日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

タグ:東京大賞典 ( 6 ) タグの人気記事

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



【昨日29日、大井競馬で行われた東京大賞典は、3番人気のサウンドトゥルー(セン5)with大野が優勝。(*^^)v祝 3位にmewの応援馬・9歳馬のワンダーアキュートwith和田がはいった。(mewの中では、和田はクーリンガーに続く快挙。(^^)b)

最近好調のコパノリッキーwith有馬に乗れなかった意地で頑張りそうなユタカと、今年後半のGIは思いがけず、2~3着続きで巻き返しを狙うホッコータルマエwith幸の一騎打ちかと思われていたのだけど・・・。
 リベンジをはからんとする幸は、果敢にタルマエを2番手につけて、逃げるリッキーを突っつく作戦を展開。速いペースで行かされたリッキーは(しかも、手前を一度も変えなかったようで)最後にバテてしまい失速したため、これでタルマエが勝ったかと思いきや・・・序盤はペースについて行けず中盤にいたトゥルーが、最後に36秒台の脚で追い込んで来て優勝をさらって行ったです。(@@)
 来年からは三つ巴になるのか? それともこれからピークを迎えるであろうトゥルーが、上に行くのか?

 尚、昨日の東京大賞典の売上金は27億4963万900円に上り、地方競馬の1レースあたりの最多売上金記録を更新。1日あたりの売上金総額も48億5144万4950円で、こちらも地方競馬では最多を記録した。(*^^)v
 入場者は3万人チョイで。昔を思うと「もう少しはいってくれた方が、盛り上がるんだけどな~」と感じてしまったりもするのだが。最近は、ばんえい競馬も含め、地方競馬でもネット売り上げが占める率がどんどん増えていて。今後もその傾向が続くのではないかと察する。(皆様も是非、
SPAT4や楽天競馬にご加入を。)

 地方競馬は、大晦日も元日も休みなくやっていますが。とりあえず、今年1年、有難うございました。そして、来年もまたよろしくお願いします。m(__)m 久々に勝手に地方競馬広報係のmewでした。"^_^"】

* * * * *

 でもって、昨日の『慰安婦合意で安倍の変心、裏切りに唖然+リテラが選ぶ安倍のトンデモ発言10~6位』のつづきを・・・。

<ちなみにmewも1位に選ばれた「我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」が、政治家、首相として一番アブナイ(&おバXさを示す)発言だったと思う。(`´)
 関連記事・『安倍が「わたしは総理大臣だから」とゴーマン発言&党首討論では質問に答えず』>
 
* * * * *

年末特別企画 リテラの2015年振り返り

え、総理がこんなこといっていいの? 安倍首相「今年のトンデモ発言」ランキング(後編)5位?1位 (編集部 2015.12.27)

 嘘にごまかし、話のすり替え、開き直りに逆ギレ……今年2015年の安倍首相のトンデモ発言を振り返るこの企画。前編につづき、後編として5位から1位を発表していこう。
 総理大臣がこんなこと言っていていいの?と目を覆いたくなるような発言の連続だが、これが現実。この1年の“事件”を忘れないためにも、ぜひ胸に刻みつけてほしい。

★5位

「『安倍は生意気なヤツだから今度殴ってやる』と言う不良が来て、いきなり前を歩くアソウさんに殴りかかった。私もアソウさんを守る。これは今度の法制でできる」

(7月7日、ニコニコ生放送『安倍さんがわかりやすくお答えします!平和安全法制のナゼ?ナニ?ドウシテ?』で)

 もう何を言っているのか、何を言いたいのかさっぱりわからない。安倍首相は安保法制を「ていねいに説明する」と何度も繰り返したものの、口から出てきたのはこの通り、無茶苦茶なたとえ話ばかりだった。
 なかでも国民が呆れかえったのは、フジテレビのニュース番組生出演時に披露した「アメリカの火事」というたとえ話だった。安倍首相は得意満面で“総理肝入り”の模型までスタジオに持ち込んだが、それを使って展開したのは、こんな話だった。

「アメリカの家が燃えて、横にある離れにも火が燃え移っても、日本は何もしない。でも、離れの火がぎゅーときて、日本の家が燃えたら日本の消防士がはじめて出てくるけど、これからは風向きでアメリカの離れの火が日本の家まで来そうなら、日本の消防士は道の上から離れの消火活動ができる。でも、アメリカの家までは行かない」
 アメリカの家の離れ? 家までは行かず道の上? 言っている意味がわからないだけでなく炎の模型がグロテスクな生肉にしか見えなかったことから、結局、ネット上では「生肉総理」と揶揄されてしまった。

 国民がなぜ安保法制に不安を感じていたかといえば、アメリカの戦争に巻きこまれるのでは?という心配があったからだ。しかし、安倍首相は「そんなことはない」の一点張り。そして戦争の危険を、ケンカや火事などにたとえて矮小化しようとした。よくこれで「国民にていねいに説明する」などと言ってのけたものだ。
 だが、本人は国民の不安の声などまるっきり無視。「私もていねいに説明して(国民の)理解が進んできたと思う」(7月13日、自民党役員会)と自画自賛さえしてみせた。はっきり言って、国民をバカにしているとしか思えない。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



★4位

「私の考え方をそこで述べることは言論の自由だ」

(3月3日、衆院予算委員会で)

 昨年末の衆院解散の当日に『NEWS23』(TBS)に生出演し、VTRの街頭インタビューに対して「これ、問題だ」と文句をつけた安倍首相。その後、自民党は在京キー局各社に「報道圧力」文書を送りつけたが、この『NEWS23』での発言を国会で問われた際、安倍首相はなんと「私の言論の自由」と言いつのったのだ。
 しかも信じられないのは、再度、国会で民主党・細野豪志議員から“為政者が番組への圧力を言論の自由と主張するのは人権の侵害だ”と反発を受けたときの返答だ。安倍首相はニヤニヤと笑いながら、ひと言「圧力と考える人なんて、私、世の中にいないと思いますよ」。さらに得意げにこう畳みかけた。
「番組の人たちは、それぐらいで萎縮してしまう。そんな人たちなんですか? 情けないですね、それは。極めて情けない」
 圧力をかけている張本人が何を言うか、と思うが、さらに安倍首相はこうも言った。
「その後も私はテレビに出たときに、あのときのことを例として挙げられ、私は当該テレビのアナウンサーから非難された。それは当然非難してもいいですよ。当然、報道の自由ですし、言論の自由」

 この「当該アナウンサー」とは、現在、降板の危機にさらされている膳場貴子キャスターのことだ。本サイトでは何度も伝えているように、膳場キャスターの降板の裏には安倍政権からの強い圧力の存在があるといわれている。「報道の自由、言論の自由」と言いながらやっていることは真逆、報道の自由を踏みにじるあるまじき行為なのだ。つまり安倍首相は、「オレの言論の自由こそが最優先で守られるべき」と考えているのだろう。
 悪寒が走る話だが、現実はこの安倍思考のまま着実に動いている。現に先日、安倍首相に目の敵にされてきた古舘伊知郎が『報道ステーション』(テレビ朝日)から降板することを発表した。いよいよ「言論の自由」は、この男に独り占めされてしまうのかもしれない。

 ★3位

「政治家は歴史に対して、謙虚でなければならない、というのが、私の信念であります」

(9月11日、ネット番組『櫻LIVE』生出演時に)

 北関東への記録的洪水が起こり多数の不明者の安否が気遣われていた夜、なんと安倍首相は自身の応援団である櫻井よしこと日本会議会長・田久保忠衛が出演するネット番組に生出演。そのなかで飛び出したのが、この発言だ。
 この非常事態に、呑気に信念を語っている場合か、とツッコまずにいられなかったが、いや、そのまえに「歴史に謙虚」って、それあなたが言う?と大きな疑問が湧いた。歴史を蹂躙しつづけているあなたが?と。

 たとえば、今年3月に掲載されたワシントン・ポストのインタビューで、従軍慰安婦を「人身売買(Human Trafficking)の犠牲者」と表現。英語ではHuman Traffickingと強制連行を想起させておきながら、国内向けの説明では軍の関与や強制性の意味はないと二枚舌ですり抜けようとしている。現在、安倍首相は「慰安婦問題の早期妥結を」などと言っているが、このような歴史を直視しない態度では、被害を受けた女性たちも納得できるはずもない。

 さらに醜いのは、今年70年目を迎えた広島の平和式典で、ついに安倍首相は「非核三原則」にふれなかった。これには批判が起こり長崎ではスピーチに盛り込んだが、広島で言葉にしなかったことも「私が判断をした」と言っている。これは過去の反省から生まれた教訓を無碍にする行為であり、核武装への布石と見られてもおかしくはない。

 極めつきは、戦後70年談話だろう。「植民地支配」「侵略」「お詫び」という文言は入れたものの過去の談話を紹介しただけで、結局、安倍首相本人は何も「お詫び」しない文章だった。そして、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」といい、子どもを主語にしながらも“オレ、戦争かかわってないし”と開き直るかのような姿勢を見せた。はたして、これが「歴史に謙虚」と言えるものなのだろうか。
 こうした安倍思想は、いまや自民党の安倍チルドレンたちも継承。世界記憶遺産の騒動でも如実になったように、アジアへの侵略や戦時性暴力、虐殺といった事実をことごとく否定しにかかるという散々たる現状だ。これを「謙虚」なんて言ったら、国際社会から失笑を買うことは必至である。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



★2位

「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」

(3月20日、参院予算委員会で)

。言わずもがな自衛隊は軍隊とは認められていないし、軍の保持は憲法に反する。だが、どうやらこの人の頭のなかでは、すでに自衛隊は「我が軍」であるらしい。しかも「我が国の軍」ですらなく「我が軍」って。
 こうしたトンデモな発想は、どこから生まれてくるのか。そのヒントとなるのが、今年2月に行った施政方針演説だ。このなかで安倍首相は「経済再生」や「復興」「女性の活躍」などの改革断行を述べていたが、突然、明治時代の欧米列強について語りはじめ、勇ましくこう宣言しはじめたのだ。
「明治の日本人にできて、いまの日本人にできないわけはありません。いまこそ、国民とともにこの道を前に向かって再び歩みだすときです。みなさん! 『戦後以来の大改革』に力強く踏み出そうではありませんか!」

 ……改革のたとえ話をするのなら戦後復興でもいいはずなのに、なぜか大幅にタイムスリップして明治。だが、司馬史観に染まった安倍首相のなかでは、侵略戦争を繰り返し多大な犠牲を生んだ明治の「大日本帝国」こそが目指すべき国のかたちなのだろう。だからこそ、あれだけ「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録をゴリ押しし(詳しくは過去記事)、「我が軍」などという現行憲法を無視した発言が出てくるのだ。

 しかも背筋が凍るのは、ついに先日、安倍首相自らが旗振り役となり「日本の近現代史を検証する」という勉強会「歴史を学び未来を考える本部」をスタートさせたことだ。当初は、安倍首相以上にファナティックな戦前回帰思想の持ち主である稲田朋美・自民党政調会長が〈極東国際軍事裁判(東京裁判)の評価を含めて歴史を検証する党機関の設立〉(毎日新聞より)を目指していたというが、これは安倍首相の意向を十二分に汲み取ったものだろう。
 それにしても、この勉強会は一体、安倍政権でどんな役割を担っていくというのか。考えるだけで戦慄が走るが、本サイトでは会の動きを来年も注視していくつもりだ。

★1位

「我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」

(7月15日、衆院特別委員会で)

 堂々の1位は、やはりこれしかないだろう。権力を握った人間の強烈すぎる思い上がりが、ここまで見事に表現されている言葉は歴史を見わたしてもそうそうないはずだ。この「私は総理大臣なんですから」という一言で、わたしたちはこの国がどのような状態にあるのかを知ることができる。そう、総理大臣の意のままに法律がつくられ、疑義が呈されても聞く耳をもつつもりはない、とはっきり国民は突きつけられているのだ。これは安倍首相による明確な「独裁者」宣言である。
 明治への憧れと戦前回帰思想が裏付けるように、この人には日本の戦後民主主義に則るという考えはさらさらない。この発言といい、安保法制の強行採決にいたる過程を見ていると、「選挙によって信任したのはアンタたち国民なんだから、オレのやることには黙ってろよ」と言わんばかりだった。

 しかも、今年の世相を象徴する漢字1文字に「安」が選ばれると、「『安』を倍増すると安倍になる」などとウキウキ気分丸出しで言い出す始末。今年、あれだけ国民から批判の声があがったことを、ほんとうにこの人は忘れようとしている、いや、もうなかったことにしているのだ。来年の参院選も、もはや心中では大勝利、思考はすでに憲法改正に移っているのだろう。
 ちなみに本人は、「なんとか頑張って2018年までいけば」などと“あと3年は総理大臣でいたい発言”までぶっている。……もう、勘弁してよ!

 年の瀬にはイヤなことは全部忘れて新年を迎えたいもの。だが、この総理大臣こそがそうはさせてくれない。来年こそはこの暴走を食い止め、「安倍首相退陣祝いランキング」をお届けできたらと願うばかりだ。』


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)

人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2015-12-30 11:00 | (再び)安倍政権について | Trackback(1) | Comments(0)
頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日は大井競馬場で東京大賞典が行なわれて、ホッコータルマエwith幸が、圧勝で2連覇を達成。(*^^)v祝 
 2着に今年大躍進したコパ家の稼ぎ頭・コパノリッキーが。そして、3着に船橋のサミットストーン、4着に大井のハッピースプリントと、何と南関の馬が2頭、JRAの他の実績馬を押しのけて掲示板に乗ったです。<mewの馬券にも大きく貢献。(^^♪>

 ただ、大賞典前日に有馬記念があった&朝から雨が降っていたため、売り上げは20%減、入場者数は何と半減したとのことで、それが残念だったですぅ。 (ノ_-。) (まあ、去年が有馬から1週間、期間が空いていて、売り上げが過去最高ってこともあるんだけどさ。東京はずっと晴れてたのに、よりによって大賞典の火だけ、雨が降るなんて。(>_<))

 南関競馬を含め、地方競馬は大晦日も元旦も休みなく開催しているので、競馬ファンの方は、是非、参戦して下さいませ。(お近くor旅先に開催競馬場がある方は、足を運んでみてくださいね。)・・・以上、久々に、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(^^♪

【フィギュアに関しては、書きたいことがたくさんあり過ぎbut時間がなさ過ぎで、なかなか書けずにいるのだけど。本当に努力を重ねて、今のポジション、キャラ、注目度を得た町田樹くんには、心からおつかれさまと言いたい。そして復活した小塚くんのフリーには、滑ってる最中からうるうる。さすがだった羽生くんは、病院でしっかり検査&ゆっくり休んで、体調をととのえて欲しいです。村上カナちゃんの演技全体はよくなっているので、神経質になり過ぎない程度に意識して、しっかり回ろう! そしてジュニア勢の今後に期待しているです。(個人的には草太ファン)o(^-^)o】 

* * * * *

 mewは、今日の夜、ようやく仕事納めに。<皆様にも一年間、おつかれさま!m(__)m 年末年始もお仕事がある人はガンバです。 o(^-^)o>

 安倍首相は昨日29日からお休みにはいったとのこと。今年も1週間、ホテルでゆっくりと過ごす計画だという。(・・)

 ところで、mewは、今月14日の衆院選投票日の夜に、自民党の開票センターにやって来た安倍首相の表情をTVで見ていて、さほど結果に満足していないように感じたと。
(関連記事・『自民圧勝も、安倍の野望はかなわず。民主潰しによる改憲推進を阻止して、早期退陣を迫ろう】)

 また、安倍首相をヨイショしてくれない一部のTV局の選挙特番のキャスター(ZEROの村上、テレ東の池上彰とか)の質問に対して、イアホンを耳から外して、相手の批判的な意見をきかないようにしたり、早口で反論をまくし立てたりしていたという話を書いたのだけど・・・。
(関連記事・『最低投票率も安倍陣営の戦略&メディアの責任も大+支持者以外の声をきく気がない安倍』『安倍の国政、ここにあり~批判や疑問にはきく耳持たず。自分の主張を一方的に通す。』 

 さらには、安倍陣営が、民主党の保守化を阻むリベラル派の海江田代表、枝野幹事長、菅元首相らを落選させることをもくろんで、選挙運動を展開していたという話もアップしたのだけど。
(関連記事・『安倍陣営が民主党潰し、海江田・枝野・菅潰しに動く&サヨク排除と保守二大政党制を目指す安倍』)

 実際のところ、安倍首相は、選挙結果にご不満の様子で、開票センターでも声を荒げる場面があったという。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 日刊サイゾーがこんな記事を出していた。

『ZERO×選挙』で“ブチ切れ”の安倍晋三首相、生放送後さらにヒートアップ「枝野は落ちないじゃないか!」

 12月14日に投開票が行われた衆院選の選挙特番『ZERO×選挙』(日本テレビ系)で、村尾信尚キャスターに“ブチ切れ”たことが話題となっている安倍晋三首相。現役の総理が生放送で怒りをあらわにするという異例の事態に、一部では、自民党側によるテレビ放送用の演出ではないか、ともささやかれていた。

 だが、生放送への出演終了後、現場には安倍首相のこんな怒号が響きわたっていたという。

「300に届かないじゃないか。話が違っているのは、どういうことだ!」
「沖縄は2つ取れるはずじゃなかったのか!」
「枝野(埼玉5区、民主党の枝野幸男幹事長)は落ちないじゃないか! どうなっているんだ!」

 その場にいたという自民党関係者が明かす。

「選挙を取り仕切っていた茂木敏充選対委員長をはじめ、党幹部にすごい剣幕で怒鳴っていました」

 マスコミの目が届かない舞台裏でのやりとりに、周囲の人間は凍りついたという。その理由を、別の自民党関係者はこう解説する。

「解散前、茂木氏は300議席超えに自信をのぞかせていたそうです。憲法改正が悲願である安倍首相は、その言葉を信じ、自民党が300議席を超えれば、次世代の党、民主党の右派、無所属議員らで3分の2を超えると皮算用していたようです。そうなれば、公明党の存在は軽くなり、彼らが自民党にすり寄ってくれば“憲法改正の踏み絵”を踏ませられる。それが、終わってみれば次世代の党は崩壊寸前となり、公明党と共産党が議席を伸ばしただけ。怒りがピークに達し、当たり散らしたのです」

 とはいえ、沖縄に関していえば、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を抱える中、先の県知事選・那覇市長選の両方を落とした最重点地区であるにもかかわらず、安倍首相は一度も応援に入ることがなかった。

 自民党沖縄県連関係者の中には「結局、怖くて沖縄入りできなかったんじゃないか」と、安倍首相に厳しい視線を向ける者も決して少なくないという。与党も到底、“一枚岩”とはいかないようだ。(日刊サイゾー14年12月20日)』

* * * * * 

 実は、選挙のあった週に書いた総選挙に関する原稿メモが消えてしまったので (ノ_-。)、また新年にはいってからゆっくり書きたいと思うのだけど。

 安倍首相の最大の目標は、自分の手で「憲法改正」を実現して、日本の戦後体制を破壊(戦後レジームからの脱却)する大きな一歩を達成することになるわけで。<実際は、とりあえず景気回復で政権維持、そして憲法改正、この道しかない」なんだよね。>

 それゆえ、安倍首相は、野党の選挙準備が調っていないうちに解散総選挙を行なうことで、自民党&保守系政党の議席を伸ばして、衆院での改憲勢力を固めるつもりでいたのだが。思ったほどの数字がとれず。
 しかも、安倍氏と昔からずっと超保守活動を行なって来た仲間たちが集う&安倍第二党と呼んでも過言ではない「次世代の党」が惨敗したことは、安倍首相にとって大きなショックだったのではないかと察する。(~_~;)

* * * * *

 う・・・急に外出する用事ができてしまったので、中途半端&短いながらも、この記事はここで終わりにしたいのだが。

 この記事を見ても、安倍首相の思惑通りにコトが進んでいないことがわかるわけで。今後、安倍体制打倒のチャンスは十分にあるのではないかとmewなのだった。(@@)

                         THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-12-30 14:19 | (再び)安倍政権について | Trackback

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】
 

 はじめに東京大賞典とフジノウェーブの話を。(いつもより長めなので、関心のない方はすっ飛ばして下さい。)

昨日は大井競馬場で東京大賞典が行なわれ、ホッコータルマエwith幸英明が優勝した。(*^^)v祝

 昨日は直線でギアチェンジしてから、上がり36.0の末脚できっちりと前を行く馬をとらえ、力でねじ伏せ、JCダート3着の悔しさを晴らした。
 今年のプレゼンターはTCK(大井)のCMを務める香里奈だったのだけど。イケメン&騎手としては長身の幸は、香里奈並んでも、めっちゃサマになっていたです。(コチラ
 
 ワンダーアキュートwithユタカが、先に抜け出して勝ちに行ったものの、タルマエに交わされて、GI7度目の2着に。(大賞典は、2.3.2位)来年は8歳になるけど、現役続行で頑張る予定。
 Nピロアワーズが3着にはいり、1.2.3番人気で、三連複1.6倍、三連単5.6倍の恐ろしく固い決着になった。^^;

 昨年の覇者&才能バツグンも気性面がイマイチで、なかなか安定した走りができないローマンレジェンド(with岩田)は、昨日もゲートで暴れた上に出遅れて6着どまり。 
 今回、初挑戦となった3歳馬サトノプリンシパル(with北村宏)が果敢に逃げたのだが。直線で3頭に交わされても4着に残り、そこそこ力があるところを見せた。

 地方&南関勢では、カキツバタロイヤルwith大賞典初騎乗となる本田正重が、直線で懸命に追い込んでRレジェンドを交わし、5着に入賞。本田くんは、mewがデビューからずっと応援している騎手なのだけど。今年10月には初めて重賞(平和賞)も制覇しており、来年はさらなる飛躍を期待したい。(^^♪

<10年7月にカキツバタロイヤルに騎乗し、サンタアニタで優勝し、人馬ともに重賞初制覇となった本多正賢騎手のことを思い出していたです。(この日、現地で大拍手を送っていたのよね。)本多は、翌年、落馬で意識不明の重体となり現在も療養中。どうか1日も早い回復をと願っているです。>

* * * * *

 そして、昨日は、おかげさまで、7年ぶりに東京大賞典の売り上げ&1日の売り上げで、地方競馬の新記録を達成。(*^^)v祝 (*1)
 お天気にも恵まれて、入場者も昨年より増えて4万人を超え、と~っても盛り上がった大賞典デ~になった。"^_^"

<JRAが早く終わると、大賞典の売り上げ&入場者がアップすることに。(・・) 昔はJRAは年末年始の地方競馬に配慮して24日以降は開催しないという合意があったのだけど。それが28日以降に変わってからは、7年に1度、ビッグ・チャンスが訪れるのよね。>

 大井競馬場に来場して下さった方々、参戦して下さった方々、有難うございます。m(__)m 

 そして、年末年始の地方競馬参戦も、よろしくお願いいたします。m(__)m 

<昨日は、ばんえいで軽量スプリント・地吹雪賞が。軽々と山を越え、ほとんど最後まで走っていたオイドンは、早すぎ&強過ぎ。(@@)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 実は、今年の東京大賞典で最も楽しみにしていたのは、mewの敬愛馬フジノウェーブが誘導馬デビューすることだった。(・・)

 フジノウェーブは、04年9月に笠松でデビューし、05年10月から大井に転入。3歳の秋からずっと大井で走っていて、C→B→Aクラスと上がって行くのをずっと見て来ただけに、思い入れが強いし。(途中で10連勝して大注目されたです。)
 07年、5歳の時にはJBCスプリントでは御神本騎手を背に、JRA勢を下して優勝した時には、大興奮&大感動させてもらって。(もちろん現地で大絶叫!?(@@))

 大井重賞の東京スプリング盃では、10年(8歳)から13年(11歳)まで、59kgの斤量を背負いながら4年連続で優勝して、南関ファンに大きな感動と勇気を与えてくれた、まさにヒーローと言えるような馬だったのだ。<しかも、年を経るごとに、どんどん白くなって、神の馬みたいに見えたのよね。"^_^">

 たぶんこのブログでも、最も多くの回数、取り上げた馬だったのではないかと思うです。(++) 
 でも、3月のレース後に剥離骨折、種子骨靭帯炎が判明して、引退することに。大井の誘導馬になることに決まって、東京大賞典でのデビューを目指して準備を進めていたのだけど・・・。
 今年10月23日、去勢手術を受けた際に、事故が起きて(麻酔が覚めないうちに立ち上がろうとして転倒し、骨折。予後不良になったとか)、他界してしまったのである。(ノ_-。)

 もうこのニュースを知った時は、あまりにもショックが大きくて。しばらくは、ウェーブのレース映像を見ては、涙ぐむ日々を送っていたりして。立ち直るのに時間がかかってしまったのだけど。
<ショックが大き過ぎて、ブログにも書けなかったほど。忙しかったこともあるけど、それ以来、大井にも行っておらず。大賞典もどうしようか迷っていたです。> 
 
 フジノウェーブには、本当にたくさんの感動と喜びと勇気をくれて有難うと、心から感謝したいし。天国で楽しく軽やかに走り続けて欲しいと祈っている。
 また、どの馬も無事に元気に走れるように。そして、いつかウェーブのように、スプリントGIで勝てるような馬がまた大井や地方競馬から出るように、一緒に見守っていて欲しいと願っているです。(ー人-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 前記事『非民主的&無責任な辺野古の埋め立て承認but民意の力で抵抗を!』の関連記事を・・・。

 沖縄県が27日に、辺野古の海の埋め立て許可を出したことから、政府(防衛省)は早速、年明けから工事着工に向けて最初のステップとなる現地調査を開始するという。(-"-)

『普天間基地の移設で、沖縄県の仲井真知事が名護市辺野古の埋め立てを承認したことを受けて、政府は、年明けから移設先の辺野古での工事に向けた作業に着手します。防衛省は、今後、地質についてのボーリング調査や代替施設の設計のため業者との契約などを進める方針です。

 当面は、およそ1年間かけて調査や設計を進めたうえで、1年後をめどに建設工事を開始したい構えですが、名護市内での妨害工作も予想され、予定通りに進むかは流動的です。(TBS13年12月28日)』

* * * * *

 ただ、移設反対派の市民の反発が強い上、他県から反対派の団体や市民運動家なども集まりつつあるようで。現地では、調査や埋め立てに抵抗する活動が激化するのではないかと予想されている。(・・)

 これに対して、1日も早く移設工事を進めたい安倍政権下の政府は、刑事特別法を適用し、海保も導入して、強権発動による実力行使で反対派の活動を封じる方針を決めたという。(@@)

『政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設について、辺野古での代替施設建設に対する妨害を排除するため、米軍施設・区域への侵入を禁じる「刑事特別法」を適用する方針を固めた。建設場所のキャンプ・シュワブ沿岸部は立ち入り制限海域で、同法の適用が可能だ。海上保安庁と沖縄県警を積極投入して妨害を厳正に取り締まる。

 政府は、今年度中に代替施設の設計で民間業者と契約する。設計は通常1年かかり、その間、辺野古のシュワブ沿岸部で海底地盤の強度などを調べるボーリング調査も業者が実施。その後、5年かけて埋め立てる。

 平成18年にシュワブ沿岸部に2本の滑走路をV字形に建設する計画で日米合意したのは、反対派の妨害を排除する狙いもあった。14年に決定した辺野古の沖合に滑走路1本を建設する移設計画のボーリング調査が、過激な妨害を受け頓挫したことを教訓にした。

 来年度から実施するボーリング調査でも反対派がボートやカヌーで近づき、妨害する恐れが強い。ただ、14年決定の移設計画と異なり、米軍の排他的使用のため常時制限されるシュワブ周辺海域から作業を進めていくため、海域に侵入した時点で刑事特別法の適用で即座に検挙できる。

 「反対派の活動に威力業務妨害罪は適用しにくい」(防衛省幹部)と指摘される点も、刑事特別法の適用でカバーできる。

 妨害の監視と摘発のため、海保の巡視艇を周辺海域に常時配備する。陸上部分でも座り込みで工事車両の通行を妨げる行為が予想されるが、政府は沖縄県警に道路交通法の適用で積極的に摘発させる方針だ。

 刑事特別法の適用例としては今年9月、普天間飛行場に無許可で侵入した男を宜野湾署が逮捕している。(産経新聞13年12月29日)』

* * * * *

 安倍首相が秘密保護法案の強行採決させたことや辺野古移設を実現させるために強行手段を用いたのを見て、mew周辺では、「まさに、岸ジュニアだな~」という声が出ていたのだけど。
 
 上の記事を見て、mewは、思わず安倍晋三氏の祖父である岸信介元首相が、60年安保闘争の時に、国会で安保条約を批准するために、学生デモを含め反対派を押さえつけたあり排除したりするために実力行使に出て、ついには自衛隊まで出動させようとした話を・・・。
 また、安倍内閣が前政権時の07年に、辺野古移設に反対する住民の活動を抑えつけるために、辺野古の海の近くまで海上自衛隊の艦船を差し向けたことを思い出してしまったです。(@@)

* * * * *

 岸内閣は、国民の意思などそっちのけで、米国側と安保改定を協議して、1960年1月に新安保条約を締結。<この時、岸元首相は、できるだけ早く憲法改正、日本の軍隊復活(再軍備)を実現することをアタマに置いて、交渉を行なっていた。>
 そして、5月に有形力を行使する形で衆院の委員会で強行採決し、本会議で可決したことから、安保反対運動がエスカレートすることになったのだ。

『委員会採決では、自民党は座り込みをする社会党議員を排除するため、右翼などから屈強な青年達を公設秘書として動員し、警官隊と共に社会党議員を追い出しての採決であった。これは、6月19日に予定されていたアイゼンハワー大統領訪日までに自然成立させようと採決を急いだものであった。(wikipedia「安保闘争」より)』

『本会議では社会党・民社党議員は欠席し、自民党からも強行採決への抗議として石橋湛山、河野一郎、松村謙三、三木武夫らが欠席、あるいは棄権した。』

<昔は後述する赤城元防衛長官自民党にもバランスのとれた&気骨のある政治家が結構いたのにな~。いまや、国民よりも暴君宰相の安倍氏の顔色ばかり見て、何も言えない人ばかり。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『その結果、「民主主義の破壊である」として一般市民の間にも反対の運動が高まり、国会議事堂の周囲をデモ隊が連日取り囲み、闘争も次第に激化の一途をたどる。反安保闘争は次第に反政府・反米闘争の色合いを濃くしていった。
 これに対して岸信介は、警察と右翼の支援団体だけではデモ隊を抑えられないと判断し、児玉誉士夫を頼り、自民党内の「アイク歓迎実行委員会」委員長の橋本登美三郎を使者に立て、暗黒街の親分衆の会合に派遣。松葉会会長・藤田卯一郎、錦政会会長稲川角二、住吉会会長磧上義光、「新宿マーケット」のリーダーで関東尾津組組長・尾津喜之助ら全員がデモ隊を抑えるために手を貸すことに合意した。

『さらに、右翼とヤクザで構成された全日本愛国者団体会議、戦時中の超国家主義者もいる日本郷友会、岸自身が1958年に組織し木村篤太郎が率いる新日本協議会、以上3つの右翼連合組織にも行動部隊になるよう要請した。当時の「ファー・イースタン・エコノミック・レビュー」には「博徒、暴力団、恐喝屋、テキヤ、暗黒街のリーダー達を説得し、アイゼンハワーの安全を守るため『効果的な反対勢力』を組織した。最終計画によると1万8000人の博徒、1万人のテキヤ、1万人の旧軍人と右翼宗教団体会員の動員が必要であった。岸は創価学会にも協力を依頼したが、これは断られたという。彼らは政府提供のヘリコプター、小型機、トラック、車両、食料、司令部や救急隊の支援を受け、さらに約8億円(約230万ドル)の『活動資金』が支給されていた」と書かれている。

 岸は、「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には『声なき声』(サイレント・マジョリティの意)が聞こえる」と語った。』

<安倍首相も、ネトウヨからfacebookに「いいね!」をたくさんもらうたびに、私には真の日本国民の「声なき声」がきこえると、カン違いしちゃっているのかも。(>_<)>

* * * * *

『6月15日には、ヤクザと右翼団体がデモ隊を襲撃して多くの重傷者を出し、機動隊が国会議事堂正門前で大規模にデモ隊と衝突し、デモに参加していた東京大学学生の樺美智子が圧死。中継をしていたラジオ関東の島碩弥も警棒で殴られ負傷する。国会前でのデモ活動に参加した人は主催者発表で計33万人、警視庁発表で約13万人という規模にまで膨れ上がった。

 このように激しい抗議運動が続く中、岸は15日と18日に、防衛庁長官赤城宗徳に対して陸上自衛隊の治安出動を要請した。東京近辺の各駐屯地では出動準備態勢が敷かれたが、国家公安委員会委員長石原幹市郎が反対し、赤城も出動要請を拒否したため、「自衛隊初の治安維持出動」は回避された。』

* * * * *

 天木直人氏が、2007年05月12日のブログに、この自衛隊出動に関する話を書いているのだが。

 天木氏が、この話を思い出したのは、07年5月に安倍内閣が辺野古の海に海上自衛隊を出動させたというニュースを見てのことだった。

 当時、辺野古ではV字滑走路の建設が決まったことを受けて、環境調査が行なわれることに。しかし、移設反対派の市民が、座り込みや監視活動を展開し、調査の中止を政府に強く求めていた上、ボートなどで海に出て調査を妨害する計画をしていたとのこと。
 そこで、当時の久間防衛大臣が、調査団の護衛という名目で、横須賀港から辺野古に向けて掃海母艦を出したのである。(-_-;)
 
『このニュースを知って、すぐに私の頭に浮かんだのは、最近読んだ保阪正康著の「60年安保闘争の真実」(中央文庫)の次のくだりである。多くの犠牲者を出して強行採決された改定安保条約は、6月19日午前零時をもって自然成立するのであるが、その前から騒乱が起こっており、岸首相はおそれていた。そういう背景での歴史的エピソードである。

  ・・・午前零時が近づくと、岸は蒼白になってふるえだした。不安になったのか、しきりに自衛隊を出動させろと迫った。自衛隊の一部は市ヶ谷に待機していると報告されているが、もっと近くに置けないかと催促したりした。防衛庁長官の赤城宗徳が強硬に反対し、自衛隊出動は見送られた・・・赤城は「自衛隊を出動させることは国民の血を流すことです。同胞を撃つ事はできません」と断固はねつけた。そのうえで、「もしどうしても自衛隊を出動させるというなら、私を罷免してからにしなさい」と岸につめよったという。それで岸はあきらめたとされている・・・(もしあのとき)自衛隊が出動して鎮圧することになっていたら、それ以後の自衛隊は国民の共鳴、共感を受ける事なく、憎しみの対象として存在する事になったはずだ。同時に、日本に、自衛隊のような軍事組織が存続しえたか否か、疑問である。なぜなら自衛隊は首相の私兵であり、国民に銃を向ける組織である、との理解が根付いてしまったに違いないからだ。この点で、私は赤城防衛庁長官こそ戦後日本の危機を救った政治家だと思う・・・』

* * * * *

 安倍首相は、オバマ大統領と勝手に決めて来た約束を守るためにも、靖国参拝で失った米国政府からの信頼を回復して沖縄の対中軍事拠点化を推進するためにも、辺野古移設の早期実現に向けて、これまで以上に強行な手段を用いて来る可能性が大きい。(-"-)

 しかも、安倍首相&仲間たちや、石破幹事長などは、自分たちの考え(自分たちが国益だと思い込んでいること)に反するような活動をする人たちは、ウヨのいう「反日」(非国民)やテロ行為者であり、排除してもいいor止むを得ないという感覚を有しているだけに尚更だ。(>_<)
  
 政府は、今の段階では、沖縄県警と海上保安庁で対応するつもりのようなのだけど。海上保安庁を使うこと自体、異例なことだと思うし。
 そして、もし反対派の市民の抗議活動がエスカレートした場合には、自衛隊を出動させようと言い出すのではないかと憂慮しているmewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 

More
[PR]
by mew-run7 | 2013-12-30 11:49 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  昨日は、大井競馬場で東京大賞典が行なわれ、2番人気だったローマンレジェンドwith岩田が優勝した。(*^^)v祝

 ハナを切る予定だったエスポワールシチーwith松岡が、スタートで膝を折る形で大きく躓いてしまい、出遅れることに。(゚Д゚)<それでも最後は5着に上がったけど。>
 代わりに今レースで引退するフリオーソが先頭に立って、レースを引っ張ることになった。北海道期待のMビクトリーwith服部がこれに続き、さらにHヴァンクール、Rレジェンド、Wアキュートwith和田のJRA人気上位3頭が後につける展開。
<昨日はとりあえず重馬場で前残りが多かったので、JRA3頭も前に行ってお互いをずっとマークし合っているような感じだった。>
 4角を過ぎて、直線半ばまでTOPで頑張って見せ場を作ったフリオーソだが。最後のヨーイドンにはついて行けず、6着に沈むことに。
 そこからRレジェンドが先に出て、Wアキュート、Hバンクール3頭の争いになったのだが。一度はRレジェンドをとらえたかに見えたWアキュートの動きが一瞬にぶり、その間にRレジェンドが差し返して先頭でゴール。Hヴァンクールが内から差して来て2着にはいった。(・・)

<1番人気のWアキュートは結局、3着に。レース後の和田の話によれば、一瞬動きが鈍ったのは、「Rレジェンドとぶつかって体が浮いた」かららしい。^^;
「あら~、岩田はまたやっちゃったのかな~」と思ったりもして。(~_~;) でも、リプレイで見たけど、まともに馬体がぶつかってはいない感じなので、肢かお尻の辺りが接触したのかな?(・・)>

 岩田は、JCでジェンティルドンナ(優勝)に騎乗した際に、直線でオルフェーヴルとぶつかったことで騎乗停止をくらい、JCダートでは、それまで7勝を挙げていた&ずっと育てて来たRレジェンドに騎乗できず(JCDは4着)、悔しい思いをしていたので、昨日は勝利後、大興奮状態に。何度もガッツポーズをしたり、両手を挙げたりして、ファンの声援に応えていたです。(@@)
 
* * * * *

 全レース終了後、東京大賞典出走を最後に引退するフリオーソ(牡8・船橋・川島)、ボンネビルレコード(牡10・大井・庄子)の引退式典が行なわれ、調教師、馬主と共に主戦の戸崎、的場騎手も参加。
 それぞれの馬との思い出を語ると共に、ファンもフラッシュOKで、写真撮影会が行なわれたりした。

 フリオーソは、同厩舎のアジュディミツオーに続いて、JRAのヴァーミリアンやカネヒキリ、Sファルコンなどの強者と対応にわたり合って勝ち負けできる馬で。南関&地方競馬のエースとして統一GI&重賞で、最後までファンの声援に応え続けてくれた能力馬&頑張り屋さん。<南関重賞では、川島厩舎のエリート馬が勝つと「またか~、ツマンナイ」とブツブツ言っているmewも、JRA勢との戦いではフリオーソを大応援しちゃうのであった。(^^ゞ>
 
 当初、石崎父、内田博などが乗っていたのだけど。4歳からは、戸崎が主戦に。<ちょうど内田がJRAに移って、戸崎が南関TOPになろうとしていた時だったのよね。>戸崎も初めての超有力馬の騎乗では色々とプレッシャーを感じたり、うまく行かずに葛藤したりしていた時期もあったようなので、昨日は思い出を語りながら、言葉につまってウルウルする場面もあったです。(ノ_-。) <でも、その戸崎も来年はJRAに行っちゃうのよね。^_^;>

 本当に長い間、おつかれさま&有難う。m(__)m
 そして、同馬の調教をずっと担当して来た佐藤裕太騎手やスタッフの方々にも、おつかれさまと言いたいです。m(__)m

 南関では、ここ十何年か、トーシンブリザード、アジュディミツオー、フリオーソと統一重賞&GIでJRA馬と優勝を争える馬がいたのだけど。<短距離では、フジノウェーブもね。)フリオーソの引退で、超有力馬がいなくなってしまうのが残念なところ。<セレンも肢の故障が治らず2年休養しているし。ダービーを制したCセクレタも牡馬とやり合うのは大変なようで、牝馬路線を進んでいるし。>
 川島父師も何か最近、元気がない感じで気になっているのだけど。また、スゴイ馬を育てて、大賞典や各場のGIをわかせて欲しいです。<変な言い方だけど、いつまでも、憎たらしく思うぐらい強い厩舎でいて欲しいのよね。"^_^">

 尚、ダーレー所有でブライアンズタイムっ仔のフリオーソは、種牡馬になることが決まっているとのこと。今度はフリオーソの子供に期待したいと思うです。(・・)

* * * * *

 ボンちゃんことボンネビルレコードは、04年のデビューの頃からずっと見ていた馬で。残念ながら、わがホーム大井には、なかなか南関上位になれる有力馬がいないので。何とか初戦(新馬勝ち)から乗っている的場さまに、ダービー初制覇をプレゼントして欲しいと思っていたのだけど、それがかなわなかったのは残念だった。
 ボンちゃんは、レース同様、スロースターターで、3歳前半はなかなか勝ちきれず。競走馬人生(馬生)でも、かなり遅咲きの花だったのだ。

 ただ、05年にJDダービーでJRA勢を押さえて3着にはいってから<この時は現場にいて、大興奮)、どんどん力をつけて行って南関重賞で3連勝。06年にはJBCで3着にはいるまでに成長したのだけど。その後、JRAに移籍することに。(・o・)

 07年には、ついにBコンコルドやSバッカスを押さえて帝王賞(GI)を制することに。08年にはフリオーソを下して日テレ盃に勝利。かしわ記念(GI)にも優勝するなら大活躍をした。<めっちゃ嬉しかったのだけど、当時は、的場さまの勝負服が赤☆ではなく、JRA仕様の赤白縦じまの馬主服だったので、それがチョット残念&寂しかったです。ちなみにJRA時には、善臣やユタカなどが騎乗することもあったのだけど。彼らが乗っても、なかなか動かなかったのよね。(・・)>
 10年にはいってから、大井に戻って来て、8歳馬ながらも、的場追いに応えて得意のジリジリ追い込みを見せ重賞でも上位に食い込んでいたのだけど。さすがに、ここ2年は衰えを隠せず。それでも10歳の終わりまで一生懸命に走り続けて、昨日、東京大賞典で無事に74戦目のラストランを終えることになった。

 ボンちゃんが出走するたびに、本当にワクワクさせてもらったし。たぶん大井ファンにとっては、ボン&的場コンビは、近時では一番のヒーロー&アイドルだったのではないかと思う。
 本当に長い長い間、頑張ってくれて有難う&おつかれさまでした。m(__)m
<的場さまは、ダービーをとるまで引退はできなくてっよ。(・・)>

 ボンちゃんは、高齢なっても、子供みたいな表情&動きをしているとこがあって。昨日の引退式&写真撮影でも、フリオーソは王者の貫禄と落ち着きを見せて、静かに歩いたり、撮影時にはじっとして構えているのだけど。ボンちゃんは、歩く時も首をふってイヤイヤをしたり、厩務員さんに抵抗したりで早く帰りたそうにしていていて、お子ちゃまぶりを発揮。<それがまたカワイイんだよね~。"^_^">
 最後の写真撮影の際に、フリオーソには戸崎が跨ったのだけど。ボンちゃんに的場さまが跨らなかったのは、チョット残念だった。<興奮しちゃうからかな?>

 実は、ボンちゃんは種牡馬にはなれないので、大井の誘導馬になることに決まったようなのだけど。こんなにお子ちゃまで気が悪いと、ちゃんと誘導馬になれるのか、チョット心配になったりして。
 でも、しっかりと調教を積んで、ずっと大井のアイドルでいて欲しいです。(^^)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 残念ながら、昨年末には熊本の荒尾競馬場が廃止に。また今年は、広島の福山競馬の廃止されることに決まり、地方競馬界は、どんどん苦しい状況に追い込まれているのが実情だ。(ノ_-。)

 この不況に「競馬どころじゃないだろう」って思う人もいるかも知れないけど。
 でも、そこには何千頭の馬や生産牧場、育成牧場やトレセン、調教師、厩務員、騎手、競馬場のスタッフ、関連の飲食店、競馬関係の業者、専門家などなどおそらく、全て合わせれば万単位の人たちの仕事や生活も関わっているわけで。
 競馬場が廃止になれば、多くの馬が命を絶たれ、多くの人たちが仕事を失うことになるし。単に地方のレジャーがなくなるというだけではなく、地元の産業が一つ潰れるような感じなのである。(-_-)

 先日、JRAの有馬記念を制したゴールドシップの馬主さんが、ばんえい競馬に1000万円寄付をしたという話が載っていた。
 ゴールドシップの馬主の小林英一さんは、ばんえいのシベチャタイガーの馬主でもあるとのこと。ばんえいの重賞レースの賞金や報奨金があまりにも安いことから、少しでも励みにして欲しいと思って、寄付を行なったのである。(・・)

<シベチャタイガーって、一度きいたらもう名前を忘れらないって感じでしょ。(@@)今年は北見記念で大穴の2着に。来年は、重賞で優勝争いできるかも?(@@)>

『北日本精機会長が1000万円寄付  重賞レースなど賞金減補う

 帯広市が主催するばんえい十勝は「ばんえい頑張れ記念」と題し、特別報償金を設けることを決めた。芦別市の会社役員小林英一さん(81)から16日に1000万円の寄付があり、これを全額、報償金に充てる意向。23日の「第41回ばんえいダービー」(BG1)を皮切りに、来年3月24日の「第45回ばんえい記念」(同)まで続ける。

 報償金は重賞レースと特別競走の計20レースが対象。馬主の出走手当や着外手当、調教師(1着9000円)、騎手(同6000円)、厩務(きゅうむ)員(同2000円)に支払われる各奨励金とは別に交付される。

 これに伴い、今年度から馬主に対する1着賞金を500万円から300万円に減額予定の「ばんえい記念」に減額分を補う形で200万円、BG1に80万円、BG2に50万円、BG3に30万円、特別競走に25万円が追加される。

 馬券の売り上げが伸びず、重賞レースの1着賞金が減少しつつある厳しい状況の中、小林さんは「沈みがちな競馬関係者を少しでも活気づけたい」と寄付した。市ばんえい振興室の田中敬二室長は「今回の寄付を通じ、関係者にはこれまで以上に迫力あるレースを見せてくれることを期待したい」と話している。

 小林さんは、高精度ベアリング製造で世界トップクラスのシェアを誇る北日本精機の会長。今年の日本中央競馬会(JRA)の皐月(さつき)賞と菊花賞(いずれもG1)、神戸新聞杯(G2)、共同通信杯(G3)を制した競走馬ゴールドシップの馬主で、ばんえい競馬の競走馬シベチャタイガーの馬主でもある。(十勝毎日新聞12月22日)」

* * * * *

 JRAをメインにやっている人から見れば、アンビリバボーな話だと思うのだが。 ばんえいや高知競馬の通常レースは、1着賞金が10万円にも満たないものが多い。(5着だと数千円とか。^_^;)
 騎乗料もスズメの涙のようなものだし。重賞やGIの賞金もどんどん減額されており、折角、何年もかけて毎日馬を育てて勝利しても、調教師やスタッフ、騎手のもとには、ごくわずかな金額しかはいらないというのが現状だ。^_^;

<JRAは、重賞やGIの賞金は何千万円から1億円以上。(騎手、調教師などは、その5%を取得)ただ、レースに騎乗するだけでも、数万円もらえるです。(・・)
 とはいえ、近時は、騎乗機会を得られない騎手や資金難に苦しむ調教師などが、どんどん引退したり、残念なことになったりして、それはそれでまた問題を感じているのだけど。^^;>

 じゃあ、「やめちゃえば~」と言っても、地方には転職可能な仕事場はほとんどないし。大部分の騎手やスタッフは、中学や高校を卒業してから、ずっと馬に関わる仕事をしていて、他の分野に関する知識や技術を得る機会もないので、他の職場では採用されにくいという現実もある。 
 それに、何よりも、皆、馬が好きだし。何とか競馬場を存続させたいという思いで、収入が激減してカツカツの生活をしながらも、懸命に頑張っているのである。(・・)
  
<mewの地元の南関は、東京&周辺にある分、賞金や収入(預託費など含む)はかなり恵まれている方なのだけど。都市部にある分、諸経費もかかるので、近時は賞金カット、人件費カットが続いていて、競馬場や厩舎の経営なども苦しくなっているという実情がある。>

 mewは小さい頃から馬も競馬も大好きだし。人と馬が一緒に生活や仕事をして行くのは、歴史的に見ても日本の大事な文化だと思っているので、何とか一つでも多くの競馬場が存続して、そのような場を残して欲しいな~と願っているです。(**)

* * * * *

 ・・・というわけで、地方競馬は、年末年始も休まずに開催。大晦日も元日も、全国のアチコチの競馬場でレースが開催されているので、お近くの方は是非、競馬場に。また、ネット参戦して下さいませ。m(__)m
 ちなみに、今年一番最後まで開催するのは、大晦日の高知ナイターだ。(@@)
<開催日程&ネット投票などに関しては、コチラを。>

 尚、南関では、大井競馬が大晦日31日まで開催中。1日からは、川崎競馬で開催をスタートする。<きっと獅子舞姿の誘導馬が登場するはず。(・・)>

 以上、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(^^♪

                    THANKS

p。s。『G1東京大賞典の売り上げは22億4299万3600円で前年比120・2%。JRAインターネット投票(即PAT)が占める割合は17・0%だった。また大井3日目の総売り上げは40億6575万5100円で同114・8%。入場人員も3万5595人で同111・1%と増加した。(スポニチ30日)」
 今週の土日はJRAの開催がないこと、お天気に恵まれた&比較的暖かかったこと、I-PATでも買えたこと、香里奈さんが来たこと(?)、フリオーソとボンちゃんの引退式があったこと、などなどが売り上げや入場者数アップの要因かな~と思うです。
 ご観戦、ご参戦してくださった方には、有難うございました。m(__)m

 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-12-30 07:25 | スポーツ・競馬 | Trackback
「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

昨日は、大井競馬場で東京大賞典が行なわれて、JBCに続き
スマートファルコンwith武豊騎手が逃げ切って、優勝した。(*^^)v
南関&地方代表で期待されたフリオ-ソは、2着に終わった。(-"-)
 3着には、JCダートで4位になった3歳のバーディX2が。
来年のダート重賞で注目しておきたい一頭だ。(・・)

 何と優勝タイムは、ダ2000mで、2分00秒4。これは、
従来の大井レコード(アジュディミツオー・2分02秒1)を2秒
近く上回るもので、JRAも含め日本レコードである。(・o・)

 ただ、昨日の大井は、意図的なのか、もしかして凍結剤などが
まかれた影響があったのか、好天・良馬場だったにもかかわらず、
砂煙がほとんど上がらない硬い馬場になっていて。他のレースでも、
勝ち馬は自己新を1~2秒短縮する速いタイムが続出。(大賞典は
7位まで2分2秒台。最終RはB2・12で1分11秒0だし。>
 正直を言えば、mew的には、馬場の作り方にチョット疑問を
抱くようなところもあった。<馬の脚にも負担になるしね~。(-"-)>

 武ファルコンは、外枠ながら、スタート直後から飛び出し、
内側で抜け出していた戸崎フリオーソを外から被せて、ハナを
主張し、そのまま、かなり速いペースで逃げ切り体制に。
 何と、最初の5Fが、12.2- 11.1- 11.5- 12.2- 11.9。(゚Д゚)。
さらに、3~4コーナーで、もう1度11秒台に上げて、何とか
ついて行こうとするフリオーソを完全に振り切る、強~い走りを
見せた。(**)

 ユタカは、今年、落馬骨折で休養した上に、復帰後は、乗り馬に
もあまり恵まれず。中央GIもJCは繰り上がりの優勝だし、有馬
は、優勝のチャンスのあったRキングダムが出走を回避したので、
かなり鬱憤が溜まっていたのか。昨日は、大井恒例の「We are the
Champion (by Queen)」の曲に乗って、何度もガッツポーズを
見せながら、ウィニングランを。優勝インタビューでも、かなり
嬉しそうな&饒舌になっていた感じだった。
 
 戸崎騎手は、3~4コーナーでついて行けばと悔やんでいた
そうだが。mewは、そもそも戸崎が1コーナーで、簡単にハナを
譲ったことにも、「う~ん」と思うところが。<もしエスポくんが
出ていたら、もっと面白かったのにね~。>
 フリオーソも2分00秒7で走っているのだから、彼なりには
かなり頑張ったのかも知れないのだけど。南関ファンとしては、
何とか大賞典を勝たせてあげたかったですぅ。(・・)
<セレンが故障で出場できなかったのも残念だったけど。来年も
この2頭&ボンちゃんに頑張って欲しい。> 

* * * * *

 昨日は好天に恵まれ、暖かかったお陰で、かなり入場者が
はいって喜んでいたのだけど。入場人員は3万1589人
で、昨年比96・8%だったとか。^^;
 でも、東京大賞典の売り上げは19億6175万9400円。
前年比104・6%と微増したとのことで、年末のチョット
いい話になった。(~~)

 実は、この年末は、近親者に傷病人などが出たため、病院の
送り迎えなどで、mewとしては珍しく<今年初?)タクシーに
乗る機会が何度かあったのだけど。<今年1日3回乗ったうち、
2回は女性の運転手だったという珍しいこともあった。(・・)>

 景気の変動に最も敏感なタクシーの運転手さんたちも、今年の
年末は、「昨年に比べて、よくなっている」「底打ちは終わった
という感じがある」「近距離でも気軽にタクシーを使う人、投資
の話をする人が増えて来た(これらは、いい傾向)」とのこと。
<ただし、まだ警戒感は残っているかもという人も。>
 
 まあ、日本が頑張っても、米国が風邪を引いたままだと、
なかなか経済全体が上昇しないところはあるのだけど。
 何とか来年は景気が回復して、国民の生活はもちろん、
株式その他の投資の世界も、競馬やスポーツの世界も、明るい
展望が開けるといいな~と願っているmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さてさて、政治の話になるのだが・・・。

 29日に、民主党との連立に失敗した、たちあがれ日本の共同
代表の与謝野馨氏が、鳩山邦夫氏と会ったという。

『与謝野、鳩山両氏が会談したのは都内の与謝野氏の事務所だった。
将来の政界再編をにらむ両氏だが、路線の違いは徐々に表面化して
いる。

 会談で与謝野氏は、27日に破談となった民主党とたちあがれ
日本の連立について経緯を説明。「平沼(赳夫代表)も連立入り
にOKと言ったんだが、断ってしまった。だからこの話はもう
ない」と打ち明けたが、なお自民党を含む大連立への未練を残す。

 一方、鳩山氏は「今の政権は左翼政権だ」と断じ、協力には首相
交代が条件だとの考えを強調した。鳩山氏は兄の鳩山由紀夫前首相
とも連携を強めるとともに保守色の強い民主党議員と親交を重ねる。
28日夜には小沢氏に近く、保守色の強い民主党の松原仁、小宮山
泰子両衆院議員らと会合した。つまり目指すは「平成の保守合同」
なのだ。

 ただ、両氏で意見が一致したことがあった。鳩山氏が「菅さんは
案外粘り腰かもしれない」とつぶやくと与謝野氏はこう応じた。

「きれいなビルが突然崩れることはあるが、ボロボロのボロ屋は
案外倒れないもんだ…」<産経新聞29日>』

* * * * *

 先日『村木が国&検察官を提訴+民主と「た」党の連立話が破談
に。
』という記事にも書いたのだけど。

 まあ、mewは、「た」党との連立は大反対だったから、平沼氏
が翻意してくれて、本当によかったと思っているのだけど。

 やっぱ、平沼赳夫氏は、一度は民主党との協議で、連立や入閣
要請を了承する姿勢を見せながら、おそらくは周囲の超保守派の
議員の批判をおそれて、方針を転換。自分は連立協議とは関係ない
ような顔をして、連立は組めないなんて会見を行なっていたわけ
で。<関連記事*1>
 平沼氏がずっと面倒を見ていた平沼グループの議員がなかなか
「た」党にはいって来ないところを見ても、近時色々とぶれを
見せていることが、信用を失う要因になっているのかもな~と
思うとこがあった。(・・)
そして、おそらく与謝野氏も、「たちあがれ日本の仲間から
もう学ぶことはない」と言っているように、「た」党を離れる
日が近いように思われる。

 また、鳩山邦夫氏は、相変わらず、菅政権を「左翼政権」だと
批判しているのだが。
 実は、鳩山由紀夫氏も、小沢一郎氏も、邦夫氏ほどではないに
せよ、もともと保守派であることは事実だし。由紀夫氏も、菅氏
が左派寄りであることは、あまり快く思っていないし。小沢氏も
含め、保守合同に、大きな関心を抱いているのも事実だ。(~_~;)
<関連記事*1>

* * * * *

 10月に鳩山兄弟が会談をした時にも、邦夫氏はこんな話を
していた。
『鳩山邦夫元総務相は20日、菅内閣や民主党の現状について、
「今や左翼政党じゃないか。今の政治は閉塞(へいそく)感が
強すぎる」と批判した。兄の由紀夫前首相らとの都内での会合後、
記者団に語った。

 邦夫氏は、「(自分は民主党の)創業者の1人だ。兄が首相の
時はよかったし、小沢(一郎)さんが代表の時はよかったが、今や
もう、左翼政党じゃないか。皆さんが問題を感じている」と述べた。
さらに、「民主党は左(革新)と右(保守)が極端に分かれている
から、本来、たもとを分かってしかるべきだ」とも語った。
<産経新聞10月20日>』

 その後、鳩山兄弟、小沢氏、舛添氏が会談した時も、民主党を
分けて、保守勢力を結集し、政界再編を行なう話が出たことは
間違いないだろう。(・・)
<『大連立を熱望する森、ナベツネが動き、小沢・鳩山兄弟らも
分党&政界再編の相談か
。』参照>

 ただ、問題は、鳩山・小沢派、非小沢派のどちらが、民主党を
出て行くのか、それとも同党に残って、民主党という全国組織の
ある大政党を活用するのかという話なわけで・・・。(@@)
 この騒動は、来年も続くことになるだろうし。また、追々、
書いて行きたいと思う。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

他方、菅首相の方はと言えば・・・

 景気が底は打った(かも知れない)とはいえ、この年末も、
まだまだ経済&生活的に厳しい状況にある人たちが、少なくない
のが実情で。

 菅首相は、29日に厚労大臣に失業などで住まいを失った生活
困窮者への年末年始の対応について指示をしたという。

『菅直人首相は29日、首相公邸で細川律夫厚生労働相に会い、
年越しを控えた失業者や住まいがない生活困窮者対策について
「自治体と協力して支援をさらにしっかりやるように」と指示した。
政府は休日の29、30両日もハローワーク(公共職業安定所)
を開いて職業や住まいに関する相談を受け付けている。首相は
「年末年始にかけて、きちっと対応できるように注視してほしい」
と求めた。<日経29日>』

 今年は、年末での失業者の急増や派遣切りは見られないとの
ことで、菅氏も関与していた「年越し派遣村」などは開かない
ようなのだが。その分、ハローワークが住居に困窮している人の
相談にも乗るシステムにしたとのこと。
 
 以前も書いたが、菅氏は、若手議員の時から、雇用労働問題に
はかなり力を入れていて、9月の代表選でも、1に雇用、2に
雇用とアピールしたのだし。
 今年の秋は、外交問題でバタバタ&国会運営に四苦八苦して、
なかなか雇用・経済問題まで手が回らない感じもあったのだが。
 折角、首相になった&いつ辞任するかわからない状況なのだから、
せめて、この雇用の問題(人数、職種の増加&創出、介護などの
雇用条件の向上)は、しっかり取り組んで欲しいと思うmew
なのだった。(**)

* * * * *

 そして、菅首相は新年4日まで年末年始のお休みにはいる
とのこと。<1日に皇居の新年祝賀と公邸の新年会があるよう
だけど。>
 で、29日には、菅グループの議員と、忘年会を行なったと
いう。

 菅氏は、「今年は党代表選が2回、参院選もあった。臨時国会は
大変でいろいろ世話になった」とあいさつした上で、「来年も苦労
をかけるが、民主党政権がこの国を守っていかねばならない。
力添えを頼みたい」と述べ、1月の通常国会での支援を求めた」。
<発言部分・共同通信29日>
 また、『首相は「自分の思っていることが十分伝わっていない
中で(悪く)評価されている」と発信力の強化を目指す考えを
強調し、協力を求めたという。<日経29日>』

 そもそも、同じ党が、1年のうちに2回も代表選を行なうこと
自体、かなりの異常事態だと言っていいだろうし。民主党政権が
なかなか安定しないことを物語っているとも言えるだろう。

* * * * *

 忘年会では、伸子夫人の手料理も振舞われたとのことで、
公邸周辺のイチョウ並木で落ちていたギンナンを拾って揚げた
「永田町揚げ」なども出されたとか。

 また、『江田前参院議長は「飲み屋に行くといっても大変だし、
ラーメンを取ろうとしたら3時間前に言ってくれと。そんなこと
したら、ラーメンのびちゃうので。小沢さんのことが話題になら
なかったといえば、それはうそになるけど」と述べた。<FNN
29日>』
 菅首相は、小沢氏の政倫審出席会見に関しては、条件付の発言
だったことから「状況は何も変わっていない」ととらえていた
ようだ。^^;

 来年も、新年早々から、民主党の党大会があるし。国政の面
では、内閣改造や国会の運営<そこに小沢氏の政倫審出席も絡む>
などなど、難しい課題が山積みなのだけど。

 果たして、与謝野氏らが「ボロボロのボロ屋は案外倒れない
もんだ」と言っていたように、菅首相は、ここから粘り腰を
見せるのか・・・。
 ともかく、少しでも国政が安定し、平和維持&国民生活が向上
すうことを願いつつ、来年も政界をウォッチして行きたいと思う
mewなのだった。(@@)
               THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 





「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

More
[PR]
by mew-run7 | 2010-12-30 11:53 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)
 今日は、競馬&家事などをこなしながら、合間合間に投稿する
ので、大小バラの記事を複数アップするですぅ。(・・)

 まずは、地方競馬の話から。

昨日は大井競馬場で、ダート統一・GI東京大賞典が行なわれた
のだが。各馬が積極的なレースを展開。ゴール前まで大接戦の、
なかなか白熱したレースだった。(~~)
 お天気もよくて、そこそこ入場者もはいり、ファンもレースを
堪能できたのではないだろうか?(・・) mew mo shikkari tan-nou

優勝したのは、サクセスブロッケンwith内田博幸騎手(*^^)v祝 
 ヴァーミリアンwithユタカが、早めに上がって、ゴール前で
抜け出すも、Sブロッケンが後方から馬体を併せ、最後にハナの
差で差し切った。(@@)

 Sブロッケンは、入場後に暴れて(?)、なかなか返し馬が
できないという話が出ていたのだけど。昨日も、コース入場の際
には、正面の真ん中までスタッフ2人が綱を引いて来ていて。
綱を離した途端、騎手を振り落とさんばかりのガウガウ状態に。
「これで、大丈夫なの~?」と思ったのだが。陣営のコメント
によれば、昨日はマシだったようで、「何とか返し馬もできて、
いい状態」だったらしい。^^;

 mewが、注目していた南関の上がり馬セレンwith石崎隆之騎手
は直線で、上がり36秒台の脚を繰り出して猛追したものの、
3着のRダイスにアタマ差及ばず4着に。
 でも、初めてのGI出走で、掲示板に乗るだけでもスゴイこと
なので、よく頑張ったと思うし。できれば、フェブラリーSを
目指して欲しいと願っている。(・・)

* * * * *

 レースは、予定通りにフリオーソが逃げ、Sブロッケン、ヴァー
ミリアンなどの有力馬が前につけて、ゆっくりとした展開に。
 向こう正面で、スローに嫌気がさしたGチケットwithルメールが
早めに動き、ヴァーミリアンも一緒に上がったのを見て、内田は
「マズイ」と思ったようなのだが。
 そこは、大井巧者ゆえ、直線の長さを考え、彼らの後ろにつけて、
最後に差す方針に切り替え、それが功を奏することになった。
<ルメールは大井コースを知らない分、早く動き過ぎた感じも。>
 
 結果的に、このレースは、奇しくも、今年のJRAの騎手
リーディングを争った2人の叩き合いになったのだが。
リーディング同様、内田がユタカに勝つという結果になった。

<あまり強い馬や騎手は応援することがないmewなのだが。
 7歳になっても、ずっと地方競馬のGIに出走し続けてくれて
いるヴァーミリアンwithユタカには親しみを感じているので、
ゴール前には、2人の復活を願って、生まれて初めて(?)マジ
で、「ユタカ、頑張れ~!」と応援したんだけどな~。_(。。)_>

 ユタカは、先日、「今年は大きなレースに勝てないなど自分自身
良くはなかった。こんな時にリーディングを取っても意味はない。
やせ我慢じゃないが、取れなくて良かったのではないかと思う」と
いうコメントを出していたのだけど・・・。

 ユタカの強さは、ペースの読みと馬を出すタイミングの感覚が
スゴくて、ユタカ・マジックを発揮するところにあるのだけど。
今年は、乗り馬も少し落ちた上に、その感覚がチョット狂っている
感じもあって。昨日も、もうチョット出すのを遅らせれば勝てて
いたのにな~と思ったりもした。^^;
  来年の巻き返しに期待いたい。<久々にモチベが上がって
いいかも?(・・)>
  
* * * * *

 他方、JRAでリーディングをとった元・大井のエースの内田
博幸騎手は、いわば地元競馬場への凱旋して、暮れの大舞台
でも勝ったことになるのだけど・・・。
  やっぱ大井ファンの中には、mewみたいな複雑な心境の人も
少なくないのか、「大歓声のウィニングラ~ン」のようにはならず、
逆にチョットかわいそうになってしまったりして。(-"-)

  もちろん、ヒロユキにも来年は、さらに頑張って欲しいと
思っている。(~~)

<今、大井のエース・戸崎騎手も、来年、また移籍を考えて。
JRA20勝を目指すんだろうな~。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、地方競馬は、年末年始も、全国&南関東のどこかで
休みなくやっていますので、お時間のある方は、是非、現地or
ネットで観戦or参戦して下さいね~。(~~)/
<年末・年始の開催地一覧はコチラ

  以上も、来年もきっと競馬大好き&勝手に地方競馬の広報
係をしようと思っているmewでした。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

  政治系の話を少しだけ

 昨日、小沢幹事長が、普天間基地の移設問題に関して、
辺野古への移転に否定的な見解を示したという話を書いた
のだが・・・。
 小沢氏は、社民党などに対して、同じ沖縄県内の下地島
への移設が案にのぼっていることを伝えたという。

『 民主党の小沢一郎幹事長は29日夜、東京都内で開いた与党3党
の幹事長・国対委員長の忘年会で、米軍普天間飛行場(沖縄県
宜野湾市)の移設問題について「(同県宮古島市の)下地島に
使っていない空港がある」と述べ、現行計画に基づく米軍キャンプ・
シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に代わる移設先として、下地
島を検討すべきだとの認識を示した。

 小沢氏は会合で、社民党の重野安正幹事長に対し、普天間飛行場
の移設先について「あなたのところ(社民党)は、沖縄県だったら
全部駄目なのか」と質問。重野氏が米グアム移設案を重ねて主張
したところ、小沢氏が下地島案に言及したという。小沢氏は
「きれいな海を埋め立てるのは駄目だ」とも語り、現行案での
決着に否定的な考えを示した。

 下地島は沖縄本島と台湾のほぼ中間にある。3000メートル
の滑走路を持つ下地島空港(79年7月開港)があるが、現在
定期便はなく、航空会社がパイロットの離着陸訓練などに利用して
きた。普天間飛行場の移設先として浮上したこともあり、北沢俊美
防衛相は10月、井上源三地方協力局長を派遣し、沖縄県の伊江島
などとともに視察させていた。<毎日新聞30日>』exciteコチラ
  小沢氏は、国外、県外への移設は難しいとしても、たとえ県内でも
いいから、米側との合意を変更させることで、米国にものを言える関係
を少しでも作りたいと、また、沖縄県民や社民党を少しでも納得させたい
という思いがあるのかも知れない。

* * * * *

 他方、岡田外務大臣は、相変わらず、米国&外務省側の代弁者
になっている感じが・・・。
  
『岡田克也外相は29日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県
宜野湾市)の移設先について、「現在の辺野古の選択肢がなくなった
わけではない」と述べ、日米が合意した、現行計画に基づくキャンプ・
シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設もあり得るとの考えを
示した。

 鳩山由紀夫首相はグアムなど国外移設案を否定する一方、来年
5月までに現行計画以外の移設先も模索する考えを示し、政府と社民、
国民新両党の実務者による「沖縄基地問題検討委員会」も移設先の
検討を始めている。岡田氏は「よりいいものが出てくればそちらにすれば
いいが、出てこなければ現在の案が生き続けている」と述べ、検討委
で現実的な結論を出せない場合は、結果的に現行計画に落ち着くとの
見通しを示した。<毎日新聞29日>』 
                      

 小沢幹事長は、下手に発言すると、小沢支配がと言われるので、
これまで政策に関しては口にしないようにしていたのだが。
 ここに来て、普天間問題で、鳩山首相や閣僚たちが、米国や官僚に
おされ気味になって来たので、ついにチョコチョコとクチを開き始めた
感じもする。

  そして、政権交代を機に、米国との従属的な関係を、少しでも変えて
欲しいと願っているだけに、ここは小沢幹事長に強い後押しをしてもらって、
何とかここで政府民主党に弱気にならず、粘って欲しいと思うmewなの
だった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内、崖っぷち。^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑政治TOP10陥落。(ノ_-。) 押し上げを、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 




~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
[PR]
by mew-run7 | 2009-12-30 14:01 | スポーツ・競馬 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7