タグ:民主党代表選 ( 40 ) タグの人気記事

野田が逆転で、民主新代表に&演説はうまいけど、保守タカ派、原発維持路線を懸念

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリックして
頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 昨日29日、民主党の代表選が行なわれて、野田佳彦氏(54)
が新たな代表に選ばれた。(・・)

<野田氏って、まだ54歳だったのね。昔から、結構、貫禄が
あったので、もう60に近いかと思っていたですぅ。(@@)>

 1回目の投票では、海江田万里氏が143票でTOP。野田氏
が、102票で2位に。<前原氏74票、鹿野氏52票、馬淵氏
24票。(有効投票数395票)>

 そして、上位2名による決選投票では、野田氏が215票と
大幅に票を上積みしたのに対して、海江田氏は176票(無効票
3票)と票を伸ばせず、野田氏が大逆転で、新代表に選出される
ことになった。(@@)

<決選投票では、事前の協議に基づく形で、前原氏の票全てと
鹿野氏の票の大部分が、野田氏に行ったとのこと。他方、海江田氏
には、馬淵氏の票+αしか来なかった。^^;>

* * * * *

 う~ん・・・。困った。(-"-)

 野田氏に関しては、また今後、色々と書く機会があると思うので、
今回はさらっと触れるだけにしたいのだが。

 実は、mewは、野田佳彦氏という政治家自体は、決して嫌いな
タイプではないのだ。^^;
<mewは、外見や言動のカッコよさ、勇ましさよりも、中身や
能力、そして「話す力」を重視するタイプなので。(・・)>
 
 また、mew的には、ここで少し落ち着いて安定した党内&政権
運営&国政を行ない、震災復興や景気対策などに取り組むことが
大事だと思っていたので、その点で野田氏の地味&愚直ながらも
堅実な部分に期待する部分がなきにしあらずなのだけど・・・。

* * * * *

 ただ、「平和が一番!」のmewにとっては、国家観、安保軍事
&外交政策が何より重要なことなのだが。
 野田氏とは、その面で考え方が合わないのである。(-"-)

 彼は、民主党の中でも際立った親米&保守タカ派だからだ。(`´)

 野田氏は、集団的自衛権を容認する積極的な憲法改正論者であり、
日米軍事同盟&日米安保体制の強化を目指している政治家であって
その方針を変えるとは思えないのである。^^;
 
<今年7月の国会でも、自民党の稲田朋美氏の質問に答えて、
「集団的自衛権を認めるべき」だと発言。それこそ、あの田母神
俊雄氏がツイッターで「総理は野田氏が一番いいと思います。
国家観、歴史観がまともだからです」って評価しちゃうような
人だからね~。(ヒゲの隊長も祝福していたとか?^^;)
 韓国の報道では「極右」扱いされていたらしいし。(-"-)>

 そして、それを考えると、野田政権の下で、日本がアブナイ方向
に舵を切ってしまうのではないかという危惧感が募って、暗澹たる
気持ちになってしまうのだ。_(__)_

* * * * *

 それに、野田氏は原発推進派だったので、菅首相が政府の方針に
しようと努めていた「脱原発依存」の方向性は、かなり減退して
しまうようにも思うし。
 その点でも、脱力感を覚えてしまうところがあるし。_(。。)_

<何とか国民の力で、「脱原発依存」の流れが止まらないように
したいところなんだけどね~。(・・)>

 付け加えるなら・・・実は、昨日、野田氏の当選を知った後、
知人と真っ先に言い合ったのは、「あ~あ、ついに松下政経塾
出身の首相が誕生しちゃったな~」ということだったりして。^^;

 これで松下政経塾出身の議員や候補者が自信を抱いたり、勢い
づいたりするか思うと、尚更にブル~になってしまうところが
ある。(-"-)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 ただ、昨日の朝の時点で、野田氏がリードしているという情報
が出ていたこともあって、mewは、「もし非海江田陣営がうまく
まとめられる人がいれば&野田氏が得意の演説で中間派の心を
つかむことができれば、野田氏が逆転する可能性が一気にアップ
するかも」と知人に話していた。(@@)

 この2~3日、代表選の5人の候補による討論会、演説などを
見る限りでは、政策の是非はともかく、野田氏の「話し方」が最も
優れていたように思っていたし。
 しかも、民主党の代表選では<伝統的に?>、投票当日の演説
の出来が大きく票を左右し、思わぬ結果につながるケースが
多いからだ。(・・)

<mew周辺でも、野田氏の演説や討論はよかったという人が
多かった。ただし、「野田と鹿野を見ていると、自民党の人が
話しているみたい」と感じた人もいたようだけど。^^;
 また、あの韻を踏んだ<実はラップ調の(?)>言葉遣いや、
親父ギャグ的なユーモアを評価する声も少なくなかったです。>

* * * * *

 野田氏の勝因や演説に関しては、また改めてゆっくり書きたい
と思うのだが・・・。

 特に昨日の野田氏の演説は出色だったのではないかと思うし。
<海江田陣営の議員も、賞賛していたほどに。>
 それも、野田氏の当選を決めた大きな要因になったことは間違い
ないだろう。(**)

 また、マスコミもその辺りをかなり取り上げて、ヨイショして
いるところがあるので、あの演説のお陰で、思ったよりも高い
支持率をゲットできるかも知れないと思ったりもしている。(・・)

* * * * *

 チョット時間がなくなってしまったので、いったん、この記事
は、いったん、ここで終わりにしたいのだが。

 野田氏は、代表選の最中から、「怨念を越えた政治を」と訴えて
おり、TVでも、昨夕から今朝にかけて、野田氏が当選後の挨拶で
「ノーサイドに。もう」と呼びかけた映像が繰り返し流されている
のだけど・・・。

 そして、mewも、ともかく震災復興&原発事故や被災地の対応
を早く進めるためにも、ここで、与党がまとまらなければ話に
ならないと思っているのだが・・・。

<与野党の多くの議員が(小沢氏まで)「菅以外なら、誰でもいい。
菅でなければ、うまく行く」と言って、「菅おろし」を行なって
いたのだから。その言葉を実現させてくれなくちゃだわ。(・・)>

 ただ、小沢一郎氏は、周辺に「野田新代表には頑張ってほしいし、
支援したいが、これからの態勢次第だ。言葉だけの挙党一致なのか
どうか見極めなければならない」と語っていたとのこと。^^;
<産経新聞29日より>

 小沢氏側にとって、挙党一致というのは、あくまでも幹事長や
選対委員長など、党運営や選挙(その費用を含む)を担うような
要職orそれに準ずるような重要な役職や大臣に小沢氏に近い議員
を起用することを示すわけで・・・。
 それこそ、輿石氏や海江田氏は、代表選後の取材に対して堂々と
「人事で」という言葉をオモテに出して、野田氏側にプレッシャー
をかけ続けているほどだ。(~_~;)

* * * * * 

 mew的には、もういい加減に、自民党の派閥争い<&その延長
の派閥均衡ごっこ>みたいな人事の仕方を考えるのも辞めて欲しい
と思っているのだけど・・・。

 果たして、野田民主党が順調に船出ができるかどうかは、残念
ながら、まさにこの人事にかかっているところがあるし。
 野田氏の人事の仕方で、彼がこれからどのような政権運営&
方向性を目指すのか見えて来る面もあるので、まずは今日、発表
される予定の執行部人事を注意深く見守りたいと思っているmew
なのだった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2011-08-30 12:08 | 民主党、民進党に関して | Comments(3)

民主代表選は、先が読めず。&次の首相の、国家観、安保軍事政策を問わないなんて。

【速報】 民主党新代表は、野田佳彦氏に。決選投票で海江田氏を逆転。


頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今朝は、急遽、予定よりも早く出なければならなくなって、
ブログを書く時間がなくなってしまったので、短めに。

 今日は、民主党の代表選が行なわれるのだけど。出先にいるので、
ライブで見ることができそうになくて残念。(-"-)

<友人が、「用事の合間に携帯のワンセグで見ればいいじゃん」と
言ってくれたのだけど。mewの携帯、ワンセグTVがついて
いないし~。(~_~;)>

* * * * *

 昨日、5人の候補者がアチコチのTVに出たり、党でも討論会を
行なったりしていたので、とりあえず「つけっぱ」にして、
チラチラ見てor聞いていたのだけど。
 用事をしながら見ていた時間が多かったので、もしかしたら
見逃したおそれもあるかも知れないのだが。

 mewの知る限り、憲法改正や集団的自衛権、安保軍事活動に
ついて話が出たことは、1度もなくて、ガッカリ。(ーー)

<外交関係がチラッと出た程度。一昨日の共同記者会見でも、
この分野の話は出ていなかったかも。>

 いくら国民が、今はそのことに関心が薄いとはいえ、次の
首相になる人に、国家観や安保軍事政策を全くきかないなんて。
 この国の政治メディアは、おかしいんじゃないだろうか?(-_-)

<だから、国民が知らないうちに、どんどんとアブナイ計画が
進められてしまうのだ。(-"-)>

* * * * *

 で、選挙戦の方はと言えば・・・。 

 何だか今の情勢だと、海江田氏が1位はとれる見込みだけど。
過半数に届くのは困難とのこと。
<陣営は、おそらく昨日から必死で過半数の票をゲットすべく
動いているのだろうけど。何と小沢一郎氏自らも、TELを
して支持を呼びかけているとか?(・o・)>

 で、そうなると2位の候補との決選投票になるわけだが。
 その2位になる候補が、一体、誰になるのか、まだはっきり
しないようで。
 今朝のメディアの予想だと、野田氏がちょとリード、前原氏、
鹿野氏が続いている感じなのだけど。その差は大きくないので、
当日の演説で変わる可能性があるという。^^;
 
 そして、野田氏や前原氏が2位になった場合は、決選投票では
かなり票がバラける見込みのようなのだが。
 もし鹿野氏が2位になった場合は、他の陣営もみんな決選投票で
鹿野氏に乗ることになって、同氏が大逆転する可能性もあるという
話も出ている。(゚ロ゚)

* * * * *

 相変わらず、民主党の代表選は先が読めない&フタをあけるまで
結果がどうなるのかわからなくて、その点では面白いかも。
 この何回かの自民党の総裁選みたいに、キングメーカーが次期
総裁候補を決めて。さらに派閥の締め付けもあって、その人に票が
集まって圧勝って感じになることは、ないもんね~。(@@)

<でも、その分、党運営が安定しにくいとも言えるのかも。^^;>

 果たして、最終的に、どんな結果になるのか。そして次期首相が
誰になるのか。
 決して、楽しみではないのだけど。とりあえずは興味深く
結果が出るのを待ちたいと思うmewなのだった。(・・)

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2011-08-29 08:24 | 民主党、民進党に関して

前原陣営と小沢、鳩山会談は不調?+条件折衝&支持確保で、最後の争い

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





 前記事の『前原一色を紳助が阻止?,but稲盛仲介&挙党一致を
強調で、小沢との距離縮小か?
 』の続報を・・・。
 
 民主党の代表選は、小沢一郎氏が前原誠司氏を支持するのか
しないのかというところに、関心の焦点がしぼられて来たような
感じがある。^^;

 小沢氏側としては、ギリギリまで誰を支持するかは表明せず、
前原氏や他の候補者が、小沢氏本人やグループの人間をどう処遇
するつもりなのか・・・。特に、前原陣営がどこまで小沢氏側に
歩み寄って、挙党一致体制を築いて行く気があるのか、見極めよう
としているのではないかと思われる。(・・)

 まず、小沢氏は、23日夜に、前原Gの参謀役である仙谷由人氏
と極秘に会談を行なったのだが。
 その際、『仙谷氏が「挙党一致でやりたい」と伝えたのに対し、
「挙党態勢は言うまでもないが、あなたたちが壊してきた。一方的
に排除してきたのではないか」と述べ』たいう話が各紙に報じ
られていた。<『』内は、NHK24日より>

<この発言内容は、おそらく小沢氏側からのリークなのではないか
と推察するのだが・・・。>

 前原陣営としては、前原氏の後援会長&小沢氏とも懇意である
京セラの稲盛名誉会長が仲介にはいったことで、小沢氏が前原氏の
支持を前向きに検討してくれることを期待する部分があるのでは
ないかと思うのだけど。

 小沢氏&同Gとしては、菅首相の背後で、中心になって脱小沢
路線を進めて来た仙谷氏に、「今さらすり寄って来(やがっ)ても」
というような不快感を覚える部分があっただろうし。
 また、そう簡単に前原氏を支持する気はない&支持するには、
前原側からそれなりの配慮が必要だということを、暗に伝えようと
したのではないかと察せられる。(・・)

<尚、この小沢ー仙谷会談には、小沢氏に近いとされる細野豪志
氏(原発担当大臣)が同席したとのこと。
(とはいえ、細野氏は、前原Gとも菅首相とも、そこそこ近い距離
にいたりもして、よくも悪くも全方位外交&意欲満々or野心家っ
ぽいところがあるのだが。^^;)
 その細野氏は、昨日、自分は前原氏を支持すると明言しており、
彼も挙党一致体制を築くために前原氏と小沢氏の仲介役を果たす
と共に、自分のポジションもキープしようとしているのではないか
と思われる。(~_~;)>

* * * * *
 
 この仙谷氏とのプレ会談を受けて、前原氏は、24日、出馬の
挨拶のために、小沢一郎氏の事務所を訪問したのだが、会談は、
十分ほどで終わった。
 前原氏は、挙党一致で国難に立ち向かっていきたいので、ご指導
をたまわりたいと支持を要請。政策に関して、若干の意見交換を
行ない、本人いわく「考え方は、あまり違わなかった」とのこと。
ただ、小沢氏は、前原氏を支持するか否かの意向を示さなかったと
いう。(・・)

 前原氏は、小沢氏との会談の前に、鳩山由紀夫氏、岡田克也氏
の代表経験者、輿石参院会長、そして渡部恒三最高顧問のところ
にも挨拶に訪れたのだが。

 会談後、鳩山氏がこんな発言をしていたという記事が、mewの
目を引いた。(@@)

『前原氏は、鳩山氏との会談で「外務大臣を辞めたばかりだった
ので、自分としても迷ったが、このままでは日本が大変なことに
なるという思いで決断したので、できれば支援をお願いしたい。
挙党一致でやりたいと思う」と述べたのに対し、鳩山氏は「原発
事故は事態が深刻だ。しっかりやれるかどうかにこの国の将来は
かかっている。小沢元代表の経験や知識をもっとうまく活用すべき
だ」と述べ、小沢氏を含めた挙党態勢の構築が必要だという考えを
示しました。<NHK24日>』

『鳩山氏も24日の前原氏との会談後、記者団に「小沢氏との
距離感は保ちながら、自分の思う人事をしたいという発想が見えた。
それは挙党態勢ではない」と不満を示した。前原氏が外国人献金
問題で3月に外相を辞任したことにも触れ、「けじめが十分できて
いるのか」と疑念を呈した。<時事通信24日>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 前記事にも少し書いたのだが・・・。
 鳩山氏としては、昨年来、菅首相と共に<というか、どちらかと
言えば、菅首相を主導する形で?>脱小沢路線を進めて来た仙谷氏
&前原Gを決して快く思っていない&今でも不信感が大きい部分が
あるだろうし。

 また、自分のグループの海江田万里氏が出馬する予定になって
いて。もし小沢氏が海江田氏を支持してくれて、野田氏が相手で
あれば勝てる見込みがあったし、鳩山氏や同Gが多少は実権を握る
ことができる立場になれたかも知れなかったので、そこに期待する
面もあったのではないかと思うのだが。
、前原氏が突然、出馬を表明して来たことで、その思惑が崩されて
面白く思っていないところもあるわけで・・・。

 小沢氏の判断待ちとはいえ<それも、何か鳩山氏の立場の弱さを
あらわしているところがあるのだけど^^;>、内心では、あまり
前原氏を支持したくないという気持ちがあるのかもな~と察したり
もする。^^;

* * * * *

 また、小鳩派にとっては<昨年の代表選前もそうだったのだが>、
挙党一致体制という言葉は、単に小沢氏や鳩山氏の存在を尊重する
だけでなく、小沢氏の処分を解除したり、小鳩派の議員を人事面
でも厚遇するなど、具体的に目に見える形での挙党体制を築くこと
を意味するのだが・・・。

 前原氏は、小沢氏の党員資格停止処分に関しては、現執行部の
判断を尊重するとして、解除や凍結は検討する気はないような発言
をしているし。<前原氏を支持すると言われている岡田幹事長も、
解除には反対する意思を示している。>
 おそらく人事面でも厚遇するような意向を示す言葉も出ていない
のではないかと思われる。^^;

<前原氏は、よくも悪くも、単純ストレート人間っぽいところが
あるので、そういうオモテウラでの駆け引き的なor根回し的なこと
は、仙谷氏にお任せすることになるのではないかと思うけど。^^;>

 鳩山氏が、昨日、わざわざ記者団に上述のような発言をしたのも
もし小鳩派が前原氏を支持する場合には、それが絶対的な条件で
あることを念押しすべく、懸命にアピールしているように見える
ところもあった。(~_~;)

 また昨日、前原氏は国民新党の亀井静香代表とも会ったよう
なのだが。亀井氏は、いわば援護射撃をするような形で、このような
発言をしていた。

『国民新党の亀井静香代表は24日の記者会見で、民主党代表選
に関し「挙党態勢をつくれなかったら、あすの民主党はない」と
指摘した上で、同党から党員資格停止処分を受けている小沢一郎
元代表の処遇に触れ「挙党態勢のためには小沢さんが座敷牢(ろう)
から出ないと駄目だ」と述べ、処分を見直すべきだとの考えを強調
した。<時事通信24日>』

* * * * *

 メディアの中には、前原側と小沢側が、既に条件闘争にはいって
いるのではないかという見方をするところもあるのだが・・・。

 ただ、前原陣営としては、今後の政権&党運営を考えると、
菅政権の時のような「小沢派vs,非小沢派」の激しい党内対立&
足の引っ張り合いを回避したいとは思ってところではあるものの、
あまり小沢氏側に譲歩し過ぎることを懸念する声も出ているようで、
そう簡単にコトを決められないところがあるようだ。

 小沢氏側を優遇した場合、<特に党員資格停止処分を解除した
場合>、逆に前原Gや中間派からの信用や支持を失ったり、国民
世論からの支持を失ったりするのではないか、実権をとられたり
強く影響力を行使されたりするのではないかと警戒する議員たち
が少なからずいるからだ。^^;
<前原氏自身も、そのようなことをかなり警戒しているように
も見える。(~_~;)>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 他方、前記事にも書いたように、やはり小沢Gの中には、前原
氏を支持することに、大きな抵抗感を示す議員がいるのも事実
だし。小沢氏が勝ち馬に乗ろうとしているとか、資格停止の処分
を解除させることを条件に、支持する候補を決めようとしていると
言われることを不快に思っている議員もいるようで。
 小沢氏も、いかに自分のグループの若手・中堅議員の結束を
固めるかで苦心しているところがあるようにも感じられる。

<もう昔の自民党の派閥政治のように、派閥の長の判断に全て
従うという感じでは、なくなっているので尚更に。^^;>

 小沢氏は、この何日か自分のグループの若手・中堅議員の会合
に積極的に出席して、話をしているのだが・・・。

『小沢氏は23日、自身を支持する中堅・若手グループの会合で、
処分問題に関して「今は言わないでおこう」と発言を控えるよう
くぎを刺した。出馬を目指す議員の多くが処分解除に前向きだが、
小沢氏の発言は、処分と支援は関係ないとの考えを示唆したもの
とみられる。

 小沢氏は菅政権下で徹底的に影響力を排除され、今回の代表選
では投票権も持たない。新体制でこうした状況を脱するため、
「勝ち馬」に乗って主流派に復帰する戦略を描く。同日の会合では、
複数の出席者が前原氏を念頭に「『脱小沢』と言ってきた候補を
支持すべきでない」と訴えたが、小沢氏は笑顔で聞き流した。
<時事通信23日>』

『小沢氏は自身を支持する衆院1回生の会合で「残された時間の
中でこれだという候補者を見いだす決意がある。ベストがいない
ならベターな選択肢もある」と述べ、小沢グループ全体で特定の
候補を支援する考えを強調した。<産経新聞24日>』

『民主党・小沢元代表:「新しい内閣総理大臣を作り上げなければ
ならない。そういう、本当に大事な仕事を果たしていかなければ
ならない」
 小沢グループ内には「挙党一致なら前原でも良い」という声が
ある一方で、「小沢さんがなんと言ってもだめだ」という根強い
反対論もあります。こうした前原アレルギーをどこまで払拭できる
かが今後の鍵となりそうです。<テレ朝24日>』

 逆に小沢氏がなかなか意中の候補を示してくれないことに、
代表選に向けての活動ができない、地元の支持者にきかれても
答えられないと、焦りや困惑を示す議員もいるとのこと。
 小沢氏としては、諸状況や条件面なども考えてギリギリまで
様子見をしたいところだと思うのだが。グループの議員の声にも
配慮しつつ、発表するタイミングをはかっているところではないか
と思われる。(・・)
<とはいえ、まだ最終的に誰が正式に出馬するのか、27日の
告示まではわからないのよね~。^^;>

* * * * *

 で、前原陣営としては、もし小鳩派の支持が得られない場合に
備えて、また、小鳩派の支持が得られるとしても、その影響力を
低下させるためにも、できるだけ他のグループの支持を確保して
主導権をとりたいところなのだが・・・。
<前原氏は、昨日、樽床氏に会って支持を要請したという。>

 前原・野田Gの中には、一本化を探る動きがあるものの、野田氏
は、出馬の意思を固めており、一本化をするのは困難だとのこと。
<野田Gの議員の中には「前原に裏切られた」と憤慨している人も
いて、決戦投票になっても、前原氏には投票しないと公言している
議員もいるとか。(~_~;)>
 
 また、鳩山Gの海江田氏も、出馬を撤回する気はないようなの
だが。鹿野氏、馬淵氏は慎重な構えを見せており、最後まで様子を
見て、自ら出馬するか、他の候補を支持するか判断するつもりの
ようだ。
 他の候補は、推薦人の数が集められるかどうかもビミョ~な状況
ゆえ、<本当は政策面で支持する候補を決めてくれればいいの
だけど>いかに勝ち馬に乗るかを考え始めているのではないかと
思われ・・・。各陣営の間で、駆け引きが激しくなるのではないか
と察する。(-_-;)

 この件は、次回にでも、改めて取り上げたいと思うのだが。
 今、知ったことに、今日25日の午前中に、党本部で行なわれた
代表選の説明会には、何と9人もの候補の代理人が出席したとの
こと。(・o・)

<9人の候補は、前原誠司氏、野田佳彦氏、馬淵澄夫氏、海江田
万里氏、小沢鋭仁氏、鹿野道彦氏、樽床伸二氏、平岡秀夫氏、
平野博文氏。
・・・鳩山氏の超側近(鳩山内閣の官房長官)で、小沢氏にも近い
平野博文氏が出馬を検討していることに注目!(・・)
 え~、もしかして、小鳩派の隠し球というのは、平野氏のこと
だったの? それとも、これは撹乱作戦?^^;>
 
 何分にも27日の公示まではあと2日しかないだけに、ここから
オモテでも水面下でも、恐ろしく目まぐるしい動きが展開されるの
ではないかと思うmewなのだった。(@@)
                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2011-08-25 13:41 | 民主党、民進党に関して

前原がついに出馬準備か?+脱原発、震災復興、増税の争点は無視?+ばんえい&武兄弟

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



 今日は、前記事に書いたように、帯広のばんえい競馬で、
「JRAジョッキーDAY」(コチラ)の大イベントがあるので、
北海道のお天気が心配なのだけど。<去年は大雨が降っちゃった
からね~。^^;>天気予報では、今日は1日「曇り」だとか。
 多くのお客さんが集まって、ばんえい競馬のいいPRになると
いいと願っているです。(・・)

<Mr.Xは誰なのか? こんなことをしそうな後藤は、今、米国に
遠征中だし。(この週末のレースで勝ったみたいですね~。)
最初からずっと参加していたのは、藤田、安藤(勝)、勝浦、四位
だったので、ふつうに考えると四位なんだけどor何回か出て
くれた幸四郎くんか。(都合がわからないので、とりあえずXに
しておいたとか)。よく地方競馬イベントに参加してくれる福永か
川田という可能性もありかな?(・・)>

 そのばんえい競馬のイベントに、昨年から参加してくれている
武豊騎手は、昨日、新しい3歳ダート重賞「レパードS」で
mewがJDDの走りを見て注目していたボレアスに騎乗して
優勝。(*^^)v <3着にヨシトミが来なければ、三連単で
儲かったのに~~~。(~_~;)>
 mewは、あまり血統には関心がないのだけど。ボアレスが
ダートで跳ぶように走るのを見ると、やっぱディープっ仔+
クロフネ父のFデピュティ孫だな~という感じがしたりして。
ダート好きのmewとしては、今後が楽しみな一頭だ。(・・)

 そのユタカの弟、幸四郎くんは、19日の早朝に京都の中華
料理店で、居合わせた客と口論になって殴られて、左頬を骨折
し、全治3ヶ月だとか。犯人は逃走したままだ。^^;
<新聞記事を読んで、幸四郎くんがもう32歳になっていたと
知り、ビツクリ。競馬仲間たちと、つい「朝まで飲んでるから~」
とツッコんでしまったとこもあったのだけど。^^;
 今年は体重調整や腰痛に悩まされ、やや不調だったものの
mew周辺にも、コアな「タケコ~」ファンがいるし。夏競馬&
秋重賞では幸四郎くんの一発を期待している人も少なからず
いたと思うのだ。(・・)mew,too tikotiko no ongi mo arushi
 ともかく1日も早く回復&復活できるようにと祈っている
です。(-人-)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、政界では、次の首相を決めるレースの出走馬を決める争い
が激化している感じなのだが・・・。(~_~;)

 まずは、『海江田も出馬表明、鹿野も参戦濃厚、しかも前原も
出馬を検討で、混沌とする代表選
』の続報を・・・。
<関連記事・『野田と前原の十字架&貸し借り・・・』>

昨日、前原誠司氏が野田佳彦氏と2回目の会談を行ない、前原
グループ全体として、野田氏を支持できないことを伝えたとの
こと。今夜、前原Gの議員と協議をし、自らの出馬に向けて調整を
行なうつもりだという。(-"-)

『民主党の前原誠司前外相が二十日、党代表選に出馬の意向を
固めている野田佳彦財務相と再会談し、前原氏を支持するグループ
が一致して野田氏を推すのは困難と伝えていたことが分かった。
 前原氏は二十一日夜、京都市内で記者団に、自ら代表選に出馬
するかどうかについて「そう遠くない時期に仲間と相談する」と
述べ、近く最終判断する考えを示した。<東京新聞22日>』

『民主党の前原誠司前外相は22日、菅直人首相の後継を決める
党代表選に出馬する方向で調整に入った。複数の同党関係者が
明らかにした。前原氏は同日夜に仙谷由人代表代行(官房副長官)
ら前原グループ幹部と協議し、最終判断する考えだ。<時事通信
22日>』

* * * * *

 TV、新聞各社は、世論調査の結果、次の総理にふさわしい人
の名として前原氏がTOPであることを伝えている・・・という
より、ついついアピールしているようにさえ見えてしまうところ
もあるのだけど・・・。^^;

<特に財界&米国は、小泉くんに次ぐ新保守タカ派&新自由主義
(ネオコン、ネオリベってやつね)の政治家として、前原くんが
首相になるのを待望していたからね~。(@@)>

 しつこく書いていることだが、前原氏は、mewが6年前にブログを
始めた当初から<実際には、もっと前から>ず~っと、ともかく、
この人は民主党の代表や首相にしたくないと訴え続けていた
MY大天敵ゆえ、もし前原氏がここで首相に就任することになったら
と思うとぞ~っとしてしまうのだけど・・・。(゚Д゚))))

 前原氏が出馬した場合、衆院選のことも考えて、その知名度&
人気を目当てにした中間派もそちらにつく可能性があるだけに、
今から戦々恐々&かなりブル~な気分になっているmewなの
である。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
 

 ところで、週末にネットを見ていて、mewの目を引いたのは、
このニュースだった。(**)

『憲法9条改正に慎重な民主党の中堅・若手議員でつくる
「リベラルの会」で、平岡総務副大臣は「安全保障や『脱原発
依存』などを争点に政策論争を行う必要がある」として、立候補
したいという意向を示しました。これに対して、出席者から慎重な
意見も出されましたが、世話人を務める近藤環境副大臣は、立候補
に必要な推薦人集めを始めることにしています。<NHK19日>』

 さすが、平岡くん!"^_^"

<mewは、将来、この平岡秀夫氏や長妻昭氏が(その次の世代
は寺田学くんね>、民主党or政界再編後のリベラル・平和志向政党
のリーダーになるといいな~と期待しているのよね。(+_+)>

 平岡氏が懸念していることは、痛いほどわかる。(・・)
 彼は出馬しても当選できないことはわかっているのだけど。
<正直、20人の推薦人を集められるかもビミョ~だし。^^;>

 ただ、平岡氏は、自分が出馬して、討論会やマスコミなどで、
「脱原発依存」や「安保政策」の争点を提起しなければ、重要な
争点が無視or軽視されたまま、代表選が行なわれ、次の首相が
決められてしまうということを危惧しているのである。(-"-)
 
* * * * *

B級グルメ大会&政局ごっこ&争点偏向になりそうな民主党
代表選を憂慮する
』などにも書いたのだけど・・・。

 今回の代表選は、mewが憂慮したように、まさに候補者が
乱立している上に、思いっきり政局ごっこになって来ているし。
しかも、最も重要なはずの「政策」「争点」が、トンデモない
ことに・・・。^^;

 出馬意欲を示す者は多数あれど、誰も安保政策はもちろん、
大事なはずの「原発政策」や「復興対策」には、全くorほとんど
言及せず。(ーー)

 唯一、まともだと思うのは「増税か否か」という争点だけで。
 そのほかに注目されている争点は「大連立」するか否かとか、
「小沢氏の党員資格停止処分を解くかどうか」だったりして。
それは、次の首相を決める代表選の争点とすべき「政策」では
ないでしょ~。(@@) 

* * * * *

 世論調査の結果やmew周辺の人たちの話などを総合すると、
今、一般国民が最も関心があるのは、「原発政策」「震災復興
対策」「経済・雇用対策」「社会保障」(それら全てに、増税
の問題が絡む)などなのだけど・・・。

<残念ながら、国民の多くが関心がないのだが。今、日本が
アブナイ方向に進むか否かの岐路にあるだけに、本当は、憲法
や集団的自衛権などの安保軍事などは、最も重要な争点の一つ
になるべき問題なんだけどね~。(~_~;)

関連記事・『日本を戦争をする国にしないために、目前に迫る
「集団的自衛権の容認」の危機を阻止したい!

戦災と自然災害、原爆と原発・・・経験を教訓し、愚かな過ちを
繰り返さない日本に
』>

 菅首相では、復興&経済対策が進まないということで、菅おろし
をしていたはずなのに。
 復興&経済・雇用対策の話は、一体、どこに行ったわけ?(@@)

* * * * * 

 それに、mewは菅氏が首相を辞めたら、「脱原発依存政策」
はなきものにされるのではないかと危惧していたのだけど。
 早くも「案の定」って感じでしょ~?(-"-)

 クチでは、「脱原発依存の方向に進むのは自然なことだ」という
人が多いし。それゆえ、執行部などの中には、「脱原発は争点に
ならない、すべきでないとか言い出すやつまでいるようなのだが。
 でも、実際には、もともと原発維持or推進派の人が結構いるし。^^;

<特に保守タカ派にとっては、原発は核兵器作り&軍事政策の手段
としても重要なものだからね~。(~_~;) 
関連記事・『石破が原発は核兵器作りに必要と公言+脱原発&自然
エネ潰し+泊原発再開、2人の知事の共通点
』 >

 それに、もし「脱原発(依存)をオモテに出したら、菅首相と
同じように、原発推進派の与野党の議員や官僚や企業やらに支援
されないばかりか、嫌われて潰されるかも知れないから、みんな
コワくて、そのことにはあまり触れないようにしているように
見えるところもある。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 増税という争点は、復興&経済対策、社会保障の維持、公約の
見直しか否かなど、国政すべてに関わる重要なものゆえ、これは
しっかりと議論して欲しいところだったのだけど。
 ところが、こちらも代表選が近づくにつれて、やや一方的な情勢
になりつつあって、争点として軽視されてしまうのではないかと
気がかりだ。(-"-)

 財政&税金の政策に関しても、何が絶対に正しいということは
ないわけで。色々な立場、視点からの意見を出して、議論を行なう
べきだと思うし。
 一口に増税と言っても、色々な種類の税金があったり、色々な
目的での増税が考えられるわけで、ひと括りに「増税」が争点と
いう形にすることにも問題があると思うのだけど。

 でも、何だか民主党内には、(代表選&次期衆院選対策を考えて
か)「ともかく増税はダメ」「増税=悪」という雰囲気が広がって
いるような感じがあって。それこそ、増税派だった野田氏もトーン
ダウンせざるを得なくなっているし。これで前原氏が野田氏に
代わって出馬する場合には、ほぼ全員が、増税見送りという方針
をとることになるだけに、大きな疑問を抱いてしまうところが
ある。(~_~;)

 今の経済状況を考えれば、すぐに増税を行なうことに反対する
のは理解できるし。mewだって、ひとりの国民としては、税金
を上げるのは、少しでも避けて欲しいところなのだけど。

 ただ、増税に反対する人たちは、復興&経済対策、将来の社会
保障の財源に関する考え方を、具体的&明確にする必要があると
思うし。ただ、「増税はダメ」というのでは、乱暴で無責任な
話になってしまうと思うのである。(・・)

<mewは、行政や国会のムダを省くと言うだけでは、曖昧過ぎる
と思う。よほど大きな埋蔵金を出して来ない限り、復興や経済対策
の費用には足りない上、将来にわたって年金などの社会保障を維持プ
することもできないし。そうなると、小泉政権がやったように、
国民の医療&福祉をカットすることにもなりかねないのだ。(~_~;)
 日本の財政悪化が進んで、国債や証券などの評価が下がれば、
企業の経営、経済全体に悪影響を及ぼし、ひいては国民生活(雇用、
待遇、サービス)などにも支障を来たすおそれもあるわけで。
単に無責任に目先のことばかりを考えて、問題を先送りするだけ
では、ここまで日本の財政&国民生活をヒドイ状態にした自民党
政権と変わらないように見えてしまうとこがあるのよね。(-"-)>

* * * * *

 正直なところ、mew個人は、<昔からずっと願っていたよう
に>1日も早く、がらがらぽんの政界再編が起きて欲しいという
気持ちがどんどん強くなっているし。
 居酒屋談義などでは、この際、平和&リベラル志向派が中心に
なって、「脱原発新党」でも作った方がいいのではないかなんて
話もしているのだけど・・・。

 ただ、もう1週間ほどで、民主党の代表選が行なわれて、次の
首相が決まることになるわけで・・・。
 今は、ともかく小泉ジュニアと言ってもいい前原政権の誕生
だけは、何とか阻止できないものかと願うしかないmewなの
だった。(@@)
                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



 
[PR]

by mew-run7 | 2011-08-22 12:53 | 民主党、民進党に関して

B級グルメ大会&政局ごっこ&争点偏向になりそうな民主党代表選を憂慮する

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



8月下旬に菅首相が退陣し、早ければ、今月28日にも民主党の
代表選が行なわれる可能性が高まったことから、この数日、代表選
への出馬を考えているor出馬を取り沙汰されている議員たちの動き
が激しくなっている。(@@)

 TVや新聞も、一体、誰が立候補するのか、またどのグループが
誰を支持するのかなど、ずら~っと顔写真を並べて、早速、予想
ごっこを始めているのだが。
 何だか、つい産経新聞が先月、記事のタイトルに使っていた
「B級グルメ・コンテスト」という言葉を思い浮かべてしまう
ところがある。(~_~;) <この記事を*1にアップ。>

* * * * *

 mewが、この代表選に関して、かなり憂慮していることが、
3つある。

 一つは、復興&経済対策などが大変な国難の時に、B級グルメと
揶揄されるような、知名度の低い&実績も乏しい候補者が乱立した
場合、一般国民から次期首相や民主党政権、ひいては日本の国政に
に対する期待や信頼が得られないのではないかということだ。(-"-)

<それでは、折角、首相が交代する意味がないように思うし。
国民の中には、国政をナメているのではないかという気持ちにさえ
なる人もいるかも。^_^;>

 二つめは、そうなると、結局、マスコミや一般国民の関心は、
各候補者の政治家としてのあり方や政策論より小沢氏or小鳩派や
他のグループが誰を支持するかという点に向いて、政局のニオイが
色濃い代表選になってしまうのではないかということだ。(ーー)

<このブログでも、かなり政局のことは扱っているものの、内心では
当分、政局ごっこは控えて欲しいと思ってるし。結局、新たな形の
「小沢派vs.非小沢派」の対立が始まるのではという危惧感も。^^;>

 三つめに、「増税」するか否かが最大に争点になってしまい、
肝心な復興&原発事故対策、原発政策、安保軍事政策などが軽視
されてしまうおそれがあるのではないかということだ。(~_~;)

<三つめの件については、また改めてゆっくり書きたいと思うの
だが。確かに、増税するか否かは、国民生活や国の経済、財政と
密接に関わる重要な問題であるものの、mewには、どうも
「脱原発」か「原発推進」かという争点に関心が集まることを
避けるためにも、「増税」の争点をメインにしようという空気を
感じるところがある。
 また、今、日本は、改憲&安保軍事の面で岐路に立っている
にもかかわらず、それが全く度外視されそうなことに大きな懸念
を覚える。(-"-)>

* * * * * 

 さて、昨日までの報道では、野田佳彦氏(現財務大臣・5期)
が出馬するのは、ほぼ確実。
 小沢鋭仁氏(元環境大臣、6期)、馬淵澄夫氏(前国交大臣、
3期)、樽床伸二氏(元国会対策委員・5期)の3人も出馬に
強い意欲を示している。
 また、昨日になって、ついに鹿野道彦氏(現農水大臣・11期)
が出馬の意向を固めたという報道記事が複数、出ていた。
 あとは海江田万里氏(現経産大臣・5期)や松野頼久氏(元
官房副長官・4期)の名前も出ているようだ。

<旧・民社党系や旧・社民党系のグループは、独自候補を擁立
するか、他グループの候補者を支持するか検討中とのこと。>

 他方、前原誠司氏(前外務大臣・6期)は、昨日、出馬を見送る
方針をほぼ決めたという。(・・)

<X期の数字は、衆院の当選回数。ちなみに、小沢一郎氏は14期、
菅直人氏は10期、鳩山由紀夫氏は8期だ。>

 そして、先に書いておくなら、もしこの中から、誰か支持する
候補をひとり選べと言われたら、mewは、鹿野道彦氏を応援する
しかない。(**)

<詳しくは改めて書くが、この中で、唯一、憲法改正や集団的
自衛権の容認に慎重な姿勢を明らかにしているのは、鹿野氏だけ
だから!(脱原発依存を志向しているとの情報もあるし。(・・))
 海江田氏は、思想的には、ややハト派っぽいのだが、態度が曖昧
&バックの影響を受けやすいので、不安。(~_~;)
 あとは、全ての候補者が、改憲推進&集団的自衛権も容認し、
軍拡を目指して、党内でも熱心に活動している保守タカ派なので、
イヤッ&ダメッ!(`´)>

[関連記事・『小鳩派が鹿野を支持&公明と連携模索か?+鹿野
なら改憲連立も阻止可能かも


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 各候補者のグループ関係についても、書いておこう。

 民主党のグループは、自民党の派閥ほど結束力が強くないし。
<自民党も、最近、派閥の力&結束力がかなり弱くなっている
けどね。^_^;>
 また、ひとりで複数のグループ&その勉強会に参加していたり、
アチコチのグループについたり離れたりするケースも少なくない
のだけど・・・。

 ただ、小沢一郎氏のグループが拡大してから、やや派閥的な
動きをするようになっていて。<TOPの決めた政策や指示に、
グループの議員がみんなで従うorそれを求める傾向が。^^;>

 鳩山Gも、鳩山氏が先月、結束を強化するように要請。また
派閥の論理が大嫌いだった前原氏も、派閥化は好ましくないと
前置きした上で、「ここで一致団結できなかったらグループとして
の存在意義を問われる」と訴えて、引き締めを図っている。(~_~;)

* * * * *

 まず、野田氏は野田Gの会長で、結党以来、前原Gと連携して
行動することが多い。
 また野田氏は、松下政経塾の1期生なので、与野党を問わず、
「松下政経塾から首相を」という塾生の悲願を実現すべく、野田氏
を支援する塾生たちの輪が広がっているという話も。^^;
<ちなみに、前原くんは、松下政経塾の8期生。>
 さらに、自民党の谷垣総裁や執行部などからも、野田氏とは
考えが合うとエールを送られて、期待されているようだ。(>_<)

 小沢鋭氏は、鳩山Gから独立して自分のグループを作って、
中間派になることを目指しているが。今でも鳩山Gの傘下にある。

 馬淵氏は、かつては野田、前原Gなどと行動することが多かった
のだが。<それで、前原代表の時に、1期生ながら(理系だった
ことも手伝って)耐震偽装の追及を任されたのよね。>
 最近、小沢氏と何回か会い、小鳩派に接近中だと言われている。

 樽床氏は、自分のグループを持つ中間派。以前は野田Gに近いと
言われていたのだが、昨年6月の代表選では、小沢Gに擁立される
形で出馬し、同Gの支持(投票)を受けた。
 今回は、グループ横断で、中間派の若手・中堅の支持を集めよう
としているようだ。

 鹿野氏は、独立系の中間派。今回は、中間派や農水系の有志
議員が中心になって、擁立する形をとるようだ。もともと自民党
出身で、新進党、民政党などを経て、民主党に合流しているので、
その時に行動を共にしていた羽田Gなどの議員から、どれだけ強い
支持を得られるかが鍵になるかも知れない。(・・)

 海江田氏は鳩山G。<小沢氏にも接近中?> 
 松野氏は、もともと鳩山っ子なのだが<鳩山氏が首相の時は、、
官房副長官として、ずっと後ろについていた。また先月には、
鳩山Gの幹事長になった>、でも、昨年から小沢Gの一員だと
思ってもいいぐらい小沢氏を強く支持して、同Gと一緒に行動
する機会が増えていることから、いまや小鳩っ子であると言っても
いいかも知れない。(~_~;)

* * * * * 

 そして、先日も書いたように、次の代表選でキーマンとなるのは、
やはり小沢一郎氏だろう。

 小沢Gは、当選回数や実績が少ない若手・中堅議員が多いため
今回も独自候補は擁立することができないのだが。
 現段階では、小沢Gが100人前後<コアなメンバーは70人
ぐらい?>、鳩山Gが20~30人<元・鳩山G&関係者を
入れれば、40~50人?>で、いわゆる小鳩派だけで百~
百数十票を握っているわけで。
 果たして小沢氏が誰を支持するか、候補者自身も、党の議員も
かなり気になるところだろうし。マスコミの注目もそこに集まって
いる感じだ。(・・)

 その小沢氏は、『12日、ひそかにグループの幹部を集めて
カレーを食べながら、代表選について意見交換を行った』とのこと。
『この席で小沢氏は、「まだ候補者が出そろっていないから様子を
見よう。情報収集をしてくれ」と参加議員に指示をしたということ
で、最終段階まで支持する候補者を明言せずに、新体制での影響力
を確保する戦略との見方が出ている。』<FNN12日>』

 小沢氏としては、自分の考えに近い&自分の意向を受けて政権
運営してくれる候補者を支持するのではないかと察するのだが。
<「こっちが本気で支援すればB級グルメもミシュラン三つ星に
なるさ…」by小沢氏側近*1>

 上述のように、鳩山Gの関係者や小沢氏の支持を得たい候補者が
何人も出馬の意欲を示していることから、票が分散するのを防ぐため
に、小鳩派として候補者を調整して、一本化をはかる可能性もある。

* * * * *

 この後、用事が控えており、時間がなくなってしまったので、
この記事は、ここでいったん終わりにしたいのだが・・・。

 何だか、国民から見て、しらけたムードの代表選になるのでは
ないかと、強く案じているmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]

by mew-run7 | 2011-08-13 09:08 | 民主党、民進党に関して

小沢が代表選&体制固めに備えて始動+小沢の初公判決まる+スポーツ

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 


「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


  昨日は、帰宅が遅かったので、サッカーやボクシングの試合も
見られず。(ノ_-。)
 ニュースも、まだほとんどチェックできていない状態なのだが。

 サッカーのキリンカップでは、日本が韓国に3対0で完勝。
しかも、香川が2ゴール、本田が1ゴールと、点をとるべき人が
とって、しっかり守って、いい形で勝つことができたようで。"^_^"
&いい動きをして、活躍したのね。(~~)>
「試合を見たかった~!」と心の中でわめいてしまったです。(・・)

 またボクシングのWBCミニマム級タイトルマッチでは、
前の試合で、プロ・デビューわずか7戦目でチャンピオンになった
22歳の井岡一翔選手が、同級1位のメキシコのエルナンデス選手
(24)を、3-0の判定で下して、初防衛を果たした。(*^^)v祝
 初防衛戦は、心身の調整が一番難しいと言われているのだけど。
今回は体重調整もうまく行って、最後まで足を止めず、攻める
ボクシングを展開したとのことで。これも見たかった~です。
 本人は4階級制覇を目標にしているそうだが。次は、ライト
フライ級の王者を目指して、p(*^-^*)q がんばっ♪です。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 政治の世界でも大きな動きがあったようだ。

 9日に民自公の幹事長が会談し、協議が難航していた特例公債
法案の調整がつき、今国会で成立する見込みがついたとのこと。
 菅首相もこれを受けて、再生可能エネルギー法案、特例公債
法案が成立したら、次の代表に政権を託す意思を表明したこと
から、このまま順調に行けば、今月末までに首相が交代すること
になりそうだ。(**)

<執行部は、28日に代表選、31日までの会期末までに国会
の首班指名を行なう予定を立てているとのこと。>

 菅首相の辞任や、代表選に関しては、また改めてゆっくりと
書くことにしたいのだが・・・。

 菅首相にも問題はあったかも知れないけど。でも、mewは
ひとりの国民として、政権与党がこの大事な時期に、まとまろう
とせず。日々、首相を批判を繰り広げ、野党と一緒に首相おろしを
行なったり、野党に押される形で安易に公約の見直しを決めたり
政権与党の体をなしていなかったことは、日本の国政の歴史の
中で、悪しき前例を作ることになったと思うし。国民の政治不信を
増大させたことは、本当に残念でならない。(ーー゛)

 また、客観的に見て今、代表選に出馬を表明している候補が、
国民の期待を呼ぶことができると思えず。(~_~;)

 そして、また代表選を巡って、無節操な形で候補者が乱立する
ことになったり、そのウラで候補者の調整や駆け引きが行なわれ
たり・・・自民党の総裁選での派閥のやり合いのように、数&力
の争い&取引などを行なって、党内でドロドロ・バタバタの政局
ごっこを繰り広げることになれば、民主党は完全に見放される
ことになるのではないかと懸念している。(-"-)

<mew個人としては、何より、新たな首相&政権が保守タカ派
的なものにならない&脱原発の方針をストップさせてしまわない
ものになることを切に願っている。(@@))

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ただ、次の代表選でも、キーマンになるのは、小沢一郎氏
&100名以上を擁するとされる小沢&鳩山グループの
いわゆる小鳩派であることは間違いないだろう。(**)

 小沢一郎氏は、10日、参院当選1回議員が主催する勉強会で
講演を行ない、党所属国会議員ら約140~50人が参加したとの
こと。仙谷官房長官に近い議員や、中間派の議員なども参加して
いたという。
 
 小沢氏は、この講演の中で、『マニフェストに関し、「契約し、
約束したからといって100%できるということはなかなかない。
時間のかかるもの、カネが必要なもの、いろいろある」と指摘し
つつ、「政治家が自らの責任で決断し、実行する。この姿勢と努力
を国民に示すなら(民主党への)支持は戻る」と強調した。
「『難しくてできない』と言うなら(国民から)『もう辞めなさい』
となってしまう」』と語ったとのこと。<時事通信10日より>

 これは、次の代表選の候補に対する、小沢氏のメッセージである
ようにも感じられた。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 小沢一郎氏を支持する議員や人たちの中には、次こそ小沢氏を
首相にと期待する人が多くて。そのためにも党員資格停止処分を
解いて、代表選に出られるようにして欲しいという声も出ており、
昨日の講演会でも、そのような話が出たようだ。

『小沢氏は菅直人首相の後継を選ぶ代表選には言及せず、出席者
から首相就任への待望論が上がったのに対しても「皆さんと一緒
に頑張っていく」と述べるにとどめた。<同上>』

 ただ、小沢氏自身、側近&ブレーンである平野貞夫氏に、裁判
が終わるまでは出馬する気はないと語っていたという。

『平野氏によると、小沢氏は6月下旬、平野氏が「裁判をしながら
首相を狙ってはどうか」と出馬を促したのに対し、「それはでき
ない。首相という地位は司法権を干渉できる立場にある。痛くない
腹を探られたくない」と拒んだ。

 ただ同時に「自分が仮にそういうものをやらせてもらうとすれば、
裁判がすきっと済んでからでないと駄目だ。ここはどうしても
譲れない。自分の人間としての信条、哲学だ」と指摘。「ポスト菅」
については「意中の候補は誰もいない。自分と方向性を同じくする
人を抱えて教育しながらやっていくしかない」と述べた。
<産経新聞8日>』

* * * * *

 mewは、以前から書いているように、処分云々にかかわらず、
小沢氏は裁判が終わるまでは、首相になるべきではない&ならない
だろうと思っていた。(・・)

 小沢氏が、検察の暴挙のために<&その背後にある様々な力の
ために>、首相の座につく機会を失い、検察審査会の未熟な判断
のために刑事被告人にされてしまったことはあまりにも残念で、
怒りや悔しさが尽きることはないのだけど。(ーー)

 でも、首相や政権の中枢が、刑事被告人であるということは一般
国民も問題視しそうだし。<小沢氏も言っていたように、司法権
との兼ね合いでも余計な腹をさぐられそうだし。>
 野党やメディアに余計な小沢叩きのネタを与えると、短命政権で
終わらせられるおそれがあるだけに、ここは慎重を期す必要がある
と思うからだ。(~_~;)

 小沢氏が、首相や政権中枢として、ある程度、自分の思うように
政治活動を行なうためには国民からそれなりの支持と理解を得て、
自分の政策を実現する環境を作る必要があると思うし。そのため
には、晴れて無罪の確定判決を受けた後に、満を持してなった方が、
本人もやりやすいのではないだろうか?(+_+)

<鳩山&菅首相や安倍、福田、麻生首相もそうだったけど。
(安倍、麻生くんはやりたいことができなくて、mew的には
ラッキーだったけど?^^;)党内や野党、メディアの戦いに精力を
費やすことになると、結局、やりたいことが何もできずに終わって
しまうし。政治主導で官僚もハンドルするのも困難になって、結局
既得権益を持つ議員や官僚、企業を喜ばせるだけだもんね。(-"-)>

 ただ、来年9月に行なわれる予定の代表選に出馬するためには、
きっちりと無罪判決を勝ちとると共に、今度の代表選で小鳩派の
押す候補を首相にして、いかに民主党政権&党内の態勢固めが
できるかが鍵になることは言うまでもないだろう。(@@)
 
その小沢氏の初公判が、10月6日に決まったというニュース
が出ていた。

『資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反
(虚偽記載)で強制起訴された民主党元代表の小沢一郎被告(69)
の第13回公判前整理手続きが10日、東京地裁であった。大善
文男裁判長は初公判を10月6日に指定した。審理は週1回程度の
ペースで進み、来年1月中に証人尋問や被告人質問などの証拠調べ
を終える予定。検察官役の指定弁護士の論告や弁護側最終弁論は
2月以降になり、判決は春ごろになる見通し。<つづく>』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


『元代表の弁護団は4億円提供の不記載について「4億円は石川
議員に預けただけで報告書への記載は必要ない」と主張。虚偽記載
が成立するとしても「元秘書らとの共謀はない」として、全面的に
争う方針。』

『東京第5検察審査会の起訴議決から約11カ月を経て、民主党
元代表、小沢一郎被告の初公判期日が決まった。公判の行方を左右
するのは、虚偽記載を「小沢元代表へ報告し、了承を得た」と東京
地検特捜部に供述したとされる衆院議員、石川知裕被告(38)ら
元秘書たちの調書の採否だ。

 争点整理や公判日程などを巡る東京地裁、指定弁護士、弁護団の
3者による公判前整理手続きは今年3月以降、非公開で計13回
行われてきた。初公判までにあと3回程度、協議がある見通しだ。

 手続きの中で、無罪を主張する弁護側は全調書の採用を不同意と
したため、指定弁護士は石川議員ら元秘書3人▽取り調べ検事4人
▽不動産や銀行の関係者2人--の計9人を証人申請。弁護側も
2人程度の証人申請を予定しており、従来の刑事裁判より証人尋問
が大きなウエートを占める公判になりそうだ。

 一方、元秘書たちの調書は、「元代表の了承を得たうえで虚偽
記載に至った」との構図を描く指定弁護士の立証を支える唯一の
直接証拠だ。ところが、石川議員らの公判では、元代表の関与を
認めた部分を含む相当数の調書が採用されなかった。元代表の審理
を担当するのは別の裁判官で、指定弁護士は「元代表の関与を示す
客観証拠や状況証拠はある」という。だが、直接証拠の調書が採用
されなかった場合、厳しい有罪立証を迫られるのは確実だ。
<毎日新聞10日>』

* * * * *

 先月、『小沢秘書公判で、共謀示す証拠が却下&有利な流れに
という記事にも書いたのだが・・・。

 小沢氏の秘書3人の公判で、起訴された犯罪事実を立証する
のに重要な供述調書の多くが、供述の任意性、信用性に問題がある
として、証拠として採用されず。
 しかも、小沢氏の公判では核心部分となる、小沢氏の関与(共謀
事実)を示す石川知裕元秘書の供述調書が証拠採用されなかった
ことは、小沢氏側にとって有利な材料になることは確かだろう。(・・)

 小沢氏の公判と秘書3人の公判は、全く別のもので、裁判官も
異なるので、小沢氏の公判の裁判官がどのような判断を行なうかは
わからないのだけど。
 ただ、昨年の大阪地裁での郵政不正事件の公判以来、検察側
(とりわけ特捜部)の強引な取調べや自分たちの都合のいい形
での供述調書作りが問題になっているだけに、裁判官も証拠の
採用の可否はかなり慎重に判断するはずだし。司法界全体が、
状況証拠だけで安易に有罪を導くべきではないというムードに
なっているので、それもいい方向に作用するのではないかと
思われる。(+_+)

* * * * *

 地裁判決は、来年の春頃に出るとのことだが。
 もし小沢氏に無罪判決が出た時に<郵政不正事件の村木厚子氏
が無罪になった時のように>、検察役の指定弁護士が控訴を断念
せざるを得ないと判断するぐらい、完璧な無罪を勝ちとって欲しいと。
 そして、小沢氏や民主党政権を破壊しようとした勢力を見返して
欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 



 
[PR]

by mew-run7 | 2011-08-11 06:59 | 小沢&秘書の裁判

代表選、菅直人が接戦を制し、首相続投が決まる!+2人の演説&改めて、挙党態勢を

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


14日に行なわれた民主党の代表選は、菅直人氏が小沢一郎氏
に勝利して、首相を続投することが決まった。(・・)

 菅氏は、721ポイントを獲得。(国会議員票が206人で、
412P、地方議員60P、党員・サポーター249P)
 対する小沢氏は、491ポイントだった。(国会議員票が、
200人で、400P、地方議員40P、党員等51P)

<ただし、党員・サポーターの票数は、菅氏が13万7998票、
小沢氏は9万194票で、比率を見るとほぼ6:4だった。(・・)>

 菅氏にとっては、劣勢だと言われた&今後の党運営にも大きな
影響がある国会議員票で過半数を占めて、3つの分野でポイント
を上回ることができたことが、勝利を決する要因となっただけで
なく、今後、首相&代表を続けて政権&党運営をして行く上でも、
かなり大きな意味を持つのではないかと思われる。(**)

* * * * *

 細かい話は、後に回すとして・・・。

 今回は、民主党としては、初めて首相を決める代表選に。しかも、
菅氏vs.小沢氏という党内TOPの争いに、まさに党を2分する
ような戦いが展開され、選挙当日になっても、どちらが勝つか
わからない状況だっただけに、色々な意味で、ハラハラ・ワクワク・
ドキドキしながら、TV中継を見ていたですぅ。(@@)

 菅氏vs.小沢氏の対戦は、前原元代表の辞任後の、06年4月に
続いて2回めになる。<06年4月上旬に、関連記事が。>
 その時には、国会議員だけの投票だったのだが。鳩山由紀夫氏
が小沢氏の票の取りまとめをしっかりと行なったことに加え、選挙
当日の小沢氏の演説がと~ってもよかったこともあり、小沢氏が
119票対72票で勝って、代表の座についたのであった。

 今回は、民主党としては、8年ぶりに党員&サポーターや地方
議員も投票する本格的な代表選を行なうことになったのだが。
 メディアの情報分析では、地方議員などの票は、菅氏が6:4
で有利だと言われていたものの、逆に国会議員の票は小沢氏の方が
やや優勢ではないかと見られていて、当日の両者の演説も、勝利を
左右するかも知れないという話も出ていた。(・・)

* * * * *

 この代表選では、2人とも街頭演説などの機会には、かなり熱く
語るシーンが見られたので、昨日も、熱弁を振るうのかな~と
思っていたのだが・・・。
 2人とも原稿を持って登壇して、そこに目を落としながら、
かなり静かな口調で、訴えかける形の演説になった。^^;
 
 先に、演説したのは、小沢氏の方だったのだけど。
 mewは、こんなに緊張をした小沢氏を見たことがないかもと
思うぐらい、めっちゃ緊張をしていて。特に、最初の方は、声が
小さく震えて、部分的にかすれたり裏返ったりしているような感じ
さえあったほどだった。^^;

 小沢氏は、過去に、新進党&民主党で党首選に3回出て3勝
しているのだが、これまでは事前に勝てる形ができているような
ケースだったので、当日まで勝つか負けるかわからない党首選
初めてのことだし。政治生命を賭けた選挙で、しかも、もしか
したらこの演説で勝負が決するかも知れないとなると、尚更に、
強く緊張してしまうのかも知れないな~と思っていた。(・・)

 小沢氏の演説の要旨は*1に、全文はコチラにリンクして
おくが・・・。
 同氏は、最初に、昨年来、自分に関わることで騒がせたことを
謝罪したあと、自分が40年前に国会議員になって以来、官僚主導
の仕組みを変える必要があると考えて、国政に取り組んでいたこと
を中心に語ったのだけど。
 「私には夢がある」と、40年来の議員生活の集大成として、
命を賭けて、日本の国政の改革に臨もうとしている覚悟や思いは
伝わって来たものの、これまでの演説に比べて、やや迫力が不足
しており、06年の演説のように、ぐっと心をひきつけるような
「これぞ」というものがなかったようにも思えた。^_^;

<社会や精神風土の荒廃などへの憂慮は、やや古い保守派の印象
を与えたかも。政策に関しても、とりあえず、通り一遍に触れた
だけといういう感じがした。> 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 菅氏の演説も、要旨を*2にアップ。全文をコチラにリンクして
おくが。

 菅氏の方も、かなり緊張していて、原稿を棒読みにする場面や、
噛んだりする部分が多くて、演説の出来としては、よくなかった
ように思える。(-"-)

 菅氏も、自分が議員になってから目指して来たことや、「民主党
の原点」ということをテーマにして、話をしたのだが。
 mew個人は、かなり野党っぽいとは思いつつも「世の中の
不条理と戦うことが民主党の原点」「全員参加の民主政治」という
辺りは魅かれる部分があったし。<党の議員も参加しての国政と
いうのは、特に若手・中堅議員に魅力的な話だったかも。>
 また、石井鉱基氏や山本孝史氏の話は、以前から民主党にいた
議員、支持者にはぐっと来るとこがあるかも知れないのだけど。

 ただ、全体的に抽象的な話が多くて、全体的にぼやけた感じの
演説であったように思えたし。
 今回の演説に関しては、小沢氏も菅氏もイマイチだったかな~
というのがmewの偽らざる感想だ。(~_~;)

<菅氏が、小沢氏のテーマである「私には夢がある」を使った
ことは「パクりに感じる」という意見と、「相手のキーワードを
受けて、『私にも夢が』と応じるのは洒落ている」という意見が。
 あと、議員の前職がバラエティに富んでいることを示すのは
いいとしても、ひたすら50種近くも読み上げるのは、チョット
「やり過ぎ~」という感じがした。(何か投票に絡んで意図が
あったのかと勘ぐってしまったほどだ。^_^;)>

 ちなみに、TVの情報によれば、今回、演説をきいてから投票
する人を決めたいと言っていた議員の中では、菅氏に投票をした
人が少し多かったらしい。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、メディアの情勢分析によれば、地方議員票と党員・
サポーター票では、菅氏の方が6:4でリードしているとのこと
だったのだが。100票を按分比例した地方議員票は、まさに
6:4に。(・o・)

 党員・サポーター票は、300ある小選挙区ごとで勝敗を決する
方式をとっていることもあり、249:51と、思いがけない大差
がついてしまったのだけど。
 全体の票数は、菅氏が13万7998票、小沢氏は9万194票
で、比率を見ると、ほぼ6:4になるわけで、見事に当たっていた
ようだ。(・・)

<これを見て、mewは、やっぱ小選挙区制は、民意をきちんと
反映しにくいし、一方的な結果が出るのでコワイ!衆院選も、
中選挙区制に戻すべきだと思っちゃったのだけど。
 民主党の場合は、都市部のサポーターの数が多いようなので、
このような方式をとらないと、地方の少数票を活かすことが
できないと考えたのかも知れないけど、改善の余地があるかも。>

 今回は8年ぶりに党員・サポーターも投票に参加する本格的な
代表選となった上、初めて、与党として首相を選ぶ選挙になった
のだが。党員・サポーター票の投票率は、66.9%だったと
いう。<前回は、51.3%>

 mew的には、もう少し投票率が高いかと思っていたのだけど。
 どうも一部グループでは、サポーター集めのノルマが与えられて
いて、ノルマ達成のために、関係者の名をサポーターとして登録
しているケースが少なからずあることも判明しているし。
 mew周辺でも、「代表選自体、やるべきでなかった」「菅にも
小沢にも魅力を感じない」「次の世代に移すべき」などという声も
あったので、そのような考えで、棄権した人もいたのかも知れない
と思ったりもした。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ただ、今回の代表選では、国会議員票(1人2ポイント)が、
全体の2/3を占めていたため、国会議員票を集めた候補の方が
断然に有利になると考えられていて。菅氏が他でリードしても、
小沢氏が国会議員票を多く集めれば、容易に逆転できるという
見方が強くあったし。
 そのこともあって、mewは、当初より、今回は小沢氏の方が
圧倒的に優勢だと思っていた。^^;

 というのも、小沢グループの議員が150人前後いると言われて
いた上に、民主党の実質的なオーナーで、各グループに顔がきく
鳩山由紀夫氏が小沢氏の支持を表明したために、鳩山グループや
民社系グループが小沢支持に回り、選挙序盤で、もう200人
程度の議員票を確保しているという情報が出ていたからだ。^_^;

 そして、選挙が始まる前から、双方とも、かなり激しく議員の
取り込みをはかっていたようなのだが。<mew的には、新人
議員の囲い込みとか、しつこい訪問&電話作戦とか、自民党の派閥
選挙みたいなことは、やって欲しくなかったんだけど。(-"-)>

 最後の最後で、菅氏が国会議員票でも追いつき、<勝ち馬に
乗れる状況でもなかったのに>、選挙本番で、小沢氏よりも
議員票が上回ったことには、かなり驚いたところがあった。(・o・)

* * * * *

 mewは、昨日『代表選を控え、選挙後の挙党態勢を(議員も
ブロガーも)願う+最後の(?)「判菅びいき」
』という記事にも
書いたのだが・・・。
 今回の代表選では、ひとりの国民として考えた時に、菅首相が
続投すべきではないかと考えていたので、この結果自体は、国民
の多くが納得できるような順当なものだったのではないかと思う
し、少しほっとさせられたところがある。(・・)

 菅氏としては、議員票で負けながら首相を続投するのは、かなり
やりにくい部分があるだろうし。
 小沢サイドとしても、議員票で勝ちながら、他の票で負けて首相
になれなかったとしたら、負けた気がせず、心残りも大きくなって、
硬いしこりが残りやすいと思うので、mewは、菅氏が今回、
議員数で勝ったことには、本当に大きな意味があったのではないか
と思っている。(・・)

 ただ、地方議員票や党員などの票も6:4で大差はないし、国会
議員票もほとんど変わりはないのだから、菅氏やその周辺は、その
ことを十分に尊重&考慮して、今まで以上に、人事や政策などの面
で、目に見える形で、挙党態勢を築いて行くことを心がけるべきで
あることは言うまでもあるまい。(**)
<前原氏らがどう言おうと、菅氏主導で、小沢氏&支持者との融和
をはかるべきだろう。>

* * * * *

 また、mewは、小沢氏がこの代表選でかなり動いていた上に
初めての敗戦で、心身の疲労が大きいのではないかと心配していた
のだが。<引退とか離党などを言い出すのではと、チョット懸念
していたところもあるのだけど。>
 昨日の選挙後、小沢氏は支持してくれた議員の会合で「一兵卒と
して、民主党政権を成功させるために頑張りたい」と挨拶。さらに
夜は議員たちが集まっていた居酒屋を2件訪れ、元気な姿を見せて
いたとのことで、こちらもほっとさせられた。"^_^"

<一兵卒ということは、役につく気はないのかな~という推測も
出ていたけど・・・。^^;「今後も仲良くしてもらえますように」
と言っていたのが、チョットかわいかったです。(~~)>

 菅首相は、来週から国連総会の出席など外交日程が控えている
こともあって、この1~2日中には、執行部と内閣の人事を行なう
予定なのだけど。
 早速、今日、代表経験者や議長経験者などと会って、再選の挨拶
をすると共に、今後の党の体制について協議することに
なっているとのこと。<今回は、小沢氏とも会談ができるといいん
だけどね~。(・・)>
 
 上のリンク記事にも書いたけど。どうか民主党の議員も、支持者
(ブロガー含む)も、ノーサイドの気持ちを抱くように心がける
ことを願っているし。また、改めて民主党が安定した政権運営を
して、国民のためになる国政を行なえるようにできるといいな~と
願っているmewなのだった。(@@)

                     THANKS


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


More
[PR]

by mew-run7 | 2010-09-15 10:26

代表選を控え、選挙後の挙党態勢を(議員もブロガーも)願う+最後の(?)「判菅びいき」

【速報・代表選開票の結果・菅直人氏が新代表に決まりました。
 ここからは、挙党一致で、よろしくm(__)m&ガンバです。o(^-^)o】


  これは今日2本めの記事です。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


民主党の代表選は、いよいよ今日、投票日を迎えることに。
 午後3時頃には、菅直人氏、小沢一郎氏のどちらが勝つかが判明
する。(・・)

 先日も書いたように、mewは代表選になったら、グループの
人数が多い&選挙戦術に長けている小沢氏の方がかなり有利になる
と思っていたので、菅氏が勝つ可能性もあるというような状況まで
持ち込んだことに、チョット驚いているところがあるのだけど。^^;

 ただ、もしメディアの報道にあるような状況分析や予測が本当
なら、いずれが勝ったとしても、大接戦になって、僅差での勝利
になるだろうし。そうなれば、どちらが首相になっても、楽では
ない船出を強いられる可能性が高い。(-"-)

 まあ、お互いにその後の態度や人事をどうするかでも変わって
来るとこがあるだろうけど・・・。

 もし小沢氏が勝てば、民意とのねじれを指摘されたり、政治と
カネなどの問題や党運営などに関して、野党、メディア、世論など
から批判を受けたり、そのことで国会運営に支障が生じるおそれも
あるし。

 菅氏が勝てば、小沢派の議員からどこまで協力を受けられるか
わからないし。こちらも政策で批判を受けたり、ねじれ国会の
運営でも苦戦したりしそうだからだ。(ーー)

<先日も『代表選の勝敗にかかわらず、「議員票で勝てば、首相の
人事案を両院議員総会で否決するケースもでてくる」(小沢氏支持
の中堅議員)とけん制』(毎日12日)なんて話もあるし。^^;>

 また、今でも、小沢氏側が負けた場合は、離党する可能性がある
のではないかという情報がう飛び交っているのが実情だ。^^;

* * * * *

 まあ、正直なところ、本人も両陣営も、お互いにプライドと信義
と権力をかけて、まさに党を2分するような激しい戦いを行なった
のだから、代表選が終わったら、全く遺恨を残さずに、さわやかに
ノーサイドというわけには行かないかも知れないのだけど。
<メインの2人以上に、周囲の方がアブナかったりして?^^;>

 でも、小沢氏も菅氏も、代表選が終わったあとは、お互いに協力
すると約束したのだから。<会見や演説の場でも言っているしね。>
 どうか、どちらが勝っても、両陣営のリーダーとして、人事の面を
含めて、少しでも挙党一致の雰囲気を出すように努めて欲しいし。

 これだけ、支持が分かれたということは、どちらの政策や主張も
パーフェクトではないということなのだから、相手側の意見にも
耳を傾けて、本当に国や国民のためになる政治を行なって欲しいし。
 頼むから、負けた陣営が、すぐに「XXおろし」の活動を始め
たり、足の引っ張り合いを行なったりしないで欲しいと、切に切に
願っているmewなのである。(-人-)

* * * * *

また、mewが、もう一つ憂慮しているのは、ネット&ブログの
世界のことだ。^^;
 もしネット界では多数派の小沢氏が勝てば、ご機嫌な人が増えて、
楽しいマツリごとっぽくなるのではないかと思うのだけど。
 ネット界では、ボロボロの扱いを受けている菅氏が勝った場合は、
一体、どうなってしまうのかと・・・。(==;)
 
 今でも、菅陣営がマスコミや各界と結託して、小沢氏に不利に
なるように仕組んでいるとか、不正なことをしている人とか、
めちゃめちゃ言われているみたいなのに。^^;
<小沢陣営も、結構えげつないことをやっているという話も出て
いるし。どっちもどっちかな~とは思うのだけど。>

 何か菅氏が勝ったら、この先もずっと相変わらずヒドイ言葉で
「菅叩き」や「菅おろし」キャンペーン(運動)が行なわれるのか
と思うとゾ~~~ッとしてしまうところがあるのだ。_(。。)_

 できれば、小沢氏が提唱する「国民生活が第一」を考えて、
民主党政権が少し落ち着いて国政に当たることができるように、
配慮して頂ければな~と願っている。m(__)m

<小沢氏が首相になって、野党やメディアが、事実無根の
小沢叩きをした時には、mewは、これまで通り、しっかりと小沢氏
を擁護しちゃうからね~。(^ー^)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 

 mewは今回の代表選で、小沢氏と菅氏が争うことには、反対
だったし。今も、その考えは変わっていない。(・・)

 世論調査でも、mew周辺でも、そのような考えの人が多かった
し。7月の参院選が終わって、小沢氏or同氏が推す候補が代表選に
出馬するという話が出てから約2ヶ月間、また実際に代表選が
始まってから約2週間、国政そっちのけで、長々とバタバタやって
いたことに呆れていたり、怒っていたりする人が少なくないのも
事実だ。(-"-)

<自営業&プチ投資家のmew自身、近時は、かなりキツイ状況
にあるのだけど。この景気低迷、円高&株安、雇用悪化などなど
で、困窮したり大きな不満や不安を抱えている人は、かなりいる
わけだし。これで、代表選後も、新たな組閣や執行部人事やらで
バタバタして、国政着手が遅れたら、さらにムカつかれるかも。^^;>

 また、同じ民主党内で、あまりにも政策や考え方に違いがある
ことや、自民党の派閥争いのようなヒドイ選挙戦&権力争いを
行なっていたことに対して、あまりよい印象を抱かなかった人も
少なからずいたようだ。

 ただ、実のところ、この代表選は、民主党にとっても、小沢氏や
菅氏にとっても、mewが思った以上にプラスになることもあった。

 一つは、菅内閣の支持率や民主党の支持率が、かなり上がった
ことである。(**)

<居酒屋談義で「こんなに上がるのなら、参院選でも、もう少し
投票しておいてくれればよかったのにね~」と言ってたのだが。^^;>
 参院選後は、国会もほとんど行なわれず、菅内閣もそんなに仕事
をしていたわけではないのだけど。何故か、8月頃から支持率が
上がり始めて、いまやすべての世論調査で、支持率が不支持率を
上回るまでに回復。それにつれて、党の支持率も上がっている。(・・)

 菅内閣の支持率が上がったのは、菅続投が望ましいと思う人の
応援票や、小沢氏との対比によるものではないかと見る人が多い
ようなのだが。菅氏も、だんだん首相としての立場や話し方に
慣れて来た感じがあるので、国民への発信力や、ある種の親近感
などが上がって来たところもあるのかも知れない。"^_^"

* * * * *

 もう一つは、今回の代表選での演説やTV出演を通じて、小沢氏
のイメージがかなりアップしたと思われることがある。(~~)

 小沢氏は、06年の代表選で「自分も変わる」と宣言して、苦手
なマスコミ対応にも前向きな姿勢を示していたし。選挙活動で過疎
地域に行った時などは、愛想よく演説や交流をできるのだけど。
 もともと一般の人やメディアを相手に話すのが苦手&面倒なので、
選挙の時以外は、そのような姿勢も見られなくなって。<例の検察
&マスコミの小沢叩きが始まってから尚更に?> 国民とのコミュ
ニケーションが不足したことが、ますますイメージを悪化させたり、
誤解を生じさせたりする要因になっていたように思うのだ。(・・)

 でも、今回の代表選で、小沢氏が懸命に演説したり、TV番組
などで語ったりするのを見て、変な話「小沢さんって、その気に
なったら、話せるんじゃん」と。
そして、mew周辺でも「初めて、小沢氏自身のクチから、その
考え方をきちんときくことができたが、わかりやすかった。」
「小沢氏の必死さや迫力が伝わって来た」「菅氏より、実行力が
あるかも知れない」などと「好感触」っぽい感想を述べていた人
が、少なからずいたし。
 実際、世論調査でも、ちょっと小沢氏を支持する人の数字が
上がっていたように思うのだ。(**)

 また、今回はともかく、「将来、機会があれば、小沢氏に首相
をやらせてみたい」と感じた人も増えたのではないかと思うし。
 もし小沢氏が負けても、菅政権の要職についた場合に受け入れ
られやすくなる&改めて、小沢当番の機会ができるのではないか
という期待を抱いたmewなのである。"^_^"

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 最後に、mewの基本的な考え方は、先月書いた『もう誰が首相
になろうと、民主党政権がどうなろうと、ど~でもいいかも~って
感じ?
」にほぼ集約されているとこがあるのだけど。

 もし、どちらかに投票しなければならない立場であるとしたら、
mewは、今回は菅直人氏に投票する。(^ー^)

 それは、mewが個人的に、もともと社民連ファンで、それが
縁で、昔から菅直人氏を応援していて、一度は首相にしてみたい
と思っていたことや、菅氏はここで負けたら2度と首相になる
チャンスはない&まだまともに首相として国政を行なっていない
ので、もう少しやらせてみたいと思っていることもあるけど。
<7月に「判菅びいき」宣言もしちゃってるしね。(^^ゞ>

 ひとりの国民として、客観的に考えても、菅氏の政策や主張
の方が考え方が合うものが多いし。<消費税、雇用、公約の修正、
政調や議員立法の復活、特命チームを作って、党全体で政権運営
をしようとしていることなどなど>

 また、同じくひとりの国民として、国政のあり方や政権与党&
民主党のあり方を考えた時に、3ヶ月前に党として代表選や国会
で選んだ首相を安易に取り替えたり、3ヶ月前に党の建て直しの
ためにと辞任したTOP(幹事長)が、すぐに首相になったりする
のは、かなり無責任な感じがして、問題があるように思うし。
国民の多くが納得しないと思うからだ。(・・)

 今、日本は経済&社会全体も国民生活も大変な時期にあるだけ
に、やはりここは、国民の理解や支持を得られる首相を先頭に
おいて、菅氏も言っていたように、与党全体、国民全体で協力
して、国を立て直す時期にあるのではないだろうか?(@@)

 もちろん、菅氏に対しては不安や不満もあることは否定しない。
<バックにmewと考えが合わない前原氏らがいること、普天間
問題や国立追悼施設のことなどなど。>
 また、人事面や党運営で、いかに挙党態勢を作るのか、大きな
課題を抱えることになるとも思うのだけど。
 ただ、そのことを差し引いても、菅氏にもう少し首相をやらせて
みたいという思いの方が強い。(**) 

* * * * *

 mewは、以前から書いているように、小沢氏にも、一度、首相
をやらせてみたいと思っている。<政策は合わないけど、日米関係
や脱官僚主導でいかなる手腕を見せるのか期待している。>

 ただ、3ヶ月前に幹事長を辞めたばかりだし、国民の理解が
十分でないことを思うと、その力も発揮しにくいように思うし。
今はその時期ではないように思う。

 先月、『小沢には「伝家の宝刀」になって欲しかったのに』と
いう記事を書いたのだが。
 もし小沢氏が首相になって行き詰った場合、もう民主党には
ピンチを託すことのできるほどの人材がいないのだが。菅氏が
行き詰った場合に、後ろに小沢氏が控えていたら、かなり心強い
のではないかと思うし。
 小沢氏&小沢グループは、ここで負けることによって、もっと
大きな存在になり得るものを身につけるチャンスになるのでは
ないかと思うところもある。(・・)
 
 それに、今回の代表選で、国民からのイメージもかなりアップ
したので。もし小沢氏が離党したり、お隠れモードにはいったり
せず、いい形で政権運営に協力をしながら、メディアや国民との
コミュニケーションを保って行けば、近い将来、きっと「小沢氏に
首相をやって欲しい」という時が来るのではないかという予感も
あるのだ。<06年に永田メール事件で、前原民主党がボロボロ
になった時に、小沢氏に大きな期待が集まったように。(+_+)>

 その時には、党全体&国民の多数が待望&期待する形で、首相
の座について、これまでの政治家生活で得て来た経験や手腕を
いかんなく発揮して欲しいと思ったりもするのである。(**)

 ただ、もし今回、首相になったから応援しないというわけでは
ないし。その時には、どうか決して独断的、排他的にならず、本当
に挙党態勢を築く形で、議員たちの力を結集して、国民との
コミュニケーションも忘れずに、体に気をつけて、頑張って欲しい
と願っている。"^_^"

 かなり長くなってしまったけど・・・。^^;
 今は、2時から始まる代表選本番で、2人のスピーチや開票を
見るのを楽しみにしているmewなのであった。(^^♪

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2010-09-14 11:39 | 民主党、民進党に関して

小沢は子供手当ての所得制限を提唱していた~理念を通す政策を

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


いよいよ今日は、民主党の代表選が行なわれるのだが・・・。

 そのことについて書く前に、ずっと探していたものが見つかった
ので、それをアップしておきたいと思う。

 それは、小沢一郎氏が、06年に代表になったあとに発表した
政権構想で、子育て手当てなどには所得制限を設けることを記して
いたことを示すものである。

 小沢氏本人のHPに、06年9月に発表した「私の政権政策」、
同年11月に党がまとめた「政権政策」が載っているのだが。

  「私の政権政策」では、「II、格差をなくして国民が助け合う
仕組みをつくる」、(党の)「政権政策」では「II、社会保障
=格差をなくして国民が助け合う仕組みをつくる=」という
ところも6番目の項に、このような記述がある。

『6・高額所得者への支給制限
社会の公正さの観点から、年金、医療、介護も、「子ども手当」
等の諸手当も、高額所得者についてはその支給を制限する。』

* * * * *

 実は、mewは、昨年からずっと「小沢氏は、以前、確か
『子育て手当てには所得制限を設ける』って言ってたような
気がするんだけどな~」と思っていたのだけど。
 それを示す(証明できる)ものが、なかなか見つからず。
 近時は、「mewの記憶違いなのかな~。ほかの人が言っていた
ことなのかな~」と、半ば諦めていたのだ。(~_~;)

 ところが、たまたま昨日、ブログで小沢氏の安保政策に関する
記事を書くために、小沢氏のウェブサイトを開いて。ついでに、
他のページもちょこちょこ見ていたら、「あ、こんなとこに、
あった~(・o・)」と。上の記述を見つけたのである。

 で、今日は代表選の当日だし。今さら、こんなことを書いても
仕方がないかな~とも思ったのだけど。^^;
 折角、長い間、探していたものを見つけたので、やっぱ、
アップしておきたいと思った次第だ。(・・)

* * * * *

 小沢氏は、昨年、代表時代に、子供1人につき2万6千円の
子供手当てを支給することを決め、それを総選挙のマニフェスト
に記して、党公約のメインになる「5つの公約」に掲げていた。

『中学卒業までの子ども1人当たり年31万2000円(月額2万
6000円)の「子ども手当」を創設する(平成22年度は半額)。』

 これに関して、昨年も、党内や一般国民から「一律給付では
なくて、所得制限を設けるべきではないか」「現金で手当てを
給付するよりも、政府が、その資金で現物給付(保育施設などの
充実も含む)をしたり、他の福祉サービスに回した方がいい」と
いう声がかなり大きかったのをご存知の方も多いだろう。

 また景気低迷によって、09年度以降の税収が落ち込み、財源
が不足していることもあって、党内では「11年度(平成22年)
以降も、月2万6千円の満額支給は困難なのではないか」「満額
支給のために、さらに2兆円以上もかかるなら、国民の多数意見
や現状を考慮して、保育施設の充実などに予算を使った方がいい
のではないか」という意見が多くなっていた。

 そこで、今年6月から始まった菅政権は、子育て手当ての
満額支給を見直す意向を発表したのだ。(**)

<ちなみに、各メディアの世論調査では、6~8割前後の人が、
09年衆院選のマニフェストの見直しをすることを是認している。
mew周辺にも、そのように考える人が圧倒的に多い。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 しかし、小沢氏は、菅首相が、衆院マニフェストの見直しを
考えていることを、何と参院選の選挙活動の最中から強く批判。
今回の代表選でも、「国民との約束は守るべき」だと主張し
続けていた。(**)

 何か選挙戦終盤になって、「小沢氏は、マニフェストにこだわり
過ぎて現実的でない&柔軟性に欠ける」という批判が出ていたこと
に配慮してか、少し譲歩する姿勢を見せていて。
 10日の討論会では、『マニフェストは国民との約束だが、
百パーセント実行できないこともあるかもしれない。約束を全力で
守る努力をする姿が尊い。できるところからやっていくのが大切だ』
と発言したりもしたようなのだが。<時事通信10日より>

 小沢氏の支持者の中には、マニフェストの見直しに関して言及
した菅首相に対して「約束を守らない」「ブレブレだ」「うそ
つきだ」などと辛らつな非難を浴びせる人が少なからずいたし。
 逆に、小沢氏は「信念の人だ」「一度決めたことは、実行する
実現力の人だ」と賞賛している人が多かった。(-"-)

 でも、実のところ、小沢氏は、代表として06年に発表した
自らの政権構想でも、党の政権構想でも、「所得制限」を設ける
ことを記していたし。それが「社会の公正」に資することだと
考えていたわけで。
 たった3年で、自分の政策の中身や理念を変えてしまったのは、
小沢氏の方なのである。(**)

* * * * *

 実は、今年にはいってからも、子供手当てに関して、所得制限
や対象者の制限を行なうべきではないのかという意見が出ていた
のだが。所得制限や対象者の制限を行なうには、相当の経費や時間
がかかることがわかり、それらを導入すると、今年前半には、
手当ての給付が間に合わないことが明らかになった。^^;

 だが、鳩山ー小沢政権は、ともかく今年7月の参院選が実施
される前に、子供手当てが各家庭に給付されるようにしたいという
意向が強かったため、制限は考えず、一律給付を行なうことを
決断。今年3月に、10年度分支給のための暫定法案を、かなり
強引に可決したのであった。
 その後も、メディアや野党(党内からも?)選挙目当ての
バラまきだという批判を受けながら、それでも、何とか6月までに
今年度分の、申請、給付を行なえるようにしたのだが。
 来年度以降の支給に関しては、現段階では、法案成立のメドが
立っていない。(-"-)

 景気低迷が続いており、10年度の税収もかなり低いため、もし
満額支給を行なおうとした場合、あと2兆円以上増える予算の財源
の見込みも立っていない。_(。。)_

* * * * *

 今回は、子供手当てに限定して書くことにするが。小沢氏は、
根本的な信念や政治理念は、強いものがあるのかも知れないけど、
個々の政策に関しては、例の94年の消費税率のアップ宣言に
始まって、この十何年かの間に、かなり考え方や主張が変わった
ものがあるし。目先の選挙を意識して、公約を考えたり、政治的な
発言をしたりする場合も少なくないのも事実で。かなり現実的、
ご都合主義の部分もあることを認識すべきではないかと思う。(・・)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 mewは、以前から、子供手当てを現金で給付することに疑問
を覚えていたし。

<国や自治体は、特段の事情(生活保護や障がい者、病者への扶助
の必要性など)があるケースを除いて、一般国民に、現金を供与
すべきではないと、基本的に考えているので。だから、麻生政権の
定額給付金も現金のバラまきだと批判していたし。mew自身は、
受け取らなかった。(ーー)>

 ただ、格差拡大や景気低迷による国民の生活状況を考慮した
場合、(少子化対策も考えると)子供手当てを給付することに
全面的に反対しようとは思わなかったのだが。それでも、少なく
とも所得制限を設けるべきではないかと考えていた。<対象となる
家庭も考慮&時限的な施策にすることも考えていいかな~と。>

 ましてや、08年からの未曾有の世界的な経済危機の影響で、
税収が大きく落ち込み、さらに財源が不足している状況になって
いることを考えると、何が何でもマニフェストを守って、11年度
から満額支給すべきなのという主張は、あまりに非現実的で強引
過ぎるものだし。mewから見れば、国や国民のことを本当に
考えているものだとは思えないのだ。(-"-)

<関連記事・09年12月『お金がない!・・・鳩山首相は、公約
実現にこだわらず、国民に説明して節約を。』


* * * * *

 mewは、日本は、修正された自由主義(自由主義を前提に
しつつも、国の社会政策&国民が助け合う仕組み重視する)の国
であるべきだと考えている。

 まずは、国民が自立して、<最初から、国に頼ったりお任せに
したりするのではなくて>、自分の努力で勉強したり、働いたり、
生活したりしながら、自らの価値観に基づいて、幸福や様々な面
での向上を目指すことが、大事だと思うのだけど。
 何か自分の力で解決するのが困難なことがあった場合には、国や
自治体、近隣社会などが、弱者切捨てを行なうのではなく、
それ相当の支援をすべきではないかと。<結局は、税金だから、
それが国民の相互扶助になるんだけどね。>
 実は、これは、菅首相の最小不幸の社会の理念とも重なるところ
がある。(・・)
  
<特に子供に関しては、生まれた家庭によって教育、生活、医療
などにあまりに格差があって、同じスタートラインに立てず、、
社会的に不平等、不公正な環境で育つのは望ましくないので、
国や自治体は、そのケアを十分に行なうべきだと思っている。>

* * * * *

 小沢氏は、「わたしの基本理念」として、「共生」を国づくりの
理念に挙げ、筋の通った「公正な国・日本」をつくることや、国民
一人一人が自立することなどを提唱しているのだが。
 これも、mewの考え方に近いところがあるわけで。その考え方
に共感したこともあって、<もともと、好きなタイプの政治家では
なかったけど^^;>、民主党代表になった小沢氏を応援して来た
ところもあったのだ。(・・)
 
 「わたしの政策」で、子供手当てなどに関して、わざわざ一項目
を設けて、社会の公正さの観点から、年金、医療、介護も、
「子ども手当」等の諸手当も、高額所得者についてはその支給を
制限する』という考え方を記したのも、まさに上述の理念に沿う
もので、mewは、こちらの方がずっと筋が通っているのでは
ないかと思うのだ。(**)

<それこそ、mewは、90年代、細川政権の時に小沢氏が福祉
目的税で消費税を3→7%に上げることを決めた時や、早く10%
に引き上げるべきだと主張していた時も(当時は、かなり好きじゃ
なかったけど)、その考え方には賛成したんだよね。^_^;)

* * * * *

 今日の代表選では、果たして、小沢氏が次の首相に選ばれる
のかどうか、全くわからない状況なのだが。

 もし小沢氏が新たな首相になった時には、これが最初で最後の
チャンスになる可能性が大きいだけに、どうか自分の理念に沿って
本当に筋の通った&国民のためになる国政を行なって欲しいと
願っているmewなのだった。(@@)

<ただ、自分の信念に沿って、保守性を前面に出すと、mew的
には困っちゃうんだけどね~。(~_~;)>

                     THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2010-09-14 07:04 | 民主党、民進党に関して

国家観、安保政策が語られなかった代表選+小沢の保守性は留意すべき

  これは今日2本めの記事です。

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の
2つのランキングに参加しています。
それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック
して頂けると幸いです。


人気ブログランキングへ ← まず、ポチっと、お願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ ← もうひとポチッと、よろしくです。

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



民主党の代表選まで、あと1日。(・・)

 この2週間(実質的には1~2ヶ月?)、まさに党を2分する
ような争いが繰り広げられて来たのだが・・・。

 「平和が一番!」のmewとしては、本当を言えば、どうせ党内
を2分するような激しい対立をするのであれば、「親小沢派vs.
非小沢派」とか「オリジナル民主党派vs.民由合併後の民主党派」
という対立軸で争うのではなくて、「保守タカ派vs.中道&左派
ハト派」「改憲推進派vs.改憲慎重&護憲派」というような対立軸
で、争って欲しかったな~と思っていた。

 これは、民主党が結党して以来、党内に存在する大きな対立の
要素なのだが。ここで、党内の議員の立ち位置がはっきりする方
が、すっきりするし。もし党が分裂した場合でも、いい形で政界
再編につなげることができるのではないかと思うからだ。(・・) 

 mewは、いつも民主党の固定支持者ではないと書いているの
だけど。mewが、民主党全体を本気で支持できない理由も、
この点にある。(-"-)

 民主党には、自民党などのように日本会議系のバリバリの
超保守派(平沼赳夫氏や安倍晋三氏に代表されるような戦後体制
否定&戦前復古主義派)は、さほどいないのだけど。
 でも、いわゆる保守タカ派・改憲推進派が少なからずいて、
彼らが主導権をを握った場合は、自民党と変わらないような国作り
や、改憲の動き、安保政策をとる可能性がある。(ーー゛)

 だから、mewは、民主党という政党を全面的に信頼して支持
することができないし。以前から書いているように、日本の経済
状況や国民生活が安定したら、できるだけ早くガラガラポンの
政界再編をして、mewが、安心して応援できる&政権をとり得る
政党に誕生して欲しいと願っているのだ。"^_^"

* * * * *

 しかも、今回の代表選では、普天間問題は少し争点になった
ものの、菅氏も小沢氏も、自分たちの国家観や憲法改正、安保
防衛政策についてはほとんど全くと言っていいほど語らず、
司会者や記者たちもほとんど質問していなかったので、その
ことには、大きな不満を覚えている。(ーー)

 まあ、今は、何より経済政策、国民生活の対策が重要な時期
なので、そちらの方がメインになるのは当然だと思うし。
 実際のところ、両候補とも、党内で考え方の違いが大きい&
あまりナーバスな問題には立ち入らない方が無難だと思った
ところもあるかも知れないのだけど・・・。^^;

 ただ、今年は、普天間問題という大きな課題を抱えている
だけでなく、日米安保50周年を迎えたのを機に、新たな安保
体制に関する協議が行なわれている上、日本の今後5年の防衛
方針を示す「新防衛大綱」も決めなければならないことを
考えると、次の首相が、どのような考えを持っているかを
知ることは、本当は、すご~く大事なことなのである。(**)

* * * * *

 また、党内が「親小沢派vs.非小沢派」や経済政策を主体に
して分かれてしまったために、保守派の小沢氏を護憲ハト派の
議員がついていたり、中道左派の菅氏のバックに右寄り新保守
の前原グループがついていたり、この分野に関しては、完全な
「ねじれ状態」になっているのも気がかりだ。(-"-)
<だから、尚更に、方針を公言しにくいのだろうけど。^^;>

 それでも、せめて、TOPに立つ菅氏や小沢氏が、議員や国民の
前で、きちんと自分の方針や考えを言及してくれれば、それに
反する政策や施策は実行しにくいので、それを明らかにして欲し
かったのだけど。
 それが明確にされないまま、明日の代表選当日を迎えてしまう
ことになるのは、残念なことだし。ある意味では、と~っても
アブナイことなのではないかと、案じている部分もある。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 先日、BLOG BLUESさんのブログに、こんな一文が載っているのを
見て、「そうなんだよね~」と深く頷いてしまうとこがあった。

 ブログ界では、熱心な小沢支持者がめっちゃ多いのだが。中には
自由党oeそれ以前から小沢氏を支持していたり、もともと保守派
だったりする人もいるようだが。
 mewが、すごく不思議だったのは、これまで平和志向or護憲派
などで、自民党などの保守派や改憲派をかなり批判していたブログ
の多くが、小沢氏を強く支持しているからだ。(@@)

『もちっとクールになろうぜ。小沢一郎という政治家は、
まごうかたなき保守政治家であり、改憲派である。
改憲に必要な国会議員2/3を確保するために、
小選挙区制を拓いた政治家である。有事立法を制定した立役者
である。』

『もちろん、保守だからといって悪いわけではない。改憲だから
悪いわけではない。
 問題は、あなたの政治スタンスだ。あなたが、保守ならば、改憲
派ならば、堂々イチローくんを応援すればよい。当ブログは、
ずっと言いつづけている、
 イチローくんこそ、現政界で望み得る最良最強の保守政治家で
あり、護憲勢力最大のライバルであると。

 しかし、僕は、本当に、1人も知らないんだ。自分は保守だから、
改憲派だから、イチローくんの「普通の国」構想に共鳴するから、
熱烈支持するのだというブロガーを。』

* * * * *

 ちなみに、mewは、小沢氏が、小選挙区制を導入しようとした
のは、憲法改正が目的だというよりも、もともと日本にも政権交代
可能な二大政党制を作りたいと思っていたことや、早く政権交代を
実現して、自民党を下したい(潰したい?)と考えていたことの
方が大きかったのではないかと思っているのだけど。

 ただ、小沢氏がかなりの保守派&改憲派であることや、有事立法
を作ることに熱心だったのは事実だ。(・・)

<99年に自由党党首の時に、「日本国憲法改正試案」を発表して
いる。小沢氏のHPに『第九条はこう修正すべきだ 参議院を
「権力なき貴族院」にせよ
』として、雑誌に掲載したものがある。
 また、安保法案、有事立法案に関しては、自由党の「日本一新
11基本法案
」の中にはいっている。>

* * * * *

 『小沢が首相になると、沖縄も含め、軍事化路線が進むのでは
ないか?
』という記事にも少し書いたのだが。

 鳩山由紀夫氏は、かなりの保守タカ派&改憲推進派なのだが。
<鳩山氏も改憲思案を、HPにアップしている。^^;>
 そもそも鳩山氏が、02年に小沢自由党との合併を考えたのは、
小沢氏の力を借りて&保守派の票も伸ばして、政権交代を実現
したいという思いと共に、もっと党の保守化を進めて、改憲の動き
に参加したいという意図もあったと言われている。(・・)

 当時の民主党は、菅直人氏や横路孝弘氏をはじめ中道左派の
議員が、かなり力を持つようになっていたため、憲法改正やら軍事
の問題などを、容易に持ち出せる雰囲気がなかったからだ。(~_~;)。

<ちなみに、弟の邦夫氏は、民主党結党に参加したものの、党内
に左翼がいることに嫌気がさしたこともあって、離党した。^^;
 上のリンク記事にアップしたように、今でも、菅氏のことを
「左翼」扱いして、批判している。^^;>

 逆に言えば、mewが、小沢自由党との合併を「イヤだ~~~」
と思ったのも、党内の議員の多くが、当初、抵抗を示したのも、
小沢氏が豪腕だということに加え、小沢自由党が、保守性の強い
政党だったからだ。(-"-) <しかも、やや新自由主義ね。^^;>
  
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 小沢氏は、平和志向の議員たちの抵抗感を抑えるために、03年
の合併時には、社会党出身で、党内左派のリーダー格だった横路
孝弘氏と協議をして、安保防衛政策に関する合意文書を作成。
 また、06年に代表になってからも、政権交代実現を優先して、
保守性や改憲を強く打ち出していた安倍自民党との戦いを意識して、
自民党の改憲の動きに協力しない方針をとったのだけど・・・。

 でも、07年に参院選に勝った後には、いきなり自民党との
大連立を行なおうとしたり、政権をとったら、アフガンで活動中の
治安部隊(ISAF)に、自衛隊を派遣させたいという意向を示したり
して、mewも含め、党内の議員や国民の多くを、ギョッとさせた
ことがあったしね。(@@)

 また、日本会議系の超保守派である平沼赳夫氏や&そのグループ
や、やはり超保守派の額賀、亀井氏ら率いる国民新党と、連携や
合併をする協議をしていたこともあったのだが。mew的には、
彼らと組むことは「あり得ない!」発想だったし。
 これらのことを通じて、mewは「あ~、この人はやっぱ保守性
が強いんだな~」と再認識させられたところがあった。(ーー)

* * * * *

 今回の代表選の中でも、在日米軍縮小の話をきいていて、小沢氏
が、もともと日本は「普通の国」として、もっと防衛力(軍事力)
増強や、戦闘地域への自衛軍派遣などをすべきだという国家観&
安保防衛政策の持ち主だということを思い起こさせられたし。

 そして、先日は、靖国神社の参拝について、A級戦犯の合祀の
問題さえ解決すれば、「首相が参拝して他国から批判される理由
はない」と語っていて、民主党が目指している国立追悼施設の建設
には、関心がないようだった。(-"-)

<あと、これはまた後日取り上げるかも知れないが。小沢氏が、
内閣法制局を廃止すると発言したことにも、疑問を抱いている。>

 小沢氏&鳩山氏が、もうこれが主導権を握る最後のチャンス
だとして、自民党や保守系の新党との連携や連立や、改憲や
安保政策で、いきなりギョッとするようなこともあり得るし。また
小沢氏が首相になった場合、周囲がイエスマンばかりで、単独
で重要なことを決めて動くことも多いので、正直なところ、mewは
かなり警戒センサーの感度を強めているところだ。(**)

* * * * * 

 他方、菅氏の方は、もともと憲法改正には慎重な姿勢を示して
いるし。<改憲派の枝野幹事長も、今は改憲のことを議論すべき
時期ではないと言明。>
 首相になってからも、「集団的自衛権の解釈変更はしない」と
表明している。(・・)

 でも、菅氏を支持している前原グループの議員などには、保守
タカ派が多いことから、菅氏が首相を続投した場合に、彼らに押し
込まれないかどうか危惧するところがある。(-"-)

<できれば、平和リベラル系の議員を入閣させて欲しいのだけど、
代表選で前原Gにお世話になっているから、ムリかな~?(~_~;)>
 今、菅氏の近くにいる平岡、津村、寺田氏などの平和リベラル系
の議員が、アブナイ、おかしいと思ったら、すぐに菅氏に進言できる
かどうかが、大きな鍵になるかも知れない。(・・)>
 
 そして、小沢氏、菅氏のいずれが首相になるとしても、どうか
平和志向派、改憲慎重や護憲派の方々は、手放しですべてを支持
するのではなく、彼らの言動をしっかりとウォッチして、アブナイ
時には警告を発して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
  ↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2010-09-13 12:56 | 民主党、民進党に関して