安倍側近、地方議員に圧力か?党員票7割獲得のため、えげつないほどの票集め、主導権争い



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】 


 自民党の総裁選は、既に安倍晋三氏の3選がミエミエているのだけど・・・。
 ただ、自民党関係者は(&一部の政治に関心のある者?)は、果たして石破茂氏が地方票をどれだけとれるのかということに大きな関心を抱いていて。関係者は、必死になって動いている。(@@)

 安倍氏の盟友であり、今回の選挙対策本部で2TOPとして重要な役割を担っている下村博文氏(細田派)と甘利明氏(麻生派)が、わざわざ前回の総裁選の数字を持ち出して、陣営の引き締めをはかっているほどだ。(++)

『下村氏「安倍票、党員から過半数なければ政局不安定に」

■下村博文・元文部科学相(発言録)(自民党総裁選の)安倍晋三首相の選挙対策本部出陣式に(党所属国会議員の総数の)85%が出席した。(国会議員票は)固いと思う。
 前回総裁選で党員の55%が石破さんと書いた。今回は55%を上回る安倍晋三票が出るよう、やっていきたい。現職の総理大臣だから信任投票だ。いくら国会議員票の数が多くても、党員から過半数以上の支持がなければ、その後、政局は不安定になってくる。(11日、BS11の番組で)(朝日新聞18年9月11日)』

『自民党総裁選 甘利明元経済再生担当相 安倍晋三首相の党員票得票率「6年前の石破氏超えたい」

 自民党総裁選で安倍晋三首相(党総裁)陣営の選対事務総長を務める甘利明元経済再生担当相は10日、党員・党友票(405票)について「6年前に石破茂元幹事長が取った得票率は超えたい」と述べ、55%以上の得票率を目指す考えを示した。安倍、石破両氏による候補者共同記者会見の後、記者団に答えた。
 平成24年の総裁選では安倍首相が党員票300のうち29%に当たる87票を、石破氏が55%に当たる165票を獲得した。(産経新聞18年9月10日)』

* * * * *

 ただ、下村氏や甘利氏のいう党員票55%以上は、あくまでもオモテの数字だ。(・・)

 12年の総裁選の時は、今と党員票の票数や配分の仕方が違うのだが。いずれにせよ、石破氏は5人も候補者がいた中で、半数を超える55%もの得票率を獲得。しかも、2位だった安倍氏の約2倍もの票数をとったわけで。石破氏は、党員票ではまさに「圧勝」したのである。

 逆に言えば、安倍氏は党員票で石破氏に「惨敗」したわけで。「安倍氏は、永田町の権力関係によって議員票は集めたけど、党員に支持されていない。本当の意味で、人々に支持されていない」ということが、ある種のコンプレックスやトラウマになっていたのである。<15年の総裁選を無投票で済ませたかったのも、今回もできれば選挙をやりたくなかったのも、それが大きな要因になっている。^^;>

 今回は党員票が405票に増加。また投票票数をドント方式で配分することになったのだが。安倍陣営は、当然にして過半数とか55%とか獲得するだけで、よしとする気はない。
 前回がほぼダブルスコアだったことを考えると、最低でも2倍の投票率(66%)をとらなければ、本当の意味でリベンジを果たしたとは言えないし。直接対決であることを考えると、7~8割以上とらないと「圧勝」したとは言えないと考えているようだ。(~_~;)

 それで、mewは先日、もし石破氏が党員票を4割か5割以上とったら、勝ちに等しいと書いたのである。_(。。)_

<機会があれば後日、また書くつもりだが。安倍首相は「圧勝」することによって、さらに自分の権力を強め、人事面では、献金問題で閣僚を辞めた甘利氏、下村氏などの超盟友を要職に復活させたいと考えている様子。また、自分の改憲案が認められたとして早期に自民党に国会提出をさせることなども目指している。>

* * * * * ☆

『◇地方票7割目標

 安倍陣営には党内7派閥中、首相の出身である細田派など5派と竹下派有志が参加。3日に開いた合同選対発足式には、無派閥議員50人以上を含む計346人(本人230人)が詰め掛けたという。投票権を持つ所属国会議員405人の85%を占める計算だ。

 さらに陣営は地方視察や県連幹部との懇親を重ねる首相が地方票でも先行しているとみている。目標は国会議員票と同数の地方票405票のうち7割獲得だ。国会議員票と同水準の支持を得ることで総裁選後の求心力を保つ狙いがある。

 北海道地震で7日から3日間の活動自粛については「危機管理の安倍政権をアピールできるから選挙戦を戦う上ではよかった」(陣営幹部)との声が漏れる。論戦が本格化するのは首相がロシア訪問から帰国後の14日以降。陣営は活動再開後、所属議員や秘書をフル回転させる方針だ。

 陣営内の衆院議員は自らの選挙区を担当。支持議員が不在の選挙区には参院議員を充て、秘書らが電話で支持を呼び掛ける。47都道府県とブロックごとにも責任者を決め、選対への支持動向の集約を徹底する。

 ただ、森友・加計学園問題など一連の政権不祥事で下落した内閣支持率は以前の水準まで回復しておらず、一般党員まで支持が浸透しているかは見えない。首相に近い閣僚経験者は「地方票で目標を下回ると今後に影響しかねない」と神経をとがらす。(時事通信18年9月8日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   

 それゆえ、安倍陣営では、国会議員や地方議員に呼びかけて(締め付けて、圧力をかけて)、えげつないほど、各地の党員票集めに力を入れているのだ。(・o・)

 安倍陣営は、国会議員や地方議員が属している地方の支部に「安倍支持」を明らかにして、党員
がみんな安倍氏に投票するように働きかけることを要請。
 また、石破氏が選挙活動を行うために各地に行った場合、協力しないように要請(指示)したのである。(-_-;)

『「地方議員との会合を重ねている首相サイドは、県連単位で支持を一本化するよう要請しています。『個人的には石破さんを応援したい』と言ってくれる地方議員もいるのですが、地方組織から石破氏に講演依頼があっても断るよう、党本部にも圧力をかけているようで、石破氏が講演する予定だった党員集会のキャンセルも相次いでいます。日程が事前に漏れると潰されるので、地方集会の告知も大々的にできない。苦肉の策で、都道府県ごとに47本のビデオメッセージを作成して、石破氏の総裁選特設サイトで公開することにしたくらいです」(石破陣営関係者)

 安倍独裁を象徴する異様な総裁選だが、安倍陣営は「石破派を殲滅する」と気炎を上げているという。自分たちに都合がいいように、ルール変更までしてしまった。

 党則によれば、党費を連続2年納めた20歳以上の党員に投票資格がある。ところが執行部は、特例として入党1年目の党員にも投票権を与えることを決めたのだ。

「これで投票資格のある党員が約16万人増えます。安倍政権下では国会議員にノルマを課して党員拡大運動をしてきましたが、実は新規党員の獲得数が最も多かったのが二階派なのです。派閥として安倍支持を決めているので、新規党員の投票はそのまま安倍首相の得票に上積みされる見込みです」(官邸関係者)(日刊ゲンダイ18年9月2日)』

* * * * * ☆

 そんな中、昨日、ついに安倍陣営の露骨な圧力を告発する地方議員が出た。(・o・)

 石破氏は11日に、選挙活動のため神戸市を訪れたのだが。安倍氏の側近である西村康稔官房副長官(衆院・兵庫9区)が、地元の議員に石破氏を支援しないように求めたというのである。^^;

『安倍氏側近から地方議員に圧力か 自民党総裁選、党兵庫県連内で候補支持を巡り対立

安倍氏側近から地方議員に圧力か 自民党総裁選、党兵庫県連内で候補支持を巡り対立
神戸新聞NEXT
 安倍晋三首相と石破茂元幹事長の一騎打ちとなった自民党総裁選(20日投開票)の対応を巡り、同党兵庫県連の一部の議員が反発している。11日に神戸市を訪れた石破氏を支援する県議や神戸市議らが、安倍氏の側近で同県連所属の国会議員から圧力があったとSNSなどで告白。「なぜ正々堂々と論争で勝負しないのか」と憤る。

 同県連所属の複数の議員によると、この国会議員は西村康稔官房副長官(兵庫9区)。総裁選告示後、西村氏から神戸市議らに連絡があり、石破氏への支援を控えるよう求めたとされる。

 今回の石破氏の神戸入りを支援した神戸市議は自身のフェイスブックで「官邸の幹部でもある、とある国会議員から、露骨な恫喝、脅迫を私達地方議員が受けており、石破茂候補を応援する決意を固めました」と表明。別の議員は「そこまでして官邸にこびる必要があるのか」と怒りをあらわにした。

 石破氏は10日の本格的な論戦開始後、地方行脚の訪問先として11日午前、神戸市の街頭で演説し、同市議や県議ら約10人が傍らに並んだ。(井関 徹)(神戸新聞18年9月11日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 西村康稔氏と言えば、09年9月、自民党が下野した際に行なった総裁選に出馬したことを覚えている人もいるかも知れない。(忘れられちゃっているかな?^^;)
 西村氏は当時、まだ衆院に3選したばかりだったのだが。当初から谷垣禎一氏が当選を確実視されていた中、無投票や一騎打ちを避けるため、森元首相などに指示されて、いわばにぎやかし要員として、とりあえず立候補した(させられた?)のである。(-_-;)

<本人は、ここで上に恩を打っておけば、後の人事にプラスになると思った(そう言われた?)かも知れないのだが。一気の出世はならず。安倍内閣では副大臣を歴任、16年には安倍っ子の特等席・自民党総裁特別補佐、17年に内閣官房副長官になって、最近は外遊の際に、安倍首相の後ろで顔が映っている。^^;>
 
 実は、首相の周辺では、新たな人事で要職につきたい側近たちが、首相に評価されたいがために、主導権争いを繰り広げているとのこと。西村官房副長官も、かなり焦っているのかも知れない。

『陣営は9月3日に選対本部発足式を予定するが、役員の発表さえ見送られた。

 原案では、橋本聖子参院議員会長が本部長、甘利明元経済再生担当相が事務総長、萩生田氏が事務局長を務める予定だが、顧問には麻生太郎副総理兼財務相や二階俊博幹事長ら領袖(りょうしゅう)級がずらり。本部長代理5人、副本部長9人、副事務総長6人、常任幹事12人、事務局次長14人。その陣容を知った中堅は「こんなに船頭が多かったら、今後ますます混乱するぞ」と嘆いた。

 陣営の動きが鈍いのは、首相の出身派閥である細田派(清和政策研究会)の責任も大きい。下村博文元文部科学相、西村康稔官房副長官、萩生田氏の主導権争いが起きたからだ。
 3氏がそれぞれ首相官邸に多数の案件を持ち込んだため、首相の京都入りの日程調整がつかなくなり、地元で動員をかけていた西田昌司参院国対委員長代行を激怒させた。

 また、都内のホテルに構えた「裏選対本部」に西村氏だけ一時的ながらも出入り禁止となった。「官房副長官が裏選対に出入りするのは好ましくない」というのが表向きの理由だが、相互不信は募るばかりだ。(産経新聞18年9月2日)』

 そして、できるなら、この安倍陣営のえげつないやり方や、あさましい猟官運動ぶりをもっとメディアに伝えて欲しいのにな~と。総裁選にはあまり深く触れないようにしているTVメディアを見ながら、ため息をついているmewなのだった。_(。。)_

  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-09-12 06:40 | (再び)安倍政権について

西村、小野寺がトンデモ釈明&5日の飲み会への批判、強まる+災害よりカジノの安倍に、山本太郎が怒



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全英テニス準決勝・・・第1試合では、第8シードのKアンダーソン(南ア)が第9シードのJイズナー(米)を下し、初の決勝進出を決めたのだが。この対戦はとんでも長いものに。
 そもそも第4セットまででも7-6(6)、6-7(5)、6-7(9)、6-4と大接戦で、3時間以上費やしていたのに。タイブレークのない最終セットにはいって、ともかくお互いにサーブ・ゲームを譲らず、26-24までもつれ、試合時間が何と過去2番目に長い6時間36分に達したのである。(@@) <でも、2人とも最後まで集中力を切らさず、サーブもしっかり入れて、心身ともに本当にタフだったです。(++)>
 ちなみに過去最長は、同じくイズナーが2010年に2回戦でNマウ(仏)と対戦した際に記録した11時間5分。この時は最終セットが70-68でイズナーが勝ったのだけど。何と試合は3日間に及んだ。(・o・)

 で、予定より4時間半以上遅れて、第2試合ナダルージョコ戦が始まったのだが。この試合のレベルがあまりにも高くて、ワオー(゚Д゚)という感じ。でも、現地で夜11時過ぎたため、試合はジョコがセットカウント2-1とリードしたところで順延になったです。続きが気になる~~~。^^;】

* * * * *

ところで、5日に自民党の議員が「赤坂自民亭」なる飲み会を開いていた&安倍首相らも参加していたことに対して、日がたつにつれ、どんどん批判が強くなっている。(@@)

 おそらく、複数のメディアが、今週後半にはいって、ようやくこの件を取り上げるようになったことや、出席者の中に言い訳がましい(きき苦しい&みっともない?)説明をする人がいたことなどが、その要因になっているのだろう。(~_~;)

 公明党の井上幹事長は、13日、かなり厳しい言葉で批判していたという。(・o・)

『先週5日の夜、大雨による避難指示などが出される中、自民党の幹部と所属の国会議員、およそ50人が議員宿舎で飲酒を伴う懇親会「赤坂自民亭」を開催し、安倍総理も参加していました。これについて、自民党と連立を組む公明党の井上幹事長は次のように批判しました。

 「軽率のそしりを免れないのではないかなと、状況をよく踏まえて踏みとどまるべきだったのではないか」(公明党 井上義久 幹事長)
 また、井上氏は、懇親会の写真などをツイッターに投稿した西村官房副長官について、「政府の責任者でもある。掲載すること自体も軽率のそしりを免れない」と苦言を呈しました。(TBS18年7月13日)』

* * * * *

 安倍首相や自民党を擁護する保守系の識者や支持者の多くは「会合を開いたこと自体は問題ない」と主張しているのだが。(彼らは「飲み会」とは言わず、「会合」だと主張する。^^;)それでも、「西村官房副長官などがツイッターに、いかにも楽しんでいるような写真や報告を上げたのはマズかった」と問題視する人は少なくない様子。(・・)

『小泉純一郎元首相は13日、大雨の恐れがあった5日夜に安倍晋三首相を囲んで自民党議員が開いた「赤坂自民亭」について、「どこにいても情報は入ってくるので、食事会は非難されるわけじゃないが、あんな写真を出してはしゃいでいるような感じを出したのは軽率だ」と述べ、笑顔の集合写真をツイッターに投稿した西村康稔官房副長官に苦言を呈した(朝日新聞18年7月13日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 しかも、西村官房副長官は12日の参院内閣委員会で、野党議員の質問に対して、謝罪の言葉を述べたのだが。その際の釈明の仕方にも、批判の声が相次いでいる。(-"-)

『立憲民主党・相原久美子議員「飲み会の写真をことさらにツイッターであげるという、その議員として、その感覚がちょっと私にとっては信じられない」

 西村官房副長官「週末の大雨による災害発生時に会合をしていたかのような誤解を与えて、多くの方が不愉快な思いをされたということでありますので、おわびを申し上げたいというふうに思います」

 こう釈明した西村氏に対し、立憲民主党の相原議員は「誤解ではない。大雨情報が出た段階で神経を使うべきだった」と重ねて批判した。(TBS18年7月12日)』

 赤坂自民亭は、単なる会合でもないし。批判が生じているのは、決して誤解からではないからだ。(・・)

<『「赤坂自民亭」に出席していた石田真敏衆院議員が「いろいろ人も変わってワイワイ声も聞こえないくらい」、左藤章衆院議員が「酒飲んでワァーっというだけです」と証言したことで(Nスタ 7月10日)(文春オンライン7.14より)』

* * * * *

 そもそも、この「赤坂自民亭」というのは、『竹下亘総務会長が「亭主」を、翌日にオウム死刑囚を大量処刑した上川陽子法相が「女将」、“ドリル破壊大臣”こと小渕優子・元経済産業相が「若女将」、吉野正芳復興担当相をはじめとする7期生が「店員」を務めるという“ごっこ遊び”のような内輪の飲み会』で、赤坂の議員宿舎内にて月1回のペースで開かれているとのこと。(リテラ7.9)

 しかも西村官房副長官のツイートによれば、安倍首相は「獺祭」、岸田政調会長は「賀茂鶴」と、それぞれ地元の日本酒を差し入れたそうだし。会合の写真を見れば明らかなことに、これはどうしたって単なる「会合」や「懇親会」ではなく、結局のところは「飲み会」なのである。(・・)

 また、この飲み会が問題視する人は、週末の災害発生時に行なっていたと誤解しているのでもない。
 気象庁は5日の午後には異例の会見を開いて、週末にかけて「記録的な大雨となる恐れ」があるとして厳重な警戒を呼びかけていたし。京都府内では、10万人以上を対象に避難勧告が出されていたわけで。もう5日の夜には、少なくとも災害発生時には迅速に対応すべき安倍首相や小野寺大臣や、官邸の要職にある西村官房副長官などは、酒席を控えるべきだったのである。(-"-)

<あと安倍首相は5日以降も、ずっと富ヶ谷の私邸に帰っていたのだが。災害発生に備えて、公邸に泊まっておくべきだったのではないかと思う。・・・というか、本当に幽霊がこわいからなのかどうかはわからないけど。安倍氏は結局、首相になってから5年半、公邸には引っ越すことなく、私邸から通い続けているわけで。それもいかがなものかと思う。^^;>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 小野寺防衛大臣は、10日に「防衛省からは随時連絡が来ており、その都度指示を出していたので特に支障はないと思っている」と開き直っていたのだけど。
 mewも記事でツッコンだように、他からも「飲酒しながら指示したのか」という疑問、批判があったようで。その辺りをまた言い逃れようとして、わけのわからない説明をすることに。(~_~;)

 しかも、「西村が余計なツイッターをアップしなければ、自分がこんな批判を受けずに済んだのに」と思っているのか、恨み節まがいの発言までしていたりして。
 ここまで来ると、あまりにもみっともなくて、情けなくさえ感じてしまうmewなのである。 _(。。)_

* * * * * 

『気象庁が大雨への注意を呼びかけていた5日夜に、自民党国会議員が安倍晋三首相を交えて開いた懇親会「赤坂自民亭」。出席していた小野寺五典防衛相は13日の閣議後会見で「酒席の場で連絡を受けたり報告をしたことはない」と述べ、「(災害対応に)支障はなかった」と繰り返した。

 小野寺氏は議員宿舎で開かれた懇親会について、「会員相互の会議室での交流の場」と説明。途中から参加し、懇談の場にいたのは「30分程度だったと思う」と述べた。

 ただ、西村康稔官房副長官がツイッターに投稿した写真にはグラスを持つ首相らが写っており、会見で記者から「酒を飲みながら(災害対応の)指示を出していたということか」と問われた。

 これに対し小野寺氏は、「乾杯はしたが、会合の最中に連絡があったり、会合の最中に連絡をしたとかいうことはない」と釈明。「乾杯させていただいたが、少なくとも(災害対応に)支障はなかったと思っている」と強調した。 

 一方、西村氏が写真をツイッターに投稿したことについては「気象庁が注意する呼びかけ、不安な気持ちをもたれる方々がおられる中で、あのような情報を発信することは適切ではなかった」と述べた。(朝日新聞18年7月13日)』

* * * * *

 さらに言えば、安倍自民党は、この災害の最中もカジノIR法案の審議を進めているわけで。そのことにも、疑問の声が出ている。(・・)

 12日の参議院内閣委員会での山本太郎氏の訴えを載せておこう。

『過去の災害対応と180度違う振る舞い、これ余りにも愛のない政治じゃないですか。人間の心、そこにあるんですか。ないですよね、はっきり言って。取り戻せないんだったら、政治家なんてなるべきじゃないと思いますよ。だって、税金で食べさせてもらっているんでしょう。税金で食べさせてもらっている上に政治まで私物化するかって。自分の既得権益に精いっぱい恩返しするための、そのために被災地対応と並行してやれって。カジノなんてなくても人死なないですよ。カジノの審議よりももっと大切なこといっぱいあるじゃないかって話ですよね。

 自民党、公明党の皆さんが真っ先に言わなきゃならないこと、総理に対して真っ先に言わなきゃいけないこと、総理は殿様じゃないということを言わなきゃ駄目なんですよ。総理は王様じゃありませんよと言わなきゃ駄目なんですよ。

 国会の要請に従って審議に応じていますという話じゃないですよ。官邸の命令でしょうって。総理がやりたいんでしょう、総理の後ろにいる人たち、もちろん利害関係ある議員もいるだろうけれども、何よりも、お約束している人たちがいるからカジノ持ってくるんでしょうって。三権分立、そんな話じゃないじゃないですか、完全に官邸の下請の仕事じゃないですか、どれを取ってもって。だから苦しんではるんでしょうって。(Harbor Business On LIne18年7月13日)』

 そして、安倍政権は、富国強兵にはたいそう熱心であるものの(カジノIR法案もその一つ)、いかに一般国民の安全のことは考えていないのか・・・よ~く見ておいて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS

                      
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-07-14 09:43 | (再び)安倍政権について

官邸、枝野や小沢を邪険に?&安倍のプッシュ型支援に問題あり+飲み会の波紋広がる&苦しい反論


頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の方々も
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【全英テニス・錦織圭は4回戦で元10位のガルビス(ラトビア)に4-6、7-6(5)、7-6(10)、6-1で3時間半のハードな試合に勝利。95年の松岡修造以来、23年ぶりに全英で初めてベスト8入りを果たした。<これで四大大会全てでベスト8以上に。"^_^">
 錦織は右肘にテープをして登場。第1セットはガルビスのサーブやショットにタイミングが合わずにとられ、第2セットもなかなかサーブを敗れず。肘の痛みでトレーナーやドクターを呼んでいたので(鎮静剤を服用)「もしかして棄権?」と心配したのだが。本人いわく、タイブレークの途中で、戦い方が見えて来たとのこと。第3セットもお互い自分のサービスゲームを譲らずタイブレークにはいったものの、12-10で振り切った。<タイブレーク中にガルビスが転倒し、右ひざをひねったため、靭帯保護のガチガチのテーピングをすることに。>
 第4セットは、ガルビスが思うように動けなかったこともあり、6-1でとるが。2セットめ以降、思うように優位に立てなかった中、イライラや失望感を自分でコントロールして、粘り強くプレーを続けられたことが勝因だったように思える。<あとファースト・サーブが80%近くはいったことね。(・・)b>

 さて、準々決勝の相手は、一時は絶対王者になりつつあったジョコビッチ。(・o・) ジョコは右肘の故障で、錦織同様、17年後半を休養したため、大きくランクダウン。2年前なら1と4位の戦いが、今回は第18シードと第24シードの戦いになる。(@@)
 ジョコは11,14,15年の全英を3回も優勝しているように、芝も得意だし。しかも、錦織に12連勝中(13勝2敗)で、データ的にはかなり不利な感じがあるのだけど。でも、芝は初対戦だし。ジョコは調子を戻しているものの、まだ全盛時の7~8割ぐらいでミスも多いので、チャンスは十分あるのではないかと。
 錦織が前回勝ったのは、14年の全米準決勝なのだが。この時は当たって砕けろで無心の勝利だったのだけど。この勝利以来、ジョコ戦では勝てるかもという意識が働くのか、妙に力がはいってしまうところが。それゆえ今回は、またチャレンジャー精神で、目の前の1本1本に集中してプレーして欲しいな~と思うmewなのだった。ガンバ!o(^-^)o <尚、男子ダブルスでマクラクラン勉組がベスト8に。混合では穂積と組んで3回戦に進出している。>】

* * * * *

 西日本の豪雨被害はさらに拡大。死者が150人を超えた上、いまだに50人以上の行方不明者がいるという。(-"-)

 毎度ながら対策が後手後手に回っている安倍首相は、総裁選を前に何とかイメージを挽回しようとしているようで、11日には岡山の被災地を視察に訪れる予定だとのこと。
 また、すぐに予備費20億円を使うことに決めたのはいいのだが。熊本地震の失敗に懲りず、また「プッシュ型支援」を強化するよう指示したという。^^;

『「プッシュ型支援」は、大規模な地震や水害などの発生時、被災自治体が必要な物資や量などを正確に把握することは難しいため、国の判断で必要不可欠と見込まれる物資を送るシステム。東日本大震災で支援物資が迅速に行き渡らなかった反省を踏まえ、24年6月に改正した災害対策基本法に盛り込み、28年4月の熊本地震で初めて本格実施された。
 ただ、輸送の混乱や人手不足などで滞り、一部の物資は避難所まで届かないトラブルもあった。このため、政府の中央防災会議(会長・安倍首相)は29年4月に防災基本計画を見直し、都道府県と市町村がそれぞれ輸送拠点を設け、避難所まで確実に送り届ける態勢を作ることを決めた。(産経新聞18年7月10日)』

 安倍首相や自民党は、民主党政権の東日本大震災の対応を批判。東日本大震災は、あまりにも広い地域で震災・津波被害、原発事故災害があって、情報取得も運搬も困難だったため、あの時と比べること自体、ナンセンスだと思うのだけど。
 何でもトップダウンでスピーディーにやるのがいいことだと思っている安倍内閣は、熊本地震では「プッシュ型」がどうのと言って、一方通行でアレコレ送りまくった結果、ニーズに合わないものもかなりあった上に、拠点で物が貯まってしまい、却ってジャマになるなどトラブルが多く、上の記事にもあるように、反省&見直しを余儀なくされたのだ。(-_-;)

 それゆえ、今回は少しは学んだかと思いきや、また同じ過ちを犯そうとしている様子。昨日、既にTVの取材でやっていたのだが。早くも、ある避難所では、食べ物は何日分も来て外に山積になっているものの、水や衣服が足りずに困っているなど問題が生じているようだ。<政府が、簡易トイレやクーラーの支援を重視しようとしているのはGOODだと思うけど。(・・)>

 安倍政権が、いかに自分たちの考えや都合でコトを進めようとしているか。いかに国民の現状把握に努めようという姿勢ないか、国民の声に耳を傾けてその要望に応じようという姿勢がないか、災害対応にもよくあらわれていると思うmewなのである。 _(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 また、野党代表が官邸を訪れて、災害対応を優先することを要求したのであるが。今回、安倍官邸が、いかに多弱の野党をジャケンに扱っているかもわかったりして。<知人は「どう見ても嫌がらせとしか思えない」と怒っていた。(@@)>

『野党代表、面会で一時混乱=小沢氏出直し、枝野氏は足止め

 豪雨災害を受けた野党各党代表らによる9日の首相官邸への緊急要請をめぐり、面会時間が変わったり、入り口で検査の足止めを食ったりするなど、一時混乱する場面が見られた。
 野党は官邸側の対応に不満を強めている。

 要請は野党幹事長会談で急きょ決まった。当初は「午後4時から」と各党に伝わり、自由党の小沢一郎代表は定刻前に官邸に着いた。ところが、数分後に「会談は中止」との情報が入り、小沢氏は「(事情は)知らない」と困惑した様子で官邸を後にした。
 関係者によると、官邸での面会を要望した野党側に対し、官邸サイドが「国会内でなら会ってもいい」と主張。面会場所で折り合わず、いったん白紙になったようだ。
 結局、菅義偉官房長官との面会が官邸で40分後に設定されたものの、今度は立憲民主党の枝野幸男代表が官邸入り口で保安検査のため足止めに。立憲幹部は「われわれが官邸にいたときとまるで違う」と不快感をあらわにした。(時事通信18年7月9日)』

『立憲の枝野幸男氏ら5党1会派の代表は9日、首相官邸に菅義偉官房長官を訪ね、安倍晋三首相やカジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案を所管する石井啓一国土交通相らについて、「災害対応に最優先に取り組むべきだ」と求めた。菅氏は「国会のことは国会で決めてほしい」と答えた。(時事通信18年7月9日)』 

<カジノIR法案は、安倍官邸の意向で、強引に今国会中に成立させようとしているくせに。何が「国会のことは国会で」よね~。<`ヘ´> >

* * * * *  

 野党は、国会で、政府の災害対策の遅れについて追及する姿勢を見せている。(・・)

『国会では西日本の豪雨災害への政府の対応をめぐり、野党側が閣僚による会議の開催などが遅れたのではないかと追及した。

立憲民主党・杉尾議員「7日の午前10時になってようやく大雨に関する閣僚会議を開催しているが、もうこの時点ではすでに死者、行方不明者多数と伝えられている。会議の開催が遅すぎたんじゃないでしょうか」

桑原内閣審議官「関係閣僚会議開催までの対応に遺漏があったとは特に考えていない」

 政府側は閣僚会議に先立って、首相官邸に対策室などを立ち上げており、対応に遅れは無かったと説明した。
 また、西日本の各地に大雨が降り始めていた5日夜に安倍首相が自民党議員との懇親会に出席していたことをめぐって、野党側は「適切だったのか」とただした。
 これに対して政府側は「連絡体制は構築されており、危機管理体制に支障はなかった」と強調した。(NNN18年7月10日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 昨日の記事で扱った5日の飲み会への批判の声も、野党だけでなく、与党内からも出ている。(・・)

 驚いたことに、5日に開かれた「赤坂自民亭」の情報や写真は、片山さつき氏だけでなく、よりによって内閣官房副長官の西村康稔氏までもがツイッターに上げていたことが判明。

「今夜は恒例の自民亭。衆議院宿舎の会議室で、月一回食べ物やお酒を持ち寄り、党幹部と若手議員のざっくばらんに話す懇親会。選挙区の悩みを相談したり、地元の名産PR。今日は、安倍総理、岸田政調会長、竹下総務会長が勢揃い。和気あいあいの中、若手議員も気さくな写真を取り放題!正に自由民主党党。」

「参加した多くの議員は「(安倍総理が差し入れた)獺祭と(岸田政調会長が差し入れた)賀茂鶴とどっちを飲むんだ??」と聞かれ、 一瞬戸惑いながらも、結局両方飲んでました。そして、お二人と写真を撮っていました笑笑 いいなあ自民党。」

<ちなみに、「獺祭」を製造しているする旭酒造(山口県)は、雨で酒蔵施設が浸水して停電したため、一升瓶に換算して30万本の獺祭が廃棄処分に。復旧にも2ヶ月以上かかるという大打撃を受けたんだよね~。(ノ_-。)
 西村氏は最近、副長官として安倍首相の外遊に同行し、後ろで安倍首相の言葉にワイプ・タレントみたいに微笑んだり、頷いたりする姿が目立つ(mewにはうざい)のだけど。これは出世コース入りにはマイナスだったかも。(-"-)>

* * * * *

 立民党の蓮舫氏は、実に的確な批判を行なっていた。(・・)

『首相らの議員宿舎の酒席、蓮舫氏「責任感あまりに欠如

 ■蓮舫・立憲民主党参院幹事長(発言録)
(5日夜に自民党議員が議員宿舎で酒席を開いたことについて)まず驚いたのは(安倍晋三)総理も出席していたことだ。気象庁が8日にかけて歴史的な豪雨になるという警戒を呼びかけていた夜だ。九州と北海道では、すでに避難者も出ていた時に、総理が出て、救助要請を受ける立場の小野寺(五典)防衛相が出て、翌日異例の7人の(死刑)執行に署名した上川(陽子)法相が出て、最も国民が災害でつらい時に寄り添うべき(吉野正芳)復興相も出て、自民の政策責任者(の岸田文雄政調会長)も広島出身なのに出られて。そして楽しそうに宴の写真が出回ったときに、まさかと思いました。責任感があまりにも欠如しているとしか思えない。これは言い繕えないと思います。(国会内で記者団に)(朝日新聞18年7月10日)』

* * * * *

 自民党内では、飲み会の主催者側だった竹下亘総務会長が「もう開いてしまっておりますので、どのような非難もお受けしようと思っております」「正直言って、これだけ凄い災害になるという予想を私自身は持っていなかった」とプチ反省を示していた様子。(朝日7.10)

 また、『森山裕国会対策委員長は10日の記者会見で、記録的な大雨になる恐れがあると気象庁が発表した5日の夜、安倍晋三首相らが自民党議員の懇親会に出席したことについて「大雨や災害が予測される時は、できるだけ、そのようなことは慎んだ方がいい」と苦言を呈した』という。(朝日新聞18年7月10日)

 ところが、最も被害が大きかった広島が地元の岸田政調会長は、「木曜日(5日)の段階で出ている情報の範囲内において、政府としても与党としても対応すべきことについてはしっかり対応を行う、こういったことで取り組んでいたと認識している。私もその豪雨の降る中、(広島市など)現地におりましたが、降り方といい、被害の内容といい、そして被害の広がりといい、いままで私自身が経験した災害と比べても大変異質なものを感じた」と釈明。(朝日7.10)

 小野寺防衛大臣に至っては「「赤坂自民亭」に)私も出ていた。指示をし終わった後、宿舎で待機していたので、その際に集会所に行って顔を出した。だが防衛省からは随時連絡が来ており、その都度指示を出していたので特に支障はないと思っている」と反論していたそうで。(朝日7.10)

<飲みながら指示を出す方が、もっとアブナイし、無責任でしょ~。(-"-) というか、飲み会をしたことより、そのあとの釈明や反論の仕方に注目すべきかも。(・・)・・・あと何か8日に京都の自民党議員が集まってビアパーティーをしていたという話もあるとか。(゚Д゚)sirabeteoku>

 そして、どうか国民は、こういう時にこそ、安倍首相や閣僚、自民党幹部などが、本当に国民や地元民のことを思っているのか、災害時の対応を信頼して任せられるのか、しっかり見ておいて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS
                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-07-11 05:15

籠池が自民に抗議&せこい自民の偽証罪告発の対象+国政調査権で真相解明を

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【今年の世界フィギュアは、男女ともレベルが高かった~~~。(@@)

 女子は浅田真央ちゃんの全盛期(13~4年ぐらいまで?)は、200点超えってきいただけで、スゴ~イって思ってたのに。今や日本人TOPは、宮原知子の218.33。
 今回の大会は1~3位まで200点超えで、1位のメドベージェフは233.41と自己ベスト更新したです。<この人は、ここ1~2年で220点台を7回も出してるんだよね。^^;)

 日本女子は、三原舞依がフリーで自己ベストを更新する演技を見せ合計197.88点でSP15位から5位に浮上したものの、樋口新葉は11位、本郷理華は16位に終わり、出場枠3人ゲットはかなわなかった。^^; <本郷の「リバーダンス」が好き&名作だと思うのにな~。>
 今後、宮原につづく選手が安定して上位をとれるかビミョ~なところで。選手の養成の仕方に工夫が必要かもです。o(^-^)o】

* * * * *

 森友学園問題、『安倍自民「籠池潰し」を狙う~検察告発と大阪の調査、メディアから消して幕引きへ』のつづきを・・・。

 安倍自民党は、自分たちの手で「籠池潰し」をする手段として、23日の証人喚問での籠池前理事長の発言を分析し、偽証罪で告発することを検討している。(@@)

 3月28日は、総裁特別補佐を務める自民党の西村康稔氏が、わざわざ記者会見を行なって、偽証罪で告発する意向があることを発表。しかも、国会の国政調査権発動も検討すべきだという考えまで示した。(~_~;) 

 いや、mewももし自民党が「安倍友恵夫人が籠池氏に100万円を渡したというのは、事実と異なる。偽証だ」と告発するなら、それは「あり」だと思うし。<安倍首相だって、早く妙な疑惑が晴れていいのでは?>
 でも、後述するように、彼らがウソだと指摘しているのはもっと細かい点なので、何だかな~と思ってしまうところがあったりして。^^;

* * * * *

 どうやら、菅官房長官は、西村氏の考えを支持しているようなのだけど。<・・・てか、mewは、菅っちが籠池に脅しをかけるため&周辺の反応を見るため、ボン西村に会見させたと思っているんだけどね。^^;>

『森友学園を巡る問題。証人喚問での籠池理事長の証言を巡り自民党が偽証罪での告発も検討していることについて、菅官房長官は29日、「真相究明の動きだ」として期待感を示した。
 菅官房長官は会見で、「言い合いを続けるより客観的な証拠を示すことが必要だ」と強調した。

 「証拠のない言い合いを続けるよりは、誰にでも分かる客観的な証拠を示していくことが必要であって、確かな証拠のもとに事実が解明することを期待をしたい」-菅官房長官はまた、与党や国会の調査に対して「政府として必要な協力は行いたい」と述べた。(NNN17年3月29日)』

 ただ、先週も書いたように、この偽証罪での告発には、野党からだけでなく公明党や自民党の一部からも慎重・反対論が出ている。(~_~;)

『一方、公明党の大口国会対策委員長は、与党幹部の会合で「偽証罪での告発はあくまでも予算委員会に権限がある」と述べ、自民党単独での動きに苦言を呈した。また首相周辺からも「下手に話を長引かせてほしくない」との声が出るなど対応を巡って政府・与党内に温度差も出ている。(同上)』
 
『籠池氏の偽証罪告発は困難 自民・下村氏

 自民党の下村博文幹事長代行は26日、学校法人「森友学園」の国有地払い下げ問題で、衆参両院の予算委員会で証人喚問された籠池泰典氏について、議院証言法に基づく偽証罪で告発するのは困難だとの見方を示した。都内で記者団に「(告発は)全会一致が慣例ということなので、(追及を強める)今の野党の状況を見ていると難しい」と述べた。(日経新聞17年3月26日)』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『一方、民進党は、自民党の動きを強く批判している。
 民進党・山井国対委員長「これは一歩間違えば国家によるどう喝、さらに籠池理事長はうそつきであるという一方的なレッテル貼りにつながりかねないと思っております」

 民進党は「籠池氏の証言が真実かを知るためにももう一方の話も聞く必要がある」として、昭恵夫人の証人喚問を改めて求めていく方針。(NNN17年3月29日)』

* * * * *

 さらに、西村氏をはじめ自民党議員が、籠池氏の発言を「虚偽だ」「大ウソつきだ」(orその疑いが濃い)と公の場で言うことに、籠池氏側が反発。
 代理人を通して、抗議の文書を送って来たとのこと。名誉毀損に当たるとして、撤回を求めたという。(・o・)

『大阪市の学校法人「森友学園」をめぐる問題で、籠池(かごいけ)泰典氏の代理人弁護士が1日、籠池氏の証人喚問について、偽証の疑いがあるなどと発言した自民党所属の国会議員3人に対し、発言は名誉毀損(きそん)に当たるとして、ただちに撤回するよう申し入れる抗議書を送付したと明らかにした。

 抗議書は3月31日付で、3人は西村康稔・総裁特別補佐、西田昌司参院議員、葉梨康弘衆院議員。西村氏は28日の会見で、偽証罪での告発について「偽証が確定すれば考えたい」と前向きな考えを示していた。西田、葉梨両氏は同23日の証人喚問で籠池氏に直接質問していた。

 抗議書によると、籠池氏は自らの記憶に忠実に質問に答えていたとして、「偽証はしていない」と主張。西村議員らの発言については「公益を図る目的がなく、一民間人に対する人格攻撃」などと非難した。(産経新聞17年3月31日)』

『この発言について、籠池氏の代理人の弁護士が、西村氏ら3人に先月31日付けで抗議書を送付したことを明らかにしました。抗議書では、「籠池氏は国会の証人喚問で当時の自己の記憶に忠実に、質問に答え、偽証はしていない」としたうえで、「一部の国会議員による『偽証である疑いは濃厚』、『告発を検討』などの発言は法的な根拠を欠くもので、籠池氏に対する名誉毀損にあたる」として、発言を直ちに撤回するよう求めています。(NHK17年3月31日)』

 尚、この抗議書を受けて、西村氏らはかなり自信ありげに反論している。(・・)

『自民 西村氏「論理的な検討を経て疑義を指摘」

自民党の西村総裁特別補佐はNHKの取材に対し、「自民党としては文書など客観的な資料に基づき、論理的な検討を経て、籠池氏の証言に大きな疑義があることを指摘しているところだ。抗議書の内容を今後、よく確認するとともに、引き続き籠池氏の証言内容を精査していきたい」と述べました。

記者会見を行った自民党の葉梨康弘氏は「抗議を受ける点は一切ないものと考えている」というコメントを出しました。(NHK17年3月31日)』

* * * * * 

 ただ、彼らが偽証罪で告発しようとしていることが、チョットせこくて。次のようなことなのである。(~_~;)

 1・安倍晋三首相の昭恵夫人からの「100万円の寄付」について、籠池氏が学園職員によるものと証言した郵便局の振込用紙の筆跡が妻・諄子氏のものである疑いがある

 2・「安倍晋三記念小学校」名を使った寄付金集めについて、籠池氏は「ほんの一時、1、2日だけ」「5カ月ぐらい」と証言を二転三転させたが、独自に入手した資料を基に使用期間は「2、3年」の可能性が大きい

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 最初にも書いたが、自民党がもっとこの問題の核心部分に関する証言に関して、籠池氏を偽証罪に問うなら、真相解明にも資すると思うのだけど。<自民党は、小さなことを積み重ねることで、本人の証言が信用できないということを示したいと言ってたらしいけど。それも、半分は籠池氏を「ウソつき」の悪者に仕立てて、安倍夫妻+αのイメージを上げるためって感じがするし。>

 何分にも国対委員長が、「安倍首相を侮辱したから、証人喚問してやる~」なんて言うようなところだから。今回も、口封じの脅しやイヤがらせ、復讐の意図なんかもあって、重箱のすみをつっついてでも告発をしてやると言っているのではないかと思っちゃったりして。(~_~;)
 
 野党も、自民は「ちっちゃい」と言ってたらしいです。(*_*;

『自民は「ちっちゃい」 籠池氏「偽証罪」告発検討で 民進・榛葉氏

民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は29日の記者会見で、森友学園の籠池泰典氏の証人喚問をめぐり、自民党が偽証罪での告発を検討していることについて「ちっちゃいね。証人が嘘をつくことは許されないが、振込用紙を書いたのが職員ではないとか、『ほんの一瞬』の時間的な間隔が長いとか短いとか。そんなことの前に、財務省や国土交通省の資料を出させたらどうか」と述べ、自民党の動きを批判した。

 籠池氏の証人喚問での発言をめぐっては、自民党の西村康稔総裁特別補佐が28日に記者会見を開き、虚偽の疑いが濃厚だとして、偽証罪での告発を検討する考えを示した。(産経新聞17年3月29日)』

* * * * *

 他方、自民党が国政調査権の発動を示唆したのを受けて、野党はどうせ国政調査権を使うなら、森友学園問題の核心部分の真相解明のために使うべきだと主張。
 近畿財務局の8億円引き払い下げなどの真相を調査するため、財務省に処分した面会記録を作り直すことや払い下げに関わる全資料など問題に関わる書類を全て提出させたり、昭恵夫人や財務局の担当者など8人の証人喚問を行なったりすることを求めて行くことで一致した。(**)

『“国政調査権”昭恵氏の証人喚問要求で一致

 民進、共産など野党4党の国会対策委員長が会談し、森友学園の問題を巡り国政調査権に基づいて安倍首相の昭恵夫人の証人喚問を改めて求めていくことで一致した。

 後半戦に突入した通常国会だが、野党側は森友学園問題を巡る追及を続けていく方針。

 野党4党の国対委員長会談では、国政調査権に基づいて昭恵氏の証人喚問の他、籠池理事長側と昭恵氏側で交わされた手紙やファクスなどすべてのやりとりや、近畿財務局との土地取引の交渉記録などの提出を求めることで一致した。これは自民党が先週、籠池理事長の偽証を立証するため、国政調査権の発動を検討すべきとの考えを示したことを踏まえたもの。

 民進党・山井国対委員長「自民党の議員の方々が国政調査権を使って、この森友問題について真相究明をしたいということを、発言を記者会見されました。私たちも望むところです」「いまだに沈黙を守っておられる昭恵夫人の証言をお聞きしたいと思います」

 これに先だって行われた衆議院予算委員会の理事懇談会で、民進党は「国政調査権を発動するなら昭恵氏の証人喚問などが本筋だ」と主張した。これに対して自民党は国政調査権について、具体的な方針を決めたわけではないと説明すると共に、昭恵氏の証人喚問については「安倍首相が連日答弁している」として拒否した。(NNN17年3月31日)』

* * * * *

 そうなのだ。憲法が国会に国政調査権を与えたのは、国民にとって重要な問題の真相を解明するためにほかならないわけで。今こそ、その国民の武器でもある権利を使うべき時ではないかと思うのだけど。

 ところが、安倍自民党は国民のために真相解明することなど考えもせず、都合の悪そうなものは、みんな拒否しちゃうわけで。(どこかに「思ったより内閣支持率が下がらなくて安心したみたいなことが書いてあった。)もっと国民の怒りをぶつけて行かなければならないと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2017-04-03 10:45 | (再び)安倍政権について

自民党要職にスキャンダル続出も、メディアはスル~?+ウィンブルドン




頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

  今週から、1年で最も楽しみにしているテニスのウィンブルドンがスタート。しかも、昔から応援しているクルム伊達公子が1、2回戦を突破。錦織圭も順調に3回戦に進出し、毎日がワクワク&ハッピーな週になっている。<政治はブル~なんだけどね。(~_~;)>

 伊達は、あのナブラロチアの記録を抜いて最年長で3回戦に進出。次は今期絶好調でランキング・ナンバー1のセリーナ・ウィリアムズと対戦することになった。<センター・コートになるかな?>
 伊達は2年前に姉のヴィーナスと対戦し、7-6 (10-8), 3-6, 6-8のまさに死闘とも言える接戦を演じ、あと一歩のとこまで追い詰めているのだけど。本人も「私は失うものが何もない。今のパワーテニス、そしてスピードテニスは2人(ウィリアムズ姉妹)が作り上げてきたと思うので、今の時代に自分のテニスがどこまで通用するのか、そして自分自身も楽しめる3回戦にしたいです。」とのこと。ともかくアグレッシヴに、伊達らしい最高のプレーを見せて欲しい。o(^-^)o

 錦織も、ちょっとだけ下のレベルの選手と当たるこの3回戦が勝負。ここを突破できれば、今回はシード選手が次々と敗れる波乱の全英になっているだけに、上位シードを破って、ベスト8、4へと上がって行けるチャンスがあるかも。今まで通り、マイペースのテニスを貫いてガンバです!(・・)

<本当は、全英に関してた~くさん書きたいことがあるのだけど。参院選前だし、時間の余裕がないので、自重することに。でも、そのうちババ~ッて書いちゃうかも。^^;>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ところで、参院選を前に、自民党の議員(閣僚・要職レベルを含む)や候補者に次々とスキャンダルや問題が・・・。(@@)

 25日に丸川珠代氏(参院・厚労政務官)が、職務に関連する企業のCM(新聞一面広告)に出たことで、参院の問責決議を受けたばかりなのだけど。

 今度は、佐田玄一郎氏(衆院議院運営委員長)が、週刊誌に女子大生との援助交際疑惑(写真つき)を報じられ、自ら委員長を辞任することに。(・o・)
 さらには、西村内閣府副大臣も、週刊誌でベトナム出張中の買春疑惑が報じられている。(・・)

 また、自民党の参院比例候補者では、女優の田島みわ氏に続き、安倍夫人と親しいことから候補になったとされるドッグトレーナーの田辺久人氏も、暴力団との交際が発覚し、公認を取り消されたという。^^;

 ただ、以前だったら、TVを含めて様々なメディアが、どのスキャンダルも、もう少し積極的に取り上げたのではないかと思うのだけど・・・。<自民党も含め、要職の人は、本人が否定しても、アチコチに取材に行って、いかにもという報じ方をしたりね。>
 でも、mewの知る限り、今回は、辞任の決まった佐田氏のこと以外は、ほとんど報じられず。何だか「大手メディアも、これらの件をできるだけ一般国民に知られないように&参院選に影響のないように、早く幕引きさせるために自民党に協力してあげているのかしらん」って、うがった見方をしたくなってしまったりもするmewなのである。(ーー)

* * * * *

 まずは、辞任の決まった佐田氏の話から。

『自民党の佐田玄一郎衆院議院運営委員長(60)が27日に辞任することが分かった。27日発売の「週刊新潮」で女性問題を報じられ、参院選で有権者の反発を招きかねないとみて与党内で辞任論が高まったためだ。27日にも伊吹文明議長に辞表を提出して許可される見通し。

 佐田氏は群馬1区選出の当選8回。2006年に第1次安倍内閣で行政改革担当相として初入閣したが、事務所費問題が発覚して3カ月で辞任したこともある。(毎日新聞6月27日)』

『国会会期末の26日午後、永田町には週刊新潮の早刷りコピーが出回った。「『佐田玄一郎』常習的買春の現場報告」という衝撃的なタイトルが付けられており、佐田氏が背広姿で、東京・湯島のラブホテルから出てくる写真まで撮られていた。
 同誌によると、佐田氏と女子大生は東京・上野のキャバクラで知り合い、今年1月から関係を持つようになったという。女子大生は「この半年でエッチしたのは20回ほど」「1回会えば、2回エッチしていました」「毎回、現金4万円を頂いていました」などと証言していた。
 還暦でこの絶倫ぶりには驚くが、記事を読んだ与党幹部は「辞任しなければ参院選に悪影響を及ぼす」と頭を抱えた。(夕刊フジ6月27日)』

 菅官房長官は、27日の会見で、西村副大臣の件は「本人が否定している」と主張したものの、佐佐田氏に関しては、(閣僚ではないことを盾にして?)「党の問題、院の問題だ。そちらで適切に対応されると思う。事実関係を聞いてない」と切り捨てるような回答をしていたとのこと。^^;

 佐田氏本人も事務所もノーコメントを通しているようなのだが。『自民党幹部によると、佐田氏は26日に伊吹氏と会ってスキャンダルを謝罪し、辞意を伝えた』とのこと。

 これが、国会会期中なら、辞任する場合には委員会の許可がいるのだが。<しかも、国会の質疑でも取り上げられて、攻撃材料にされるとこだったのだろうけど。>26日で、国会が閉会してしまったため、議長の許可だけで、委員長の辞任が認められるのだという。^^;

* * * * *

 佐田氏は、東証一部上場企業の佐田建設社長を祖父&父に持つお坊ちゃまくん。(祖父は参院議員も)安倍氏より1期上の当選8回だが、年齢が近いことから同氏と親しく、06年の総裁選では他の中堅議員と安倍氏を応援。それもあって、第一次安倍内閣では、お友達閣僚のひとりとして、行革大臣に任命されたのだが。
 まもなく佐田氏の政治団体が10年間にわたって、実際には存在しない事務所費約7800円を政治資金収支報告書に架空計上していたことが発覚。早く幕引きをはかりたい安倍首相の意向もあって、すぐに閣僚を辞任した(させられた)。^^;

 しかし、この後に閣僚の問題発言や事務所の架空経費の問題が続出。安倍首相は、次からはすぐに辞任させない方針をとったところ、野党やメディアの攻撃にあい、安倍内閣の支持率がどんどんと低下。参院選の敗北につながった苦~い思い出がある。(~_~;)

 それから7年。安倍首相(総裁)は、今度は佐田氏を衆院の委員会で最も重要な議院運営委員会の委員長に任命していたのだが。<衆院議長、副議長に次ぐ要職だとされているのよね。>
 またまた佐田氏に痛い目にあわされてしまったようだ。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 丸川珠代厚労政務官は、25日に参院問責決議を受けている。(**)

 丸川氏は、職務に関連する人材派遣会社の新聞一面広告に登場。しかも、広告(対談形式)の中で、厚労省が民主党政権下で作った「日雇い派遣の禁止」を緩和して、日雇い派遣復活を検討していることなどの発言を行なったという。
 また、10年と11年には、派遣業界の政治団体からパーティー券を購入してもらっていたことも判明し、同業界との癒着があることも指摘されていた。

『問責決議案が可決した経緯は、2013年2月25日付日本経済新聞全面広告に、丸川議員が厚労政務官として登場したこと。人材派遣会社ヒューマントラストの広告で、阪本美貴子社長との対談形式になっていた。「日雇い派遣の原則禁止」が12年10月に施行されたことに対し、労働者保護に逆行するものだから厚労省の研究会で日雇い派遣復活を検討し、今夏にも労働政策審議会に案を提出するなどといった発言をした。

 この広告に対し国会で、監視下にあるはずの派遣会社の広告に厚労政務官が出るのは異常なことであり、「日雇い派遣の原則禁止」の見直しは議論になっていない、などと批判された。丸川議員は日雇い派遣の見直しは「厚労省の見解のひとつ」と発言したが、やがて「議員としての見解」とトーンダウンするなど、しどろもどろの釈明が続いた。そして10年と11年に派遣業界の政治団体からパーティー券を購入してもらっていたことも判明した。

 4月25日には共産党の田村智子議員から参院厚生労働委員会で、ヒューマントラストは未だに「日雇い派遣」をやっていると指摘され、「問題があれば厳正に調査すべきだ」と答えていたのも関わらず、1か月後の5月23日に再び田村議員がこうした会社の宣伝に出たのは非常に悪質であり違法行為の片棒を担ぐことになる、と追及された。この日、参院厚生労働委員会理事会が丸川議員に対し、内閣提出の法案審議で政務官としての答弁を認めない「謹慎扱い」にすることが自民党も含めた全会一致で決まった。そして、6月25日に行われた参院厚生労働委員会で、与党欠席のまま民主党、みんなの党、社民党、共産党の賛成で問責決議案が可決された。(J-CASTニュース6月26日)』

 丸川氏は、元TVアナウンサー。かつては、小泉式の新自由主義を批判する発言などをし、民主党寄りだとされていたのだが。米国留学中に保守&愛国心に目覚めたとかで、07年の参院選では、何故か自民党の公認候補として東京選挙区から出馬して当選。(翌年、選挙の際にお世話になった大塚拓衆院議員と結婚。)
 自民党では、同党のタレント議員の重要な役割であるイベントや会合、広報系のMCなどを担当。
 また、安倍首相が率いる超保守議連「創生日本」の事務局長も務めており、すっかり超保守愛国っ子に変身したようだ。(~_~;)

 また、参院本会議場で、甲高い&会議場に響き渡るようなよく通る声で野次を飛ばすことも有名で。10年に鳩山首相に対して「ルーピー!」と叫んで大きな話題になった。<その前にも、子供手当てが採決された時に「愚か者めが~!」と絶叫したことが。(正確には「欠陥法案をそのままにするのか!愚か者めが!このくだらん選択をした馬鹿どもを絶対忘れん!」と言ったらしい。)^^;>
 
* * * * *

 mewは、この件が国会で判明した時から、この広告登場や発言は、チョット問題性が大きいのではないかと思っていたし。丸川氏は、次の参院選に出馬するのだが。自民党の集票候補としても期待されていることから、この問責決議&諸経緯が大きく報じられれば、それなりにマイナス要素になるのではないかな~と思うのだけど。
 この件は、どうやらTVでは、あまり扱われていない様子。

 また、自民党は野党時代、時には審議拒否を武器にして、あれだけ問責決議を受けた閣僚の辞任を強く要求していたにもかかわらず、与党になれば、話は別のようで。
 参院選に出馬する前にダメージを被らせたくないという意向もあってか、丸山氏にはそのまま政務官を続投させるという。(~_~;)

『田村厚生労働大臣は、NHKの取材に対し、「丸川政務官に問題があったとは考えておらず問責に該当する案件ではない」と述べ、丸川政務官は辞任する必要はないという認識を示しました。
 また、みずからに対する問責決議が可決された丸川厚生労働政務官はNHKの取材に対し、「これまでの国会審議の中で、経緯について十分説明してきたのに残念だ。引き続き厚生労働行政に粉骨砕身していきたい」と述べました。(NHK6月25日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 西村康稔内閣府副大臣にも、ベトナム買春疑惑が出ている。^^; <詳細な関連記事は*1に>

 週刊文春によれば・・・
『西村氏はカラオケ・クラブから7人のホステスを連れ出し、自らが宿泊するホテルのスイートルームへ呼び入れたという。その後、7人のうち3人の女性が残り、西村氏は3人を相手に行為に及び、対価として3人あわせて600ドル弱を支払ったという。3人の女性のうち2人が小誌に西村氏との行為を詳細に証言。他にもホテルでの目撃者など複数の関係者が買春を裏付ける証言をしている。(週刊文春6月27日)』

 ただ、『小誌の取材に対し、西村氏はベトナム出張を認めたが、ホステスらを連れ立って客室に入ったことを否定。さらにカラオケ・クラブへの入店、ホステスらとの性行為、600ドル弱の支払いも否定した』という。(同上) 

『内閣府の西村康稔副大臣は27日、週刊誌で自身の女性問題が報じられたことについて、取材に対し「事実無根だ」と報道内容を否定した。辞任の可能性については「全くない」と強調した。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、西村氏から直接事情を聴いたことを明らかにした上で、「本人は事実関係を否定していた」と語った。菅氏は、辞任の必要はないとの認識を示すとともに、7月の参院選への影響について「ないと思う」と述べた。(時事通信6月27日)』

 西村氏も、安倍首相の率いる超保守議連「創生日本」の役員(副幹事長)。安倍氏と同じ町村派(旧森派)に所属し、森元首相が次世代のエースとして期待。09年の自民党総裁選では、谷垣禎一氏を選ぶことに決まっていたのだが。対立候補として出馬&若手の票を集めようとした河野太郎氏を潰すため、森氏の要請を受け、何とまだ当選2回ながら総裁選に出馬したことがある。<つまりは、長老の言うことをきくタイプなのよね。あと村上ファンドやライブドアとの関係も指摘されてたです。>

 今回のスキャンダルは、本人が事実を否定しているものの、週刊文春側は、ウラをとっていると自信を示しているとのこと。続報を注目したい。(・・)

 他にも自民党候補の問題などを書きたかったのだけど。用事があるので、ここでいったん終わりにしてアップしたいと思うです。(自民候補の話は、*1にアップしておく。>

 参院選の投票日まで、あと3週間余り。果たして、安倍自民党は逃げ切って大勝するのか、それともどこかで風向きが変わるような事態が起きるのか・・・。
 できれば、こちらも全英同様、まさかの波乱が起きる参院選になって欲しいな~と、ひそかに念じていたりもするmewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
[PR]

by mew-run7 | 2013-06-28 08:43 | (再び)安倍政権について

自民党の総裁選・・・相変わらずの長老支配に失望&再生不能では?

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

18日、自民党の総裁選の公示が行なわれて、西村康稔氏(46・
町村派)、河野太郎氏(46・麻生派)、谷垣禎一氏(64・古賀
派=旧宮沢派)の3氏が立候補した。
<*1に3人のプロフィールと、推薦人になった人たちの
リストをアップしておく。>

 この顔ぶれ&公示までの過程を見ていて、mewは、少なくとも
今の「自民党」という器をキープしたままでは、党を再生して、
かつてのように政権与党として隆盛期を取り戻す可能性は、かなり
小さくなったな~と感じてしまった。_(。。)_

<mew周辺でも「この人たちしか出ないの?」「西村って誰?」
とか、保守系支持者の中からも「これじゃあ、やん気なし(やる気
がない)って感じだな」などの声が出ていたですぅ。^^;>

* * * * *

 というのも、まず、何より、党再生のリーダーとしてを最も期待
されていた世代&議員たち<舛添要一氏、石破茂氏、石原伸晃氏
など)が、みんな出馬を辞退して、ひとりも立候補しなかったの
には、呆れてしまうものがあったし。(・o・)

<そのために、60代ベテランと40代若手の、世代&党運営の
違いが極端過ぎる感じの争いになってしまったしね~。(-"-)>

 そうなったことも含めて、相変わらず、長老派が総裁候補を
コントロールしようとしていることが、あまりにも露骨にあらわれ
ていて。これでは、自民党が新たな形に変わりようがないが
ないからだ。(-"-)

 詳細は後述するように、今回、長老派は谷垣氏を次期総裁に
しようと決めて、他の有力候補の出馬を控えさせたor推薦人集め
のジャマをした。
 しかも、それでも出馬して来た河野氏に対して、河野潰し&
反逆若手・中堅潰しのために、森氏が実質的オーナーの町村派
&安倍氏の子分である西村氏を、急遽、擁立して来たのである。(@@)
<超保守のガス抜きの意図も、チョットはあるのかな?(・・)>

『河野氏は同日夕の共同会見で、「推薦人を集める段階で、派閥の
領袖から私の推薦人に辞退するよう電話があった。まだ全く懲りない
人がいる」と、上層部の“圧力”を暴露。
 記者から、森喜朗元首相は「党にとって害か、必要か」と質問が
出ると「そろそろ出処進退をお考えになるべきだ。総理まで務めた人
が、バッジがないと何もできないことはない」と事実上の引退勧告
までして、世代交代の必要性を訴えた。<日刊スポーツ19日より>』

 河野さんとこの太郎ちゃん、よく言った!<ぱちぱち (~~)//>

 まあ、こういうことを堂々とオモテで言ってしまう人なので、尚更に
長老たちから嫌われて、コイツだけは、しっかり潰しておかなければ
という気にさせちゃうのかも知れないけど。(>_<)

<ちなみに石破氏の場合も、出馬の意欲はあったのだが。推薦人を
集める段階で(圧力っぽいものがあって?)うまく行かなかったという
報道も出てたのよね~。(ーー)>

【追記・関連記事を見つけたので*2に】

* * * * *

 自民党にとって、この総選挙の大敗を受けて最も大事なことは、
党内の議員はもちろん、国民にも、「この人なら、党を再生して
巻き返しのために新たなスタートを切れるだろう」と期待できる
人を、次期総裁に選ぶことであるのは、言うまでもない。(・・)

 谷垣氏は、コチラの記事に書いたように、党内からも能力や
人柄が評価されている人だし。mew個人としても、ごヒイキの
政治家なので、もし彼が総裁になれば、頑張って欲しいな~という
気持ちもあるのだが。
<森氏らがバックについたとわかって、応援する気持ちが、やや
萎え気味ではあるかな?_(__)_>

 ただ、党内&国民の間からは、<もう「麻生おろし」の動きが
出ていた時から>、党を再建するためには、一つ世代交代をして、
党改革ができる知名度&能力、意欲がある新総裁を求める声が
多かったように思われるし。
 その有力候補として、50代では、有能かつ経験も積んでいる
石破茂氏、石原伸晃氏、60歳ながらもフレッシュ&エネルギッ
シュな舛添要一氏らの名が挙がっていたのだ。
<おそらく、この3人は、国民からの知名度や期待度も、谷垣氏
や河野氏、西村氏よりも、はるかに大きいだろう。(・・)>

 で、この3人もそれは自覚していて、以前から、党再生に意欲
を示していたのであるが。
 ところが、いざ、総裁選の話が本格的に始まると、何故だか、
次々と出馬を辞退を表明することになったのである。(-"-)

* * * * *

 彼らは、オモテ向きは、出馬辞退の理由を、自分たちが、麻生
自民党に閣僚や執行部として携わって来た責任があるからなどと
言っているのだが。それが、メインの理由ではない。^^;

 総選挙の2~3日後には、党内で森喜朗氏ら長老たちが動き
始めて、誰を次期総裁にすべきか協議を始めていて。かなり早い
段階で、谷垣氏を支持することに話が落ち着いたと報じられて
いた。
 それゆえ、有力候補には、長老たちから「今回は控えて、次の
機会を待て」という話が、直接or間接的にあったのだろう。
 まあ、今回は総理大臣になれない総裁だけに、下手に長老に
逆らってムリに出馬することもないだろうし。<それで、次の
チャンスに支援してもらった方が有利だしね。(~_~;)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 そして、上述したように、石破氏も推薦人集めが困難だった
ために、出馬を断念したという話もあるし。
 河野氏以外にも、小野寺五典氏などの若手・中堅議員が何人か
出馬意欲を示していたが。彼らも推薦人集めで、頓挫することに
なってしまったのだけど。(-"-)

 各派閥の領袖&長老派からも支持を受けている谷垣氏は、余裕の
よっちゃんという感じで。(死語?^^;)
 オモテ向き、あまり長老派や派閥の影響力を受けているような
イメージを与えたくないとのことで、推薦人20人は、8つの派閥
のすべての議員から&6~7期以下の若手・中堅議員だけで構成
したとのこと。(・・)

<しかも、石原伸晃氏は、出馬辞退した後、しっかりと谷垣氏の
推薦人になっているし~。^_^; さらに、党内改革をと言って
派閥を飛び出た小池百合子氏まで、何やかんやで谷垣氏の推薦人に
なっていたのには、ビックラだった。(・o・)>

 そして、こんなに他の人が推薦人集めに苦労しているのに、
何で世間から全くと言っていいほど知られていない&さしたる実績
もない若手の西村康稔氏が、あっという間に、20名の推薦人を
確保して、出馬できるのか・・・?
 それは一重に、長老派の指示に従って出馬したからであって。
長老派の力で、推薦人もしっかりと用意してもらったからに
ほかならない。(--)

* * * * *

 長老派は、もし谷垣氏vs.河野氏の一騎打ちになった場合に、
党内の議員が真っ二つの対立モードになったり、地方票も含めて、
思ったよりも河野氏に票が流れるのを防ぐために、もう一人若手を
立てることにしたのである。(**)

<西村氏は、日本会議系の超保守タカ派なので。(推薦人に、
その系統の人たちが、かなりいるでしょ?)世代交代はしたい
or谷垣氏はイヤだけど、親子2代・ハト派&チョット独特な
タイプの河野太郎氏は好きじゃないという若手・中堅議員の
票を集めることができるしね。(・・)
 何か、今でも、自民党は真正保守(超保守)として再建すべきだと
いう議員たちや支持者が少なからずいるみたいなのよね~。^^;>

* * * * *

【追記・懸命に河野太郎氏の推薦人20人を集めることに力を
尽くした山本一太氏のブログの中にも、こんな記述があった。

『(報道ステーションの中で)ある閣僚経験者の証言が紹介
されたとのこと。 「今回の総裁選挙で河野太郎以外の若手
候補を出した狙いは若手・中堅の分断工作だ。谷垣氏との
1対1の戦いになったら波乱が起こりかねない。これは露骨な
河野潰しだ!」みたいな話だったと聞いた。・・・
 
 以前のブログに(一般論として)「選挙で勝ち目のない候補者
が擁立される時は、常に隠された意図がある!」と書いた。
 「ほとんどの場合、特定の候補者を潰すことが目的だ!」とも。 
まさか「自民党総裁選挙」でこんなことが起こるはずがないと
思っていた。 が、しかし、上記の報道が事実だとすると、
断じて許せない!!(怒X5) 
 
 こんな「長老の陰謀?』が表に出るだけで(すでにボロボロの)
自民党のイメージは更に降下する!(ガックリ) え? 某派閥
の領袖が、河野太郎を出馬させるために最初から一緒に汗を
かいてきた「親しい仲間」に電話を入れたのは紛れもない事実だ! 
「河野太郎の推薦人をやめて、他の若手を応援するように!」と
言ったこともウソではない!!(キッパリ)
 
 「谷垣禎一元財務省」の支援グループの世話人に名前を連ねて
いる政治家が、同時にもう1人の若手候補の推薦人の1人になって
いることも、不可思議な現象だ。 「2つの陣営」が話し合って推薦人
をやり取りした?! それはいくらなんでも考え過ぎだと思う。(笑)』】

 これを見ると、尚更に、自民党の議員たち(特に長老派?)は、
マジに懲りてないんだな~と思ってしまう。
 まだ、国会がまともに始まっていないから、自分たちが総選挙で
大敗して、議席数がかなり少ない「野党」になったという実感&
反省の気持ちがわいて来ていないのかな~?(>_<)】


* * * * *

 こうして、また自民党は、この何年かそうであったように、本当に
党の議員や党員たち、そして国民が求めていることなど軽視
して、相も変わらず、出来レースの総裁選ごっこを繰り返そうと
しているわけで。
 こういうことをやっている限りは、今の「自民党」という政党が
みんなから「変わった」「よくなった」と思われるような&国民から
の期待が大きくなるような再生を成し遂げられる可能性は極めて
乏しいだろうな~、とつくづく思ってしまうmewなのだった。(@@)

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓上位に行くとアクセスが増えるので、応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと一緒にウヨ保守系の伏魔殿ランキングで
コツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援を!(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  

More
[PR]

by mew-run7 | 2009-09-19 13:55 | 自民党について | Comments(0)