い腰を上げ、大阪入りした。対抗する維新については演説では一言も触れず、これまでの実績を強調した。

寝屋川市駅前の演説には籠池夫妻が姿を見せた。街宣車の上に立った安倍首相からバス停を挟んで約20メートルの距離に、2人が陣取った。2人の前には自民党関係者が立ちはだかり、安倍首相からの“視線”を徹底ガード。演説が始まると、諄子被告は「ウソや~! ウソつきや!」と何度も大声を張り上げた。

「あと10日ほどで新しい時代、令和が始まる」と安倍首相が聴衆に訴えると、籠池被告は大きく首を振り、眉間にしわを寄せた。周辺には「森友問題」のプラカードなどを持った人も集まり、首相演説の終盤には「安倍、帰れ」コールもわき起こった。

演説が終了後、籠池被告は「令和? あれはやっぱり『命令』の『令』なんですよ。すがすがしいとかは後でこじつけたもの。とんでもない暦を入れたもんだ」とバッサリ。徹底ガードには「これも命令があってのものでしょう」と吐き捨てるように言った。(日刊スポーツ19年4月20日)』
<だよね~。令和についての記事も書きたいんだけど。うまく時間がとれれば、GWに。^^;>

* * * * *

 沖縄3区は、情勢に関する記事を見る限り、屋良氏がリードしている様子。"^_^"

 今回、mewが、今までの選挙との最も違うと思う点は、自民党公認の島尻安伊子氏(公明、維新沖縄の推薦)が、辺野古移設に関して、明らかに賛成の意向を示していることだ。(・・)
<これまでは、公明党などの反対派に配慮して、辺野古移設についての賛否はクチにせず。争点からも外して、ごまかしていたからね。^^;>

 自民党は菅官房長官が、事前に沖縄入りして、地元の財界や諸団体に協力を要請。島尻氏も「県民の生活をどうするかも考えなければならない」と述べ、子育てや介護の拡充などをアピールしていたという。
<あと内閣府が19日になって、「テレワーク」の沖縄県内での普及を後押しするため、「その仕事は沖縄で」と題したウェブサイトを開設して、あからさまに振興策を前面に出しちゃうとかね。。>

 他方、屋良氏は「辺野古の問題はいいかげん終わりにしようではないか。普天間問題は辺野古の海を埋め立てなくても解決可能だ」「わずかばかりの(政府の)振興策が欲しいがために、辺野古の美しい海を犠牲にするわけにはいかない」と主張。(「」内は産経4.20)
 20日は、玉城知事も一緒に選挙活動を行なったという。(++)

 屋良氏の法定ビラの経歴に誤記があったとのことで(屋良氏側の発表)、自民党県連が経歴詐称があるとして告発をする意向を示したようなのだが。今のところは、大きな問題になっていない様子。
 逆に、昨年、暴力沙汰を起こして問題になった自民党の沖縄県の国場幸之助衆院議員が、先週、ダブル不倫による慰謝料請求提訴されたという記事が出たり(*1)、米兵が(性暴行で接近禁止令中に?)日本人女性を殺害する事件が起きたりもして(*2)、自民党側にとってのマイナス材料が続いている。(-_-)

 ただ、油断は禁物。もうすぐ参院選もあるし。県民の人たちともオール沖縄になって、強引に辺野古工事を進めている安倍内閣に正面から対抗できるように、屋良氏に圧勝して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-04-21 05:25 | (再び)安倍政権について



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全米テニス・・・大坂なおみ(20)が決勝で、GS24回目の優勝を目指すセリーナ・ウィリアムズと対戦、6-2,6-4で勝利。日本人選手として初めて全米、そして四大大会で優勝した。(*^^)v祝 <錦織もツイッターで、絵文字やproudの言葉で祝福していた。>

 大坂は1セットめから集中しており、セリーナを圧倒。一方、セリーナはサーブやショットの入りが悪かった上、主審からコーチング違反(観客席からの指導、忠告)の警告をとられたため、イライラ度がアップ。^^; その後、ラケットを叩きつけて割ったり、審判に2度にわたって長い抗議を行ったりしたため(審判に対して「泥棒」と批判らしい)、罰則としてポイントやゲームをとられることに。ただ、会場が騒然としている間も、大坂は試合に集中し、最後まで自分のプレーを貫き、優勝のマッチ・ポイントをしっかりゲットした。"^_^"

 会場は、ちょっと異様なムードに包まれていたことから、なおみちゃんは満面の笑顔で喜ぶという感じにもなれず。緊張かとけてほっとしたのか、試合後は、ひたすら涙。
 困ったことに、表彰式の始めにも会場からブーイングが出て、なおみちゃんの目からまた涙があふれることになたのだが。セリーナがなおみちゃんを励ました後、会場に向かって「ブーイングはしないで。なおみは良いプレーをしてグランドスラムで初優勝した。おめでとう」と観客に彼女の優勝を評価するように要望。そこから会場全体も両者を評価、祝福するムードに変わった。(^^)

 ここがなおみちゃんの、よくも悪くも日本人っぽいとこで(素に戻るとあまり自信がなくて、謙遜するタイプで)、優勝インタビューの最初に「会場の皆さんがセリーナを応援しているのは知っていました。こんな終わり方になったすみません」と謝ったりしちゃうのだが。^^;皆に「試合を見てくださってありがとう」と感謝。また、セリーナとGS決勝で戦うのが夢だったことから「一緒にプレーしてくれて有難う」とセリーナにも感謝。
 何か表彰式やインタビューが妙な感じになってしまったので、折角、用意しておいたスピーチ用のメモを活かすことはできなかったけど。<式の前にベンチでタオルをかぶって、その下でノートをチェックしていたらしい。>
 ただ、大坂なおみの思い切りのいい&粘り強いプレー、そしてプチ天然っぽい答え方を見て、米国や日本はもちろん、世界中にファンが増えたのではないかと思う。(・・) <つづく>】

* * * * *

 さて、安倍首相は昨日9日、案の定、北海道の被災地を視察。<総裁選&支持率のため、「きちんと災害対応をやってるよ」というアピールのためにね。>
 今日10日、7日に行うはずが延期されていた総裁選の出馬会見をちゃちゃっと済ませて、午後から国際会議に出席するため、ロシアのウラジオストクに出発する。(・・)

 先日、薗浦首相補佐官(麻生派)が「9月に総裁選を迎えますが、北朝鮮情勢が流動化する中、安倍晋三首相(党総裁)はトランプ米大統領との個人的な関係が世界の首脳で最も緊密なポジションにあります。中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領、韓国の文在寅大統領とも渡り合える。この厳しい状況で、安倍首相以外の首相が誕生したら、またゼロから外交を始めないといけません(産経7.28より)」と、安倍首相をヨイショしている記事を見て、「はあ?」と思ってしまったのだが。(゚Д゚)
 
 安倍陣営としては、本当はここで1・ロシア首脳と会って、平和条約や北方領土返還の話を進めたかった、2・中国首脳と会って、日中平和友好条約締結40周年ムードを高めたかった、3・できれば北朝鮮の金委員長と会談を行い、拉致問題の話もしたかった様子。

 しかし、北朝鮮の金委員長はロシアに来ないということで、会談はできず。(米中韓はやったのに。ロも会談の約束してるのに。^^;)

 中国の習主席とは、もともと関係がよくないことから、昨年の11月以来の会談になるとのこと。<中国にも問題は多いけど、何より安倍首相が中国を天敵視しているため、うまく行くわけがないのだ。>
 日中平和友好条約40周年を迎えるに当たって、政府与党としては、何とか友好ムードを高めたいと考えており、今月になって親中派の二階幹事長、公明党の山口代表などが次々と訪中して、冷戦ムードの緩和に努めているのだが。たぶん今度の会談も、形ばかりのものになるのではないかと察する。_(。。)_<今、中国は安倍トモのトランプ大統領と経済戦争体制にあるしね~。^^;>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、安倍首相は12年に政権を奪還してから、オバマ米大統領(当時)と良好な関係を築けず。その代わり、ロシアのプーチン大統領と懇意になり、オバマ氏の何倍もの回数、会うことに。
<安倍氏はプーチン氏の強さに憧れていて、「強いロシアを取り戻す」として富国強兵にまい進している同氏を真似したかったのよね。^^;>

 安倍首相は、もともと北方領土返還を大きな目標に掲げていることから、プーチン氏との関係を深めて、日ロ平和条約を締結し、北方領土の返還合意を実現したいと強く願って、アレコレやって来たのであるが。
 プーチン大統領は、安倍首相が14年からG7諸国と共に、ロシアのクロアチア併合などを批判し、制裁を課していることを快く思わず。また、昨年、トランプ氏が米大統領になってから、米国べったりになっているのも面白くない様子。<以前は、オバマ<<<プーチンだったから、かわいく思えたのかもね。(・・)>

 安倍首相は16年12月、わざわざプーチン大統領を地元の山口に招待して、平和条約や北方領土に関して、いい方向に向けて協議がなされたはずだったのだけど。
 実際には、17年、18年と日ロ関係は悪化。特に北方領土に関しては、ロシアが軍事化を進めるなど状況がどんどん悪くなっており、よほどのお貢ぎを用意しない限り、状況が好転しそうにない。_(。。)_

* * * * *

 9月にはいってからも、ロシアとの関係で、次々と気になるニュースが出ている。ロシアは明らかに、日本を軍事的に突っつこうとしているのだ。(>_<)

<ロシアは、日本全土で米軍の活動が増えたり、日本が陸上イージスなどの大規模な武器を設置したりすることを望ましく思わず。ロシアの軍用機や軍艦の動きによって、自衛隊や米軍がどう動くのかをチェックしようとしている可能性がある。^^;>

『露軍機、日本周辺1周するように飛行…意図分析

 防衛省は1日、ロシア軍の哨戒機2機が同日午前から午後にかけて、日本周辺の上空を1周するように飛行したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したが、領空侵犯はなかった。同省が飛行の意図を分析している。同省によると、確認されたのはTU142哨戒機2機。北海道沖から対馬海峡を抜けて沖縄本島と宮古島間を通過した後、太平洋に出て北海道沖まで北上した。(読売新聞18年9月2日)』

『露艦艇28隻、宗谷海峡を通過…冷戦終結後最多

 防衛省は3日、ロシア海軍の艦艇28隻が宗谷海峡を通過したと発表した。領海への侵入はなかったが、冷戦終結後に同海峡を通過したとして公表されたロシア艦艇としては最多という。
 同省によると、海上自衛隊の護衛艦などが、1日夜から2日夕にかけて、宗谷岬北東約210キロの海域を西に向かう同軍の駆逐艦や戦車揚陸艦、潜水艦救難艦などを発見した。28隻は宗谷海峡を抜け、日本海に入ったという。
 ロシア国防省は先月末、40隻の戦闘艦艇が日本海とオホーツク海で活動中だと発表しており、防衛省で関連を調べている。(読売新聞18年9月3日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 日ロの首脳や閣僚級の会談では、以前から、まずは日本と北方領土との間で、人や物の往来を活発化させようという話が出ているのだが。
 それも、何だか危うい感じになっている様子。(~_~;)

 10日から北方領土の択捉島で予定されていた元島民らの墓参も中止になったという。(-"-)

『北方領土墓参が中止=菅官房長官「極めて残念」

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で、北方領土の択捉島で10日から予定されていた元島民らの墓参について、ロシア政府との調整がつかず、中止になったと明らかにした。

 その上で「元島民の思いを鑑みれば、極めて残念だ」と語った。

 菅長官によると、ロシア側から7月下旬、「墓地訪問は調整が整っていない」と連絡があった。日本側は実現に向けて働き掛けを続けていたという。ロシア軍が極東で軍事演習を予定していることが影響したとの見方も出ている。(時事通信18年9月5日)』

 ちょうど安倍首相がロシア訪問する時期と重なるため、ロシア側は、北方領土で軍事演習を行うことは見送るようだが。墓参を実現しようという配慮はなされないらしい。(~_~;)

* * * * *

 そう言えば、7月に日本人が国後島に墓参で訪れた時に、ロシアが外務省の職員と報道関係者から衛星携帯電話を没収。政府が抗議するなど、ちょっと険悪な感じになったようだ。^^;

 これは他の場面でも、ちょくちょく出て来る話なのだが。日本としてはお互いに北方領土の主権を主張し過ぎず、法律も含めていわば棚上げした形で(共有みたいな感じで)、人や物の往来を進めて行こうとしているのだけど。
 ロシア側は北方領土の主権を主張し続けており、あくまでロシアの国内法にのっとって対応する姿勢を崩していないのである。(-_-;)

『ロシア、日本関係者の電話6台没収 北方領土墓参に同行

 元島民らが22日から23日にかけて北方領土に航空機で墓参した際、同行した日本の政府関係者とメディア関係者の衛星電話計6台がロシア当局に没収されたことが明らかになった。政府は22日、外交ルートを通じてロシア政府に抗議し、早期返却を求めた。

 同行関係者によると、一行は22日昼ごろ国後島の空港に到着。入域手続き後の荷物検査で同行者の衛星電話が没収されたという。ロシア側は事前に申請が必要だったと主張し、日本側は前回の空路墓参で事前申請なく持ち込んで問題はなかったと反論している。

 日ロ双方は北方領土の主権を棚上げする形で、日本の元島民や家族がビザ(査証)なしで訪れる墓参を実施することで合意している。菅義偉官房長官は23日の定例会見で「(墓参は北方)4島に関するわが国の法的立場は何ら害するものではない」とした上で、没収について「わが国の法的立場に鑑みて受け入れられず、遺憾だ」と強調した。(朝日新聞18年7月23日)』

『ロシア側が国内法に基づき、税関への申告などを求めたためとみられる。北方領土へのビザなし渡航は、日ロ両国が主権問題を棚上げした形で行っていて、菅官房長官は、政府としてロシア側に抗議し、衛星携帯の早期返却を求めたことを明らかにした。(FNN18年7月23日)』

* * * * *

 まあ、安倍陣営としては、今回のロシア訪問も、総裁選対策のためにうまく利用したいところなのだろうけど。<で、安倍傘下メディアは、それに協力しちゃうのかも知れないけど。>
 早く国民が、いまや安倍首相は、ロシアとも米国ともうまく行っておらず。外交でも全く期待できないことに気づいて欲しいな~と願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2018-09-10 03:07 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

【テニスのマイアミOP・・・四大大会に次ぐ1000の大会でありながら、日本勢は、男子が錦織のほか西岡良仁、伊藤竜馬も予選を突破して出場。女子も土居美咲、日比野奈緒、大坂なおみ(大坂は主催者推薦)と3人出場。(~_~) <久々にGにはいってて、よかったと思った。^^;>
 しかも、伊藤、西岡、大坂が1回戦を勝ち上がって、1回戦BYEの錦織も含め4人も2回戦に残っているなんて、テニス・ファンとしては嬉しい限りだったのだけど。 (^ー^)
<それも伊藤(ランキング120位)は、1回戦でマウ(42位)に7-6,6-2のストレート勝ちだし~。>
 何と今日は2回戦で西岡が23位のロペス、大坂が元5位(現18位)のエラニと対戦し、2人ともシード選手にストレート勝ちしたので、さらに何倍もの喜び&ワクワクが。(^^♪yattane
27日から登場する錦織も含め、みんなガンバです。o(^-^)o】

* * * * *

 安倍自民党の閣僚、議員の問題言動はまだまだ止まりそうにない。(@@)

 昨日、記事に書いた自民党の大西英男氏の失言に対して、身内である自公与党から批判が続出して、自民党は大西氏を厳重注意処分にすることに。それを受けて、大西氏は謝罪コメントを出したようなのであるが。<もはや常習犯にとっては、何度、厳重注意処分にしても同じことかも。(~_~;)> 

 今度は、何と自民党の山田俊男氏(参院議員)が、農協の関係者が暴力をふるっていたことが判明。しかも、(mewの安倍打倒ボディ作戦に協力するためか?)、相手の腹部を何度か拳で殴ったのだという。 (゚Д゚) <相手が被害届を出せば、まさに暴行傷害事件の加害者よ!(・・)>
 
* * * * *

 まずは、昨日の『大西が「巫女のくせに」失言+接戦の北海道5区補選に影響か+菜七子、勝利』の続報を・・・。

 昨日も書いたように、大西氏は昨年6月、「マスコミを懲らしめるためには、広告収入をなくすのが一番だ」などと発言して、党から2度も厳重注意を受けているのだが。
 例の会合では、マスコミ陣を意識してか(ナメてか?)、わざわざこんなセリフを語っていたとか。^^; 

『「みこ発言」が飛び出した派閥の会合では、大西議員は「きょうはマスコミの方、たくさんおりますから、決して懲らしめられないようにですね、これからも私ども、2012年当選議員は、清く、正しく、たくましく、歩んでまいりたいと思います」と述べていた。(FNN16年3月25日)』

<こんなこと言うから、かちんと来たアチコチのメディアに取り上げられちゃったじゃないの?それこそ超保守系の味方であるはずのFNNにまで・・・。(~_~;)> 

 でもって、何分にも安倍官邸や自公与党は、近時、次々と出現している閣僚や自民議員の問題ある言動に悩まされているだけに、この大西氏の発言にも(下手すれば、野党以上に)与党から、バシバジと疑問や批判が呈されたようだ。(>_<)

『大西議員の発言について、与党の幹部から、不快感を示す発言が相次いでいる。

 自民党の谷垣幹事長は「意味不明であって、誠に不適切な発言だと思います」と述べた。
 公明党の井上幹事長は「(自民党を)あまり好きじゃないから、けしからんというのは、国会議員の立場としていかがなものかと」と述べた。(FNN16年3月25日)』

『自民党の二階総務会長は「国会議員たるものは、発言、行動、自ら戒めていくと。誰に注意されるとか、誰に叱られるとかいう話ではないですよね」と述べた。
 自民党の稲田政調会長は「『みこのくせに』というのは、いったい、どういう意味なのか、ちょっと理解ができない発言ですよね」と述べた。(同上)

『大西議員の発言に関し、同党の伊達忠一参院幹事長(北海道連会長)は同日の記者会見で、「遺憾だ」と述べ批判。4月の衆院北海道5区補選への影響に関しては、「プラスにはならない」と懸念を示した。

 民主党の岡田克也代表は25日の記者会見で「コメントするのも恥ずかしい。そういう形で政治に対する信頼が失われていくとすれば残念だ。自民党の中でしっかり対応してほしい」と苦言を呈した。(時事通信16年3月25日)』

『自民党の大西英男衆院議員は25日、前日の派閥総会で「巫女(みこ)のくせに何だと思った」と発言したことに関し、「軽率な発言であり、関係者のみなさまにおわび申し上げる」とのコメントを事務所を通じて発表した。「今後は発言、行動により一層の注意を払う」とした。(産経新聞16年3月25日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 そして、自民党の山田俊男氏が、農協関係者に暴力をふるっていたことが判明したという話なのだが・・・。
 24日付けの日刊ゲンダイに、山田氏の暴力に関する記事が載っていたのだけど、どうやらこの記事が発端となったようで。産経新聞によると、『夕刊紙「日刊ゲンダイ」が報じ、伊達忠一参院幹事長が、同日の記者会見で山田氏に事情聴取したことを明らかにした』とのこと。(・o・)

 では、まず日刊ゲンダイのスクープ記事を!(**)

『自民党参院議員が白昼堂々の“暴力沙汰" JA関係者を殴る (日刊ゲンダイ3月24日)

 自民党議員が、公衆の面前でまさかの暴力沙汰だ。
 今月18日に開かれた自民党の「農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム」で、山田俊男参院議員(69)がJA関係者にブチ切れ、暴力を振るったというのだ。

 この日は午前10時から党本部で会合が開かれ、加工品の原料原産地表示について、“生産者”“事業者”“消費者”の各団体代表がそれぞれの立場で意見を表明。表示の必要性を唱える生産者、消費者側の意見が大勢を占めた。
 ところが、会合の途中から現れた山田議員は、後半の質疑応答の際、「原産地表示義務がなくても弊害はない」と、生産者や消費者側とは真逆の意見をぶち上げたという。

 暴力事件が起きたのは、会合が終わった後だったという。会合に出席したメディア関係者はこう言う。

「会合終了後、生産者側の立場にいるJA関係者が、山田さんに直接意見を言うと、山田さんは『おまえは何を言ってるんだ!』と激高。『ぶん殴るぞ!』と詰め寄っていました。JA関係者が『殴りたければどうぞ』と言った瞬間、みぞおちあたりに相当な力で2、3発拳を入れた。JA関係者がひるんだと見るや、何も言わずに去っていった。周囲にはマスコミ関係者を含め、十数人残っていましたから、騒然としました」

 それにしても、現職の国会議員が白昼堂々と暴力を振るうとは前代未聞だ。山田議員は1969年、JA全中に入会。99年に専務理事に就任している。07年に比例区から出馬し初当選。現在2期目だ。農林水産関係団体委員会副委員長などを経て、現在は参院農水委の理事を務めている農政の専門家だ。しかし、農業関係者からは「TPP反対と言いながら、実績を残していない」「生産者の立場に立っていない」と悪評が飛び交っている。

 事の真偽はどうなのか。殴られた被害者に電話で話を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「山田さんの暴力は事実です。医者にかかると、全治1週間の打撲傷とのことで、診断書も手元にあります。18日以降、何度かメールでやりとりしましたが、謝罪の言葉はありません。法的手段に訴えることも検討しています」

 山田事務所に問い合わせると、「議員本人が忙しく、23日中に事実関係を確認するのは難しい」と否定も肯定もしなかった。
 ワイロを受け取っていた甘利前経再相に“ゲス不倫”の宮崎謙介――自民党議員にはロクなのがいない。』

* * * * *
  
『自民党の山田俊男参院議員が18日に党本部で開かれた会合の終了後、出席した全国農業協同組合連合会(JA全農)の関係者に対して暴力を振るっていたことが分かった。

 自民党の伊達忠一参院幹事長は25日の記者会見で「本人は事実関係を認めている」と説明した。

 山田氏はJAグループの組織内候補として2007年に初当選し、2期目。18日は党の「農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム」の会合で、加工食品の原産地表示についてJA全農などからヒアリングを実施。関係者によると山田氏は会合後、農業政策をめぐってJA関係者と口論になり、相手の腹部を拳で殴ったという。

 伊達氏によると、山田氏は参院執行部の事情聴取に対し、「迷惑を掛け、申し訳ない」と謝罪。ただ、「相手は親しい元同僚であり、暴力という認識はなかった」とも釈明したという。執行部はさらに事実関係を確認した上で、処分を検討する。(時事通信16年3月25日)』

* * * * * 

 そもそもいくら親しい間柄でも、自民党の本部内で腹部を(しかも、みぞおちを?)何度も拳で殴ること自体、国会議員として&社会人として非常識な問題のある行為だと思うし。
 山田氏は「暴力という認識はなかった」と釈明しているものの、相手は「暴力は事実」だと明言している上、全治1週間の打撲傷という診断書も得ているとのこと。これは被害届を出せば、立派な暴行&傷害罪の加害者になり得るのである。(**)

 幸いにここ1~2ヶ月、だんだんTVなどのメディアもこの手のニュースを扱うようになって来たので、国民も「あれあれ?」と思い始めているのではないかと察するのだが。
 このブログ+αを通じて、(決して本当には暴力はふるわないけど)ネットの力で、さらにボディ・ブローをズシッ、ズシッと入れて行って、ガリバー安倍政権を倒したいと思っているmewなのだった。 ( -_-)=○

   THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2016-03-26 04:58 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



テニスの全豪。女子は、残念ながら、クルム伊達公子が予選敗退で出場できず。(本人はまだやる気っぽいので、ガンバ。o(^-^)o)
 土居美咲、日比野 菜緒はシード選手に当たり1回戦負け。(but土居は1-2。日比野はシャラポワとの対戦に手ごたえあり?)奈良くるみは2回戦まで。
 注目されたのは大坂なおみ、18歳。父がハイチ系米国人、母が日本人。まだ120位台だが、予選から勝ちあがり、シード選手を次々破って3回戦に進出。錦織より身長が高く(180cm)、サーブも早く?(200kmも出せるとか)、米国的パワーとちょっと日本人っぽい粘りのテニスを見せていた。(・o・) 3回戦では腹筋を痛めていた&疲れが出始めていた上、元世界1位アザレンカがガチで叩きに来たため6-1,6-1で負けてしまったのだけど。今後の進化が楽しみだ。(^^♪ (存在は知ってたものの、今回、初めてプレーを見たです。)
 で、今日は朝から錦織が5年連続で進出した4回戦に出場。ここでしっかりツォンガに勝って、最低でもベスト8にはいれるかどうか、シーズン前半を占うような試合になりそうだ。o(^-^)o

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 でもって、今日24日は、沖縄の宜野湾市長選が投開票日だ。(・・)

 先週、『宜野湾選にびびる安倍~自公に選挙支援のお願い+大津に続き地方から打倒自民を』という記事をアップしたのだけど・・・。

 自民党系の佐喜真現市長と、翁長知事が推す辺野古反対派の志村恵一郎氏の一騎打ちとなった市長選は、どうやら終盤戦も2人の候補の接戦が続いている様子。
 自民党は、選挙応援の切り札・小泉進次郎氏などを送り込んで、何が何でも佐喜真氏を勝たせようと必死になっている。(~_~;)

 今週にはいってオモテに出た甘利大臣のワイロ疑惑が、この市長選にどこまで影響するかはわからないが・・・。
 安倍首相が22日の施政方針演説の中で、「もはや先送りは許されない」と普天間移設を強行する意思を示したことを住民がどう受け止めるのか、気になるところ。(・・)

『安倍晋三首相は22日の衆参両院本会議で施政方針演説を行った。米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について「普天間飛行場の全面返還を日米で合意してから20年。もはや先送りは許されない」と述べ、現行計画を推進する考えを強く押し出した。新基地建設に反対する県との間で法廷闘争が進められていることについては言及しなかった。

 同時に辺野古への移設による効果として「日常の飛行経路も海上へ変更され、騒音対策が必要な住宅はゼロになる」と強調した。航空機が飛行する場周経路が海上に設定されていることを指しているとみられるが、政府自体が航空機の運用によって場周経路を外れることがあるとしている。
 移設に伴う新基地建設について「理解を得る努力を粘り強く続け、明日を共に切り開く」と強調した。(琉球新報16年1月22日)』

* * * * *

 佐喜真現市長は、政府の後押しを得て、普天間基地の跡地にディズニーリゾートを誘致したいとアピールしているのであるが。
 しかし、政府は、社民党の照屋議員の質問主意書には「政府としてお答えする立場にない」と、まるで「我関せず」とでもいうような答弁を行なったとのこと。^^;
 しかも、普天間の「5年以内の運用停止」についても答えを差し控えたという。(>_<)

『政府は19日、佐喜真淳宜野湾市長のディズニーリゾート誘致構想をめぐり、菅義偉官房長官、島尻安伊子沖縄担当相が同リゾート運営会社オリエンタルランド役員と会談したことに関し「政治家個人の活動に関するものであり、政府としてお答えする立場にない」とする答弁書を閣議決定した。照屋寛徳衆院議員(社民)の質問主意書に答えた。

 佐喜真氏はディズニーリゾート誘致のため、島尻氏とともに昨年12月2日にオリエンタルランド役員と会談し、同月8日には政府にディズニー誘致、普天間飛行場を東京五輪聖火リレーのメーンルートとして検討すること―など6項目を要請していた。
 ディズニーリゾート誘致の協力要請に対し菅氏は「政府として全力で取り組んでいきたい」などと述べ、政府として支援する考えを示していた。

 照屋氏は質問主意書でディズニーリゾート誘致について、2014年名護市長選で石破茂自民党幹事長(当時)が掲げた500億円の「名護振興基金」構想と同じだと指摘した。「有権者の歓心を買うために現市長と菅官房長官が一緒になって大風呂敷を広げているだけで、実現可能性は極めて乏しい」と批判し、要請内容や検討状況を問うた。
 政府は聖火リレーが基地内を通った「事例はない」として、ルートは大会を準備、運営する2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が検討するとした。
 普天間飛行場をルートに設定する場合に必要な日米地位協定の手続きと、19年2月が期限となる普天間の「5年以内の運用停止」が実現した場合に必要な手続きは「仮定の質問であり、お答えすることは差し控えたい」と答弁した。(琉球新報16年1月20日)』

* * * * *

 安倍政権もいつまで持つかわからなくなって来た今日この頃・・・。どうか宜野湾市民の方々には、安倍内閣のまやかしの言葉には惑わされることなく、普天間基地の無条件返還を実現する最後のチャンスを&沖縄県民として辺野古基地新設を中止にする最後のチャンスをものにするきっかけを作って欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

<実は今日24日は、岩国基地がある山口県の岩国市長選も行なわれるのだけど。こちらは自民党の現市長がかなり優勢の見込みということで残念。でも、野党系候補が少しでも票をとれるように、ガンバ。o(^-^)o>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は変わって・・・。何だか甘利大臣の大きな疑惑が出て忘れてしまいそうなので。高木復興大臣の下着泥棒疑惑に関する話を、ここに書いておこう。(・・)

 昨年秋、高木復興大臣が若い頃、女性の下着を盗んで警察に捕まったものの、地元の敦賀市長だった父親の力を用いて、女性に被害届を出させず、警察の捜査をもみ消したという話が週刊誌に掲載されて。地元の人間の中にも、その事実を知っている人が多かったのであるが・・・。
(関連記事・『高木の下着泥棒の詳細記事~これが真実なら、ダブルのもみ消しを許すべからず』)
 でも、高木大臣は、会見や国会での質問に対して「事実無根だ」と主張し続けており、何とか疑惑を打ち消そうとして来た。(-"-)

 ところが、今年にはいって地元の新聞が、当時の福井県警の捜査関係者から「事実は事実」だという証言をゲットして報道。一部メディアや野党が、改めて同氏の下着泥棒疑惑を追及する構えを見せている。(・・)

* * * * *

『高木毅復興相(衆院福井2区)が約三十年前に女性の下着を盗んだと週刊誌で報じられた問題で、当時の福井県警の捜査関係者が本紙の取材に応じ、「事実は事実」と証言した。高木復興相はこれまで国会など公式の場で「事実無根」と疑惑を否定しており、発言の信ぴょう性が問われそうだ。
 この元捜査関係者によると、問題が起きたのは三十数年前。高木氏は敦賀市内の女性宅のベランダで、下着を持っているところを通報で駆けつけた敦賀署員に取り押さえられた。女性が被害届を出さなかったため、逮捕はされず、事件にもならなかったが、当時敦賀市長だった父孝一氏(故人)が現場周辺で「迷惑をかけた」と謝罪したという。

 疑惑は昨年十月に週刊誌が報道。高木氏が衆院議員になる前、女性宅に侵入し、下着を盗んだとの内容で、被害者の妹や知人の証言を掲載した。高木氏は同月二十日の記者会見で「そういった事実はない」と否定。十二月八日の衆院特別委の閉会中審査でも、「全て事実無根だ」と述べた。
 元捜査関係者は「犯罪として立件された事実はないから否定したのだろう」と話した。当時の記録は県警にも残っていない可能性が高いという。(日刊県民福井16年1月13日より)』

『高木毅復興相(衆院福井2区)は15日午前の参院予算委員会で、過去の女性下着窃盗疑惑をめぐり、地元紙が福井県警の元捜査関係者の証言として「事実だ」と報じた件に関し、「職務上守秘義務を負う元捜査員の証言ということだが、報道されているような事実はない」と反論した。民主党の石橋通宏氏の質問に応えた。
 石橋氏が一連の疑惑を報じた週刊誌や今回、地元紙に証言した元捜査関係者を名誉毀損で提訴する可能性をただすと、高木氏は「復興、発災から丸5年の大事な節目で、今は復興大臣としての務めを果たすことが私の責任だ」とかわした。

 安倍晋三首相は繰り返し疑惑が報道される高木氏の任命責任について問われると、「大臣は全くそんな事実はないと明確に述べている。復興大臣として復興の加速化に全力を尽くしてもらいたい」とかばった。(産経新聞16年1月15日)』

* * * * *

地元紙が爆弾証言掲載で再燃 高木毅“パンツ大臣”の命運 (週刊文春 1月21日)

 1月13日、高木毅復興相(60)の「パンツ窃盗疑惑」が再燃した。福井県警の元捜査関係者が、爆弾証言を行ったのだ。

〈窃盗疑惑は『事実』 元捜査関係者が証言 高木氏週刊誌報道〉

 13日付の地元紙「日刊県民福井」の一面トップにこんな見出しが躍った。高木氏の“過去”について、当時の事情を知る「元捜査関係者」が初めて口を開いたのだ。
 記事によると、この人物は「問題が起きたのは30数年前」と語り、「高木氏は敦賀市内の女性宅のベランダで、下着を持っているところを通報で駆けつけた敦賀署員に取り押さえられた」「女性が被害届を出さなかったため、逮捕はされず、事件にもならなかった」と説明した。

 当時、敦賀市長だった高木氏の父が、現場周辺で「迷惑をかけた」と謝罪したエピソードも紹介している。
 具体性十分な内容だけに関心は高く、記事のコピーはすぐさま永田町に出回った。自民党内では、「元捜査関係者がテレビに出て実名で証言すれば即アウトだ」(ベテラン秘書)との声も漏れた。

 ある自民党幹部も「なぜこのタイミングで記事が出たのか不可解だが、決定的な証拠が出てくる予兆かもしれない」と述べ、辞任に直結する可能性を示唆した。
 しかし、当の高木氏に動揺は見られない。15日の閣議後会見では、記者から「捜査関係者の証言で信憑性はかなり高い。それでも事実ではないのか」と詰め寄られたが、「そういう事実はない」と回答。同日の参院予算委員会でも「大臣としての務めを果たす」と強調した。

 高木氏が「逃げ切れる」との自信を深める理由を、官邸関係者が解説する。
「事件として処理されていないことを理由に福井県警は記録を照会しないらしい。近所の目撃者が、被害者宅に横付けされた車のナンバーを控えていたが、車は廃棄処分されるとナンバーも抹消される。30年前の車はもはや存在しない。要は、決定的な証拠は永遠に出てこないと考えているようです」
 一時は辞任に動いた官邸サイドも静観中だ。

「ただ、高木氏については安倍晋三首相寄りの読売新聞や産経新聞でさえかばう姿勢はない。加えて、地元紙の“追撃”に、官邸では自ら辞表を出す場合には慰留しない方針です」(同前)
 居座りはいつまで続くのか。<週刊文春2016年1月28日号『THIS WEEK 政治』より・「週刊文春」編集部』

* * * * *

 いまさら高木氏のことなんて、と思うかも知れないけど。mewは、(もし報道されていることが事実なら)親の力で窃盗をもみ消そうとするようなやつには、国政を、ましてや復興を任せたくないし。高木氏は地元・福井で盛んな原発事業や関係者とズブズブなので、そんな人に福島の復興をゆだねるべきではないと思うので、同氏の早期辞任を望んでいるmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2016-01-24 00:54 | (再び)安倍政権について