人気ブログランキング |

タグ:安倍晋三 ( 1400 ) タグの人気記事


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【昨日の午後、特に3時台は大変だった~~~。だって、NHK杯体操とセイコー陸上とみんなの競馬のナマ中継が重なっちゃったんだもの~。(@@)
 
 セイコーGG陸上は、100mで桐生(10.01)、小池(10.04)が世界陸上の出場記録(10.05)を突破。100x4リレーは、バトンをかなり慎重につないでた&ラストが向かい風だったのに38.0秒の今季世界最高で、まあまあ順調という感じ。<今年もパラ種目を一緒にやってくれてよかった。> 
 NHK体操男子は、全日本予選・決勝のポイントにプラスする形で実施。<代表選考とは別に、NHK杯だけの順位争いが見たかったな~。> 1位は谷川弟、2位は谷川兄、3位は萱と順天堂トリオが上位を占め、代表入りを決めた。<市船高の橋本大輝が迫って来ている。>
 日本のエース、内村が負傷で予選落ち、白井も負傷で下位(23位かな)で、代表入りが危ぶまれているのだけど。内村も白井も6月の種目別の大会で、代表入りに意欲を示しているとか。しっかりケガを治し、筋力を戻して、何とか世界選手権に行って欲しい。<白井、練習不足で、腕が細くなってた。体力もつけないと。>ガンバ!o(^-^)o ・・・その他はまた他日に。(~~)】

* * * * *

 今月25日~28日に、米国のトランプ大統領が国賓として来日する。安倍首相が、トランプ大統領を新天皇と最初に会う外国首脳にしたかったがために<どうせ来月、G20で来日するのに>、わざわざ、この時期に国賓として招待したのである。(**)

 安倍首相&超保守仲間としては、米大統領に、日本の国体である新天皇に最初に会ってもらい、日米同盟の重要性を示したいと。また、新天皇に最初に会う名誉も与えたいと思ったのだろうけど。(ここでも安倍官邸は天皇を政治利用。)後述するように、もともとトランプ氏にとって、さしたる価値はなかった様子。^^;
 
 また、安倍首相としては、ともかく日朝会談実現に協力を求めると共に、日米貿易で日本の負担を軽減することなども期待して、最高のおもてなし(サービス、お貢ぎ?)で迎えようと考えたのだろうが。
 何だか「好き放題、やらせ過ぎ」のようにも思えて。一体、ここまでやる必要があるのか、クビをかしげたくなる。_(。。)_


* * * * *
 
 だってね。トランプ大統領は「大相撲観戦をして、トランプ杯を授与したい」って言ってたらしいのだけど。<まさか、このために千秋楽に来日の日程を合わせたのかしらん?^^;>

 ふつうならVIPは警備のこともあって、階上の貴賓席で観戦するのに、トランプ氏が「マス席でイスに座って観戦をしたい」と要望したとかで。日本政府は、何と警備の問題もあって、1600万円も使って、正面のマス席を全て買い占めるという異例の(というか、異常なトンデモない)対応をとったというのである。(゚Д゚)

 どうせトランプ氏は、最後の3番ぐらいしか見ないのに。^^;一般の大相撲ファンは、千秋楽の正面マス席は、ずっと予約できなかったという。<それに優勝争いしてたりしたら、安倍・トランプ一行の出入りもジャマだよね。(-"-)>

 しかも、表彰式で本人がトランプ杯を渡したいと言ってるとかで、特別なスリッパを作って土俵に上がってもらえるように計画しているとのこと。<土俵上、土足厳禁だからね。^^;>

 さらに、本人から「世界のAOKI(エオ~キ)とゴルフはしたい」との希望があったようで、ゴルフ場と青木功選手を押さえることに。<17年に来日にした時には、世界のヒデキ(松山)を呼んでゴルフをしたのよね。^^;>

 でも、重要な国の首脳が行なう「国会での演説」は、多忙との理由で断られたという。(~_~;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 まずは、大相撲のマス席&表彰の話を。

『トランプ大統領が国技館正面マス席を占拠、お値段は1600万円

 5月25日に来日予定のドナルド・トランプ米大統領が、大相撲夏場所千秋楽(東京・両国国技館)を観戦するのに合わせ、日本相撲協会が1階正面マス席をすべて確保していると『日刊スポーツ』が報じた。

 トランプ大統領夫妻だけでなく、護衛のシークレットサービスにも席を用意する必要があり、正面マス席は現状まったく販売されていないという。日本相撲協会に問い合わせると、「その件はコメントする立場にない」との返答だった。

「皇室の方々ですら、2階正面最前列の貴賓席から観覧されるというのに、1階の正面マス席占拠は衝撃ですよ。トランプ大統領も、おとなしく2階へ行ってくれればいいものを……。相撲ファンの中でも怒っている人は多いですね」(関係者)

 実際にツイッターでも「前代未聞のふざけた話。国賓をはき違えてる」「トランプさん、当日お腹壊して来れなくなればいいのに」「こういうワガママを許さないでほしい」などと怒りの声が上がっている。

 国技館の正面マス席をすべて押さえるとなると、いったいいくらかかるのか。正面マス席は全部で366席。1つのマス席で4人(最後列は6人)座れるので、およそ1500人分の席がある。

 前列からA、B、Cとエリアが分かれており、A席は1人1万1700円。B席は1人1万600円。C席は1人9500円だ。ざっと試算してみたところ、総額約1600万円となった。この額を全額負担するかどうかは不明だが、なんとも豪勢な観戦だ。 

 だが、トランプ大統領の豪快なプランは、マス席占拠にとどまらない。実は、マス席にイスを置いて観戦する方向で話が進んでいるのだ。

 観戦後は土俵に上がり、優勝した力士に「トランプ杯」を授与するが、土俵に上がる際は素足ではなく、特注のスリッパを履くという。

 令和初の国賓となるトランプ大統領。総額1600万円の広々としたマス席で、名物「国技館やきとり」を食べながら相撲を楽しむ日はもうすぐだ。(SmartFLASH 19年5月17日)』

『トランプ夫妻のほか、警備などのために席を用意する必要があるため、現時点では千秋楽の正面升席は販売されていない。夏場所10日目ごろまでに必要な席数が決まり、余りが出た場合の扱いは未定。

多くの常連客を抱える相撲案内所(通称・お茶屋)の、ある番頭は「今場所の千秋楽の正面升は、協会が1枚も下ろしてくれなかった。いつも来ている人からは苦情も出ています」と困惑気味。なじみの客に他の席を用意するなど協会から代替案が出る可能性もあるが、現時点で詳細は伝えられていないという。

トランプ氏側は幕内の後半数番だけを観戦し、優勝者に「トランプ杯(仮称)」を授与する予定。そのため、幕内前半ごろまでは正面升席の一角だけが、空席のまま進行するという前代未聞の千秋楽になる。

15日には大統領を警護するシークレットサービスとみられる米国人10人以上が国技館を視察。16日も取組中から出入りし、準備を進めた。相撲協会関係者によると、中日以降は国技館内の夜通し警備が増員されるという。(日刊スポーツ19年5月17日)』 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 ゴルフの話はこちらに。安倍首相は来週の対戦に備えて、18日、練習に励んだらしい。^^;

『安倍vsトランプ ゴルフ場決定

 安倍総理大臣は来週、国賓として来日するアメリカのトランプ大統領とゴルフをする予定ですが、ゴルフ場は、千葉県・茂原市の「茂原カントリー倶楽部」に決まったことがテレビ東京の取材で明らかになりました。
 「茂原カントリー倶楽部」は、一緒にラウンドする予定のプロゴルファー・青木功氏がコースメンテナンスのアドバイザーを務めています。
ゴルフは26日に行われる予定です。(テレビ東京19年4月26日)』

『安倍晋三首相は18日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で松崎勲森永商事社長らとプレーした。ホールの移動中、記者団に「気持ちよくやっていますよ」と語った。ゴルフは4月下旬に米国でトランプ大統領とプレーして以来だ。25~28日のトランプ氏の来日中も共にコースを回る予定で、練習の意味合いもあったようだ。(日本経済新聞19年5月19日)』

* * * * *

 でも、国会での演説はお断り。<安倍は米議会での演説をめっちゃ喜んで行なった。^^;>また、新天皇との会見にも、もともとは乗り気ではなかったのだが。安倍首相に「スーパーボウルの100倍重要」と言われて、OKしたらしい。(~_~;)

『米大統領、国会演説を見送りへ 滞日中の「日程多忙」

 25日に国賓として来日するトランプ米大統領が、日本での国会演説を見送る方向であることが分かった。28日までの滞在中、天皇、皇后両陛下との会見や安倍晋三首相との日米首脳会談、海上自衛隊の護衛艦視察などの実施を調整しており「日程多忙」のためだという。複数の関係者が4日、明らかにした。

 官邸筋は、来年の大統領選で再選を期すトランプ氏は自らのアピールに余念がないと指摘。「同盟国の首相との緊密な関係を内外に誇示できる会談などを重視している」との見方を示した。
 国賓で招待された外国首脳の国会演説は一時恒例だったが、2014年に来日したオバマ前米大統領も行わなかった。(共同通信19年5月4日)』

* * * * *

『安倍首相 スーパーボールの「約100倍」と説明 トランプ氏「それなら行こう」

 トランプ米大統領は26日、日本人にとっての新天皇即位の重要性について、安倍晋三首相から米国における国民的行事のプロフットボールNFL王者決定戦スーパーボウルの「約100倍大きい」と説明され「それなら行こう」と5月訪日を即決した経緯を明らかにした。

 ホワイトハウスでの首相との会談冒頭で語った。トランプ氏は首相に招待された際、当初は「うーん、行けるかどうか分からないな」と答え、スーパーボウルと比較する質問をした。首相の回答を受け、現在は「非常に大きなイベント」だという認識だという。滞在期間中に予定する大相撲観戦について「ずっと興味深いと感じてきた。優勝者にトロフィーを渡す」と語った。(スポニチ19年4月28日)』

『トランプ氏によると、首相が訪日を招請した際に(新天皇即位は*)「スーパーボウルと比べて、日本人にとってどれくらい重要なイベントか」と尋ねた。これに対し、首相は「100倍重要」と答えたという。(時事通信19年4月27日・*はmewが補足)』

* * * * *

 安倍首相は、ロシアのプーチン大統領と懇意にしていたはずなのに、北方領土返還交渉は暗礁に乗り上げて、実現困難になっているし。韓国とは関係悪化。中国とも関係改善には至らず。北朝鮮にも無視される状況が続いている。<相手にしてくれるのは、バラまきを喜んでくれる発展途上国のみ。^^;>
 もう最後の頼りにできるのは、米国のトランプ大統領だけなのだが。こちらも、アレコレ要求される(&お貢ぎする)ばかり。一度、日本の国民に「安倍内閣は、トランプ氏招聘のために、ここまでやる必要があるとマジで思う?」ときいてみたいmewなのだった。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-05-20 06:37 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 平成最後の日に、『平成の終わりに~非自民政権誕生で期待したのに、劇場型政治で民主主義が劣化。9条の解釈変更は最悪』という記事を書いたのだけど・・・。

 特に2001年の小泉政権以来、自民党がネットを利用したイメージ選挙に走っていることには、明らかで。それが日本の民主主義を大きく荒廃&後退させることにつながっている。(・・)

 国民は、選挙の際、政治思想や政策などをほとんど重視しなくなっている。何となくいいな~と思う政党や政治家を支持したり、そのような候補に投票したりするのだ。(-"-)

 小泉政権時代から、それをずっと見て来た安倍官邸は、徹底してイメージ重視の方針を貫こうとしている。^^;

 最近で言えば、イベント好きの日本人の心理をうまく利用して、令和ムードをいかに高めるか、いかに自分たちのプラスにつなげるか、用意周到に施策を練った。

 その一つが、朝からメディアが盛り立てた新元号の決定までの経緯&菅官房長官の発表会見、もう一つが今までなかった安倍首相の新元号の説明である。(++)

 これで菅官房長官は「令和おじさん」として有名になり、安倍内閣の支持率は急に上がることになった。(~_~;)

* * * * *

 自民党が始めた、夏の参院選を見据えインターネットなどを活用した新たな広報戦略「#自民党2019」プロジェクトもまさにイメージ戦略である。

 安倍首相をはじめ7人の議員が、FFのデザイナー・天野喜孝さんによって、侍姿によって描かれた屋外広告を製作。<デフォルメし過ぎて、安部首相が全く似てない。他の議員も、誰なのかよくわからない人が多い。https://jimin2019.com/#page03>

 ユーチューブには、ダンサーらさまざまな分野で活躍する10代のパフォーマンスを披露する党公式動画を投稿するという。_(。。)_
<機会があったら、また詳しく書くけど、ガールズ・ファッションの企画もある。・・・国会議員の選挙の広報活動なんだよ。(ーー)>

 また先週、安倍首相はTOKIOとプライベートで食事をし、そ早速その写真をSNSにアップ。自分が福島復興に心をかけていることやアイドルGなどと交流のあるソフトな人間であることをアピールしたかったのではないかと察する。^^;

 どう見ても、国民は完全にバカにされているのである。(**)

 安倍首相は、『チャラいものにしないでくれ』と頼んだそうだが。でも、国民は「チョロイ」と。特にB層的に政策など考えず、イメージを重視する国民は、ちょっとしたイメージ戦略によって簡単に支持を得ることができると思っているのだ。(>_<)

* * * * *

 映画作家の想田和弘氏が、このような状況を憂いていた。mewとかなり考えが合うので、ここにアップする。(・・)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『「#自民党2019」でアピール 人気クリエーター起用、10代パフォーマンス動画も

 夏の参院選を見据え、自民党がインターネットなどを活用した新たな広報戦略「#自民党2019」プロジェクトを今月からスタートさせた。安倍晋三内閣の支持率は若年層で高いことに着眼し、SNSを通じ若い世代に訴えて支持拡大につなげたい考えだ。

 「首相から言われたのは『チャラいものにしないでくれ』だけ。とんがったものにはなっているけど、チャラいものになってない」

 プロジェクトのリーダーを務める甘利明選対委員長は8日、TBSのCS番組収録で新広報戦略についてこう強調した。動画投稿サイト「ユーチューブ」にダンサーらさまざまな分野で活躍する10代のパフォーマンスを披露する党公式動画を投稿。安倍首相も登場して「未来をつくりたい」と呼びかけ、新時代を切り拓(ひら)くイメージを打ち出した。

 人気ゲーム「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインで知られるクリエーター、天野喜孝さんによる屋外広告も製作した。侍姿になぞらえた首相ら7人の党所属議員を水墨画風に描いた。東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の5都市に掲示し、SNSでの拡散も狙う。甘利氏は「参院選を見据えてはもちろんだが、党のブランドイメージをもっと国際ブランドにしたい」と語った。

 平成25年にネットの選挙活動が解禁されると、共産党はオリジナルキャラによる特設サイト「カクサン部」で話題を呼んだ。4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選では日本維新の会が演説動画を素早くSNSに投稿し、支持を広げた。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の4月の合同世論調査で、安倍内閣の支持率は10、20代で56・2%となり、他の世代と比べ最も高かった。他党も積極的にSNSを活用する中、自民党もさらにネット戦略を進める予定だ。(今仲信博、写真も) (産経新聞19年5月8日)』

* * * * *

『「令和おじさん」プチブームから見えるもの
By 想田和弘 マガジン9 2019年5月15日

 天皇の代替わりと新元号をめぐるお祭り騒ぎの中で、地味に驚愕させられたことがある。それは、新元号を発表した菅義偉官房長官がネット上などで「令和おじさん」と呼ばれ、「可愛い」「笑顔がいい」などと人気を博し、知名度を急上昇させた(らしい)ことである。

 菅氏といえば、記者の質問に対して超絶不機嫌な顔と態度でぶっきらぼうに答える姿ばかりが目に焼き付いている。だから「可愛い」という形容詞が使われたことに、まずは不意をつかれた。

 だが、それよりも驚かされたのは、彼がどうも「令和おじさん」として初めて日本国民の間に広く認知された(らしい)ということである。つまり菅氏が新元号を掲げる姿を見せるまで、その存在を知らなかった人々が大勢存在した(らしい)のである(だって、でなければ、まるで初めて表舞台に登場した人のごとく「令和おじさん」なんて命名されないですよね)。

 これはよく考えるとかなり重大な発見であり、深刻な問題だ。

 第二次安倍政権が誕生して、すでに6年以上が経過している。その間、菅氏は常に安倍内閣の官房長官として、日本政府のスポークスパーソンを務めてきた。ニュース番組を見ていれば、ほぼ毎日のようにテレビに映し出される顔だ。首相の次くらいにはメディア露出度の多い政治家だと思う。

 その菅氏の存在を知らないということは、その人はほとんど日本の政治に関心がないし、ニュースを追っていないということだ。つまり安倍政権がどんな政権で、何をやってきて、何をやろうとしているのか、ほとんど知らないということであろう。

 そういう主権者が、日本には大勢いる。その実数はわからないが、少なくとも菅氏が「令和おじさん」と呼ばれ、プチブームになる程度には、政治に無関心な人がたくさんいるわけである。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 僕はこのことが、実は日本の政治の最も根本的な問題なのではないかと思っている。

 デモクラシーとは、国王や皇帝が政策や方針を決めるのではなく、主権者である民衆自身が決めるためのシステムである。それが適切に機能するためには、民衆一人ひとりがある程度政治に関心を持ち、情報を集め、勉強することが不可欠である。でなければ国の方向性や政策の良し悪しを判断したり、自分たちの代表を適切に選んだりすることなど、不可能だからだ。

 そういう意味では、今の日本の状況は、あまりにも多くの主権者が主権者としての責任を放棄した状態であると言わざるをえない。もっと厳しい言い方をするなら、「衆愚政治」に陥っているとしか言えないのではないか。

 安倍首相や自民党は、そういう状況をよく理解しているのみならず、歓迎しているのだと思う。そして人々が政治に無関心であることを、自らの権力を維持するために積極的に利用している。

 例えば、自民党が夏の選挙に向けて若者をターゲットに立ち上げた「#自民党2019」というプロジェクトには、そのことが典型的に現れている。

 このウェブサイトには、人気ゲーム「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインなどで知られる天野喜孝氏が描いたイケメン武士に、「第二十一代・第二十五代 自由民主党総裁 安倍 晋三」とのキャプションがつけられている。

 その厚顔無恥さに、ソーシャルメディアでは呆れる声が上がったが、首相の行為を厚顔無恥だと思う人は、政治に関心を持ち、安倍政権の危険性や酷さを知っている人である。だが、政治に関心がない人で、ファイナルファンタジーを好きな人は、ほぼ間違いなく自民党や首相に対して好感度を上げるであろう。

 そして好感度を上げる人は、好感度を下げる人よりも、たぶん多い。いや、少なくともそう睨むからこそ、自民党はこのようなサイトを立ち上げたのである。

 また、5月12日、首相はTOKIOの人たちと食事をする写真とともに、次のようなツイートをした。

 「TOKIOの皆さんと再会しました。福島 復興のために頑張ってくださっています。話に花が咲き、本当に楽しいひとときを過ごすことができました!」

 TOKIOファンのなかに菅氏を知らなかった人、つまり政治に関心がない人がどのくらい存在するかは知るすべもないが、TOKIOファンという分母が大きいことを考えれば、ここにもやはり、かなり多くの「政治無関心層」も含まれていると想定してよいだろう。彼らにとって、大好きなアイドルと仲良く写真におさまる安倍首相の好感度が上がることは、ほぼ確実だ。

 これも実に効果的なイメージ戦略であり、選挙運動だと思う。

 けれども、当然のことながら、安倍自民党が良い政治をするかどうかは、天野氏やTOKIOと仲が良いかどうかとは全く関係がない。そういう意味では、安倍自民党の戦略は、政治の本質とは全くかけ離れた部分で得点を稼ぐ「騙しの戦略」だと言える。しかし当の主権者が政治に関心を持たない「衆愚」であれば、それが詐術であることを見抜くことはできまい。

 日本のデモクラシーは、かなり重篤な病気にかかっているのだと思う。それは独裁的な首相の首をすげ替えれば治るというようなものではない。なぜなら主な病巣は、私たち主権者にあるからである。』

 日本がまた知らないうちにアブナイ国にならないために、本当の民主主義を実践できるように。そのために国民がもう少し政治に興味を持つように、何とかならないかな~と、ついついぼやいてしまうmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-05-17 05:07 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【遅ればせながら、5日に行なわれたNHKマイルCは、2番人気のアドマイヤマーズ(3牡)withMデムーロが優勝。(*^^)v祝
 14番人気のケイデンスコールwith石橋が、大外から突っ込んで来て半馬身差の2着に。3着も7番人気のカテドラルwithアブドゥラがはいり、三連単41万と荒れた。<mewは用事があったので買えず。よくわからなかったので、ムリして買わなかったのだが。正解だった。(^^ゞ>
 Aマーズは新馬戦から朝日杯まで1600mで4連勝していて、「マイルなら」と満を持していた感じ。デムーロも4角から包まれないように前に出て、最後の脚をうまく活かす好騎乗だった。<久々のGI優勝でミルコが嬉しそうだったこと。(~~)>

 1.5倍とダントツ1番人気になった桜花賞馬のグランアレグリアは、GI3連勝中のルメールがちょっと乗り損なった感じ。早めに外に出すかと思ったら、直線で包まれて、前の馬を交わして強引に突きつけようとしたため、大きく斜行して、因縁の川田のDチェイサーとぶつかることに。
 ルメールは川田のあとの5着に降着。しかも3月にも注意を受けていたことから、超・厳しい16日間の騎乗停止処分になってしまい、オークスもダービーも乗れないことになってしまった。(-_-;)<東京競馬場で活躍中のレーンが代役で優勝を狙って来そう。(++)ルメールは次の日に、船橋のかしわ記念GIでしっかり勝ってたけど。^^;>

 Aマーズはマイルは本当に強そう。Gアレグリアはさらに短い方がいいという話もあるのだけど。もう1回マイルを見てみたい気も。あとの馬は実力伯仲で、まだいつどの子が走るのかわからない。(-_-)】

* * * * *

 最初に書いておくなら・・・。mewは昔からずっと、1日も早く北朝鮮の拉致問題が解決されることを願って来たし。安倍晋三氏が、まだ父・晋太郎氏の秘書だった頃から、拉致問題の被害者家族の相談に乗っていたことに、感謝さえしている。m(__)m

 まあ、安倍氏&超保守仲間の場合、天敵・北朝鮮を攻撃できる材料を手にして、それを利用しようとする面があったことは否めないし。一部の被害者家族が超保守化(ウヨ化)したことで、家族会の意思統一が難しくなった部分もあったように思うけど。
 長い間、拉致問題をアピールし続け、彼らなりに解決しようとしていたことは、評価しているし。被害者も家族もどんどん高齢化している今日、安倍首相でも誰でもいいから、ともかく1人でも多く被害者の帰国を実現して欲しいと願っている。(・・)

 ただ、mewは、これまでもブログに書いて来たように、安倍氏&超保守仲間が、北朝鮮を敵視、嫌悪するあまりに、強気の北風政策をとって来たことが、拉致問題の解決を10年以上遅らせることにつながったと思っている。(-"-)
 そして、何だかここに来て急に「前提条件をつけずに」と言い出したのを見て、「何を今さら」とツッコミたくなってしまうところがあるのだ。(@@)

* * * * *

 小泉首相(当時)は、独自ルートで北朝鮮と交渉して、02年に北朝鮮を訪問し、金正日総書記との首脳会談を実現。後に5人の拉致被害者を帰国させることにつながった。
 さらに、小泉首相らは被害者の家族を帰国させるように交渉を続け、04年に再度、北朝鮮を訪問。7人の家族を帰国させることに成功する。(++)

 ただ、安倍氏や超保守仲間は、小泉首相らが独自ルートで交渉したことや、北朝鮮に金銭の支払いの約束をしたり(払ったかどうかは不明)大量の米などの支援を行なったりしたことを非難。<この辺りは、いずれ詳しく。)
 まあ、安倍氏らにも色々言い分はあるのだろうが。ただ、この安倍氏らの姿勢が、北朝鮮とのパイプや拉致問題交渉の機会を奪うことになったことは否めまい。(-"-)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 その後、06年、ついに安倍晋三氏は、小泉氏の次の首相になるのだが、同氏が首相の間、拉致問題は1ミリも解決に近づかず。むしろ、日朝関係は悪化するばかりだった。(~_~;)

 mewは、すごく印象に残っているシーンがある。(**)

 安倍氏が首相になったばかりの06年10月。当時の安倍首相は、北朝鮮が核実験を行なったとの情報を受けて、国会で「今までにない、他国にないような厳しい制裁を検討している」「北朝鮮も『わたしの内閣』が決めるのだから、それなりのものになると考えているだろう」とまで言っていたのである。(・o・)

『11日の参院予算委の質疑でも、「できれば実施の確認をしてからの方が望ましい」としながらも、やはり確認できなかった場合も制裁を行なう可能性を示し、「もし失敗していたとしても、罪が重い」と発言。国連決議には強制力を伴った制裁も含めた決議を望み、日本独自の制裁は「今までにない、他国にないような厳しい制裁を検討している」「北朝鮮も『わたしの内閣』が決めるのだから、それなりのものになると考えているだろう」とまで言った。<mew目撃談・・・今までにないほど厳しい、ボクの内閣の制裁って?(・・)> (2006年 10月 11日のブログより)』

 この報道を見たら、北朝鮮は、当然にして「安倍晋三なる政治家は敵だ。こいつには協力できない」と思うに違いあるまい。(++)

* * * * * 

 その後も、それこそ近時に至るまで、安倍氏&超保守派、何かと言えば制裁強化。ひたすら強気の姿勢で、北朝鮮に相対している。(@@)

 安倍氏らの超保守派は、日本人を拉致した北朝鮮が悪いのだから、本来なら、あちらから謝罪して被害者を帰すべきで。こちらから折れる形で、返還を要請するのは、間違いだと。ましてや、金銭や品物を渡す必要はないと考えていたのだ。^^;<まあ、自然な考え方ではあるけど。それでは通常の誘拐事件だって、解決できないだろう。>

 そして、日本はもちろん、米国なども含め周辺国が北朝鮮に厳しい制裁を科して、いわば兵糧攻めにすれば、北朝鮮は制裁解除を求めて、拉致被害者などを帰さざるを得なくなるのではないかと。また、もし意地を張っていれば、いずれ崩壊するだろうという甘い見通しを立てていたようだ。(~_~;)

 実は09年からの民主党政権の時に、北朝鮮と拉致問題に関して、新たに交渉を行なうのではないかと期待されたことがあった。当時の民主党には、北朝鮮とパイプのある旧社会党系の議員や関係者などがいたからだ。<自民党の北風政策に失望していた被害者家族の中にも、期待する人たちがいた。>
 しかし、自民党、特に超保守派は、民主党の議員が北朝鮮側と接触するのを警戒、批判して、彼らが拉致問題の解決に動くのをジャマしようとしていた。(-_-;)

 オモテに出た話では、12年に拉致問題担当大臣を務めたこともある中井洽衆院議員が、中国で北朝鮮の大使と接触。その後、モンゴルで交渉を行なうとの情報が出たのだが。野党だった自民党が海外渡航を阻止。中井氏がモンゴル行きを断念したことがある。(>_<)
 
* * * * *

 安倍首相は、先日も書いたように、つい何ヶ月か前まで、日朝首脳会談に関しても「首脳会談をこちらがやりたいといえば、足元を見られる」「拙速にはやらない。被害者すべて帰すならば行く」と語っていたわけで。

 今月にはいって、突然、日朝会談には「前提条件をつけない」と言い出した時には、さすがに自民党内からも驚きの声が出たとのこと。説明を求めたいと言い出す議員までいたようだ。^^;

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、安倍内閣は、今月4日に北朝鮮が弾道ミサイルらしき飛翔体を2発、日本海に向けて飛ばしたにもかかわらず、「分析中」として北朝鮮に抗議もせず。一体、どうしちゃったの~という感じに。

 何と北朝鮮は9日にも、同じタイプの飛翔体を2発、日本海に向けて飛ばしたのだが。安倍首相は、その当日は、記者団に対して「現時点で我が国の安全保障に影響があるような事態は確認されていない」と語っただけで、スル~しようとしたのである。_(。。)_

 しかし、米国も、さすがに2回もミサイルを飛ばされて、ナメられてはいけないと思ったのか、今回は「弾道ミサイルだと確認した」と発表。
 それを受けて、やっと岩屋国防大臣も「弾道ミサイルだと確認した」と発言。政府は、中国の大使館ルートを通じて抗議を行なったという。

『政府、北朝鮮に厳重抗議=日朝「無条件」戦略に暗雲

 日本政府は10日、北朝鮮が9日に発射した飛翔(ひしょう)体は国連安保理決議違反となる弾道ミサイルとみて、北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議した。

 北朝鮮の度重なる挑発行為を受け、安倍晋三首相が表明した「無条件」で日朝首脳会談を目指す対話戦略には早くも暗雲が立ち込めている。

 米国防総省は9日夜(日本時間10日朝)、北朝鮮が発射したのは「弾道ミサイル」と断定した。これを受け、首相官邸では10日午前10時20分ごろから首相や谷内正太郎国家安全保障局長らが協議。これと並行して記者会見した西村康稔官房副長官は「さらなる分析を行っている」と述べるにとどめていたが、同11時半から会見した岩屋毅防衛相は「短距離弾道ミサイルを発射したものとみられる」と米国に追随した(時事通信19年5月10日)』。

* * * * *

 それでも、安倍首相は、訪米中の菅長官を通して、条件なしで日朝首脳会談を行いたいという意欲をアピールする予定であるとのこと。(・o・)

『アメリカを訪れている菅官房長官は、ペンス副大統領との会談に臨んでいる。

 会談では、北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射を受けて、国連安保理の制裁決議の完全な履行で一致する見通し。
 ペンス副大統領との会談は、ポンペオ国務長官との会談に続くもので、異例の厚遇と言える。

 菅長官は、ペンス副大統領に対し、条件をつけず日朝首脳会談の実現を目指す安倍首相の決意を伝え、拉致問題の早期解決に向けてアメリカ政府の協力を求める方針。
 政府関係者は、「北朝鮮問題の大局を動かすうえで極めて重要な会談となる。拉致問題の解決に向けた日本の本気度を、アメリカがあらためて認識する機会になる」と指摘している。(FNN19年5月9日)』

 これには、自民党内からも、安倍首相らの言動を問題視する声が大きくなっているという。^^;

『北朝鮮のミサイル発射を受けて、自民党は緊急の部会を開いて政府に厳正な対処を求めました。

 自民党・松下外交部会長:「安保理決議に明確な違反でございます。厳正に対処すべきものと考えております」

 出席した議員からは安倍総理大臣が条件を付けずに日朝首脳会談を行う考えを表明しているなかでの発射について、北朝鮮の意図を確かめる必要があるという意見が出ました。また、安倍総理がミサイルの発射直後に「安全保障に影響があるような事態は確認されていない」と発言したことに対して「安全保障には影響を与えており、不適切なコメントだ」といった指摘も出ました。(ANN19年5月10日)』

 そして、拉致問題の解決を願いつつも、安倍首相らのこのような態度や言動の変化を、日本の国民にしっかりと見ておいて欲しいと思うし。安倍首相らが何故、ここまで必死になって日朝会談の早期実現をしようとしているのか。自らの権力維持や改憲実現の目的が大きくなっているということを、よ~く見極めて欲しいと思うmewなのだった。(@@)
 
 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-05-11 08:01 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 今回は「令和」に関する話を・・・。

 「令和」という元号がどのように決められたのか・・・。朝日新聞が、4月30日に下のような記事を出していた。<有料記事は、ネットで公開された部分のみ掲載。>

 安倍首相は、2月末までに出された元号案が今一つ気に入らず。政府が3月に複数の学者にさらなる考案を求めることに。そんな中、国文学者の中西進氏が3月下旬に追加で提出した案が「令和」だったというのである。(@@)

 しかも、「令和」を気に入った安倍首相は、自らが元号の説明を行なう際に「一億総活躍社会」とリンクさせて語ろうと考えていたとか?(~_~;)

 先日、安倍首相は改元を改憲に利用しているという記事を書いたのだが。どうやら、安倍首相は、元号や天皇を、自分のためにいかに利用するかしか考えていないようだ。(-"-)<ホント超保守の風上にもおけないよね。(>_<)>

* * * * *

『元号案見た首相「うーん」 追加案依頼、看板政策重ねた

 元号を決めるまで1カ月余りに迫った2月末。元号案の絞り込みは政府の要領に基づき、菅義偉官房長官のもとで進めることになっていたが、菅氏は「最終的には首相が決めるんだから、首相も入れて議論しよう」と判断。首相をトップとする作業が政府内で極秘に本格化した。

 平成が始まって間もなくから内々に提出を受けてきた元号案のうち、考案者が亡くなった案などを除くと70程度。そこから改元の実務を担う古谷一之官房副長官補らのもとで十数案まで絞り込んでいた。絞り込む前後の案すべてを初めて見た首相は「うーん」と冴(さ)えない表情を浮かべた。

 「まだ時間はある。他にも検討してみよう」(以下有料。朝日新聞19年4月30日)』

* * * * *

『元号案、首相指示で追加 「令和」3月下旬に中西氏提出

 新元号「令和」は、安倍晋三首相の指示で政府が3月に複数の学者にさらなる考案を求め、国文学者の中西進氏が同月下旬に追加で提出した案だったことがわかった。首相が同29日の皇太子さまとの面会で、「令和」を含む六つの原案を示していたことも判明した。

 複数の政府関係者が明らかにした。首相は2月末、「国民の理想としてふさわしいようなよい意味」「書きやすい」「読みやすい」といった留意事項に基づき、事務方が絞り込んだ十数案について初めて報告を受けたが、学者に追加で考案を依頼するよう指示した。

 政府は3月14日付で国文、漢文、日本史、東洋史などの専門家に正式委嘱。その前後の3月初めから下旬にかけて、国書と漢籍の複数の学者に追加の考案を打診した。その求めに応じて提出された複数案の一つが、中西氏が3月下旬に出した「令和」だった。

 首相はその後、28日の首相官邸幹部らによる協議で「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」「令和」を原案とする方針を決定。政府関係者によると、首相は翌29日、皇太子さまとの一対一の面会で六つの原案を説明したという。

 新元号「令和」は、4月1日の有識者による元号に関する懇談会、衆参両院正副議長への意見聴取、全閣僚会議を経て決まったが、首相は政府がこうした国民代表に意見を聴く前に、新天皇となる皇太子さまに元号案を説明していたことになる。皇太子さまへの事前説明は、日本会議などの保守派が求めており、自らの支持基盤に対する政治的な配慮だった。<つづく>

 憲法4条は天皇の国政関与を禁じている。皇太子さまは即位を目前に控えた立場だが、政府は「意見を求めず状況報告するだけなら、憲法上の問題は生じない」(内閣法制局幹部)としている。

 これに対し、高見勝利・上智大名誉教授(憲法学)は「皇太子への事前説明は、元号の制定を天皇から切り離した元号法の運用を誤るものだ」と指摘。そのうえで「憲法4条は政治の側が天皇の権威を利用することも禁じている。特定の政権支持層を意識した首相の行為は、皇太子に意見を求めたかどうかに関係なく『新天皇の政治利用』にあたり、違憲の疑いがある」と批判している。(朝日新聞19年4月30日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 これらの朝日新聞の記事などを受けて、リテラは、安倍首相が新元号を私物化しようとした例を記している。^^;

『安倍首相の新元号私物化の内幕!独断で「令和」決定、官邸幹部から「首相の元号でない」と諌められ…

「平成」から「令和」への改元で浮かれた空気が流れるなか、新元号をめぐるとんでもない内幕があきらかになった。昨日の朝日新聞朝刊の報道で、新元号「令和」は、安倍首相が独断専行に近いかたちで決めたことがわかったのだ。しかも、安倍首相が当初から新元号を露骨に政治利用するつもりだったことも明らかになった。

 記事によると、元号案の絞り込みは政府要領に基づいて菅義偉官房長官のもとで進めていたが、今年2月末からは安倍首相が議論に加わったのだという。これだけでも異例だが、安倍首相はその時点で出揃っていた候補についてどれも気に入らず、再検討を指示。国文学者の中西進氏を含む複数の学者に新しい案を追加依頼した。そして、新元号決定の1週間前、中西氏から届いた案のひとつである「令和」に安倍首相が目をとめ、「万葉集っていうのがいいよね」と反応。3月28日に「令和」を本命にしたかたちで最終案6案を有識者懇談会に提出したのだという。

 有識者懇談会の前から官邸が「令和」に決めており、ほかの5案がダミーで、会議でも官邸担当者が「令和」に誘導していたことは、本サイトも新元号発表直後の記事で指摘していた。元号選定に詳しい関係者を取材したところ、こんな内幕を明かしてくれたのだ。

「官邸内の空気は有識者懇談会に完全に伝わっていた。だいたい6案のなかに、『万名』と『万保』のように、同じ漢字一文字を使った元号案が含まれているのもおかしな話。万の字を好むメンバーの賛成票を散らすことになってしまうからね。それでも、懇談会のメンバーから『令和』以外の案を推す意見も実際出たんだ。そうしたら、同席していた官邸の事務方が『一般の人名や会社名で使われている』とマイナスの要素を説明したらしい」

 また、当の有識者懇談会メンバーからも、結論ありきを示唆する発言が出てきていた。日本民間放送連盟会長の大久保好男・日本テレビ社長が「事前に候補を教えてもらったわけでもなく、準備できなかった。感想のようなものを述べたにとどまる」と懇談会が事後承認の機関に過ぎなかったことを認めたのだ。

 いずれにしても、こうした露骨な誘導の結果、4月1日の有識者懇談会では、メンバー9人中8人が「令和」を支持したのだ。

 そのあとの全閣僚会議も同様だ。全閣僚会議の議事概要によると、全閣僚会議では発言した閣僚10人のうち令和を明確に推したのは4人だったものの〈安倍首相から新元号を令和としたいとの発言があり、了承された〉という。

 そういう意味では、安倍首相と官邸が主導して「令和」を推していたのははっきりしていたのだが、しかし、まさかここまで首相個人が深く元号選定に関与していたとは……。なにしろ、安倍首相は慣例を破って初期段階から議論に参加し、出揃っていた候補をすべてボツにして、追加案を出させた挙句、自分が気に入ったというだけで「令和」を押し通してしまったのだ。これでは、安倍首相による、安倍首相のための元号ではないか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

☆首相談話に「令和は一億層活躍社会を体現」を盛り込もうとしていた安倍

 しかも、安倍首相の元号私物化は選定だけにとどまらない。安倍首相は「令和」発表のあと、平成のときにはなかった会見をおこない、その後もテレビに出演。新元号を自らの政権PRに利用したと批判を受けていたが、じつはもっと露骨な政治利用を考えていた。
 
 安倍首相は「令和」について、天皇から防人までの歌をおさめた万葉集が典拠であることから、自分の政策である「一億総活躍」を体現していると言い出し、菅官房長官が新元号と同時に発表した「首相談話」にそのことを盛り込もうとしていたというのだ。前掲の朝日新聞がこう書いている。

〈新元号の決定にあたって、どんなメッセージを発するべきか。首相は「令和」で一億総活躍を体現したがったが、首相官邸幹部は進言した。「首相の元号ではなく、次の時代の元号。政権の政策につなげて『安倍色』を出し過ぎれば、政治的なリスクになりますよ」
 首相が4月1日に発表した談話に、一億総活躍の文言は盛り込まれなかった。〉
 身内の官邸幹部にまで、「首相の元号ではなく、次の時代の元号ですよ」とたしなめられるとは、安倍首相がいかに王様気分になって政治を私物化しているかがよくわかるだろう。

 しかも、恐ろしいのは、国民を舐めきった安倍首相がその増長と私物化について、いささかも反省の色を見せず、むしろ自慢していることだ。

 実際、首相談話で「令和=一億総活躍社会」のアピールはかなわなかったものの、代わりに自ら会見を開き、何の関係もない「世界に一つだけの花」をもちだしながら「一億総活躍社会をつくり上げることができれば、日本の未来は明るい」となど強調した。その後もテレビ番組をはしごし、自ら前面に立って新元号をPRした。

 しかも、当初は選考過程が記された公文書は原則30年にわたって非公開にする方針を示していたにもかかわらず、一方で、読売新聞や産経新聞などに選定段階から安倍首相が主導していたという情報をリーク、選考過程が書かれている有識者懇談会や全閣僚会議の議事概要も公表した。
「この間の情報の流れ方を見ていると、むしろ、安倍首相は国民に『新元号を決めたのは俺』とアピールしたがっているとしか思えない。今回の朝日の記事もおそらく、そういう意図を持った首相周辺から情報が出ていると思いますね。さすがに朝日ですから、そのままPRに乗らず、批判的な文脈も盛り込んでいましたが」(全国紙官邸担当記者)

 新元号を独断で決めて、政治利用し、それを隠そうともせず、自慢する安倍首相。「令和」決定の経緯を見ていると、この国はいつのまにか「安倍サマの天皇制」になってしまったのではないか、とさえ思えてくる。(編集部) (リテラ19年5月1日)』

* * * * *

 ただ、安倍首相が「令和」という言葉を選んだ大きな理由の一つには、そのウラに「天皇の権力の下で、和を尊ぶ」という意味があることは言うまでもない。(++)
 
 しかし、能天気な国民たちは、たった何時間かで「令和」は「美しい季節、平和」っていう意味だと思い込まされて、はしゃいでいるわけで。<メディアの扱い方やその影響も大きいとは思うが。> 何だか安倍官邸に「チョロイ」やつらだと思われたら、めっちゃ心外なのだけど。

 いずれにせよ、「令和」は「安倍首相の元号ではない!」とはっきり認識させなければならないと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-05-06 07:17 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全日本体操・・・遅ればせながら女子の結果を。
 何と寺本明日香(23)が、15年以来3年ぶりに優勝。(*^^)v祝 ここ3年、中学時代からのライバル・1個下の村上茉愛(22)がエースとして大活躍しているのだけど。寺本は、ロンドン五輪からの日本代表で、近時は代表のお姉さん格として、チームのために頑張って来たし。ここぞという時に故障したりミスしたりとうまく行かずに悔しい思いをすることも、少なからずあったので、今回は床以外の3種目はほぼパーフェクトな演技で村上を上回る形で優勝して、よくやったな~と思うです。(~~)
 2位の村上は、予選で平均台を落下したのが響いた。ちょっと動きにもキレがなかった気が。でも、たぶん次は挽回して来るだろう。(・・)
 3位は昨年から日本代表入りしている畠田瞳(18)。4位は妹の畠田千愛(ちあき・15)。父親はあの元五輪メダリスト、現日体大監督の畠田好章だ。このまま順調に育てば、この2人が次世代の日本代表の中心になるのではないかと思う。
 杉原愛子が平均台落下などで5位に終わったのは、ちょっと残念。尚、昨年、パワハラ問題で注目された宮川紗江(19)は、右足首の故障もあって74位で予選落ちをした。(-_-;)<第三者機関が塚原夫妻にはパワハラはなかったと判断。え~って感じ。(>_<)>】

* * * * *

 安倍首相は、2日から山梨の別荘へGO。3日には仲間が改憲集会で頑張っているというのに、本人は早速、大好きなゴルフに興じていた。(@@)

 ただ、3日に行なわれた日本会議系の改憲派の集会にしっかりとビデオメッセージを寄せて、「20年に憲法改正を施行したいという気持ちに変わりはない」と明言。9条への自衛隊明記、26条への教育無償化の書き込みなどの必要性について語った。^^;
<相変わらず「憲法は国の理想を語るものであり、次の時代への道しるべ」だと主張していた。>

 また、産経新聞の単独インタビューでは、「自民党は憲法改正の旗を掲げ続けている。結党以来の党是であるにもかかわらず、わが党の中にも改憲に反対する人がいたが、その余地はなくなった」と言っていたのだが。この発言には「改憲に反対する者を許容しない」という意思が見られて、ある種のコワさ、アブナささを感じた。^^;

 また、これは後日書きたいが、そもそも憲法改正というのは、首相とか与党が上から提案、協議して国民に示すものではなくて、下からの国民の強い要望を受けて行なうべきものだと思われ・・・。安倍首相らのように、TOPが旗を掲げて改憲を推進しようと考えること自体、mewから言えば、立憲主義、国民主権の本質からズレているのではないかと思う!(**)

* * * * *

 それに対して、立民党の枝野代表が3日の護憲派集会で行なった演説の中身は、なかなかよかった。

 『残念ながら、この1年間も、日本の立憲主義は、後退をさせられてきました。憲法の保障する人権の中でも、特に重要である表現の自由、同調圧力、忖度(そんたく)、残念ながら、大きなメディアを見ていても政治や社会の真実が国民には伝わらない、そんな状況がますます大きくなっています』

 特にこの部分は、mewがよくブログにも書いている&とても危惧している問題で。「あ~、やっぱ、考えが合うな~。立民、支持しちゃうかな」って気持ちになるかも。

 あと後半に各党の憲法記念日の談話も載せておく。どの党が安倍改憲に賛成or反対なのか、確認しておきましょう!(・・)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『安倍総理が改憲集会にビデオメッセージ 意欲強調

 安倍総理大臣は憲法改正推進派の集会にビデオメッセージを寄せ、来年中に改正憲法を施行するという目標に変わりがない考えを強調しました。

 安倍総理大臣:「私は2020年を新しい憲法が施行される年にしたいと申し上げましたが、今もその気持ちに変わりはありません。憲法にしっかりと自衛隊と明記し、違憲論争に終止符を打つ。私はその先頭に立って責任をしっかりと果たしていく決意です」

 安倍総理はこのように憲法9条に自衛隊を明記する改正に改めて意欲を示したほか、教育の無償化についても「しっかりと憲法に位置付けなければならない」と強調しました。(ANN19年5月3日)』

『憲法記念日 安倍首相「改憲の旗揚げている」 与野党超え結集努力 (2)

 安倍晋三首相は3日の憲法記念日にあたり、自身が憲法9条に自衛隊を明記する改正案を提唱して2年がたつことについて「自民党は憲法改正の旗を掲げ続けている。結党以来の党是であるにもかかわらず、わが党の中にも改憲に反対する人がいたが、その余地はなくなった」と語った。理由に関しては「自民党は一昨年10月の衆院選で、自衛隊明記を真正面から公約に掲げて国民の審判を仰いだ。その上で昨年9月の党総裁選も私はこれを掲げて勝った。党内の論争は終わった」と強調した。1日に行った産経新聞の単独インタビューで答えた。

 夏の参院選で、憲法改正発議に必要な3分の2の勢力をどう確保するかについては「3分の2を超えるということは、大変ハードルが高い。憲法改正には野党の中にも賛成の人がいる。いわゆる改憲勢力ありきではなく、一人でも多くの方々に賛成していただけるように努力をしていきたい」と述べた。現在の自民、公明両党や日本維新の会などの改憲勢力以外からも、与野党の別なく幅広い賛同者を集めたい考えを表明したものだ。

 その上で「憲法改正は最終的に国民が判断する。国会の中で3分の2を超えていく努力をして、国民に(国民投票で)判断していただけるように努力をしていきたい」と訴えた。国民投票の具体的時期は「スケジュールありきではなくて、しっかりと憲法審査会でまず議論をしていただきたい」と語った。

 また、自衛隊明記案については「今や多くの政党が自衛隊を合憲と認めている。国民のために命を賭して任務を遂行する自衛隊の存在を憲法上明文化し、違憲論争に終止符を打つのは政治の役割であり、私たちの世代の責任だ」と重ねて主張した。

 政府や多くの政党が自衛隊を合憲と認めていることを理由に、野党から憲法明記は必要はないとの意見が出ていることに対しては「これは間違った議論だ。今でも自衛隊は合憲と言い切る憲法学者は2割にとどまる。多くの教科書に、自衛隊の合憲性には議論がある旨の記述がある。合憲というのであれば、是非賛成してもらいたい」と呼びかけた。

 衆参両院の憲法審査会で議論が遅々として進まない問題については「4月25日に衆院憲法審査会が開催されたことを歓迎したい。議論を通じてこそ意見の相違が明らかになり、どちらの議論が正しいかという国民にとっての判断の材料になる」と指摘した。(産経新聞19年5月3日)』

* * * * * 

『これに対して野党は。

 立憲民主党・枝野代表:「そもそもが立憲主義を理解していない総理大臣でありますから、立憲主義を理解していない方のご発言が障害があるのは当然のことだと思います」

 共産党・志位委員長:「権力によって縛られるべき内閣総理大臣が自ら改憲の旗振りをする。このこと自体、憲法違反じゃないですか。彼に憲法を語る資格などありません」(ANN19年5月3日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『憲法記念日 各党談話

 3日の憲法記念日にあたり、各党が出した声明や談話は以下の通り。

 ■自民党「憲法改正にあたっては、国民的な議論が不可欠であることはいうまでもない。そのためには、国会における幅広い合意形成に向けた努力を、丁寧に、慎重に進めていくことが何よりも大切であり、こうした初心を忘れることなく、憲法改正の議論をリードしていくことがわが党の使命だ」

 ■公明党「憲法施行時には想定もできなかった新しい価値観や、憲法改正でしか解決できない課題が明らかになれば、党は現行憲法を維持した上で、必要な規定を付け加える『加憲』で臨む考えだ」

 ■立憲民主党・枝野幸男代表「憲法の危機の底にあるのは、権力の行使への制約を取り払おうとする安倍晋三自民党政権の姿勢だ。『国家権力の正当性の根拠は憲法にあり、あらゆる国家権力は憲法によって制約、拘束される』という立憲主義を守り回復させることを改めて約束する」

 ■国民民主党・玉木雄一郎代表「まずは、憲法について国民的な議論を行う前提として、国民投票のCM広告規制などの国民投票法の改正に取り組む。その上で、未来志向の憲法を構想する観点から、地方自治の本旨や自衛権のあり方、解散権の制約、知る権利などについて議論を深める」

 ■共産党・小池晃書記局長「今こそ、安倍政権による9条改憲の策動をきっぱり断念させるときだ。変えるべきは憲法でなく、憲法をないがしろにし、国民の権利と民主主義を蹂躙(じゅうりん)する安倍政治である」

 ■日本維新の会・松井一郎代表「教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所設置の3項目について改正条文を提案している。議論と批判を求めたい。憲法の立憲主義的正当性を担保する国民投票を目指す」

 ■社民党「安倍政権は憲法尊重擁護義務をかなぐり捨て、平和憲法をないがしろにし明文改憲へとひた走る。憲法改悪を許さず、憲法が保障する国民の諸権利を現実に活かし、暮らしと平和を守る政治の実現に邁進(まいしん)する」

 ■希望の党・松沢成文代表「多くの野党は、憲法審査会の開催すら拒否している。己の職責を放棄するばかりでなく、少数政党の発言の機会すら封殺する暴挙だ。国会での憲法議論を活性化させ、国民一人一人に憲法改正の必要性を粘り強く訴える」(産経新聞19年5月3日)』

<確認しておこう。自民、維新、希望が安倍改憲に賛成。公明は安倍改憲には慎重だが、加憲の話でごまかし。立憲、国民、共産、社会が反対の立場ね!(・・)>

* * * * *

 安倍首相は、20年の改憲施行の気持ちに変わりはないと明言したのを受けて、安倍首相の改憲仲間たちも、ここからかなり強引に(萩生田氏いわく「ワイルドに」)憲法改正の動きを進めて行くと思うのだが。
 野党や国民がしっかりと対応して、安倍改憲をバシッと阻止したいと。で、安倍政権も終わらせたいと改めて強く思ったmewなのだった。(@@) 

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-05-04 02:10 | 憲法&憲法改正

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 今日は日本国憲法の72回目の誕生日だ。(*^^)v祝

 安倍首相は17年の憲法記念日に、日本会議系の超保守派ぼ改憲集会で「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と具体的に改憲への意欲を表明。憲法9条についても「自衛隊の存在を憲法上、しっかりと位置付けるべきだ」と改正する意思を、ビデオ・メッセージで示した。
  
 今年4月29日に行なわれた「新しい憲法制定を目指す大会」へのメッセージでも、「来月には新しい令和の時代がスタートし国の未来像を真正面から議論すべき時に来ている」として、自衛隊の明記など憲法改正に改めて意欲を示したという。(・・)

 おそらく今、彼らが最大の目標にしているのは、20年5月3日に改正憲法を施行することだと思われる。
 5月3日は現憲法が施行された日であるのだが、この日に改正憲法を施行すれば、彼らの言葉でいう「新憲法の記念日」として上から塗り替えて、現憲法の記念日は、オモテから見ると消えたことになるからだ。(~_~;)<上書きして「なかったことにしちゃう」パターンね。>
 
* * * * *

 ここでmewが気づいて欲しいことは、安倍首相が「新しい憲法」と言っていることである。特に超保守派の議員や識者は、一部を改正した「改正憲法」のことを、あえて「新しい憲法」「新憲法」と呼ぶのだ。(**)

 安倍首相をはじめとする超保守派は、現憲法の存在を認めていない。<それこそ石原慎太郎元都知事は「現憲法は無効なので、すぐに破棄すべきだ」と主張していたほど。>
 彼らは、現憲法はGHQが日本の歴史を分断するために、主導して作った「米国の押し付け憲法」で、それは無効なものだと主張。<安倍首相も同様のことを国会で発言したことがある。^^;>
 そして、本当は現憲法を無効にして、最初から全面的に作り直した新憲法を制定すべきだと考えているのである。(@@) <あとで、安倍首相の発言などを紹介。>

 とはいえ、無効説はなかなか通用しそうにない。そこで、次に彼らは現憲法はとりあえず有効だということにしておいて、前文から丸ごと改正して上から書き換えてしまう形での「新憲法制定」を目標に掲げて活動して来たのである。(~_~;)<実際、自民党は5年、12年に改憲案を発表しているのだが。前文も含め全条文にわたる改正案を作っている。^^;>

 しかし、その全文改正も実現不能に近いものがある。致し方なく、安倍首相は9条改正を含め、4つの条文の改正を提案しているのだが。その一部を改正した憲法を「新しい憲法」と呼び続けているのである。_(_^_)_

 しかも、安倍首相らは「憲法は、この国の形、理想の姿を示すもの」だと主張。「憲法は、国家権力をコントロールするために存在する」という立憲主義を認めようとしない。
 彼らはもともと「天皇から国民への命令」であった明治憲法を理想としており、現代の世においても「憲法は国家だけでなく、国民も縛っていい」と主張しているのだ。(-_-)

* * * * *

 mewは、この2点が、一般的な改憲派or改憲容認派と「安倍改憲」と大きく違う部分だと思うし。国民がきちんと把握しておかなければならない部分だとも思う。(**)

 与野党問わず、程度の差はあれ、改憲を望むor認める中道・保守系の議員はかなりいるのだが(mewも国民が本当に望むなら改正OK。憲法自身が改正を認めているし。あくまで国民主権なので)。
 ただ、ふつ~の保守派は、もちろん現憲法の存在、有効性を認めているし。憲法は国家をコントロールするものだという立憲主義にも立った上で、それぞれの考えに沿って改正が必要だと思う部分を改正したいと考えているわけで。決して、「憲法を全面的に書き換えて上塗りしてやろう」とか、ましてや、憲法で国民を縛ってもいいなどとは考えつきもしないからだ。(**)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 これはチョット古い質問趣意書からの引用なのだけど。<たまたま検索している途中で、引っかかった。(^^ゞ)民主党(当時)の辻元清美氏が06年8月29日に提出した質問趣意書の中から、一部を抜き出してみたい。
 ここに当時の安倍首相の憲法に対する発言(まさに上に書いたような超保守的な思想に基づく考え)が色々と記されていた。(++)

『安倍首相の「憲法を逐条的に変えるのではなく白地から書いて、国のあり方を考えることが大切なんです。」(「諸君!」二〇〇五年六月号)「基本的に全文脈です。すべてを見直し、書き起こしていく作業が必要だと考えております。」(「正論」二〇〇四年七月号)という発言について』

『安倍首相の自著の「《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した》(略)憲法前文は、敗戦国としての連合国に対する“詫び証文”のような宣言がもうひとつある。《われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたい》という箇所だ。」(『美しい国へ』一二二頁)という記述について。また「白地から新しい前文を書きます。現憲法の前文は何回読んでも、敗戦国としての連合国に対する詫び証文でしかない。」(「諸君!」二〇〇五年六月号)という発言について』

『安倍首相の「憲法には国民の権利を保障するために、国家権力の手足を縛る側面もありえますが、他方、日本国民の生命、財産を守るために必要な規定も並置されているわけで、その実行力を奪うようなことをしてしまっては本末転倒です。」(「諸君!」二〇〇五年六月号)という発言について』

『安倍首相の自著の「ふたつの保守党が合併したもうひとつの理由は、日本が本当の意味での独立を取り戻すことにあった。(略)まさに憲法の改正こそが、『独立の回復』の象徴であり、具体的な手だてだったのである。(略)第二の目標は、後回しにされてしまった。(略)その結果、弊害もあらわれることになった。(略)損得を超える価値、たとえば家族の絆や、生まれ育った地域への愛着、国に対する想いが、軽視されるようになってしまったのである。」(『美しい国へ』二九頁)という記述について』

『安倍首相の「現行憲法の制定過程に問題があった。」(「論座」二〇〇四年二月号)という発言について』『「憲法第九条の規定は、いっぽうで独立国としての要件を欠くことになった。」(『美しい国へ』一二三頁)という記述について』

* * * * *

 ちなみにこの質問趣意書に対する答弁書は、短くそっけないもので。一つ一つに質問にはきちんと答えず。安倍議員の著書についても、「政府としてお答えする立場にない」としてまともに答えず。あとは現憲法を尊重する立場を強調するような答弁ばかりだったのだが。

 ただ、「現行憲法の制定過程に問題があった」という倍首相の見解が、日本政府の公式見解としてよいかという質問に対しては、こう返して来た。(・o・)

『政府としては、現行憲法は、最終的には帝国議会において、十分に審議され、有効に議決されたものであるが、連合軍の占領中に占領軍当局の強い影響の下に制定されたものであると考えている』

 第二次政権での安倍内閣も、そう考えていることは間違いない。(ーー)

<まあ、確かに影響が強かったのは事実なのだけど。日本側の意見もかなり取り入れた上で、国会で決議されて決まったものだし。当時の日本人の手だけで作ったら、「世界でも最も優れた憲法」だと評価されるようなここまでの内容の憲法を作ることは難しかったと思うしね~。(・・)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   

 もちろん「憲法は絶対に改正してはいけない」「条文一つ、変えるべきではない(そこから崩れて行ってしまうから)」という護憲派の人たちは、どの政権下でも憲法改正には強く反対するわけだけど。

 先述したように、憲法改正は容認する中道・保守派の議員でも、それこそ改憲には積極的な保守派の議員の中にも「安倍政権下での憲法改正には賛同、協力できない」という人が少なくないのも、「安倍改憲にNO!」という言葉がアチコチできかれるのは、安倍首相や超保守仲間たちが、上に示したような前近代的な思想や考えに基づいて憲法を改正しようとしていることに、大きな問題を感じているからだ。(++)

 そして、mewとしては、一般国民にも、安倍首相らの考え方をできるだけ知ってもらって。それを把握した上で、憲法改正のことを考えて欲しいと。また参院選などの投票も際も考慮して欲しいと思うのだけど。残念ながら、このような説明をしてくれる番組は、今のところ、ほとんど存在せず。
 それこそ、果たして、憲法改正の国民投票の前にTVなどが、このような思想的な背景も含め、きちんと説明や情報伝達を行なってくれるのか、国民がそれらをしっかりキャッチしてくれるのか、とても不安に思っている。_(。。)_

* * * * * 

 連休明けには、憲法審査会が開かれ、TVのCM規制に関する審議(民放への聴取)が行なわれる予定なのだが。野党は、出席するか否か保留している。(・・)

 民放連は昨秋、「CMの量的な自主規制を行うべき合理的な理由は見いだせない」として、自主規制は行なわないことを決定したのだが。そうなると、お金のあるところは、いくらでも「憲法改正に賛成!(or反対)」のCMを出すことができることになって、公平、公正さに欠けてしまう可能性が大きい。(-"-)

 でも、もし野党議員が出席しても、様々な議案に関して、結局、与党が数の力で押して、どんどん強引に自分たちの思うように決めてしまい、却って改憲発議の手続きを進めてしまうのがオチなので、安易に審査会に出席していいものなのかどうか、ビミョ~なものがあるのだ。(@@)

<何かTVに、選挙前の政党CMのように(それ以上に?)「憲法改正がどうの」というスポットCMがしょっちゅう流れることを想像しただけで、イヤになりそう。(>_<) やっぱ、改憲なんてするものじゃないわ。^^;>

* * * * *

『衆院憲法審査会は25日、今国会で初めての会合を開き、憲法改正の国民投票で改憲案への賛否を呼びかけるテレビCM規制を巡って、5月9日に日本民間放送連盟(民放連)幹部を参考人招致することを決めた。与党はその後の幹事懇談会で、9日に国民投票法改正案の質疑と採決を行うよう提案したが、野党は回答を保留した。

 CM規制強化を求める立憲民主党などが参考人招致を要求していた。民放連の永原伸専務理事らが出席する。民放連は3月、特定の広告主のCMが一部の時間帯に集中しないよう留意するなどのガイドラインをまとめている。

 国民投票法の改正は公職選挙法と制度の整合性をとるもの。与党は参考人招致と引き換えに改正案の早期成立を目指す。5月8日の幹事懇で改めて扱いを協議する。

 与党筆頭幹事の新藤義孝氏(自民党)は改正案について「きちんと対応するのは国会の責務だ」と記者団に強調。野党筆頭幹事の山花郁夫氏(立憲民主党)は早期採決に慎重な姿勢を示した。【田中裕之】(毎日新聞19年4月26日)』

* * * * *

 まあ、実際のところ、よ~っぽど国民の方から盛り上がっているようなケースでもない限り、そう簡単に憲法改正なんて実現できるものじゃないとは思うのだけど。
 この安倍改憲をアウトにするためには、ともかく次の参院選で「自民、公明、維新、希望が2/3をとらないように」すればいいのではないかと。そのために野党も私たち国民も、もうチョット気合を入れて頑張らなくちゃね、と思ったmewなのだった。(@@)

  THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-05-03 07:30 | (再び)安倍政権について | Comments(1)

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【今年の全日本体操・・・男子は、ちょっとショッキングな事態が起きた。一昨年まで10連覇、昨年2位の絶対王者・内村航平が、両肩の故障+αで思うような練習、演技ができず。30位以上が決勝に進める予選で、まさかの37位予選落ち。これまで多少のケガも乗り越えて来た内村なのだが。やはり年齢による回復鈍化や肉体疲労の蓄積の影響はまぬがれず。精神的にもかなりダメージを受けているようなので、心配だ。(ノ_-。)<五輪、世界で活躍した田中も予選落ち。>
 さらに、次世代のエースで昨年3位の白井健三(22)も、右足首の故障の影響もあって、予選21位、決勝30位の結果に。世界体操の代表になれるかも、ビミョ~になって来た。(-_-;)

 優勝は谷川翔(20)、何と2連覇。去年は何も考えず伸び伸びやってたら優勝しちゃった感じなのだが。今年は、しっかりとした技術、演技を見せた。(*^^)v祝<優勝がかかった最後の鉄棒で、落下を防ぐためとはいえ、大きな離れ技を全て外したのはいかがかと思ったけど。^^;>
 2位は、昨年の世界体操でも安定感ある演技を見せた萱和磨(22)。<鉄棒以外は全て14点以上と高得点で安定。鉄棒も14点台の構成にしよう!(・・)>
 で、3位には順当に行けば、谷川翔の兄・航(22)がはいりそうだったのだけど。最後の鉄棒で落下してしまい、5位に。(・o・)<昨年のNHK杯は弟が落下して、世界に行けなかったのよね~。>日体大時代から地道にガンバって来た武田一志(26)が3位にはいったのは、チョット嬉しかった。<つり輪が得意な選手は貴重。"^_^">】

* * * * *

 安倍首相は、24日から大好きな外遊にGO!仏、伊、スロバキア、ベルギー、米、カナダと回り、今日29日に帰国する予定だ。(・・)

 今回の外遊から、政府専用機が新しいもの(ボーイング777-300ER)にチェンジ!そのお値段は、何と1機680億円。政府専用機は2機ペアで活動するので、計1360億円したという。(゚Д゚)

 まあ、前の専用機は92年から使用されて老朽化していたようだし。政府専用機は、内部をかなり改装するので、致し方ない部分はあるとは思うのだけど。

 安倍首相は、昨秋、米国に行った際にトランプ大統領にF35戦闘機(1機130~40万?)を100機以上、購入する約束をして来たばかりだし。つい「政府専用機でも、米国に貢ぐのか~」とツッコミたくなってしまうところがある。(-"-)

* * * * *

 安倍首相は、26~7日には米国を訪問。トランプ大統領と10回目の首脳会談や4回めのゴルフを行なった。(++)

 先日も書いたように、5月にはトランプ氏が来日して、海外首脳としてはTOPで新天皇との面会、さらに首脳会談やゴルフをやる予定だし。<半分、堂々とゆっくりゴルフがやりたくて会ってるんじゃないかと思っちゃうとこも?>
 さらに、6月のG20の時も、3ヶ月連続で首脳会談を行うとのこと。何か当事者が会わないと話せないことがあるのかと勘ぐりたくなってしまう。<mew的には、近時では最悪の米大統領だと思うトランプ氏なんぞと自国の首相が懇意にして、密談なんかしていると誇りに思うどころか心配が募るばかり。(ノ_-。)>

 米中の経済関係がうまく行っていないトランプ大統領としては、今回は日本と仲の良さを演じながらも、日本からできるだけ経済的な譲歩を引き出して、プラス要素にしたいところ。
 会談後の記者会見でも、いきなり「来月に合意する」などと言い出して、安倍首相があわてる場面があった。(・o・)

<トランプ大統領は昨日、早速、支持者の集会で「安倍晋三首相が、自動車新工場のため米国に400億ドル(約4兆5000億円)を投資することに同意した」って、成果を自慢していたし~。(>_<)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 他方、安倍首相の方はと言えば、米国が日本にも輸出&関税の攻撃をかけようとしているため、それを少しでもしのごうと懸命だった感じが。<会見の途中でも、かけ合い漫才みたいな言い合いになっていたりもして。言いくるめられて、押し切られないよう必死に。^^;>
 
 また、安倍首相としては、できるだけ早く北朝鮮との首脳会談&拉致問題の交渉を実現したいのであるが。<で、それを選挙の勝利、支持率アップ、改憲実現につなげたいのだが。>
 北朝鮮は六カ国協議の国では、日本だけ軽視(ほぼ無視?)しているし。中韓に加え、近時はロシアともうまく行っていないため、その仲介をトランプ大統領に頼らざるを得ないのが実情だ。(-_-)<オモテに向けて、北朝鮮との会談に協力すると言って欲しいと頼んでいるのだと思う。>

 そこで、今回もトランプ大統領との蜜月関係を演出するのに力を入れていた様子。夕食会では、ちょうど49歳の誕生日を迎えたメラニア夫人に、昭恵夫人がお茶と急須、湯飲みのセットをプレゼント。(首相もトランプ氏に真珠のカフスボタンをお土産に持参。)
 ワシントンから3時間以上かけて、わざわざトランプ氏所有のゴルフ場まで行ってラウンドするなど、まさに「接待訪米」と言えるかも知れない。^^;  

* * * * *

『トランプ氏に振り回された安倍首相 会談でまさかの発言

 26日午後(日本時間27日午前)にワシントンで開かれた日米首脳会談で、安倍晋三首相はトランプ大統領の機嫌を損ねず、蜜月関係をアピールする「抱きつき外交」を展開したが、思惑通りにはいかなかった。トランプ氏は日米貿易交渉の5月末合意に言及。日本としては受け入れられない想定外の発言に首相は振り回された。

 通訳だけを入れて45分間開かれた1対1の会談。記者団に公開された冒頭、トランプ氏は米メディアから日米貿易交渉の合意時期を問われ、「(5月末の)訪日の際に日本でサインするかもしれない」と答えた。首相は首をかしげ、顔を一瞬しかめた。残り1カ月での合意は現実性が乏しいうえに、日本側が「まったく聞いていない話」(同行筋)だったからだ。

 米国の求めに応じて農産物の輸入を増やせば、日本国内の農家から反発が出る。日本としては、結論を出すのは最速でも7月の参院選以降と踏んでいたが、トランプ氏は会談で「農業分野を重点的に議論している。日本は米農産物に巨額の関税をかけており、安倍首相もそれをわかっている」とも指摘した(朝日新聞19年4月27日)』。

* * * * *

『トランプ氏、北朝鮮と日本の首脳交渉に「全面協力」を約束 安倍氏と首脳会談

 【ワシントン秋山信一】安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日朝)、トランプ米大統領とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は「日本が農産物にかけている膨大な関税をなくしたい」と主張。両首脳は、日米貿易協定交渉を加速させることで一致したが、トランプ氏は5月25~28日の国賓来日を念頭に「5月の訪日時までに合意できるかもしれない」と早期妥結への意欲を示した。トランプ氏はまた、大阪市で6月に開催する主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する考えを示した。
 会談は、通訳だけを交えて1対1で約45分間行った後、麻生太郎副総理兼財務相やポンペオ米国務長官らが同席した少人数会合と拡大会合を計約1時間行った。両首脳の会談は、昨年11月以来で10回目。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 トランプ氏は記者団に公開された会談冒頭、「農産物への日本の関税は非常に高額だ。我々は日本車に関税をかけていない」と貿易不均衡の是正を求めた。これに対し、首相は「米国はまだ日本車に2.5%の関税をかけている」と誤りを指摘。米国産牛肉の輸入や防衛装備品の購入の増加▽日本企業による230億ドル(約2兆5500億円)の対米投資▽4万3000人の雇用創出――など貿易以外での実績を訴えたが、トランプ氏は「協定により、さらなる日本からの投資が期待できる」と述べた。

 米側が協定の早期妥結を求めるのは、米国が離脱した環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)が昨年末に、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が今年2月に発効したことで、米国の農業者を中心に日本市場で不利になるとの懸念が高まったためだ。

 両首脳は会談で、茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表間で交渉を加速することは確認したが、会談に同席した茂木氏は記者団に「合意期限の話は出ていない」と述べ、首相も会談後記者団に「ウィンウィンとなる交渉を進めようと申し上げ、トランプ氏も大きくうなずいていた」と述べるにとどめた。

 一方、北朝鮮問題では、物別れに終わった2月の米朝首脳会談や、4月25日の露朝首脳会談を踏まえ、朝鮮半島の完全な非核化に向けて、日米と韓国の緊密な連携を確認。トランプ氏は拉致問題を含む日朝首脳による交渉に「全面的に協力する」と約束した。

 両首脳はG20首脳会議に向けて、デジタルデータ流通の国際ルール作りや海洋プラスチックごみ対策など主要議題の合意形成のために連携することも確認した。(毎日新聞19年4月27日)』

* * * * *

 ちなみに、こんなやりとりもあったとか。

『トランプ氏は5月25~28日に来日する予定になっている。5月1日に皇太子さまが新天皇に即位後、初めて会見する「国賓」として日本政府が招待した。

 トランプ氏は今回の会談で、首相から招待された際のやりとりを披露。当初は「えー、行けるかどうか分からない」と決めかね、米プロフットボールNFLの王者を決める「スーパーボウル」を引き合いに、「その行事は日本人にとって、スーパーボウルと比べてどれくらい大きいものなんだ?」と尋ねた。

 首相は「だいたい100倍ぐらいだ」と答え、トランプ氏は「行く。そうだったら行く」と来日を決めたという。トランプ氏は改めて「とても異例なことだ。本当にすごい行事なんだ」と語った。(朝日新聞19年4月27日)』

 mewは別に天皇を特別視しているわけでも、超保守とか皇室オタではないけど。<平和を愛する天皇は好き。>
 果たして、トランプ大統領のような人を新天皇に即位後、初めて会見する「国賓」として招待するのはどうなのかと。<本人は、本当は来たくなさそうだし。しかも、スーパーボウルと比較しちゃうような人なんだよ。安倍氏の超保守仲間やウヨ支持者は「失礼なやつだ!会わせることは、できん」ってもっと怒るべきなんじゃないの?>
 
 でも、安倍首相は、自分のやりたいことのためなら皇室もちゃっかり利用してしまうところがあるし。これ以上、トランプ大統領と密談させておくと、何をたくらむかわからないし。やっぱ、早く首相の座からおろさなくてはと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-29 06:52 | (再び)安倍政権について
 スリランカの同時多発テロにより、日本人を含み290人以上の死者が出たとのことで、やるせあない思いを抱いている
 どうか宗教や民族が異なった場合、(仮に多少は論争やケンカをしても)、せめて銃の乱射とか爆弾テロなどの手段を使えなくするような方法を作ることはないものかと練っているmew。(・・)、


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 本文がない!(゚Д゚)

 消えた? それとも、入力ミス?

 原稿・・・保存していない。(ノ_-。)

 何か対応を考えます。(・・)



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


by mew-run7 | 2019-04-23 06:53 | (再び)安倍政権について | Comments(0)

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 安倍内閣&自民党では、4月にはいって、統一地方選中だというのに、塚田国交副大臣(麻生元秘書)が忖度発言で、桜田五輪担当大臣が「復興より議員」発言で辞任と、大きな問題が続いているのだが・・・。

 昨日はついに安倍首相の超側近・萩生田幹事長代行までもが、トンデモ発言をして、世間を騒がせている。(**)

<落選中、加計学園の大学で客員教授をして給与を得ていたいた萩生田くん。(文科省のメールに「総理のご意向」なんて言葉も残ってったっけ?^^;)安倍氏が首相になった途端、総裁特別補佐、官房副長官、幹事長代行と大出世。>

 萩生田氏が右派系のネット番組「虎ノ門ニュース」で、6月の日銀短観の数字によっては、消費税増税を延期する可能性に言及。また、その場合は衆院選を行なうことまで示唆したというのだ。(゚Д゚)

『萩生田氏は18日、インターネット番組で、「この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。違う展開はある」と述べて、6月の日銀短観(全国企業短期経済観測調査)の数値次第では、10月の消費税率10%への引き上げを延期することもあり得るとの認識を示した。
 また、萩生田氏は、その場合には「国民に信を問うことになる」と指摘し、衆議院の解散・総選挙を行う必要があるとの認識を示した。ただ、夏の参議院選挙との「衆参ダブル選挙」には、時間的な制約から、否定的な見通しを示した。

 萩生田氏の発言について、菅官房長官は「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り、法律で定められた通り、本年10月に(消費税率を)10%に引き上げる予定であり、予定通り引き上げられるよう、経済運営に万全を期していきたい」と述べ、政府の方針に変わりはないと強調した。(FNN19年4月18日)』

 菅官房長官は、すぐに萩生田氏の発言内容を否定していたのだが。この萩生田発言には野党だけでなく、与党や経済界などからも批判や疑問の声が続出している様子。
 また、萩生田氏の言い方だと、安倍陣営が景気減退の可能性を認めたことにもなりかねないだけに、今後、様々な意味で、さらに波紋が広がりそうだ。(@@)

* * * * *
 
 昨日、萩生田氏がこのタイミングで、増税延期の発言をしたのは、周辺の反応を探るため、また選挙を少しでも有利な方向に導くためではないかと察する。(・・) 

 先に選挙について言えば、21日には統一地方選の後半と衆院補選の投開票が行なわれるのであるが。安倍陣営は、選挙戦の中で、維新や野党が、安倍自民党の消費税増税策を批判しているのをかなり気にしているかも知れず。<世論調査でも、消費税増税に反対の人が6割ぐらいいるしね~。>
 そこで、敢えて(期日前も考えてか?)投票日の何日か前に、増税延期もあり得るという発言をしてみた可能性がある。(~_~;)

 安倍首相はもともと消費税アップには積極的ではないのだが。タッグを組む麻生副総理兼財務大臣が、消費税増税策を主導していることから、やむを得ず、税率アップに賛同しているところがある。^^;
 しかし、結局、ここ2回は何やかんやへ理屈をつけて、税率アップの延期を決め、それをウリにして、選挙にも勝って来た。
 ただ、さすがに、また延期するとは言いにくくなっているようで。今年10月には消費税を10%に上げると明言。その代わり、保育園や幼児教育などの無償化や(自公お得意の?)金券配布などの政策を打ち出して、参院選の公約に加える予定になっているのだが・・・。

 でも、安倍首相には、ホンネでは、できるなら、次も税率アップを延期したいという思っているかも知れず。それで側近の萩生田氏が、敢えてこのような発言をして、閣僚や自公与党、経済界、世論などなどが、どのように反応するか見てみようとした可能性がある。^^;

<安倍首相自身が、萩生田氏にこの発言をするように要請したのか。それとも、日ごろから、増税延期をしたいという話が出ているので、側近らで考えて(調子に乗って&忖度して?)、このような発言をしてみたのかどうかはわからないけど。却って安倍氏の足を引っ張ることになるかも。_(。。)_>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『自民党幹部は「首相が選択肢を多く持ちたいということだろう」と述べた。以前から、参院選で与党の苦戦が予想されるとの見方から首相が衆参同日選に打って出るとの臆測があった。

 国民民主党の玉木雄一郎代表はツイッターで「同日選の可能性が高まったと言える。政権はバラバラな野党の現状を見透かしている」と反応した。

 6月の短観は7月1日に発表予定だ。市場には「景況感は横ばいか、若干悪化する」との見方がある。

 通常国会の会期末は6月26日。延長がなければ参院選の投開票日は公職選挙法の規定で7月21日になる。会期を延長していないかぎり、衆院選の投開票日は、準備期間を踏まえると参院選より後になる。

 政府は増税を前提に平成31年度予算で2兆円を超える景気対策費を計上し、企業も軽減税率などへの対応を進めている。萩生田氏の発言には「世論の反応を見極める観測気球だ」(閣僚経験者)との指摘や、自民党内を引き締める狙いとの見方もある。(産経新聞19年4月18日)』

* * * * *

『[東京 18日 ロイター] - 茂木敏充経済再生相は18日の月例経済報告関係閣僚会議後の記者会見で、消費増税は日銀の6月短観次第で延期もあり得るとの自民党の萩生田光一幹事長代行による発言に対して、政府として「法律に定められたとおり10月に10%に引き上げる予定だ」と述べた。
 輸出や生産など景気の減速を示す指標が相次いでおり、景気回復が戦後最長を更新するかどうか微妙とされているが、「内需を支えるファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はしっかりしている」とし、「政府として現時点で景気回復が途切れたとは考えていない」と述べた。(ロイター19年4月18日)』

『自民 森山国対委員長「党として議論していない」

 自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、「林幹事長代理を通じて二階幹事長に確認したが、党として萩生田氏が発言したような議論をしているということは全くない。党として、そういうことを決めたということではない」と述べました。

石破元幹事長「国民に対して無責任だ」

 自民党の石破元幹事長は、記者団に対し「どういう場合に消費税率の引き上げを延期するのか、萩生田氏の話だけでは分からない。自民党内で、どういう状況になったら延期し、全世代型の社会保障の財源はどうするのか、議論を詰めないと国民に対して無責任だ」と述べました。

 自民党の幹部は「萩生田氏は、どういう立場で発言したのか。そんな発言をする権限はない。立場を考え、発言には気をつけるべきだ」と批判しました。
 また、別の幹部は「萩生田幹事長代行は、安倍総理大臣から指示を受けて 発言したわけではない」と述べました。

公明 石田政調会長「延期する状況ではない」

 公明党の石田政務調査会長は、記者団に対し「どういう思いで発言したか分からないが、引き上げを延期する状況ではない。引き上げに向けて、さまざまな準備をして、予算も成立し、幼児教育の無償化も実施する予定にしている。株価も安定してきているし、ヨーロッパやアメリカの経済も若干落ち着きを取り戻している」と述べました。(NHK19年4月18日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『日商会頭、萩生田氏の発言「信じられぬ」 消費増税巡り

 自民党の萩生田光一幹事長代行が18日のインターネット番組で、10月に予定されている消費増税を6月の景気指標次第で先送りする可能性に言及したことについて、日本商工会議所の三村明夫会頭は18日の定例会見で「信じられない。理解できない発言で、必ず引き上げるものだと思っている」と述べた。

 三村会頭はこの日朝、麻生太郎財務相と懇談し、財政再建や社会保障制度の維持のため、消費税率の引き上げを要望したばかりだった。麻生氏も軽減税率などで協力を求めてきたという。三村会頭は「引き上げを前提にしていた話だった」とし、「短期でかつ若干の景気変動で議論することは間違いだ。政府や自民党と話し合ったうえでの発言なのか」といぶかった。(加藤裕則)(朝日新聞19年4月18日)』

* * * * * 

『立民 福山幹事長「『信を問う』は衆院選 準備を加速化」

 立憲民主党の福山幹事長は記者団に対し、「いよいよ、アベノミクスの破綻が見えてきて与党も慌てだした。国民生活の現状を考えれば、消費税率は上げられるわけがなく、当然だ」と述べました。
 そのうえで、「『信を問う』とは、当然、衆議院の解散・総選挙と考える。堂々と受けて立ち、ほかの野党と協力して安倍政権を倒す絶好の機会が得られる。衆議院選挙の準備も野党で協力して加速化していきたい」と述べました。

国民 舟山参議院国対委員長「信を問う前に反省を」

 国民民主党の舟山参議院国会対策委員長は記者会見で「政府は、『アベノミクスがうまくいっている、経済はよくなっている、賃金も上がっている』と、ずっと言い続けてきた。誰が見ても、今は、景気が非常によくないが、まずは信を問う前に反省していただきたい」と述べました。

共産 志位委員長「増税なら政権もろとも吹き飛ばす決意」

 共産党の志位委員長は記者団に対し、「重大な発言だ。政権与党の中から『増税を確信をもって言えない』という声が出てきたのは、非常に大きい。消費税増税を断念に追い込む戦いをいよいよ強め、それでも増税するのであれば、安倍政権もろとも吹き飛ばす決意だ」と述べました。

希望 松沢代表「公言取り下げなら大失政」

 希望の党の松沢代表は記者会見で「希望の党は『デフレを脱却しきれていない、経済が極めて不安定な時期に消費税増税は絶対にやるべきではない』と主張してきたので、その方向に政府がかじを切るのは非難するものではない。しかし、安倍政権として、消費税増税を公言しながら、毎回、理由を付けて取り下げることになったら政権の大失政だ」と述べました。

社民 又市党首「そういう声が出てきて当然」

 社民党の又市党首は記者団に対し、「われわれは、『経済動向から言って、消費税を上げられる状況にない』と反対している。そういう声が出てきて当然で、日本の今後の経済を考えた時に、あり得ると思う」と述べました。(NHK19年4月18日)』

* * * * *

 たぶん安倍官邸&自民党とは、「あれは萩生田氏が私見として言ったことだ」「政府、自公与党は延期は考えていない」と主張して、幕引きをはかろうとするのではないかと思うけど。

 萩生田氏は幹事長代行で、二階幹事長に次ぐ高い地位にあるだけに、今回の発言は、自公与党内の議員(地方議員や参院選の候補者含む)からの動揺や反発が大きいと思うし。最近、調子に乗り過ぎの安倍官邸、安倍側近に対する不満も高まると思われ・・・。
 もし衆院補選で2敗したら、「参院選は安倍で勝てるのか」な~んて声が出て来ちゃうかもと、(期待込みで)推察しているmewなのだった。(@@)

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-04-19 02:44 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

【先日、メジャーのプロ野球を引退したイチローが、3度目の国民栄誉賞の申し出も辞退した。まあ、イチローにとって、日本の政府がくれる賞なんて、たいした意味がないようにも思うし。実にイチローらしいと思う。<思わず「よし!安倍にイチローを利用されてたまるか」と思ったけど。本人には政治的な意図はないだろう。(・・)>
 そうしたら、お笑いコンビ・千原兄弟の弟、千原ジュニア(45)も「桜を見る会みたいなんに今年も声かけてもうたんですけど、知らんおっさんと見たないわっつって、断った」とテレビで言っていたという記事が。(*1)。とりあえず、「よし!」(~~)b】
 
 何か書きたい政治ネタが山ほどあるのだけど、ブログを書く時間的余裕がないので、追いつかないぞ~~~。(@@)

 今回はこの件をメインに。・・・ついに(やっと、と言うべきか)桜田五輪担当大臣が、失言問題の責任をとって辞任した。
 失言した直後に、連絡を受けた官邸から「アウト~!」の判定が出たそうで。あわてて首相に辞表を提出しに官邸を訪問。失言からわずか2時間後の「スピード更迭」だった!(>_<)

 実は、桜田大臣は9日にも、国会答弁で被災地がらみの失言をしていたのである。(~_~;)

 桜田氏は3月24日に、地元・千葉の会合で「東日本大震災の直後、東北自動車道などが「健全に動いていた」と発言。事実と異なっていたとして、撤回、謝罪したのだが。
 その当日、宮城県の石巻市(いしのまきし)で復興イベントがあったのに、そちらを欠席して、地元の自民党の会合に出ていたとのこと。(・o・)

 9日の国会で、そのことを問われた桜田大臣は、「出席したかったが止む無くいしまきしでのセレモニーで、私からの祝辞を政務官が代読した」と釈明。その後も石巻を3回も「いしまき」と読み間違いをして、「何故、復興五輪の大臣なのに、復興直後の状況や重大な被害を受けた都市の名前を知らないのか」と、またまたヒンシュクを買っていたのである。(-"-)
<東北のメディアでは、結構大きく扱ったり、市民の怒りの声を報じたりしていたところがあったようだ。^^;>

* * * * *

 で、その翌日の10日。今度は東京で行なわれた自民党の高橋比奈子衆院議員(比例東北)のパーティーに出席。
 あいさつの中で、桜田氏は、来年の東京五輪で高橋氏の地元・岩手県に海外から観光客が訪れるとした上で「おもてなしに協力していただければありがたいが、復興以上に大事なのは高橋さんだ」と発言。復興より議員が重要であるかのような表現を用いたという。(-"-)

 この発言に関して、記者から問題があるのではないかと指摘されたところ、桜田氏は当初、「そんなことは言っていない。記憶にない」とシラバックれようとしていたようなのだが。
 官邸にいた菅官房長官のところに、この発言に関する連絡(通報?)がはり、大臣続投は「アウト!」の判定が下ったという。<本人が官邸に連絡したとの報道もあった。真偽のほどは不明。>

* * * * *

 しかも、桜田氏は、これまでの失言に関して、本当の意味で反省していないのである。<もしくは、学習できないXXなのか。>
 
 桜田氏は5日、塚田国交副大臣の忖度発言について記者にきかれて「新聞を見ていると、私も(失言をした)一人に数えられている」と発言。その後、「コメントを差し控えたい」との答えを1分間で3回繰り返したとか。(・o・)
<「この新聞を見ていると」という言い方は、ジョークであるなら「軽口」としか言いようがないし。新聞を見るまで、自分の失言癖に気づいていないとすれば、やっぱ「XX」なのかも?>

 さらに10日のパーティーでは、2月に水泳の池江璃花子選手の病気に関して「がっかり」と言って問題視されたことを引き合いに出すような感じで、こんな発言をして、会場の笑いを誘っていたのだ。

『 いよいよ乾杯の時に(私のあいさつが)追加で、がっかりしているのでは。私も『がっかり』という言葉は禁句。いろいろ言われ、こりごりしている」 

 どう見ても反省の色がないでしょ~~~。(ーー) 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 以前にも書いたように、mewは東京五輪を開催することになった以上は、参加者や観衆にとっていい大会にして欲しいし。(たとえ「こじつけ」だったとは言え)少しでも、被災地の復興や激励にプラスになるような大会になって欲しいと願っているわけで。

 そのためには(本当は安倍政権じゃない方がいいけど)、ともかく五輪のことも復興のこともわかっていない桜田氏は、早く五輪担当大臣を辞めさせるべきだと主張していたのだ。(**)
<コンピューターのことも全くわからないので、もちろん、サイバーセキュリーティー担当大臣もね。^^;>

 でも、安倍官邸は、桜田大臣の度重なる失言に困っていたものの、二階幹事長に推されて入閣させた人だし、安倍グループと言うべき超保守議連「創生日本」&日本会議のメンバーゆえ、そう簡単にクビは切れず。失言するたびに、安倍首相が「反省して、職責を果たして欲しい」と擁護し続けていたのである。(-"-)

<塚田国交副大臣だって、最初は擁護していたし。麻生副総理に至っては、擁護というか放置プレーになっているし。^^;>

 その結果、桜田大臣も、おそらくは他の閣僚や自民党議員なども「これぐらいのことを言っても大丈夫」と思ってしまうようで。<あとお「多少アブナイことを言っても、ウケタり目立ったりした方が得だ」「自民党支持者が相手なら、笑いや拍手がとれるのでOK」とかね。>
 最近、またどんどんと軽口を叩いたり、きわどい発言をしたりする議員が増えているように思える。(-_-)

 今回の失言も、ある意味では、早い段階で桜田大臣を辞任させなかった安倍首相の自業自得(オウンゴールに近い?)だとも言えるわけで。
 安倍首相は、桜田大臣が辞任した後、ぶらさがり会見に応じて、被災者に謝罪すると共に、自らの任命責任について語っていたのだが。今度こそ「任命責任」をしっかりとって欲しいと思うし。野党もしっかりその点を追及して欲しい。(**)

<ちなみに桜田大臣は、辞表を出した後、「これ以上、余計なことを言うな」と言われたのか、何をきかれても「被災者を傷つけて申し訳なかった」とXXの一つ覚えのように繰り返していた。何だかそこにも真摯さが感じられなかった。(-_-;))>

* * * * *

『桜田五輪相「復興以上に大事」で更迭、後任は前任者

 桜田義孝五輪相は10日、都内で開かれた高橋比奈子衆院議員(自民)の会合で「(東日本大震災の)復興以上に大事なのは高橋さんだ」と発言し、引責辞任した。事実上の更迭。桜田氏は昨年10月の就任以来、失言を連発しているが、「辞任ドミノ」を恐れる安倍晋三首相は、続投を容認。問題発言を許し、対応が後手に回った首相の責任は重大で、安倍1強のゆるみも露呈した。復興がらみの失言での大臣辞任は、今村雅弘元復興相に続き2人目。

 失言や稚拙な間違いを続けてきた桜田氏が、「一発アウト」の発言で即刻辞任に追い込まれた。岩手出身の高橋氏の会合で東京大会と東日本大震災に触れた際、「世界中の人が日本に来て岩手県にも行く。おもてなしの心で、復興に協力してもらえればありがたい。そして復興以上に大事なのは高橋さんだ」と述べた。

 さらに「いよいよ乾杯の時に(私のあいさつが)追加で、がっかりしているのでは。私も『がっかり』という言葉は禁句。いろいろ言われ、こりごりしている」とも述べた。今年2月、女子水泳の池江璃花子が白血病を公表した際に「がっかり」と発言し批判されたが、自虐的な物言いで反省の色も感じられなかった。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 桜田氏は会合後、記者に発言を問われたが、「そんなこと言っていない」ととぼける始末。官邸も自民党も「守れない」と即断した。政府も東京都も大会組織委員会も、東京大会=復興五輪の立場。場を盛り上げるつもりでも、復興より議員の方が大事と言うような五輪相は、「言語道断」(自民党関係者)だった。

 桜田氏は官邸を訪れ辞表を提出。発言から2時間もたたないスピード受理で、「被災者の気持ちを傷つけるような発言で申し訳ない。撤回では十分ではなく、責任を感じ辞表を出した」と述べた。首相は「被災地の皆様に深くおわびしたい。任命責任は内閣総理大臣の私にある」と語った。後任には、鈴木俊一前五輪相を充てる。

 首相はこれまで、桜田氏が問題発言しても罷免要求を拒否してきた。しかし桜田氏は9日にも石巻市を「いしまきし」と発言。資質のなさは、明らかだった。

問題大臣の「辞任ドミノ」を警戒してきた首相だが、塚田一郎前国交副大臣が「忖度(そんたく)発言」で辞任直後、桜田氏の辞任。ドミノは動き始め、統一地方選や衆院補選、参院選への影響は重大だ。立憲民主党の枝野幸男代表は「桜田氏をかばい続けた首相の責任」と指摘。想定外の桜田政局だ。【中山知子】(日刊スポーツ19年4月10日)』

* * * * *

『首相 桜田氏の辞表受理「任命責任は私に」

 桜田五輪担当相が自らの発言の責任をとって、10日午後、辞表を提出した。安倍首相は辞表を受理したことを明らかにした上で「任命責任は私にある」と述べた。

 安倍首相「桜田大臣から被災地の皆様のお気持ちを傷つける発言をしたため辞任したいとの申し出があり受理致しました。被災地の皆様に内閣総理大臣としてこの発言について深くおわび申し上げたいと思います。任命責任はもとより、内閣総理大臣たる私にあります。こうした事態にたったことにつきまして、国民の皆様におわびを申し上げる次第でございます」(略)
 その
 また「全ての大臣が復興大臣であるという認識を再確認し、今後も復興に全力を傾ける」と強調した。
 塚田国土交通副大臣に続き桜田五輪担当相も辞任したことで、政権へのダメージは深刻な状況。
(NNN19年4月10日)』

* * * * *

 最後に、おまけというわけではないけど、秋元環境副大臣に関して、チョット問題ではないかと思うニュースを。

『秋元環境副大臣、留学生所在不明の大学で理事=17年7月まで

 秋元司環境副大臣が2014年4月から17年7月まで、多くの留学生が所在不明となり問題となっている東京福祉大で理事を務めていたことが分かった。
 4日の参院決算委員会で共産党の吉良佳子氏が指摘したのに対し、秋元氏が認めた。

 答弁で秋元氏は、「同大が留学生(受け入れ)を拡大するということについて、私は直接知り得る立場ではなかった」として、一連の問題への関与を否定した。
 これに関し、安倍晋三首相は「常に自ら襟を正し、説明責任を果たしていくべきだ。その上で与えられた職責をしっかりと全うしてもらいたい」と述べた。(時事通信19年4月4日)』

* * * * *

 そして、全国の国民は、とりわけ東北の有権者の方々は、安倍首相が、桜田大臣が以前から復興に関して問題発言をしながらも、責任を問わず放置していたということ、その結果、今回の発言につながったということを、よ~く覚えておいて欲しいと願うmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-04-11 04:08 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7