タグ:安倍晋三 ( 1365 ) タグの人気記事

 

今時の「ネトウヨ」の正体は、「韓国、中国、朝日新聞が嫌い」な中高年なのか


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【明日14日から全豪テニスが始まる。日本単勢は14日に西岡良仁と予選勝ちの伊藤竜馬、15日に錦織圭、ダニエル太郎、土居美咲、大坂なおみが登場する予定。錦織は第8、大坂は第4シードだ。<錦織は先週末、現地でサッカーの本田圭佑とイベントで会って、一緒にテニスをやったり、夕食をとったりしらそうなのだが。楽しそうだった。>
 ともかく最近、政治社会があまりにひどくて、スポーツ(特にテニス)しかワクワクできる楽しみがないのでね。(~_~;) たくさんエネルギーを補給しておきたいと思う!みんな、ガンバ!o(^-^)o】

* * * * *

 今回は、ネトウヨに関する記事を・・・

 昨年末にテレビ朝日系の「羽鳥慎一モーニングショー」の「そもそも総研」というコーナーで、「そもそもネトウヨとはいったい何者なのだろうか?」というテーマが取り上げられたとのこと。

 このコーナーを担当するテレビ朝日社員の玉川徹氏が、ネトウヨから「反日」「パヨク」などと批判されているそうで。玉川氏がその実態を探りに行ったらしい。(・・)

 まあ、ネトウヨというと、つい昔の2ちゃねら~のイメージもあってか、10~30代の若者、学生・フリーターなどPCと戯れる時間的な余裕のある(ヒマな?)人というイメージを持つ人もいるのだろうが。ここ10年ぐらい、かなり状況が変わって来た様子。<もうスマホ時代だし。ちゃねら~も30~50代になっちゃったし?^^;>

 で、玉川氏の取材によれば、近時は、こんな人たちがネトウヨをやっているらしいのだ。(@@)

 mewがこの番組を見られなくて残念がっていたら、リテラに載ってたよ~と教えてもらったので、ここにもアップしておくです。(++)

* * * * *

『玉川徹が『モーニングショー』で「ネトウヨの正体」を追及!「なんで私のことを反日、パヨクというのか」

リテラ 2018.12.29

 27日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』で、テレビ朝日社員の玉川徹氏のコーナー「そもそも総研」が話題になっている。というのも、普段、ネット右翼から目の敵にされている玉川氏自らが、「そもそもネトウヨとはいったい何者なのだろうか?」とのテーマで取り上げたからだ。

 「私もネトウヨのかたからいっぱい言われているらしい」「反日だとかパヨクだとか」と話す玉川氏。まず、番組VTRでは、本サイトでもお伝えしたように(https://lite-ra.com/2018/05/post-4016.html)、「余命三年時事日記」なるネトウヨブログの扇動によっていわれのない懲戒請求を大量に受けた弁護士のひとり、北周士弁護士にインタビュー。現在、北弁護士は懲戒請求をした全員に損害賠償を求めた訴訟の提起、あるいは謝罪と和解を呼びかけている。
 北弁護士は、「懲戒請求者は一番若い人で40歳。一番上の人で70代」と把握していると話す。玉川氏は「僕のイメージだと、そういうふうなことをする、いわゆるネット右翼という人は、ある種若くて引きこもったり、そういう人だというイメージがあったんですけど」というが、北弁護士が会った人は、多くは50~60代で、職業も会社経営者や医師など、それなりに社会的地位が高い人というのだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 さらに、玉川氏はネトウヨ雑誌「ジャパニズム」(青林堂)の元編集長で、自身も「かつてネトウヨだった」と自認する古谷経衡氏にもインタビューをした。古谷氏は以前から、ネトウヨは巷間思われている「若者の貧困層」という説に異を唱え、独自の調査で「実態は40代の富裕層が多い」などと主張してきた。

 玉川氏が「よく私も反日とかパヨクとか言われてるらしいんですけど、いったい(ネトウヨは)私のどこが反日だと思って(いるのか)。(自分は)日本のことを考えて話しているんですね」と尋ねると、古谷氏はこう語った。
「まずネット右翼と呼ばれる人たちがいわゆる反日、まあ左翼の変化形がパヨクなわけですけれども、それが敵認定するときの基準というのは、韓国と中国と朝日新聞、この3つ、これが嫌いかどうかです。単純にこれだけ。一個でも好きだったら反日。一個でも好きだったらパヨクです。それだけ。思想とかイズムはないんですよ」

 実のところ本サイトの編集部にも、ネトウヨの“捨てアド”からしょっちゅう頭の悪いメールが届くが、まあ、この古谷氏の分析はあたっていると言えるだろう。あえて具体的に紹介はしないが韓国・朝鮮人、中国人に対する差別語を用いた内容や、「朝日の別働隊」とか「お前ら反日を叩き潰してやる」というような中身のない中傷(?)がほとんどだからだ。

 また、番組では古谷氏の分析として、実際にはネトウヨの数は多くはないが、ネットで声が大きいことで、これを世論だと勘違いしたメディアが抗議を恐れ、自粛や忖度することの危険性が指摘された。そして、スタジオでは玉川氏が、「ネット右翼に過剰に反応しても意味はない」「テレビにしろメディアにしろ、それから講演とかね、そういうようなのもちょっと電話かかってくるかもしれないけど、大したことではないんで、そういうので恐れずちゃんとやりましょう、われわれは、という(自戒の)意味を込めて」と締めくくった。

 実際、ネトウヨたちの“電凸”と呼ばれる抗議等によって、リベラル系識者の講演会が中止に追い込まれたり、日本軍の戦争犯罪をめぐる映画上映会に圧力が掛けられたりという事例が、近年相次いでいる。だが、こうした下劣な行為に怯えて、メディアが伝えるべきことを伝えず、言論が萎縮してしまったら、それこそ連中の思う壺だろう。

ネトウヨの実態を検証するも、安倍政権やネトサポとの関係にはふれず

 いま、ネトウヨたちは「『そもそも総研』ネトウヨ特集は玉川氏の私怨」なる意味のわからないことをほざいているようだが、玉川氏の「過剰に反応しても意味はない」「恐れずやる」という結論は、メディア人としてはまっとうな宣言といえる。

 ただ、本サイトとしてはひとつ物足りなさを感じたのも事実だ。というのも、番組では、ネトウヨの個人的なプロフィールを探ることに注力されたが、その一方で、安倍政権との親和性についてはまったく触れられなかったからだ。

 本サイトでは何度もお伝えしているが、そもそも自民党は下野時に「自民党ネットサポーターズクラブ」(J-NSC、通称ネトサポ)なるネット有志の別働隊を組織。そのメンバーを自称するアカウントが政敵のネガティブキャンペーンを連呼すると同時に、中国・韓国へのヘイトを連発する傾向にあることを指摘してきた。ようは、自民党はネトウヨを組織化することで、ネット工作をしてきたわけである。

 また、それまでネット上でクダを巻いていたネトウヨたちが、現実の路上に出て、ヘイトスピーチやヘイトクライムを犯している事実も置き去りにされている。そして、在特会に代表されるそれらヘイト市民運動の関係者らが、片山さつき・地方創生相や、“生産性がない”発言の杉田水脈衆院議員や和田政宗自民広報副本部長など、安倍首相の覚えがめでたい政治家たちと昵懇であることも忘れてはならない。他にも在特会との関係が裁判所からも認定された稲田朋美元防衛相、在特会関係者とのツーショットが海外からも批判を浴びた山谷えり子・元国家公安委員長などあげていけばキリがない。つまり、安倍政権の政治家たちはずっと、ネトウヨからヘイト団体への連なる流れと一緒に歩んできたのである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そして、これは言うまでもないことだが、ネトウヨの大部分は安倍政権を支持している。番組では、古谷氏が2014年衆院選での次世代の党(その後「日本のこころを大切にする党」などへ移行し、政党としては消滅)への比例得票数から、ネトウヨの数はだいたい200万人ほどであると分析していたが、実際には、ネトウヨの全てが次世代の党に投票したわけではない。むしろ、安倍自民党に投票した者たちのほうが多いと考えるのが自然だろう。

 その意味では、『モーニングショー』は、ネトウヨのプロファイリングやその影響力の推測だけで終わらせるのではなく、逆に、現政権がいかにネトウヨに接近してきて、あるいは内閣自身がネトウヨ化しているかについても、きっちりと言及してほしかったところだ。

 いずれにせよ、たとえネトウヨが“ノイジーマイノリティ”だとしても、その言説が差別やデマを垂れ流すものであることに変わりはなく、過小評価すべきではない。そして、実態としていかに少数であろうが、ネットというひとつの空間においては、残念なことに「市民権」を得ており、政権との相乗効果で新聞・テレビなどの論調にも明らかに一定の影響を及ぼしている事実を受け止めなくてはならない。

 ネトウヨの言うことにいちいち耳を貸さなくてもよいが、無視すれば際限なく悪意は広がる。弁護士に対する大量の懲戒請求事案は、そのひとつの例ではなかったか。ネトウヨたちが徹底的に間違っていることを、しっかり示していくのがメディアの役割だろう。(編集部)』

* * * * *

 なるほど。「韓国と中国と朝日新聞、この3つ、これが嫌いかどうか」がネトウヨなのね。(・・)

 実際、特に人気ブログランキング(政治)では、上位にいるうち大多数ブログが、韓国や北朝鮮、朝日新聞、サヨク(パヨク)を日々、批判するような内容のブログで。

 しかも、実は、最近、一般のTVニュースでもちらほら見られる傾向なのだが。中国や韓国で、何かまともな政治経済、、社会的なニュースが起きて、それを報じるならわかるんだけど。何か別に報じなくていいようなレベルの話なのに、日本人の常識や感覚から見て「???」ことをやる人がいたり、アンビリバボーな事件や事故があったりしたら、すぐに「中国や韓国はこんなにおかしな国だ」ということをアピールしたいがために、アレコレ記事にして、喜んじゃうみたいな?(~_~;) <あれらの記事を書いている人たちの多くも中高年なのしらん?^^;>

 これは、日本の政治や経済、社会にとってプラスになることなのだろうか? 何だか単なるストレス解消の手段のようにも見える部分もあるのだけど。ただ、その人たちが安倍首相を含め、超保守系の候補を支持している可能性が高いわけで。安倍政権を早く倒すためにも、日本をアブナイ戦前志向の国に戻さないためにも、彼らについて研究しておく必要があるかな~と思うmewなのだった。(@@)
   THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2019-01-13 09:32 | (再び)安倍政権について | Comments(0)  

NHK、安倍の辺野古まやかし発言の擁護に走るのか+海が赤く染まる、土砂の成分に問題


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【消えた雇用保険+アルファの記事を書きかけていたら、消えた~~~。(ノ_-。) 近日中に書き直します。
ぶろぐ村からも3回連続、記事を無視されている。ランキングに入れてもらえない。(ノ_-。)
 錦織は全豪で一番苦手なジョコの山だって。ベスト8まで行って、リベンジするぞ~~~。o(^-^)o】


 『安倍、辺野古でもまやかしの説明+クイーンのメイも辺野古反対を訴え・・・』の続報を・・・。

 安倍首相が6日、NHKに出演した際に、普天間飛行場の辺野古への移設計画での土砂投入にあたって「あそこのサンゴは移している」「絶滅危惧種が砂浜に存在していたが、これは砂をさらってしっかりと別の浜に移していくという環境の負担を抑える努力もしながら行っている」などと説明。
 一般国民に対して、あたかも辺野古埋め立て後の自然保護に万全を尽くしているかのように述べたことが問題になっている。(~_~;)

 沖縄の玉城デニー知事は7日、ツイッターに「安倍総理…。それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません」と投稿して、きっぱり反論。(**)

 前記事にも書いたように、その後も、専門家や関係者から「安倍首相の説明は事実とは異なる」という首長、批判が次々と出ていて、政府は打ち消しに必死だ。(-"-)

* * * * *

『安倍首相のサンゴ移植発言が波紋 政府、打ち消しに懸命

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡って、安倍晋三首相が6日のNHK番組で「土砂の投入にあたって、あそこのサンゴは移している」と述べたことが波紋を広げている。実際に防衛省沖縄防衛局が移植したのは土砂投入区域外の一部のサンゴ。首相による「印象操作」と受け取られかねない発言だけに、政府は打ち消しに懸命だ。

 番組では、辺野古沿岸部での昨年12月14日の土砂投入開始を踏まえ司会者が「沖縄県民の理解をどう得るか」と質問。首相はサンゴの移植に言及するとともに、「絶滅危惧種が砂浜に存在していたが、砂をさらって別の浜に移していくという環境の負担をなるべく抑える努力もしている」と述べた。

 沖縄県水産課などによると、埋め立て予定海域全体では約7万4000群体のサンゴの移植が必要。このうち県が許可して沖縄防衛局が移植したのは絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ9群体だけで、いずれも今回の土砂投入区域にあったサンゴではないという。

 沖縄防衛局は昨年12月、土砂投入が始まっていない埋め立て予定海域の約3万9600群体の移植許可を申請したが、県は許可していない。沖縄防衛局が移植対象にしたのは直径1メートル以上のサンゴと一部の希少サンゴ。県は「移植対象や移植先の選定が不適切」と指摘し、環境保全措置の不備を埋め立て承認撤回の理由に挙げた。玉城デニー知事はツイッターで首相の発言を「現実はそうなっていない」と批判した。

 土砂投入区域には沖縄防衛局の移植対象になるサンゴはなく、「あそこのサンゴ」という首相の発言は正確性を欠く。国民民主党の玉木雄一郎代表は「首相がいかなる根拠と事実に基づいて発言したか明らかにしていきたい」と語る。菅義偉官房長官は10日の記者会見で「辺野古側の埋め立て区域に生息していた移植対象のサンゴはすべて移植しており、環境保全措置にも最大限配慮しながら対応している。(首相は)そういう趣旨の発言をされたのだろう」と苦しい説明に追われた。

 サンゴの生態に詳しい東京経済大の大久保奈弥准教授は「サンゴを移植しても長期生存率は低い。環境保全措置としては不十分だ」と政府の対応を疑問視している。【佐野格、木下訓明】(毎日新聞19年1月10日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 最近、まともな中立派記者の姿がどんどん消えて、安倍公営チャンネルに成り下がりつつあると評判のNHKなのだが。<受信料払っているのは、私たち国民なんだからね!(・・)>

 辺野古に関して、何でろくに根拠もないような話を安倍首相にさせて<とりあえずごまかしがきくように、ぼかしたような形で>、国民に勘違いを与えることを平気で言わせたのかいわば印象操作を手伝ったのか。
 NHKのスタッフの中には、事実と異なることを知っていた可能性の者もいるはずだし。何故、真相を確かめずに、そのまま放送をたれ流したのか、NHKの姿勢にも疑問の声が出始めている。(-"-)

 しかし、NHKは「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」とコメントし、すっかり開き直っているという。(`´)

『首相のサンゴ発言、NHK「自主的な編集判断で放送」

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画をめぐり、安倍晋三首相が「土砂投入にあたってあそこのサンゴは移している」と不正確な説明をしたと批判されている問題で、発言を放送したNHKは10日、「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」との見解を示した。沖縄県の地元紙などから、「間違いとの指摘も批判もないまま公共の電波でそのまま流した」とNHKの責任を問う声が上がっていた。

 この日の定例会見でNHKの山内昌彦・編成局計画管理部長は「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送しておりますので、必要に応じてきちんと判断して対応しているという風に考えております」と説明。「番組内での政治家の発言についてNHKとしてお答えする立場にはございません。事実と異なるかどうかという他社の報道についてもNHKとしてコメントする立場にはございませ「報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送した」ん」とも述べた。

 安倍首相の発言があったのは6日午前に放送された「日曜討論」。事前の収録で、首相はNHKの解説副委員長と差し向かいで30分ほど質問に答えた。この際、移設計画にどう沖縄県民の理解を得ていくか、と問われたのに対し、「(辺野古沿岸部へ)土砂を投入していくにあたって、あそこのサンゴは移している」などと発言した。(朝日新聞19年1月10日)』

* * * * *

『法大名誉教授の須藤春夫氏(メディア論)がこう言う。

「国民に安倍首相の発言を伝える必要はあるものの、報道機関の役割はあくまで、事実を検証することです。今回の場合、安倍首相の発言を受けて、サンゴをどこへ、どのように移したのか調べなければなりませんでした。言っていることを流すだけでは、“広報機関”と変わりません」

 さらに、公共放送として重大な過ちを犯したという。

「放送法第4条は、公平公正な報道や多角的な論点を明らかにすることを義務付けています。メディア法学者の中には、この規定が、視聴者と放送事業者との間の倫理規定であり、法的な契約だとみなす人もいます。つまり、第4条は視聴者との向き合い方を定めたものなのです。権力者側の言い分を垂れ流していては、4条違反だとのそしりを免れません」(須藤春夫氏)

 いつまで“政権広報”の立場に甘んじているつもりか。(日刊ゲンダイ19年1月11日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 さらに、安倍政府(防衛賞9のウソが見つかった。(**)

 昨年から辺野古の海に土砂の投入が始まったのだが。土を入れた時に、海が真っ赤に染まることがあるのだ。(・o・)

 防衛局が沖縄県に届け出た土砂を投入した場合、こんな色になるはずはないとのこと。そこで調べてみたら、防衛局が使用している土砂の成分が、沖縄県に届け出たものと異なっているゆなのである。<こういうことも自然保護、その他に大きな影響をするのよ!(++)>

* * * * *

『辺野古強行で海が真っ赤に 防衛省が無断で土砂割合を変更

 辺野古新基地建設を巡り、民意を無視して土砂を強行投入している安倍政権のデタラメがまたバレた。防衛省が埋め立て用の土砂について、沖縄県の承認を得ずに岩石以外の細かな砂などの割合を増やした仕様に変更し、業者に発注していた。11日の東京新聞が報じた。

 昨年12月から始まった辺野古沿岸部での埋め立て工事では、投入された土砂で真っ青な海が赤く染まり、赤土投入疑惑が持ち上がっていた。

 記事によると、沖縄防衛局は2013年3月、県に提出した埋め立て承認を求める文書に、岩石以外の砕石や砂などの細粒分を含む割合を「概ね10%」と明記。ところが、沖縄防衛局は17年11月、埋め立て用の土砂を調達する際、細粒分の割合を「40%以下」として業者に発注していた。防衛省整備計画局は東京新聞の取材に「なぜ変更したかは分からない」と回答したという。

 細粒分の割合が増すほど、土砂投入による濁りが生じやすくなる。県は土砂の品質を確認するため現場の立ち入り調査を求めているが、防衛省は「調査を求める法的根拠を示せ」と応じていないという。(日刊ゲンダイ19年1月11日)』

『辺野古埋め立て、防衛局に「土砂の性質示せ」 沖縄県

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、政府が辺野古沿岸部の埋め立てに使っている土砂について、県は沖縄防衛局に対し、性質と状態の調査をし、県に立ち入り調査をさせるよう求める文書を11日に出し、発表した。土砂投入の中止も求めている。

 県によると、防衛局は埋め立て承認をするための審査の際に、埋め立てに適さない「細粒分」の割合は2~13%と説明していた。だが、業者に発注した埋め立て工事の仕様書では「40%以下」になっていた。また、目視で赤土が使われているのは明らかなのに、全く異なる試験結果を県に対して示しているという。(朝日新聞19年1月11日)』

* * * * *

 国も沖縄県も、すぐに工事をストップして、この成分がおかしい土砂を調査すべきだし。NHKさんをはじめメディアも、せめてもっと辺野古工事の現状をウォッチして、国民に伝えてくれていいのではないかと思うmewなのだった。(@@)

<安倍忖度メディアは、安倍内閣や防衛省など政府機関のまやかし、フェイクが指摘、批判できないなら、せめて現実、現場をそのまま報じるぐらいのことはして欲しい。(・・)>

 THANKS]


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]

by mew-run7 | 2019-01-12 12:56 | 政治・社会一般  

新元号も明治の日も、安倍や日本会議の思うようにならず。安倍と超保守の影響力をさらに弱めよう


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【テニス・ブリスベン国際・・・大阪なおみはツレンコ(ウクライナ)との準決勝で、ミスが増えてイライラ病になり自滅。次のシドニー国際を欠場し、全豪に備えることにした。(・・)

 錦織圭は準決勝で、内山を破ったシャルディ(仏)に6-2,6-2で圧勝。決勝では、ツォンガを破った16位のメドベージェフ(ロ)と当たることになった。
 現在、サーブもショットもほぼ絶好調の錦織なのだけど。ツアーの決勝は9連敗中。(ノ_・、)去年の楽天でメドベに負けてるし。何とか久々のツアー優勝を決めて、全豪に弾みをつけて欲しいな~。(@@) 今日は仕事で決勝がナマで見られず、泣きそうなのだけど。(-_-) 頑張れ~。o(^-^)o】

* * * * *

 ところで、4日、安倍首相がやっと新元号を4月1日に発表すると語った。(**)

『安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市で年頭記者会見を開き、5月1日の新天皇即位に伴う改元について「国民生活への影響を最小限に抑える観点」から、4月1日に改元の政令を閣議決定した上で事前公表すると正式表明した。今の天皇陛下が政令に署名して公布する方針も示した。民間のシステム改修などを巡る混乱を避けるため、1カ月間の準備期間を設け、国民生活に配慮した。(毎日1.4)』


 今上天皇が(元号も含めて)国民生活に影響を与えようにって考えて、せっかく早めに譲位のお話をして。あちこちから、暦や契約などの書類の問題もあるから、「新元号はできるだけ早く、可能なら半年前に発表して欲しい」という声が出ていたのに・・・。

 現憲法では天皇は象徴となり、政治的な権力はないのに、現憲法を認めない彼らは、旧天皇が在位する間に新元号を発表するのは二重権力につながるとか、アレコレ昔の解釈を持ち出して、5月1日まで新元号を発表するなと抵抗。

 日本会議系の安倍首相は、なかなか彼らの意見を反する形で発表の日を決められず。やっと新年になって、4月1日に新元号を発表すると公表するに至ったのである。<それも、結局は、Windowsの更新日の都合が大きかったらしい。^^;>

* * * * *

 ちなみに、安倍首相のお仲間が集まっている日本会議&超保守派は、ともかく明治が大好きで。去年も、官邸や国会議員も協力する形で、何とか明治150年を記念して、明治天皇の誕生日11月3日を「明治の日」にしようって、しつこく活動していたりもしていたのだ。(・・)

 何故、明治が好きかって? それは、明治維新(=英語では「明治の王政復古」)によって、彼らが「国体」だと信じる天皇が政治的に復権したからにほかならない。(**)
 天皇を中心として、その繁栄のために国民が富国強兵を励む国、それが彼らの理想だからである。(-"-)

 でも、後述するように、こちらの計画も実現できないまま終わることに。(・o・)

 結果的に、新元号の発表も「明治の日」制定も、日本会議や超保守ウヨ派の思い通りにはならず。ちょっと「ざまX」と思っているmewなのである。_(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『改元発表時期を巡っては、自民党内外の保守派は当初「明治以来の一世一元(天皇1人に元号は一つ)に反する」と事前公表に反発。その後、事前公表容認に転じたが、「天皇と元号の一体不可分性」を維持するため、政令に新天皇が署名して公布することを求めていた。首相は会見で「公布は通常の政令制定の手続きに従って行う」と明言した。(毎日新聞19年1月4日)』


『政府は当初、2018年中に公表することを前提に、夏ごろの公表も検討した。しかし、保守派から「早すぎる公表は今の陛下に失礼」との声があがり、19年2月24日に開く天皇陛下在位30年記念式典より後の公表が有力になった。
 保守派は勢いづいた。日本会議国会議員懇談会は昨年7月、事前公表に反対で一致。(以下、有料・・・朝日新聞19年1月4日』

『公表時期をめぐり、首相官邸は国民生活の混乱回避のため、行政システム改修などに猶予を設けるべきだとの立場。超党派議員連盟などが主催して陛下の在位30年を祝う4月10日の「感謝の集い」に配慮し、同11日以降とする案が有力視されていたが、4月初めとする意見も一部に残っていた。

 これに対し、衛藤晟一首相補佐官ら保守系議員と保守派団体「日本会議」は「伝統」の観点から、新天皇による新元号政令の公布を要求。新元号が今の陛下の下で公布されれば、天皇一代に一つの元号を使う「一世一元制」に反するとの主張だ。

 この考え方について、首相官邸は天皇の政治関与を禁じた憲法4条に抵触しかねないと反対。5月1日に政令を公布し、即日施行すると、同日は平成と新元号が併存することになり、混乱を来すと保守系に説いていた。(時事通信19年1月1日)』

<ウヨ保守方面に詳しいFNNの『元号めぐり保守派と“バトル" 「4月1日公表」舞台裏』を*1に。>

* * * * *

 でも、結局、4月1日に決まった大きな決め手になった理由は「Windowsの更新が4月1日でないと、間に合わないから」であったとか。(@@)

『「4月1日」決定打はウィンドウズ更新 新元号公表日

 安倍晋三首相が新元号の公表日を当初検討していた4月11日から土壇場で同月1日に前倒しした最大の要因は、大半の日本企業が導入している米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の更新時期だった。

 同社は毎月1回、第2水曜日に全世界統一でソフトの更新を行うが、4月は10日、5月は8日となる。政府は当初、4月10日に開かれる天皇陛下ご在位30年の「お祝いと感謝の集い」の翌11日に新元号の公表を検討していたが、11日ではソフト更新に向けた改修作業が次の5月8日まで行うことができず、同月1日の改元には間に合わない。(産経新聞19年1月4日)』

 もはや超保守派の頑なな思いも、文明の利器には勝てないのである。(**)

* * * * * 

 昨年は明治150年に当たる年だったそうで。安倍首相&超保守仲間は、11月3日を「明治の日」なる祝日にしようと、アレコレと活動をしていた。(@@)

 首相官邸も「明治の歩みをつなぐ、つたえる 」というスローガンの下に明治150年のポータルサイトや関連施策推進室とか作って、全国各地でのイベント開催にも協力していたようだし。

 日本会議系の超保守派も「明治の日推進協議会」を設立して、国民への広報活動に励むと共に、自民党中心の「明治の日を実現するための議員連盟」(会長・古屋圭司衆院議員)などと協力して、祝日法の改正を働きかけていたのである。(++)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 明治維新、明治時代への移行というのは、鎌倉幕府~江戸幕府まで、長い間、政治権力を封じられていた天皇の王政復古を実現した、日本にとっては祝うべき重要なものであって。昭和戦前は、明治天皇の誕生日だった11月3日を「明治節」という祝日にしていたとのこと。
 この日は日本の各地域、団体や学校、家庭で国旗が掲揚され、明治天皇を祝す行事が開かれたという。

 しかし、戦後、天皇信奉行事の機会を減らす意図もあってか、11月3日に新憲法を公布し、この日を「文化の日」という名の祝日に変えることに決めたのである。(・・)

 超保守派としては、そもそも米国に押し付けられた憲法や文化を認めたくないわけで。その後、何度か「文化の日」を「明治節」の戻そうという動きがあったようだが。なかなか実現には至らず。

 でも、折角、明治150年に当たる年に、超保守リーダーで「戦後体制からの脱却」を目標にしている安倍晋三氏が首相をやっていることもあり、ここは「明治の日」に変える大チャンスだ考えたのだ。^^;

* * * * * 

 ところが、残念ながら、自民党内でも、安倍仲間のような戦前志向の超保守思想を有している人は多くはないことから、党内でも「どうしても11月3日を『明治の日』に」という声は広まらず。
 
 また昨年10月23日には憲政記念館で「明治150年記念式典」が開かれ、安倍首相をはじめ与野党の国会議員や各界の代表者ら約350人が出席したのであるが・・・。
 
『佐藤栄作内閣のもとで開かれた明治100年式典の際は、昭和天皇と香淳皇后が出席したが、今回天皇、皇后両陛下は出席しなかった。宮内庁は「政府からお声がけがなかった」(西村泰彦次長)としている。共産党は「明治150年の前半は侵略戦争と植民地支配に向かった負の歴史。丸ごと祝い、肯定するような行事には参加できない」(小池晃書記局長)として欠席した。(朝日新聞18年10月23日』

 ・・・とのことで、地味な式典で終わってしまったようだ。_(。。)_

* * * * *

 何か去年の12月になって、またこんな記事が出ていたけど。

『明治の日」へ祝日法改正原案 自民議連、「文化の日」改称

 自民党有志議員による「明治の日を実現するための議員連盟」(会長・古屋圭司元国家公安委員長)は13日、11月3日の「文化の日」を「明治の日」に改称する祝日法改正案の原案をまとめた。党の部会で明らかにした。
 原案は、明治の日の意義について「近代化を果たした明治以降を顧み、自由と平和を愛し、文化をすすめ、未来を切り拓(ひら)く」と記した。再来年の1月1日に施行するとした。

 自民党は党内議論を重ね、他党に協力を呼びかけた上で来年1月召集の通常国会での法案提出を目指す。古屋氏は記者団に「日本が近代国家に脱皮できた原点は明治だ。皆で振り返る日にしたい」と語った。(産経新聞18年12月13日)』

 一般国民の多くは、そんなことにはまったく興味がないし。次は明治200年の時に目指してみたらいかがと。

 そして、いずれにせよ、いくら安倍首相を支えているのが「日本会議」&超保守仲間たちだと言っても、彼らのような戦前志向&国家主義的な思想に基づく提案を実現することはムリなんだからね・・・ということが実証できてよかったと喜んでいるmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
[PR]

by mew-run7 | 2019-01-06 11:06 | (再び)安倍政権について  

安倍、新しい国造りを目指すも、改憲をクチにできず。日経平均も大幅安で。ゴルフ同様、後半崩れる?


 昨夜、熊本で震度6弱の地震が起きたとのこと。幸い、大きな被害は出ていないようですが。どうか地域周辺の方々も含め、余震や二次被害に気をつけてください。

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【テニス・ブリスベン国際・・・5位の大坂なおみは、1勝2敗と苦手にしていた11位のセバストワ(ラトビア)と対戦。1セットめを3-6とられたものの、そこから6-0、6-4で巻き返し、ベスト4進出を決めた。(~~)

 9位の錦織圭は前回、この大会の決勝で負けた元3位のディミトロフ(ブルガリア)と対戦。かなりもつれるかと思ったのだが、この日の錦織は自ら「人生で一番いいくらい」と言っていたくらいサーブの調子がよくて、<ファーストが80%、エースやフリーポイントもそこそこあって>、苦しい時の大きな力に。プレーでも、ここぞというところを決めて7-5,7-5できっちり勝ち、ベスト4に進出した。(~~)<今年1年、この9割でいいからサーブが安定してくれるといいな~。そうしたらTOP5にも早く戻れるかも。(・・)>

 予選から出場した内山靖崇は2勝するもベスト8で終わることに。ナダルに代わって出場したD太郎も善戦はしながらもストレートで敗戦してしまったのだが。1回戦負けの西岡も含め、3人とも体がよく動いているので、この調子を維持して、14日からの全豪で頑張ってほしい。o(^-^)o】
 
* * * * *

 今日から仕事はじめという方が、多いのではないだろうか?(・・)mew,too.

今年も1年、体に気をつけて、頑張って行きましょうね。o(^-^)o

 安倍ちゃんも、今日4日の伊勢神社参拝が仕事はじめになるようだ。(@@)

 お休み中は大好きなゴルフを3回、映画鑑賞を2回。<mewが関心を持っていた「夜更けバナナ」の「QUEEN」の映画を見たとか。しばらく見るのを控えることにする。_(。。)_>

* * * * *

 安倍首相の今年のキーフレーズは、従来の「新しい国造り」に加えて、「平成の先の時代に向かって日本の明日を切り拓く1年」「歴史の転換点」になりそうだ。<あと「戦後外交の総決算」かな。>

 でもって、自分がその転換点を仕切って、日本の戦後体制を脱却(破壊)するような新しい国家体制(実は明治的な古い体制)を築こうとしているのである。(-"-)

<そのメインは憲法改正なんだけど。側近から「安倍首相が改憲をクチにすると、うまく進まなくなる」とたしなめられた&公明党もいい顔しないので、今年は一言も発していない。(~_~;)> 

* * * * *

『安倍首相「新たな国造りに挑戦」

 安倍晋三首相は1日、インターネット交流サイト(SNS)のインスタグラムに新年あいさつの動画を投稿した。
 皇位継承や20カ国・地域(G20)首脳会議など今年の大型行事に言及し、「まさに歴史の大きな転換点を迎え、新たな国造りに全力で挑戦していく」と表明した。(時事通信19年1月1日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『「日本の明日切り拓く1年に」…首相年頭所感

 安倍首相は1日付で年頭所感を発表した。5月1日に皇太子さまが天皇に即位される皇位継承に触れ、2019年を「平成の、その先の時代に向かって日本の明日を切り拓(ひら)く1年とする」と決意を示した。

 首相は、最大の課題として少子高齢化を挙げ、10月に始まる幼児教育・保育の無償化などで「全ての世代が安心できるよう、社会保障制度を全世代型へと大きく転換する」と強調した。

 地方創生については、若者の地方移住への関心が高まっているとして、「このチャンスを逃さず地方への人の流れをもっと分厚いものとしたい」と述べた。

 外交面では、北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉、北朝鮮問題などに触れ、「本年は大きな課題に挑戦する。戦後日本外交の総決算を果断に進める」とした。6月に大阪で主要20か国・地域(G20)首脳会議が開かれることから、「日本が世界の真ん中で輝く年となる」との意気込みを示した。(読売新聞19年1月1日)』

<議長国として真ん中に立てるかも知れないけど。国際社会の中では、安倍APANはどんどんカヤ外に置かれちゃうかも。^^;>

* * * * *

『安倍総理が今年初のゴルフ 最初は好調もその後は…

 安倍総理大臣は今年、初めてのゴルフを楽しみ、「歴史の大きな転換点を迎える年になるので、良い年にしたい」と抱負を語りました。

 安倍総理大臣:「今年は皇位の継承やG20をですね、まさに日本が大きな転換点を迎えますから、総理大臣として日々全力を尽くしていきたいと思います」

 安倍総理は神奈川県のゴルフ場で御手洗経団連名誉会長らと今年、初めてのゴルフを楽しみました。打ち始めのティーショットは真っすぐ飛ぶ安定した立ち上がり。しかし、その後は木の陰に隠れたボールを探す場面や、スリーパットと苦しむシーンも。安倍総理は4日の伊勢神宮参拝から公務を再開し、年頭会見で4月1日に新元号を公表する方針を表明します。』(ANN19年1月2日)』

* * * * *

 そうか~。経団連名誉会長と始めた政権ゴルフも、始めはよかったものの、そこからはボールが陰にはいったり、パットがなかなか決まらなかったりしちゃったのか~。(・o・)
 まるで、安倍政権を象徴するような流れかも。(・・)

 今日4日は東証の大発会で、麻生財務大臣がベルを鳴らしに来てたんだけど。<米ナスが下がっていたので案の定ではあるものの>日経平均株価(225種)は約360円安の2万円割れ(19655.13円)で始まり、600円近く下がる場面も出ているとのこと。(>_<)

 mewもプチ資産的にちょっと痛いけど、株価を操って来た安倍首相や仲間たちはもちろん、ひいては日本経済にとってどんなに痛いことかと思う。(ノ_・、)

 そして、この痛~いスタートを切った安倍首相が早く政権の座から去るように、そして本当の意味で、新しい日本の民主主義が築けるようにしたいと願っているmewなのである。(@@)

 THANKS
 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]

by mew-run7 | 2019-01-04 09:49 | (再び)安倍政権について  

歴史に名を残すという安倍の野望、まずは首相最長記録を阻止したい+祖父・岸元首相の悪名


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


安倍晋三氏は、かねてから「歴史に名を残す首相、教科書に載るような首相になりたい」と言っているとか。(・・) <自民党の議員の多く、とりわけ世襲系はそうなのかも知れないけど。>

 安倍氏は、首相として憲法改正(新憲法制定)、日露平和条約&北方領土返還、北朝鮮の拉致問題解決を三大目標にして来たのだが。特に改憲や北方領土返還は、超保守派としての政治思想を具現化するものであるとともに、歴史に名を残すことも考えてのことだろう。(~_~;)

 というか、実際のところ、憲法改正の中身に自分の政治思想を反映することは困難だし。北方領土も、以前から主張していた4島一括返還はあきらめたようなので、まさに「とりあえず憲法改正しました」「北方領土返還を実現しました」という歴史的事実を作ることに走ろうとしているような感じがある。(-_-)

 さらに、安倍氏は、昨年 自民党の規約を改正して総裁任期を延長までして、総裁3選を実現。もしこのまま首相を続けれれば、今年の8月24日には大叔父の佐藤栄作氏を抜き首相在任期間が戦後1位に。そして、何と11月20日には戦前の桂太郎氏を超え、歴代1位となるわけで。
 これも歴史に名を残すための大きな目標&野望になっている。(**)

 今年の年頭所感に「継続を力とし、これまでの積み重ねを、そして、国民の皆様からの信任を大きな力として、残された任期、全身全霊で挑戦していく覚悟」だと記していたのも、この在任期間を意識してのことだろう。_(。。)_

<mew的には、2015年に9条の憲法解釈を強引に変更して、集団的自衛権行使を容認して、問題のある安保法制を強行成立したという事実において、戦後最悪の首相として歴史に名を残すことになるんだけどね。(`´)>

* * * * *

 ちなみに、祖父である岸信介元首相(1957~60)はそれなりに名は知られているものの、有名というより、悪名が高いと言った方がいいのかも。「昭和の妖怪」と呼ばれており、あまりいいことでは名を残していない。^^;

 A級戦犯だったけど、米国と手を組んで釈放されたとか。米国の支援(支持?)で、社会共産勢力拡大を阻止するため、保守合同による自民党結党に尽力したとか。首相になって、憲法改正しようとしたけど、衆参2/3の議席がとれず、目標実現できなかったとか。

 で、教科書にも載ってるのが、60年に強引に日米安保条約を改定したことなのだが。この時、何と岸自民党は、強い野党だった社会党議員を国会の議場にはいれないようにして、強行採決するという暴挙に出たことには、唖然とさせられた。<これは見事に安倍自民党の強行的な国会運営に受け継がれているって感じ。_(。。)_>

 しかも、岸首相らは、学生や労働者がいわゆる反安保闘争で、激しい安保反対デモなどを繰り広げるのを見て、彼らを押さえ込むために暴力団や右翼団体に協力を要請したというのを知った時は、言葉も出なかった。(>_<)

『岸自身が1958年(昭和33年)に組織した木村篤太郎率いる新日本協議会、右翼の連合体である全日本愛国者団体会議、戦時中の超国家主義者も入った日本郷友会(旧軍の在郷軍人の集まり)である。「博徒、暴力団、恐喝屋、テキヤ、暗黒街のリーダー達を説得し、アイゼンハワーの安全を守るため『効果的な反対勢力』を組織した。最終計画によると1万8千人の博徒、1万人のテキヤ、1万人の旧軍人と右翼宗教団体会員の動員が必要であった。彼らは政府提供のヘリコプター、軽飛行機、トラック、車両、食料、司令部や救急隊の支援を受け、さらに約8億円の『活動資金』が支給されていた」wikipediaより』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 その後、岸元首相の実弟で、安倍晋三氏の大叔父に当たる佐藤栄作氏も、首相に就任。1964年から72年まで7年8ヶ月にわたって在任し、戦後最長の記録を残している。(・・)
<ちょうど高度経済成長と重なったこと&オモテ向きは平和主義的な政策を行なっていたことが、自民党が安定多数をとったことが長期政権を維持する大きな要因になった。>

 また、首相としては、韓国との国交回復(日韓基本条約批准)、非核三原則提唱、沖縄返還などを実現。74年にはノーベル平和賞を受賞しており、教科書にもそれらの功績が載っている。(@@)

 ただ、あとから米国と核持込の密約をしていたことなどが発覚。沖縄返還も安保延長&米軍基地維持、資金負担などと引き換えに実現したとされており、その後、物議をかもすことになる。^^;

* * * * *

 ふと思うに、今、日本が直面している問題(=安倍首相が直面している問題)の中には、この2人が目先の問題解決を重視したがために、その影響が今にも及んでいると言えるんだよね。(・・)

 安倍首相が北方領土返還の交渉で苦戦している最大の理由のひとつは、プーチン大統領が、岸元首相が日米安保条約に基づいて、北方領土に米軍基地を置くことを(自衛隊の駐屯地を作って日米軍で活動するとかも)、強く警戒しているからだし。

 沖縄の米軍基地の諸問題がなかなか解決しないのも、まさに日米安保条約や佐藤元首相が返還の際にいろいろと約束したことが今も尚、尾を引いているからだし。

 昨年起きた韓国の徴用工の賠償問題も、佐藤元首相が日韓基本条約を結んだ際に、個人の請求権のことを明確にしておかなかったことが影響していると言われているし。

 まあ、日本は敗戦国であった上、東西冷戦が激しい頃だったので、いたし方ない部分もあるとはいえ、米国べったりの姿勢や目先のことばかりを優先する方針が(本当の子孫である晋三氏にもしっかり引き継がれているし)、結局は50~60年先の子孫を困らせることにつながっているのである。(>_<)  

* * * * *

 記事を書いていたら、昨年、56~7歳ぐらいの男性(1961~2年生まれかな?)が話していたことを思い出してしまった。(・・)

 「俺、生まれて、物心ついてからずっと佐藤栄作が首相で。首相と言えば佐藤栄作って思い込んでて。首相が代わった時には、別の人も首相ができるんだって、ちょっと驚いた記憶があるんだけど。・・・今度は50代になって、もう6年も安倍晋三が首相やってて。もし下手して9年もやったら、50代の間、ずっと安倍が首相って、悲劇だと思わないか?」

 ホント、そうだよね~。確かに悲劇だ!(**)

 mewにとっては、安倍氏が6年も首相を続けただけで、十分に悲劇だし。
 それこそ、佐藤栄作氏を抜いて戦後最長の首相になったりとか、あの陸軍の桂太郎首相を抜いて日本史上最長の首相になって、教科書に名が載ったとしたら、最悪~という感じで。ひとりの国民として、こんな首相を長々と続けさせるのは、恥ずかしい限りだったりして。(ノ_・、)

 というわけで、何とか早く安倍氏を首相の座からおろして、在任期間TOPの野望を阻止したいと。そのためにも4月の統一地方選や7月の参院選で、移民党を惨敗させなければと改めて強く思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2019-01-02 12:17 | (再び)安倍政権について  

安倍陣営の力及ばず、7年ぶりに日経平均ダウン。支持率もダウンで、うそと無責任の安倍内閣ピンチに


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【第60回日本レコード大賞、用事をしながらチラチラ見てたけど。WINKやピンクレディが再結成して歌ってたりとか、昔の曲もたくさん流れて、昭和歌謡曲・ポップス好きにはGOODだったかも。

 大賞は乃木坂46が「シンクロニシティ」で2年連続の受賞となったのだけど。mewもいくつかのグループには、いいor面白いと思う曲や振り付けはあるものの、正直、こんなに人数はいらないだろうって思うし。ここまでたくさんグループが乱立しているのには辟易って感じで。何でみんな、何十人ものグループがゾロゾロ、バタバタと歌い踊るパターンに飽きて来ないのか不思議でならない。(~_~;)
 
 まあ、いまやたさしたる意味がない賞ではあるけれど、今年は「U.S.A.」で頑張ったDA PUMPにとらせてあげたいな~と思ってた人は(mewを含め)結構多かったかも。(・・) <最後に秀樹へのオマージュでY.M.C.A.のふりをしていましたね。"^_^">明るく元気な(&高レベルの)音楽とダンスのパフォーマンスをたのしませてくれて、有難う。(^^♪】

* * * * * 

 2018年も今日で終わりだ~~~!!!(@@)

 まずは、今年1年、みなさま、おつかれさまでした。m(__)m
 そして、当ブログに訪れてくださって有難うございます。m(__)m

 2005年9月に「日本がアブナイ!」とわめき始めてから丸13年と数ヶ月になるのだけど。日本はもちろん、何だか世界情勢も含め、そのアブナさがどんどん高まっている感じがあったりして。 (・・)

 でも、何が哀しいって。やっぱ自分の愛する日本で、現憲法や戦後体制を尊重しない(むしろ破壊したい)人が6年以上も首相を続けていて。戦後、国民が懸命に育てて来た民主主義、平和主義をどんどんと破壊していることだろう。 (ノ_-。)

 mewは今、政権交代がどうのなんて夢みたいなことは、考えていない。ともかく、まずは、あの安倍晋三を首相の座からおろさないといけないと考えている。
 今の体制をいったん壊して、流れを変えて行かないと、マジで日本がアブナイと思うから。(・・)

* * * * *

 でも、この年末、安倍政権の終焉を暗示するような出来事があったのだ。(・・)

 そう。安倍氏が12年に首相に就任してから6年連続で上がっていた日経平均の一年の最終値が、7年ぶりにマイナスで終わってしまったのである。(゚Д゚)

 25日のクリスマスに日経平均がついに2万円を割ることに。(『Xマスに株価急落、安倍政権、打撃で転ぶか?最大要因は米トランプだが、アベノミクスへの失望も』)

 コチラに28日(大納会)の東証日経平均の1分足のチャートがあるので、関心のある方はご覧いただきたいのだが。<グラフの右側の14時から15時の間の株価と出来高のとこね。>

 安倍政権&ハイエナ的な経済界の支持者たちは、28日の大納会で何とかプラスに持ち込みたいところ。でも、もう年末だし、さしたる好材料もないので商いも低調で、最後は手仕舞い売りが増えて、14時52分には19918円にダウン。大ピンチを迎えるのである。(@@)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 「う~、このままじゃ、2万円割れのまま終わるぞ~」「果たして安倍陣営&仲間たちには、もう今までのように、力づくで買い上がる力はないのか」と(ウルトラマンの?)赤ランプが点滅し始めたその時、いきなり(値が高いF社などに?)買いがバババ~ンとはいり、10倍の出来高にアップ。(・o・)

 そして、ちょうど終わりを迎える15時に、ぴょ~んと平均株価が跳ね上がって、かろうじて20014円と2万円台をキープしたのだが。
 でも、プラスに転じるには、64円分、力が及ばず。(波田陽区風に)「残念!」という感じで、東日本大震災の起きた2011年以来、7年ぶりにマイナスを記録してしまったのである。_(。。)_

 安倍首相は、国民のお金(日銀や年金など)を使い、財界や金融投資機関の協力も仰いで、半分ぐらい「フェイク」と言っていいかも知れない感じで、力づくで株価を吊り上げて(経済関連の数字も、うまく吊り上げて)一部の大企業や投資家、富裕層を潤わせて、景気向上を演出していたのだけど。
<で、民意など関係なく、上から力づくで、問題のある法案成立や政策を強行しても来たのだけど。^^;>
 
 でも、もはや最後の瞬間に、強引にマイナスをプラスに転じさせる力を発揮させることができなかったのだ。(>_<)

 しかも、17年末からの下げ幅も大震災時を上回り、リーマン危機以来の大きさだったのである。(-_-;)

『東証株価「アベノミクス」後初めて前年末終値下回る

 東京株式市場は28日、今年最後の取引となる大納会を迎え、日経平均株価は17年末に比べ2750円17銭安い2万14円77銭で取引を終えた。

前年末終値を下回るのは7年ぶりで「アベノミクス」が始まって以来初めてとなる。下落幅は、東日本大震災が発生した11年の1773円安を上回り、リーマンショックが起きた08年(6448円銭安)に次ぐ大きさだった。第2次安倍内閣が発足した12年12月以降、政府は日銀の大規模金融緩和策で株高を誘導してきたが、米中対立激化を機に、潮目が変化。10月にはバブル崩壊後の最高値2万4270円まで上昇した株式市場も、2カ月で4000円下落した。(日刊スポーツ18年12月29日)』

* * * * *

 先日も書いたように、この株安の最大の要因は、米中の経済戦争にあるのだが。海外の投資家(&安倍べったりではない日本の投資家)の間では、日本の経済、アベノミクスが限界を迎えたという見方が増えているのも事実で。
 日本の株価の下げ幅は、他の先進国に比べて大きくなっているし。海外投資家の日本株売越額も5.6兆円を超えて31年ぶりの大きさになっているとのこと。(~_~;)

 そして、もし株価が思うように復活しなければ、経済界からの安倍政権への支持も弱くなって来る可能性がある。^^;
<この辺りは、来年、改めて書きたいけど。「消費税率アップを再々見送りしよう」という話が出るかも知れないのだが。今度は財務省と経済界が簡単にはOKしないだろう。(・・)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、年末の世論調査で、安倍内閣の支持率がダウンしたのも、mewにとってはいいニュースだった。(@@)

 それも、もし国民の中に、安倍首相の辺野古移設や憲法改正、入管法改正などの法案審議などの進め方が、あまりに民意を軽視していて強引だと感じる人が増えたのだとしたら、嬉しい限りだ。(・・)

 何か「今は昔」のように思えてしまうけど。モリカケ問題だって、ほとんど全く真相が解明されておらず。国民の7割以上は、納得できていないままだし。このままの逃げ切りを許したくないと思う。

 閣僚や官僚のフェイク&無責任も数多く見られた1年だった。(-"-)

 閣僚は、色々と問題を指摘されても、誠実に対応しようとしないし。いい加減な答弁ばっかしてるし。
 森友問題がらみでは、財務省の文書改ざんや虚偽答弁が発覚したものの、麻生財務大臣をはじめまともに責任をとったものはおらず。

 自衛隊の日報隠しも、何かよくわからないまま終わっちゃった上、こちらも責任の所在が明らかになっていないし。<本当はイラクや南スーダンでの自衛隊の活動の実態も、もっと明らかにしないといけないんだけどね。>
 働き方改革や外国人労働者受け入れ拡大などなどでは、厚労省など省庁のアンケートがいい加減だったり、改ざんされていたりしたし。あ、障害者雇用でも、ほとんどの省庁が数字をごまかしていたし。
 もう問題が山積みって感じ。(`´)

 もちろん、mew的には、安倍内閣が「これ幸い」とばかりに、安保軍事を強化しているのが、一番イヤだったのだけど。(-"-)
 ますます「早く安倍政権を倒さないと」という気持ちにさせられるです!(**)

* * * * *

 最近は、もう唯一の楽しみと言うと、スポーツ観戦。特にテニス観戦しかないのだけど。今年は大坂なおみも大躍進して全米で優勝したし。何よりデビュー時(その前も?)からずっと応援している錦織圭が手首の故障を乗り越えて、トップ10に戻ってくれて本当によかった。(^^)<太郎ちゃん、西岡、杉田などなども頑張ってるし。>
 
 体操は、女子は村上の活躍もあって、右肩上がりの成長をしているのだけど。男子は、ずっとエースとして頼って来た内村航平が思うようには動けなくなって来て。このあとどうなるか、期待と不安が半々。
 フィギュアも、女子は新しいエース候補が次々と出ているけど、男子は羽生、宇野に続く選手が出て来ないので、めっちゃ心配。

<全日本フィギュアの記事、書いてあったのだけど。なかなかアップする機会が作れないまま、年が終わってしまう。^^;お正月休みにもう一度、録画を見る予定なので、できれば来年早々にもアップしたい。m(__)m>

 競馬はね~。これは楽しみじゃなくて、日常のルーティンに近い・・・趣味と実益を兼ねた投資バイトだから。(^^ゞ<さすがに仕事とは書けなかった?^^;>地方競馬にさらに頑張ってもらうと共に、来年は、大体当たる三連複とおいしいワイドをもっと極めないとだわ!(@@)

 というわけで、今年も1年、有難うございました。m(__)m

 そして、来年をよい年にするためには、しつこく書くけど「安倍政権を終わらせる!」・・・これに限ると思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-12-31 08:29 | (再び)安倍政権について  

安倍、さらに右傾化の勉強?+ふざけた自民議員の政策パンフ+沖縄衆院補選、屋良が野党候補に


 寒波で雪が多い地域、凍結している地域の方々は、雪かきや歩行、運転の際に
本当に気をつけてくださいね。m(__)m

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【昨日29日は、大井競馬場で年末最大のイベント・東京大賞典が行なわれ、3歳のオメガパフュームwithMデムーロが優勝した。(*^^)v祝
 3歳馬のVは04年アジュディミツオー(船橋)以来、14年ぶり。(へ~、そうなんだ~。ミツオくんみたいに強い地元馬を作りたいな~。)そして、今年3月開業の安田翔伍調教師(36・栗東)は初のG1勝利になった。(祝2)

 昨日は気温は10度に満たなかったのだけど。お天気もそこそこよく、何より風がほとんど吹いていなかったため、思ったより「寒ーい!」という感じにはならず。(中を開けてなかったのか)レースが近づくにつれ、コース前に観衆がビッシリと集まってて、ちょっとビツクリ&感動。<入場人員は3万9330人(前年比111・7%)>

 そして売り上げの方も、東京大賞典1レースの売り上げも46億3240万4400円(前年比108・4%)で地方競馬1レースの売り上げレコード。日の売り上げは79億4389万4850円(前年比112・8%)で、地方競馬1日の売り上げレコードを更新したです。<有難うございます。m(__)m>

 馬券の方は、大賞典まではアウトでしたが。<お祭りに行った日には、1.2.3番人気の組み合わせなんて買わないもん。(^-^)>大賞典後の2レースで勝負。久々に例の大体三連複で万馬券が当たるなど、まあまあプラスでラスト。イベントを締めくくらせていただきました。(^^)v 

 大晦日も元旦もやっている地方競馬、年末年始もよろしくお願いたします。m(__)m <今年も勝手に地方競馬広報係のmewでした。>】

* * * * *

 安倍首相は29日から冬休みに。早速、実兄の安倍寛信三菱商事パッケージング社長や実弟(岸家に養子に行った)岸信夫自民党衆院議員んどと、ゴルフを楽しんだようだ。(・・)

 3日までホテルに泊まって、映画鑑賞、読書で栄養補給するらしいのだが。自分がfacebookに投稿した本の写真を見て、唖然。(・o・)
 百田尚樹氏の『日本国紀』を含め、こういう本を読んで英気を養うのかと。しかも、わざわざそれをfbに上げてアピールしちゃうのかと。<しかも産経も喜んで、早速取り上げてるし~。>

 来年の安倍首相には、ますます期待ができないと思ったmewなのである。_(。。)_

『安倍首相が休暇入り 読書は本紙連載「全体主義と闘った男」など

 安倍晋三首相は29日、年末年始の休暇に入った。朝から千葉県袖ケ浦市のゴルフ場で実弟である自民党の岸信夫衆院議員らとプレーし、英気を養った。首相は29日、フェイスブックに「年末年始はゴルフ、映画鑑賞、読書とゆっくり栄養補給したいと思います」と投稿した。

 首相は「購入したのはこの三冊」と続け、写真には、百田尚樹氏が神話の時代からの日本の歴史を描いた『日本国紀』(幻冬舎)、垣根涼介氏の直木賞候補作『信長の原理』(KADOKAWA)、産経新聞の湯浅博特別記者の連載を書籍化した『全体主義と闘った男 河合栄治郎』(産経新聞出版)が写っていた。

 首相は、来年1月3日まで東京都内のホテルに宿泊する。元日は皇居で新年祝賀の儀に参列し、4日は三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝して現地で年頭の記者会見に臨む。5、6両日には地元の山口県で父の安倍晋太郎元外相の墓参などを予定している。(産経新聞18年12月29日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 他方、ふつ~の国会議員の大部分は、年末年始のおやすみには地元に帰って、後援者や支持者へのあいさつ回りを行なうのだけど・・・。

 そこで困るのが、有権者からの疑問に対してどう説明していいかということ。特に今年は、後半にバタバタ~ッと外国人受け入れ拡大や水道民営化の法案を作っちゃったし。来年は消費税増税を控えている上、アレコレ提案されている還元の方法がわかりにくいしね~。(-"-)

 で、自民党が議員たちの説明用にフザケた政策パンフを作ったらしいのだが。いかに国民をバカにしているかがよくわかる。(~_~;)<その前に、こんなパンフを見て説明する議員がXXなんだもんね。(>_<)>

『フザケた政策説明ズラリ 自民党が作成“言い訳マニュアル"入手

 年末年始を地元で過ごす自民党議員が「例年になく憂鬱だ」とこぼしていた。臨時国会で、国民の反対が強い入管法改正や水道法改正を強引に成立させたことで、地元の有権者から突き上げを食らうのは必至だからだ。

「多くの議員から『地元でどう説明していいか分からない』『実は自分も内容を理解できない』という声が上がっていました。消費税増税の対策も複雑で分かりづらいという批判がある。そこで、有権者から特に厳しい意見が出そうな法改正などについて、政務調査室と広報本部が説明用の政策パンフレットを作成。所属議員に配布されました」(自民党関係者)

 日刊ゲンダイはこのパンフレットを入手。内容は出入国管理法改正、水道法改正、漁業法改正、消費増税対策の住宅購入支援と自動車関連の減税についての5項目で、A4サイズで計16枚のペーパーだ。Q&A方式の想定問答も書かれている。 

 最も分量が多いのが出入国管理法改正のQ&Aで、6ページに及ぶが、中身はお粗末きわまりない。例えば、「在留資格の創設は『事実上の移民解禁』では?」という問いへの模範解答はこうだ。

「安倍総理は国会審議の中で、『いわゆる移民政策を取ることは考えていない』と明言しています」

「安倍総理が言ったから」なんて、何の説明にもなっていない。

■子供だましが通用するはずなし

「将来、日本人の職が奪われてしまうのでは?」という不安には「国内の景気変動などで、外国人材の受け入れが必要でなくなった場合には、受け入れを一時的に停止する規定を設けています」と回答。安倍首相は国会審議で「雇用の調整弁ではない」と答弁していたはずだが……。法務省に問い合わせると「条文に受け入れ停止の規定はありますが、景気については書かれていません」(入国管理局総務課)とのことだった。

 水道法改正についても、「民間事業者に運営を任せると水道料金が高騰しないか?」「安全性に問題が生じないか?」などという問いには、すべて「厚生労働大臣が内容を確認した上で、許可する仕組みになっている」と説明。到底、納得できるものではない。

 驚くのは、自動車関連の減税を説明するペーパーに「(消費税が上がる)10月以降に買う方が断然トク」と書いてあることだ。「燃費基準達成、排気量996㏄、車両価格(税抜き)135.5万円の自動車の場合」を例に、購入時に納める税が1万7000円減り、自動車税が年間4500円減るとしているが、消費税2%アップによる負担額は約2万7000円だ。こんな子供だましが通用すると思っているのか。この程度の優遇策で来年10月まで買い控えられたら、自動車業者もたまらないだろう。

 苦し紛れの言い訳が並ぶパンフレットが、これらの政策のデタラメぶりを物語っている。(日韓ゲンダイ18年12月29日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 話は変わって・・・。

 今年、沖縄3区選出の自由党の玉城デニー衆院議員が、沖縄知事選に出馬するために議員を辞職したため<無事、知事に当選(^^)>、その玉城氏の分の補欠選挙が、今年4月行なわれることになる。(・・)

 自民党は早くから、元参院議員で現在は落選中の(なのに、沖縄大臣補佐官は続けてる)島尻安伊子氏を擁立することに決めているのだが。
 非自民側からは、玉城デニー氏の後継者として、元沖縄タイムス社会部長のジャーナリスト・屋良朝博(やら ともひろ)氏を擁立することに決定。昨日、自由党の小沢代表が、屋良氏と共に会見を開いて、オール沖縄&野党共闘を呼びかけたという。(**)

『衆院沖縄3区補選、自由党が屋良氏擁立「辺野古が争点」

 衆院沖縄3区補選(来年4月21日投開票)で、自由党が擁立するジャーナリストの屋良朝博(やらともひろ)氏(56)が29日、沖縄市で記者会見し、立候補することを表明した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画に反対する立場で、玉城デニー知事を支える「オール沖縄」勢力の候補として支持を訴える考えを示した。

 補選は、自由党幹事長だった玉城氏の知事転出に伴うもの。沖縄3区は辺野古を抱える選挙区だ。

 屋良氏は、争点に「辺野古移設の是非」を挙げた。埋め立ての土砂投入を始めた安倍政権の姿勢を批判し、「工期や事業費が全くわからない。沖縄の基地負担軽減に得策なのか、ほかの選択肢がないのか議論すべきだ」と主張した。

 自由党は、オール沖縄を構成する社民や共産などの各党に支援を求める。

 自民党県連は元参院議員の島尻安伊子氏(53)の擁立を決めており、事実上の一騎打ちとなる見通しだ。(山下龍一)(朝日新聞18年12月29日)』

『屋良氏は28日、沖縄市内で記者団に対し、米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設について「反対だ。普天間をどうするか、議論の余地はたくさんある」と述べた。自由党の小沢一郎代表は同日、立憲民主党の長妻昭代表代行、国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の小池晃書記局長と個別に会談し、屋良氏への支援を要請。各党は前向きに返答した。(産経新聞18日12月28日)』

* * * * *

 今月14日、安倍内閣がついにGOサインを出して、辺野古の海を埋め立てるため土砂の流入する作業が強引に行なわれることに。 (ノ_-。)
 でも、玉城知事はあらゆる手段を用いて、辺野古の工事を阻止するように努めると明言している。(**)

 来年2月には、沖縄県で県民投票が行なわれることも決まっているし。そして、4月には衆院補選も行なわれるわけで。まだまだ沖縄県民の意思をアピールする機会があるのだ。(・・)

 まあ、安倍内閣はパンピー(一般人)の民意を軽視するという点では、日本一かも知れないのだけど。最近は、全国各地でも辺野古への関心が高まって来ているし。今度こそ、全国のみんなで後押しをして、民意の力で安倍内閣の暴挙を止めたいと願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-12-30 08:22 | (再び)安倍政権について | Comments(0)  

安倍、レーダー映像公開を押し切るも、韓国は証拠と認めず~首相が嫌韓&けんか腰では、平穏外交はムリ


 年末年始、寒波による雪、風、寒さで大変な地域もあるようですが。どうかお気をつけて。

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【12月29日、大井競馬場では年末最大のイベント・東京大賞典が行なわれる!(**)

 中継は、MXのサブチャンネルが無料で見られる。チョット寒いのけど、お天気はいいので、お時間のある方は是非。<mewも用事を済ませて、現地へGOの予定>
 あとJRAの「即PAT」でも馬券が買えるようだ。チェックしてみてね!<帯広ばんえい、笠松、園田も買えるらしい。>

 年末年始、どうぞ地方競馬をお楽しみください。"^_^" 】

* * * * * 

 昨日の『日韓レーダー対立激化。田母神が「危険でない」と一石投じるも、ウヨから批判。解決は年越しか』の続きを・・・。

 防衛省は先週、20日に韓国海軍が能登半島沖で、海自の哨戒機に火器射撃管制用のレーダーを照射したと発表した。
 ところが、韓国軍は、探索用レーダーや光学用のレーダーは使ったが、哨戒機に火器射撃管制用のレーダーは1回も使っていないと反論。日韓の実務者による協議も、平行線のままに終わってしまった。(-"-)

 そこで、日本側は28日に証拠となる映像を公表することに決定し、防衛省のHPに動画を公開するに至った。(・・)

 で、まず、mew驚いたのは、防衛省は関係悪化を憂慮して映像公開に慎重だったのだが、何と韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで公表を押し切った押し切ったという記事が出ていたことだ。(゚Д゚)

 いや~、ふつ~は首相の方が今後の外交なども考えて、慎重に考えるべき立場にあると思うんだけどな~。
 あ=、でも、10年の菅政権の時に尖閣沖で中国漁船衝突事件が起きた時に、政府が慎重に対応しようとしていたら、安倍氏らの超保守派はビデオを公開しろと大騒ぎして。ついにはネトウヨだった保安官がYouTubeに流出させるという事件が。<彼は田母神氏同様APAの論文大賞で賞金をもらって、超保守関連の仕事をしているらしい?^_^;>

 今回も安倍首相の支持母体である自民党内の嫌韓超保守派が怒ってて、ヒゲの体調が「謝罪させるべきだ」とかいきりたっているから、そこに乗っちゃったとこがあったのかもね~。<要はうちの首相の発想はネトウヨとほぼ一緒なのよ。^_^;>
 
* * * * * ☆

 さて、公開された映像はレーダー照射を受けた際の、哨戒機内の様子を映したものなのだが。乗組員が「FC(火器管制レーダー)系出している」と報告し、「避けた方が良いですね」「砲の指向等を確認」などのやりとりが。レーダーの電波を変換した音声を聞いていた乗組員は「めちゃくちゃすごい音だ」「この音覚えておいてください」などと語っているシーンが映っていた。(@@)

 何かそれなりに緊張感はあるっぽいものの、すごき危機が切迫しているような雰囲気はなくて。それなりに冷静に対応しているという感じ。(・・)

 mewは専門家ではないので、これが客観的に火器管制レーダーを投射されたということを示す証拠になるのかよくわからないのだが。専門家なら、この音声のやりとり中心のシーンを見て「ここがその証拠だ」という点を指摘したり、相手に「なるほど」と納得させることができるのだろうか?<海自の哨戒機と相手の艦船との位置関係とかは映像でもわかるけどね。>

 mewが懸念した通り、韓国側は、これを客観的証拠だとはとらえていない様子。こうなると、この問題もますます長引きそうだ。_(。。)_


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『25日に開かれた自民党の安全保障関係の会合で、防衛省は「慎重で詳細な解析の結果、特有の電波を確認していて、照射を受けたことは間違いない。極めて遺憾で、韓国側に再発防止を強く求めている」と説明しました。
 そして、会合では「政府が照射された証拠を示し抗議したうえで、謝罪を求めるべきだ」という意見で一致しました。
 また、会合に出席した佐藤外務副大臣は「双方の言い分を精査する必要があるが、韓国側に謝罪を求めていきたい」と述べました。(NHK18年12月25日)』

* * * * * 

『渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も―映像公開

 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり日韓の主張がぶつかる中、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。

 同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。

 防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、岩屋毅防衛相も否定的だった。複数の政府関係者によると、方針転換は27日、首相の「鶴の一声」で急きょ決まった。

 韓国政府は11月、日韓合意に基づく元慰安婦支援財団の解散を決定。元徴用工訴訟をめぐり日本企業への賠償判決も相次ぎ、首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)という。
 そこに加わったのが危険な火器管制レーダーの照射。海自機への照射を否定する韓国の姿勢に、首相の不満が爆発したもようだ。

 首相の強硬姿勢は、2010年9月に沖縄県・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で対応のまずさを露呈した旧民主党政権の教訓も背景にある。

 当時、海上保安庁が撮影した映像を菅内閣は公開せず、海上保安官がインターネット動画サイトに投稿して騒ぎが拡大。首相は13年12月の党首討論で「出すべきビデオを出さなかった」と批判した。政府関係者は今回の首相の胸の内を「後で映像が流出するのも嫌だから『出せ』と言っているのだろう」と解説した。(時事通信18年12月28日)』 

* * * * * *

『「めちゃくちゃすごい音だ」。

 防衛省が28日、異例の公開に踏み切った任務中の哨戒機による映像は、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された直後の緊迫した機内の様子を、生々しく再現した。

 映像は20日午後、海上自衛隊のP1哨戒機が能登半島沖でレーダー照射を受けた前後の13分7秒間。音声は情報保全のため一部消されていたが、この間の映像はノーカットだった。

 映像の冒頭で哨戒機は、北朝鮮船を救出中の駆逐艦と韓国の救難艦を撮影するため接近。救難艦の近くには、北朝鮮漁船とみられる小型船と救助用のゴムボートが確認できる。好天で視界は良く、捜索のためのレーダーを使う必要性があるようには見えない。

 駆逐艦の斜め上空を通過する際にも、哨戒機が航空法令に反した急接近や低空飛行をしている様子はなかった。

 哨戒機が現場の全景撮影のため上昇中、乗組員が「出してます」「FC(火器管制レーダー)系出している」と報告。「避けた方が良いですね」「砲の指向等を確認」とやりとりがあった後、機長が駆逐艦から離れると伝えた。レーダーの電波を変換した音声を聞いていた乗組員は「めちゃくちゃすごい音だ」「この音覚えておいてください」と報告を続けた。

 最初の照射開始から約3分後、「また探知」と声が上がり、繰り返し、継続的に照射された様子がうかがわれた。

 哨戒機は異なる三つの周波数を用いて計6回、「目的は何ですか」などと駆逐艦に英語で呼び掛けたが、応答はなかった。(時事通信18年12月28日)』


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『韓国側は当初、このレーダー照射について、「北朝鮮の漁船を捜索するためにレーダーを使った」などと主張。

しかし、映像を見ると、駆逐艦から目視で確認できる距離に、北朝鮮の漁船とみられる船が映っていて、船員はすでに救助されたあととみられている。

また、哨戒機が一定の距離をとり、駆逐艦の真上を飛行していないことも確認できる。

韓国国防省のチェ・ヒョンス報道官は、「映像資料は、単純に日本哨戒機が海上で旋回する場面と、操縦士の対話場面だけが撮られているもので、一般常識的な側面からしても、追跡レーダーを照射したという日本側の主張に対する、客観的な証拠としては見られません」と述べ、あらためて日本側に対し、「射撃管制用レーダーを照射していない」との立場を主張している。(FNN18年12月28日)』

* * * * *

『韓国側が反発 公開映像「パイロットの会話だけ

 事実関係をごまかしているとして、韓国側は日本に対して強い懸念を示した。
 28日午後、動かぬ証拠として日本側が公開した映像。これに韓国側が反論した。

 報道官:「日本側が公開した映像資料は、単に日本の哨戒機が海上で旋回する場面とパイロットの会話シーンだけが盛り込まれたもので、一般常識的な側面から追跡レーダーを照射したという日本側の主張の客観的な証拠として見ることができない」

 もう一度、公開された映像を見てみると、レーダー照射を感知して自衛隊機が現場からいったん離れようとする場面だ。レーダー照射はいわゆるロックオンと同じ。自衛隊員は韓国の駆逐艦の対空砲などの火器が自分たちを狙っているかどうかを確認。緊迫した場面だ。

 岩屋防衛大臣:「自衛隊は当然、電波収集も同時にして記録も残している。傍受を間違うことはないと信じている」

 韓国側は、これまで自衛隊がレーダー照射と主張しているものが遭難した北朝鮮の漁船を捜すための捜索用レーダーだったなどと主張。しかし、映像を見る限り、漁船は駆逐艦のすぐ近くに映っている。

 岩屋防衛大臣:「かなり天候も良い状態にあった。漁船の姿も十分、目視できる位置にあったと感じているので、(韓国軍が)すべてのレーダーを展開する必要はなかったのではないかと」

 しかし、韓国側は態度を硬化させている。
 報道官:「日本側は国際法と兵器システムの正確な理解に基づいて協議していかなければならないのに、一方的な内容を盛り込んだ映像を公開し、事実関係を糊塗(こと)していることについて再び遺憾を表する」(ANN18年12月28日)』

* * * * *

 このレーダー照射の件は、本当に重大な問題なのだけど。何か韓国にいら立っている安倍首相が映像公開を押し切ったなんて話が出たり、韓国のグダグダな反論を目にしたりしちゃうと、何か嫌日、嫌韓のネトウヨ同士の子供のケンカみたいな感じにも見えて来ちゃって。
 何だかな~とため息をつくしかないmewなのだった。(@@)
<安倍政権が早く終わらないと、大事な東アジア外交も落ち着かないままになっちゃうようね。>

  THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]

by mew-run7 | 2018-12-29 10:54 | 平和、戦争、自衛隊 | Comments(0)  

「空母でない」と国民をだまし、9条の専守防衛に反する防衛大綱を決定。安倍が日本の平和を壊す


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 MERRY CHRISTMASです。

 クリスマスには、毎年恒例ながら、
 ジョン・レノンのHappy Xmasの動画を。
<残酷な場面がありますので、ご注意ください。>

 WAR IS OVER 
 IF YOU WANT IT

 一体、誰が戦争したいって思ってるんでしょうね!(-"-)

* * * * *

 でもね。日本の軍事の拡大強化も、どんどん進んでいるんですよ。 (ノ_-。)

 何分にも安倍晋三くんは、心の底では、現憲法は米国に押し付けられたもので無効なものだと思っていますからね。
 9条の平和主義、専守防衛の精神なども守る気などさらさらないのです。(ーー)

 そんな人が、まさかの首相返り咲きから6年も国政を牛耳っていて。防衛費だって5年連続アップで過去最大になってるし。
 長い間、日本の内閣&法務局は「集団的自衛権の行使は、憲法9条に反する」と解釈していたのに。勝手に閣議決定だけで、「集団的自衛権の行使もOK」に憲法解釈を変更して、アブナイ安保法制を作っちゃうし。

 そして、今年は2013年に続き、また防衛大綱の見直しを行なって、今回は「専守防衛」の原則を破る空母を準備することなど、またまた日本国民が懸命に守って来た9条の基本精神を壊そうとしているのである。(`´)

<そもそも安倍首相&超保守仲間たちの重要スローガンの一つは「戦後レジームからの脱却」・・・つまりは、日本の戦後体制、現憲法い基づいて築かれたシステム(社会、教育なども含む)をぶち壊すことだからね。こうやって、戦後の良識ある政治家や国民が、懸命に守って来た平和主義のルールを、一つ一つ壊して行くことが、彼らの喜びなわけだよね。(>_<)>

* * * * *

 しかも、mewが腹が立つのは、彼らがそういう破壊行為を、きちんと国民の前で説明して、国会や世間での議論を経てから行うのではなくて。得意のまやかし、ごまかし戦法を用いて国民を騙すような形で行なうことなのだ。(ーー)

 今回の護衛艦の空母化の話もそう。安倍首相の日本会議・超保守仲間の松沢成文氏(希望代表)が、こう言ってるのに・・・。<メディアも最近、「事実上の空母」と呼んでいたりする。>

『「空母なんですよ。空母は空母だから」 希望・松沢代表

■希望の党・松沢成文代表(発言録)(改修される海上自衛隊の「いずも」型護衛艦は)空母なんですよ。あれは。「攻撃型空母」ではないというのが政府の説明ですよね。特に離島の方は滑走路がないから、緊張事態が起きた時にきちんと防空態勢を図るというのは、日本のしっかりとした抑止力につながる。日本は領海が広いですからね。(政府は)必要だという認識だと思いますし、私たちはそれに賛同します。(空母という名称を使わない政府は)そんなに逃げることはないですよね。空母は空母だから。あくまでも自国防衛のための空母なんだと言えばいいんだと思いますけれどね。(13日、記者会見で)(朝日新聞18年12月13日)』

 安倍内閣や自公与党は、あくまでも「空母ではない」「攻撃型の航空母艦ではない」かのような言動を続けるのである。<呼び方も「ヘリコプター搭載護衛艦」にするんだって。(>_<)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『政府は11日、新しい防衛計画の大綱(防衛大綱)の与党ワーキングチーム(WT)に対し、海上自衛隊のいずも型護衛艦の事実上の「空母化」などを盛り込んだ新大綱と中期防衛力整備計画(中期防)の両素案を示し、大筋で了承された。いずも型で運用を想定するステルス戦闘機F35Bは常時搭載はせず、「必要な場合に運用する」と明記。憲法解釈で保有が禁じられている「攻撃型空母」には当たらないと説明し、慎重だった公明党も容認した。

 いずも型を「空母化」する改修は、海洋進出を図る中国をにらんで防空体制を強化する狙い。自民党は空母化を念頭に「多用途運用母艦」導入を提言したが、公明党が憲法上の疑義を懸念し、与党WTが了承を3回見送っていた。

 政府はこの日、短距離離陸・垂直着陸型戦闘機として想定するF35Bを常時は艦載しないとし、新大綱の素案には「必要な場合に現有艦艇からの運用を可能とする」と記すにとどめた。いずも型を常に空母として運用するわけではないと主張することで、「(性能、能力で)空母と言えず、専守防衛の範囲内に収まる」との解釈だ。公明党はこうした「制約」の文書化を正式了承の条件としたが、専守防衛から逸脱する懸念はなおつきまといそうだ。(毎日新聞18年12月11日)』

* * * * *

『空母化後のいずも、呼称は「ヘリ搭載護衛艦」 与党確認

 政府が改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」をめぐる与党のワーキングチームは13日、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の改修に関する確認書をまとめた。改修で事実上「空母化」するが、戦闘機を常時艦載せず、憲法で保有が認められない「攻撃型空母」には当たらないと明記。呼称は今と同じ「ヘリコプター搭載護衛艦」とした。

 確認書では、短距離離陸と垂直着陸ができる「STOVL機」の搭載について、常時ではなく「必要な場合に運用する」とした。具体例として、飛行場の少ない地域での航空攻撃への対処、警戒監視や訓練、災害対処などを挙げた。「攻撃型空母」となる可能性については、運用する航空機などを踏まえれば「到底こうした艦艇に当たらないことは明白」と強調。「現在の国際情勢や科学技術等に鑑みれば、憲法上保有を禁じられない」と記した。<朝日新聞18年12月13日)』

* * * * *

『安倍晋三首相は14日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」改修による事実上の空母化について、戦闘機を常時搭載せず、災害時の拠点としての利用など多用途で運用する考えを表明した。憲法上保有が許されない「攻撃型空母」に当たらないといった内容も含む与党側の確認書に関し「重く受け止める。この内容をしっかり守って運用する」と述べた。専守防衛から逸脱するとの批判を踏まえたとみられる。

 新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」に関する自民、公明両党のワーキングチーム(WT)座長の小野寺五典前防衛相らが官邸で会談後、記者団に明らかにした。(共同通信18年12月14日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 でも、先日も書いたように、日本はこの空母に載せる分も含め、45機のF35戦闘機を購入することも防衛大綱に明記。<ヘリ搭載護衛艦のはずなのにね~。ちなみにトランプに合計105機のF35機を購入すると約束したらしい。(>_<)>

 また、敵基地攻撃につながるミサイル防衛、多大な負担を伴う(けど、効果は「?」の)イージスアショアの導入などなども明記。
 これまで長い間、自民党のタカ派政権でも、戦闘につながるような武器や戦略の導入は、党内や野党、識者、国民などの意見、反応を見ながら、慎重に行なっていたのに。安倍首相は、昔からタカ派がやりたいと思っていた武器や戦略の導入を、「ここぞ」とばかりに行なってしまうのだ。 (-"-)

『護衛艦の「空母化」明記=多次元統合防衛力を整備―新防衛大綱・中期防

 政府は18日午前、国家安全保障会議と閣議を開き、今後おおむね10年の国防の指針となる新たな「防衛計画の大綱」(防衛大綱)と2019~23年度の装備品調達などを示す中期防衛力整備計画(中期防)を決定した。

 中国の太平洋進出を念頭に、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機を導入、海上自衛隊最大の「いずも」型護衛艦を事実上の航空母艦として運用することを明記した。高額装備品の調達に伴い、5年間の予算総額は過去最大の27兆4700億円に達した。

 政府の従来見解では、「攻撃型空母」の保有は憲法上の専守防衛の範囲を逸脱するとして認めていない。今回の決定は自衛艦への戦闘機搭載に踏み出すもので、集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法に加え、日本の防衛政策は装備面でも新たな段階に入る。

 大綱策定は5年ぶりで、安倍政権で2回目。宇宙・サイバー・電磁波といった新領域での防衛力強化が「死活的に重要」と指摘。従来の陸海空に新領域を加えた全ての防衛力を向上させ、一体運用する「多次元統合防衛力」の構築を打ち出した。

 「空母化」は太平洋側の防空体制強化が目的。大綱では「現有の艦艇からのSTOVL機の運用を可能とするよう、必要な措置を講ずる」と記述した。中期防には、F15戦闘機の代替として、米最新鋭ステルス戦闘機F35を45機導入し、うち18機はSTOVL機のB型とするとともに、この運用を可能とするため「いずも」型護衛艦の改修を行うことを盛り込んだ。

 与党内の検討で、公明党は「攻撃型空母」でないと明確にするよう求めていた。中期防には改修後の位置付けを「多機能の護衛艦」とし、F35Bの運用について「有事における航空攻撃への対処、警戒監視、訓練、災害対処等」の場合を挙げた。

 自民党が求めていた敵基地攻撃能力の保有は、明記が見送られた。ただ、長距離巡航ミサイルの整備が盛り込まれ、実質的に能力を獲得する。

 大綱は、現代の戦争で「軍事と非軍事の境界を意図的に曖昧にしたハイブリッド戦」が展開されていると分析。これに対応するため「全ての領域能力を有機的に融合し、相乗効果により全体能力を増幅させる領域横断(クロス・ドメイン)作戦」の必要性を訴えた。(時事通信18年12月18日)』

* * * * * 

 でも、こうして安倍政権がやりたい放題にできるのも、何やかんや言って、安倍内閣の支持率が高いから。(**)

 実際には、メディアがあまり大きく取り上げないこともあって、国民の多くは、このような安保軍事政策には関心がなくて、何をやっているかも知らず。特に反対の声を上げるわけでもないのだけど。
 ともかく内閣支持率が高ければ&直近の選挙に勝っていれば、国民は安倍内閣の安保軍事政策も込みで支持しているということになってしまうわけで。そろそろ「国民は平和を望んでいる」「日本の軍事増強を望んでいない」という意思をしっかりと表すべきではないかと言いたいクリスマスのmewなのだった。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-12-25 09:45 | (再び)安倍政権について  

安倍自民、年末に支持率ダウン~過半数は、辺野古移設、改憲に反対。入管法含め、強引さに嫌気か


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【JRAでは、ここ2週、2歳馬GIを開催。とりあえず、結果を書いておくなら、9日に行なわれた阪神JFは、ディープっ娘のダノンファンタジー(牝2)withデムーロ弟が勝利。(*^^)v祝 
 16日に行なわれた朝日杯FSでは、何とディープ牝馬のグランアレグリアが圧倒的な1番人気だったのだけど。最後に鋭い脚を使ったDメジャーっ子のアドマイヤマーズ(2牡)withデムーロ兄が勝った。(*^^)v祝 ただ、男女ともまだ「これぞ」と言える馬はいない感じで、ドングリ状態だ。_(。。)_

 それより大きな問題は、秋のGIで10週連続、外国人騎手が勝っているということかも。<ルメールが200勝越えしたと言うし。(~_~;)>
 まあ、mewも「とりあえず外国人はおさえないと」って馬券を買うし。<でも、今、外国人が多すぎて、押さえ切れない!?^^;>。何か、馬主や調教師も、外国人騎手を抑えておかないとって漢字があったりして。(・・)
 実際、外国人は特にGIの時のモチベと技術がスゴイので「勝つことが多い→いい馬が行く→また、勝つ」みたいな好循環が生じているように思える。で、その結果、日本人騎手が馬と勝利に恵まれない状況になっているのだけど。この状況が続くと、日本人の若手・中堅騎手が育ちにくくなっちゃうので、今後のJRAを思うと、どうしたものかな~と考えてしまうmewなのである。_(。。)_】
 
* * * * *

 さて、今年も余すところ、あと半月。年末が近づいて、政治関連で、やっと少しだけ気分がよくなることがあった。"^_^"

 昨日、3社の世論調査の結果が発表されたのだけど。3社とも支持率が大きくダウン。うち2社は、また不支持率が支持率を上回る数字が出たからだ。"(++)

<特に女性の支持率が低下している様子。毎日新聞の調査では、男性は支持41、不支持が36であるのに対して、女性は支持が33、不支持が44だった。女性たちよ、もっと声を挙げて行こう!(・o・)>

 安倍内閣&自民党は、この秋の臨時国会で、入管法改正法案(外国人受け入れ拡大法案)を短時間で力づくで成立させた上、先週は辺野古の海に土砂投入を強行したのだが。国民の中には、さすがに彼らの強引なやり方に問題を感じた人たちがいるようだ。(**)

* * * * *  

 このブログでは、15,16日と辺野古の土砂投入に関する記事を書いたのだが。この辺野古への基地移設を進める政府の姿勢に関して、支持しないという国民が多かったのも嬉しく、心強いことだった。(^^)
 
<共同通信は、移設を進める政府の姿勢を支持しないとの回答が56.5%、支持は35.3%。毎日新聞は、政府が辺野古沿岸部への土砂投入を始めたことに対して「反対」が56%で、「賛成」は27%。・・・もしメディアが積極的にこの問題を取り上げて、青い海に土砂を投入する映像をもっと流してくれれば、さらに反対する国民が増えると思う。(++)>

 玉城知事も移設反対派の沖縄県民も、全国の国民の半数以上が後押ししているので、堂々と強気で国と戦って欲しい!o(^-^)o

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、入管法改正案の成立に関して「評価しない」という人が、共同通信は65.8%。毎日新聞が55%いたのだが・・・。
 国民がそれなりに客観的な判断をしているな~と思ったのは、外国人受け入れ拡大の法案自体は、賛成の方がやや多いのだけど。安倍自民党がきちんと中身を審議せず、拙速、強引に法案を通したことに対する批判が大きかったことだ。(@@)

<たとえば、読売新聞の調査だと、外国人労働者の受け入れを単純労働に拡大することに「賛成」は46%で、「反対」39%なのだけど。法案が先の臨時国会で成立したことを「評価する」は37%で、「評価しない」48%。政府が新制度の詳細は、法成立後に示すとした対応を聞くと、「適切だった」は18%で、「そうは思わない」が65%に上ったとかね。(・・)>
 
* * * * *

 まあ、支持率に一喜一憂するのもバカらしいとは思うけど。安倍内閣がこれだけの暴挙を働いているにもかかわらず、国民が何も問題に思わず、支持率も全く下がらなかったとしたら、あまりにも哀しいことだし。
 一年の終わりに、支持率がぐ~んと下がってくれると、ちょっとは救われたような感じにもなったりして。(^^ゞ<逆に安倍官邸&自民党は、チョットはいや~な気分になるだろうし。^^;>

 できれば、この国民の判断が来年も続いて、春の統一地方選、夏の参院選の選挙結果につながって欲しいな~と。

 また、今回の調査を見ても、安倍首相が来年、何とか実現したいと考えている憲法改正にも反対の人が多いので、それもしっかりと阻止したいと思っているmewなのである。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

『内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査

 毎日新聞が15、16両日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は11月の前回調査から4ポイント減の37%だった。不支持率は同2ポイント増の40%で、2カ月ぶりに不支持が支持を逆転した。

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法が臨時国会で成立したことについて「評価しない」と答えた人が55%と半数を超え、「評価する」は30%にとどまった。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府が辺野古沿岸部への土砂投入を始めたことに対しては「反対」が56%で、「賛成」は27%だった。(毎日新聞18年12月16日)』

『内閣支持率は42%、不支持が逆転

 共同通信の世論調査によると、内閣支持率は42.4%で、11月3、4両日の前回調査から4.9ポイント減った。不支持は44.1%で逆転した。・・・

 共同通信の世論調査によると、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部への土砂投入を始めたことについて、移設を進める政府の姿勢を支持しないとの回答は56.5%だった。支持は35.3%。

 ・・・先の臨時国会で政府、与党が外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法を成立させたことに関し「評価しない」は65.8%に上った。「評価する」は24.8%。(共同通信18年12月16日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 読売新聞(+NNN)でも、内閣の支持率が6ポイント、自民党の支持率が7ポイントも落ちていた。(@@)

『内閣支持6ポイント低下、47%…読売世論調査

 読売新聞社が14~16日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は47%となり、前回11月23~25日調査の53%から6ポイント下がった。不支持率は43%(前回36%)。

 政党支持率は、自民党が34%(前回41%)に下がり、立憲民主党8%(同7%)、公明党4%(同4%)などの順。無党派層は46%(同42%)となった。』

『読売新聞社が14~16日に実施した全国世論調査で、外国人労働者の受け入れを単純労働に拡大することに「賛成」は46%で、「反対」39%を上回った。その一方、外国人の受け入れを拡大する改正出入国管理・難民認定法が、先の臨時国会で成立したことを「評価する」は37%で、「評価しない」48%の方が多かった。

 政府は、同法の国会審議で、外国人の受け入れ業種や賃金水準など新制度の詳細は、法成立後に示すとした。この政府の対応を聞くと、「適切だった」は18%で、「そうは思わない」が65%に上った。』(読売新聞18年12月16日)』

* * * * *

 尚、憲法改正に関しての質問では、改憲推進運動をしている読売新聞の調査でも、早期改憲には反対の人が多いという結果が・・・。

『憲法改正をめぐっては、国会が改憲案の発議を「急ぐ必要はない」61%、「急ぐべきだ」22%。学校法人「森友学園」と「加計(かけ)学園」の問題では、安倍晋三首相や政府の説明に「納得していない」が72%、「納得している」は12%。いずれも前回からほぼ横ばいだった。(毎日新聞18年12月16日)』

『読売新聞社が14~16日に実施した全国世論調査で、今後、国会の憲法審査会で与野党が憲法改正について議論することを「期待する」と答えた人は68%で、「期待しない」の24%を大きく上回った。
 憲法改正を実現し、2020年の施行を目指す安倍首相の方針については、「賛成」が36%で、「反対」47%の方が多かった。(読売新聞18年12月16日)』
 
* * * * *

 世論調査で早期改憲に反対の声の方が多ければ、公明党はますます改憲の発議に協力しない姿勢を強めるだろうし。自民党内でも慎重論が強まる可能性が大きい。(・・)

 また、安倍内閣や自民党の支持率が低くなって行くと、「安倍首相では選挙が戦えない」という声がどんどん出るようになると思われ・・・。野党もメディアの報道も、ここからしっかりと頑張って欲しいと応援しているmewなのだった。(@@)

 THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-12-17 03:35 | (再び)安倍政権について