人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【秋天の出馬表を見てて思った。そう言えば、菊花賞のこと書いていませんでしたね!(・o・)
 20日に行なわれたJRAの菊花賞は、3番人気のワールドプレミアwith武豊が優勝した。(*^^)v祝 2着は8番人気のサトノルークス(福永)、3着は1番人気のヴェロックス(川田)だった。

 何か昔はGIのたびに「またユタカかよ~」ってぼやいてたんだけど。最近は、GIとると「お~、ユタカ、よく頑張ったね~。うまく乗ってた」とか喜んじゃったりして。
 何と今回の菊花賞は、05年のディープインパクト以来、14年ぶりの勝利だったとのこと。それも、そのディープの亡くなった年に、しっかりディープっ子で勝つなんて。ユタカも50代になって、昭和・平成・令和でGI勝ちをおさめ、何だかだんだん、大井の的場さまみたいに、レジェンド化しつつある感じ。(@@) <文を一部、修正>
<一応、三連複はとった。でも、京都12Rでアウト~!^^;>
 
 そして何と340kgしかない(大きめの馬より200kgも小さい)牝馬のメロディーレーンが、見事に5着入賞。この身体で競馬にデビューするだけでもスゴイのに。牡馬クラシックで、本当によく頑張りました! o(^-^)o

 春にも書いたと思うけど。今年の3歳は、これぞという馬がおらず。しかも、ダービー馬のRバローズは屈腱炎で引退しちゃったし。皐月賞馬のサートゥルナーリアは、距離適正を考えてか菊花賞は回避して秋天に行っちゃうし。<今年の秋天はメンバー的に興味深いかも。>
 ヴェロックスは底力はあるけど、勝ち切れないタイプのようで。結局、春は間に合わなかったWプレミアが最後の一冠を持って行ったわけなのだけど。どの馬も、古馬になったらどうなるか、まだよくわからないな~と思ってるmewなのだった。(@@)<う~ん、みんな善戦マンで終わっちゃうのかな~?いや、最近の川田が善戦マンなのかな?^^;>】

* * * * *

 ところで、昨日の記事の最後に、菅原経産大臣について『まずは今日の国会での説明をきいてみたいと思うのだが。<説明がつかないと思ったら、その前に辞表を出しちゃうかな?>』と書いたのだけど・・・。
https://mewrun7.exblog.jp/28663159/
<『菅原、秘書が香典渡す写真掲載で崖っぷち。与党からも辞任圧力か?+数字分析で野党の選挙戦略』>

 菅原大臣は、やはり説明がつかないと思ったようで、国会が始まる前の午前8時台に首相官邸に辞表を提出。自ら閣僚を辞任した。<後任は、梶山弘志衆院議員。衆院7回。元地方創生相。あの梶山静六氏の息子。>

 菅原氏は辞表を出した後、ぶら下がりの会見を行なったのだけど。辞任の理由はあくまでも「私の問題に関して国会が停滞する、法案審議ができないということは私の本意ではない」というだそうで。自分のブログにも「政治家としてきちんと説明を果たしていきたい。明日、国会でお話をする所存である」と書いていたのに、結局、まともな説明はなされず。

 一応、秘書が香典を持参したことは認めたものの、「10月17日に、私が通夜に出るつもりだったが、台風19号の閣僚会合が急きょ入ったため、翌日の葬儀に香典を持参した。秘書も渡していたことは後で知った(あとで一方を返された)」と説明。<読売新聞に「違法性の認識がなかったことを言外ににおわせた」との一文が。なるほど。^^;>

 他のことについては、「事実関係をよく確認いたしまして説明責任を果たしていきたい」と述べるにとどまり、結局、様々な疑惑の真相はわからずじまいだった。(~_~;)

 菅原氏は、菅官房長官に近い存在で、菅長官の要望によって(安倍周辺が反対したのに?)入閣が決まったと言われているのだが。どうやら、これ以上、(のらくらとごまかして?)逃げるのは難しいと判断した菅長官を含む首相官邸サイドが、昨夜、菅原氏に辞任を求めたという見方が強いようだ。(・・)

 官邸のドンである菅長官にとっては、チョット痛いところだろう。_(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 菅原氏は、入閣する前日、菅長官への感謝の思いをブログにつづっていたという。(・o・)

『菅原氏は内閣改造前日の9月10日夜に更新したブログで、安倍晋三首相から電話で経産相就任の打診があったことを「57年間の人生で、経験したことのない感動の瞬間だった」と明かし、菅原氏を推したとみられる菅氏への感謝の言葉をつづっていた。

「そして、国会において政治の師である菅義偉官房長官のご指導の賜物である。菅長官はどんな時も、温かく、そしてきめ細かに指導をしてくださった。政治の師であり、人生の師である」

 菅原氏は、菅氏に近い議員による勉強会「令和の会」を立ち上げるなど、非常に関係が近い人物として知られていた。(J-CASTニュース19年10月25日)』

 しかし、菅原氏の問題で、国会審議の停滞を懸念した官邸は、早々に菅原切りを決めた。(~_~;)


『首相周辺によると菅原氏の辞任が事実上固まったのは24日夜だったという。「首相は報道が出る前から判断していた。総合的に考えた」と説明した。

 外堀は早くから埋まっていた。野党は24日の段階で菅原氏の説明がない限り一切の国会審議に応じない姿勢を示していた。後半国会は日米貿易協定案や憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案など、重要課題が控えている。首相の外遊も予定されており日程はタイトだ。菅原氏が野党の追及で立ち往生したり、市民団体などが菅原氏の刑事告発すれば、野党がますます硬化するのは確実で、内閣支持率にも影響しかねなかった。政府・与党内には菅原氏の辞任やむなしの空気が広がった。国対経験が長い菅原氏も事情を察し、苦渋の決断をした。

 首相はもちろん、菅氏にとっても痛手といえる。菅原氏の入閣には慎重な首相側近の意見がある一方で、首相が菅氏の進言を受け入れた経緯があるためだ。野党は勢い付き、北村誠吾地方創生担当相らを「次の標的」と定めている。北村氏は岸田文雄政調会長率いる岸田派の希望で入閣した。自民党ベテラン議員は「首相側近がねじこんだ閣僚が政権のリスクになっている」と語った。(産経新聞19年10月25日)』

* * * * *

『菅原一秀前経済産業相が25日、自らの公職選挙法違反疑惑を報じた週刊誌の発売翌日の「スピード辞任」に至ったのは、安倍晋三首相の意向による事実上の更迭劇といえる。政権に与える打撃を最小限にする狙いだが、菅義偉官房長官が菅原氏の入閣を働きかけた経緯があり、与党内には「側近人事が甘かった」との批判がくすぶっている。閣僚の辞任が続く「辞任ドミノ」への警戒もある。

 「重要な行政、政策立案分野において一刻の停滞も遅滞も許されない」。首相は25日、菅原氏の辞任を受け、官邸で記者団に厳しい表情で語った。

 菅原氏は24日深夜に更新したブログで「明日、国会でお話をする」明記し、25日の衆院経産委員会で説明する意向を示していた。
 しかし、菅原氏はその前に官邸で首相に辞表を提出した。首相はその後10分とたたないうちに後任の梶山弘志経産相を官邸に呼んで就任を打診。午後には皇居での認証式に臨んだ。(同上)』

* * * * *
 
『自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国会対策委員長らは25日、国会内で断続的に協議し、週明けの28日から国会を正常化させることで折り合った。森山氏は会談後、記者団に「今後このようなことがないように、ご努力をいただきたい」と政府に苦言を呈した。(略)

 菅原氏の早期辞任で、自民党は国会審議への影響を「最小限に食い止められた」(森山氏)と見ている。しかし、野党は「敵失」に勢いづいており、立民幹部は「首相の任命責任は重い。与党の思惑通りにはいかない」とけん制した。(読売新聞19年10月25日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 今回は、昨日の記事にも書いたように自民党の幹部も見放している様子。同じ自民党閣僚からも批判めいた発言がなされていた。

『菅原氏には身内からも厳しい意見が出ている。自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で「一人の衆院議員として、説明責任を果たすべきだ」と指摘。開催実績が少ない政治倫理審査会の開催に言及するなど、説明責任を強く求めた。(産経新聞19年10月25日)』

 もちろん、野党は、この敵失に勢いづいている。

『野党は菅原氏の辞任を追い風に、さらに政府追及を強める構えだ。
 「選んで1カ月もしないうちの辞任だから当然任命責任はある。首相をたださなければならない」

 立民の安住氏は25日、菅原氏の辞任をめぐり与党側に衆院予算委員会の集中審議を開くよう求めた。福山哲郎幹事長も「疑惑はより深まったと言わざるを得ない。本人がしっかりと説明責任を果たしてほしい。辞めて済むわけではない」と述べた。

 共産党の穀田恵二国対委員長は、週刊文春による菅原氏に関する一連の報道について「事実なら議員辞職に相当する」と強調した。(産経新聞19年10月25日)』

<ちょっと、脱線するけど・・・。

 何だか、産経新聞に菅原氏に対してやや冷たい内容の記事が多いと思うのは、mewだけかしらん?
「菅原氏の入閣には慎重な首相側近の意見がある一方で」なんて一文があったのを見ると、もしかして、菅原氏は超保守派には好かれていなかったのかな。
 いや、超保守派の中には、菅長官が自分の仲間を要職に起用するようになって、その勢力があまりに拡大するのがイヤな人がいるのかも。(~_~;)>

* * * * *

 安倍首相は、相変わらず「任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことに対して、国民の皆様に深くおわび申し上げる」と謝罪していたのだが・・・。

 安倍二次政権が始まってから、もう9人の閣僚が問題ある言動でやめていて。そのたびに
任命責任は私にある」と言っているのに、実際には、全く責任をとろうとはしておらず。

 しかも、口利き疑惑で経済財政大臣を辞任した盟友の甘利明氏は、もうほとぼりが冷めたと思ったのか、近時は、自民党の選対委員長や税制会長のような要職に起用されているし。
 自衛隊の日報隠しなどのため防衛大臣を辞任した安倍っ娘の稲田朋美氏も、今回は二階幹事長に次ぐ地位である幹事長代行に抜擢され、しっかりと出世しているし。 責任どころか、さほどのマイナスを被っていないのである。(-"-)

 何故、そうなるのか・・・結局は、毎回、同じ話になってしまうのだが。(この二つも表裏一体の関係にあるのだけど)メディアがきちんと安倍政権の政治を監視する役割を果たそうとせず。また、国民の多くがまともに政治に関心を持っていないからだろう。(・・)

 今回の菅原氏の辞任も、豪雨の報道は致し方ないとして、チュート徳井の税金申告問題が拡大したことで、どんどんかすんでしまってる感じがあるし。菅の力が減じると、安倍とりまきの超保守仲間が動きやすくなるし。
 また、安倍官邸は、何事もなかったかのような顔をして、好き勝手なことをやるのかと思うと、暗澹たる気持ちになってしまうmewなのだった。_(_^_)_

 THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



by mew-run7 | 2019-10-26 02:51 | (再び)安倍政権について


頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


 この記事はオール・イチローです。<午後に政治、社会系の記事を>

 昨日、MLB・シアトル・マリナーズのイチロー(45)が、今年2戦め(日米通算3563試合め)の試合出場を果たした後、引退を発表した。

 まずは、長い間、本当におつかれさま&有難うと伝えたい。m(__)m

 本人は、本気で最低50歳まで現役を続けたいと考え、身体もキープすべくずっと努力していたし。また、ワールドシリーズ優勝できなかったのは、本当に残念だと思うけど。最後の試合でも、本人も言っていたように、何とか1本打ちたかったと思うけど・・・。
 でも、これだけ国内外のファンや選手に惜しまれて、いい形で最後の試合が迎えられて、本当によかったと思う。(*^^)v祝

* * * * *

 昨日は、日本選手+αの時だけ世界フィギュアを観たほかは、イチローに釘づけ。試合を最後まで観戦。試合後にグラウンドに戻って来たとこも、その後に1時間以上行なわれた記者会見もぜ~んぶ観てしまった。(@@)
<「何とか一本打ってくれ~」と、ふと気づいたら、つい手を組んで祈ってたりして。グランウンドを去る時と、試合後に戻って来た時は、やっぱ、つい涙がこぼれてしまったベタなスポーツ好きのmew。(ノ_-。)>

 mewは、(少し前まで?)そこそこの野球ファンで。イチローに関しては、ちょうどオリックス時代からずっと見て来たし。好きとか嫌いとかを超越して、まさに平成の野球界のスーパー・スター、スーパー・ヒーローなのである。(**)

 しかも、イチローの場合、かなり地道でストイックなところがあるのも、魅力だった。
 小学生の頃から、ひたすら安打を打つことを目指して、バッティングセンターで練習。愛知名電工高まで投手も務めていたが、オリックスにはいってからは外野手に専念し、超ハイレベルな攻走守そろった選手に成長。<Dコーチに好かれず、1軍定着できなかたけど。仰木監督の目に留まって、レギュラーにしてもらって本当によかった。"^_^">
 そこから、マリナーズにはいり、大リーグで活躍することになるのだが。<オールド・ファンは、MLBではなく、大リーグと呼ぶ?!>

 どんなに大選手になっても、早くから球場入りして入念に体を作り、グラブは自分で磨き・・・。生活のほぼ全てを野球のために費やすことができるわけで。本人も言っていたように、野球を愛する気持ちが本当に強く、それゆえに努力も続けられる、いわば野球愛&努力の天才でもあるのだ。(・・) <引退後も(元イチローとして?)草野球を極めたいって言ってたし~。(~~)>

<競馬騎手の武豊(50)も同じで競馬愛&努力の天才。競馬も肉体的には厳しい競技で、年齢を経ると、身体の筋力キープや減量がきつくなるのだが。60歳まで現役を続ける気でいるユタカは、今でもしっかり身体をキープ。しかも、 趣味が競馬で、中央競馬のない日は積極的に地方競馬にも乗りに行くし。時には地方競馬の馬券を買ったり、自宅で競馬の映像を観たりしてるし。イチローみたいな形で、念願の海外進出はできなかったけど。こうなったら、せめて悲願の凱旋賞は勝たせてあげたいな~。(++)>

 イチローについて書き始めたら、キリがなくなりそうなので、これで終わりにするが。たぶん、こんなに日米のファンや野球関係者から敬愛される選手は、そう簡単には現れないと思うし。心から誇りに思う。改めて、本当に有難う!m(__)m
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 以下、イチローに関する記録を・・・。<通算成績、数字は*1に>

 イチロー 所属シアトル・マリナーズ 外野手、右投げ左打ち 背番号#51

 生年月日1973年(昭48)10月22日 
 身長、体重 180センチ、77キロ 出身地 愛知県
 経歴 愛工大名電-オリックス-マリナーズ-ヤンキース-マーリンズ
 ドラフト年度と順位 1991年4位 
 メジャー移籍 2001年オフ・ポスティングシステム

 本名・鈴木一朗。愛工大名電高では投手として甲子園に2度出場。91年ドラフト4位でオリックス入団。94年に日本プロ野球史上初めてシーズン200安打に到達(210安打)。00年まで7年連続パ・リーグ首位打者。00年オフにポスティング制度でマリナーズ移籍。野手では日本人初のMLB入り。新人でア・リーグ首位打者、盗塁王とMVPに輝いた。04年にMLB新記録の262安打を放ち、2度目の首位打者。01~10年に10年連続で200安打、打率3割、ゴールドグラブ賞、オールスター出場。07年オールスターでは史上初のランニング本塁打を放ちMVP。06、09年WBC代表。12年7月にトレードでヤンキース移籍。15年マーリンズ移籍。10月にはメジャー初登板(1回1失点)を実現させた。16年8月、史上30人目のメジャー3000安打を達成。18年3月、マリナーズに復帰した。家族は弓子夫人。(日刊スポーツより)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 年表で振り返るイチローの野球人生…スポーツ報知

 ▼1973年 10月22日、父・宣之さん、母・淑江さんの間に愛知県で生まれる。

 ▼82年 小学3年生の時に豊山町スポーツ少年団に入団して本格的に野球を始める。

 ▼85年 小学6年で同チームをエースで4番として初の全国大会に導く。

 ▼86年 愛知・豊山町立豊山中学の軟式野球部に入部。

 ▼88年 中学3年で全国大会3位に食い込む。

 ▼89年 愛知の名門・愛工大名電高に入学。1年ながら三塁でレギュラーに。

 ▼90年 夏の甲子園に出場し、「3番・左翼」で先発も初戦で優勝した天理高に敗れて敗退。

 ▼91年 春のセンバツに「3番・投手」で出場も初戦敗退。高校3年間の打率5割超え。ドラフト4位でオリックスから指名を受ける。

 ▼92年 プロ1年目。7月11日に守備でプロ初出場。翌12日にプロ初安打。ジュニア球宴(現フレッシュ球宴)でMVP受賞。

 ▼93年 「9番・中堅」で初の開幕先発。6月12日に、野茂からプロ初本塁打。

 ▼94年 開幕直前に登録名を「イチロー」に変更。初めて年間を通して試合に出場し、NPB史上初の200安打となる210安打を記録し首位打者に。打者最年少(21歳)MVPに輝く。

 ▼95年 1月に本拠地・神戸で阪神・淡路大震災。MVP、首位打者などに輝き、チームをリーグVに導く。

 ▼96年 球宴でマウンドに上がり、高津を遊ゴロに打ち取る。2年連続Vで日本シリーズで巨人を破って日本一に。

 ▼97年 NPB記録となる216打席連続無三振を樹立。

 ▼98年 NPB史上初となる5年連続首位打者に。

 ▼99年 シーズン前にマリナーズのキャンプに参加。オープン戦にも出場した。NPB史上最速の757試合目で1000安打到達。シーズン終了後に元TBSアナウンサーの福島弓子さんと結婚。

 ▼2000年 NPB最終年。打率は自己最高の3割8分7厘をマーク。オフにポスティングシステムでマリナーズ入りが決定。

 ▼01年 「1番・右翼」で開幕先発をつかむと、242安打の新人最多安打記録を樹立。メジャー最多116勝の強さでリーグ優勝。MVP、新人王、首位打者などに輝く。

 ▼02年 3割2分1厘をマークするも、NPB時代からの首位打者が8年連続で止まる。

 ▼03年 球宴に新人から3年連続で最多投票で選出。メジャー初の2ケタ本塁打となる13本塁打。

 ▼04年 5月に日米通算1465試合目で通算2000安打を達成。絶好調でメジャー記録となる262安打を記録。3割7分2厘でメジャー2度目の首位打者に。

 ▼05年 6月に史上3位のスピードとなる696試合目で通算1000安打達成。

 ▼06年 第1回WBCに出場し、1次予選から決勝まで全試合で安打を放ち、初制覇に大きく貢献。シーズンでも224安打を放ちメジャーでは2年ぶり3度目の最多安打。

 ▼07年 球宴で史上初のランニング本塁打を放ち、MVP受賞。238安打で2年連続最多安打。

 ▼08年 オープン戦で26打席連続無安打ながら、シーズンでは3割1分を放って最多安打に。

 ▼09年 第2回WBCに出場。不調に泣かされるも決勝でV打を放ち2連覇に貢献。9月に史上2位の速さでメジャー通算2000安打。

 ▼10年 10年連続200安打達成。3割、球宴選出、ゴールデン・グラブ賞も10年連続に。

 ▼11年 184安打、2割7分2厘でメジャーで初めて200安打、3割に届かず。

 ▼12年 7月にヤンキースへトレードで移籍。プレーオフに出場もリーグ優勝決定戦で敗れる。

 ▼13年 8月に日米通算4000本安打達成。

 ▼14年 メジャー移籍後最少の出場143試合にどどまり、オフにはFAに。

 ▼15年 マーリンズに移籍。自己ワーストの34打席連続無安打を経験。8月にタイ・カップの史上2位・通算4191安打を日米通算で抜く。最終戦ではメジャー初登板。

 ▼16年 6月にピート・ローズが持っていた通算4256安打を日米通算で抜き、ギネス記録に認定される。8月にはメジャー通算3000安打到達。

 ▼17年 シーズン代打安打が27本で、メジャー記録にあと1本と迫る。

 ▼18年 マリナーズに復帰。開幕戦に「9番・左翼」で先発も、5月に会長付特別補佐に就任して、その後は試合出場せず。

 ▼19年 渡米後初めてマイナーからの招待選手としてキャンプに参加。

 mew加筆 19年3月 日本で行なわれた開幕戦2戦に「9番・右翼」で先発。21日 現役引退。

 I MISS YOU、ICHIRO! 妻・弓子さんはまさにパートナーとして、柴犬の一弓(いっきゅう、一朗&弓子のワンコだからなのね)もイチローいわく「18歳近くまで頑張って生きてて」、最後までイチローを支えてくれて有難う。(~~)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
by mew-run7 | 2019-03-22 10:35 | 政治・社会一般


  今日は、このあとに2本めもアップしました。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



この記事は、政治のことを離れて、「ばんえい競馬」の話を。

 ばんえい競馬は、1000kg前後もある<ふつうのサラブレッド
の2倍以上の大きさ>の大型のばん馬が、500~900kgほど
の重量がある鉄のソリをひく形の、世界でも日本の北海道にしかない、
競馬で。北海道の開拓&農耕の歴史を反映した、極めて文化的な競馬
だということもできる。(・・)

<mewは、ばん馬にまたがらせてもらったことがあるのだけど。背中の
幅がめ~っちゃ広くて、ちょっと動いただけでも、反動がスゴくて、
迫力満点だったですぅ。(@@) でも、先日も大井競馬場にばん馬
が来たので、チョットふれあったりもしたのだけど。馬体や顔も大きい
けど、目もクリッと大きくて、かわいいんですよね。(~~)>

* * * * *

 ところで、23日(月)、帯広競馬場で「JRAジョッキー
DAY」が開催されるので、まずは、そのお知らせを。(**)

<詳細は、ばんえい競馬サイトのコチラのページに。>

 これは、JRAの騎手たちが、ばんえい競馬の普及を目的と
して、ばんえいのレースに挑戦するほか、各種イベントに参加する
ものなのだが。レースに関しては、どの騎手も、かなりマジに
なって取り組む姿が見られ、面白い&ちょっとカワイイ。(~~)

<このイベントは、地元・北海道出身の藤田くんが主導する形で
スタートしたとのこと。ヤンチャだけど、いい人やん。"^_^">

 参加予定の騎手は、下記の通り。今度で、4回目になるのだけど。
今年は、ようやく負傷から復帰し、早速、重賞をとった武豊が
初参加することになった。

・安藤勝己(4回目)
・上村洋行(初出場)
・勝浦正樹(4回目)
・四位洋文(4回目)
・武幸四郎(3回目)
・武豊(初出場)
・田中勝春(初出場)
・藤岡佑介(初出場)
・藤田伸二(4回目)
・横山典弘(2回目)

<1.3回目は安藤が、2回目は藤田が優勝。>

 尚、JRA騎手たちによるエキシビション・レースは、1回目が
18:55頃~(9R後)、2回目が20:15頃~(11R後)
に行なわれる予定。他にも14時から、様々なイベントが行なわ
れる。
 また直営場外でも、JRAジョッキーのサイン色紙が当たる
抽選会が行なわれるとのこと。(・・)

 お近くの方は、是非、帯広競馬場や直営場外にお出かけ下さい
ませ。m(__)m

 お近くにお住まいでない方は、スカパーやネット(ばんえい
オッズパーク)でご覧頂けるのではないかと思うです。
<自信がないけど、たぶん・・・。^^;>

 以上、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(^^♪

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、今、「中高年&リストラの星」として、ばんえい競馬で
最も注目されているかも知れないばん馬のお話を。

<「輝けっ、中高年の星! ゴールデンバージ」という特設サイト
もできたですぅ。(・・)>

『中年リストラ馬、「馬肉」寸前から快進撃

 北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬」で15日、第4レース
(10頭立て)に出走した13歳の牡馬「ゴールデンバージ」
(山田厩舎・山田勇作調教師)が、2着に3・3秒差をつけ圧勝
した。人間の年齢に換算すると56歳という同馬は近年、レース
成績が奮わず、1度は馬肉処理される寸前まで追い詰められていた
が、異例の再登録を果たした7月の復帰戦で勝利して以降、この日
で3戦2勝。関係者も驚きの快進撃を見せている。

 「行けっ!! 行けっ!!」。1度はリストラされた高齢馬が、
北海道帯広市の「ばんえい競馬」で激走。おじさんたちの胸を熱く
している。

 この日も勝った。単勝3・0倍の1番人気に推された第4レース。
ゴールデンバージは見事、ファンの期待に応えた。道中2番手から
最後は差し切って、2着に3・3秒差の圧勝。同馬を管理する山田
勇作調教師(65)も「これほどとはね。まだまだいけるよ」と
手放しで喜んだ。

 ゴールデンバージは1997年生まれで、99年にデビュー。
現在13歳。人間の年齢なら56歳になるという。デビュー当初は
順調に勝ち星を重ねていたが、徐々に成績が落ち、2008年6月
のレースを最後に事実上の“引退”。09年10月には競走馬登録
を抹消された。

 その後は道内各地の草競馬で走っていたが、ここでも成績は低迷。
サークル内に「もはや桜肉か…」の空気。最悪はそういうコースを
たどる馬肉処理のウワサが流れた。

 この絶体絶命の危機を救ったのが、かねてからゴールデンバージ
の素質を見抜いていた山田調教師だった。親交のあった馬主に
「安いから」と頼み込み、買ってもらったという。

 ここから奇跡が生まれる。調教では「馬肉にされたらたまらん」
と言わんばかりの走りで、若い馬を蹴散らした。「本番ではどう
か!?」。山田調教師は半信半疑だったが、7月2日の再登録後、
検査も難なくパスし、同19日のレースで復帰。なんとここで後続
を約10秒引き離す離れ業で圧勝した。

 2年1カ月のブランクをものともせず関係者も驚きのカムバック
を果たしたゴールデンバージ。2戦目は調教不足で5着に終わった
が、復帰3戦目となったこの日、再び強烈な強さをみせつけた
(通算成績は15日現在、207戦34勝)。

「これまで本気じゃなかったのかね。65歳の私も元気をもらって
います。全国の中高年の皆さんも、がんばってください」(山田
調教師)

 ハイセイコー、オグリキャップ、ハルウララらに続く地方競馬
『新アイドル誕生』の予感だ。
<サンケイスポーツ 16日>』

* * * * *

 正直を言えば、昔は、ムチを入れて重いソリをひかせるばん馬
のレースを見て、ちょっとコワイ&残酷なイメージを持っていた
のだけど・・・。^^;

 地方競馬などを楽しむようになって、日本は長い間、様々な
階層や職業の人たちが、全国各地で、色々な種類の馬と接して、
共に働いて来たこと、そして、共にそれぞれの地域の歴史や文化
築いて来たことや、地域の人たちの娯楽にもなって来たことが
わかったし。
 ばんえい競馬は、まさに地域に根ざしたものゆえ、是非是非、
この文化を守りたいな~と思うようになったです。(**)

<中央競馬は、地域に根ざしたものではなくて、国が英米の影響
を受けて、あとから強引に作ったものなのだけど。コチラは、
もともと国営で、規模も大きかったし。地方自治体の財政悪化
もあって、結局、中央競馬よりもずっと早く行なわれていたとこも
含めて、地方競馬の方がどんどん衰退してしまうことになったの
ですよね~。(-"-)>

 というわけで、この記事のゴールデンバージ、ばんえい競馬、
地方競馬もよろしくお願いします。m(__)m

 以上、お盆休みは「大井へGO!X2」がメインの遊びだった
&400倍ゲットなど、そこそこ好調で、チョットご機嫌だった
mewでした~。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

by mew-run7 | 2010-08-21 07:21 | スポーツ・競馬

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 まず、競馬の話を・・・。

  3月に落馬&骨折をして、長期休養をしていた武豊騎手が、先週
小倉競馬で復帰。
 そして、昨日、小倉12Rで、何と133日ぶりにレースでの
勝利を挙げた。(~~)

 若い時は、かなり重度の骨折をしても、驚異的に早い回復を
見せて、すぐに復帰して。しかも、しっかりリーディングまで
とっていたユタカ騎手なのだけど。
 もう40歳を超えて、さすがに若い時のようには、行かず。
肩のリハビリが長引いて、レースへの復帰も、予定よりも大幅に
遅くなってしまった。

 ただ、それだけに喜びも一入だったようで・・・
『長く苦しい空白からついに解放された。「特にうれしい1勝です
ね。馬が気を使って走ってくれたのかな(笑い)。乗っているだけ
でした。良かった。拍手も聞こえましたよ」と笑顔で話した。
<日刊スポーツ7日より>』

<何か本当に新人騎手のように、基本の前傾姿勢をキープしたまま
きっちりと逃げて、勝利したという感じだったのよね。"^_^"
 お陰様で、三連単ゲットでした。(+_+) kinou wa sokosoko plus>

 ユタカ騎手は負傷のために、期待していたヴィクトワールピサの
皐月賞、ダービーにも騎乗できず、とても残念がっていたのだけど。
<岩田騎手が代打騎乗して、皐月賞1位、ダービー3位。>
 そのVピサ号が、フランスのGI・凱旋門賞に挑戦することが
決まり、まだ負傷治療をしていたユタカ騎手に騎乗依頼があった
とのことで。それも、リハビリの大きな励みになったようだ。(・・)

* * * * *

 武豊騎手は、競馬界全体で、しかも競馬史上TOPの第一人者
であって。個人的にも、好きなタイプの騎手ではあるのだけど。
 ただ、中穴党の馬券士mewにとっては、どのように馬券に
絡めるか、悩みの種になる騎手でもある。<南関の戸崎同様、
完全に無視するのはコワイbut信頼して買った時に、来ないとか。>

 でも、さすがに4ヶ月もユタカがいないと、チョット寂しい気分
になるとこがあったし。
 もうほとんどJRA記録を塗り替えているユタカが、次に目指す
べきは、岡部騎手などが持っている最年長XXX記録を更新する
ことぐらいしかないのだから。(笑)
 まだまだ、ここから頑張って、鉄人騎手の称号を得るべく、
長~くレースに乗っていて欲しいと願うmewなのだった。(@@)

<そう言えば、ユタカ夫妻も、エビマオの披露宴に出席して
いたのよね。久々に、奥さまの佐野量子さんと一緒の写真を
見ちゃったですぅ。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 さて、武豊騎手は、133日ぶりに戦列復帰後の勝利を、
しっかりとあげたのだけど・・・。

 自民党は、なかなか与党に復帰できる可能性は乏しいような
感じが・・・。
 そして、今日8日で、ついに野党暮らしの期間を更新して
しまったという。(・o・)

『自民の野党暮らし最長=細川・羽田政権期を突破

 昨年9月の政権交代で始まった自民党の「野党暮らし」が8日で
327日間となり、非自民連立政権だった1993~94年の
326日間を上回った。
 先の参院選では改選第1党となったが、政権奪回への道のりは
依然として厳しい。衆院議員の任期はまだ3年あり、「最長記録」
の更新がしばらく続きそうだ。

 55年に結党した自民党は、93年8月9日、細川内閣の誕生で
初めて野党に転落した。しかし、同内閣に続く羽田内閣を総辞職に
追い込み、94年6月30日の自社さ3党連立の村山内閣発足で
政権復帰を果たした。

 昨年8月の衆院選で大敗、2度目の野党生活を送っているが、
前回との最大の違いは衆院議席の数だ。93年は野党とはいえ、
223議席の比較第1党で、第2党だった社会党(70議席)の
3倍以上あった。これに対し、現状は116議席しかなく、307
議席を有する民主党の4割にも満たない。

 谷垣禎一自民党総裁は5日の記者会見で「一刻も早く衆院解散
に追い込んで政権を取り返すために努力する。それ以上、特段の
考えはない」と平静を装った。ただ、参院選比例代表の得票数は
3年前に比べ約247万票減少。完全復調とは言えず、次期衆院選
で一気に与党に返り咲くのは困難との見方が多い。党内には「野党
生活が長引けば、民主党との大連立志向が強まる」(閣僚経験者)
との声もある。<時事通信8日>』

* * * * *

 昨年8月末の総選挙で負けて、与党の座から転落してから、
自民党議員にとっては、この1年は、本当に長~い長~い&
恐ろしくツマラナイものだったことだろう。(~_~;)

 実際には、この与野党の役割を見直す必要があるとは思うの
だけど。
 日本の政治&国会では、野党というのは、国政にはほとんど
タッチできず、基本的にアチコチで与党の批判をしたり、国会
運営のジャマをしたりする以外、な~んもできない存在なので
ある。(-_-)

 93年の細川政権の時は、小沢氏が離党したことで下野した
のであって、決して選挙で負けたというわけではなかったし。
 しかも、選挙では自民党が200議席以上をとって、第一党を
維持したのに対して、相手は、いつバラバラになってもおかしく
ないような8党の連立政権だったので、すぐにでも与党の座を
取り返せる、取り返そうという意欲やモチベーションをキープ
することもできたと思うのだけど。

<実際、細川氏のスキャンダル、小沢幹事長との軋轢で、
細川政権は解体。自民党は、長年のライバルの社会党、さきがけ
と連立組むというウルトラ技で、政権与党の座を取り戻した。^^;>

 前回の総選挙では、衆院で100議席チョットしかとれない
大敗だったし。民主党(の全部or大半)と連立を組まない限り、
政権与党の座につくことことができないのだけど。
 今度は、衆院で300議席以上とった民主党という一つの政党が、
相手になっているだけに、そう簡単にコトが運ばない。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 まあ、正直なところ、もし菅民主党が、この参院で単独過半数
でもとって、民主党政権を磐石な状態にしてしまっていれば、
自民党の議員たちは、かなり失望して、モチベーションを失い、
どんどん解体への道を進むしかなかったと思うので。それを実現
できなかったのは、mew的にも、すごく残念だったし。

 今回の参院選で第一党になったことで、議員たちもチョット
意欲を取り戻したところがあって。
 民主党が参院で過半数を持っていないことを利用して、長老
たちは、何とか自民党と連立を組ませようとアレコレ動いている
ようだし。執行部は、何とか早期解散に追い込もうと考えている
ようだ。(・・)

 客観的に考えて、前回の参院選の票数や、党の支持率を考え
たら、年内に早期解散をしても、自民党が第一党になれる可能性
は乏しいのではないかと思うのだけど。

 ただ、民主党の小沢一郎氏が、自民党の森喜朗氏らと会って、
水面下で交渉を行なっているとのこと。
 もし小沢氏や彼に近い人が民主党の実権を握った場合には、
自民党の全部or一部と連立を組むこともあり得るし。
、また、小沢グループが離党して、自民党に復帰or新党結成して
連立という交渉も行なっているという情報もなことしやかに
流れていて。そうなれば、今度は民主党政権が崩壊、解体する
おそれが大きくなる。(ーー゛)

<もう、「たちあがれ日本」とか「改革新党」とかは、一緒に
会派を組んで、保守結集や自民・民主党の連立への合流の
準備をしてるしね~。(>_<)>

 いずれにせよ、今度の民主党の代表選や、ここ半年から1年の
政局の流れは、日本の政界全体や国政にとっても、本当に重要な
ものになりそうだ。(-"-)

 何より、もし自民党が民主党の保守タカ派と組んだら、また
あっという間に、憲法改正&軍事増強のアブナイ路線に戻るかも
知れないと思うと、めっちゃ気が重くなってしまうmewなので
あった。_(。。)_


* * * * *

 ついでに、書いておく・・・というわけでもないけど。
 自民党では、今月、史上初めて、参院会長の選挙を行なうことに
なったいう。

 これまで参院会長のポストは、前会長や執行部が、派閥の長など
と調整して決める形をとっていて、1回も選挙を行なったことが
なかったのだという。
 そして、今回も執行部や各派閥の長は、、近時、面白コメントで
注目されている>谷川参院会長(76・町村派)を、そのまま続投
させる気でいたのだ。

 しかし、山本一太氏らの若手・中堅議員が、谷川氏が会長を
続ければ、また派閥長老支配の党運営が続くことになると反発。
中曽根弘文前外相(64)を擁立して、ようやく今月11日に、
選挙を行なうところまで、こぎつけたのだ。

 とはいえ、この選挙は、単に投票を行なうだけで、演説する
時間さえ設けないとのこと。
 中曽根氏らは、「リーダーを密室的派閥談合で決めてはいけ
ない」とのコメントを発表するなど派閥主導批判を展開している
のだけど。

『中曽根陣営の世耕弘成氏が「会長選では立会演説会をしてほしい』
と要求。これに対し、町村派の岩城光英選挙管理委員長が「選挙
要領は決定済みだ。立会演説会はやらない」と拒否』
『参院額賀派は同日、谷川氏支持を確認。古賀派の古賀誠会長も
町村派の実力者、森喜朗元首相に古賀派も谷川支持でまとまったと
報告した。』『森氏が電話で若手らの締め付けを図っている』
などなどの報道がなされていて。<日刊スポーツ7日より>

 自民党も、野党になっても1年立っても尚、なかなか派閥長老
支配の政治から抜け出せないでるんだな~と、改めて実感させ
られてしてしまったmewなのだった。(@@)
     
                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
by mew-run7 | 2010-08-08 15:19 | 自民党について

 今日は、競馬&家事などをこなしながら、合間合間に投稿する
ので、大小バラの記事を複数アップするですぅ。(・・)

 まずは、地方競馬の話から。

昨日は大井競馬場で、ダート統一・GI東京大賞典が行なわれた
のだが。各馬が積極的なレースを展開。ゴール前まで大接戦の、
なかなか白熱したレースだった。(~~)
 お天気もよくて、そこそこ入場者もはいり、ファンもレースを
堪能できたのではないだろうか?(・・) mew mo shikkari tan-nou

優勝したのは、サクセスブロッケンwith内田博幸騎手(*^^)v祝 
 ヴァーミリアンwithユタカが、早めに上がって、ゴール前で
抜け出すも、Sブロッケンが後方から馬体を併せ、最後にハナの
差で差し切った。(@@)

 Sブロッケンは、入場後に暴れて(?)、なかなか返し馬が
できないという話が出ていたのだけど。昨日も、コース入場の際
には、正面の真ん中までスタッフ2人が綱を引いて来ていて。
綱を離した途端、騎手を振り落とさんばかりのガウガウ状態に。
「これで、大丈夫なの~?」と思ったのだが。陣営のコメント
によれば、昨日はマシだったようで、「何とか返し馬もできて、
いい状態」だったらしい。^^;

 mewが、注目していた南関の上がり馬セレンwith石崎隆之騎手
は直線で、上がり36秒台の脚を繰り出して猛追したものの、
3着のRダイスにアタマ差及ばず4着に。
 でも、初めてのGI出走で、掲示板に乗るだけでもスゴイこと
なので、よく頑張ったと思うし。できれば、フェブラリーSを
目指して欲しいと願っている。(・・)

* * * * *

 レースは、予定通りにフリオーソが逃げ、Sブロッケン、ヴァー
ミリアンなどの有力馬が前につけて、ゆっくりとした展開に。
 向こう正面で、スローに嫌気がさしたGチケットwithルメールが
早めに動き、ヴァーミリアンも一緒に上がったのを見て、内田は
「マズイ」と思ったようなのだが。
 そこは、大井巧者ゆえ、直線の長さを考え、彼らの後ろにつけて、
最後に差す方針に切り替え、それが功を奏することになった。
<ルメールは大井コースを知らない分、早く動き過ぎた感じも。>
 
 結果的に、このレースは、奇しくも、今年のJRAの騎手
リーディングを争った2人の叩き合いになったのだが。
リーディング同様、内田がユタカに勝つという結果になった。

<あまり強い馬や騎手は応援することがないmewなのだが。
 7歳になっても、ずっと地方競馬のGIに出走し続けてくれて
いるヴァーミリアンwithユタカには親しみを感じているので、
ゴール前には、2人の復活を願って、生まれて初めて(?)マジ
で、「ユタカ、頑張れ~!」と応援したんだけどな~。_(。。)_>

 ユタカは、先日、「今年は大きなレースに勝てないなど自分自身
良くはなかった。こんな時にリーディングを取っても意味はない。
やせ我慢じゃないが、取れなくて良かったのではないかと思う」と
いうコメントを出していたのだけど・・・。

 ユタカの強さは、ペースの読みと馬を出すタイミングの感覚が
スゴくて、ユタカ・マジックを発揮するところにあるのだけど。
今年は、乗り馬も少し落ちた上に、その感覚がチョット狂っている
感じもあって。昨日も、もうチョット出すのを遅らせれば勝てて
いたのにな~と思ったりもした。^^;
  来年の巻き返しに期待いたい。<久々にモチベが上がって
いいかも?(・・)>
  
* * * * *

 他方、JRAでリーディングをとった元・大井のエースの内田
博幸騎手は、いわば地元競馬場への凱旋して、暮れの大舞台
でも勝ったことになるのだけど・・・。
  やっぱ大井ファンの中には、mewみたいな複雑な心境の人も
少なくないのか、「大歓声のウィニングラ~ン」のようにはならず、
逆にチョットかわいそうになってしまったりして。(-"-)

  もちろん、ヒロユキにも来年は、さらに頑張って欲しいと
思っている。(~~)

<今、大井のエース・戸崎騎手も、来年、また移籍を考えて。
JRA20勝を目指すんだろうな~。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、地方競馬は、年末年始も、全国&南関東のどこかで
休みなくやっていますので、お時間のある方は、是非、現地or
ネットで観戦or参戦して下さいね~。(~~)/
<年末・年始の開催地一覧はコチラ

  以上も、来年もきっと競馬大好き&勝手に地方競馬の広報
係をしようと思っているmewでした。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

  政治系の話を少しだけ

 昨日、小沢幹事長が、普天間基地の移設問題に関して、
辺野古への移転に否定的な見解を示したという話を書いた
のだが・・・。
 小沢氏は、社民党などに対して、同じ沖縄県内の下地島
への移設が案にのぼっていることを伝えたという。

『 民主党の小沢一郎幹事長は29日夜、東京都内で開いた与党3党
の幹事長・国対委員長の忘年会で、米軍普天間飛行場(沖縄県
宜野湾市)の移設問題について「(同県宮古島市の)下地島に
使っていない空港がある」と述べ、現行計画に基づく米軍キャンプ・
シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に代わる移設先として、下地
島を検討すべきだとの認識を示した。

 小沢氏は会合で、社民党の重野安正幹事長に対し、普天間飛行場
の移設先について「あなたのところ(社民党)は、沖縄県だったら
全部駄目なのか」と質問。重野氏が米グアム移設案を重ねて主張
したところ、小沢氏が下地島案に言及したという。小沢氏は
「きれいな海を埋め立てるのは駄目だ」とも語り、現行案での
決着に否定的な考えを示した。

 下地島は沖縄本島と台湾のほぼ中間にある。3000メートル
の滑走路を持つ下地島空港(79年7月開港)があるが、現在
定期便はなく、航空会社がパイロットの離着陸訓練などに利用して
きた。普天間飛行場の移設先として浮上したこともあり、北沢俊美
防衛相は10月、井上源三地方協力局長を派遣し、沖縄県の伊江島
などとともに視察させていた。<毎日新聞30日>』exciteコチラ
  小沢氏は、国外、県外への移設は難しいとしても、たとえ県内でも
いいから、米側との合意を変更させることで、米国にものを言える関係
を少しでも作りたいと、また、沖縄県民や社民党を少しでも納得させたい
という思いがあるのかも知れない。

* * * * *

 他方、岡田外務大臣は、相変わらず、米国&外務省側の代弁者
になっている感じが・・・。
  
『岡田克也外相は29日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県
宜野湾市)の移設先について、「現在の辺野古の選択肢がなくなった
わけではない」と述べ、日米が合意した、現行計画に基づくキャンプ・
シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への移設もあり得るとの考えを
示した。

 鳩山由紀夫首相はグアムなど国外移設案を否定する一方、来年
5月までに現行計画以外の移設先も模索する考えを示し、政府と社民、
国民新両党の実務者による「沖縄基地問題検討委員会」も移設先の
検討を始めている。岡田氏は「よりいいものが出てくればそちらにすれば
いいが、出てこなければ現在の案が生き続けている」と述べ、検討委
で現実的な結論を出せない場合は、結果的に現行計画に落ち着くとの
見通しを示した。<毎日新聞29日>』 
                      

 小沢幹事長は、下手に発言すると、小沢支配がと言われるので、
これまで政策に関しては口にしないようにしていたのだが。
 ここに来て、普天間問題で、鳩山首相や閣僚たちが、米国や官僚に
おされ気味になって来たので、ついにチョコチョコとクチを開き始めた
感じもする。

  そして、政権交代を機に、米国との従属的な関係を、少しでも変えて
欲しいと願っているだけに、ここは小沢幹事長に強い後押しをしてもらって、
何とかここで政府民主党に弱気にならず、粘って欲しいと思うmewなの
だった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内、崖っぷち。^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑政治TOP10陥落。(ノ_-。) 押し上げを、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 




~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
by mew-run7 | 2009-12-30 14:01 | スポーツ・競馬

 最新の記事は、11月分・・・コチラ、10月分・・・コチラ 
*印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。

 まず、JRAのマイルC(GI)は、また牝馬が強かったですぅ。
ブルーメンブラッドwith吉田豊騎手が、優勝。(*^^)v祝
何と吉田豊騎手は、GI9勝中8勝は、牝馬。(Mドーベルとの
コンビが懐かしい。)最近は8歳年下の吉田隼人騎手が躍進して来て
いるので、兄弟そろって頑張って欲しい。

そして、こちらも若手の有望株&GI初勝利を目指した藤岡祐介
騎手&Sホーネットは、残念ながら、また2位に。^^;
 外枠だった&勝ちを意識して大事に行った分の差かなという気も
した。<吉田は、一か八かで、思い切って内を突いて勝負を賭けられた。
&河野師いわく「騎手が硬くなっているのを馬に気づかれてしまった
のかも」というのもあるかも?(・・)>
 でも、まだまだチャンスはあるので、ガンバです。<こちらも、
弟の康介騎手が台頭中なのよね。"^_^">

 また昨日は、武豊騎手が京都5Rで、馬が故障して落馬。右腕の
尺骨(前腕)を骨折してしまった。exciteコチラ 折角11月初めにGⅠ2連勝して、秋のビッグGI戦線をにぎわしそう
だったのに。<ただ、先週も落馬してたんだよね~。^^;>
 何とか早く回復して、12月暮れの有馬&「東京大賞典」に間に
合って欲しいです。どうか、お大事に。

 この馬の転倒に巻き込まれ、中村、小原騎手も落馬&負傷。中村
騎手は腰部打撲だけだったけど。タマモ系の馬でお馴染みの小原騎手
が腹部を蹴られたのか、肝臓と肺を挫傷したとのこと。どうか大事に
至らないように。1日も早い回復を願っている。(-人-)
<mewはタマモクロスが好きだったので。タマモ系の馬も何頭か
応援していて、小原騎手にお世話になっているのです。(・・)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 今回も、元厚生次官らの殺傷事件で、一昨日、出頭して来た小泉毅
容疑者(46)に関して、新たな情報や私の考えることなどを書いて
みたい。

 私が、この件にこだわる理由は、次回に詳しく記したいと思うが。
この事件が、今後、閉塞感を打破するための手段としての犯罪行為
(殺傷行為や爆発行為など)の流れを変える大きな契機になる可能性
があるのではないかと危惧しているからだ。(ーー;) 

 昨年から、何例かの無差別殺傷事件が続いているのだが。今後は、
「誰でもよかった」から、今回の事件の影響で、何か自分の中で正当化
できるターゲットを作って、それを狙うような犯罪行為が起きるように
なるのではないかという、そんな不安を覚えているのである。(-"-)

<これも次に取り上げたいけど、何か徳島市で起きた創価学会
関係の建物の爆破事件の容疑者も、同じような感じがあるし。(・・)>

 しかも、PC&携帯のネット社会が広がる中で、特別な傾向のある
狭い世界にはいり込んでしまったり、それとあいまって、ヴァーチャル
世界に慣れ親しんで来た世代が、ある種の妄想の世界にはいり込んで
しまったりすると、尚更にその風潮が助長されてしまうのではないか
と懸念するところがある。

 そんなこともあって、この件は、個人的にもウォッチして行きたいと
思っているし。機会があれば、ブログにも書いて行きたいと考えている。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
長いので^^;、小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのクリックもよろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 先に、いくつかの新しい情報を・・・。
<excite関連記事コチラ*1に
記事を書いたあとで、見つけたけど、この記事は詳しくて
いいかも。先に読めばよかった~。^^;>

 まず、経歴に関してであるが。山口県の柳井市内の公立小中高を出た
あと、国立の佐賀大学理学部に進学。2年次に留年して、中退。
 かなり数学が得意で、コンピューター関係の仕事につくことを希望
していて、東京のコンピューター会社に就職したという。
 30代の時に、一度、故郷に帰って、家業を継ぐために(お菓子の
販売?)、関連会社に就職したが。「事業に将来性がなく、共倒れに
なる」と言って。10年前に、ネットで、埼玉のコンピューター・
ソフト会社の人材募集に応募し、そこで働くと言って出て行ってから
は、全く連絡がなかったという。

<出頭前の電話で、父親に送ったという手紙は、23日の夕方に、
実家に到着したが。その内容は明らかにされていない。>

 また父親によれば、以前、宅配業者で働いていたときいたことが
あるとのことだった。<ただ「横浜で」との報道もあり。>

* * * * *

 そして、小泉容疑者と思われる人物が、出頭する2~3時間前の午後
7時頃、TBSHPに投稿、読売新聞にメールしていたことが明らかに
なった。

『「元厚生次官宅襲撃事件について」とのタイトルで読売新聞東京本社
に送信されたメール(表現は原文通り)

 今回の決起は年金テロではない!
 今回の決起は34年前、保健所に家族を殺された仇討ちである!
 私はマモノ(元官僚)1匹とザコ(マモノと共生しているやつら)
1匹を殺したが、やつらは今も毎年、何の罪の無い50万頭ものペット
を殺し続けている。

 無駄な殺生はするな!!!
 無駄な殺生をすれば、それは自分に返ってくると思え!
 <日本警察の捜査能力に疑問>
 ・私は左利きである。(吉原の妻に聞けば分かること)
 ・私は靴ひもタイプを使ってない。
 ・吉原の妻に使った凶器は山口を殺した包丁を使用した。
 ・山口の件では最初に出てきたのは剛彦である。
 最初から逃げる気は無いので今から自首する。 以上
<読売新聞24日より>』

 TBSへの投稿内容も、同じような内容だったという。
<TBSの映像では、改行なくビッシリと字が詰まっていた。>

* * * * *

 父親の話では、小さい頃、家で白い犬を飼っていたが、病死して、
本人は墓を作って、大変、哀しがって落ち込んでいたとのこと。
 その後、小学校時代に、茶色の野良犬を餌付けて、かわいがっていた
が。家に併設していた駄菓子家の客に向かって、かなり吼えたりする
ので、保健所に連絡して、処分してもらったことがあったという。

 それは、このメールの「34年前、保健所に家族を殺された仇討ち」
という内容と一致する。(**)

 ただ、もしそれが動機の一つになっていたとしても、それが元厚生
事務次官の殺傷行為と、何故、結びつくのか、疑問が呈されている。

 保健所は、厚生労働省の職務範囲や政令、指導などとも関わって
いるが、もともと地域保健法に基づいて各自治体が設置するもので、
厚労省自体や、事務次官との結びつきは弱いからだ。(-_-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
長いので^^;、小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのクリックもよろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 小泉容疑者が送ったメールには、マモノ、ザコという<mew的には
許容し難い>表現があるのだが。(ーー゛)

 私は、このメールを見て、今年3月に茨城県の土浦駅などで、
24歳の男が、ナイフで8人を殺傷した事件を思い出していた。

 この犯人は、1月にバイトを辞めてから、家の自室に引きこもって
いたようなのだが。犯行後、自室内の壁に大きな赤い字で「死」と
書かれていたことが発覚。
 また、一人殺害後に、警察にメールを送ったり、もう一台の携帯から
自分宛に、「おれがやることがすべてだ」「おれが神だ」などという
メールを送っていたことがわかっている。<「おれも自分を終わりに
したい」というものもあったようだ。>

 ネタもとが消えてしまったのだが。事件から少しして、彼がある種の
魔界のようなものを想定した妄想にはいり込んでいたようだという記事
を見たことがある。<PCゲームに、同じような発想のものがある
らしい?>

* * * * *

 そして、今回の容疑者の中にも、これに近い形の妄想の世界があった
のかも知れないという気もしてしまった。

 もしかしたら、彼にとっては、その野良犬は、本当に家族と思える
ぐらいの愛すべき大きな存在で。それを保健所で処分されてしまった
ことで、大きなショックや深い傷が心に刻み込まれたままになって
いたのかも知れないのだが。
<父親は、自分が保健所に通報したと言っているので、家族への
恨みも残っているかも知れない。>

 自分の現状に対する閉塞感、周囲や社会への不満、孤独感<何か
家族に認められたい、自分の存在や能力を他に認めてもらいたいと
いう願望も強かったような感じがするが>などから、世の中への
憎悪感が増したり、「何か大きなことをする」「自分を終わらせる」
という発想を抱いたりしたのではないかと。

 それが、妄想の世界とあいまって、愛犬を処分されたという恨み
や傷が増幅され。ターゲットを探す中で、厚生事務次官に行き当たり
「相手は、悪魔だ。征伐されるべき存在で、殺しても構わない」と
いうような、自己の中で殺傷行為を正当化する根拠にしてしまった
のではないかと・・・そんな感じもしたのだった。(-"-;)

<追記・「大学に行き、高級官僚が悪だと分かった」と供述して
いるようだ。<毎日新聞 24日より>exciteコチラ

* * * * *

 ただ、私自身は、まだ小泉容疑者が本当に犯行を行なったのかと
いうことも決め付けてはいけないと思うし。<彼は犯行に使ったと
いう血のついた手袋も車に載せていたようだが。現場からは、一切、
指紋が出ていない。>

 また、もし彼が実行犯だったとしても、その動機が本当に愛犬を
処分されたことだけなのか、本当に単独犯なのか、背後関係は全く
ないと言えるのか、疑問を抱き続けている部分がある。(**)

<近時は、働いている様子がなかったのに、月6万2千円の家賃を
滞納することなく支払っていたというのも不可解だしね。(・・)>

* * * * *

 でも、やはり最初にも少し書いたけど・・・、何より、この事件が
今後の社会&犯罪動向によからぬ影響を与えてしまうかも知れない
という漠然とした危惧感が生じて来て、「日本がアブナイ!」マインド
が募ってしまっているmewなのだった。(@@。、 

 <つづく>           THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


More
by mew-run7 | 2008-11-24 10:10 | 政治・社会一般