人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

 最新記事の一覧・・・4月分はコチラ、5月分はコチラ
 
 今日で5月も終わりだ~。(・o・)mousugu kotoshimo hanbun owarunone

 何か連休が終わってから、め~っちゃ忙しくて、あっという間に、
日にちが過ぎてしまった感じだけど・・・。政治の世界は、何だかノタノタして
いて、解散総選挙もどんどん先延ばしされて、福田首相&自民党の術中
にはまりつつある感じもしている今日この頃・・・。(>_<)

 今回は、競馬の話から・・・。

明日6月1日には、JRAで「ダービー」が。そして、地方競馬でも
1日~6日まで6日間連続で各地でダービーを開催する「ダービーweek」
が始まる。<特別サイトはコチラ・1日から佐賀、盛岡 旭川、大井、
園田、名古屋で開催。>
 地方の各競馬場の馬主、調教師、騎手などの競馬関係者やファンに
とっても、3歳馬の頂点を決めるダービーは、みんな一度はとりたい
と思っている、と~っても大事なレース。
 ただ、JRAのダービーの優勝賞金が1億5千万円なのに対して、
地方は、大井(南関)が4千万円、園田(兵庫)が1千万円出すもの
の、あとは4~500万円しか賞金が出ないんですよね~。(ノ_-。)
<馬の値段が違うという人もいるけど。JRAでも、Mサムソンは
700万円だったのに、ダービーをとってるし~。(・・)>

 ともかく、どの出走馬も無事に元気に、いい走りをして欲しいと。
そして競馬に興味のある方は、是非、お近くの各地のダービーを観戦
or参戦で売り上げ貢献をして頂ければな~と願っている。m(__)m

<mewも仕事の都合がついたら大井ダービーに行きたいんだけどな~。
もしかしたら、的場さまが、ついに・・・かも知れないし?(・・) 
・・・以上、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(~~)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 さて・・・。まず、昨日のクラスター爆弾の記事の続きを。

 クラスター爆弾の禁止を目指す「オスロプロセス」を実行するために、
開かれた、有志国約110か国によるダブリン会議は30日、クラス
ター爆弾の事実上の全面禁止を定めた条約案を全会一致で採択した。
 そして、日本代表も会議の中で、福田首相の決断に従う形で、条約
案への支持を表明した。(~~)

 外務省や防衛省の中には、とりあえず会議では支持を表明しておく
ものの、実際に条約に署名するかどうかは、12月に行なわれる正式
な調印式までに検討することにしたいという考えを持つ人も少なから
ずいて。<外務省は、この合意に反対していて、会議にも不参加の
アメリカとの関係を気にして。防衛省は、自衛隊が保有するクラスター
爆弾を廃棄することに、防衛上の問題&廃棄費用などの点でいまだに
抵抗を示す人たちが少なくないらしい。>

 日本首席代表の中根猛・外務省軍縮不拡散・科学部長(大使)は
条約案への同意を正式表明したものの、署名に関しては「日本の安全
保障環境に注意を払いつつ、条約案を真剣に検討し、適切な措置を
取る」と述べるにとどめたのだけど・・・。<毎日新聞30日より>

 福田首相は、条約にも署名することを政治決断したようで。30日
に町村官房長官が会見で『「日本はクラスター弾による人道的な懸念を
深刻に受けとめ、コンセンサス(同意)に加わる」と明言。また、
「署名に向け、具体的な対応を考えなければならない。現在の爆弾の
廃棄や新型の高性能爆弾への置き換えのようなことを検討しなければ
ならない」と述べ、日本政府として同条約を締結し、参加する方針を
示した』という。<読売新聞 30日より>

* * * * *

 私は、福田首相のこの英断を大きく評価したい。(~~)// hakushu

日本はこの条約に署名することで、200億円以上かけて購入した
クラスター弾を廃棄することになる。さらに廃棄するのに、100億
円ぐらいかかるかも知れないという試算を示す記事もあったし。代替
するものを用意するのに、それ以上の額がかかるという。
 これは日本の財政や防衛予算を考えると、金額の面では、大きな損失
&ムダになるかも知れない。
<mew的には、東京都が新銀行東京に出資する400億円を、廃棄費用
などに回したいぐらいの気持ちだったりして。(・・)>

 でも、これは今後の「日本の国のあり方」「平和主義政策の維持&
人権尊重への姿勢」を、日本の国民に対しても、世界の国々や人々に
示して、信頼を得るという点で、おカネには替え難い大きな効果が
あると思うし。
 mew的には、これは「偉大なる損失」「偉大なるムダ」だと言えるの
ではないかと思ったりもする。(*^^)v

 唯一、不安があるとすれば、福田首相が12月の調印式までに辞任
して、米国or防衛省べったりのタカ派の人が首相になってしまった場合、
「やっぱ、条約への署名は見合わせよう」とか言い出したりはしない
だろうかということなのだけど・・・。^^;
 そんなことをしたら、欧州諸国やアジア、アフリカ諸国からの日本
への信用がガタ落ちになってしまうのは確実なだけに、「国益」に
資さないのは明らかだろう。(**)

 とんでもないドンデン返しを防ぐためにも、福田首相には、是非
できるだけ早い段階で「日本は12月に条約に署名する意向だ」と
いう声明を、国民&世界に向けて発表して欲しいと願っているmew
なのだった。(@_@。  
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 話は変わるが・・・。

  日本政府は昨日、四川大地震の救援物資を運ぶために、自衛隊の
輸送機を派遣することを見送ることに決めたという。<救援物資は来週
早々にも、民間チャーター機で輸送することになったようだ。>

 もし自衛隊輸送機の派遣が実現すれば、戦後の日中関係にとって、
国交回復に次ぐぐらいの、まさに歴史的と言えるような大きな一歩に
なったので。この見送りは、本当に残念なのだけど・・・。(-"-)

 アレコレの報道や情報を見聞していて、ちょっと気になったことが
あった。
 それは、どうも中国側が単に外務省などに内々に打診をして来ただけ
の&外務省が防衛省に、もしそうなった場合に、輸送機を出せるかと
こちらも内々に打診していた超初期の段階で、報道関係者にこの話が
もれて、「中国が自衛隊派遣を要請」というような形で大きく報じられ
てしまったらしいということだ。(**)

 中国は、被災地で使用するテント、毛布などの物資がかなり不足して
いて、日本だけでなく、ロシア、韓国などの周辺諸国に、これらの救援
物資を緊急に調達&輸送するよう協力して欲しいと要請したのだという。

 このような救援物資は軍が管理している国も多いし。多量の物を迅速
に輸送するには、軍用機が適しているとのこと。で、ロシアや韓国は
交渉もスムーズに進んで、30日までに軍の輸送機を使って、テント
などを四川省などの空港に運んだようなのだけど。<*1> <韓国の
軍用機が中国領土内にはいったのも、初めてだったんだって。(・・)>

 ただ、中国側は別に日本に「自衛隊機による輸送を要請」したわけ
ではない。どうも日本側は、四川大地震の救援を申し入れた当初から
自衛隊機の使用のことも伝えていたようで、それも踏まえて<そして、
おそらく緊急性を要したことから>、中国側が「輸送は自衛隊機であっ
ても構わない」とかなり消極的な言い方をしただけだったのだけど。
<それは町村官房長官も、報道が出たあとの会見で強調していた。>

 でも、その話が何故かすぐに報道関係者に伝わって、しかも「自衛隊
機を要請」として大々的に報じられたため、中国政府はもちろん、日本
政府もかなり驚いて、とまどうことになったようだ。(-"-)

* * * * *

 いくつかの報道記事や情報によれば、中国政府(党指導部や軍部も
含む)の中でも、まだ自衛隊機を輸送に使うかも知れないという話は、
ほとんど出ていなかったようで<まだ下交渉の段階だったので、おそ
らくは、ある程度、具体的な計画が決まってから、同意を得るつもり
だったのだろう>。日本での報道の話をきいて、初めてこの件を知り、
驚いた政府関係者も多かったという。(**)

 で、政府の中でも、一部の人民解放軍の幹部や、日本軍に対して
嫌悪感や抵抗感を抱いている関係者が、強い反発や批判の声を呈示。
さらに、やや親日派の関係者の中にも、まだ打診をしただけの段階
なのに、日本でこんな早くに、しかも「中国が要請」という形で報道
が出たことに不信感を抱く者もいたようで、すぐに調整をつけるのは
難しい状況になってしまったらしい。(-"-;)

<ネットでかなりの批判が出たことも、見送りの要因になったと言わ
れているが。中国政府がネットでの反応をメインに考えて、政策を
決めるとは思えないところがある。(もしネットの反応がよければ、
安心して決定したり、他の関係者への説得材料に使ったりすることは
あるだろうけど。(・・;)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 となると、mewとしては、何で日本側は、そんな内々の打診の段階で、
報道陣にリークしちゃったのだろうと、不思議に思う部分が出て来て。
<まあ、最近は、それがいいのか悪いのかビミョ~なとこながら、クチ
の軽い官僚がやたら増えているような感じもあるのだけど。^^;>

 果たして、自衛隊派遣を実現したいと思う人が、報道によって既成
事実を作って、コトを進めやすくしようとしたのか・・・。
 それとも、逆に、自衛隊派遣はやめさせたいと思う人が、早い段階
で、しかも「中国が要請」という報道をさせることによって、中国側
が抵抗感を示して、交渉が難航することを狙ったのか・・・。
 
・・・などなどと、得意の(?)推理ごっこをしていたのだけど。

 今朝、この記事を書き終えたあとで、夕刊フジ30日が『「早すぎた
報道」誤算…空自機、中国派遣見送り裏事情』というタイトルの記事を
出しているのを、ネットで見っけしたので、チョット長くなるけど、
その一部を掲載することにする。<全文*2>

『「マスコミに漏れるのが早すぎた」。日本の政府関係者は自衛隊機
派遣見送りが決まった後、こう苦い表情を浮かべた。』<やっぱね~>

『「追加支援を要請したい。輸送は自衛隊機であっても構わない」。
27日、日本大使館関係者にこう打診したのは「中国の武官」だったと
される。本来、自衛隊派遣に一番反発するはずの軍サイドからの打診
だっただけに日本側は、中国の本気度を感じ、実現に向け迅速な協議
に入った。
 だが、政府関係者によると「中国政府内の手続きが終わらないままの
要請だったようだ」というのだ。一気に人民解放軍と自衛隊の関係良好
化を狙った一部軍高官の勇み足に日中両国が振り回され、逆に日中外交
上は派遣案を断念するという大きな失点を残すことになった。』

『日中双方にとって最も大きな誤算は、日本での報道が早かったこと。
非公式打診があった翌28日には「自衛隊派遣」が大々的に報じられ、
香港のニュースサイトなどでニュースを知った「中国ネット愛国者」
たちが、≪絶対許さない≫≪売国的行為だ≫と強く反発したのだ。』

* * * * *

 う~ん。(-_-;) 

 私は真相を知る由もないけど。仮に本当に中国の武官が打診して
来たとしても、また日本がそれで本気度を信じたとしても、だからと
言って、それを報道陣にリークしていいということにはならないと
思うし。何で「中国が要請」という形の報道になったかも不明だし。
 まだまだ色々と疑問に思う部分が残ってしまう感じが・・・。(・・)

 ただ、ふだんはひとりの国民&市民として、少しでも早く国政に
関する情報を知りたいと、そのためにもマスコミに頑張って欲しい
と思っているのだけど。
 この少しゆがめられた&早すぎた報道がもたらしたものは、今後
の日中関係にとってかなりマイナスになったかも知れないな~と・・・
何だかすごく複雑な心境になってしまったmewなのだった。(@@。

<何かこの見送りで、またウヨ保守系の政治家や識者などなどが
中国批判を行なうかも知れないのも、イヤなんだよね~。(-"-;)>

                     THANKS 

 【mewなりにコツコツ多くの人に、日本のアブナイ政治、社会の流れ
を伝えたいと思って、下の2つのランキングに参加しています。
ランキングが上がると、と~っても励みになる&多くの人に読んで
もらいやすくなるので、応援のクリックをよろしくお願いいたします。】


↓ 25位枠の攻防激化。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m

 

そして・・・
らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
 

More
by mew-run7 | 2008-05-31 08:13 | 政治・社会一般

 最新記事の一覧・・・4月分はコチラ、5月分はコチラ

 昨夜、折角、記事を書いたのに。アップしないうちに眠ってしまって。
<週の前半に30度近い日が続き、急に涼しくなったから、プチ夏バテ
状態になったかも?^^;>
 しかも、朝起きて、ボ~ッとしたまま、PCを操作してたら、久々に
書いた記事をミスで削除してしまって、「あちゃ~(>_<)」状態に。
 
 実は、政府が平沼赳夫氏が質問主意書に答えて、「国公立の学校が
授業の一環として、靖国神社に訪問してよい」という閣議決定をした
というニュースのことを中心に書いていたのだけど。

コチラにも書いたように、公立の小中高が、社会科見学や修学旅行
などで、子供たちを靖国神社に連れて行くという話が、ついに現実味
を帯びて来たかも。(ーー;)> 

 でも、すぐに書き直すエネルギー&時間がないので、それはまた後日
にアップしたいと思う。

* * * * *

 何か昨日から今朝にかけては、TVではやたらに「船場吉兆」の廃業
のことを取り上げていて、何だかな~と思ってしまったところもあった。
<あの創業者の三女の佐知子女将のキャラも、注目されているからなの
かも知れないけど。^^;>

 まあ、確かに「吉兆」は、多くの人が名前を知っているかも知れない
かなり有名&そこそこ老舗の料亭で。一部の店舗は政財界御用達だっ
たり。日本開催のサミットで3回も日本料理の担当に選ばれたり。
 1930年に創業した湯木貞一氏は、料理人として日本初の文化
功労者に選ばれたりしていたそうなのだけど。<mew的には、この湯木
氏が、あの松花堂弁当を発案した人だと知って、「それはスゴイ!」
と思ったりしたのだけど。(・・)shoukadou-bentou suki nanoyone!>

 そして、その「吉兆」の名を継ぐところが、高額な対価をとりながら、
食品偽装や料理の使い回しを行なっていたというのは、確かに大問題
だと思うし。
 これが、今後、飲食店&業者がそのようなことを行なうのを防止する
効果につながるといいな~とも思うのだけど。<サンドイッチに添えら
れたパセリとピクルスの使い回しもやめてね。mewはちゃんと食べるん
だから。(**)>

 ただ「吉兆」は、91年に創業者の一男四女が5つの会社にのれん
分けして<「本吉兆」「東京吉兆」「神戸吉兆」「船場吉兆」「京都
吉兆」>、各社の間には資本関係もなく、完全に独立した経営を行なっ
ていたとのこと。
 何か共通の関連会社(持ち株&不動産会社?)はあるようだし、また
何より「吉兆」の名を継いでいる以上は、全く無関係とは言えないとも
思うけど。
 他のファミリーの会社も、「船場吉兆」の問題の余波を受けて困って
いた様子で。これ以上、損害を拡大しないためにも、「船場吉兆」には
もう引いて欲しいと考えていたような感じがある。^^;

 他の「吉兆」には問題がないのであれば、mew個人、会席料理は大好き
だし。日本の優れた&おいしい&伝統的&ある種、芸術的な料理の素晴ら
しさを、日本人だけでなく、世界にも広めて行って欲しいと思うので、
今後、いい仕事を続けて、改めて頑張って欲しいな~と思っているmew
なのだった。(@_@。
<mewが「吉兆」に行く機会があるかは、わからないけどね。^^; お料理
の値段より、日本酒1合で何千円もとるとこに行ったら、お会計が大変な
ことになっちゃうかも知れないので、奢りでも行きにくいかも~?(^^ゞ>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 昨日、一番ビックリしたのは、やっぱ中国政府が、日本政府に自衛隊
によるテントや毛布などの支援物資を空輸を要請したというニュース
だっただろう。
 今までの感覚なら「あり得な~い!(゚Д゚)」という話だけに、政府や
防衛省なども驚いたり、とまどったりしたのではないかと思うけど。
日本のいわば軍隊である自衛隊の航空機が、中国の領土内にはいるなんて
いうのは、もちろん戦後初めての、超・画期的なことだ。(**)

 日中外交を重視している福田首相は、即座にOK。航空自衛隊の
Cー130輸送機が、中国の北京、成都の空港に飛ぶことに決まったと
いう。

<ちなみに、産経新聞28日によれば、派遣されるのは、空色に塗った
輸送機になりそうだとのこと。『国外派遣の準備状況に加え、緑色系の
迷彩塗装を施した従来タイプでは、「中国側に軍国主義的なイメージを
与える」(防衛省筋)との配慮もある』からだそうだが。
 何でそんな空色の輸送機があるかと言えば、『イラク上空で地対空ミサ
イルに狙われる危険性を減らすため、機体全体を空色に塗り替えた』ん
だって。・・・やっぱ、それだけイラクで空自が行なっている輸送任務は
危険っていうか、まさに戦闘が続いているような地域で活動している証拠
かも~って、思ってしまった。(・・)>

* * * * *

 しかし、胡錦濤首席の来日、四川大地震への日本の救援部隊派遣や
その他の支援活動で、日中関係がグ~ンと近づいたように感じていた
とはいえ。こんなに飛躍的に進展するとは、mewも「想定外でした」と
言いたくなるぐらい驚異的but嬉しいことだった。(~~)

 今回の災害の被害者は、四川省だけで死者が7万人近くに達し、
被災者は4500万人を超えたという。特にテントや毛布などの生活
物資が不足していて、中国政府もその対応に困窮していると報じられ
ていたところだったのだけど・・・。

 中国政府は、おそらく国内で被災者や人民の不満が高じないように
する必要や、また早く災害地の状況を落ち着かせ、北京五輪の準備を
進める必要もあるとはいえ<かなり切羽詰った状況にあるはずだ>、
自衛隊に救援を要請するのは、政府内でもかなり思い切った決断が
要されたのではないかと思う。(@@。

<チョット前まで、救援部隊や医療支援チームがはいるのだって、
工作員が混ざっているんじゃないかって(日本のウヨ同様に?^^;)、
掲示板に書く人がいたようなとこなんだから。>

 以前から書いているように、私にとって、日本と中国の政府&国民
同士の関係が緊密になって行くことは、日本&アジアの平和維持の
ためにも、と~っても嬉しい&有難いことなのだ。(^^♪

 日中関係がよくなればなるほど、中国を敵視&嫌悪したり、いわゆる
中国脅威論を強調したりして、対中国政策のためにも日本の軍事拡大や
米国との軍事一体化による安保政策が必要だとアピールする超保守や
新保守の政治家、識者たちの説得力は乏しくなって来る。(**)

<もちろん、国土を守るという意味では、油断大敵だし、それなりの
備えは必要だけど。少なくとも、彼らが意図するように、中国を大きな
&危険な仮想敵国として強調し、国民に軍備増強を理解、納得させよう
とする目論見は、通用しにくくなるだろう。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
  
 ちなみに、昨日は日本の耐震建築等に関する専門家のチームも被災地
に向って出発。中国側の専門家と共同で被災地を調査して、今後の救援
&復興活動の計画を検討するという報道もあった。<これから仮設住宅
などの設置や建物の復旧も指導、協力も必要になるしね。(・・)>
 それは、ある意味では、すでに報じられているように、四川省内で
耐震性に問題がある建築物が多かったことを、つまりある意味では、
中国の欠陥(恥部のようなもの)をさらすことにもなるわけで。それも
中国の姿勢が大きく変わったことを示すもののように思えた。(・・)
 

 さらに昨日28日には、台湾与党、国民党の呉伯雄主席が、北京の
人民大会堂で、中国共産党の胡錦濤総書記(国家主席)と、49年の
中台分裂以来、政権党同士として初の国共トップ会談を行なったという
報道もあった。
 胡総書記は会談の冒頭「ともに努力して両岸関係の平和的な発展の
促進に努力したい」と中台関係の改善に強い意欲を示したとのこと。
99年から中断している中台対話が9年ぶりに再開することも合意され
早くもその日程が決まったという。

 台湾は、すでに中国に震災救援の人員なども派遣して、さらなる支援
も表明。また中台間の直行航空便の運航拡大や中国人の台湾旅行を全面
的に解禁することで合意される見通しだという記事も出ていた。(**)

* * * * *

 中国と台湾の関係はビミョ~な部分もあり、政府のTOPの考えや、
その時々の状況で、一触即発の状態だと言われるようなこともあるの
だけど。<米国の対応による部分も大きいんだけどね。(-"-)>
 近時は、両国の政府や国民も経済的な関係もあって、柔軟な姿勢に
変わりつつあるし。米国もやや柔軟な対応をしつつあるようで。ここ
から一気に中台関係も良化する可能性があるのではないかと、期待して
しまうところがある。(~~)

<米国が民主党政権に変われば、中国との協調関係を重視するだけに、
さらに日中&中台関係の前進にもいい影響を及ぼすのではないかとも
思う。>

 日本の超保守、新保守勢力は、中国と台湾の問題もかなり強調して、
警戒感や危惧感を持つべき、周辺事態(戦争)に備えるべきだと
アピールし続けているのだけど。中台関係がよくなってしまえば、
それもだんだん説得力を失うことになるだろう。

 というわけで、何とかこのまま、日中関係、中台関係がどんどん
良化&発展して、緊密になって行って欲しいと。
 そして日本の国民の多くが、そんなに中国を敵視したり、反中・対中
政策をあおったりする必要はないのではないかと。「やれ、弾道ミサイ
ルが必要だとか、中国に劣らぬ軍事拡大が必要だ。米国などとの間で、
集団的自衛権の行使を認めることが必要だ・・・とか考える必要はない
んじゃないの?」と思うようになるといいな~と、切に願っているmew
なのだった。(@_@。

p.s.
日本はミャンマーにも医療チームを派遣することになったとか。
自衛隊の活動も含めて、このように武力にかかわらないことで、どん
どん国際貢献の活動を行なうことには、mewは大賛成なのだ。(~~)
 今の法律の範囲でも、その気になれば、十分に色々と国際貢献できる
のだから、自衛隊派遣の恒久法なんて、いらないからね!(**)


                   THANKS

【mewなりにコツコツ多くの人に、日本のアブナイ政治、社会の流れ
を伝えたいと思って、下の2つのランキングに参加しています。
ランキングが上がると、と~っても励みになる&多くの人に読んで
もらいやすくなるので、応援のクリックをよろしくお願いいたします。】


↓ 25位枠の攻防激化。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m

 

そして・・・
らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
 
by mew-run7 | 2008-05-29 15:28 | 政治・社会一般

 最新記事の一覧・・・4月分はコチラ、5月分はコチラ

 何かブログに書きたいこと、伝えたいことが山ほどあるのだけど。
 もともとさしたる能力がない上に、仕事その他が忙しくて、アタマが
ボケボケ+ブログにかけられる時間もあまりないため、うまく記事に
まとめられず、とりあえずキープした資料ばかりが貯まって行って
いる今日この頃・・・。^^;
<記事に書かないうちに、行方知れずになってしまった資料や、書き
かけ下書きも結構あるし。(ノ_-。)>

 もう体裁などは気にせずに<どうせ気にしたって、たいしたことは
できないのだしね>、どんどんアップするようにして行かないとダメ
かな~と。そうしないと永遠にアップする機会を失うことになるもの
も出て来るかな~とも思われ・・・。^^;

 読みにくい&わかりにくいものが多くなるかも知れないのだけど。
ともかくできるだけ、これはと思ったものは、どんどん記事にして
アップして行きたいと思う。(**)
 よろしくお願いいたします。m(__)m
 
* * * * *

 今回は、中国関連のニュースをまとめてお伝えしたい。

 ここ何日かの記事にも書いたのだけど。今回の四川大地震をきっ
かけに、中国の状況が随分変わったように思えることが多い。

 先日、コチラの記事に新華社通信が党宣伝部を批判するようにも
見える記事を載せていたという記事を書いたが・・・。
 ともかく国にとって不都合なことは、国外でも国内でもオモテに
出したがらない中国が、外国からの報道陣が次々と被災地にはいって、
かなり自由に取材することを許しているばかりか、国内のメディア
も検閲されることなしに、りアルタイムでそのままの被害状況を報道
しているようだ。(・o・)

 また、中国は日本の救援部隊の支援を要請したわけだけど。政府
関係者は大きな期待のコメントを寄せ、メディアもとても好意的に
報じている上に、何とネットでも日本を評価し、感謝を示す言葉が
相次いでいるという。(**)
 しかも、中国政府は、日本に次いで、今度は何と台湾の救援部隊
の受け入れも発表した。(゚Д゚)

 さらに中国国内では、負傷者救済のための輸血や、救援物資や
寄付金の提供を申し出る人が絶えず、ボランティアの志願も急増
しているとも報じられている。(・・)
<経済的に困窮している地域で、ふだんは少しでも利益を得ようと
しているタクシー運転手たちが、損を承知で、救援物資や負傷者を
運搬する光景を描いたコチラの記事が、妙に印象に残った。>

 これらについて書かれた記事は、後半部分でご紹介したいと思うが、
私にとっては驚くべきものも少なくなかった。

* * * * *   
 
 もちろん中国側に、全く何も思惑や打算がないとは言えないだろう。

 中国としては、チベット自治区などの暴動鎮圧に対する国際社会の
批判をいかに挽回するかを意識しているだろうし。
 今後、被災地の救済や復興のために、海外からも多くの金銭その他の
支援を受ける必要性があることも考えているだろうし。
 北京五輪の何とか無事に開催するためにも、国内の団結を強めたり、
国外からの支援、協力を得たいところだろうし。
 アレコレの思惑はあるとは思うけど。でも、今までにないような
「変化」が見られるのは、事実である。(**)

 そして、私たちor国際社会が、この変化をどう受け止めるか、それ
らにどう対応して行こうとするかで、これからの中国の姿勢や様々な
流れがかなり大きく、よりよい方向に変わる可能性が高いようにも
思う。日本と中国の関係も、しかりだろう。

 同時に私は、日本側の中国を見る目や中国に対する姿勢も、変えて
行かなければならないと思っている。
 それは、繰り返し書いているように、今後の両国の経済、社会の発展
を考えてもそうだし。日本が平和&平穏な国&生活を維持して行くため
にも不可欠なことだと思うからだ。(・・)

* * * * *

 でも、折角、中国メディアやネットが、日本に対して好意的な声を
寄せているのに、日本のネット界、特に掲示板の世界はヒドイ状態
だという。
 ブログに関しては、少なくとも私が目にするランキング上位のところ
は、多少批判めいた記事はあるものの、かなり節度を守った感じがある。
<1位の「博士の独り言」さんが、13日に早い段階で「四川大地震の
お見舞い」という記事をアップしたことは、大きかったのではないか
と思う。それを見た時には、チョット感謝したい気持ちにさえなった。>

 だが、掲示板の書き込みについては、「きまぐれな日々」さんも
コチラの記事で書いているが。
 先週、知人の学生が「2chは祭り状態ですよ」と言うのをきいて、
ギョッとさせられた。「祭り?」(゚Д゚)
 自然災害による他国、他人の不幸を喜ぶというのは、政治思想云々
以前に、ひとりの人間として、人格的に問題があると言わざるを
得まい。そして、同じ日本人として、怒りや呆れを通り越して、哀し
いやら、嘆かわしいやら、情けないやら、恥ずかしいやら・・・。
 この人たちが、フリー・チベットだとか、人権がどうのとか言って
いるかと思うと、もう何をかいわんやという感じだ。(-"-) 
<しかも、今回の被災地には、チベット&チャン族の自治州も含まれ
ているのに。>

 でも、彼らが「反中っ子」になって、中国を敵視&ターゲットに
して面白半分にアレコレ書くようになったのも、いわゆる超保守主義
や民族主義の思想を持つ政治家、識者、活動家などから何らかの影響
や刷り込みのようなものを受けたことが起因しているわけで。それを
思うと、ますます「・・・(ーー;)」になってしまうところがある。

 このような若者を育てて、反中意識を高めて、それをもとに憲法改正
や軍事増強を進めて、それで彼らの理想とする伝統や品格を重んじる
「美しい国」が作れるというのだろうか?(`´)

 超保守の政治家や識者は、学校の授業で「徳育」がどうたらという前
に、まずは、2chでトンデモないことを書いている若者に、「人と
しての道」を教えて欲しいと思うmewなのだった。(@@。

                       THANKS

 後半部分に、中国に関する報道記事の抜粋をアップするです。

<産経新聞が積極的にこのような報道記事を配信するのは、何故
なんだろう?(・・;)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

☆ 産経新聞16日「異例の内部検閲なし 新華社、災害報道でネット
寄せ付けず」より

『四川大地震では、中国メディアの激烈な報道競争が展開された。国民
への影響力では、地震発生直後から特別番組を組み、現在も24時間の
生放送を続けている国営中央テレビが圧倒的だが、国営通信新華社の
活躍も目覚ましかった。<中略>
 災害報道では、何よりも速報が求められる。通常、官製メディアには、
内部検閲があるが、今回、中央テレビの生中継には、映像も記者のルポ
も検閲なしだった。新華社も13日からは地震報道の検閲はなくし、
速報戦で実力を見せた。・・・従来、党と政府の宣伝機関の官製メディ
アの報道は、国民の信頼を失っていたが、今回の震災は報道のあり方を
問い直すきっかけになるかもしれない。』

『信じられない事態だ。犠牲者が5万人にのぼる恐れもある中国四川
大地震で、外国として初めて日本の国際緊急援助隊が被災地入りしたが、
中国のネットが「ありがとう、日本!」の書き込みであふれたのだ。
チベット問題での国際的孤立から日本重視に移りたい政府。アニメなど
日本文化の大量流入で「親日」の土壌があった民衆。だが、お互いに
それを表明することは「売国奴」を意味し、最大のタブーだった。
それが未曾有の震災によって「反日」の壁が崩れ、歴史が動いた。
 ≪私は日本人が嫌いだった。かつて無数の中国人を殺した。でもそれ
は前の世代のこと。援助隊は人数こそ少ないが私はとても感謝したい。
中日の永遠の友好関係に発展することを望む。日本の友よ、ありがとう≫。
中国のニュースサイトへの書き込みだ。』

『中国メディアは援助隊到着前から「阪神大震災などで豊富な経験があり、
世界最先端の機器を携えやってくる」と大々的に報道。≪ただ、ただ、
感謝している≫≪なんでもっと早く呼ばなかった。彼らの経験はすごい≫
≪ずっと日本に偏見があったが、日本人はいい人だ≫とネットの書き込み
が相次いだ。
 騒ぎには予兆があった。地震直後から中国人の間で「なんで経験豊富な
日本の部隊に派遣を要請しないんだ」という声が出た。日本が5億円の
支援を表明すると「もう歴史なんて言い出すべきじゃない」「未来志向だ」
との意見まで出た。<中略>
 今回の動きは国民意識を固めるため、戦後60年以上、共産党政権が
堅持してきた「反日」放棄の兆しをうかがわせており、富坂氏(ジャー
ナリスト)は「これをどう発展させるかは、日本側にかかっている」と
指摘している。』

* * * * *

☆ 産経新聞17日 『対日感情が好転 国際緊急援助隊の派遣で』
より
『日本の援助隊は17日朝、母子2人の遺体を搬出したが、その際、
整列し黙祷をささげている様子が新華社の電子版などで流された。これ
に対し、普段は反日的な書き込みであふれる憤青(フンチン、愛国主義
青年)の言論サイト「強国論壇」には、「日本人民は非常に礼儀正しい。
日本の救助隊はプロフェッショナルで、規律正しい」「中国人は日本人
の質(人格)を学ぶべきだ」といった賛辞が寄せられた。
 同じく憤青御用達の「中華ネット」でも、日本の援助隊による夜を
徹しての手作業での母子救出劇について「ありがとう!中国人民は彼ら
を絶対忘れない」「以前の嫌悪をすて、ともに“家庭”を作ろう」と
いった感謝の書き込みが集まった。「日本の姑息な手段だ」といった
反日に徹する書き込みもあるが少数派だ。』

『日本側の相次ぐ義援金寄付は現地で大きく報じられており、イン
ターネットに掲載された記事のコメント欄には、日系企業を評価する
書き込みが相次いでいるという。』

* * * * *

☆ 朝日新聞 17日 『地揺れて、仲深まる 中台に「同胞意識」
四川大地震』より

『中国メディアは台湾から義援金を寄せた企業や宗教団体、著名人の
名前と金額を詳細に伝えている。大陸で活動する台湾企業にすれば、
払わざるを得ない雰囲気でもあるが、中国のネット上では「同胞」から
の支援に対して感謝の表明が相次いでいる。
 また、中国側は台湾からの救援隊を乗せたチャーター機の成都直行
を認めた。中国メディアは、隊長が99年の台湾大地震の際に救援の
指揮をとったことがあることや、馬氏との関係が深いことなども含め
好意的に報じている。
 陳主任は「台湾各界は同胞の骨肉の情から義援金や物資を寄せ、
国民党は直ちに共産党中央に見舞いを送った。被災地を代表して心から
感謝する」と表明。「呉主席の大陸訪問は台湾海峡両岸関係の平和的
発展を促す」と述べた。』

* * * * *

☆ 産経新聞16日 『四川大地震の影響で空前の献血・募金ブーム 』
より 

『中国を襲った四川大地震の被災者を救おうと中国各地で空前の献血・
募金ブームが起きている。16日、北京の献血車の前には早朝から献血
希望者がつめかけた。南京では物ごいも募金をしている。拝金主義が
はびこり5年前の新型肺炎(SARS)流行のときは買い占めや便乗
値上げなども起きた自己中心的な中国人のイメージは大震災を契機に
変わろうとしているのか。』

『献血の受付をすませた陳艶さん(21)は午前5時に起きて郊外から
バスに乗ってきた。「昨日も来たのだけれど、時間が遅すぎて献血でき
なかったから、今日は絶対に、と思ってきた。インターネット募金も
100元(1元は約15円)したわ」。大学を卒業後も仕事が見つから
ずに無収入でいる陳さんだが、「私より被災者の方が大変だから」と
いう。』
『募金熱もすごい。携帯電話の1、2元の募金やインターネット銀行を
通じた募金がはやりだが、企業や学校でも当たり前のように募金箱が
置かれている。ある国営出版社のオフィスでは13日朝、社員有志から
募金をしたいとの申し出があった。編集長(45)は「みんな給料の
10分の1くらいの募金をしている。いくら文明や経済が発展しても
自然の力の前では人間は非力。だから助け合わねばならないと痛感する。
人生観が変わった」と語る。』


* * * * *

【mewなりにコツコツ多くの人に、日本のアブナイ政治、社会の流れ
を伝えたいと思って、下の2つのランキングに参加しています。
ランキングが上がると、と~っても励みになる&多くの人に読んで
もらいやすくなるので、応援のクリックをよろしくお願いいたします。】


↓ 25位枠の攻防激化。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m

 

そして・・・
らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
by mew-run7 | 2008-05-18 05:46 | 東アジア、北朝鮮問題