タグ:石原慎太郎 ( 159 ) タグの人気記事


 これは今日7月29日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 石原慎太郎氏(元都知事)&石原伸晃氏(自民都連会長、現経再大臣)の親子が、小池百合子氏に対して、トンデモ暴言を吐いて、ヒンシュクを買っている。(@@)

 それも、そこら辺の居酒屋パーティーの席での発言ではない。26日に自民党本部が、都知事選を戦う増田寛也氏のために開いた決起集会での場でのことだ。(・o・)

 ネットやTVでは、「年増の厚化粧」という言葉が注目されているようだが。(それをきいて愛想笑いを浮かべていた増田氏も印象ダウンになったかも。^^;)
 先にこちらの石原パパの言葉と、それに対する小池氏の反論を挙げておきたい。(**)

 小池氏は『今回の都知事選出馬に際しては、都政への思いを抱いたのはいつからかと尋ねられ「前回(の都知事選で)、石原慎太郎さんから『出ないか』と言われたときに」と発言した。

 これに対し、石原氏は「(前回の)都知事選の時に、彼女が『やりたい』って言うからそれは良いんじゃないのと言ったら、『応援してくださいますか』と(言われた)」「私は田母神さん(の支持)でいった。(小池氏は)文句を言ってきたが、そんな義理はない」と小池氏を応援する意思はなかった否定。「虚言症というか、困ったものだ」と非難している。(産経新聞16年7月28日)』

『(石原慎太郎氏は)小池氏には「私はあの人はウソつきだと思いますよ。私があの人に選挙に出たらいいなんて言ったという。そんなこと毛頭ありませんから。厚化粧の女に任せるわけにはいかないよ」と言いたい放題だった』(日刊スポーツ16年7月26日)』

 この石原発言に怒った小池氏は、反論するに当たって、石原氏に「猪瀬が四男の事業を止めたので、復活させて欲しいと頼まれた」と暴露したのである。(・o・)

『石原慎太郎元都知事に前回選挙での出馬を打診されたことがあったとか。

 石原さんに「虚言癖の厚化粧」と言われて、本当に驚いていますが、石原さんから話があったのは事実です。それで、〈都知事になったら何をしたらいいんですか〉と尋ねたら、四男さんの(関係していた都の)事業か何かを猪瀬さんが止めたとかで、イの一番に出てきたのが〈それを復活させてほしい〉でした。ビックリしました。本当にいいお父さんですよね。私には2020年開催の東京五輪の先を見据えた設計図がある。都民のみなさんのため、日本全体のためにもなるという自信もある。不安だったら出ませんよ。(日刊ゲンダイ16年7月27日)』

* * * * *

 ちなみに石原慎太郎氏の子どもは、男ばかり4人。長男の伸晃氏、三男の宏高氏は自民党の衆院議員。次男は俳優・タレント、気象予報士も務める石原良純氏。

 そして四男の延啓(のぶひろ)氏は、芸術家として活動中であるとのこと。父・慎太郎氏が都知事だった頃は、トーキョーワンダーサイト」の外部役員(アドバイザリーボード委員、キュレーティングアーティスト)を務めたり、ダボス会議における都主催のイベント、いわゆる「東京ナイト」の舞台背景の制作も手がけたりしていたのだが・・・。

 どうやら石原氏が都知事を辞めた後も、なんらかの都の事業に関わっていた様子。ところが石原氏を継承したはずの猪瀬氏がその事業を止めたとかで、復活させようとしていたらしい。(~_~;)

 先日の記事にも、国政でも都政でも、同じ政党や人が政治権力を握り続けていると、政官財の癒着や利権確保に結びつきやすくなるという趣旨の話を書いたのだけど。<『自民都連のドンにも利権~五輪施設を逆転受注か&小池、猪瀬をお互いに敵視』とか>

 石原慎太郎氏は何分にも都知事を4期13年半も務めていた上、その前に衆参議員(ほぼ自民党)を27年もやっていて、森元首相その他、自民党政権のTOPクラスに懇意の人たちがいることから、慎太郎氏自身や周辺の人たちは、五輪、インフラ関係も含め、利権絡みでズブズブになっている可能性が大きいのである。(-_-)

<だから、国政でも首相の交代、政権政党の交代などが必要なのだけど。自民党は、ポケモンゲームよろしく「永遠の与党」(&非保守系の野党つぶし?)を目指している上、安倍氏&周辺は、首相を長くやりたいがために、党で決めた総裁任期を延長しようと画策していたりするのよね。(ーー)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 石原慎太郎氏が、鳥越俊太郎氏のことを「売国奴」と呼んで批判していたのも、非保守系の政権(首長)を絶対に認めようとしない彼ら(特に超保守派)の思想のあらわれだと言えるだろう。(@@)

 また石原伸晃氏が、今でも自民党員である小池百合子氏を「自民党の人間ではない」と断言したことも、しっかりと確認しておきたいと思う。(・・)

『東京都知事選に立候補している増田寛也元総務相(64)が26日、東京・永田町の自民党本部で決起大会を開いた。菅義偉官房長官(67)ら党や都連の幹部が顔をそろえるなか、来賓として出席した元都知事の石原慎太郎氏(83)が、対立候補の小池百合子元防衛相(64)を「うそつき」、鳥越俊太郎氏(76)を「売国奴」などと徹底的にこき下ろした。

 石原氏が「売国奴だよ、こいつは」とまずやり玉に挙げたのが鳥越氏だ。尖閣諸島をめぐり中国との間で武力衝突が生じた際の対応について、「『(自衛隊を派遣したら)人が死にますね。そんなことだったら、尖閣なんて中国にくれてやったらいい』って」と鳥越氏の発言を紹介。
 続けて「こんなばかなこと言うやつが、日本人を代表して、おこがましいこと言っているから腹が立った」と怒りをあらわにした。
 さらに、鳥越氏が最新の世論調査で増田氏と小池氏に後れを取っているとされていることを念頭に、「実質的に(都知事選から)脱落したみたいだけど」と“過去の人”扱いした。

 小池氏への批判は、さらにヒートアップした。「もうひとり、大年増の厚化粧がいるんだな。これが困ったもんで、あの人はうそつきだと思いますね」とバッサリ。
 小池氏が、前回(2014年)の都知事選で石原氏に出馬を促されたとの趣旨の発言をしているとした上で「私が彼女に出たらいいなんて言ったことは毛頭ない。本当に虚言癖で、困ったもんだ」と全面否定。

 さらに「ここに私の息子がいて苦労している」と、傍らに座る東京都連会長の石原伸晃経済再生担当相(59)を指して会場を笑わせてから、「都連の会合に1回も出ないで、『ブラックボックス』なんて言っている」と小池氏を非難した。政界を引退してから1年半たつが、“慎太郎節”はまだ健在だ。

 伸晃氏も父に呼応するように、「今日をもって、小池候補は自民党の人間ではないと思っている」と“追放宣言”を行った。(産経スポーツ16年7月27日)』

『伸晃氏は「小池氏は私がいないときに推薦依頼を持ってきて、私がいないときに推薦依頼を引き取っていった」とも指摘。党籍を残したまま都連への批判を繰り返す小池氏を「わがままだ」と断じ、増田氏への支援を呼び掛けた。

 慎太郎氏は「私の息子も苦労しているが、都連の会合に一回も出てこずに、都連がブラックボックスなんて言ってはいけない」と伸晃氏を援護射撃。「厚化粧の女に(都政を)任せるわけにはいかない」と脱線気味に訴えていた。 (時事通信16年7月26日)』

『増田陣営は自民党本部で各種団体総決起大会を開き、石原慎太郎元都知事(83)が登壇した。石原氏は鳥越氏について「売国奴だよ、こいつは」と“こいつ”呼ばわり。鳥越氏が尖閣諸島で中国と衝突し、人命が失われる事態になるようなら「尖閣なんて中国にくれたらいい」と発言しているとし「こんなバカなことを言うヤツに東京を代表できるか」と切り捨てた。

 小池氏には「私はあの人はウソつきだと思いますよ。私があの人に選挙に出たらいいなんて言ったという。そんなこと毛頭ありませんから。厚化粧の女に任せるわけにはいかないよ」と言いたい放題だった。都連会長で、慎太郎氏の長男、石原伸晃経済再生担当相も同大会で、小池氏の立候補について「自民党の人間ではない」と批判した。

 石原氏が、小池氏を揶揄(やゆ)するような発言をしたことに対し、小池氏を除名覚悟で応援する自民党の若狭勝衆院議員は26日、都内の街頭演説で悔し涙を流した。「政策ではないことで、ああいうことを言われるのは悲しい」と述べ、しばし絶句。小池氏は、「若狭さんが男泣きしてくれた。男を泣かせてしまい申し訳ない」と述べ、「これまでにもひどいことをたくさん言われてきた。もう慣れている。ただ、日本はこれからもおっさんの論理で突き進むのか」と反論。聴衆に「見返してやりましょう」と呼び掛けた。(日刊スポーツ16年7月26日)』

 ただ、mewはこの石原慎太郎氏の発言は(TVでは少ししか取り上げられなかったけど)、増田陣営には、決してプラスに働かなかったように思う。(・・)

<てか、そもそも応援のために石原慎太郎氏を呼ぶって感覚がアウトだよね。伸晃くんが頼んだのかしらん。それともオレも行かせろとか言われて、断り切れなかったのかしらん?^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 鳥越俊太郎氏も、石原氏の批判は全く意に介していない様子。(++)

『東京都知事選(31日投開票)に出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が27日、東京・新宿での個人演説会後、囲み取材を開いた中で、石原慎太郎元都知事(83)が26日に、自身を“売国奴呼ばわり”したことについて聞かれ、意に介さない姿勢を見せた。

 報道陣から発言について聞かれた鳥越氏は、最初は「知りません」と答えたが、「売国奴という表現を使ったが、どう思うか?」と言われると、「石原さんの言葉ですからね。何が出てきても驚きません。私は売国ではありません。日本人ですから、日本人のプライドがある。そんなことは言われても驚くことはないですね。他の方に言われたんだったら、えっ、あなたが? と思うでしょうけど、石原さんでしょ? 何を言っても驚かないですよ」と答えた。』

『その後、鳥越氏は渋谷に移動して、街頭演説と個人演説会を行った。個人演説会には民進党の長妻昭代表代行が駆けつけ、応援演説。長妻代表代行は、鳥越氏が選挙期間中に憲法改正問題や核や原発の問題に対して発言を繰り返すことに、他候補の陣営から「都政ではなく国政のことばかりを主張する」などと批判が出ていることに対し反論した。

「都知事の1番の仕事は、都民の命と財産を守ること。東京都民は日本の人口の10分の1いる。憲法、原発、平和の問題も言及しなくて、どうするんですか? 都庁の問題ではないと封殺する、あの2人の候補はおかしいんじゃないか? 都知事は政治家ですよ。役人じゃない。総理大臣に次ぐ、日本国のナンバー2の政治家なんです。その政治家が自民党と同じ方向を向いて、へーへーしている都知事であれば、いらないんじゃないか!」

 鳥越氏は「東京都が日本の先頭に立って、平和を宣言する都市でありたい!!」と宣言した。(日刊スポーツ16年7月27日)』

* * * * *

 尚、次男の石原良純氏は、鳥越氏を評価する発言をしていたとのこと。これが自民党のお触れに違反するのではないかと心配する声も出ているという。(>_<)

『タレントの石原良純(54)が鳥越俊太郎東京都知事候補(76)について好意的な発言をしたとして、自民党東京都連が所属する国会議員や地方議員に配布した「都知事選挙における党紀の保持について」と題された文書の禁止事項にあたるのではないかとネット上で話題になっている。

 同文書は、都連会長の石原伸晃経済再生担当相、幹事長の内田茂都議らの連名で、党が推薦していない候補者を応援した場合、「除名などの処分対象になる」とし、議員本人だけでなく親族による応援も禁じる内容。「都知事選は東京五輪・パラリンピックを控えた都政のかじ取り役を決める極めて重要な戦い」とし、<1>党公認・推薦候補者以外の者の応援<2>党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為<3>反対党の候補者の応援-を禁じている。

 石原は13日生放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。鳥越氏が出馬会見の際に、憲法改正問題は東京都も無関係ではないとし「自分なりに流れを少し、元に戻す力になれれば」と、出馬を決めた理由のひとつとしてあげたことについて、「東京から国を変えるって最初に言い出したのは石原(慎太郎)都知事かな。最初は『何をこの人は言ってるんだ。何を急に言い始めたんだろう』って思ったけど、でも東京っていうのは、それだけ世界に発信できる力があるんで、その中で鳥越さんはそう思われた。それに違和感を持つ方もいるけども、僕は東京の力ってそういうのがあるし、その中で『物申したい』って出られたんだろうな、と」と理解を示し、「鳥越さんの今までのことを見てきた方は、信頼感を持たれる方も多いんじゃないですかね」と発言していた。(日刊スポーツ16年7月15日)』

 そして鳥越氏同様、東京都が日本の先頭に立って、平和を宣言する都市でありたい!」と。様々な社会や生活の問題に関しても、「東京から日本を変えて行けるといいな~」と願っているmewなのだった。(@@)

  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-07-29 19:57 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 あーあ、舛添くん、負けちゃった。・・・辞任届け出したって。_(。。)_

 後半に掲載する記事に、牧太郎氏が書いていた。

『石原さんの「罪」と比べれば「銭ゲバ」の舛添さんのほうが小さい小さい。その石原さんが舛添問題で「あまりにもみじめな話。お金がないんで気の毒ですなぁ」とコメントする。

 嗚呼(ああ)、 巨悪は叩かれることもなく、小悪は潰されるのだ。』

 そうなんだよね。ファーストクラスは載り放題、五輪招致も銀行経営はじめ大事業を次々と停滞、失敗して、何百億、何千億規模の都民の税金を無駄遣いした石原元都知事は、結局、な~んの責任もとらずに辞めて、いまだに威張っているというのにね~。(・・)

 石原都政時代の副知事で、石原スポンサーの徳州会からお金を借りた猪瀬前都知事も、1年で知事の座を追われて、罰金刑までくらったけど。何か今はエラそう~にTVに出て舛添批判をしてるのを見ると何だかな~って、思っちゃうとこがあるしね~。(~_~;)

 それも、結局は、メディア(特にTV)が、毎日のように、時に面白半分に、舛添バッシングしたことが大きいよね。(-"-)
 それに都民や、何故か全国の国民までが乗っかって・・・・。結局は、自民党まで乗って(野らざるを得なくなって?)、こんな結末に至ってしまったのだ。(@@)

 出だしは韓国学校の建設問題に怒ったネトウヨの動き&週刊誌の記事という小さなことだったのに・・・。
 舛添氏は、かつては総理候補№1になったこともあったのに。政治家ひとり潰すのは簡単だね。(>_<)

* * * * * 
 
 都議会は15日未明、自民党をはじめ全会派で、舛添都知事の不信任案を提出することを決定。もし不信任案が可決されれば、舛添氏は辞職(失職)するか、議会を解散するかというところまで迫られれていた。(・・)

 舛添氏は昨夜、涙ながらに9月まで不信任案を提出しないように求めたが。<おそらく先週までは自民党本部もその方向で考えていたはずなのだが>、自民党にはしごを外されたことから、もはやこれ以上、抵抗して行くのは難しいと考えたのだろう。(~_~;)
<子どもへのいじめなどの影響も考慮したかも知れない。これでリオの閉会式に出ても、子どもも父を誇れるかビミョ~だしね。>

 舛添都知事は15日の朝、都議会の川井重勇議長21付けの辞職願を提出したという。

『東京都の舛添要一知事は15日午前、政治資金流用をはじめとする公私混同問題の責任を取り、辞職する意向を固めた。
 同日午前に都議会の川井重勇議長に、21日付の辞職願を提出した。
 午後の都議会本会議で自民、公明、共産、民進各党など、全会派が共同提出した不信任決議案が可決される見通しだったが、都政の混乱を避けるため、その前に自ら身を引いた形だ。関係者によると、不信任案は取り下げる。

 舛添氏をめぐっては、高額な海外出張費や公用車を使った週末の別荘通いに加え、私的な飲食費や家族と宿泊したホテル代を、政治資金から支出していた問題などが噴出。都民や都議会からの批判が高まっていた。
 知事の辞職には議会の同意が必要。公職選挙法の規定では、辞職の申し出を受けた議長が選挙管理委員会に通知した翌日から50日以内に知事選が行われる。

 7月10日投開票の参院選と都知事選の同日選は困難とみられ、知事選の告示日は7月10日以降に設定される方向だ。具体的には「7月14日告示、同31日投開票」といった日程が候補に挙がっている。
 現金受領問題で2013年12月に引責辞任した前任の猪瀬直樹氏と同様、2代連続で「政治とカネ」の問題で辞職に追い込まれることになる。

 舛添氏は東大助教授などを経て、01年7月の参院選比例代表に自民党から出馬し、初当選。参院議員を2期務め、厚生労働相などを歴任した。
 猪瀬氏の辞職に伴う14年2月の都知事選に無所属で出馬し、自民党都連と公明党都本部の推薦を得て、約211万票を集めて初当選した。(時事通信16年6月15日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 サンデー毎日の「牧太郎 青い空白い雲』に、『“超銭ゲバ”舛添は「石原慎太郎閣下」を真似しただけ?』という記事が載っていた。
 

 牧太郎の青い空白い雲
/575 “超銭ゲバ”舛添は「石原慎太郎閣下」を真似しただけ?

2016年6月14日

Texts by サンデー毎日

 相変わらず、週刊誌の記者さんは「舛添銭ゲバ伝説」を探すのに一生懸命だ。

 この間も、『週刊文春』の若い記者さんがやって来た。「なぜ舛添さんと疎遠になったのか? その理由を聞きたい」と言う。
 そういえば……舛添騒動が中途半端にフィーバーした4月中旬、個人ブログ「牧太郎の二代目・日本魁新聞社」で、彼にホンの少し批判的なことを書いていたが……すっかり忘れていた(4月13日 舛添さんの「大名花見旅行」に文句あり!)。

「総額5042万円を費やした舛添要一都知事の5泊7日のパリ・ロンドン出張。正直言って、行き過ぎだと思う。(一緒に大井競馬場へ遊びに行った友人の一人だったが、彼が政治学者・タレントだった頃『講演料が120万円』と聞かされ、以来、疎遠になった。拝金主義とは友達になれない!)」

 と書いた。 若い記者さんはこのブログを読んだらしい。

 記者さんは「120万円の講演料は異常ですね?」とさかんに聞く。「そうだろう。いくら何でも、国のカネで学び、国立大学で教えて給料をもらっていたのに……一時間余りの講演で120万円はやりすぎだ。仲良くなれ!と言われても無理だよ……でも記事になるような話じゃないよ」と笑ったが……ともかく週刊誌の描く「お笑い劇場」では、舛添さんは「歴史に残る超銭ゲバ」になってしまっている。

    ×  ×  ×

「第三者の目で厳しく調査していただく」と“逃げ口上”を連発しているのは、6月末に支給される約380万円の夏のボーナスのためというのが定説である。6月1日まで居座れば、その後、辞めても満額支給されるから頑張っている!という解説。本当だろうか?

カネに汚いことを「マスゾエする」と命名する向きまである。

 叩(たた)きやすい奴(やつ)を見つけると、鬼の首を取ったがごとく徹底的に叩く。メディアもやり過ぎだ。

  X X X (下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 舛添さんよりもっと「罪深い都知事」は存在した。

 医療法人・徳洲会グループ創設者の徳田虎雄に徳田毅(たけし)衆院議員を通じて「余ったら返すので、まずは1億円をお願いしたい」と電話して5000万円をポッポに入れた猪瀬さんのことではない。一番悪いのは、猪瀬さんの師匠「石原慎太郎」である。

 舛添さんの大名行列のような海外旅行は石原さんを真似(まね)ただけだ。

 2001~02年の頃だ。海外出張記録によると、この2年間で石原さんが海外に出張したのは6回。飛行機、日当、宿泊などの旅費と通訳、車、電話など現地経費を加えると、海外出張経費だけで9353万円。1億円に近い。

 とくに異常なのは、10泊11日のエクアドル共和国と太平洋上の同国領である赤道直下のガラパゴス諸島の視察だ。 彼自身「(都議選応援が)面倒くさいからガラパゴスに行っていた」と話しているぐらいだから、バカンスなのだろう。2人の政務担当特別秘書など計8人で、総費用は1589万円。小型クルーザーをチャーターして、ガラパゴス諸島を楽しんだという。

 この「豪華さ」を学んだのが超銭ゲバの舛添さん。知事になったら何でもできる!と勘違いしたのだろう。

    ×  ×  ×

 石原さんの「全て」が悪というつもりはないが……「羽田空港開発」「築地市場移転」「新銀行東京」「東京五輪招致」「首都再開発」……石原さんが動くと、巨額のマネーが動いた。どれもこれも利権絡みで、その多くが中途半端で頓挫したり……都民のカネを無駄遣いしたケースは幾つもある。特権階級が「石原知事」を利用し、富を独占した。

 石原さんは(ご本人は認識していないが)罪深い存在である。

    ×  ×  ×

「正義の味方」を演じてもいいけど、尖閣諸島問題で石原さんは大失敗した。地権者から東京都へ購入の打診があった時、国に売却するのが妥当!と地権者を説得し、同時に国が島を購入するよう水面下で働きかけるべきだった。これが「大人の対応」である。

 ところが正義を振りかざし、大騒ぎして日中関係を悪化させた。そもそも、東京都が購入することが無理。外交・防衛の権限も能力もない東京都に尖閣を守れるわけがない。

 石原さんの「罪」と比べれば「銭ゲバ」の舛添さんのほうが小さい小さい。その石原さんが舛添問題で「あまりにもみじめな話。お金がないんで気の毒ですなぁ」とコメントする。

 嗚呼(ああ)、 巨悪は叩かれることもなく、小悪は潰されるのだ。

 太郎の青空スポットは、今号はありません。

 毎日新聞夕刊にコラム「大きな声では言えないが…」を連載中

 ■人物略歴

まき・たろう
 1944年生まれ。毎日新聞に入社後、社会部、政治部を経て『サンデー毎日』編集長に。宇野宗佑首相の女性醜聞やオウム真理教問題を取り上げる。現在、毎日新聞客員編集委員。ブログに「二代目・日本魁新聞社」がある

(サンデー毎日2016年6月26日号から)

* * * * *

 う~ん。何か本当に日本の政治ってこれでいいのかな~って、メディアのあり方って、有権者のあり方ってこれでいのかな~って考えちゃうとこありません?・・・と皆さんにききたい気持ちになっているmewなのだった。(@@)

   THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-06-15 17:10 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 東京都の舛添要一知事のに、次から次へと「政治とカネ」に関わる問題が発覚。TVのニュース・ワイド・ショーをはじめ、大手メディアもこぞって舛添批判(バッシング?)を行なっており、大きな騒動になりつつある。(-"-)

 舛添氏は釈明に努めているものの、都民の理解や納得を得られるような説明はなされておらず。逆に話せば話すほど、不信感が増すばかり。
 このまま行けば、近いうちに舛添氏が追い詰められて辞任するのではないかと。そして東京は、7月には衆参+都知事選のトリプル選挙になるのではないかという観測まで出始めているような有様だ。(@@)

<てか、7月に参院選と一緒に都知事選を行なうために、この時期に舛添おろしに着手したのではないかという観測も出ているです。^^;>

* * * * *

 mewは、生まれも育ちも、葛飾柴又ではないけど、ほぼずっとXX区の東京都民ゆえ、この舛添知事の諸問題にはそれ相当に関心をもってニュースはチェックしていたし。舛添氏を擁護する気もさらさらないのだが・・・。
 これまで、このブログでは敢えて取り上げるのを控えていた。(・・)

 というのも、一つには、mew&周辺が、メディア(特にTV)の舛添攻撃をしているのを見て「ここまでやるんだったら、何で石原が知事の時に、もう少し扱ってくれなかったんだ!」と怒りを覚えていたからだ。(`´)

<後半に記事を載せるけど・・・だって、石原都知事は外遊も含め、贅沢や無駄遣い、公私混同のやりたい放題で。しかも都の仕事は人任せにしえ、自分は週2~3日しか&日によっては2~3時間しか出勤せず。さらには金銭や利権がらみの疑惑も多々あったのに、最後まで大手メディアは(それこそゲンダイとごく一部の週刊誌ぐらいしか)石原知事の諸問題や批判を大きく扱わなかったんだよね。だから4期12年も知事を続けちゃったんだよ。(ーー)>
 
 そして、もう一つには・・・実は、mewは「春頃から舛添バッシング、舛添おろしが始まるかも知れない」というウワサを目耳にしていたので、本当にそうなるのかどうか、チョット様子を見てみたいと思う部分があったからだ。(@@)

* * * * *
 
 そもそも舛添要一氏は、自民党時代から安倍晋三氏&超保守仲間とは犬猿の仲で。<この辺りのことは、以前も何回か書いたし。また改めて書きたいと思っているのだけど。フランスかぶれ&近現代派の舛添氏は、安倍氏らの戦前志向の超保守思想をちょっとバカにしているところがあるのよね。^^;>
 舛添氏は、当時はもちろん、自民党をやめてから&都知事になってからも安倍首相や超保守思想を批判することがあるため、逆にネトウヨなどからめっちゃ反発や非難をされていたのだけど・・・。
 
 mewも今回、初めて知ったことに・・・その舛添知事が、一昨年、訪韓した際に、韓国の朴大統領に首都圏での韓国学校増設に協力することを約束。3月に新宿区内の都有地(都立高跡地)を韓国政府に貸し出す方針を固めたことに、超保守派の関係者やネトウヨが激怒しているとのこと。(-_-;)
<東京都の貴重な土地を、韓国学校なんぞのために貸し出すことは許しがたい暴挙だと思うらしい。3月には都庁前で、抗議集会も行なわれたのだとか。^^;>
 
 また、森元首相をはじめとする国会の五輪族&官僚は、石原知事時代から、インフラも含めて東京五輪開催の計画や準備をアレコレ進めていて。都知事は、基本的に彼らの意向に従って、様々な負担も被るべきだと思っているのに、舛添知事は素直に彼らの言うことをきかないので(猪瀬知事と同様?)、早くチェンジした方がいいという意見が強くなっているとのこと。<しかも、都の職員の中には、国サイドとつながりのある人、アンチ舛添派が少なからずいるらしい!?^^;>

 さらに、OOやXXなどもあって、韓国学校への貸し出しが決まるのを機に、大きな力によって「舛添おろし」が起きるかもという話が出ていたのであるが・・・。(~_~;)

 3月中旬あたりから、贅沢な外遊の問題で批判が出始めたと思ったら、そこからあっと言う間に、次から次へと様々な問題が指摘され、マスコミからの一斉攻撃も行なわれるようになって、「あらら~」という感じに。 (゚Д゚)
 そして、「あ、本当に大きな力による『舛添おろし』が行なわれてるのかも知れない」と思い始めている今日この頃のmewなのである。 _(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 とりあえず、今、メディアで指摘されている舛添知事の「政治とカネ」の問題について、わかりやすくまとめた記事をアップしておこう

『大名視察、公用車、回転すし…舛添氏の主な公私混同

 舛添要一知事の政治資金をめぐる主な「公私混同」疑惑は以下の通り。

 ◆大名視察(1) 昨秋の5泊7日のパリ、ロンドン出張の経費が5042万円だったことが今年3月に判明。往復ファーストクラス(266万円)、1泊19万8000円のインターコンチネンタル・パリ・ルグランなどのスイートに宿泊し、随行職員は19人に上った。

 ◆大名視察(2) 批判を受け、随行職員を15人に減らしたが、今年4月12~18日のニューヨーク、ワシントン出張も往復ファーストクラス、宿泊は5つ星のウィラード・インターコンチネンタル・ワシントンなどスイート。

 ◆公用車 昨年4月から今年4月11日まで計48回も公用車で東京から約100キロ離れた神奈川県湯河原町の別荘に行き来。「ルール通りにやっている。問題ない」と開き直った。

 ◆会議費用名目で 舛添氏の政治団体の1つ「グローバルネットワーク研究会」(14年7月解散)の収支報告書には、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」に「会議費用」名目で23万7755円(13年)、13万3345円(14年)の支出がある。合計37万1100円。時期はいずれも、正月だった。

 ◆飲食代名目で 都内の自宅近くの高級天ぷら店やイタリア料理店、神奈川・湯河原の別荘近くの回転すし店でも「飲食代」で、1回につき1万数千円~5万6000円を支出。

 ◆趣味の美術品 他の政治団体を含む報告書全体の支出が、900万円以上とも指摘された。
(日刊スポーツ 16年5月13日)』

* * * * *

 でも、長い間、あの暴君・石原慎太郎なる知事の下にいた都民mewは、こんなことでは驚かないのである。(~_~;)
 そして、ついつい「何で石原の時にも、メディアは批判してくれなかったんだ」と嘆いてしまうのだが。<このブログでも石原知事の問題を何回取り上げたことか。(ノ_-。)>
 
 どうやらリテラの中にも、mewと同じような嘆き、怒りを感じた人がいたようで。mewの悶々とした気を晴らすために、是非、この記事を読んで欲しい。(**)

『舛添より酷かった石原慎太郎都知事時代の贅沢三昧、登庁も週3日! それでも石原が批判されなかった理由 (リテラ 2016.05.09)

 舛添要一東京都知事の税金を使った贅沢三昧が次々と判明し、批判が殺到している。約2年間で8回の海外出張に費やされた経費は計2億円以上、本人は一泊20万円のスイートルームにも宿泊していたという。さらに「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、ほぼ毎週末、公用車で湯河原の別荘へ通っていた問題……。

 各社報道によれば、舛添都知事の海外出張の宿泊費は、都条例が定める1泊あたりの上限を最大で3.8倍も上回っている。もちろん原資は血税だ。また、毎週末の別荘移動についても、地震などの非常時に都知事としてすぐ対応できるとは思えない。新聞やテレビも徹底追及の構えを見せ、連日のように報道しているなか、舛添都知事は疑惑を払拭できない限り、即刻辞任が妥当なところだろう。

 だが、この問題では、舛添都知事をフクロ叩きにしているマスコミがなぜか一切ふれない事実がある。それは、東京都知事の豪遊、税金での贅沢三昧が、石原慎太郎・都知事の時代から始まっていたということだ。いや、それどころか、1999年から2012年まで続いた石原都政での知事の“公私混同”は舛添都知事を遥かに上回っていた。

 たとえば、04年、「サンデー毎日」(毎日新聞出版)が「『知事交際費』の闇」と題した追及キャンペーンを展開したことがある。「サン毎」が情報開示請求を通じて明らかにしたのは、高級料亭などを使って一回に数十万単位が費やされていた「接遇」の実態だった。これは、他の知事と比べても突出したもので、しかも相手の顔ぶれを見ると、徳洲会理事長の徳田虎雄氏や文芸評論家の福田和也氏など、ほとんどが石原氏の友人やブレーン。ようするに石原氏は“お友達”とのメシ代に税金を湯水のごとくぶっ込んでいたのだ。

 さらに、海外視察も豪華すぎるものだった。石原氏は01年6月、ガラパゴス諸島を視察しているが、公文書によれば、その往復の航空運賃は143万8000円、もちろんファーストクラスを利用していたとみられる。しかも、この視察で石原氏は4泊5日の高級宿泊船クルーズを行なっており、本人の船賃だけで支出が約52万円。この金額は2人部屋のマスタースイートを1人で使った場合に相当するという。なお、随行した秘書などを含む“石原サマ御一行”の総費用は約1590万円だった。
 訪問国や為替レートを考えると、これは、今問題になっている舛添都知事と同じ、あるいは、それ以上の豪遊を税金を使って行っていたといっていいだろう。ところが、当時、この「サンデー毎日」のキャンペーン記事を後追いするメディアは皆無。世論の反発も怒らず、追及は尻すぼみに終わった。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 しかし、その2年後、石原氏の“無駄遣い”が再び発覚する。発端は、共産党東京都議団の追及だった。しんぶん赤旗06年11月16日付によれば、石原氏が都知事に就任してからの19回の海外出張のうち、資料が入手できた15回だけで、総経費が2億4千万を超えていた。たとえば、06年5月からのロンドン・マン島出張では、本来の目的であるはずの五輪の調査は実質約1時間半にもかかわらず、マン島でのオートバイレース見物などをして3600万円もの経費をかけていたという。

 この再燃した豪華外遊問題に加え、石原氏が自分の四男のプロジェクトに都の税金を億単位もつぎ込むなど、身内を重用したことも問題視された。そして、湯水のように使っていた交際費についても、裁判で一部が「違法」と認定され、09年に石原氏の敗訴が確定している。
 つまり、先に述べたとおり、東京都知事の公私混同&贅沢三昧は、石原都政の頃からすでに顕在化していたのだ。

 さらに言えば、舛添都知事は「湯河原へ行っているときに大地震が起きたら指揮がとれないだろ!」と糾弾されているが、実は、石原氏にいたっては、都知事でありながら登庁すらせずに、たびたび“行方不明”になっていたという。
「サン毎」は04年1月25日号で石原氏の「勤務実態」についても追及しているのだが、入手した公文書によれば、石原氏の“出勤”は週平均でわずか3日程度。また、公用車の運転日誌によれば、登庁日も自宅を出るのはだいたい午前10?11時ごろだったという。
 企業の相談役でも石原氏よりは“出勤”しているのでは?と思えるサボりっぷりだが、しかも問題は、知事日程表にしばしば登場する「庁外」なる文言だ。これは、知事の動向を職員たちが把握していない日を指す。つまり“動静不明”なわけだが、これが資料に記された1年間7カ月の期間で、なんと110日も数えられたという。

 つまり、今、舛添批判のひとつとなっている「都知事が緊急時に連絡がつかない」という問題についても、石原氏はその“先駆者”と言えるのだ。いや、一応湯河原の別荘にいることが分かっている舛添都知事と比較してみると、職員らが行く先を把握していなかったという石原氏のケースは「危機管理」の観点から見ても、よっぽどトンデモだろう。
 では、なぜ、目を爛々とか輝かせて舛添都知事を追及しているマスコミがあの時、石原都知事の問題を徹底追及しなかったのか。それは、石原批判が多くのメディアにとって“タブー”だからだ。

 ご存知のとおり、石原氏は芥川賞選考委員まで務めた大作家であり、国会議員引退後、都知事になるまでは、保守論客として活躍していたため、マスコミ各社との関係が非常に深い。読売、産経、日本テレビ、フジテレビは幹部が石原べったり、「週刊文春」「週刊新潮」「週刊ポスト」「週刊現代」も作家タブーで批判はご法度。テレビ朝日も石原プロモーションとの関係が深いため手が出せない。

 批判できるのは、せいぜい、朝日新聞、毎日新聞、共同通信、TBSくらいなのだが、こうしたメディアも橋下徹前大阪市長をめぐって起きた構図と同じで、少しでも批判しようものなら、会見で吊るし上げられ、取材から排除されるため、どんどん沈黙するようになっていった。

 その結果、石原都知事はどんな贅沢三昧、公私混同をしても、ほとんど追及を受けることなく、むしろそれが前例となって、豪華な外遊が舛添都知事に引き継がれてしまったのである。
 にもかかわらず、舛添都知事だけが、マスコミから徹底批判されているのは、今の都知事にタブーになる要素がまったくないからだ。それどころか、安倍政権の顔色を伺っているマスコミからしてみれば、舛添都知事は叩きやすい相手なのだという。
「安倍首相が舛添都知事のことを相当嫌っているからね。舛添氏は第一次安倍政権で自民党が参院選で惨敗した際、『辞職が当然』『王様は裸だと言ってやれ』と発言するなど、安倍降ろしの急先鋒的存在だった。安倍首相はそんな舛添氏の口を塞ごうと内閣改造で厚労相にまで起用したが、内心ではかなり舛添に腹を立てていた。都知事になってからも、五輪問題で安倍の側近の下村(博文・前文科相)を批判したり、憲法問題で『復古的な自民党改憲草案のままなら自分は受け入れられない』などと発言をする舛添都知事のことを、安倍首相はむしろ目障りだと感じていたはず。だから、今回の件についても、舛添が勝手にこけるなら、むしろいいチャンスだから自分の息のかかった都知事をたてればいい、くらいのことを考えているかもしれない。いずれにしても、官邸の反舛添の空気が安倍応援団のマスコミに伝わっているんだと思うよ」(政治評論家)

 実際、普段は露骨な安倍擁護を繰り返している安倍政権広報部長というべき田崎“スシロー”史郎・時事通信社解説委員なども、舛添に対してはうってかわって、「外遊なんてほとんど遊びだ」と激しい批判を加えている。
 一方で、石原元都知事にその贅沢三昧のルーツがあることについては、今もマスコミはタブーに縛られ、ふれることさえできないでいる。

 舛添都知事の不正を暴くのは意味のあることだが、「マスコミもやる時はやるじゃないか」などと騙されてはいけない。強大な権力やコワモテ政治家には萎縮して何も言えず、お墨付きをもらった“ザコ”は血祭りにする。情けないことに、これが日本のメディアの現状なのである。(宮島みつや)』

* * * * *

 これで「あ~、すっきりした~」と気分が晴れるわけではないんだけど。まあ、いつまでも石原氏のことを言っていても仕方ないので、次回には、記事前半で触れた「舛添おろし」について、もう少し書いてみたい。(・・)

 でもって、何よりも、1日も早く「安倍おろし」を実現して、心身ともにすっきりしたいと心から願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2016-05-14 01:35 | 政治・社会一般

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今月5日、菅官房長官が沖縄を訪問したのを機に、ようやく翁長知事と会談を行なうことに。(・・)
 翁長知事は、戦後、沖縄がどんなに基地負担の犠牲を強いられて来たかを切々と訴えると共に、もうこれ以上、新しい基地を作ることはできないとして、辺野古移設計画の中止を求めたのだけど。(『翁長知事(+菅)の冒頭発言(全文)~沖縄の犠牲と安倍政権の無思慮を訴える』)

 菅官房長官をはじめ安倍内閣の人間は、後述するように、本当の意味で翁長氏や沖縄県民の心情を察して、沖縄県との協議に応じる気は全くないように見える。(-"-)

 そんな中、何と安倍首相&仲間たちをしのぐ超保守タカ派である石原慎太郎氏が、昨日、「沖縄の県民感情は戦争体験を踏まえているので、説得は非常に難しい」と珍しくまっとうなことを言っていたのを見て、やっぱ戦争体験者は、チョット違うな~と思ったです。(@@) 

『石原慎太郎前衆院議員は7日、BS日テレ「深層NEWS」に出演し、沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題の解決に向けて、「沖縄の県民感情は戦争体験を踏まえているので、説得は非常に難しい。官房長官が(沖縄に)出かけるのは大事なことだ。足しげく(通って)努力すべきだ」と述べ、政府が沖縄県に配慮すべきだとの考えを示した。沖縄に駐留する米海兵隊については「これから先の最悪の事態を考えると、不可欠になる」とし、駐留継続の必要性を指摘した。(読売新聞15年4月7日)』

* * * * *

 mewの80歳台の親戚(in東京)も、沖縄とは全く縁がないのだけど。沖縄戦での犠牲や戦後の占領などに関して、今でも沖縄には申し訳ないことをしたという思いが強くて。
 もし日本が無謀な戦争をしていなければ、せめて東京大空襲のあとにすぐ降伏して、沖縄を本土防衛の防波堤代わりにしようなんて考えなければ、沖縄戦であんなに多数の犠牲を出したり、30年近く占領されたりせずに済んだのにと、毎年のように語っている。(-_-;)

<その親戚は、沖縄戦や占領、基地負担の犠牲の上に、本土の戦後の復興や繁栄があったことを考えれば、それに対する沖縄の人たちへの損害賠償&謝意として、政府はもっと沖縄の発展、振興のために、予算や労力を注ぐべきだと主張しているのだが。mewもそう思うです。(・・)>

 全国ではあまり報じられなかったと思うけど。3月26日は米軍が沖縄に上陸して、沖縄戦が始まった日で。ここから沖縄戦が終わった6月23日(沖縄慰霊の日)まで、この戦闘+αで、約15万人の県民が犠牲になった上、土地や生活が破壊され、さらには米軍基地に奪われることになったわけで。沖縄の人々の中には特別な感情をもって、この時期を過ごす人が少なくないのであるが。
 翁長知事も「私たちのこの70年間、何だったのかなと率直に思っている」と語っていたように、沖縄の基地問題というのは、そこから(orある意味では、戦前から)始まっているのであって、辺野古移設の部分だけ取り出して考えることはできないのである。(-"-)

 石原氏自身は、辺野古移設には賛成の立場であるのだが。
 それでも、『「沖縄の県民感情は戦争体験を踏まえているので、説得は非常に難しい。官房長官が(沖縄に)出かけるのは大事なことだ。足しげく(通って)努力すべきだ」と述べ、政府が沖縄県に配慮すべきだとの考えを示した』のは、きちんと戦中からの沖縄の犠牲の事実を直視した上で、沖縄県民の中に、何十年も前から積もり積もっている&受け継いで来た深~い感情があることを、それなりに察しているにほかなるまい。(-"-)

 ところが、安倍内閣の面々は、そのことを知ってか知らずか、ともかく普天間基地と辺野古移設の部分だけ切り離して「普天間の危険除去のためには、辺野古移設しか解決策がない」と主張し続けている上、、辺野古移設に応じた場合のエサ(振興予算、UFJ誘致など)を目の前にぶる下げたりすれば、何とかなるのではないかと思っているわけで。
 そのような姿勢では、県民感情を逆撫ですることはあっても、歩み寄ることは困難だろう。(-"-)  

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 mewは、沖縄で翁長知事と会談を行なった後の菅官房長官自身や中谷防衛大臣の発言を見て、マジで呆れてしまったところがあった。 _(。。)_

 翁長知事は、5日の会談の際に菅官房長官らが「『粛々と』辺野古移設の計画を進める」と繰り返し発言していることを批判。
「官房長官が『粛々』という言葉を何回も使う。僕からすると、埋め立て工事に関して問答無用という姿勢が感じられる」「今、私たちは自分たちの手の中に基地(の土地)が残っている。こういった自治権獲得の歴史は『粛々』という言葉には決して脅かされない。」「上から目線の『粛々』という言葉を使えば使うほど、県民の心は離れ、怒りは増幅していくのではないか」と主張した。

 これを受けて、菅官房長官らは、急に「粛々という言葉が相手に不快感を与えるなら、今後は使わない」と言い出したのであるが。でも、同時に辺野古移設の計画は予定通り進めると繰り返し、明言しているわけで。
 mewは、こいつら、マジに沖縄県民や日本国民をバカにして、ナメくさっているんだな~と痛感させられた&唖然とさせられたです。(>_<)

 問題は「粛々と」という言葉にあるのではなくて、粛々と「沖縄県民の意思を無視して強引に」計画を進めることにあるってことぐらい、誰だってわかるだろう。(@@)

 でも、菅官房長官や中谷防衛大臣は、自分たちはいかにも沖縄県民に配慮しているかのようなふりをするために、言葉あそびに走ったのである。(-"-)

* * * * *

『菅義偉官房長官は7日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設をめぐり、翁長雄志知事から批判を浴びた「粛々」という表現を使うのを控えた。ただ、「唯一の解決策が辺野古だ」とも述べ、移設続行の方針を重ねて強調。これに対し、作業中止を求める県側は「こちらの意思表示を無視している」と反発しており、国と県の溝が埋まる気配はない。

 翁長氏は5日の菅氏との会談で、移設推進のため菅氏が用いる「粛々」との表現について「上から目線」「問答無用の姿勢」と厳しく批判。これを受け、菅氏は6日の会見で「不快に思われたのなら使うべきではない」と「封印」を宣言した。
 ただ、菅氏は7日の会見で「関連法令に基づき、自然環境や住民の安全に配慮しながら進めていくことに変わりはない」と、「粛々」とは違う表現で移設続行を明言。中谷元防衛相も「予定通り堅実に工事を進めたい」と述べた。こうした政府の姿勢に県幹部は「いんぎん無礼で、ばかにしている気がする」と怒りをあらわにした。

 県の不信感の根深さは、翁長氏が菅氏に面と向かって「米軍政下のキャラウェイ高等弁務官の姿と重なり合う」と批判したことに象徴される。1961~64年に沖縄統治に当たったキャラウェイ氏は「沖縄の自治は神話」と発言して自治権要求を拒絶した人物だ。
 しかし、菅氏は会見でキャラウェイ氏への例えを「どういう形(趣旨)で言われているのか分からない」とかわし、仲井真弘多前知事による埋め立て承認を持ち出して、「行政の継続性はある」と主張した。(時事通信15年4月7日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 しかし、「粛々と」という言葉を控えたからと言って、安倍内閣は全く対応を変える気はないのである。(-"-)

 翁長知事は、沖縄防衛局に作業中止の指示を出したものの、政府はこれを拒否。農水省もOKを出したため、沖縄防衛局は、6日以降も辺野古の海のボーリング作業を続けており、、今後も辺野古の移設工事に関して計画を変更する予定はないとのこと。(-"-)
 また、菅氏は、翁長氏が辺野古移設を容認しないことに疑問、批判を呈するような発言をして、翁長氏をけん制する場面もあった。^^;

『軍普天間飛行場の名護市辺野古への新基地建設で6日、沖縄防衛局による海上作業が確認された。5日に翁長雄志県知事が菅義偉官房長官との会談で新基地建設に反対する民意をくみ取ってほしいと求めたばかりだが政府は無視し、作業を進めた。
 海上では市民らが乗る抗議船に海上保安庁の船が追突する事故があった。双方にけが人はいなかったが、抗議船の一部が損壊した。(琉球新報15年4月7日)』

『菅官房長官は6日夜、BSフジのPRIME NEWSに出演し、沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画について、ほかの選択肢はないとの考えをあらためて強調した。
この中で、菅長官は「国民の生命安全を守るのは国の最大の責任だ」と述べ、辺野古移設を進める方針を重ねて示した。
 また、菅長官は、沖縄県の翁長知事との会談に関し、知事側から、普天間基地の危険性除去について、具体的な提案はなかったとしたうえで、「話し合いの第1段階なので、これからも続けていくことが大事だ」と述べた。(FNN15年4月7日)』

『菅義偉(すが・よしひで)官房長官は7日の記者会見で、日米両政府が平成8年に合意した普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)返還に関し「翁長雄志(おなが・たけし)沖縄県知事は自民党県連幹事長と那覇市長だったので、県内移設が前提で進んできていることは十分承知していると思う」と述べ、名護市辺野古移設に反対する翁長氏を牽制(けんせい)した。
 政府・与党は翁長氏が求める辺野古移設作業の停止に応じる構えは見せていない。菅氏らは、翁長氏が「上から目線」と批判した「粛々と」という表現こそ封印したが、中谷元(げん)防衛相は7日の記者会見で「堅実に進めたい」としており、工事推進の方針に変更はない。(産経新聞15年4月7日)』

* * * * *

 今日8日にはカーター米国防長官が来日したのだが。中谷防衛大臣は、午前中に行なった会談で、カーター長官と、辺野古が唯一の解決策であることを確認したという。(-"-)

『中谷元・防衛相は8日午前、米国のカーター国防長官と防衛省で会談し、自衛隊と米軍の役割分担を定める日米防衛協力指針(ガイドライン)の改定作業の早期完了に向け、作業を精力的に進めることで一致した。その後の共同記者会見で中谷氏が会談の概要を明らかにした。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に関しては、日米で合意した名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」との認識を再確認。米軍基地が集中する沖縄県の負担軽減に向け協力していくことでも一致した。中谷氏は会見で、防衛協力指針について「見直し作業を通じて日米同盟をさらに強化していく」と発言した。(ブルームバーグ15年4月8日)』

* * * * *

 折角、菅官房長官と翁長知事が会談を行なっても、また「粛々と」の言葉を封印しても、政府がこのような対応をとり続ければ、翁長知事や沖縄県民にケンカを売ってるに等しいものがあるわけで。
 す~っかり傲慢になってしまい、あの石原慎太郎氏ほどの配慮も示せないような安倍官邸のために、「安倍内閣vs.沖縄」の対立は、ますます激化するのではないかと案じているmewなのだった。(@@)
                          THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2015-04-08 16:03

  これは5月28日、2本目のmewとしては短めな記事です。 

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今週から、テニスの全仏大会が始まったのだが。今月、世界ランクTOP10入りを果たした錦織圭は、負傷で練習が十分にできなかった影響が出て、残念ながら1回戦でストレート負け。
 またmewが大応援しているクルム伊達公子も、フルセットの末、1回戦で敗れた。(~_~;)

 この後は、ウィンブルドンに向けて、二人ともどちらかと言えば得意な芝のシーズンにはいるので、ともかく体のケアをしっかりとして、調子を上げて頑張って欲しい。 o(^-^)o

 で、今、日本女子ではTOPの(44位)の奈良くるみが米国のタチシビリをストレートで破り、全仏での初勝利をおさめ、2回戦に進出したとのこと。(^^)
 くるみちゃんは、まだ22歳。昨年の全米、今年の全豪と3回戦進出をして、実力や自信がどんどん増している感じがあるので、ここからさらに飛躍して欲しいと願っている。 o(^-^)o 
 
* * * * *

 ところで、つい先ほど、維新の会の分党が決まったというニュースが飛び込んで来た。 (・o・)

『日本維新の会の石原慎太郎、橋下徹両共同代表は28日、名古屋市内で会談した。石原氏は結いの党との合流問題に関し、「自主憲法制定を容認しない政党と一緒になることはできない。別の行動を取る」と述べ、維新の分党を提案した。橋下氏も了承したという。会談後、石原氏が記者団に明らかにした。(時事通信14年5月28日)』

『日本維新の会は、結いの党との合流に向けた基本政策を巡り、石原共同代表の主張に沿って、「憲法改正手続きを踏まえた自主憲法制定による統治機構改革」などとする文言を盛り込みたいとしていましたが、結いの党は、「『自主憲法制定』は今の憲法を破棄する意味に取られかねない」などとして、受け入れられないという考えを重ねて示しています。
 こうしたなか石原、橋下共同代表は28日午後4時から、名古屋市のホテルで先週に続いておよそ20分間会談し、今後の対応を協議しました。

 会談終了後、石原氏は記者団に対し「わたしの言うことを了承していただいた」と述べました。
石原氏は、このあとNHKの取材に対し、「自主憲法の制定は、みずからの政治信条だ。自説は曲げたくない」としたうえで、「結いの党とは憲法観が大きく異なっており、合流は認められないので党を二つに分ける分党をするよう求めた。橋下氏もこれを受け入れ、日本維新の会を分党することで一致した。残念だがしかたがない」と述べました。(NHK14年5月28日)』

<追記『これについて維新の会の松井幹事長は大阪府庁で記者団に対し、「まだ橋下氏からの留守番電話しか聞いていないが、石原氏からはきれいに分党しようという提案があったということだ。そんなに長い話し合いではなく、石原氏もさばさばして『もういいよ、俺は俺でやるから』ということだったのではないか。これ以上、結いの党との合流に向けた基本政策の表現のしかたに気を遣うのは耐えられなかったのだろう。石原氏から分党したいという提案があれば、無理やり羽交い締めはできない。今後のことは橋下氏や松野国会議員団幹事長と相談して決めていきたい」と述べました。(NHK14年5月28日)』

* * * * *

 当ブログでは、維新の会が結党した当初から(しかも、大阪維新の会の頃から)、同党はいずれ分裂すると書いて来たので、mew的には、「お~、やっと分かれるのか~」という感じなのだけど。(@@) nagakatta~
 『安倍の解釈改憲を悪しき前例にしてはならない+維新と結いの合流難航は、橋下の自業自得』などにも書いたのだが・・・。

 石原慎太郎氏や平沼赳夫氏らは、安倍首相と同じ戦前志向(戦後体制を否定する)の日本会議系の超保守派で。全ての国政のベースとなるべき国家観や憲法観が、一般の保守政治家とも大きく異なるし。
 彼らは、自民党と連携してでも、自主憲法制定や軍事強化を実現することを第一に考えているわけで。これから国会で、集団的自衛権の行使や改憲準備などが大きな争点になる中、結いの党や維新のふつ~の保守派の議員と一緒にやって行くことには、どうしてもムリがあるし。(~_~;)

<おまけに、維新橋下派と結いは「脱原発」だけど。石原氏らは「原発推進」「核武装も検討」だしね。(-"-)>

 mewは、超保守派の石原太陽族が支配する維新の会の勢力拡大することや、結いの党が彼らに数合わせで利用されることは、日本の国にとって大きな損失だと思っていて。両党の合流に反対していただけに、その点でも、ちょっとほっとさせられたところがあった。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、果たして維新の会の分党がスンナリと進むのかは、「???」だろう。(@@)

 石原氏と平沼氏が率いていた旧「た」党のメンバーは、行動を共にする可能性が大きいけど。(もし離れる可能性があるとしたら、片山虎之助氏ぐらいかな。> 
 大阪維新の会の頃から、橋下氏と共に活動して来た松井一郎氏(幹事長、大阪府理事)や周辺の議員、山田&中田のW宏氏などなどは、実のところ、石原氏らと同じ超保守思想の持ち主だからだ。(=自主憲法制定派)(~_~;)
 
 松井氏やW宏氏らの超保守派は、橋下氏の統治改革、地方分権などの政策に賛同しているし。橋下氏には、恩義を感じている部分もあるので、簡単には同氏から離れにくいところがあるかも知れないのだけど。
 でも、思想的には、橋下氏や結いよりは、石原&平沼氏らに近いわけで。<山田氏らは、相変わらず、今日の国会でも、集団的自衛権の行使に賛同&河野談話の見直しにも積極的な姿勢を見せていたしね。>
 結いと合流するに当たって、「憲法改正」や「集団的自衛権の行使」などに関して、どのように折り合いをつけるのか、ビミョ~なところなのである。(~_~;)

* * * * *

 実際、先週も、維新とみんなの有志が、「自主憲法研究会」を発足させることを決めたばかりなのだけど。その維新側の代表は、山田宏氏が務めるとのこと。^^;

 維新とみんなの党の有志約15人が20日、国会内で会合を開き、30日に「自主憲法研究会」を発足させることを決めた。月1回程度開催し、現在の衆院任期中に独自の憲法改正案の策定を目指す。
 代表には維新の山田宏衆院議員と、みんなの松沢成文参院議員が内定した。研究会は、自主憲法制定に反発する結いを牽制(けんせい)する狙いがあり、山田氏は記者団に「こういった憲法の考え方を持つ人たちがいることは、合流にあたり十分勘案されるべきだ」と語った。(産経新聞14年5月20日)』

 石原太陽族は、結いではなく、みんなのとの合流を望んでいるのであるが。山田氏の発言を見る限り、山田氏も憲法観を重視するなら、こちら側につく可能性がある。(・・)

* * * * *

 維新には、12年、13年の衆参院選で初当選を果たした40名以上の新人議員がいるのだが。
 最初から大阪維新サイド、石原太陽サイドの候補として出馬した人は別として、どちらと言うことなく出馬&当選した議員は、いずれのサイドにつくべきか迷うことにもなるだろう。(~_~;)

 政治的な思想や理念を強く持っている人は、それに従って判断することになるのだろうけど。
 ただ、現実的には、どちらについた方が損か得かという打算も働くことになるのではないかと察する。(・・)

 維新の会では、国会議員団の要職は石原&平沼太陽族が握っているし。国会や政治の世界での発言力、安倍首相や自民党とのパイプも、石原&平沼太陽族の方が強い。
 それゆえ、もし橋下氏の方についた場合、国会議員としての立場や活動がイマイチになってしまうおそれがあるのだ。^^;
 
 また大阪維新の会に所属している国会&地方議員の中にも、近時の橋下氏の人気低下(利用価値の低下)や独善的な主張を好ましく思っていない人が少なからずいるのも事実で。府議会では、何人かの離反者も出ている。(~_~;)

 維新の会の国会&地方議員の中には、今日の分党のニュースを知って、「今後の身の振り方をどうしよう?」「どっちにつこう?」と困惑したり、慌てて周囲の関係者や仲間たちと相談したりしている人がかなりいるのではないだろうか?(@@)

* * * * *
 
 そして、結いの党は、この分党を受けて、維新橋下派との合流をせざるを得なくなるのではないかと思うのだけど。<mew的には、本当は民主党とくっついて欲しかったんだけどな~。それとも民主党の保守派が、こっちに行きやすくなるかしらん?(~_~;)>
 どうか憲法改正や集団的自衛権の解釈改憲について、橋下派にもいる(超)保守タカ派に押し切られることなく、自らの意思を貫いて欲しいと。切に願っているmewなのである。(@@)

<もし松野国会幹事長が残った場合は、松野&江田氏が維新国会議員団の中心になるのかな?松野氏はやや超保守&タカ派なんだよね~。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 
 話は変わって・・・ 麻生副総理が、またトンデモ発言を行なったらしい。 (・o・)

<mewは知人からきいて知ったのだけど。昨日の時点では、(投資家にはお馴染みの?)ブルームバーグしか報じていなかったです。(>_<)>

『麻生太郎財務相は26日午後の参院決算委員会で「俺が納めている税金で、ぐうたらな生活の人の医療を全部賄っているのは公平ではないのではないか、という気が正直しないわけではない」と述べた。

 民主党の西村まさみ氏が、診療報酬改定に関連し社会保障政策の評価を質問したのに対し、自身 が「長期に入院したことは1回もない」と述べた上で語った。今年73歳になる麻生氏は同時に「身体がもともと弱い方などそれぞれなんで、こういったことは千差万別だ」との考えも示した。

 制度の運営に関しては、「保険料だけでは賄えない。特例公債という借金で賄っている」と述べ、「今後とも社会保障制度を持続可能なものにするには、給付を抑えると同時に公的給付の範囲を見直すことも必要だ」と述べた。政府は社会保障費の増大などを賄うため、4月に消費税を8%に引き上げ、来年10月からはさらに10%まで引き上げる予定。

 麻生氏は、昨年7月には憲法改正に絡み戦前ドイツのナチス政権を引き合いにした発言をし、その後、内外からの批判を受けて「真意と異なり誤解を招いたことは遺憾」と撤回した経緯がある。(ブルームバーグ14年5月26日)』
 
* * * * *

 麻生氏って、首相時代の2008年にも、経済諮問財政会議で、「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」「私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」と発言して、ヒンシュクを買ったことがあるのだけど。その時から、考え方が変わっていないのね。
<「高額納税者のオレさまの税金を、何でこんなぐうたらで不摂生な、よぼよぼのやつらのために」って!?(~_~;)>

 実は、mewも、前年度に医療費を全くorほとんど使わなかった人には、ちょこっとは保険料の還付や軽減をしたらいいのではないかな~と。その方が快く納付できるし。納付率も上がるのではないかと思うとこがあるのだけど・・・。(・・)

<今、収入のある人の国保の納付率が下がっているとのこと。いうのも、何百万円か収入のある人は国民健康保険でも50万円以上納めなければならないわけで。「自分はここ何年か、1回も医者に行ってないのに、毎年50万円とられるのはおかしいんじゃないかということで、保険料納付をしない人もいるらしい。重病ではない限り、保険証なしで3倍の医療費をとられても、その方が安く済むと。>

 ただ、国民の多くは、自分の親族や他の国民の役にも立つようにと、地道に税金や保険料を納めているわけで。
 みんなが麻生氏のように、「俺が納めている税金で、ぐうたらな生活の人の医療を全部賄っているのは公平ではない」、「自分は長期入院を1回もしたことがない」と言い出したら、日本の医療&保険制度は完全に崩壊することになるだろう。^^;

 しかも、麻生氏は、日本の副総理&財務大臣たる立場にあるわけで。日本の国政、財政を担っている人がそのような発言を行なうことが、どれだけ問題性が大きいことなのか、麻生氏には理解できないのだろうか?(@@)

<そもそも健康保険&医療制度、年金制度なども含め、日本の社会保障制度がガタガタになってしまった最大の理由は、50年の間続いた自民党政権の下、各内閣や財務省、厚生省などが都合のいい試算に基づいて計画を作っていたり、後先のことを考えず、(保険料や税金を上げると投票が減ることも考えて)、困ったら他の予算や国債発行で補填すればいいという安易なしのぎ方を繰り返していたりしたことにあるわけで。それを考えると尚更に、自民党政権の副総理&財務大臣がこのような発言を行なうことは、あまりにも無責任なのではないかと、呆れ&怒りを覚えるmew。>

 それにしても、この麻生副総理の発言について、国内のメディアが(mewの知る限り)伝えていないことには、大きな疑問を覚えるし。 (一つや二つの社は、伝えてもいいと思いません?)
 安倍官邸のメディア支配(自発的な擦り寄りを含む)がますます進んでいるのかな~と、イヤ~な気分&アブナさを感じてしまうところがあったmewなのだった。(@@)

                                 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-05-28 20:33 | 政治・社会一般

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 どうやら世間では、昨日からGWが始まっているそうで。(・・)

 GW期間中、全国各地で地方競馬を開催しているので、お時間のある方は是非。m(__)m
 ちなみに4月28日(月)、高知競馬では「第5回福永洋一記念」、29日(火)には名古屋で「かきつばた記念」が行なわれるです。(**)

でもって、久々に、南関の話を少し。

 今月16日、川崎競馬で行なわれた3歳重賞「クラウンカップ」で、的場文男さまonワタリキングオーが優勝。地方競馬の最高齢重賞勝利(57歳7ヶ月9日)を達成した。(*^^)v祝

<ちなみに、これまでの記録は、海方昭三元騎手(上山)と佐々木竹見元騎手(川崎)のともに57歳4カ月19日。(日にちまで一緒なのね。(・・))竹見さまは鉄人と呼ばれているのだけど、的場さまはもう超人の域かも?(@@)>

 クラウンカップは、東京ダービーTR。「ってことは、ついに的場さまにダービー制覇のチャンスが! (・o・)」と知人と一瞬、ぬか喜びしちゃったmewなのだけど。
「あ~、でも、今年は森田のとこにあのバカ強い道営馬が来てるからな~」とすぐに期待が萎えてしまうことに。(-"-)

 そうなのだ。昨年、北海道&全日本2歳優駿で、JRA馬に楽勝したハッピースプリントが、ドバイ遠征はやめて、南関のクラシックに参戦するために大井競馬(森田厩舎)に一時転入。<ごヒイキだったアッミラーレの子だし。応援しているんだけどね。>
 先週23日、大井競馬で行なわれたクラシック第一戦「羽田盃」では、こちらも南関重賞の日は一時転入(?)して来る吉原寛人騎手(金沢)を背に、楽々3番手でついて行って、直線、最後だけ「とりあえずチョット気合をつけてみた」ところ、5馬身差をつけてあっさりと勝利。(*^^)v祝

<昨年、平和賞で強い勝ち方をしたナイトバロン&本田コンビも楽しみにしていたのだけど。羽田盃は熱発で棄権することに。ダービーは出られるのかな~。(・・)>
 
 う~ん。競馬に絶対はないと言うけど。あの走りを見ちゃうと、ハッピースプリントに限っては、絶対に近いものを感じてしまうとこが。(@@)
 でも、今年の南関クラシックは、色々な意味で楽しみが多いものになりそうだ。"^_^" 
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 先週、気になった政治系のニュースを・・・。

 先週24日、オバマ来日の報道一色だった中、みんなの党の浅尾代表が記者会見を開き、渡辺前代表の8億円借り入れ問題に関する調査結果を報告。「違法性はない」との判断を示した。^^;

 ただ、調査チームは銀行の通帳などの提出を受け、資金の移動は確認したものの、クレジット・カードの明細などは提出されなかったことから、消えた9千万円の使途は明らかにできず。何に使ったかわからないのに、何故、違法性がないと断言できるのか疑問に思うこところが。(@@)

 また、渡辺氏は会見で、「妻の口座に5億円残っている」と説明していたのだが。一部メディアで報じられていたように、渡辺氏は妻と離婚していたことが判明。しかも、12年末の衆院選前にDHC会長から5億円借りた直後に、妻と離婚していたこともわかった。<で、その5億円が離婚の前後に元妻の口座に移されていたのよね。^^;>

 渡辺氏はその後は、元妻と事実婚状態にあるとのことで。元妻はそのまま党首夫人として活動している(党運営にもクチを出している?)ようなのだけど。この元妻との間の資金移動に関しても、様々な疑念が呈されているようだ。(~_~;)

* * * * *
 
『みんなの党は24日、渡辺喜美前代表が化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長から借り入れた8億円に関する党内調査の報告書を公表し、「公職選挙法違反、政治資金規正法違反の事実は認められなかった」と結論付けた。渡辺氏の主張通り、5億円が妻の口座に移され、今年4月時点で4億6500万円が保管されていたと説明する一方、渡辺氏と妻が約9000万円を飲食会合費や旅費などに使っていたことも明らかになった。

 報告書は、借入金が渡辺氏自身の選挙費用に使用された事実はなく、「渡辺氏から党に、供託金(2回の国政選挙で計3億5400万円)等の選挙資金として貸し付けられた」とし、公職選挙法違反にはならないとした。さらに「政治団体ではなく渡辺氏個人に対する融資と確認した」との理由で、政治資金規正法違反にも当たらないとした。

 渡辺氏が「妻の口座に5億円近くがそっくり残っていた」とした点については、「2012年から13年に計5億円が渡辺氏の口座から妻の口座に移動」と説明。「投資や運用はされず、普通預金口座のまま」と指摘し、「政界再編に備えたという渡辺氏の説明を裏付ける事実」とした。

 そのうえで、渡辺氏が3年10カ月間で約5500万円、妻は1年4カ月間に約3500万円を使ったと明らかにした。渡辺氏は使途を「党首と党首夫人として、党勢拡大のための活動に関連して、会合や情報収集で使用した」と説明したが、利用明細書の入手は一部にとどまったという。

 また、渡辺氏は吉田氏以外の複数の第三者から計6億1500万円を借り入れ、うち1億4500万円が未返済であることも判明した。渡辺氏の意向で第三者の名前は明らかになっていない。

 渡辺氏は24日夜、「法的にも社会的・道義的にも問題ないとの判断をいただいた」とのコメントを発表した。(毎日新聞14年4月24日)』

<尚、渡辺氏は第三者からの借り入れを、DHC会長への未返納分の返済、党への貸付に充てたと説明しているようだ。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




『報告書によると2012年11月20日に夫婦ゲンカをし、12月5日に離婚届を提出。受理されたものの、翌13年1月に仲直りし、今は“事実婚状態”となっていると詳細に説明されていた。
 渡辺氏は離婚について吉田嘉明DHC会長に相談しており、仲直り後にこんな恥ずかしいメールを送っていた。「大変お世話になりました。危機を乗り越え仲直りができました。60を過ぎて新婚気分を味わえるとは思いませんでした。会長のおかげです」(中略)

 5億円を渡辺氏はまゆみ夫人の口座へ3回に分けて移していた。理由について、渡辺氏は手元にあると浪費しかねないから信頼できる同志である夫人に預けたと調査チームに話している。しかし、この資金移動の時期と離婚の時期がかぶっており「慰謝料じゃないのか」との疑惑が浮上。

 会見では多くの質問が飛んだが、さらに別の疑惑に集中した。借りた8億円のうち渡辺夫妻は約9000万円を使っていた。吉田氏への利払いをのぞけば、クレジットカードの決済代金に使われたという。「一体、何に使ったのかはっきりさせないのか」と追及がやまなかったのだ。

 外部から調査チームに参加した和田衛弁護士は「要請はしていたが、残念ながら明細書を入手できず、使途の解明には至らなかった。とはいえ調査報告を延ばすより、大きな資金の流れを解明できたということで報告になった」と説明。渡辺氏は夫婦とも「党勢拡大のための会合等で使用した」と話しているという。(東スポWeb14年4月25日)』

『民主党の榛葉賀津也参院国対委員長は25日の記者会見で、みんなの党が渡辺喜美前代表の借入金問題の調査報告書を発表したことに関し、「辛辣(しんらつ)に他党のカネの問題を切ってきた渡辺氏だから、しっかり説明することが本人と国会のためになる」と述べ、渡辺氏に説明責任を尽くすよう求めた。結いの党の小野次郎幹事長も会見で「極めて中途半端な調査だ」と批判、「渡辺氏もみんなの党も、もっと説明責任を果たすべきだ」と語った。

 一方、みんなの浅尾慶一郎代表は25日の会見で、借入金の使途などを解明し切れなかったことについて「任意の調査だから強制的な権限はない。やれることはやった」と強調。渡辺氏に衆院政治倫理審査会での弁明を求める声には「(政倫審は)本人が申請して開かれるものだ」と、渡辺氏の判断に委ねる考えを示した。(時事通信14年4月25日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 渡辺氏の8億円借り入れ問題に関しては、市民団体が検察に告発しているのだが。検察が受理したか否かに関しては、何の報道も出ていないので、わからない状態だ。(~_~;)

 しかも、民主党や結いの党、社民、共産党などの野党は、みんなの党や渡辺代表の説明は不十分だとして、衆院政治倫理審査会への出席やさらなる説明を求めているのだけど。
 驚いたことに、このような問題が生じても尚、安倍内閣&自民党主流派や維新の会は、みんなの党との連携(取り込み?)に期待を寄せているようで。この2党がみんなの党の批判を控えているため、与野党全体で渡辺氏を追及しようという感じにはならず。
 下手すると、このまま事態が沈静化してしまうおそれもある。(-"-)

 実際、菅官房長官は今月10日、今後もみんなの党との協調に期待を示していたとのこと。

『菅義偉官房長官は10日午後の記者会見で、みんなの党の代表選に関し「代表が代わったところで基本的な考え方は、渡辺(喜美前)代表の一存ではなくて、党の考え方だ。どなたがなられても、そこは継承していただけるだろう」と述べ、新代表が引き続き安倍政権との協調姿勢を取ることに期待を示した。(時事通信14年4月10日)』

 また、維新の会が結いの党との合流計画を進める中、石原代表は今でもみんなの党との合流にこだわっており、昨日の党役員会でも『石原氏は「維新の会と結いの党はともに支持率が低く合流しても効果はない。より大きな政党にするためにも、自分が直接、みんなの党との合流に向けた交渉に当たりたい」』と述べていたという。^^; (NHK14年4月26日)』

 ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 安倍陣営は、ここから集団的自衛権の行使容認や憲法改正などの安倍カラー政策を推進して行くことを考えているのだが。
 連立政権を組む公明党がそれらに慎重な姿勢を示していることから、いざとなれば、公明党との連立解消することも考えて(or連立を維持した場合には、その影響力を低下させることを考えて)、自分たちと考えが合う維新の会やみんなの党と連携することを計画。(~_~;)
 
 安倍首相は、昨年11~12月にみんなの党の渡辺代表(当時)や、維新の石原代表&平沼国会代表の太陽族コンビ、橋下代表&松井幹事長の大阪維新コンビと直接会って、安倍カラー政策への協力を要請。菅官房長官をはじめ、首相周辺がそれぞれと連絡をとり続けているという。(・・)

* * * * *

 安倍陣営がみんなの党に大きな期待を寄せる理由の一つに、同党が結いとの分裂後も、参院で13議席(衆院は9)を確保していることにある。^^;
 自民党は衆院では単独過半数を確保しているものの、参院では115議席しかなく、過半数には7議席足りないため、その点でも公明党に頼らざるを得ない部分があるのだが。
 でも、みんなの党と連立を組めば、公明党抜きでも、参院で過半数を確保することが可能になるわけで。公明党の影響力を弱めることができる上、いざという時は連立解消をしても、衆参過半数の安定政権が維持できるのである。(**)

 さらに言えば、渡辺喜美氏は、あまりそのような面をオモテに出さないのだが、実は日本会議系の超保守派(戦前志向&国家主義的な保守思想を持つグループ)のひとりで。かつては安倍氏&超保守仲間たちと「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」で活動していたこともあるほど。^^;
 また、06~7年の安倍一次内閣にも入閣しており、安倍氏のお友達閣僚(特に政策新人類?)とは今でも近しい関係にあるため、1~2年前から自民党への復党やみんなの党との連立を求める声が出ていたという。<渡辺氏の元妻が、小さな野党の党首を続けるより、自民党に復党して閣僚や首相を目指して欲しいとハッパをかけていたという話も。(~_~;)>

 安倍首相は、この夏に行なう予定の内閣改造で、渡辺氏の入閣を検討していた&渡辺氏もその気になっていたようなので、今回の8億円借り入れ問題は、両者にとってかなり痛いものだったのではないかと察するのだが。
 安倍陣営にとっては、みんなの党の議席数は、安倍カラー政策を推進するために重要な要素になるだけに、みんなの党との関係はキープするつもりでいるらしい。(・・)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 他方、維新の会の場合は、石原&平沼太陽族と橋下&大阪維新系とは、今後の方針に対する考え方に差異がある。^^;

 維新の平沼赳夫氏(国会代表)は、自民党時代から日本会議系の超保守派のリーダー&安倍首相のアニキ分として顕著な活動をしていて。今でも安倍氏が会長、平沼氏が最高顧問を務める「創生日本」なる超保守議連の政治活動に他の太陽族と共に参加して、安倍カラー政策の実現をアシストしている。(・・) 
<安倍首相は、この議連から閣僚や官邸スタッフ、党役員などを多数起用。副大臣や政務官、首相補佐官などを含めたら、20人以上いるんだよね。(-"-)>

 石原代表も、日本会議所属の超保守思想の持ち主ゆえ、安倍首相の考えと共通する部分が多く、憲法改正や安保軍事強化を1日も早く実現するために、安倍政権に積極的に協力したいと考えているし。また、自民党はすぐにでも公明党と連立解消すべきだとも主張している。(~_~;)

 ただ、これは昨年4月にアップした『民主党潰し&アブナイ保守二大政党制をもくろむ維新と自民に警戒を』という記事などにも書いたのだが。
 平沼氏らの保守派議員は、かねてより日本に保守二大政党制を築きたいという大きな目標も有していることから、すぐに自民党と連立を組むことは考えず。まずは、維新が中心になって、野党側の(超)保守勢力を結集し、自民党と並ぶ保守政党を作ることを目指している様子。(>_<)
 石原代表が、ハト派が多い結いの党よりも、みんなの党との合流を望んでいるのも、「より大きな政党を作る」と主張しているのもそのためだ。(-"-) 

<与野党とも大きな保守政党が国会を占めていれば、憲法改正の発議や安保軍事強化に関する法案(超保守的な教育施策に関する法案もかな)などをバンバン通せるようになるし。彼らが忌み嫌っているサヨク的な勢力を壊滅状態に追い込むことも可能になるしね。(-_-;)>

* * * * *

 他方、大阪維新系の方はチョット複雑な状態にある。(@@)
  
 松井幹事長(大阪府知事)や、早くから大阪維新の活動に参加している山田宏氏、中田宏氏、またその仲間たちは日本会議orその他の系列の超保守派ゆえ、安倍首相や石原&平沼氏らの主張に共感する部分も多々あるのだけど。

 橋下代表(大阪市長)は、彼らほどのコアな超保守派ではなく、ふつ~の保守派ゆえ、安倍首相や石原&平沼氏らとは国家観や憲法観などに違いがあって。超保守派のように戦後体制を否定して、戦前の日本に戻したいという考えはないし。憲法改正や安保軍事強化などへの思いも、そこまでは強くはない。^^;

 橋下氏はむしろ、今、大阪市長として懸命に取り組んでいる「大阪都構想」もそうなのだが、国全体の統治機構(特に行政)の改革、地方分権などの実現に意欲を抱いていて。その理解者である結いの党の江田憲司氏らと早く合流して、野党再編の軸を作りたいと。
 そして、同じような考えの議員を民主党やみんなの党、それこそ自民党などからも集めて、自民党に対峙する勢力を築きたいと考えを持っている。(・・)

 結いの江田代表らも、超保守派の思想は好まず。昨日も、こんな話をしていたという。

『江田氏は「結いの党は、国家主義的、国粋主義的な政党とは相いれないので、維新の会には、ぜひ、統治機構改革を目指すという原点に戻ってもらいたい」と述べました。(NHK14年4月26日)』

* * * * *

 おそらく江田氏としては、維新の会が東西分裂して、石原太陽族抜きの橋下維新と合流したいところなのであるが。維新の会には、それ相当の議員数(勢力)がいるし、党の組織や資金も拡充されつつあるだけに、石原氏らも簡単にそれを手放す気はない様子。^^;

 橋下代表や江田代表らは、2党の合流を加速させるべく動いており、25日には維新と結いで参院統一会派を組むことを決定。26日に行なわれた維新の執行役員会では、この夏までに2党合流の道筋をつける方針を決めたのだが。石原代表が、そうはさせじと、彼らの前に立ちはだかろうとしているような感じがある。(~_~;)

<原発推進派の石原氏は、維新と結いが「脱原発」を目指す政策で一致していることも、めっちゃ不満なのよね。^^;>

『日本維新の会と結いの党は25日、参院での統一会派結成を参院事務局に届けた。新会派の名称は「日本維新の会・結いの党」。計14議席(維新9議席、結い5議席)となり、民主党に次ぐ野党第2勢力となった。(中略)
 結いの江田憲司代表は国会内で講演し、維新との合流を念頭に「国粋主義的な色彩は取り払ってもらいたい」と石原氏を牽制(けんせい)。石原氏も、みんなの党の浅尾慶一郎代表に「江田氏とは組まない」と明言し、合流が見通せない状態が続いている。(産経新聞14年4月25日)』

『日本維新の会は執行役員会を開き、結いの党との合流を含めた野党再編について、夏までに道筋をつける方針を確認しました。
 役員会では、合流に向けて結いの党と進めている政策協議がまとまり次第、新党結成に向けたプロセスを開始することを確認しました。その上で、来年4月の統一地方選を見据えて、合流の具体的な時期を今年の夏までに固めるとしています。一方で、結いの党との合流に消極的な石原共同代表は、合流に向けた方針に「異論はない」としつつも、みんなの党との合流も模索するべきと強調しました。
 日本維新の会・石原慎太郎代表:「憲法の問題でも集団的自衛権の問題でも、譲れるところ譲れないところあるんだから、それは確認してやろうってことで、みんなの党と僕が交渉して考えますよ」(ANN14年4月26日)』
 
『石原共同代表「(支持率が)1%を切る政党(結いの党)と合流しても何の迫力にもならない。数を増やせばいいってもんじゃない」(NNN14年4月26日)』
 
* * * * *
 
 究極の選択をするなら、超保守派の「石原太陽+みんな」が野党再編の軸になるよりは、ふつ~の保守の「橋下維新+結い」が軸になった方がまだマシかな~と思うところはあるのだけど。^^;
<維新は集団的自衛権の解釈改憲に賛成、結いは反対の立場なので、結いが維新に取り込まれるのではないかと心配で。 (ノ_-。)>

 でも、mew個人としても、また日本がバランスのとれた民主主義国家であるためにも、保守二大政党制ではなく、「保守vs.平和&リベラル志向」の二大政党+αの政治体制が確立する方が望ましいわけで。
 早く野党の平和&リベラル勢力を結集しないと「日本がアブナくなっちゃうよ~」と、ある種の焦りや危惧感が募るばかりのmewなのだった。(@@) 

                                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-04-27 06:29 | 政治・社会一般

  これは3月8日、2本めの記事です。
 
頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


まずは、『安倍に従属&ドロナワ勉強で解釈改憲に臨む法制局長官はマジでアブナイ! 』に関連する話を・・・。

 安倍首相は、集団的自衛権の解釈改憲を行なうために、昨年夏、解釈変更に慎重な前長官を退任させ、自分の考えと合う外務官僚(元フランス大使)の小松一郎氏を、内閣法制局長官に任命。

 小松長官は、安倍首相に協力する姿勢を前面に出して、国会でも安倍首相寄りの答弁を行なうなどして、仕事に励んでいたのだが。
 今年1月に体調不良のため入院。腹腔に腫瘍が見つかり、抗がん治療を行なうことに。それでも、小松長官は、今の職務を続けることを要望。2月末に退院し、早速、国会の答弁も行なうようになっている。^^;

<一部には、小松長官は重篤な状態であるものの、何とか自らの手で集団的自衛権の解釈変更を成し遂げたいと訴えたため、安倍首相は小松長官の戦死覚悟の思いに感動し、長官職を続投させたという報道も出ているです。関連記事・『長官が戦死覚悟で解釈改憲?安倍の乱暴な手法が批判される理由』>
 。
* * * * *

 しかし、小松長官が、これまでの歴代内閣や法制局が積み重ねて来た憲法解釈を軽視するような答弁を行なっていることに、野党などから批判が出るケースが増えている。^^;

 共産党の小池参院議員は、4日の参院質疑の中で、小松長官に対して、「憲法の番人なんだから、安倍政権の番犬みたいなことをしないで」と批判したとのこと。
 小松氏が翌日、何故か社民党の吉田党首の質疑の際に、小池氏の発言に反発を示したため、事態が思わぬ方向に展開している。(~_~;)

『小松一郎内閣法制局長官は5日の参院予算委員会の答弁で、4日の予算委で共産党の小池晃氏から「安倍晋三政権の番犬」と揶揄(やゆ)されたことについて、「このような指摘を受け入れることはできない」と反論した。

 小松氏は「(共産党は)日ごろ国民の基本的人権をことさら重視している。プライバシーや名誉を含め、国家公務員にも憲法で基本的人権が保障されている」とも述べた。
 法的見地からの見解表明が多い内閣法制局長官の答弁としては異例。5日は社民党の吉田忠智氏に対しての答弁だったが、共産党による前日の「侮辱」が容認できなかったようだ。

 小池氏は4日の予算委で、集団的自衛権の行使容認に前向きな小松氏を「憲法の番人なんだから、安倍政権の番犬みたいなことをするな」と指摘していた。(産経新聞14年3月5日)』

* * * * *

 小松氏が、何故、社民党の党首の質問の際に、共産党の小池氏の発言に対するコメントを出したかは、「???」なのだが。
<もしかして、超保守の人は、日ごろ、共産党も社民党もサヨク政党としてひとくくりにとらえているので、両者の区別がつかなかったのかな~?(~_~;)>

 この小池氏の発言に関しては、参院予算委員会の理事会で問題にされ、共産党の大門実紀史氏が陳謝したとのこと。
 ただ、国会で参考人として出席している官僚が、答弁の際に、国会議員に対して批判や反論を行なうのは、極めて異例なことだという。^^;

* * * * *

 しかも、話はここで終わらなかったのだ。(@@)

 7日の参院予算委員会の終了後、小松長官は共産党の大門議員と、国会の廊下で激しい口論を行なったというのである。

『小松一郎内閣法制局長官が7日の参院予算委員会終了後、国会内の廊下で共産党の大門実紀史参院議員と激しく口論する場面があった。4日の参院予算委で別の共産党議員に「政権の番犬」と批判されたことが尾を引いた形で、官僚が衆人環視の場で国会議員と口論するのは異例だ。

 大門氏によると、予算委後に廊下で小松氏に声を掛け「番犬」の表現は不適切だったと伝えるとともに、小松氏が5日に社民党議員への答弁で反論を述べた経緯について「共産党に直接抗議してほしかった」と指摘した。

 これに対し、小松氏は「最初の(答弁)機会だったので」と反論して譲らず、互いに顔を近づけて口論となった。大門氏が「あなたはそんなに偉いのか」とただすと、小松氏は「偉くはないが、基本的人権はある」と主張した。

 最後は通りかかった民主党議員にいさめられ、場はおさまった。大門氏は週明けの予算委理事会で取り上げ、小松氏の姿勢を問題にする考えだ。(共同・スポニチ14年3月7日)』

『小松氏はNHKの取材に対し、「私は間違ったことをしているとは思っていない。しかしこれは国会内での発言だから、参議院の予算委員長から注意があればそれに従う」と述べました。(NHK14年3月7日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


.
 大門氏のfacebookによると、2人の間では、こんなやりとりが交わされたらしい。

『委員会室から議員会館にもどる途中、廊下でなんとその小松長官とばったり遭遇しました。

 わたしが「(小池さん発言に)抗議するなら、他党の質問時間のときではなく、直接わが党にいってほしい」というと、小松長官の血相が突然変わりました。「テレビ中継のときに言われた。次の(反論の)機会はあのときしかなかった」とまくし立てました。』

『わたしが、「不適切な発言だと思っているし、理事会でもわたしは陳謝した」「しかし、あなたは(社民党の質問のときに)、ちがう党のことを発言したことを委員会の場で謝罪したではないか。いまの言い方では何の反省もない、あの謝罪はウソだったのか」といっても、感情的に顔10センチまでわたしに近づけて「テレビの前で(犬呼ばわりされた)」を繰り返すだけ。まさにぶちギレの瞬間湯沸し器状態でした。

こんな人に冷静な憲法判断など出来るわけがないとおもいました。

そこに、たまたま自民、民主の理事たちが通りかかり、状況を判断。「大門さん、このことも含めて理事会でやろうよ」というので、次の理事会の議題にすることにしました。

事態を聞いた内閣府の国会担当責任者も、あとでわたしの部屋にきて、 長官の態度について 謝罪しました。』

* * * * *

 どうやら、小松長官は、TVで国会中継を行なわれている時に、「番犬」と言われたので、他の政党の質問時間であることは承知の上で、TV中継のある時に、自らそれに対する反論をしたいと考えたらしい。(@@)

 mewは、国会の質疑の中で、国会議員が相手を「犬」呼ばわりすることは、確かに失礼&不適切だと思うので、同じ政党の大門氏がすぐに理事会で陳謝したのは、妥当な対応だったのではないかと思った。(・・)

<そう言えば、自民党の古賀元幹事長は、「みんなが首相のポチさんになっている」と言っていたっけ?あ、「さん」をつければ、失礼じゃないのかな?・・・おいっ。^^;>
 
 ただし、内心では「憲法の番人なんだから、安倍政権の番犬みたいなことをするな」という表現は、まさに「言い得て妙」だと思ったし。さすがは、mewごヒイキの小池氏だと、座布団を5枚ぐらいあげたい気持ちになっていた。(^^)_ロ

 というのも、小松氏は、内閣法制局の長官として、本来であれば、客観的な視点で、政府の法令が憲法や他の法律に抵触しないかどうかチェックすべき立場にあるわけで。だからこそ、法制局は、日本の政府内の「憲法、法の番人」だと呼ばれているのであるが。

 小松氏は、その最も重要な役割を認識できていないようで、「内閣法制局は内閣の一部局だ。安倍晋三首相の方針に従ってやるべきことをやる」「内閣として見解を示すときの最高責任者は誰なんですか。法制局長官ではなく首相だというのは当たり前じゃないですか」などと臆面もなく言ってしまうような人だからだ。(~_~;)

 実際、小松長官は、今月にはいってから、何回か衆参の予算委員会で答弁を行なっているのだが。
 これまでの内閣法制局の何十回にもわたる解釈&答弁の積み重ねは軽視し、たった1回あった(しかも性質の違う)憲法解釈変更の例を出しては、「憲法解釈が変更が許されないわけではない」ことを強調。
 また、「局内で内々に検討も議論もやっている」として、「最終的には私の責任において判断する」とも語っていたりして。自分が解釈変更に向けて、法制局をリードして行くかのような姿勢を示しているのである。(-"-)
  
* * * * *

 ちなみに、阪田元法制局長官は、今の法制局を「政府の使い走り」にたとえていたです。<よし、今日から、「パシリ」と呼んであげよう。(・・)>

『阪田雅裕元内閣法制局長官は6日、日本記者クラブで記者会見し、内閣法制局の役割について「みんなが『なるほど』と思える理屈を言うことができるかがレゾンデートル(存在意義)。そこが失われたら『政府の使い走りをやっているだけではないか』となる」と指摘した。安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使を可能にするための憲法解釈変更を、小松一郎法制局長官が安易に容認するのをけん制した発言だ。

 阪田氏はまた、政府が憲法9条下で自衛権の行使が許容されるとしている「必要最小限度」の範囲について、「いくら緩めたって外国から(日本へ)の武力攻撃がない中で、自衛隊が実力を行使していいという根拠にはならない」と語り、集団的自衛権の行使は含まれないとの見解を示した。(時事通信14年3月6日)』

 ただ、小松氏は、近時アチコチで解釈改憲を批判している阪田氏の発言に対しても、反論している。 

『阪田雅裕元内閣法制局長官が憲法解釈の変更を否定していることには「政府は10年も前に(質問主意書で)解釈の変更はまったく認められないというわけではない、と答えている」と反論した。
(産経新聞14年2月26日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 

 小松長官の国会答弁に関しては、こんな記事も出ていた。

『与野党は6日の参院予算委員会理事懇談会で、小松一郎内閣法制局長官の国会答弁が長すぎるとして注意することで一致した。与党理事から「的確な短い答弁をしてほしい」と伝える。(産経新聞14年3月6日)』

 共産党の大門氏のfacebook(7日)によると、こういうことらしい。

『きょうの参院予算委員会の質疑でも、民主党議員にたいする小松法制局長官の答弁は、自分の職分を越えたことをペラペラしゃべったり、議員の質問に開き直ったり、常軌を逸したものでした。
たびたび審議も中断。自民党理事も予算委員長もあきれる始末。
理事会で小松長官の発言を議事録をもとに検証し、しかるべき対応をすることになりました。』

 産経新聞にも与党の理事から注意すると記されているところを見ると、野党だけでなく与党の理事も辟易とするような答弁なのだろう。^^;
 
<mewは、国会での答弁を全て見ているわけではないのだが。小松長官は、質問と直接関わりのない部分まで、長々とかつての政府の憲法解釈を読むケースが多く、そのために野党議員の質問時間が減ってしまうことに。何だか、できるだけ首相に解釈改憲に関する答弁させないように、自分が対応しようと頑張っているような感じにも見えた。^^;>
 
* * * * *

 小松長官の具体的な病状について、菅官房長官はプライベートに関わることだとして、多くを語らないのであるが・・・。

 先月、政府&自民党内では、小松氏に代わる新長官の人事について検討していたのは事実のようだし。<でも、本人が続投を希望したので、交代はとりやめになったのだけど。>
 抗がん治療を受けながら、法制局長官の職務をこなすのは、客観的に考えれば、決してたやすいことではないだろう。<感情的に高ぶって、異例の反論や口論を行なったりしたのも、体調や治療の影響がないとは言えないかも。^^;>

 また7日には、小松長官が治療のため不在だったことから、質問時間を変更する対応がとられたとのことで。民主党の国対委員長は、小松氏の長官辞任を促したという。

『抗がん剤治療を受けながら集団的自衛権の問題で連日、国会答弁に立つ小松内閣法制局長官に対して、民主党の榛葉参院国対委員長は「心身ともに負担だ」として辞任を促しました。

 民主党・榛葉参院国対委員長:「小松さんは投薬されて、また緊張感ある国会でというのは、心身ともに負担だと思う」「総理本人に判断は任せるが、今の状況を見る限り、支障が出始めていると思う」
 小松長官は、7日の参議院予算委員会でも一部の質問者から出席を要求されていましたが、「投薬治療のために出られない」と回答しました。このことを与党側も知らず、理事会で調整した結果、小松長官への質問者を治療後にずらすことで対応しました。これについて、榛葉氏は、小松長官の体調を気遣いつつ、国会審議にも影響が出るとして、小松長官を任命した安倍総理大臣に辞めさせるよう促しました。小松長官は、安倍総理が目指す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の変更に欠かせない存在となっています。(ANN14年3月7日)』

 先日の記事にも書いたが。小松氏が治療に専念して早期回復をするためにも、また集団的自衛権のような国の重大事に関わる憲法解釈を検討するに当たって、内閣法制局長官がしっかりと対応できる状態にあった方がいいという考えからも、小松氏は長官の職を辞するか、休職した方が望ましいと思っているし。自民党の幹部も、改めて検討して欲しいと思っている。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 そして、『安倍、石破はヒットラーのプーチンに理解を示すのか?+石原に出て行け、維新の対立深まる』の後半部分に書いた維新の会の対立に関する続報を・・・。

 維新の会の小沢国対委員長は、石原代表が党の方針に反して、原子力協定の採決に「賛成する」と明言したことに関して、「公然と造反を宣言されたのは、国対を預かる私としては看過できない」として発言の撤回を要求。また、石原氏が採決に造反したり、欠席したりした場合には、党として処分を行なう考えを表明。
 党の役員会でも、小沢氏と同様の認識で一致したという。(・・)

『日本維新の会は7日の国対役員会で、石原慎太郎共同代表が6日の党会合でトルコなどへの原発輸出を可能にする原子力協定をめぐり、党方針に反して国会採決で賛成する意向を表明したことに対し、発言の撤回を求めることを決めた。採決を欠席しても処分すべきだとの認識で一致した。(産経新聞14年3月7日)』

 橋下代表も、『「最後は多数決で決める。これが崩れたら政党でなくなる」と述べ、多数決を認めようとしない石原氏に再考を促した』とのこと。(時事通信14年3月7日)
 松井幹事長は、『原発がないとみんなの生活が成り立たず、人の命がなくなるというところは違う」と反論する一方で、「石原氏は採決で造反したわけじゃなく、持論を言っただけ。まさに『ザ・石原慎太郎』だ』とフォローしたという。(産経新聞14年3月7日)

 松野国会幹事長は、平沼国会代表と協議し、石原氏が造反しないように説得を続けて行くことに決めたようなのだが。
 『石原氏は党の脱原発方針が変わらない場合について「自分の文明論に反するなら許せない」と強調(毎日3.6)』していたとのことで、そう簡単には翻意しそうにはない様子。(~_~;)

 維新の会が分裂した場合、一気に野党再編が進む可能性があるだけに、同党の動向もウォッチして行きたいと思うmewなのだった。(@@)

                       THANKS

p.s. 民主党の野田元首相が(1月の前原氏に続いて)、結いの党の江田代表と会談。民主党の超保守派である長島昭久氏が、前原&野田Gを退会して、維新、みんなの保守系議員と勉強会に力を入れるなど、野党内でも色々と動きが出ているです。(・・) 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-08 18:23 | 平和、戦争、自衛隊

 今日(明日未明)からパラリンピック。日本代表の選手たちが、最高のパフォーマンスができますように。
 p(*^-^*)q がんばっ♪です。


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 ウクライナ情勢は、ロシアのクリミア自治共和国への軍事的干渉&同国のロシア編入を巡り、さらに緊迫の度合いを強めている。(-_-;)

 ロシアのプーチン大統領は、一歩も引かない構えを見せているだけに、欧米も手をこまねいている感じがあるのだが。
 そのプーチン大統領に関して、ヒラリー・クリントン前国務長官が、4日に、「ヒトラーと同じだ」だと強い批判を行なったという。 (・o・)

『ヒラリー・クリントン前米国務長官は4日、カリフォルニア州での会合で、プーチン・ロシア大統領がウクライナへの軍事介入をロシア系住民の保護を理由に正当化しようとしていることについて「(ナチス・ドイツ総統だった)ヒトラーが1930年代にやったこと(と同じ)だ」と批判した。
 5日付の地元紙ロング・ビーチ・プレス・テレグラム(電子版)が報じた。クリントン氏は「ヒトラーは(当時の)チェコスロバキアやルーマニアに住むドイツ民族が公正に扱われておらず、保護する必要があると言い続けた」と指摘。プーチン氏に関し「偉大なロシアの復興が自分の使命だと信じている」とも語った。(時事通信14年3月6日)』

* * * * *

 mewは、つい先週、このブログで、安倍首相が、秘密保護法や集団的自衛権の解釈改憲などで、現憲法をなきものにして行こうとするやり方を、「ナチスの手口」と同視できると。
 また、安倍首相とプーチン大統領は、「強い日本orロシアを取り戻す」ということを目標にして、強権的に富国強兵策を推進しようとしていることに同質性があると書いていた。

<関連記事・『まさに「ナチスの手口」と言える安倍の解釈改憲・・・』『安倍は欧米とロシアのどちらにつくのか?~露がウクライナに軍派遣を決定』>

 それだけに、ヒラリーがプーチン大統領とヒトラーの主張を重ねたり、プーチン氏がロシア復興を使命だと信じているとの発言を行なったと知って、ちょっとゾッとさせれたところがあったです。(~_~;)
<安倍首相も、まさに「(戦前の偉大な?)日本の復興を自分の使命だと信じ込んでいる」という感じだしね~。^^;>

* * * * *

 そして、もう一つ、このヒラリーの言葉から感じたのは、ほとんどの戦争は「自国民を守るため」「自衛のため」という大義名分によって行なわれているのではないかな~ということだ。(-"-) 
 ロシアがクリミアに軍隊を派遣することに決めたのは、同国に多数存在するロシア人同胞を守るためだと主張しているのだけど。
<クリミアは1954年までロシア領、その後、ウクライナに編入されたものの、今でもロシア人&ロシア系民族が7割以上を占め、ロシア語を使って生活をしているらしい。>
 
 安倍首相らは、先の大戦は、日本の国民、ひいてはアジアの国民を列強の白人から守るための自衛の戦争だったとして正当化しているし。
 アメリカのブッシュ政権が、イラクを武力攻撃した捏造口実も、イラクが大量破壊兵器を備え、アルカイダと結託して米国+αを攻撃しようとしていることから、国民を守るためだったのだから。^^;

* * * * *

 そして、mewが驚いたのは、自民党の石破幹事長が、ロシアが「自国民保護」を理由にクリミアに軍派遣を決めたことに、理解を示していたことだった。

『自民党の石破茂幹事長は3日の記者会見で、ウクライナのクリミア地方への軍事介入をロシア政府が決めた問題について問われ、「ウクライナにおける(ロシア軍による)自国民保護ということなのであって、日本流に言えば邦人救出という話だ」「武力の行使とか、武力介入という言葉とは少しニュアンスを異にするのではないか」などと述べ、ロシアの行動を事実上擁護する姿勢を示しました。

 さらに石破氏は、「わが国が邦人保護のために(海外に)自衛隊を派遣することになっても、それは武力行使とか武力介入というお話にはならない」と発言。「仮に軍事力を伴うものであっても」「国連と何の関係もないものも、武力介入、武力行使にならないのは世の中の常識」などとし、ロシアの行動を「口実」に、邦人保護のためなら、自衛隊が他国領土に入り戦闘することが当然許されるという主張を展開しました。(赤旗14年3月4日)』

* * * * *

 実は、安倍首相が、5日の国会で、こんな話をしているのだ。

『安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、北朝鮮で内乱が発生した場合に備え、米国に拉致被害者の救出を要請していることを明らかにした。自衛隊の特殊部隊による救出の可能性については「さまざまな検討を加えても、憲法上難しいという判断だ」と述べた。

 首相は拉致被害者救出に関し「同盟国である米国の協力が極めて重要だ」とした上で「拉致被害者の情報を米国側に提供し、必要な時の協力は常に求めている」と語った。

 国外での有事の際には自衛隊法による邦人輸送の仕組みがあるが、派遣国の同意が前提であり、拉致被害者救出で同国の同意を得るのは困難との判断がある。自衛権の行使として自衛隊が救出活動を行うことについても首相は「わが国への武力攻撃が発生していない事態では発動要件に該当しない」と述べ、難しいとの見方を示した。(産経新聞14年3月6日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 果たして、石破幹事長と安倍首相の発言や考え方がリンクしているのかどうかは、「???」なのだけど。
 安倍首相は、この発言を通じて、2つのことを訴えたかったのではないかと思う。(・・)

 一つは、日本国民である拉致被害者の救出にも、同盟国である米国の協力が重要であることを考えても、集団的自衛権の行使を早く認めるべきだということ。
 もう一つは、拉致被害者の救出にも制約を及ぼすような憲法9条は、やはり早く改正すべきだということだ。^^;

<もしかして、「自衛隊が拉致被害者を救出できないなんて、それはおかしい」「やっぱ、早く解釈改憲や憲法改正をしないと」って思ってくれる国民が多いかも、と期待しているのではないかと。(~_~;)>

* * * * * 

 もちろん、国家&その政府にとって最も重要な役割の一つは、自国の領土や国民を守ることであるのだけど。実際には、それがどんどん拡張解釈されて、戦争の口実or大義名分として利用されているのが実情だし。

 しかも、それをさらに拡張すると、同盟国を守るための「集団的自衛権」が戦争の口実に使われることになるし。さらに安倍首相の場合は、それを口実にして、憲法9条までムリな拡張解釈を行なおうとしているわけで・・・。
<安倍首相は、「もはや、一国だけで国は守れない。日本の国の安全や国民の生命や財産を守るためには、集団的自衛権の行使が必要だ」の一点張りだしね~。^^;>

 でも、これまでの愚かな歴史に学んで、どこかでこの悪循環を断ち切って行かないと、いつまで立っても不毛な戦争がなくなることはないと思うし。
 ましてや、今から、日本がまたその愚かで不毛な戦いの輪にはいって行こうとするのは、あまりにバカげたことにようにも思われ・・・。
 
 どうか、過去の歴史からしっかりと学んでいる賢明な日本国民は、日本が愚かな道を進まぬように、その力を示して欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 ウクライナの現状について、少し書くなら・・・。

 既にクリミアを実効支配していると言われるロシアは、次なる段階として、同国をウクライナから独立させ、ロシアに編入することを計画しているようなのだけど。<それも、ロシアが強権を下してではなく、いかにもクリミアが自らそれを望むような形をとってね。(~_~;)>

 クリミア自治共和国の最高会議(議会)は6日、ロシアに編入を求める方針を決議し、16日に住民投票を行まなって追認を受けることも決めたとのこと。
 これを受けて、オバマ米大統領は6日、ロシアとウクライナの一部当局者と組織を標的に、米国への渡航禁止や在米資産の一部凍結などの経済制裁を発動する大統領令に署名したという。(-"-)

 もしロシアが態度を軟化させなければ、G7加盟国が協力して、ロシアに経済制裁を行なうことも検討されていることから、プーチン大統領との関係を維持したい安倍首相は、またまた苦渋の決断を迫られることになりそうだ。(~_~;) 

* * * * * 

 そして、苦渋の決断と言えば・・・。

 米英加などは、7日からソチで始まるパラリンピックの開会式その他の式典に、政府関係者を派遣しないことを決定したのだが。
 安倍内閣は、昨日、桜田文科副大臣を、パラリンピックに派遣することを発表したという。(・・)

『菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、7日(日本時間8日)にロシア・ソチで行われる冬季パラリンピック開会式に桜田義孝文部科学副大臣を派遣することを明らかにした。ウクライナ情勢を考慮して政府代表の派遣を取りやめている国が出ていることに関しては「日本は、パラリンピックに政治のさまざまな状況を持ち込むことは慎重であるべきだという立場だ」と説明した。(産経新聞14年3月6日)』

 米英の首脳などは、様々な分野でロシアとの対立が強くなっていた上、プーチン大統領が同性愛者の人権を抑圧する法律を作ったことへの非難の意味も込めて、ソチ五輪の開会式も欠席したのだが。
 しかし、安倍首相は、昨年来、関係が深まっているプーチン大統領の強い要請もあり、ギリギリになって開会式に出席することを決定。米英と異なる道を選択した。(~_~;)
 
 ただ、日本は、ウクライナ問題では、G7の一員として、米英など他の加盟国と共に、ロシアへの抗議声明に加わっていることもあり、パラリンピックへの政府関係者の派遣に関しても、慎重に対応を検討していたようなのだけど。
 でも、安倍首相は、結局、今回も米英とは異なる道をとることに決めたようだ。(@@)
 
 実のところ、mewも、個人的には、スポーツの世界に政治を持ち込むのは好ましくないと考えているし。また、日本が2020年に東京五輪&パラリンピックを開催することを考えれば尚更、今回のパラリンピックには、政府の人間を含め関係者を派遣した方がベターであることには違いないだろう。<おそらく(イヤイヤながらも?)、安倍後見人でもある五輪組織委の森喜朗会長も、ソチを再訪しているだろうし。森氏も、政府関係者の派遣を望んでいたのでは?^^;>

 また、G7加盟国の中では、ドイツが政府関係者の派遣を決めたことも、安倍内閣にとっては(ラッキーな?)派遣決定の要因になったようだ。(・・)

 ただ、欧米の首脳や政府関係者、メディアの中には、安倍首相が、また自分たちよりプーチン大統領との関係を重視して、今回の判断を行なったと見る人が少なからずいるだろうし。
 今後の米英との関係に、ビミョ~な影響が生じる可能性は否定できないように思われれる。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は全く変わって・・・。
 これは『安倍が集団的自衛権の解釈改憲を施政方針に+揺れる公明党&石原が維新分裂を示唆』の関連記事になるのだが。

 昨日、党内の会合で、石原代表が原子力協定に反対するとした党の決定に反発し、それを覆そうとしたのに対して、大阪系の若手議員が「出て行けよ!」と叫ぶような場面があったという。(@@)

『日本維新の会の石原共同代表は党のエネルギー調査会の初会合で講演し、「原子力は活用せざるを得ない」などと持論を展開したうえで、トルコなどとの原子力協定締結の国会での承認について、維新の会として多数決で「反対」と決めたことを批判しました。

「高等学校の生徒会のやり方だよ、こんなものは。私はこれ採決のとき、賛成しますよ。賛成したらどうするの?」(日本維新の会 石原慎太郎共同代表)

 「出ていけよ」

 「出ていくよ。ちょっと立って言ってくれよ」(日本維新の会 石原慎太郎共同代表)

 「出て行ったらよろしいですやん」(日本維新の会 浦野靖人議員)(TBS14年3月6日)』

『原発容認派の石原氏は講演で、昨年12月の両院議員総会で多数決で原子力協定反対を決めたことを「ばかばかしい。高校の生徒会のやり方だ」と批判。その上で「私は採決のとき賛成する」と明言した。
 その瞬間、大阪系の浦野靖人衆院議員が「(党の決定に)反対なら党から出ていったらよろしい」とかみつき、他の大阪系議員が「そうだ」「出ていけ」と加勢した。これに対し石原氏は「決定に反対する自由はある」と切り返し、「電力がなくて企業が死ねば、人が死ぬ」と大阪系を説得しようと試みた。

 険悪な雰囲気にたまりかねた園田博之国会議員団幹事長代理は「党の決定に従わないと党の崩壊につながる。協定に賛成するというのは取り消してもらいたい」と発言の撤回を求めた。同じ旧太陽の党系からの要求に石原氏は「それなら欠席したらいいのか」と苦笑するしかなかった。

 納得のいかない石原氏は会合後、記者団に「両院総会の決定は取り消すべきだ。党が未熟だ。でも、離党はしないし、党も分裂させない。東も西も議論したらいい」と語った。(産経新聞14年3月6日)』

* * * * *

 維新の会では、12年11月に合流して以来、原発政策に関して、党内の意見が真っ二つに分かれて激しく対立する状況が続いている。

 というのも、大阪維新の会は、もともと脱原発志向が強く、「2030年までに原発フェードアウト」という公約を掲げているのに対して、太陽族の石原&平沼氏は、バリバリの原発推進派で、原発をなくすということは、経済的にも軍事的(核武装)に考えてあり得ないと強く主張し続けているからだ。(~_~;)

 同党は、昨年末の会合で、原発輸出に必要な原子力協定の賛否を協議したのだが、なかなか意見が整わず。党のルールに乗っ取り、多数決をとった結果、反対33、賛成25、棄権3だったため、党として反対することに決定したのだけど。

 石原代表は、この決定に納得せず。その日のうちに「オレは賛成する」と造反する意向を表明。 今年1月にも、記者団に対して「原子力政策を全部否定するようなことになれば、自分の文明論に反する。今の党にいられない。党を辞めないわけにはいかない」と語るなど、ことあるごとに反発をクチにしていたのである。(@@)

<原発政策に関しては、12年の衆院選公約発表の記者会見から、ずっともめている状態が続いていた上、今回のことでは石原氏は全く引く構えを見せず。それで、mewは、これまでにも何回か、原発政策が党分裂の引き金になるかもと書いたことがあったです。(・・)>

* * * * *

 いや~、それにしても、若手議員が壇上の石原氏に対して「出て行けよ!」という映像を見た時には、mewもちょっとビックラしちゃったのだけど。 (゚Д゚)

 大阪維新系の議員は、結いの党と合流することを前提にして、連携の準備を進めているのだけど。石原太陽族は、護憲派の政党とは一緒にやれないと、これを拒否。(>_<)

 しかも、石原代表&平沼国会代表は、先月になって、結いの党の議員が出て行ったみんなの党の渡辺代表と会談を行ない、国会で協力して行くことを約束。また、維新とみんなの超保守系の若手議員が、集団的自衛権、慰安婦問題、憲法改正をテーマにした勉強会を発足させることも決め、みんなと連携して行こうとする動きを見せている。

 石原&平沼氏や渡辺氏は、昨年末に、安倍首相と会って、改憲や集団的自衛権に関して、協力する意向を示しており、いずれは自民党と連携するのではないかと見られているのだが。思想的な面でも、両者はかなり近い立場にあるのだ。(~_~;)

 大阪維新の会の橋下代表は、大阪都構想の実現に全力を注ぐために、国政政党の維新の会とは一線を画している。
 それもあって、石原氏らは、維新の会を太陽族のペースで運営しようとしている感じがあるのだが。大阪系の議員にとっては、太陽族が好き勝手に言動したり、党運営を行なったりしていることに、かなり不満が募っている様子。^^;

 原子力協定の採決は、今国会中に行なわれる予定なのだけど。もしこの決議で、石原氏らが造反した場合、大阪系の議員から「除名処分」の要求が出るかも知れず。
 そうなった場合、維新分裂の可能性がぐ~んと大きくなるのではないかな~と(期待込み)で思っているmewなのだった。(@@)

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-03-07 04:25 | (再び)安倍政権について


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】




安倍首相の軍事強化=平和主義破壊に向けての暴走が止まらない。(@@)

 mewは、自分が愛する日本が、戦後70年近く、平和主義を守って来たことを誇りに思っていて。戦後、その有難さを享受して来た世代して、何とかそれを次の世代に残したいと考えている。

 mewは、いわゆる絶対護憲派ではないのだが。ただ、現9条の平和主義の精神は絶対に守って行きたいと思っているし。
 そして、そのためには、具体的には、1・専守防衛のルールを守る(敵基地攻撃禁止)、2・集団的自衛権の行使を認めない、3・武器輸出(禁止)原則を守る、4・非核三原則を守る、5・過度な軍事強化をしないことが重要だと思っているのだけど。

 安倍首相は、専守防衛のルールを壊し、集団的自衛権自衛権の行使を容認するために憲法解釈の変更を行おうとしている上、敵基地攻撃も検討。さらに、武器輸出(禁止)原則も、完全になきものにしようとしている。(-_-;)

 日本の企業が武器(戦闘機や車両、計器、装備なども含む)の研究や開発、生産を積極的に行ない、軍事産業が発達すれば、自衛隊のコストは下がるし、それを輸出すれば、大きな利益を得られるため、経済的なメリットも大きいのだが。
 それは、日本が「死の商人」(by公明党)になることを意味する。(・・)

 そして、米国がいい例なのであるが、軍事産業が幅をきかすようになった国では、企業が政治家や官僚+αと結託して、政府に戦争を行なうことを促したり、他国との安保軍事関係を広げて、武器の輸出拡大のために動くことを望んだりするようになるのだ。(-"-)
<そうしないと、軍事産業による利益を増やして行けないからね~。(>_<)>

 経団連を含め軍事産業で利益を得たい企業は、以前から武器輸出原則の見直しを求めているのだが。安倍政権になって、今がチャンスとばかりに、政府与党への要望(圧力?)を強めている。

『防衛産業でつくる経団連防衛生産委員会の岩崎啓一郎総合部会長代行は12日、自民党の国防部会関連会合で、事実上の禁輸政策だった武器輸出三原則の「改善案」を提言した。防衛装備品について他国との共同開発に限らず、国産品の輸出を広く認めるべきだとし、国際競争に勝ち抜くため、政府内に武器輸出を専門に扱う担当部局を設けるよう求めたのが特徴だ。
 安倍政権で三原則見直し作業が本格化して以降、産業界の本格的な提言は初めて。政府が策定中の新たな指針に反映させる狙い。政府、与党の協議に影響を与えそうだ。(共同通信14年2月12日)』

 でも、mewは、日本に、人殺しの道具を輸出して儲けるような、また戦争が起きると喜ぶような、そんな節操もない&誇りもない国になって欲しくないのである。(**)

* * * * *

 しかし、日本を経済的に&軍事的にアジア、世界のTOPの国にすることを目指している安倍首相は、来月にも武器輸出原則を根本的に見直し、新たな原則を閣議決定するとのこと。
 しかも、何と紛争当事国や共産圏への武器輸出も認め、「何でもあり」近い方針をとるという。

『政府は23日、新たな武器輸出原則の骨格を固めた。現行の武器輸出三原則にある「紛争当事国やその恐れがある国」や「共産圏」への禁輸の項目を削除する一方、日本の安全保障に資するかどうかで適否を判断することが柱で、一部の例外を除いて武器輸出を禁じてきた日本の安全保障政策の転換となる。政府は3月初旬から与党との調整を本格化し、同月中の閣議決定を目指す。

 新たな原則では、(1)国際的な平和や安全の維持を妨げる場合は輸出しない(2)輸出を認める場合を限定し、厳格に審査する(3)目的外使用や第三国移転は適正管理が確保される場合に限定する―とした。現行原則の「国連決議で禁じられた国」への禁輸は維持し、日本が加盟する対人地雷禁止条約などの国際条約に違反する国への輸出も禁じる。

 「紛争当事国」の削除は、日本製部品を供給する米国製ステルス戦闘機F35のイスラエルによる導入を念頭に置いたとみられる。冷戦の終結を受け、「共産圏」の項目も不要と判断した。輸出を認める場合は、F35のような国際共同開発・生産のほか、平和貢献・国際協力も含める。(時事通信14年2月23日)』(詳しい記事は*1に)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 また、これも実にアブナイことなのだが。武器輸出の判断は、NSCの4閣僚会議で決められるようにするというのである。(-"-)

『政府・与党が検討中の武器の輸出を禁じた「武器輸出3原則」に代わる新原則で、国際機関への武器輸出や、日本の防衛産業がライセンス生産する部品の輸出を認めることが20日、複数の政府・与党関係者の話でわかった。

 国家安全保障会議(日本版NSC)の4大臣会合で輸出の可否を審査する仕組みも新たに導入する。
 新原則の策定は、首相が掲げる積極的平和主義の一環として、昨年末の国家安全保障戦略に盛り込まれた。すでに与党内で協議が進んでおり、政府は、3月にも閣議決定したい意向だ。

 安倍首相は20日の衆院予算委員会で、これまで官房長官談話などで、21件の武器輸出を例外として認めてきたとしたうえで、「例外化の経緯について適切に整理しながら十分な検討・調整を行い、新たな原則を具体的に定めていく方針だ」と語った。これまで個別に認めてきた内容を、包括的に認める形で新原則の策定を進めていることを明らかにしたものだ。(読売新聞14年2月21日)』

* * * * *

 安倍政権が始まるまでは、公明党や野党、メディアも、武器輸出原則の変更に関して大きく取り上げていたのだけど。最近は、ほとんど話題にものぼらないような状況だ。 (ノ_-。)

 国民が気づかないうちに平和主義のベースとなっている重要な武器輸出原則が壊され、日本が「武器商人の国)になるかと思うと、いても立ってもいられないmewなのである。(-"-)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 先週、菅元首相が、こんな発言をしたという。

『民主党の菅直人元首相は22日、安倍晋三政権の政治姿勢について「保守政権というよりは、ナショナリスト政権だ」と指摘した。
 そのうえで日本維新の会やみんなの党が安倍政権へ接近していることに対し、「(安倍政権を)もっと過激な方に引っ張ろうとしている」と批判した。都内で記者団の質問に答えた。(産経新聞14年2月22日)』

 実際、安倍首相は、連立を組んでいる公明党が9条改憲や集団的自衛権行使に消極的な姿勢であることに業を煮やしているようで。近時は、保守タカ派度の高いみんなの党と維新の石原太陽族とお互いに接近。彼らの協力を得て、改憲や軍事強化策を進めることを考えているわけで。
 この2党の動きは、日本の今後の国政に大きな影響を与える可能性がある。(-"-)

* * * * *

 そのみんなの党が、昨日、党大会を開き、「保守」政党として、安倍自民党と協力して行く姿勢を示したとのこと。
 何と安倍首相からも、しっかりと祝電メッセージが届いていたという。^^;

『みんなの党は23日、東京都内で党大会を開き、渡辺喜美代表は憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認について「憲法解釈が変えられれば、政府提案で自衛隊法や周辺事態法のどこを直せばいいのかとなる。こうした考え方は非常に合理性がある」と述べ、安倍晋三首相への協力姿勢を鮮明にした。

 渡辺氏は結いの党を結成した江田憲司氏らの集団離脱に関し「みんなの党は保守の政党だ。昨年末まで(保守と)言いにくい人たちが交じっていた」と指摘。「野党再編なんて小さなことではダメだ。政策実現のためには野党も与党もない」と述べ、結いなどが目指す野党再編を批判した。

 党大会では、2009年8月の結党以来初となる党綱領を策定。「政権獲得や政界再編は政策実現のための手段であり、目的と手段の転倒は国民の政治不信を呼び起こす」と明記した。

 首相から寄せられた祝電も披露され、首相はこの中で「わが党と経済政策や安全保障政策など方向を一にする政策分野も多々ある。共に政治を前に進めていくことができると強く期待する」と、「共闘」に期待感を示した。(産経新聞14年2月23日)』

『党大会では、平成21年8月の結党以来初めて綱領を決定した。当時の結党宣言には「非自民勢力の結集」と政界再編が明記されていたが、綱領で「非自民」に触れることはなかった。

 むしろ「政権獲得や政界再編は政策実現のための手段だ。目的と手段の転倒は国民の政治不信を呼び起こす」と明記し、江田氏や日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)ら再編勢力を牽(けん)制(せい)。渡辺氏は「野党再編なんていうちっちゃなことじゃ駄目だ」と語った。(産経新聞14年2月23日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 しかも、このニュースにはチョット驚いた&内心、大笑いしてしまったのだが。
 みんなの党と渡辺代表が、維新の会の石原代表と会談を行ない、今後、連携して行くことを決めたという。 (・o・)

『みんなの党の渡辺喜美代表は21日の記者会見で、日本維新の会の石原慎太郎共同代表と18日に衆院議員会館の石原氏の自室で会談し、連携していくことで一致したと明らかにした。これを受け、両党は公務員制度改革や道州制を導入するための関連法案の共同提出に向け、実務者協議を再開することになった。
 会談は渡辺氏が「戦略対話」の一環として呼び掛け、維新の平沼赳夫国会議員団代表が同席した。会見で渡辺氏は「協力できる分野がどこにあるのか対話を通じて考えたい。(集団的自衛権について)共同勉強会という機会も出てくるかもしれない」と述べた。

 維新は結いの党と合流を視野に政策協議を進めているが、結いを「護憲政党」と位置付ける石原氏は政策協議に不快感を示している。渡辺氏は結いの江田憲司代表に対し、憎悪の念を抱いている。

 橋下徹共同代表(大阪市長)が出直し市長選に専念しているこのタイミングでの会談は、橋下氏や江田氏ら野党再編を模索する勢力を牽制(けんせい)する思惑がある。維新とみんなは昨年、参院選の共通公約作成に向け政策協議を進めていたが、橋下氏の慰安婦発言をきっかけに、みんな側の意向で中断された。(産経新聞14年2月21日)』

 何で大笑いしたかと言えば・・・。維新の橋下代表は、以前からずっとみんなの党に合流を呼びかけていたのだけど。みんなの渡辺代表は、石原太陽族を「理念も政策も何でもいい古い自民党政治を体現している」と強く批判。太陽族がいる限り、維新とは合流できないと突っぱねていた&石原氏もそんな渡辺代表をさんざん批判していたからだ。(~_~;)

* * * * *

 今、維新の橋下系議員は、みんなの党を離党した議員が作る結いの党と、合流を視野に入れて政策協議を行なっていて、自民党に擦り寄っている渡辺みんなの党は置いて行かれたような感じに。

 また、石原太陽族は、護憲的な結いの党との合流を好ましく思っていない上、維新の橋下系の脱原発志向も気に入らず。「原子力政策を全部否定することになれば、自分の文明論に反する」と主張し、原発輸出に関する協定に維新が反対する場合には、造反&離党することまで示唆している。
 どうやら、党内に作るエネルギー調査会の会長に就任して、党の政策を変えるつもりでいるらじい。<ただ、渡辺氏も確か脱原発のはずなんだけどな~。(・・)>

 石原太陽族は、橋下氏が大阪都構想に必死に取り組んでいることも理解できず。石原氏は、12日に『「(市議会の)勢力分布は変わらないから、結果は同じではないか」と述べ、出直し選の意義に強い疑問を呈した』とか。
『石原氏は国会内で記者団に「あの人物を失いたくない」と橋下氏をかばう一方、「だんだんプレステージ(威信)が落ちてきた感じがする。維新にとってマイナスだ」と発言。橋下氏が掲げる大阪都構想そのものについても「具体的なイメージが大阪府民、市民に伝わっていないうらみがある。ネーミングが良くない」と指摘した。(毎日新聞14年4月12日)』

 橋下氏側も、大阪都構想に非協力的な石原太陽族とは距離を置き始めていて。今回の市長選では、日本維新の会の公認はとらず、大阪維新の会の公認だけで戦うことに決めたという。
『大阪維新のある幹部は「大阪都構想を理解していない国会議員には来てほしくない」との本音もあるようだ。(朝日新聞14年2月21日)』

<何分にも、大阪都構想が争点だった堺市長選で、応援に来た石原くんが「憲法改正」論を主張し始めることに。聴衆から「市長選の話をしろ」と野次を受けて、口論になりかけたなんてこともあったからね~。>
 
* * * * *

 結局、石原太陽族も渡辺代表も、自民党を大批判して離党したものの、<まあ、保守タカ派政策の実現したいという思いもあるとはいえ>、やっぱ政治権力の魔力or魅力に引き寄せられてしまう部分が大きいのではないかと思うし。
 しかも、あそこまでけなし合いながらも、維新太陽族&みんなの党で協力体制を築いて、一緒に自民党をアシストして行くことを考えてしまうわけで。
 何だか政治家の節操のなさを見せ付けられているような感じもしているmewなのだった。(@@)
 、
                         THANKS
 
 【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2014-02-25 02:53 | 政治・社会一般


  これは1月25日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


昨日24日から、今年度の通常国会が始まり、安倍首相らが施政方針演説を行なった。(@@)

 安倍首相は、この国会を「好循環実現国会」と位置づけ、さらなる経済対策を推進でして行く方針を示したのだが・・・。

 mew的に最も注目したのは、首相が国会演説の中で初めて「集団的自衛権」という言葉をクチにして、今国会中にも解釈改憲を行なうことを示唆したことだろう。(**)

 最近、海外を中心にアチコチでアピールしまくっている「積極的平和主義」(という名の武力行使を伴った海外での平和貢献)や、原発再稼動、アブナイ教育再生策もしっかりと盛り込まれるなど、安倍カラーの強い施政方針演説になっていたため、mewの警戒心がグ~ンとアップしている。(@@)

『第186通常国会が24日召集され、安倍晋三首相は午後の衆参両院本会議で施政方針演説を行った。今国会を「好循環実現国会」と位置付け、4月の消費税増税対策について「経済対策により持続的な経済成長を確保する」と力説。経済再生と財政再建の両立させる決意を示した。
 第2次安倍政権発足後の国会演説としては「集団的自衛権」の文言を初めて明確に使用するなど、首相が意欲を示す「積極的平和主義」の意義も強調した。

 首相は演説で成長戦略について、成長著しい新興国へのインフラ投資に官民一体で取り組む「インフラ輸出機構」創設を表明。イノベーション(技術革新)にも力を入れるため、新たな研究開発法人制度を新設し、「経済社会を一変させる挑戦的な研究開発を支援する」と打ち出した。

 外交・安全保障政策では「積極的平和主義」を掲げ、日米同盟を基軸に世界の平和と安定に貢献する方針を強調。首脳会談を拒む中国や韓国とは関係改善に努める考えを示した。中国による防空識別圏の設定や尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵犯には「力による現状変更の試みは決して受け入れることはできない」と牽制(けんせい)した。

 集団的自衛権行使に関しては有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の報告後に、政府として「対応を検討する」との表現にとどめた。

 原発政策では原子力規制委員会の安全性確認がない限り再稼働はないとの考えを表明した。(産経新聞14年1月24日)』

<何か今回は、お気に入りの「この道しかない」に加えて、「やればできる」という言葉をキーフレーズとして何回も用いていたのよね。(まるで、小学生に言い聞かせるみたいに?!^^;それとも、「ボクはきっとアベノミクスだって、集団的自衛権の行使だって、やればできるんだ」って、自分に言い聞かせていたのかしらん?(>_<)>
 
* * * * *
 
 安倍首相は、今春にも集団的自衛権の行使容認の解釈改憲を行いたいと考えているのだが。これに慎重な公明党は、何とかこの解釈改憲を阻止せんとして、今年にはいってからずっと首相をけん制する発言を繰り返して来た。(・・)

<関連記事・『安倍vs.公明党のバトル開始~連立解消か安倍おろしか&集団的自衛権・反対派の結集を!』『安倍の外交オンチを利用して、通常国会中と予告した集団的自衛権の解釈改憲を阻止したい』など>

 公明党の山口代表は、この22~24日にもメディアの取材や会見の場で、解釈改憲に難色を示す発言を行なっていたほどだ。(^_^;)

『公明党の山口那津男代表は二十二日、共同通信のインタビューで、集団的自衛権行使を容認するための憲法解釈変更について、通常国会会期中に結論を出すのは困難との考えを示した。自民党との協議には応じる方針を示した。
 憲法解釈変更に関し「重要な課題で、与党で議論し国民理解を得る過程を考えると、短い期間での合意は難しいのではないか」と指摘。「国の最高規範だからいたずらに変更を認めることには慎重でなければならない。長い間、国民や国際社会に定着してきた解釈だ」と強調した。解釈変更の前提として近隣諸国を含む国際社会の理解を促す努力も必要だとした。(東京新聞14年1月23日)』

『公明党の山口代表は、記者会見で、憲法解釈の変更について、「安倍総理大臣は、『与党の意見も聞きながら、スケジュールありきではなく議論を進めていきたい』という趣旨の発言をしているので、結論の時期は、通常国会中に必ずしもこだわらず、政府と与党の協議に委ねられると思っている」と述べ、24日、召集される通常国会の会期中に結論を出すことにこだわらず、時間をかけて慎重に議論すべきだという考えを示しました。(NHK14年1月23日)』

* * * * *

 それにもかかわらず、安倍首相があえて今国会での施政方針演説に「集団的自衛権」という言葉を盛り込んだのは、今国会中に解釈改憲を実行に移したいという強い意思をあらわすためだったと思われる。
 mewには、これは公明党をはじめ各政党や、保守派の支持者、米国などなどへのメッセージだったのではないかな~と感じられるところがあった。(-"-)

 しかも、安倍首相は、演説の最後に「私たち連立与党は、政策の実現を目指す『責任野党』とは、柔軟かつ真摯に、政策協議を行ってまいります。そうした努力を積み重ねることで、定数削減を含む選挙制度改革も、国会改革も、そして憲法改正も、必ずや、前に進んで行くことができると信じております」と主張。
 昨年来、安倍自民党に協力する姿勢を示している日本維新の会やみんなの党を念頭に、これらの「責任野党」(=自分たちにとって都合のいい野党?)と積極的に連携して行く意向を表明したのである。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 mewが気がかりなのは、公明党の山口代表らが、この首相の強気パワーの演説に押されてか、昨日、こんな発言を行なっていたことだ。(-_-;)

『公明党の山口那津男代表は24日、「慎重に、従来述べてきた方向で議論を重ねていきたい」と語り、行使容認に改めて慎重な姿勢を示したが、「政策的な違いだけで離脱などとは到底考えられない」。漆原良夫・国会対策委員長も24日、「責任野党の皆さんと話して、公明党さん要らないとはならない」とも語る。(朝日新聞14年1月24日)』

 公明党は、支持母体である創価学会も含めて、以前から「集団的自衛権の行使容認」には反対、慎重な姿勢を示しており、今回の安倍政権でもその姿勢を貫く方針でいたし。いざとなったら、連立解消も辞さない構えでいたはずなのだ。(・・)

『「平和」を設立理念とする公明党の支持母体、創価学会には抵抗感が強い。山口氏も昨夏の参院選で「断固反対」と明言しており、首相周辺の一人は「行使容認の閣議決定時に公明党の太田昭宏国土交通相が辞めるか、公明党が閣外協力に転じるのか」とのシミュレーションも行っている。(同上)』

 しかし、やはり与党の立場には大きな魅力や魔力があるのか、「公明党内は連立離脱は現実的ではないという意見が大勢」のようで。チョット腰が引けて来たような感じがあるのだ。(~_~;)

* * * * *

 おそらく自民党は、水面下で維新やみんなと連携協議を進めているのだろう。

 昨年11月に安倍首相と会食を行なったみんなの党の渡辺代表は、自民党との連立も視野に入れて、秘密保護法案にも協力しただけに、案の定、首相のメッセージを歓迎していたとのこと。^^;

『みんなの党の渡辺代表は24日の政府4演説についても「『政策の実現を目指す責任野党とは柔軟かつ真摯(しんし)に政策協議を行う』とのメッセージは歓迎する」などと評価し、与党寄りの立場をにじませた。(読売新聞14年1月24日)』

 またこちらも昨年末に安倍首相と会談を行っている維新の石原代表も、23~4日に、党を割ってでも自民党と連立する可能性を示唆するような発言を行なっていたという。(・・)

『日本維新の会の石原慎太郎共同代表は23日、共同通信のインタビューに応じ、野党再編や政策をめぐる路線対立により党分裂もあり得るとの認識を示した。その上で将来的な自民党との合流について「否定しない」と発言。集団的自衛権の行使容認に慎重な公明党に代わり自民党と連立する可能性も言及した。

 日本維新で結いの党や民主党との野党再編をにらむ大阪系議員は、原発政策などをめぐり推進派の石原氏らと溝がある。
 石原氏は党内対立に関し「決定的なものだったら党を割ってもいい」と明言。結いの党には「護憲政党で何の共通項もない」と指摘。今月始まった政策協議に不快感を重ねて表明した。(共同通信14年1月23日)』

『日本維新の会の石原慎太郎共同代表は24日、党内の路線対立で亀裂が深まった場合、離党する可能性について「党が改憲しないようなことを言い出したら、そんなことになる」と離党に含みを残した。
 国会内で記者団の質問に答えた。
 トルコなどへの原発輸出を可能にする原子力協定に関しても「原子力政策を全部否定するようなことになれば、自分の文明論に反する。今の党にいられない。党を辞めないわけにはいかない」と語った。(産経新聞14年1月24日)』

* * * * * 

 維新分裂の話は、後に回すとして・・・。

 安倍首相&仲間たちは、以前から書いているように、もともと公明党を好んでおらず、ジャマな存在だと考えているので、ホンネでは早く連立を解消して、自分たちの思想や政策を理解してくれる政党や議員と組みたいのであるが。
 党内には、公明党が選挙支援で果たす大きな役割を重視して、同党との連立解消には慎重な姿勢を示している議員が少なくないし。もし安倍陣営が、強引に公明党を切ろうとした場合には、逆に党内に「安倍おろし」の動きが出るおそれがある。(~_~;)

 ましてや今は都知事選の最中ゆえ、舛添氏への支援を強化するためにも、公明党のご機嫌はあまり損ねたくないところ。<創価学会の中には、脱原発を望んでいる人が多いので、細川氏の方がいいと言っている人もいるとか?^^;>

 それゆえ、安倍陣営は、とりあえず公明党との連立を維持して、集団的自衛権の行使容認に理解を求める努力を行なって行くつもりでいるようだ。
 安倍首相の盟友も、今日25日朝のTVで、このように語っていた。

『衛藤晟一首相補佐官は25日午前の民放番組で、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更に公明党の慎重論が強いことに関し、「公明党は国民の中でのセンターラインを表現しているから、そことがっちり組んでいかなければ意味がない」と述べ、同党の意思を尊重しながら議論を進めるべきだとの認識を明らかにした。
 衛藤氏は、「(公明党は)話せば必ず分かると思う。自民党とよく話し、とにかくまとまるところでまとめるしかない」と述べ、与党内の調整で公明党の理解を得るよう努力する意向を示した。(時事通信14年1月25日)』 

 ただ、公明党にプレッシャーをかけて譲歩を引き出すためにも、また近い将来の本格的な連携、連立の道をキープするためにも、みんなの党や維新の太陽族との協議を継続し、両党をうまく利用したいと考えているのではないかと察する。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 昨日は、安倍内閣にとって、あまり望ましくないニュースも一つ出ていた。
  
 安倍首相が、昨年夏、集団的自衛権に関する解釈改憲に慎重だった内閣法制局の長官を辞任させ、賛成派の長官に強引に差し替えた話や、その危険性については、『安倍がナチスの手口で、集団的自衛権の行使への暴走開始。国民の力で阻止を!』『安倍の手先を自認する新法制局長官のアブナさ+安倍ブレーンが牛耳る日本の安保』などに書いたのだけど・・・。 

 首相が解釈改憲実現のために、内閣法制局に連れて来た小松長官が、入院することになったというのだ。(~_~;) <小松長官には、お大事に。m(__)m)

『政府は24日、小松一郎内閣法制局長官が体調不良で検査入院したため、同日付で横畠裕介内閣法制次長に長官事務代理の発令を行った。加藤勝信官房副長官は記者会見で「検査は1カ月程度かかる」との見通しを示した。
 通常国会では、安倍晋三首相が意欲を示す集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈見直しが焦点の一つ。政府は国会会期中の解釈変更も視野に入れるが、見直しに前向きな小松氏の入院でスケジュールに影響が出る可能性もある。
 首相は昨年8月、外務省出身者として初めて小松氏を法制局長官に起用した。歴代の長官は集団的自衛権に関する解釈見直しに慎重な答弁を繰り返してきたが、小松氏は昨年秋の臨時国会の答弁で、集団的自衛権とは別の過去の事例ながらも「政府による憲法解釈の変更は可能」との見解を示していた。(産経新聞14年1月24日)』

* * * * *

 安倍陣営は、首相のブレーンを集めた有識者懇談会がまとめた報告書を重視する方針で。内閣法制局は、そのお墨付きを与えるためだけに利用するつもりでいるようなのだけど。(~_~;)
 ただ、内閣法制局には、これまで培って来た識見と自己の良心、誇りに従い、安易な解釈改憲を行なうことには慎重or反対の立場の官僚たちが少なからずいるようなので。mewとしては、彼らの良識ある抵抗にも期待したいところ。(・・)

 安倍内閣が、国民の意思を問うこともなく、実質的に憲法9条を改正するような憲法解釈の変更を勝手に行なうことは、絶対に許容できないし。ともかくこれに慎重or反対の姿勢を示しているあらゆる勢力の力を用いて、そしてできるなら、最後は国民の力で、何とか安倍内閣の集団的自衛権行使に関する解釈改憲を阻止したいと思っているmewなのだった。(@@) 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、維新の分裂に関しては、つい先週にも『進次郎が舛添支援を拒否+維新も支援分裂&結いと合流協議+海自輸送艦が衝突事故』という記事で扱ったばかりなのだが。

 石原晋太郎氏は、12年秋に国政進出を決意して都知事を辞任し、平沼赳夫氏らの太陽族(旧「た」党議員)と共に橋下維新の会(旧・大阪維新)に合流。両者は、思想や政策面での違いが大きかったこともあり、何かにつけて東西陣営が対立しており、いつ分裂してもおかしくない状態にあったのだけど。
 石原氏には、何とか橋下氏とのタッグを組んで、憲法改正を実現させたいという思いが強かったこともあり、党分裂を避けるために、ここまで同氏なりにはかなり譲歩して来たところがあった。^^;

 しかし、昨年の秋頃から、もはや党分裂を避けるために、自我を抑えたくないという気持ちが高じて来た様子。
 昨年末に安倍首相と官邸で堂々と会談を行ない、改憲などで自民党と協力して行く姿勢を示したのも、今年にはいって、党の意向をきかないまま、個人として超保守仲間の田母神俊雄氏を都知事選で応援することに決めたのも、そのあらわれだろう。(~_~;) 
 
* * * * *

 石原氏が、上述したように、離党まで示唆するようになったのには、維新の会(特に橋下氏&大阪維新系)の議員たちが自分の存在を軽視するようになっていることに、失望感やイラ立ちが募っているからではないかと思われる。(~_~;)

 たとえば、維新の会は、昨年、党の綱領を作った際に、石原氏の改憲への思いを尊重して、維新八策の1番目の項に石原氏が考えた「日本を孤立と軽蔑の対象に貶め、絶対平和という非現実的な共同幻想を押し付けた元凶である占領憲法を大幅に改正し、国家、民族を真の自立に導き、国家を蘇生させる」という一文を記したのであるが・・・。
 ところが、このいかにも戦前志向の超保守的な思想が色濃くあらわれた綱領の文言は、大阪維新系の議員や支持者からかなり不評だったため、維新の会は、昨年来、石原氏が考えた第一項の表現を変えることを検討。今年にはいり、修正することを決めたのである。^^;

『日本維新の会は22日、党綱領のうち憲法改正に関する部分を修正する方針を固めた。「日本を孤立と軽蔑の対象におとしめ、絶対平和という非現実的な共同幻想を押し付けた元凶である占領憲法」との記述を改め、「国家・民族、国民の自立を損なわせしめた占領憲法」と簡素にする。2月に東京都内で開かれる党大会で了承される見通しだ。(時事通信14年1月22日)』

 しかも、橋下代表をはじめ大阪維新系の議員は、みんなの党を離党した議員が作った結いの党と、近い将来、連携&合流することを前提に、政策協議をスタートさせたのであるが。
 石原氏は、結いの党が、憲法改正や集団的自衛権の行使容認に消極的な姿勢をとっていることや、超保守思想全開の石原&平沼太陽族を批判していることが気に入らず。維新が同党と合流することには反対の立場。、
 
 さらに、以前も書いたように、維新の会は、昨年末に、党内でトルコに原発輸出するための原子力協定への賛否を問う多数決を行なったところ、大阪維新系の議員に「脱原発派」が多いこともあって、反対意見の方が多数を占めることに。(~_~;)
 もともと原発推進派(核武装論込み)の石原氏は、そのような考えや結論に納得が行かず。<今週も田母神氏の応援演説で、「原発をなくすわけにはいかない」と強調していたもんね~。>

 石原氏は、昨年末から原子力協定の国会採決で造反することを示唆していたので、mewはこれが維新分裂の大きなきっかけになるかも知れないと書いたことがあったのだけど。
 今回、石原氏が離党までにおわすに至ったことで、維新の党分裂の瞬間が、どんどん近づいているように感じているmewなのだった。(@@)
 
                           THANKS
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-01-25 16:00 | (再び)安倍政権について