人気ブログランキング |

タグ:12年民主党代表選 ( 3 ) タグの人気記事

民主党代表選スタート~4人の候補の主張+会見の感想+再生への期待

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 昨夜、ほぼ書いてあった原稿を誤って消してしまい、ショック。(ノ_-。)

 他にも書きたいことが色々あったのだけど。とりあえず、この記事では、昨日、告示された民主党の代表選のことを。(・・)

 昨日10日、民主党の代表選(21日開票)が告示され、野田佳彦首相(55)のほか、赤松広隆元農相(64)、原口一博元総務相(53)、鹿野道彦前農相(70)が立候補の届出を行なった。<それぞれの推薦人は、*1に>

 先に、各候補者が党中央代表選挙管理委員会に提出した政見の要旨を記しておきたい。
 
 ◆野田佳彦氏

・1年以内のデフレ脱却、2年以内の競争力回復。消費税引き上げまでに、経済対策や税制改革を柱に経済好転を確実にする。
・原発稼働ゼロを可能とするよう政策資源を投入。エネルギー不足と価格高騰による悪影響を排除。
・税と社会保障の一体改革で残された課題を着実に解決。
・行き過ぎた市場原理主義から脱却し、所得再分配機能を回復させる税制改革を断行。
・1票の格差是正と議員定数の削減を実現。
・決められない国会を動かすルールの確立
・領土・領海防衛に不退転の決意。尖閣諸島国有化。竹島問題を国際司法裁判所に提訴。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と日中韓自由貿易協定(FTA)、東アジア経済連携協定を推進。

◆赤松広隆氏

・「政党力」を強化。党内民主主義を実践
・「30年代に原発稼働ゼロ」はより前倒しを目指し、再生可能エネルギーへの民間事業者のインセンティブを高める
・環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加は国益を踏まえ慎重に行う
・消費増税は持続可能な社会保障制度改革を実現するための財源。所得再分配機能を強化
・子どもたちへの政策最優先。新「児童手当」の拡充
・「地域主権」の旗を改めて掲げ、国と地方の関係を見直す
・東日本大震災からの復興に全力を挙げる。郵便局ネットワークを活用し地域社会の再生
・東アジア地域との関係を重視。集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更は認めない

◆原口一博氏

・党名変更も辞さない「解党的出直し」を提案。増税の前にやるべきことをやる「行革特命政権」をつくる。
・予算の増額などにより震災復興を加速。
・直ちに原発ゼロ計画に着手。諮問型の国民投票を行う。
・緊急事態庁を早期に創設。
・円高と空洞化対策に取り組み、大胆な財政政策と金融緩和政策を実行。戸別所得補償制度などをさらに強化。
・太陽光を中心にクリーンエネルギーの供給を地域自らが行う「エネルギー地域主権型」社会への転換。
・日米同盟を基軸。アジア外交の再建。TPP交渉には不参加。
・官僚依存を破壊し、内閣人事局を設置。
・消費増税を含む3党合意は内閣問責決議案の可決をもって破棄。

◆鹿野道彦氏

・東日本大震災からの復興は特区税制や交付金を柔軟化・拡大化。首相の直接指導の下、除染スピードを高め、被災民帰還の支援強化などの検討を進める。
・社会保障は民主、自民、公明の3党合意をベースに成案を得る。基礎年金の充実を目指す。
・デフレ脱却のため、駆け込み需要の反動時期に焦点を当て、財政出動、金融政策などで雇用を創出・拡大。
・日本再生戦略の着実な実施のため、科学技術イノベーション本部を法制化。
・「2030年代に原発稼働ゼロ」をできる限り前倒しで実現。
・日本外交の基軸は日米同盟。アジアは領土問題はあるにせよ、中国や韓国と密接に連携。TPP交渉への参加は慎重を期す。

<以上、毎日新聞9月10日より>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 そして、昨日午後3時から、早速、4人の候補者の記者会見が行なわれたのだが。その要旨も載せておきたい。<ビデオ配信はコチラ。選挙公報は民主党HPに>

『【冒頭発言】

 野田佳彦首相 社会保障と税の一体改革という大きな山を乗り越えた一方で、多くの離党者が出た。党の再生、日本再生に向けて中途半端に政権を投げ出すわけにはいかない。切れ目ない経済対策を行い、デフレ脱却、経済活性化を実現する。

 赤松広隆元農林水産相 マニフェスト(政権公約)の70%は実行しているのになぜ野田政権、民主党に対する支持率は低いのか。(党は)分裂に分裂を重ねている。もう一度政権交代への期待を思い出し、原点に立ち返るべきではないか。

 原口一博元総務相 解党的出直しをしないといけない。政治への信頼を損なったおわびから始めるべきだ。分裂に分裂を重ねた責任が曖昧では前に進めない。消費増税の前にやるべきことがある。同志で去った人にもテーブルに乗ってもらいたい。

 鹿野道彦前農水相 政権交代に期待した人に申し訳ない。残された期間で使命を果たさねばならない。首相は離党者が出た責任をきちっと示さねばならない。何としても党内融和で民主党を一つにする先頭に立ちたい。復興、原発対応に責任を果たす。

 【質疑応答】

 -一体改革に関する民主、自民、公明3党合意の扱いは。首相が自民党の谷垣禎一総裁と「近いうち」で合意した衆院解散の時期はいつか。

 首相 それぞれが党として決めて3党合意に至った。その合意は重たい。代表選、自民党総裁選を経た後も合意を尊重すべきだ。「近いうち」は、それ以上でもそれ以下でもない。選挙の時期を明示してはならない。

 赤松氏 3党合意は誰が代表になっても継承される。谷垣氏と野田氏が話し合い、「近いうち」ということになった。(自分が当選すれば)当事者がいない以上、拘束されることはあり得ない。

 原口氏 3党合意の相手による首相への問責決議が参院で議決されているのは事実だ。実質上、3党協議の土台は壊れた。解散にはまず「1票の格差」是正、さらなる定数是正にまい進すべきだ。

 鹿野氏 3党合意は順守しなければいけない。今、解散すると政治空白が出る。そんな状況ではない。1票の格差是正、特例公債法案、やるべきことがたくさんある。

 -原子力政策に関する見解は。

 首相 民主党の提言にあった、原発の新増設は行わず、40年で廃炉にするという原則は取り入れたい。今週中に政府としての方向性を決めたい。

 赤松氏 党が提案した「2030年代に原発ゼロ」はできるだけ前倒しする。再生可能エネルギーの推進は政府の責任で国策として展開する。

 原口氏 エネルギー政策を「独占、集中、排除」から「小規模、分散、自己規律」に転換すべきだ。原子力規制委員会の人事も見直す。

 鹿野氏 30年代に原発をゼロにする目標をできるだけ前倒ししたい。再生可能エネルギーの普及には農地利用規制の見直しも大事だ。

 -地域主権にどう取り組むか。橋下徹大阪市長の地域政党「大阪維新の会」との連携は。

 首相 これまで一括交付金の拡充などを頑張った。これからも加速したい。維新が公党となったときに方向性で一致できるものは連携できる。

 赤松氏 国会議員半減など、維新の政策はまともな政党の責任ある立場で発言できるものではない。子どもの政党だ。

 原口氏 橋下氏と違って私は環太平洋連携協定(TPP)には反対だ。一人一人の人間の尊厳が保障される政治を維新と切磋琢磨(せっさたくま)できればいい。

 鹿野氏 民主党政権で地方交付税が増額され、地域主権改革が進んだ。これからも推進する。地方分権の必要性は維新と共通の認識だ。

 -TPPへの賛否は。

 首相 高いレベルの経済連携をアジア太平洋地域で実現することは国益になる。貿易立国、投資立国の日本をもう一度磨き上げるチャンスだ。

 赤松氏 国益にとってTPPは本当にプラスになるのか。残留農薬が含まれる海外産品を受け入れるのは食の安全からどうなのか。

 原口氏 TPPは交渉参加させない。他国の交渉が先行しており、わが国が後手に回る必要はない。国民に情報開示せずに進めるべきではない。

 鹿野氏 環境や医療など幅広い分野が関係し、日本の社会をどうつくっていくかに関わる問題だ。情報も不十分で、賛否を言う段階に至っていない。(時事通信9月10日


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



  mewは、この会見の7割ぐらいをネット中継で見ていたのだけど。慎重な言い回しに終始した野田首相以外は、それぞれの候補者が自分の持ち味や主張をしっかりとオモテに出すような形で意見を述べているような感じがあって、非常にいい会見だったように思えた。(・・)

 まあ、もう民主党に対しては「ダメダメ政党」というイメージ&不信感を抱いている人たちが多いと思うし。TVでも会見の様子をさほど扱ってくれないかも知れないのだが。

 もし民主党に対する先入観をヨコに置いて、候補者たちの発言にじっくりと耳を傾けたなら、この人が代表としてきちんと仕事をすることができるなら、民主党にもう一度、政権を担うチャンスを与えてもいいかも知れないと思う人が、少しは増えるのではないかと思ったりもするような内容だった。(++)

* * * * *

 また、憲法改正について問われた際に、改憲派である野田首相も「現職の首相として現憲法を守る」という趣旨の発言を行なっていた。<本当だね!(@@)>

 尚、憲法9条に関して、赤松氏は「9条を守る」、鹿野氏は「9条については考えていない」と。そして原口氏は「9条維持or再軍備をしないということを書き込めたら尚よい」という趣旨の話をしていた。(・・)

 ちなみに、mewが『民主は非野田連合作れるか+乱立状態続く自民+沖縄&オスプレイ』という記事で、原口一博氏が「かつては9条護憲、脱原発支持だったような記憶が。」と書いたことに対して、kojitakenさんから疑問を呈するTBを頂いたのだが。<『原口一博は「右翼」だ』>

 mewも、原口9条護憲の記憶を裏づけできそうな材料を探してみたところ、09年の衆院選の際に、佐賀新聞が県内の候補者に行なった憲法9条に関するアンケート結果を記した記事が見つかった。<コチラ

 原口氏は9条を「堅持すべき」だとして、「憲法9条の平和の理念を世界に広げることが大事です。拡大解釈を許さず、専守防衛に徹するべきと考えます。集団的自衛権についても憲法の解釈で行使するということは許されません。テロ対策給油支援のイラク戦争転用疑惑を考えると、平和の理念実現のためシビリアン・コントロールを強化すべきと考えます」と回答している。

 mewも原口氏は保守的な面が強いと感じているのだが。9条に関しては、その平和主義の精神を尊重する立場のようだ。(@@)

* * * * *

 以前から書いているように、mewは、別に民主党の党員やサポーターでも、固定支持者でもない。(**)
 
 何分にも、同党の基本精神に全く沿わないような保守タカ派議員が少なからずいることもあって、心から党全体を支持する気になれないところがあるし。その時々の国政or地方選挙によって、民主党に限らず、様々な政党の候補者に投票をしているというのが実情だ。^^;

 ただ、今の政界の状況、そして将来の政界再編を考えた時に、民主党にはきちんと党を立て直して、頑張ってもらわなければならないと思っているのだ。(・・)

<これは改めて書くけど。自民党の石破くんや安倍くんの総裁選公約or方針を知ると、尚更に、自民党に政権を委ねるのはアブナ過ぎると。何とか民主党が粘れないものかという思いが強くなってしまったりして。(~_~;)>

* * * * *

 また、野田&前原G+αには、民主党を保守政党に変えて、日本に二大保守政党制を築くことを目指していた人たちが多いのだけど。
 mewは、そもそも二大政党制に反対なのだけど、もし政権交代可能な2つの大きめの政党が存在するとしたなら、一方は保守系、もう一方は平和&リベラル志向の中道政党であるべきだと考えているし。

 そして、実際のところ、今、大きめの平和&リベラル志向の中道政党になり得るのは民主党しかない以上、来るべき政界再編で中核になるためにも、ここで何とか「第2自民党」とは言われないような政党に再生してもらわなければ困るのである。(ーー)

<もし次の衆院選で惨敗しても衆院で100人ぐらいしか当選できないとしても、衆参で200人近い規模の大政党として、政界の中でかなり重要な役割を果たすべき存在になるわけだしね。(・・)>

* * * * *

 ・・・というわけで、世間やマスコミの目は、次期政権を担う可能性の高い自民党の総裁選や、橋下人気で躍進そうな維新の会の方に向きがちかも知れないのだけど。このブログでは、民主党の代表選もしっかりとウォッチして行きたいと思っているmewなのだった。(@@)
                     THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


More
by mew-run7 | 2012-09-11 07:37 | 民主党、民進党に関して

維新の会、討論にならず内定者懇談会+オスプレイ反対集会+民自党首選(谷垣不出馬)

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

民主は非野田連合作れるか+乱立状態続く自民+沖縄&オスプレイ』に記したオスプレイ配備に関する件の続報を・・・。

昨日9日、普天間基地のある沖縄の宜野湾市で、オスプレイ配備に対する反対集会が開かれ、10万人の市民が参加した。

『オスプレイ反対集会に10万人=配備計画撤回要求を決議―沖縄・宜野湾

 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備反対を訴える県民大会が9日、宜野湾市の宜野湾海浜公園で開かれた。約10万1000人(主催者発表)が参加し、「世界一危険な普天間飛行場にオスプレイを持ち込むな」と訴え、日米両政府に対して、配備計画の即時撤回と普天間飛行場の閉鎖・撤去を要求する決議文を採択した。
 宜野湾市の佐喜真淳市長は「安全性の担保のないオスプレイの配備計画を地元市長として認めることはできない」と強調。「普天間飛行場に持ち込もうとすることに対して、強い憤りを感じる」などと訴えた。
 大会には超党派の国会議員や県内全41市町村の首長らが参加。仲井真弘多知事は配備に反対しているが、「市民運動と行政実務の責任者としての行動は少し違う」として、大会を欠席した。(時事通信9月9日)』

 尚、昨日は、オスプレイが搬入された岩国基地(山口県)、飛行訓練が予定されているキャンプ富士(静岡県)周辺や東京などでも反対集会が行なわれ、沖縄と日本各地と連携して、オスプレイ配備&飛行訓練の阻止を目指すべきだという主張がなされた。 

* * * * *

 沖縄の仲井真知事が、先週になって大会欠席を表明したことには、県民からは様々な疑念や反発が生じている。<知事として、メッセージだけ出した。>

 仲井真知事は、7月には森元防衛大臣に「安全性に疑問があるものは断然拒否する」「日米安保条約上とか日米地位協定上とか、米軍がなんでも持ち込めるというのは信じがたい」と。さらに「事件事故が起きたら(基地の)即時閉鎖撤去」とまで言って、強い調子で配備反対の主張を行なっていただけに尚更だ。
 
『「市民運動と行政の実務は違う」として、県民大会を欠席した沖縄県の仲井真知事は「日曜日に多くの人たちが集まったことは、オスプレイの配備計画の見直しに対する強い関心の現れだと思う。準備した人たちや参加された皆さんに対して敬意を表したい」と述べました。
 一方、みずからの欠席について、仲井真知事は「いろいろな意見があると思う。不満はあると思うが、特に私から言うことはない」と述べるにとどめました。
そのうえで、仲井真知事は「今後もオスプレイの配備の見直しをしっかりと訴えていきたい」と述べ、オスプレイの配備に反対する姿勢を改めて強調しました。(以上NHK9月9日)

 ただ仲井真知事は、これまでも市民運動&団体が関与している県民大会などに出席しているわけで。この釈明にはクビをかしげる人が少なくない。
 一部には、今回の大会の主催者に左派系の団体がはいっていることを懸念したとの見方もあるのだが。もしかしたら、政府側の要請で出席を控えたのではないか、今後、政府と米国の配備決行を前提に交渉を行なうのではないかという疑念も抱かれている。

* * * * * 
 
 また、上にリンクした記事で、今月6日、米国内でオスプレイが機体にトラブルを生じたため、緊急着陸を行なったという話を伝えたのだが。同機から煙が出ていたとの目撃証言もあるとのこと。 

『米海兵隊が沖縄への配備を予定している新型輸送機MV22オスプレイが6日夕、米南部ノースカロライナ州ジャクソンビルの市街地に緊急着陸した。

 けが人はなく、機体の損傷もなかった。地元紙「ジャクソンビルデイリーニューズ」が伝えた。

 同紙によると、緊急着陸したオスプレイは同州のニューリバー海兵隊基地所属。機体の異常を示す警告灯がともり、「予防的措置」として基地から約5キロ離れた空き地に緊急着陸した。同機から煙が出ていたとの目撃証言があるという。

 オスプレイは今年4月にモロッコで、6月には空軍の同型機が米フロリダ州で墜落事故を起こしている。ニューリバー基地所属のオスプレイを巡っては、7月にも訓練飛行中に緊急着陸するトラブルがあった。(読売新聞9月8日)』

 米国側は、今年2件起きたオスプレイの事故に関しては、人的なミスだったとして、日本側に報告を行なっているのだが。
 これも、人的なミスor警報機の誤作動だというのだろうか?<でも、誤作動は大きく言えば、機体の欠陥だよね。(・・)>

* * * * *

 この緊急着陸に関して、仲井真知事は、このように述べ、不快感を示したという。

『オスプレイが今月6日、アメリカ南部のノースカロライナ州で、市街地の空き地に緊急に着陸していたことについて、「やはり事故が起こりやすいのか。論理的に不思議なのは、操縦に問題はあるが、機械は問題ないから安全だという点で、なぜそれで安全なのか。逆じゃないかと思う」と不快感を示しました。(同上)』
 
 しかし、政府側は『野田首相は8日、沖縄県に配備される米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが米ノースカロライナ州で緊急着陸するトラブルを起こしたことに関し、「安全性の確認が出来ない限り、日本での飛行運用はしない方針は変わりない」と述べた』『防衛省幹部は8日、米ノースカロライナ州でのオスプレイの緊急着陸について、「米側から万が一の事故が起きないように行った措置と聞いている。日本配備に向けた作業に影響はない」と話した』とのことで。
 このまま配備計画を進めるつもりのようだ。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、ここからは『維新の会、議員採用の公開オーディション&その新自由主義的な政党づくり』の続報を。

 大阪維新の会は、8日に所属する地方議員を集めて全体会議を開き、国政視乳津する方針を正式に決定した。
 党名は「日本維新の会」。代表に橋下徹大阪市長(43)、幹事長に松井一郎大阪府知事(48)が就任し、党本部は大阪市に置くという。

 そして、昨日9日には、大阪維新の会が、他党の国会議員や元自治体首長を招いて、5時間に及ぶ公開討論会を行なったのだが。注目政党のイベント(?)であるだけに、何と100社&400人以上もの報道関係者が集まったという。(・o・)

【討論会の参加者は、国会議員が7名。民主党の松野頼久元官房副長官(熊本1区)、石関貴史衆院議員(群馬2区)、水戸将史参院議員(神奈川選挙区)、自民党の松浪健太衆院議員(比例近畿)と、みんなの党の小熊慎司、上野宏史、桜内文城各参院議員(いずれも比例)。
 現元の自治体首長もが6名。大村秀章愛知県知事、河村たかし名古屋市長、東国原英夫前宮崎県知事、斎藤弘前山形県知事、中田宏前横浜市長、山田宏前東京都杉並区長】

 しかし、出席者が、橋下氏らの主張や維新八策の方針に沿った発言しかしないので、討論にならず。
 7名の国会議員は「議員の間では事前に協議を行なって来たので、考えに違いはない」とのことで、5時間中、2~3分しか発言しなかった人もいたという。^^;

<実は、維新の会がTPP推進の立場なのに対して、民主党の松野氏は小沢Gと共にTPP反対の活動を行なうなど、討論の材料になりそうなものはいくつもあったのだが。昨日はTPPの件には触れずに終わったとのことで、最初から「予定調和」路線が敷かれていたのよね。>

 途中で、東国原前宮崎県知事が「ここに来られた方というのは、おそらくもう、維新の皆さんと価値観とかはある程度共有(しているはず)。いまさら『同意しますか』とか、そういうのはどうなんですかね」と言い出すなどして、グダグダの討論会になってしまったようだ。(~_~;)

* * * * *

 mewは、以前、就職試験のグループ・ディスカッション&出来レースの政治ショーみたいだと書いたことがあるのだが。
 TVコメンテーターが使っていた「内定者の懇談会」という表現の方が的確だったかも。(^^)

<橋下氏も、「リラックスムードで、お見合い気分で、3時間4時間おつきあい願えればと思う」とか言ってたりして。>

 しかも、長々と中身のない「政治ショー」を行なっていたこともあり、報道関係者もガックリ来た&疲れてしまったようで、どちらかと言えば、批判的なor呆れた感をあらわす論調の報道が多かったようにも思えた。(>_<) 関連記事*1に

* * * * *

『公開討論会は、新党「日本維新の会」に合流を目指す現職国会議員7人にとっては“儀式”に過ぎなかった。地域政党・大阪維新の会は討論会の結果を踏まえ、新党のメンバーを選定する方針。7国会議員も討論会に参加したが、議論を深めるまでもなく、7人の「合格」は既定路線だった。

 維新の会代表を務め、新党党首も兼任する橋下氏は冒頭で「ホントに価値観が一緒なのか確かめる場にしたい。お見合い気分でお願いしたい」と述べた。ところが、維新八策で打ち出した教育バウチャー制導入などについて「方向性は正しい」(松野頼久元官房副長官)、「バウチャー制は大賛成」(みんなの党の桜内文城参院議員)などと、申し合わせていたように賛成意見が相次いだ。

 この時点で橋下氏は「なんとなく価値観、一緒ですね。大体最初から価値観が一致しているから集まった。外部に発信していくのが目的ですので」とポロリ。今後も複数回実施されることが決まっている公開討論会の初回は、“橋下ボーイズ”の襲名披露が主な目的の一つだったことを明かした。(中略)

討論会は報道関係者向け。一般市民は入れなかったが、101社408人の報道陣が詰めかけ、インターネット動画中継サイト「ニコニコ動画」が生放送した。5時間以上にわたる議論を終えて橋下氏は「話し合いができたことが非常に大きな意義」と強調した。

 終了後、7人を代表して松野氏は、所属する民主党と維新の政策とは異なる点が多いにもかかわらず「おおむね価値観が一緒であることが確認できた」と言い切った。12日には維新の会の政治資金パーティーが開催される予定。この日が“橋下ボーイズ”の門出となりそうだ。(スポーツ報知9月9日)』

<「ボーイズ」と言えば、今回の討論会には、維新の会幹部も、審査員も、オーディション参加者にも、女性がひとりもいないのよね。(~_~;)> 

* * * * *

 ちなみに、民主党の前原政調会長は、先週、維新の会に群がる政治家のことを「橋下ベイビーズ」と揶揄していたのだが。mewは橋下くんも含めて「ベイベ~ズ」と呼びたい気分でいる。

『民主党の前原誠司政調会長は3日、BS朝日の番組で、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」への合流に向け動きを活発化させる民主党の松野頼久元官房長官らについて、前回と前々回の衆院選での「小沢チルドレン」「小泉チルドレン」と呼ばれる新人議員の大量当選を引き合いに出しながら、「橋下ベイビーズ」と揶揄(やゆ)した。

 前原氏は「橋下人気でいろんな人が維新にすり寄っている。けど、橋下さんだけじゃないですか」と維新に集う政治家たちをバッサリ。「維新が議席をとり、どこかの党と連立政権を組む場合、橋下さんが思っていることを『ベイビーズ』たちが聞くのか分からない」とも指摘した。(読売新聞9月3日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『橋下氏は終了後、7議員について「基本的な価値観は一致している。一つのグループとしてしっかりまとまれるのではないか」と述べ、新党の発足メンバーに迎える方針を決めた』とのこと。(毎日新聞9月9日)
 
『橋下氏はその後、7人と大阪市内で会食。維新の会幹部によると、7人は週前半にも所属政党への離党届を出し、新党に参加する意向を伝えた。

 7議員は、民主党から松野頼久元官房副長官(熊本1区)ら3人、自民党から松浪健太衆院議員(比例近畿)、みんなの党から桜内文城参院議員(比例代表)ら3人。新党発足時のメンバーとして、12日の維新の会の政治資金パーティーに参加する』という。(産経新聞9月9日)

* * * * *

 ただ橋下氏は「(首長経験者の)考え方ははっきり聞けていない」と述べ、16日の次回討論会以降も出席を求めて価値観の一致度を見極める方針だ。

<先日もちょこっと書いたのだが、維新の会は、この討論会を特定の首長を排除するための大義名分に使うことも考えているのかも?^^;>

 維新の会は、16日、23日にも討論会を行なう予定なのだが。まだ維新の会に合流したいと討論会の参加を望んでいる現職、元職(落選中含む)の国会議員や首長が次々と出ているようなので。
 もしかしたら、次回からは、本当に維新の会への採否を賭けた本格的なオーディションになるのかも知れない。(~_~;)

<そうじゃないと、何回も長時間の討論会に付き合わされる報道関係者にとってもいい迷惑になっちゃうかも。^^; どうせなら、皆で取材に行かないことにしちゃえばいいのに!?(@@)>

 ただ一部報道では、維新の会はとりあえず各選挙区の立候補者を公募するものの、既に地盤や後援会組織を持つ現or元国会議員、地方議員は、優先的に地元の小選挙区からの出馬を認める方針を決めているとのこと。
 衆院選まで時間がない&選挙資金に乏しいこともあるとは思うが。オモテ向きは、透明性や公正さを重視すると言いいながらも、実際には大部分のことは、幹部の独断+出来レースで、コトが進みそうな感じがある。(ーー)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 とりあえず(?)民自の党首選に関する続報も・・・。

 今日10日、民主党の代表選(21日投開票)が告示され、野田佳彦首相、赤松広隆元農相、原口一博元総務相、鹿野道彦前農相の4氏が立候補を届け出た。

 野田首相の対立候補3人は、野田政権の政策や国政の運営手法を批判して、民主党の立て直しを行なうことを主張する意向。

『赤松氏は「原発ゼロ社会」の早期実現を主張、首相が意欲を示す集団的自衛権の行使容認に反対する立場を打ち出す。6月の消費増税法の採決を棄権した原口氏は、党内の「反増税」勢力の糾合を狙う。鹿野氏は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に慎重な姿勢を前面に出し、支持拡大を図る考えだ。(時事通信9月10日)』

 mew個人は、「原発ゼロ」「集団的自衛権容認に反対」する赤松氏と最も考えが合うのだが。<結構、クチも達者なので、いい討論やアピールができるのではないかと思うのだけど。クチが滑る&軽く見られることがあるのが、不安材料?^^;>
 原口氏も鹿野氏も、やや保守系ながらもハト派ゆえ、OKだ。(・・)

 一般国民から見れば、首相の対抗馬としては小粒なメンバーになったような感じがあるのではないかと思うし。ほぼ全てのメディアが、野田首相が圧倒的に優位だと報じているのだけど。
 ともかく野田氏の再選を阻止したいmewとしては、まずは、この3人がそれぞれ頑張って、党内&党員や国民の支持を拡大し、何とか決選投票に持ち込んで欲しいと、そして2・3・4位連合で野田首相を負かして欲しいという思いがある。(**)

 ただ野田陣営は、万一、決選投票になった場合に備えて、各陣営にエサ・ムチ作戦の切り崩しを行なうことは目に見えているので、3人の陣営がそれに負けないようにと願うばかりだ。(~_~;)
 
* * * * * 
  
 そして、自民党では、相変わらず誰も引かない状況が続いている・・・という記事を書いていたのだが。
<この週末の谷垣ー石原会談も決裂して、両方とも出馬の意向を表明することになったとか。町村氏が安倍氏に再度、出馬回避を要請したものの、安倍氏は応じず。11日にも出馬表明することになった話とか書いていたのよね。>

 何と、つい先ほど、谷垣総裁が出馬を断念したというニュースが。(・o・)
<負けないで欲しかったな~。(ノ_-。)>

 これで石原幹事長が正式に出馬表明を行なって、実質的には石原、石破、安倍の3つ巴の争いになるのではないかと思われるのだが。
 幹事長として「総裁おろし」に加担した上に、長老派の関与がオモテに出てしまった分、石原くんはかなりイメージダウンしたように思うmewなのだった。(@@) 
                    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

 

 

More
by mew-run7 | 2012-09-10 12:32 | 政治・社会一般

野田再選阻止の動きが活発化し、混沌として来た民主党代表選

 これは9月2日、2本目の記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 民主党の代表選(10日公示、21日投開票)の行方が混沌として来た。(@@)

 野田首相は、まだ正式に出馬表明を行なっていないが。側近には出馬の意向を示し、準備を進めているとのこと。

 8月中旬ぐらいまでは、党内でもマスコミでも、野田首相の再選はほぼ確実だと見られていたところがある。
 小沢Gを中心にアンチ野田派の議員が50名以上も離党した上に、岡田副総理、前原政調会長に加え、何と輿石幹事長まで、野田氏の再選を支持する発言をしていたからだ。(・・)

 しかし、8月の終わりになって、党内のいくつかのグループが、野田首相の再選を阻止すべく対抗馬を擁立せんと積極的に活動。
 社民党系Gでは、赤松広隆氏を擁立する動きが出ているほか、複数のグループが「民主党復活会議」に集結し、今月5日には、対抗馬を選ぶための予備選を行なうことになった。
<ここでは平岡元法相、山田元農水相などが出馬する意向を示しているほか、田中真紀子氏の出馬を望むグループもあるようだ。>

 さらに、8月末には、何と輿石&樽床氏の幹事長チームを含め、執行部の役員が会合を開き、野田首相では衆院選で壊滅的な打撃を受けるということで見解が一致。細野豪志氏などを対抗馬として擁立することを協議したとのこと。(@@)
<今朝も、若手・中堅議員が、細野氏擁立に向けた活動を始めたというニュースが流れていた。>
 また馬淵澄夫氏や原口一博氏などが、代表選への出馬を検討しているという話もある。

* * * * *

 『小沢が問責に「よくやった」&国民連合を設立+前原は代表選より訪米、民主予備選』という記事にも書いたのだが・・・。

 民主党には今、計337人(衆院248人、参院89人)の議員がいるのだが。<何人かは、代表選前に維新の会に移るかも。^^;>
 主流派とされる野田G、前原Gに所属する議員は20人~30人ずつ、50名程度しかいない。
 党内で、保守派と言われる民社系G+αが野田首相の支持に回っても、野田氏に投票するのが堅いと思われる議員は100名もいないかも知れないというのが実情なのである。^^;

 昨年の代表選では、「小沢派vs.非小沢派」の党内対立を反映する戦いになったこともあり<しかも、小沢派の候補が、党内では期待度がイマイチの海江田万里氏だったので>、決選投票では野田氏が過半数の票を得て勝利したのだが。
 今年の代表選では、「選挙の顔」「野田政権の政策、手法の是非」「民主党の立て直し」が大きなテーマになるわけで。一部マスコミが書いているように、簡単に「野田派vs.アンチ野田派」かで区分できないところがある。(・・)

 実際、絶対に野田氏に投票しないというバリバリの「アンチ野田派」も、鳩山Gや旧小沢Gを中心にした造反残留組などの数十名しかいないわけで。
 代表選の結果は、いわゆる中間派の議員の動向にかかることになる。

 しかも、小沢氏が離党したことで、中間派の議員がかなり自由に動きやすくなったことも、野田陣営にとっては、痛いところがあるかも知れない。^^;
<野田陣営にとっては、目の上のタンコブがいなくなって、せいせいしているのかも知れないけど。それが自らのクビをしめることにつながるおそれがあるのよね。^^;>

 昨年は、個人的には野田氏と考えが合わなくとも、小沢派には協力できないという理由で野田氏に投票した議員が少なからずいたのだが。いまや「小沢派」「非小沢派」のくくりがなくなったことで、野田氏以外の候補に投票しやすくなったし。政策や方針が合えば、旧小沢Gの議員と協力して活動するような状況になっているからだ。(**)

<民主党は、もともとグループのしばりが緩くて、代表選の投票や政策決定などにおいても、グループ単位より個人の考えや判断で動く感じがあって。代表選も当日になるまで票が読めないところがあったのだが。「小沢派vs.非小沢派」の対立がなくなって、ある意味で(よくも悪くも?)昔の状態に戻ったと言えるかも。>

* * * * *

 民主党内では(実は、野田、前原Gの中にも)、早期解散に反対or慎重な議員が多い。
 民主党は、小沢Gなどの離党もあって、まだ60以上の小選挙区の候補者が決まっておらず、国会がらみの政局も激しかったため、選挙準備がほとんど進んでいない状態にある。^^;
 しかも、このまま解散総選挙を行なえば、大惨敗することは目に見えているわけで。どの衆院議員も落選したくはないという思いが強いし。仮に下野するとしても、党の勢力が低下を最小限に食い止めたいと考えるのは自然なことだろう。(~_~;)
<第1党にはなれずとも、第2党を維新の会にとられたくないと思う人も多いかも?^^;>

 でも、野田氏が再選した場合、10月の臨時国会で解散する可能性があるし。支持率が低迷している野田氏を「党の顔」にして戦っても、現状ではマイナス要素しかないのである。(>_<)

 野田政権は、いまや「自民党野田派」と呼ばれることがあるほど、自民党べったりの国政を進めており、このままでは自民党との対立軸を示すことが難しい。
 しかも、野田政権が行なった「消費税増税」、そして今後、進める可能性が大きい「TPP参加」「原発再稼動」「安保軍事強化」などの保守タカ派&新自由主義的な政策に反対している議員は、尚更に野田氏の下で国政や選挙を行いたくないという気持ちが強い。<それで落ちたら、めっちゃ後悔することになるだろうしね。(~_~;)>

 また平和志向orリベラル志向の議員を中心に、民主党を、党の基本精神でもある中道民主政党として立て直して行くべきだと考えている人も増えているように思える。<その方が、自民党や維新の会などとの違いが明確になるので、選挙も戦いやすいところがあるかも。(・・)>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 6月末に、消費税増税を含む税と社会の一体化法案の衆院議決が行なわれ、小沢Gなどが造反。その後、小沢一郎氏&小沢Gを含め、50人強の議員が離党してから、党内では「野田おろし」を目指した動きが、少しずつ出ていた。

 7月には鳩山元首相が、いわゆる造反残留組の議員20名ほどを集めて「消費税研究会」なる勉強会のグループを結成。「消費税増税法案の廃止」をメインに訴えて、「アンチ野田」勢力を結集しようとしたのだが、残念ながら、その動きはあまり広がることはなかった。
 そのことに危機感を抱いた鳩山元首相は、8月中旬に野田首相が再選した場合には、離党することまで示唆して、野田再選阻止をアピールしたほどだ。

『民主党の鳩山由紀夫元首相は18日、千葉県鴨川市で講演し、9月の民主党代表選で野田佳彦首相の交代を目指し、実現しなかった場合には離党も検討する考えを重ねて表明した。消費税増税法成立などを踏まえ「代表選で民主党の軌道を大きく戻せなかった時は、党に居続けることが適当かどうかの判断が必要になる」と述べた。

 同時に、首相の政権運営について「理念がないのではないか」と厳しく批判。「正々堂々と『国民の側に立って戦う』と言える候補が勝利すれば、民主党は国民にもう一度信頼される。代表選は原点回帰する最後のチャンスだ」と訴えた。(産経新聞8月18日)』

* * * * *

 また7月には、こちらも造反残留組の福田衣里子氏を中心に、衆参1回生の議員が「真の一体改革を実現する一期生の会」なる勉強会を結成。代表選で、独自に対立候補を擁立することを協議していたのだが。

『9月21日の民主党代表選で独自候補擁立を目指す衆参当選1回議員でつくる「真の一体改革を実現する1期生の会」(真実の会)は23日、国会内で会合を開き、候補者選びの基準について、消費税増税法案への賛否は問わないことを確認した』という。(産経新聞8月23日)』

 後述するように、消費税増税の論点に固執した場合、アンチ野田勢力を広げることは難しい状況にあることから、mewは、この報道記事を見た時に、一期生Gはかなり賢明な判断を行なったように感じていた。(・・)

* * * * *

 そんな中、「消費税研究会」&旧小沢Gの山田元農水省やリベラルの会(&菅G)の平岡元法相らが中心になって、「民主党復活会議」を作ることを提言。先月30日に設立総会を開き、対立候補を決めるための予備選を行なうことを決定した。

『野田総理大臣に批判的な民主党議員が、来月に行われる代表選挙での対抗馬擁立に向けて新しいグループを立ち上げ、予備選挙を行う方針を決めました。

平岡元法務大臣:「民主党は今や自民党野田派と揶揄(やゆ)されるような事態が発生したり、支持者の民主党離れが生じてきている。真に必要な政策を実行する政治を目指さなければならない」

30日に設立した「民主党復活会議」には、平岡元法務大臣や山田正彦元農水大臣、田中直紀前防衛大臣ら約40人が出席しました。このなかで、代表選挙で野田総理の対抗馬を擁立するため、来月5日に予備選挙を行う方針を確認しました。
予備選挙には、桜井元財務副大臣が立候補の意欲を示しているほか、田中眞紀子元外務大臣を推す声も出ています。(ANN8月31日)』
<この設立総会には、福田衣里子氏も出席していた。>

* * * * * 

 これとは別に、社民党系の勉強会「サンクチュアリ」が、代表選に向けて政策提言を発表。代表の赤松広隆氏(元農水相)を代表選に擁立する動きを見せた。

『民主党の旧社会党系議員を中心に作る政策グループ「サンクチュアリ」代表の赤松広隆元農相は27日、9月の代表選をにらんだ政策提言を発表し、党所属議員に配布した。「原発ゼロ」を掲げるとともに、消費増税について「マニフェストに明記しておらず、党運営や国民との信義則という点で極めて大きな問題があった」と野田政権を批判。野田佳彦首相の対立候補の擁立を探る動きとみられる。
 6項目の政策提言は第一に「原発ゼロを可能とするエネルギー供給体制の確立」を掲げたほか、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加について「国益を踏まえ慎重に行う」とした。集団的自衛権行使も「従来の政府見解を変更する必要性を認めない」と憲法解釈の見直しを否定した。(毎日新聞8月27日)』
 
『赤松氏は、記者団に予備選参加は否定したうえで「復活会議と一緒に戦えるならそれでいいし、それぞれ戦ってもいい」と述べた』という。(毎日新聞8月31日)』

* * * * *

 さらに8月末には、輿石幹事長らの執行部役員が会合を開き、対立候補の擁立を協議したとのこと。

『民主党の輿石東幹事長は31日夜、都内の日本料理店で樽床伸二幹事長代行、細野豪志原発事故担当相、松本剛明国対委員長代理らと懇談した。9月の党代表選について、出席者から「野田佳彦首相が再選すれば、党は次期衆院選で壊滅状態になる」との意見が出たのに対し、輿石氏は黙って聞いていたという。樽床、細野、松本3氏の中から対抗馬を出すべきだとの声も上がった。
 会合には松井孝治総括副幹事長、三井辨雄政調会長代理、伴野豊衆院国土交通委員長も出席した。(時事通信8月31日)』

 野田政権の執行部の役員が、野田再選に疑問を示し、対立候補の擁立を検討する会合を開いたこと。また三井氏らの旧小沢Gの議員も参加して、細野氏らを候補に挙げたことは、おおいに注目すべきことだろう。(@@) 

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 このように、党内には、野田首相再選を阻止しようとする動きがどんどんと広がっているのであるが。
 果たして、この非野田勢力が協力し合って、多くの議員や党員・サポーターの支持を得られる対立候補を擁立することができるのか否か・・・実に難しい&大きな課題が横たわっている。(@@)

 そして、mewは、最大のポイントは「消費税増税廃止」にこだわるのかどうか、また「選挙の顔」になり得るのかどうかということではないかと考えている。(・・)

* * * * *

 党内の中間派の大部分は、消費税増税に絶対反対の立場ではない。彼らの多くは、年金などを含め社会政策の充実、安定のためには、消費税増税は不可欠or止むを得ないと考えており、一体改革法案の衆参採決にも賛成をしている。
 
 とはいえ、彼らの中には、野田首相が、党内で時間をかけて決め、閣議決定まで行なった社会政策(消費税と一体で行なうべき政策)を棚上げにして、強引に3党協議を進めた手法や、合意案の内容には不満を覚えている議員はかなりいるし。
 そして、消費税増税を廃止することはできないものの、今後は、党で決めた社会政策を少しでも実現することに力を尽くすべきだと考えている人が多い。
 それゆえ、もし対立候補が「消費税増税廃止」にこだわった場合、支持が広がらない可能性が大きいのである。(~_~;)

 また、民主党には、mewから見れば、有能な議員が少なからず存在するのだが。
残念ながら、その多くは、外見や言動が地味めで<TVのワイドショー的な番組に出演する顔ぶれも限られており>、知名度があまり高くない。^_^; 

<よく民主党は人材難だと言われるのだが。自民党の総裁選候補も、08~09年の総裁選に出た谷垣、石破、石原氏が再登場&安倍元首相が再登板に意欲を示すなど、相変わらずの顔ぶれだし。mew周辺では、町村&林氏は「知らない」という人が多い。(~_~;)> 

 mew的には、知名度やキャラ、パフォーマンス力よりも、政策や党内をまとめる力(=国政を進める力にもなる)を重視したいところなのだが。
 衆参院選を1年内に控えていることを考えれば、「選挙の顔」という面も軽視できないのが実情なのではないかと思われる。(・・)

* * * * *

 mewは、「民主党復活会議」(以下、復活会議」の動きに大きな関心を抱いているところがある。
 ここには、旧小沢G、菅G、鹿野G、参院チームなど、多様なメンバーがそろっている上、民主党本来の平和&リベラル志向、脱官僚主義の国政を目指す議員が多く集まっているからだ。(・・)
<ちなみに事務局長には、菅Gの首藤信彦氏が就任。設立総会には、長妻昭氏、田中直紀氏(真紀子氏の代理?)などの姿もあった。>
 
 設立総会に実際に出席したのは、40数人なのだが。現役の閣僚や役員、グループの長などは会期末&告示日まではオモテ立って動きにくいことから、背後にいる人たちも含めれば、100人以上の勢力になるのではないかと思われ・・・。
 できれば、ここで党内の多くの議員が支持できるような対立候補が決められれば、一番いいのではないかと思っているのだけど。
 ただ、「消費税増税反対」にこだわる議員あり、「反TPP」や「脱原発」にこだわる議員ありと、それぞれ重視している政策がバラバラなので、うまく対立候補をしぼれるのかどうか、不安を覚える部分もある。(-"-)
 
 ちなみに、9月5日に行なわれる予備選<3日に立候補受付。出馬には、会議の参加議員5人の推薦が必要>は、代表選出馬に必要な20人以上の推薦人を確保することを主目的にしたもので、ここで1人の候補者にしぼるわけではないとのこと。

 現段階では、山田正彦氏、平岡秀夫氏、桜井充氏(参院、政調会長代理)などが出馬の意欲を示しているようなのだが。一部には、「選挙の顔」として田中真紀子氏の擁立を目指している議員もおり、展開が読めない状況にある。^_^;

* * * * *

 昨年も代表選に出馬した馬淵澄夫氏や、以前から代表選に出たくてたまらない(?)原口一博氏も立候補に意欲を示しているようなのだが。<原口氏は、鳩山元首相に出馬の意向を伝えたとの報道も出ていた。>推薦人20人を集められるか、ビミョ~な情勢だ。(-"-)

 知名度&パーふぉマンス力の点では、田中真紀子氏がTOPかも知れないのだが。<出馬すれば、代表選への注目度も少しアップするかな。>
 ただ、同氏は09年に入党したばかりで、「民主党の顔」というイメージは乏しい上、旧小沢Gの以外の議員とはほとんど交流がないし。危うい発言が多いことから、党全体の支持は得にくいようにも思われる。^_^;

 若手・中堅議員の間では、細野豪志氏に期待する人が多く、アチコチから出馬の要請や打診がある様子。細野氏は、小沢氏とも近しい上<小沢氏が新党の代表にと考えたほど?>、もし出馬すれば、大きな支持を集める可能性がある。(・・)

 ただ、今は野田内閣の閣僚(環境&原発担当大臣)であることから、31日には「(東日本大震災の)被災地対応や日本のエネルギーの危機的状況をどう乗り越えていくかに全力を尽くすことが私の役割だ。代表選のことは考えていない」と語っていたとのこと。(読売新聞8月31日)

 執行部役員との会合に出席したところを見ると、全く関心がないわけではなさそうな感じもあるのだが。もし今回、代表&首相になれたとしても、苦労するのは目に見えているだけに、様々な意味で賢い細野くんは、慎重に判断するのではないかと察する。
<細野氏など他のグループから立候補者が出た場合、再生会議がどうするのかも興味深いところ。決選投票になったら、支持をするという手もあるかな。(・・)>

 ・・・というわけで、民主党の代表選の行方は、まだまだ混沌としているような状態なのだが。
 ただ、確実されていた野田再選に黄信号が灯り始めたような感じがあるし。もし非野田勢力がうまく協力し合うことができれば、野田再選を阻むことができるかも~と、ひそかに期待を抱いているmewなのだった。o(^-^)o 

                   THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

 

 
  
by mew-run7 | 2012-09-02 11:59 | 民主党、民進党に関して


「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

更新通知を受け取る

最新の記事

法務省、深夜に日付も後付けか..
at 2020-02-24 04:21
安倍、習の国賓来日を強行か?..
at 2020-02-23 09:16
法務省、森大臣のウソを認める..
at 2020-02-22 08:34
安倍官邸の圧力で、発言修正が..
at 2020-02-21 07:43
自民、ホテルに圧力で沈黙させ..
at 2020-02-20 09:22
安倍のウソをホテルが暴く~営..
at 2020-02-19 07:47
安倍、辻元らの追及に困窮。私..
at 2020-02-18 05:22
支持率低下の安倍、辻元に謝罪..
at 2020-02-17 10:26
安倍、対策に没頭って?~日本..
at 2020-02-16 06:51
日本やWHOの新型肺炎への対..
at 2020-02-15 07:08

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のコメント

mewさん2月5日6:5..
by xtc 4241 at 07:14
mewさん森友加計も曖昧..
by kiku at 14:27
mewさん、オリンピック..
by なし at 14:44
mewさん1月17日4:..
by xtc4241 at 04:38
mewさん1月6日3:2..
by xtc4241 at 04:23
mewさん2020年1月..
by xtc 4241 at 03:17
詩織さん勝訴! 刑事で..
by xtc4241 at 06:22
mewさん12月1日4:..
by xtc4241 at 04:32
mewさん11月15日4..
by xtc4241 at 04:30
Hi!MEWさん。継続の..
by CONSAMA at 12:56

ブログパーツ

タグ

(1452)
(794)
(669)
(465)
(334)
(268)
(256)
(251)
(234)
(194)
(173)
(167)
(164)
(159)
(153)
(149)
(147)
(146)
(138)
(138)

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース