頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


今週、『民主党が安倍対峙を目指して、新体制に。党方針の確立&アピールが再生加速の鍵』という記事をアップしたのだけど・・・。

 安倍自民党が、この秋からますます好き勝手に国政運営を行なおうとしている中、mewにとって、今、一番重要なことは、いかに安倍自民党と正面から対峙しようという意気込み、使命感を持った野党やその勢力を作るかということだ。(**)

 安倍首相は、今年1月の通常国会冒頭の施政方針演説で、維新やみんなの党を念頭に置きつつ、政権に協力する政党を「責任野党」と呼んでいたのだけど。mewから見れば、表面上は野党でありながら、最初から重要政策において、政権に協力する姿勢を示す政党は、まさに「無責任野党」「偽装野党」だと思うし。
 もし国民が、それらの政党を「野党」だと勘違いして、安倍政権の暴走を止めるためにと投票してしまったら、逆に安倍政権へのアシストにつながるおそれがあるだけに、何とかそれも阻止しなければと思っている。(・・)

 mewが、民主党の新執行体制を支持、応援しようと考えたのもそのためだ。(++)

 mew個人は、必ずしも海江田氏個人を支持しているわけではないし。岡田氏も枝野氏も「まあまあ」という感じではあるのだけど。
 ただ、海江田代表は、安倍自民党と対峙して行くことを明言しているし。岡田代表代行も枝野幹事長も、重要政策において、安倍自民党に積極的に協力したり、自民補完勢力の維新などと連携したりすることは全く考えていないわけで。
 彼らが党運営を行なう限りは、とりあえず安心して民主党を応援することができるからだ。(・・)

<後述するように、「保守二大政党制」構築の企みを阻止するためにも、海江田民主党には、頑張ってもらわないと困るのよね。(^<^)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 今月16日には、維新から分党した次世代の党が結党大会を開いたのだが。この政党は、「陰の与党」だと考えていい。(・・)

『次世代の党は16日、都内のホテルで結党大会を開いた。所属議員23人のうち、外遊中のアントニオ猪木参院議員を除く石原慎太郎最高顧問ら22人が出席した。平沼赳夫党首は「歴史、伝統、文化といった守るべき大切なものはしっかり守っていく」とあいさつ。「野党ではあるが、日本のためになることは積極的に賛成する姿勢を貫かなければならない」と語り、政策によっては安倍晋三政権に協力する考えを強調した。

 結党大会で石原氏は「日本を背負って立つ後輩のために“基礎工事”をし直さなければいけないと思って立ち上がった。この10年が正念場だ」と訴えた。また山田宏幹事長らが活動方針や自主憲法制定などの基本政策を説明した。

 次世代の党は、自主憲法制定などをめぐり旧日本維新の会と決別し、8月1日に結成。所属議員は衆院19人と参院4人。結党大会には約2千人(主催者発表)が参加する盛況ぶりだったが、今後、野党の中で存在感をいかに発揮していくかなど課題が山積している。
 平沼氏ら所属議員は大会に先立ち、東京・永田町の日枝神社に参拝、党の発展を祈った。(産経新聞14年9月17日)』

* * * * *

 平沼代表をはじめ、次世代の幹部、ベテラン議員の多くは元自民党所属で、超保守団体の日本会議のメンバーとして安倍氏らと一緒に政治活動を行なって来た人たちだし。
 今も、次世代の議員の大部分が、平沼氏が最高顧問、安倍氏が会長として率いる超保守議連「創生日本」に所属して、自民党の議員一緒に活動を行なっている。しかも、安倍内閣や自民党の役員の多くは、この議連の一員だ。
 彼らは、政治的な思想も目標も、ほとんど安倍首相と同じだと考えていい。(**)

<安倍首相と違いがあるとすれば、平沼氏らの一部議員は、安倍首相がとる小泉流の新自由主義的な経済・社会政策には反対の立場。また、安倍氏よりコアな超保守思想を有していて、もっと極端な政策を求めている人が少なからずいるかも。^^;>

 平沼氏らとしては、橋下維新をうまく利用して保守勢力を結集して「保守二大政党制」を築くことを目指していて。さらに、いずれ維新の実権を掌握して、安倍自民党と協力する形で、憲法改正(新憲法制定)などの戦後体制を破壊する政策を推進したいと考えていたのだけど。
 残念ながら、橋下氏は平沼氏らのコアな超保守思想や馴染めず。最初から、政策面でも合わない点が多かったことから、ついに分党することに至ることに。(~_~;)

 でも、分党したことで、これからは堂々と安倍自民党の諸策に協力することができるようになったわけで。平沼氏らは、久々に活き活きと言動をしているように見える。(>_<)

 またこの辺りは改めて書きたいのだけど。mewは、次世代が5月の時点で(公明党と集団的自衛権の行使に関してもめていた時に)分党を決めたのは、公明党にプレッシャーをかけるため&安倍首相がいざという時に「公明党切り」をしやすくするためではないかと考えている。(・・)
 安倍首相は、来年の統一地方選までは公明党の選挙協力を重視する方針をとるつもりのようなので、この選挙が終わった頃に、何か大きな動きがあるかも知れない。(@@)

<安倍首相は、昨年11月にみんなの党の渡辺代表(当時)と会食。さらに、12月には維新の石原代表&平沼国会代表と官邸で会食して、憲法改正をはじめ、政権の諸策への協力を要請しているしね。(・・) ただ、もし自民党が公明党と連立解消した場合、参院議員が9名不足するため、参院議員が4人しかいない次世代としては、みんなの党の一部と連携、合流して参院議員集めに走るのではないかと思うです。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 そして、次世代と分党した橋下維新の会は、いよいよ今月21日に結いの党と合流して、新党「維新の党」の結党大会を開催することになった。(・・)

 維新の橋下代表は、「安倍自民党と対抗する勢力を作るために、野党再編が必要だ」として、他の政党にも参加を呼びかけているのであるが。ただ、維新の橋下&松井コンビには、安倍政権と正面から対峙して行く気は全くないと言っていいだろう。(-"-)

 実際、橋下&松井コンビは、今月8日に菅官房長官と会って、新党結成後も政権に是々非々で協力する姿勢を示したという。(~_~;)

『菅義偉官房長官と日本維新の会の橋下徹代表が8日夜に東京都内で会談したことが分かった。橋下氏は結いの党と新党を結成した後も、安倍政権に是々非々の姿勢で協力する方針を伝えた。関係者が9日明らかにした。
 政策面では、規制改革や地方分権改革の必要性で一致した。会談には日本維新の松井一郎幹事長が同席した。(産経新聞14年9月9日)』

* * * * *

 以前からしつこく書いているように、松井幹事長(大阪府知事)は、もともとは自民党の府議である上、安倍氏らと同じ超保守団体の日本会議のメンバー。<大阪維新の創設メンバーには、同じようなタイプの人が少なくない。>
 松井氏は、かねてより安倍氏の超保守仲間(ブレーン)とも関わりがあるし。現官房長官の菅氏とも、以前から個人的に連絡をとる仲で。維新が国政政党に進出する際には、安倍氏に党首になって欲しいと要請したほどの安倍っ子で、政治的な思想や目標は、安倍首相らとほぼ同じなのである。^^;
 松井氏らは、安倍カラー政策に協力したいという思いが強いだけに、彼らが維新の中枢にいる限りは、維新は安倍自民と真っ向から対立することはないと見ていい。(ーー)

 また、橋下氏の場合は、いわゆる超保守派ではないのだけど。(ふつ~の保守?^^;)
 ただ、橋下氏は、大阪市長として、大阪都構想の実現やカジノ導入に意欲を燃やしていて。(もう意地になっている感じかも。)それを実現するためには、安倍内閣&自民党の協力や支援が絶対不可欠になるため、安倍自民党とは重要政策において協力せざるを得ない状況にある。(・・)

 大阪府や大阪市の議会においては、与党である大阪維新の会は野党である自民党と対立する立場にあるので、橋下氏は議会内や来年の統一地方選での戦いなどを強く意識して、「自民党の対抗勢力」という言い方をすることが多いし。
 橋下氏が、国政選挙で自民党と対決して、維新の議席を増やしたいと考える最大の理由は、大阪都構想の実現させるために、維新の政権への影響力を増大したいことにあるし。橋下氏が、大阪都構想にこだわる限りは、維新の党は、安倍自民党とギブ・アンド・テイク的な関係を続けることになるだろう。(-"-)

 ただし、江田代表をはじめ、結いの党の議員は安倍自民党に協力することには慎重であるため、今後、様々な法案の決議や国会での質問の方針などに関して、党内対立が生じるおそれが大きい。(@@)

* * * * * 

 橋下代表らが、民主党の前原誠司氏やみんなの保守系議員と接触して、新党への合流を呼びかけている最大の目的は、維新の勢力を拡大したいからにほかならないのだけど。<国政選挙はもちろん、大阪の地方選でもその方が有利になるしね。^^;>
 早く勢力拡大をしたい橋下氏は、前原氏に「早く分党して民主党を出てくればいい」と言っているほど。(~_~;)

 もともと維新やみんなの党の議員や支援者の中には、超保守or保守タカ派の人たちが多くて。彼らの多くは、やはり「保守二大政党制」を築いて、維新がその一翼を担うためにも、保守勢力を結集する形で野党の再編を進めたいと考えている。(-"-)
http://mewrun7.exblog.jp/20044960
 この辺りのことは、当ブログに何回も書いて来たので、今回は軽く触れるにとどめたいのだが。(関連記事・『民主党潰し&アブナイ保守二大政党制をもくろむ維新と自民に警戒』など。)

 日本の保守勢力(政治家のみならず、そのバックにいる財界、識者、官僚、メディアなどなども)は、長い間、日本に「保守二大政党制」を築くことを目指して、アレコレと画策したり、動いたりして来たのだけど。
 特に民主党が政権をとってからは、その危機感はマックスに達したようで(彼らにとってサヨク議員のいる民主党が政権をとるのは、許しがたいことだったのよね)、早く民主党を弱体化させようとする動きが激化することに。維新の会の国政政党化も、民主党の弱体化を目的としたものだと見ていい。(-_-;)

 他方、民主党内では、前原氏らの保守系議員が10年以上前から、何度も民主党を保守化をして、
「保守二大政党制」の一翼を担いたいとアレコレ動いて来たのだけど。<対抗勢力や中道左派を追い出す「純化路線」策をとったりとかね。>

 mewは、日本が主権者たる国民の多様な意思を反映する国政を行なうためには&健全な議会性民主主義を確立するためには、「保守二大政党制」ではなくて、「保守志向の勢力vs.平和・リベラル志向の勢力」による二大政党(二大勢力制)の形をとることが必要だと確信しているので、何とか民主党を中心にした平和・リベラル勢力の結集を進めたいと考えているわけで。<穏健な保守はOKだけど、保守度&タカ派度の高い人はNO。>

 もし前原氏らが、今でも党の保守化や維新との合流を目標にしているのであれば、彼らには離党してもらうのがお互いのためになる&国民のためになるとのではないかと考えている。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 渡辺喜美氏は、旧い体質の自民党を批判して08年に離党し、みんなの党を結成したのであるが。 もともと安倍氏周辺の議員とは仲がよくて、06~7年の安倍一次内閣では閣僚を務めていたし。その後も、ずっと連絡をとっていたし。自民党と真っ向から対立するつもりはなかった様子。<自民党への復党や同党との連携を呼びかけていた安倍仲間の議員も少なからずいたしね。^^;>
 
 渡辺氏も当初は、みんなと橋下維新が新党を作って「二大保守政党制」の一翼を担うことを計画していたのだが。橋下派や石原「た」党との支配権争いに負けて、合流話が頓挫。さらに、江田氏らとの党内対立が激化して、思うように党運営ができない状態に陥っていた。^^;

 そんな中、昨年11月に、ついには安倍首相本人から協力要請を受けるに至り、与党サイドにつくことを決意。次の内閣改造では、渡辺氏が入閣し、連立与党になると見られていたのだけど、その前に「8億円借り入れ」問題が発覚したため、代表を辞任することになり、連立話も流れることに。
 ただ、本人はしばらくの間、姿を消していたものの、連立政権入りをあきらめていなかったようだ。(・・)

<みんなの党は参院議員が12名いるので、安倍陣営としては、公明党切りした場合に備えて、味方につけておきたいところ。おそらく水面下で、休養中の渡辺氏と連絡をとり合っていたのではないかと察する。^^;>

* * * * *

 ところが、渡辺氏が休養中に、浅尾代表が維新と接近。野党再編計画に傾き始めた頃から、みんなの党内では、またまた内紛が起きることになった。(@@)
<浅尾氏は、元民主党議員で、維新の松野幹事長などと親しいし。超保守派でもないので、渡辺氏やその側近ほどは、安倍陣営や自民党への思い入れがないのよね。^^;>

(関連記事『維新と結い、合流前から橋下コロコロ&東西対立+みんな渡辺、与党再編を主張』)

 浅尾代表と維新の接近を懸念した渡辺氏は、先週になって「野党再編に走るなら浅尾代表には辞めていただきたい」と発言。16日に渡辺氏と浅尾氏が会談を行なったものの、浅尾氏が渡辺氏の提唱する「与党再編」策に反対したため協議が決裂して、お互いに「離党」を促すことに。^^;
 
 これを受けて、浅尾代表は、17日に党の役員会を開いて、渡辺氏が提唱する「与党再編」路線を多数決で否定した上、渡辺氏の除名まで示唆したため、みんなの党は、党内が完全に2分されるような対立状態に陥ったのである。(~_~;)

* * * * *

『みんなの党は17日の役員会で、渡辺喜美前代表が主張している与党との連携を強化する路線について、多数決で否決した。これを受け、渡辺氏は記者団に対し、路線の是非は両院議員総会で決めるべきだと主張し、総会開催に必要な署名活動を行う考えを示した。
 役員会後の両院議員懇談会に渡辺氏は、4月に8億円借入問題で代表辞任後初めて出席。渡辺氏が「政策の実現こそ政党の使命だ。与党再編をなぜ諦めるのか」とただすと、浅尾慶一郎代表は「選挙を経ずに与党に入って何でもかんでも下請けになるのは民主政治の否定だ」と反論した。

 渡辺氏は懇談会終了後、記者団に対し「私が党の創業者である以上、路線を戻す重大な責任を感じている」と述べ、復権に意欲を示した。
 両院議員総会は、党規約では党所属国会議員の3分の1以上の要請があった場合、両院議員総会長が招集しなければならないと定めている。党所属国会議員は、離党表明した大熊利昭衆院議員を除くと20人。渡辺氏は7人以上の署名集めを急ぐ。(産経新聞14年9月17日)』

『みんなの党の浅尾慶一郎代表は17日夜、BSフジの番組に出演し、党運営のあり方をめぐり対立している渡辺喜美前代表について「路線の相違で党の名誉が著しく毀損(きそん)されれば除名も有り得る」と述べた。
 同時に「党の支持率が上がるならともかく、全くプラスになっていない。『企業価値』を極めて毀損している行動だ」と批判した。渡辺氏が浅尾氏に離党を求めていることには「創業者が不祥事を起こして退任しながら、次の経営者に『自分が創業者だから出ていけ』と言うのはおかしい」と語った。
 渡辺氏が代表を辞任する原因となった8億円の借入金問題に関しては「起こしたことへの説明も十分していない」と述べた。(産経新聞14年9月18日)』

* * * * * 

 渡辺陣営は、所属議員の過半数となる12人の署名を集め、浅尾代表に提出。みんなの党では、来週にも両院議員総会が開かれる予定だという。
 ただ、どのような結論が出るにしても、両陣営の考え方には溝が生じていることから、党が再分裂する可能性が大きいと見られている。(~_~;)

 今後は、党分裂を前提にして、どちらが「みんなの党」の資金や組織の実権を掌握するのか、創業者である渡辺氏が実権を主張して、浅尾陣営をそのまま追い出すのか、それとも維新のように「分党」の形をとるのかという点で、対立することになるなるのではないかな~と察する。(・・)
  
* * * * *

 何だか野党の間で、アレコレもめているのを見ると、安倍自民党を利するだけのように思える部分もあるのだけど。_(。。)_
 もしこのまま「陰の与党」や保守勢力ばかりが拡大することになれば、日本の議会制民主主義は崩壊してしまうおそれがあるだけに、何とかここは民主党+αに踏ん張ってもらって、アブナイ流れを阻止したいと切に願っているmewなのだった。(@@)

                           THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-09-19 10:57 | 政治・社会一般 | Trackback(1)


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 昨日1日、日本維新の会と分党した「次世代の党」(以下、次世代)が、正式に発足した。(@@)

 党首は、安倍首相の兄貴分である平沼赳夫氏。所属議員の大部分は、平沼&安倍氏が率いる超保守議連「創生日本」のメンバー。(もちろん、日本最大の超保守団体である日本会議のメンバーでもある。)
 しかも、新党の本部は、永田町の自民党本部に隣接するビルに設置したとのことで、「安倍官邸の衛星政党」or「野党内の安倍派」と言っていいのではないかと思う。

『日本維新の会の解党に伴い、次世代の党は1日、新党の設立届を東京都選挙管理委員会を通じて総務相に提出した。橋下徹大阪市長らの暫定的な新党「日本維新の会」も大阪府選管を通じて総務相に設立届を出した。

 国会議員22人(衆院19人、参院3人)で発足した次世代は1日の両院議員総会で、平沼赳夫党首、山田宏幹事長以外の役員人事を決定。最高顧問に石原慎太郎、総務会長兼選対委員長に藤井孝男、政調会長に桜内文城、国対委員長に中田宏の各氏が就任した。党本部は永田町の自民党本部に隣接するビルに構えた。

 平沼氏ら幹部はこの日、あいさつ回り。自民党の石破茂幹事長は国会内で「足らざるところはご指導を」と述べ、憲法改正推進など政策面で近い次世代の誕生を歓迎。平沼氏は「野党といえども是々非々でやる。協力するところは協力する」と応じ、蜜月ぶりをアピールした。(産経新聞14年8月1日)』

 菅官房長官も、実質的なパートナーとなる新党の誕生を歓迎しているようだ。^^;

『菅義偉(すがよしひで)官房長官は31日の記者会見で、次世代の党を結成するグループが初代党首に平沼赳夫氏を選出したことについて「平沼氏のもとにまとまっていただいて、国の発展のため頑張っていただきたい」とエールを送った。(産経新聞14年7月31日)』

* * * * *

 日本会議や「創生日本」、安倍首相と平沼氏らの関係については、過去にさんざん書いて来たので、今回はパスしたいと思うのだけど。
 彼らは、ふつ~の保守ではなく、コアな保守思想の持ち主で(自称「真正保守」、mewは「超保守」と命名)、日本の戦後体制(憲法、教育、国、社会の仕組みなど)を否定。戦前に近い天皇を国体(国の中心)にした国家主義的な国づくりを目指している。(-_-;)

 平沼氏らは、05年に郵政民営化法案に反対して自民党を離党後、党内に残った安倍氏らと連携して活動を続けながら、超保守勢力を結集を目指して動いて来たのであるが。<自民党には、戦後体制を肯定するふつ~の保守や新自由主義の議員がいて、自分たちの思うような言動を行ないにくいため、復党の誘いを断ったらしい。>

 ようやく念願の&自分の理想に近い「超保守政党」の結党を果たしたと言えるかも知れない。<もっと大きな規模にしたかったのだろうけど。「橋下維新」とうまく行かなかったからね。^^;>

* * * * * 
 
 同党は、先週、綱領や基本政策を決めたのだが。それらは、まさに「超保守政党」と呼ぶにふさわしいものだと言えよう。(次世代の党 Pre-Official Siteより)

 綱領には、「自立」「新保守」「次世代」の3つの理念を掲げ、「国民の手による新しい憲法、すなわち自主憲法を創り上げる」ことを最大の目標にすることを明記。

<mewから見ると、「自民党と並立」「旧保守」「旧世代」なんだけどね~。(>_<)>

 そして、基本政策には次の8つを挙げた。(維新八策に準えてか、8つなのよね。>

1・国民の手による新しい憲法(自主憲法)の制定

2・自立した外交及び防衛力強化による安全保障体制の確立、集団的自衛権に関する憲法解釈の適正化、全ての拉致被害者の早期救出

3・財政制度の発生主義・複式簿記化による「賢く強い国家経営」への転換

4・世代間格差を是正する社会保障制度の抜本改革、徹底的な少子化対策

5・既得権益の打破(規制改革)による成長戦略と「賢く強い政府」の実現

6・安全かつ安定的なエネルギー政策(新エネルギーの開発・原子力技術の維持)、電源多様化による脱原発依存

7・正しい国家観と歴史観を持つ「賢く強い日本人」を育てる教育

8・地方の自立、「自治・分権」による日本型州制度の導入

<石原氏らは、以前から原発推進政策(&核武装論も)を主張しており、その点でも橋下維新とぶつかることが多かったので、基本政策に「脱原発」の言葉がはいっていたことには、ちょっと驚いたところがあったのだけど。
 各政策の説明のところには、『世界最先端の原子力技術(次世代型原子炉、廃炉及び安全確保等)の維持』と記されていたです。どうやら国民の「電源」は、原子力以外のエネルギーを使用することに努めるものの、核兵器製造を含む原子力の軍事利用(原子力の艦船、潜水艦+α)などのために、原発の施設や技術は維持することを考えているようだ。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 mewは、この綱領の『日本よ、永遠であれ。我々は、永遠の時の流れにあって、祖先から受け継いできた日本国と日本民族の歴史と伝統、そして文化を次世代に引き継ぐ責務を負っている』という出だしの一文に、唖然とさせられたとこがあるのだけど・・・。 (・o・)

 しかも、綱領の「新保守」の部分には、このように記されていたりして。

『次世代の党は、世界最古の皇室を戴く「一国一文明」とされる日本の伝統的価値や文化に立脚し、国家と個人をつなぐ社会の最小単位としての家族や地域の「絆」の再構築を支援する。世界情勢の変化にも柔軟かつ強かに対応する「温故創新」を旨とし、個人の自由と社会の秩序を調和させることを通じて、規律ある自由な社会を創る「新しい保守」の理念を実践する。他方、リベラリズムの衣を纏った社会主義思想は排除し、闘う保守を貫く。』

<この「リベラリズムの衣を纏った社会主義思想は排除し、闘う保守を貫く」という表現がスゴイよね。^^;要は「サヨクは排除」ってことね。(>_<)>

 次世代については、今後もアレコレ書いて行くと思うのだけど・・・。

 mewは、この政党は、今後の日本の政界再編や国政の流れを左右する可能性があると思うし。その点で、かなり注目&警戒をしている部分がある。(@@)

 幸か不幸か、次世代は現時点で参院議員が3人しかおらず。自民党と連立を組んでも、参院の過半数をとれないのだが。<自民党は参院過半数に9人足りないのよね。>
 ただ、みんなの党などと連携or合流すれば、過半数をクリアすることが可能になるし。自民党と連立を組む公明党に大きなプレッシャーをかけて、安倍政権をアシストする存在になることは間違いないからだ。(@@)

* * * * *

 いや、実のところ、彼らは既に、集団的自衛権行使の解釈改憲に関して、公明党に多大なプレッシャーを与えていたのである。(~_~;)
 
 先月21日、公明党の山口代表が、熊本での講演の中で、集団的自衛権の行使に関する自公与党の協議を振り返った時のこと。

 山口代表は、最後まで解釈改憲に異論を唱えており、一時は公明党が閣議決定に協力することに抵抗して、連立離脱や代表辞任をクチにしたこともあったと言われているのだけど。
 この講演の中で、連立離脱しなかった理由について、安倍官邸と石原&平沼新党との連携に危惧感を覚えたことを強調していたという。^^;

『公明党の山口那津男代表は21日、熊本市で開かれた党会合で講演し、集団的自衛権の行使を容認した1日の閣議決定に対する世論の批判を念頭に「(与党協議は)ちょっとスピードが速すぎたかもしれない。『もっと国民に分かるようにやれ』という意見は当然あった。(政府が示した)事例も理解しにくいものもあった」と、反省の弁を述べた。(中略)
 
 与党協議を巡っては「公明党が連立離脱を封印し、政府・自民党に足元を見られた」と指摘された。これについて、山口氏は講演で「公明党が離脱すれば政治が不安定になる。それは国民への裏切りだ」と反論。「安倍(晋三首相)さんが石原慎太郎さんと仲良くなって、国民の期待しない安全保障政策を取っていたら、(離脱した)公明党は別の意味で批判されただろう。そこまで考えて我々は行動した」と正当性を訴えた。(毎日新聞14年7月21日)』

 公明党が連立離脱せずに閣議決定に協力した理由は、実際には多々あるとは思うのだけど。
 ただ、石原太陽族が与党協議が混迷していた5月末に維新から離れることを発表したこと、そして、安倍官邸が、いざとなれば公明党を切って、石原新党などと連携する構えを見せていたことに、公明党がある種の圧力や今後への懸念を覚えたのは確かだろうし。それも最終的に閣議決定への協力を決意させた大きな理由になったのではないかと思われる。^^;

* * * * * 

 日本維新の会は、5月28日に、橋下代表が率いる旧大阪維新グループと、石原代表が率いる太陽族グループの2つに分党することを決定し、両代表が翌29日には両代表が会見を開いて、分党することを発表したのであるが。^^;
 その会見で石原代表が、このような発言をしていたのである。(~_~;)
 
「私はね、前の党首討論の時も申し上げたんですけどね、集団的自衛権の問題をめぐってこれからどういう展開になるかは分かりませんがね、安倍首相に申し上げた。
 『あなた、必ず公明党は足手まといになりますよ』と言ったんです。その通りになってきているんじゃないでしょうか」

 5月末と言えば、ちょうど与党協議が始まって、公明党が「今国会内での閣議決定は困難だ」と大抵抗を示していた頃。
 それゆえ、mewは、石原&平沼新党が、この時期にあえて分党を決めたのは、公明党にプレッシャーをかける意図もあってのことかな~と懸念していたのだけど・・・。(産経新聞もそれをアシストしていたりして?^^;>

 実際、公明党の側も、この分党を気持ち悪く思い、ある種の圧力を感じていたようだ。(~_~;)

『分党の行方を注視しているのは公明党も同じだ。ある同党議員は、集団的自衛権をめぐる与党協議に与える影響について「(行使容認に向け)自民党の圧力が強まるかもしれない。石原氏らが気持ち悪い存在になる」と語る。
 公明党側が懸念しているのは、首相サイドが石原氏の勢力を味方につけ、強気に出ることだ。「連立組み替え」という事態を想定しているのは間違いない。(産経新聞14年5月29日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍首相も内心では、とっとと公明党を切って、早くアニキ分の平沼赳夫氏や超保守仲間と連携して、もっと自分の思うような形で解釈改憲を行なったり、安倍カラー政策を推進したりしたいところだったのではないかと察する。^^;

 とはいえ、今年後半には重要な地方首長選、来春には地方統一選を控えているため、公明党の選挙支援の力を無視することはできず。参院の人数がまだ足りないこともあって、結局、公明党にかなり譲歩する形で解釈改憲の文案を修正し、何とか閣議決定にこぎつけたのだけど・・・。

 ただ、ここで石原・平沼新党の「次世代の党」が結党され、安倍政権をアシストする体制を調えたことには、かなり心強く感じているのではないかと思うし。
 また、安倍首相&周辺は、選挙対策やイメージ緩和のため、公明党との連立を維持したまま、次世代やみんなの一部と連携、連立することも検討しているという話も出ているとか。(-_-;)
<いつでも公明党を切れるような体制を作れば、今後の安保関連法案や教育再生などの安倍カラーの政策で、公明党に譲歩を迫りやすくなると考えているらしい。^^;>

 さらに、この件は改めて書きたいのだけど。安倍首相が、起死回生の一発を狙って、年内にも解散総選挙を断行するという情報も、まことしやかに流れるようになっている今日この頃。
 今後の政局において、次世代の存在は軽視し得ないように思っているmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 他方、次世代と分党した橋下維新派は、とりあえず暫定的に「日本維新の会」として新党設立の届出をすることに。今月3日には、結いの党と新党設立準備会を立ち上げ、9月初め(7日?)には新たな政党としてスタートする予定なのだけど・・・。

 次世代がどんどんと新党の準備を進めていた中、こちらは党名や党運営の体制など基本的な事項すらなかなか決まらず。集団的自衛権の行使や改憲に対する考え方の差異が改めて指摘されるなど、両党間の協議があまりスムーズにはかどっていないというのが実情だ。(~_~;)
(関連記事・『前原、メッタ打ちで初回降板&維新と結い、党名決まらずで、野党再編に暗雲)』)

 しかも、橋下大阪市長&松井大阪府知事が率いる大阪維新の会は、何とか大阪都構想の計画を前進させようと必死になっているのだが。府議会、市議会の野党(自公民など)の抵抗にあって、ボロボロの状態に陥りつつある。(@@)

 この件はざっと書くにとどめたいのだけど・・・。(ざっと書くと、わけわかんないかも知れないけど。^^;>

 橋下市長は、都構想の計画を決めるために作った法定協議会(以下、法定協)で、公明党が拙速な議論に難色を示したことに「維新との協力関係を約束していたのに、裏切った」と立腹。
 住民の意思を確認するとして、急に市長を辞任して出直し選挙を行ない、投票率20%台ながら、とりあえず勝利することに。<その際に、法定協の反対派のメンバーを差し替えることを公約にしていたらしい。>
 そこで、橋下市長は、宣言通りに法定協のメンバーを入れ替え、維新主導で全体の計画を決めたのであるが。野党議員がこれに反発を示して、大抵抗しているのである。(@@)

『大阪維新の会のメンバーのみで大阪都構想の設計図(協定書)を完成させたことについて、野党会派からは批判が噴出した。
 自民党の大阪府議は「法定協議会での議論は単なるアリバイ作りに過ぎず、協定書は結果ありきのできレースだ。住民投票にかけられるような状態ではない」と非難。公明党市議も「維新が強硬姿勢を貫いたことは極めて遺憾だ。市民のためになるのか議論しない段階で、協定書に賛成できない」と同調した。
 この日の法定協を傍聴した民主党府議は「反対派を排除し、ずさんな計画を作ったことは今後、大阪の大きな汚点になるだろう」とあきれたように述べた。
 一方、共産党市議は橋下氏らが協定書について、議決を経ずに首長が決定できる「専決処分」も検討していることに「法律上は本来認められないもので、法的措置も考える」と述べた。(産経新聞14年7月24日)』

『大阪市議会は25日の臨時議会で、同市と大阪府を再編する「大阪都」構想の設計図に当たる協定書の無効を宣言する決議を、大阪維新の会を除く賛成多数で可決した。協定書は2017年4月に市を解体し、五つの特別区を設置する内容。知事や市長、府議、市議らが委員の法定協議会(法定協)が23日、維新委員のみの出席で作成した。(中略)
 府議会では同日、同様の条例案を賛成多数で可決したが、松井知事が再議に付した結果、再可決に必要な出席議員の3分の2以上の賛成を得られなかったため、同条例案は廃案となった。(時事通信14年7月25日)』

* * * * * 

 いくら維新主導で強引に計画を決めて、都構想の協定書を作ったとしても、府議会や市議会の承認を得ない限りは、有効なものとはみなされず。国に(総務大臣に)提出して、具体的に計画を進めることはできないし。国では政権与党である自公と正面衝突すれば、協定書の承認や国の協力を得ることは困難になると思うのだけど。
 橋下市長は、もはや意地になっているような感じで、無謀な戦いを繰り広げているのである。(~_~;)

 しかも、今年にはいって、大阪維新の府議、市議の離脱が相次いでおり、府議会、市議会の勢力がどんどん低下していることから、維新は秋以降はさらに苦しい状況に立たされると見られているし。橋下氏らの維新内での求心力や大阪府市内での人気も低下しつつあるため、その影響が維新&結いの新党に及ぶおそれが大きい。^^;

 それゆえ、mewは、結いの党は、維新との合流に慎重に対処すべきではないかな~と考えていたのだけど。橋下がアウトになれば、新党の支配権を江田が握ることになるので、却ってハト派勢力には都合がいいかも」という知人の言葉に、「なるほど」と思ったりもして。(・・)
<mew的には、海江田民主&結いが中心となって、生活や社民などと連携して行くのが望ましいと思っているので。>

 そして、超保守政党の結党&安倍自民との連携に対抗するためにも、万一の年内解散総選挙に備えるためにも、早く平和&リベラル志向勢力も結集&連携を急がなければと思うmewなのだった。(@@)
                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-08-02 08:01 | 政治・社会一般 | Trackback(2)