日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

タグ:籾井勝人 ( 16 ) タグの人気記事

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 安倍首相が、自分と考えが合うという点を重視して、様々な職に任命した人たちや首相と考えが合う人たちには、何故だか懲りない&困った人たちが多い。(~_~;)

 今週23日には、萩生田総裁特別補佐が、TV番組で、河野談話に代わる新しい談話を発表する可能性を示唆して、大問題に。(@@)
<関連記事・『安倍側近の発言で、日米韓会談が険悪化&外交がさらに悪化するおそれ』『歴史修正主義の安倍に、冷たい反応』> 

 菅官房長官は、「萩生田氏の個人的見解だ」として、火消しに務めているものの、その余波が続いている。(~_~;)

『安倍総理に近い自民党の萩生田総裁特別補佐は、23日、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野談話の検証結果を受けて新たな政治談話を発表する可能性に言及していました。これについて、公明党の山口代表は会見で・・・。
 「“ひいきの引き倒し”になるような言動は厳に慎むべきである」(公明党・山口那津男代表)
 山口代表は、衛藤総理補佐官が靖国神社参拝をめぐってアメリカ政府を批判した経緯を指摘したうえで、萩生田氏の発言について「政府を支える与党の一員として反省すべきことだ」と述べ、厳しく批判しました。

 また、韓国を訪問していた日韓議員連盟の幹事長である自民党の河村選対委員長は、韓国政界関係者から萩生田氏の発言について「朴槿恵(パク・クネ)大統領が非常に気にしている」と伝えられたことを明らかにしました。
 安倍政権は「新たな政治談話を出すことはない」と日米韓の首脳会談に影響が及ばないよう火消しに務めていますが、総理官邸関係者からも「総理の側近がよけいなことを言わなければいいのに」と懸念する声があがっています。(TBS14年3月25日)』

* * * * *

 安倍首相は、オランダ時間の25日に、日米韓の三国首脳会談を行なう予定なのだけど。
 昨日の昼前(オランダの24日夜)、韓国の朴大統領が体調不良のため、オランダ国王主催の晩餐会を欠席したというニュースが出て、一瞬、ギョッとさせられることに。 (・o・)

 もし体調が回復しなければ、日米韓首脳会談も欠席することになるのか・・・。もしかして萩生田発言が、体調に影響しちゃったのだろうか(意味、わかってね)とか懸念していたのだけど。<たぶんmew以上に、安倍首相&周辺は、ビクビクしていたことだろうけど。(~_~;)>
 どうやら現地25日の朝からは、しっかりと日程をこなしており、日米韓会談も予定通りに行なわれるようだ。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 また、昨日は、失言では常連組(昨年「ナチス発言」で物議をかもしたばかりの)麻生副総理が、また問題視されるような発言を行なったという。^^;

『麻生太郎副総理兼財務相は25日の記者会見で、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島編入について「(9世紀に成立した)キエフ公国がロシアのもとだ。(ウクライナの首都)キエフがクリミア半島とわかれてヨーロッパに行ってしまうみたいな話は、ロシアとしては、日本でいえば宮崎県が独立して、(古事記で神々が住んでいたとされる)高天原がいなくなるみたいな話なのではないか」と述べた。
 主要7カ国(G7)がオランダ・ハーグでの緊急首脳会議で「ロシアの違法な試みを承認しない」と宣言した直後に、ロシアを擁護したとも受け取られかねず、批判を招く可能性がある。
 麻生氏は「黒海艦隊の租借を考えたらクリミアは絶対だろうが、キエフもけっこう絶対なのではないか」とも指摘。そのうえで「簡単に話し合いがつくようには思えない。しばらく時間はかかる」と語った。

 菅義偉官房長官は25日の会見で、「副総理はウクライナ問題の難しさを表現したと理解している」と語った。(毎日新聞14年3月26日)』

<『ナチス・ドイツが1938年、ドイツ人も多く住むとの理由でチェコスロバキア(当時)のズデーテン地方を併合したことを例に挙げ、「わが国民の保護という話は、ドイツがかつてズデーテン地方の割譲を求めたことに似た話だと欧州の人は思うだろう」と欧州側への理解も示し、ウクライナ問題の解決には時間がかかるとの見方を示した。ドイツは当時、チェコを除いた英仏独伊で4カ国会談を開き、ズデーテン地方の割譲を認めさせた経緯がある。(朝日新聞14年3月25日)』

* * * * *

 麻生副総理は、おそらくウクライナ情勢や自分の世界史に関する知識や見解を示す(ひけらかす)つもりだっただけで。他意はなかったのかも知れないのだけど。<ただ、宮崎の高天原を引き合いに出したのは、キエフ&ロシアの事例とは適合していないんじゃないかと思うんだけどね。^^;>

 安倍首相は、欧米とロシアの板ばさみになっていたものの、ロシアのクリミア編入を機に、欧米側に軸足を移すことを決意して。昨日は、オランダでG7の会合に参加して、他国に歩調を合わせてロシアを批判すると共に、ソチG8サミットに参加せず、ロシアをG8から外すことに賛同したばかり。^^;

 もし麻生氏が、安倍内閣や日本政府とは関わりのない第三者的立場にあるならまだしも、今は日本の副総理という政府の中枢の立場にあるわけで。
 ロシアを批判している安倍内閣の副総理が、ロシアのウクライナへの介入やクリミア編入には止むを得ない事情があると理解を示すかのような発言を行なったり、ロシアが今後、ウクライナの首都にまで力を及ぼすかのような見解を示したりすることには、やはり問題があると言わざるを得ないだろう。(~_~;)

 たぶん麻生氏のようなタイプの人は、TPOにも配慮しつつ、何をどこまで言っていいのか悪いのかを判断する感覚が、常人とはズレているのではないかと。そして、もうあの年齢になったら、それを修正することも困難かも知れないと思ったりもするのだけど。^^;
 いまや安倍首相&周辺の言動には、国内のメディア以上に、中韓や欧米のメディアが注目しているだけに、このような発言は対外的な面でも、安倍首相の足を引っ張るおそれが十分にある。(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、安倍首相が、集団的自衛権の解釈改憲を行なうために、わざわざ外部からスカウトして来た小松内閣法制局長官も、昨日、また国会でプチ問題を起こしたらしい。(~_~;)

『内閣法制局の小松一郎長官は25日の参院外交防衛委員会で、議場に持ち込むことが禁じられている携帯電話のメール画面を見ながら答弁した。
 質疑は一時中断し、小松氏は直後に答弁を撤回した。

 民主党の白真勲参院議員が、政府の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」をめぐり、横畠裕介内閣法制次長が発言したことがあるかどうかを質問。小松氏は部下から携帯電話を受け取り、「質問を受けたこともなく、答えたこともない」と読み上げた。
 与党筆頭理事の佐藤正久自民党参院議員が注意し、小松氏は「携帯を議場に持ち込んだのは国会のルールに反し、大変重大な誤りだった」と陳謝した。(読売新聞14年3月25日)』

<小松氏は、白氏の質問に対し、一度は「調べる」として回答を保留したのだが。『近くに座っていた部下から携帯電話を受け取り「質疑の中継を次長が見ていて、連絡が私の同伴してきた者に入った」と説明。「質問を受けたこともなく答えたこともない」と画面を読み上げた』らしい。(朝日3.25)>

* * * * * 

 小松氏は昨夏、安倍首相の要望に応じて、内閣法制局長官に就任したものの、今年1~2月には腹腔部の腫瘍治療のために入院し、2月末に退院して公務に復帰したのだが。<自らの手で解釈改憲を成し遂げたいと、首相に直訴したとか。>
 しかし、その後、国会での重要な答弁を含め、あまりにも問題のある言動が続いているため、野党からだけでなく、自公与党からも批判や辞任要求が続出しているような状況にある。(~_~;)

<国会答弁で、安倍首相の考える解釈改憲の計画を勝手に暴露。(しかも、その計画は自民党の公約に反するものだったりして。)質問に関係のないことも含め、長々として答弁を繰り返す。答弁の中で、個人的な反論を行なう。国会廊下+αで野党議員と激しく口論する・・・などなどの問題ある言動のため、国会の理事会や官邸、自民党などから注意を受け、アチコチで釈明や謝罪をしまくっているような状況なのよね。^^;
(関連記事・『小松長官が安倍のアキレス腱に~安倍のたくらみ暴露&問題答弁に与野党から批判』『小松長官の更迭要求が強まる~法制局長官の資質、見識なし&国会や国民にもマイナス』)>

* * * * *

 安倍首相が強引に解釈改憲を実現しようとしている中、内閣法制局は憲法解釈を行なうに当たって、重大な役割を担っているだけに、(上のリンク記事に書いたのだが)mewは、小松長官のように、憲法や関連事項の知識が乏しい上、公務員として非常識、不見識な言動を行なう人には、法制局のTOPを務める資質がないと思うし。

 しかも、小松氏は、退院後は週に1回、抗がん治療のため通院しているとのことなのだが。産経新聞のコチラの写真を見てもわかるように、退院後もどんどんと痩せていて。決して体調がいいようには思えず。(-"-)

 日本の国や国民のためにも、自分の病気の治療効果を上げるためにも、不慣れで心身の負担の大きい法制局長官の職務は離れた方がいいと、マジで提言したいmewなのであった。(・・)

* * * * * 

 ところで、今、国会ではNHKの予算に関する総務委員会が開かれているのだが。NHKの籾井会長も相変わらずだ。(>_<)

 籾井会長は、衆参の予算委員会の時から、連日のように辞任を要求されているのだが。ひたすら「会長職を全うしたい」の一点張りで、全く辞める気はない様子。

 また、先月には、籾井会長が、就任時に10人の理事全員に辞表を提出させて、キープしていることが発覚して。民主党をはじめ野党議員は、予算委員会の時から連日のように、この行為を「人事への強権支配だ」、「放送法に反する」などと指摘して、理事に辞表を返還するように求めているのだけど。

 籾井会長は、「辞表を書いた理事一人ひとりの真摯な気持ちを考えると、返すというわけにはいかない」「人事権の乱用しない」というお決まりのフレーズを繰り返して、あくまでも辞表の返却を拒否し続けているのである。(-_-;)
 しかも、籾井会長は、NHKの理事の任期を2年から1年に変えることまで提案したという。^^;

<籾井氏は、辞表を預かるのは「よくあることだ」と主張していたものの、自分は民間企業に勤めていた時にやったことはないし。経済団体や大企業のTOPも、そんな話はきいたことがないと言うし。もしかして籾井くんは、誰かに、理事の辞表を集めるようにと指示されて行なった&その人の意向に背くことができないので、辞表を返却できないのかも・・・とか邪推したくもなったりして。^^;
 ちなみに、NHKの理事は、同局でずっと勤務して来た各局の局長の人がなっているので、その中には会長に従順ではない厄介な人がいるかも知れず。また、理事を上から抑えることで、実質的に各局の職員も抑えることになるんだよね。(~_~;)>

* * * * *

 そして、籾井会長が反省のかけらもないような答弁を続けていることもあって、25日には、民主党や維新の会は、NHKの予算に反対することに決めたという。

『NHKの予算は与野党の全会一致で承認するのが慣例だが、06年度予算案以来、8年ぶりに慣例が崩れる。野党第1党が反対するのは05年度予算案以来だ』という。(毎日新聞14年3月25日)

* * * * *

『籾井氏は1月25日の会長就任記者会見で「(慰安婦の)問題はどこの国にもあった」「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」などと発言し、民主など野党側は籾井氏の辞任を要求。(中略)
 民主党は25日、反対の方針を決めた。桜井充政調会長は記者会見で「籾井氏が会長である限り、受信料の不払いがかなり増えて今のような予算は組めないだろう。籾井氏が辞めないのであれば反対するのは当然だ」と語った。
 維新も総務会で、籾井会長の言動で受信料の徴収が落ちているとして反対を決めた。社民党も反対の方針を固めた。みんなの党は賛成する。(同上)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、維新の会の場合は、民主党や社民、共産党などとは、NHKの予算に反対する理由が異なる部分があるようだ。(**)

『日本維新の会は25日の総務会で、NHKの2014年度予算案に反対することを正式に決めた。NHK予算案は与野党の全会一致での賛成による可決が慣例だが、慰安婦問題をめぐる籾井勝人会長の問題発言の影響から、野党側に反対論が強まっていた。

 松野頼久・国会議員団幹事長は総務会後の記者会見で「籾井会長の言動により受信料の徴収が落ちていることなどから反対を決めた」と語った。

 維新は18日の政調部会でも「番組が偏向報道だ」「韓国ドラマを流しすぎだ」などの意見が出て、出席者20人のうち18人がNHK予算案に反対していた。(朝日新聞14年3月25日)』

 同じ維新の会の議員でも、籾井会長の偏向した言動を問題視している人もいるのだが。
 他方、太陽族を中心とした超保守議員の多くは、(安倍氏率いる自民党の超保守仲間と共に)かねてよりNHKの番組は、左側に偏向していると批判し続けているのが実情なのだ。(~_~;)

<反戦的な傾向があるとか、慰安婦を含む歴史認識や中国や韓国の取り上げ方に問題があるとか、最近では、原発問題の取り上げ方が脱原発を促しているように見えるとかね。^^;>

* * * * *

 昨日の衆院総務会でも、維新の中田宏氏が韓国ドラマに関して問題視していたのだけど。
 彼らは、NHKが03年に「冬のソナタ」を放映し始めたことが、韓流ブームの火付け役になったと考えているようで。今でも韓国のドラマや音楽を放映しているNHKに不快感を抱いている様子。
 
 さらに維新の三宅博氏は、「籾井会長の就任会見の発言には、問題はない」「安倍首相は、
NHKに新しい風を吹かすために、籾井会長や百田尚樹、長谷川三千子経営委員を指名した」「何故、理事から預かった辞表を執行しなかった(辞任させなかった)のか。残念だ」などと主張。 (゚Д゚)

 また、自分が問題があると感じた過去の番組のことをアレコレと持ち出して、「NHKのスタッフが、反日集団と組んで、問題のある番組を作っている」と批判。後半は「反日」「サヨク」の言葉を乱発して、まるでネトウヨ・ブログのように言いたい放題の質問(というか主張)を国会で行なっていたです。(>_<)

<籾井会長も、チョット嬉しそうな表情を浮かべながら、三宅氏の言葉に頷いちゃったりして。(~_~;)
 おそらく籾井会長の周囲やバックには、三宅氏のように激励してくれる超保守派の人がたくさんいるので、籾井氏も「自分は本当は悪くないのだ」と開き直って、会長続投の意思を示すことができるのだろう。(-"-)>

 NHKの籾井会長や百田&長谷川経営委員の問題発言に関しては、多くの視聴者からクレームの電話が続いており、受信料の不払いも増加しているようなのだけど。

 でも、野党や視聴者がいくら籾井会長らのことを問題視しようとも、衆参で多数を占める自公与党は、そんなことはお構いなしに、今週中にNHKの予算を承認する予定であるとのこと。

 そして、予算さえ通ってしまえばこっちのものゆえ、安倍首相&超保守仲間たちは、ここから(籾井会長らを通じて?)本格的にNHK支配を進めるのではないかと危惧しているmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~    

 最後に、今日26日に、安倍首相が手を結ぼうとしている、みんなの党の渡辺代表の金銭スキャンダルが、週刊誌に報じられるという。

『化粧品販売会社ディーエイチシー(東京)の吉田嘉明会長がみんなの党の渡辺喜美代表に選挙資金として計8億円を貸し付け、約5億4900万円が未返済だとする手記が、26日発売の週刊新潮に掲載されることが25日、分かった。
 昨年5月に公開された渡辺代表の資産報告書には、借入金は2億5000万円と記載されている。

 手記によると、渡辺代表から依頼を受けて2010年の参院選前に3億円、12年の衆院選前に5億円を渡辺代表の個人口座に振り込んだとしている。うち2億5000万円余りは既に返済されたという。
 渡辺代表の事務所関係者は取材に「個人の名義で借りた。利子は払っており、問題ない」と説明した。(産経新聞14年3月25日)』(関連記事*1)

* * * * *

 DHCの社長が、何故、週刊誌にこのような手記を寄せたのかは、「???」なのだけど。^^;

<渡辺氏が、借入金の利子や返済をきちんと行なっていなかったとか。政党の運営方針に対する考え方に違いが生じて、返済を求めたけど拒否されたとか。何かをきっかけに、渡辺代表に怒りを覚えてorどこかからの要請で、渡辺氏を潰しにかかろうと思ったとか、邪推し始めるとキリがないですぅ。(@@)
 あ、渡辺氏は、この件も含め金銭問題でトラぶっていたから、安倍自民党にくっついて難を逃れようとした・・・な~んて邪推もできるよね。(~_~;)>

 今後の展開次第では、みんなの党の存亡に関わる事件になるおそれも。
 また、集団的自衛権の行使や改憲で、みんなの党の協力を期待していた安倍首相にも、痛手になるかも知れないな~と思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                          THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-26 06:47 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 

 昨日、参院本会議で2014年度の予算が可決&成立した。(・・)
 この財政難の中、一般会計総額が過去最大の95兆8823億円に。でも、戦後史上3番目の早さでの予算成立となった。(~_~;)

 昨年、衆参のねじれ状態が解消した上、中小野党が乱立していることから、自民党一強の時代に突入。
 おまけに中小野党の中には、自民党とほとんど考えが変わらぬ保守or新自由主義の政党が複数あるため、与野党の対決ムードにもならず。
 また、安倍自民党は、過去の自民党政権に比べて、自分の仲間だと思っている政党(自民党に擦り寄る「ゆ党」)を除き、野党の意見にほとんど配慮しないところがあって。それゆえ、国会も完全に安倍内閣&自民党ペースで運営されており、まさに「やりたい放題」のスピード審議になったように思える。(-"-)

 それもあってか、野党もメディアの突っ込みもイマイチで。政府与党の「公共事業ありき」「法人、金持ち優遇」「一般国民の社会保障は軽視」などなどの予算や諸策の問題は、ほとんどクローズアップされないまま終わってしまったような感じがある。(-_-;)

* * * * *

 安倍首相は、昨夜、予算成立を受けて、記者会見を行なったのだけど・・・。
 しかも、冒頭に「与党だけでなく、効率的で密度の濃い国会審議に御協力をいただいた野党の皆様にも感謝申し上げたい」と、野党の協力にお礼を述べていたりして。(@@)<野党から見れば、ある意味では、情けないことだよね~!(>_<)>
 
 「戦後3番目に早いスピードでの成立」をしっかりとアピールした後、「私は、かねてから、強い日本をつくるのは、他の誰でもない、私たち自身であると申し上げてまいりました。15年以上続いたデフレからの脱却は、国家的な事業。与党も野党もありません。その意味で、今回の予算の早期成立は、国権の最高機関である国会としてのデフレ脱却に向けた強い意志を内外に示していただいたものと考えております』と、自慢げに語っていたです。^^;

<デフレ脱却しても、物価も上がって、消費税も上がって、収入が増えない、社会保障は減っちゃう国民の立場はどうなるのか? 国民はそのことに、いつ気づくのかな~?(-_-;)>

 それに、安倍官邸の経済ブレーン・本田も語っていたように、安倍首相の「強い日本を作る」という言葉には、経済の強化によって、軍事力も強化して行くという意図があるわけで。<安倍くんにとっては、それこそ与ゆ党で実現したい国家事業なんだよね。(-"-)>

 昨日は、多くのメディアが「後半国会の焦点は、集団的自衛権の解釈改憲」だと報じていたのだけど。 
 安倍首相としては、「予算さえ成立してしまえばこっちのもの」ゆえ、ここからは、さらに安倍カラー政策(解釈改憲、軍事増強、教育改悪など)に力を入れて行くつもりでいることは間違いないだろう。(-"-) 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 集団的自衛権の解釈改憲については、今後もこのブログのメイン・テーマとして扱って行く予定なので、今回は、少し触れるだけにしたいのだが・・・。

 安倍首相は昨日の会見で、集団的自衛権の行使&解釈改憲について「いつまでに、との期限ありきではなくて、まずは懇談会における議論を待ちたい」と。「政府としては懇談会から報告書が提出をされた後に、内閣法制局の意見も踏まえつつ、そして与党と相談の上対応を検討した後、閣議決定を行い、国会で御議論をいただきたいと考えています」と答えた。
 
 この発言によれば、懇談会の報告書を受けた後、自公与党とだけ相談した上で、閣議決定を決行することになるわけで。これでは閣議決定の前に、報告書や解釈改憲の内容を踏まえて、国会で議論をすることができないことになる。 (゚Д゚)

 実は、mewは、安倍首相が、今月5日に行なった答弁も引っかかる部分があった。^^;

『安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、政府の有識者会議が検討している集団的自衛権行使を可能にする憲法解釈変更に関し「国会開会中であれば、(有識者会議の)結論について説明ができるし、閉会中の審査も可能だ」と述べ、状況によっては閉会中審査にも応じる構えを示した。「閣議決定するまでは、われわれがどう解釈するかは、検討中だとしか言えない」とも語った。(時事通信14年3月5日)』 

 「閣議決定するまでは、われわれがどう解釈するかは、検討中だとしか言えない」ということは、やはり、閣議決定をするまで、解釈改憲の内容を明かす気はないということだ。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 安倍首相&自民党幹部は、自公与党内から慎重論や丁寧な議論を求める声が相次いでいることもあって、通常国会中に解釈改憲を実現することにはこだわらない意向を示すようになっている。
 また、通常国会終了後に解釈改憲を行なう場合には、閉会中審査を開いてもいいと言っているのだけど・・・。

 いずれにしても、事前に解釈改憲の内容を明かした上で、その内容について国会でしっかり審議しなければ、実効性が乏しいように思うのだ。(-"-)
<とりあえず「ちゃんと、国会で議論しましたよ~」という形作りに使われるだけだもんね。^^;>
 それに7~8月に閉会中審査を行なった方が、国会が紛糾して、他の法案の審議に影響を与えたり、メディアに騒がれたりすることなく、自分たちのペースでコトを運びやすくなる部分があるわけで。

 mewは、この安倍内閣の解釈改憲のスケジュール&やり方には、大きな問題があると思うし。
 まともな野党はもちろん、良識ある与党議員やメディア、そして国民は、早い段階で、この点を重大な問題として取り上げ、修正させるべきなのではないかと考えている。(・・)   
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~
 
 ところで、今国会で、印象に残ったことの一つに、NHKの籾井会長や安倍仲間の経営委員の言動の問題が、何度も取り上げられていたことがある。(・・)

 mewは、以前から、安倍前政権の頃から超保守仲間のNHk支配、介入の話をブログで取り上げていただけに、(籾井会長のお陰で?)この件が一般世間に注目されたのは、ある意味では、有難く思えたところもあった。(++)

 ただ、結局、NHKの籾井会長は、安倍陣営のバックアップもあるせいか、とりあえず、クチでは反省していると言いながらも、最後までふてぶてしい態度で国会答弁を続けることに。

<経営委員や国会で「私の発言のどこが悪いのか」「私の私的発言が糾弾されてる」と発言しているように、内心では自分の発言には問題ないと思っているし。たぶん、籾井氏を会長にした人たちからは、「問題ない」「よく言った」と評価されているのだろう。^^;>。

 籾井氏は会長就任時に10人の理事全員に辞表を提出させた&「よくあることだ」と発言したことも問題になっていて。これには、財界からも疑問の声が相次いでいのだが。会長は、今でも理事に辞表を返しておらず。昨日の国会で、今後も返す意向がないことを表明したとのこと。(~_~;)
 
『NHKの籾井勝人会長は20日、参議院予算委員会で理事10人に提出させた辞表を返すつもりがないか問われ、「せっかく書いて頂いた理事の真摯(しんし)な気持ちを考えると、これを返すというわけにはいかない」と述べた。小川敏夫氏(民主)への答弁。
 籾井氏は辞表提出を求めた理由を「役員一同が緊張感を持って一丸となって職務に取り組んでもらいたいと考えた」と説明。辞表を使って理由なく解任するなど人事権を乱用することはないと繰り返した。(14年3月20日)』 

* * * * *

 NHKの石田研一放送総局長は『19日の定例記者会見で、籾井勝人(もみいかつと)会長の発言問題について「事態はまだ沈静化していない。まず来年度予算を(国会で)承認してもらわないと新しい事業ができない」と述べ、危機感をあらわにした』とのこと。(毎日新聞14年3月19日)
『NHKに寄せられた視聴者の意見は18日までに約3万3600件に上り、約2万1500件が否定的、約6000件が肯定的な内容となっている』という。(同上)』

 しかし、籾井会長は、最後の最後まで、ともかく「辞任しない」「最後まで職責を果たしたい」と一点張りで押し通し、結局、今国会では会長の辞任は免れることに。

 19日には『「3千万円の報酬を返上する考えはないか」と聞かれると会長は「なんだか国会の委員会みたいだ。そういうことは考えていない」と否定』したという。(朝日3.19)
 おまけに受信料不払いの増加には、「自らも営業活動したい」と繰り返し、挙句には「国会に呼ばれているので(事態収拾する)時間がない」とまで言いやが・・・言う始末。(~_~;)
 これも安倍内閣+αが、自分の会長続投を擁護してくれるという自信があってのことだろう。(-"-)

 そして、籾井会長の場合も、NHKの予算さえ確保できてしまえばこっちのものなわけで。昨日の国会で、NHK予算も成立したので、これで面倒な国会答弁が終わって「やれやれ」&「せいせい」としているのではないかと。さらに、ここからはNHK内で、好き勝手に暴君ぶりを発揮する気でいるのではないかと察する。(-_-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 実は、予算国会の終盤では、石原環境大臣の国会遅刻&ウソ釈明も、問題になったのだけど。
 何故か、TVメディアはほとんど取り上げなかったようで。安倍内閣はさしたるダメージを被ることもないまま、終わってしまった。(-"-)

 石原環境大臣は、17日、午前10時からスタートする予定の参院環境委員会に10分遅刻。委員会の開催に支障を与えることになった。
 環境委員会では、政府側のメインは環境大臣である上、しかも、この日は、環境省にとって大事な予算案の委嘱審査が行なわれる予定だったため、それに遅刻しただけでも、大きな問題だったのだけど。

 石原大臣&環境省は同日、遅刻の原因に関して「首都高で外国要人の来日に伴う交通規制があった」「経路を変えたところ首都高速道路が事故で渋滞し、一般道でも渋滞に巻き込まれた」という説明を行なっていたものの、民主党議員が国交省などに問い合わせて調べたところ、交通規制も事故もなく、それらがウソだったことが発覚したのである。(>_<)

* * * * *

 さすがに、安倍内閣も、これはかばい切れず。安倍首相も19日の国会で「閣僚が国会で質問に答えることは重要な責務だ。遅刻は基本的にあってはならず、閣僚に改めて指示をしたい」と、石原氏を戒めるような答弁を行なっていたのだが・・・。

 ところがさらに、石原大臣は、17日の朝、宮中で開かれていたベトナムの国家主席の歓迎会に出席しなければいけなかったのに<もしかして、それを知っていたから、外国要人の交通規制を口実に使ったのかも?>、何と石原氏はこの歓迎会も欠席して、直前まで自宅にいたことが判明したのである。(~_~;)

 石原氏は、20日の国会で、『理由を問われ、前日の福島県への出張日程が翌日まで延びる可能性があったなどと説明。菅義偉官房長官は「事情はどうであれ、結果的に出席可能であったとすれば、出席すべきなのは当然のことだ」として、各閣僚に国賓の歓迎行事への出席を徹底する考えを示した』という。(産経新聞14年3月20日)』

『国賓の歓迎行事出席をめぐっては、野田佳彦政権時代の平成23年11月、一川保夫防衛相(当時)が、国賓として来日したブータン国王夫妻を歓迎する宮中晩餐会に同僚議員のパーティー出席を理由に欠席。野党だった自民、公明両党が「閣僚が国賓をどう迎えるかという基本姿勢がしっかりしていない」などと厳しく批判していた。(同上)』

<そう言えば、石原大臣は、昨年1月も、除染に関して問題が生じていたのに、環境省が連絡がとれず。メディアの取材では、ゴルフをしていたようなのだが。本人は、当初は「自宅にいた」と説明。その後は「外出先にいた、詳細は言えない」の一点張りで押し通したのよね。(-"-)>

 石原大臣は20日の参院予算委員会で、『「国会審議に遅刻は絶対あってはならない。不徳の致すところであり、誠に面目ない」と陳謝』し、『「この四半世紀、国会に籍を置く中で、公式なものに遅刻したことはなかった」と強調。その上で「今後このようなことがないよう厳に注意していきたい」と述べた』とのこと。(同上)

 野党時代には、民主党政権の閣僚に厳しく、参院で不信任決議や審議拒否を繰り返していた自民党も、政権奪還後は自党の閣僚にかなり甘いようで。
 安倍首相の任命責任を問われぬうちに、早期の幕引きをはかろうとしているようだ。(~_~;)

* * * * *
 
 思えば、自民党の野党時代、幹事長だった石原伸晃氏が先頭に立って、民主党政権の閣僚や関係者などの小さな言動一つ一つに大批判を展開し、TVカメラの前で大騒ぎしていた&メディアもそれを大きく取り上げて、一緒に「民主党叩き」に参加していたものだったのだけど。^^;
<それこそ、今回のように閣僚が重要な審議に遅刻&国賓の歓迎会に欠席していたら、めちゃくちゃ言ってたと思うんだけどね~。>
 
 石原氏も、野党時代にタッグを組んで来た谷垣総裁を裏切って、総裁選に出馬したものの惨敗。その後、安倍内閣の環境大臣に登用されたものの、もともと環境問題や除染には興味や意欲もない上、これと言った実績も残せないまま、どんどん影が薄くなっているような感じも。^^;
<ちなみに、維新代表の石原パパも、最近、影が薄くなっているかも。それこそ、自民党の議員の弟・宏高氏の場合は、影さえも見えず?(~_~;)>

 しかも、安倍自民党の政権が始まってからは、昨日も触れたけど、メディア(支配)の対策が行き届いているためか、閣僚や党幹部の言動に関する問題をスル~する傾向にあるし。
 ただでさえ弱小勢力と化した野党は、何とか安倍政権打倒の足がかりをつかんでも、攻め切れずに終わるケースが増えているのが実情だ。^^; 

 このままでは、安倍自民党の「わが世の春」が続いてしまうのではないかと憂慮してしまう部分も大きいのだけど。
 でも、何とか安倍陣営が、ここから解釈改憲や教育改悪などのアブナイ政策を実現するのを阻止するために、国会後半で挽回しなければと。そして、そのためにも、野党やメディアがもう少し自分たちの政権監視の役割を自覚して、一般国民がアベノミクスの効果を含め、安倍政権のアブナイ施策への関心や危機感を抱けるような材料を提供してくれるといいんだけどな~と思ったりもしているmewなのだった。(@@) 

                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-21 11:13 | (再び)安倍政権について

  これは、3月18日、(mewにしては短めの)2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



  お昼に、ネットでニュースを見ていたら「NHK予算案に反対=維新」のタイトルが。(・・)

 ほ~、超保守系の太陽族が牛耳っている維新の会も、NHKの会長や経営委員会の発言には、問題を感じているんだ~と思ったら、全く逆の理由だった。(>_<)

『日本維新の会は18日の道州社会部会で、2014年度のNHK予算案に反対する方針を決めた。部会では、NHKの放送内容に関して「日本に対して自虐的な偏向報道が多い」などと不満の声が出た。(時事通信14年3月18日)』

<つまり、もっと籾井会長の持論に従って、「右向け右」をしなさいってことね。(~_~;)>

 ただ、民主党をはじめ野党は、NHKの籾井会長や経営委員の言動に関して、追及を続けるつもりの様子。
 籾井会長は、3月にはいっても、国会の審議に参考人として呼ばれることが多いのだが。国会でも問題のある答弁をしては、その謝罪を行なうというパターンを繰り返している。(-"-)
<まあ、野党はそれを狙って、籾井氏を国会に呼び続けているとこもあるかも知れないけどね。^^;>

 昨日17日の参院予算委員会でも、籾井会長は前週の発言を撤回&謝罪したという。(~_~;)

『NHKの籾井勝人会長は17日の参院総務委員会で、「糾弾されているという不適切な表現を使ったことについて、撤回するとともに、深くおわび申し上げる」と述べ、自身の発言を撤回し、謝罪した。籾井氏は14日の参院総務委で、「私が私的発言をしたことで、これだけ糾弾されている」などと答弁していた。(読売新聞14年3月17日)』

* * * * *

 mewは、同じ14日の委員会での、この最後の発言も引っかかったです。(-"-)

『NHKの籾井会長が野党からの辞任を求める集中砲火を浴びました。

 日本維新の会・片山議員団政調会長:「収束・収拾させるには、けじめをつけるしかない。説明責任を果たすと言うが、いつどのような形でやるのか」
 NHK・籾井会長:「しかるべき時期に、本当に私でタイミングは決めるつもりだ」
 日本維新の会・片山議員団政調会長:「一番のけじめは辞めることだ」
 これに対し、籾井会長は「会長職を全うしたい」と辞任しない意向を強調しました。

さらに、事態収拾をどうするかとの問いに、「国会に呼ばれているので時間が無い」と答え、議員から猛烈な批判を浴びました。(ANN14年3月14日)』

 いや~、mew周辺にも、たまにこういう人を見かけるのだけど。この人は、TPOに応じた物言いの仕方を知らない上に、何かどうしても、他人が不快に思うような皮肉や反論をクチにせずにはいられないタイプなんでしょうね~。(^_^;)

<そこら辺のおじさんなら、個人のリスクにおいて、そういう自己満足のための発言を続けていればいいと思うけど。公共放送であるNHKの会長としての資質という点では、アウトでしょうね!(**)>

* * * * *

 小松一郎内閣法制局長官も、今月にはいって、野党議員と「辞めろ」「辞めない」の応酬を繰り返していて、すっかりモミイ化している感じがあるのだけど・・・。
 さすがに、昨日は、政府与党も小松氏に苦言を呈していたとか。(>_<)

『小松内閣法制局長官は国会での質疑で、集団的自衛権の行使容認に関連して、自民党が公約に掲げた国家安全保障基本法案を、安倍総理大臣は国会に提出する考えはないと答弁し、その後、陳謝したほか、委員長の制止を無視して答弁を続けたという批判も出ているうえ、国会での質疑を巡って、共産党の参議院議員と国会内の廊下で激しく言い争いました。

 こうしたなか、17日、開かれた政府・与党の幹部による協議会で、菅官房長官は小松長官の一連の言動を念頭に「新年度・平成26年度予算案の参議院での審議が大詰めを迎えており、閣僚や政府参考人の答弁は丁寧かつ簡潔にするよう努めていきたい」と述べました。
 これを受けて、公明党の井上幹事長は「内閣法制局長官は憲法の番人であり、政府が長い間に積み重ねてきた憲法解釈を踏まえ、慎重の上にも慎重を期して答弁してほしい」と政府側に注文を付けました。(NHK14年3月17日)』

 ちなみに、小松長官は17日に、こんな答弁を行なったという。

『小松一郎内閣法制局長官は17日の参院外交防衛委員会で、集団的自衛権行使容認に向けた憲法解釈変更に関し、法制局内で進める検討作業の関連資料を同委に提出すると明言した。「遅滞なく提出できるようにしたい」と述べた。結いの党の小野次郎氏に対する答弁。
 小松氏は13日に同委で答弁し、憲法解釈変更について法制局内で議論を始めたとした上で、その内容を委員会に提出する用意があるとの考えを示していた。(産経新聞14年3月17日)』

 安倍首相は国会で、4月に有識者会議の報告を受けてから、解釈変更を検討するとの答弁を繰り返しているのだけど。
 内閣法制局が、それに先駆けて、自ら集団的自衛権行使容認に向けた憲法解釈変更に関して検討作業や議論を行なうことには、問題があるのではないかと思うし。安倍首相の答弁との整合性も「???」だし。
 この資料提供発言も、今後、問題視される可能性がありそうだ。(^_^;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 先週、『M赤坂、橋下演説会で羽交い絞め+武器原則の見直しに怒+日韓協議アウト+鹿児島で脱原発を!』という記事の最後の方で、鹿児島補選の話を書いたのだけど。

 自民党の徳田毅氏が、徳洲会事件で衆院議員を辞職したのを受けて、4月に鹿児島2区で衆院補選が行なわれることに。(4月15日告示、27日投開票)

 そして、鹿児島には、川内原発があるのだけど。原子力規制委員会の計画によれば、ここが全ての原発の中で最も早く、もしかしたら今夏にも再稼動をする可能性があるという。(-_-;)

 鹿児島県民の中にも、原発再稼動に反対or慎重な人が少なからずいるようで。16日には鹿児島市内で、再稼働反対を訴える集会が行なわれ、6000人が参加したとのこと。

『脱原発を訴える集会が16日、鹿児島市内で開かれ、大勢の参加者が原発の再稼働反対を訴えながら繁華街を練り歩いた。原子力規制委員会が九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の優先審査を決定後、同県内で初の大規模集会となり、主催者によると県内外から約6000人が参加した。

 複数の市民団体が主催した。鹿児島市中央公園で開かれた集会では、優先審査によって川内原発が今夏にも再稼働する可能性があることから、「川内原発建設反対連絡協議会」の鳥原良子会長(65)が「子供たちに安全な環境を残すため再稼働は絶対にさせない。福島の苦しみを分かち合おう」と呼びかけた。(毎日新聞14年3月16日)』

 川内原発は、鹿児島3区に位置しているのだが。もし原発事故が起きれば、2区の地域にも大きな影響が生じかねないし。
 また、これは国政選挙ゆえ、当然にして原発政策も争点になり得ることから、mewは、この鹿児島補選で脱原発派の政党が結集して、自民党の候補に対峙して欲しいと考えている。(・・)

<アベノミクス効果が、国民全体、特に地方に行き渡らず、また様々な格差が拡大し始めていることも、訴えて欲しいです。(++)>

* * * * *

 自民党は11日、前鹿児島県議会議長の金子万寿夫県議(67)を公認すると発表。昨日、安倍首相から公認証書を受けたという。^^;

『自民党公認で新人の金子万寿夫県議は12日、県庁で記者会見し、「アベノミクス効果を地方の隅々まで行き渡らせたい。地方の声を党の経済政策にしっかり織り込む役割を果たす」と出馬の決意を語った。(時事通信14年3月12日)』

 先に言えば、mewは、今回、自民党の議員の家族が、選挙資金に不正があったとして起訴されている(本人も裁判の中で、容疑事実を認めている)にもかかわらず、メディアが自民党の関わりや責任に関してほとんど触れないのも不思議だし。
 自民党本部も鹿児島の支部も、まるで他人事or他党の議員の事件であるかのようにして、何の反省も見せずに、とっとと候補者を擁立するのはいかがなものかと、言いたいところがある。(・・)

 とはいえ、鹿児島2区は、小選挙区制が始まって以来、自民党&徳田保守党の保守系議員の牙城となって来ただけに、この議席は何とか死守したいと考えているのだろう。(^_^;)

* * * * *

 他方、野党側では、元・民主党衆院議員の打越明司氏が立候補を表明している。(**)

『打越明司元衆院議員も会見し、民主党を離党して無所属で出馬する意向を表明。打越氏は「政治とカネを争点に訴えていく。賛同していただける方と戦っていきたい」と述べ、民主のほか、日本維新の会など野党各党の支援を求めた。(同上)』

 打越氏(51)は、松下政経塾2期生。自民党公認で県議に4期連続当選した後、衆院議員を目指すも、自民党から公認が得られず。05年に無所属で出馬して落選。09年には民主党公認で出馬し、徳田毅氏の2位に終わるも比例復活で当選し、衆院議員を1期務めたものの、12年には徳田氏に大差をつけられ、比例復活もならずに落選した。
<09年衆院選では、県議に4期連続当選しているだけあって、鹿児島2区の大票田である鹿児島市谷山地区や元々の地盤である指宿市では前職の徳田を上回る票を獲得したとか。>

 民主党は、13日に打越氏の推薦を決定。生活の党と維新の会も、推薦を決めたほか、結いの党、社民連も支援する予定だという。(@@)

* * * * *

 ただ、共産党は、新人で元奄美市議の三島照氏も立候補を予定しているとのこと。
 また、山本太郎参院議員が、上述した脱原発集会に参加した際に、公募によって脱原発派の候補を立てる案を発表したという。

『山本太郎参院議員(39)=無所属=は16日に鹿児島市内で開かれた脱原発集会で、衆院鹿児島2区補選(4月15日告示、27日投開票)に出馬する候補者を公募すると表明した。鹿児島県出身者を中心に選ぶ。安倍政権の問題点や九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の再稼働反対などを共に訴えていくという。(毎日新聞14年3月16日)』

 これは、mewの邪推なのだけど。打越氏は、元自民党所属&松下政経塾出身ゆえ、民主党では野田元首相と親しい保守系の議員であったとのこと。それゆえ、消費税増税や安保政策などに関しては、共産党や山本太郎氏とは方針が一致しない部分が大きいのかも知れない。^^;

 でも、この国政選挙で野党が足を引っ張り合って、自民党候補が圧勝することになると、安倍自民党は、原発再稼動やアブナイ安保政策をさらに推進する根拠にするかも知れず。(-"-)
 何とか野党全体で共闘して、自民党候補に対峙できないものかな~と、祈るような気持ちで鹿児島補選の行方を案じているmewなのだった。(@@)
                          THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-03-18 16:56 | 政治・社会一般
これは2月26日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

靖国参拝&側近発言で、最初からスレ違いだった日米の不満がお互いにプチ爆発』(以下、前回の記事)に関連する話を・・・。

 前回の記事にも書いたように、安倍政権は当初からオバマ米政権とうまく行かず。しかも、昨年末に首相が靖国参拝を行なってから、日米関係が戦後史上最悪と言われるほどに、悪化しているような状況にある。(~_~;)

 24日に公表された米議会調査局の報告書でも、安倍政権に対して批判的な見解や懸念が記されていたという。

『アメリカ議会調査局は、日米関係に関する報告書を新たにまとめて24日、公表しました。
この中ではまず、日米両国は防衛分野の協力関係を強化するとともに、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉では重要な位置を占めるなどかけがえのない同盟国だと位置づけています。

 その一方で、報告書は、安倍総理大臣の靖国神社参拝について「東京とソウルの関係の冷え込みをアメリカ政府関係者は一段と懸念している。同盟国どうしの緊張は北朝鮮や、台頭する中国といった問題への連携した対応を妨げている」として、日韓関係の冷え込みは、アメリカの国益を損ねると懸念を示しています。

 さらに、「アメリカのアドバイスを無視して、突然、参拝したことは、日米両国の信頼の一部を傷つけた可能性がある。安倍総理大臣の歴史観は、第2次世界大戦とその後の日本占領についてのアメリカ人の考えとぶつかる危険がある」と指摘しています。

 議会調査局の報告書は外交関係などについての最新の情報や分析をまとめたもので、アメリカ議会の議員に政策判断の参考資料として提供されています。(NHK14年2月25日)』

* * * * *

 また、17日のワシントンポストには、こんな記事が出ていたという。

『17日付の米紙ワシントン・ポストは、「日本の挑発的な動き」と題した論説を掲載し、昨年末に靖国神社に参拝した安倍晋三首相が強硬なナショナリズムに転じているため、アジアの安全保障問題を深刻化させていると批判した。4月のオバマ大統領の日本を含むアジア歴訪は、「危機の予防」になると指摘した。
 同紙は、安倍首相は日本の景気を刺激することには成功したとする一方、靖国参拝により、中韓両国との関係改善の可能性を、まったく失ったと批判した。

 また、NHKの籾井勝人会長や百田尚樹経営委員の、慰安婦問題や南京事件などについての歴史認識の発言にも言及した。安倍氏は、「言論の自由」を支持するとした一方、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では、日中関係を第1次大戦前の英独関係と似た状態にあるなどと発言したと紹介。中韓だけでなく、米政権内の危機感を高めていると主張した。(朝日新聞14年2月19日)』

* * * * *

 これも前回の記事に書いたのだが。オバマ大統領は、もともと安倍首相のような戦前志向の国粋主義的な超保守思想を持つ政治家を好んでいない。

 しかも、米国全体が、安倍首相&超保守仲間のように、先の大戦の正当化して、その侵略性を認めなかったり、慰安婦問題や南京大虐殺を否定したりするような思想や歴史認識には反発を覚えているし。
<彼らには、米紙がWar Shrineと呼ぶ靖国神社に安倍首相が参拝することは、その思想や歴史認識をアピールするような行為に見えるのよね。(・・)>

 ましてや、東京裁判の正当性も否定したり、米国が主導した占領軍による戦後政策(憲法、教育、国や社会の仕組みなど)を公然と批判することは、容認できないものがあるわけで。
 米国内では、政治家だけでなく、メディアも含めて、安倍首相の特異な思想や、それに基づく言動に対する不快感や不満が、どんどんと高まっているような感じがあるのだ。(-"-)

 米国は、当初は日本と中韓との関係悪化を懸念して、アレコレ言っていたのであるが。いまや、米国自身が安倍首相の超保守的な言動を問題視するようになっており、(反米的、反自由主義社会的な思想だと解され)、ダイレクトに日本と米国との関係悪化をもたらす要因として見られているのだ。(-"-)

* * * * *

 また、上の記事にもあるように、安倍首相が任命したNHKの籾井会長が慰安婦問題を否定、百田尚樹経営委員が東京裁判の否定&東京大空襲や原爆投下は米国による大虐殺であるなどと米国批判を展開したことも問題視されているし。

 そして、安倍首相の側近である衛藤晟一首相補佐官が「失望したに失望した」など米批判を行なったり、荻生田光一総裁特別補佐も、オバマ政権を批判したりしていることなどが、米国から見て、さらに安倍政権が米国に敵対的な姿勢を示していると思わせ、日本に対する不信感や不満を増幅させることにつながっている。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 米紙ワシントンポスト12日付けは、『「百田氏を委員に指名し、籾井氏の会長就任を立案したとされる安倍総理の責任は特に重い」と強調しました。アメリカ政府高官にも総理がナショナリストか改革者なのかいぶかる声があるとし、「報道の独立性を支え、破壊的な歴史否認主義を拒絶できるのは総理だけだ」』と主張。(ANN14年2月12日)

 米紙は、安倍首相に、NHKの籾井会長や百田委員の任命責任があることを強調しており、暗に両者の発言を抑制すること(or解任すること?)を求めているようにも見えるのだけど・・・。
<米政府も百田委員の発言には、「非常識だ」とコメントしており、もしかしたら同様の考えを有しているかも?>

 また英紙のフィナンシャル・タイムズも、安倍首相のNHK介入を懸念する記事を載せている。
<関連記事・『安倍が「朝日は政権打倒が社是」と答弁+安倍のNHK介入に英紙も懸念』>

 ただ、安倍首相は、彼らの発言は個人的な見解だとして、NHKの会長や経営委員に関しては、何らのコメントもせず。対応も行なわない方針を貫いているのである。^^;
<衛藤首相補佐官や萩生田総裁特別補佐の発言に対しても、スル~したままだ。(-_-;)>

* * * * *

 しかも、NHKの籾井会長に関しては、その後も次々と問題が発覚している。(@@)

 籾井会長は、先月の就任会見で、慰安婦問題などに関して問題発言を行なったことを批判されていたのであるが。
 本人はあくまでも個人的見解だったと釈明した上で、NHK会長として不適切な発言だっと認め、国会の場でも謝罪や反省を行ない、続投への意欲を示していた。(・・)

 ところが、その後、今月12日に行なわれた経営委員会で、自分の発言に問題がなかったかのような発言を行なっていたことが発覚。また世間の批判を浴びることになった。

 この12日の経営委員会でのやりとりが、NHKのHP(コチラ)で公開されている。

 籾井会長は、「私の発言の真意とはほど遠い報道がなされているので、会見の議事録を通読していただきたい」「個人的意見で申し上げたことが、記者会見では認められなかったわけです」と釈明。
 議事録を「もう十分読みました」と発言した議員に対して、「それでもなおかつ私は大変な失言をしたのでしょうか」と問うていたのである。(>_<)

 つまり、籾井氏は、(真意では?)自分が大変な失言をしたとは思っていないのである。(-"-)

<その後、『就任記者会見を就任したその日に行うということは、今後は避けたいと思います。なぜならば、記者会見のルールも知らないときに会見を行ったわけです』と語っていたのだが。
 米国三井物産の社長や日本ユニシスの社長まで務めた人が、記者会見のルールを知らないとは思えないし。しかも、今後、NHKの会長の就任会見を行なうことはないだろうし。(それとも、次に何か別のところの会長に就任する時の話なのかしらん?(~_~;)>

* * * * *

 この発言を受けて、NHKの浜田経営委員長は、25日の委員会で、2度めの注意を行なったという。

『NHKの籾井勝人会長(70)は、12日の経営委員会で「大変な失言をしたのでしょうか」と発言したことについて、25日の経営委で「皆さまの誤解を生む結果となり、深く反省しておわびする」と陳謝した。浜田健一郎委員長は「自身の置かれた立場に対する理解が不十分。一刻も早い事態収拾に取り組んでほしい」と改めて注意した。経営委の2度にわたる注意は異例。(毎日新聞14年2月25日)』

<ちなみに、籾井会長は、「それでもなおかつ、私は大変な失言をしたのでしょうか」と言ったのは、私の真意とは程遠い報道がなされていることに対して、私の真意、気持ちを理解していただきたい一心で申し上げたもの」だが、「皆さまの誤解を生む結果になった」と釈明した上で、謝罪していたです。(-_-;)>

* * * * *

 しかも、先週には、籾井会長が就任時に、すべての理事に辞表を提出させて、自らが預かっているという報道が出たのだが。籾井会長は、先週、国会で報道の真偽を確かめる質問に対し、「人事については控えさせて頂きたい」として、回答を避けていた。

 そこで、昨日25日に、民主党がNHKの理事全員を国会に参考人として招致。理事への質問で、それが事実であったことが確認されたのである。^^;

『民主党の福田昭夫議員は「1月25日の就任初日、臨時役員会を開いて、理事全員に辞表を求めたと報道がありますが、それは本当ですか、会長」とただした。
NHKの籾井勝人会長は「人事のことでございますので、わたしとしては、コメントを控えさせていただきたいと思います」と語った。

最初は、コメントを控えるとした籾井会長。
しかし、NHKの塚田祐之専務理事は「私は辞任届には、辞任の日付を空欄のまま、記入せずに署名・なつ印し、提出いたしました」と、辞表を提出したと明言した。(FNN14年2月25日)』

 結局他の理事も含め、10人全員が同様の形で辞表を提出したことを認める答弁を行なったという。(@@)

* * * * * ☆

 この10人の答弁を受けて、籾井会長は、事実を認めながらも、まさに開き直りとしか思えないような発言を行なった。(@@)

「各理事は、事実をそのまま述べたと思います。それはそれで、結構ではないかというふうに思います。わたしが、どう思うかについては、これはまた別問題でございまして」

 さらには、26日の国会では、「辞表を預かったことで、(理事が)萎縮するとは思っていない」と反論したとのこと。

『NHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長は26日の衆院予算委員会分科会で、1月25日の就任初日に理事10人全員から辞表を取り付けたことについて、「辞表を預かったことで、(理事が)萎縮するとは思っていない。一般社会ではよくあること」と述べ、問題はないとの認識を示した。民主党の階猛(しな・たけし)氏の質問に答えた。(毎日新聞14年2月26日)』

 しかも、『新藤義孝総務相も「罷免するために辞表を得たわけではないと理解している。日付が入っていないので、辞表そのものに効力はない。心を合わせて頑張っていこうということ」と述べ、籾井会長を擁護した』という。(同上) <注・NHKは総務省が所管している。>

* * * * *

『理事たちの発言を受け、辞表提出を認めた籾井会長。この理事全員の辞表提出は、何を意味するのか。
 NHKの経営委員会によって任命される会長は、理事を罷免する権限を持っているが、それは職務義務違反などがあった場合に限られる。ただ、その場合でも、経営委員会が同意しなければ、辞めさせることはできない。

民主党の福田昭夫議員は「辞表を提出させて、人事権を行使するということは、『俺の考えに従った放送をしろ』と、『いつでも、お前をクビにできるんだぞ』と」と述べた。
  自分の考えに従わない理事をクビにできるように、辞表を提出させたのではないかとの指摘に対し、籾井会長は「何度も申し上げておりますが、個人的な見解を番組に反映させることはない」と語った。

理事全員が辞表を提出した1月25日は、籾井会長が就任会見で、いわゆる従軍慰安婦や、特定秘密保護法について発言。その直後に、個人的見解として、発言を撤回した日でもある。(FNN14年2月25日)』

 会長が理事を罷免するには、経営委員会の同意が必要だというが。その経営委員会の大半は、安倍内閣&首相の後援者であるJR東海の葛西紀之会長の息がかかった人たちで構成されている。
<関連記事・『安倍がNHK支配を強める仰天人事~超保守派の会長、委員で、安倍カラー推進か』『NHKハイジャックもくろむ財界の大物に局関係者が恐々

 それゆえに、経営委員会は、安倍内閣の意向に沿って、このトンデモ会長を選んだのだし。自分たちにとってかわいくない(自分たちの意向に従わない)と思う理事を解任することもできたわけで。
 これもまた、安倍首相や葛西会長がNHKを支配するための方策だったと考えていいだろう。(-"-)

* * * * *

 mewは、受信料を払っている国民が、NHKで安倍首相らの意向に沿った(特異な超保守思想に沿うような)偏った情報しか見られなくなるかも知れないことに、大きな問題を覚えるし。

 また、海外の国々から見れば(国内から見てもそうだけど)、一国の政府の首脳が、公共放送を支配したり、影響力を行使したりするなんていうのは、非近代的で野蛮な独裁国家のやることであって。
 mewは、ひとりの国民として、日本がそのような国だと見られることに、大きな抵抗を覚えるし。<率直に言えば、「そんなの、イヤだ~~~! (゚Д゚)」とわめきたくなるです。>

 海外から日本がおかしなアブナイ国になっていると思われないためにも、また、実際にそうならないためにも、早く安倍政権を倒して、まっとうな国に戻さなければと、改めて強く思うmewなのだった。(@@)   
                    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-02-26 14:08 | (再び)安倍政権について

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 衛藤氏発言+αに関して、途中まで書いてあったのだけど。フィギュア日本女子ショックもあってか、誤って消してしまったですぅ。(ノ_-。)
<3人ともフリーは、開き直って、自分のために楽しく納得行く演技ができますように。p(*^-^*)q がんばっ♪>
 
 というわけで、今回は他の人たちの問題発言の話を・・・。

* * * * *

安倍首相の周辺で、超保守派の問題発言が続いている。(@@)

 昨日は、麻生副総理が衆院予算委員会で、安倍首相の靖国参拝を擁護する発言を行なったという。

『麻生太郎副総理兼財務相は19日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相の靖国神社参拝について「各国からいろいろな話(批判)があると聞くが、外務省に正式に抗議が来たという話を聞いたことがない」と述べ、批判しているのは中韓両国など一部の国に限られるとの認識を示した。日本維新の会の遠藤敬氏の質問に答えた。
 麻生氏は「尊い命を投げ出した人たちを国家が最高の敬意をもって祭るのは当然だ」と主張。「きちんと対応しようという首相の気持ちにいささかも反論するつもりはない」と語り、参拝を支持する考えを改めて示した。(毎日新聞14年2月19日)』

* * * * *

 しかし、麻生副総理は聞いていなかったのかも知れないが。実際には、中国や韓国は、きちんと政府の外務省を通じて、抗議を行なっている。(・・)

『だが、中国は程永華(チョンヨンホワ)駐日大使、韓国も李丙琪(イビョンギ)駐日大使がいずれも首相の参拝当日に日本外務省を訪れ、斎木昭隆事務次官に対して抗議した。北京では木寺昌人駐中国大使が王毅(ワンイー)外相から呼ばれ、ソウルでも倉井高志駐韓日本大使館総括公使が外交省の金奎顕(キムギュヒョン)第1次官から呼ばれ、それぞれ抗議を受けた。
 麻生氏の答弁後、日本外務省の佐藤地(くに)外務報道官は記者会見で「麻生副総理の発言は直接存じ上げない」としながらも「事実として抗議はあったと記憶している」と述べた。(朝日新聞14年2月19日)』

 また、米国やロシアなどいくつかの国が、政府として靖国参拝を批判する声明を出しているし。特に米国は、今でも首相の靖国参拝を問題視し続けているというのが実情なのだ。(~_~;)

<っていうか、麻生副総理が昨年4月に靖国参拝を行なった時も、米国から外交ルートを通じてクレームが来て。その後は、参拝していないんだよね。^^;>、

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 また、安倍首相が経済ブレインのひとりとして、内閣官房参与を務めている本田悦朗氏(静岡県立大教授)が、米紙のWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)のインタビューに応え、やはり首相の靖国参拝を(涙ながらに)擁護したという。(~_~;)

<このインタビューに関するWSJの記事全文は前記事(コチラ)に>

『米紙ウォールストリート・ジャーナルは19日付の電子版で、安倍晋三首相の経済ブレーン・本田悦朗内閣官房参与のインタビューを掲載した。同紙によると本田氏は、太平洋戦争末期に米艦に体当たりした神風特攻隊について「日本の平和と繁栄は彼らの犠牲の上にある。だから安倍首相は靖国へ行かなければならなかったのだ」と語ったという。

 同紙は本田氏が「第2次大戦中の神風特攻隊の『自己犠牲』について語りながら、涙ぐんだ」と説明。本田氏は「日本の首相が靖国参拝を避けている限り、国際社会での日本の立場は非常に弱い」として、「われわれは重荷を背負った日本を見たくはない。自立した国としての日本を見たい」と語ったという。

 また、同紙は「本田氏はアベノミクスの背後にナショナリスト的な目標があることを隠そうとしない。日本が力強い経済を必要としているのは、賃金上昇と生活向上のほかに、より強力な軍隊を持って中国に対峙(たいじ)できるようにするためだと語った」とも伝えた。(朝日新聞14年2月19日)』

『米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは19日付の電子版で、安倍晋三首相の経済ブレーンの本田悦朗内閣官房参与が同紙のインタビューに応じ、太平洋戦争末期の旧日本海軍の神風特別攻撃隊について、「日本の平和と繁栄は彼らの犠牲の上にある。だから首相は靖国(神社)へ行かなければならなかった」と発言したと報じた。
 同紙は、本田氏を「戦時中の話を熱く語るナショナリスト」と紹介。同紙によると本田氏は、昨年12月の首相の靖国参拝を「首相の勇気を高く評価する」と称賛。「日本の首相が靖国参拝を避けている限り、国際社会での日本の立場は非常に弱い」などと語った。(時事通信14年2月19日)』 

<mewはこのブログで、時々「安倍首相が経済強化に熱心なのは、軍事強化をしたいからだ」「そして、いずれ日本単独でも世界と戦い得る強い軍事力を持つことを目指しているのだ」という趣旨のことを書いているのだけど。(経済アップすれば、支持率を確保して、自分の思うような軍事増強策もとりやすいし。軍事費用を増やしやすいので。)
 どうやら、本田氏も、そう見ているようだ。(・・)>

* * * * *

 でも、今の米国人から見れば、「神風特攻隊」は、兵士の命を粗末にする残虐な任務にほかならないわけで。その感覚を理解することは困難だろうし。<イスラム過激派の「自爆テロ」と同視する人もいるぐらいだし。^^;>
 何より、安倍官邸の経済ブレインまでもが、超保守ロマンに浸ったナショナリストであることに、呆れてしまったのではないか懸念しているるmewなのだった。(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ところで、先月の就任会見でトンデモ発言を行なったNHKの籾井会長は、その後、オモテ向きは大人しくしているのであるが。(逆に答えるべきことも答えないので、却って悪印象だったりして。^^;>
 実は、12日のNHK経営委員会で、「どこが悪いのか。素直に読めば理解できるはずだ」などと反論を行なっていたという。(・o・)

『就任会見での従軍慰安婦問題や特定秘密保護法などをめぐる発言が問題になった籾井勝人NHK会長が今月12日の経営委員会で、「取り消しているし、どこが悪いのか。素直に読めば理解できるはずだ」という趣旨の発言をしていたことが18日わかった。経営委内部では「反省していない」との声があがっている。

 12日の経営委では作家の百田尚樹氏、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏の両委員の言動などを審議し、経営委員は「一定の節度を持って行動していく」とする見解をまとめた。

 複数の関係者によると、委員会の最後に、ある女性委員が会長発言の影響について「受信料不払いなどのリスクにどう対処するのか」と質問。籾井会長は「営業が頑張る」と答えたのに対し、具体案を尋ねられた後、「(発言の)どこがおかしいのか」「会見の記録全体を見てもらえればわかる」という旨の持論を述べた。別の委員から「そういう物言いはおかしい」と反発する声があがり、浜田健一郎委員長がぶぜんとして「終わります」と委員会を打ち切ったという。

 会議終了後、委員からは「浜田委員長が注意した意味がない」と懸念する声が出た。1月28日の経営委で籾井会長は「個人的な見解を発言したのは不適切だった」と反省を表明、委員長が「自身の立場を理解いただきたい」と会長に注意していた。
 今回の発言について、NHK上層部の幹部は「就任会見では記者がしつこく聞くので致し方なかったと言いたいのだろうが、自分は悪くないという趣旨に受け止められても仕方ない」と指摘した。
 約半月後に公開される経営委の議事録の表現については調整中という。(朝日新聞14年2月19日)』

* * * * *

 また、J-CASTニュースによれば、他にもこんなリーク情報が出ているという。(~_~;)

『 写真週刊誌「フラッシュ」の2014年2月4日発売号によると、安倍首相に考えが近いとされる籾井勝人会長は、極端に左寄りのNHK職員の情報を集めるように幹部に伝えたと、ある職員が取材に明かした。籾井会長は6月の人事でこうした職員を外したいのではないかというのだ。もっともこの話の真偽も全く定かではない。

また、経営委員の百田尚樹氏は、1月14日の委員会で、尖閣や竹島の問題、靖国神社に関する東京裁判や在日朝鮮人・韓国人に関わることなど、歴史的課題などを知らせる番組があってもよいのではないかと発言していた。この発言については、韓国の大手紙「中央日報」は百田氏がNHKに制作圧力をかけていると報じるなど、波紋を呼んでいた。

もしNHK内部からリークがあったとしたら、こうした経営委員らの言動を苦々しく思い、なんとか辞めさせたいという思惑があったのではないか――そんなうがった見方がネット上で出ているようだ。(J-CASTニュース14年2月19日)』
   
* * * * *

 籾井会長は、昨日、参院総務委員会に出席していたのだけど。野党議員からも辞任要求が出ていたという。

『参院総務委員会が19日開かれ、言動が問題視されているNHKの籾井勝人(もみい・かつと)会長と経営委員の百田尚樹、長谷川三千子両氏の辞任を求める声が野党各党から相次いだ。

 米大使館がNHKのキャロライン・ケネディ駐日米大使インタビュー取材申し込みに難色を示したことについて、籾井会長は「取材や制作の過程については答えを差し控える」と述べ、現場への影響に言及しなかった。13日の定例記者会見で、籾井会長は発言が原因で取材を断られたケースがあるか問われ「そういう話は聞いていない」と述べていた。民主党の吉川沙織氏が説明を求めたが、籾井会長は「答えられない」の繰り返し。吉川氏は「会長の言葉は国会に対して不誠実だ。責任を取って」と訴えた。

 また、共産党の吉良佳子氏は「公共放送の原点に反する発言だ。辞任するしかない」と迫り、社民党の又市征治氏は「経営委員の言動がNHKの信用を失墜させている」として、政府に罷免を求めた。発言に反省を求めた維新の会の片山虎之助氏に対し、籾井会長は「失われたであろう信頼を一刻も早く回復したい」と決意を述べた。

 18日夕までに籾井会長の発言に対し、視聴者から電話やメールで寄せられた意見は1万7900件に上り、約6割が批判的な意見だったという。(毎日新聞14年2月19日)』

『これを踏まえ、浜田健一郎NHK経営委員会委員長は「各方面から寄せられている意見への対応のため、委員会と執行部双方がNHKのかじ取りに集中できない」と説明した。籾井会長は「NHK会長としての重みを受け止め、放送法にのっとり、公共放送の使命をしっかり果たしていく」などと答弁した。(時事通信14年2月19日)』

* * * * *

 ちなみに米紙ワシントンポスト12日付けには、『「百田氏を委員に指名し、籾井氏の会長就任を立案したとされる安倍総理の責任は特に重い」と強調しました。アメリカ政府高官にも総理がナショナリストか改革者なのかいぶかる声があるとし、「報道の独立性を支え、破壊的な歴史否認主義を拒絶できるのは総理だけだ」』と記されていたとのこと。(ANN14年2月12日)

 もしかしたら籾井会長と百田経営委員のことを最も苦々しく思い、早くやめさせようと動いている人の中には、米国の政府やメディアもはいっているのかも知れないな~と思ったりもしたmewなのだった。(@@)
                        THANKS
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-02-20 10:52 | (再び)安倍政権について
頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



何だか急にIME+αが不調になって、記事を書くのに苦戦中。(ノ_-。)

<OSの更新を行なった後に、急にそうなっちゃうことがあるんですよね。>

 IMEの修復や用事(keibaもチョット?)を済ませてから、記事を書くつもりなので、アップするのは夕方以降になりそうです。m(__)m 

 NHKの会長について、興味深い記事が出ていたので、よろしければ、そちらの記事をお読み下さい。

* * * * *
 
『NHKハイジャックもくろむ財界の大物に局関係者が恐々?新会長「従軍慰安婦発言」の背景- Business

Journal(2014年1月29日)

 NHK新会長となった籾井勝人氏が1月25日の就任会見で、「従軍慰安婦は戦争をしているどこの国にもあった」などと述べ、補償を求める韓国を批判したが、これについて与党の自民党からも批判が出ている。個人が歴史観をどう持とうと勝手だが、放送法では、NHKも含めてテレビ局に「政治的な公平性」を求めている。NHK会長は政治的な発言を慎むべきであり、籾井氏の発言は失言といえるだろう。本稿は、慰安婦問題について論考するものではないが、この籾井氏がどのような人物で、背後には誰がいるのかという点について解説していく。

 就任会見のやりとりを見ている限り、この籾井氏はかなり強気で傲慢な人物に見える。三井物産副社長や日本ユニシス社長などを経てNHK会長に就いた。メディアの世界は初体験であり、財界的にもまったくの無名、しかも経営手腕も未知数であるのに、就任早々からこれほどまでに傲慢でいられるのはなぜか。それは、バックにJR東海の葛西敬之会長がいるからである。NHK会長職もこの葛西氏の強い推しがあったことで得られた役職であり、率直に言えば、籾井氏は葛西氏の「傀儡」なのだ。少し長くなるが、その構図を説明する。

 日本経団連は安倍政権との太いパイプもなく、政治的にはほとんど影響力を持たないのが現状である。そうした中で、財界で安倍政権に最も大きな影響力を持つのが葛西氏であり、「陰の財界総理」といわれている。葛西氏は安倍政権の最大の財界ブレーンである。
 
 葛西氏は、「四季の会」という財界人や学者が集まる会合を主宰しているが、その会合は、第一次政権で首相になる前から安倍氏を応援してきた。主要メンバーには、古森重隆富士フイルムホールディングス会長や中西輝政京都大名誉教授らがいる。メンバーの多くが思想的にはいわゆる「タカ派」と呼ばれる人たちで、靖国参拝礼賛、太平洋戦争肯定論者でもある。

 葛西氏はまず、メディアへの影響力を持ち、愛国教育を日本に普及させたいと考えている。このため、NHKへの影響力を強めようと、民主党政権時代に腹心の松本正之元JR東海社長をNHK会長に送り込んだ。昨今の財界も人材難であり、かつグローバル競争にさらされている企業は経営トップが超多忙な日々を送り、公職を引き受ける余裕がないが、JR東海は、東京-新大阪間の新幹線を収益源とする独占企業であり、日本で最もゆとりがある企業だ。独占企業の「ゆとり」を背景に葛西氏はNHK支配を画策して松本氏を送り込んだ。

<下につづく>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




●経営委員会のメンバーを入れ替え

 ところが、葛西氏のもくろみに反して、この松本氏は意外にも「常識人」であり、「葛西氏が、反中国や反韓国、戦争を美化する右翼的な番組制作をNHKに求めたが、松本氏はすべて拒否。かつての腹心の部下ではあっても、公共放送トップとして、やってはいけないことの分別がついていた」(財界関係者)。松本氏はJR東海社長時代から、暴走してあちこちで摩擦を起こす葛西氏の尻拭いをしてきたが、同時に能力も高く、部下からの人望も厚かった。要は、まともな経営者なのである。

 この「まともさ」が葛西氏の逆鱗に触れた。腹心に裏切られたのだから、その怒りは収まりようがなかった。NHK会長は、外部の有識者で構成される経営委員会による指名だ。葛西氏は安倍氏に最も近い財界人という立場を利用して、経営委員会のメンバーを自分の息のかかった人物に入れ替えた。JR東海が中心になって運営している学校法人「海陽学園」(愛知県蒲郡市)の役員や、小説『永遠の0』(講談社)で特攻隊を美化しすぎたことで映画監督の宮崎駿氏や井筒和幸氏らから強烈な批判を受けている作家の百田尚樹氏らを送り込んだ。そして、葛西氏の意のままに動く籾井氏を会長に指名した。籾井氏とは、自身の哲学も信念もまったくない、葛西氏の意向をオウム返しでしゃべる人物なのである。だから、1月25日の記者会見が世間から批判を受けると、1月27日には「あの発言は不適当だった」と即座に謝罪した。おそらく世論の激しい反発を見て、葛西氏らがアドバイスを送って発言を修正したのであろう。

 1月25日の就任会見で話した内容も、葛西氏の考えを代理で語っていると思っていいのである。要は、NHKの事実上の会長は葛西氏なのである。葛西氏は前述したように、愛国心教育の普及と原発推進に熱心で、徴兵制導入も煽っているとされる。思想的には安倍首相とぴったり重なる。一部では「対中国との開戦も望んでいる」(名古屋財界)との声もある。NHK関係者は「新体制になって、葛西氏が操り人形の籾井氏を通じて現場の番組づくりにも口を出してくる可能性が高い」と言う。

 NHKが「安倍・葛西流国益放送」になる日も近づいている。すでに2015年の大河ドラマがまったく無名の存在だった長州藩(山口県)出身・吉田松陰の妹を描く『花燃ゆ』と決まったのも、安倍首相の地元(山口県)に配慮してのことと見る向きもある。大河ドラマの舞台となれば、観光収入のアップなど地元への波及効果が期待される。

 葛西氏は15年4月に、JR東海の代表取締役会長から代表取締役名誉会長に就く。名誉会長という文字通り名誉職に退きながら、代表権を持って取締役に残ること自体、日本のコーポレートガバナンス上、極めて異例なことだ。上場している大企業ではほとんど見られない役員人事でもある。後進に道を譲らず、自分が事実上のトップとして君臨し続けて影響力を残そうということであろう。こんな人物に公共放送であるNHKがハイジャックされていることを、受信料を払っている国民は知っておくべきである。
(文=編集部)

                       THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-02-01 14:53 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7