ついに、日本の歴史を大きく変える&後世に残るであろう
大事な大事な総選挙の当日に。

 幸い、全国各地の天気予報は、東京以外、ほぼ晴れマーク。(~~)
<一部の政党の人は、もっと台風が早く近づいてくれないかと、
後ろからフ~フ~と吹きたい気分かも知れないけど?^_^;>

 何分にも「政権選択」&「日本の将来」がかかっため~っちゃ
大事な選挙ゆえ、是非、投票率が70%は超えて欲しいな~と
願っている。(・・)

 そして、みんなで、日本が戦後、国民主権の国になってから
初めて迎える「選挙による政権交代」という歴史的な瞬間に、
この手で参加して、この目で見て、この身で体験&実感できる
喜び&幸せを、分かち合いましょうね!(~~)/


* * * * *

人気ブログランキング 
 ↑ 政権交代実現を目指して。より多くの方に読んで頂くために、
総選挙まで、毎日1回、応援クリックをお願いしています


ブログ村←にも、もうワン・クリックを。m(__)m>

* * * * *
最新の記事一覧・・・8月分は、コチラ。7月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。



あの忌まわしき05年の小泉総選挙から、ちょうど4年。
 mewにとっては、ようやく、あのショック&屈辱のリベンジ
をする日がやって来たという感じがある。(・・)
 しかも、それは、小泉元首相の公約通り(?)、すっかり
ぶっ壊れてしまった自民党が、ついに国民の手で政権の座から
おろされる日になるのだ。(**)
 それは、同時にmewが小さい頃から夢見ていた「選挙による
政権交代」が実現される日でもある。(^^♪

 ただ、mewは、思っていたよりもず~っと静かな&落ち着いた
気持ちで、この日を迎えている。(・・)
 それは、もちろん昨日までの情勢で、政権交代がほぼ確実に
なっていることもあるけれど。たぶん、この政権交代は「起きる
べくして起きる『必然的』なものなのだ」という確信が、アタマ
&心の中にあるからだろう。(**)

 そして、何だか昨夜から、mewのアタマの中では、泉谷しげる
さんの「春夏秋冬」の一節が、繰り返し流れていたりする。

『今日ですべてが終わるさ~。今日ですべてが変わる。
 今日ですべてが報われる。今日ですべてが始まるさ~。♪』

 おそらくこの歌詞が、何か今の政治の状況にも、mewの心境
にも、ぴったりの感じだからかも知れない。(^^♪

* * * * *

 いや~、それにしても長かった~~~。(@@)
 
 まだ総選挙が終わったわけではないし。勝利の瞬間を確認する
までは、しっかり気を引き締めて臨まなくてはいけないな~と
思ってはいるのだけど。
 でも、正直なところ、mewはもう半分、振り返りモードに
はいってしまっていたりする。^^;

 mewが、「このままじゃ、日本がアブナイ!」と、いても
立ってもいられなくなって、このブログを立ち上げたのが、まさに
その小泉総選挙の最中だったわけで。
 その後、安倍政権を迎えて、「何とかこのアブナイ流れを阻止
しなければ」という思いが強くなり。小泉選挙へのリベンジと
「政権交代」への願いも強まって。
 それで、あたかも「お百度まいり」をするような気持ちで、
「毎日、記事を更新しよう」とか決めてしまったことから、
ちょっと大変なことに。^^;

 もちろん、mewがブログを書いたからって、何がどうなるわけ
でもないとはわかっていたけど。でも、何か自分にできることを
やり続けたいな~と思ったのよね。(・・)
 それで、何だか忙しい時も、体調が悪い時も<時に周囲から
冷たい視線を浴びつつも>、途中からは、やや意地になって(?)
ともかく書き続けることにしたものだから、ますます「長かった~」
と感じてしまうところがあるのだ。(ーー゛)

 そうやっていた分、07年の参院選で安倍自民党が大敗した時には
めっちゃ嬉しかったんだけどね。でも、たぶん、遅くとも、08年中
には、衆院選も行なわれるだろうと思ったのが、甘かったというか。^^;
 何分にも、麻生くんが、ひたすら解散を先送りするから、記事更新
に追われる日も、予定より1年も延びちゃったんだもの~~~。(>_<)

 そのような個人的なこともあり~の。そして、自公政権が長々と
続く間に、国民の生活はどんどん厳しくなって行くだけだし。日本
の平和主義も、どんどん壊されて行くようになって、危機感やイラ
立ちが募るばかりで・・・。
 だから、尚更に、長く長く感じられた4年間だったのではないか
と思う。(**)

<そして、このようにブログを続けられたのも、一重に、いつも
読んで下さる方々、励ましの言葉やクリックを下さる方々、TBや
リンクでつながっているブログ仲間の方々のお陰ゆえ、本当に
心から感謝しているです!有難うございますm(__)m>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
 
 でも、その長い長い4年の間に、国民の多くが、自民党がどんな
にダメな政党になってしまったのかに気付いたり、色々な問題点を
認識したりする機会を得られたのは、幸いなことだったのかも
知れない。(・・)

 実のところ、国民はもう小泉政権の頃から、自民党がかつてほど
国民のことを考えて、国政を行なう政党でないことを認識しつつ
あったし。そして、少しずつ民主党に対して、政権を担える政党
として期待を抱き始めていたである。
 実際、03年の衆院選で民主党は177議席まで伸ばしていて、
04年の参院選では、自民党の当選者数を上回っていて。もし、
あの05年の郵政総選挙の驚くべき結果さえなければ、もうとっく
に政権交代していてもおかしくなかったのだ。(-"-)

 ただ、国民の多くは、すぐに自分たちの過ちに気付いた。さらに、
小泉改革によって格差が拡大して、国民生活がボロボロになったり、
年金記録の問題が出ているにもかかわらず、新憲法制定やら、教育
基本法改正やら、集団的自衛権やら、ボクの美しい国創りごっこに
興じている安倍政権に、07年の参院選で、はっきりと「NO!」
をつきつけたのだ。(・・)
 国民はは、民主党がアピールして来た「国民の生活が第一」の政治
を求めたのである。(**)

* * * * *

 でも、自民党は、折角、国民が反省&建て直しのチャンスを与えた
のに、自らの過ちに気付いたり、問題点を修正することが十分に
できないまま、その場しのぎばかりをして、さらに2年を過ごして
しまったのである。(-"-)
 
 国民はもう、この4年の間に小泉→安倍→福田→麻生氏と4人も
総理総裁をとっ替え引っ替えして来た自民党が、いかに「責任力」
がないかを知っている。
 党内がバラバラで、政策に一貫性がないことも。生活対策の多く
が、民主党の公約をパクったもので、相変わらず、「国民目線」や
「政策力」がないことにも気付いている。(・・)
 
 しかも、国民の多くは、今はまず生活対策を優先して、何か期待
の持てるような政策や未来への展望を示して欲しいのに、この政権
のかかった大事な選挙で、相変わらず、懲りずに「真の保守」が
どうの、「国旗がどうの」「日教組の教育がどうの」と必死で訴え
たり、なりふり構わず民主党へのネガティブ・キャンペーンを展開
している姿を見て、もう呆れるしかあるないだろう。(ーー゛) 

 それに公明党も、基本方針や政策がかなり合わないにも
かかわらず、ここまで自民党と連立を維持して来た罪は、かなり
重いのではないだろうか?(・・)

<何と今朝も、自民党は一部の新聞に、「日本を壊すな」という
一面広告を出して。(バックは日の丸を連想させるデザインで。)
また日教組や労組がどうの、偏った教育や政策がどうのと、ネガ
ティブ・キャンペーンを行なっていて。最後の最後まで、そういう
ことやるのかと、マジに哀しくなってしまったですぅ。_(_^_)_>

* * * * * 

 自民党は、「日本を考える夏にしてください」と、そして「政権
選択ではなく政策選択をして欲しい」と訴えていたけれど。
 この夏にじ~っくりと、政策を中心に考えてみても、やっぱり
「自民党より民主党に政権を託した方が、ずっといいのではないか」
と思う人の方が多かったとしても、全く不思議はない。(**)

<それに、自民党は、北朝鮮の脅威で国民の不安感を煽って、安保
防衛政策を売り物にしたいようだけど。平和主義&安保外交政策を
重視する立場のmewにしてみれば、政策的にも、民主党+αの方が
自民党より何倍も評価できるし。安心なのよね。"^_^">

 まあ、確かに民主党は政権を担当したことがない分、不安に思う
人もいるかも知れないけど。でも、自民党には、いくら政権を
担った実績があっても、国民に利益にならない政策ばかりやって
いるのでは、意味がないわけだし。もう今の自民党に期待できるもの
はないのである。(ーー゛)
 それに、この件については、また後日書きたいけど、国民が自分たち
の代表として、民主党+αをきちんと支えて行く姿勢があれば、初めて
の政権運営も、こなして行けるのではないだろうか?(**)
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 正直を言えば、もはやmewの関心事の大半は、果たしてどの
政党が何人とるのかということに加えて、政党にかかわらず、
果たしてmewが当選して欲しいと思う人、落選して欲しいと思う
人がどうなるのかということにあったりするのだが。<社民党、
共産党、新党日本の当選者も増えるといいな~。(・・)>
 
 ただ、先日、iiyumeさんと、つい「もし筑紫さんが、もう少し
長く生きていてくれたらな~」「政権交代が実現するところを
見て欲しかったよね~」という話をしていたのだが・・・。

 筑紫さんが亡くなった際にアップした、コチラの記事にも書いた
ように、mewは、筑紫哲也さんが久米宏さんと、05年の総選挙
の選挙特番で司会を務めた時に、小泉自民党があまりにも圧勝して
行くのを見て、本当に落胆した表情&姿であったのが、今でも
忘れられなくて。
 それで、次の総選挙の時に、もう一度、この2人に特番の司会を
してもらって、政権交代が実現する瞬間を報じて欲しいな~と思って
いたので、この日に、筑紫さんがこの世にいない&TVで見られない
ことが、本当に寂しくて、残念でならない。(-"-)
<筑紫さんは、きっと、どこかから、この歴史的瞬間を見て「日本も
やっと、ここまで来たか~」とつぶやいているだろうと思うけど。(・・)>

 それに、久米宏さんも、今回の総選挙で、特番の司会をする予定
はないようで、それもmew的には、め~っちゃ残念だ。(-"-)
<TBSは、久米さんのレギュラー番組を設けて、選挙特番で彼を
抑えようとしているのかと思ったのにな~。(でも、7月に打ち切っ
ちゃったし~。そう言えば、小宮の悦ちゃんも、テレ朝の特番に
出ないのね。^^;>

 何か、民放各局の特番の顔ぶれを見ても「何だかな~」という
感じで、その部分はチョット期待薄かも知れない。_(。。)_

<仕方ないから、今夜は、特定の候補者の選挙区をチェックしつつ
「○○、頑張れ~!」「XX、落ちろ~!」などと念を送って、
「よし、XXが落ちたぞ~」とか一喜一憂しながら、それをつまみ
に、ビール片手に選挙速報を楽しむ(?)ことにするかな~。(・・)>

* * * * *

 でも、筑紫さんも含めて、政界やマスコミ業界はもちろん、
これまで長い間、きっと色々な所で、色々な立場や形で、日本が
真の民主主義の国になるように、そして、いつか政権交代が実現
できる国になるようにと、努めて来た人がたくさんいるのでは
ないかと思われ・・・。それを思うと、感慨深くなってしまうところが
ある。(ノ_-。) 
 その皆の思いの集大成でもある「政権交代」という歴史的瞬間を、
そして、日本が「真の民主主義」として新たな一歩を踏み出す大事
な瞬間を、私たちは本当に大切に、心して迎えなくてはいけないな~
と思うし。そして、しっかりこの心とアタマに焼き付けておかなくては
と、改めて自分に言い聞かせたmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2009-08-30 10:57 | 09年衆院選 | Comments(4)

。・:*:・°'※ HAPPY NEW YEAR ※'°・:*:・。

 今年は、いよいよ、国民の手で政権交代が実現できる総選挙が
行なわれる、と~っても大事な年になるです。(・・)

 平和で平穏な国&生活を守るためにも、みんなで頑張って
行きましょう!o(^-^)o

 そして、今年もどうか、当ブログ&mewを、大きく温かい心で
よろしくお願いいたします。m(__)m

           2009年元旦 moo・・・・もとい mew

最新の記事一覧は、12月分・・・コチラ、11月分・・・コチラ
*印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。


 今年は、いよいよと言うより、むしろ、や~っと総選挙が行なわれる
&政権交代が実現するかもと思うと、ワクワク・ドキドキのmewなの
だけど。(#^^#)
 この話は、これから毎日のように書くことになると思うので、今回
はチョット横に置いておくとして・・・。

 やはり1年の初めに、mewが願うのは、まずは家族の健康と。(^^ゞ
そして、世界が平和であるように、また日本が平和主義を守り続け
られるようにということだ。(**)

<これを守り続けられるかどうかも、政権や政界再編の行方とも
大きく関わっていたりもするんだよね~。(・・)>

* * * * *

 そして、先に、毎年恒例となった(?)歌の紹介をするなら・・・。

 今年は、迷いに迷った末、去年NHKの「みんなの歌」で流れていた
「クリスタル・チルドレン」byクリスタルズを取り上げることにした。
(You Tubeの映像はコチラ。歌詞の全文は*1に)

<mew的には、できれば去年の紅白に出て、平和アピールのために歌って
欲しいと思っていたのだけど。CDがあまり売れなかったのか、候補
にもはいっていなかったかも。^^;>

 まさに今、イスラエルのパレスチナ自治区への攻撃&ハマスの抵抗
という憎しみの連鎖による報復合戦が続いている時なので、できること
なら、両者にきかせたいような歌なのだけど。
 その一部を抜粋してみると・・・。

『戦わなくっていいんだよ 好きになっちゃえばいいんだよ
顔も知らない同士、敵も味方もないでしょう?

仕返しなんていらないよ 誰も嬉しくならないよ
すっきりするのは一瞬だけ』

『BRAVE!
憎しみも涙に変えて 許せる勇気持って生まれてきたんだ』

『BRAVE!
怒りさえも歯をくいしばり 飲み込む勇気持って生まれてきたんだ』

* * * * *

 ね、子供向けなので、ちょっとクサイとこもあるけど、なかなか
イイ歌詞でしょ?(^^♪

 他の国が自分たちの思うようにならなかったり、過去にこだわって、
その憎しみや怒りを引きずったりする中で、すぐに相手を敵視して、
戦いを仕掛けるのは、決して英知のある人間として賢い行為でも、勇気
のある行為ではないのだ。(・・)

 憎しみや怒りの連鎖を断ち切って、相手を許し、戦わない道を選ぶ
ことこそ、真にBRAVEで、英知のある人間のとるべき行為なん
だよね。(**)

 そして、mewは、日本が憲法9条を守って、他国とは戦わない、他国
に武力行使をしないという道をまっとうしようとすることは、とても
英知と勇気のある、そして世界に誇れることだと、心からそう思って
いるのだ。(@_@。

<日本が、中国や韓国などに残る反日感情に対して、一部の超保守or
民族主義的な思想を持つ人のように、それに対抗意識を燃やすのでは
なくて、日々の外交や国民の交流の中で、それを融解させて行こうと
する姿勢を保つことも、この歌詞に共通するものがあるのではないか
と思ったりもする。(・・)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 ところで、昨年12月に『筑紫哲也さん、お別れの会』が都内の
ホテルで開かれて、各界から著名人が訪れていたのだけど・・・。

<田原総一郎氏や久米宏氏はもちろん。政治家では、福田康夫氏、
加藤紘一氏、鳩山由紀夫氏など。芸術・スポーツ界からは、小沢征爾
氏、中田英寿氏、草彅剛氏など、約500人が訪れたという。>

 プライベートでも交流があったという瀬戸内寂聴さんが、筑紫さん
と最期に食事(鴨鍋)に行った時の話をしていた。
「このまま行ったら日本はダメになる。憲法9条を守らなければ。
一緒に頑張ろうねと言ったのが、私には遺言になりました」と。

 先日、北野武氏が、TVで「ぼくは、平和主義、今の憲法を守る
方だ」と発言していたという話を書いたのだけど。<コチラ

 それこそ筑紫さんは、mewなんかよりも、ず~っと政治の世界に
近いところにいて、まさに「日本がアブナイ!」と思えるような
流れを、肌身でひしひし感じていたと思うし。
 何とかそのアブナイ流れを阻止しなければという強い思いを
抱いていたのではないかな~と察せられる。(・・)

* * * * *   

 mewは、いつも書くように、絶対護憲派の立場ではないのだけど。
憲法9条&平和主義に関しては、その精神を、しっかり守り続けて
行かなければならないと思っていることは、言うまでもない。(**)

<私は自衛隊の存在を肯定しているし。9条に軍隊として明記して
もいいとさえ思っているのだけど。
 ただ、その武力行使は、日本の領土の専守防衛に限るべきだと。
たとえ国際貢献のためであれ、武力行使は許すべきではないし。
また集団的自衛権の行使も認めるべきではないと考えている。(・・)>

 でも、日本の政府&主に自民党の保守タカ派勢力は、何とかして
この憲法9条を変えたい、また改憲前にでも、その解釈を変えたい、
そして自衛隊の軍事活動を少しでも拡大したいという思いでいっぱい
なのだ。(ーー;) 

 そして、mewは、もしかしたら今年は、日本の平和主義を守り通せる
かどうかの、大きな岐路の年になるのではないかと思っている。(-"-)
 
* * * * *

 mewがそう思うのは、一つには、彼らが目標通りに2011年まで
の憲法改正&日米軍一体化を実現しようとすれば、もう09年には
様々な動きを始めないと間に合わないということがある。
 
 もう基地移転や兵器の導入や、日常的な日米の合同訓練などの計画
はどんどん実行に移されているのだけど。(-"-)

 安倍政権が07~8年にやる予定だった海外派兵の恒久法制定
(武器使用権限の緩和+集団的自衛権の行使容認つき)や、本格的な
新憲法草案作り、改憲運動が、自民党の参院選大敗&安倍氏の首相
辞任した後、ほとんど進んでいないし。

<それこそ、mewは、もしかして、麻生首相が解散総選挙を先送り
している背景には、選挙情勢が不利なこともあることに加えて、
せめて超保守派の自分が首相であり、自民党が政権を握っている間に、
少しでも海外派兵や改憲の計画を進められないものかと考えている
こともあるのではないかと思ったりもしてしまうほどで。>

 もう一つは、もし麻生首相が強引に決めてしまったソマリア沖への
海上自衛隊派遣が本当に行なわれた場合、海自が他国の人に武器を
使用して、殺傷行為を行なう可能性があって。そうなると、日本は
ついにパンドラの箱を開けてしまうおそれがあるからだ。(`´)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 日本の自衛隊は、これまで何十年もの間、自国はもちろん、他国の
人を殺傷するどころが、一発も武器を使用したことはない。
 mewは、日本が平和主義を保ち続けて来た中で、それが、と~っても
重要な要素になっているのではないかと思うし。また、それは日本&
日本人にとって、誇るべきことなのではないかとも思うのだけど。

 でも、麻生内閣&仲間たちは、恐るべき悪知恵を働かせて、ソマリア
沖の海賊退治は、「海上警備活動」として行なうので、憲法9条とは
関係なく、武器使用も一定要件さえ満たせばOKという形で、海自を
送り出す方針でいる。<コチラコチラの記事など参照>

 でも、mewは、たとえ国際貢献のため、自国の船籍の船を守るためだ
としても、また正当防衛の要件が満たされたとしても、日本の自衛隊が、
一発でも他国の人を攻撃したり、ましてや殺傷したりしたら、もう
終わりなのではないかと思う部分がある。(-"-)

 それは、いわばパンドラの箱が開けてしまうようなもので、そこ
からは、ほとんど歯止めがかからなくなってしまうおそれがあるの
ではないかと。下手すれば、堰を切ったかのように、どんどんコトが
進んでしまうおそれさえあるのではないかと思うのだ。(ーー;) 

<仮に法的に見て、相手が悪かったとしても、もし誰かを殺傷したら、
その国の人たちや家族は、日本の軍隊に同胞や親が殺傷されたと思い、
そこから、小さな憎しみの連鎖の萌芽が生まれる可能性だってある
んだしね。(-_-)>

* * * * *

 だから、mewは何とかその最初の一発を防がなければならないと
思うし。
 そのためには、安易に武器使用を行なう可能性&必要性のある
ような場に自衛隊を派遣すべきではないと、強く強く訴えたいので
ある。(**)

<つい、筑紫哲也さんが「NEWS23」を続けていれば、きっとこの件の
問題性を、もっと取り上げてくれたに違いないのにと思ってしまったり
もして・・・。(-"-)>

 まあ、これらのアブナイ動きを防ぐためにも、早く政権交代&政界
再編を進めたいと思う部分もあるのだけど。
 
 同時に、mewは、日本の国民が、自衛隊が海外で武器使用を要する
ような活動をしないことを、決して恥ではなく、むしろ誇りに思って
欲しいと願っているし。
 それこそ、憲法9条の平和主義&非武力行使の姿勢は、戦後の日本
が築いて来たアイデンティティだと言ってもいいとさえ思うところも
あるわけで。(・・)

 そして、どうか、これからも「日本には憲法9条があるので、自衛隊
は武器使用を伴うような活動はできません」と、勇気と誇りを持って、
堂々と胸を張って言えるような国&国民でありたいと切に願うmewなの
だった。(@@。

                  THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


More
[PR]
by mew-run7 | 2009-01-01 09:12 | 平和、戦争、自衛隊

 最新の記事は、11月分・・・コチラ、10月分・・・コチラ 

 筑紫哲也氏が亡くなった。73歳だった。exciteコチラ

 昨夜遅く帰宅して、そのことを知り、心の中にボカ~ンと穴があいて
しまったような、大きなショックを受けているのだが・・・。
 本当に、心からのご冥福をお祈りしたい。

 そして、先に書くなら、コチラに08年8月に始まったばかりの
「WEB多事総論」というサイトがある。
 NEWS23のスタッフ有志が集って、筑紫哲也氏や仲間の言論人たち
がゆっくりと&しっかりと大事なメッセージを発信するために設けられた
サイトだ。<何かこうなってみれば、スタッフが筑紫氏を励まそうと
して作ったサイトなのかな~と思ったりもしてしまうとこがある。次回の
更新は11月14日が予定されていたのだが・・・。>

 mewもまだ全て見切れていないのだけど。筑紫氏の長編バージョンの
多事総論や鳥越俊太郎氏との間で交わした往復書簡などもあるので、
関心のある方は、是非、ご覧頂きたい。m(__)m

* * * * * 

 何だか本当に、ショックというか、ある種の喪失感が大きくて。
色々な場面や思いがアタマの中で渦巻いてしまい、何をどこから書いて
いいのかわからないような感じで・・・。(-"-)

 まさに日本が大きな岐路を迎えている重大な時期を迎えている時に、
筑紫哲也氏のような存在を失ったことは、本当に本当に残念で。率直
に言えば、かなり痛いことだし。
 彼の存在の埋められる人は、なかなかいないと思うと、尚更に色々
な意味でつらく哀しく思えるし。彼自身も無念に思える部分があるの
ではないかと思えるのだけど。
 
 もしmewが、彼のことを思って、何かできることがあるとすれば、
こんな微小なブログではあるけれど、時の権力や社会に関して、
おかしいと思うこと、問題があると思うことを、mewなりに書き続ける
ことかな~と思ったりもするし。
 また、筑紫氏同様に、報道メディアの役割や使命を本当にわかって、
一生懸命に頑張っている人たちを、応援して行くことかな~と思ったり
もしている。(**)

 でも、きっと大丈夫。筑紫氏には、多くの仲間や共感してくれる
マスコミ関係者や言論人がいると思うから。
 きっと彼らは、筑紫氏の死を知って、自分たちがどのような仕事を
すべきなのか、どのような使命を果たすべきなのか、改めて確認して、
それを成し遂げようという意を強くしているはずだ。(・・)

 そういう人たちが、頑張ってくれれば、きっと日本は救われる。
妙なアブナイ流れを阻止して、本当の民主主義の国になれるように、
前進して行くことができる・・・。
 今、心から強くそう願い、そうなることを信じたいと思っている
mewなのである。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 実は、昨夜、筑紫氏の逝去のニュースを見た瞬間、mewが真っ先に
思ったのは、「筑紫さん、何で、もうチョット頑張ってくれなかった
のよ~」と。「日本で選挙による政権交代が実現する場面を、筑紫
さんに見て欲しかったのに~」ということだった。

 きっと筑紫氏も、それをとても楽しみにしていたに違いないと思う
し。それに、彼がTVのニュースキャスターに転身して、それを18年
も続けて来た大きな目的の一つには、そのこともあったに違いないと
思うところがあるからだ。

<亡くなる前の病状がわからないけれど。もし亡くなる前に、米大統領
選でオバマ氏の勝利を見ることができたとしたら、せめてもの救いかも
知れないと思ったりもする。>

* * * * *

 私が何で、真っ先にそんなことを思ったかというと・・・。

 この10月から久米宏さんが毎日放送系(関東はTBS系)で
「テレビってヤツは!?」という新番組を始めたのだが。<HPはコチラ
 実は、つい2日前、その番組を見ながら、ふと「次の衆院選の時は、
TBSの選挙特番で、また久米宏と筑紫哲也が2人並んで、メイン・
キャスターかゲストをやってくれるといいな~」と。そして、「2人で
政権交代を報じられればいいのにな~」と思ったばかりだったからだ。
 
 というのも、あの05年9月11日の小泉郵政総選挙の日、TBS
では、この2人が「乱!総選挙2005」という選挙特番のキャスター
を務めていて。小泉自民党のあまりの圧勝ぶりに、2人があきれ果てて
いた姿が、心の中に強く残っていたからである。
コチラのブログにその特番の時の2人写の真が。>

 実は、久米宏氏の方は、何かもうある意味では逆ギレ状態というか。
いつもより高いテンションで、早口になっている感じで、マシンガン・
トークが炸裂。政治家や評論家などに対して、やや皮肉がかった質問
をバシバシとぶつけているところがあったのだが。

 筑紫哲也氏の方は、本当は彼がメイン司会であったにもかかわらず、
落胆の色は隠せず、クチも重くなりがちな感じがあった。(-"-)

 で、その様子を見ていた私は、勝手ながら、この2人は「自分たちは
一体、何のために、これまで一生懸命に報道番組に携わって来たのか」
とガ~ッカリした部分があったのではないかと察したりもして。
 また、mewと同じように、彼らは「もう当分、日本に真の民主主義が
訪れることなんて期待できないのではないか」と。「それこそ政権交代
なんて、もう夢のまた夢かも知れない」と感じたところもあったのでは
ないかと思ったのであった。(**)

 そのような記憶があったので、私は、次の衆院選では、筑紫氏も
病状が回復して、是非、もう一度、2人そろって選挙特番をやって
くれるといいな~と。そして、できるなら2人の目の前で政権交代が
実現する瞬間を見せて欲しいと。
 そして、筑紫氏も久米氏もmewも含めて、あの選挙で大きな失望感を
覚えた人たちが、みんなで一緒に、あの時の無念さを晴らしたいと。
で、日本の民主主義が新たな大きな一歩を踏み出したことを実感して
欲しいと、願う気持ちがあったのだ。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 一緒に無念さを晴らしたいと言っても、mewは筑紫氏も、久米氏も
個人的に知っているわけではないのだけど・・・。^^;

 でも、つい「一緒に」と言いたくなるぐらい、筑紫も久米氏も
私にとっては、馴染み深い人で。
 特に、私が政治や社会のことに、どんどん関心が深まって行く
過程で、彼らは、ある意味で、不可欠とも言える存在だっただけに。
勝手に、彼らのヨコをついて歩いて来たような感じさえ抱いている
ところがあるのだった。(・・)

<ちなみに、この2人のほかに、TVに出ているキャスターやジャー
ナリスト系の人の中では、田原総一郎氏はもちろん(?)、小西克哉氏
大橋巨泉氏、鳥越俊太郎氏、二木啓孝氏の視点などにも関心がある。>

 かつては、家にいて、他に特に見るものがない時には、22時から
「ニュース・ステーション」を、23時からは「NEWS23」を
ハシゴするのが、ルーティーン(日常お決まり)みたいになっていて。
 特に大きなor関心のある出来事があった日には、彼らそれをどのよう
に報じようとするのか、何をどう言うのか、本当に興味深く、楽しみに
して、見ているところがあった。<何かあった時、あの人がどう言うか
聞きたいって、思えるようなキャスターやコメンテーターって、そんな
にいるもんじゃないんしね~。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 この2人については、色々書きたいことがあるのだが・・・。

 でも、一番言いたいことは・・・、田原氏なども含め、彼らはそれ
ぞれに辿って来た道がかなり違うし、考え方も必ずしも同じというわけ
ではないのだけど。
 彼らに共通していたのは、何より国民主権&民主主義というものを
強く意識して、それに寄与するために、メディアの果たすべき使命や
役割というものをきちんと認識して、それを自分たちのやり方で具現化
しようとしていたことなのではないかと思ったりする。

 このブログでも度々書いているように、民主主義の成熟ということ
を考えれば、マスコミが、特に報道メディアが為すべきなのは、時の
政治権力(政権や政府)がやろうとしていることを、しっかりウォッチ
して、それをわかりやすく、より多くの国民に伝えると共に、メディア
と国民が一体となって、権力者たちが、恣意的にor好き勝手に自分の
都合のいいように国政運営を行なうのを防止することにある。(**)

 それは、今の憲法の下では、ある意味で当たり前のことなのだが。
<だからこそ、報道機関は、憲法21条の下に報道や取材の自由も
認められているのだけど。> 実際のところ、それを行なうのは、
なかなか難しいところがある。
<TV局としては、スポンサーの問題もあるし。個人としては、生活
の問題もあるし。権力に逆らうよりは、長いものに巻かれた方が、
得な部分が多いので。>

* * * * *

 でも、85年に「ニュースステーション」を始めた久米宏氏や、
89年に「NEWS23」を始めた筑紫哲也氏は、まさに政治の権力
をウォッチして、時にそれと戦うこともいとわない姿勢を示し続けた
のである。(・・)
<逆に言えば、彼らはそのために、ニュースキャスターなる仕事を
引き受けたとも言えるかも知れないし。民主主義のあり方に関して、
啓蒙的な役割を果たしたいという思いもあったかも知れない。>

 私は、この二つの番組が、またこの2人のキャスターがそれ相当
の視聴者の支持を得ていたのは、彼らのそのような姿勢に共感する
人が少なくなかったのではないかと思う。(**)

<おそらく、mew同様に、この2つの番組をハシゴする人も少なく
なかっただろうし。特に、何か大きな出来事があった時には、この
2人が、それをどのように伝えるか、それに関してどのようなことを
言うか、興味深く思って、ハシゴした人も、かなりいたのではない
だろうか?(・・)>

 ただ、その姿勢を貫くのは、様々な面で、本当に大変なことだった
と思うし。特にもともとTV媒体の出身ではなく、久米氏よりも、
ジャーナりスト的な精神の強かった筑紫哲也氏にとっては、ストレス
が貯まることが多かったのではないかと察する。

 筑紫氏は、以前はタバコを1日に3箱も吸うヘビー・スモーカーで、
それが肺がんの要因にもなったと言われているのだが。本人は、インタ
ビューで、それよりもストレスの方が大きな要因ではないかと語って
いることがあった。

 どちらが問題だったのかはさておき<両方ともよくなかったのでは
ないかと思うけど^^;>。彼には権力と戦いながら自己の主張を
通そうとする上で、またTVというメディアの特質や国民との関わり
などの面で、まさにストレスが高じることが少なくなかったであろう
ことは事実だっただろう。
 
 それは、一視聴者である私にも感じられるものがあって・・・。
 だからこそ、その長きにわたる戦いや努力、そして積もり積もった
ストレスに報いるためにも、筑紫氏が願った民主主義の成熟を具現化
する一つの形として、政権交代の実現という日本の民主主義にとって
新たな&大きな一歩を、是非、本人にその目で見せることができれば
と願っていたmewなのだった。(@@。


    <つづく>           THANKS


 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


                           
[PR]
by mew-run7 | 2008-11-08 08:59 | 政治・社会一般